Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病 による 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 5 表 生 活 習 慣 病 による 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 6 表 悪 性 新 生 物 主 要 部 位 別 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 7 表 悪 性 新 生 物 主 要 部 位 別 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 8 表 死 因 ( 死 因 分 類 ) 性 別 ; 死 亡 数 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 ) 第 9 表 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 出 生 割 合 年 次 別 第 10 表 離 婚 件 数 同 居 期 間 別 第 11 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 保 健 所 別 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 第 13 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 第 14 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 対 前 年 比 較 第 15 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 市 町 村 別 第 16 表 選 択 死 因 一 覧 ( 実 数 ) 保 健 所 別 第 17 表 選 択 死 因 一 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 第 18 表 選 択 死 因 一 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 第 19 表 選 択 死 因 一 覧 ( 率 ) 市 町 村 別 第 20 表 市 町 村 別 死 因 ( 選 択 死 因 ) 順 位 福 島 県 保 健 福 祉 部 担 当 : 保 健 福 祉 総 務 課 内 線 2720 電 話 : ( 直 通 )

2

3 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 我 が 国 の 人 口 動 態 事 象 を 把 握 し 人 口 及 び 厚 生 労 働 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とす る 2 調 査 の 対 象 及 び 客 体 戸 籍 法 及 び 死 産 の 届 出 に 関 する 規 程 により 届 け 出 られた 出 生 死 亡 婚 姻 離 婚 及 び 死 産 の 全 数 を 対 象 としているが 本 概 況 では 平 成 25 年 に 日 本 において 発 生 した 日 本 人 の 事 象 を 体 とした 3 調 査 の 期 間 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月 31 日 4 調 査 の 方 法 市 町 村 長 は 出 生 死 亡 婚 姻 離 婚 及 び 死 産 の 届 書 に 基 づいて 人 口 動 態 調 査 票 を 作 成 する 5 報 告 の 系 統 市 町 村 保 健 所 都 道 府 県 厚 生 労 働 省 利 用 上 の 注 意 1 表 章 記 号 の 規 約 計 数 のない 場 合 - 統 計 項 目 のありえない 場 合 計 数 不 明 又 は 計 数 を 表 章 することが 不 適 切 な 場 合 比 率 が 微 少 ( 未 満 ) 減 少 数 ( 率 )の 場 合 2 用 語 の 説 明 自 然 増 加 : 出 生 数 から 死 亡 数 を 減 じたもの 乳 児 死 亡 : 生 後 1 年 未 満 の 死 亡 新 生 児 死 亡 : 生 後 4 週 未 満 の 死 亡 早 期 新 生 児 死 亡 : 生 後 1 週 未 満 の 死 亡 死 産 : 妊 娠 満 12 週 以 後 の 死 児 の 出 産 周 産 期 死 亡 : 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 に 早 期 新 生 児 死 亡 を 加 えたもの 合 計 特 殊 出 生 率 :その 年 次 の 15 歳 から 49 歳 までの 女 性 の 年 齢 別 出 生 率 を 合 計 したもので 1 人 の 女 性 が 仮 にその 年 次 の 年 齢 別 出 生 率 で 一 生 の 間 に 生 むとしたときの 子 ども 数 に 相 当 する 3 算 出 に 用 いた 人 口 平 成 25 年 県 人 口 ( 日 本 人 人 口 )1,939,000 人 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 全 国 人 口 ( 日 本 人 人 口 )125,704,000 人 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 平 成 24 年 県 人 口 ( 日 本 人 人 口 )1,955,000 人 平 成 24 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 全 国 人 口 ( 日 本 人 人 口 )125,957,000 人 平 成 24 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 1

4 平 成 25 年 福 島 県 人 口 動 態 の 概 況 1 結 果 の 要 約 注 ) 全 国 順 位 は 全 て 率 の 高 い 方 からの 順 位 (1) 出 生 数 は 増 加 出 生 数 は 14,546 人 で 前 年 の 13,770 人 より 776 人 増 加 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 )は 7.5 で 前 年 の 7.0 を 0.5 上 回 った 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.53 で 前 年 の 1.41 から 0.12 上 回 った 出 生 率 福 島 県 7.5 全 国 8.2 全 国 順 位 35 位 ( 昨 年 44 位 ) 合 計 特 殊 出 生 率 福 島 県 1.53 全 国 1.43 全 国 順 位 15 位 ( 昨 年 33 位 ) (2) 死 亡 数 は 増 加 ( 乳 児 死 亡 新 生 児 死 亡 は 減 少 周 産 期 死 亡 は 増 加 ) 死 亡 数 は 23,611 人 で 前 年 の 23,418 人 より 193 人 増 加 し 死 亡 率 ( 人 口 千 対 )は 12.2 で 前 年 の 12.0 を 0.2 上 回 った 死 因 別 にみると 死 因 順 位 の 第 1 位 は 悪 性 新 生 物 第 2 位 は 心 疾 患 第 3 位 は 脳 血 管 疾 患 で 全 死 亡 者 に 占 める 割 合 はそれぞれ 25.9% 17.8% 11.2%となっている 死 亡 率 福 島 県 12.2 全 国 10.1 全 国 順 位 15 位 ( 昨 年 14 位 ) 乳 児 死 亡 数 は 24 人 で 前 年 の 30 人 より 6 人 減 少 し 乳 児 死 亡 率 ( 出 生 千 対 )は 1.6 で 前 年 の 2.2 を 0.6 下 回 った 乳 児 死 亡 率 福 島 県 1.6 全 国 2.1 全 国 順 位 41 位 ( 昨 年 26 位 ) 新 生 児 死 亡 数 は 9 人 で 前 年 の 13 人 より 4 人 減 少 し 新 生 児 死 亡 率 ( 出 生 千 対 )は 0.6 で 前 年 の 0.9 を 0.3 下 回 った 新 生 児 死 亡 率 福 島 県 0.6 全 国 1.0 全 国 順 位 45 位 ( 昨 年 31 位 ) 周 産 期 死 亡 数 は 78 人 で 前 年 の 63 人 より 15 人 増 加 し 周 産 期 死 亡 率 ( 出 産 千 対 )は 5.3 で 前 年 の 4.6 を 0.7 上 回 った 周 産 期 死 亡 率 福 島 県 5.3 全 国 3.7 全 国 順 位 2 位 ( 昨 年 9 位 ) (3) 自 然 増 加 数 は 増 加 出 生 と 死 亡 の 差 である 自 然 増 加 数 は 9,065 人 で 前 年 の 9,648 人 より 583 人 増 加 し 自 然 増 加 率 ( 人 口 千 対 )は 4.7 で 前 年 の 4.9 を 0.2 上 回 った 自 然 増 加 率 福 島 県 4.7 全 国 1.9 (4) 死 産 数 は 減 少 死 産 数 は 385 胎 で 前 年 の 388 胎 より 3 胎 減 少 し 死 産 率 ( 出 産 千 対 )は 25.8 で 前 年 の 27.4 を 1.6 下 回 った 死 産 率 福 島 県 25.8 全 国 22.9 全 国 順 位 8 位 ( 昨 年 8 位 ) (5) 婚 姻 件 数 は 減 少 婚 姻 件 数 は 9,069 組 で 前 年 の 9,285 組 より 216 組 減 少 し 婚 姻 率 ( 人 口 千 対 )は 4.7 で 前 年 の 4.7 から 増 減 なし 2

5 婚 姻 率 福 島 県 4.7 全 国 5.3 全 国 順 位 33 位 ( 昨 年 28 位 ) 平 均 初 婚 年 齢 は 夫 29.8 歳 で 前 年 の 29.9 歳 から 0.1 歳 低 下 し 妻 28.2 歳 で 前 年 の 28.1 歳 から 0.1 歳 上 昇 した 15 年 連 続 で 妻 は 平 均 初 婚 年 齢 が 都 道 府 県 で 最 も 低 く 夫 も 25 年 は 全 国 で 最 も 低 い (6) 離 婚 件 数 は 増 加 離 婚 件 数 は 3,246 組 で 前 年 の 3,210 組 より 36 組 増 加 し 離 婚 率 ( 人 口 千 対 )は 1.67 で 前 年 の 1.64 を 0.03 上 回 った 離 婚 率 福 島 県 1.67 全 国 1.84 全 国 順 位 34 位 ( 昨 年 37 位 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 対 前 年 比 較 実 数 率 参 考 平 均 発 生 件 数 参 考 平 成 22 平 成 25 年 平 成 24 年 対 前 年 増 減 平 成 22 年 平 成 25 年 平 成 24 年 対 前 年 増 減 年 平 成 25 年 平 成 24 年 時 分 秒 時 分 秒 出 生 14,546 13, , 死 亡 23,611 23, , 乳 児 死 亡 新 生 児 死 亡 自 然 増 加 9,065 9, , 死 産 自 然 死 産 人 工 死 産 周 産 期 死 亡 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 早 期 新 生 児 死 亡 婚 姻 9,069 9, , 離 婚 3,246 3, , 合 計 特 殊 出 生 率 合 計 特 殊 出 生 率 福 島 県 全 国 平 均 全 国 順 位 平 成 25 年 平 成 24 年 平 成 23 年 平 成 25 年 平 成 24 年 平 成 23 年 平 成 22 年 平 成 25 年 平 成 24 年 平 成 23 年 平 成 22 年 ( 注 ) 出 生 死 亡 自 然 増 加 婚 姻 離 婚 率 は 人 口 千 対 乳 児 新 生 児 早 期 新 生 児 死 亡 率 は 出 生 千 対 死 産 率 は 出 産 ( 出 生 + 死 産 ) 千 対 周 産 期 死 亡 率 及 び 妊 娠 22 週 以 後 の 死 産 率 は 出 産 ( 出 生 + 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 ) 千 対 算 出 に 用 いた 人 口 平 成 25 年 県 人 口 ( 日 本 人 人 口 )1,939,000 人 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 平 成 24 年 県 人 口 ( 日 本 人 人 口 ) 1,955,000 人 平 成 24 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 3

