(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc)"

Transcription

1 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル 作 成 の 手 引 き -ふりかけ 類 製 造 業 - 広 島 県

2 -ふりかけ 類 製 造 業 - 目 次 ふ り か け 類 製 造 業 の 定 義 1 第 1 章 個 別 基 準 - ふ り か け 類 製 造 業 - 2 第 2 章 マ ニ ュ ア ル 作 成 の ポ イ ン ト 及 び 記 載 例 1 機 械 器 具 類 の 衛 生 管 理 特 定 原 材 料 ( ア レ ル ギ ー 物 質 を 含 む 食 品 等 ) の コ ン タ ミ ネ ー シ ョ ン 防 止 4 2 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 い 2-1 食 品 添 加 物 の 使 用 選 別 工 程 の 管 理 殺 菌 工 程 の 管 理 調 味 液 の 管 理 乾 燥 工 程 の 管 理 表 示 製 品 検 査 21

3 ふりかけ 類 製 造 業 の 定 義 食 品 衛 生 に 関 する 条 例 第 3 条 に 基 づく 加 工 水 産 物 製 造 業 の 認 定 施 設 又 は 食 品 製 造 水 分 含 量 を 定 調 整 した 副 義 食 物 であっ ふりかけるもの ふりかけ( ん, 高 例 業 の 届 出 施 設 のうち, ふりかけ 類 を 製 造 する 施 設 て, 次 に 挙 げるもの 菜 等 ),ごましお 鮭,ちりめ 等 認 1 証 対 象 食 品 にふりかけるもの の 定 義 23 かけるもの ご 飯 等 にふりかけた 後 にお に 混 茶 ぜ 等 込 をん ふりかけた お もの 茶 等 をかける で 使 用 するもの ふりかけた 後 に 茶 漬 け 等 混 するもの ぜ 込 んで 使 用 混 ぜ 込 み 用 ふりかけ 等 認 証 の 対 象 とならないもの そうざいに 該 当 する 食 品 例 ) 佃 煮, 豚 の 角 煮,まぐろの 角 煮 漬 物 - 1 -

4 第 1 章 個 別 基 準 -ふりかけ 類 製 造 業 - この 個 別 基 準 は,ふりかけ 類 製 造 業 で 重 点 的 に 管 理 を 必 要 とする 項 目 ですので, 共 通 基 準 の 項 目 に 追 加 して 管 理 する 必 要 があります ふりかけ 類 製 造 業 で 認 証 を 受 ける 際 には, 共 通 基 準, 個 別 基 準 (ふりかけ 類 製 造 業 ) の 両 方 を 満 たしていることが 必 要 になりますので,マニュアルの 内 容 などに 漏 れがない ように 気 をつけてください なお,この 手 引 きでは, 個 別 基 準 の 内 容 だけを 取 り 上 げてマニュアルを 作 成 する 記 載 方 法 となっていますが, 実 際 には, 共 通 基 準 と 個 別 基 準 を 合 わせて1 冊 のマニュアルと 原 材 料 入 荷 検 収 して 作 成 してもかまいません サンプリング 実 際 の 個 別 基 準 は, 次 ページからの 一 覧 表 を 御 覧 ください ふりかけ 類 の 標 準 的 製 造 工 程 前 選 別 殺 処 理 調 味 菌 調 味 液 調 整 整 乾 粒 選 燥 別 充 混 検 填 包 合 品 装 ある これは, 標 準 的 な 工 程 例 で, 製 品 の 種 類 によっては, 出 必 荷 サンプリング ずしも 必 要 としない 工 程 や,これら 以 外 の 工 程 が - 2 -

5 - 3 - 項 目 衛 生 管 理 の 方 法 頻 度 等 記 録 を 要 する 事 項 衛 生 管 理 1 機 械 器 具 認 類 証 基 準 ( 個 別 基 準 -ふりかけ 類 製 造 業 - ) の物 特 コンタミネーション 定 質 原 を 材 含 料 む (アレルギー 食 品 防 等 止 )の されていること 特 定 原 材 料 のコンタミネーション されていること 防 止 手 順 が 示 製 こと 造 品 目 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があるて 確 記 認 録 結 方 果 法 及 の び 記 不 載 適 があること の 場 合 の 対 応 につい 12 食 選 品 別 添 加 物 の 使 用 と 食 原 品 材 添 料 加 中 物 の 異 使 物 用 の 手 選 順 別 方 法 されていること が 示 されているこ製 造 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること する があること があること につい 2 食 品 等 34 殺 調 菌 味 液 の 管 理 殺 調 菌 味 液 の 管 理 手 順 が 示 されていること されていること する する があること があること の 衛 生 5 乾 燥 工 程 の 管 理 乾 燥 実 施 手 順 が されていること 原 材 料 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること 的 な 取 扱 い 6 表 示 められた 包 不 適 装 表 品 場 示 について 事 の 合 項 確 対 認 表 関 応 手 示 係 方 順 見 が 法 本 令 が 示 示 及 されていること び 製 品 規 格 書 で 定 製 造 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること 確 認 があること につい 7 製 品 検 査 されていること 製 が 品 示 されていること 細 味 菌, 臭 学 い, 的 検 色 査 等 の 項 官 目 能 及 検 びその 査 の 方 実 法 施 が 手 順 示 官 能 検 査, 外 観 検 査 について, 製 造 毎 に こと 不 包 適 装 の 状 場 態 合 等 の 対 外 応 観 方 検 法 査 が の 示 方 されていること 法 が 示 されている検 細 載 査 があること 菌 する 学 的 旨 検 の 査 記 は 載 年 があること 1 回 以 上 行 う 旨 の 記 て 検 と 記 査 録 結 成 方 果 績 法 及 書 び の 記 不 保 載 適 存 があること の 方 場 法 合 の の 記 対 載 応 があるこ につい

6 第 2 章 マニュアル 作 成 のポイント 及 び 記 載 例 1 機 械 器 具 類 の 衛 生 管 理 特 定 原 材 料 (アレルギー 物 質 を 含 む 食 品 等 )のコンタミネーション 防 止 認 証 基 準 衛 生 管 理 の 方 法 特 定 原 材 料 のコンタミネーション 防 止 手 順 が 示 されていること 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 が 示 されていること 頻 度 等 製 造 品 目 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること 記 録 を 要 する 事 項 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 方 法 の 記 載 があること < 目 的 > 特 定 原 材 料 のコンタミネーション コンタミネーションを 防 止 する 特 定 原 材 料 (アレルギー 物 質 を 含 む 食 品 等 )を 使 用 した 製 品 と 使 用 しない 製 品 を, 同 一 設 備 で 製 造 する 場 合, 意 図 しない 特 定 原 材 料 のコンタミネーションが 生 じる 場 合 があ ります これを 防 止 するためには, 使 用 原 材 料 の 把 握, 製 品 の 製 造 順, 製 品 切 り 替 え 時 における 機 械 器 具 類 の 洗 浄 などの 手 順 を 定 め,その 実 施 結 果 を 記 録 することが 必 要 です <マニュアル 作 成 のポイント ポイント> 使 用 原 材 料 に 含 まれる 特 定 原 材 料 を 把 握 し, 必 要 に 応 じて, 工 程 ごとにコンタミネ ーション 防 止 手 順 を 定 めます ポイント1 コンタミネーション 防 止 に 関 する 責 任 者 名 を 明 記 します ポイント2 コンタミネーション 防 止 の 目 的 を 明 記 します ポイント3 具 体 的 なコンタミネーション 防 止 の 手 順 を 定 め,また, 手 順 に 従 わない 作 業 が 確 認 された 場 合 の 対 応 方 法 も 明 記 します ポイント4 手 順 に 従 った 作 業 の 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について, 記 録 する 方 法 を 明 記 します - 4 -

