エスロンACドレンパイプ・継手カタログ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "エスロンACドレンパイプ・継手カタログ"

Transcription

1 16.6 改 訂 11 版 空 調 ドレン 用 結 露 防 止 層 付 硬 質 塩 化 ビニル 管 樹 脂 継 手 空 調 ドレン の 最 適 管 材

2 空 調 ドレンの 最 適 管 材 ドレン 配 管 用 の 結 露 防 止 層 付 のエスロン 継 手 は 保 温 材 が 不 要 です オフィス ホテル 病 院 での 空 調 ドレン 配 管 に 最 適 です 従 来 の 空 調 ドレン 配 管 の 問 題 点 保 温 材 の 施 工 は 手 間 が 掛 かる 接 続 部 や 勾 配 が 確 認 できない すべて 面 倒 な ねじ 切 りは で 解 決 します! 保 温 工 事 の 手 間 施 工 管 理 ねじ 切 り ねじ 施 工 の 手 間 配 管 と 同 時 に 保 温 工 事 が 完 了 管 継 手 とも 保 温 材 の 機 能 を 有 しているため 配 管 と 同 時 に 保 温 工 事 が 完 了 保 温 工 事 に 関 する 部 材 調 達 工 程 調 整 等 の 手 間 がかかりません 従 来 の 施 工 従 来 の 施 工 では 複 数 の 職 種 が 必 要 とされていました ACドレン なら ーパッケージエアコンの 場 合 ー ドレン 工 事 冷 媒 工 事 保 温 工 事 ーファンコイルユニットの 場 合 ー 保 温 工 事 冷 温 水 ドレン 工 事 冷 媒 ドレン 保 温 工 事 も 冷 温 水 ドレン 保 温 工 事 も 複 数 の 職 種 が 不 要 は 工 期 短 縮 に 有 効! 施 工 は 簡 単 で 施 工 管 理 が 容 易 従 来 のDV 接 続 と 同 様 に 施 工 できます 保 温 材 がないため 配 管 の 接 続 部 や 勾 配 が 簡 単 に 確 認 でき 施 工 管 理 が 容 易 です また 透 明 継 手 により 施 工 後 の 目 視 点 検 が 容 易 にできます 経 済 的 施 工 が 簡 単 なうえ 保 温 工 事 が 不 要 なため 経 済 的 な 管 材 です の 配 管 モデル [ 配 管 長 13mの 場 合 ] 1,0 φ φ φ 0 0 5,000 φエルボ φ φソケット φソケット φエルボ φ φエルボ φ φ 1,000 3,000 φ φチーズ 1,0 経 済 比 較 (ファンコイルユニット2 台 想 定 ) の 配 管 を 0とした 場 合 の 指 数 0% 0% 56% 44% ACドレン ( 継 手 :アイボリー 色 ) 9% 34% 12% % 13% VP+ 保 温 192% 34% 12% 86% % 白 ガス 管 + 保 温 保 温 施 工 費 保 温 材 料 費 配 管 施 工 費 配 管 材 料 費 工 事 費 は 公 共 建 築 工 事 積 載 基 準 参 照 材 料 費 は 設 計 積 算 価 格 参 照 労 務 単 価 は 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 東 京 都 参 照 1

3 は 継 手! 結 露 は 発 泡 層 で 防 ぎます 管 継 手 とも 発 泡 断 熱 層 でおおわれているため 保 温 材 なしで 配 管 全 体 の 結 露 が 防 止 できます ( 結 露 防 止 性 能 はページ 参 照 ) 直 管 塩 ビスキン 層 継 手 接 続 を 確 実 にする 発 泡 塩 化 ビニルスキン 層 塩 ビ 発 泡 層 断 熱 効 果 結 露 防 止 に 優 れた 発 泡 塩 化 ビニル 層 継 手 ( 発 泡 射 出 成 形 品 ) ABS 発 泡 層 継 手 の 断 熱 性 を 高 め 結 露 を 防 止 DV 受 口 同 等 形 状 管 と 継 手 を 確 実 に 接 着 接 合 硬 質 塩 ビ 層 ドレン 排 水 の 掃 流 性 を 確 保 外 径 : 1サイズ 上 の VPパイプと 同 寸 法 継 手 本 体 (ABS) 架 橋 PE 発 泡 体 管 端 と 継 手 本 体 部 の 段 差 を な くし ド レ ン 排 水 の 滞 留 による 結 露 を 防 止 パッケージエアコン ファンコイルユニット 問 わず 空 調 ドレンにお 使 いいただけます パッケージエアコン < 防 火 区 画 貫 通 部 > フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 床 用 ) 冷 媒 液 管 冷 媒 ガス 管 ドレンホースなど エスロン 継 手 < 防 火 区 画 貫 通 部 > フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 壁 用 ) パッケージエアコン ファンコイルユニット 冷 温 水 管 (スーパーエスロメタックスFC) < 防 火 区 画 貫 通 部 > フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 壁 用 ) ドレンホースなど エスロン 継 手 < 防 火 区 画 貫 通 部 > フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 壁 用 ) ファンコイルユニット 適 用 範 囲 ドレンアップ 部 分 のような 満 管 となる 部 分 は 原 則 別 途 保 温 を 行 ってください 使 用 条 件 によっては 不 要 な 場 合 もありますが 状 況 をご 確 認 の 上 ご 検 討 ください 項 目 使 用 条 件 ドレンアップ 部 分 は 保 温 が 必 要 用 途 空 調 ドレン 用 配 管 専 用 使 用 水 圧 無 圧 使 用 温 度 常 温 (5 ~35 ) 呼 び 径 ~ 1m 以 下 のドレンアップ 部 を 除 く 空 調 機 本 文 中 のマークについて 左 記 マークの 付 いている 事 項 は それを 守 らないと 大 けが 火 傷 などの 事 故 を 引 き 起 こすことがありますので ご 注 意 ください 左 記 マークの 付 いている 事 項 は 製 品 性 能 を 確 保 するため に 必 ず 守 っていただきたい 注 意 事 項 です 2

4 PICK UP! 透 明 ACドレン 継 手 構 造 透 明 樹 脂 (ABS) 接 着 剤 の 塗 り 忘 れ 挿 入 不 足 をひと 目 で 確 認 可 能 ABS 発 泡 層 継 手 本 体 架 橋 PE 発 泡 体 DV 受 口 同 等 形 状 ACドレンに 透 明 継 手 がNewラインアップ!! 品 揃 え 規 格 については P.4 5をご 参 照 ください 特 長 接 着 剤 ブルー 蛍 光 接 着 剤 との 組 み 合 わせで 管 と 継 手 の 接 合 部 の 接 着 状 況 が 目 視 で 確 認 できます 透 明 ACドレン 継 手 の 接 合 には エスロン 接 着 剤 No.73Sブルー No.75SブルーN またはNo.73S UVをご 使 用 ください 接 着 剤 ブルー の 場 合 接 合 状 態 を 目 視 で 確 認 可 能 正 しい 接 合 状 態 奥 まで 挿 入 されていない 接 着 剤 の 塗 り 忘 れ 接 着 剤 No.73S ブルー 接 着 剤 No.75S ブルーN 接 着 剤 No.73S UV NEW 蛍 光 接 着 剤 の 場 合 正 しい 接 着 状 態 塗 り 忘 れの 状 態 ブラックライトを 当 てると します 配 管 例 透 明 ACドレン 継 手 3

