< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C >

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C >"

Transcription

1 平成 18 年度自己点検表 知的財産委員会 分 析 項 目 及 び 観 点 自 己 点 検 内 容 及 び 結 果 評 価 内 容 1. 委員会の任務 規程に定められている任務等の活動状況を 一 第 4 条 1 項に規定する届出による発明等が 職務発明等に該当する 宇都宮大学職務発明規程 分 か否かの審議に関すること に定める本委員会の任務 点検内容 : 職務発明に該当するかについて審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) は左記のとおりであり, 二 当該職務発明等の技術的評価の審議に関すること これらの任務に対する平 点検内容 : 技術的評価について審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 成 18 年度の取組として, 三 知的財産を出願しうる要件を具備しているか否かの審議に関すること 委員会審議が 33 回 ( うち 点検内容 : 出願要件の具備しているかを審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 持ち回り審議 29 回 ) 行わ 四 発明者又は民間機関等との共同研究に係る知的財産権の持分に関す れている る審議に関すること 以上のことから, 適切に 点検内容 : 知的財産権の持分について審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 活動していると評価でき 五 発明等の取扱いに関する規程の制定及び改正に関する審議に関する る 六 こと 点検内容 : 規程の制定 改正について審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) その他知的財産に関して学長が必要と認めた事項の審議に関するこ と 点検内容 : 学長が必要と認めた事項を審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 審議事項の量及びWG 等の活用について分 審議事項の量 適正 WG 等の活用 WG 等の設置無し 2. 組織 委員会の構成 員数 選出方法は妥当か分 委員会の構成 一理事のうちから学長が指名した者 1 名 委員会組織は, 宇都宮大 二教育研究評議会から選出された評議員 1 名 学職務発明規程に基づき 三地域共生研究開発センター長 構成されており, 欠員も 四知的財産センター長 生じていない 五農学部及び工学研究科から選出された教員 各 2 名 以上のことから, 委員会 六国際学部及び教育学部から選出された教員各 1 名 組織は適切に構成されて 七委員会が特に必要と認めた者 ( 学外者を含む ) 若干名 いると評価できる 員数 10 名 ( 総数 ) 選出方法委員会の構成欄参照 ( 各学部等から選出 ) 欠員の状況及び欠員の補充状況を分析す 欠員の状況 なし る 欠員の補充状 なし 況 3. 会議運営 成立要件を満たしているか 出席状況につ 第 1 回会議 < 持ち回り審議 > 成立要件過半数 全ての委員会において成 いて分 立要件を満たしている 本委員会では, 届出の発 第 2 回会議 成立要件過半数 明が職務発明に該当する 出席率 ( 本人出席 80%) かについての審議, 又は 1

2 発明が出願要件を具備し 第 3 回 第 4 回 第 5 回 第 6 回 第 7 回会議 < 持ち回り ているかどうかの審議が 審議 > 成立要件過半数 大部分であり, 審議の迅 速性を求められることか ら, これらは, 持ち回り 第 8 回会議 成立要件過半数 委員会によって審議され 出席率 ( 本人出席 70%) ている 持ち回り委員会の審議期 第 9 回 第 10 回 第 11 回 第 12 回 第 13 回 14 回 間は1 週間, 審議に対す 15 回 16 回 17 回 18 回 19 回 20 回 21 回 る回答率は 100% である 22 回会議 < 持ち回り審議 > 成立要件過半数 その他に招集会議が4 回 開催され, これらの平均 出席率は 78% である 第 23 回会議 成立要件過半数 招集会議での開催時間は, 出席率 ( 本人出席 70%) 全てが 宇都宮大学の全 学委員会の構成とあり方 第 24 回 第 25 回 第 26 回 第 27 回 第 28 回 29 における会議開催原則に 回回会議 < 持ち回り審議 > 成立要件過半数 定める2 時間以内となっ ている 会議の日程調整はメール 第 30 回会議 成立要件過半数 を活用して効率的に行わ 出席率 ( 本人出席 90%) れている 委員会の性質上, 審議の 第 31 回 第 32 回 第 33 回会議 < 持ち回り審議 > 迅速性が必要となること 成立要件過半数 から, 夏季期間中に審議 事項が発生した場合は, 委員会を開催する必要が 開催回数 1 回当たりの開催時間を分析 開催回数 33 回 ( 内 持ち回り委員会 29 回 ) ある する 時間の短縮に向けた取組状況を分析 期初, 期末の会議では, する 前年度の反省点など PDS 一回当たりの 最長 :120 分 ( 第 23 回会議 ) で行っている 開催時間 最短 : 70 分 ( 第 8 回会議 ) 以上のことから, 会議の 平均 : 96 分 運営が適切に行われてい 持ち回り委員会は 1 週間の審議期間をおいて ると評価できる いる 特に前年度の反省点など PDS を行うことは高く評 時間短縮の取持ち回り審議で支障のない会議については 極組状況力 持ち回り会議とした 価できる 会議の年次計画を作成しているか 年次計画は無いが期初と期末前に会議を開催し 前年度の反省点など PLAN,DO,SEE を行っている 2

