Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市

2

3 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする 観 点 のもと 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるた めの 改 革 の 推 進 を 図 るための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 が 公 布 された こ の 関 係 法 律 の 整 備 により 都 市 計 画 法 の 一 部 が 改 正 され 東 京 都 では 特 別 区 を 除 いて 用 途 地 域 等 に 係 る 都 市 計 画 決 定 権 限 が 平 成 24 年 4 月 をもって 市 町 村 に 移 譲 された 用 途 地 域 は 地 域 の 実 情 に 即 した 合 理 的 土 地 利 用 を 図 るうえで 最 も 基 本 的 な 制 度 であり この 決 定 権 限 が 市 町 村 に 移 譲 されたことにより 市 町 村 にとって より 主 体 性 を 持 ってまちづくりに 取 り 組 むことができる 可 能 性 が 高 まった 当 市 の 東 村 山 市 第 4 次 総 合 計 画 ( 平 成 23 年 度 ~32 年 度 )では 生 活 充 実 都 市 として 適 切 な 土 地 利 用 誘 導 と 計 画 的 な 住 環 境 の 整 備 を 進 め 豊 かな 自 然 環 境 とまちの 賑 わいが 両 立 し より 多 くの 市 民 から 今 後 も 住 み 続 けたいと 支 持 される 魅 力 あふれたまちの 実 現 を 目 指 すとし 東 村 山 市 都 市 計 画 マスタープラ ン ( 平 成 12 年 度 ~32 年 度 )では 土 地 利 用 の 方 針 として 市 内 を13の 基 本 地 区 にゾーニングし これに 基 づいて 各 々に 相 応 しいまちづくりを 進 めること としている こうした 将 来 都 市 像 の 実 現 に 向 け また 今 後 予 想 される 都 市 計 画 道 路 や 鉄 道 連 続 立 体 化 に 伴 う 東 村 山 駅 周 辺 の 整 備 など 当 市 都 市 骨 格 の 大 きな 変 化 に 対 応 するため ここに 東 村 山 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 を 策 定 し この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 に 基 づき 適 切 に 用 途 地 域 等 の 指 定 等 を 行 う ものとする

4 目 次 用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 ページ Ⅰ 東 村 山 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 位 置 付 け 1 1 将 来 都 市 構 造 1 2 土 地 利 用 の 方 針 2 Ⅱ 用 途 地 域 等 に 係 る 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 等 に 関 する 設 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 3 (2) 業 務 商 業 地 3 (3) 工 業 地 3 (4) 複 合 市 街 地 4 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 4 (1) 特 別 用 途 地 区 4 (2) 高 度 地 区 4 (3) 高 度 利 用 地 区 4 (4) 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 5 (5)その 他 の 地 区 5 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 5 (1) 用 途 地 域 等 の 適 時 適 切 な 見 直 し 5 (2) 地 区 計 画 の 原 則 化 5 (3) 区 域 の 設 定 5 1 区 域 の 境 界 線 等 5 2 標 準 面 積 及 び 路 線 式 指 定 の 区 域 6 (4) 柔 軟 な 土 地 利 用 施 策 の 展 開 6

5 用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 基 準 ページ Ⅰ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 7 (1) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 7 (2) 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 9 (3) 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 11 (4) 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 13 (5) 第 一 種 住 居 地 域 15 (6) 第 二 種 住 居 地 域 17 (7) 準 住 居 地 域 19 (8) 近 隣 商 業 地 域 21 (9) 商 業 地 域 23 (10) 準 工 業 地 域 25 Ⅱ その 他 の 地 域 地 区 の 指 定 基 準 27 1 特 別 用 途 地 区 27 2 高 度 地 区 27 3 高 度 利 用 地 区 27 4 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 27 5その 他 の 地 区 27 運 用 について 28

6 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 Ⅰ 東 村 山 市 都 市 計 画 マスタープラン を 踏 まえた 土 地 利 用 の 方 針 東 村 山 市 都 市 計 画 マスタープランでは 尐 子 高 齢 化 高 度 情 報 化 など 急 激 な 変 化 の 中 で 地 方 分 権 の 推 進 市 民 生 活 や 価 値 観 の 多 様 化 に 対 応 し これまで 以 上 にゆとりや 心 の 豊 かさが 実 感 でき いきいきとした 主 体 性 とともに 自 立 し たまちになることが 強 く 求 められていることを 踏 まえ パートナーシップで 市 民 との 協 働 による 活 力 あるまちづくりを 推 進 することとしている この 中 で 市 が 将 来 どういった 姿 になるのが 理 想 であるか すなわち まち のあるべき 将 来 像 を 掲 げるとともに 将 来 像 を 実 現 するためのまちづくりの 方 針 の 1 つとして 土 地 利 用 の 方 針 を 掲 げている 1 将 来 都 市 構 造 東 村 山 市 の 将 来 の 基 本 的 なまちの 構 造 (= 望 ましい 都 市 構 造 )は 次 の 要 素 から 構 成 する (1) 核 の 形 成 中 心 核 地 域 生 活 核 行 政 機 能 の 核 みどりの 核 生 産 研 究 機 能 の 核 (2)ゾーンの 形 成 歴 史 文 化 ゾーン 農 住 共 存 ゾーン 都 市 型 住 宅 ゾーン (3) 軸 の 形 成 シンボル 軸 広 域 交 通 の 軸 水 辺 空 間 の 軸 1

