Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金

2

3 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 7 月 14 日 ( 届 出 ) 平 成 5 年 10 月 29 日 ( 届 出 ) 平 成 5 年 12 月 27 日 ( 認 可 ) 平 成 6 年 2 月 10 日 ( 認 可 ) 平 成 6 年 8 月 24 日 ( 届 出 ) 平 成 6 年 11 月 28 日 ( 届 出 ) 平 成 7 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 7 年 5 月 29 日 ( 届 出 ) 平 成 7 年 6 月 14 日 ( 届 出 ) 平 成 7 年 6 月 27 日 ( 届 出 ) 平 成 8 年 1 月 22 日 ( 届 出 ) 平 成 8 年 2 月 15 日 ( 届 出 ) 平 成 8 年 3 月 29 日 ( 認 可 ) 平 成 8 年 5 月 13 日 ( 届 出 ) 平 成 8 年 6 月 13 日 ( 届 出 ) 平 成 8 年 10 月 30 日 ( 認 可 ) 平 成 9 年 3 月 19 日 ( 届 出 ) 平 成 9 年 3 月 28 日 ( 認 可 ) 平 成 9 年 4 月 17 日 ( 届 出 ) 平 成 9 年 8 月 27 日 ( 届 出 ) 平 成 9 年 9 月 17 日 ( 届 出 ) 平 成 9 年 9 月 25 日 ( 認 可 ) 平 成 9 年 9 月 30 日 ( 認 可 ) 平 成 9 年 10 月 13 日 ( 認 可 ) 平 成 10 年 2 月 13 日 ( 届 出 ) 平 成 10 年 3 月 27 日 ( 認 可 ) 平 成 10 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 10 年 5 月 13 日 ( 届 出 ) 平 成 10 年 6 月 3 日 ( 認 可 ) 平 成 10 年 6 月 15 日 ( 届 出 ) 平 成 11 年 1 月 5 日 ( 認 可 ) 平 成 11 年 3 月 8 日 ( 届 出 ) 平 成 11 年 4 月 8 日 ( 届 出 ) 平 成 11 年 4 月 13 日 ( 届 出 ) 平 成 11 年 9 月 10 日 ( 届 出 ) 平 成 11 年 10 月 4 日 ( 届 出 ) 平 成 11 年 11 月 11 日 ( 認 可 ) 平 成 12 年 3 月 7 日 ( 届 出 ) 平 成 12 年 3 月 28 日 ( 認 可 ) 平 成 12 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 12 年 3 月 31 日 ( 届 出 ) 平 成 12 年 4 月 12 日 ( 届 出 ) 平 成 12 年 5 月 23 日 ( 届 出 ) 平 成 12 年 8 月 11 日 ( 認 可 ) 平 成 12 年 9 月 13 日 ( 届 出 ) 平 成 13 年 3 月 6 日 ( 届 出 ) 平 成 13 年 4 月 11 日 ( 届 出 ) 平 成 13 年 5 月 18 日 ( 届 出 ) 平 成 13 年 9 月 13 日 ( 届 出 ) 平 成 13 年 10 月 11 日 ( 届 出 ) 平 成 14 年 3 月 22 日 ( 認 可 ) 平 成 14 年 3 月 26 日 ( 認 可 )

4 平 成 14 年 5 月 14 日 ( 届 出 ) 平 成 14 年 5 月 14 日 ( 届 出 ) 平 成 14 年 5 月 14 日 ( 届 出 ) 平 成 14 年 5 月 30 日 ( 届 出 ) 平 成 14 年 10 月 16 日 ( 届 出 ) 平 成 14 年 11 月 1 日 ( 届 出 ) 平 成 15 年 2 月 27 日 ( 届 出 ) 平 成 15 年 3 月 24 日 ( 認 可 ) 平 成 15 年 4 月 14 日 ( 認 可 ) 平 成 15 年 4 月 24 日 ( 認 可 ) 平 成 15 年 8 月 11 日 ( 認 可 ) 平 成 15 年 9 月 2 日 ( 届 出 ) 平 成 15 年 10 月 7 日 ( 届 出 ) 平 成 15 年 11 月 21 日 ( 届 出 ) 平 成 16 年 4 月 27 日 ( 届 出 ) 平 成 16 年 7 月 2 日 ( 認 可 ) 平 成 16 年 10 月 15 日 ( 届 出 ) 平 成 16 年 11 月 22 日 ( 届 出 ) 平 成 17 年 2 月 28 日 ( 届 出 ) 平 成 17 年 4 月 28 日 ( 届 出 ) 平 成 17 年 5 月 26 日 ( 認 可 ) 平 成 17 年 6 月 29 日 ( 届 出 ) 平 成 17 年 10 月 21 日 ( 届 出 ) 平 成 17 年 11 月 2 日 ( 届 出 ) 平 成 17 年 11 月 21 日 ( 届 出 ) 平 成 18 年 1 月 11 日 ( 認 可 ) 平 成 18 年 1 月 26 日 ( 認 可 ) 平 成 18 年 4 月 26 日 ( 届 出 ) 平 成 18 年 12 月 22 日 ( 認 可 ) 平 成 19 年 1 月 26 日 ( 届 出 ) 平 成 19 年 4 月 24 日 ( 認 可 ) 平 成 19 年 4 月 25 日 ( 届 出 ) 平 成 19 年 10 月 26 日 ( 届 出 ) 平 成 19 年 11 月 16 日 ( 認 可 ) 平 成 19 年 11 月 30 日 ( 届 出 ) 平 成 19 年 12 月 14 日 ( 届 出 ) 平 成 20 年 1 月 24 日 ( 届 出 ) 平 成 20 年 5 月 16 日 ( 届 出 ) 平 成 20 年 6 月 13 日 ( 認 可 ) 平 成 20 年 9 月 30 日 ( 届 出 ) 平 成 21 年 5 月 22 日 ( 届 出 ) 平 成 22 年 4 月 21 日 ( 届 出 ) 平 成 22 年 8 月 5 日 ( 届 出 ) 平 成 22 年 10 月 26 日 ( 届 出 ) 平 成 23 年 6 月 9 日 ( 認 可 ) 平 成 24 年 1 月 13 日 ( 届 出 ) 平 成 24 年 2 月 23 日 ( 認 可 ) 平 成 24 年 6 月 1 日 ( 届 出 ) 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 届 出 ) 平 成 24 年 7 月 23 日 ( 届 出 ) 平 成 24 年 7 月 24 日 ( 認 可 ) 平 成 25 年 3 月 18 日 ( 認 可 ) 平 成 25 年 3 月 29 日 ( 認 可 ) 平 成 25 年 4 月 12 日 ( 届 出 ) 平 成 25 年 4 月 23 日 ( 認 可 ) 平 成 25 年 10 月 18 日 ( 認 可 ) 平 成 26 年 5 月 12 日 ( 届 出 ) 平 成 26 年 9 月 5 日 ( 届 出 )

5 平 成 26 年 10 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 26 年 11 月 27 日 ( 認 可 ) 平 成 28 年 1 月 18 日 ( 届 出 ) 平 成 28 年 1 月 21 日 ( 認 可 ) 平 成 28 年 2 月 22 日 ( 届 出 ) 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 認 可 ) 平 成 28 年 3 月 14 日 ( 届 出 ) 平 成 28 年 3 月 30 日 ( 認 可 ) 平 成 28 年 5 月 2 日 ( 認 可 ) 平 成 28 年 5 月 31 日 ( 認 可 )

6 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 ( 第 6 条 ~ 第 2 4 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 2 5 条 ~ 第 3 8 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第 3 9 条 ~ 第 4 5 条 ) 第 5 章 標 準 給 与 及 び 加 算 給 与 ( 第 4 6 条 ~ 第 5 2 条 ) 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 第 5 3 条 ~ 第 5 9 条 ) 第 2 節 第 1 種 退 職 年 金 ( 第 6 0 条 ~ 第 63 条 の3 ) 第 3 節 第 2 種 退 職 年 金 ( 第 6 4 条 ~ 第 67 条 の3 ) 第 4 節 遺 族 一 時 金 ( 第 6 8 条 ~ 第 7 0 条 ) 第 5 節 脱 退 一 時 金 ( 第 7 1 条 ~ 第 7 3 条 ) 第 7 章 年 金 通 算 第 1 節 中 途 脱 退 者 の 選 択 ( 第 7 4 条 ~ 第 74 条 の3 ) 第 2 節 他 制 度 等 へ の 移 換 ( 第 7 5 条 ~ 第 78 条 の3 ) 第 3 節 削 除 第 4 節 加 入 員 へ の 説 明 ( 第 80 条 の4 ) 第 8 章 福 祉 施 設 ( 第 8 1 条 ) 第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 す る 契 約 並 び に 業 務 の 委 託 ( 第 8 2 条 ~ 第 8 4 条 ) 第 1 0 章 費 用 の 負 担 ( 第 8 5 条 ~ 第 91 条 の3 ) 第 1 1 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 9 2 条 ~ 第 101 条 ) 第 1 2 章 解 散 及 び 清 算 ( 第 102 条 ~ 第 106 条 ) 第 1 3 章 雑 則 ( 第 107 条 ~ 第 113 条 ) 附 別 則 表

7 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 と い う ) は 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 の た め の 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 6 3 号 以 下 平 成 2 5 年 改 正 法 と い う ) 及 び 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 号 以 下 法 と い う ) に 基 づ き こ の 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 死 亡 又 は 脱 退 に つ い て 給 付 を 行 い も っ て 加 入 員 及 び そ の 遺 族 の 生 活 の 安 定 と 福 祉 の 向 上 を 図 る こ と を 目 的 と す る ( 法 令 の 規 定 に 関 す る 読 替 え ) 第 1 条 の2 こ の 規 約 に お い て 引 用 す る 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 法 令 の 規 定 は 右 欄 に 掲 げ る 法 令 の 規 定 に 読 み 替 え る も の と す る 左 欄 法 第 81 条 の3 平 成 25 年 第 85 条 の3 改 正 法 附 則 第 100 条 の10 第 1 項 ( 第 34 号 に 第 5 条 第 1 係 る 部 分 に 限 る ) 項 第 1 号 に 第 106 条 から 第 110 条 まで よりなお 効 第 114 条 から 第 120 条 の4まで 力 を 有 する 第 121 条 ( 法 第 147 条 の5 第 1 項 ものとされ において 準 用 する 場 合 を 含 む ) た 同 法 附 第 122 条 から 第 130 条 まで 則 第 3 条 第 第 130 条 の2 第 1 項 第 2 項 ( 法 第 1 号 に 規 定 136 条 の3 第 2 項 において 準 用 する する 改 正 前 場 合 を 含 む ) 及 び 第 3 項 厚 生 年 金 保 第 130 条 の3から 第 136 条 の5ま 険 法 ( 以 下 で 改 正 前 厚 第 138 条 から 第 146 条 の2まで 生 年 金 保 険 第 147 条 の2から 第 148 条 まで 法 とい う ) 第 170 条 から 第 174 条 まで 第 176 条 から 第 177 条 まで 第 177 条 の2 第 1 項 第 178 条 第 179 条 第 1 項 から 第 4 項 まで 及 び 第 5 項 ( 第 1 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 第 180 条 から 第 181 条 まで 右 欄 第 81 条 の3 第 85 条 の3 第 100 条 の10 第 1 項 ( 第 34 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 第 106 条 から 第 110 条 まで 第 114 条 から 第 120 条 の4まで 第 121 条 ( 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 147 条 の 5 第 1 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 122 条 から 第 130 条 まで 第 130 条 の2 第 1 項 第 2 項 ( 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 136 条 の3 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 及 び 第 3 項 第 130 条 の3から 第 136 条 の5まで 第 138 条 から 第 146 条 の2まで 第 147 条 の2から 第 148 条 まで 第 170 条 から 第 174 条 まで 第 176 条 から 第 177 条 まで 第 177 条 の2 第 1 項 第 178 条 第 179 条 第 1 項 から 第 4 項 まで 及 び 第 5 項 ( 第 1 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 第 180 条 から 第 181 条 まで -1-