3 専門委員会 WGなど設置した場合の連携 連携の分析 WG 等の設置無し を分 WGの検討終了後の解散状況 を分 解散状況 上記に同じ 議題は精選されているか 精選されている 決定すべき事項は 誰が 何を い 誰が 議題 提案 記載している ( いずれかに ) つまでに 行うか など明確にしているか 何を 議題 提案 記載している ( いずれかに ) 何時までに議題 提案 記載している ( いずれかに ) 夏季期間の開催状況を分 夏季期間とはいつからいつまでを言うのか? 夏季期間 (7~9 月 ) 7 月 2 回開催 8 月 4 9 月 2 審議内容の特殊性から 議題発生と同時に開催している 開催の日程調整の方法 スムーズか 開催の日程調整の方法 : メールで行い迅速化した 調整 : メールで行いスムーズである 4. その他 議事要録の形式 作成日数 公開等の状況 議事要録の形 発言記録形式 要約形式とあるが 議事録は, 整理の都合上, について分 式 この会議は 整理の都合上 発言記録 要約形 発言記録, 要約形式の混 式の混合で作成している 合で作成され, 作成期間 作成日数 ほぼ1 週間程度 は約 1 週間である 議事内容は機密事項であ 公開等の状況 開催回数を職員 WEBに公開している るため公開されず, 開催 回数のみ WEB 上で公開 * 平成 17 年度までは 発明審査委員会 中期目標 中期計画の達成に向けた取組状 取組状況を分析し 達成等結果に反映している されている 況を分 以上のことから, 概ね適切に取り組んでいると評 規程 内規等が妥当か分 妥当 価できるが, 議事録は作成に1 週間要しており, 宇都宮大学の全学委員 委員会の特徴 独自性などから上記事項に 特になし 会の構成とあり方 にお 当てはまらない事項について 分析した結果を記載する ける会議開催原則に定める3 日以内に作成されることが望まれる 3

4 平成 19 年度自己点検表 知的財産委員会 分 析 項 目 及 び 観 点 自 己 点 検 内 容 及 び 結 果 評 価 内 容 1. 委員会の任務 規程に定められている任務等の活動状況を 一 第 4 条 1 項に規定する届出による発明等が 職務発明等に該当する 宇都宮大学職務発明規程 分 か否かの審議に関すること に定める本委員会の任務 点検内容 : 職務発明に該当するかについて審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) は左記のとおりであり, 二 当該職務発明等の技術的評価の審議に関すること これらの任務に対する平 点検内容 : 技術的評価について審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 成 19 年度の取組として, 三 知的財産を出願しうる要件を具備しているか否かの審議に関すること 委員会審議が 23 回 ( うち 点検内容 : 出願要件の具備しているかを審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 持ち回り審議 22 回 ) 行わ 四 発明者又は民間機関等との共同研究に係る知的財産権の持分に関す れている る審議に関すること 以上のことから, 適切に 点検内容 : 知的財産権の持分について審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 活動していると評価でき 五 発明等の取扱いに関する規程の制定及び改正に関する審議に関する る 六 こと 点検内容 : 規程の制定 改正について審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) その他知的財産に関して学長が必要と認めた事項の審議に関するこ と 点検内容 : 学長が必要と認めた事項を審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 審議事項の量及びWG 等の活用について分 審議事項の量 適正 WG 等の活用 WG 等の設置無し 2. 組織 委員会の構成 員数 選出方法は妥当か分 委員会の構成 一理事のうちから学長が指名した者 1 名 委員会組織は, 宇都宮大 二教育研究評議会から選出された評議員 1 名 学職務発明規程に基づき 三地域共生研究開発センター長 構成されており, 欠員も 四知的財産センター長 生じていない 五工学部 ( 研究科を含む ) 及び農学部から選出された教員 各 2 名 以上のことから, 委員会 六国際学部及び教育学部から選出された教員各 1 名 組織は適切に構成されて 七委員会が特に必要と認めた者 ( 学外者を含む ) 若干名 いると評価できる 員数 11 名 ( 総数 ) 選出方法委員会の構成欄参照 ( 各学部等から選出 ) 欠員の状況及び欠員の補充状況を分析す 欠員の状況 なし る 欠員の補充状 なし 況 3. 会議運営 成立要件を満たしているか 出席状況につ 第 1 回会議 成立要件過半数 全ての委員会において成 いて分 出席率 ( 本人出席 91%) 立要件を満たしている 本委員会では, 届出の発明が職務発明に該当する 4

5 第 2 回 第 3 回 第 4 回 第 5 回 第 6 回 第 7 回 第 8 回 かについての審議, 又は 第 9 回 第 10 回 第 11 回 第 12 回 第 13 回 第 1 発明が出願要件を具備し 4 回 第 13 回 第 14 回 第 15 回 第 16 回 第 17 回 ているかどうかの審議が 第 18 回 第 19 回 第 20 回 第 21 回 第 22 回 第 大部分であり, 審議の迅 23 回回会議 < 持ち回り審議 > 成立要件過半数 速性を求められることか ら, これらは, 持ち回り 委員会によって審議されている 開催回数 1 回当たりの開催時間を分析 開催回数 23 回 ( 内 持ち回り委員会 22 回 ) 持ち回り委員会の審議期 する 時間の短縮に向けた取組状況を分析 間は1 週間, 審議に対す する る回答率は 100% である 一回当たりの 最長 :90 分 ( 第 1 回会議 ) その他に招集会議が1 回 開催時間 最短 :90 分 ( 第 1 回会議 ) 開催され, この出席率は 平均 :90 分 91% である 持ち回り委員会は 1 週間の審議期間をおいて 招集会議での開催時間は, いる 宇都宮大学の全学委員 会の構成とあり方 にお ける会議開催原則に定め 時間短縮の取持ち回り審議で支障のない会議については 極 る2 時間以内となってい 組状況 力 持ち回り会議とした る 会議の日程調整はメールを活用して効率的に行わ 会議の年次計画を作成しているか 年次計画は無いが期初に会議を開催し 前年度の反省点などP れている LAN,DO,SEEを行っている 委員会の性質上, 審議の迅速性が必要となることから, 夏季期間中に審議 専門委員会 WGなど設置した場合の連携 連携の分析 WG 等の設置無し 事項が発生した場合は, を分 WGの検討終了後の解散状況 委員会を開催する必要が を分 解散状況 上記に同じ ある 期初の会議では, 前年度の反省点など PDS を行っ 議題は精選されているか 精選されている ている 決定すべき事項は 誰が 何を い 誰が 議題 提案 記載している ( いずれかに ) 以上のことから, 会議の つまでに 行うか など明確にしているか 運営が適切に行われてい 何を 議題 提案 記載している ( いずれかに ) ると評価できる 特に前年度の反省点など 何時までに 議題 提案 記載している ( いずれかに ) PDS を行うことは高く評 価できる 夏季期間の開催状況を分 夏季期間とはいつからいつまでを言うのか? 夏季期間 (7~9 月 ) 7 月 2 回開催 8 月 2 9 月 1 審議内容の特殊性から 議題発生と同時に開催している 5