7 2 土 地 利 用 の 方 針 東 村 山 市 の 土 地 利 用 の 方 針 として 基 本 的 考 え 方 を1 核 の 形 成 2 公 益 施 設 の 適 正 な 配 置 3 土 地 の 有 効 利 用 の 推 進 4 農 地 やみどりと 水 の 空 間 の 保 全 充 実 としている また まちづくりにあたっては 市 内 を 画 一 的 に 整 備 するのではなく 各 々 の 区 域 の 特 性 を 踏 まえて 適 切 なまちづくりを 行 うことが 重 要 であるため 市 内 を 13 の 基 本 地 区 にゾーニングし 各 々にふさわしいまちづくりを 展 開 してい く Ⅱ 用 途 地 域 等 に 係 る 指 定 方 針 1 用 途 地 域 等 に 関 する 設 定 方 針 用 途 地 域 は 土 地 の 自 然 的 条 件 及 び 土 地 利 用 の 動 向 を 勘 案 して 住 居 商 業 工 業 その 他 の 用 途 を 適 正 に 配 分 することにより 都 市 機 能 を 維 持 増 進 するとと もに 住 居 の 環 境 の 保 護 商 業 工 業 等 の 利 便 の 増 進 など 適 正 な 都 市 環 境 を 保 持 するよう 定 める また 都 市 全 体 にわたる 都 市 機 能 の 配 置 及 び 密 度 構 成 の 観 点 から 検 討 し 積 極 的 に 望 ましい 市 街 地 の 形 成 を 誘 導 するとともに 東 村 山 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 東 村 山 市 都 市 計 画 マスタープラン に 掲 げる 市 街 地 像 2

8 を 実 現 するよう 定 める なお 隣 接 する 市 町 村 との 境 界 においては 隣 接 地 との 調 和 に 配 慮 する (1) 住 宅 地 住 環 境 の 改 善 ゆとりある 住 宅 地 の 形 成 など 地 域 ごとの 住 宅 地 の 整 備 の 方 向 に 応 じた 適 切 な 用 途 地 域 を 指 定 する 土 地 利 用 ゾーニング 方 針 図 における 低 層 住 宅 中 心 地 区 農 住 共 存 地 区 さらには 大 規 模 公 園 緑 地 の 一 部 など 低 層 住 宅 地 として 良 好 な 環 境 を 維 持 する 区 域 は 原 則 として 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する また 日 用 品 販 売 店 舗 の 立 地 を 許 容 する 区 域 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する 中 層 住 宅 中 心 地 区 中 高 層 住 宅 中 心 地 区 など 中 高 層 住 宅 地 の 住 環 境 を 維 持 する 区 域 や 公 益 施 設 地 区 に 位 置 付 けられている 病 院 等 の 立 地 を 図 る 区 域 などは 原 則 として 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する また 地 域 中 心 地 区 など 中 小 規 模 の 店 舗 や 事 務 所 の 立 地 を 許 容 する 区 域 は 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する 商 業 地 域 に 接 するなど 用 途 が 複 合 する 区 域 で 住 環 境 の 保 護 を 図 る 区 域 は 第 一 種 住 居 地 域 を 指 定 する また 大 規 模 な 店 舗 や 行 政 施 設 地 区 のように 事 務 所 が 複 合 する 区 域 は 第 二 種 住 居 地 域 を 指 定 する 道 路 の 沿 道 において 自 動 車 関 連 施 設 などの 立 地 を 誘 導 し これと 調 和 した 住 環 境 の 保 護 を 図 る 区 域 は 準 住 居 地 域 を 指 定 する (2) 業 務 商 業 地 東 村 山 市 都 市 計 画 マスタープランで 中 心 核 に 位 置 付 けられている 主 要 鉄 道 駅 周 辺 地 区 の 一 部 や 業 務 商 業 機 能 を 集 積 すべき 幹 線 道 路 沿 道 等 に 商 業 地 域 を 指 定 する また 鉄 道 駅 周 辺 地 区 の 一 部 や 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 などが 既 に 集 積 し た 区 域 等 で 引 き 続 きその 機 能 を 維 持 すべき 地 区 さらには 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 などを 集 積 すべき 区 域 に 近 隣 商 業 地 域 を 指 定 する (3) 工 業 地 土 地 利 用 ゾーニング 方 針 図 における 生 産 研 究 地 区 などの 位 置 づけを 踏 ま え 住 環 境 の 保 護 に 配 慮 しつつ 準 工 業 地 域 を 指 定 する なお 指 定 にあたって は 地 区 計 画 や 特 別 用 途 地 区 を 活 用 し 住 工 の 調 和 した 市 街 地 が 形 成 されるよ うに 配 慮 する 3

9 (4) 複 合 市 街 地 土 地 利 用 ゾーニング 方 針 図 における 新 拠 点 地 区 や 幹 線 道 路 の 沿 道 にお ける 沿 道 複 合 地 区 では 業 務 商 業 住 宅 等 の 複 合 市 街 地 の 形 成 を 図 る 交 通 結 節 点 機 能 などを 生 かした 大 規 模 な 土 地 利 用 転 換 等 が 見 込 まれる 区 域 は 居 住 機 能 に 加 えて 文 化 商 業 業 務 など 多 様 な 機 能 を 積 極 的 に 誘 導 し 都 市 生 活 者 にとって 快 適 性 を 備 えた 拠 点 性 の 高 い 複 合 市 街 地 を 形 成 する 用 途 地 域 等 の 指 定 にあたっては 周 辺 の 土 地 利 用 の 状 況 や 隣 接 する 用 途 地 域 等 相 互 の 関 係 に 留 意 する 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 特 別 用 途 地 区 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 高 度 地 区 並 びにその 他 の 地 域 地 区 を 有 効 に 活 用 し 防 災 性 の 向 上 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 など 地 域 の 特 性 を 生 かして 目 標 とする 市 街 地 像 への 誘 導 を 図 る (1) 特 別 用 途 地 区 特 別 用 途 地 区 については 市 の 創 意 工 夫 により 種 類 の 名 称 を 自 由 に 定 めるこ とができることから 土 地 利 用 の 増 進 や 環 境 の 保 護 などの 特 別 の 目 的 を 実 現 す るため 用 途 地 域 を 補 完 し 特 定 の 建 築 物 の 用 途 等 を 制 限 または 緩 和 すること が 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 活 用 を 図 る (2) 高 度 地 区 住 環 境 の 保 護 や 良 好 な 都 市 景 観 の 形 成 を 図 るため 基 本 となる 用 途 地 域 との 整 合 に 留 意 し それぞれの 市 街 地 の 特 性 に 応 じて 下 記 のような 高 度 地 区 を 指 定 する 主 として 居 住 環 境 の 保 全 を 図 る 場 合 は 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 主 として 街 並 み 景 観 の 形 成 を 図 る 場 合 は 絶 対 高 さを 定 める 高 度 地 区 居 住 環 境 の 保 全 及 び 街 並 み 景 観 の 形 成 を 図 る 場 合 は 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 の 斜 線 勾 配 を 一 定 の 高 さに 留 め 建 物 の 最 高 高 さを 制 限 する 高 度 地 区 土 地 の 高 度 利 用 を 図 る 観 点 から 400 以 上 の 容 積 率 が 指 定 された 区 域 につい ては 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 を 指 定 しないものとする ただし 路 線 式 指 定 の 区 域 で 特 に 住 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 場 合 は 指 定 することができる (3) 高 度 利 用 地 区 土 地 の 合 理 的 かつ 健 全 な 高 度 利 用 と 都 市 機 能 の 更 新 を 図 るため 都 が 定 める 東 京 都 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 に 基 づき 市 街 地 の 特 性 を 踏 まえ て 適 切 な 土 地 利 用 を 誘 導 する 4