5 t ドレンアップ 部 専 用 配 管 エスロン 継 手 のラインアップ 直 管 PICK UP! ACドレン フレキユニット T φd φd φd2 φd1 品 番 呼 び 径 ACDP ACDP ACDP ACDP ACDP 構 造 外 径 φd 管 厚 T 断 熱 フレキ 管 硬 質 塩 ビ 層 厚 み 近 似 内 径 t ( 参 考 ) 長 さ 4,000 参 考 質 量 (kg/m) 保 護 ( テープ 本 ) 価 格 3,4 円 3,864 円 4,8 円 6,279 円 8,211 円 継 手 ドレンアップ l 部 のカンタン l 施 工 に 76. 貢 献 75.70! 優 れた 断 熱 性 しっかり 断 熱 吊 り 支 持 構 造 継 手 固 定 t1 フレキホース 高 い 断 熱 性 を 持 ち 満 管 部 でも 保 温 材 が 不 要 です ACドレンと 同 等 の 使 用 環 境 の 場 合 t1 45 エルボ 継 手 ホースをそれぞれ 固 定 することで 確 実 な 配 管 が 可 能 です チーズ 受 口 共 通 寸 法 発 泡 射 出 成 形 品 φd φd2 ABS 発 泡 射 出 成 形 品 90 エルボ φd φd2 l 配 管 全 体 が 保 温 不 要 φd1 t2 φd1 t2 拡 大 図 ホースバンド 射 出 成 形 品 VP 結 露 を 防 ぐ フレキ 管 固 定 継 手 固 定 :ビニルSU 管 用 1 65A 2 フレキ 管 固 定 :32Aを 使 1用 してください 2 特 長 ACドレンフレキユニットと 継 手 で 配 管 全 体 が 保 温 不 要 になります 3 t1 t1 3 l φd φd2 t2 φd1 t 呼 び 径 4 ACドレン 呼 び 径 シールパッキン 機 器 側 エルボ VP 受 口 ACドレンに 接 続 可 能 施 工 16 しやすいフレキ 35 1 AC4N 構 造 配 管 側 ソケット ACドレン 受 口 厚 受 み口 アイボリー 色 透 明 ( 個 ) 品 番 価 格 品 番 価 格 ACN 621 円 ACS 713 円 1 ACN 665 円 ACS 759 円 0 ACN 786 円 ACS 909 円 ACN 1,076 円 ACS 1,2 円 ACN 1,5 円 ACS 1,1 円 ACドレン 継 手 と 同 様 のシールパッキンを 備 え ACド レ 42ン パイプへの 接 続 が 可 能 です 呼 び 径 有 効 長 全 長 呼 び 径 有 効 長 全 長 ( 個 ) 0 配 管 側 ソケット アイボリー 色 透 明 品 番 価 格 品 番 価 格 AC4N 621 円 AC4S 713 円 665 円 AC4S 759 円 AC4N 786 円 AC4S 909 円 AC4S 1,2 円 AC4S 1,1 円 断 熱 フレキ 管 は 柔 軟 性 があるため AC4N 1,076 円 簡 単 に 配 管 62施 工 できます AC4N 1,5 円 有 効 長 内 径 受 口 長 さ 管 厚 φd1 φd2 φd l t1( 最 小 ) t2( 最 小 ) 全 長 規 格 については P.7をご 参 照 ください ( 個 ) 0 断 熱 フレキホース アイボリー 色 透 明 品 番 価 格 品 番 価 格 ACTN 748 円 ACTS 851 円 ACTN 786 円 ACTS 897 円 ACT1N 874 円 ACT1S 1,001 円 ACTN 907 円 ACTS 1,035 円 ACT2N 907 円 ACT2S 1,035 円 ACT1N 907 円 ACT1S 1,035 円 ACTN 1,5 円 ACTS 1,1 円 ACT3N 1,8 円 ACT3S 1,3 円 ACT2N 1,8 円 ACT2S 1,3 円 ACT1N 1,8 円 ACT1S 1,3 円 ACTN 1,668 円 ACTS 1,921 円 ACT4N 1,6 円 ACT4S 1,8 円 ACT3N 1,6 円 ACT3S 1,8 円 ACT2N 1,6 円 ACT2S 1,8 円 ACT1N 1,6 円 ACT1S 1,8 円 保 温 不 要

6 エスロン 継 手 のラインアップ 45 Y 呼 び 径 有 効 長 全 長 ( 個 ) アイボリー 色 透 明 品 番 価 格 品 番 価 格 ACYN ACYN ACYN 1,495 円 1,6 円 1,7 円 ACYS ACYS ACYS 1,7 円 1,852 円 1,990 円 ACY1N 1,668 円 ACY1S 1,921 円 1 硬 質 塩 ビ 射 出 成 形 品 ソケット 呼 び 径 有 効 長 全 長 ( 個 ) アイボリー 色 透 明 品 番 価 格 品 番 価 格 ACSN ACSN 495 円 544 円 ACSS ACSS 541 円 598 円 ACS1N 518 円 ACS1S 564 円 ACSN 628 円 ACSS 690 円 ACS1N 628 円 ACS1S 690 円 ACSN 907 円 ACSS 978 円 ACS1N 907 円 ACS1S 978 円 ACSN 1,027 円 ACSS 1,116 円 ACS1N 1,027 円 ACS1S 1,116 円 塩 ビ 管 への 媒 介 継 手 呼 び 径 l φd 差 し 口 呼 び 径 有 効 長 全 長 φd l 差 し 口 側 接 続 継 手 TS TS DV DV DV ( 個 ) 0 アイボリー 色 透 明 品 番 価 格 品 番 価 格 276 円 288 円 345 円 3 円 0 円 ACAS ACAS ACAS ACAS ACAS 299 円 322 円 3 円 437 円 495 円 ACDA ACDA ACDA ACDA ACDA 呼 び 径 備 考.1. 使 用 方 法 についてはP.8をご 参 照 ください 2. 受 口 側 には 同 一 呼 び 径 のを 接 続 します 差 し 口 側 の 呼 び 径 はTS 継 手 呼 び 径 はDV 継 手 (DV 受 口 寸 法 用 のため TS 継 手 には 接 続 できません)を 接 続 します MD 継 手 接 続 φd l 差 し 口 呼 び 径 有 効 長 全 長 φd l 差 し 口 側 接 続 継 手 MD 継 手 MD 継 手 ( 個 ) 備 考. 1 受. 口 側 には 同 一 呼 び 径 のを 接 続 します 差 し 口 側 にはMD 継 手 を 接 続 します ( 差 し 口 側 にTS 継 手 やDV 継 手 は 接 続 しないでください ) 2. 差 し 口 を 切 断 して 使 用 しないでください 3. 差 し 口 部 には 別 途 保 温 を 実 施 してください 12 アイボリー 色 透 明 品 番 価 格 品 番 価 格 9 円 ACMDS 989 円 1,047 円 ACMDS 1,139 円 ACMD ACMD 5