6 開催の日程調整の方法 スムーズか 開催の日程調整の方法 : メールで行い迅速化した 調整 : メールで行いスムーズである 4. その他 議事要録の形式 作成日数 公開等の状況 議事要録の形 発言記録形式 要約形式とあるが 議事録は, 整理の都合上, について分 式 この会議は 整理の都合上 発言記録 要約形 発言記録, 要約形式の混 式の混合で作成している 合で作成され, 作成期間 作成日数 ほぼ1 週間程度 は約 1 週間である 議事内容は機密事項であ 公開等の状況 開催回数を職員 WEBに公開している るため公開されず, 開催 回数のみ WEB 上で公開 中期目標 中期計画の達成に向けた取組状 取組状況を分析し 達成等結果に反映している されている 況を分 以上のことから, 概ね適切に取り組んでいると評 規程 内規等が妥当か分 妥当 価できるが, 議事録は作成に1 週間要しており, 宇都宮大学の全学委員 委員会の特徴 独自性などから上記事項に 特になし 会の構成とあり方 にお 当てはまらない事項について 分析した結果を記載する ける会議開催原則に定める3 日以内に作成されることが望まれる 6

7 平成 20 年度自己点検表 ( 11 月末まで ) 知的財産委員会 分 析 項 目 及 び 観 点 自 己 点 検 内 容 及 び 結 果 評 価 内 容 1. 委員会の任務 規程に定められている任務等の活動状況を 一 第 4 条 1 項に規定する届出による発明等が 職務発明等に該当する 宇都宮大学職務発明規程 分 か否かの審議に関すること に定める本委員会の任務 点検内容 : 職務発明に該当するかについて審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) は左記のとおりであり, 二 当該職務発明等の技術的評価の審議に関すること これらの任務に対する平 点検内容 : 技術的評価について審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 成 20 年度 12 月現在の取 三 知的財産を出願しうる要件を具備しているか否かの審議に関すること 組として, 委員会審議が 点検内容 : 出願要件の具備しているかを審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 14 回 ( うち持ち回り審議 四 発明者又は民間機関等との共同研究に係る知的財産権の持分に関す 13 回 ) 行われている る審議に関すること 以上のことから, 適切に 点検内容 : 知的財産権の持分について審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 活動していると評価でき 五 発明等の取扱いに関する規程の制定及び改正に関する審議に関する る こと 点検内容 : 規程の制定 改正について審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 六その他知的財産に関して学長が必要と認めた事項の審議に関すること 点検内容 : 学長が必要と認めた事項を審議し その役割を果たした 結果 :( 良好 ) 審議事項の量及びWG 等の活用について分 審議事項の量 適正 WG 等の活用 WG 等の設置無し 2. 組織 委員会の構成 員数 選出方法は妥当か分 委員会の構成 一理事のうちから学長が指名した者 1 名 委員会組織は, 宇都宮大 二教育研究評議会から選出された評議員 1 名 学職務発明規程に基づき 三地域共生研究開発センター長 構成されており, 欠員も 四知的財産センター長 生じていない 五農学部及び工学研究科から選出された教員 各 2 名 以上のことから, 委員会 六国際学部及び教育学部から選出された教員各 1 名 組織は適切に構成されて 七委員会が特に必要と認めた者 ( 学外者を含む ) 若干名 いると評価できる 員数 10 名 ( 総数 ) 選出方法委員会の構成欄参照 ( 各学部等から選出 ) 欠員の状況及び欠員の補充状況を分析す 欠員の状況 なし る 欠員の補充状 なし 況 全ての委員会において成 3. 会議運営 成立要件を満たしているか 出席状況につ 第 1 回会議 成立要件過半数 立要件を満たしている いて分 出席率 ( 本人出席 70%) 本委員会では, 届出の発明が職務発明に該当する 第 2 回 第 3 回 第 4 回 第 5 回 第 6 回 第 7 回 第 8 回 かについての審議, 又は 7