10 (4) 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 防 災 上 の 観 点 から 400 以 上 の 容 積 率 が 指 定 された 区 域 に 防 火 地 域 を 指 定 す る また 50 以 上 の 建 ぺい 率 が 指 定 された 区 域 は 原 則 として 準 防 火 地 域 を 指 定 する (5)その 他 の 地 区 風 致 地 区 等 その 他 の 地 区 は それぞれの 基 準 等 により 適 切 に 定 めるものとす る 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 (1) 用 途 地 域 等 の 適 時 適 切 な 見 直 し 既 成 市 街 地 の 機 能 更 新 等 を 効 果 的 かつ 円 滑 に 進 めるため 都 市 計 画 事 業 等 の 進 捗 状 況 に 応 じ 適 時 適 切 に 用 途 地 域 等 を 見 直 す 市 街 地 再 開 発 事 業 等 面 的 な 都 市 計 画 事 業 を 行 う 場 合 は 事 業 の 都 市 計 画 決 定 とあわせ 用 途 地 域 等 の 変 更 を 行 う 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 区 域 にあっては 原 則 として 仮 換 地 指 定 以 降 に 用 途 地 域 等 の 変 更 を 行 うこととし 区 域 の 一 部 に 仮 換 地 指 定 がなされた 場 合 は 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 とあわせて 用 途 地 域 等 の 変 更 を 行 うものとする 都 市 計 画 道 路 等 の 整 備 に 伴 う 用 途 地 域 等 の 変 更 は 供 用 開 始 の 時 期 等 を 捉 え 適 切 に 見 直 しを 行 うとともに 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 を 有 効 に 活 用 していく (2) 地 区 計 画 の 原 則 化 用 途 地 域 等 の 変 更 にあたっては 都 市 機 能 の 更 新 都 心 居 住 の 推 進 住 環 境 の 保 全 など 地 区 の 課 題 にきめ 細 かく 対 応 し 地 域 の 特 性 に 応 じためざすべき 市 街 地 像 を 実 現 するため 必 要 な 事 項 を 原 則 として 地 区 計 画 に 定 める なお 容 積 率 や 建 ぺい 率 の 低 減 や 地 形 地 物 による 用 途 地 域 の 変 更 など 市 街 地 環 境 に 及 ぼす 影 響 が 想 定 されない 場 合 は 地 区 計 画 を 定 めないことができる (3) 区 域 の 設 定 1 区 域 の 境 界 線 等 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 商 業 地 域 とは 原 則 として 相 互 に 接 し て 指 定 しないものとする また 住 居 系 用 途 地 域 と 路 線 式 商 業 系 用 途 地 域 が 隣 接 する 場 合 など 隣 接 す る 用 途 地 域 相 互 の 容 積 率 の 差 が 過 大 にならないよう 配 慮 して 設 定 するものとす る 5

11 用 途 地 域 等 の 区 域 の 境 界 線 は 道 路 鉄 道 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するために 適 当 なものを 境 界 線 とする ただし 幹 線 道 路 沿 道 な ど 地 域 の 特 性 によりこれにより 難 い 場 合 は 路 線 式 指 定 とすることができるも のとする なお 地 形 地 物 等 により 難 い 場 合 は 市 街 地 再 開 発 事 業 境 界 行 政 界 などを 境 界 線 とすることができる 2 標 準 面 積 及 び 路 線 式 指 定 の 区 域 用 途 地 域 等 の 最 小 標 準 面 積 は 指 定 基 準 に 示 された 数 値 を 原 則 とするが 都 市 計 画 事 業 や 特 別 用 途 地 区 地 区 計 画 等 により 計 画 的 な 市 街 地 の 整 備 を 図 る 区 域 比 較 的 規 模 の 大 きい 供 給 処 理 施 設 等 の 公 共 施 設 の 区 域 については 指 定 基 準 の 数 値 によらないことができる また 用 途 地 域 等 を 路 線 式 指 定 とする 場 合 原 則 として その 区 域 の 幅 は 道 路 境 界 線 より 20mとする ただし おおむね 15m 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 沿 いの 区 域 を 路 線 式 指 定 とす る 場 合 は 延 焼 遮 断 帯 形 成 など 土 地 利 用 の 目 標 地 域 の 特 性 及 び 周 辺 の 土 地 利 用 等 を 勘 案 し その 区 域 の 幅 は 道 路 境 界 線 より 30mとすることができる (4) 柔 軟 な 土 地 利 用 施 策 の 展 開 一 団 地 の 住 宅 施 設 の 都 市 計 画 が 指 定 されている 大 規 模 な 住 宅 団 地 においては 地 域 に 必 要 な 道 路 公 園 の 整 備 や 緑 の 保 全 など 骨 格 的 な 事 項 を 定 めた 上 で 原 則 として 一 団 地 の 住 宅 施 設 の 都 市 計 画 を 廃 止 し 周 辺 地 区 の 状 況 も 勘 案 した 地 区 計 画 への 移 行 を 促 進 する 6

