<4D F736F F D AFA8CC090DD92E882CC837C A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63>"

Transcription

1 期 限 設 定 の ポ イ ン ト はじめに はじめに 期 限 表 示 には 次 の2とおりの 表 示 方 法 があります 用 語 消 費 期 限 賞 味 期 限 定 められた 方 法 により 保 存 した 場 合 定 義 意 味 腐 敗 変 敗 その 他 の 品 質 の 劣 化 に 伴 い 安 全 性 を 欠 くこととなるおそれがな いと 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をい う 品 質 が 劣 化 しやすく 製 造 日 を 含 め ておおむね5 日 以 内 で 品 質 が 急 速 に 劣 化 する 食 品 に 表 示 する 期 限 表 示 の 用 語 期 待 されるすべての 品 質 の 保 持 が 十 分 に 可 能 であると 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をいう 当 該 期 限 を 超 えた 場 合 で あっても これらの 品 質 が 保 持 されていることがある ものとする 消 費 期 限 に 比 べ 品 質 が 比 較 的 劣 化 しにくい 食 品 等 に 表 示 する 期 限 表 示 の 用 語 容 器 包 装 を 開 封 する 前 の 期 限 を 示 すもの 食 品 の 例 弁 当 調 理 パン そうざい 生 菓 子 類 食 肉 生 めん 類 など スナック 菓 子 即 席 めん 類 缶 詰 牛 乳 乳 製 品 など 消 費 期 限 賞 味 期 限 の 概 念 図 消 費 期 限 賞 味 期 限 年 月 日 で 表 示 年 月 日 で 表 示 年 月 日 又 は 年 月 で 表 示 製 造 日 おおむね5 日 3ヶ 月 ~ 品 質 が 劣 化 するまでの 期 間

2 1 設 定 期 限 の 確 認 ( 必 須 ) ポイント ポイント 期 限 設 定 は 食 品 の 特 性 に 応 じて 微 生 物 試 験 や 理 化 学 試 験 及 び 官 能 検 査 の 結 果 に 基 づ き 科 学 的 合 理 的 に 行 う 必 要 があります 食 品 の 品 質 の 劣 化 ( 腐 敗 や 変 敗 など)のスピードは 様 々な 条 件 により 異 なります 劣 化 の 要 因 は 主 に 細 菌 の 作 用 の 他 に 食 品 の 加 工 条 件 ( 加 熱 温 度 時 間 など) 食 品 の 特 性 ( 水 分 活 性 ph 塩 分 濃 度 など) 保 存 条 件 ( 常 温 冷 蔵 の 温 度 など)などがあげ られます 設 定 した 期 限 保 存 条 件 が 適 切 であるか 確 認 して 表 示 をしていますか していますか これまでの 経 験 から 既 に 設 定 している 期 限 と 保 存 方 法 が 科 学 的 合 理 的 であるか 微 生 物 試 験 等 を 行 って 確 認 します 実 施 する 微 生 物 試 験 の 項 目 は 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 や 衛 生 規 範 等 を 参 考 とします 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 や 衛 生 規 範 等 は 26~35 ページを 参 照 してください 試 験 は 設 定 している 保 存 方 法 で 行 います 期 限 に 安 全 係 数 ( 食 品 の 特 性 に 応 じ 製 造 者 が 決 めます 0.6~0.9 など)で 割 った 日 ( 時 間 )まで 保 存 して 実 施 します ( 例 ) 既 に 設 定 している 期 限 安 全 係 数 試 験 の 実 施 日 4 日 間 0.8 = 5 日 後 7 日 間 0.7 = 10 日 後 実 施 例 ( 和 菓 子 ) 1 保 存 方 法 :10 以 下 2 消 費 期 限 : 製 造 日 を 含 めて 4 日 間 ( 製 造 日 の3 日 後 ) 3 安 全 係 数 :0.8 (1) 恒 温 保 管 庫 (110±1 )で 保 管 し 24 日 間 30.8=5 日 後 県 が 定 めている 指 導 基 準 を 参 考 に 必 要 な 項 目 を 選 んで 微 生 物 試 験 を 行 います 試 験 結 果 消 費 期 限 試 験 実 施 日 項 目 基 準 製 造 日 1 日 後 2 日 後 3 日 後 4 日 後 5 日 後 (1g あたり) 10 万 以 下 実 施 せず 5 万 実 施 せず 黄 色 ブドウ 球 菌 実 施 せず サルモネラ 実 施 せず 注 自 社 で 検 査 が 出 来 ない 場 合 は 食 品 衛 生 法 に 基 づく 登 録 検 査 機 関 ( 石 川 県 内 :( 財 ) 石 川 県 予 防 医 学 協 会 ( 株 )アルプ[ 登 録 順 ])などに 依 頼 相 談 してください