8 第 9 回 第 10 回 第 11 回 第 12 回 第 13 回 1 発明が出願要件を具備し 4 回会議 < 持ち回り 審議 > 成立要件過半数 ているかどうかの審議が 大部分であり, 審議の迅 速性を求められることから, これらは, 持ち回り委員会によって審議されている 持ち回り委員会の審議期間は1 週間, 審議に対する回答率は 100% である その他に招集会議が1 回開催され, この出席率は 70% である 招集会議での開催時間は, 開催回数 1 回当たりの開催時間を分析 開催回数 14 回 ( 内 持ち回り委員会 13 回 ) 宇都宮大学の全学委員 する 時間の短縮に向けた取組状況を分析 会の構成とあり方 にお する ける会議開催原則に定め 一回当たりの 最長 :90 分 ( 第 1 回会議 ) る2 時間以内となってい 開催時間 最短 :90 分 ( 第 1 回会議 ) る 平均 : 90 分 会議の日程調整はメール 持ち回り委員会は 1 週間の審議期間をおいて を活用して効率的に行わ いる れている 委員会の性質上, 審議の 迅速性が必要となること 時間短縮の取持ち回り審議で支障のない会議については 極 から, 夏季期間中に審議 組状況 力 持ち回り会議とした 事項が発生した場合は, 委員会を開催する必要がある 期初の会議では, 前年度 会議の年次計画を作成しているか 年次計画は無いが期初と期末前に会議を開催し 前年度の反省 の反省点など PDS を行っ 点などPLAN,DO,SEEを行っている ている 以上のことから, 会議の運営が適切に行われてい 専門委員会 WGなど設置した場合の連携 連携の分析 WG 等の設置無し ると評価できる を分 WGの検討終了後の解散状況 特に前年度の反省点など を分 解散状況 上記に同じ PDS を行うことは高く評価できる 議題は精選されているか 精選されている 決定すべき事項は 誰が 何を い 誰が 議題 提案 記載している ( いずれかに ) つまでに 行うか など明確にしているか 何を 議題 提案 記載している ( いずれかに ) 何時までに議題 提案 記載している ( いずれかに ) 8

9 夏季期間の開催状況を分 夏季期間とはいつからいつまでを言うのか? 夏季期間 (7~9 月 ) 7 月 2 回開催 8 月 1 9 月 2 審議内容の特殊性から 議題発生と同時に開催している 開催の日程調整の方法 スムーズか 開催の日程調整の方法 : メールで行い迅速化した 調整 : メールで行いスムーズである 4. その他 議事要録の形式 作成日数 公開等の状況 議事要録の形 発言記録形式 要約形式とあるが 議事録は, 整理の都合上, について分 式 この会議は 整理の都合上 発言記録 要約形 発言記録, 要約形式の混 式の混合で作成している 合で作成され, 作成期間 作成日数 ほぼ1 週間程度 は約 1 週間である 議事内容は機密事項であ 公開等の状況 開催回数を職員 WEBに公開している るため公開されず, 開催 回数のみ WEB 上で公開 中期目標 中期計画の達成に向けた取組状 取組状況を分析し 達成等結果に反映している されている 況を分 以上のことから, 概ね適切に取り組んでいると評 規程 内規等が妥当か分 妥当 価できるが, 議事録は作成に1 週間要しており, 宇都宮大学の全学委員 委員会の特徴 独自性などから上記事項に 特になし 会の構成とあり方 にお 当てはまらない事項について 分析した結果を記載する ける会議開催原則に定める3 日以内に作成されることが望まれる 9

Ⅰ. 規程の例 ここでは 職務発明に係る権利の承継等及びその対価について定める 規程 ( 一般的には 職務発明取扱規程 職務発明報償規程 等と呼ばれています ) において規定されていることが多い事項や規定されることが想定される事項について 参考としていただけるよう必要最小限の範囲で具体的な条項を例示

Ⅰ. 規程の例 ここでは 職務発明に係る権利の承継等及びその対価について定める 規程 ( 一般的には 職務発明取扱規程 職務発明報償規程 等と呼ばれています ) において規定されていることが多い事項や規定されることが想定される事項について 参考としていただけるよう必要最小限の範囲で具体的な条項を例示 ( 参考 ) Ⅰ. 規程の例 Ⅱ. 契約書の例 Ⅰ. 規程の例 ここでは 職務発明に係る権利の承継等及びその対価について定める 規程 ( 一般的には 職務発明取扱規程 職務発明報償規程 等と呼ばれています ) において規定されていることが多い事項や規定されることが想定される事項について 参考としていただけるよう必要最小限の範囲で具体的な条項を例示しています ただし 新職務発明制度下においては 各使用者等と従業者等の事情に応じた規程が定められることが望ましいと考えられます

More information

<4D F736F F D D9197A791E58A C8FAC924D8FA489C891E58A77838A E837D836C B4B92F65F E332E398E7B8D73816A>

<4D F736F F D D9197A791E58A C8FAC924D8FA489C891E58A77838A E837D836C B4B92F65F E332E398E7B8D73816A> 国立大学法人小樽商科大学リスクマネジメント規程 ( 平成 24 年 3 月 9 日制定 ) 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章リスクマネジメント委員会 ( 第 5 条 ~ 第 12 条 ) 第 3 章リスク対策の実施体制等 ( 第 13 条 ~ 第 14 条 ) 第 4 章危機発生時の体制等 ( 第 15 条 ~ 第 20 条 ) 第 5 章雑則 ( 第 21 条 )

More information

個人情報の保護に関する

個人情報の保護に関する 個人情報の保護に関する規則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条早稲田大学 ( 以下 大学 という ) は 個人情報の保護が人格の尊厳に由来する基本的要請であることを深く認識し この規則によって 大学が保有する個人情報の取扱いに関する基本事項を定め もって個人情報の収集 管理および利用に関する大学の責務を明らかにするとともに 個人情報の主体である学生 教職員等に 自己に関する個人情報の開示ならびに訂正および削除の請求権を保障することによって