7 関 連 部 材 ねじ 式 掃 除 口 硬 質 塩 ビ 射 出 成 形 品 D1 Oリング 3 D2 D3 1 2 ACドレン 呼 び 径 D D D 締 付 けトルク ( N m) ( 個 ) アイボリー 色 品 番 価 格 JNCON JNCON JNCON JNCON JNCO65N 3 円 3 円 3 円 4 円 7 円 備 考.1. 常 時 接 水 する 場 所 では 使 用 しないでください 結 露 する 可 能 性 があります 2. 製 品 にはACドレンのワンサイズアップの 呼 び 径 が 記 載 されています ねじ 式 掃 除 口 使 用 例 :ACドレン 呼 び 径 の 場 合 使 用 するねじ 式 掃 除 口 の 口 径 は ACドレン 継 手 呼 び 径 の1サイズアップになります 呼 び 径 ACドレン 継 手 呼 び 径 ねじ 式 掃 除 口 呼 び 径 65 (アイボリー 色 品 番 JNCO65N) エスロン 接 着 剤 接 合 の 標 準 接 着 剤 としてご 使 用 ください No.73S ブルー 色 付 き 接 着 剤 容 量 :0g 缶 ( 筆 付 ) 1kg 缶 ( 筆 付 ) No.75S ブルーN 色 付 き 低 粘 度 タイプ 容 量 :0g 缶 ( 筆 付 ) 1kg 缶 ( 筆 付 ) No.73S 容 量 :0g 缶 ( 筆 付 ) 1kg 缶 ( 筆 付 ) No.75S 容 量 :0g 缶 ( 筆 付 ) 1kg 缶 ( 筆 付 ) NEW No.73S UV 蛍 光 接 着 剤 容 量 :0g 缶 ( 筆 付 ) 施 工 チェック 時 は 光 ってお 知 らせ! ブラックライトで 照 らすと 接 着 剤 が 光 ります 暗 い 場 所 でも 塗 布 の 有 無 が 一 目 で 分 かるので 塗 り 忘 れの チェックに 役 立 ちます No.73S UVの 使 用 前 には 発 色 することをご 確 認 ください 排 水 用 接 着 剤 です 給 水 圧 力 配 管 用 としては 使 用 しないでください 床 等 にこぼした 場 合 はすみやかに 拭 きとってください No.73S UVはセキスイ 管 材 テクニックス( 株 )の 取 扱 い 製 品 です 塗 り 忘 れの 確 認 正 しい 接 着 状 態 塗 り 忘 れの 状 態 備 考 : 透 明 ACドレン 継 手 には 必 ず 接 着 剤 No.73Sブルー No.75SブルーN またはNo.73S UVをご 使 用 ください AC ドレンカッター NEW を 廻 し 切 ることで 発 泡 層 を 傷 つけずに 切 断 できます 発 泡 層 潰 れなし! バリ カ エリなし! 呼 び 径 ~ 対 応! 切 り 粉 なし! 斜 め 切 れなし! 製 品 名 価 格 ACドレンカッター 37,0 円 替 刃 9,0 円 ACドレンカッターはセキスイ 管 材 テクニックス( 株 )の 取 扱 い 製 品 です 6

8 冷温水管からドレン配管まで 空調配管のオールプラスチック化を 実現します 新製品 冷温水管 耐久性 耐食性に優れたポリエチレン管が 冷温水用途にも使用可能となりました 冷温水枝管 スーパーエスロメタックスに 保温材をプラスした管材です 優れた保温効果 防露効果を発揮します 空調ドレン配管 クウチョウハイパーCH 管 継手の品揃え 75 0 品 名 直 管 EF 受口付直管 EFソケット EF片受レデューサ 75 レデューサ 75, EFチーズ,,,,,75,75,0 EF片受チーズ SPチーズ フランジ付EF片受チーズ JIS K F形 SPフランジ付チーズ JIS K F形 75 75,0 フランジ付EFチーズ JIS K F形 75 75, ,0,1 75,0,1,0 75,0,1 75,0,1,0 75,0 75,0 75,0 75,0 品 名 EFエルボ EF45 エルボ ショートベンド EFキャップ SPキャップ フランジ短管 JIS K F形 EFフランジ短管 JIS K F形 品 名 EFスクリュージョイント 1 おねじ めねじ おねじ めねじ おねじ めねじ 保温材付 スーパーエスロメタックスFCの品揃え 直管:4,000 長尺管,000 直管:3,900 長尺管,9 長尺管 φd t 直 管 t エンボス加工 表面 架橋ポリエチレンフォーム スーパーエスロメタックス 直 管 品 番 SF134 SF134 SF134 SF164 SF164 SF164 SF4 SF4 SF4 SF4 SF4 SF4 SF4 SF4 呼び径 単位 mm 保温材 t 外径 φd 厚み 長尺管 巻き物 品 番 SF3 SF3 SF3 SF3 SF4 SF4 SF4 SF4 SF4 SF4 SF4 SF4 呼び径 32 保温材 t 外径 φd 厚み 備考 は受注生産品です 納期をご確認ください クウチョウハイパーCHとスーパーエスロメタックスFCの詳細は 別途カタログをご参照ください 7 品 番 SFQ SFQ SF13Q SF13Q SF16Q SF16Q SF16Q SFQ SFQ SFQ SFQ SFQ SFQ SFQ SFQ 呼び径 単位 mm 保温材 t 外径 φd 厚み