6 第 2 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 対 全 国 比 較 平 成 24 年 福 島 県 全 国 比 較 全 国 順 位 福 島 県 全 国 比 較 全 国 順 位 ( 率 の 高 いほ ( 率 の 高 いほ (A) (B) (A)-(B) (A) (B) (A)-(B) うからの 順 位 ) うからの 順 位 ) 合 計 特 殊 出 生 率 出 生 率 死 亡 乳 児 死 亡 新 生 児 死 亡 自 然 増 加 死 産 自 然 死 産 人 工 死 産 周 産 期 死 亡 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 早 期 新 生 児 死 亡 平 成 25 年 ( 確 定 数 ) 婚 姻 離 婚 すべて 高 率 からの 順 位 4

7 2 出 生 (1) 出 生 数 平 成 25 年 の 出 生 数 は 14,546 人 で 前 年 の 13,770 人 より 776 人 増 加 した 第 1 次 ベビーブームに 最 も 出 生 数 が 多 かった 昭 和 24 年 の 73,051 人 と 比 べて58,505 人 少 ない 第 二 次 ベビーブームが 去 った 昭 和 50 年 以 降 は 増 加 と 減 少 を 繰 り 返 しながら ゆるやかな 減 少 傾 向 であったが 平 成 11 年 から 7 年 連 続 で 減 少 し 平 成 18 年 は 8 年 ぶりに 増 加 したが その 後 は 再 び 減 少 している ( 第 1 図 ) また 出 生 率 は 7.5 で 前 年 の 7.0 を 0.5 上 回 った 全 国 順 位 は 35 位 である 出 生 数 を 母 の 年 齢 別 にみると 15~24 歳 45~49 歳 では 減 少 し 25~44 歳 で 出 生 数 が 増 加 した 特 に 35~39 歳 での 増 加 数 は 大 きい ( 第 3 表 ) (2) 合 計 特 殊 出 生 率 平 成 25 年 の 合 計 特 殊 出 生 率 は1.53 で 前 年 の1.41 を0.12 上 回 った 全 国 平 均 は 前 年 から0.02 上 昇 した 1.43 となり 全 国 を 0.1 上 回 り 全 国 順 位 は 15 位 となっている 第 3 表 母 の 年 齢 別 (5 歳 階 級 ) 別 にみた 出 生 数 母 の 年 齢 出 生 数 対 前 年 比 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 平 成 23 年 平 成 22 年 25 年 -24 年 24 年 -23 年 23 年 -22 年 総 数 14,546 13,770 15,072 16, ,302 1,054 ~14 歳 ~ ~24 1,954 1,986 2,234 2, ~29 4,625 4,536 4,789 5, ~34 4,660 4,289 4,910 5, ~39 2,633 2,268 2,472 2, ~ ~ 歳 以 上 不 詳

8 第 1 図 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率 の 年 次 推 移 人 80,000 70,000 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 10,000 第 1 次 ベビーブーム ( 昭 和 22~24 年 ) 最 高 の 出 生 数 73,051 人 ( 昭 和 24 年 ) ひのえうま 24,548 人 ( 昭 和 41 年 ) 第 2 次 ベビーブーム ( 昭 和 46~49 年 ) 出 生 数 32,884 人 ( 昭 和 49 年 ) 福 島 県 出 生 数 全 国 福 島 県 平 成 25 年 出 生 数 14,546 人 率 合 計 特 殊 出 生 率 0 0 昭和 年 3 死 亡 平 成 25 年 の 死 亡 数 は 23,611 人 で 前 年 の 23,418 人 より 193 人 増 加 し 死 亡 率 ( 人 口 千 対 )は 12.2 で 前 年 を 0.2 上 回 った 全 国 順 位 は 15 位 となっている 死 亡 数 の 過 去 の 推 移 をみると 昭 和 52 年 に 過 去 最 低 の 14,144 人 を 記 録 した 以 降 は 平 成 23 年 の 東 日 本 大 震 災 による 大 幅 な 増 加 を 除 き 増 加 と 減 少 を 繰 り 返 しながらゆるやかな 増 加 傾 向 になって いる ( 第 2 図 ) 人 30,000 第 2 図 年 次 別 にみた 死 亡 数 及 び 死 亡 率 福 島 県 死 亡 数 福 島 県 全 国 15 25,000 20,000 最 低 の 死 亡 数 昭 和 52 年 14,144 人 平 成 25 年 23,611 人 率 死 亡 率 15,000 10, 人 口 千 対 5, 昭 和 年 6

9 第 5 表 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみた 死 亡 数 年 齢 階 級 死 亡 数 死 亡 数 年 齢 階 級 平 成 25 年 平 成 24 年 対 前 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 対 前 年 増 減 総 数 23,611 23, ~ ~4 歳 ~ ~ ~ ~ ~64 1,120 1, ~ ~69 1,316 1, ~ ~74 1,791 1, ~ ~79 2,785 2, ~ ~84 4,474 4, ~ ~89 5,095 4, ~ 歳 以 上 5,379 5, 平 成 24 年 の90 歳 以 上 には 年 齢 不 詳 1を 含 む (1) 死 因 順 位 平 成 25 年 の 死 亡 数 を 死 因 順 位 別 にみると 第 1 位 は 悪 性 新 生 物 で 6,116 人 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )315.4 第 2 位 は 心 疾 患 4,193 人 第 3 位 は 脳 血 管 疾 患 2,637 人 とな っている ( 第 3 図 ) 主 な 死 因 の 年 次 推 移 をみると 悪 性 新 生 物 の 死 亡 数 は 増 加 を 続 けており 昭 和 59 年 に 脳 血 管 疾 患 にかわって 以 降 死 因 第 1 位 で 平 成 25 年 の 全 死 亡 者 に 占 める 割 合 は 25.9%となって いる 心 疾 患 は 平 成 元 年 に 脳 血 管 疾 患 にかわり 第 2 位 となりその 後 も 増 加 傾 向 を 示 しており 平 成 25 年 の 全 死 亡 者 に 占 める 割 合 は 17.8%となっている 脳 血 管 疾 患 は 昭 和 45 年 をピークに 低 下 しはじめ 昭 和 59 年 には 悪 性 新 生 物 にかわり 第 2 位 に さらに 平 成 元 年 には 心 疾 患 に かわり 第 3 位 となり その 後 は 増 加 と 減 少 を 繰 り 返 しながらも 減 少 傾 向 となっている ( 第 4 図 ) 悪 性 新 生 物 心 疾 患 及 び 脳 血 管 疾 患 を 合 わせた 全 死 亡 者 に 占 める 割 合 は 54.8%となってい る 主 な 死 因 別 死 亡 数 の 割 合 ( 平 成 25 年 ) 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 % 自 殺 % 腎 不 全 % 不 慮 の 事 故 % 老 衰 1, % 肝 疾 患 % 肺 炎 2, % その 他 4, % 7 脳 血 管 疾 患 2, % 悪 性 新 生 物 6, % 心 疾 患 4, %

10 350 第 4 図 主 要 死 因 別 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )の 年 次 推 移 昭 和 平 成 元 悪 性 新 生 物 脳 血 管 疾 患 心 疾 患 肺 炎 不 慮 の 事 故 自 殺 図 5 性 年 齢 階 級 別 にみた 主 な 死 因 の 構 成 割 合 ( 平 成 25 年 ) ( 男 ) ( 女 ) 歳 以 上 0% 10%20%30%40%50%60%70%80%90%100% 歳 以 上 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90%100% 悪 性 新 生 物 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 肺 炎 不 慮 の 事 故 老 衰 自 殺 その 他 8

