Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病 による 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 5 表 生 活 習 慣 病 による 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 6 表 悪 性 新 生 物 主 要 部 位 別 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 7 表 悪 性 新 生 物 主 要 部 位 別 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 8 表 死 因 ( 死 因 分 類 ) 性 別 ; 死 亡 数 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 ) 第 9 表 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 出 生 割 合 年 次 別 第 10 表 離 婚 件 数 同 居 期 間 別 第 11 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 保 健 所 別 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 第 13 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 第 14 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 対 前 年 比 較 第 15 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 市 町 村 別 第 16 表 選 択 死 因 一 覧 ( 実 数 ) 保 健 所 別 第 17 表 選 択 死 因 一 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 第 18 表 選 択 死 因 一 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 第 19 表 選 択 死 因 一 覧 ( 率 ) 市 町 村 別 第 20 表 市 町 村 別 死 因 ( 選 択 死 因 ) 順 位 福 島 県 保 健 福 祉 部 担 当 : 保 健 福 祉 総 務 課 内 線 2720 電 話 : ( 直 通 )

2

3 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 我 が 国 の 人 口 動 態 事 象 を 把 握 し 人 口 及 び 厚 生 労 働 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とす る 2 調 査 の 対 象 及 び 客 体 戸 籍 法 及 び 死 産 の 届 出 に 関 する 規 程 により 届 け 出 られた 出 生 死 亡 婚 姻 離 婚 及 び 死 産 の 全 数 を 対 象 としているが 本 概 況 では 平 成 25 年 に 日 本 において 発 生 した 日 本 人 の 事 象 を 体 とした 3 調 査 の 期 間 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月 31 日 4 調 査 の 方 法 市 町 村 長 は 出 生 死 亡 婚 姻 離 婚 及 び 死 産 の 届 書 に 基 づいて 人 口 動 態 調 査 票 を 作 成 する 5 報 告 の 系 統 市 町 村 保 健 所 都 道 府 県 厚 生 労 働 省 利 用 上 の 注 意 1 表 章 記 号 の 規 約 計 数 のない 場 合 - 統 計 項 目 のありえない 場 合 計 数 不 明 又 は 計 数 を 表 章 することが 不 適 切 な 場 合 比 率 が 微 少 ( 未 満 ) 減 少 数 ( 率 )の 場 合 2 用 語 の 説 明 自 然 増 加 : 出 生 数 から 死 亡 数 を 減 じたもの 乳 児 死 亡 : 生 後 1 年 未 満 の 死 亡 新 生 児 死 亡 : 生 後 4 週 未 満 の 死 亡 早 期 新 生 児 死 亡 : 生 後 1 週 未 満 の 死 亡 死 産 : 妊 娠 満 12 週 以 後 の 死 児 の 出 産 周 産 期 死 亡 : 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 に 早 期 新 生 児 死 亡 を 加 えたもの 合 計 特 殊 出 生 率 :その 年 次 の 15 歳 から 49 歳 までの 女 性 の 年 齢 別 出 生 率 を 合 計 したもので 1 人 の 女 性 が 仮 にその 年 次 の 年 齢 別 出 生 率 で 一 生 の 間 に 生 むとしたときの 子 ども 数 に 相 当 する 3 算 出 に 用 いた 人 口 平 成 25 年 県 人 口 ( 日 本 人 人 口 )1,939,000 人 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 全 国 人 口 ( 日 本 人 人 口 )125,704,000 人 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 平 成 24 年 県 人 口 ( 日 本 人 人 口 )1,955,000 人 平 成 24 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 全 国 人 口 ( 日 本 人 人 口 )125,957,000 人 平 成 24 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 1

4 平 成 25 年 福 島 県 人 口 動 態 の 概 況 1 結 果 の 要 約 注 ) 全 国 順 位 は 全 て 率 の 高 い 方 からの 順 位 (1) 出 生 数 は 増 加 出 生 数 は 14,546 人 で 前 年 の 13,770 人 より 776 人 増 加 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 )は 7.5 で 前 年 の 7.0 を 0.5 上 回 った 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.53 で 前 年 の 1.41 から 0.12 上 回 った 出 生 率 福 島 県 7.5 全 国 8.2 全 国 順 位 35 位 ( 昨 年 44 位 ) 合 計 特 殊 出 生 率 福 島 県 1.53 全 国 1.43 全 国 順 位 15 位 ( 昨 年 33 位 ) (2) 死 亡 数 は 増 加 ( 乳 児 死 亡 新 生 児 死 亡 は 減 少 周 産 期 死 亡 は 増 加 ) 死 亡 数 は 23,611 人 で 前 年 の 23,418 人 より 193 人 増 加 し 死 亡 率 ( 人 口 千 対 )は 12.2 で 前 年 の 12.0 を 0.2 上 回 った 死 因 別 にみると 死 因 順 位 の 第 1 位 は 悪 性 新 生 物 第 2 位 は 心 疾 患 第 3 位 は 脳 血 管 疾 患 で 全 死 亡 者 に 占 める 割 合 はそれぞれ 25.9% 17.8% 11.2%となっている 死 亡 率 福 島 県 12.2 全 国 10.1 全 国 順 位 15 位 ( 昨 年 14 位 ) 乳 児 死 亡 数 は 24 人 で 前 年 の 30 人 より 6 人 減 少 し 乳 児 死 亡 率 ( 出 生 千 対 )は 1.6 で 前 年 の 2.2 を 0.6 下 回 った 乳 児 死 亡 率 福 島 県 1.6 全 国 2.1 全 国 順 位 41 位 ( 昨 年 26 位 ) 新 生 児 死 亡 数 は 9 人 で 前 年 の 13 人 より 4 人 減 少 し 新 生 児 死 亡 率 ( 出 生 千 対 )は 0.6 で 前 年 の 0.9 を 0.3 下 回 った 新 生 児 死 亡 率 福 島 県 0.6 全 国 1.0 全 国 順 位 45 位 ( 昨 年 31 位 ) 周 産 期 死 亡 数 は 78 人 で 前 年 の 63 人 より 15 人 増 加 し 周 産 期 死 亡 率 ( 出 産 千 対 )は 5.3 で 前 年 の 4.6 を 0.7 上 回 った 周 産 期 死 亡 率 福 島 県 5.3 全 国 3.7 全 国 順 位 2 位 ( 昨 年 9 位 ) (3) 自 然 増 加 数 は 増 加 出 生 と 死 亡 の 差 である 自 然 増 加 数 は 9,065 人 で 前 年 の 9,648 人 より 583 人 増 加 し 自 然 増 加 率 ( 人 口 千 対 )は 4.7 で 前 年 の 4.9 を 0.2 上 回 った 自 然 増 加 率 福 島 県 4.7 全 国 1.9 (4) 死 産 数 は 減 少 死 産 数 は 385 胎 で 前 年 の 388 胎 より 3 胎 減 少 し 死 産 率 ( 出 産 千 対 )は 25.8 で 前 年 の 27.4 を 1.6 下 回 った 死 産 率 福 島 県 25.8 全 国 22.9 全 国 順 位 8 位 ( 昨 年 8 位 ) (5) 婚 姻 件 数 は 減 少 婚 姻 件 数 は 9,069 組 で 前 年 の 9,285 組 より 216 組 減 少 し 婚 姻 率 ( 人 口 千 対 )は 4.7 で 前 年 の 4.7 から 増 減 なし 2

5 婚 姻 率 福 島 県 4.7 全 国 5.3 全 国 順 位 33 位 ( 昨 年 28 位 ) 平 均 初 婚 年 齢 は 夫 29.8 歳 で 前 年 の 29.9 歳 から 0.1 歳 低 下 し 妻 28.2 歳 で 前 年 の 28.1 歳 から 0.1 歳 上 昇 した 15 年 連 続 で 妻 は 平 均 初 婚 年 齢 が 都 道 府 県 で 最 も 低 く 夫 も 25 年 は 全 国 で 最 も 低 い (6) 離 婚 件 数 は 増 加 離 婚 件 数 は 3,246 組 で 前 年 の 3,210 組 より 36 組 増 加 し 離 婚 率 ( 人 口 千 対 )は 1.67 で 前 年 の 1.64 を 0.03 上 回 った 離 婚 率 福 島 県 1.67 全 国 1.84 全 国 順 位 34 位 ( 昨 年 37 位 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 対 前 年 比 較 実 数 率 参 考 平 均 発 生 件 数 参 考 平 成 22 平 成 25 年 平 成 24 年 対 前 年 増 減 平 成 22 年 平 成 25 年 平 成 24 年 対 前 年 増 減 年 平 成 25 年 平 成 24 年 時 分 秒 時 分 秒 出 生 14,546 13, , 死 亡 23,611 23, , 乳 児 死 亡 新 生 児 死 亡 自 然 増 加 9,065 9, , 死 産 自 然 死 産 人 工 死 産 周 産 期 死 亡 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 早 期 新 生 児 死 亡 婚 姻 9,069 9, , 離 婚 3,246 3, , 合 計 特 殊 出 生 率 合 計 特 殊 出 生 率 福 島 県 全 国 平 均 全 国 順 位 平 成 25 年 平 成 24 年 平 成 23 年 平 成 25 年 平 成 24 年 平 成 23 年 平 成 22 年 平 成 25 年 平 成 24 年 平 成 23 年 平 成 22 年 ( 注 ) 出 生 死 亡 自 然 増 加 婚 姻 離 婚 率 は 人 口 千 対 乳 児 新 生 児 早 期 新 生 児 死 亡 率 は 出 生 千 対 死 産 率 は 出 産 ( 出 生 + 死 産 ) 千 対 周 産 期 死 亡 率 及 び 妊 娠 22 週 以 後 の 死 産 率 は 出 産 ( 出 生 + 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 ) 千 対 算 出 に 用 いた 人 口 平 成 25 年 県 人 口 ( 日 本 人 人 口 )1,939,000 人 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 平 成 24 年 県 人 口 ( 日 本 人 人 口 ) 1,955,000 人 平 成 24 年 10 月 1 日 現 在 推 計 人 口 ( 総 務 省 統 計 局 ) 3