7 特 定 原 材 料 (アレルギー 物 質 を 含 む 食 品 等 )の コンタミネーション 防 止 マニュアル 記 載 例 Ⅰ 責 任 者 責 任 者 名 ポイント1 Ⅱ 目 的 特 定 原 材 料 のコンタミネーションを 防 止 する ポイント2 Ⅲ 実 施 方 法 ポイント3 1 責 任 者 は, 全 ての 製 品 について, 新 製 品 開 発 時 に, 原 材 料 に 含 まれる 特 定 原 材 料 を 確 認 し, 製 品 規 格 書 に 使 用 されている 特 定 原 材 料 を 記 載 する なお, 原 材 料 などの 変 更 時 には, 速 やかに 内 容 の 見 直 しを 行 う 2 実 施 者 は, 製 造 時 に, 製 品 ごとに, 原 材 料, 調 味 料 が 製 品 規 格 書 に 指 定 されたものか 確 認 する 3 特 定 原 材 料 を 含 む 食 品 等 に 使 用 する 器 具 は 専 用 のものとし,その 旨 を 器 具 に 明 示 す る 4 製 造 ラインを 複 数 の 製 品 の 製 造 に 使 用 する 場 合, 使 用 順 を 次 の 通 りとする ふりかけ( 特 定 原 材 料 の 使 用 なし) ふりかけ( 小 麦 使 用 ) 5 3,4の 手 順 によらない 場 合, 実 施 者 は 製 造 前 に 十 分 に 器 具, 製 造 ラインの 洗 浄 を 実 施 し, 残 渣 がないことを 確 認 した 後, 使 用 する 6 2から5の 手 順 を 逸 脱 した 場 合, 実 施 者 は 表 示 の 変 更, 用 途 の 変 更 又 は 廃 棄 を 行 う 7 実 施 者 は,2から6の 手 順 に 従 って 実 施 した 結 果 を, 随 時, 製 造 記 録 簿 に 記 載 する Ⅳ 実 施 日 記 録 方 法 ポイント4 製 品 名 目 特 原 材 定 料 製 規 確 格 品 認 書 製 順 造 序 器 確 具 認 製 造 ライン 洗 浄 製 造 記 順 確 序 認 洗 実 浄 施 残 確 渣 認 不 適 時 録 簿 作 成 例 なし 1 対 応 実 施 者 年 月 責 任 者 名 1 ふりかけ 混 ごはんの ぜ 込 み 素 小 卵 麦 32 ( 実 再 施 洗 ) 浄 - 5 -

8 2 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 い 2-1 食 品 添 加 物 の 使 用 認 証 基 準 衛 生 管 理 の 方 法 食 品 添 加 物 の 使 用 手 順 が 示 されていること 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 が 示 されていること 頻 度 等 製 造 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること 記 録 を 要 する 事 項 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 方 法 の 記 載 があること < 目 的 > 食 品 添 加 物 の 不 適 切 な 使 用 を 防 止 する 食 品 添 加 物 の 誤 った 使 用 により 基 準 違 反 や 表 示 違 反 が 生 じる 場 合 があります そこで, 食 品 添 加 物 の 使 用 方 法 を 定 め,その 実 施 結 果 の 記 録 を 行 い 保 管 しておくことが 必 要 です <マニュアル 作 成 のポイント ポイント> 品 目 ごとに,それぞれ 使 用 する 食 品 添 加 物 の 適 正 な 使 用 方 法 を 定 めます ポイント1 食 品 添 加 物 の 使 用 に 関 する 責 任 者 名 を 明 記 します ポイント2 食 品 添 加 物 の 使 用 を 管 理 する 目 的 を 明 記 します ポイント3 品 目 ごとに 食 品 添 加 物 の 使 用 方 法 を 具 体 的 に 定 め,また, 不 適 切 な 使 用 が 行 われた 場 合 の 対 応 方 法 も 明 記 します 原 材 料 に 含 まれる 食 品 添 加 物 については, 表 示 又 はメーカーの 規 格 書 で 確 認 します ポイント4 製 造 ごとの 適 正 使 用 の 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について, 記 録 する 方 法 を 明 記 します - 6 -

9 食 品 添 加 物 の 使 用 マニュアル 記 載 例 Ⅰ 責 任 者 責 任 者 名 ポイント1 Ⅱ 目 的 食 品 添 加 物 の 不 適 切 な 使 用 を 防 止 する ポイント2 Ⅲ 実 施 方 法 ポイント3 1 責 任 者 は, 新 製 品 開 発 時 に, 製 品 ごとに 原 材 料 配 合 分 量 表 を 作 成 する 作 成 にあたっ ては, 使 用 原 材 料 に 含 まれる 食 品 添 加 物 を 確 認 し,その 内 容 を 備 考 欄 に 記 載 する また, 使 用 基 準 のある 食 品 添 加 物 については,その 内 容 も 備 考 欄 に 記 載 する なお, 原 材 料 な どの 変 更 時 には, 速 やかに 原 材 料 配 合 分 量 表 の 見 直 しを 行 う 2 責 任 者 は, 配 合 分 量 表 をもとに, 製 品 ごとに 計 量 指 示 書 ( 兼 ) 記 録 簿 を 作 成 する 実 施 者 は, 使 用 直 前 に 計 量 指 示 書 ( 兼 ) 記 録 簿 に 従 い 計 量 し, 使 用 する 3 不 適 切 な 使 用 が 確 認 された 場 合, 実 施 者 は 調 整, 用 途 の 変 更 又 は 廃 棄 する 4 実 施 者 は,2,3の 手 順 にしたがって 実 施 した 結 果 を, 随 時, 計 量 指 示 書 ( 兼 ) 記 録 簿 及 び 不 適 時 対 応 記 録 簿 に 記 載 する ふりかけ 配 合 分 量 表 年 月 日 作 成 原 材 料 名 使 用 量 使 用 目 的 備 考 不 適 時 対 応 調 味 顆 粒 ( 小 麦 粉, 麦 芽 糖, 食 塩, 砂 糖, 野 菜 エキス, 昆 布 粉, 粉 末 醬 油 ) g 原 材 料 カラメル 色 素 酸 化 防 止 剤 (ヒ タミン E) L-ク ルタミン 酸 ナトリウム 5 -イノシン 酸 ナトリウム 5 -ク アニル 酸 ナトリウム ごま g 原 材 料 のり g 原 材 料 味 付 け 鰹 削 り 節 g 原 材 料 過 量 使 用 は 成 分 調 整 又 は 廃 棄 スクラロース g 甘 味 料 使 用 基 準 (0.58g/kg 以 下 ) L-ク ルタミン 酸 ナトリウム g 調 味 料 5 -リホ ヌクレオタイト 二 ナトリウム g 調 味 料 - 7 -

10 Ⅳ 記 録 方 法 ポイント4 計 量 指 示 書 ( 兼 ) 記 録 簿 作 成 例 年 月 日 品 名 ふりかけ 製 造 量 責 任 者 名 原 材 料 名 指 示 量 計 量 結 果 不 適 時 対 応 調 味 顆 粒 ( 小 麦 粉, 麦 芽 糖, 食 塩, 砂 糖, 野 菜 エキス, g 〇 g 昆 布 粉, 粉 末 醬 油 ) ごま g 〇 g のり g 〇 g 過 量 使 用 は 成 分 調 整 又 は 廃 棄 味 付 け 鰹 削 り 節 g 〇 g スクラロース g g L-ク ルタミン 酸 ナトリウム g g 5 -リホ ヌクレオタイト 二 ナトリウム g g 実 施 者 不 適 時 対 応 記 録 簿 作 成 例 品 名 ふりかけ 製 造 量 責 任 者 名 年 月 日 不 適 判 明 工 程 不 適 状 況 対 応 状 況 実 施 者 混 合 工 程 直 前 計 量 後 容 器 の 破 損 によ るスクラロースの 損 失 再 計 量 し 不 足 分 を 追 加 - 8 -

11 2-2 選 別 工 程 の 管 理 認 証 基 準 衛 生 管 理 の 方 法 原 材 料 中 の 異 物 の 選 別 方 法 が 示 されていること 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 が 示 されていること 頻 度 等 原 材 料 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること 記 録 を 要 する 事 項 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 方 法 の 記 載 があること < 目 的 > 原 材 料 に 由 来 する 異 物 を 除 去 し, 製 品 への 異 物 混 入 を 防 止 する ふりかけ 類 の 原 材 料 には 異 物 が 混 入 している 可 能 性 があります そこで, 原 材 料 由 来 の 異 物 混 入 防 止 方 法 を 定 め,その 実 施 結 果 を 記 録 することが 必 要 です <マニュアル 作 成 のポイント ポイント> 原 材 料 ごとに 異 物 の 選 別 方 法 を 定 めます 加 工 済 みの 原 材 料 を 仕 入 れる 場 合 は,メーカーの 規 格 書 で, 異 物 の 除 去 を 確 認 するこ ともできます ポイント1 選 別 に 関 する 責 任 者 名 を 明 記 します ポイント2 選 別 を 実 施 する 目 的 を 明 記 します ポイント3 異 物 の 選 別 方 法 を 定 め, 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 を 明 記 します ポイント4 金 属 探 知 機 を 設 置 している 場 合,テストピースによる 作 動 状 況 の 確 認 方 法 を 明 記 します ポイント5 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 する 方 法 を 明 記 します - 9 -