11 悪 性 新 生 物 悪 性 新 生 物 について 死 亡 数 死 亡 率 を 部 位 別 にみると 最 も 死 亡 数 が 多 いのは 気 管 気 管 支 及 び 肺 の 1,245 人 で 悪 性 新 生 物 による 死 亡 数 の 20.4% 全 死 亡 者 の 5.3%を 占 めている 次 いで 胃 (846 人 13.8% 3.6%) 結 腸 (582 人 9.5% 2.5%) 膵 臓 (537 人 8.8% 2.3%) 肝 臓 (424 人 6.9% 1.8%)の 順 になっている なお 結 腸 と 直 腸 直 腸 S 状 結 腸 移 行 部 を 合 わせて 大 腸 として 示 した 場 合 死 亡 数 は 851 人 悪 性 新 生 物 による 死 亡 数 の 13.9% 全 死 亡 者 の 3.6% 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )43.9 とな っている ( 男 女 別 について 第 図 ) 第 6-1 図 悪 性 新 生 物 部 位 別 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )の 年 次 推 移 ( 男 ) 昭 和 平 成 元 胃 気 管 気 管 支 及 び 肺 肝 及 び 肝 内 胆 管 膵 大 腸 第 6-2 図 悪 性 新 生 物 部 位 別 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )の 年 次 推 移 ( 女 ) 昭 和 平 成 元 胃 気 管 気 管 支 及 び 肺 肝 及 び 肝 内 胆 管 膵 乳 房 大 腸 子 宮 9

12 (2) 乳 児 死 亡 平 成 25 年 の 乳 児 死 亡 数 は 24 人 で 前 年 の 30 人 より 6 人 減 少 し 乳 児 死 亡 率 ( 出 生 千 対 ) は 1.6 で 前 年 の 2.2 を 0.6 下 回 った 全 国 順 位 は 41 位 となっている ( 第 7 図 第 8 図 ) 人 第 7 図 乳 児 死 亡 数 率 ( 出 生 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 乳 児 死 亡 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 24 人 率 乳 児 死 亡 率 出 生 千 対 昭和 平成 元 年 女 11 人 乳 児 死 亡 の 主 な 死 因 の 構 成 割 合 ( 平 成 25 年 ) 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常, 3 周 産 期 に 発 生 した 病 態, 3 乳 幼 児 突 然 死 症 候 群, 1 その 他, 4 不 慮 の 事 故,1 男 13 人 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常, 4 周 産 期 に 発 生 した 病 態, 4 その 他, 3 乳 幼 児 突 然 死 症 候 群, 1 死 因 分 類 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常 周 産 期 に 発 生 した 病 態 不 慮 の 事 故 肺 炎 乳 幼 児 突 然 死 症 候 群 その 他 計 25 年 24 年 23 年 22 年 21 年 20 年

13 (3) 新 生 児 死 亡 平 成 25 年 の 新 生 児 死 亡 数 は 9 人 で 前 年 の 13 人 より 4 人 減 少 した 新 生 児 死 亡 率 ( 出 生 千 対 )については 0.6 で 前 年 の 0.9 を 0.3 下 回 って 全 国 順 位 は 45 位 となっている ( 第 8 図 第 9 図 ) 人 400 第 8 図 新 生 児 死 亡 数 率 ( 出 生 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 新 生 児 死 亡 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 9 人 率 昭和 平成 元 年 第 9 図 新 生 児 死 亡 の 主 な 死 因 の 構 成 割 合 ( 平 成 25 年 ) 女 5 人 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常, 2 周 産 期 に 発 生 した 病 態, 2 その 他, 1 男 4 人 周 産 期 に 発 生 した 病 態, 4 死 因 分 類 敗 血 症 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常 周 産 期 に 発 生 した 病 態 不 慮 の 事 故 その 他 計 年 24 年 23 年 22 年 21 年

14 (4) 周 産 期 死 亡 平 成 25 年 の 周 産 期 死 亡 数 は 78 人 で 前 年 の 63 人 より 15 人 増 加 し 周 産 期 死 亡 率 ( 出 産 千 対 )は 5.3 で 前 年 の 4.6 を 0.7 上 回 った 全 国 順 位 は 2 位 となっている ( 第 10 図 ) 件 1,000 第 10 図 周 産 期 死 亡 数 率 ( 出 産 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 周 産 期 死 亡 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 78 人 率 周 産 期 死 亡 率 出 産 千 対 0 昭和 平成 元 年 4 自 然 増 加 平 成 25 年 の 自 然 増 加 数 は 9,065 人 で 前 年 の 人 より 583 人 増 加 し 自 然 増 加 率 は 4.7 で 前 年 の 4.9 を 0.2 上 回 った ( 第 11 図 ) 人 50,000 45,000 40,000 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5, ,000-10,000-15,000 昭和 24 第 11 図 自 然 増 加 数 率 ( 人 口 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 自 然 増 加 数 福 島 県 全 国 平成 元 平 成 25 年 9,067 人 率 年 自 然 増 加 率 人 口 千 対 12

15 5 死 産 平 成 25 年 の 死 産 数 は 385 胎 で 前 年 の 388 胎 より 3 胎 減 少 し 死 産 率 ( 出 産 千 対 )は 25.8 で 前 年 の 27.4 を 1.6 下 回 った 全 国 順 位 は 8 位 となっている ( 第 12 図 ) 死 産 数 率 の 過 去 の 推 移 をみると 増 減 をしながら 減 少 傾 向 で 平 成 15 年 から 減 少 を 続 けてい たが 死 産 率 は 平 成 21 年 に 7 年 ぶりに 死 産 数 は 平 成 22 年 に 8 年 ぶりに 増 加 した ( 第 12-1 図 ) 自 然 死 産 人 工 死 産 別 の 過 去 の 推 移 をみると 昭 和 60 年 から 人 工 死 産 数 が 自 然 死 産 数 を 上 回 っていたが 平 成 20 年 に 自 然 死 産 数 が 人 工 死 産 数 を 上 回 って 以 降 2 年 ごとに 自 然 死 産 と 人 工 死 産 の 逆 転 が 起 きている ( 第 7 表 )( 第 12-2 図 ) 胎 3,000 2,500 2,000 1,500 1, 昭和 42 第 12 図 死 産 数 率 ( 出 産 千 対 )の 年 次 推 移 平成 元 福 島 県 死 産 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 385 胎 年 死 産 率 出 産 千 対 第 7 表 自 然 死 産 数 人 工 死 産 数 の 年 次 推 移 総 数 自 然 死 産 人 工 死 産 平成19 年 胎 第 12-2 図 自 然 死 産 数 人 工 死 産 数 の 年 次 推 移 総 数 自 然 死 産 人 工 死 産 0 昭和 平成 元 年 13

16 6 婚 姻 平 成 25 年 の 婚 姻 件 数 は 9,069 組 で 前 年 の 9,285 組 より 216 組 減 少 し 婚 姻 率 ( 人 口 千 対 ) は 4.7 で 前 年 と 同 率 であった 全 国 順 位 は 33 位 となっている ( 第 13 図 ) 平 均 初 婚 年 齢 は 夫 29.8 歳 で 前 年 の 29.9 歳 から 0.1 歳 低 下 し 妻 28.2 歳 で 前 年 の 28.1 歳 から 0.1 歳 上 昇 した 15 年 連 続 で 妻 は 平 均 初 婚 年 齢 が 都 道 府 県 で 最 も 低 く 夫 も 25 年 は 全 国 で 最 も 低 い ( 第 8 表 ) 組 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 第 13 図 婚 姻 件 数 率 ( 人 口 千 対 )の 年 次 推 移 最 高 の 婚 姻 件 数 昭 和 22 年 26,598 組 最 高 の 婚 姻 率 福 島 県 婚 姻 件 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 9,069 組 15 婚 姻 率 10 人 口 千 対 5 0 昭和 平成 元 年 第 8 表 年 次 平 均 初 婚 年 齢 の 年 次 推 移 福 島 県 全 国 福 島 県 全 国 年 次 夫 妻 夫 妻 夫 妻 夫 妻 昭 和 平 成 平 成 全 国 順 位 1 位 1 位 14

17 7 離 婚 平 成 25 年 の 離 婚 件 数 は 3,246 組 で 前 年 の 3,210 組 より 36 組 増 加 し 離 婚 率 ( 人 口 千 対 )は 1.67 で 前 年 の 1.64 を 0.03 上 回 った 全 国 順 位 は 34 位 となっている ( 第 14 図 ) 過 去 の 推 移 をみると 件 数 は 昭 和 45 年 以 降 増 え 始 め 昭 和 59 年 から 一 度 減 少 に 転 じたがその 後 再 び 増 加 傾 向 となり 平 成 15 年 から 減 少 に 転 じたものの 以 後 増 加 と 減 少 を 繰 り 返 している 組 5,000 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1, 昭和 24 第 14 図 離 婚 件 数 率 ( 人 口 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 離 婚 件 数 福 島 県 全 国 平成 元 平 成 25 年 3,246 組 率 年 離 婚 率 人 口 千 対 15