6 第 2 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 対 全 国 比 較 平 成 24 年 福 島 県 全 国 比 較 全 国 順 位 福 島 県 全 国 比 較 全 国 順 位 ( 率 の 高 いほ ( 率 の 高 いほ (A) (B) (A)-(B) (A) (B) (A)-(B) うからの 順 位 ) うからの 順 位 ) 合 計 特 殊 出 生 率 出 生 率 死 亡 乳 児 死 亡 新 生 児 死 亡 自 然 増 加 死 産 自 然 死 産 人 工 死 産 周 産 期 死 亡 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 早 期 新 生 児 死 亡 平 成 25 年 ( 確 定 数 ) 婚 姻 離 婚 すべて 高 率 からの 順 位 4

7 2 出 生 (1) 出 生 数 平 成 25 年 の 出 生 数 は 14,546 人 で 前 年 の 13,770 人 より 776 人 増 加 した 第 1 次 ベビーブームに 最 も 出 生 数 が 多 かった 昭 和 24 年 の 73,051 人 と 比 べて58,505 人 少 ない 第 二 次 ベビーブームが 去 った 昭 和 50 年 以 降 は 増 加 と 減 少 を 繰 り 返 しながら ゆるやかな 減 少 傾 向 であったが 平 成 11 年 から 7 年 連 続 で 減 少 し 平 成 18 年 は 8 年 ぶりに 増 加 したが その 後 は 再 び 減 少 している ( 第 1 図 ) また 出 生 率 は 7.5 で 前 年 の 7.0 を 0.5 上 回 った 全 国 順 位 は 35 位 である 出 生 数 を 母 の 年 齢 別 にみると 15~24 歳 45~49 歳 では 減 少 し 25~44 歳 で 出 生 数 が 増 加 した 特 に 35~39 歳 での 増 加 数 は 大 きい ( 第 3 表 ) (2) 合 計 特 殊 出 生 率 平 成 25 年 の 合 計 特 殊 出 生 率 は1.53 で 前 年 の1.41 を0.12 上 回 った 全 国 平 均 は 前 年 から0.02 上 昇 した 1.43 となり 全 国 を 0.1 上 回 り 全 国 順 位 は 15 位 となっている 第 3 表 母 の 年 齢 別 (5 歳 階 級 ) 別 にみた 出 生 数 母 の 年 齢 出 生 数 対 前 年 比 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 平 成 23 年 平 成 22 年 25 年 -24 年 24 年 -23 年 23 年 -22 年 総 数 14,546 13,770 15,072 16, ,302 1,054 ~14 歳 ~ ~24 1,954 1,986 2,234 2, ~29 4,625 4,536 4,789 5, ~34 4,660 4,289 4,910 5, ~39 2,633 2,268 2,472 2, ~ ~ 歳 以 上 不 詳

8 第 1 図 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率 の 年 次 推 移 人 80,000 70,000 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 10,000 第 1 次 ベビーブーム ( 昭 和 22~24 年 ) 最 高 の 出 生 数 73,051 人 ( 昭 和 24 年 ) ひのえうま 24,548 人 ( 昭 和 41 年 ) 第 2 次 ベビーブーム ( 昭 和 46~49 年 ) 出 生 数 32,884 人 ( 昭 和 49 年 ) 福 島 県 出 生 数 全 国 福 島 県 平 成 25 年 出 生 数 14,546 人 率 合 計 特 殊 出 生 率 0 0 昭和 年 3 死 亡 平 成 25 年 の 死 亡 数 は 23,611 人 で 前 年 の 23,418 人 より 193 人 増 加 し 死 亡 率 ( 人 口 千 対 )は 12.2 で 前 年 を 0.2 上 回 った 全 国 順 位 は 15 位 となっている 死 亡 数 の 過 去 の 推 移 をみると 昭 和 52 年 に 過 去 最 低 の 14,144 人 を 記 録 した 以 降 は 平 成 23 年 の 東 日 本 大 震 災 による 大 幅 な 増 加 を 除 き 増 加 と 減 少 を 繰 り 返 しながらゆるやかな 増 加 傾 向 になって いる ( 第 2 図 ) 人 30,000 第 2 図 年 次 別 にみた 死 亡 数 及 び 死 亡 率 福 島 県 死 亡 数 福 島 県 全 国 15 25,000 20,000 最 低 の 死 亡 数 昭 和 52 年 14,144 人 平 成 25 年 23,611 人 率 死 亡 率 15,000 10, 人 口 千 対 5, 昭 和 年 6

9 第 5 表 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみた 死 亡 数 年 齢 階 級 死 亡 数 死 亡 数 年 齢 階 級 平 成 25 年 平 成 24 年 対 前 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 対 前 年 増 減 総 数 23,611 23, ~ ~4 歳 ~ ~ ~ ~ ~64 1,120 1, ~ ~69 1,316 1, ~ ~74 1,791 1, ~ ~79 2,785 2, ~ ~84 4,474 4, ~ ~89 5,095 4, ~ 歳 以 上 5,379 5, 平 成 24 年 の90 歳 以 上 には 年 齢 不 詳 1を 含 む (1) 死 因 順 位 平 成 25 年 の 死 亡 数 を 死 因 順 位 別 にみると 第 1 位 は 悪 性 新 生 物 で 6,116 人 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )315.4 第 2 位 は 心 疾 患 4,193 人 第 3 位 は 脳 血 管 疾 患 2,637 人 とな っている ( 第 3 図 ) 主 な 死 因 の 年 次 推 移 をみると 悪 性 新 生 物 の 死 亡 数 は 増 加 を 続 けており 昭 和 59 年 に 脳 血 管 疾 患 にかわって 以 降 死 因 第 1 位 で 平 成 25 年 の 全 死 亡 者 に 占 める 割 合 は 25.9%となって いる 心 疾 患 は 平 成 元 年 に 脳 血 管 疾 患 にかわり 第 2 位 となりその 後 も 増 加 傾 向 を 示 しており 平 成 25 年 の 全 死 亡 者 に 占 める 割 合 は 17.8%となっている 脳 血 管 疾 患 は 昭 和 45 年 をピークに 低 下 しはじめ 昭 和 59 年 には 悪 性 新 生 物 にかわり 第 2 位 に さらに 平 成 元 年 には 心 疾 患 に かわり 第 3 位 となり その 後 は 増 加 と 減 少 を 繰 り 返 しながらも 減 少 傾 向 となっている ( 第 4 図 ) 悪 性 新 生 物 心 疾 患 及 び 脳 血 管 疾 患 を 合 わせた 全 死 亡 者 に 占 める 割 合 は 54.8%となってい る 主 な 死 因 別 死 亡 数 の 割 合 ( 平 成 25 年 ) 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 % 自 殺 % 腎 不 全 % 不 慮 の 事 故 % 老 衰 1, % 肝 疾 患 % 肺 炎 2, % その 他 4, % 7 脳 血 管 疾 患 2, % 悪 性 新 生 物 6, % 心 疾 患 4, %

10 350 第 4 図 主 要 死 因 別 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )の 年 次 推 移 昭 和 平 成 元 悪 性 新 生 物 脳 血 管 疾 患 心 疾 患 肺 炎 不 慮 の 事 故 自 殺 図 5 性 年 齢 階 級 別 にみた 主 な 死 因 の 構 成 割 合 ( 平 成 25 年 ) ( 男 ) ( 女 ) 歳 以 上 0% 10%20%30%40%50%60%70%80%90%100% 歳 以 上 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90%100% 悪 性 新 生 物 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 肺 炎 不 慮 の 事 故 老 衰 自 殺 その 他 8