12 選 別 工 程 の 管 理 マニュアル 記 載 例 Ⅰ 責 任 者 責 任 者 名 ポイント1 Ⅱ 目 的 原 材 料 に 由 来 する 異 物 を 除 去 し, 製 品 への 異 物 混 入 を 防 止 する ポイント2 Ⅲ 実 施 方 法 ポイント3 実 施 者 は, 次 の 方 法 に 従 って 選 別 を 実 施 し, 異 物 を 発 見 した 場 合 には, 当 該 異 物 を 除 去 し, 必 要 に 応 じて 再 選 別 を 行 う また,その 結 果 を, 随 時, 選 別 工 程 記 録 簿 に 記 載 する 1 選 別 方 法 製 品 名 原 材 料 名 実 施 時 期 選 別 方 法 実 施 者 の り 原 料 入 荷 時 目 視 検 品 係 ふりかけ かつお 削 り 節 製 造 前 風 力 選 別 機 選 別 係 わかめ 製 造 前 金 属 探 知 機 選 別 係 し そ 前 処 理 後 目 視 前 処 理 係 2 金 属 探 知 機 の 作 動 確 認 方 法 ポイント4 実 施 者 は, 製 品 ごとに 作 業 開 始 前 後 にテストピース(Fe 0.3 SUS 0.7)を 用 いた 作 動 状 況 の 確 認 を 行 う 不 適 の 場 合 は, 金 属 探 知 機 の 点 検 調 整 後, 再 選 別 を 行 う 3 不 適 時 対 応 実 施 者 は, 金 属 探 知 機 等 の 作 動 状 況 に 異 常 があった 場 合 には, 金 属 探 知 機 等 を 調 整 し た 後, 作 動 状 況 に 異 常 がないことを 確 認 した 上 で 再 選 別 を 行 う

13 金 Ⅳ 記 録 方 法 ポイント5 作 属 業 探 前 知 機 作 動 業 状 後 況 選 別 工 程 記 録 簿 作 成 例 年 月 日 責 任 者 名 ふりかけ かつお の 目 視 kg 製 品 名 原 材 料 名 選 別 方 法 処 理 量 除 去 異 物 不 適 時 対 応 実 施 者 同 削 り 節 風 力 選 別 し 金 属 探 知 機 不 良 再 選 別 小 石 異 物 除 去 ( 再 選 別 実 施 ) わかめ 上 金 属 探 知 機 そ 同 目 上 視 kg

14 2-3 殺 菌 工 程 の 管 理 認 証 基 準 衛 生 管 理 の 方 法 殺 菌 の 実 施 手 順 が 示 されていること 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 が 示 されていること 頻 度 等 原 材 料 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること 記 録 を 要 する 事 項 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 方 法 の 記 載 があること < 目 的 > 殺 菌 不 良 による 有 害 微 生 物 の 残 存 による 事 故 を 防 止 する 殺 菌 不 良 により, 製 品 中 への 有 害 微 生 物 残 存 が 考 えられます そこで, 殺 菌 温 度, 時 間 等 の 管 理 を 行 い,その 実 施 結 果 を 記 録 することが 必 要 です <マニュアル 作 成 のポイント ポイント> 原 材 料 ごとに 具 体 的 な 殺 菌 方 法 を 定 めます ポイント1 殺 菌 工 程 の 管 理 に 関 する 責 任 者 名 を 明 記 します ポイント2 殺 菌 工 程 を 管 理 する 目 的 を 明 記 します ポイント3 原 材 料 ごとに 殺 菌 温 度, 時 間 等 の 殺 菌 方 法 を 定 め,また, 基 準 に 合 わない 場 合 の 対 応 方 法 も 明 記 します ポイント4 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 する 方 法 を 明 記 します

15 殺 菌 工 程 の 管 理 マニュアル 記 載 例 Ⅰ 責 任 者 責 任 者 名 ポイント1 Ⅱ 目 的 殺 菌 不 良 による 有 害 微 生 物 の 残 存 による 事 故 を 防 止 する ポイント2 Ⅲ 実 施 方 法 ポイント3 実 施 者 は, 次 の 方 法 に 従 って 殺 菌 を 実 施 し,その 結 果 を, 随 時, 殺 菌 工 程 記 録 簿 に 記 載 する 製 品 名 原 材 料 名 殺 菌 方 法 殺 菌 時 間 不 適 時 対 応 ちりめん ふりかけ かたくち いわし ボイル 以 上 分 以 上 殺 菌 設 備 の 点 検 調 整 後, 再 殺 菌 を 行 う 再 殺 菌 後, 風 味 等 の 確 認 を 行 う 製 品 名 原 材 料 名 殺 菌 方 法 殺 菌 時 間 不 適 時 対 応 広 島 菜 ふりかけ 広 島 菜 次 亜 塩 素 酸 Na 200ppm 食 品 添 加 物 である 次 亜 塩 素 酸 Na を 使 用 すること 分 以 上 殺 菌 設 備 の 点 検 調 整 後, 再 殺 菌 を 行 う 再 殺 菌 後, 風 味 等 の 確 認 を 行 う Ⅳ 記 録 方 法 ポイント4 実 施 日 殺 菌 工 ちりめん 程 記 録 簿 作 成 例 1 温 度 : 以 上 管 理 基 準 ふりかけ 製 品 名 原 かたくち いわし 材 料 殺 刻 菌 開 温 始 殺 菌 終 了 ( 菌 分 時 間 不 適 時 対 者 : 分 以 上 年 月 責 任 者 名 上 停 不 再 ( 足 殺 電 再 菌 により 殺 再 後 菌 殺 良 実 菌 好 施 時 ) 間 ) 1 : : 分 : : 分 1 同 上 同 名 時 度 時 ( ) 刻 温 度 殺 ( ) 応 実 施

16 Ⅳ 記 録 方 法 ポイント4 次 亜 殺 調 塩 整 素 菌 濃 酸 工 度 次 程 記 録 原 亜 簿 液 塩 濃 素 作 度 酸 次 成 例 2 原 亜 濃 度 : 次 亜 塩 素 酸 Na (ml) 液 塩 使 素 用 酸 量 使 用 水 量 者 管 理 基 準 ppm 時 間 : 分 以 上 年 月 ml 物 責 内 任 者 名 Na すること であり, であることを 使 用 確 期 認 限 Na Na 実 施 日 200ppm 製 12% 広 品 島 菜 確 認 の 殺 時 菌 刻 開 始 殺 時 菌 刻 終 了 殺 ( 菌 分 時 間 時 計 の 故 障 によ 者 年 月 責 任 者 名 食 品 添 同 加 物 であること 及 び 使 用 期 限 の 確 認 り ( 再 不 殺 足 菌 後 実 再 良 施 殺 好 ) 菌 1 : 分 1 : 分 ふりかけ 名 原 広 材 島 料 菜 名 薬 剤 上 同 上 : : (L) 注 意 事 項 実 施 L 使 用 薬 剤 が 食 品 添 加 ) 不 適 時 対 応 実 施

17 2-4 調 味 液 の 管 理 認 証 基 準 衛 生 管 理 の 方 法 調 味 液 の 管 理 手 順 が 示 されていること 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 が 示 されていること 頻 度 等 製 造 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること 記 録 を 要 する 事 項 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 方 法 の 記 載 があること < 目 的 > 調 味 液 中 の 有 害 微 生 物 の 増 殖, 調 味 液 の 腐 敗 変 敗 及 び 異 物 混 入 による 事 故 を 防 止 する 使 用 する 調 味 液 は 保 管 状 況 が 不 良 であれば, 有 害 微 生 物 の 増 殖, 調 味 液 の 腐 敗 変 敗 及 び 異 物 混 入 の 可 能 性 があります そこで, 調 味 液 の 管 理 方 法 を 定 め,その 実 施 結 果 を 記 録 することが 必 要 です <マニュアル 作 成 のポイント ポイント> 調 味 液 ごとに 保 管 方 法 及 び 確 認 方 法 を 定 めます ボイント1 調 味 液 の 管 理 に 関 する 責 任 者 名 を 明 記 します ポイント2 調 味 液 の 管 理 をする 目 的 を 明 記 します ポイント3 調 味 液 の 保 管 方 法 及 び 確 認 方 法 を 具 体 的 に 定 め,また, 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 を 明 記 します ポイント4 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 する 方 法 を 明 記 します