12 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 Ⅰ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 (1) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 良 好 な 低 層 住 宅 地 として その 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 に より 低 層 住 宅 地 として 面 的 な 市 街 地 整 備 を 図 る 区 域 2. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする ただし これにより 難 い 区 域 は 建 ぺい 率 30 容 積 率 50とする 3. 外 壁 の 後 退 距 離 外 壁 の 後 退 距 離 は 必 要 な 区 域 について1.5m 又 は1mに 指 定 する ただし 地 区 計 画 により 異 な る 数 値 を 定 めることができる 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 7. 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 は 10m 又 は12m に 指 定 する 8. 規 模 おおむね5ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 地 区 計 画 等 による 区 域 は この 限 りでない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 住 環 境 を 維 持 するため 原 則 として 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 めることとする また 区 域 の 道 路 等 公 共 施 設 の 整 備 水 準 に 応 じ て 壁 面 の 位 置 容 積 率 の 最 高 限 度 などに 関 する 事 項 を 定 める 特 に 低 層 住 宅 地 の 環 境 に 配 慮 が 必 要 な 場 合 は 環 境 形 成 型 地 区 計 画 を 定 めることと する 5. 高 度 地 区 原 則 として 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 建 ぺい 率 50 以 上 の 区 域 は 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 公 共 施 設 の 整 備 された 区 域 で 延 焼 のおそれの 低 い 区 域 については この 限 りで ない また 延 焼 の 防 止 を 図 る 必 要 のある 区 域 について は 建 ぺい 率 40の 区 域 についても 指 定 すること ができる 7

13 適 用 区 域 1. 環 境 良 好 な 一 般 的 な 低 層 住 宅 地 として 将 来 ともその 環 境 を 保 護 すべき 区 域 2. 農 地 等 が 多 く 道 路 等 の 都 市 基 盤 が 未 整 備 な 区 域 及 び 良 好 な 樹 林 地 等 の 保 全 を 図 る 区 域 3. 地 区 計 画 耕 地 整 理 事 業 等 により 道 路 等 が ある 程 度 整 備 されている 区 域 で 区 画 道 路 率 がおおむね16 未 満 の 区 域 4. 地 区 計 画 耕 地 整 理 事 業 等 により 道 路 等 が ある 程 度 整 備 されている 区 域 で 区 画 道 路 率 がおおむね16 以 上 の 区 域 5. 上 記 3.の 区 域 にあって 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 において 敷 地 規 模 及 び 壁 面 の 位 置 敷 地 内 の 道 路 沿 いの 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 に 関 する 事 項 など 住 宅 地 の 環 境 の 向 上 に 寄 与 する 事 項 が 定 められた 区 域 指 定 標 準 用 途 地 域 の 変 更 に 建 ぺい 率 容 積 率 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 あたり 導 入 を 検 討 m すべき 事 項 ( 注 2) 敷 敷 環 敷 壁 環 容 土 地 区 画 整 理 事 業 の 完 了 した 区 域 若 しくは 仮 換 地 指 定 ( 仮 換 地 未 指 定 の 区 域 を 含 めて 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 をかける 場 合 は 当 該 区 域 を 含 む )が 行 われた 区 域 又 は 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 区 域 敷 敷 壁 12 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 については 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さ の 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く 以 降 同 様 ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 8

14 (2) 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 しつつ 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 利 便 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 (2) 主 要 な 生 活 道 路 沿 いの 区 域 で 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 する 区 域 2. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 3. 外 壁 の 後 退 距 離 外 壁 の 後 退 距 離 は 必 要 な 区 域 について1.5m 又 は1mに 指 定 する ただし 地 区 計 画 により 異 な る 数 値 を 定 めることができる 8. 規 模 おおむね1ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする た だし 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りでない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 住 環 境 を 維 持 するため 原 則 として 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 め ることとする また 区 域 の 道 路 等 公 共 施 設 の 整 備 水 準 に 応 じ て 壁 面 の 位 置 容 積 率 の 最 高 限 度 などに 関 する 事 項 を 定 める 特 に 低 層 住 宅 地 の 環 境 に 配 慮 が 必 要 な 場 合 は 環 境 形 成 型 地 区 計 画 を 定 めることとする 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 5. 高 度 地 区 原 則 として 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 建 ぺい 率 50 以 上 の 区 域 は 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 公 共 施 設 の 整 備 された 区 域 で 延 焼 のおそれの 低 い 区 域 については この 限 りで ない また 延 焼 の 防 止 を 図 る 必 要 のある 区 域 について は 建 ぺい 率 40の 区 域 についても 指 定 すること ができる 7. 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 は 10m 又 は12mに 指 定 する 9

15 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 m 用 途 地 域 の 変 更 に あたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 注 1. 環 境 良 好 な 低 層 住 宅 地 で 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で その 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 2. 環 境 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 主 要 な 生 活 道 路 沿 いで 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で その 環 境 を 保 護 する 区 域 3. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 完 了 した 区 域 若 しくは 仮 換 地 指 定 ( 仮 換 地 未 指 定 の 区 域 を 含 めて 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 をかける 場 合 は 当 該 区 域 を 含 む )が 行 われた 区 域 又 は 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 区 域 であって 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で その 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 敷 敷 壁 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 10

16 (3) 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 7. 規 模 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するた おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする め 定 める 地 域 ただし 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 (1) 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 として その 環 境 を 保 護 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではな する 区 域 い (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の により 道 路 下 水 道 公 園 等 が 整 備 された 区 域 で 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 住 宅 を 中 高 層 化 する 区 域 8. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 中 高 層 住 2. 容 積 率 宅 地 としてその 環 境 の 整 備 を 図 るため 原 則 とし 200 以 下 とする ただし 特 に 高 度 利 用 て 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する を 図 ることが 必 要 な 区 域 は300とする 事 項 を 定 めるとともに 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 め 3. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ ることとする 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 5. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200 以 下 の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 もしくは 特 に 良 好 な 住 環 境 を 保 護 するべき 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 することができる 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 11

17 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 注 1. 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 として その 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 開 発 整 備 する 区 域 敷 中 心 核 周 辺 の 区 域 で 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 化 を 図 る べき 区 域 敷 壁 学 校 図 書 館 その 他 の 教 育 施 設 病 院 等 の 立 地 を 図 る 区 域 上 記 3.の 区 域 で 計 画 的 に 高 度 利 用 を 図 る 区 域 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで 特 に 後 背 地 の 良 好 な 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 12