9 エスロン 継手の施工手順 施工手順 1 切 断 ACドレンカッターで切断 5 切断箇所は全周にわたってマー キング等を行い ACドレンカッタ ーまたは塩ビ用のこぎりを用いて 管軸に直角に切 断してください 接着剤の塗布 継手の内面と 管端面及び管の外 面に エスロン接着剤 No.73Sブ ルー No.75SブルーN No.73S No.75S No.73S UV を均一に 塗布してください 透明ACドレン継手には必ず接着剤 No.73Sブルー No.75SブルーN またはNo.73S UVをご使用ください 割れやヒビが生じるので 塩ビカッター等は 使用しないでください 塩ビ用のこぎりで切断 2 面取り 斜め切れの場合は管端からドレン水 が浸入し 管外面の微小な傷より漏 水する恐れがあります 管に傷つき へこみ 偏平がある場合 はその部分を切断 除去してください 管端面への接着剤塗布 ACドレンカッター P6掲載 をご使用 の場合は ACドレンカッター付属の 取扱説明書を必ずご参照ください 管外面への接着剤塗布 挿入標線 管端を内外面とも糸面取りし てください 6 面がとれていないと 接続時受口 部の接着剤を削りとってしまい 抜 けの原因となるので 必ず糸面取り をしてください 3 4 清掃処理 挿入長さ記入 継手受口内部や管差し口に付 着した砂 土 ほこり等の汚れ や水分等は乾いたウエスでき れいに拭き取ってください 7 管差し口に 下表に示す挿入 長さを記入してください 参考 挿入長さ 標線記入長さ 挿入長さ 異種管との接続方法 透明 できるだけすばやく 管を奥ま で挿入してください 保持 接着剤の拭き取り 換気 管が継手より抜け出なくなる まで管と継手を保持します 秒以上保持 また はみ出した接着剤はウエ スで拭き取ってください また 施工後は配管内を十分 に換気してください の支持は 同一呼び径の塩ビ管 VP と同一の間隔で設 置してください 異種管接続では ACドレン管端には必ず継手を使用してください ②呼び径30 40 50のVPパイプ DV継手 と ACドレンパイプを接続する場合 VPパイプとTS継手部は 別途保温が必要です VPパイプとDV継手部は 別途保温が必要です DV継手を組み合わせて接続します 継手と TS継手を組み合わせて接続します 継手と の場合 差し口はDV受口寸法であるため TS継手には接続できません の場合 ③MD継手とを 接続する場合 MD継手接続を使用して接続します 差し口を切断して使用しないでください 差し口側にTS継手やDV継手は接続しないでください MD継手接続差口部とMD継手は 別途保温が必要です の場合 ACド レンパイ プレンパイプ ACドレンパイ プ ACド VPパイプφ VPパイプφ VPパイプφ VPパイプφ VPパイプφTS継手φ VPパイプφ TS継手φ DV継手φ φ DV継手φ TS継手φ φ DV継手φ φφ φ φ φ φ φ φ φ φ 同一呼び径のTS受口 同一呼び径のTS受口 同一呼び径のTS受口 良い例 アイボリー できるだけすばやく 管を奥ま で挿入してください ①呼び径20 25のVPパイプ TS継手 と ACドレンパイプを接続する場合 ドレンホースとつなぐ際にも使用できます 悪い例 塗布ムラ の外径は呼び径に対し 1口径大きい塩ビ管の外径と同 寸法になっていますので 支持金具等は塩ビ管用のものが使用できます 単位 呼び径 挿 入 継手内面 管外面だけでなく 管端 にも接着剤を塗布してください 接 着剤を塗布しない場合は管端から ドレン水が浸入し 管外面の微小な 傷より漏水する恐れがあります 同一呼び径のDV受口 同一呼び径のDV受口 同一呼び径のDV受口 8 ACドレンパイ プドレンパイ MD継手 MD継手 MD継手 AC プレンパイプ MD継手 ACド MD継手 MD継手 φ φ 接続 φ φ 接続 φ φ 接続 φ φ φ

10 関 連 製 品 防 火 区 画 貫 通 に 火 災 と 同 時 に 瞬 時 に 膨 張 し 高 断 熱 層 を 形 成 巻 くだけで 炎 を 防 ぐ 耐 火 テープです 低 コストで 施 工 が 非 常 に 容 易 です 管 自 体 の 外 径 が 小 さくなるため 省 スペース 化 が 可 能 です 防 火 区 画 貫 通 箇 所 では フィブロックによる 防 火 区 画 貫 通 処 理 が 必 要 です 施 工 例 AC コンクリート 壁 の 場 合 フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 床 用 ) フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 壁 用 ) ファンコイル ユ ニット 前 後 1mに 不 燃 材 料 を 使 用 しなくてもOK! 中 空 壁 の 場 合 フィブロック フィブロック A フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 壁 用 ) B フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 床 用 ) モルタル 埋 め 戻 し 片 面 強 化 せっこうボード 重 張 壁 の 場 合 フィブロック シーリング 材 (シリコーン 系 ) シーリング 材 (シリコーン 系 ) 冷 媒 管 ケーブルもまとめて 貫 通 できるフィブロック 冷 媒 管 用 パテレスキット の 品 揃 えもございます 詳 細 は 弊 社 最 寄 りの 営 業 所 にお 問 い 合 わせください にて 防 火 区 画 貫 通 する 場 合 は 所 轄 の 消 防 署 にご 確 認 の 上 フィブロックを 使 用 し 適 切 な 処 置 を 行 ってください フィブロック 塩 ビ 管 用 のラインアップ A 品 名 フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 壁 用 ) 用 壁 途 用 品 番 TBC002 厚 さ 2.mm 幅 1mm 長 さ 1.5m 6 巻 /ケース 価 格 (1 巻 ) 11,000 円 B フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 床 用 ) 床 用 TBC001 2.mm 1mm 1.5m 6 巻 /ケース 16,0 円 A フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 壁 用 )の 認 定 評 定 一 覧 貫 通 する 壁 の 構 造 コンクリート( 厚 0mm 以 上 ) AC コンクリート( 厚 75mm 以 上 ) 中 空 壁 ( 厚 0mm 以 上 ) 使 用 最 大 配 管 呼 び 径 A 貫 通 開 口 寸 法 ボイド 径 0(φ7mm) 以 下 φ90mm 以 下 φ90mm 以 下 貫 通 部 埋 め 戻 し 方 法 シーリング 材 せっこう 系 パテ 接 着 剤 モルタル ( 一 財 ) 日 本 消 防 設 備 安 全 センター 性 能 評 定 番 号 国 土 交 通 大 臣 認 定 番 号 共 住 区 画 令 8 区 画 PS0W-02 KK 号 RK 19-0 号 片 面 強 化 石 こうボード 壁 ( 厚 42mm 以 上 ) φ96mm 以 下 シーリング 材 推 奨 商 品 : 積 水 フーラー 社 製 セキスイシリコーンシーラント(JIS A 5758) PS0W-0671 B フィブロック 塩 ビ 管 用 ( 床 用 )の 認 定 評 定 一 覧 使 用 最 大 配 管 貫 通 開 口 寸 法 貫 通 する 床 の 構 造 呼 び 径 ボイド 径 AC コンクリート( 厚 0mm 以 上 ) φ1mm 以 下 A コンクリート( 厚 1mm 以 上 ) 0(φ7mm) 以 下 貫 通 部 埋 め 戻 し 方 法 モルタル ( 一 財 ) 日 本 消 防 設 備 安 全 センター 性 能 評 定 番 号 国 土 交 通 大 臣 認 定 番 号 共 住 区 画 令 8 区 画 PS0F-08 PS0F-0015 KK 号 RK 号 冷 媒 管 用 パテレスキット フィブロックパテレスキットを 使 用 することで 同 じスリーブにA Cドレ ンパイプと 空 調 用 冷 媒 管 をまとめ て 通 す 事 が 可 能 です (AC コンクリート 壁 床 及 び 中 空 壁 や 片 壁 の 区 画 貫 通 部 の 国 土 交 通 大 臣 の 認 定 を 取 得 ) フィブロックの 詳 細 についてはフィブロックカタログおよび 各 認 定 書 評 定 書 をご 参 照 ください フィブロック(スティック) フィブロック(スリーブ) カバー 材 NEW パテレス 鋼 製 スリーブレス( 壁 貫 通 部 )により 施 工 時 間 を 大 幅 に 短 縮!! キット 内 容 中 空 壁 施 工 イメージ RC 床 施 工 イメージ 化 粧 テープ カバー 固 定 材 帯 カバー 固 定 材 カバー 材 カバー 材 帯 カバー 固 定 材 フィブロック 冷 媒 管 用 パテレスキットの 詳 細 施 工 方 法 につきましては 別 途 冷 媒 管 用 フィブロック のカタログ 及 び 認 定 書 をご 確 認 ください 9