3 (2) 試 験 の 結 果 から 5 日 後 には 基 準 を 満 たしていることを 確 認 します (3) これに 安 全 係 数 (0.8)を 掛 けると4 日 間 となり 設 定 している 保 存 方 法 と 消 費 期 限 が 適 正 であったことが 確 認 できました 用 語 の 説 明 微 生 物 試 験 : 食 品 の 製 造 日 からの 品 質 劣 化 を 微 生 物 学 的 に 評 価 するものです その 際 食 品 の 種 類 製 造 方 法 また 温 度 などの 保 存 条 件 に 応 じて 効 果 的 な 評 価 の 期 待 で きる 微 生 物 学 的 指 標 を 選 択 する 必 要 があります 一 般 的 指 標 としては 一 般 生 菌 数 数 大 腸 菌 数 低 温 細 菌 残 存 の 有 無 芽 胞 菌 の 残 存 の 有 無 等 が 挙 げられます 理 化 学 試 験 : 食 品 の 製 造 日 からの 品 質 劣 化 を 理 化 学 的 分 析 法 により 評 価 するものです 食 品 の 特 性 に 応 じて 各 食 品 の 性 状 を 反 映 する 指 標 を 選 択 します 一 般 的 な 指 標 としては 粘 度 濁 度 比 重 過 酸 化 物 価 酸 価 ph 酸 度 栄 養 成 分 糖 度 等 が 挙 げられます 官 能 試 験 : 食 品 の 性 質 を 人 間 の 視 覚 味 覚 嗅 覚 などの 感 覚 を 通 して それぞれの 手 法 に のっとった 一 定 の 条 件 下 で 評 価 するものです 指 標 に 対 して 適 当 な 機 器 測 定 法 が 開 発 されていない 場 合 や 測 定 機 器 よりも 人 間 の 方 が 感 度 が 高 い 場 合 等 に 有 効 利 用 されます 試 験 方 法 は 食 品 の 種 類 検 査 項 目 によって 食 品 衛 生 法 や 国 が 定 めた 方 法 等 で 実 施 します 詳 しくは 検 査 を 委 託 する 機 関 で 相 談 してください 腐 敗 : 食 品 が 本 来 もつ 形 色 香 り 味 栄 養 成 分 などの 性 状 が 物 理 化 学 的 変 化 や 微 生 物 学 的 変 化 によってその 可 食 性 を 失 うことがあります 特 に 食 品 中 で 微 生 物 が 増 殖 することにより 有 害 物 質 の 産 生 や 異 臭 の 発 生 を 伴 う 食 品 の 劣 化 を 腐 敗 と いいます 変 敗 : 微 生 物 による 食 品 の 変 化 といった 現 象 をさしますが 油 脂 などの 酸 化 老 化 褐 変 などの 変 化 をも 意 味 し 腐 敗 も 含 めることがある 炭 水 化 物 系 の 食 品 または 脂 質 を 含 む 食 品 が 変 化 を 起 こしたときに 用 いられることが 多 い 水 分 活 性 : 食 品 の 日 持 ちに 関 係 する 数 値 として 水 分 活 性 があります 水 分 活 性 は 通 常 の 水 分 とは 異 なり 食 品 中 で 微 生 物 が 繁 殖 するときに 利 用 できる 水 の 量 です 純 粋 な 水 を 1.0 として 表 し 数 字 が 小 さくなるほど 保 存 性 が 良 くなります 同 じ 水 分 量 でも 食 塩 や 糖 の 含 有 量 が 多 いと この 数 字 は 小 さくなります 常 温 : 食 品 衛 生 法 では 明 確 な 規 定 はありません 参 考 ですが 日 本 工 業 規 格 では 常 温 を20 ±15 の 範 囲 としています

4 2 応 用 編 (ステップアップ ステップアップのために のために) 期 限 設 定 の 流 れ (1) 自 社 基 準 ( 保 存 条 件 判 定 基 準 )の 設 定 期 限 設 定 の 根 拠 となる 保 存 条 件 判 定 基 準 ( 微 生 物 理 化 学 官 能 )を 設 定 します (2) 保 存 試 験 の 実 施 設 定 した 保 存 条 件 のもとで 各 判 定 基 準 に 基 づき 保 存 試 験 を 実 施 します (3) 期 限 ( 消 費 賞 味 )の 設 定 保 存 試 験 の 結 果 保 存 限 界 の 日 数 に1 未 満 の 係 数 ( 安 全 係 数 )をかけて 期 限 を 設 定 します 次 ページ(3) 1 参 照 (1) 自 社 基 準 ( 保 存 条 件 判 定 基 準 )の 設 定 ( 実 施 例 は 24 ページ 参 照 ) 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 や 衛 生 規 範 等 を 参 考 に 設 定 する 項 目 を 選 び 必 要 な 判 定 基 準 を 決 めます 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 や 衛 生 規 範 等 は 26~35 ページを 参 照 してください 1 保 存 条 件 区 分 基 準 保 存 方 法 2 判 定 基 準 a 微 生 物 基 準 項 目 基 準 (1g あたり) 黄 色 ブドウ 球 菌 サルモネラ 属 菌 その 他 ( ) b 理 化 学 基 準 項 目 基 準 ph 酸 価 (AV) 過 酸 化 物 価 (POV) その 他 ( )

5 c 官 能 基 準 項 目 基 準 外 観 色 調 肉 質 香 り 味 その 他 ( ) (2) 保 存 試 験 の 実 施 ( 実 施 例 は25ページ 参 照 ) 同 一 ロットの 製 品 を 恒 温 保 管 庫 ( 設 定 した 保 存 条 件 の±1 )で 保 管 し 設 定 した 項 目 の 試 験 を 行 い その 結 果 を 記 録 します 保 存 期 限 の 長 い 食 品 の 試 験 は 必 ずしも 毎 日 実 施 する 必 要 はなく 5 日 や10 日 などの 間 隔 で 行 うこともできます また 品 質 が1 年 を 超 えるなど 長 期 保 持 される 食 品 で その 期 間 中 ずっと 試 験 を 実 施 すること が 現 実 的 でない 場 合 には 20ページの 1 設 定 期 限 の 確 認 ( 必 須 ) のように 設 定 する 期 限 内 での 品 質 の 保 持 を 確 認 することも 可 能 です 項 目 製 造 日 1 日 後 2 日 後 3 日 後 4 日 後 日 後 a 微 生 物 基 準 b 理 化 学 基 準 c 官 能 基 準 注 微 生 物 基 準 理 化 学 基 準 官 能 基 準 の 全 ての 項 目 を 必 ずしも 設 定 する 必 要 はありません 理 化 学 基 準 のうち 酸 価 (AV) 過 酸 化 物 価 (POV)は 油 脂 を 含 む 食 品 の 場 合 に 設 定 すべき 項 目 です (3) 期 限 ( 消 費 賞 味 )の 設 定 ( 実 施 例 は25ページ 参 照 ) 1 (2)の 保 存 試 験 の 結 果 と(1)で 設 定 した 判 定 基 準 を 比 較 し 品 質 が 保 たれる 最 長 の 日 数 ( 保 存 限 界 )を 決 めます 2 次 に 安 全 性 を 考 慮 して1より 小 さい 数 字 ( 安 全 係 数 )をかけて 消 費 ( 賞 味 ) 期 限 としま す ( 例 ) 保 存 限 界 1より 小 さい 数 字 ( 安 全 係 数 ) 消 費 または 賞 味 期 限 5 日 後 日 間 以 下 10 日 後 日 間 以 下