8 附 則 第 30 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 3 1 条 並 びに 第 32 条 附 則 第 30 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 31 条 並 びに 第 32 条 法 第 136 条 において 準 用 する 法 第 36 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 37 条 第 39 条 第 2 項 前 段 並 びに 第 40 条 から 第 41 条 まで 平 成 25 年 改 正 法 附 則 第 5 条 第 1 項 第 1 号 によりなお 効 力 を 有 するものとされた 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 136 条 において 準 用 する 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 36 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 37 条 第 39 条 第 2 項 前 段 並 びに 第 40 条 から 第 41 条 まで 法 第 141 条 第 1 項 において 準 用 する 法 第 83 条 第 84 条 第 85 条 及 び 第 86 条 から 第 8 9 条 まで 平 成 25 年 改 正 法 附 則 第 5 条 第 1 項 第 1 号 によりなお 効 力 を 有 するものとされた 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 141 条 第 1 項 に おいて 準 用 する 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 83 条 第 84 条 第 85 条 及 び 第 86 条 から 第 89 条 まで 法 第 148 条 第 2 項 及 び 第 178 条 第 2 項 にお いて 準 用 する 法 第 100 条 第 2 項 において 準 用 する 法 第 96 条 第 2 項 平 成 25 年 改 正 法 附 則 第 5 条 第 1 項 第 1 号 によりなお 効 力 を 有 するものとされた 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 148 条 第 2 項 及 び 第 178 条 第 2 項 において 準 用 する 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 100 条 第 2 項 において 準 用 する 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 96 条 第 2 項 法 第 148 条 第 2 項 及 び 第 178 条 第 2 項 にお いて 準 用 する 法 第 100 条 第 3 項 の 規 定 並 びに 法 第 174 条 において 準 用 する 法 第 98 条 第 1 項 から 第 3 項 まで 及 び 第 4 項 本 文 平 成 25 年 改 正 法 附 則 第 5 条 第 1 項 第 1 号 によりなお 効 力 を 有 するものとされた 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 148 条 第 2 項 及 び 第 178 条 第 2 項 において 準 用 する 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 100 条 第 3 項 の 規 定 並 びに 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 174 条 において 準 用 する 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 第 98 条 第 1 項 から 第 3 項 まで 及 び 第 4 項 本 文 厚 生 年 金 基 金 令 ( 昭 和 41 年 政 令 第 32 4 号 以 下 基 金 令 と いう ) 第 1 条 から 第 24 条 の2まで 公 的 年 金 制 度 第 24 条 の3( 第 1 号 に 係 る 部 分 に 限 り 基 金 令 第 58 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 25 条 から 第 29 条 まで 第 1 条 から 第 24 条 の2まで 第 24 条 の3( 第 1 号 に 係 る 部 分 に 限 り 廃 止 前 厚 生 年 金 基 金 令 第 58 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 25 条 から 第 29 条 まで 第 30 条 第 1 項 ( 基 金 令 第 3 1 条 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 2 項 及 び 第 3 項 第 31 条 から 第 41 条 の3の 3まで 第 41 条 の3の4( 基 金 令 第 41 条 の7において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 41 条 の3の5 及 び 第 41 条 の4 第 41 条 の5( 第 3 号 を 除 く ) 第 41 条 の6 第 42 条 から 第 48 条 まで 第 55 条 の2 第 1 項 ( 第 1 号 に 係 る 部 分 に 限 り 同 条 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 55 条 の3 第 55 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 第 56 条 から 第 60 条 まで の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 経 過 措 置 に 関 する 政 令 ( 平 成 2 6 年 政 令 第 7 4 号 以 下 平 成 26 年 経 過 措 置 政 令 と い う ) 第 3 条 第 2 項 により なお 効 力 を 有 するものとさ れた 同 政 令 第 2 条 第 8 号 に 規 定 する 廃 止 前 厚 生 年 金 基 金 令 ( 以 下 廃 止 前 厚 生 年 金 基 金 令 という ) 第 30 条 第 1 項 ( 廃 止 前 厚 生 年 金 基 金 令 第 31 条 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 2 項 及 び 第 3 項 第 31 条 から 第 41 条 の3の3まで 第 41 条 の3の4( 廃 止 前 厚 生 年 金 基 金 令 第 4 1 条 の7において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 41 条 の3の5 及 び 第 41 条 の4 第 41 条 の5( 第 3 号 を 除 く ) 第 41 条 の6 第 42 条 から 第 48 条 まで 第 55 条 の2 第 1 項 ( 第 1 号 に 係 る 部 分 に 限 り 同 条 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 55 条 の3 第 55 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 第 56 条 から 第 60 条 まで -2-

9 厚 生 年 金 基 金 規 則 ( 昭 和 4 1 年 厚 生 省 令 第 34 号 以 下 基 金 規 則 と い う ) 第 60 条 の2( 第 5 項 を 除 く ) 第 60 条 の3 第 62 条 第 63 条 附 則 第 2 条 第 5 条 第 7 条 及 び 第 8 条 第 1 章 ( 第 1 条 及 び 第 66 条 を 除 く ) 第 3 章 ( 第 74 条 の3 第 3 項 及 び 第 4 項 第 75 条 第 1 項 ( 第 1 号 及 び 第 17 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 第 76 条 第 81 条 から 第 83 条 まで 並 びに 第 88 条 を 除 く ) 附 則 第 2 項 及 び 第 7 項 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 厚 生 労 働 省 関 係 省 令 の 整 備 等 及 び 経 過 措 置 に 関 す る 省 令 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 令 第 20 号 ) 第 17 条 により なお 効 力 を 有 するものとさ れた 同 省 令 同 条 に 規 定 す る 廃 止 前 厚 生 年 金 基 金 規 則 第 60 条 の2( 第 5 項 を 除 く ) 第 60 条 の3 第 62 条 第 63 条 附 則 第 2 条 第 5 条 第 7 条 及 び 第 8 条 第 1 章 ( 第 1 条 及 び 第 66 条 を 除 く ) 第 3 章 ( 第 74 条 の3 第 3 項 及 び 第 4 項 第 7 5 条 第 1 項 ( 第 1 号 及 び 第 17 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 第 76 条 第 81 条 から 第 83 条 ま で 並 びに 第 88 条 を 除 く ) 附 則 第 2 項 及 び 第 7 項 ( 名 称 ) 第 2 条 こ の 基 金 は 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 と い う ( 事 務 所 ) 第 3 条 こ の 基 金 の 事 務 所 は 次 の 場 所 に 置 く 東 京 都 港 区 芝 大 門 一 丁 目 1 番 3 号 ( 設 立 事 業 所 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 第 4 条 こ の 基 金 の 設 立 事 業 所 ( こ の 基 金 が 設 立 さ れ た 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 事 業 所 を い う 以 下 同 じ ) の 名 称 及 び 所 在 地 は 別 表 第 1 の と お り と す る ( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 こ の 基 金 に お い て 公 告 し な け れ ば な ら な い 事 項 は こ の 基 -3-

10 金 の 事 務 所 の 掲 示 板 に 文 書 を も っ て 掲 示 す る 2 基 金 令 第 3 条 第 4 条 第 4 1 条 の 2 第 4 2 条 第 4 3 条 及 び 第 4 7 条 第 2 項 に 規 定 す る 事 項 は 前 項 の 規 定 に よ る ほ か 官 報 に 掲 載 す る -4-

11 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 ( 代 議 員 及 び 代 議 員 会 ) 第 6 条 こ の 基 金 に 代 議 員 会 を 置 く 2 代 議 員 会 は 代 議 員 を も っ て 組 織 す る ( 定 数 ) 第 7 条 こ の 基 金 の 代 議 員 の 定 数 は 5 2 人 と し そ の 半 数 は 設 立 事 業 所 の 事 業 为 ( 以 下 事 業 为 と い う ) に お い て 事 業 为 ( そ の 代 理 人 を 含 む ) 及 び 設 立 事 業 所 に 使 用 さ れ る 者 の う ち か ら 選 定 し 他 の 半 数 は 加 入 員 に お い て 互 選 す る ( 任 期 ) 第 8 条 代 議 員 の 任 期 は 3 年 と す る た だ し 補 欠 の 代 議 員 の 任 期 は 前 任 者 の 残 任 期 間 と す る 2 前 項 の 任 期 は 選 定 又 は 互 選 の 日 か ら 起 算 す る た だ し 選 定 又 は 互 選 が 代 議 員 の 任 期 満 了 前 に 行 わ れ た と き は 前 任 者 の 任 期 満 了 の 日 の 翌 日 か ら 起 算 す る ( 互 選 代 議 員 の 選 挙 期 日 ) 第 9 条 加 入 員 に お い て 互 選 す る 代 議 員 ( 以 下 互 選 代 議 員 と い う ) の 任 期 満 了 に よ る 総 選 挙 は 互 選 代 議 員 の 任 期 が 終 る 日 の 前 3 0 日 以 内 に 行 う た だ し 特 別 の 事 情 が あ る 場 合 に は 互 選 代 議 員 の 任 期 が 終 る 日 の 後 2 0 日 以 内 に 行 う こ と が で き る 2 互 選 代 議 員 に 欠 員 を 生 じ た と き に 行 う 補 欠 選 挙 の 期 日 に つ い て は 前 項 の 規 定 を 準 用 す る 3 前 2 項 の 規 定 に よ る 選 挙 の 期 日 は 少 な く と も 2 0 日 前 に 公 示 し な け れ ば な ら な い 4 前 項 の 規 定 に よ る 公 示 の 方 法 は 第 5 条 第 1 項 の 規 定 を 準 用 す る ( 以 下 第 1 1 条 第 1 3 条 及 び 第 1 6 条 に お い て 同 じ ) ( 互 選 代 議 員 の 選 挙 の 方 法 ) 第 10 条 互 選 代 議 員 は 単 記 無 記 名 投 票 に よ り 選 挙 す る た だ し -5-

12 代 議 員 候 補 者 の 数 が 選 挙 す べ き 代 議 員 の 数 を 超 え な い 場 合 は こ の 限 り で な い 2 前 項 の 投 票 は 加 入 員 1 人 に つ い て 1 票 と す る ( 当 選 人 ) 第 11 条 選 挙 の 結 果 最 多 数 の 投 票 を 得 た 者 を も っ て 順 次 当 選 人 と す る た だ し 互 選 代 議 員 の 数 を も っ て 有 効 投 票 の 総 数 を 除 し て 得 た 数 の 6 分 の 1 以 上 の 得 票 が な け れ ば な ら な い 2 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず 前 条 第 1 項 た だ し 書 の 規 定 に よ り 投 票 を 行 わ な い 場 合 に お い て は 同 条 同 項 た だ し 書 の 互 選 代 議 員 候 補 者 を も っ て 当 選 人 と す る 3 当 選 人 が 決 っ た と き は 当 選 人 の 氏 名 及 び 所 属 す る 設 立 事 業 所 の 名 称 を 公 示 し な け れ ば な ら な い ( 互 選 代 議 員 の 選 挙 執 行 規 程 ) 第 12 条 こ の 規 約 に 定 め る も の の ほ か 互 選 代 議 員 の 選 挙 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 代 議 員 会 の 議 決 を 経 て 別 に 定 め る ( 選 定 代 議 員 の 選 定 ) 第 13 条 事 業 为 に お い て 選 定 す る 代 議 員 ( 以 下 選 定 代 議 員 と い う ) の 任 期 満 了 に よ る 選 定 は 互 選 代 議 員 の 総 選 挙 の 日 に 行 う 2 選 定 代 議 員 に 欠 員 を 生 じ た と き は 事 業 为 は す み や か に 補 欠 の 選 定 代 議 員 を 選 定 し な け れ ば な ら な い 3 事 業 为 は 選 定 代 議 員 を 選 定 し た と き は 選 定 代 議 員 の 氏 名 及 び 所 属 す る 設 立 事 業 所 の 名 称 を 文 書 で 理 事 長 に 通 知 し な け れ ば な ら な い 4 前 項 の 通 知 が あ っ た と き は 理 事 長 は 直 ち に 通 知 の あ っ た 事 項 を 公 示 し な け れ ば な ら な い ( 通 常 代 議 員 会 ) 第 14 条 通 常 代 議 員 会 は 毎 年 2 月 及 び 9 月 に 招 集 す る の を 常 例 と す る -6-

13 ( 臨 時 代 議 員 会 ) 第 15 条 理 事 長 は 必 要 が あ る と き は い つ で も 臨 時 代 議 員 会 を 招 集 す る こ と が で き る 2 理 事 長 は 代 議 員 の 定 数 の 3 分 の 1 以 上 の 者 が 会 議 に 付 議 す べ き 事 項 及 び 招 集 の 理 由 を 記 載 し た 書 面 を 提 出 し て 代 議 員 会 の 招 集 を 請 求 し た と き は そ の 請 求 の あ っ た 日 か ら 2 0 日 以 内 に 臨 時 代 議 員 会 を 招 集 し な け れ ば な ら な い ( 代 議 員 会 の 招 集 手 続 ) 第 16 条 理 事 長 は 代 議 員 会 を 招 集 し よ う と す る と き は 急 施 を 要 す る 場 合 を 除 き 開 会 の 日 の 前 日 か ら 起 算 し て 5 日 前 ま で に 到 達 す る よ う に 代 議 員 に 対 し て 会 議 に 付 議 す べ き 事 項 日 時 及 び 場 所 を 示 し た 招 集 状 を 送 付 す る ほ か こ れ ら の 事 項 を 公 示 し な け れ ば な ら な い ( 定 足 数 ) 第 17 条 代 議 員 会 は 代 議 員 の 定 数 ( 第 1 9 条 の 規 定 に よ り 議 決 権 を 行 使 す る こ と が で き な い 代 議 員 の 数 を 除 く ) の 半 数 以 上 が 出 席 し な け れ ば 議 事 を 開 き 議 決 す る こ と が で き な い ( 代 議 員 会 の 議 事 ) 第 18 条 代 議 員 会 の 議 事 は 法 令 及 び こ の 規 約 に 別 段 の 定 め が あ る 場 合 を 除 き 出 席 し た 代 議 員 の 過 半 数 で 決 し 可 否 同 数 の と き は 議 長 が 決 す る 2 規 約 の 変 更 ( 基 金 令 第 2 条 各 号 に 掲 げ る 事 項 に 係 る も の を 除 く ) の 議 事 は 代 議 員 の 定 数 の 3 分 の 2 以 上 の 多 数 で 決 す る 3 代 議 員 会 に お い て は 第 1 6 条 の 規 定 に よ り あ ら か じ め 通 知 し た 事 項 に つ い て の み 議 決 す る こ と が で き る た だ し 出 席 し た 代 議 員 の 3 分 の 2 以 上 の 同 意 が あ っ た 場 合 は こ の 限 り で な い ( 代 議 員 の 除 斥 ) 第 19 条 代 議 員 は 特 別 の 利 害 関 係 の あ る 事 項 に つ い て は そ の 議 事 に 加 わ る こ と が で き な い た だ し 代 議 員 会 の 同 意 が あ っ た -7-