11 悪 性 新 生 物 悪 性 新 生 物 について 死 亡 数 死 亡 率 を 部 位 別 にみると 最 も 死 亡 数 が 多 いのは 気 管 気 管 支 及 び 肺 の 1,245 人 で 悪 性 新 生 物 による 死 亡 数 の 20.4% 全 死 亡 者 の 5.3%を 占 めている 次 いで 胃 (846 人 13.8% 3.6%) 結 腸 (582 人 9.5% 2.5%) 膵 臓 (537 人 8.8% 2.3%) 肝 臓 (424 人 6.9% 1.8%)の 順 になっている なお 結 腸 と 直 腸 直 腸 S 状 結 腸 移 行 部 を 合 わせて 大 腸 として 示 した 場 合 死 亡 数 は 851 人 悪 性 新 生 物 による 死 亡 数 の 13.9% 全 死 亡 者 の 3.6% 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )43.9 とな っている ( 男 女 別 について 第 図 ) 第 6-1 図 悪 性 新 生 物 部 位 別 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )の 年 次 推 移 ( 男 ) 昭 和 平 成 元 胃 気 管 気 管 支 及 び 肺 肝 及 び 肝 内 胆 管 膵 大 腸 第 6-2 図 悪 性 新 生 物 部 位 別 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )の 年 次 推 移 ( 女 ) 昭 和 平 成 元 胃 気 管 気 管 支 及 び 肺 肝 及 び 肝 内 胆 管 膵 乳 房 大 腸 子 宮 9

12 (2) 乳 児 死 亡 平 成 25 年 の 乳 児 死 亡 数 は 24 人 で 前 年 の 30 人 より 6 人 減 少 し 乳 児 死 亡 率 ( 出 生 千 対 ) は 1.6 で 前 年 の 2.2 を 0.6 下 回 った 全 国 順 位 は 41 位 となっている ( 第 7 図 第 8 図 ) 人 第 7 図 乳 児 死 亡 数 率 ( 出 生 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 乳 児 死 亡 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 24 人 率 乳 児 死 亡 率 出 生 千 対 昭和 平成 元 年 女 11 人 乳 児 死 亡 の 主 な 死 因 の 構 成 割 合 ( 平 成 25 年 ) 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常, 3 周 産 期 に 発 生 した 病 態, 3 乳 幼 児 突 然 死 症 候 群, 1 その 他, 4 不 慮 の 事 故,1 男 13 人 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常, 4 周 産 期 に 発 生 した 病 態, 4 その 他, 3 乳 幼 児 突 然 死 症 候 群, 1 死 因 分 類 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常 周 産 期 に 発 生 した 病 態 不 慮 の 事 故 肺 炎 乳 幼 児 突 然 死 症 候 群 その 他 計 25 年 24 年 23 年 22 年 21 年 20 年

13 (3) 新 生 児 死 亡 平 成 25 年 の 新 生 児 死 亡 数 は 9 人 で 前 年 の 13 人 より 4 人 減 少 した 新 生 児 死 亡 率 ( 出 生 千 対 )については 0.6 で 前 年 の 0.9 を 0.3 下 回 って 全 国 順 位 は 45 位 となっている ( 第 8 図 第 9 図 ) 人 400 第 8 図 新 生 児 死 亡 数 率 ( 出 生 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 新 生 児 死 亡 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 9 人 率 昭和 平成 元 年 第 9 図 新 生 児 死 亡 の 主 な 死 因 の 構 成 割 合 ( 平 成 25 年 ) 女 5 人 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常, 2 周 産 期 に 発 生 した 病 態, 2 その 他, 1 男 4 人 周 産 期 に 発 生 した 病 態, 4 死 因 分 類 敗 血 症 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常 周 産 期 に 発 生 した 病 態 不 慮 の 事 故 その 他 計 年 24 年 23 年 22 年 21 年

14 (4) 周 産 期 死 亡 平 成 25 年 の 周 産 期 死 亡 数 は 78 人 で 前 年 の 63 人 より 15 人 増 加 し 周 産 期 死 亡 率 ( 出 産 千 対 )は 5.3 で 前 年 の 4.6 を 0.7 上 回 った 全 国 順 位 は 2 位 となっている ( 第 10 図 ) 件 1,000 第 10 図 周 産 期 死 亡 数 率 ( 出 産 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 周 産 期 死 亡 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 78 人 率 周 産 期 死 亡 率 出 産 千 対 0 昭和 平成 元 年 4 自 然 増 加 平 成 25 年 の 自 然 増 加 数 は 9,065 人 で 前 年 の 人 より 583 人 増 加 し 自 然 増 加 率 は 4.7 で 前 年 の 4.9 を 0.2 上 回 った ( 第 11 図 ) 人 50,000 45,000 40,000 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5, ,000-10,000-15,000 昭和 24 第 11 図 自 然 増 加 数 率 ( 人 口 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 自 然 増 加 数 福 島 県 全 国 平成 元 平 成 25 年 9,067 人 率 年 自 然 増 加 率 人 口 千 対 12

15 5 死 産 平 成 25 年 の 死 産 数 は 385 胎 で 前 年 の 388 胎 より 3 胎 減 少 し 死 産 率 ( 出 産 千 対 )は 25.8 で 前 年 の 27.4 を 1.6 下 回 った 全 国 順 位 は 8 位 となっている ( 第 12 図 ) 死 産 数 率 の 過 去 の 推 移 をみると 増 減 をしながら 減 少 傾 向 で 平 成 15 年 から 減 少 を 続 けてい たが 死 産 率 は 平 成 21 年 に 7 年 ぶりに 死 産 数 は 平 成 22 年 に 8 年 ぶりに 増 加 した ( 第 12-1 図 ) 自 然 死 産 人 工 死 産 別 の 過 去 の 推 移 をみると 昭 和 60 年 から 人 工 死 産 数 が 自 然 死 産 数 を 上 回 っていたが 平 成 20 年 に 自 然 死 産 数 が 人 工 死 産 数 を 上 回 って 以 降 2 年 ごとに 自 然 死 産 と 人 工 死 産 の 逆 転 が 起 きている ( 第 7 表 )( 第 12-2 図 ) 胎 3,000 2,500 2,000 1,500 1, 昭和 42 第 12 図 死 産 数 率 ( 出 産 千 対 )の 年 次 推 移 平成 元 福 島 県 死 産 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 385 胎 年 死 産 率 出 産 千 対 第 7 表 自 然 死 産 数 人 工 死 産 数 の 年 次 推 移 総 数 自 然 死 産 人 工 死 産 平成19 年 胎 第 12-2 図 自 然 死 産 数 人 工 死 産 数 の 年 次 推 移 総 数 自 然 死 産 人 工 死 産 0 昭和 平成 元 年 13

16 6 婚 姻 平 成 25 年 の 婚 姻 件 数 は 9,069 組 で 前 年 の 9,285 組 より 216 組 減 少 し 婚 姻 率 ( 人 口 千 対 ) は 4.7 で 前 年 と 同 率 であった 全 国 順 位 は 33 位 となっている ( 第 13 図 ) 平 均 初 婚 年 齢 は 夫 29.8 歳 で 前 年 の 29.9 歳 から 0.1 歳 低 下 し 妻 28.2 歳 で 前 年 の 28.1 歳 から 0.1 歳 上 昇 した 15 年 連 続 で 妻 は 平 均 初 婚 年 齢 が 都 道 府 県 で 最 も 低 く 夫 も 25 年 は 全 国 で 最 も 低 い ( 第 8 表 ) 組 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 第 13 図 婚 姻 件 数 率 ( 人 口 千 対 )の 年 次 推 移 最 高 の 婚 姻 件 数 昭 和 22 年 26,598 組 最 高 の 婚 姻 率 福 島 県 婚 姻 件 数 福 島 県 全 国 平 成 25 年 9,069 組 15 婚 姻 率 10 人 口 千 対 5 0 昭和 平成 元 年 第 8 表 年 次 平 均 初 婚 年 齢 の 年 次 推 移 福 島 県 全 国 福 島 県 全 国 年 次 夫 妻 夫 妻 夫 妻 夫 妻 昭 和 平 成 平 成 全 国 順 位 1 位 1 位 14

17 7 離 婚 平 成 25 年 の 離 婚 件 数 は 3,246 組 で 前 年 の 3,210 組 より 36 組 増 加 し 離 婚 率 ( 人 口 千 対 )は 1.67 で 前 年 の 1.64 を 0.03 上 回 った 全 国 順 位 は 34 位 となっている ( 第 14 図 ) 過 去 の 推 移 をみると 件 数 は 昭 和 45 年 以 降 増 え 始 め 昭 和 59 年 から 一 度 減 少 に 転 じたがその 後 再 び 増 加 傾 向 となり 平 成 15 年 から 減 少 に 転 じたものの 以 後 増 加 と 減 少 を 繰 り 返 している 組 5,000 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1, 昭和 24 第 14 図 離 婚 件 数 率 ( 人 口 千 対 )の 年 次 推 移 福 島 県 離 婚 件 数 福 島 県 全 国 平成 元 平 成 25 年 3,246 組 率 年 離 婚 率 人 口 千 対 15