18 調 味 液 の 管 理 マニュアル 記 載 例 Ⅰ 責 任 者 責 任 者 名 ポイント1 Ⅱ 目 的 ポイント2 調 味 液 中 の 有 害 微 生 物 の 増 殖, 調 味 液 の 腐 敗 変 敗 及 び 異 物 混 入 による 事 故 を 防 止 する Ⅲ 実 施 方 法 実 施 者 は, 次 の 方 法 に 従 って 調 味 液 を 保 管 し, 製 造 開 始 前 に 確 認 する また,その 結 果 を, 随 時, 確 認 記 録 簿 に 記 載 する 1 調 味 液 の 保 管 方 法 区 分 保 管 場 所 保 管 温 度 汚 染 防 止 の 方 法 ポイント3 調 味 液 A 製 造 室 内 の スペース 冷 暗 所 専 用 蓋 付 き 容 器 で 保 管 調 味 液 B 中 間 製 品 用 冷 蔵 庫 棚 10 以 下 専 用 蓋 付 き 容 器 で 保 管 調 味 液 C 委 託 業 者 の 冷 凍 庫 -20 以 下 専 用 蓋 付 き 容 器 で 保 管 調 味 液 は 床 面 からの 汚 染 を 防 ぐため,スノコなどを 利 用 し, 床 に 直 接 置 かないこと 2 調 味 液 の 確 認 方 法 実 施 者 は, 調 味 液 を 専 用 容 器 に 採 取 し, 色 調, 臭 い, 味 の 順 に 確 認 する 3 不 適 時 対 応 保 管 方 法 の 不 適 又 は 確 認 時 に 異 常 があった 場 合, 実 施 者 は 当 該 調 味 液 を 廃 棄 する Ⅳ 記 録 方 法 ポイント4 調 味 液 の 確 認 記 録 簿 作 成 例 年 月 日 責 任 者 名 区 分 保 管 状 況 確 認 項 目 温 度 容 器 色 調 臭 い 味 不 適 時 対 応 備 考 実 施 者 調 味 液 A 調 味 液 B 廃 棄 風 味 異 常 調 味 液 B 当 日 調 整 分 調 味 液 C

19 2-5 乾 燥 工 程 の 管 理 認 証 基 準 衛 生 管 理 の 方 法 乾 燥 の 実 施 手 順 が 示 されていること 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 が 示 されていること 頻 度 等 原 材 料 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること 記 録 を 要 する 事 項 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 方 法 の 記 載 があること < 目 的 > 乾 燥 不 良 による 有 害 微 生 物 の 増 殖 を 防 止 する 乾 燥 が 不 十 分 であった 場 合, 有 害 微 生 物 の 増 殖 が 起 こる 可 能 性 があります そこで, 乾 燥 温 度 及 び 時 間 等 の 管 理 を 行 い,その 実 施 結 果 を 記 録 することが 必 要 です <マニュアル 作 成 のポイント ポイント> 原 材 料 ごとに 具 体 的 な 乾 燥 方 法 を 定 めます ポイント1 乾 燥 工 程 の 管 理 に 関 する 責 任 者 名 を 明 記 します ポイント2 乾 燥 工 程 を 管 理 する 目 的 を 明 記 します ポイント3 原 材 料 ごとに 乾 燥 温 度, 時 間 等 の 乾 燥 方 法 を 定 め,また, 基 準 に 合 わない 場 合 の 対 応 方 法 も 明 記 します ポイント4 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 する 方 法 を 明 記 します

20 乾 燥 工 程 の 管 理 マニュアル 記 載 例 Ⅰ 責 任 者 責 任 者 名 ポイント1 Ⅱ 目 的 乾 燥 不 良 による 有 害 微 生 物 の 増 殖 を 防 止 する ポイント2 Ⅲ 実 施 方 法 ポイント3 実 施 者 は, 次 の 方 法 に 従 って 乾 燥 を 実 施 し,その 結 果 を, 随 時, 乾 燥 工 程 記 録 簿 に 記 載 する 製 品 名 原 材 料 名 乾 燥 方 法 標 準 乾 燥 時 間 ふりかけ のり わかめ 乾 燥 機 以 上 乾 燥 機 以 上 分 以 上 分 以 上 乾 燥 後 の 水 分 含 量 % 以 下 % 以 下 不 適 時 対 応 乾 燥 設 備 の 点 検 調 整 後, 再 乾 燥 を 行 う 再 乾 燥 後, 風 味 等 の 確 認 を 行 う Ⅳ 記 録 方 法 ポイント4 実 施 乾 日 燥 工 程 記 録 簿 作 成 例 原 材 料 名 のり 管 理 基 準 水 分 含 量 : % 以 下 : 時 乾 刻 燥 開 温 始 乾 刻 燥 終 温 了 ( 燥 分 時 間 量 温 度 : 以 上 標 準 温 度 時 間 時 間 : 分 以 好 燥 上 年 月 責 任 者 名 1 度 時 度 乾 1 : : : ( ) ( ) ) 水 (%) 分 含 分 % % 停 ( 電 再 乾 により 燥 不 実 適 施 時 時 ) 間 再 不 対 乾 足 応 燥 後 再 良 乾 実 施 者 実 施 日 : 1 原 材 料 名 わかめ 時 乾 刻 燥 開 温 始 乾 刻 燥 終 温 了 ( 燥 分 時 間 量 管 理 基 準 水 分 含 量 : % 以 下 温 度 : 以 上 標 準 温 度 時 間 時 間 : 分 以 上 年 月 責 任 者 名 度 : 時 度 乾 ( ) ( ) 分 ) 水 (%) 分 % 含 不 適 時 対 応 実 施 者

21 2-6 表 示 認 証 基 準 衛 生 管 理 の 方 法 包 装 品 について 関 係 法 令 及 び 製 品 規 格 書 で 定 められた 事 項 の 表 示 見 本 が 示 されて いること 製 品 表 示 の 確 認 手 順 が 示 されていること 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 が 示 されていること 頻 度 等 製 造 毎 に 確 認 する 旨 の 記 載 があること 記 録 を 要 する 事 項 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 方 法 の 記 載 があること < 目 的 > 関 係 法 令 に 基 づく 適 正 な 表 示 を 行 う 容 器 包 装 に 入 れられた 加 工 食 品 については, 食 品 衛 生 法, 健 康 増 進 法,JAS 法 及 び 景 品 表 示 法 などによって 表 示 の 基 準 が 定 められています 表 示 は, 消 費 者 に 製 品 の 正 確 な 情 報 を 伝 えるため, 適 正 に 行 うことが 必 要 です <マニュアル 作 成 のポイント ポイント> 品 目 ごとに 表 示 見 本 を 作 成 し, 適 正 な 表 示 の 確 認 手 順 を 定 めます ポイント1 表 示 に 関 する 責 任 者 名 を 明 記 します ポイント2 表 示 を 管 理 する 目 的 を 明 記 します ポイント3 製 品 規 格 書 を 基 にして 品 目 ごとに 表 示 見 本 を 作 成 するとともに, 表 示 の 確 認 方 法 を 明 記 します また, 不 適 正 な 表 示 が 確 認 された 場 合 の 対 応 方 法 も 明 記 し ます ポイント4 表 示 内 容 の 確 認 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 する 方 法 を 明 記 し ます

