<4D F736F F D AFA8CC090DD92E882CC837C A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63>"

Transcription

1 期 限 設 定 の ポ イ ン ト はじめに はじめに 期 限 表 示 には 次 の2とおりの 表 示 方 法 があります 用 語 消 費 期 限 賞 味 期 限 定 められた 方 法 により 保 存 した 場 合 定 義 意 味 腐 敗 変 敗 その 他 の 品 質 の 劣 化 に 伴 い 安 全 性 を 欠 くこととなるおそれがな いと 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をい う 品 質 が 劣 化 しやすく 製 造 日 を 含 め ておおむね5 日 以 内 で 品 質 が 急 速 に 劣 化 する 食 品 に 表 示 する 期 限 表 示 の 用 語 期 待 されるすべての 品 質 の 保 持 が 十 分 に 可 能 であると 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をいう 当 該 期 限 を 超 えた 場 合 で あっても これらの 品 質 が 保 持 されていることがある ものとする 消 費 期 限 に 比 べ 品 質 が 比 較 的 劣 化 しにくい 食 品 等 に 表 示 する 期 限 表 示 の 用 語 容 器 包 装 を 開 封 する 前 の 期 限 を 示 すもの 食 品 の 例 弁 当 調 理 パン そうざい 生 菓 子 類 食 肉 生 めん 類 など スナック 菓 子 即 席 めん 類 缶 詰 牛 乳 乳 製 品 など 消 費 期 限 賞 味 期 限 の 概 念 図 消 費 期 限 賞 味 期 限 年 月 日 で 表 示 年 月 日 で 表 示 年 月 日 又 は 年 月 で 表 示 製 造 日 おおむね5 日 3ヶ 月 ~ 品 質 が 劣 化 するまでの 期 間

2 1 設 定 期 限 の 確 認 ( 必 須 ) ポイント ポイント 期 限 設 定 は 食 品 の 特 性 に 応 じて 微 生 物 試 験 や 理 化 学 試 験 及 び 官 能 検 査 の 結 果 に 基 づ き 科 学 的 合 理 的 に 行 う 必 要 があります 食 品 の 品 質 の 劣 化 ( 腐 敗 や 変 敗 など)のスピードは 様 々な 条 件 により 異 なります 劣 化 の 要 因 は 主 に 細 菌 の 作 用 の 他 に 食 品 の 加 工 条 件 ( 加 熱 温 度 時 間 など) 食 品 の 特 性 ( 水 分 活 性 ph 塩 分 濃 度 など) 保 存 条 件 ( 常 温 冷 蔵 の 温 度 など)などがあげ られます 設 定 した 期 限 保 存 条 件 が 適 切 であるか 確 認 して 表 示 をしていますか していますか これまでの 経 験 から 既 に 設 定 している 期 限 と 保 存 方 法 が 科 学 的 合 理 的 であるか 微 生 物 試 験 等 を 行 って 確 認 します 実 施 する 微 生 物 試 験 の 項 目 は 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 や 衛 生 規 範 等 を 参 考 とします 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 や 衛 生 規 範 等 は 26~35 ページを 参 照 してください 試 験 は 設 定 している 保 存 方 法 で 行 います 期 限 に 安 全 係 数 ( 食 品 の 特 性 に 応 じ 製 造 者 が 決 めます 0.6~0.9 など)で 割 った 日 ( 時 間 )まで 保 存 して 実 施 します ( 例 ) 既 に 設 定 している 期 限 安 全 係 数 試 験 の 実 施 日 4 日 間 0.8 = 5 日 後 7 日 間 0.7 = 10 日 後 実 施 例 ( 和 菓 子 ) 1 保 存 方 法 :10 以 下 2 消 費 期 限 : 製 造 日 を 含 めて 4 日 間 ( 製 造 日 の3 日 後 ) 3 安 全 係 数 :0.8 (1) 恒 温 保 管 庫 (110±1 )で 保 管 し 24 日 間 30.8=5 日 後 県 が 定 めている 指 導 基 準 を 参 考 に 必 要 な 項 目 を 選 んで 微 生 物 試 験 を 行 います 試 験 結 果 消 費 期 限 試 験 実 施 日 項 目 基 準 製 造 日 1 日 後 2 日 後 3 日 後 4 日 後 5 日 後 (1g あたり) 10 万 以 下 実 施 せず 5 万 実 施 せず 黄 色 ブドウ 球 菌 実 施 せず サルモネラ 実 施 せず 注 自 社 で 検 査 が 出 来 ない 場 合 は 食 品 衛 生 法 に 基 づく 登 録 検 査 機 関 ( 石 川 県 内 :( 財 ) 石 川 県 予 防 医 学 協 会 ( 株 )アルプ[ 登 録 順 ])などに 依 頼 相 談 してください

3 (2) 試 験 の 結 果 から 5 日 後 には 基 準 を 満 たしていることを 確 認 します (3) これに 安 全 係 数 (0.8)を 掛 けると4 日 間 となり 設 定 している 保 存 方 法 と 消 費 期 限 が 適 正 であったことが 確 認 できました 用 語 の 説 明 微 生 物 試 験 : 食 品 の 製 造 日 からの 品 質 劣 化 を 微 生 物 学 的 に 評 価 するものです その 際 食 品 の 種 類 製 造 方 法 また 温 度 などの 保 存 条 件 に 応 じて 効 果 的 な 評 価 の 期 待 で きる 微 生 物 学 的 指 標 を 選 択 する 必 要 があります 一 般 的 指 標 としては 一 般 生 菌 数 数 大 腸 菌 数 低 温 細 菌 残 存 の 有 無 芽 胞 菌 の 残 存 の 有 無 等 が 挙 げられます 理 化 学 試 験 : 食 品 の 製 造 日 からの 品 質 劣 化 を 理 化 学 的 分 析 法 により 評 価 するものです 食 品 の 特 性 に 応 じて 各 食 品 の 性 状 を 反 映 する 指 標 を 選 択 します 一 般 的 な 指 標 としては 粘 度 濁 度 比 重 過 酸 化 物 価 酸 価 ph 酸 度 栄 養 成 分 糖 度 等 が 挙 げられます 官 能 試 験 : 食 品 の 性 質 を 人 間 の 視 覚 味 覚 嗅 覚 などの 感 覚 を 通 して それぞれの 手 法 に のっとった 一 定 の 条 件 下 で 評 価 するものです 指 標 に 対 して 適 当 な 機 器 測 定 法 が 開 発 されていない 場 合 や 測 定 機 器 よりも 人 間 の 方 が 感 度 が 高 い 場 合 等 に 有 効 利 用 されます 試 験 方 法 は 食 品 の 種 類 検 査 項 目 によって 食 品 衛 生 法 や 国 が 定 めた 方 法 等 で 実 施 します 詳 しくは 検 査 を 委 託 する 機 関 で 相 談 してください 腐 敗 : 食 品 が 本 来 もつ 形 色 香 り 味 栄 養 成 分 などの 性 状 が 物 理 化 学 的 変 化 や 微 生 物 学 的 変 化 によってその 可 食 性 を 失 うことがあります 特 に 食 品 中 で 微 生 物 が 増 殖 することにより 有 害 物 質 の 産 生 や 異 臭 の 発 生 を 伴 う 食 品 の 劣 化 を 腐 敗 と いいます 変 敗 : 微 生 物 による 食 品 の 変 化 といった 現 象 をさしますが 油 脂 などの 酸 化 老 化 褐 変 などの 変 化 をも 意 味 し 腐 敗 も 含 めることがある 炭 水 化 物 系 の 食 品 または 脂 質 を 含 む 食 品 が 変 化 を 起 こしたときに 用 いられることが 多 い 水 分 活 性 : 食 品 の 日 持 ちに 関 係 する 数 値 として 水 分 活 性 があります 水 分 活 性 は 通 常 の 水 分 とは 異 なり 食 品 中 で 微 生 物 が 繁 殖 するときに 利 用 できる 水 の 量 です 純 粋 な 水 を 1.0 として 表 し 数 字 が 小 さくなるほど 保 存 性 が 良 くなります 同 じ 水 分 量 でも 食 塩 や 糖 の 含 有 量 が 多 いと この 数 字 は 小 さくなります 常 温 : 食 品 衛 生 法 では 明 確 な 規 定 はありません 参 考 ですが 日 本 工 業 規 格 では 常 温 を20 ±15 の 範 囲 としています