14 場 合 は 会 議 に 出 席 し て 発 言 す る こ と が で き る ( 代 理 ) 第 20 条 代 議 員 会 の 代 理 出 席 は 選 定 代 議 員 に あ っ て は 代 議 員 会 に 出 席 す る 他 の 選 定 代 議 員 に よ っ て 互 選 代 議 員 に あ っ て は 代 議 員 会 に 出 席 す る 他 の 互 選 代 議 員 に よ っ て 行 う も の と す る 2 前 項 の 規 定 に よ る 代 理 人 は 3 人 以 上 の 代 議 員 を 代 理 す る こ と が で き な い ( 代 議 員 会 の 公 開 ) 第 21 条 代 議 員 会 は 公 開 と す る た だ し 代 議 員 会 の 議 決 を 経 て 非 公 開 と す る こ と が で き る ( 代 議 員 会 の 議 決 事 項 ) 第 22 条 次 の 各 号 に 掲 げ る 事 項 は 代 議 員 会 の 議 決 を 経 な け れ ば な ら な い ( 1 ) 規 約 の 変 更 ( 2 ) 役 員 の 解 任 ( 3 ) 毎 事 業 年 度 の 予 算 及 び 事 業 計 画 ( 4 ) 毎 事 業 年 度 の 決 算 及 び 業 務 報 告 ( 5 ) 借 入 金 ( 6 ) そ の 他 重 要 な 事 項 ( 会 議 録 ) 第 23 条 代 議 員 会 の 会 議 に つ い て は 会 議 録 を 作 成 し 次 の 各 号 に 掲 げ る 事 項 を 記 載 し な け れ ば な ら な い ( 1 ) 開 会 の 日 時 及 び 場 所 ( 2 ) 代 議 員 の 定 数 ( 3 ) 出 席 し た 代 議 員 の 氏 名 及 び 第 2 0 条 の 規 定 に よ り 代 理 された 代 議 員 の 氏 名 ( 4 ) 議 事 の 経 過 の 要 領 ( 5 ) 議 決 し た 事 項 及 び 可 否 の 数 ( 6 ) そ の 他 必 要 な 事 項 -8-

15 2 会 議 録 に は 議 長 及 び 代 議 員 会 に お い て 定 め た 2 人 以 上 の 代 議 員 が 署 名 し な け れ ば な ら な い 3 こ の 基 金 は 会 議 録 を こ の 基 金 の 事 務 所 に 備 え つ け て 置 か な け れ ば な ら な い 4 加 入 員 及 び 加 入 員 で あ っ た 者 は こ の 基 金 に 対 し 会 議 録 の 閲 覧 を 請 求 す る こ と が で き る こ の 場 合 に お い て は こ の 基 金 は 正 当 な 理 由 が あ る 場 合 を 除 き こ れ を 拒 ん で は な ら な い ( 代 議 員 会 の 会 議 規 程 ) 第 24 条 こ の 規 約 に 定 め る も の の ほ か 代 議 員 会 の 運 営 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 代 議 員 会 の 議 決 を 経 て 別 に 定 め る -9-

16 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 役 員 ) 第 2 5 条 こ の 基 金 に 役 員 と し て 理 事 及 び 監 事 を 置 く ( 役 員 の 定 数 及 び 選 任 ) 第 26 条 理 事 の 定 数 は 2 4 人 と し そ の 半 数 は 選 定 代 議 員 に お い て 他 の 半 数 は 互 選 代 議 員 に お い て そ れ ぞ れ 互 選 す る 2 理 事 の う ち 1 人 を 理 事 長 と し 選 定 代 議 員 で あ る 理 事 の う ち か ら 理 事 が 選 挙 す る 3 理 事 の う ち 1 人 を 常 務 理 事 と し 理 事 会 の 同 意 を 得 て 理 事 長 が 指 名 す る 4 理 事 の う ち 1 人 を 年 金 た る 給 付 及 び 一 時 金 た る 給 付 に 充 て る べ き 積 立 金 ( 以 下 年 金 給 付 等 積 立 金 と い う ) の 管 理 及 び 運 用 に 関 す る 基 金 の 業 務 を 執 行 す る 理 事 ( 以 下 運 用 執 行 理 事 と い う ) と し 理 事 会 の 同 意 を 得 て 理 事 長 が 指 名 す る 5 監 事 は 代 議 員 会 に お い て 選 定 代 議 員 及 び 互 選 代 議 員 の う ち か ら そ れ ぞ れ 1 人 を 選 挙 す る ( 役 員 の 任 期 ) 第 27 条 役 員 の 任 期 は 3 年 と す る た だ し 補 欠 の 役 員 の 任 期 は 前 任 者 の 残 任 期 間 と す る 2 前 項 の 任 期 は 選 任 の 日 か ら 起 算 す る た だ し 選 任 が 役 員 の 任 期 満 了 前 に 行 わ れ た と き は 前 任 者 の 任 期 満 了 の 日 の 翌 日 か ら 起 算 す る 3 役 員 は そ の 任 期 が 満 了 し て も 後 任 の 役 員 が 就 任 す る ま で の 間 は な お そ の 職 務 を 行 う ( 役 員 の 解 任 ) 第 28 条 役 員 が 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る 場 合 に は 代 議 員 会 に お い て 3 分 の 2 以 上 の 議 決 に 基 づ き 解 任 す る こ と が で き る た だ し そ の 役 員 に 対 し 代 議 員 会 の 前 に 弁 明 の 機 会 を 与 え な け -10-

17 れ ば な ら な い ( 1 ) 心 身 の 故 障 の た め 職 務 の 執 行 に 堪 え な い と 認 め ら れ る と き (2) 職 務 上 の 義 務 違 反 そ の 他 役 員 と し て ふ さ わ し く な い 行 為 が あ る と 認 め ら れ る と き ( 3 ) 理 事 に あ っ て は 第 3 7 条 の 規 定 に 違 反 し た と き ( 役 員 の 選 挙 執 行 規 程 ) 第 29 条 こ の 規 約 に 定 め る も の の ほ か 理 事 監 事 及 び 理 事 長 の 選 挙 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 代 議 員 会 の 議 決 を 経 て 別 に 定 め る ( 理 事 会 ) 第 3 0 条 こ の 基 金 に 理 事 会 を 置 き 理 事 を も っ て 構 成 す る ( 理 事 会 の 招 集 ) 第 31 条 理 事 長 は 必 要 に 応 じ 理 事 会 を 招 集 し そ の 議 長 と な る 2 理 事 長 は 理 事 の 定 数 の 3 分 の 1 以 上 の 者 が 会 議 に 付 議 す べ き 事 項 及 び 招 集 の 理 由 を 記 載 し た 書 面 を 理 事 長 に 提 出 し て 理 事 会 の 招 集 を 請 求 し た と き は そ の 請 求 の あ っ た 日 か ら 2 0 日 以 内 に 理 事 会 を 招 集 し な け れ ば な ら な い 3 理 事 長 は 理 事 会 を 招 集 し よ う と す る と き は 急 施 を 要 す る 場 合 を 除 き 開 会 の 日 の 前 日 か ら 起 算 し て 5 日 前 ま で に 到 達 す る よ う に 理 事 に 対 し て 会 議 に 付 議 す べ き 事 項 日 時 及 び 場 所 を 示 し た 招 集 状 を 送 付 し な け れ ば な ら な い ( 理 事 会 の 付 議 事 項 ) 第 32 条 次 の 各 号 に 掲 げ る 事 項 は 理 事 会 に 付 議 し な け れ ば な ら な い ( 1 ) 代 議 員 会 の 招 集 及 び 代 議 員 会 に 提 出 す る 議 案 (2) 法 第 条 第 2 項 の 規 定 に よ る 理 事 長 の 専 決 処 分 ( た だ し 理 事 会 の 開 催 が 困 難 な 場 合 であって 法 律 改 正 等 による 一 律 の 変 更 加 入 員 及 び 受 給 権 者 の 権 利 義 務 に 関 わらない 事 項 につい ては 事 後 報 告 で よ い も の と す る ) ( 3 ) 事 業 運 営 の 具 体 的 方 針 -11-

18 ( 4 ) 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 す る 基 本 方 針 ( 5 ) 常 務 理 事 及 び 運 用 執 行 理 事 の 選 任 及 び 解 任 (6) そ の 他 業 務 執 行 に 関 す る 事 項 で 理 事 会 に お い て 必 要 と 認 め た もの ( 理 事 会 の 議 事 ) 第 33 条 理 事 会 は 理 事 の 定 数 の 半 数 以 上 が 出 席 し な け れ ば 議 事 を 開 き 議 決 す る こ と が で き な い 2 理 事 会 の 議 事 は 出 席 し た 理 事 の 過 半 数 で 決 し 可 否 同 数 の と き は 議 長 が 決 す る 3 理 事 会 に 出 席 す る こ と の で き な い 理 事 は 第 3 1 条 第 3 項 の 規 定 に よ り あ ら か じ め 通 知 の あ っ た 事 項 に つ き 賛 否 の 意 見 を 明 ら か に し た 書 面 を も っ て 議 決 権 を 行 使 す る こ と が で き る ( 理 事 会 の 会 議 録 ) 第 34 条 理 事 会 の 会 議 録 に つ い て は 第 2 3 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 を 準 用 す る ( 役 員 の 職 務 ) 第 35 条 理 事 長 は こ の 基 金 を 代 表 し そ の 業 務 を 総 理 す る と と も に 理 事 会 に お い て 決 定 す る 事 項 以 外 の 事 項 に つ い て 決 定 を 行 う 理 事 長 に 事 故 が あ る と き 又 は 理 事 長 が 欠 け た と き は 選 定 代 議 員 で あ る 理 事 の う ち か ら あ ら か じ め 理 事 長 が 指 定 す る 者 が そ の 職 務 を 代 理 し 又 は そ の 職 務 を 行 う 2 理 事 長 は 別 に 定 め る と こ ろ に よ り 前 項 に 規 定 す る 業 務 の 一 部 を 常 務 理 事 に 委 任 す る こ と が で き る 3 常 務 理 事 は 理 事 長 を 補 佐 し 業 務 を 処 理 す る ほ か 前 項 に よ り 理 事 長 か ら 委 任 を 受 け た 業 務 を 行 う 4 運 用 執 行 理 事 は 理 事 長 を 補 佐 し 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 す る 基 金 の 業 務 を 執 行 す る 5 監 事 は 監 査 の 結 果 に 基 づ き 必 要 が あ る と 認 め る と き は 理 事 長 又 は 代 議 員 会 に 意 見 を 提 出 す る こ と が で き る -12-

19 6 監 事 は こ の 基 金 の 業 務 を 監 査 す る ほ か 法 第 条 の 4 の 規 定 に よ り 理 事 長 が 代 表 権 を 有 し な い 事 項 に つ い て 監 事 が こ の 基 金 を 代 表 す る 7 監 事 が 行 う 監 査 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 代 議 員 会 の 議 決 を 経 て 別 に 定 め る ( 理 事 の 義 務 及 び 損 害 賠 償 責 任 ) 第 36 条 理 事 は 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 す る 基 金 の 業 務 に つ い て 法 令 法 令 に 基 づ い て す る 厚 生 労 働 大 臣 の 処 分 規 約 及 び 代 議 員 会 の 議 決 を 遵 守 し 基 金 の た め 忠 実 に そ の 職 務 を 遂 行 し な け れ ば な ら な い 2 理 事 は 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 す る 基 金 の 業 務 に つ い て そ の 任 務 を 怠 っ た と き は 基 金 に 対 し 連 帯 し て 損 害 賠 償 の 責 め に 任 ず る ( 理 事 の 禁 止 行 為 ) 第 37 条 理 事 は 自 己 又 は こ の 基 金 以 外 の 第 三 者 の 利 益 を 図 る 目 的 を も っ て 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 適 正 を 害 す る も の と し て 基 金 規 則 第 6 4 条 の 2 に 規 定 す る 行 為 を し て は な ら な い ( 職 員 ) 第 3 8 条 こ の 基 金 の 職 員 は 理 事 長 が 任 免 す る 2 前 項 に 定 め る も の の ほ か 職 員 に 関 す る 給 与 旅 費 そ の 他 必 要 な 事 項 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 別 に 定 め る -13-