22 表 示 マニュアル 記 載 例 Ⅰ 責 任 者 責 任 者 名 ポイント1 Ⅱ 目 的 関 係 法 令 に 基 づく 適 正 な 表 示 を 行 う ポイント2 Ⅲ 実 施 名 方 法 ポイント3 1 責 任 者 は, 新 製 品 開 発 時 に, 製 品 規 格 書 を 基 に, 関 係 法 令 で 定 められた 事 項 に 漏 れが ないよう, 原 称 ふりかけ 表 示 見 本 を 作 成 する なお, 原 材 料 などの 変 更 時 には, 速 やかに 内 容 の 見 直 しを 行 う 内 材 料 名 ごま,かつお 削 り 節,のり, 醤 油, 砂 糖, 食 塩, 発 酵 調 味 料,デキス 表 賞 容 トリン,ぶどう ビタミンC( 原 糖 材, 料 の 抹 一 茶, 部 に 酵 大 母 エキス,かつおエキス, 豆, 小 麦,ゼラチンを 含 昆 む) 布,でん 粉, 示 味 量 50g 見 期 本 限 保 製 存 造 方 者 法 広 株 直 島 式 年 射 県 会 日 社 月 光, 市 高 日 温 食 町 多 品 湿 を 番 避 けてください 号 2 実 施 者 は, 製 品 ごとに, 表 示 が 適 正 なものか 確 認 する( 期 限 表 示 の 調 整, 確 認 含 む) 3 不 適 正 な 表 示 が 確 認 された 場 合, 責 任 者 は, 速 やかに, 出 荷 の 停 止, 表 示 の 訂 正 及 び 既 に 出 荷 されている 製 品 については 回 収 などの 措 置 をとる 4 実 施 者 及 び 責 任 者 は,2,3の 手 順 にしたがって 実 施 した 結 果 を, 随 時, 確 認 記 録 簿 に 記 載 する Ⅳ 記 録 方 法 ポイント4 表 示 確 記 録 認 簿 記 裏 録 面 簿 に 表 作 示 成 シール 例 等 を 添 付 すること 年 月 分 責 任 者 名 包 装 日 製 品 名 容 器 個 数 期 限 表 示 表 示 の 確 認 不 適 時 対 応 実 施 者 印 字 不 明 瞭 2 ふりかけ PET 容 器 不 良 5 再 印 字

23 2-7 製 品 検 査 認 証 基 準 衛 生 管 理 の 方 法 製 製 品 品 の の 味 味,, 臭 臭 い, い, 色 色 等 等 の の 官 官 能 能 検 検 査 査 の の 方 方 法 法 が が 示 示 されていること 製 品 の 化 細 菌 学 学 的, 的 細 検 菌 査 学 の 的 項 検 目 査 及 の びその 項 目 及 実 施 びその 手 順 が 実 示 施 されていること 手 順 が 示 されていること 包 装 状 態 等, の 異 外 物 観 の 検 混 査 入 の 等 方 の 法 外 が 観 示 検 されていること 査 方 法 が 示 されていること 不 適 の 場 合 の 対 応 方 法 が 示 されていること 頻 度 等 官 能 検 査, 外 観 検 査 について, 製 造 毎 に 検 査 する 旨 の 記 載 があること 細 化 菌 学 学 的 的, 検 細 査 菌 は 学 年 的 1 検 回 査 以 は 上 年 行 1 う 回 旨 以 の 上 記 行 載 う があること 旨 の 記 載 があること 記 録 を 要 する 事 項 検 査 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 方 法 の 記 載 があること 検 査 成 績 書 の 保 存 方 法 の 記 載 があること < 目 的 > 製 品 の 安 全 を 確 認 する 製 品 について 品 質 などに 異 常 がないか 製 造 ごとに 確 認 し,その 結 果 を 記 録 することが 必 要 です また, 定 期 的 な 製 品 検 査 により,マニュアルが 適 正 に 運 用 されているかを 検 証 する 必 要 があります <マニュアル 作 成 のポイント ポイント> 製 造 ごとに 実 施 する 味, 臭 い, 色 などの 官 能 検 査 及 び 包 装 状 態 等 の 外 観 検 査 の 方 法 を 定 めます その 他 の 製 品 検 査 について, 実 施 項 目, 実 施 頻 度 を 定 めます ポイント1 製 品 検 査 に 関 する 責 任 者 名 を 明 記 します ポイント2 製 品 検 査 の 目 的 を 明 記 します ポイント3 製 品 の 検 査 手 順 を 品 目 ごとに 具 体 的 に 定 め,また, 検 査 結 果 に 異 常 があった 場 合 の 対 応 を 明 記 します ポイント4 検 査 結 果 及 び 不 適 の 場 合 の 対 応 について 記 録 する 方 法 を 明 記 します

24 製 品 検 査 マニュアル 記 載 例 Ⅰ 責 任 者 責 任 者 名 ポイント1 Ⅱ 目 的 製 品 の 安 全 を 確 認 する ポイント2 Ⅲ 実 施 方 法 ポイント3 実 施 者 は, 全 ての 製 品 について, 次 の 手 順 にしたがって 検 査 を 実 施 し,その 結 果 を 記 録 する また, 新 製 品, 規 格 を 変 更 した 製 品 については, 必 要 に 応 じて, 期 限 設 定 のための 保 存 試 験 を 実 施 し,その 結 果 を 記 録 する なお, 委 託 検 査 の 結 果 については, 検 査 成 績 書 の 保 存 をもって 記 録 に 代 える 1 検 査 手 順 検 査 頻 度 検 査 項 目 実 施 者 方 法 判 定 基 準 不 適 時 対 応 色 調, 臭 い, 味 製 造 担 当 者 官 能 異 常 がないこと 廃 棄 製 造 毎 異 物 ( 包 装 前 ) 細 菌 数 細 菌 Fe が 認 数 0.3 められないこと 100,000 SUS 0.7 以 下 検 査 担 当 者 公 定 法 廃 棄 大 腸 菌 群 大 腸 菌 群 陰 性 包 装 状 態 目 視 異 常 がないこと 不 適 品 廃 棄 製 造 毎 (ヒ ンホール, 密 封 等 ) ( 包 装 時 ) 包 装 担 当 者 目 視 包 装 ロット 異 物 金 属 探 知 機 不 適 品 廃 棄 X 線 検 査 機 2 不 適 時 対 応 検 査 結 果 が 不 適 の 場 合, 責 任 者 は, 原 因 及 び 不 適 品 の 範 囲 等 を 調 査 し,その 結 果 によ っては, 事 前 の 定 めによらず, 廃 棄, 回 収, 公 表 等 適 切 な 対 応 を 実 施 する なお, 必 要 に 応 じて 各 種 マニュアルの 見 直 しを 行 う 3 検 査 成 績 書 の 保 存 方 法 責 任 者 は 検 査 成 績 を 確 認 後, 専 用 ファイルに 保 存 する

25 Ⅳ 記 録 方 法 ポイント4 3,000/g 包 装 前 検 査 結 果 記 録 簿 作 成 例 以 下 大 腸 菌 群 年 月 分 責 任 者 名 官 能 検 査 細 菌 検 査 包 装 日 製 品 名 不 適 時 対 応 実 施 者 色 臭 い 味 細 菌 数 2 ふりかけ 陰 性 包 装 時 検 査 結 果 記 録 簿 作 成 例 年 月 分 責 任 者 名 包 装 日 製 品 名 容 器 個 数 2 ふりかけ PET 容 器 味, 臭 色 調 包 装 状 態 異 物 不 適 時 対 応 実 施 者 35 不 良 1 不 適 品 のみ 廃 棄

26 平 編 成 集 23(2011) 発 行 広 島 年 県 3 健 月 康 31 福 日 祉 広 発 局 島 行 品 市 生 中 活 区 衛 基 生 町 課 広 島 県 食 品 自 主 衛 生 管 理 認 証 制 度 衛 生 管 理 マニュアル 作 成 の 手 引 き -ふりかけ 類 製 造 業 -

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書 8 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 管 理 規 定 の 遵 守 事 項 管 理 運 営 基 準 6 食 品 等 の 取 扱 い (1) 原 材 料 の 仕 入 れに 当 たっては 品 質 鮮 度 包 装 状 態 表 示 等 について 点 検 すること ならびにそれ らの 結 果 および 当 該 原 材 料 の 購 入 先 の 記 録 に 努 めること (2) 原 材 料 は 当 該 原 材

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63> 期 限 設 定 の ポ イ ン ト はじめに はじめに 期 限 表 示 には 次 の2とおりの 表 示 方 法 があります 用 語 消 費 期 限 賞 味 期 限 定 められた 方 法 により 保 存 した 場 合 定 義 意 味 腐 敗 変 敗 その 他 の 品 質 の 劣 化 に 伴 い 安 全 性 を 欠 くこととなるおそれがな いと 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をい う 品

More information

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード] 栄 養 摂 取 状 況 調 査 で 得 られた 内 容 から できるだけ 真 の 値 に 近 づけるために 適 切 な 食 品 番 号 の 選 択 調 理 による 変 化 栄 養 素 が 強 化 されている 食 品 のコード 付 けなど 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 栄 養 疫 学 プログラム 国 民 健 康 栄 養 調 査 プロジェクト 野 末 みほ 平 成 19 年

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

Microsoft Word - IF48new.DOC

Microsoft Word - IF48new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ジュウゼンタイホトウ 本 草 十 全 大 補 湯 エキス 顆 粒 -M H48 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 十 全 大 補 湯 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者 事 務 連 絡 平 成 25 年 2 月 14 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 ( 以 下 治 験 に 係 る 文 書 等 という )については 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について ( 平 成