4 2 応 用 編 (ステップアップ ステップアップのために のために) 期 限 設 定 の 流 れ (1) 自 社 基 準 ( 保 存 条 件 判 定 基 準 )の 設 定 期 限 設 定 の 根 拠 となる 保 存 条 件 判 定 基 準 ( 微 生 物 理 化 学 官 能 )を 設 定 します (2) 保 存 試 験 の 実 施 設 定 した 保 存 条 件 のもとで 各 判 定 基 準 に 基 づき 保 存 試 験 を 実 施 します (3) 期 限 ( 消 費 賞 味 )の 設 定 保 存 試 験 の 結 果 保 存 限 界 の 日 数 に1 未 満 の 係 数 ( 安 全 係 数 )をかけて 期 限 を 設 定 します 次 ページ(3) 1 参 照 (1) 自 社 基 準 ( 保 存 条 件 判 定 基 準 )の 設 定 ( 実 施 例 は 24 ページ 参 照 ) 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 や 衛 生 規 範 等 を 参 考 に 設 定 する 項 目 を 選 び 必 要 な 判 定 基 準 を 決 めます 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 や 衛 生 規 範 等 は 26~35 ページを 参 照 してください 1 保 存 条 件 区 分 基 準 保 存 方 法 2 判 定 基 準 a 微 生 物 基 準 項 目 基 準 (1g あたり) 黄 色 ブドウ 球 菌 サルモネラ 属 菌 その 他 ( ) b 理 化 学 基 準 項 目 基 準 ph 酸 価 (AV) 過 酸 化 物 価 (POV) その 他 ( )

5 c 官 能 基 準 項 目 基 準 外 観 色 調 肉 質 香 り 味 その 他 ( ) (2) 保 存 試 験 の 実 施 ( 実 施 例 は25ページ 参 照 ) 同 一 ロットの 製 品 を 恒 温 保 管 庫 ( 設 定 した 保 存 条 件 の±1 )で 保 管 し 設 定 した 項 目 の 試 験 を 行 い その 結 果 を 記 録 します 保 存 期 限 の 長 い 食 品 の 試 験 は 必 ずしも 毎 日 実 施 する 必 要 はなく 5 日 や10 日 などの 間 隔 で 行 うこともできます また 品 質 が1 年 を 超 えるなど 長 期 保 持 される 食 品 で その 期 間 中 ずっと 試 験 を 実 施 すること が 現 実 的 でない 場 合 には 20ページの 1 設 定 期 限 の 確 認 ( 必 須 ) のように 設 定 する 期 限 内 での 品 質 の 保 持 を 確 認 することも 可 能 です 項 目 製 造 日 1 日 後 2 日 後 3 日 後 4 日 後 日 後 a 微 生 物 基 準 b 理 化 学 基 準 c 官 能 基 準 注 微 生 物 基 準 理 化 学 基 準 官 能 基 準 の 全 ての 項 目 を 必 ずしも 設 定 する 必 要 はありません 理 化 学 基 準 のうち 酸 価 (AV) 過 酸 化 物 価 (POV)は 油 脂 を 含 む 食 品 の 場 合 に 設 定 すべき 項 目 です (3) 期 限 ( 消 費 賞 味 )の 設 定 ( 実 施 例 は25ページ 参 照 ) 1 (2)の 保 存 試 験 の 結 果 と(1)で 設 定 した 判 定 基 準 を 比 較 し 品 質 が 保 たれる 最 長 の 日 数 ( 保 存 限 界 )を 決 めます 2 次 に 安 全 性 を 考 慮 して1より 小 さい 数 字 ( 安 全 係 数 )をかけて 消 費 ( 賞 味 ) 期 限 としま す ( 例 ) 保 存 限 界 1より 小 さい 数 字 ( 安 全 係 数 ) 消 費 または 賞 味 期 限 5 日 後 日 間 以 下 10 日 後 日 間 以 下

6 実 施 例 (1) 自 社 基 準 ( 保 存 条 件 判 定 基 準 )の 設 定 1 保 存 条 件 区 分 基 準 保 存 方 法 10 以 下 2 判 定 基 準 a 微 生 物 基 準 項 目 基 準 (1g あたり) 10 万 以 下 黄 色 ブドウ 球 菌 ( 設 定 しない) サルモネラ 属 菌 ( 設 定 しない) その 他 ( ) ( 設 定 しない) b 理 化 学 基 準 項 目 基 準 ph 6.0~8.0 酸 価 (AV) ( 設 定 しない) 過 酸 化 物 価 (POV) ( 設 定 しない) その 他 ( ) ( 設 定 しない) c 官 能 基 準 項 目 基 準 外 観 カビ 粘 性 の 発 生 がない 色 調 ( 設 定 しない) 肉 質 ( 設 定 しない) 香 り アンモニア 臭 硫 化 水 素 臭 等 の 異 臭 の 発 生 がない 味 酸 味 刺 激 の 発 生 がない その 他 ( ) ( 設 定 しない)

7 (2) 保 存 試 験 の 実 施 保 存 条 件 (10±1 ) 項 目 基 準 製 造 日 1 日 後 2 日 後 3 日 後 4 日 後 5 日 後 a 微 生 物 基 準 <10 万 万 5 万 11 万 b 理 化 学 基 準 ph 6.0~ c 官 能 基 準 外 観 カビ 無 無 無 無 無 無 無 香 り 異 臭 無 無 無 無 無 無 無 味 異 味 無 無 無 無 無 無 刺 激 有 製 造 5 日 後 に と 味 について 判 定 基 準 に 適 合 しませんでした 保 存 期 間 が 長 い 食 品 は 毎 日 検 査 を 実 施 しなくても 5 日 間 隔 で 検 査 を 行 なうなど 製 品 の 特 性 を 考 慮 して 実 施 してください (3) 期 限 ( 消 費 賞 味 )の 設 定 保 存 条 件 を 10 ±1 と 定 めて 行 った(2)の 保 存 試 験 実 施 例 では 製 造 5 日 後 に と 味 において 判 定 基 準 が 不 適 合 となりました この 保 存 限 界 の 日 数 は 4 日 後 までとなります 製 品 のバラツキ 安 全 を 考 慮 し 0.7 の 安 全 係 数 をかけて 消 費 期 限 を 製 造 日 を 含 めた2 日 間 と 設 定 します 期 限 = 4 日 後 保 存 限 界 0.7 安 全 係 数 = 日 間 安 全 係 数 は 製 造 者 が 食 品 の 特 性 を 考 慮 して 自 ら 設 定 するものです 一 般 的 に 劣 化 の 速 度 が 速 い 場 合 は より 安 全 を 見 込 んで 小 さい 係 数 を 掛 け ます (0.6~0.9 など)

8 食 品 衛 生 法 の 成 分 規 格 衛 生 規 範 等 の 一 覧 各 基 準 は 改 正 されることがあります 最 新 の 基 準 を 確 認 しましょう また 試 験 方 法 は 項 目 毎 に 国 が 定 めた 方 法 等 に 従 って 試 験 を 実 施 してください 1 乳 及 び 乳 製 品 の 成 分 規 格 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 26 年 厚 生 省 令 第 52 号 ) 次 表 は 主 な 乳 乳 製 品 の 細 菌 及 び 保 存 に 関 する 基 準 です 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 牛 乳 50,000/ml 以 下 殺 菌 後 直 ちに 10 以 下 で 保 存 するこ と ただし 常 温 保 存 可 能 品 にあっては この 限 りでない 加 工 乳 乳 飲 料 アイスクリーム アイスミルク ラクトアイス 50,000/ml 以 下 30,000/ml 以 下 100,000/ml 以 下 50,000/ml 以 下 50,000/ml 以 下 殺 菌 後 直 ちに 10 以 下 で 保 存 するこ と ただし 常 温 保 存 可 能 品 にあっては この 限 りでない 保 存 性 のある 容 器 に 入 れ かつ 120 で 4 分 間 加 熱 殺 菌 する 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 殺 菌 効 果 を 有 する 方 法 により 加 熱 殺 菌 したものを 除 き 牛 乳 の 例 によるこ と 注 発 酵 乳 又 は 乳 酸 菌 飲 料 を 原 料 として 使 用 したものにあっては 乳 酸 菌 又 は 酵 母 以 外 の 細 菌 の 数 が 基 準 以 下 とする