20 第 4 章 加 入 員 ( 加 入 員 ) 第 39 条 加 入 員 は 設 立 事 業 所 に 使 用 さ れ る 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の う ち 法 第 2 条 の 5 第 1 項 第 1 号 に 規 定 す る 第 1 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 ( 法 第 条 第 条 又 は 法 附 則 第 4 条 の 4 第 2 項 の 規 定 に よ り こ の 基 金 の 加 入 員 と な ら な か っ た 被 保 険 者 を 除 く )とする ( 加 算 適 用 加 入 員 ) 第 40 条 加 入 員 の う ち 日 本 赤 十 字 社 の 職 員 就 業 規 則 準 則 ( 平 成 1 5 年 4 月 1 日 現 在 に お い て 効 力 を 有 す る 日 本 赤 十 字 社 職 員 就 業 規 則 準 則 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 職 員 就 業 規 則 株 式 会 社 日 赤 サ ー ビ ス 職 員 就 業 規 則 準 用 内 規 及 び 株 式 会 社 日 赤 振 興 会 職 員 就 業 規 則 準 用 内 規 を い う 以 下 就 業 規 則 と い う ) 第 2 条 に 規 定 す る 職 員 ( 同 条 第 2 項 に 規 定 す る 職 員 を 除 く 以 下 職 員 と いう ) のうち 65 歳 に 達 する 前 の 者 を 加 算 適 用 加 入 員 とする ( 資 格 取 得 の 時 期 ) 第 41 条 加 入 員 は 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 に 加 入 員 の 資 格 を 取 得 す る ( 1 ) 設 立 事 業 所 に 使 用 さ れ る に 至 っ た と き ( 2 ) そ の 使 用 さ れ る 事 業 所 が 設 立 事 業 所 と な っ た と き (3) 設 立 事 業 所 に 使 用 さ れ る 者 が 法 第 1 2 条 の 規 定 に 該 当 し な く な っ た と き (4) 設 立 事 業 所 に 使 用 さ れ る 者 が 法 附 則 第 4 条 の 4 第 3 項 の 規 定 に 該 当 す る に 至 っ た と き ( 資 格 喪 失 の 時 期 ) 第 42 条 加 入 員 は 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 の 翌 日 ( そ の 事 実 が あ っ た 日 に 更 に 前 条 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 ったとき 第 5 号 若 し く は 第 9 号 に 該 当 す る に 至 っ た と き -14-

21 又 は 第 8 号 の 事 実 が あ っ た 日 に 更 に 前 条 第 4 号 に 該 当 す る に 至 っ た と き は そ の 日 ) に 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 す る ( 1 ) 死 亡 し た と き ( 2 ) 設 立 事 業 所 に 使 用 さ れ な く な っ た と き ( 3 ) そ の 使 用 さ れ る 事 業 所 が 設 立 事 業 所 で な く な っ た と き ( 4 ) 法 第 1 2 条 の 規 定 に 該 当 す る に 至 っ た と き ( 5 ) 7 0 歳 に 達 し た と き (6) 法 附 則 第 4 条 の 3 第 1 項 に 規 定 す る 政 令 で 定 め る 給 付 の 受 給 権 を 取 得 し た と き (7) 法 附 則 第 4 条 の 3 第 4 項 に 規 定 す る 申 し 出 が 受 理 さ れ た と き (8) 法 附 則 第 4 条 の 3 第 7 項 た だ し 書 に 規 定 す る 事 業 为 の 同 意 が 撤 回 さ れ た と き (9) 法 第 2 条 の 5 第 1 項 第 2 号 に 規 定 す る 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 同 項 第 3 号 に 規 定 す る 第 3 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 又 は 同 項 第 4 号 に 規 定 す る 第 4 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 と な っ た と き ( 資 格 得 喪 に 関 す る 特 例 ) 第 43 条 加 入 員 の 資 格 を 取 得 し た 月 に そ の 資 格 を 喪 失 し た 者 は そ の 資 格 を 取 得 し た 日 に さ か の ぼ っ て 加 入 員 で な か っ た も の と み な す ( 加 入 員 期 間 ) 第 44 条 加 入 員 期 間 を 計 算 す る 場 合 に は 月 に よ る も の と し 加 入 員 の 資 格 を 取 得 し た 月 か ら そ の 資 格 を 喪 失 し た 月 の 前 月 ま で を こ れ に 算 入 す る 2 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し た 後 更 に そ の 資 格 を 取 得 し た 者 に つ い て は 前 後 の 加 入 員 期 間 を 合 算 す る ( 加 算 適 用 加 入 員 期 間 ) 第 45 条 こ の 基 金 が 支 給 す る 給 付 の 額 の 算 定 に あ た っ て は 加 入 員 期 間 の ほ か 加 入 員 期 間 の う ち 加 算 適 用 加 入 員 で あ っ た 期 間 ( 以 下 加 算 適 用 加 入 員 期 間 と い う ) を そ の 計 算 の 基 礎 と -15-

22 し て 用 い る も の と す る 2 加 算 適 用 加 入 員 は 加 算 適 用 加 入 員 と な っ た 日 に そ の 資 格 を 取 得 し 加 算 適 用 加 入 員 で な く な っ た 日 ( こ の 基 金 の 設 立 事 業 所 の 職 員 と し て の 退 職 日 の 翌 日 6 5 歳 に 達 し た 日 又 は 日 本 赤 十 字 社 の 役 員 に 就 任 し た 日 ) に そ の 資 格 を 喪 失 す る 3 第 1 項 の 加 算 適 用 加 入 員 期 間 の 計 算 は 月 に よ る も の と し 加 算 適 用 加 入 員 の 資 格 を 取 得 し た 日 の 属 す る 月 か ら そ の 資 格 を 喪 失 し た 日 の 前 日 の 属 す る 月 ま で と す る た だ し 当 該 期 間 が 月 を 超 え る 場 合 は 当 該 期 間 を 月 と す る 4 加 算 適 用 加 入 員 が 日 本 赤 十 字 社 の 就 業 規 則 第 4 8 条 の 規 定 に よ り 休 職 と な っ た 場 合 で 次 の 各 号 の い ず れ か の 休 職 ( 以 下 無 給 休 職 と い う ) と な っ た と き は 無 給 休 職 と な っ た 日 の 属 す る 月 の 翌 月 か ら 復 職 し た 日 の 属 す る 月 の 前 月 ま で の 期 間 を 前 項 の 加 算 適 用 加 入 員 期 間 に 算 入 し な い ( 1 ) 日 本 赤 十 字 社 の 職 員 給 与 要 綱 ( 平 成 2 8 年 4 月 1 日 現 在 に お いて 効 力 を 有 する 日 本 赤 十 字 社 職 員 給 与 要 綱 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 給 与 規 程 株 式 会 社 日 赤 サービス 職 員 就 業 規 則 及 び 株 式 会 社 日 赤 振 興 会 職 員 給 与 内 規 をいう 以 下 同 じ ) 第 36 第 1 項 又 は 第 2 項 ただし 書 きの 規 定 により 給 与 を 支 給 しない 休 職 ( 就 業 規 則 第 48 条 第 1 号 の 規 定 による 休 職 又 は 同 条 第 7 号 の 規 定 による 休 職 であってその 期 間 が7 年 以 下 である 間 はこ の 限 り で な い 次 号 に お い て 同 じ ) (2) 日 本 赤 十 字 社 の 院 長 等 給 与 規 程 ( 平 成 2 8 年 4 月 1 日 現 在 に おいて 効 力 を 有 する 日 本 赤 十 字 社 院 長 等 給 与 規 程 をいう 以 下 同 じ ) 第 18 条 第 1 項 又 は 同 条 第 2 項 ただし 書 きの 規 定 によ り 給 与 を 支 給 し な い 休 職 5 加 算 適 用 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し た 後 再 び そ の 資 格 を 取 得 し た 者 に つ い て は 前 後 の 加 算 適 用 加 入 員 期 間 を 合 算 す る た だ し 脱 退 一 時 金 の 支 給 を 受 け た 者 又 は 第 7 8 条 か ら 第 7 8 条 の 3 の 規 -16-

23 定 に 基 づ き 脱 退 一 時 金 相 当 額 の 移 換 を 行 っ た 者 に つ い て は こ の 限 り で な い -17-

24 第 5 章 標 準 給 与 及 び 加 算 給 与 ( 標 準 給 与 及 び 加 算 給 与 ) 第 46 条 こ の 基 金 は 加 入 員 の 給 与 の 額 に 基 づ き 標 準 給 与 及 び 加 算 給 与 を 定 め る ( 給 与 の 範 囲 ) 第 47 条 標 準 給 与 の 基 礎 と な る 給 与 の 範 囲 は 次 の 各 号 に 掲 げ る 標 準 給 与 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 め る 範 囲 と し 法 第 条 第 2 項 に 規 定 す る 事 業 所 で 受 け る 給 与 の 範 囲 に つ い て も 同 様 と す る ( 1 ) 報 酬 標 準 給 与 法 第 3 条 第 1 項 第 3 号 に 規 定 す る 報 酬 の 範 囲 ( 2 ) 賞 与 標 準 給 与 法 第 3 条 第 1 項 第 4 号 に 規 定 す る 賞 与 の 範 囲 ( 標 準 給 与 の 基 準 ) 第 48 条 標 準 給 与 は 加 入 員 の 給 与 の 額 に 基 づ き 法 第 2 0 条 に 規 定 する 標 準 報 酬 月 額 及 び 法 第 2 4 条 の 4 に 規 定 す る 標 準 賞 与 額 の 例 に よ っ て 定 め る ( 給 与 の 額 の 算 定 方 法 並 び に 標 準 給 与 の 決 定 及 び 改 定 の 方 法 ) 第 49 条 給 与 の 額 の 算 定 方 法 並 び に 標 準 給 与 の 決 定 及 び 改 定 の 方 法 に つ い て は 法 第 2 1 条 か ら 第 2 6 条 ま で の 規 定 の 例 に よ る ( 加 算 給 与 の 範 囲 ) 第 50 条 加 算 給 与 の 基 礎 と な る 給 与 の 範 囲 は 次 の 各 号 の い ず れ か と す る ( 以 下 俸 給 等 と い う ) ( 1 ) 日 本 赤 十 字 社 の 職 員 給 与 要 綱 第 2 に 定 め る 俸 給 及 び 役 付 手 当 の 月 額 の 合 計 額 ( 2 ) 日 本 赤 十 字 社 の 院 長 等 給 与 規 程 第 5 条 に 定 め る 月 例 年 俸 額 の 12 分 の1の 額 に 日 本 赤 十 字 社 職 員 退 職 一 時 給 与 金 等 支 給 規 程 附 則 第 3 項 の 規 定 により 読 み 替 えられた 同 規 程 第 3 条 第 1 項 及 び 第 5 条 の 規 定 に よ る 社 長 が 定 め る 割 合 を 乗 じ て 得 た 額 -18-

25 ( 加 算 給 与 の 月 額 ) 第 51 条 加 算 給 与 の 月 額 は 各 月 の 俸 給 等 の 月 額 に 基 づ い て 定 め る も の と し そ の 額 に 円 未 満 の 端 数 が あ る 場 合 は 5 0 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 て 5 0 円 以 上 円 未 満 の 端 数 は 円 に 切 り 上 げ る も の と す る た だ し 当 該 額 が 3 0 0, 円 を 超 え る と き は 当 該 額 を 3 0 0, 円 と す る ( 平 均 加 算 給 与 月 額 及 び 加 入 員 拠 出 金 累 計 額 ) 第 52 条 平 均 加 算 給 与 月 額 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 の 最 終 3 年 間 の 各 月 に お け る 加 算 給 与 の 月 額 の 累 計 額 の 3 6 分 の 1 に 相 当 す る 額 と す る 2 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず 加 算 適 用 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し た 後 再 び そ の 資 格 を 取 得 し た 者 に つ い て は 加 算 適 用 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し た そ れ ぞ れ の 時 点 で 前 項 の 規 定 の 例 に よ り 平 均 加 算 給 与 月 額 を 算 出 し て 得 た 額 の う ち 最 も 大 き い 額 を も っ て 平 均 加 算 給 与 月 額 と い う も の と す る 3 加 入 員 拠 出 金 累 計 額 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 の 各 月 に お け る 第 8 6 条 に 定 め る 加 算 掛 金 の う ち 第 8 7 条 に 定 め る 加 入 員 負 担 分 の 掛 金 の 累 計 額 と す る -19-