11 エスロン 継 手 の 性 能 設 計 結 露 防 止 性 能 呼 び 径 流 量 : 3l/hr 配 管 勾 配 1/ の 場 合 水 温 15 水 温 15 水 温 水 温 結 露 する 結 領 露 域 する 領 域 結 露 する 結 領 露 域 する 領 域 相 対 85 湿 度 ( % ) 75 相 対 85 湿 度 ( % ) 75 相 対 85 湿 度 ( % ) 75 相 対 85 湿 度 ( % ) 結 70露 しない 結 露 領 しない 域 領 域 70 結 70露 しない 結 露 領 しない 域 領 域 外 気 温 度 ( ) 外 気 温 度 ( ) 外 気 温 度 ( ) 外 気 温 度 ( ) 横 引 管 使 用 時 の 継 手 の 性 能 です 継 手 をドレンアップ 部 のような 満 管 となる 部 分 に 使 用 する 場 合 は 原 則 別 途 保 温 を 行 って ください 使 用 条 件 によっては 不 要 な 場 合 もありますが 状 況 を ご 確 認 の 上 ご 検 討 ください 使 用 上 の 注 意 事 項 1. 設 計 上 の 注 意 空 調 機 のドレン 配 管 専 用 の 管 材 です ドレンアップ 部 (1m 以 下 ) 以 外 での 圧 力 管 用 途 へは 絶 対 に 使 用 しないでください ドレンアップ 部 等 の 管 内 が 満 水 となる 部 分 では ACドレンパ イプ 継 手 単 体 では 結 露 が 発 生 する 可 能 性 があるため 原 則 別 途 保 温 を 行 ってください 屋 内 専 用 の 管 材 です 屋 外 には 使 用 しないでください 防 火 区 画 貫 通 箇 所 では フィブロックによる 防 火 区 画 貫 通 処 理 が 必 要 です 横 走 り 配 管 の 配 管 支 持 は 棒 鋼 吊 り( 全 ねじボルト 吊 り)を 基 本 とします 直 線 配 管 はm 以 内 とし これを 超 える 場 合 はm 毎 にエル ボ 返 し(2エルボ 以 上 :エルボ 間 隔 0.5m 以 上 )を 行 ってください 2. 保 管 上 の 注 意 の 支 持 は 同 一 呼 び 径 の 塩 ビ 管 (VP)と 同 一 の 間 隔 で 設 置 してください 管 継 手 は 必 ず 屋 内 に 保 管 してください やむを 得 ず 屋 外 で 保 管 する 時 には 直 射 日 光 を 避 けるため 熱 気 のこもらない 方 法 でシート 掛 け 等 を 行 ってください 保 管 場 所 では 火 を 使 用 しないでください 火 の 粉 や 熱 によっ て 管 や 継 手 が 劣 化 するおそれがあります 保 管 場 所 に 溶 剤 ペンキなどを 置 かないでください 有 機 溶 剤 などが 付 着 すると 劣 化 する 恐 れがあります 3. 運 搬 上 の 注 意 は 発 泡 層 があり 軟 らかいため 梱 包 仕 様 は 段 ボールによる 全 面 梱 包 としています 塩 ビ(VP) 管 よりも 運 搬 時 の 荷 扱 いには 注 意 が 必 要 であり 引 きずり 投 げ 出 し 等 は 絶 対 に 行 わないでください 4. 継 手 の 施 工 上 の 注 意 接 着 剤 はエスロン 接 着 剤 No.73Sブルー No.75SブルーN No.73S No.75S またはNo.73S UVをご 使 用 ください 透 明 ACドレン 継 手 には 必 ず 接 着 剤 No.73Sブルー No.75S ブルーN またはNo.73S UVをご 使 用 ください エ ス ロ ンACドレン パ イ プ 継 手 カタログの 施 工 手 順 (P.8)を 必 ず 守 って 施 工 してください と 塩 ビ 管 用 DV 継 手 (TS 継 手 )の 接 続 は 管 内 段 差 による 滞 留 や 結 露 が 発 生 する 場 合 がありますので 下 記 の 事 項 をお 守 りください ACドレンの 配 管 システムには 必 ずとACド レン 継 手 を 組 み 合 わせてご 使 用 ください と 塩 ビ 管 を 接 続 する 場 合 は 継 手 (P.5 参 照 )を 使 用 して 接 続 してください 5.その 他 の 注 意 点 管 に 傷 付 き へこみ 偏 平 がある 場 合 はその 部 分 を 切 断 除 去 してください 注 意 クレオソート アスファルト 防 腐 剤 防 水 剤 ケトン 類 ひ まし 油 やグリコールエーテル 系 の 有 機 溶 剤 に 管 継 手 が 触 れると 膨 潤 し 破 壊 するおそれがありますので 管 や 継 手 に 塗 布 した り 触 れないようにしてください 溶 剤 系 やエタノール 系 塩 素 系 グリコールエーテル 系 ひま し 油 を 含 む 薬 品 を 流 さないでください 管 路 が 破 損 し 漏 水 に 至 る 可 能 性 があります 特 に 空 調 機 本 体 内 部 を 薬 液 で 洗 浄 す る 際 には 十 分 ご 注 意 ください 管 の 上 に 乗 ったり ぶら 下 がったりしないでください 電 気 溶 接 の 火 花 やトーチランプ ガスバーナーなどの 火 を 近 づけないでください ガス 給 湯 器 等 ガス 機 器 と 周 囲 の 配 管 との 離 隔 距 離 について は ガス 機 器 の 設 置 基 準 及 び 実 務 指 針 ( 一 般 財 団 法 人 日 本 ガ ス 機 器 検 査 協 会 )に 定 められた 基 準 を 遵 守 ください またガス 給 湯 器 の 機 種 により 緩 和 されることがありますので 具 体 的 な 離 隔 距 離 についてはガス 事 業 者 またはガス 機 器 メーカーにご 確 認 ください ガスコンロなどの 直 火 の 近 くには 配 管 しないでください 屋 内 で 接 着 剤 の1 時 間 当 りの 使 用 量 が 許 容 使 用 量 を 越 え る 場 合 には 有 機 溶 剤 中 毒 予 防 規 則 が 適 用 され 有 機 溶 剤 取 り 扱 い 作 業 主 任 の 資 格 が 必 要 になります 詳 細 は 所 轄 の 労 働 安 全 基 準 監 督 署 にご 確 認 ください 施 工 時 には 接 着 剤 などの 有 機 溶 剤 を 使 用 しますので 火 気 に 十 分 注 意 してください 接 着 剤 使 用 時 は 換 気 を 十 分 に 行 ってください 接 着 剤 が 皮 膚 に 付 着 したときは 速 やかに 落 としてください もし 気 分 が 悪 くなったり 身 体 に 異 常 を 感 じた 際 には 速 やかに 医 師 の 診 断 を 受 けてください 配 管 が 建 物 の 外 周 基 礎 や 壁 床 等 を 貫 通 する 際 に 使 用 される シ ー リン グ 材 に は A Cドレン 管 継 手 に 悪 影 響 を 及 ぼす 可 塑 剤 (フタル 酸 エステル DOP 等 )や 有 機 溶 剤 (キシレン トルエン 等 )を 含 む 物 (ポリウレタン 系 シーリング 材 等 )があります こ れらの 成 分 を 含 むシーリング 材 は 塩 ビ 管 や 継 手 に 悪 影 響 を 及 ぼす 恐 れがありますので 使 用 しないでください ( 推 奨 品 : 積 水 フーラー 社 製 シリコーン 系 シーリング 材 変 成 シリコーン 系 シ ー リン グ 材 ) 可 塑 剤 入 りの 被 覆 電 線 (コード 被 覆 支 持 金 物 及 びビニルテー プ )は 管 継 手 を 浸 すことも ありま す の で 直 接 管 継 手 に 触 れ ないように 施 工 してください 本 紙 記 載 事 項 以 外 にご 使 用 の 際 は 弊 社 最 寄 りの 営 業 所 まで お 問 い 合 わせください 満 水 試 験 を 実 施 した 場 合 は 必 ず 接 合 部 の 目 視 と 触 診 を 実 施 し てください エスロンACドレン パ イプ 継 手 の 施 工 にあたっては 注 意 事 項 を 守 って 安 全 確 実 に 施 工 してください 上 記 注 意 事 項 を 守 らずにご 使 用 された 場 合 の 破 損 事 故 に 関 しては 当 社 では 責 任 を 負 いかねますのでご 了 承 ください