9 2 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 ( 昭 和 34 年 厚 生 省 告 示 第 370 号 ) 次 表 は 細 菌 に 関 する 基 準 がある 食 品 及 び 保 存 基 準 の 一 覧 です 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 清 涼 飲 料 水 ミネラルウォー ター 類 水 の み を 原 料 と す る 清 涼 飲 料 水 のうち 容 器 包 装 内 の 二 酸 化 炭 素 圧 力 が 20 で 98kPa * 未 満 であって かつ 殺 菌 又 は 除 菌 を 行 わないもの 腸 球 菌 緑 膿 菌 (1) 紙 栓 をつけたガラス 瓶 に 収 められた ものは 10 以 下 で 保 存 しなければな らない (2) ミネラルウォーター 類 冷 凍 果 実 飲 料 及 び 原 料 用 果 汁 以 外 の 清 涼 飲 料 水 の うち ph4.6 以 上 で かつ 水 分 活 性 が 0.94 を 超 えるものであって 原 材 料 等 に 由 来 して 当 該 食 品 中 に 存 在 し か つ 発 育 し 得 る 微 生 物 を 死 滅 させるのに 十 分 な 効 力 を 有 する 方 法 で 殺 菌 してい ないものにあっては 10 以 下 で 保 存 しなければならない (3) 冷 凍 果 実 飲 料 及 び 冷 凍 した 原 料 用 果 汁 は -15 以 下 で 保 存 しなければな らない (4) 原 料 用 果 汁 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 収 めて 保 存 しなければならない 粉 末 清 涼 飲 料 水 氷 雪 氷 菓 3,000/ml 以 下 ( 乳 酸 菌 を 加 えたも の は 乳 酸 菌 を 除 く ) 100/ml 以 下 ( 融 解 水 中 ) 10,000/ml 以 下 ( 融 解 水 中 :はっ 酵 乳 又 は 乳 酸 菌 飲 料 を 原 料 として 使 用 したものにあって は 乳 酸 菌 又 は 酵 母 以 外 の 細 菌 の 数 ) * kpa:キロパスカル(パスカルは 圧 力 の 単 位 です)

10 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 食 肉 及 び 鯨 肉 (1) 食 肉 及 び 鯨 肉 は 10 以 下 で 保 存 し なければならない ただし 細 切 りした 食 肉 及 び 鯨 肉 を 凍 結 させたものであっ て 容 器 包 装 に 入 れられたものにあって は これを-15 以 下 で 保 存 しなけれ ばならない (2) 食 肉 及 び 鯨 肉 は 清 潔 で 衛 生 的 な 有 蓋 の 容 器 に 収 めるか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 フィルム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 パラフィン 紙 若 しくは 布 で 包 装 し て 運 搬 しなければならない 殺 菌 液 卵 未 殺 菌 液 卵 サ ル モ ネ ラ 属 菌 /25g 1,000,000/g 以 下 (1) 鶏 の 液 卵 は 8 以 下 ( 鶏 の 液 卵 を 冷 凍 したものにあっては -15 以 下 ) で 保 存 しなければならない (2) 製 品 の 運 搬 に 使 用 する 器 具 は 洗 浄 し 殺 菌 し 及 び 乾 燥 したものでなけれ ばならない (3) 製 品 の 運 搬 に 使 用 するタンクは ステ ンレス 製 のものであり かつ 定 置 洗 浄 装 置 により 洗 浄 し 及 び 殺 菌 する 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 効 果 を 有 する 方 法 で 洗 浄 し 及 び 殺 菌 したものでなければ ならない 血 液 血 球 及 び 血 漿 (1) 血 液 血 球 及 び 血 漿 は 4 以 下 で 保 存 しなければならない (2) 冷 凍 した 血 液 血 球 及 び 血 漿 は -18 以 下 で 保 存 しなければならな い (3) 血 液 血 球 及 び 血 漿 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 収 めて 保 存 しなければな らない

11 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 乾 燥 食 肉 製 品 E.coli *1 非 加 熱 食 肉 製 品 特 定 加 熱 食 肉 製 品 加 熱 食 肉 製 品 ( 包 装 後 加 熱 ) 加 熱 食 肉 製 品 ( 加 後 熱 包 装 ) E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 サ ル モ ネ ラ 属 菌 E.coli ク ロ ス ト リ ジ ウ ム *2 属 菌 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 サ ル モ ネ ラ 属 菌 ク ロ ス ト リ ジ ウ ム 属 菌 E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 100/g 以 下 1,000/g 以 下 100/g 以 下 1,000/g 以 下 1,000/g 以 下 100/g 以 下 1,000/g 以 下 1,000/g 以 下 (1) 一 般 基 準 1. 冷 凍 食 肉 製 品 ( 冷 凍 食 肉 製 品 として 販 売 する 食 肉 製 品 をいう )は -15 以 下 で 保 存 しなければならな い 2. 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 に 収 め て 密 封 するか ケーシングするか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 フィルム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 若 しくはパラ フィン 紙 で 包 装 して 運 搬 しなければ ならない (2) 個 別 基 準 1. 非 加 熱 食 肉 製 品 非 加 熱 食 肉 製 品 は 10 以 下 ( 肉 塊 のみを 原 料 食 肉 とする 場 合 であって 水 分 活 性 が 0.95 以 上 のものにあっ ては 4 以 下 )で 保 存 しなければな らない ただし 肉 塊 のみを 原 料 食 肉 とする 場 合 以 外 の 場 合 であって ph が 4.6 未 満 又 は ph が 5.1 未 満 かつ 水 分 活 性 が 0.93 未 満 のものにあっ ては この 限 りでない 2. 特 定 加 熱 食 肉 製 品 特 定 加 熱 食 肉 製 品 のうち 水 分 活 性 が 0.95 以 上 のものにあっては 4 以 下 で 水 分 活 性 が 0.95 未 満 のもの にあっては 10 以 下 で 保 存 しなけ ればならない 3. 加 熱 食 肉 製 品 加 熱 食 肉 製 品 は 10 以 下 で 保 存 し なければならない ただし 気 密 性 の ある 容 器 包 装 に 充 てんした 後 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 120 で4 分 間 加 熱 する 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 効 力 を 有 する 方 法 により 殺 菌 したものに あっては この 限 りでない サ ル モ ネ ラ 属 菌 *1 イー.Coli コ リ E : 大 腸 菌 (Escherichia coli)のことで 腸 内 細 菌 科 に 分 類 され ヒトや 動 物 の 腸 管 内 常 在 菌 の 一 つである *2 クロストリシ ウム 属 菌 : 食 中 毒 の 起 因 菌 としてボツリヌス 菌 ウェルシュ 菌 がある