18 (4) 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 しつつ 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 に より 道 路 下 水 道 公 園 等 が 整 備 された 区 域 で 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 住 宅 を 中 高 層 化 する 区 域 (3) 住 居 専 用 地 域 等 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 すべき 区 域 2. 容 積 率 200 以 下 とする ただし 特 に 高 度 利 用 を 図 ることが 必 要 な 区 域 は300とする 7. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 8. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 としてその 環 境 の 整 備 を 図 るため 原 則 とし て 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 を 定 めるとともに 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 め ることとする 3. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 5. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200 以 下 の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 もしくは 特 に 良 好 な 住 環 境 を 保 護 するべき 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 することができる 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 13 12

19 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 注 1. 住 居 専 用 地 域 等 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 すべき 区 域 敷 中 高 層 住 宅 地 として 開 発 整 備 する 区 域 又 はすでに 中 高 層 住 宅 地 として 整 備 されている 区 域 で 住 民 の 日 常 生 活 の 利 便 から 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 3. 中 心 核 周 辺 の 区 域 であって 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 化 を 図 る 区 域 で 住 民 の 日 常 生 活 の 利 便 から 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 敷 壁 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 14

20 (5) 第 一 種 住 居 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 用 途 が 混 在 しているが 住 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 2. 容 積 率 200 以 下 とし 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は300 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 としてとする ただし 防 火 地 域 又 は 新 たな 防 火 規 制 区 域 ( 注 1)は80 その 他 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 す ることができる 8. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とする 区 域 は こ の 限 りではない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 な どに 関 する 事 項 を 定 めることとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200 以 下 の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 を 指 定 することができる 15

21 指 定 標 準 建 ぺい 率 適 用 区 域 1. 用 途 が 混 在 しているが 住 環 境 を 保 護 する 区 域 50 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 注 2 用 敷 おおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 又 は 駅 周 辺 の 高 度 利 用 を 図 る 区 域 ( 注 1) 東 京 都 建 築 安 全 条 例 第 7 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 区 域 をいう ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 16

22 (6) 第 二 種 住 居 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 大 規 模 な 店 舗 事 務 所 等 が 混 在 している 住 宅 地 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 住 居 系 の 用 途 地 域 を 貫 通 する 幹 線 道 路 沿 い の 区 域 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 2. 容 積 率 200 以 下 とし 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は300 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 としてとする ただし 防 火 地 域 又 は 新 たな 防 火 規 制 区 域 ( 注 1)は80 その 他 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 8. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする た だし 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとする 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200 以 下 の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 す ることができる (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 17

23 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 注 2 1. 大 規 模 な 店 舗 事 務 所 等 が 混 在 している 住 宅 地 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 用 敷 おおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 又 は 駅 周 辺 若 しくは 行 政 施 設 等 の 高 度 利 用 を 図 る 区 域 ( 注 1) 東 京 都 建 築 安 全 条 例 第 7 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 区 域 をいう ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 18

24 (7) 準 住 居 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 道 路 の 沿 道 としての 地 域 の 特 性 にふさわしい 業 務 の 利 便 の 増 進 を 図 りつつ これと 調 和 した 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 住 宅 地 を 貫 通 する 幹 線 道 路 等 の 沿 道 のうち 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとする 2. 容 積 率 200 以 下 とし 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は 300とする 3. 建 ぺい 率 原 則 としてとする ただし 防 火 地 域 又 は 新 たな 防 火 規 制 区 域 ( 注 1)は80 その 他 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 み 合 わせ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 み 合 わせは 指 定 標 準 のと おりとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200 以 下 の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 8. 規 模 おおむね1ha 以 上 とする 19

25 適 用 区 域 指 定 標 準 建 ぺい 率 1. 道 路 沿 いに 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 している 区 域 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 注 2 用 敷 2. 住 宅 地 を 貫 通 するおおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 において 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 であって 住 居 の 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 区 域 用 敷 ( 注 1) 東 京 都 建 築 安 全 条 例 第 7 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 区 域 をいう ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 20

26 (8) 近 隣 商 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 近 隣 の 住 宅 地 の 住 民 に 対 する 日 用 品 の 供 給 を 行 うことを 主 たる 内 容 とする 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 (1) 中 心 核 及 びその 周 辺 の 区 域 (2) 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 を 主 体 とした 区 域 (3) 乗 車 人 員 の 尐 ない 鉄 道 駅 周 辺 の 区 域 (2) 又 は(3) について 指 定 する 場 合 の 基 準 は 店 舗 又 は 事 務 所 等 の 数 がおおむね30 以 上 集 中 している 区 域 で 区 域 内 の 店 舗 若 しくは 事 務 所 等 の 建 築 物 の 棟 数 又 は 床 面 積 の 合 計 が おおむ ね 全 体 の70を 超 える 区 域 とする (4) 住 宅 地 に 新 駅 が 設 置 されるなど 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 (5) 幹 線 道 路 沿 いで 沿 道 にふさわしい 業 務 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 2. 容 積 率 (1) 原 則 として300とする (2) 中 心 核 周 辺 鉄 道 駅 周 辺 又 は 幹 線 道 路 沿 い の 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は400を 指 定 することができる (3) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 に 囲 まれた 区 域 は 原 則 として200 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として80とする ただし その 他 地 域 の 特 性 に 応 じてはとすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200 以 下 の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することが できる 容 積 率 400 以 上 の 区 域 については 路 線 式 指 定 の 区 域 を 除 き 原 則 として 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 に 指 定 しないものとする (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 容 積 率 400 以 上 の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 す る その 他 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただ し 容 積 率 300 以 下 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 8. 規 模 おおむね0.5ha 以 上 とする ただし 商 業 地 域 に 隣 接 する 区 域 又 は 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とす る 区 域 は この 限 りではない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 す る 事 項 を 定 めることとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 21