6 実 施 例 (1) 自 社 基 準 ( 保 存 条 件 判 定 基 準 )の 設 定 1 保 存 条 件 区 分 基 準 保 存 方 法 10 以 下 2 判 定 基 準 a 微 生 物 基 準 項 目 基 準 (1g あたり) 10 万 以 下 黄 色 ブドウ 球 菌 ( 設 定 しない) サルモネラ 属 菌 ( 設 定 しない) その 他 ( ) ( 設 定 しない) b 理 化 学 基 準 項 目 基 準 ph 6.0~8.0 酸 価 (AV) ( 設 定 しない) 過 酸 化 物 価 (POV) ( 設 定 しない) その 他 ( ) ( 設 定 しない) c 官 能 基 準 項 目 基 準 外 観 カビ 粘 性 の 発 生 がない 色 調 ( 設 定 しない) 肉 質 ( 設 定 しない) 香 り アンモニア 臭 硫 化 水 素 臭 等 の 異 臭 の 発 生 がない 味 酸 味 刺 激 の 発 生 がない その 他 ( ) ( 設 定 しない)

7 (2) 保 存 試 験 の 実 施 保 存 条 件 (10±1 ) 項 目 基 準 製 造 日 1 日 後 2 日 後 3 日 後 4 日 後 5 日 後 a 微 生 物 基 準 <10 万 万 5 万 11 万 b 理 化 学 基 準 ph 6.0~ c 官 能 基 準 外 観 カビ 無 無 無 無 無 無 無 香 り 異 臭 無 無 無 無 無 無 無 味 異 味 無 無 無 無 無 無 刺 激 有 製 造 5 日 後 に と 味 について 判 定 基 準 に 適 合 しませんでした 保 存 期 間 が 長 い 食 品 は 毎 日 検 査 を 実 施 しなくても 5 日 間 隔 で 検 査 を 行 なうなど 製 品 の 特 性 を 考 慮 して 実 施 してください (3) 期 限 ( 消 費 賞 味 )の 設 定 保 存 条 件 を 10 ±1 と 定 めて 行 った(2)の 保 存 試 験 実 施 例 では 製 造 5 日 後 に と 味 において 判 定 基 準 が 不 適 合 となりました この 保 存 限 界 の 日 数 は 4 日 後 までとなります 製 品 のバラツキ 安 全 を 考 慮 し 0.7 の 安 全 係 数 をかけて 消 費 期 限 を 製 造 日 を 含 めた2 日 間 と 設 定 します 期 限 = 4 日 後 保 存 限 界 0.7 安 全 係 数 = 日 間 安 全 係 数 は 製 造 者 が 食 品 の 特 性 を 考 慮 して 自 ら 設 定 するものです 一 般 的 に 劣 化 の 速 度 が 速 い 場 合 は より 安 全 を 見 込 んで 小 さい 係 数 を 掛 け ます (0.6~0.9 など)

8 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 衛 生 規 範 等 の 一 覧 各 基 準 は 改 正 されることがあります 最 新 の 基 準 を 確 認 しましょう また 試 験 方 法 は 項 目 毎 に 国 が 定 めた 方 法 等 に 従 って 試 験 を 実 施 してください 1 乳 及 び 乳 製 品 の 成 分 規 格 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 26 年 厚 生 省 令 第 52 号 ) 次 表 は 主 な 乳 乳 製 品 の 細 菌 及 び 保 存 に 関 する 基 準 です 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 牛 乳 50,000/ml 以 下 殺 菌 後 直 ちに 10 以 下 で 保 存 するこ と ただし 常 温 保 存 可 能 品 にあっては この 限 りでない 加 工 乳 乳 飲 料 アイスクリーム アイスミルク ラクトアイス 50,000/ml 以 下 30,000/ml 以 下 100,000/ml 以 下 50,000/ml 以 下 50,000/ml 以 下 殺 菌 後 直 ちに 10 以 下 で 保 存 するこ と ただし 常 温 保 存 可 能 品 にあっては この 限 りでない 保 存 性 のある 容 器 に 入 れ かつ 120 で 4 分 間 加 熱 殺 菌 する 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 殺 菌 効 果 を 有 する 方 法 により 加 熱 殺 菌 したものを 除 き 牛 乳 の 例 によるこ と 注 発 酵 乳 又 は 乳 酸 菌 飲 料 を 原 料 として 使 用 したものにあっては 乳 酸 菌 又 は 酵 母 以 外 の 細 菌 の 数 が 基 準 以 下 とする

9 2 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 ( 昭 和 34 年 厚 生 省 告 示 第 370 号 ) 次 表 は 細 菌 に 関 する 基 準 がある 食 品 及 び 保 存 基 準 の 一 覧 です 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 清 涼 飲 料 水 ミネラルウォー ター 類 水 の み を 原 料 と す る 清 涼 飲 料 水 のうち 容 器 包 装 内 の 二 酸 化 炭 素 圧 力 が 20 で 98kPa * 未 満 であって かつ 殺 菌 又 は 除 菌 を 行 わないもの 腸 球 菌 緑 膿 菌 (1) 紙 栓 をつけたガラス 瓶 に 収 められた ものは 10 以 下 で 保 存 しなければな らない (2) ミネラルウォーター 類 冷 凍 果 実 飲 料 及 び 原 料 用 果 汁 以 外 の 清 涼 飲 料 水 の うち ph4.6 以 上 で かつ 水 分 活 性 が 0.94 を 超 えるものであって 原 材 料 等 に 由 来 して 当 該 食 品 中 に 存 在 し か つ 発 育 し 得 る 微 生 物 を 死 滅 させるのに 十 分 な 効 力 を 有 する 方 法 で 殺 菌 してい ないものにあっては 10 以 下 で 保 存 しなければならない (3) 冷 凍 果 実 飲 料 及 び 冷 凍 した 原 料 用 果 汁 は -15 以 下 で 保 存 しなければな らない (4) 原 料 用 果 汁 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 収 めて 保 存 しなければならない 粉 末 清 涼 飲 料 水 氷 雪 氷 菓 3,000/ml 以 下 ( 乳 酸 菌 を 加 えたも の は 乳 酸 菌 を 除 く ) 100/ml 以 下 ( 融 解 水 中 ) 10,000/ml 以 下 ( 融 解 水 中 :はっ 酵 乳 又 は 乳 酸 菌 飲 料 を 原 料 として 使 用 したものにあって は 乳 酸 菌 又 は 酵 母 以 外 の 細 菌 の 数 ) * kpa:キロパスカル(パスカルは 圧 力 の 単 位 です)