12 区 分 項 目 成 分 規 格 基 準 保 存 基 準 鯨 肉 製 品 (1) 鯨 肉 製 品 は 10 以 下 ( 冷 凍 鯨 肉 製 品 ( 冷 凍 鯨 肉 製 品 として 販 売 する 鯨 肉 製 品 をいう )にあっては -15 以 下 ) で 保 存 しなければならない ただし 気 密 性 のある 容 器 包 装 に 充 てんした 後 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 120 で4 分 間 加 熱 する 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 効 力 を 有 する 方 法 により 殺 菌 したものにあ っては この 限 りでない (2) 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 に 収 めて 密 封 するか ケーシングするか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 フィルム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 若 しくはパラフィン 紙 で 包 装 して 運 搬 しなければならない 魚 肉 ねり 製 品 (1) 魚 肉 ソーセージ 魚 肉 ハム 及 び 特 殊 包 装 かまぼこにあっては 10 以 下 で 保 存 しなければならない ただし 気 密 性 のある 容 器 包 装 に 充 てんした 後 その 中 心 部 の 温 度 を 120 で4 分 間 加 熱 す る 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 効 力 を 有 する 方 法 により 殺 菌 した 製 品 及 びその ph( 製 品 の 一 部 を 細 切 したものを 採 り これに 10 倍 量 の 精 製 水 を 加 えて 細 砕 し たものの ph をいう )が 4.6 以 下 又 は その 水 分 活 性 が 0.94 以 下 である 製 品 に あっては この 限 りでない (2) 冷 凍 魚 肉 ねり 製 品 にあっては これ を-15 以 下 で 保 存 しなければならな い (3) 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 にケーシング をするか 清 潔 で 衛 生 的 な 有 蓋 の 容 器 に 収 めるか または 清 潔 な 合 成 樹 脂 フィル ム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 もしくはパ ラフィン 紙 で 包 装 して 運 搬 しなければ ならない ゆでだこ 冷 凍 ゆでだこ 腸 炎 ビ ブ リオ 100,000/g 以 下 (1) ゆでだこは 10 以 下 で 保 存 しなけ ればならない ただし 冷 凍 ゆでだこに あっては これを-15 以 下 で 保 存 し なければならない (2) ゆでだこは 清 潔 で 衛 生 的 な 有 蓋 の 容 器 に 収 めるか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 フィルム 合 成 樹 脂 加 工 紙 硫 酸 紙 若 しくはパラフィン 紙 で 包 装 して 運 搬 しなければならない

13 区 分 ゆでがに 飲 食 に 供 す る 際 に 加 熱 を 要 し な い ものに 限 る 冷 凍 ゆでがに 生 食 用 鮮 魚 介 類 切 り 身 又 は む き 身 に し た 鮮 魚 介 類 ( 生 か き を 除 く )であ って 生 食 用 のもの( 凍 結 さ せ た も の を 除 く )に 限 る 項 目 腸 炎 ビ ブ リオ 腸 炎 ビ ブ リオ 成 分 規 格 基 準 100,000/g 以 下 100/g 以 下 保 存 基 準 (1) ゆでがに( 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 しないものであって 凍 結 させてい ないものに 限 る )は 10 以 下 で 保 存 しなければならない (2) 冷 凍 ゆでがには -15 以 下 で 保 存 しなければならない (3) ゆでがに( 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 し かつ 凍 結 させていないものを 除 く )は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 入 れ 保 存 しなければならない た だし 二 次 汚 染 防 止 措 置 を 講 じて 販 売 の 用 に 供 するために 陳 列 する 場 合 に おいては この 限 りではない 生 食 用 鮮 魚 介 類 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 入 れ 10 以 下 で 保 存 しなければ ならない 生 食 用 かき E.coli 腸 炎 ビ ブ リオ むき 身 にした もの 50,000/g 以 下 230/100g 以 下 100/g 以 下 (1) 生 食 用 かきは 10 以 下 に 保 存 しな ければならない ただし 生 食 用 冷 凍 か きにあっては これを-15 以 下 で 保 存 しなければならない (2) 生 食 用 かきは 清 潔 で 衛 生 的 な 有 蓋 の 容 器 に 収 めるか 又 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 アルミニウム 箔 若 しくは 耐 水 性 の 加 工 紙 で 包 装 して 保 存 しなければな らない ただし 生 食 用 冷 凍 かきにあっ ては 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 アルミ ニウム 箔 又 は 耐 水 性 の 加 工 紙 で 包 装 し て 保 存 しなければならない 豆 腐 [ 指 導 基 準 (34 ページ 参 照 )] (1) 豆 腐 は 冷 蔵 するか 又 は 十 分 に 洗 浄 し かつ 殺 菌 した 水 槽 内 において 飲 用 適 の 冷 水 で 絶 えず 換 水 をしながら 保 存 しなければならない ただし 移 動 販 売 に 係 る 豆 腐 及 び 成 型 した 後 水 さらし をしないで 直 ちに 販 売 の 用 に 供 される ことが 通 常 である 豆 腐 にあっては この 限 りでない (2) 移 動 販 売 に 係 る 豆 腐 は 十 分 に 洗 浄 し かつ 殺 菌 した 器 具 を 用 いて 保 冷 を しなければならない

14 区 分 即 席 めん 類 ( め ん を 油 脂 で 処 理 し た も の に 限 る 以 下 この 項 において 同 じ ) 無 加 熱 摂 取 冷 凍 *1 食 品 加 熱 後 摂 取 冷 凍 *1 食 品 ( 凍 結 直 前 加 熱 ) 加 熱 後 摂 取 冷 凍 *1 食 品 ( 凍 結 直 前 加 熱 以 外 ) 項 目 ( 酸 化 過 酸 化 物 価 ) E.coli 成 分 規 格 基 準 ( 省 略 ) 100,000/g 以 下 100,000/g 以 下 300,000/g 以 下 保 存 基 準 即 席 めん 類 は 直 射 日 光 を 避 けて 保 存 し なければならない (1) 冷 凍 食 品 は これを-15 以 下 で 保 存 しなければならない (2) 冷 凍 食 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 合 成 樹 脂 アルミニウム 箔 または 耐 水 性 の 加 工 紙 で 包 装 して 保 存 しなければならない 100,000/g 以 下 生 食 用 冷 凍 鮮 魚 *2 介 類 腸 炎 ビ ブ リオ 100/g 以 下 *1: 冷 凍 食 品 ( 製 造 し 又 は 加 工 した 食 品 ( 清 涼 飲 料 水 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 魚 肉 ねり 製 品 ゆでだこ 及 びゆでがにを 除 く ) 及 び 切 り 身 又 はむき 身 にした 鮮 魚 介 類 ( 生 かきを 除 く )を 凍 結 させたものであって 容 器 包 装 に 入 れられたもの *2: 冷 凍 食 品 のうち 切 り 身 又 はむき 身 にした 鮮 魚 介 類 であって 生 食 用 のものを 凍 結 さ せたもの 3 衛 生 規 範 等 衛 生 規 範 は 厚 生 労 働 省 が 次 に 掲 げる5つの 食 品 について 安 全 性 確 保 のために 策 定 した 指 針 です (1) 弁 当 及 びそうざいの 衛 生 規 範 区 分 項 目 基 準 製 品 の 保 存 10 万 /g 以 下 E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 加 熱 処 理 したも の( 卵 焼 フライ 等 ) 未 加 熱 処 理 のも の(サラダ 生 野 菜 等 ) (2) 洋 生 菓 子 の 衛 生 規 範 100 万 /g 以 下 項 目 基 準 製 品 の 保 存 10 万 /g 以 下 ( 生 鮮 果 実 部 を 除 く ) 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 酸 化 (AV) 過 酸 化 物 価 (POV) 異 物 3 を 超 えない ( 製 品 中 の 油 脂 ) 3 を 超 えない ( 製 品 中 の 油 脂 ) 混 入 がないこと 1 製 品 は 直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を 避 け て 保 存 すること 2 そうざいは 10 以 下 又 は 65 以 上 (ただし 揚 げ 物 を 除 く )で 保 存 する ことが 望 ましい 1 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 包 装 に 入 れ 若 しくは 包 むか 又 は 殺 菌 消 毒 された 専 用 の 運 搬 器 具 に 収 めて 運 搬 するこ と 2 運 搬 保 管 施 設 における 製 品 の 小 分 包 装 は 行 わないこと 3 製 品 は 直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を 避 けて 保 存 すること 4 製 品 は 10 以 下 で 保 存 ( 以 下 冷 蔵 という )する ことを 原 則 とするが 製 品 の 特 性 上 冷 蔵 することが 不 可 能 な ものにあっては できるだけ 低 温 (18 以 下 )で 保 存 する こと