18 16

19 統 計 表 17

20 18

21 第 1 表 年 次 出 生 数 死 亡 数 自 然 増 加 数 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 (1) 乳 児 死 亡 数 新 生 児 死 亡 数 周 産 期 死 亡 数 明 治 33 年 1,420, , , , , , ,528 26,828 大 正 元 1,737,674 1,037, , , , , ,422 59,143 昭 和 元 2,104,406 1,160, , , , , ,847 50, ,190,704 1,161,936 1,028, ,706 97, , ,730 48, ,115,867 1,186, , ,509 81, , ,575 48, ,337, ,876 1,432, ,515 64, , , ,081 83, ,730, ,523 1,037,169 68,801 38,646 75, , ,861 75, ,606, , ,442 49,293 27,362 66, , ,115 69, ,823, ,438 1,123,259 33,742 21,260 54, , ,852 77, ,934, ,962 1,221,277 25,412 16,742 41, ,095 1,029,405 95, ,901, ,275 1,199,165 19,103 12,912 30, , , , ,576, , ,088 11,841 7,796 18,385 77, , , ,431, , ,294 7,899 4,910 11,470 69, , ,640 平 成 2 1,221, , ,280 5,616 3,179 7,001 53, , , ,187, , ,925 5,054 2,615 8,412 39, , , ,190, , ,894 3,830 2,106 6,881 38, , , ,170, , ,331 3,599 1,909 6,476 37, , , ,153, , ,476 3,497 1,937 6,333 36, , , ,123,610 1,014, ,659 3,364 1,879 5,929 35, , , ,110,721 1,028,602 82,119 3,122 1,622 5,541 34, , , ,062,530 1,083,796 21,266 2,958 1,510 5,149 31, , , ,092,674 1,084,450 8,224 2,864 1,444 5,100 30, , , ,089,818 1,108,334 18,516 2,828 1,434 4,906 29, , , ,091,156 1,142,407 51,251 2,798 1,331 4,720 28, , , ,070,035 1,141,865 71,830 2,556 1,254 4,519 27, , , ,071,304 1,197, ,708 2,450 1,167 4,515 26, , , ,050,806 1,253, ,260 2,463 1,147 4,315 25, , , ,037,231 1,256, ,128 2,299 1,065 4,133 24, , , ,029,816 1,268, ,620 2,185 1,026 3,862 24, , ,383 注 : 平 成 6 年 以 前 の 周 産 期 死 亡 数 は 妊 娠 満 28 週 以 後 の 死 産 + 早 期 新 生 児 死 亡 である 死 産 数 婚 姻 件 数 全 離 婚 件 数 国 年 次 出 生 数 死 亡 数 自 然 増 加 数 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 (1) 乳 児 死 亡 数 明 治 33 年 35,249 21,143 14,106 5,653 4,479 8,420 1,915 大 正 元 41,986 24,029 17,957 6,370 4,651 10,858 1,494 昭 和 元 56,281 27,462 28,819 7,233 3,700 13,631 1, ,059 26,455 29,604 5,986 3,166 13,159 1, ,290 27,332 26,958 5,005 2,531 14,817 1, ,562 23,619 43,943 4,263 5,923 19,752 1, ,949 18,287 30,662 2,422 1,242 5,007 15,528 1, ,239 17,044 22,195 1, ,292 16,700 1, ,807 16,109 16, ,007 3,154 13,604 1, ,952 15,672 14, ,348 14,394 1, ,287 14,801 16, ,778 15,065 1, ,504 14,869 14, ,547 12,852 2, ,305 14,967 12, ,369 12,802 2,439 平 成 2 22,721 15,746 6, ,043 11,147 2, ,306 17,743 3, ,070 2, ,332 18,642 1, ,445 3, ,008 19, ,623 4, ,466 18, ,472 4, ,824 19, ,991 4, ,306 20,015 1, ,562 4, ,538 20,981 3, ,606 4, ,541 20,528 2, ,512 4, ,101 21,339 4, ,178 4, ,908 21,583 4, ,252 3, ,326 21,568 5, ,764 3, ,126 22,747 6, ,582 3, ,072 26,106 11, ,796 3, ,770 23,418 9, ,285 3, ,546 23,611 9, ,069 3,246 注 : 平 成 6 年 以 前 の 周 産 期 死 亡 数 は 妊 娠 満 28 週 以 後 の 死 産 + 早 期 新 生 児 死 亡 である 19 新 生 児 死 亡 数 周 産 期 死 亡 数 死 産 数 婚 姻 件 数 福 島 県 離 婚 件 数

22 年 次 明 治 33 年 大 正 元 昭 和 元 平 成 年 次 明 治 33 年 大 正 元 昭 和 元 平 成 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 (2) 出 生 率 合 計 特 殊 死 亡 率 自 然 増 加 率 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 死 産 率 婚 姻 率 離 婚 率 ( 人 口 千 対 ) 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 産 千 対 ) ( 出 産 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) 注 : 平 成 6 年 以 前 の 周 産 期 死 亡 率 は 妊 娠 満 28 週 以 後 の 死 産 数 に 早 期 新 生 児 死 亡 数 を 加 えたものを 出 生 数 で 除 している 福 島 県 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 (2) 出 生 率 合 計 特 殊 死 亡 率 自 然 増 加 率 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 死 産 率 婚 姻 率 離 婚 率 ( 人 口 千 対 ) 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 産 千 対 ) ( 出 産 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) 注 : 平 成 6 年 以 前 の 周 産 期 死 亡 率 は 妊 娠 満 28 週 以 後 の 死 産 数 に 早 期 新 生 児 死 亡 数 を 加 えたものを 出 生 数 で 除 している 20 全 国

23 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 平 成 25 年 平 成 24 年 比 較 死 因 死 亡 者 数 死 亡 者 死 亡 率 総 数 に 人 口 10 万 占 める 割 対 合 (%) 死 亡 者 数 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 者 数 死 亡 率 人 口 10 万 対 全 死 因 23,611 1, ,418 1, 悪 性 新 生 物 6, , 心 疾 患 4, , 脳 血 管 疾 患 2, , 肺 炎 2, , 老 衰 1, , 不 慮 の 事 故 腎 不 全 自 殺 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 肝 疾 患 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 福 島 県 (A) 全 国 (B) 比 較 (A)-(B) 死 因 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 め る 割 合 (%) 全 死 因 1, , 悪 性 新 生 物 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 肺 炎 老 衰 不 慮 の 事 故 腎 不 全 自 殺 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 肝 疾 患 全 国 の 死 亡 数 1,268, , , , ,969 69,720 39,574 25,101 26,063 16,443 15,930 全 国 死 亡 者 総 数 1,268,436 全 国 人 口 ( 推 計 ) 125,704,000 21

24 第 4 表 生 活 習 慣 病 による 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 平 成 25 年 平 成 24 年 比 較 死 因 死 亡 者 数 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 者 数 死 亡 者 総 死 亡 率 人 数 に 占 め 口 10 万 対 る 割 合 (%) 死 亡 者 数 死 亡 率 人 口 10 万 対 生 活 習 慣 病 による 死 亡 者 13, , 悪 性 新 生 物 6, , 心 疾 患 4, , 脳 血 管 疾 患 2, , 糖 尿 病 高 血 圧 性 疾 患 生 活 習 慣 病 以 外 による 死 亡 者 10, , 総 数 23,611 1, ,418 1, 第 5 表 生 活 習 慣 病 による 死 亡 率 対 全 国 比 較 福 島 県 (A) 全 国 (B) 比 較 (A)-(B) 死 因 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 生 活 習 慣 病 による 死 亡 者 悪 性 新 生 物 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 糖 尿 病 高 血 圧 性 疾 患 生 活 習 慣 病 以 外 による 死 亡 者 総 数 1, , 全 国 死 亡 者 総 数 男 子 女 子 全 国 人 口 1,268, , , ,704,000 22