12 * 記 載 価 格 はメーカー 希 望 標 準 設 計 価 格 です * 価 格 には 消 費 税 は 含 まれておりません * 記 載 価 格 は16 年 3 月 現 在 のものです * 印 刷 のため 製 品 の 色 調 は 実 物 と 異 なる 場 合 があります * 記 載 事 項 は 予 告 なく 変 更 する 場 合 があります 09 年 11 月 初 版 16 年 8 月 改 訂 11 版 -2 刷 エスロン 継 手 カタログ 積 水 化 学 工 業 株 式 会 社 建 築 システム 事 業 部 不 許 転 載 ツールコード No TH TX

エスロンACドレンパイプ・継手カタログ

エスロンACドレンパイプ・継手カタログ 18.4 改訂14版 空調ドレン用結露防止層付硬質塩化ビニル管 樹脂継手 ン レ ド 調 空 の 材 管 最適 空調ドレンの最適管材 ドレン配管用の結露防止層付のエスロン 継手は保温材が不要です オフィス ホテル 病院での空調ドレン配管に最適です 従来の空調ドレン配管の 問 題 点 保温材の施工 は手間が掛かる 接続部や勾配が 確認できない 保温工事の手間 配 で解決します すべて 面倒な ねじ切りは

More information

エスロンACドレンパイプ・継手カタログ

エスロンACドレンパイプ・継手カタログ 19.1 改訂 15 版 空調ドレン用結露防止層付硬質塩化ビニル管 樹脂継手 空調ドレン の 最適管材 空調ドレンの最適管材 ドレン配管用の結露防止層付のエスロン 継手は保温材が不要です オフィス ホテル 病院での空調ドレン配管に最適です 従来の空調ドレン配管の問題点 保温材の施工は手間が掛かる 接続部や勾配が確認できない すべて 面倒なねじ切りは で解決します! 保温工事の手間施工管理ねじ切り ねじ施工の手間

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告 昇 降 機 法 令 の 規 定 は 主 に 例 示 仕 様 性 能 規 定 に 分 類 されます それぞれの 定 義 については 下 記 の 通 りです 例 示 仕 様 条 文 に 書 かれている 寸 法 重 量 等 を 遵 守 することで 成 立 する 法 令 性 能 規 定 条 文 に 書 かれている 性 能 上 の 規 定 を 遵 守 すれば その 範 囲 内 で 自 由 な 設 計 が 可

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 商 仕 様 書 1 本 仕 様 書 適 用 一 覧 表 1. 型 式 商 WK4603Q WK4603W WK4603B 1-1 定 格 15 A 125 V 1-2 適 合 法 規 電 気 用 安 法 ( 特 定 電 気 用 ) 1-3 適 合 規 格 JIS C 8303 配 線 用 差 込 接 続 器 に 適 合 1-4 極 数 及 び 極 配 置 2 極 ( 接 地 極 付 ) 1-5 結

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 目 次 動 作 環 境 特 長 方 法 方 法 起 動 終 了 方 法 方 法 操 作 方 法 使 方 使 方 使 方 詳 細 設 定 使 方 KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 KINGSOFT Office 2016 特 長 主 特 長 以

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を 様 式 3の 記 載 方 法 基 本 要 件 基 準 の 基 本 的 考 え 方 ( 別 紙 3)も 併 せて 参 照 すること チェックリストの 作 成 にあたっては 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いること 注 意 改 正 基 準 であっても 規 定 書 式 に 整 合 させるために 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いて 作 成 すること( 不 欄 適

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

第三十六号の三様式(第六条関係)(A4)

第三十六号の三様式(第六条関係)(A4) 第 三 十 六 号 の 四 様 式 ( 第 六 条 第 六 条 の 二 の 二 関 係 )(A4) 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 ( 同 法 第 88 条 第 1 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 定 期 検 査 の 結 果 を 報 告 します この 報 告 書 に 記 載 の 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

<4D F736F F D20837D A815B92CA8BCE8AC7979D8B4B92F E1816A312E646F63>

<4D F736F F D20837D A815B92CA8BCE8AC7979D8B4B92F E1816A312E646F63> マイカー 通 勤 管 理 規 程 < 内 容 > マイカー 通 勤 管 理 規 程 マイカー 管 理 台 帳 マイカー 通 勤 許 可 申 請 書 事 故 発 生 記 録 簿 マイカー 業 務 上 使 用 許 可 申 請 書 通 勤 用 マイカー 駐 車 場 使 用 要 領 社 員 の 届 出 書 類 マイカー 業 務 使 用 申 請 書 マイカー 通 勤 申 請 書 誓 約 書 マイカー 通 勤

More information

住宅改修の手引き(初版)

住宅改修の手引き(初版) 目 次 1. 介 護 保 険 制 度 における 住 宅 改 修 費 支 給 制 度 について 1 2. 対 象 要 件 2 3. 支 給 限 度 基 準 額 3 4. 支 払 方 法 5. 手 続 きの 流 れ 6 7 6. 住 宅 改 修 の 種 類 13 7. 住 宅 改 修 費 が 支 給 できない 場 合 16 8. 現 地 確 認 について 16 参 考 資 料 住 宅 改 修 費 の 支

More information

CFW1000_TG-F991-7.indd

CFW1000_TG-F991-7.indd 空 調 用 固 定 型 瞬 間 流 量 計 CFW1000 シリーズ 概 要 CFW1000 シリーズは 配 管 に 挿 入 したピトー 管 で 流 速 に 発 生 する 差 圧 を 検 出 し 流 量 を 計 測 する 液 体 用 流 量 計 です 取 付 簡 便 低 コストでビル 集 合 住 宅 等 の 空 調 用 給 水 ラインの 流 量 計 測 に 最 適 です 特 徴 既 設 の 配 管

More information

工 事 設 計 書 施 行 年 度 平 成 26 年 度 契 約 番 号 4261000060 工 事 名 平 成 26 年 度 水 道 広 域 化 促 進 事 業 舗 装 復 旧 工 事 ( 佐 那 具 工 業 団 地 工 区 ) 施 工 場 所 千 歳 地 内 課 長 係 長 工 種 開 削 工 事 及 び 小 口 径 推 進 工 事 積 算 者 検 算 者 設 計 金 額 円 内 消 費 税