27 指 定 標 準 適 用 区 域 1. 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 に 接 する 区 域 建 ぺい 率 80 容 積 率 集 団 路 線 式 の 別 路 線 式 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 注 用 敷 上 記 1.の 区 域 以 外 の 用 途 地 域 に 接 する 区 域 3. 年 間 の 乗 車 人 員 がおおむね200 万 人 以 下 の 駅 周 辺 の 区 域 で 周 辺 の 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 商 業 地 域 の 周 辺 にあって 主 として 日 常 購 買 品 等 を 扱 う 店 舗 事 務 所 等 の 多 く 立 地 している 区 域 若 しくはそれらの 立 地 を 図 る 区 域 で 都 市 施 設 が 未 整 備 な 区 域 路 線 式 用 敷 200 集 団 用 敷 年 間 の 乗 車 人 員 がおおむね200 万 人 以 下 の 駅 周 辺 の 区 域 で 周 辺 の 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 商 業 地 域 の 周 辺 にあって 主 として 日 常 購 買 品 等 を 扱 う 店 舗 事 務 所 等 の 多 く 立 地 している 区 域 若 しくはそれらの 立 地 を 図 る 区 域 で 都 市 施 設 が 整 備 済 みの 区 域 又 は 整 備 す ることが 確 実 な 区 域 集 団 用 敷 壁 5. 中 心 核 及 びその 周 辺 200 集 団 用 敷 おおむね16m 以 上 の 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 用 敷 壁 400 路 線 式 用 敷 壁 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 22

28 (9) 商 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 区 域 (1) 中 心 核 (2) 乗 車 人 員 の 多 い 鉄 道 駅 周 辺 の 区 域 (3) 幹 線 道 路 沿 いで 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 して いる 区 域 又 は 立 地 を 図 る 区 域 (4) 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 2. 容 積 率 (1) 原 則 として 500 以 下 とする (2) 幹 線 道 路 沿 いで 住 宅 地 に 接 する 場 合 は 後 背 地 との 容 積 率 の 差 が 過 大 とならないよう 配 慮 する ( 容 積 率 の 差 がおおむね300 以 内 とする ) 5. 規 模 おおむね0.5ha 以 上 とする ただし 近 隣 商 業 地 域 と 接 する 区 域 及 び 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない 6. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 建 築 物 の 高 さ 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとす る 3. 高 度 地 区 (1) 容 積 率 200の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 す ることができる 容 積 率 400 以 上 の 区 域 については 路 線 式 指 定 の 区 域 を 除 き 原 則 として 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 に 指 定 しないものとする (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 することができる 4. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 容 積 率 400 以 上 の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 す る その 他 の 区 域 は 準 防 火 地 域 を 指 定 する ただ し 容 積 率 300 以 下 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 23

29 適 用 区 域 1. 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 で 高 度 利 用 を 図 ることが 不 適 当 な 区 域 又 は 道 路 幅 員 が 狭 く 高 度 利 用 を 図 ることができない 区 域 若 しくは 高 度 利 用 を 図 る 必 要 がない 区 域 2. 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 指 定 標 準 容 積 率 都 市 施 設 の 整 備 未 完 完 成 集 団 路 線 式 の 別 集 団 又 は 路 線 式 集 団 又 は 路 線 式 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 注 用 敷 用 敷 3. 幅 員 20m 以 上 の 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 400 路 線 式 用 敷 年 間 の 乗 車 人 員 がおおむね200 万 人 200 未 完 集 団 用 敷 から1000 万 人 程 度 の 駅 周 辺 区 域 中 心 核 の 商 業 業 務 施 設 等 の 立 地 を 図 る 区 域 完 成 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 24

30 (10) 準 工 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 を 増 進 するために 定 める 地 域 (1) 工 場 と 住 宅 が 混 在 しており 住 工 の 調 和 を 図 り ながら 都 市 型 工 業 や 地 場 産 業 などの 育 成 を 図 る べき 区 域 又 は 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 工 業 の 立 地 を 図 る 区 域 (2) 流 通 関 連 施 設 などの 立 地 を 誘 導 する 区 域 (3) 水 道 下 水 道 ごみ 焼 却 場 等 の 供 給 処 理 施 設 の 立 地 する 区 域 (4) 店 舗 事 務 所 流 通 関 連 施 設 等 の 業 務 系 施 設 又 は 自 動 車 修 理 工 場 等 沿 道 サービス 施 設 等 の 立 地 する 区 域 2. 容 積 率 (1) 原 則 として200とする ただし 都 市 施 設 の 整 備 状 況 又 は 土 地 利 用 状 況 に 応 じ 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は 300とすることができる (2) 特 に 高 度 利 用 を 必 要 としない 区 域 は 150 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 としてとする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 300 以 下 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 8. 規 模 おおむね5ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 供 給 処 理 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 する 区 域 は この 限 りでない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 工 場 と 住 宅 との 調 和 する 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 す る 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとす る 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200 以 下 の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる 25

31 指 定 標 準 適 用 区 域 1. 住 宅 と 調 和 した 複 合 市 街 地 を 目 指 す 区 域 又 は 供 給 処 理 施 設 の 立 地 する 区 域 建 ぺい 率 50 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 注 用 敷 上 記 1.の 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 工 業 系 の 施 設 があり 店 舗 事 務 所 流 通 関 連 施 設 等 又 は 沿 道 サービス 施 設 等 が 立 地 している 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 鉄 道 沿 線 幹 線 道 路 沿 道 等 で 騒 音 等 が 著 しい 区 域 又 は 著 しくなると 予 想 される 区 域 で 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 することが 必 要 な 区 域 用 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 環 : 環 境 形 成 型 地 区 計 画 26