25 第 6 表 死 因 悪 性 新 生 物 主 要 部 位 別 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 死 亡 者 数 平 成 25 年 悪 性 新 生 死 亡 率 人 物 での 死 亡 口 10 万 対 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 者 数 平 成 24 年 悪 性 新 生 物 による 死 亡 者 総 数 6, , 気 管 気 管 支 及 び 肺 1, , 胃 膵 臓 結 腸 肝 臓 胆 のう 及 びその 他 の 胆 道 直 腸 直 腸 S 状 結 腸 移 行 部 食 道 前 立 腺 注 1 注 1 死 亡 率 人 口 10 万 対 悪 性 新 生 物 で の 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 乳 房 悪 性 リ ン パ 腫 白 血 病 子 宮 注 注 卵 巣 注 注 そ の 他 ( 注 1) 男 性 人 口 10 万 対 である ( 注 2) 女 性 人 口 10 万 対 である 比 較 死 亡 率 死 亡 者 数 人 口 10 万 対 第 7 表 死 因 死 亡 率 人 口 10 万 対 悪 性 新 生 物 による 死 亡 者 総 数 気 管 気 管 支 及 び 肺 胃 膵 臓 結 腸 肝 臓 胆 のう 及 びその 他 の 胆 道 直 腸 直 腸 S 状 結 腸 移 行 部 食 道 前 立 腺 注 注 乳 房 悪 性 リ ン パ 腫 白 血 病 子 宮 注 注 注 2 注 2 卵 巣 そ の 他 ( 注 1) 男 性 人 口 10 万 対 である ( 注 2) 女 性 人 口 10 万 対 である 日 本 人 人 口 全 国 ( 推 計 ) 男 女 悪 性 新 生 物 主 要 部 位 別 死 亡 率 対 全 国 比 較 福 島 県 (A) 悪 性 新 生 物 での 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 死 亡 率 人 口 10 万 対 125,704,000 全 国 死 亡 者 総 数 61,186,000 男 64,518,000 女 全 国 (B) 悪 性 新 生 物 での 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 1,268, , ,752 比 較 (A)-(B) 死 亡 率 人 口 10 万 対 悪 性 新 生 物 での 死 亡 者 総 数 に 占 める 割 合 (%) 364,872 72,734 48,632 30,672 32,682 30,175 18,225 14,972 11,543 11,560 13,230 11,298 8,133 6,033 4,717 50,266 23

26 第 8 表 死 因 ( 死 因 分 類 ) 性 別 ; 死 亡 数 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )(24) 死 因 分 類 コード 総 数 男 女 総 数 男 女 23,611 12,206 11,405 1, , , 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 腸 管 感 染 症 結 核 呼 吸 器 結 核 その 他 の 結 核 敗 血 症 ウイルス 肝 炎 B 型 ウイルス 肝 炎 C 型 ウイルス 肝 炎 その 他 のウイルス 肝 炎 ヒト 免 疫 不 全 ウイルス(HIV) 病 その 他 の 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 新 生 物 6,306 3,812 2, 悪 性 新 生 物 6,116 3,703 2, 口 唇 口 腔 及 び 咽 頭 の 悪 性 新 生 物 食 道 の 悪 性 新 生 物 胃 の 悪 性 新 生 物 結 腸 の 悪 性 新 生 物 直 腸 S 状 結 腸 移 行 部 及 び 直 腸 の 悪 性 新 生 物 肝 及 び 肝 内 胆 管 の 悪 性 新 生 物 胆 のう 及 びその 他 の 胆 道 の 悪 性 新 生 物 膵 の 悪 性 新 生 物 喉 頭 の 悪 性 新 生 物 気 管 気 管 支 及 び 肺 の 悪 性 新 生 物 1, 皮 膚 の 悪 性 新 生 物 乳 房 の 悪 性 新 生 物 子 宮 の 悪 性 新 生 物 女 性 の 数 値 卵 巣 の 悪 性 新 生 物 女 性 の 数 値 前 立 腺 の 悪 性 新 生 物 男 性 の 数 値 膀 胱 の 悪 性 新 生 物 中 枢 神 経 系 の 悪 性 新 生 物 悪 性 リンパ 腫 白 血 病 死 総 因 数 その 他 のリンパ 組 織 造 血 組 織 及 び 関 連 組 織 の 悪 性 新 生 物 死 亡 者 数 死 亡 率 その 他 の 悪 性 新 生 物 その 他 の 新 生 物 中 枢 神 経 系 のその 他 の 新 生 物 中 枢 神 経 系 を 除 くその 他 の 新 生 物 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 貧 血 その 他 の 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 内 分 泌 栄 養 及 び 代 謝 疾 患 糖 尿 病 その 他 の 内 分 泌 栄 養 及 び 代 謝 疾 患

27 第 8 表 死 因 ( 死 因 分 類 ) 性 別 ; 死 亡 数 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )(25) 死 因 分 類 死 亡 者 数 死 亡 率 コード 死 因 総 数 男 女 総 数 男 女 精 神 及 び 行 動 の 障 害 血 管 性 及 び 詳 細 不 明 の 認 知 症 1) その 他 の 精 神 及 び 行 動 の 障 害 神 経 系 の 疾 患 髄 膜 炎 脊 髄 性 筋 萎 縮 症 及 び 関 連 症 候 群 パーキンソン 病 アルツハイマー 病 その 他 の 神 経 系 の 疾 患 眼 及 び 付 属 器 の 疾 患 耳 及 び 乳 様 突 起 の 疾 患 循 環 器 系 の 疾 患 7,409 3,469 3, 高 血 圧 性 疾 患 高 血 圧 性 心 疾 患 及 び 心 腎 疾 患 その 他 の 高 血 圧 性 疾 患 心 疾 患 ( 高 血 圧 症 を 除 く) 4,193 1,997 2, 慢 性 リウマチ 性 心 疾 患 急 性 心 筋 梗 塞 1, その 他 の 虚 血 性 心 疾 患 慢 性 非 リウマチ 性 心 内 膜 疾 患 心 筋 症 不 整 脈 及 び 伝 導 障 害 心 不 全 1, その 他 の 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 2,637 1,186 1, くも 膜 下 出 血 脳 内 出 血 脳 梗 塞 1, その 他 の 脳 血 管 疾 患 大 動 脈 瘤 及 び 解 離 その 他 の 循 環 器 系 の 疾 患 呼 吸 器 系 の 疾 患 3,564 2,046 1, インフルエンザ 肺 炎 2,159 1,153 1, 急 性 気 管 支 炎 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 喘 息 その 他 の 呼 吸 器 系 の 疾 患 消 化 器 系 の 疾 患 胃 潰 瘍 及 び 十 二 指 腸 潰 瘍 ヘルニア 及 び 腸 閉 塞 肝 疾 患 肝 硬 変 (アルコール 性 を 除 く) その 他 の 肝 疾 患 その 他 の 消 化 器 系 の 疾 患 皮 膚 及 び 皮 下 組 織 の 疾 患 筋 骨 格 系 及 び 結 合 組 織 の 疾 患

28 第 8 表 死 因 ( 死 因 分 類 ) 性 別 ; 死 亡 数 死 亡 率 ( 人 口 10 万 対 )(26) 死 因 分 類 死 亡 者 数 死 亡 率 コード 死 因 総 数 男 女 総 数 男 女 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 1) 糸 球 体 疾 患 及 び 腎 尿 細 管 間 質 性 疾 患 腎 不 全 急 性 腎 不 全 慢 性 腎 不 全 詳 細 不 明 の 腎 不 全 その 他 の 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 1) 妊 娠 分 娩 及 び 産 じょく 女 性 の 数 値 周 産 期 に 発 生 した 病 態 妊 娠 期 間 及 び 胎 児 発 育 に 関 連 する 障 害 出 産 外 傷 周 産 期 に 特 異 的 な 呼 吸 障 害 及 び 心 血 管 障 害 周 産 期 に 特 異 的 な 感 染 症 胎 児 及 び 新 生 児 の 出 血 性 障 害 及 び 血 液 障 害 その 他 の 周 産 期 に 発 生 した 病 態 先 天 奇 形 変 形 及 び 染 色 体 異 常 神 経 系 の 先 天 奇 形 循 環 器 系 の 先 天 奇 形 心 臓 の 先 天 奇 形 その 他 の 循 環 器 系 の 先 天 奇 形 消 化 器 系 の 先 天 奇 形 その 他 の 先 天 奇 形 及 び 変 形 染 色 体 異 常 他 に 分 類 されないもの 症 状 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で , , 他 に 分 類 されないもの 老 衰 1, , 乳 幼 児 突 然 死 症 候 群 その 他 の 症 状 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で 他 に 分 類 されないもの 傷 病 及 び 死 亡 の 外 因 1, 不 慮 の 事 故 交 通 事 故 転 倒 転 落 不 慮 の 溺 死 及 び 溺 水 不 慮 の 窒 息 煙 火 及 び 火 炎 への 曝 露 有 害 物 質 による 不 慮 の 中 毒 及 び 有 害 物 質 への 曝 露 その 他 の 不 慮 の 事 故 自 殺 他 殺 その 他 の 外 因 特 殊 目 的 用 コード 2) 重 症 急 性 呼 吸 器 症 候 群 (SARS) 2) ) ICD-10(2003 年 版 準 拠 )の 適 用 により 分 類 名 が 変 更 された 2) ICD-10(2003 年 版 準 拠 )の 適 用 により 分 類 名 が 追 加 された 26

29 第 9 表 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 出 生 割 合 年 次 別 年 次 総 数 15 歳 未 満 15 歳 ~ 19 歳 20 歳 ~ 24 歳 25 歳 ~ 29 歳 30 歳 ~ 34 歳 35 歳 ~ 39 歳 40 歳 ~ 44 歳 45 歳 ~ 49 歳 50 歳 以 上 不 詳 昭 和 平 成