10 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 食 肉 及 び 鯨 肉 (1) 食 肉 及 び 鯨 肉 は 10 以 下 で 保 存 し なければならない ただし 細 切 りした 食 肉 及 び 鯨 肉 を 凍 結 させたものであっ て 容 器 包 装 に 入 れられたものにあって は これを-15 以 下 で 保 存 しなけれ ばならない (2) 食 肉 及 び 鯨 肉 は 清 潔 で 衛 生 的 な 有 蓋 の 容 器 に 収 めるか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 フィルム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 パラフィン 紙 若 しくは 布 で 包 装 し て 運 搬 しなければならない 殺 菌 液 卵 未 殺 菌 液 卵 サ ル モ ネ ラ 属 菌 /25g 1,000,000/g 以 下 (1) 鶏 の 液 卵 は 8 以 下 ( 鶏 の 液 卵 を 冷 凍 したものにあっては -15 以 下 ) で 保 存 しなければならない (2) 製 品 の 運 搬 に 使 用 する 器 具 は 洗 浄 し 殺 菌 し 及 び 乾 燥 したものでなけれ ばならない (3) 製 品 の 運 搬 に 使 用 するタンクは ステ ンレス 製 のものであり かつ 定 置 洗 浄 装 置 により 洗 浄 し 及 び 殺 菌 する 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 効 果 を 有 する 方 法 で 洗 浄 し 及 び 殺 菌 したものでなければ ならない 血 液 血 球 及 び 血 漿 (1) 血 液 血 球 及 び 血 漿 は 4 以 下 で 保 存 しなければならない (2) 冷 凍 した 血 液 血 球 及 び 血 漿 は -18 以 下 で 保 存 しなければならな い (3) 血 液 血 球 及 び 血 漿 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 収 めて 保 存 しなければな らない

11 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 乾 燥 食 肉 製 品 E.coli *1 非 加 熱 食 肉 製 品 特 定 加 熱 食 肉 製 品 加 熱 食 肉 製 品 ( 包 装 後 加 熱 ) 加 熱 食 肉 製 品 ( 加 後 熱 包 装 ) E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 サ ル モ ネ ラ 属 菌 E.coli ク ロ ス ト リ ジ ウ ム *2 属 菌 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 サ ル モ ネ ラ 属 菌 ク ロ ス ト リ ジ ウ ム 属 菌 E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 100/g 以 下 1,000/g 以 下 100/g 以 下 1,000/g 以 下 1,000/g 以 下 100/g 以 下 1,000/g 以 下 1,000/g 以 下 (1) 一 般 基 準 1. 冷 凍 食 肉 製 品 ( 冷 凍 食 肉 製 品 として 販 売 する 食 肉 製 品 をいう )は -15 以 下 で 保 存 しなければならな い 2. 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 に 収 め て 密 封 するか ケーシングするか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 フィルム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 若 しくはパラ フィン 紙 で 包 装 して 運 搬 しなければ ならない (2) 個 別 基 準 1. 非 加 熱 食 肉 製 品 非 加 熱 食 肉 製 品 は 10 以 下 ( 肉 塊 のみを 原 料 食 肉 とする 場 合 であって 水 分 活 性 が 0.95 以 上 のものにあっ ては 4 以 下 )で 保 存 しなければな らない ただし 肉 塊 のみを 原 料 食 肉 とする 場 合 以 外 の 場 合 であって ph が 4.6 未 満 又 は ph が 5.1 未 満 かつ 水 分 活 性 が 0.93 未 満 のものにあっ ては この 限 りでない 2. 特 定 加 熱 食 肉 製 品 特 定 加 熱 食 肉 製 品 のうち 水 分 活 性 が 0.95 以 上 のものにあっては 4 以 下 で 水 分 活 性 が 0.95 未 満 のもの にあっては 10 以 下 で 保 存 しなけ ればならない 3. 加 熱 食 肉 製 品 加 熱 食 肉 製 品 は 10 以 下 で 保 存 し なければならない ただし 気 密 性 の ある 容 器 包 装 に 充 てんした 後 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 120 で4 分 間 加 熱 する 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 効 力 を 有 する 方 法 により 殺 菌 したものに あっては この 限 りでない サ ル モ ネ ラ 属 菌 *1 イー.Coli コ リ E : 大 腸 菌 (Escherichia coli)のことで 腸 内 細 菌 科 に 分 類 され ヒトや 動 物 の 腸 管 内 常 在 菌 の 一 つである *2 クロストリシ ウム 属 菌 : 食 中 毒 の 起 因 菌 としてボツリヌス 菌 ウェルシュ 菌 がある