More information

弦打校区コミュニティ協議会会則 ( 名称及び組織 第 1 条この会は, 弦打校区コミュニティ協議会 ( 以下 協議会 という ) と称し, 協議会の区域内に居住する個人および所在する法人ならびに別表 ( 組織図 ) に掲げる構成団体等で組織する ( 目的 ) 第 2 条協議会は, 住みよい地域社会の

弦打校区コミュニティ協議会会則 ( 名称及び組織 第 1 条この会は, 弦打校区コミュニティ協議会 ( 以下 協議会 という ) と称し, 協議会の区域内に居住する個人および所在する法人ならびに別表 ( 組織図 ) に掲げる構成団体等で組織する ( 目的 ) 第 2 条協議会は, 住みよい地域社会の 弦打校区コミュニティ協議会会則 ( 名称及び組織 第 1 条この会は, 弦打校区コミュニティ協議会 ( 以下 協議会 という ) と称し, 協議会の区域内に居住する個人および所在する法人ならびに別表 ( 組織図 ) に掲げる構成団体等で組織する ( 目的 ) 第 2 条協議会は, 住みよい地域社会の構築を目指し, 地域自治の精神に基づいて校区に おける共通の課題解決のため, 自主的, 主体的に地域活動を行うことを目的とする

More information

役職員が権利者又は発明者である知的財産権の保有をいう 第 2 章利益相反マネージメントの体制第 1 節利益相反マネージメント委員会 ( 設置 ) 第 3 条研究所に 利益相反マネージメント委員会 ( 以下 利益相反委員会 という ) を置く ( 任務 ) 第 4 条利益相反委員会は 次に掲げる事項に

役職員が権利者又は発明者である知的財産権の保有をいう 第 2 章利益相反マネージメントの体制第 1 節利益相反マネージメント委員会 ( 設置 ) 第 3 条研究所に 利益相反マネージメント委員会 ( 以下 利益相反委員会 という ) を置く ( 任務 ) 第 4 条利益相反委員会は 次に掲げる事項に 国立研究開発法人産業技術総合研究所利益相反マネージメント実施規程 制定平成 17 年 10 月 1 日 17 規程第 68 号 最終改正平成 29 年 3 月 30 日 28 規程第 84 号一部改正 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章利益相反マネージメントの体制第 1 節利益相反マネージメント委員会 ( 第 3 条 - 第 8 条 ) 第 2 節利益相反マネージメント

More information

愛知県立大学利益相反マネージメント規程

愛知県立大学利益相反マネージメント規程 愛知県立大学利益相反マネージメント規程 ( 目的 ) 第 1 条本規程は 愛知県立大学の教職員等 ( 客員共同研究員を含む ) が産学連携活動を含む社会貢献活動を行う際に生じるおそれのある利益相反 の弊害に適切に対応するため 利益相反関係の透明性を確保するとともに その適切な管理を行うことを目的とする ( 適用範囲 ) 第 2 条この規程は 本学の教職員 学部及び大学院の学生等に適用する ( 利益相反の定義

More information

議題

議題 平成 29 年度第 13 回教育研究評議会議事概要 日時平成 30 年 3 月 19 日 ( 月 ) 15:00~16:20 場所事務局 3 階第 1 会議室 ( 旦野原キャンパス ) 出席者別紙のとおり 議事概要の確認平成 29 年度第 11 回及び第 12 回の教育研究評議会議事概要 ( 案 ) を確認した 議題 1 学生の懲戒処分について ( 資料 1-1~2) 豊田理工学部長から, 学生懲戒規程に基づく調査委員会の調査結果及び相当処分案について資料に基づき説明があった

More information

四 学生等を産学官連携活動に従事させる場合 五 その他次条に規定する委員会が対象とすることを定めた場合 2 前項の各号に該当する行為を行う役職員は, 次条に規定する委員会が定める利益相反 自己申告の手続を行うものとする ( 利益相反マネジメント委員会 ) 第 4 条 本学に, 利益相反マネジメントに

四 学生等を産学官連携活動に従事させる場合 五 その他次条に規定する委員会が対象とすることを定めた場合 2 前項の各号に該当する行為を行う役職員は, 次条に規定する委員会が定める利益相反 自己申告の手続を行うものとする ( 利益相反マネジメント委員会 ) 第 4 条 本学に, 利益相反マネジメントに 国立大学法人京都教育大学利益相反マネジメント規程 平成 24 年 11 月 7 日 制 定 平成 25 年 9 月 27 日 最終改正 ( 目 的 ) 第 1 条 この規程は, 国立大学法人京都教育大学利益相反マネジメントポリシーに則り, 国立大学法人京都教育大学 ( 以下 本学 という ) の役員及び教職員 ( 以下 役職員 という ) の利益相反につながる行為を未然に防止するため, 役職員の利益相反の適切

More information

Microsoft Word 規約

Microsoft Word 規約 日本バイオプラスチック協会 規 約 日本バイオプラスチック協会 日本バイオプラスチック協会規約 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条本会は 日本バイオプラスチック協会と称する ( 目的 ) 第 2 条本会は 生分解性プラスチック及びバイオマスプラスチックの技術的事項および評価方法等に関する調査 研究を行うとともに 内外関係機関等との交流を促進すること等により 生分解性プラスチック及びバイオマスプラスチックに関する技術の確立および実用化の促進

More information

登録できる 二個人会員は 大学及び公的研究機関の研究者とする 三特別会員は 本コンソーシアムの会長が特に参加を認めた法人又は個人とする ( 会員の入会 退会等 ) 第 5 条本コンソーシアムに会員として入会を希望する者は 所定の申込書を会長あてに提出するものとする 2 会員の入会については 第 8