More information

Microsoft Word - IF25new.DOC

Microsoft Word - IF25new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ケイシブクリョウガンリョウ 本 草 桂 枝 茯 苓 丸 料 エキス 顆 粒 -M H25 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 桂 枝 茯 苓 丸 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株

More information

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り)

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り) 食 安 発 1022 第 10 号 平 成 25 年 10 月 22 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 食 品 安 全 部 長 ( 公 印 省 略 ) 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル の 改 正 について 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル については 大 規 模 食 中 毒 対

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22 図 1-Ⅱ-2 冷 却 塔 の 例 ( 左 : 開 放 型 右 : 密 閉 型 ) < 維 持 管 理 方 法 > 1. 維 持 管 理 の 留 意 点 建 築 物 の 冷 却 水 は 空 調 用 冷 凍 機 などの 熱 を 発 生 する 機 器 と 冷 却 塔 の 間 を 循 環 して 発 生 した 熱 を 冷 却 塔 から 放 出 するのに 用 いられる 冷 却 水 は 夏 期 に 水 温 25~35

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ---

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは --- 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ------------------------------------------------------------------------

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> リユース 食 器 の 衛 生 管 理 に 関 する 自 主 ガイドライン 2011 年 3 月 リユース 食 器 ネットワーク 本 ガイドラインは 三 井 物 産 環 境 基 金 の 助 成 を 受 けて 作 成 しました 1 はじめに リユース 食 器 は 繰 り 返 し 使 用 することから きちんとした 衛 生 管 理 を 行 うこ とが 不 可 欠 です 食 品 の 取 り 扱 いに 関 する

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡)

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡) 宮 崎 県 内 の と 畜 場 における HACCP 導 入 の 概 要 宮 崎 県 衛 生 管 理 指 導 主 幹 都 城 食 肉 衛 生 検 査 所 黒 木 伸 二 高 崎 食 肉 衛 生 検 査 所 長 倉 祐 一 小 林 食 肉 衛 生 検 査 所 岩 切 章 都 農 食 肉 衛 生 検 査 所 森 岡 浩 文 日 向 食 肉 衛 生 検 査 所 三 重 野 由 子 宮 崎 県 のと 畜 頭

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

ア 正 しい 苦 情 処 理 苦 情 は 重 要 な 情 報 源 としてとらえることが 大 切 です いかに 些 細 な 苦 情 であっても 正 確 にその 本 質 を 確 認 し 誠 意 を 持 って 迅 速 に 対 応 することが 大 切 で す このため 苦 情 対 応 の 責 任 者 を 決

ア 正 しい 苦 情 処 理 苦 情 は 重 要 な 情 報 源 としてとらえることが 大 切 です いかに 些 細 な 苦 情 であっても 正 確 にその 本 質 を 確 認 し 誠 意 を 持 って 迅 速 に 対 応 することが 大 切 で す このため 苦 情 対 応 の 責 任 者 を 決 Ⅳ 食 品 製 造 事 業 の 運 営 1 食 品 製 造 に 従 事 する 者 としての 健 康 管 理 食 物 は 人 間 の 生 命 健 康 の 維 持 増 進 になくてはならないものです 食 品 を 製 造 販 売 するということは 同 時 に 消 費 者 の 生 命 健 康 を 預 かっているとい えるでしょう 消 費 者 へ 提 供 される 食 品 は 衛 生 的 に 管 理 された 施

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

H28知事・国立あて

H28知事・国立あて 28 文 科 初 第 409 号 平 成 28 6 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 小 松 親 次 郎 ( 印 影 印 刷 ) 平 成 28 度 学 校 給 食 表 彰 に 関 する 被 表 彰 候 補 者 の 推 薦 について( 依 頼 ) 文 部 科 学 省 では 学

More information

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行)

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行) 凍 り 豆 腐 製 造 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 及 び 凍 り 豆 腐 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 と 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 31

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を 別 添 茨 城 県 建 築 物 環 境 衛 生 維 持 管 理 要 領 第 1 空 気 環 境 の 調 整 1 空 気 調 和 設 備 等 の 運 転 操 作 空 気 調 和 設 備 等 ( 空 気 調 和 設 備 又 は 機 械 換 気 設 備 をいう )の 運 転 操 作 については, 気 象 条 件, 各 居 室 の 使 用 状 況, 過 去 における 空 気 環 境 の 測 定 結 果 等

More information

10.10.6堆肥化講習会

10.10.6堆肥化講習会 食 物 資 源 た い 肥 化 講 習 会 資 料 小 平 市 ご み 減 量 推 進 実 行 委 員 会 小 平 市 環 境 部 資 源 循 環 課 推 進 担 当 042 3 4 6 9 5 3 5 食 物 資 源 堆 肥 化 とごみ 減 量 小 平 市 で は 生 ご み を 資 源 化 す る こ と の で き る 食 物 資 源 と し て 位 置 づけ 資 源 化 事 業 に 取 り

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

書式・記述方法等の統一について

書式・記述方法等の統一について 在 宅 生 活 ハンドブック No.35 糖 尿 病 の 方 の 事 内 容 2 別 府 重 度 障 害 者 セ ン タ ー ( 栄 養 部 門 2015) もくじ はじめに 1 Ⅰ 糖 尿 病 品 交 換 表 とは 1 1. 糖 尿 病 交 換 表 の 特 徴 1 ( 1 ) 品 の 分 類 1 ( 2 ) 8 0 kcal( キ ロ カ ロ リ ー ) = 1 単 位 1 ( 3 ) 品 の 交

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

第 7 章 健 康 危 機 管 理 ( 食 中 毒 感 染 症 自 然 災 害 ) 0.02 0.02 10 O 発 生 上 司 を 通 して 報 告 報 告 連 絡 相 談 報 告 連 絡 相 談 報 告 連 絡 相 談 会 議 結 果 も 反 映 した 対 策 の 実 施 指 導 ( 技 術 的 助 言 ) () ライフラインが 使 用 できるか? YES 厨 房 食 材 料 が 使 用 できるか?

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河 第 2 節 水 質 汚 濁 1. 概 況 本 市 における 河 川 や 溜 池 等 の 公 共 用 水 域 の 水 質 は 公 共 下 水 道 の 整 備 や 工 場 事 業 場 における 排 水 規 制 等 により 改 善 されてきていますが 下 水 道 未 整 備 地 域 の 中 小 河 川 等 においては 住 居 密 集 地 からの 生 活 排 水 や 未 規 制 の 小 規 模 事 業 場

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

幕 の 内 弁 当 肉 生 姜 焼 き 鶏 唐 揚 げ イカフライ スパゲティ ロール 玉 子 ブロッコリー 房 州 産 ひじき 煮 香 の 物 約 750カロリー 肉 生 姜 焼 き 豚 肉 [たれ] 醤 油 ( 大 豆 小 麦 ) 砂 糖 生 姜 発 酵 調 味 料 異 性 化 液 糖 りんご

幕 の 内 弁 当 肉 生 姜 焼 き 鶏 唐 揚 げ イカフライ スパゲティ ロール 玉 子 ブロッコリー 房 州 産 ひじき 煮 香 の 物 約 750カロリー 肉 生 姜 焼 き 豚 肉 [たれ] 醤 油 ( 大 豆 小 麦 ) 砂 糖 生 姜 発 酵 調 味 料 異 性 化 液 糖 りんご 鴨 青 限 定 弁 当 金 目 煮 帆 立 照 焼 き 房 州 産 ひじき 煮 ポテトサラダ 海 老 フライ 鶏 照 焼 き 伊 達 巻 玉 子 香 の 物 鮪 カツ 筑 前 煮 錦 糸 真 薯 約 750カロリー 金 目 煮 金 目 鯛 醤 油 ( 大 豆 小 麦 ) 清 酒 砂 糖 ミリン 海 老 フライ 衣 (パン 粉 小 麦 粉 卵 白 粉 植 物 性 油 粉 末 植 物 性 蛋 白 食 塩

More information

別 表 1 レベル 認 定 基 準 区 分 基 準 レベル1 所 定 の 関 連 有 資 格 者 又 は 検 定 試 験 の 合 格 者 ( 別 表 3 以 下 関 連 有 資 格 者 等 という) 又 は 所 定 の 講 座 セミナー 等 ( 別 表 4 以 下 講 座 等 という)の 履 修 者