30 第 10 表 離 婚 件 数 同 居 期 間 別 年 次 総 数 1 年 未 満 1 年 ~ 2 年 未 満 2 年 ~ 3 年 未 満 3 年 ~ 4 年 未 満 4 年 ~ 5 年 未 満 5 年 ~ 10 年 未 満 10 年 ~ 15 年 未 満 15 年 ~ 20 年 未 満 20 年 以 上 不 詳 実 数 昭 和 55 2, , 平 成 2 2, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 百 分 率 ( % ) 昭 和 平 成 ( 注 ) ( 百 分 率 )=( 各 期 間 の 件 数 ) {( 総 数 )-( 不 詳 )}

31 第 11 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 保 健 所 別 保 健 所 出 生 数 総 数 男 女 ( 再 掲 ) 2500g 未 満 総 数 死 亡 数 男 女 自 然 増 加 数 乳 児 死 亡 数 新 生 児 死 亡 数 総 数 死 産 数 自 然 人 工 総 数 周 産 期 死 亡 数 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 早 期 新 生 児 死 亡 婚 姻 件 数 離 婚 件 数 保 健 所 総 数 14,546 7,526 7,020 1,449 23,611 12,206 11,405 9, ,069 3,246 総 数 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 3,442 1,753 1, ,812 3,048 2,764 2, , , ,483 1,270 1,213 1, , , , ,891 1,951 1,940 2, , , ,147 1,137 1, ,694 1,398 1, ,057 1,612 1, , ,489 1,292 1, ,076 2,113 1,963 1, , 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 24 年 保 健 所 出 生 数 死 亡 数 ( 再 掲 ) ( 再 掲 ) 死 産 数 周 産 期 死 亡 数 自 然 ( 再 掲 ) 増 加 数 乳 児 新 生 児 妊 娠 満 22 週 早 期 新 生 児 総 数 男 女 総 数 男 女 総 数 自 然 人 工 総 数 2500g 未 満 死 亡 数 死 亡 数 以 後 の 死 産 死 亡 婚 姻 件 数 離 婚 件 数 保 健 所 総 数 13,770 7,075 6,695 1,329 23,418 12,079 11,339 9, ,285 3,210 総 数 県 北 保 健 所 3,097 1,612 1, ,518 2,932 2,586 2, , 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 1, ,516 1,300 1,216 1, 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 1, , 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 1, ,824 1,923 1,901 2, , 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 1, ,106 1,104 1, 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 2,596 1,327 1, ,120 1,629 1, , 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 2,337 1,215 1, ,035 2,055 1,980 1, , いわき 市 保 健 所 前 年 との 比 較 (25 年 -24 年 ) 保 健 所 出 生 数 死 亡 数 ( 再 掲 ) ( 再 掲 ) 死 産 数 周 産 期 死 亡 数 自 然 ( 再 掲 ) 増 加 数 乳 児 新 生 児 妊 娠 満 22 週 早 期 新 生 児 男 女 総 数 男 女 総 数 自 然 人 工 総 数 総 数 2500g 未 満 死 亡 数 死 亡 数 以 後 の 死 産 死 亡 婚 姻 件 数 離 婚 件 数 保 健 所 総 数 総 数 県 北 保 健 所 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所

32 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 ( ) 保 健 所 市 町 村 出 生 数 死 亡 数 乳 児 死 亡 数 自 然 総 数 男 女 総 数 女 増 加 数 総 数 男 女 ( 再 掲 ) 2,500g 未 満 男 総 数 14,546 7,526 7,020 1,449 23,611 12,206 11,405 9, 県 北 保 健 所 3,442 1,753 1, ,812 3,048 2,764 2, 福 島 市 2,202 1,103 1, ,079 1,629 1, 二 本 松 市 伊 達 市 本 宮 市 桑 折 町 国 見 町 川 俣 町 大 玉 村 県 中 保 健 所 1, ,483 1,270 1,213 1, 須 賀 川 市 田 村 市 鏡 石 町 天 栄 村 石 川 町 玉 川 村 平 田 村 浅 川 町 古 殿 町 三 春 町 小 野 町 県 南 保 健 所 1, , 白 河 市 西 郷 村 泉 崎 村 中 島 村 矢 吹 町 棚 倉 町 矢 祭 町 塙 町 鮫 川 村

33 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 ( ) 新 生 児 死 亡 数 総 数 総 数 死 産 数 自 然 死 産 数 人 工 死 産 数 総 数 周 産 期 死 亡 22 週 以 降 死 産 早 期 新 生 児 婚 姻 離 婚 保 健 所 市 町 村 ,069 3,246 総 数 , 県 北 保 健 所 , 福 島 市 二 本 松 市 伊 達 市 本 宮 市 桑 折 町 国 見 町 川 俣 町 大 玉 村 県 中 保 健 所 須 賀 川 市 田 村 市 鏡 石 町 天 栄 村 石 川 町 玉 川 村 平 田 村 浅 川 町 古 殿 町 三 春 町 小 野 町 県 南 保 健 所 白 河 市 西 郷 村 泉 崎 村 中 島 村 矢 吹 町 棚 倉 町 矢 祭 町 塙 町 鮫 川 村 31

34 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 ( ) 保 健 所 市 町 村 出 生 数 死 亡 数 乳 児 死 亡 数 自 然 総 数 男 女 総 数 女 増 加 数 総 数 男 女 ( 再 掲 ) 2,500g 未 満 男 会 津 保 健 所 1, ,891 1,951 1,940 2, 会 津 若 松 市 , 喜 多 方 市 北 塩 原 村 西 会 津 町 磐 梯 町 猪 苗 代 町 会 津 坂 下 町 湯 川 村 柳 津 町 三 島 町 金 山 町 昭 和 村 会 津 美 里 町 南 会 津 保 健 所 下 郷 町 檜 枝 岐 村 只 見 町 南 会 津 町 相 双 保 健 所 1, ,147 1,137 1, 相 馬 市 南 相 馬 市 広 野 町 楢 葉 町 富 岡 町 川 内 村 大 熊 町 双 葉 町 浪 江 町 葛 尾 村 新 地 町 飯 舘 村 郡 山 市 保 健 所 2,694 1,398 1, ,057 1,612 1, 郡 山 市 2,694 1,398 1, ,057 1,612 1, いわき 市 保 健 所 2,489 1,292 1, ,076 2,113 1,963 1, いわき 市 2,489 1,292 1, ,076 2,113 1,963 1,

35 第 12 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 ) 市 町 村 別 ( ) 新 生 児 死 亡 数 総 数 総 数 死 産 数 自 然 死 産 数 人 工 死 産 数 総 数 周 産 期 死 亡 22 週 以 降 死 産 早 期 新 生 児 婚 姻 離 婚 保 健 所 市 町 村 , 会 津 保 健 所 会 津 若 松 市 喜 多 方 市 北 塩 原 村 西 会 津 町 磐 梯 町 猪 苗 代 町 会 津 坂 下 町 湯 川 村 柳 津 町 三 島 町 金 山 町 昭 和 村 会 津 美 里 町 南 会 津 保 健 所 下 郷 町 檜 枝 岐 村 只 見 町 南 会 津 町 相 双 保 健 所 相 馬 市 南 相 馬 市 広 野 町 楢 葉 町 富 岡 町 川 内 村 大 熊 町 双 葉 町 浪 江 町 葛 尾 村 新 地 町 飯 舘 村 , 郡 山 市 保 健 所 , 郡 山 市 , いわき 市 保 健 所 , いわき 市 33

36 第 13 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 保 健 所 出 生 率 死 亡 率 自 然 増 加 率 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 死 産 率 周 産 期 死 亡 率 総 数 自 然 人 工 総 数 満 22 週 以 後 早 期 新 生 児 婚 姻 率 離 婚 率 保 健 所 ( 人 口 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 1 出 産 千 対 ) ( 2 出 産 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) 総 数 総 数 県 北 保 健 所 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 注 1 出 生 数 に 死 産 数 を 加 えたものである 注 2 出 生 数 に 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 数 を 加 えたものである 34

37 第 14 表 人 口 動 態 総 覧 ( 率 ) 保 健 所 別 対 前 年 比 較 保 健 所 出 生 率 死 亡 率 自 然 増 加 率 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 婚 姻 率 離 婚 率 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 ( 人 口 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) ( 人 口 千 対 ) 保 健 所 総 数 総 数 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 保 健 所 死 産 率 周 産 期 死 亡 率 総 数 自 然 人 工 総 数 満 22 週 以 後 早 期 新 生 児 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 平 成 25 年 平 成 24 年 増 減 ( 1 出 産 千 対 ) ( 2 出 産 千 対 ) ( 出 生 千 対 ) 保 健 所 総 数 総 数 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 県 北 保 健 所 県 中 保 健 所 県 南 保 健 所 会 津 保 健 所 南 会 津 保 健 所 相 双 保 健 所 郡 山 市 保 健 所 いわき 市 保 健 所 注 1 は 出 生 数 に 死 産 数 を 加 えたものである 2 は 出 生 数 に 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 数 を 加 えたものである 35