登録できる 二個人会員は 大学及び公的研究機関の研究者とする 三特別会員は 本コンソーシアムの会長が特に参加を認めた法人又は個人とする ( 会員の入会 退会等 ) 第 5 条本コンソーシアムに会員として入会を希望する者は 所定の申込書を会長あてに提出するものとする 2 会員の入会については 第 8 フロー精密合成コンソーシアム運営会則制定平成 27 年 10 月 1 日改訂平成 27 年 10 月 28 日改訂平成 28 年 8 月 5 日改訂平成 29 年 2 月 24 日 国立研究開発法人産業技術総合研究所コンソーシアム規程 (17 規程第 44 号 ) に基づいて 設置する フロー精密合成コンソーシアムの運営等に必要な事項について 次のように運営会則 ( 以下 本会則 という ) を定める

More information

評議員選任 解任委員会について点検項目 説明 参考 1 評議員選任 解任委員会の設置について すべての法人 ( 現在, 評議員会を設置している法 定款例第 6 条 評議員選任 解任委員会 を設置する旨の定款変更を行っていますか ( 又は定款変更の準備をしていますか ) いる いない 人も含む ) に

評議員選任 解任委員会について点検項目 説明 参考 1 評議員選任 解任委員会の設置について すべての法人 ( 現在, 評議員会を設置している法 定款例第 6 条 評議員選任 解任委員会 を設置する旨の定款変更を行っていますか ( 又は定款変更の準備をしていますか ) いる いない 人も含む ) に 資料 5 社会福祉法人制度改革への 対応に関する自主点検表 法人名 作成担当者名 作成日年月日 評議員選任 解任委員会について点検項目 説明 参考 1 評議員選任 解任委員会の設置について すべての法人 ( 現在, 評議員会を設置している法 定款例第 6 条 評議員選任 解任委員会 を設置する旨の定款変更を行っていますか ( 又は定款変更の準備をしていますか ) いる いない 人も含む ) において,

More information

獨協医科大学病院医療安全対策規程(案)

獨協医科大学病院医療安全対策規程(案) 1. 獨協医科大学病院医療安全管理規程 ( 平成 11 年 5 月 18 日制定 ) 改正 2001 年 2 月 19 日 2002 年 1 月 22 日 2003 年 4 月 1 日 2004 年 4 月 1 日 2005 年 7 月 12 日 2006 年 4 月 1 日 2011 年 8 月 22 日 2013 年 10 月 1 日 2015 年 10 月 1 日 2016 年 4 月 1 日

More information

Business Alliance Consortium 会則 Business Alliance Consortium ( 略称 :BAC) は Built on Express Advantage コンソーシアム ( 略称 :BOE コンソーシアム ) の機能および会員企業の資格 権利 義務も同

Business Alliance Consortium 会則 Business Alliance Consortium ( 略称 :BAC) は Built on Express Advantage コンソーシアム ( 略称 :BOE コンソーシアム ) の機能および会員企業の資格 権利 義務も同 Business Alliance Consortium 会則 Business Alliance Consortium ( 略称 :BAC) は Built on Express Advantage コンソーシアム ( 略称 :BOE コンソーシアム ) の機能および会員企業の資格 権利 義務も同時に承継されるこ とを 2015 年 4 月 15 日に確認する ( 名称 ) 第 1 条本会は Business

More information

Microsoft Word - セクシュアル・ハラスメント防止規則

Microsoft Word - セクシュアル・ハラスメント防止規則 熊本大学セクシュアル ハラスメントの防止等に関する規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 熊本大学 ( 以下 本学 という ) の職員及び学生等が個人としてその人格と人権が尊重され それぞれの能力が最大限に発揮されるよう 修学 就労及び教育研究のための良好な環境を維持するため セクシュアル ハラスメントの防止及び排除のための措置並びにセクシュアル ハラスメントに起因する問題が生じた場合に 迅速かつ適切に対応するための措置

More information

Microsoft Word - kaisoku

Microsoft Word - kaisoku 会則の作り方 会則は自治会組織の適正な運営に欠かすことのできないものです 会員の意見を十分に聴いて 会の実情に合った会則を定めることが大切です コミュニティ組織のガバナンスのあり方に関する研究会 ( 総務省 ) が示している会則の例を引用し 以下に掲載します なお 法人格を持つ地縁団体 ( 認可地縁団体 ) には 地方自治法第 260 条の2から第 260 条の39までの規定が適用されます さらに詳細な事項が定められた規約を定めることが求められ

More information

獨協医科大学病院医療安全対策規程(案)

獨協医科大学病院医療安全対策規程(案) 獨協医科大学病院医療安全管理規程 ( 平成 11 年 5 月 18 日制定 ) 平成 13 年 2 月 19 日改正平成 18 年 4 月 1 日改正平成 14 年 1 月 22 日改正平成 22 年 4 月 1 日改正平成 15 年 4 月 1 日改正平成 23 年 8 月 22 日改正平成 16 年 4 月 1 日改正平成 17 年 7 月 12 日改正 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 獨協医科大学病院

More information

01協議会要綱提出版

01協議会要綱提出版 釧路根室地域医療情報ネットワーク協議会要綱 ( 名称 ) 第 1 条この協議会は 釧路根室地域医療情報ネットワークにおける協議会であり そのネット ワークの呼称を メディネットたんちょう とする ( 目的 ) 第 2 条協議会は 釧路根室地域において電子的データベースを保有する保険医療福祉関連施設 が メディネットたんちょうを介して 安全かつ効率的に保健医療福祉情報の伝達を行い さら にその情報を共有する施設間で連携して適切な情報管理及びシステム運営を行うことで