別 表 1 レベル 認 定 基 準 区 分 基 準 レベル1 所 定 の 関 連 有 資 格 者 又 は 検 定 試 験 の 合 格 者 ( 別 表 3 以 下 関 連 有 資 格 者 等 という) 又 は 所 定 の 講 座 セミナー 等 ( 別 表 4 以 下 講 座 等 という)の 履 修 者 実 践 キャリア アップ 戦 略 エネルギー 環 境 マネジャーキャリア 段 位 制 度 レベル 認 定 基 準 ( 公 開 用 ) 1. 適 用 本 基 準 は エネルギー 環 境 マネジャーキャリア 段 位 制 度 におけるキャリア 段 位 レベルの 認 定 基 準 ( 以 下 レベル 認 定 基 準 という)に 適 用 する 2. 関 連 文 書 CLG101 レベル 認 定 申 請 の 手

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

学校給食衛生管理基準

学校給食衛生管理基準 一 頁 文 部 科 学 省 告 示 第 六 十 四 号 学 校 給 食 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 を 次 の よ う に 定 め 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 か ら 施 行 す る 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 文 部 科 学 大 臣 塩 谷

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

販売の用に供する添加物の表示について

販売の用に供する添加物の表示について 1 食 品 表 示 部 会 第 3 回 生 鮮 食 品 業 務 用 食 品 の 表 示 に 関 する 調 査 会 資 料 販 売 の 用 に 供 する 添 加 物 の 表 示 について 平 成 26 年 3 月 14 日 消 費 者 庁 食 品 表 示 企 画 課 目 次 販 売 の 用 に 供 する 添 加 物 への 表 示 について 3 添 加 物 について 5 販 売 の 用 に 供 する 添

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

Taro-H21.05(改正).jtd

Taro-H21.05(改正).jtd 5. 養 豚 農 家 濃 密 指 導 による 経 営 改 善 事 例 豊 後 大 野 家 畜 保 健 衛 生 所 丸 山 信 明 芦 刈 美 穂 里 秀 樹 廣 瀬 英 明 1. 農 家 の 概 要 平 成 7 年 度 に 県 の 指 導 により 農 場 から 食 卓 へ をキャッチフレ-ス に 有 名 な 料 理 研 究 家 を 招 いて 養 豚 生 産 者 3 戸 が 共 同 でハム 加 工 販

More information

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De 資 料 5 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 の 安 全 上 重 要 な 施 設 に 関 する 再 評 価 の 状 況 について ( 中 間 報 告 ) 1. 経 緯 平 成 28 年 1 月 27 日 原 子 力 規 制 庁 ⑴ 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 については 原 子 炉 等 規 制 法 においてバックフィット 規 定 が 設 けられていないが 安 全 性 の 更 なる 向 上

More information

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から 高 知 県 木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 第 2 回 利 用 部 会 日 時 : 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 )14:00~16:00 場 所 : 工 業 技 術 センター 2 階 第 1 研 修 室 会 次 第 1 開 会 2 出 席 者 紹 介 3 協 議 (1) 事 業 活 動 から 排 出 される 燃 焼 灰 の 法 的 な 規 制 について (

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

< E81408BC696B A835E838D834F2E786C73>

< E81408BC696B A835E838D834F2E786C73> 笹 かまピザ 商 品 名 :サッちゃん 約 28g 魚 肉 人 参 でん 粉 玉 ねぎ 砂 糖 植 物 性 たん 白 食 塩 米 醗 酵 調 味 料 植 物 油 ブドウ 糖 卵 白 加 工 でん 粉 ソルビット 保 存 料 (ソルビン 酸 ) 貝 Ca 調 味 料 (アミ ノ 酸 等 ) ( 原 材 料 の 一 部 に 小 商 品 名 :まるわ 揚 約 55g 魚 肉 植 物 性 たん 白 でん 粉

More information

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な 8. リスク 分 析 8.1 リスク 分 析 実 施 の 体 制 本 品 のリスクマネジメントは 申 請 者 である 製 造 販 売 業 者 テルモ 株 式 会 社 にて JIS T 14971: 2007 医 療 機 器 -リスクマネジメントの 医 療 機 器 への 適 用 (ISO14971:Application of Risk Management to Medical Devices)に

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日 2014 年 度 環 境 活 動 レポート 2014 年 3 月 ~2015 年 2 月 株 式 会 社 三 松 製 作 所 認 証 登 録 番 号 0006406 作 成 日 2016 年 5 月 17 日 承 認 日 2016 年 5 月 18 日 作 成 者 環 境 管 理 責 任 者 高 橋 毅 承 認 者 代 表 取 締 役 高 橋 慎 一 1 / 6 1. 組 織 の 概 要 2. 対

More information

エアコンフィルター清掃業務仕様書

エアコンフィルター清掃業務仕様書 国 保 京 丹 波 町 病 院 清 掃 業 務 仕 様 書 1 目 的 当 業 務 は 単 に 施 設 の 美 観 維 持 のためだけではなく 院 内 感 染 防 止 及 び 衛 生 管 理 上 の 観 点 から 極 めて 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 患 者 サービスについても 最 大 限 配 慮 し 国 保 京 丹 波 町 病 院 の 運 営 に 寄 与 することを 目 的 とする

More information

BB-WAVE.com『仕事に使えるARCHIVES』 PowerPoint 用テンプレート 其の五

BB-WAVE.com『仕事に使えるARCHIVES』 PowerPoint 用テンプレート 其の五 仙 波 糖 化 工 業 株 式 会 社 証 券 コード:2916 個 人 投 資 家 様 向 け 会 社 説 明 会 資 料 2015 年 7 月 目 次 Ⅰ. 会 社 概 要 P2 Ⅱ. 収 益 拡 大 戦 略 P6 Ⅲ. 2016/3 期 業 績 予 想 と 株 主 還 元 について P20 ( 参 考 資 料 ) P22 1 Ⅰ. 会 社 概 要 2 食 品 の 色 味 香 旨 を 演 出 する

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

目 次 HACCP について 1.HACCP とは 1 2.HACCP 導 入 のメリット 4 3.HACCP 導 入 の 留 意 点 5 4.HACCP システムの 7 原 則 12 手 順 7 5. 危 害 要 因 とは 8 HACCP 導 入 の 準 備 6. 一 般 衛 生 管 理 9 7.

目 次 HACCP について 1.HACCP とは 1 2.HACCP 導 入 のメリット 4 3.HACCP 導 入 の 留 意 点 5 4.HACCP システムの 7 原 則 12 手 順 7 5. 危 害 要 因 とは 8 HACCP 導 入 の 準 備 6. 一 般 衛 生 管 理 9 7. HACCP 導 入 のための 手 引 書 平 成 27 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 HACCP について 1.HACCP とは 1 2.HACCP 導 入 のメリット 4 3.HACCP 導 入 の 留 意 点 5 4.HACCP システムの 7 原 則 12 手 順 7 5. 危 害 要 因 とは 8 HACCP 導 入 の 準 備 6. 一 般 衛 生 管 理 9 7.HACCP 導 入

More information

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ 食 品 添 加 物 について 平 成 26 年 11 月 22 日 神 奈 川 県 食 品 衛 生 課 食 の 安 全 推 進 グループ 1 食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA> 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 検 討 の 概 要 と 成 果 ~ 平 成 23 年 度 3 次 補 正 予 算 調 査 ~ < 目 的 > 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 に 活 用 しうる 技 術 を 広 く 募 集 し 実 証 試 験 等 により 実 用 性 を 評 価 して 対 策 の 促 進 を 図 る < 実 施 概 要 > 対 象 : 下 水 汚 泥

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正)

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正) 農 用 地 利 用 計 画 の 変 更 マニュアル 平 成 25 年 7 月 策 定 平 成 26 年 4 月 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 一 部 改 正 長 岡 市 農 林 部 農 振 除 外 ( 農 用 地 区 域 からの 除 外 ) 又 は 用 途 変 更 ( 例 : 農 機 具 格 納 庫 等 の 建 築 を 目 的 とし た 農 業 用 施 設 用 地 への 用 途 区 分

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 衛 生 管 理 体 制 1 (1) 施 設 長 の 役 割 (2) 保 育 士 保 育 教 諭 の 役 割 (3) 調 理 従 事 者 の 役 割 (4) 給 食 室 への 出 入 りについて 3. 調 理 前 の 衛 生 管 理 2 (1) 調 理 従 事 者 の