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

01第1章表紙

01第1章表紙 第 章 概 況 Ⅰ 県 南 地 域 の 概 況 () 地 勢 県 南 地 域 は 福 島 県 中 通 り 地 方 の 南 部 に 位 置 し 栃 木 茨 城 の 両 県 に 接 し 白 河 市 ( 平 成 7 年 月 7 日 白 河 市 表 郷 村 東 村 大 信 村 が 合 併 ) 西 白 河 郡 及 び 東 白 川 郡 の 市 4 町 4 村 からなり その 面 積 は,233.24km2と 県

More information

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63>

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63> 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 管 轄 区 域 図 管 轄 一 覧 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 各 種 統 計 調 査 の 概 略 図 主 な 統 計

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

田 伊 本 市 市町村別 用 車 業 村 達 宮 合 別 別 別 市 市 市 計 普 自家用 ,210 通 事業用 ,892 貨 車 計 1,184 1,503 1,664 42,102 小 自家用 1,459 1,936 1,808 60,0

田 伊 本 市 市町村別 用 車 業 村 達 宮 合 別 別 別 市 市 市 計 普 自家用 ,210 通 事業用 ,892 貨 車 計 1,184 1,503 1,664 42,102 小 自家用 1,459 1,936 1,808 60,0 福島県内市町村別自動車数調 東北運輸局福島運輸支局 平成 30 年 3 月 31 日現在 福 会 郡 い 白 南 須 相 喜 二 市町村別 津 わ 相 賀 多 本 用 車 業 島 若 山 き 河 馬 川 馬 方 松 松 別 別 別 市 市 市 市 市 市 市 市 市 市 普 自家用 4,049 1,862 5,841 6,034 1,103 2,112 1,378 714 814 1,414 通 事業用

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要 Ⅰ. 平 成 26(2014) 年 エイズ 発 生 動 向 概 要 厚 生 労 働 省 エイズ 動 向 委 員 会 エイズ 動 向 委 員 会 は 3 ヶ 月 ごとに 委 員 会 を 開 催 し 都 道 府 県 等 からの 報 告 に 基 づき 日 本 国 内 の 患 者 発 生 動 向 を 把 握 し 公 表 している 本 稿 では 平 成 26(2014) 年 1 年 間 の 発 生 動 向 の

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき 7. 福 島 県 県 北 会 津 相 双 県 中 南 会 津 いわき 県 南 7-1 目 次 福 島 県... 7 3 1. 県 北 医 療 圏... 7 9 2. 県 中 医 療 圏... 7 15 3. 県 南 医 療 圏... 7 21 4. 会 津 医 療 圏... 7 27 5. 南 会 津 医 療 圏... 7 33 6. 相 双 医 療 圏... 7 39 7. いわき 医 療 圏...

More information

10w.xdw

10w.xdw 児 県 感 染 症 発 生 動 向 調 査 事 業 感 染 症 のホームページアドレス http://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/kansen/index.html 県 内 に 流 行 性 耳 下 腺 炎 (おたふくかぜ)の 流 行 発 生 警 報 が 発 令 されました 県 内 の 流 行 性 耳 下 腺 炎 の 発 生 動 向 と

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

福 島 県 県 民 健 康 調 査 報 告 平 成 28 年 4 月 25 日 修 正 版 http://fukushima-mimamori.jp/ http://fmu-global.jp/ 7 4,783 ~ 健 康 診 査 ( 対 象 者 : 約 21 万 人 ) 目 的 今 回 の 原 発 事 故 に 伴 い 当 時 国 が 指 定 した 避 難 区 域 に 居 住 していた 県 民

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま 平 成 27 年 国 勢 調 査 高 知 県 の 口 速 報 集 計 結 果 平 成 28 年 1 月 18 日 高 知 県 総 務 部 統 計 課 1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード]

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード] 大 阪 府 保 健 医 療 計 画 豊 能 能 勢 町 三 島 豊 能 町 茨 木 市 高 槻 市 島 本 町 池 田 市 箕 面 市 枚 方 市 北 河 内 大 阪 市 豊 中 市 大 阪 市 吹 田 市 摂 津 市 寝 屋 川 市 交 野 市 守 口 市 門 真 市 四 條 畷 市 大 東 市 東 大 阪 市 中 河 内 八 尾 市 堺 市 松 原 市 柏 原 市 藤 井 寺 市 泉 大 津 市

More information

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区 道 路 ( 高 速 道 路 の 復 旧 整 備 ) 1. 常 磐 自 動 車 道 1 箇 所 名 : 常 磐 自 動 車 道 の 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 及 び 整 備 区 間 2 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 については 応 急 復 旧 により 平 成 23 年 4 月 28 日 までに 旧 警 戒 区 域 にかかる 区 間 ( 常 磐 道 広 野 IC~ 常 磐 富 岡

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

Microsoft PowerPoint - 390

Microsoft PowerPoint - 390 MR 研 修 として MPIが 要 約 医 MPI 政 情 報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 都 道 府 県 別 の 医 療 需 要 予 測 分 析 - 将 来 の 地 域 医 療 における 保 険 者 と 企 業 のあり に 関 する 研 究 会 報 告 書 より- (2015 年 3 18 経 済 産 業 省 HPで 公 表 ) 株 式 会 社 医 医 業

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

Microsoft Word - conference

Microsoft Word - conference 当 科 では 診 断 IVR 放 射 線 治 療 の 三 部 門 を 軸 に 臨 床 研 究 に 日 夜 励 んでいま 院 内 の 医 学 生, 研 修 医, 他 科 医 師 はご 連 絡 いただかなくても いつでも 参 加 可 能 でただし 突 然 のスケジュール 変 更 もあり 得 るので 事 前 にお 問 い 合 わせいただいた 方 が 無 難 で 院 外 の 方 でもご 興 味 がありましたら

More information

(2) 生 活 習 慣 病 は 区 民 の 死 因 の 6 割 を 占 める また 介 護 予 防 には 生 活 習 慣 病 に 加 え 認 知 症 や 骨 折 の 予 防 が 大 切 である 生 活 習 慣 病 が 死 因 に 占 める 割 合 は 約 6 割 国 や 東 京 都 と 同 様 の

(2) 生 活 習 慣 病 は 区 民 の 死 因 の 6 割 を 占 める また 介 護 予 防 には 生 活 習 慣 病 に 加 え 認 知 症 や 骨 折 の 予 防 が 大 切 である 生 活 習 慣 病 が 死 因 に 占 める 割 合 は 約 6 割 国 や 東 京 都 と 同 様 の 1 データでみるせたがやの 健 康 発 行 のねらい 区 では 健 康 せたがやプラン( 第 二 次 ) ( 平 成 24 年 度 ~33 年 度 )を 策 定 し 基 本 理 念 の 下 区 民 の 健 康 づくりに 取 り 組 んでいます その 方 策 の 1 つとして 健 康 に 関 するデータを 活 用 して 区 民 の 健 康 状 況 を 明 らかにすると 共 に 区 民 が 自 分 自

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

参考資料 地域診断データ集.xls

参考資料 地域診断データ集.xls Ver1.1 H27.4.13 更 新 郡 山 市 セーフコミュニティ 地 域 診 断 市 民 安 全 課 セーフコミュニティ 推 進 室 地 域 診 断 データ 一 覧 1 福 島 県 警 察 本 部 郡 山 警 察 署 郡 山 北 警 察 署 平 成 22~25 年 交 通 白 書 平 成 26 年 分 は 各 Webサイトより 2 郡 山 警 察 署 郡 山 北 警 察 署 平 成 22~25

More information

第 23 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 28 年 6 月 6 日 ( 月 ) 13:30 場 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 ア 第 1 回 学 術 研 究 目 的 のためのデータ 提 供 に

第 23 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 28 年 6 月 6 日 ( 月 ) 13:30 場 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 ア 第 1 回 学 術 研 究 目 的 のためのデータ 提 供 に 第 23 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 日 時 平 成 28 年 6 月 6 日 ( 月 )13: 30 場 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 配 付 資 料 一 覧 次 第 出 席 者 名 簿 座 席 表 資 料 1 県 民 健 康 調 査 基 本 調 査 の 実 施 状 況 について 資 料 2-1 県 民 健 康 調 査 甲 状 腺 検 査 ( 本 格 検 査

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

磐田市総合計画基礎調査 ~いわたまちづくり白書~

磐田市総合計画基礎調査 ~いわたまちづくり白書~ 第 1 章 関 連 上 位 計 画 の 把 握 まとめ 1 1-1 広 域 圏 計 画 にみる 磐 田 市 の 位 置 づけ (1) 国 土 形 成 計 画 25 5 17 29 2 7 21 1 国 土 形 成 計 画 ( 全 国 計 画 ) 2 (2) 中 部 圏 都 市 開 発 区 域 建 設 計 画 42 7 31 18 7 2 9 18 5 整 備 及 び 開 発 の 基 本 構 想 5