More information

職員互助会会則

職員互助会会則 大阪府社会福祉事業団 職員互助会 会則 第 1 章 総則 ( 名称 ) 第 1 条この会は 大阪府社会福祉事業団職員互助会という ( 目的 ) 第 2 条この会は 大阪府社会福祉事業団 ( 以下 事業団 という ) 役職員の相互扶助と 福利増進を目的とする ( 会員 ) 第 3 条本会は 次の各号に掲げる者を会員とする (1) 常勤の役員 (2) 職員就業規則第 3 条に定める職員 但し 大阪府等から派遣された職員を除く

More information

定款

定款 定 款 ソフトバンクグループ株式会社 昭和 56 年 9 月 3 日会社設立 昭和 59 年 8 月 24 日改 正 昭和 63 年 11 月 25 日改 正 平成元年 11 月 20 日改 正 平成元年 12 月 8 日改 正 平成 2 年 2 月 13 日改 正 平成 2 年 3 月 29 日改 正 平成 2 年 6 月 28 日改 正 平成 2 年 9 月 27 日改 正 平成 3 年 6 月

More information

untitled

untitled WG 2013 P P P P WG WG P WG 12 12 P P20 200 200 200 200 2011 2012 2012 11 1 2 21 2 2 1 2 2 2 2 1 2 1 2 11 720,450(8.0) 37,845(0.4) 4) 37.7 7 5.4 0.1 8,299,154(91.6)

More information

untitled

untitled 19 - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27 - - 28 - - 29 - -

More information

立命館慶祥中学校 生徒会規約

立命館慶祥中学校 生徒会規約 立命館慶祥中学校生徒会規約 第 1 章総則 第 1 条第 2 条第 3 条第 4 条 本会は立命館慶祥中学校生徒会と称する 本会は学校の教育活動の一環として全会員で協力し合い 自主性をもって 学校生活を向上させる事を目的とする 本会は立命館慶祥中学校生徒を会員とする 本会員は次の権利及び義務を有する 1. 役員を選出する権利を有する 2. 役員になる権利を有する 3. 全ての会議に出席して発言が出来る

More information

Microsoft Word - 県北.doc

Microsoft Word - 県北.doc 広島県建築士会県北支部規程 第 1 章総則 ( 設置 ) 第 1 条広島県建築士会規則 ( 以下 規則 という ) 第 8 条の規定により, 広島県建築士会県北支部 ( 以下 支部 という ) を設置する ( 目的 ) 第 2 条支部は, 広島県建築士会定款 ( 以下 定款 という ) に規定する目的を尊重し, 支部会員 ( 以下 会員 という ) 相互の親睦を図かることにより社会に貢献することを目的とする

More information

幹事会の議を経て 総会の承認後にその者を除名することができる 2 除名の決定には 理事会 幹事会の議を経て総会の承認を必要とする 第 3 章役員等 ( 役員の種類 ) 第 10 条本会に 役員として 会長 1 名 副会長 2 名 理事 幹事若干名 監事 1 名を置く 2 役員の選出に関し必要な事項は

幹事会の議を経て 総会の承認後にその者を除名することができる 2 除名の決定には 理事会 幹事会の議を経て総会の承認を必要とする 第 3 章役員等 ( 役員の種類 ) 第 10 条本会に 役員として 会長 1 名 副会長 2 名 理事 幹事若干名 監事 1 名を置く 2 役員の選出に関し必要な事項は 香川大学医学部薬理学教室同門会会則 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条本会は 香川大学医学部薬理学教室同門会と称する ( 設立年月日 ) 第 2 条本会の設立年月日は 平成 24 年 4 月 1 日とする ( 事業所 ) 第 3 条本会の事務所は 香川県木田郡三木町池戸 1750-1 香川大学医学部薬理学教室に置く ( 目的 ) 第 4 条本会は 香川大学医学部薬理学教室 ( 以下 教室 という

More information

総務省独立行政法人評価委員会議事規則 総務省独立行政法人評価委員会令 ( 平成十二年政令第三百十八号 以下 委員会令 という ) 第十条の規定に基づき 総務省独立行政法人評価委員会議事規則を次のように定める 平成十三年二月二十七日総務省独立行政法人評価委員会委員長 ( 目的 ) 第一条総務省独立行政

総務省独立行政法人評価委員会議事規則 総務省独立行政法人評価委員会令 ( 平成十二年政令第三百十八号 以下 委員会令 という ) 第十条の規定に基づき 総務省独立行政法人評価委員会議事規則を次のように定める 平成十三年二月二十七日総務省独立行政法人評価委員会委員長 ( 目的 ) 第一条総務省独立行政 独立行政法人 特殊法人及び認可法人の役員の退職金について 平成 15 年 12 月 19 日閣議決定 独立行政法人 特殊法人及び認可法人 ( 日本放送協会 日本赤十字社 特殊会社 士業団体 事業者団体中央会を除く 以下同じ ) の役員の退職金については 以下によるものとする 1 独立行政法人 (1) 各府省は 所管の独立行政法人に対し 役員の退職金の支給率に関して 平成 16 年以降の在職期間については

More information

自治労福島県職員労働組合退職互助会規約(抄)

自治労福島県職員労働組合退職互助会規約(抄) 自治労福島県職員連合労働組合退職互助会規約 第 1 章総 則 ( 名称 ) 第 1 条この会は自治労福島県職員連合労働組合退職互助会という ( 事務所 ) 第 2 条この会は事務所を福島市杉妻町 2 番 16 号自治労福島県職員連合労働組合内に置く ( 目的 ) 第 3 条この会は自治労福島県職員連合労働組合 ( 以下 県職連合 という ) の組合員及び組合員であった者の退職後の生活の安定と向上を図ることを目的とする