18 16

19 統 計 表 17

20 18

21 第 1 表 年 次 出 生 数 死 亡 数 自 然 増 加 数 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 (1) 乳 児 死 亡 数 新 生 児 死 亡 数 周 産 期 死 亡 数 明 治 33 年 1,420, , , , , , ,528 26,828 大 正 元 1,737,674 1,037, , , , , ,422 59,143 昭 和 元 2,104,406 1,160, , , , , ,847 50, ,190,704 1,161,936 1,028, ,706 97, , ,730 48, ,115,867 1,186, , ,509 81, , ,575 48, ,337, ,876 1,432, ,515 64, , , ,081 83, ,730, ,523 1,037,169 68,801 38,646 75, , ,861 75, ,606, , ,442 49,293 27,362 66, , ,115 69, ,823, ,438 1,123,259 33,742 21,260 54, , ,852 77, ,934, ,962 1,221,277 25,412 16,742 41, ,095 1,029,405 95, ,901, ,275 1,199,165 19,103 12,912 30, , , , ,576, , ,088 11,841 7,796 18,385 77, , , ,431, , ,294 7,899 4,910 11,470 69, , ,640 平 成 2 1,221, , ,280 5,616 3,179 7,001 53, , , ,187, , ,925 5,054 2,615 8,412 39, , , ,190, , ,894 3,830 2,106 6,881 38, , , ,170, , ,331 3,599 1,909 6,476 37, , , ,153, , ,476 3,497 1,937 6,333 36, , , ,123,610 1,014, ,659 3,364 1,879 5,929 35, , , ,110,721 1,028,602 82,119 3,122 1,622 5,541 34, , , ,062,530 1,083,796 21,266 2,958 1,510 5,149 31, , , ,092,674 1,084,450 8,224 2,864 1,444 5,100 30, , , ,089,818 1,108,334 18,516 2,828 1,434 4,906 29, , , ,091,156 1,142,407 51,251 2,798 1,331 4,720 28, , , ,070,035 1,141,865 71,830 2,556 1,254 4,519 27, , , ,071,304 1,197, ,708 2,450 1,167 4,515 26, , , ,050,806 1,253, ,260 2,463 1,147 4,315 25, , , ,037,231 1,256, ,128 2,299 1,065 4,133 24, , , ,029,816 1,268, ,620 2,185 1,026 3,862 24, , ,383 注 : 平 成 6 年 以 前 の 周 産 期 死 亡 数 は 妊 娠 満 28 週 以 後 の 死 産 + 早 期 新 生 児 死 亡 である 死 産 数 婚 姻 件 数 全 離 婚 件 数 国 年 次 出 生 数 死 亡 数 自 然 増 加 数 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 (1) 乳 児 死 亡 数 明 治 33 年 35,249 21,143 14,106 5,653 4,479 8,420 1,915 大 正 元 41,986 24,029 17,957 6,370 4,651 10,858 1,494 昭 和 元 56,281 27,462 28,819 7,233 3,700 13,631 1, ,059 26,455 29,604 5,986 3,166 13,159 1, ,290 27,332 26,958 5,005 2,531 14,817 1, ,562 23,619 43,943 4,263 5,923 19,752 1, ,949 18,287 30,662 2,422 1,242 5,007 15,528 1, ,239 17,044 22,195 1, ,292 16,700 1, ,807 16,109 16, ,007 3,154 13,604 1, ,952 15,672 14, ,348 14,394 1, ,287 14,801 16, ,778 15,065 1, ,504 14,869 14, ,547 12,852 2, ,305 14,967 12, ,369 12,802 2,439 平 成 2 22,721 15,746 6, ,043 11,147 2, ,306 17,743 3, ,070 2, ,332 18,642 1, ,445 3, ,008 19, ,623 4, ,466 18, ,472 4, ,824 19, ,991 4, ,306 20,015 1, ,562 4, ,538 20,981 3, ,606 4, ,541 20,528 2, ,512 4, ,101 21,339 4, ,178 4, ,908 21,583 4, ,252 3, ,326 21,568 5, ,764 3, ,126 22,747 6, ,582 3, ,072 26,106 11, ,796 3, ,770 23,418 9, ,285 3, ,546 23,611 9, ,069 3,246 注 : 平 成 6 年 以 前 の 周 産 期 死 亡 数 は 妊 娠 満 28 週 以 後 の 死 産 + 早 期 新 生 児 死 亡 である 19 新 生 児 死 亡 数 周 産 期 死 亡 数 死 産 数 婚 姻 件 数 福 島 県 離 婚 件 数

22 年 次 明 治 33 年 大 正 元 昭 和 元 平 成 年 次 明 治 33 年 大 正 元 昭 和 元 平 成 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 (2) 出 生 率 合 計 特 殊 死 亡 率 自 然 増 加 率 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 死 産 率 婚 姻 率 離 婚 率 ( 人 口 千 対 ) 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 産 千 対 ) ( 出 産 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) 注 : 平 成 6 年 以 前 の 周 産 期 死 亡 率 は 妊 娠 満 28 週 以 後 の 死 産 数 に 早 期 新 生 児 死 亡 数 を 加 えたものを 出 生 数 で 除 している 福 島 県 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 (2) 出 生 率 合 計 特 殊 死 亡 率 自 然 増 加 率 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 死 産 率 婚 姻 率 離 婚 率 ( 人 口 千 対 ) 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 産 千 対 ) ( 出 産 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) 注 : 平 成 6 年 以 前 の 周 産 期 死 亡 率 は 妊 娠 満 28 週 以 後 の 死 産 数 に 早 期 新 生 児 死 亡 数 を 加 えたものを 出 生 数 で 除 している 20 全 国

23 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 平 成 25 年 平 成 24 年 比 較 死 因 死 亡 者 数 死 亡 者 死 亡 率 総 数 に 人 口 10 万 占 める 割 対 合 (%) 死 亡 者 数 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 者 数 死 亡 率 人 口 10 万 対 全 死 因 23,611 1, ,418 1, 悪 性 新 生 物 6, , 心 疾 患 4, , 脳 血 管 疾 患 2, , 肺 炎 2, , 老 衰 1, , 不 慮 の 事 故 腎 不 全 自 殺 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 肝 疾 患 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 福 島 県 (A) 全 国 (B) 比 較 (A)-(B) 死 因 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 め る 割 合 (%) 全 死 因 1, , 悪 性 新 生 物 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 肺 炎 老 衰 不 慮 の 事 故 腎 不 全 自 殺 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 肝 疾 患 全 国 の 死 亡 数 1,268, , , , ,969 69,720 39,574 25,101 26,063 16,443 15,930 全 国 死 亡 者 総 数 1,268,436 全 国 人 口 ( 推 計 ) 125,704,000 21

24 第 4 表 生 活 習 慣 病 による 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 平 成 25 年 平 成 24 年 比 較 死 因 死 亡 者 数 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 者 数 死 亡 者 総 死 亡 率 人 数 に 占 め 口 10 万 対 る 割 合 (%) 死 亡 者 数 死 亡 率 人 口 10 万 対 生 活 習 慣 病 による 死 亡 者 13, , 悪 性 新 生 物 6, , 心 疾 患 4, , 脳 血 管 疾 患 2, , 糖 尿 病 高 血 圧 性 疾 患 生 活 習 慣 病 以 外 による 死 亡 者 10, , 総 数 23,611 1, ,418 1, 第 5 表 生 活 習 慣 病 による 死 亡 率 対 全 国 比 較 福 島 県 (A) 全 国 (B) 比 較 (A)-(B) 死 因 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 生 活 習 慣 病 による 死 亡 者 悪 性 新 生 物 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 糖 尿 病 高 血 圧 性 疾 患 生 活 習 慣 病 以 外 による 死 亡 者 総 数 1, , 全 国 死 亡 者 総 数 男 子 女 子 全 国 人 口 1,268, , , ,704,000 22