26 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 5 3 条 こ の 基 金 が 行 う 給 付 は 次 の と お り と す る (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 脱 退 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 54 条 給 付 を 受 け る 権 利 は そ の 権 利 を 有 す る 者 ( 以 下 受 給 権 者 と い う ) の 請 求 に 基 づ い て こ の 基 金 が 裁 定 す る ( 基 本 年 金 額 及 び 加 算 年 金 額 ) 第 55 条 基 本 年 金 額 は 第 1 号 に 掲 げ る 額 か ら 第 2 号 に 掲 げ る 額 を 控 除 し て 得 た 額 と す る ( 1 ) 加 入 員 で あ っ た 全 期 間 の 平 均 標 準 給 与 の 額 ( 加 入 員 期 間 の 計 算 の 基 礎 と な る 各 月 の 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 ( 法 第 2 6 条 に 規 定 す る 従 前 標 準 報 酬 月 額 が 当 該 月 の 標 準 報 酬 月 額 と み な さ れ た 月 に あ っ て は 従 前 標 準 報 酬 月 額 と す る ) と 賞 与 標 準 給 与 の 額 を 合 算 し た 額 を 加 入 員 期 間 の 月 数 で 除 し て 得 た 額 を い う 以 下 同 じ ) の 1, 分 の ( 別 表 第 2 の 左 欄 に 掲 げ る 者 に つ い て は 同 表 の 右 欄 の よ う に 読 み 替 え る も の と す る ) に 相 当 す る 額 に 加 入 員 期 間 の 月 数 を 乗 じ て 得 た 額 ( 2 ) 加 入 員 で あ っ た 期 間 の う ち 法 附 則 第 3 2 条 第 1 項 の 認 可 の 日 以 降 の 加 入 員 で あ っ た 期 間 の 平 均 標 準 給 与 の 額 の1, 000 分 の ( 別 表 第 1 1 の 左 欄 に 掲 げ る 者 に つ い て は 同 表 の 中 欄 の よ う に 読 み 替 え る も の と す る ) に 相 当 す る 額 に 法 附 則 第 3 2 条 第 1 項 の 認 可 の 日 以 降 の 加 入 員 で あ っ た 期 間 の 月 数 を 乗 じ て 得 た 額 -20-

27 2 法 第 7 8 条 の 6 第 1 項 及 び 第 2 項 又 は 法 第 7 8 条 の 1 4 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 に よ り 標 準 報 酬 の 改 定 が 行 わ れ た 場 合 で あ っ て こ の 基 金 の 加 入 員 又 は 加 入 員 で あ っ た 者 が 法 第 7 8 条 の 2 に 定 め る 第 1 号 改 定 者 又 は 法 第 7 8 条 の 1 4 に 定 め る 特 定 被 保 険 者 ( 同 条 第 1 項 の 規 定 に よ り 標 準 報 酬 が 改 定 さ れ た 者 を い う ) ( 以 下 併 せて 第 1 号 改 定 者 等 と い う ) に 該 当 し た 場 合 の 基 本 年 金 額 は 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず 前 項 の 規 定 に よ り 計 算 し た 額 か ら 法 第 7 8 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 対 象 期 間 ( 以 下 対 象 期 間 と い う ) 又 は 法 第 7 8 条 の 1 4 第 1 項 に 規 定 す る 特 定 期 間 ( 以 下 特 定 期 間 と い う ) のうちこ の 基 金 の 法 附 則 第 3 2 条 第 1 項 の 認 可 の 日 前 の 加 入 員 で あ っ た 期 間 ( 当 該 標 準 報 酬 の 改 定 が 行 わ れ た と き に 加 入 員 で あ る 受 給 権 者 で あ る 場 合 は 法 第 7 8 条 の 2 第 2 項 に 規 定 す る 標 準 報 酬 改 定 請 求 又 は 法 第 7 8 条 の 1 4 第 1 項 の 規 定 に よ る 標 準 報 酬 の 改 定 及 び 決 定 の 請 求 ( 以 下 併 せ て 改 定 請 求 と い う ) の あ っ た 日 以 前 の 直 近 の 年 金 裁 定 又 は 年 金 額 の 改 定 を 行 っ た 際 に 基 本 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 と な っ た 加 入 員 期 間 に 限 る ) に つ い て 次 の 各 号 に 定 め る 額 の 合 計 額 ( 法 第 7 8 条 の 1 4 の 規 定 に よ る 標 準 報 酬 の 改 定 及 び 決 定 を 請 求 し た 場 合 は 第 3 号 及 び 第 4 号 の 合 計 額 と す る ) を 当 該 対 象 と な る 加 入 員 期 間 の 月 数 で 除 し た 額 に 1, 分 の ( 別 表 第 1 1 の 左 欄 に 掲 げ る 者 に つ い て は 同 表 の 中 欄 の よ う に 読 み 替 え る も の と す る ) を 乗 じ た 額 に 当 該 対 象 と な る 加 入 員 期 間 の 月 数 を 乗 じ て 得 た 額 ( 次 条 第 2 項 に お い て 減 額 相 当 額 と い う ) を 控 除 し た 額 と す る (1) こ の 基 金 の 法 附 則 第 3 2 条 第 1 項 の 認 可 の 日 前 の 加 入 員 で あった 期 間 の う ち 対 象 期 間 に お け る 改 定 前 の 標 準 報 酬 月 額 を 基 準 と し て 定 め た 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 ( 法 第 7 8 条 の 2 0 第 2 項 の 規 定 に よ る 改 定 が 行 わ れ る 場 合 は 当 該 改 定 後 の 額 と す -21-

28 る ) に 改 定 割 合 ( 法 第 7 8 条 の 6 第 1 項 に 規 定 す る 改 定 割 合 を い う 以 下 同 じ ) を 乗 じ た 額 ( 2 ) こ の 基 金 の 法 附 則 第 3 2 条 第 1 項 の 認 可 の 日 前 の 加 入 員 で あった 期 間 の う ち 対 象 期 間 に お け る 改 定 前 の 標 準 賞 与 額 を 基 準 と し て 定 め た 賞 与 標 準 給 与 の 額 ( 法 第 7 8 条 の 2 0 第 2 項 の 規 定 に よ る 改 定 が 行 わ れ る 場 合 は 当 該 改 定 後 の 額 と す る ) に 改 定 割 合 を 乗 じ た 額 (3) こ の 基 金 の 法 附 則 第 3 2 条 第 1 項 の 認 可 の 日 前 の 加 入 員 で あった 期 間 の う ち 特 定 期 間 に お け る 改 定 前 の 標 準 報 酬 月 額 を 基 準 と し て 定 め た 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 に 2 分 の 1 を 乗 じ た 額 ( 4 ) こ の 基 金 の 法 附 則 第 3 2 条 第 1 項 の 認 可 の 日 前 の 加 入 員 で あった 期 間 の う ち 特 定 期 間 に お け る 改 定 前 の 標 準 賞 与 額 を 基 準 と し て 定 め た 賞 与 標 準 給 与 の 額 に 2 分 の 1 を 乗 じ た 額 3 法 附 則 第 7 条 の 3 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ り 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 上 げ の 請 求 を し た 者 ( 当 該 支 給 繰 上 げ の 請 求 を し た 日 ( 以 下 こ の 項 に お い て 請 求 日 と い う ) の 属 す る 月 前 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 が 1 月 以 上 で あ る 者 に 限 る ) の 基 本 年 金 額 は 第 1 項 又 は 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず 第 1 号 に 掲 げ る 額 か ら 第 2 号 に 掲 げ る 額 を 控 除 し て 得 た 額 と す る ( 1 ) 第 1 項 又 は 前 項 の 規 定 に よ り 計 算 さ れ た 額 ( 2 ) 請 求 日 の 属 す る 月 前 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 を そ の 計 算 の 基 礎 とするものとし 第 1 項 又 は 前 項 の 規 定 により 計 算 され た 額 に 減 額 率 (1,000 分 の5に 請 求 日 の 属 する 月 から65 歳 ( 法 附 則 第 8 条 の2 各 項 の 表 の 上 欄 に 掲 げる 者 については 同 表 の 下 欄 に 掲 げる 年 齢 に 読 み 替 えるものとする )に 達 する 日 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 を 乗 じて 得 た 率 をいう )を 乗 じ て 得 た 額 4 法 第 4 4 条 の 3 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げ の 申 出 を し た 者 ( 当 該 繰 下 げ の 申 出 に 係 る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 -22-

29 し た 月 前 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 が 1 月 以 上 で あ る 者 に 限 る ) の 基 本 年 金 額 は 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 に か か わ ら ず 次 の 各 号 に 掲 げ る 額 を 合 算 し た 額 と す る ( 1 ) 第 1 項 又 第 2 項 に 定 め る 基 本 年 金 額 に 相 当 す る 額 ( 2 ) 第 1 項 又 第 2 項 に 定 め る 基 本 年 金 額 に 相 当 す る 額 ( 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した 日 の 属 する 月 ( 以 下 受 給 権 取 得 月 という )の 前 月 までの 加 入 員 であった 期 間 をその 計 算 の 基 礎 とするものに 限 る )に 当 該 支 給 停 止 に 係 る 平 均 支 給 率 ( 受 給 権 取 得 月 ( 受 給 権 取 得 月 から 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げの 申 出 をした 日 ( 以 下 申 出 日 という )の 属 する 月 までの 期 間 が 5 年 を 超 える 場 合 にあっては 当 該 申 出 日 の5 年 前 の 属 する 月 をいう )の 翌 月 から 申 出 日 の 属 する 月 までの 各 月 の 支 給 率 ( 当 該 各 月 のうち 加 入 員 又 は 加 入 員 であった 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 法 第 46 条 第 1 項 に 規 定 する 属 する 月 にあっては 第 63 条 第 6 項 及 び 第 7 項 により 支 給 停 止 することができる 額 を 第 1 項 又 は 第 2 項 に 定 める 基 本 年 金 額 に 相 当 する 額 ( 受 給 権 取 得 月 の 前 月 までの 加 入 員 であった 期 間 をその 計 算 の 基 礎 とする ものに 限 る )で 除 して 得 た 率 を1から 控 除 して 得 た 率 とし 当 該 属 する 月 でない 月 においては1とする )を 合 算 して 得 た 率 を 受 給 権 取 得 月 ( 受 給 権 取 得 月 から 申 出 日 の 属 する 月 までの 期 間 が5 年 を 超 える 場 合 にあっては 当 該 申 出 日 の5 年 前 の 属 する 月 をいう )の 翌 月 から 申 出 日 の 属 する 月 までの 月 数 で 除 して 得 た 率 をいう )を 乗 じて 得 た 額 に 当 該 受 給 権 者 に 係 る 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 令 第 3 条 の 5 の 2 に 規 定 す る 増 額 率 (1, 000 分 の7に 受 給 権 取 得 月 ( 受 給 権 取 得 月 から 申 出 日 の 属 す る 月 までの 期 間 が5 年 を 超 える 場 合 にあっては 当 該 申 出 日 の 5 年 前 の 属 する 月 をいう )の 翌 月 から 申 出 日 の 属 する 月 まで の 月 数 を 乗 じて 得 た 率 をいう )を 乗 じて 得 た 額 ( 以 下 繰 下 げ 加 算 額 と い う ) -23-

30 5 加 算 年 金 額 は 次 の 各 号 に 掲 げ る 区 分 に 応 じ た 第 1 加 算 年 金 額 及 び 第 2 加 算 年 金 額 を 合 算 し た 額 と す る た だ し 第 1 種 退 職 年 金 のうち 加 算 年 金 額 に 相 当 する 部 分 の 支 給 が 開 始 された 後 1 0 年 を 経 過 し た 後 の 加 算 年 金 額 は 第 1 加 算 年 金 額 と す る ( 1 ) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 2 0 年 以 上 か つ 年 齢 5 5 歳 以 上 で 加 算 適 用 加 入 員 で な く な っ た と き ア 第 1 加 算 年 金 額 ( A ) 次 の( ア ) 及 び( イ ) に 掲 げ る 額 を 合 算 し て 得 た 額 ( ア ) 平 均 加 算 給 与 月 額 に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 の 月 数 を 乗 じ て 得 た 額 に 1, 分 の 4. 5 を 乗 じ て 得 た 額 に 2 5 0, 円 を 乗 じ て 得 た 額 を 平 均 加 算 給 与 月 額 で 除 し て 得 た 額 ( イ ) 7 5 円 に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 の 月 数 を 乗 じ て 得 た 額 イ 第 2 加 算 年 金 額 ( A ) 次 の( ア ) 及 び( イ ) に 掲 げ る 額 を 合 算 し て 得 た 額 ( ア ) 平 均 加 算 給 与 月 額 に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 の 月 数 を 乗 じ て 得 た 額 に 1, 分 の を 乗 じ て 得 た 額 に 2 5 0, 円 を 乗 じ て 得 た 額 を 平 均 加 算 給 与 月 額 で 除 し て 得 た 額 ( イ ) 3 8 円 に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 の 月 数 を 乗 じ て 得 た 額 (2) 前 号 に 該 当 し な い と き ア 第 1 加 算 年 金 額 ( B ) 平 均 加 算 給 与 月 額 に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 及 び 最 初 に 加 算 適 用 加 入 員 に な っ た と き ( 以 下 加 算 適 用 時 と い う ) の 年 齢 に 応 じ て 別 表 第 3-1 に 定 め る 率 を 乗 じ て 得 た 額 に 加 算 適 用 加 入 員 で な く な っ た と き の 年 齢 に 応 じ 別 表 第 4 に 定 め る 率 を 乗 じ て 得 た 額 イ 第 2 加 算 年 金 額 ( B ) -24-