12 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 鯨 肉 製 品 (1) 鯨 肉 製 品 は 10 以 下 ( 冷 凍 鯨 肉 製 品 ( 冷 凍 鯨 肉 製 品 として 販 売 する 鯨 肉 製 品 をいう )にあっては -15 以 下 ) で 保 存 しなければならない ただし 気 密 性 のある 容 器 包 装 に 充 てんした 後 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 120 で4 分 間 加 熱 する 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 効 力 を 有 する 方 法 により 殺 菌 したものにあ っては この 限 りでない (2) 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 に 収 めて 密 封 するか ケーシングするか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 フィルム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 若 しくはパラフィン 紙 で 包 装 して 運 搬 しなければならない 魚 肉 ねり 製 品 (1) 魚 肉 ソーセージ 魚 肉 ハム 及 び 特 殊 包 装 かまぼこにあっては 10 以 下 で 保 存 しなければならない ただし 気 密 性 のある 容 器 包 装 に 充 てんした 後 その 中 心 部 の 温 度 を 120 で4 分 間 加 熱 す る 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 効 力 を 有 する 方 法 により 殺 菌 した 製 品 及 びその ph( 製 品 の 一 部 を 細 切 したものを 採 り これに 10 倍 量 の 精 製 水 を 加 えて 細 砕 し たものの ph をいう )が 4.6 以 下 又 は その 水 分 活 性 が 0.94 以 下 である 製 品 に あっては この 限 りでない (2) 冷 凍 魚 肉 ねり 製 品 にあっては これ を-15 以 下 で 保 存 しなければならな い (3) 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 にケーシング をするか 清 潔 で 衛 生 的 な 有 蓋 の 容 器 に 収 めるか または 清 潔 な 合 成 樹 脂 フィル ム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 もしくはパ ラフィン 紙 で 包 装 して 運 搬 しなければ ならない ゆでだこ 冷 凍 ゆでだこ 腸 炎 ビ ブ リオ 100,000/g 以 下 (1) ゆでだこは 10 以 下 で 保 存 しなけ ればならない ただし 冷 凍 ゆでだこに あっては これを-15 以 下 で 保 存 し なければならない (2) ゆでだこは 清 潔 で 衛 生 的 な 有 蓋 の 容 器 に 収 めるか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 フィルム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 若 しくはパラフィン 紙 で 包 装 して 運 搬 しなければならない

13 区 分 ゆでがに 飲 食 に 供 す る 際 に 加 熱 を 要 し な い ものに 限 る 冷 凍 ゆでがに 生 食 用 鮮 魚 介 類 切 り 身 又 は む き 身 に し た 鮮 魚 介 類 ( 生 か き を 除 く )であ って 生 食 用 のもの( 凍 結 さ せ た も の を 除 く )に 限 る 項 目 腸 炎 ビ ブ リオ 腸 炎 ビ ブ リオ 成 分 規 格 基 準 100,000/g 以 下 100/g 以 下 保 存 基 準 (1) ゆでがに( 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 しないものであって 凍 結 させてい ないものに 限 る )は 10 以 下 で 保 存 しなければならない (2) 冷 凍 ゆでがには -15 以 下 で 保 存 しなければならない (3) ゆでがに( 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 し かつ 凍 結 させていないものを 除 く )は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 入 れ 保 存 しなければならない た だし 二 次 汚 染 防 止 措 置 を 講 じて 販 売 の 用 に 供 するために 陳 列 する 場 合 に おいては この 限 りではない 生 食 用 鮮 魚 介 類 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 入 れ 10 以 下 で 保 存 しなければ ならない 生 食 用 かき E.coli 腸 炎 ビ ブ リオ むき 身 にした もの 50,000/g 以 下 230/100g 以 下 100/g 以 下 (1) 生 食 用 かきは 10 以 下 に 保 存 しな ければならない ただし 生 食 用 冷 凍 か きにあっては これを-15 以 下 で 保 存 しなければならない (2) 生 食 用 かきは 清 潔 で 衛 生 的 な 有 蓋 の 容 器 に 収 めるか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 アルミニウム 箔 若 しくは 耐 水 性 の 加 工 紙 で 包 装 して 保 存 しなければな らない ただし 生 食 用 冷 凍 かきにあっ ては 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 アルミ ニウム 箔 又 は 耐 水 性 の 加 工 紙 で 包 装 し て 保 存 しなければならない 豆 腐 [ 指 導 基 準 (34 ページ 参 照 )] (1) 豆 腐 は 冷 蔵 するか 又 は 十 分 に 洗 浄 し かつ 殺 菌 した 水 槽 内 において 飲 用 適 の 冷 水 で 絶 えず 換 水 をしながら 保 存 しなければならない ただし 移 動 販 売 に 係 る 豆 腐 及 び 成 型 した 後 水 さらし をしないで 直 ちに 販 売 の 用 に 供 される ことが 通 常 である 豆 腐 にあっては この 限 りでない (2) 移 動 販 売 に 係 る 豆 腐 は 十 分 に 洗 浄 し かつ 殺 菌 した 器 具 を 用 いて 保 冷 を しなければならない

14 区 分 即 席 めん 類 ( め ん を 油 脂 で 処 理 し た も の に 限 る 以 下 この 項 において 同 じ ) 無 加 熱 摂 取 冷 凍 *1 食 品 加 熱 後 摂 取 冷 凍 *1 食 品 ( 凍 結 直 前 加 熱 ) 加 熱 後 摂 取 冷 凍 *1 食 品 ( 凍 結 直 前 加 熱 以 外 ) 項 目 ( 酸 化 過 酸 化 物 価 ) E.coli 成 分 規 格 基 準 ( 省 略 ) 100,000/g 以 下 100,000/g 以 下 300,000/g 以 下 保 存 基 準 即 席 めん 類 は 直 射 日 光 を 避 けて 保 存 し なければならない (1) 冷 凍 食 品 は これを-15 以 下 で 保 存 しなければならない (2) 冷 凍 食 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 アルミニウム 箔 または 耐 水 性 の 加 工 紙 で 包 装 して 保 存 しなければならない 100,000/g 以 下 生 食 用 冷 凍 鮮 魚 *2 介 類 腸 炎 ビ ブ リオ 100/g 以 下 *1: 冷 凍 食 品 ( 製 造 し 又 は 加 工 した 食 品 ( 清 涼 飲 料 水 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 魚 肉 ねり 製 品 ゆでだこ 及 びゆでがにを 除 く ) 及 び 切 り 身 又 はむき 身 にした 鮮 魚 介 類 ( 生 かきを 除 く )を 凍 結 させたものであって 容 器 包 装 に 入 れられたもの *2: 冷 凍 食 品 のうち 切 り 身 又 はむき 身 にした 鮮 魚 介 類 であって 生 食 用 のものを 凍 結 さ せたもの 3 衛 生 規 範 等 衛 生 規 範 は 厚 生 労 働 省 が 次 に 掲 げる5つの 食 品 について 安 全 性 確 保 のために 策 定 した 指 針 です (1) 弁 当 及 びそうざいの 衛 生 規 範 区 分 項 目 基 準 製 品 の 保 存 10 万 /g 以 下 E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 加 熱 処 理 したも の( 卵 焼 フライ 等 ) 未 加 熱 処 理 のも の(サラダ 生 野 菜 等 ) (2) 洋 生 菓 子 の 衛 生 規 範 100 万 /g 以 下 項 目 基 準 製 品 の 保 存 10 万 /g 以 下 ( 生 鮮 果 実 部 を 除 く ) 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 酸 化 (AV) 過 酸 化 物 価 (POV) 異 物 3 を 超 えない ( 製 品 中 の 油 脂 ) 3 を 超 えない ( 製 品 中 の 油 脂 ) 混 入 がないこと 1 製 品 は 直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を 避 け て 保 存 すること 2 そうざいは 10 以 下 又 は 65 以 上 (ただし 揚 げ 物 を 除 く )で 保 存 する ことが 望 ましい 1 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 入 れ 若 しくは 包 むか 又 は 殺 菌 消 毒 された 専 用 の 運 搬 器 具 に 収 めて 運 搬 するこ と 2 運 搬 保 管 施 設 における 製 品 の 小 分 包 装 は 行 わないこと 3 製 品 は 直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を 避 けて 保 存 すること 4 製 品 は 10 以 下 で 保 存 ( 以 下 冷 蔵 という )する ことを 原 則 とするが 製 品 の 特 性 上 冷 蔵 することが 不 可 能 な ものにあっては できるだけ 低 温 (18 以 下 )で 保 存 する こと