25 第 6 表 死 因 悪 性 新 生 物 主 要 部 位 別 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 死 亡 者 数 平 成 25 年 悪 性 新 生 死 亡 率 人 物 での 死 亡 口 10 万 対 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 者 数 平 成 24 年 悪 性 新 生 物 による 死 亡 者 総 数 6, , 気 管 気 管 支 及 び 肺 1, , 胃 膵 臓 結 腸 肝 臓 胆 のう 及 びその 他 の 胆 道 直 腸 直 腸 S 状 結 腸 移 行 部 食 道 前 立 腺 注 1 注 1 死 亡 率 人 口 10 万 対 悪 性 新 生 物 で の 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 乳 房 悪 性 リ ン パ 腫 白 血 病 子 宮 注 注 卵 巣 注 注 そ の 他 ( 注 1) 男 性 人 口 10 万 対 である ( 注 2) 女 性 人 口 10 万 対 である 比 較 死 亡 率 死 亡 者 数 人 口 10 万 対 第 7 表 死 因 死 亡 率 人 口 10 万 対 悪 性 新 生 物 による 死 亡 者 総 数 気 管 気 管 支 及 び 肺 胃 膵 臓 結 腸 肝 臓 胆 のう 及 びその 他 の 胆 道 直 腸 直 腸 S 状 結 腸 移 行 部 食 道 前 立 腺 注 注 乳 房 悪 性 リ ン パ 腫 白 血 病 子 宮 注 注 注 2 注 2 卵 巣 そ の 他 ( 注 1) 男 性 人 口 10 万 対 である ( 注 2) 女 性 人 口 10 万 対 である 日 本 人 人 口 全 国 ( 推 計 ) 男 女 悪 性 新 生 物 主 要 部 位 別 死 亡 率 対 全 国 比 較 福 島 県 (A) 悪 性 新 生 物 での 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 125,704,000 全 国 死 亡 者 総 数 61,186,000 男 64,518,000 女 全 国 (B) 悪 性 新 生 物 での 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 1,268, , ,752 比 較 (A)-(B) 死 亡 率 人 口 10 万 対 悪 性 新 生 物 での 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 364,872 72,734 48,632 30,672 32,682 30,175 18,225 14,972 11,543 11,560 13,230 11,298 8,133 6,033 4,717 50,266 23

26 第 8 表 死 因 ( 死 因 分 類 ) 性 別 ; 死 亡 数 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )(24) 死 因 分 類 コード 総 数 男 女 総 数 男 女 23,611 12,206 11,405 1, , , 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 腸 管 感 染 症 結 核 呼 吸 器 結 核 その 他 の 結 核 敗 血 症 ウイルス 肝 炎 B 型 ウイルス 肝 炎 C 型 ウイルス 肝 炎 その 他 のウイルス 肝 炎 ヒト 免 疫 不 全 ウイルス(HIV) 病 その 他 の 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 新 生 物 6,306 3,812 2, 悪 性 新 生 物 6,116 3,703 2, 口 唇 口 腔 及 び 咽 頭 の 悪 性 新 生 物 食 道 の 悪 性 新 生 物 胃 の 悪 性 新 生 物 結 腸 の 悪 性 新 生 物 直 腸 S 状 結 腸 移 行 部 及 び 直 腸 の 悪 性 新 生 物 肝 及 び 肝 内 胆 管 の 悪 性 新 生 物 胆 のう 及 びその 他 の 胆 道 の 悪 性 新 生 物 膵 の 悪 性 新 生 物 喉 頭 の 悪 性 新 生 物 気 管 気 管 支 及 び 肺 の 悪 性 新 生 物 1, 皮 膚 の 悪 性 新 生 物 乳 房 の 悪 性 新 生 物 子 宮 の 悪 性 新 生 物 女 性 の 数 値 卵 巣 の 悪 性 新 生 物 女 性 の 数 値 前 立 腺 の 悪 性 新 生 物 男 性 の 数 値 膀 胱 の 悪 性 新 生 物 中 枢 神 経 系 の 悪 性 新 生 物 悪 性 リンパ 腫 白 血 病 死 総 因 数 その 他 のリンパ 組 織 造 血 組 織 及 び 関 連 組 織 の 悪 性 新 生 物 死 亡 者 数 死 亡 率 その 他 の 悪 性 新 生 物 その 他 の 新 生 物 中 枢 神 経 系 のその 他 の 新 生 物 中 枢 神 経 系 を 除 くその 他 の 新 生 物 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 貧 血 その 他 の 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 内 分 泌 栄 養 及 び 代 謝 疾 患 糖 尿 病 その 他 の 内 分 泌 栄 養 及 び 代 謝 疾 患

27 第 8 表 死 因 ( 死 因 分 類 ) 性 別 ; 死 亡 数 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )(25) 死 因 分 類 死 亡 者 数 死 亡 率 コード 死 因 総 数 男 女 総 数 男 女 精 神 及 び 行 動 の 障 害 血 管 性 及 び 詳 細 不 明 の 認 知 症 1) その 他 の 精 神 及 び 行 動 の 障 害 神 経 系 の 疾 患 髄 膜 炎 脊 髄 性 筋 萎 縮 症 及 び 関 連 症 候 群 パーキンソン 病 アルツハイマー 病 その 他 の 神 経 系 の 疾 患 眼 及 び 付 属 器 の 疾 患 耳 及 び 乳 様 突 起 の 疾 患 循 環 器 系 の 疾 患 7,409 3,469 3, 高 血 圧 性 疾 患 高 血 圧 性 心 疾 患 及 び 心 腎 疾 患 その 他 の 高 血 圧 性 疾 患 心 疾 患 ( 高 血 圧 症 を 除 く) 4,193 1,997 2, 慢 性 リウマチ 性 心 疾 患 急 性 心 筋 梗 塞 1, その 他 の 虚 血 性 心 疾 患 慢 性 非 リウマチ 性 心 内 膜 疾 患 心 筋 症 不 整 脈 及 び 伝 導 障 害 心 不 全 1, その 他 の 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 2,637 1,186 1, くも 膜 下 出 血 脳 内 出 血 脳 梗 塞 1, その 他 の 脳 血 管 疾 患 大 動 脈 瘤 及 び 解 離 その 他 の 循 環 器 系 の 疾 患 呼 吸 器 系 の 疾 患 3,564 2,046 1, インフルエンザ 肺 炎 2,159 1,153 1, 急 性 気 管 支 炎 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 喘 息 その 他 の 呼 吸 器 系 の 疾 患 消 化 器 系 の 疾 患 胃 潰 瘍 及 び 十 二 指 腸 潰 瘍 ヘルニア 及 び 腸 閉 塞 肝 疾 患 肝 硬 変 (アルコール 性 を 除 く) その 他 の 肝 疾 患 その 他 の 消 化 器 系 の 疾 患 皮 膚 及 び 皮 下 組 織 の 疾 患 筋 骨 格 系 及 び 結 合 組 織 の 疾 患

28 第 8 表 死 因 ( 死 因 分 類 ) 性 別 ; 死 亡 数 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )(26) 死 因 分 類 死 亡 者 数 死 亡 率 コード 死 因 総 数 男 女 総 数 男 女 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 1) 糸 球 体 疾 患 及 び 腎 尿 細 管 間 質 性 疾 患 腎 不 全 急 性 腎 不 全 慢 性 腎 不 全 詳 細 不 明 の 腎 不 全 その 他 の 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 1) 妊 娠 分 娩 及 び 産 じょく 女 性 の 数 値 周 産 期 に 発 生 した 病 態 妊 娠 期 間 及 び 胎 児 発 育 に 関 連 する 障 害 出 産 外 傷 周 産 期 に 特 異 的 な 呼 吸 障 害 及 び 心 血 管 障 害 周 産 期 に 特 異 的 な 感 染 症 胎 児 及 び 新 生 児 の 出 血 性 障 害 及 び 血 液 障 害 その 他 の 周 産 期 に 発 生 した 病 態 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常 神 経 系 の 先 天 奇 形 循 環 器 系 の 先 天 奇 形 心 臓 の 先 天 奇 形 その 他 の 循 環 器 系 の 先 天 奇 形 消 化 器 系 の 先 天 奇 形 その 他 の 先 天 奇 形 及 び 変 形 染 色 体 異 常 他 に 分 類 されないもの 症 状 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で , , 他 に 分 類 されないもの 老 衰 1, , 乳 幼 児 突 然 死 症 候 群 その 他 の 症 状 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で 他 に 分 類 されないもの 傷 病 及 び 死 亡 の 外 因 1, 不 慮 の 事 故 交 通 事 故 転 倒 転 落 不 慮 の 溺 死 及 び 溺 水 不 慮 の 窒 息 煙 火 及 び 火 炎 への 曝 露 有 害 物 質 による 不 慮 の 中 毒 及 び 有 害 物 質 への 曝 露 その 他 の 不 慮 の 事 故 自 殺 他 殺 その 他 の 外 因 特 殊 目 的 用 コード 2) 重 症 急 性 呼 吸 器 症 候 群 (SARS) 2) ) ICD-10(2003 年 版 準 拠 )の 適 用 により 分 類 名 が 変 更 された 2) ICD-10(2003 年 版 準 拠 )の 適 用 により 分 類 名 が 追 加 された 26