31 平 均 加 算 給 与 月 額 に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 及 び 加 算 適 用 時 の 年 齢 に 応 じ て 別 表 第 3-2 に 定 め る 率 を 乗 じ て 得 た 額 に 加 算 適 用 加 入 員 で な く な っ た と き の 年 齢 に 応 じ 別 表 第 4 に 定 め る 率 を 乗 じ て 得 た 額 6 前 項 第 2 号 に お い て 加 算 適 用 加 入 員 期 間 に 1 年 未 満 ( 月 単 位 ) の 端 数 がある 場 合 又 は 加 算 適 用 加 入 員 でなくなったときの 年 齢 に 1 歳 未 満 ( 月 単 位 ) の 端 数 が あ る 場 合 に お け る 加 算 年 金 額 は 別 表 第 3-1 別 表 第 3-2 又 は 別 表 第 4に 掲 げる 算 式 によっ て 算 出 した 率 を 用 いて 前 項 第 2 号 ア 又 はイの 規 定 に 基 づき 算 出 し た 額 と す る ( 端 数 処 理 ) 第 56 条 給 付 を 受 け る 権 利 を 裁 定 す る 場 合 又 は 給 付 の 額 を 改 定 す る 場 合 に お い て 年 金 ( 第 1 種 退 職 年 金 第 2 種 退 職 年 金 及 び 減 額 退 職 年 金 を い う 以 下 同 じ ) 及 び 一 時 金 ( 遺 族 一 時 金 脱 退 一 時 金 及 び 選 択 一 時 金 を い う 以 下 同 じ ) の 給 付 の 額 に 円 未 満 の 端 数 が 生 じ た と き は こ れ を 円 に 切 り 上 げ る も の と す る 2 給 付 の 額 を 計 算 す る 過 程 に お い て 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じ た と き は こ れ を 1 円 に 切 り 上 げ る も の と す る た だ し 減 額 相 当 額 又 は 第 5 5 条 第 3 項 第 2 号 の 額 に 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じ た と き は こ れ を 切 り 捨 て る ま た 前 条 に 規 定 す る 基 本 年 金 額 を 計 算 す る 過 程 に お い て 前 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 す る 額 に 5 0 銭 未 満 の 端 数 が 生 じ た と き は こ れ を 切 り 捨 て る も の と し 5 0 銭 以 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じ た と き は こ れ を 1 円 に 切 り 上 げ る も の と す る 3 前 2 項 の 端 数 処 理 は 基 本 年 金 額 及 び 加 算 年 金 額 ( 前 条 第 5 項 第 1 号 に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 同 号 中 の 各 ( ア ) 及 び ( イ ) に 掲 げ る 年 金 額 前 条 第 5 項 第 2 号 に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 同 号 中 の ア 及 び イ に 掲 げ る 年 金 額 ) の そ れ ぞ れ に つ い て 行 う も の -25-

32 と す る 4 第 69 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げ る 額 並 び に 同 条 同 項 第 2 号 か ら 第 4 号 中 の 各 ア 及 び イ に 掲 げ る 一 時 金 の 額 の そ れ ぞ れ に つ い て 円 未 満 の 端 数 が 生 じ た と き は こ れ を 円 に 切 り 上 げ る も の と す る ( 支 給 期 間 及 び 支 払 期 月 ) 第 57 条 年 金 の 支 給 は 年 金 を 支 給 す べ き 事 由 が 生 じ た 月 の 翌 月 か ら 始 め 権 利 が 消 滅 し た 月 で 終 る も の と す る 2 年 金 は そ の 支 給 を 停 止 す べ き 事 由 が 生 じ た と き は そ の 事 由 が 生 じ た 月 の 翌 月 か ら そ の 事 由 が 消 滅 し た 月 ま で の 間 は 支 給 し な い た だ し 第 6 3 条 第 3 項 第 4 項 第 6 項 及 び 第 7 項 の 規 定 に よ り そ の 全 部 又 は 一 部 の 支 給 を 停 止 す る 場 合 に お い て は 同 項 の 規 定 に 該 当 す る に 至 っ た 月 か ら 該 当 し な く な っ た 月 の 前 月 ま で の 間 は 当 該 年 金 額 の 全 部 又 は 一 部 は 支 給 し な い 3 年 金 は 次 の 表 に 掲 げ る 区 分 に 従 い 同 表 に 定 め る 支 払 期 月 に そ れ ぞ れ そ の 前 月 分 ま で を 支 払 う た だ し 前 支 払 期 月 に 支 払 う べ き で あ っ た 年 金 又 は 権 利 が 消 滅 し た 場 合 若 し く は 年 金 の 支 給 を 停 止 し た 場 合 に お け る そ の 期 の 年 金 は 支 払 期 月 で な い 月 で あ っ て も 支 払 う も の と す る 金 額 9 万 円 以 上 6 万 円 以 上 9 万 円 未 満 3 万 円 以 上 6 万 円 未 満 3 万 円 未 満 支 払 期 月 2 月 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 2 月 6 月 10 月 6 月 12 月 6 月 4 加 入 員 で あ る 第 2 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 各 月 末 日 に 第 4 2 条 第 2 号 か ら 第 4 号 ま で の い ず れ か に 該 当 し て 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 -26-

33 し た 場 合 で あ っ て 当 該 喪 失 し た こ と に 伴 い 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 と な る 場 合 に あ っ て は 第 1 項 の 規 定 に か か わ ら ず 第 2 種 退 職 年 金 の 支 給 は 権 利 が 消 滅 し た 月 の 前 月 で 終 る も の と し 第 1 種 退 職 年 金 の 支 給 は 年 金 を 支 給 す べ き 事 由 が 生 じ た 月 か ら 始 め る も の と す る ( 生 存 に 関 す る 届 書 の 提 出 ) 第 57 条 の2 退 職 年 金 の 受 給 権 者 は 生 存 に 関 す る 届 書 を 給 付 規 程 の 定 め る 日 ま で に 基 金 に 提 出 し な け れ ば な ら な い ただし 次 の 各 号 に 該 当 す る 場 合 は こ の 限 り で な い ( 1 ) 年 金 給 付 の 全 額 に つ き 支 給 を 停 止 さ れ て い る と き ( 2 ) 基 金 の 委 託 を 受 け た 企 業 年 金 連 合 会 ( 確 定 給 付 企 業 年 金 法 ( 平 成 1 3 年 法 律 第 5 0 号 以 下 同 じ ) 第 9 1 条 の 2 に 規 定 す る 企 業 年 金 連 合 会 を い う 以 下 連 合 会 と い う ) が 住 民 基 本 台 帳 法 ( 昭 和 4 2 年 法 律 第 8 1 号 ) 第 3 0 条 の 9 の 規 定 に よ り 年 金 の 受 給 権 者 に 係 る 機 構 保 存 本 人 確 認 情 報 ( 同 条 に 規 定 す る 機 構 保 存 本 人 確 認 情 報 を い う ) の 提 供 を 受 け た 場 合 で あ っ て 基 金 に よ り そ の 生 存 の 事 実 が 確 認 された と き ( 所 在 不 明 者 に 関 す る 届 書 の 提 出 ) 第 57 条 の3 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の 属 す る 世 帯 の 世 帯 为 そ の 他 そ の 世 帯 に 属 す る 者 は 当 該 受 給 権 者 の 所 在 が 1 月 以 上 明 ら か で な い と き は 次 の 各 号 に 掲 げ る 事 項 を 記 載 し た 届 書 を 基 金 に 提 出 し な け れ ば な ら な い ( 1 ) 所 在 不 明 と な っ た 受 給 権 者 の 氏 名 及 び 性 別 ( 2 ) 当 該 受 給 権 者 と 同 一 世 帯 で あ る 旨 ( 3 ) 年 金 証 書 の 番 号 2 基 金 は 前 項 の 届 書 が 提 出 さ れ た と き に は 当 該 受 給 権 者 に 対 し 前 条 に 規 定 す る 生 存 に 関 す る 届 書 の 提 出 を 求 め る こ と が で き る -27-

34 3 前 項 の 規 定 に よ り 前 条 に 規 定 す る 生 存 に 関 す る 届 書 の 提 出 を 求 め ら れ た 当 該 受 給 権 者 は 当 該 届 書 を 基 金 に 提 出 し な け れ ば な ら な い ( 未 支 給 の 給 付 ) 第 58 条 受 給 権 者 が 死 亡 し た 場 合 に お い て そ の 死 亡 し た 者 に 支 給 す べ き 給 付 で ま だ そ の 者 に 支 給 し な か っ た も の が あ る と き は そ の 者 の 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 を し て い な い が 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む ) 子 父 母 孫 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 又 は こ れ ら の 者 以 外 の 三 親 等 内 の 親 族 で あ っ て そ の 者 の 死 亡 の 当 時 そ の 者 と 生 計 を 同 じ く し て い た も の は 自 己 の 名 で そ の 未 支 給 の 給 付 の 支 給 を 請 求 す る こ と が で き る 2 前 項 の 場 合 に お い て 死 亡 し た 受 給 権 者 が 死 亡 前 に そ の 給 付 を 請 求 し て い な か っ た と き は 同 項 に 規 定 す る 者 は 自 己 の 名 で そ の 給 付 を 請 求 す る こ と が で き る 3 未 支 給 の 給 付 を 受 け る べ き 者 の 順 位 は 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 令 第 3 条 の 2 に 規 定 す る 順 序 に よ る 4 未 支 給 の 給 付 を 受 け る べ き 同 順 位 者 が 2 人 以 上 あ る と き は そ の 1 人 の し た 請 求 は 全 員 の た め そ の 全 額 に つ き し た も の と み な し そ の 1 人 に 対 し て し た 支 給 は 全 員 に 対 し て し た も の と み な す ( 受 給 権 の 保 護 ) 第 59 条 給 付 を 受 け る 権 利 は 譲 り 渡 し 担 保 に 供 し 又 は 差 し 押 えること が で き な い た だ し 第 1 種 退 職 年 金 第 2 種 退 職 年 金 又 は 脱 退 一 時 金 を 受 け る 権 利 に つ い て は 国 税 滞 納 処 分 ( そ の 例 に よ る 処 分 を 含 む ) に よ り 差 し 押 え る 場 合 は こ の 限 り で な い -28-

35 第 2 節 第 1 種 退 職 年 金 ( 支 給 要 件 ) 第 60 条 第 1 種 退 職 年 金 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 1 5 年 以 上 で あ る 加 入 員 又 は 加 入 員 で あ っ た 者 が 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る 場 合 に そ の 者 に 支 給 す る た だ し 日 本 赤 十 字 社 の 就 業 規 則 第 7 4 条 第 1 項 第 4 号 の 規 定 に 該 当 し た 場 合 を 除 く ( 1 ) 6 2 歳 に 達 し た 後 に 加 算 適 用 加 入 員 で な く な っ た と き (2) 加 算 適 用 加 入 員 で な く な っ た 後 に 加 算 適 用 加 入 員 と な る こ と な く し て 6 2 歳 に 達 し た と き ( 年 金 額 ) 第 61 条 第 1 種 退 職 年 金 の 額 は 基 本 年 金 額 と 加 算 年 金 額 と を 合 算 し た 額 と す る 2 第 1 種 退 職 年 金 の 額 に つ い て は 受 給 権 者 が そ の 権 利 を 取 得 し た 月 以 後 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 は そ の 計 算 の 基 礎 と し な い 3 加 入 員 で あ る 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 ( 次 項 に 該 当 す る 者 を 除 く ) が 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た と き は 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず そ れ ぞ れ 当 該 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 前 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 を 給 付 額 の 計 算 の 基 礎 と す る も の と し 第 1 号 に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 ( 第 4 2 条 第 2 号 か ら 第 4 号 ま で の い ず れ か に 該 当 し て 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し た 場 合 に あ っ て は 同 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 か ら 起 算 し て 1 月 を 経 過 し た 日 の 属 す る 月 ) か ら 第 2 号 か ら 第 4 号 ま で に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 の 翌 月 か ら 基 本 年 金 額 を 改 定 す る ( 1 ) 脱 退 に よ り 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し か つ 加 入 員 と な る こ と なくして 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 し -29-