15 (3) 菓 子 指 導 要 領 ( 油 脂 で 処 理 した 菓 子 で 油 脂 分 を 粗 脂 肪 として 10%( 重 量 %) 以 上 含 むもの) 項 目 基 準 容 器 包 装 及 び 表 示 酸 価 が3を 超 え か つ 過 酸 化 物 価 が 30 を 超 えない ( 製 品 中 の 油 脂 ) 酸 化 (AV) 及 び 過 酸 化 物 価 (POV) 酸 価 が5を 超 え 又 は 過 酸 化 物 価 が 50 を 超 えない ( 製 品 中 の 油 脂 ) ア 長 期 に 流 通 する 菓 子 にあっては 遮 光 性 を 有 し かつ 気 体 透 過 性 の 少 ない 容 器 包 装 を 用 い 密 封 する 等 油 脂 の 変 敗 を 抑 制 するための 措 置 が 講 ぜられたものであること イ 消 費 期 限 又 は 賞 味 期 限 を 表 示 すること ウ 直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を 避 けて 保 存 する 等 製 品 の 取 扱 い 上 必 要 な 事 項 の 表 示 をすること (4) 漬 物 の 衛 生 規 範 漬 物 区 分 項 目 基 準 製 品 の 取 扱 い カ ビ 及 び 産 膜 酵 母 発 生 していないこと 異 物 混 入 していないこと 合 成 着 色 料 100ppm 以 下 にする ( 使 用 す る ことが 望 ましい 場 合 ) カビ 容 器 包 装 に 充 て ん 後 加 熱 殺 菌 し たもの 一 夜 漬 ( 浅 漬 ) 酵 母 E.coli 腸 炎 ビ ブ リオ 1,000/g 以 下 1 直 射 日 光 及 び 高 温 多 湿 を 避 け 取 扱 い は 清 潔 で 衛 生 的 に 行 うこと 2 製 品 の 取 扱 量 は 施 設 の 取 扱 能 力 に 応 じた 量 であること 3 保 存 性 の 乏 しい 製 品 にあっては 製 造 後 速 やかに 10 以 下 で 保 存 すること 4 容 器 包 装 の 破 損 等 に 起 因 する 汚 染 を 防 止 するため 運 搬 は 適 切 に 行 うこと (5) 生 めんの 衛 生 規 範 区 分 項 目 基 準 製 品 の 保 管 異 物 混 入 が 認 められな いこと 生 めん 300 万 /g E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 異 物 混 入 が 認 められな いこと ゆでめん 10 万 /g 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 具 等 のうち 天 ぷら つゆ 等 の 加 熱 処 理 したも の 具 等 のうち 生 野 菜 等 の 未 加 熱 処 理 のもの 異 物 混 入 が 認 められな いこと 10 万 /g E.coli 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 300 万 /g (1) 製 品 は 清 潔 で 衛 生 的 な 容 器 等 に 入 れ て 保 管 すること (2) 冷 蔵 を 要 する 製 品 は 製 造 後 できる 限 り 速 やかに 10 以 下 の 保 管 場 に 移 して 保 管 すること

16 ( 参 考 ) 1 菓 子 の 製 造 取 扱 いに 関 する 衛 生 上 の 指 導 について( 菓 子 指 導 要 領 ) (S 環 食 第 248 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 186 号 ) 2 洋 生 菓 子 の 衛 生 規 範 について S 環 食 第 54 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 188 号 衛 乳 第 211 号 衛 化 第 119 号 3 弁 当 及 びそうざいの 衛 生 規 範 について S 環 食 第 161 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 188 号 衛 乳 第 211 号 衛 化 第 119 号 4 漬 物 の 衛 生 規 範 について S 環 食 第 214 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 188 号 衛 乳 第 211 号 衛 化 第 119 号 5 生 めん 類 の 衛 生 規 範 等 について H 環 食 第 61 号 最 終 改 正 :H 衛 食 第 188 号 衛 乳 第 211 号 衛 化 第 119 号 6 規 格 基 準 のない 食 品 の 指 導 基 準 について (H5.7.1 環 第 523 号 ) 指 導 基 準 は 食 品 衛 生 法 に 基 づく 規 格 基 準 が 定 められていない 食 品 について 食 品 衛 生 指 導 の 指 標 として 県 が 定 めている 基 準 で 次 表 のとおりです 検 査 法 は 35 ページを 参 照 してください 指 導 基 準 品 名 ( 生 菌 数 ) 大 腸 菌 黄 色 ブドウ 球 菌 サルモネラ 腸 炎 ビブリオ 酸 価 (AV) 過 酸 化 物 価 (POV) 備 考 生 食 用 魚 介 類 10 万 /g 以 下 ( ) え び ( ) ゆ で ガ ニ 貝 類 ( ) 生 麺 300 万 /g 以 下 ゆ で 麺 10 万 /g 以 下 豆 腐 包 装 1000/g 以 下 普 通 10 万 /g 以 下 生 菓 子 和 菓 子 10 万 /g 以 下 洋 菓 子 10 万 /g 以 下 3 以 下 30 以 下 弁 当 類 及 び そうざい 加 熱 処 理 したもの 未 加 熱 処 理 したもの 10 万 /g 以 下 100 万 /g 以 下 油 菓 子 1 AV が3 を 超 えかつPOV が30 を 超 えるものは 不 適 2 AV が5 を 超 えるものは 不 適 3 POV が50 を 超 えるものは 不 適 揚 油 3 以 下 10 以 下 漬 物 ( 一 夜 漬 )

17 < 検 査 法 > 通 知 で 示 された 検 査 方 法 菓 子 の 製 造 取 扱 いに 関 する 衛 生 上 の 指 導 について ( 昭 和 52 年 11 月 16 日 環 食 第 248 号 ) 酸 価 及 び 過 酸 化 物 価 の 測 定 法 弁 当 及 びそうざいの 衛 生 規 範 について ( 昭 和 54 年 6 月 29 日 環 食 第 161 号 ) 加 熱 処 理 したものの 大 腸 菌 検 査 方 法 冷 凍 食 品 の 規 格 基 準 で 定 められたE.coliの 試 験 法 による 漬 物 の 衛 生 規 範 について ( 昭 和 56 年 9 月 24 日 環 食 第 214 号 ) 一 夜 漬 ( 浅 漬 )の 大 腸 菌 検 査 方 法 冷 凍 食 品 の 規 格 基 準 で 定 められたE.coliの 試 験 法 による 生 めん 類 の 衛 生 規 範 について ( 平 成 3 年 4 月 25 日 衛 食 第 61 号 ) の 検 査 方 法 冷 凍 食 品 の 成 分 規 格 の(1)の1に 準 じて 調 製 した 試 料 原 液 とし 氷 菓 の 成 分 規 格 の(3)の1. 及 び3.に 準 じて 行 う E.coliの 検 査 方 法 冷 凍 食 品 の 成 分 規 格 の(3)の1. 及 び3.に 準 じて 行 う 検 査 実 施 上 の 申 し 合 せ サルモネラ 及 び 腸 炎 ビブリオについては 1 回 増 菌 を 行 う

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書 8 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 管 理 規 定 の 遵 守 事 項 管 理 運 営 基 準 6 食 品 等 の 取 扱 い (1) 原 材 料 の 仕 入 れに 当 たっては 品 質 鮮 度 包 装 状 態 表 示 等 について 点 検 すること ならびにそれ らの 結 果 および 当 該 原 材 料 の 購 入 先 の 記 録 に 努 めること (2) 原 材 料 は 当 該 原 材

More information

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農

More information

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令 資 料 2-1 食 品 衛 生 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に 関 する 内 閣 府 令 ( 平 成 23 年 内 閣 府 令 第 45 号 ) 第 1 次 平 成 23 年 9 月 22 日 内 閣 府 令 第 51 号 第 2 次 平 成 24 年 7 月 25 日 内 閣 府 令 第 51 号 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc)