29 第 9 表 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 出 生 割 合 年 次 別 年 次 総 数 15 歳 未 満 15 歳 ~ 19 歳 20 歳 ~ 24 歳 25 歳 ~ 29 歳 30 歳 ~ 34 歳 35 歳 ~ 39 歳 40 歳 ~ 44 歳 45 歳 ~ 49 歳 50 歳 以 上 不 詳 昭 和 平 成

30 第 10 表 離 婚 件 数 同 居 期 間 別 年 次 総 数 1 年 未 満 1 年 ~ 2 年 未 満 2 年 ~ 3 年 未 満 3 年 ~ 4 年 未 満 4 年 ~ 5 年 未 満 5 年 ~ 10 年 未 満 10 年 ~ 15 年 未 満 15 年 ~ 20 年 未 満 20 年 以 上 不 詳 実 数 昭 和 55 2, , 平 成 2 2, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 百 分 率 ( % ) 昭 和 平 成 ( 注 ) ( 百 分 率 )=( 各 期 間 の 件 数 ) {( 総 数 )-( 不 詳 )}

31 第 11 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 保 健 所 別 保 健 所 出 生 数 総 数 男 女 ( 再 掲 ) 2500g 未 満 総 数 死 亡 数 男 女 自 然 増 加 数 乳 児 死 亡 数 新 生 児 死 亡 数 総 数 死 産 数 自 然 人 工 総 数 周 産 期 死 亡 数 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 早 期 新 生 児 死 亡 婚 姻 件 数 離 婚 件 数 保 健 所 総 数 14,546 7,526 7,020 1,449 23,611 12,206 11,405 9, ,069 3,246 総 数 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 3,442 1,753 1, ,812 3,048 2,764 2, , , ,483 1,270 1,213 1, , , , ,891 1,951 1,940 2, , , ,147 1,137 1, ,694 1,398 1, ,057 1,612 1, , ,489 1,292 1, ,076 2,113 1,963 1, , 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 24 年 保 健 所 出 生 数 死 亡 数 ( 再 掲 ) ( 再 掲 ) 死 産 数 周 産 期 死 亡 数 自 然 ( 再 掲 ) 増 加 数 乳 児 新 生 児 妊 娠 満 22 週 早 期 新 生 児 総 数 男 女 総 数 男 女 総 数 自 然 人 工 総 数 2500g 未 満 死 亡 数 死 亡 数 以 後 の 死 産 死 亡 婚 姻 件 数 離 婚 件 数 保 健 所 総 数 13,770 7,075 6,695 1,329 23,418 12,079 11,339 9, ,285 3,210 総 数 県 北 保 健 所 3,097 1,612 1, ,518 2,932 2,586 2, , 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 1, ,516 1,300 1,216 1, 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 1, , 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 1, ,824 1,923 1,901 2, , 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 1, ,106 1,104 1, 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 2,596 1,327 1, ,120 1,629 1, , 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 2,337 1,215 1, ,035 2,055 1,980 1, , いわき 市 保 健 所 前 年 との 比 較 (25 年 -24 年 ) 保 健 所 出 生 数 死 亡 数 ( 再 掲 ) ( 再 掲 ) 死 産 数 周 産 期 死 亡 数 自 然 ( 再 掲 ) 増 加 数 乳 児 新 生 児 妊 娠 満 22 週 早 期 新 生 児 男 女 総 数 男 女 総 数 自 然 人 工 総 数 総 数 2500g 未 満 死 亡 数 死 亡 数 以 後 の 死 産 死 亡 婚 姻 件 数 離 婚 件 数 保 健 所 総 数 総 数 県 北 保 健 所 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所

32 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 ( ) 保 健 所 市 町 村 出 生 数 死 亡 数 乳 児 死 亡 数 自 然 総 数 男 女 総 数 女 増 加 数 総 数 男 女 ( 再 掲 ) 2,500g 未 満 男 総 数 14,546 7,526 7,020 1,449 23,611 12,206 11,405 9, 県 北 保 健 所 3,442 1,753 1, ,812 3,048 2,764 2, 福 島 市 2,202 1,103 1, ,079 1,629 1, 二 本 松 市 伊 達 市 本 宮 市 桑 折 町 国 見 町 川 俣 町 大 玉 村 県 中 保 健 所 1, ,483 1,270 1,213 1, 須 賀 川 市 田 村 市 鏡 石 町 天 栄 村 石 川 町 玉 川 村 平 田 村 浅 川 町 古 殿 町 三 春 町 小 野 町 県 南 保 健 所 1, , 白 河 市 西 郷 村 泉 崎 村 中 島 村 矢 吹 町 棚 倉 町 矢 祭 町 塙 町 鮫 川 村

33 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 ( ) 新 生 児 死 亡 数 総 数 総 数 死 産 数 自 然 死 産 数 人 工 死 産 数 総 数 周 産 期 死 亡 22 週 以 降 死 産 早 期 新 生 児 婚 姻 離 婚 保 健 所 市 町 村 ,069 3,246 総 数 , 県 北 保 健 所 , 福 島 市 二 本 松 市 伊 達 市 本 宮 市 桑 折 町 国 見 町 川 俣 町 大 玉 村 県 中 保 健 所 須 賀 川 市 田 村 市 鏡 石 町 天 栄 村 石 川 町 玉 川 村 平 田 村 浅 川 町 古 殿 町 三 春 町 小 野 町 県 南 保 健 所 白 河 市 西 郷 村 泉 崎 村 中 島 村 矢 吹 町 棚 倉 町 矢 祭 町 塙 町 鮫 川 村 31

34 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 ( ) 保 健 所 市 町 村 出 生 数 死 亡 数 乳 児 死 亡 数 自 然 総 数 男 女 総 数 女 増 加 数 総 数 男 女 ( 再 掲 ) 2,500g 未 満 男 会 津 保 健 所 1, ,891 1,951 1,940 2, 会 津 若 松 市 , 喜 多 方 市 北 塩 原 村 西 会 津 町 磐 梯 町 猪 苗 代 町 会 津 坂 下 町 湯 川 村 柳 津 町 三 島 町 金 山 町 昭 和 村 会 津 美 里 町 南 会 津 保 健 所 下 郷 町 檜 枝 岐 村 只 見 町 南 会 津 町 相 双 保 健 所 1, ,147 1,137 1, 相 馬 市 南 相 馬 市 広 野 町 楢 葉 町 富 岡 町 川 内 村 大 熊 町 双 葉 町 浪 江 町 葛 尾 村 新 地 町 飯 舘 村 郡 山 市 保 健 所 2,694 1,398 1, ,057 1,612 1, 郡 山 市 2,694 1,398 1, ,057 1,612 1, いわき 市 保 健 所 2,489 1,292 1, ,076 2,113 1,963 1, いわき 市 2,489 1,292 1, ,076 2,113 1,963 1,

35 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 ( ) 新 生 児 死 亡 数 総 数 総 数 死 産 数 自 然 死 産 数 人 工 死 産 数 総 数 周 産 期 死 亡 22 週 以 降 死 産 早 期 新 生 児 婚 姻 離 婚 保 健 所 市 町 村 , 会 津 保 健 所 会 津 若 松 市 喜 多 方 市 北 塩 原 村 西 会 津 町 磐 梯 町 猪 苗 代 町 会 津 坂 下 町 湯 川 村 柳 津 町 三 島 町 金 山 町 昭 和 村 会 津 美 里 町 南 会 津 保 健 所 下 郷 町 檜 枝 岐 村 只 見 町 南 会 津 町 相 双 保 健 所 相 馬 市 南 相 馬 市 広 野 町 楢 葉 町 富 岡 町 川 内 村 大 熊 町 双 葉 町 浪 江 町 葛 尾 村 新 地 町 飯 舘 村 , 郡 山 市 保 健 所 , 郡 山 市 , いわき 市 保 健 所 , いわき 市 33

36 第 13 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 保 健 所 出 生 率 死 亡 率 自 然 増 加 率 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 死 産 率 周 産 期 死 亡 率 総 数 自 然 人 工 総 数 満 22 週 以 後 早 期 新 生 児 婚 姻 率 離 婚 率 保 健 所 ( 人 口 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 1 出 産 千 対 ) ( 2 出 産 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) 総 数 総 数 県 北 保 健 所 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 注 1 出 生 数 に 死 産 数 を 加 えたものである 注 2 出 生 数 に 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 数 を 加 えたものである 34

37 第 14 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 対 前 年 比 較 保 健 所 出 生 率 死 亡 率 自 然 増 加 率 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 婚 姻 率 離 婚 率 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 ( 人 口 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) 保 健 所 総 数 総 数 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 保 健 所 死 産 率 周 産 期 死 亡 率 総 数 自 然 人 工 総 数 満 22 週 以 後 早 期 新 生 児 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 ( 1 出 産 千 対 ) ( 2 出 産 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) 保 健 所 総 数 総 数 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 注 1 は 出 生 数 に 死 産 数 を 加 えたものである 2 は 出 生 数 に 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 数 を 加 えたものである 35

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63>

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63> 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 管 轄 区 域 図 管 轄 一 覧 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 各 種 統 計 調 査 の 概 略 図 主 な 統 計

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき 7. 福 島 県 県 北 会 津 相 双 県 中 南 会 津 いわき 県 南 7-1 目 次 福 島 県... 7 3 1. 県 北 医 療 圏... 7 9 2. 県 中 医 療 圏... 7 15 3. 県 南 医 療 圏... 7 21 4. 会 津 医 療 圏... 7 27 5. 南 会 津 医 療 圏... 7 33 6. 相 双 医 療 圏... 7 39 7. いわき 医 療 圏...