32 Ⅱ その 他 の 地 域 地 区 の 指 定 基 準 1 特 別 用 途 地 区 特 別 用 途 地 区 については 市 の 創 意 工 夫 により 種 類 の 名 称 を 自 由 に 定 めるこ とができることから 土 地 利 用 の 増 進 や 環 境 の 保 護 などの 特 別 の 目 的 を 実 現 す るため 用 途 地 域 を 補 完 し 特 定 の 建 築 物 の 用 途 等 を 制 限 または 緩 和 すること が 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 活 用 を 図 る 用 途 地 域 との 関 係 を 十 分 に 考 慮 したうえで 当 該 地 区 の 特 性 にふさわしい 土 地 利 用 の 増 進 環 境 の 保 護 等 実 現 を 図 るべき 特 別 の 目 的 を 明 確 に 設 定 して 適 切 な 位 置 及 び 規 模 で 定 めることとする 2 高 度 地 区 1 原 則 として 低 層 住 居 専 用 地 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 2 原 則 として 容 積 率 200の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 とする 3 原 則 として 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 とする 4 街 並 み 景 観 を 誘 導 する 区 域 等 については 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 めた 高 度 地 区 を 指 定 することができる 3 高 度 利 用 地 区 高 度 利 用 地 区 は 東 京 都 高 度 利 用 地 区 指 定 基 準 に 準 拠 して 指 定 する 4 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 1 原 則 として 建 ぺい 率 50 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する また 延 焼 の 防 止 を 図 ることが 必 要 な 区 域 については 建 ぺい 率 40 以 上 の 区 域 に ついても 準 防 火 地 域 に 指 定 することができる 2 容 積 率 400 以 上 の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 する また 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 については 防 火 地 域 に 指 定 する ことができる 5その 他 の 地 区 その 他 の 地 区 の 指 定 又 は 変 更 については それぞれの 法 令 等 及 び 指 定 基 準 等 に 基 づくものとする 27

33 運 用 に つ い て 1 法 律 等 の 改 正 が 行 われた 場 合 など 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 を 踏 まえ 政 策 誘 導 の 視 点 からこの 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 の 内 容 を 再 検 討 し 必 要 に 応 じて 変 更 するものとする 2 土 地 利 用 に 関 するその 他 の 都 市 計 画 の 決 定 等 にあたっても この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 を 踏 まえて 行 うものとする 3 この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 は 東 村 山 市 全 域 を 対 象 として 統 一 的 な 運 用 を 図 るものとするが 特 段 の 定 めのない 事 項 のほか この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 に より 難 い 理 由 があるときは 別 途 協 議 することにより 特 別 の 運 用 ができるもの とする 4 以 下 の 地 区 の 用 途 地 域 の 変 更 に 関 しては, 地 区 計 画 を 定 めずに 行 うことが できる ただし この 場 合 においても 変 更 区 域 内 の 住 民 に 対 して 理 解 が 得 られるよう 周 知 説 明 を 行 うこととする (1) 容 積 率 や 建 ぺい 率 を 低 減 した 地 区 容 積 率 や 建 ぺい 率 を 低 減 した 地 区 に 関 しては 市 街 地 環 境 に 及 ぼす 影 響 が 想 定 されないことを 条 件 とする (2) 用 途 地 域 境 界 に 基 準 としていた 地 形 地 物 が 変 更 した 地 区 用 途 地 域 境 界 に 基 準 としていた 地 形 地 物 が 変 更 した 地 区 に 関 しては 建 築 物 の 用 途 の 制 限 や 斜 線 制 限 による 形 態 規 制 などの 集 団 規 定 が 緩 和 される 場 合 は 周 辺 環 境 に 与 える 影 響 が 軽 微 であることを 条 件 とする (3) 事 業 中 又 は 整 備 が 完 了 した 都 市 計 画 道 路 等 の 沿 道 地 区 事 業 中 又 は 整 備 が 完 了 した 都 市 計 画 道 路 等 の 沿 道 地 区 に 関 しては 目 標 とする 市 街 地 像 の 実 現 手 段 が 東 村 山 市 都 市 計 画 マスタープランなどの 上 位 計 画 に 明 記 されており 地 区 計 画 によらず 他 の 都 市 計 画 によって 目 標 と する 市 街 地 像 の 実 現 が 担 保 できること また 都 市 計 画 道 路 等 の 整 備 を 契 機 に 市 街 地 環 境 が 改 善 するなど 地 区 計 画 により 地 区 施 設 を 定 める 必 要 が ないこと 目 標 とする 市 街 地 像 やその 実 現 手 段 について 周 辺 地 区 を 含 む 関 係 権 利 者 の 理 解 が 得 られるよう 取 り 組 むことを 条 件 とする (4) 都 市 計 画 を 伴 わずに 土 地 利 用 が 転 換 した 地 区 都 市 計 画 を 伴 わずに 土 地 利 用 が 転 換 した 地 区 に 関 しては 土 地 利 用 転 換 の 方 針 が 東 村 山 市 都 市 計 画 マスタープランなどの 上 位 計 画 に 明 示 されてい ることや 建 築 物 の 用 途 の 制 限 や 斜 線 制 限 による 形 態 規 制 などの 集 団 規 定 28

34 が 強 化 され 市 街 地 環 境 の 悪 化 を 伴 わないことを 条 件 とする 5 この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 は 平 成 24 年 12 月 6 日 から 施 行 する 29

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

タイトル

タイトル 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム (1) 地 区 内 道 路 整 備 プログラムの 検 討 地 区 内 道 路 整 備 プログラムは, 目 指 すべき 地 区 内 道 路 網 の 各 路 線 を 対 象 に, 整 備 の 優 先 度 を 明 示 した もので, 整 備 優 先 度 の 考 え 方 に 基 づき, 優 先 整 備 路 線, 局

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

★計画書(石江地区計画).doc

★計画書(石江地区計画).doc 名 称 新 城 地 区 計 画 位 置 青 森 市 大 字 新 城 字 山 田 一 部 区 域 計 画 図 表 示 とおり 面 積 約 2.6ha 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 地 区 計 画 目 標 土 地 利 用 方 針 建 築 物 等 整 備 方 針 本 地 区 は 本 市 中 心 部 から 約 6.5km 西 部 市 街 地 縁 辺 部 に 位 置 し 工 業 及 び 流

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ る 野 生 動 植 物 の 種 の 保 存 に 関 する 法 律 の 国 内 希 少 野 生 動 植 物 種 に 指 定 されてい

第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ る 野 生 動 植 物 の 種 の 保 存 に 関 する 法 律 の 国 内 希 少 野 生 動 植 物 種 に 指 定 されてい 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 に 係 る 猛 禽 類 保 護 方 策 について 報 告 書 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 に 係 る 猛 禽 類 保 護 方 策 検 討 委 員 会 平 成 22 年 10 月 18 日 第 1 本 報 告 の 位 置 付 け 平 成 20 年 4 月 下 旬 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 ( 以 下 本 地 という )で 絶 滅 のおそれのあ