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc) 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル 作 成 の 手 引 き -ふりかけ 類 製 造 業 - 広 島 県 -ふりかけ 類 製 造 業 - 目 次 ふ り か け 類 製 造 業 の 定 義 1 第 1 章 個 別 基 準 - ふ り か け 類 製 造 業 - 2 第 2 章 マ ニ ュ ア ル 作 成 の ポ イ ン ト 及 び 記 載 例 1 機 械 器 具 類 の 衛 生 管 理 特 定 原 材

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

H28知事・国立あて

H28知事・国立あて 28 文 科 初 第 409 号 平 成 28 6 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 小 松 親 次 郎 ( 印 影 印 刷 ) 平 成 28 度 学 校 給 食 表 彰 に 関 する 被 表 彰 候 補 者 の 推 薦 について( 依 頼 ) 文 部 科 学 省 では 学

More information

ア 正 しい 苦 情 処 理 苦 情 は 重 要 な 情 報 源 としてとらえることが 大 切 です いかに 些 細 な 苦 情 であっても 正 確 にその 本 質 を 確 認 し 誠 意 を 持 って 迅 速 に 対 応 することが 大 切 で す このため 苦 情 対 応 の 責 任 者 を 決

ア 正 しい 苦 情 処 理 苦 情 は 重 要 な 情 報 源 としてとらえることが 大 切 です いかに 些 細 な 苦 情 であっても 正 確 にその 本 質 を 確 認 し 誠 意 を 持 って 迅 速 に 対 応 することが 大 切 で す このため 苦 情 対 応 の 責 任 者 を 決 Ⅳ 食 品 製 造 事 業 の 運 営 1 食 品 製 造 に 従 事 する 者 としての 健 康 管 理 食 物 は 人 間 の 生 命 健 康 の 維 持 増 進 になくてはならないものです 食 品 を 製 造 販 売 するということは 同 時 に 消 費 者 の 生 命 健 康 を 預 かっているとい えるでしょう 消 費 者 へ 提 供 される 食 品 は 衛 生 的 に 管 理 された 施

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定 LOHAS FESTA 東 京 : 出 店 者 マニュアル ver.10.01.29 監 修 : 行 政 書 士 椋 木 法 務 事 務 所 行 政 書 士 椋 木 マキ 目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設

More information

学校給食衛生管理基準

学校給食衛生管理基準 一 頁 文 部 科 学 省 告 示 第 六 十 四 号 学 校 給 食 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 を 次 の よ う に 定 め 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 か ら 施 行 す る 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 文 部 科 学 大 臣 塩 谷

More information

食 品 衛 生 法 による 許 可 業 種 ( 抜 粋 ) 食 品 衛 生 法 施 行 令 第 35 条 業 種 定 義 及 び 対 象 業 種 定 義 及 び 対 象 飲 食 店 営 業 一 般 食 堂 料 理 店 すし 屋 そば 屋 旅 館 仕 出 し 屋 弁 当 屋 レストラン カフェー バー

食 品 衛 生 法 による 許 可 業 種 ( 抜 粋 ) 食 品 衛 生 法 施 行 令 第 35 条 業 種 定 義 及 び 対 象 業 種 定 義 及 び 対 象 飲 食 店 営 業 一 般 食 堂 料 理 店 すし 屋 そば 屋 旅 館 仕 出 し 屋 弁 当 屋 レストラン カフェー バー 営 業 開 始 まで 流 れ 事 前 相 談 許 可 取 得 に 際 しましては 施 設 基 準 に 適 合 する 必 要 がありますでご 注 意 ください 基 準 について 不 明 な 点 がありましたら 事 前 に 相 談 いただくことをお 勧 めします 着 工 前 なるべく 早 い 段 階 でご 相 談 ください 相 談 に 当 たりましては 簡 単 なもで 構 いませんからできるだけ 図 面

More information

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ 食 品 添 加 物 について 平 成 26 年 11 月 22 日 神 奈 川 県 食 品 衛 生 課 食 の 安 全 推 進 グループ 1 食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混

More information

書式・記述方法等の統一について

書式・記述方法等の統一について 在 宅 生 活 ハンドブック No.35 糖 尿 病 の 方 の 事 内 容 2 別 府 重 度 障 害 者 セ ン タ ー ( 栄 養 部 門 2015) もくじ はじめに 1 Ⅰ 糖 尿 病 品 交 換 表 とは 1 1. 糖 尿 病 交 換 表 の 特 徴 1 ( 1 ) 品 の 分 類 1 ( 2 ) 8 0 kcal( キ ロ カ ロ リ ー ) = 1 単 位 1 ( 3 ) 品 の 交

More information

表示レイアウト及び文字の大きさ

表示レイアウト及び文字の大きさ 食 品 表 示 部 会 第 4 回 加 工 食 品 の 表 示 に 関 する 調 査 会 説 明 資 料 表 示 レイアウト 及 び 文 字 の 大 きさについて 平 成 26 年 3 月 20 日 消 費 者 庁 食 品 表 示 企 画 課 1 2 目 次 1 表 示 レイアウト 及 び 文 字 の 大 きさの 基 準 のイメージ( 案 ) 2 見 やすい 食 品 表 示 の 必 要 性 3 表

More information

食品衛生係

食品衛生係 生 衛 第 111 号 の1 平 成 18 年 5 月 2 日 地 域 振 興 局 健 康 福 祉 ( 環 境 ) 部 長 様 保 健 環 境 科 学 研 究 所 長 様 食 肉 衛 生 検 査 センター 所 長 様 福 祉 保 健 部 長 新 潟 県 食 品 の 指 導 基 準 の 改 正 について( 通 知 ) 当 県 は 新 潟 県 食 品 の 指 導 基 準 ( 昭 和 51 年 設 定 平

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り)

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り) 食 安 発 1022 第 10 号 平 成 25 年 10 月 22 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 食 品 安 全 部 長 ( 公 印 省 略 ) 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル の 改 正 について 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル については 大 規 模 食 中 毒 対

More information

食品表示法(生鮮食品)

食品表示法(生鮮食品) 研 修 会 資 料 3 食 品 表 示 法 ( 食 品 添 加 物 ) 茨 城 県 保 健 福 祉 部 生 活 衛 生 課 食 の 安 全 対 策 室 基 準 本 文 総 則 ( 第 1 章 ) 食 品 表 示 基 準 の 概 要 適 用 範 囲 ( 第 1 条 ) 定 義 ( 第 2 条 ) 食 品 区 分 ご と の 表 示 事 項 等 加 工 食 品 ( 第 2 章 ) 生 鮮 食 品 ( 第

More information

ⅰ_本扉.indd

ⅰ_本扉.indd 1 2 2 2 3 2 4 3 5 4 6 4 7 9 8 9 1 28 2 33 3 36 4 40 5 41 6 43 7 47 8 49 1 1 52 1 2 56 1 3 60 2 64 3 1 66 3 2 66 4 67 5 1 68 5 2 76 5 3 84 6 92 7 96 8 97 9 98 10 1 102 10 2 104 11 108 12 109 13 109 14 110

More information

販売の用に供する添加物の表示について

販売の用に供する添加物の表示について 1 食 品 表 示 部 会 第 3 回 生 鮮 食 品 業 務 用 食 品 の 表 示 に 関 する 調 査 会 資 料 販 売 の 用 に 供 する 添 加 物 の 表 示 について 平 成 26 年 3 月 14 日 消 費 者 庁 食 品 表 示 企 画 課 目 次 販 売 の 用 に 供 する 添 加 物 への 表 示 について 3 添 加 物 について 5 販 売 の 用 に 供 する 添

More information

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ---

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは --- 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ------------------------------------------------------------------------

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

Taro-H25食品許可申請手引.jtd

Taro-H25食品許可申請手引.jtd 新 しく 食 品 に 関 する 営 業 を 始 める 方 へ 食 品 営 業 許 可 申 請 の 手 引 固 定 営 業 施 設 用 この 手 引 には 許 可 取 得 後 の 営 業 者 が 守 るべき 措 置 の 基 準 や 許 可 更 新 手 続 き 等 も 記 載 していますので 許 可 取 得 後 も 大 切 に 保 管 して 下 さい Ⅰ 相 談 から 申 請 許 可 までの 流 れ P1