36 た と き ( 2 ) 法 附 則 第 8 条 若 し く は 法 附 則 第 8 条 の 2 の 規 定 に よ り 読 み 替 えられた 法 附 則 第 8 条 の 規 定 による 老 齢 厚 生 年 金 又 は 法 附 則 第 28 条 の3の 規 定 による 特 例 老 齢 年 金 ( 以 下 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 と い う ) の 受 給 権 を 取 得 し た と き ( 3 ) 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 し た と き ( 4 ) 法 附 則 第 7 条 の 3 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 上 げ の 請 求 を し た と き 4 加 入 員 で あ る 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の う ち 法 附 則 第 7 条 の 3 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 第 1 号 若 し く は 第 3 号 に 該 当 する に 至 っ た と き 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た と き は 第 2 項 の 規 定 に か か わ ら ず そ れ ぞ れ 当 該 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 前 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 を 基 本 年 金 の 額 の 計 算 の 基 礎 と す る も の と し 第 1 号 に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 ( 第 4 2 条 第 2 号 か ら 第 4 号 ま で の い ず れ か に 該 当 し て 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し た 場 合 に あ っ て は 同 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 か ら 起 算 し て 1 月 を 経 過 し た 日 の 属 す る 月 ) か ら 第 2 号 又 は 第 3 号 に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 の 翌 月 か ら そ の 額 を 改 定 す る ( 1 ) 脱 退 に よ り 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し か つ 加 入 員 と な る こ と なくして 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 し たとき ただし 法 附 則 第 7 条 の3の 規 定 による 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 に あ っ て は 6 5 歳 に 達 し て い る 者 に 限 る も の と し 法 附 則 第 13 条 の4の 規 定 による 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 に あっては 法 附 則 第 8 条 の2 各 項 の 表 の 下 欄 に 掲 げる 年 齢 に 達 し て い る 者 に 限 る も の と す る ( 2 ) 法 附 則 第 8 条 の 2 各 項 の 表 の 下 欄 に 掲 げ る 年 齢 に 達 し た と き -30-

37 ( 3 ) 6 5 歳 に 達 し た と き 5 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の う ち 法 附 則 第 7 条 の 3 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 6 5 歳 に 達 す る 前 に 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し 第 2 号 に 該 当 す る に 至 っ た と き 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 法 附 則 第 8 条 の 2 各 項 の 表 の 下 欄 に 掲 げ る 年 齢 に 達 す る 前 に 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し 第 1 号 に 該 当 す る に 至 っ た と き は 第 2 項 の 規 定 に か か わ ら ず そ れ ぞ れ 当 該 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 前 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 を 基 本 年 金 の 額 の 計 算 の 基 礎 と す る も のと し 当 該 各 号 に 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 の 翌 月 か ら そ の 額 を 改 定 す る ( 1 ) 法 附 則 第 8 条 の 2 各 項 の 表 の 下 欄 に 掲 げ る 年 齢 に 達 し た と き ( 2 ) 6 5 歳 に 達 し た と き 6 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 ( 前 2 項 に 該 当 す る 者 を 除 く ) が 法 附 則 第 7 条 の 3 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 上 げ の 請 求 を し た と き は 請 求 を し た 日 の 属 す る 月 の 翌 月 か ら 基 本 年 金 額 を 第 5 5 条 第 3 項 の 規 定 の 例 に よ り 計 算 さ れ た 額 に 改 定 す る 7 加 算 適 用 加 入 員 で あ る 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 加 算 適 用 加 入 員 で な く な っ た と き は そ の 月 ( 6 5 歳 に 達 し た 日 又 は 日 本 赤 十 字 社 の 役 員 に 就 任 し た 日 に 加 算 適 用 加 入 員 で な く な っ た 場 合 は そ の 翌 月 ) か ら 加 算 年 金 額 を 改 定 す る ( 第 1 号 改 定 者 等 の 標 準 報 酬 の 改 定 に 伴 う 年 金 額 の 変 更 ) 第 61 条 の2 こ の 基 金 は 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 に つ い て 法 第 7 8 条 の 6 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 項 第 1 号 又 は 法 第 7 8 条 の 1 4 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 に よ り 標 準 報 酬 の 改 定 が 行 わ れ た 場 合 で あ っ て 当 該 受 給 権 者 が 第 1 号 改 定 者 等 に 該 当 す る 場 合 は 当 該 改 定 に 係 る 改 定 後 の 標 準 報 酬 を 基 準 と し て 定 め た 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 及 び 賞 与 標 準 給 与 の 額 ( 当 該 受 給 権 者 が 加 入 員 で あ る 場 合 -31-

38 は 改 定 請 求 の あ っ た 日 以 前 の 直 近 の 年 金 裁 定 又 は 年 金 額 の 改 定 を 行 っ た 際 に 基 本 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 と な っ た 加 入 員 期 間 に 係 る 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 及 び 賞 与 標 準 給 与 の 額 に 限 る ) を 基 本 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 と す る も の と し 改 定 請 求 の あ っ た 日 の 属 す る 月 の 翌 月 か ら そ の 額 を 改 定 す る も の と す る 2 こ の 基 金 は 法 第 7 8 条 の 6 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 項 第 1 号 又 は 法 第 7 8 条 の 1 4 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 に よ り 標 準 報 酬 の 改 定 が 行 わ れ た と き は 当 該 改 定 に 係 る 第 1 号 改 定 者 等 の 老 齢 年 金 給 付 の 支 給 に 関 す る 義 務 の 一 部 ( 法 第 8 5 条 の 3 の 規 定 に 基 づ き 政 府 が こ の 基 金 か ら 徴 収 す る 額 に 相 当 す る 老 齢 年 金 給 付 の 支 給 に 関 す る 義 務 に 限 る ) を 免 れ る も の と す る ( 失 権 ) 第 62 条 第 1 種 退 職 年 金 を 受 け る 権 利 は 受 給 権 者 が 死 亡 し た と き は 消 滅 す る ( 在 職 等 に よ る 支 給 停 止 ) 第 63 条 第 1 種 退 職 年 金 は 受 給 権 者 ( 法 附 則 第 7 条 の 3 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 を 除 く ) が6 5 歳 に 達 す る ま で の 間 は そ の 額 の う ち 基 本 年 金 額 に 相 当 す る 部 分 の 支 給 を 停 止 す る 2 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る 場 合 は 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず そ れ ぞ れ 当 該 各 号 に 定 め る ま で の 間 は 第 1 種 退 職 年 金 の 額 の う ち 基 本 年 金 額 に 相 当 す る 部 分 の 支 給 を 停 止 す る ( 1 ) 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 し た と き 受 給 権 を 取 得 し た 日 の 属 す る 月 ま で ( 2 ) 法 附 則 第 7 条 の 3 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 上 げ の 請 求 を し た と き 支 給 繰 上 げ の 請 求 を し た 日 の 属 す る 月 ま で 3 加 入 員 で あ る 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の う ち 特 例 支 給 の 老 -32-

39 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 有 す る 者 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 有 す る 者 に つ い て は そ の 者 が 6 5 歳 未 満 で あ る 間 は 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず 法 附 則 第 1 3 条 第 4 項 の 各 号 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 を 除 く ) 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 7 第 5 項 の 各 号 ( 第 1 号 を 除 く ) の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た と き は 当 該 各 号 に 掲 げ る 場 合 に 応 じ 基 本 年 金 額 に 当 該 各 号 に 定 め る 額 を 加 入 員 で あ っ た 期 間 に 係 る 法 第 条 第 2 項 に 規 定 す る 額 ( 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 有 す る 者 に つ い て は 法 附 則 第 1 3 条 の 7 第 1 項 で 読 み 替 え ら れ た 法 第 条 第 2 項 に 規 定 す る 額 を い う ) で 除 し た 率 を 乗 じ て 得 た 額 を 超 え る 額 に つ い て そ の 支 給 を 停 止 す る 4 加 入 員 で あ る 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の う ち 法 附 則 第 7 条 の 3 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 有 す る 者 ( 次 項 に 該 当 す る 者 を 除 く ) に つ い て は そ の 者 が 6 5 歳 未 満 で あ る 間 は 第 1 項 の 規 定 に か か わ ら ず 法 附 則 第 7 条 の 6 第 2 項 の 規 定 に よ り 読 み 替 え ら れ た 法 第 条 の 2 第 3 項 の 各 号 に 該 当 す る に 至 っ た と き は 当 該 各 号 に 掲 げ る 場 合 に 応 じ 基 本 年 金 額 に 相 当 す る 額 の う ち 基 本 年 金 額 に 当 該 各 号 に 定 め る 額 を 加 入 員 で あ っ た 期 間 に 係 る 法 附 則 第 7 条 の 6 第 2 項 の 規 定 に よ り 読 み 替 え ら れ た 法 第 条 第 2 項 に 規 定 す る 額 で 除 し た 率 を 乗 じ て 得 た 額 を 超 え る 額 に つ い て そ の 支 給 を 停 止 す る 5 加 入 員 で あ る 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の う ち 法 附 則 第 7 条 の 3 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 有 す る 者 に つ い て は そ の 者 が 6 5 歳 未 満 で あ る 間 は 第 1 項 の 規 定 に か か わ ら ず 平 成 2 5 年 改 正 法 附 則 第 8 6 条 の 規 定 に よ り な お 効 力 を 有 す る も の と さ れ た 法 第 4 6 条 第 5 項 の 規 定 に よ り 読 み 替 え ら れ た 法 第 4 6 条 第 1 項 に 規 定 す る 支 給 停 止 基 準 額 が 当 該 老 齢 厚 生 年 金 の 額 以 下 で あ る 場 合 は 基 本 年 金 額 に 相 当 す る 額 に つ い て は そ の 支 給 を 停 止 し な い -33-

40 6 加 入 員 で あ る 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 6 5 歳 以 上 7 0 歳 未 満 で あ る 間 は 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 有 す る 者 又 は 法 附 則 第 7 条 の 3 若 し く は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 有 す る 者 に つ い て は 法 第 条 の 2 第 3 項 の 各 号 又 は 法 附 則 第 7 条 の 6 第 2 項 の 規 定 に よ り 読 み 替 え ら れ た 法 第 条 の 2 第 3 項 の 各 号 若 し く は 法 附 則 第 1 3 条 の 7 第 2 項 の 規 定 に よ り 読 み 替 え ら れ た 法 第 条 の 2 第 3 項 の 各 号 に 掲 げ る 場 合 に 応 じ 基 本 年 金 額 ( 第 5 5 条 第 4 項 に 規 定 す る 繰 下 げ 加 算 額 を 除 く ) に 相 当 す る 額 の う ち 基 本 年 金 額 ( 第 5 5 条 第 4 項 に 規 定 す る 繰 下 げ 加 算 額 を 除 く ) に 代 行 部 分 の 額 か ら 法 第 条 の 2 第 3 項 に 定 め る 支 給 停 止 額 を 控 除 し て 得 た 額 を 加 入 員 で あ っ た 期 間 に 係 る 法 第 条 第 2 項 に 規 定 す る 額 で 除 し た 率 を 乗 じ て 得 た 額 を 超 え る 額 に つ い て そ の 支 給 を 停 止 す る 7 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の う ち こ の 基 金 の 設 立 事 業 所 に 使 用 さ れ る 法 第 4 6 条 第 1 項 に 規 定 す る 7 0 歳 以 上 の 使 用 さ れ る 者 については 平 成 2 5 年 改 正 法 附 則 第 8 6 条 の 規 定 に よ り な お 効 力 を 有 す る も の と さ れ た 法 第 4 6 条 第 5 項 の 規 定 に よ り 読 み 替 え ら れ た 法 第 4 6 条 第 1 項 に 規 定 す る 支 給 停 止 基 準 額 が 老 齢 厚 生 年 金 の 額 ( 法 第 条 の 2 第 2 項 に 規 定 す る 繰 下 げ 加 算 額 を 除 く ) 以 上 で あ る 場 合 は 基 本 年 金 額 ( 第 5 5 条 第 4 項 に 規 定 す る 繰 下 げ 加 算 額 を 除 く ) の う ち 法 第 条 の 2 第 3 項 に 規 定 す る 支 給 停 止 額 に つ い て そ の 支 給 を 停 止 す る 8 第 3 項 に 規 定 す る 法 附 則 第 1 3 条 第 4 項 の 各 号 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 を 除 く ) 法 附 則 第 1 3 条 の 7 第 5 項 第 1 号 に 定 め る 額 及 び 第 3 項 の 規 定 に よ り 計 算 さ れ る 額 並 び に 第 4 項 の 規 定 に よ り 計 算 さ れ る 額 及 び 第 6 項 又 は 前 項 に 規 定 す る 代 行 部 分 の 額 か ら 法 第 条 の 2 第 3 項 に 定 め る 支 給 停 止 額 を 控 除 し て 得 た 額 並 び に 第 6 項 又 は 前 項 の 規 定 に よ り 計 算 さ れ る 額 に 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じ た と き は こ れ を 1 円 に 切 り 上 げ る も の と す る -34-