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

01第1章表紙

01第1章表紙 第 章 概 況 Ⅰ 県 南 地 域 の 概 況 () 地 勢 県 南 地 域 は 福 島 県 中 通 り 地 方 の 南 部 に 位 置 し 栃 木 茨 城 の 両 県 に 接 し 白 河 市 ( 平 成 7 年 月 7 日 白 河 市 表 郷 村 東 村 大 信 村 が 合 併 ) 西 白 河 郡 及 び 東 白 川 郡 の 市 4 町 4 村 からなり その 面 積 は,233.24km2と 県

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

スライド 1

スライド 1 全 国 健 康 保 険 協 会 広 島 支 部 データヘルス 計 画 ~ 安 定 した 経 営 は 従 業 員 の 健 康 づくりから~ 概 要 版 ~ ヘルスケア 通 信 簿 に 基 づく 事 業 所 毎 の 健 康 課 題 の 把 握 と 特 徴 に 合 った 保 健 事 業 の 提 案 ~ ヘルスケア 通 信 簿 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 商 標 登 録 です 平 成 27 年

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

第 23 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 28 年 6 月 6 日 ( 月 ) 13:30 場 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 ア 第 1 回 学 術 研 究 目 的 のためのデータ 提 供 に

第 23 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 28 年 6 月 6 日 ( 月 ) 13:30 場 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 ア 第 1 回 学 術 研 究 目 的 のためのデータ 提 供 に 第 23 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 日 時 平 成 28 年 6 月 6 日 ( 月 )13: 30 場 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 配 付 資 料 一 覧 次 第 出 席 者 名 簿 座 席 表 資 料 1 県 民 健 康 調 査 基 本 調 査 の 実 施 状 況 について 資 料 2-1 県 民 健 康 調 査 甲 状 腺 検 査 ( 本 格 検 査

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード]

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード] 大 阪 府 保 健 医 療 計 画 豊 能 能 勢 町 三 島 豊 能 町 茨 木 市 高 槻 市 島 本 町 池 田 市 箕 面 市 枚 方 市 北 河 内 大 阪 市 豊 中 市 大 阪 市 吹 田 市 摂 津 市 寝 屋 川 市 交 野 市 守 口 市 門 真 市 四 條 畷 市 大 東 市 東 大 阪 市 中 河 内 八 尾 市 堺 市 松 原 市 柏 原 市 藤 井 寺 市 泉 大 津 市

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

●特にご注意いただきたいこと●

●特にご注意いただきたいこと● < 平 成 25 年 月 > 医 療 保 険 - 約 款 特 約 集 - 明 治 安 田 損 害 保 険 株 式 会 社 お 願 い この 保 険 約 款 は ご 契 約 上 の 大 切 な 事 柄 をご 説 明 したものです 必 ずご 一 読 いただ き 保 険 証 券 とともに 保 険 期 間 満 了 まで 大 切 に 保 管 してください もしおわかりになりにくい 点 お 気 づきの 点 がございましたら

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F629 持 続 的 人 格 変 化, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F639 習 慣 および 衝 動 の 障 害, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F649

成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F629 持 続 的 人 格 変 化, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F639 習 慣 および 衝 動 の 障 害, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F649 糖 尿 病 (E10-E14) E128 栄 養 障 害 に 関 連 する 糖 尿 病 の 合 併 症 を 伴 うもの 糖 尿 病 (E10-E14) E138 その 他 の 明 示 された 糖 尿 病 の 合 併 症 を 伴 うもの 糖 尿 病 (E10-E14) E140-E149 この 範 囲 の 全 て その 他 のグルコース 調 節 および 膵 内 分 泌 傷 害 (E15-E16) E162

More information

(2) 生 活 習 慣 病 は 区 民 の 死 因 の 6 割 を 占 める また 介 護 予 防 には 生 活 習 慣 病 に 加 え 認 知 症 や 骨 折 の 予 防 が 大 切 である 生 活 習 慣 病 が 死 因 に 占 める 割 合 は 約 6 割 国 や 東 京 都 と 同 様 の

(2) 生 活 習 慣 病 は 区 民 の 死 因 の 6 割 を 占 める また 介 護 予 防 には 生 活 習 慣 病 に 加 え 認 知 症 や 骨 折 の 予 防 が 大 切 である 生 活 習 慣 病 が 死 因 に 占 める 割 合 は 約 6 割 国 や 東 京 都 と 同 様 の 1 データでみるせたがやの 健 康 発 行 のねらい 区 では 健 康 せたがやプラン( 第 二 次 ) ( 平 成 24 年 度 ~33 年 度 )を 策 定 し 基 本 理 念 の 下 区 民 の 健 康 づくりに 取 り 組 んでいます その 方 策 の 1 つとして 健 康 に 関 するデータを 活 用 して 区 民 の 健 康 状 況 を 明 らかにすると 共 に 区 民 が 自 分 自

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

内 容 フォロー 体 制 の 伊 達 市 3.11 後 の 放 射 能 不 安 への 対 応 として 開 始 し 現 在 は 育 児 不 安 全 般 として ピアミーティング 心 理 士 による 心 理 相 談 保 育 士 による 親 子 遊 び 体 制 の 有 乳 幼 児 ; 小 集 団 の 中

内 容 フォロー 体 制 の 伊 達 市 3.11 後 の 放 射 能 不 安 への 対 応 として 開 始 し 現 在 は 育 児 不 安 全 般 として ピアミーティング 心 理 士 による 心 理 相 談 保 育 士 による 親 子 遊 び 体 制 の 有 乳 幼 児 ; 小 集 団 の 中 出 産 に 関 する 支 援 内 容 フォロー 体 制 の 体 制 の 有 福 島 市 相 談 会 や 親 子 遊 びの 教 室 会 津 若 松 市 未 熟 児 の 母 に 対 して 質 問 票 を 行 い 地 区 担 当 保 健 師 が 支 援 関 係 機 関 との 連 携 により 社 会 資 源 等 の 活 用 に 繋 げ 記 念 品 郡 山 市 第 一 子 と (1) 共 通 品 がくとくん&おん

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B> 第 4 章 医 療 情 報 等 の 分 析 による 健 康 課 題 1 医 療 費 の 状 況 (1) 医 療 費 の 経 年 変 化 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の 本 市 三 重 県 全 国 における 医 科 の 一 人 当 たり 医 療 費 の 推 移 を 合 計 入 院 外 来 とそれぞれ 表 しています ( 図 4-1) 一 人 当 たりの 医 療 費 は 三 重 県

More information

1分冊_表紙1

1分冊_表紙1 この 約 の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 定 疾 病 保 障 終 身 保 険 約 条 項 目 次 第 1 条 約 保 険 金 の 支 払 第 2 条 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 約 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 4 条 約 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 5 条 約 定 疾 病 保

More information

平成23年度第1回福島県「県民健康管理調査」検討委員会 次第(案)

平成23年度第1回福島県「県民健康管理調査」検討委員会 次第(案) 第 16 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 次 第 日 場 時 平 成 26 年 8 月 24 日 ( 日 )13:30~16:00 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 1 開 会 2 議 事 (1) 基 本 調 査 について (2) 詳 細 調 査 について 甲 状 腺 検 査 について 妊 産 婦 に 関 する 調 査 について (3) その 他 3 閉 会 県 民

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

医療費等分析及び事業計画書

医療費等分析及び事業計画書 島 本 町 国 民 健 康 保 険 保 健 事 業 実 施 計 画 (データヘルス 計 画 ) 平 成 27 年 3 月 島 本 町 - 目 次 - 第 1 章 事 業 目 的 と 背 景 1 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 概 要 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 2 3. 計 画 期 間 2 4. 計 画 の 推 進 2 第 2 章 島 本 町 の 現 状 3 1. 概 要 3 2. 人