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項 平 成 26 年 度 青 森 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 青 森 県 健 康 福 祉 部 保 健 衛 生 課 目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

Taro-表紙.jtd

Taro-表紙.jtd 資 料 7 品 質 表 示 基 準 の 見 直 しについて 特 殊 包 装 かまぼこ 類 平 成 21 年 8 月 28 日 農 林 物 資 規 格 調 査 会 総 会 特 殊 包 装 かまぼこ 類 品 質 表 示 基 準 の 見 直 しについて( 案 ) 平 成 21 年 8 月 28 日 農 林 水 産 省 1 趣 旨 JAS 規 格 及 び 品 質 表 示 基 準 の 制 定 見 直 しの

More information

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行)

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行) 凍 り 豆 腐 製 造 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 及 び 凍 り 豆 腐 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 と 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 31

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5> 楡 陵 祭 2016 衛 生 基 準 1. 初 めに この 衛 生 基 準 は 楡 陵 祭 2016( 以 下 楡 陵 祭 )において 守 らなければならないルール を 記 載 したものである 食 品 提 供 を 行 う 際 食 中 毒 のリスクと 背 中 合 わせになっている ことを 忘 れてはならない 事 実 毎 年 各 地 の 大 学 祭 で 食 中 毒 の 事 件 が 発 生 している 衛

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ 仕 様 書 1 総 則 この 仕 様 書 は 館 山 市 ( 以 下 市 という )が 購 入 設 置 する 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ( 以 下 本 体 という )について 示 すものである なお この 仕 様 書 に 示 した 要 求 事 項 等 は 市 が 求 める 最 低 水 準 を 規 定 するものであり

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

(クイズ案 09

(クイズ案 09 食 パト 検 定 < 働 く 仲 間 編 > 出 題 内 容 食 パト 検 定 < 働 く 仲 間 編 >は 次 の 設 問 から 出 題 しています 心 がまえ 設 問 1 食 品 を 扱 う 作 業 をする 人 の 中 で 衛 生 的 な 取 扱 いに 注 意 しなければならないは 次 のうち 誰 でしょうか? 経 営 者 正 社 員 パート アルバイト a. すべての 立 場 の 人 b. 経

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

03_27計画(本文)黒下線無

03_27計画(本文)黒下線無 平 成 27 年 度 千 葉 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 千 葉 県 健 康 福 祉 部 衛 生 指 導 課 目 次 第 1 基 本 指 針 1 第 2 総 括 的 事 項 1 1 監 視 指 導 計 画 の 対 象 地 域 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 者 等 3 実 施 期 間 第 3 監 視 指 導 を 実 施 すべき 事 項 1 1 共 通 監 視 指 導 事 項

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

輸入食品監視指導計画

輸入食品監視指導計画 厚 生 労 働 省 Ministry of Health, Labour and Welfare 輸 入 食 品 等 の 安 全 性 確 保 について 平 成 255 年 7 月 23 日 新 潟 検 疫 所 金 沢 七 尾 出 張 所 / 小 松 空 港 出 張 所 新 潟 検 疫 所 食 品 監 視 課 小 松 空 港 分 室 黒 飛 敏 1 内 容 輸 入 食 品 の 現 状 について 輸 出

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード] 栄 養 摂 取 状 況 調 査 で 得 られた 内 容 から できるだけ 真 の 値 に 近 づけるために 適 切 な 食 品 番 号 の 選 択 調 理 による 変 化 栄 養 素 が 強 化 されている 食 品 のコード 付 けなど 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 栄 養 疫 学 プログラム 国 民 健 康 栄 養 調 査 プロジェクト 野 末 みほ 平 成 19 年

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 書 平 成 28 年 3 月 31 日 第 1 版 平 成 28 年 3 月 南 但 広 域 行 政 事 務 組 合 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 平 成 28 年 3 月 1 基 本 的 事 項 (1) 計 画 区 域 南 但 地 域 全 域 ( 養 父 市 朝 来 市 の 全

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> リユース 食 器 の 衛 生 管 理 に 関 する 自 主 ガイドライン 2011 年 3 月 リユース 食 器 ネットワーク 本 ガイドラインは 三 井 物 産 環 境 基 金 の 助 成 を 受 けて 作 成 しました 1 はじめに リユース 食 器 は 繰 り 返 し 使 用 することから きちんとした 衛 生 管 理 を 行 うこ とが 不 可 欠 です 食 品 の 取 り 扱 いに 関 する

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

即席めんの表示に関する公正競争規約

即席めんの表示に関する公正競争規約 即 席 めんの 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という )は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 即 席 めんの 取 引 に ついて 行 う 表 示 に 関 する

More information

発 泡 性 を 有 する 旨 及 び 税 率 適 用 区 分 原 材 料 名 ( 添 加 物 を 含 む) 製 造 時 期 外 国 産 清 酒 を 使 用 したものの 表 示 3 税 率 適 用 区 分 に 応 じ 次 のいずれかの 方 法 で 表 示 しなければ (15 度 以 上 16 度 未

発 泡 性 を 有 する 旨 及 び 税 率 適 用 区 分 原 材 料 名 ( 添 加 物 を 含 む) 製 造 時 期 外 国 産 清 酒 を 使 用 したものの 表 示 3 税 率 適 用 区 分 に 応 じ 次 のいずれかの 方 法 で 表 示 しなければ (15 度 以 上 16 度 未 酒 類 の 表 示 に 関 する 説 明 事 項 ( 清 酒 ) 項 目 内 容 根 拠 法 令 等 氏 名 又 は 名 称 2 文 字 の 書 体 は 原 則 として かい 書 体 又 は ゴシック 体 とし 漢 字 平 仮 名 又 は 片 仮 名 で 表 示 しなければ ただし 名 称 の 表 示 に 併 せて その 読 み 方 を 平 仮 名 又 は 片 仮 名 によ り 表 示 する 場 合

More information

市場と経済A

市場と経済A 財 政 学 Ⅰ 1 第 12 回 租 税 (6) 消 費 税 ( 付 加 価 値 税 )(2) 2015 年 6 月 26 日 ( 金 ) 担 当 : 天 羽 正 継 ( 経 済 学 部 経 済 学 科 准 教 授 ) 2 日 本 の 消 費 税 (1) 2013 年 度 決 算 における 消 費 税 の 収 入 額 は10.8 兆 円 で 税 収 に 占 める 割 合 は23.6% 一 般 会 計

More information

月間こう食品法令 2016年1月号

月間こう食品法令 2016年1月号 A Guide to Food Labelling, Kou 目 次 1 今 月 のお 知 らせ 2 コラム Q&A 3 事 故 回 収 4 ちょっと 深 く 少 し 考 えてみよう 5 食 品 ラベル 案 内 6 フードラベル 力 量 確 認 テスト 7 海 外 シリーズ 1 今 月 のお 知 らせ 最 近 の 気 になる 改 正 等 の 情 報 文 部 科 学 省 から 七 訂 日 本 食 品

More information

果実飲料等の表示に関する公正競争規約

果実飲料等の表示に関する公正競争規約 果 実 飲 料 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 公 正 競 争 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 果 実 飲 料 等 の 取 引 について 行 う 表 示 に

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 )

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 ) 安 全 データシート(SDS) 1. 化 学 物 質 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 のコード : 1953-8350 1953-8280 化 学 物 質 等 の 名 称 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2090489569955C8EA690E096BE8E9197BF2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2090489569955C8EA690E096BE8E9197BF2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 新 しい 食 品 表 示 制 度 について ~ 制 度 の 概 要 と 変 更 点 ~ 熊 本 県 環 境 生 活 部 県 民 生 活 局 くらしの 安 全 推 進 課 1 従 来 の 法 律 ごとの 食 品 表 示 事 項 JAS 法 原 材 料 名 原 産 地 等 景 品 表 示 法 優 良 誤 認 の 防 止 計 量 法 内 容 量 名 称 期 限 表 示 保 存 方 法 製 造 者 等 遺