41 9 第 1 種 退 職 年 金 は 加 算 適 用 加 入 員 で あ る 受 給 権 者 が 6 5 歳 に 達 す る ま で の 間 は そ の 額 の う ち 加 算 年 金 額 に 相 当 す る 部 分 の 支 給 を 停 止 す る ( 受 給 権 者 の 申 出 に よ る 支 給 停 止 ) 第 63 条 の2 こ の 基 金 は 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 法 第 3 8 条 の 2 第 1 項 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 又 は 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 支 給 停 止 の 申 出 を し た 場 合 で あ っ て 当 該 受 給 権 者 が こ の 基 金 に 支 給 停 止 の 申 出 を し た と き は 同 条 第 3 項 の 撤 回 を す る ま で の 間 そ の 額 の う ち 基 本 年 金 額 に 相 当 す る 部 分 の 支 給 を 停 止 す る た だ し 前 条 の 規 定 に よ り そ の 額 の 一 部 に つ き 支 給 を 停 止 さ れ て い る と き は 同 条 の 規 定 に よ り 停 止 さ れ て い な い 部 分 の 額 の 支 給 を 停 止 す る 2 前 項 の 規 定 に よ り こ の 基 金 に 基 本 年 金 額 に 相 当 す る 部 分 の 支 給 停 止 の 申 出 を し た 者 は こ の 基 金 に 対 し て 前 項 の 申 出 と 併 せ て 加 算 年 金 額 に 相 当 す る 部 分 の 支 給 の 停 止 を 申 出 る も の と す る 3 前 項 の 申 出 を し た と き は 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が こ の 基 金 に 支 給 停 止 の 撤 回 を 申 出 る ( 当 該 受 給 権 者 が 死 亡 し た 場 合 は 死 亡 した 日 に 撤 回 の 申 出 を し た も の と み な す ) ま で の 間 そ の 額 の う ち 加 算 年 金 額 に 相 当 す る 部 分 の 支 給 を 停 止 す る ( 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げ に 伴 う 支 給 停 止 ) 第 63 条 の3 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 し た と き に 老 齢 厚 生 年 金 の 請 求 を し な い と き は 第 6 3 条 の 規 定 に か か わ ら ず 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 取 得 月 の 翌 月 か ら 支 給 繰 下 げ の 申 出 日 の 属 す る 月 ま で の 間 基 本 年 金 額 に つ い て そ の 支 給 を 停 止 す る 2 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 の 繰 下 げ を 行 う 場 合 は 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 取 得 月 の 末 日 ま で に 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げ を 行 う 旨 を こ の 基 金 に 申 し 出 な け れ ば な ら な い 3 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げ の 申 出 -35-

42 を し た 場 合 は そ の 旨 を こ の 基 金 に 申 し 出 な け れ ば な ら な い 4 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 基 本 年 金 額 の 支 給 を 停 止 し て い た 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げ を 撤 回 す る 場 合 は そ の 旨 を こ の 基 金 に 申 し 出 な け れ ば な ら な い こ の 場 合 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 し た と き に 遡 っ て 第 1 項 の 支 給 停 止 を 解 除 す る も の と す る 5 第 2 項 に 規 定 す る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 取 得 月 の 末 日 ま で に 同 項 の 申 出 を 行 っ て い な い 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 の 繰 下 げ の 申 出 を し た 場 合 は 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 し た と き に 遡 っ て 同 項 の 申 出 を 行 っ た も の と し 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 し た と き か ら 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げ の 申 出 を し た と き ま で の 期 間 に つ い て 基 本 年 金 額 の 支 給 を 停 止 す る も の と す る 当 該 期 間 に お い て 基 本 年 金 額 に つ い て 過 誤 払 が 行 わ れ た 場 合 に お い て は 当 該 者 は 当 該 過 誤 払 さ れ た 基 本 年 金 額 に つ い て こ の 基 金 に 対 し 返 還 を 行 う も の と す る -36-

43 第 3 節 第 2 種 退 職 年 金 ( 支 給 要 件 ) 第 64 条 第 2 種 退 職 年 金 は 加 入 員 又 は 加 入 員 で あ っ た 者 が 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る 場 合 に お い て そ の 者 が 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 を 有 し な い と き に そ の 者 に 支 給 す る ( 1 ) 加 入 員 が 6 5 歳 に 達 し た 後 に 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し た と き 又 は 脱 退 により 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 後 に 加 入 員 となること な く し て 6 5 歳 に 達 し た と き ( 2 ) 加 入 員 又 は 加 入 員 で あ っ た 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したとき ただし 加 入 員 がその 資 格 を 取 得 した 月 に 当 該 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 し た と き を 除 く ( 3 ) 加 入 員 又 は 加 入 員 で あ っ た 者 が 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 したとき ただし 加 入 員 がその 資 格 を 取 得 した 月 に 当 該 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 したときを 除 く ( 4 ) 加 入 員 又 は 加 入 員 で あ っ た 者 が 法 附 則 第 7 条 の 3 又 は 法 附 則 第 13 条 の4の 規 定 による 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 上 げの 請 求 を したとき ただし 加 入 員 がその 資 格 を 取 得 した 月 に 当 該 支 給 繰 上 げ の 請 求 を し た と き を 除 く ( 5 ) 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 で 当 該 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した 月 以 後 の 月 に 加 入 員 の 資 格 を 取 得 したものであって その 年 金 の 額 が 法 第 43 条 第 3 項 の 規 定 により 改 定 されたとき ただし 加 入 員 の 資 格 を 取 得 した 月 又 はその 翌 月 から 改 定 され た と き を 除 く ( 6 ) 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 者 で 当 該 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 した 月 以 後 の 月 に 加 入 員 の 資 格 を 取 得 したものであって その 年 金 の 額 が 法 第 43 条 第 3 項 の 規 定 により 改 定 されたとき ただし 加 入 員 の 資 格 を 取 得 した 月 -37-

44 又 は そ の 翌 月 か ら 改 定 さ れ た と き を 除 く ( 7 ) 法 附 則 第 7 条 の 3 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 で 当 該 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した 月 以 後 の 月 に 加 入 員 の 資 格 を 取 得 したものであって その 年 金 の 額 が 法 第 43 条 第 3 項 法 附 則 第 7 条 の3 第 5 項 又 は 法 附 則 第 13 条 の4 第 5 項 若 しくは 第 6 項 の 規 定 により 改 定 されたと き ただし 加 入 員 の 資 格 を 取 得 した 月 又 はその 翌 月 から 改 定 さ れ た と き を 除 く ( 年 金 額 ) 第 65 条 第 2 種 退 職 年 金 の 額 は 基 本 年 金 額 に 相 当 す る 額 と す る 2 第 2 種 退 職 年 金 の 額 に つ い て は 受 給 権 者 が そ の 権 利 を 取 得 し た 月 以 後 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 は そ の 計 算 の 基 礎 と し な い 3 加 入 員 で あ る 第 2 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 ( 次 項 に 該 当 す る 者 を 除 く ) が 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た と き は 前 項 の 規 定 に か か わ ら ず そ れ ぞ れ 当 該 各 号 の い ず れ か に 該 当 する に 至 っ た 日 の 属 す る 月 前 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 を 基 本 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 と す る も の と し 第 1 号 に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 ( 第 4 2 条 第 2 号 か ら 第 4 号 ま で の い ず れ か に 該 当 し て 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し た 場 合 に あ っ て は 同 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 か ら 起 算 し て 1 月 を 経 過 し た 日 の 属 す る 月 ) か ら 第 2 号 又 は 第 3 号 に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 の 翌 月 か ら そ の 額 を 改 定 す る ( 1 ) 脱 退 に よ り 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し か つ 加 入 員 と な る こ と なくして 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 し た と き ( 2 ) 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 し た と き ( 3 ) 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 し た と き -38-

45 4 加 入 員 で あ る 第 2 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の う ち 法 附 則 第 7 条 の 3 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 第 1 号 若 し く は 第 3 号 に 該 当 す る に 至 っ た と き 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 次 の 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た と き は 第 2 項 の 規 定 に か か わ ら ず そ れ ぞ れ 当 該 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 前 に お け る 加 入 員 で あ っ た 期 間 を 第 2 種 退 職 年 金 の 額 の 計 算 の 基 礎 と す る も の と し 第 1 号 に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 ( 第 4 2 条 第 2 号 か ら 第 4 号 ま で の い ず れ か に 該 当 し て 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し た 場 合 に あ っ て は 同 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 か ら 起 算 し て 1 月 を 経 過 し た 日 の 属 す る 月 ) か ら 第 2 号 又 は 第 3 号 に 該 当 す る 場 合 に あ っ て は 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 の 翌 月 か ら そ の 額 を 改 定 す る ( 1 ) 脱 退 に よ り 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し か つ 加 入 員 と な る こ と なくして 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 し たとき ただし 法 附 則 第 7 条 の3の 規 定 による 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 に あ っ て は 6 5 歳 に 達 し て い る 者 に 限 る も の と し 法 附 則 第 13 条 の4の 規 定 による 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 に あっては 法 附 則 第 8 条 の2 各 項 の 表 の 下 欄 に 掲 げる 年 齢 に 達 し て い る 者 に 限 る も の と す る ( 2 ) 法 附 則 第 8 条 の 2 各 項 の 表 の 下 欄 に 掲 げ る 年 齢 に 達 し た と き ( 3 ) 6 5 歳 に 達 し た と き 5 第 2 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の う ち 法 附 則 第 7 条 の 3 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 6 5 歳 に 達 す る 前 に 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し 第 2 号 に 該 当 す る に 至 っ た と き 又 は 法 附 則 第 1 3 条 の 4 の 規 定 に よ る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 法 附 則 第 8 条 の 2 各 項 の 表 の 下 欄 に 掲 げ る 年 齢 に 達 す る 前 に 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し 第 2 号 に 該 当 す る に 至 っ た と き は 第 2 項 の 規 定 に か か わ ら ず そ れ ぞ れ 当 該 各 号 の い ず れ か に 該 当 す る に 至 っ た 日 の 属 す る 月 前 に お け -39-

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

6-2第1種退職年金

6-2第1種退職年金 第 2 節 第 1 種 退 職 年 金 ( 支 給 要 件 ) 第 52 条 第 1 種 退 職 年 金 は 加 算 適 用 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 に その 者 に 支 給 する (1) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 10 年 以 上 である 者 又 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 3 年

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得 政 令 第 十 六 号 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 内 閣 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 二 十 三 年 法 律 第 百 十 七 号 ) 第 四 章 の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 定 義 ) 第 一 条 この 政

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 脱 退 一 時 金 今 回 の 講 義 では 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 短 期 滞 在 の 外 国 人 に 支 給 される 脱 退 一 時 金 について 学 習 します 付 加 年 金 付 加 年 金 に 関 しては 法 第 43 条 から 法 第 48 条 に 規 定 されています また 付 加 保 険 料 に 関 しては

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

◆併給の調整◆

◆併給の調整◆ 平 成 18 年 度 の 給 付 額 1 物 価 スライド 特 例 措 置 による 物 価 スライド 率 の 改 定 平 成 17 年 度 0.988 平 成 18 年 度 0.985 2 従 前 額 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1.001 平 成 18 年 度 0.998 3 国 民 年 金 法 による 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1 平 成 18 年 度 0.997

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

大阪府理容環境衛生同業組合支部規程要項

大阪府理容環境衛生同業組合支部規程要項 大 阪 府 理 容 生 活 衛 生 同 業 組 合 吹 田 支 部 規 程 要 項 21 ( 目 的 ) 箏 1 条 吹 田 支 部 は 大 阪 府 理 容 生 活 衛 生 同 業 組 合 の 定 款 で 定 める 目 的 を 達 するために 必 要 な 連 絡 と 事 業 指 導 を 行 うことを 目 的 とする ( 事 業 ) 第 2 条 大 阪 府 理 容 生 活 衛 生 同 業 組 合 吹

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A>

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A> 厚 生 年 金 基 金 の 業 務 報 告 書 の 様 式 について( 平 成 十 年 十 月 十 四 日 企 国 発 第 三 〇 号 厚 生 省 年 金 局 企 業 年 金 国 民 年 金 基 金 課 長 から 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 通 知 ) - 新 旧 対 照 表 - 新 旧 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 基 金

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

平成28年岩手県条例第8号

平成28年岩手県条例第8号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 をここに 公 布 する 平 成 28 年 3 月 25 日 岩 手 県 知 事 達 増 拓 也 岩 手 県 条 例 第 8 号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 岩 手 県 条 例 第 40

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

委員会規程

委員会規程 役 員 候 補 者 選 出 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 日 本 三 曲 協 会 ( 以 下 協 会 という) 定 款 第 25 条 に 基 づ く 役 員 の 選 任 に 先 立 ち その 候 補 者 を 選 出 するための 選 挙 ( 以 下 選 挙 という)に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 選 挙

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information