15 (3) 菓 子 指 導 要 領 ( 油 脂 で 処 理 した 菓 子 で 油 脂 分 を 粗 脂 肪 として 10%( 重 量 %) 以 上 含 むもの) 項 目 基 準 容 器 包 装 及 び 表 示 酸 価 が3を 超 え か つ 過 酸 化 物 価 が 30 を 超 えない ( 製 品 中 の 油 脂 ) 酸 化 (AV) 及 び 過 酸 化 物 価 (POV) 酸 価 が5を 超 え 又 は 過 酸 化 物 価 が 50 を 超 えない ( 製 品 中 の 油 脂 ) ア 長 期 に 流 通 する 菓 子 にあっては 遮 光 性 を 有 し かつ 気 体 透 過 性 の 少 ない 容 器 包 装 を 用 い 密 封 する 等 油 脂 の 変 敗 を 抑 制 するための 措 置 が 講 ぜられたものであること イ 消 費 期 限 又 は 賞 味 期 限 を 表 示 すること ウ 直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を 避 けて 保 存 する 等 製 品 の 取 扱 い 上 必 要 な 事 項 の 表 示 をすること (4) 漬 物 の 衛 生 規 範 漬 物 区 分 項 目 基 準 製 品 の 取 扱 い カ ビ 及 び 産 膜 酵 母 発 生 していないこと 異 物 混 入 していないこと 合 成 着 色 料 100ppm 以 下 にする ( 使 用 す る ことが 望 ましい 場 合 ) カビ 容 器 包 装 に 充 て ん 後 加 熱 殺 菌 し たもの 一 夜 漬 ( 浅 漬 ) 酵 母 E.coli 腸 炎 ビ ブ リオ 1,000/g 以 下 1 直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を 避 け 取 扱 い は 清 潔 で 衛 生 的 に 行 うこと 2 製 品 の 取 扱 量 は 施 設 の 取 扱 能 力 に 応 じた 量 であること 3 保 存 性 の 乏 しい 製 品 にあっては 製 造 後 速 やかに 10 以 下 で 保 存 すること 4 容 器 包 装 の 破 損 等 に 起 因 する 汚 染 を 防 止 するため 運 搬 は 適 切 に 行 うこと (5) 生 めんの 衛 生 規 範 区 分 項 目 基 準 製 品 の 保 管 異 物 混 入 が 認 められな いこと 生 めん 300 万 /g E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 異 物 混 入 が 認 められな いこと ゆでめん 10 万 /g 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 具 等 のうち 天 ぷら つゆ 等 の 加 熱 処 理 したも の 具 等 のうち 生 野 菜 等 の 未 加 熱 処 理 のもの 異 物 混 入 が 認 められな いこと 10 万 /g E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 300 万 /g (1) 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 等 に 入 れ て 保 管 すること (2) 冷 蔵 を 要 する 製 品 は 製 造 後 できる 限 り 速 やかに 10 以 下 の 保 管 場 に 移 して 保 管 すること

16 ( 参 考 ) 1 菓 子 の 製 造 取 扱 いに 関 する 衛 生 上 の 指 導 について( 菓 子 指 導 要 領 ) (S 環 食 第 248 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 186 号 ) 2 洋 生 菓 子 の 衛 生 規 範 について S 環 食 第 54 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 188 号 衛 乳 第 211 号 衛 化 第 119 号 3 弁 当 及 びそうざいの 衛 生 規 範 について S 環 食 第 161 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 188 号 衛 乳 第 211 号 衛 化 第 119 号 4 漬 物 の 衛 生 規 範 について S 環 食 第 214 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 188 号 衛 乳 第 211 号 衛 化 第 119 号 5 生 めん 類 の 衛 生 規 範 等 について H 環 食 第 61 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 188 号 衛 乳 第 211 号 衛 化 第 119 号 6 規 格 基 準 のない 食 品 の 指 導 基 準 について (H5.7.1 環 第 523 号 ) 指 導 基 準 は 食 品 衛 生 法 に 基 づく 規 格 基 準 が 定 められていない 食 品 について 食 品 衛 生 指 導 の 指 標 として 県 が 定 めている 基 準 で 次 表 のとおりです 検 査 法 は 35 ページを 参 照 してください 指 導 基 準 品 名 ( 生 菌 数 ) 大 腸 菌 黄 色 ブドウ 球 菌 サルモネラ 腸 炎 ビブリオ 酸 価 (AV) 過 酸 化 物 価 (POV) 備 考 生 食 用 魚 介 類 10 万 /g 以 下 ( ) え び ( ) ゆ で ガ ニ 貝 類 ( ) 生 麺 300 万 /g 以 下 ゆ で 麺 10 万 /g 以 下 豆 腐 包 装 1000/g 以 下 普 通 10 万 /g 以 下 生 菓 子 和 菓 子 10 万 /g 以 下 洋 菓 子 10 万 /g 以 下 3 以 下 30 以 下 弁 当 類 及 び そうざい 加 熱 処 理 したもの 未 加 熱 処 理 したもの 10 万 /g 以 下 100 万 /g 以 下 油 菓 子 1 AV が3 を 超 えかつPOV が30 を 超 えるものは 不 適 2 AV が5 を 超 えるものは 不 適 3 POV が50 を 超 えるものは 不 適 揚 油 3 以 下 10 以 下 漬 物 ( 一 夜 漬 )