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員 食 中 毒 を 防 ぐ 加 熱 調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員 火 の 利 用 1920 年 代 に 中 国 の 北 京 郊 外 の 周 口 で 発 見 された 北 京

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

<81798F649776817A944E8E9F95CA9048928693C594AD90B68FF38BB581698CF68A4A9770816A2E786C73>

<81798F649776817A944E8E9F95CA9048928693C594AD90B68FF38BB581698CF68A4A9770816A2E786C73> 1 富 山 県 内 の 発 生 件 数 8 件 患 者 110 名 ( 死 者 0 名 ) 平 成 22 年 No 発 生 月 日 摂 取 者 数 患 者 数 死 者 数 原 因 食 品 病 因 物 質 血 清 型 等 1 2 月 7 日 富 山 市 23 7 0 鶏 肉 刺 身 カンピロバクター ジェジュニ 飲 食 店 ( 軽 飲 食 ) 2 4 月 9 日 黒 部 市 34 23 0 不 明 (

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使 東 震 災 被 災 舞 2 5 25 リ バ サ ド ホ 連 迎 在 10 近 ぞ 各 向 図 欲 揚 指 志 賛 法 賛 助 協 得 昨 12 4 ユ ネ コ 遺 護 条 約 8 政 我 伝 統 記 載 登 録 決 追 風 朗 重 性 再 確 財 ロ フ ェ ナ 集 団 重 性 寄 引 続 広 責 重 受 止 不 可 欠 影 響 及 ぼ 改 途 影 響 視 常 深 係 直 接 施 設 通 健 康

More information

2 原 材 料 の 受 け 入 れについて (1) 納 入 業 者 は 信 頼 のできる 業 者 を 選 定 すること (2) 受 け 入 れに 際 しては 以 下 の 点 について 留 意 して 点 検 を 行 うこと ア 点 検 項 目 期 限 表 示 数 量 鮮 度 容 器 包 装 などの 状

2 原 材 料 の 受 け 入 れについて (1) 納 入 業 者 は 信 頼 のできる 業 者 を 選 定 すること (2) 受 け 入 れに 際 しては 以 下 の 点 について 留 意 して 点 検 を 行 うこと ア 点 検 項 目 期 限 表 示 数 量 鮮 度 容 器 包 装 などの 状 Ⅲ 衛 生 管 理 1 衛 生 管 理 とは 給 食 を 円 滑 かつ 安 全 に 行 うためには 施 設 の 整 備 と 衛 生 的 な 管 理 ならびに 給 食 に 関 わる 職 員 の 健 康 管 理 が 必 要 である また 集 団 給 食 施 設 における 食 中 毒 を 予 防 するためには 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュ アル に 基 づいて 衛 生 管 理 体 制 を

More information

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行 1 / 5 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 安 全 データシート 製 品 名 RDF-F1/FX KIT (F) PART B 用 途 医 療 用 X-レイ 処 理 剤 テ ンタルF1/FX 用 処 理 液 キット 定 着 液 B 液 ; 内 容 量 約 125ml X 2 会 社 名 住 所 106-8620 東 京 都 港 区 西 麻 布 2-26-30 担 当 部 門 富 士 フイルムメディカル

More information

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73>

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73> 第 14 章 維 持 管 理 第 14 章 維 持 管 理 14.1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 14.1.1 基 本 事 項 1. 水 道 使 用 者 等 は 水 が 汚 染 又 は 漏 水 しないように 給 水 装 置 を 管 理 し 異 常 を 認 めたときは 直 ちに 管 理 者 に 届 け 出 なければならない ( 給 水 条 例 第 21 条 第 1 項 ) 2. 前 項 において

More information

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に P. 9-1 健 康 食 品 の 安 全 性 評 価 ガイドライン (2008 年 6 月 更 新 ) 財 団 法 人 日 本 健 康 栄 養 食 品 協 会 健 康 食 品 安 全 性 評 価 に 係 る 検 討 委 員 会 Ⅰ.ガイドライン 作 成 の 目 的 と 安 全 性 評 価 の 基 本 的 考 え 方 1. 目 的 近 年 国 民 の 健 康 に 対 する 関 心 の 高 まりなどを

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

改 正 平 成 17 年 10 月 27 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1616 号 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1999 号 改 正 平 成 18 年 1 月 11 日 農 林 水 産 省 告 示 第 26 号 改 正 平 成 18 年 2

改 正 平 成 17 年 10 月 27 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1616 号 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1999 号 改 正 平 成 18 年 1 月 11 日 農 林 水 産 省 告 示 第 26 号 改 正 平 成 18 年 2 飲 食 料 品 及 び 油 脂 の 格 付 の 表 示 の 様 式 及 び 表 示 の 方 法 制 定 昭 和 54 年 8 月 18 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1182 号 改 正 昭 和 54 年 10 月 24 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1472 号 改 正 昭 和 55 年 2 月 25 日 農 林 水 産 省 告 示 第 208 号 改 正 昭 和 55 年 10 月

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 日 時 : 平 成 25 年 2 月 4 日 ( 月 ) 場 所 : 埼 玉 会 館 小 ホール 彩 の 国 埼 玉 県 保 健 医 療 部 生 活 衛 生 課 埼 玉 県 のマスコット コバトン 1 開 会 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 次 第 日 時 : 平 成 25 年 2

More information

食 中 毒 予 防 の3 原 則 つけない 増 やさない やっつける 食 中 毒 は,その 原 因 となる 細 菌 やウイルスが 食 べ 物 に 付 着 し, 体 内 へ 進 入 することによっ て 発 生 します 食 中 毒 を 防 ぐためには, 細 菌 やウイルスなどを 食 べ 物 に つけない

食 中 毒 予 防 の3 原 則 つけない 増 やさない やっつける 食 中 毒 は,その 原 因 となる 細 菌 やウイルスが 食 べ 物 に 付 着 し, 体 内 へ 進 入 することによっ て 発 生 します 食 中 毒 を 防 ぐためには, 細 菌 やウイルスなどを 食 べ 物 に つけない 慶 應 義 塾 大 学 保 健 管 理 センター 文 化 祭 実 行 委 員,イベント 担 当 者 向 けガイドライン 食 品 を 取 扱 う 場 合 の 衛 生 管 理 について 慶 應 義 塾 の 各 キャンパスや 一 貫 教 育 校 における 学 園 祭 やイベント, 行 事 にお いては, 模 擬 店 が 出 店 されたり 食 品 を 調 理 したりする 機 会 があると 思 われます が,

More information

未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校

未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校 食 品 安 全 委 員 会 委 員 と 消 費 者 団 体 との 情 報 交 換 会 ( 第 8 回 ) 1. 日 時 : 平 成 27 年 2 月 20 日 ( 金 ) 10:00~12:00 2. 場 所 : 食 品 安 全 委 員 会 委 員 長 室 3. 出 席 者 :( 敬 称 略 ) ( 消 費 者 団 体 ) 主 婦 連 合 会 会 長 全 国 消 費 者 団 体 連 絡 会 事 務

More information

1.大気汚染の概要

1.大気汚染の概要 3. 騒 音 (1) 騒 音 公 害 の 概 要 やかましい 音 好 ましくない 音 の 総 称 を 騒 音 といいますが それが 好 ましいか 好 ましくないかは それを 聞 く 人 の 主 観 的 感 覚 的 な 判 断 によります とはいえ 大 多 数 の 人 に 好 ましくない 音 は 現 に 存 在 してお り 中 でも 事 業 活 動 その 他 人 の 活 動 に 伴 って 生 じる 相

More information

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を 別 添 茨 城 県 建 築 物 環 境 衛 生 維 持 管 理 要 領 第 1 空 気 環 境 の 調 整 1 空 気 調 和 設 備 等 の 運 転 操 作 空 気 調 和 設 備 等 ( 空 気 調 和 設 備 又 は 機 械 換 気 設 備 をいう )の 運 転 操 作 については, 気 象 条 件, 各 居 室 の 使 用 状 況, 過 去 における 空 気 環 境 の 測 定 結 果 等

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information