目 次 1.はじめに 1 2. 衛 生 管 理 体 制 1 (1) 施 設 長 の 役 割 (2) 保 育 士 保 育 教 諭 の 役 割 (3) 調 理 従 事 者 の 役 割 (4) 給 食 室 への 出 入 りについて 3. 調 理 前 の 衛 生 管 理 2 (1) 調 理 従 事 者 の 明 石 市 立 保 育 所 認 定 こども 園 給 食 衛 生 管 理 マニュアル 平 成 28 年 3 月 明 石 市 こども 育 成 室 目 次 1.はじめに 1 2. 衛 生 管 理 体 制 1 (1) 施 設 長 の 役 割 (2) 保 育 士 保 育 教 諭 の 役 割 (3) 調 理 従 事 者 の 役 割 (4) 給 食 室 への 出 入 りについて 3. 調 理 前 の 衛 生 管

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A> 十 勝 産 豆 類 を 用 いた 商 品 の 開 発 ( 平 成 21 年 度 ) 研 究 開 発 課 佐 々 木 香 子 共 同 研 究 紫 竹 ガーデン 1. 背 景 と 目 的 十 勝 は 日 本 有 数 の 豆 類 生 産 地 であり 近 年 では 雑 豆 を 原 料 とした 穀 物 酢 や 製 餡 煮 汁 を 用 いた 色 付 け 剤 常 温 流 通 可 能 な 豆 腐 の 薫 製 品 などの

More information

食品表示法(生鮮食品)

食品表示法(生鮮食品) 研 修 会 資 料 3 食 品 表 示 法 ( 食 品 添 加 物 ) 茨 城 県 保 健 福 祉 部 生 活 衛 生 課 食 の 安 全 対 策 室 基 準 本 文 総 則 ( 第 1 章 ) 食 品 表 示 基 準 の 概 要 適 用 範 囲 ( 第 1 条 ) 定 義 ( 第 2 条 ) 食 品 区 分 ご と の 表 示 事 項 等 加 工 食 品 ( 第 2 章 ) 生 鮮 食 品 ( 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ 仕 様 書 1 総 則 この 仕 様 書 は 館 山 市 ( 以 下 市 という )が 購 入 設 置 する 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ( 以 下 本 体 という )について 示 すものである なお この 仕 様 書 に 示 した 要 求 事 項 等 は 市 が 求 める 最 低 水 準 を 規 定 するものであり

More information

商 品 名 :サッちゃん 約 28g 魚 肉 人 参 玉 ねぎ 砂 糖 植 物 性 たん 白 食 塩 米 醗 酵 調 味 料 植 物 油 ブドウ 糖 卵 白 加 工 で ん 粉 ソルビット 保 存 料 (ソルビ ン 酸 ) 貝 Ca 調 味 料 (アミノ 酸 等 ) ( 原 材 料 の 一 部 に

商 品 名 :サッちゃん 約 28g 魚 肉 人 参 玉 ねぎ 砂 糖 植 物 性 たん 白 食 塩 米 醗 酵 調 味 料 植 物 油 ブドウ 糖 卵 白 加 工 で ん 粉 ソルビット 保 存 料 (ソルビ ン 酸 ) 貝 Ca 調 味 料 (アミノ 酸 等 ) ( 原 材 料 の 一 部 に 笹 かまピザ 株 式 会 社 高 浜 本 社 985-0011 宮 城 県 塩 釜 市 貞 山 通 3-1-10 TEL 022-367-6111 FAX 022-367-1008 関 東 135-0052 東 京 都 江 東 区 潮 見 2-3-15 TEL 03-5690-7870 FAX 03-5690-7873 商 品 名 :サッちゃん 約 28g 魚 肉 人 参 玉 ねぎ 砂 糖 植 物

More information

(別添)

(別添) 事 務 連 絡 平 成 27 年 6 月 16 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 薬 務 主 管 課 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 一 般 用 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 承 認 申 請 時 における 記 載 整 備 チェックリストの 利 用 について 今 般 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 において

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

第2章 学校環境衛生基準 第3

第2章 学校環境衛生基準 第3 の 等 及 び 等 の の 基 準 の A 検 査 項 目 及 び 基 準 値 の 設 定 根 拠 等 の 解 説 検 査 項 目 基 準 (1) 大 掃 除 の 実 施 大 掃 除 は 定 期 に 行 われていること (2) 雨 水 の 排 水 溝 等 屋 上 等 の 雨 水 排 水 溝 に 泥 や 砂 等 が 堆 積 していないこと また 雨 水 配 水 管 の 末 端 は 砂 や 泥 等 により

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

健 康 食 品 に 安 全 性 と 有 効 性 を 求 めるなら GMP 認 定 マークの 製 品 を 選 びましょう!

健 康 食 品 に 安 全 性 と 有 効 性 を 求 めるなら GMP 認 定 マークの 製 品 を 選 びましょう! 医 療 法 人 社 団 千 禮 会 医 療 健 康 科 学 研 究 所 健 康 食 品 GMP 教 育 ツール 健 康 食 品 に 安 全 性 と 有 効 性 を 求 めるなら GMP 認 定 マークの 製 品 を 選 びましょう! 健 康 食 品 を 選 ぶ 時 皆 さんはどんな 情 報 を 参 考 にしていますか? 友 人 知 人 の 勧 め? 有 名 人 の 体 験 談? 博 士 の 推 奨

More information

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定 LOHAS FESTA 東 京 : 出 店 者 マニュアル ver.10.01.29 監 修 : 行 政 書 士 椋 木 法 務 事 務 所 行 政 書 士 椋 木 マキ 目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

Microsoft Word 調査研究

Microsoft Word 調査研究 調 査 研 究 実 績 ( 平 成 25 年 3 月 現 在 ) 調 査 研 究 課 題 年 度 委 託 先 1 浄 化 槽 およびコミュニティ プラントの 施 設 ならびに 維 持 管 理 に 関 する 基 準 化 の 研 究 2 諏 訪 湖 浄 化 に 関 する 研 究 ( 湖 沼 汚 濁 への 挑 戦 ) 3 西 独 英 国 および 米 国 における 浄 化 槽 に 関 する 基 準 4 ばっ

More information

平成○○年○月○日 

平成○○年○月○日  平 成 28 年 3 月 学 校 給 食 における 具 体 的 な 衛 生 管 理 Ⅰ はじめに 1 受 託 業 務 の 履 行 にあたっては 学 校 給 食 に 関 する 法 律 食 品 及 び 公 衆 衛 生 に 関 する 法 規 な どすべての 関 係 法 規 通 達 文 部 科 学 省 や 日 本 スポーツ 振 興 センターからの 関 連 資 料 を 遵 守 し 契 約 書 に 沿 って 進

More information

表 1 主 な 種 子 伝 染 性 病 害 に 対 する 種 子 消 毒 薬 剤 および 庄 土 消 毒 剤 適 用 病 害 名 ば い ご も 使 用 回 薬 剤 名 有 効 成 分 か も ま み 使 用 時 期 希 釈 倍 数 使 用 方 法 苗 ち 葉 枯 数 の 制 病 病 枯 細 使 用

表 1 主 な 種 子 伝 染 性 病 害 に 対 する 種 子 消 毒 薬 剤 および 庄 土 消 毒 剤 適 用 病 害 名 ば い ご も 使 用 回 薬 剤 名 有 効 成 分 か も ま み 使 用 時 期 希 釈 倍 数 使 用 方 法 苗 ち 葉 枯 数 の 制 病 病 枯 細 使 用 水 稲 病 害 虫 防 除 対 策 (3 月 ~4 月 ) 農 薬 の 登 録 内 容 の 掲 載 については 慎 重 に 校 閲 しておりますが 登 録 内 容 は 随 時 変 更 が 行 われます また 農 薬 名 が 同 じでも 農 薬 製 造 会 社 により 登 録 内 容 が 異 なる 場 合 があります 農 林 水 産 省 のホームページ(http:// www.maff.go.jp/j/nouyaku/)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2090489569955C8EA690E096BE8E9197BF2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2090489569955C8EA690E096BE8E9197BF2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 新 しい 食 品 表 示 制 度 について ~ 制 度 の 概 要 と 変 更 点 ~ 熊 本 県 環 境 生 活 部 県 民 生 活 局 くらしの 安 全 推 進 課 1 従 来 の 法 律 ごとの 食 品 表 示 事 項 JAS 法 原 材 料 名 原 産 地 等 景 品 表 示 法 優 良 誤 認 の 防 止 計 量 法 内 容 量 名 称 期 限 表 示 保 存 方 法 製 造 者 等 遺

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information