More information

1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 私 たちが 安 心 して 安 全 に 暮 らしていくうえで, 道 は 重 要 な 役 割 を 担 っています しかし, 道 が 狭 いと, 日 照 通 風 等 の 確 保 が 難 しいといった 住 環 境 の 面 だけでなく, 災

1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 私 たちが 安 心 して 安 全 に 暮 らしていくうえで, 道 は 重 要 な 役 割 を 担 っています しかし, 道 が 狭 いと, 日 照 通 風 等 の 確 保 が 難 しいといった 住 環 境 の 面 だけでなく, 災 京 都 市 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 に 関 する 手 引 目 次 1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 1 1-2 事 業 の 概 要 1 1-3 狭 あい 道 路 とは 3 2 狭 あい 道 路 整 備 申 出 について 2-1 狭 あい 道 路 整 備 申 出 の 手 続 の 流 れ 4 2-2 狭 あい 道 路 整 備 申 出 書 の 記 入 方

More information

第1号様式 その1

第1号様式 その1 別 記 第 1 号 様 式 ( 第 6 条 関 係 ) ( 宛 先 ) 大 田 区 長 ( 第 1 面 ) 事 業 計 画 書 ( 提 出 者 ) 現 住 所 ( - ) 年 月 日 企 業 名 代 表 者 役 職 氏 名 印 大 田 区 研 究 開 発 企 業 等 拠 点 整 備 助 成 事 業 実 施 要 綱 第 6 条 の 規 定 により 次 のとおり 提 出 します 1 業 種 大 分 類

More information

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 10 月 新 潟 県 十 日 町 市 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

総合評価点算定基準(簡易型建築・電気・管工事)

総合評価点算定基準(簡易型建築・電気・管工事) 別 記 3 総 合 評 価 点 算 定 基 準 ( 簡 易 型 建 築 電 気 管 工 事 ) 1 総 合 評 価 点 の 算 定 方 法 総 合 評 価 点 は 以 下 すべてを 満 たす 者 について 次 の 算 式 により 算 定 する 1 入 札 書 が 無 効 でない 者 2 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 の 者 ( 失 格 となった 者 を 除 く ) 3 施 工 計 画

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 2 月 23 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

Microsoft Word - 夢外貨(ダイレクト).doc

Microsoft Word - 夢外貨(ダイレクト).doc だいし 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 ( 夢 外 貨 ) 契 約 締 結 前 交 付 書 面 本 取 引 のご 契 約 に 際 しては 必 ず 本 書 面 の 内 容 を 十 分 に 読 んでご 理 解 ください 1.お 客 さまの 判 断 に 影 響 を 及 ぼす 特 に 重 要 な 事 項 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 ( 夢 外 貨 )は 満 期 日 2 営 業 日

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

第1章 設計マニュアル 本 編

第1章 設計マニュアル 本 編 第 1 章 総 論 1-1 1. 目 的 本 マニュアル( 案 )は 本 市 の 老 朽 化 した 下 水 道 管 路 施 設 の 機 能 を 適 正 に 維 持 する ため 管 きょ 更 生 工 法 により 管 路 の 状 況 に 応 じた 修 繕 改 築 を 実 施 するための 考 え 方 と 手 順 等 を 示 すことを 目 的 とする 2. 適 用 本 マニュアル( 案 )は 本 市 の 下

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 朝 霞 市 庁 舎 等 の 耐 震 化 方 針 平 成 26 年 1 月 朝 霞 市 目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 1. 方 針 市 庁 舎 および 市 民 会 館 の 耐 震 化 対 応 について 朝 霞 市 庁 舎 等 整 備 方 針 検 討 委 員 会 により 提 言 がなさ れた 市 としては この 提

More information

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当 定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 会 計 期 間 ( 以 下 当 四 半 期 という)では 米 国 のサブプライムローンに 端 を 発 した 金 融 危 機 が 世 界 的 に 連 鎖 する 中 想 定 をはるかに 超 えた 円 高 株 安 雇 用 環 境 の 悪 化 や 個 人 消 費 の 低 迷

More information

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評 一 般 財 団 法 人 ベターリビング 平 成 16 年 7 月 23 日 制 定 平 成 19 年 6 月 20 日 改 定 平 成 23 年 12 月 1 日 改 定 シックハウス 対 策 に 関 する 居 室 等 の 性 能 評 価 業 務 方 法 書 注 ) 本 業 務 方 法 書 は 予 告 なく 変 更 することがあります 1 第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以

More information

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん 化 粧 品 の 製 造 販 売 業 製 造 業 について 化 粧 品 の 定 義 について ( 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 項 ) 化 粧 品 とは 人 の 身 体 を 清 潔 にし 美 化 し 魅 力 を 増 し 容 貌 を 変 え 又 は 皮 膚 若 しくは 毛 髪 を 健 やかに 保 つために

More information

<4D F736F F D E939A88C F087542D315F3289F196DA E69>

<4D F736F F D E939A88C F087542D315F3289F196DA E69> H24 選択科目 Ⅰ-1 答案解答鉄筋コンクリート構造物の工事に関して 以下の問いに答えよ 1. 鉄筋コンクリートの品質管理について 3つ挙げて説明せよ (1.5 枚程度 ) 2. 鉄筋腐食の主な原因と対処法について述べよ また 鉄筋 1 腐食の補修方法について3つ挙げて説明せよ (1.5 枚程度 ) 記入者 作成日 2012.8.19 科目 選択科目 履歴 2 問題番号 選択科目 建設 科目 選択科目施工計画及び施工

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4)

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4) 第 三 十 六 号 の 三 様 式 ( 第 六 条 関 係 )(A4 ) 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 の 規 定 によ り 定 期 検 査 の 結 果 を 報 告 し ま す こ の 報 告 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありま せん 特 定 行 政 庁 上 田 市 長 様 平 成 年 月 日

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マンションの 安 全 と 維 持 管 理 ~ 定 期 報 告 を 活 用 しよう~ 株 式 会 社 柴 田 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 柴 田 成 文 マンションの 安 全 と 維 持 管 理 1. 定 期 報 告 の 目 的 概 要 2. 主 な 点 検 項 目 ( 指 摘 事 項 )と 改 善 方 法 の 紹 介 3. 長 期 修 繕 計 画 等 への 反 映 1. 定 期

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

平成23年度事例集06

平成23年度事例集06 違 反 是 正 事 例 ( 事 例 6-3) テーマ < 消 防 用 設 備 設 置 工 事 の 基 準 違 反 に 対 する 違 反 通 告 措 置 平 成 22 年 > 平 成 22 年 消 防 設 備 士 が 建 物 5 階 のベランダに 設 置 した 緩 降 機 の 取 り 付 け 方 法 が 不 適 切 であったことから 違 反 事 項 を 通 告 した 事 例 防 火 対 象 物 の 概

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 担 当 係 長 課 長 建 築 電 気 機 械 平 成 25 年 5 月 1 日 まちづくり 局 施 設 整 備 部 Ⅰ 業 務 概 要 1 業 務 名 称 ( 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 ) 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以