17 < 検 査 法 > 通 知 で 示 された 検 査 方 法 菓 子 の 製 造 取 扱 いに 関 する 衛 生 上 の 指 導 について ( 昭 和 52 年 11 月 16 日 環 食 第 248 号 ) 酸 価 及 び 過 酸 化 物 価 の 測 定 法 弁 当 及 びそうざいの 衛 生 規 範 について ( 昭 和 54 年 6 月 29 日 環 食 第 161 号 ) 加 熱 処 理 したものの 大 腸 菌 検 査 方 法 冷 凍 食 品 の 規 格 基 準 で 定 められたE.coliの 試 験 法 による 漬 物 の 衛 生 規 範 について ( 昭 和 56 年 9 月 24 日 環 食 第 214 号 ) 一 夜 漬 ( 浅 漬 )の 大 腸 菌 検 査 方 法 冷 凍 食 品 の 規 格 基 準 で 定 められたE.coliの 試 験 法 による 生 めん 類 の 衛 生 規 範 について ( 平 成 3 年 4 月 25 日 衛 食 第 61 号 ) の 検 査 方 法 冷 凍 食 品 の 成 分 規 格 の(1)の1に 準 じて 調 製 した 試 料 原 液 とし 氷 菓 の 成 分 規 格 の(3)の1. 及 び3.に 準 じて 行 う E.coliの 検 査 方 法 冷 凍 食 品 の 成 分 規 格 の(3)の1. 及 び3.に 準 じて 行 う 検 査 実 施 上 の 申 し 合 せ サルモネラ 及 び 腸 炎 ビブリオについては 1 回 増 菌 を 行 う

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含 和 歌 山 市 排 出 水 の 色 等 規 制 条 例 平 成 3 年 10 月 5 日 条 例 第 44 号 改 正 平 成 12 年 3 月 27 日 条 例 第 58 号 平 成 13 年 7 月 9 日 条 例 第 34 号 平 成 14 年 12 月 26 日 条 例 第 52 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 排 出 水 の 色 等 を 規 制 することにより 公 共 用

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

<5461726F2D303830333331817990568B8C2D8AAE915394C5817A819A202474>

<5461726F2D303830333331817990568B8C2D8AAE915394C5817A819A202474> 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 の 一 部 を 改 正 する 件 新 旧 対 照 条 文 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 ( 昭 和 34 年 厚 生 省 告 示 第 370 号 ) 平 成 0 年 3 月 31 日 改 正 改 正 後 改 正 前 ( 傍 線 部 分 は 改 正 部 分 ) 第 4 おもちや 第 4 おもちや A おもちや 又 はその 原 材 料 の 規 格

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 勧 告 はありません 1 月 例 給 民 間 給 与 公 務 員 給 与 A B 24 年 度 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 AB ( 改 定

(5) 給 与 改 定 の 状 況 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 勧 告 はありません 1 月 例 給 民 間 給 与 公 務 員 給 与 A B 24 年 度 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 AB ( 改 定 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 46,445 2,239,554 454,172 3,386,243 16.73 15.69

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん 化 粧 品 の 製 造 販 売 業 製 造 業 について 化 粧 品 の 定 義 について ( 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 項 ) 化 粧 品 とは 人 の 身 体 を 清 潔 にし 美 化 し 魅 力 を 増 し 容 貌 を 変 え 又 は 皮 膚 若 しくは 毛 髪 を 健 やかに 保 つために

More information

○○市(町村)職員の初任給,昇格,昇給等に関する規則の一部を改正する規則(準則)

○○市(町村)職員の初任給,昇格,昇給等に関する規則の一部を改正する規則(準則) 石 岡 市 立 八 郷 学 校 給 食 センター 調 理 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 石 岡 市 では, 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 委 託 者 の 選 定 手 続 きに 関 する 必 要 事 項 を 定 めたので, 参 加 を 希 望 する 場 合 は,プロポーザル 参 加 申 込 書 に 必 要 書 類 を 添 付 して 提 出 してください

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 三 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書 8 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 管 理 規 定 の 遵 守 事 項 管 理 運 営 基 準 6 食 品 等 の 取 扱 い (1) 原 材 料 の 仕 入 れに 当 たっては 品 質 鮮 度 包 装 状 態 表 示 等 について 点 検 すること ならびにそれ らの 結 果 および 当 該 原 材 料 の 購 入 先 の 記 録 に 努 めること (2) 原 材 料 は 当 該 原 材

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評 一 般 財 団 法 人 ベターリビング 平 成 16 年 7 月 23 日 制 定 平 成 19 年 6 月 20 日 改 定 平 成 23 年 12 月 1 日 改 定 シックハウス 対 策 に 関 する 居 室 等 の 性 能 評 価 業 務 方 法 書 注 ) 本 業 務 方 法 書 は 予 告 なく 変 更 することがあります 1 第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 )

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 平 成 23 年 度 (23 年 度 末 ) 31,244 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 件 費 率 B/A 千 千 千 21,46,642 97,678 2,698,812 B 12.6 ( 参 考 ) 前 年 度 の 件 費 率 13.1 (2)