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

仙台市のエイズ・性感染症の現状       資料4

仙台市のエイズ・性感染症の現状       資料4 のエイズ 性 感 染 症 の 現 状 資 料 1 (1) HIV エイズ 発 生 動 向 1 HIV 感 染 者 とエイズ 患 者 報 告 数 年 次 推 移 の 比 較 ( 概 要 ) の 状 況 HIV 感 染 者 数 は, 平 成 年 に 小 さなピークがあり,その 後 はいずれも 増 加 の 傾 向 を 示 していた が,ここ 数 年 は 横 ばい 傾 向 である 平 成 年 の HIV 感

More information

2016 January 内 診 療 科 月 ( 新 患 ) 熊 部 呼 吸 器 ( 再 診 ) 山 口 科 血 液 外 山 消 化 器 大 園 鈴 木 腎 臓 外 科 消 化 器 外 科 大 地 火 山 口 中 嶋 外 山 工 藤 水 外 山 戸 井 田 木 中 嶋 山 口 外 山 大 地 金 熊 部 外 山 大 園 鈴 木 石 躍 備 考 ( 水 ) 午 後 気 管 支

More information

05_現状把握指標一覧(H28.1.1時点)【20160113確定版】

05_現状把握指標一覧(H28.1.1時点)【20160113確定版】 5 精 神 疾 患 二 次 保 健 医 療 圏 1 2 3 4 5 かかりつけ 医 等 心 の 健 康 対 応 力 向 上 研 修 参 加 者 数 研 修 の 開 催 回 数 平 成 20 年 度 事 業 報 告 回 376 25 ~23 年 度 研 修 の 受 講 者 数 人 21,275 881 GP 連 携 会 議 の 開 催 地 域 数 及 び 紹 介 システム 構 築 地 区 数 GP 連

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

次 世 代 育 成 支 援

次 世 代 育 成 支 援 次 世 代 育 成 支 援 [ 保 育 編 ] 町 では 平 成 17 年 度 ~26 年 度 までの10 年 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 ( 子 育 て 支 援 )を 行 っています 保 護 者 の 皆 さんから 保 育 に 関 して 寄 せられた 疑 問 質 問 をま とめましたので 参 考 にしてください 1. 入 園 について Q1 保 育 園 に 入 れる 場 合 は? 保 育

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

Microsoft Word - 02目次.doc

Microsoft Word - 02目次.doc 5 税 金 1 国 税 に 関 する 控 除 非 課 税 適 用 を 受 けるには 所 得 税 に 関 する 障 がい 者 の 所 得 控 除 税 額 の 計 算 の 基 礎 となる 所 得 から 所 得 控 除 として 次 の 区 分 により 一 定 額 が 控 除 されます 等 級 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 123456 左 記 左 記 重 度 1 級 区 分 級 級 級

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

平成17年度の人事行政等の状況

平成17年度の人事行政等の状況 平 成 25 年 度 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 1. 職 員 の 任 免 及 び に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 退 職 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 2 日 から 平 成 26 年 4 月 1 日 ) 職 種 H25.4.1 現 在 期 間 内 の 退 職 者 期 間 内 の 採 用 者 H26.4.1 現 在 医 師 118 人 32

More information

伊勢市の将来人口の推計【参考資料】

伊勢市の将来人口の推計【参考資料】 将 来 の 伊 勢 市 のすがた 2010 年 ~2030 年 平 成 23 年 2 月 伊 勢 市 はじめに 人 口 減 少 少 子 化 高 齢 化 の 進 行 は あらゆる 分 野 に 様 々な 影 響 を 及 ぼしていくこ とが 考 えられます 来 るべき 20 年 後 (2030 年 )を 迎 えるにあたり 過 去 と 現 在 そして 将 来 の 長 期 的 傾 向 を 人 口 問 題 の

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20959F8E8388E397C394EF8F9590AC90A79378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20959F8E8388E397C394EF8F9590AC90A79378> 福 祉 費 助 成 制 度 診 報 酬 明 細 書 記 載 事 例 香 川 県 国 民 健 康 保 団 体 連 合 会 概 要 香 川 県 における 福 祉 費 助 成 制 度 については 平 成 6 年 4 月 現 在 乳 幼 児 費 について 併 用 レセプトを 用 いた 現 物 支 給 を 県 下 全 市 町 で 実 施 しているが 平 成 6 年 8 月 診 分 から 乳 幼 児 同 様 に

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56,

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56, 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 生 活 間 に 関 する 結 果 要 約 平 成 24 年 9 月 26 日 社 会 生 活 基 本 調 査 とは 社 会 生 活 基 本 調 査 は, 国 民 の 生 活 間 の 配 及 び 自 由 間 における 主 な 活 動 について 調 査 し, 各 種 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とし, 昭 和 51 年

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20878232352D31302090B696BD955C82A982E782DD82E98AE28EE88CA782C68CA793E08E7392AC91BA82CC95BD8BCF8EF596BD>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20878232352D31302090B696BD955C82A982E782DD82E98AE28EE88CA782C68CA793E08E7392AC91BA82CC95BD8BCF8EF596BD> [ 調 査 分 析 レポート 25-10] 平 成 25 年 8 月 19 日 調 査 統 計 課 調 査 分 析 担 当 生 命 表 からみる 岩 手 県 と 県 内 市 町 村 の 平 均 寿 命 1 はじめに 日 本 は 世 界 で 最 も 長 寿 な 国 のひとつです 世 界 保 健 機 関 (WHO)が 発 表 した 2013 年 版 世 界 保 健 統 計 によると 2011 年 の 日

More information

03所得

03所得 Ⅱ 各 種 世 帯 の 所 得 等 の 状 況 の 所 得 とは 平 成 24 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの1 年 間 の 所 得 であり 貯 蓄 借 入 金 とは 平 成 25 年 6 月 末 日 の 現 在 高 及 び 残 高 である なお 生 活 意 識 については 平 成 25 年 7 月 11 日 現 在 の 意 識 である 1 年 次 別 の 所 得 の 状 況 平

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 燕 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A ( 参 考 ) H21 年 度 の 件 費 率 H22 年 度 83,216 33,869,103 1,012,644 4,927,440 14.5%

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx 3 大 疾 病 保 障 特 約 付 団 体 信 用 生 命 保 険 の 概 要 一 般 団 体 信 用 生 命 保 険 3 大 疾 病 保 障 特 約 死 亡 保 障 + 高 度 障 害 保 障 全 国 保 証 ( 一 社 )しんきん 保 証 基 金 保 険 契 約 者 全 国 保 証 信 金 中 央 金 庫 申 込 時 年 齢 と 実 行 時 年 齢 満 20 歳 以 上 満 50 歳 未 満 満

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd 4 糖 尿 病 現 状 と 課 題 ア 糖 尿 病 の 現 状 管 内 における 糖 尿 病 による 死 亡 数 は, 平 成 21 年 は8 人 ( 男 性 6 人, 女 性 2 人 )で, 死 亡 率 は, 男 性 は 全 国, 県 を 上 回 っていますが, 女 性 は 全 国, 県 を 下 回 っています 死 亡 率 のここ 数 年 の 年 次 推 移 をみると, 全 国 や 県 を 上 回

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9 木 津 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 年 度 21 69,31 26,452,32 316,21 4,13,296 15.5 17.9 (2)

More information

Microsoft Word - ....

Microsoft Word - .... 目 次 出 題 傾 向 1 (1) わが 国 の 人 口 動 向 等 3 (2) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 の 現 況 3 (3) 公 的 年 金 制 度 の 沿 革 ( 主 な 内 容 を 抜 粋 ) 4 (4) 公 的 年 金 のしくみ 6 (5) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 8 (6) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 資 格 の 取 得 と 喪 失 10 (7) 被 保

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

医療費等分析及び事業計画書

医療費等分析及び事業計画書 島 本 町 国 民 健 康 保 険 保 健 事 業 実 施 計 画 (データヘルス 計 画 ) 平 成 27 年 3 月 島 本 町 - 目 次 - 第 1 章 事 業 目 的 と 背 景 1 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 概 要 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 2 3. 計 画 期 間 2 4. 計 画 の 推 進 2 第 2 章 島 本 町 の 現 状 3 1. 概 要 3 2. 人

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

Microsoft Word - H27報告書

Microsoft Word - H27報告書 熱 中 症 患 者 速 報 平 成 27 年 度 報 告 書 平 成 28 年 2 月 国 立 環 境 研 究 所 はじめに 国 立 環 境 研 究 所 では 平 成 27 年 5 月 1 日 より 9 月 日 ( 札 幌 沖 縄 県 については 6 月 1 日 より 9 月 日 )の 間 札 幌 消 防 局 仙 台 消 防 局 さいたま 消 防 局 千 葉 消 防 局 東 京 消 防 庁 横 浜

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information