More information

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 5 月 24 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 4 施 工 場 所 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20 利 子 補 給 つき 低 利 の 融 資 でトラック 業 界 の 近 代 化 を 第 40 回 ( 平 成 28 年 度 ) 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 のしおり この 融 資 の 目 的 この 融 資 は 全 日 本 トラック 協 会 からの 利 子 補 給 により 長 期 低 利 の 融 資 を 推 進 し トラック 運 送 事 業 者 の 近 代 化

More information

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 設 計 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 度 1. 件 名 中 部 中 学 校 ほか14 校 武 道 場 ほか 吊 天 井 崩 落 対 策 工 事 設 計 業 務 委 託 2. 設 計 対 象 施 設 (1) 場 所 四 日 市 市 西 浦 二 丁 目 ほか14 町 地 内 (2) 既 存 施 設 概 要 記 号 施 設 名 称 構 造 規 模 等 RC 造 4 階 建 ( 対 象 部 分 3

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

JTCCM製品認証審査要綱

JTCCM製品認証審査要綱 2005/4/1 制 定 2014/10/8 改 正 JTCCM 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 個 別 ) JIS A 5721(プラスチックデッキ 材 ) 本 文 書 は 審 査 要 綱 ( 個 別 )として 製 品 認 証 省 令 第 2 条 JIS Q 1001( 一 般 認 証 指 針 ) 及 び 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 共 通 )に 基 づき 次 の 認 証 区 分 に

More information

入札公告 機動装備センター

入札公告 機動装備センター 千 葉 県 一 般 競 争 入 札 公 告 県 警 第 18 号 機 動 装 備 センター 屋 内 舗 装 改 修 工 事 の 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 )の 実 施 について 地 方 自 治 法 第 234 条 第 1 項 の 規 定 により 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する なお この 入 札 は ちば 電 子 調 達 システムに 係 る 電 子 入

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会 第 5 章 任 意 整 理 について Q25 任 意 整 理 のポイント 任 意 整 理 とはどういうことですか そのポイントを 教 えてください 1. 任 意 整 理 とは 任 意 整 理 とは 支 払 能 力 を 超 える 債 務 を 負 っている 債 務 者 について 支 払 能 力 に 応 じた 返 済 計 画 を 立 て その 返 済 計 画 にしたがって 個 々の 債 権 者 との 間

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

Microsoft Word - 建築基準法第42条第2項道路後退整備のあらまし

Microsoft Word - 建築基準法第42条第2項道路後退整備のあらまし 建 築 基 準 法 第 42 条 第 2 項 後 退 整 備 のあらまし 安 全 で 快 適 な 住 みよいまちづくりのために 高 石 市 はじめに 私 たちの 身 近 にある は 通 行 だけではなく 日 常 生 活 における 日 照 や 通 風 採 光 を 確 保 することや 下 水 水 ガス 等 の 埋 設 及 び 災 害 時 の 避 難 消 防 活 動 等 の 重 要 な 役 割 を 果 たしています

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx ( 現 行 の 様 式 ) 多 治 見 市 工 事 成 績 書 兼 報 告 書 業 種 コード( ) 工 事 担 当 部 課 名 部 課 工 事 番 号 第 号 工 事 名 工 事 工 事 場 所 多 治 見 市 町 丁 目 地 内 請 負 業 者 名 技 術 者 氏 名 監 理 主 任 技 術 者 現 場 代 理 人 契 約 金 額 ( 最 終 契 約 額 ) 円 工 期 年 月 日 から 年 月

More information

様式第4号

様式第4号 設 計 図 書 等 に 対 する 回 答 書 工 事 ( 業 務 ) 工 事 ( 業 務 ) 名 1 平 成 28 年 6 月 1 日 こども 未 来 第 1 号 西 栗 栖 こども 園 改 修 工 事 設 計 業 務 委 託 工 事 等 担 当 課 名 こども 未 来 部 こども 園 推 進 課 設 計 図 書 (P3) 図 面 ( ) 図 面 データのCADデータはありますか 合 わせて 貸 出

More information

2-3.xdw

2-3.xdw 第 2 章 第 3 節 路 計 画 第 3 節 路 計 画 [ 幅 員 に 関 する 担 当 : 開 発 審 査 課 ] [ 構 造 に 関 する 担 当 : 各 区 役 所 建 設 センター] 路 の 基 準 は 都 市 計 画 法 の 技 術 基 準 により 幅 員 などに 関 する 具 体 的 な 基 準 が 定 められてお ります 本 市 では それらの 基 準 に 従 うと 共 に 小 規

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63> 建 築 物 ( 非 住 宅 )の 省 エネルギー 措 置 の 届 出 の 概 要 ( 財 ) 建 築 環 境 省 エネルギー 機 構 建 築 研 究 部 (2012 年 1 月 13 日 版 ) これまでは 床 面 積 の 合 計 が2,000m 2 以 の 建 築 物 の 新 築 増 築 改 築 修 繕 等 を 行 う 場 合 に 省 エネ ルギー 措 置 の 所 管 行 政 庁 への 届 出 が

More information

< F2D E518D6C817A938A82B08D9E82DD8E9197BF8140>

< F2D E518D6C817A938A82B08D9E82DD8E9197BF8140> 平 成 26 年 10 月 15 日 関 東 地 方 整 備 局 国 営 昭 和 記 念 公 園 事 務 所 H26 昭 和 四 阿 新 築 その 他 工 事 で 見 積 活 用 方 式 の 試 行 を 行 います 昨 今 工 事 発 注 において 予 定 価 格 超 過 や 入 札 参 加 がいないことなどを 理 由 として 入 札 のとりやめや 不 調 となる 工 事 が 相 次 いでいることから

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

公共債のご案内

公共債のご案内 1 頁 / 全 5 頁 ( 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) 公 共 債 のご 案 内 この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 ( 契 約 締 結 前 の 書 面 交 付 )によりお 渡 しするものです 公 共 債 とは 国 地 方 公 共 団 体 政 府 関 係 機 関 等 が 発 行 する 債 券 です この 書 面 には 公 共 債 の 売 買 等 のお

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

1. 取 扱 い 使 用 上 の 注 意 2ページに 記 載 してある 使 用 温 度 及 び 使 用 圧 力 以 下 でご 使 用 下 さい 測 定 流 体 AVバルブ 耐 薬 品 性 表 を 参 考 にし 適 切 な 材 質 を 選 定 してご 使 用 下 さい ( 薬 液 の 種 類 によって

1. 取 扱 い 使 用 上 の 注 意 2ページに 記 載 してある 使 用 温 度 及 び 使 用 圧 力 以 下 でご 使 用 下 さい 測 定 流 体 AVバルブ 耐 薬 品 性 表 を 参 考 にし 適 切 な 材 質 を 選 定 してご 使 用 下 さい ( 薬 液 の 種 類 によって 整 理 番 号 H-AS005-J-3 インペラ 式 流 量 計 ASIP80 シリーズ - 目 次 - 1. 取 扱 い 使 用 上 の 注 意 1 2. 運 搬 解 梱 保 管 の 注 意 1 3. 仕 様 2 4. 各 部 品 の 名 称 3 取 扱 説 明 書 5. 取 付 設 置 方 法 4 6. 点 検 保 守 5 7. 残 材 廃 材 の 処 理 方 法 5 インペラ 式 流 量 計

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information