More information

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準 東 京 都 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 運 用 基 準 東 京 都 都 市 整 備 局 平 成 2 5 年 4 月 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 基 本 目 標 1 3 本 運 用 基 準 の 位 置 付 け 1 4 用 語 の 定 義 2 第 2 策 定 基 準 5 1 区 域 の 要 件 5 (1) 基 本 計 画 等 との 適 合 5 (2) 基

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 ガイドライン 酒 々 井 町 平 成 28 年 4 月 策 定 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの 玉 川 上 水 放 射 5 号 線 周 辺 地 区 まちづくりだより No.3 発 行 日 : 平 成 27 年 10 月 / 発 行 : 杉 並 区 都 市 整 備 部 まちづくり 推 進 課 / 編 集 協 力 : 首 都 圏 総 合 計 画 研 究 所 まちづくり 意 見 交 換 会 オープンハウスを 開 催 しました 日 頃 より 杉 並 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をいただきありがとうございます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F>

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F> 那 覇 市 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 平 成 8 年 4 月 目 次 第 1 総 合 設 計 制 度 1. 総 合 設 計 制 度 の 目 的 2. 許 可 取 扱 要 綱 の 制 定 第 2 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 1. 基 本 目 標 2. 運 用 に 当 たっての 基 本 姿 勢 第 3 技 術 基 準 1. 用 語 の 定 義 2. 基 本 要 件 (1) 法

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地

目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 基 本 方 針 平 成 28 年 2 月 府 中 市 目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地 跡

More information

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率 (1) 区 区 分 市 街 化 区 及 び 市 街 化 調 整 区 都 市 計 画 区 のうち すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 として 市 街 化 区 を また 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 として 市 街 化 調 整 区 をそれぞれ 決 定 しています 計 画 書 ( 平 成

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx 石 神 井 公 園 駅 南 地 まちづくり 計 画 1 まちづくり 計 画 目 標 ------------------------------------------------ 2 2 まちづくり 計 画 ------------------------------------------------ 3 3 土 地 利 用 考 え 方 ----------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx はじめに 1 Ⅰ. 地 区 計 画 の 概 要 2 Ⅱ. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 概 要 3 Ⅲ. 地 区 計 画 案 申 し 出 までの 流 れ( 地 元 の 取 り 組 み) 8 Ⅳ. 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ( 地 元 市 の 続 き) 29 Ⅴ. 地 区 計 画 原 案 の 作 成 法 と 留 意 点 ( 市 の 続 き) 31 参 考

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63> 地 区 計 画 手 引 きー 沖 周 辺 地 区 地 区 計 画 地 区 計 画 とは 地 区 計 画 とは 建 築 物 の 用 途 や 形 態 ( 建 ぺい 率 容 積 率 壁 面 位 置 意 匠 の 制 限 ) 垣 柵 の 制 限 道 路 公 園 などをきめ 細 かに 定 め 良 好 なまちづくりを 推 進 していくためのルールです 沖 周 辺 地 区 では 商 業 街 区 及 び 住 宅 街

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

大 阪 市 エリアマネジメント 活 動 促 進 制 度 活 用 ガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 市 都 市 計 画 局 本 ガイドラインについて エリアマネジメントとは 地 域 (エリア)における 公 共 的 な 空 間 などのまちの 質 を 高 め それを 持 続 的 に 維 持 発 展 させていくための 地 域 の 市 民 民 間 事 業 者 等 の 主 体 的 な 取 組 みを

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

東京都高度利用地区

東京都高度利用地区 新 宿 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 新 宿 区 都 市 計 画 部 平 成 2 7 年 11 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303033328E528C608CA782CC93738E738C7689E65F88CF91F58CB4967B5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303033328E528C608CA782CC93738E738C7689E65F88CF91F58CB4967B5F2E646F63> 第 3 章 山 形 県 の 都 市 計 画 1.マスタープラン (1) 都 市 計 画 区 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 マスタープラン) ( 都 市 計 画 法 第 6 条 の2) 平 成 12 年 の 都 市 計 画 法 改 正 により 創 設 された 都 市 計 画 区 マスタープランの 策 定 にあた り 山 形 県 では 平 成 13 年 度 に

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

神戸市確認審査基準

神戸市確認審査基準 ⅲ. 集 団 規 定 ⅲ-01 道 路 内 の 建 築 制 限 法 第 44 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 制 限 のかかる 道 路 の 範 囲 は 法 第 42 条 第 1 項 に 規 定 され た 法 令 によって 道 路 区 域 に 位 置 づけられる 道 路 敷 も 含 まれ 道 路 の 上 下 空 間 も 対 象 となる 関 連 法 令 等 法 第 42 条 第 44 条, 令

More information

はじめに

はじめに Ⅱ.まちの 骨 格 基 盤 以 下 では Ⅰ. 都 市 機 能 環 境 景 観 で 示 された 東 部 拠 点 のまちづくりを 支 えるための 骨 格 基 盤 について 主 に 公 的 主 体 が 整 備 又 は 誘 導 を 図 る 方 針 として 記 述 します 1. 都 市 基 盤 整 備 1) 土 地 区 画 整 理 事 業 a. 土 地 区 画 整 理 事 業 は 吹 田 操 車 場 跡 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画 世 田 谷 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 (マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 号 ) 世 田 谷 区 平 成 28 年 4 月 目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 都 市 再 生 整 備 計 画 て つ ど う みなと つ る が 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) ふ く い つ る が 福 井 県 敦 賀 市 平 成 25 年 1 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

<3133303330355F93DF9465905693739053926E8BE68140926E8BE68C7689E62E786C7378>

<3133303330355F93DF9465905693739053926E8BE68140926E8BE68C7689E62E786C7378> 21 世 紀 に 向 けた 都 市 づくり 当 初 告 示 日 : 平 成 9 年 9 月 5 日 変 更 告 示 日 : 平 成 19年 12 月 3 日 那 覇 市 南 の 拠 点 那 覇 新 都 心 それは あけもどろのまち 那 覇 にあります 先 人 が 築 き はぐくんだ 南 島 の 歴 史 と 文 化 を 受 け 継 ぎ21 世 紀 に 向 けて 那 覇 新 都 心 は 新 たな 交 流

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information