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

■難病医療費助成制度の御案内

■難病医療費助成制度の御案内 制 度 の 趣 旨 難 病 医 療 費 助 成 制 度 の 御 案 内 [ 新 規 申 請 の 方 へ] 難 病 医 療 費 助 成 制 度 が 平 成 27 年 1 月 1 日 から 新 しくなります この 制 度 は 効 果 的 な 治 療 方 法 が 確 立 されるまでの 間 長 期 の 療 養 による 医 療 費 の 経 済 的 な 負 担 が 大 きい 方 を 支 援 するという 目 的

More information

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 と 復 興 への 課 題 ~ 分 野 別 エリア 別 分 析 ~ 目 次 サマリー P. 2 1. 総 括 P. 9 2. 生 活 社 会 インフラ P.11 3. 住 宅 P.19 4. 医 療 福 祉 P. 27 5. 製 造 業 P.35 6. 非 製 造 業 P.43 7. 農 林 水 産 業 P.51 補 論 被 害 額 の 推 定 プロセスの

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約● 15.7 終 身 定 期 総 合 医 療 / 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 終 身 定 期 総 合 医 療 のしくみ 年 定 期 型 終 身 型 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 ご 契 約 保 障 期 間 ( 年 ) 満 了 ご 契 約 保 障 期 間 ( 終 身 ) お 支 払 事 由 など(お 支 払 事 由 の 詳 細 およびお 支 払 いできない 場 合 等 については

More information

医療保険普通保険約款

医療保険普通保険約款 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 主 な 用 語 の 定 義 1. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 1 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 支 払 限 度 2. 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 第 3 条 入

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用 病 原 微 生 物 に 対 する 剤 1 抗 菌 ペニシリン 系 バイシリンG MSD 顆 粒 剤 :40 万 U/g(\31) ベンジルペニシリンベンザチン 水 和 物 Aus:A, 用 法 用 量 1 回 40 万 単 位,1 日 2~4 回, 梅 毒 :1 回 40 万 単 位,1 日 3~4 回 重 大 な 副 作 用 1)ショック,2) 溶 血 性 貧 血,3) 間 質 性 腎 炎 急 性

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

基 本 情 報.csv 3: 歯 科 診 療 所 4: 助 産 所 5 正 式 名 称 フリガナ 全 角 正 式 名 称 全 角 機 関 英 語 略 名 称 _ローマ 字 全 角 開 設 者 名 称 全 角 管 理 者 名 称 全 角 郵

基 本 情 報.csv 3: 歯 科 診 療 所 4: 助 産 所 5 正 式 名 称 フリガナ 全 角 正 式 名 称 全 角 機 関 英 語 略 名 称 _ローマ 字 全 角 開 設 者 名 称 全 角 管 理 者 名 称 全 角 郵 CSVファイル 出 力 における 注 意 事 項 について 1.CSVファイルの 区 切 り 文 字 は 半 角 カンマとしてください 出 力 する 項 目 データ 内 に 半 角 カンマが 含 まれる 場 合 は 全 角 カンマへ 変 換 して 出 力 してください 2.CSVファイルの1 行 目 は 項 目 名 をタイトルとして 出 力 してください 3. 属 性 の 半 角 / 全 角 に 従

More information

2016 January 内 診 療 科 月 ( 新 患 ) 熊 部 呼 吸 器 ( 再 診 ) 山 口 科 血 液 外 山 消 化 器 大 園 鈴 木 腎 臓 外 科 消 化 器 外 科 大 地 火 山 口 中 嶋 外 山 工 藤 水 外 山 戸 井 田 木 中 嶋 山 口 外 山 大 地 金 熊 部 外 山 大 園 鈴 木 石 躍 備 考 ( 水 ) 午 後 気 管 支

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

1 出 産 費 用 の 援 助 2 出 産 祝 い 品 の 贈 呈 3 児 童 の 育 成 を 支 援 する 手 当 などの 給 付 市 町 村 第 一 子 第 二 子 第 三 子 第 四 子 以 降 第 一 子 第 二 子 援 助 額 援 助 額 援 助 額 援 助 額 援 助 条 件 制 限 等

1 出 産 費 用 の 援 助 2 出 産 祝 い 品 の 贈 呈 3 児 童 の 育 成 を 支 援 する 手 当 などの 給 付 市 町 村 第 一 子 第 二 子 第 三 子 第 四 子 以 降 第 一 子 第 二 子 援 助 額 援 助 額 援 助 額 援 助 額 援 助 条 件 制 限 等 平 成 25 年 度 市 町 村 独 自 の 次 世 代 育 成 支 援 対 策 調 査 結 果 福 島 県 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 本 表 中 の 各 市 町 村 事 業 についての 問 い 合 わせは 直 接 該 当 市 町 村 にお 願 いいたします 本 調 査 は 平 成 25 年 7 月 1 日 現 在 の 状 況 です 1 出 産 費 用 の 援 助 2 出 産 祝

More information

<9561894096BC95EB>

<9561894096BC95EB> 東 区 病 名 称 医 療 法 人 相 生 会 福 岡 みらい 病 813-0017 東 区 香 椎 照 葉 3 丁 目 5 医 療 法 人 相 生 会 病 名 簿 内 科 リウマチ 科 外 科 整 形 外 科 脳 神 経 外 科 リハビリテー ション 科 神 経 内 科 麻 酔 科 循 環 器 内 科 179 239 0 0 0 418 662-3001 平 成 27 年 6 月 1 日 石 束

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

総合診療専門研修カリキュラム

総合診療専門研修カリキュラム 総 合 診 療 専 門 医 専 門 研 修 カリキュラム 到 達 目 標 : 総 合 診 療 専 門 医 の6つのコアコンピテンシー 1. 人 間 中 心 の 医 療 ケア 1) 患 者 中 心 の 医 療 2) 家 族 志 向 型 医 療 ケア 3) 患 者 家 族 との 協 働 を 促 すコミュニケーション 2. 包 括 的 統 合 アプローチ 1) 未 分 化 で 多 様 かつ 複 雑 な 健

More information

脳 ドック( 血 圧 血 糖 コレステロールなどの 高 い 方 脳 卒 中 や 認 知 症 が 気 になる 方 ) (13) 脳 MR 検 査 (MRI MRA) 放 射 線 を 用 いず 磁 気 で 脳 の 実 質 や 血 管 の 状 態 を 診 断 します 午 後 からの 検 査 になり 日 帰

脳 ドック( 血 圧 血 糖 コレステロールなどの 高 い 方 脳 卒 中 や 認 知 症 が 気 になる 方 ) (13) 脳 MR 検 査 (MRI MRA) 放 射 線 を 用 いず 磁 気 で 脳 の 実 質 や 血 管 の 状 態 を 診 断 します 午 後 からの 検 査 になり 日 帰 腫 瘍 マーカーセット 検 査 ( 全 身 のがんが 気 になる 方 ) (1) 男 性 セット CEA CA19-9 SCC ProGRP AFP 抗 P53 抗 体 CEA CA19-9 SCC ProGRP AFP PSA 抗 P53 抗 体 のセットです 肺 食 道 胃 大 腸 肝 臓 胆 嚢 膵 臓 前 立 腺 のがん 全 般 を 対 象 にしています 8,200 円 血 液 (2) 女

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

市 紋 章 中 央 に 川 越 の 川 を 置 き 周 囲 に 片 仮 名 の コエ を 配 し 川 越 を 象 徴 したものです ( 明 治 45 年 5 月 11 日 制 定 ) 川 越 市 民 憲 章 先 人 の 輝 かしいあゆみにより すばらしい 歴 史 的 遺 産 をもつ 川 越 わたくし

市 紋 章 中 央 に 川 越 の 川 を 置 き 周 囲 に 片 仮 名 の コエ を 配 し 川 越 を 象 徴 したものです ( 明 治 45 年 5 月 11 日 制 定 ) 川 越 市 民 憲 章 先 人 の 輝 かしいあゆみにより すばらしい 歴 史 的 遺 産 をもつ 川 越 わたくし 発 刊 のことば 日 頃 から 本 市 の 保 健 衛 生 行 政 に 御 理 解 と 御 協 力 をい ただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 昨 今 におきましては 自 殺 や 児 童 虐 待 薬 物 乱 用 食 品 の 安 全 性 の 問 題 など 健 康 を 脅 かす 諸 問 題 が 発 生 して います これらの 問 題 に 対 し 川 越 市 保 健 所 では 市 民 の 皆 様 の

More information

Microsoft Word - conference

Microsoft Word - conference 当 科 では 診 断 IVR 放 射 線 治 療 の 三 部 門 を 軸 に 臨 床 研 究 に 日 夜 励 んでいま 院 内 の 医 学 生, 研 修 医, 他 科 医 師 はご 連 絡 いただかなくても いつでも 参 加 可 能 でただし 突 然 のスケジュール 変 更 もあり 得 るので 事 前 にお 問 い 合 わせいただいた 方 が 無 難 で 院 外 の 方 でもご 興 味 がありましたら

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information