More information

単式蒸留しようちゆうと連続式蒸留しようちゆうを混和した酒類の表示に関する自主基準

単式蒸留しようちゆうと連続式蒸留しようちゆうを混和した酒類の表示に関する自主基準 ( 平 成 17 年 1 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 18 年 5 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 25 年 1 月 1 日 改 正 ) 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 単 式 蒸 留 しょうちゅうと 連 続 式 蒸 留 しょうちゅうを 混 和 した 酒 類 の 表 示 に 関 する 自 主 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 自 主 基 準

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答 別 紙 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議 第 千 二 百 六 十 七 号 等 を 踏 まえ 我 が 国 が 実 施 す る 国 際 テ ロリ スト の 財 産 の 凍 結 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 施 行 令 案 等 に 対 す る 御 意 見 御 質 問 に 対 する 警 察 庁 の 考 え 方 について 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

イ 実 際 遅 くとも 平 成 22 年 1 月 1 日 から 平 成 23 年 12 月 31 日 までの 間 に ハイ オク と 表 示 して 販 売 していた 自 動 車 ガソリンは 大 部 分 がレギュラーガソリン であった (3) 命 令 の 概 要 ア 前 記 (2)アの 表 示 は 対

イ 実 際 遅 くとも 平 成 22 年 1 月 1 日 から 平 成 23 年 12 月 31 日 までの 間 に ハイ オク と 表 示 して 販 売 していた 自 動 車 ガソリンは 大 部 分 がレギュラーガソリン であった (3) 命 令 の 概 要 ア 前 記 (2)アの 表 示 は 対 News Release 平 成 24 年 4 月 19 日 有 限 会 社 エム ワイ 産 業 に 対 する 景 品 表 示 法 に 基 づく 措 置 命 令 について 消 費 者 庁 は 本 日 有 限 会 社 エム ワイ 産 業 ( 以 下 エム ワイ 産 業 という )に 対 し 同 社 が 販 売 する 自 動 車 ガソリンに 係 る 表 示 について 景 品 表 示 法 第 6 条 の

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

公募

公募 木 製 品 試 作 販 売 システム 等 構 築 可 能 性 調 査 委 託 業 務 の 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 1. 目 的 厚 真 町 における 林 産 業 は 造 林 保 育 及 び 造 材 等 の 森 林 整 備 を 行 う 事 業 体 や 木 炭 製 造 業 等 が 成 立 している 一 方 で 加 工 する 施 設 は 小 規 模 な 製 材 工 場 が1 軒

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

(Microsoft PowerPoint - 20080728\213\306\213\226\211\302\215X\220V\220\340\226\276\211\357\201i3\201j)

(Microsoft PowerPoint - 20080728\213\306\213\226\211\302\215X\220V\220\340\226\276\211\357\201i3\201j) H25.7.9 平 成 26 年 度 医 薬 品 製 造 業 等 業 許 可 更 新 等 に 係 る 説 明 会 奈 良 県 薬 務 課 1 総 括 説 明 2 調 査 の 趣 旨 GMPが 適 用 される 医 薬 品 又 は 医 薬 部 外 品 の 製 造 販 売 後 5 年 を 経 過 するごとに 受 けなければならない GMP 適 合 性 調 査 (いわゆる 定 期 調 査 )について 平 成

More information

平成21年度 固定資産税(償却資産)

平成21年度 固定資産税(償却資産) 本 巣 市 平 成 28 年 度 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 ) 申 告 書 等 の 記 載 方 法 本 巣 市 マスコットキャラクター もとまる 償 却 資 産 申 告 書 の 記 載 方 法 種 類 別 明 細 書 ( 増 加 資 産 全 資 産 用 )の 記 載 方 法 種 類 別 明 細 書 ( 減 少 資 産 用 )の 記 載 方 法 償 却 資 産 の 概 要 企 業 の 電

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 軽 自 動 車 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 象 お よ び 処 理 方 法

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令 資 料 2-1 食 品 衛 生 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に 関 する 内 閣 府 令 ( 平 成 23 年 内 閣 府 令 第 45 号 ) 第 1 次 平 成 23 年 9 月 22 日 内 閣 府 令 第 51 号 第 2 次 平 成 24 年 7 月 25 日 内 閣 府 令 第 51 号 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

(2) 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 工 場 事 業 場 の 騒 音 及 び 振 動 は 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によって 規 制 されており 市 長 ( 平 成

(2) 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 工 場 事 業 場 の 騒 音 及 び 振 動 は 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によって 規 制 されており 市 長 ( 平 成 5 騒 音 振 動 () 騒 音 振 動 の 概 要 と 環 境 基 準 騒 音 及 び 振 動 は 個 人 差 や 慣 れが 大 きく 作 用 し 同 じ 音 や 振 動 であってもその 種 類 や 性 質 によって 感 じ 方 が 異 なるという 特 徴 があります 騒 音 及 び 振 動 の 防 止 対 策 としては 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づき 市 長 ( 平

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を 様 式 3の 記 載 方 法 基 本 要 件 基 準 の 基 本 的 考 え 方 ( 別 紙 3)も 併 せて 参 照 すること チェックリストの 作 成 にあたっては 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いること 注 意 改 正 基 準 であっても 規 定 書 式 に 整 合 させるために 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いて 作 成 すること( 不 欄 適

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

JTCCM製品認証審査要綱

JTCCM製品認証審査要綱 2005/4/1 制 定 2014/10/8 改 正 JTCCM 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 個 別 ) JIS A 5721(プラスチックデッキ 材 ) 本 文 書 は 審 査 要 綱 ( 個 別 )として 製 品 認 証 省 令 第 2 条 JIS Q 1001( 一 般 認 証 指 針 ) 及 び 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 共 通 )に 基 づき 次 の 認 証 区 分 に

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ 井 原 市 発 注 工 事 における 一 次 下 請 人 の 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 の 限 定 について 平 成 27 年 9 月 28 日 井 原 市 では 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 井 原 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 事 務 部 長 裁 定 平 成 4 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 6 年 1 月 1 日 一 部 改 正 平 成 16 年 9 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information