More information

国立病院機構熊本医療センターボランティア 活動受入規程 ( 目的 ) 第 1 条本規程は 国立病院機構熊本医療センター ( 以下 病院 という ) においてボランティア活動を希望する個人又は団体を広く受け入れ円滑に活動できるよう支援し 地域社会とともに患者さまを側面から支援し 病院での療養生活を充実

国立病院機構熊本医療センターボランティア 活動受入規程 ( 目的 ) 第 1 条本規程は 国立病院機構熊本医療センター ( 以下 病院 という ) においてボランティア活動を希望する個人又は団体を広く受け入れ円滑に活動できるよう支援し 地域社会とともに患者さまを側面から支援し 病院での療養生活を充実 国立病院機構熊本医療センターボランティア 活動受入規程 第 1 条本規程は 国立病院機構熊本医療センター ( 以下 病院 という ) においてボランティア活動を希望する個人又は団体を広く受け入れ円滑に活動できるよう支援し 地域社会とともに患者さまを側面から支援し 病院での療養生活を充実させるために ボランティア活動に関する必要事項を定め もってボランティア活動の円滑な受入並びに一人ひとりの患者さまによりきめ細やかなサービス提供及び病院運営の推進を図ることを目的とする

More information

教員等の懲戒処分に係る審査に関する規程 ( 平成 21 年 9 月 16 日 ) ( 趣旨 ) 第 1 条この規程は 教育公務員特例法 ( 昭和 24 年 1 月 12 日法律第 1 号 以下 法 という ) 第 9 条第 2 項の規定に基づき 沖縄県立看護大学教授会 ( 以下 教授会 という )

教員等の懲戒処分に係る審査に関する規程 ( 平成 21 年 9 月 16 日 ) ( 趣旨 ) 第 1 条この規程は 教育公務員特例法 ( 昭和 24 年 1 月 12 日法律第 1 号 以下 法 という ) 第 9 条第 2 項の規定に基づき 沖縄県立看護大学教授会 ( 以下 教授会 という ) 教員等の懲戒処分に係る審査に関する規程 ( 平成 21 年 9 月 16 日 ) ( 趣旨 ) 第 1 条この規程は 教育公務員特例法 ( 昭和 24 年 1 月 12 日法律第 1 号 以下 法 という ) 第 9 条第 2 項の規定に基づき 沖縄県立看護大学教授会 ( 以下 教授会 という ) が法第 9 条第 1 項の規定により行う学長 学部長 学生部長 図書館長及び教員の懲戒処分 ( 以下

More information

西日本化粧品工業会規約

西日本化粧品工業会規約 規 約 西日本化粧品工業会 大阪市中央区内本町 2 丁目 1 番 13 号 ( 540-0026) フェニックス内本町ビル 3 階 電話 (06)6941 2093( 代 ) FAX (06)6946 9190 西日本化粧品工業会規約 第 1 章総 則 ( 名称 ) 第 1 条本会は 西日本化粧品工業会と称す ( 事務所 ) 第 2 条本会は 事務所を大阪市に置く ( 目的 ) 第 3 条本会は 会員相互の緊密な連携および啓発によって

More information

日本学術会議会則

日本学術会議会則 日本学術会議会則 改正 平成十七年十月二十四日日本学術会議規則第三号平成一八年二月二八日日本学術会議規則第一号平成一八年五月八日日本学術会議規則第二号平成二〇年五月七日日本学術会議規則第一号平成二三年七月二八日日本学術会議規則第一号平成二五年十月二八日日本学術会議規則第一号平成二八年五月一八日日本学術会議規則第一号 日本学術会議法 ( 昭和二十三年法律第百二十一号 ) 第二十八条の規定に基づき 日本学術会議会則

More information

個人情報保護に関する規定 ( 規定第 98 号 ) 第 1 章 総則 ( 目的 ) 第 1 条学校法人トヨタ学園および豊田工業大学 ( 以下, 総称して本学という ) は, 個人情報の保護に関する法律 ( 平成 15 年法律第 57 号, 以下, 法律という ) に定める個人情報取り扱い事業者 (

個人情報保護に関する規定 ( 規定第 98 号 ) 第 1 章 総則 ( 目的 ) 第 1 条学校法人トヨタ学園および豊田工業大学 ( 以下, 総称して本学という ) は, 個人情報の保護に関する法律 ( 平成 15 年法律第 57 号, 以下, 法律という ) に定める個人情報取り扱い事業者 ( 個人情報保護に関する規定 ( 規定第 98 号 ) 第 1 章 総則 ( 目的 ) 第 1 条学校法人トヨタ学園および豊田工業大学 ( 以下, 総称して本学という ) は, 個人情報の保護に関する法律 ( 平成 15 年法律第 57 号, 以下, 法律という ) に定める個人情報取り扱い事業者 ( 以下, 取り扱い事業者という ) として, 本学が入手 保管 管理する個人情報 ( 以下, 個人情報という

More information

公立大学法人埼玉県立大学定款 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章役員等第 1 節役員 ( 第 8 条 - 第 14 条 ) 第 2 節理事会 ( 第 15 条 - 第 18 条 ) 第 3 章審議機関第 1 節経営審議会 ( 第 19 条 - 第 22 条 ) 第 2

公立大学法人埼玉県立大学定款 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章役員等第 1 節役員 ( 第 8 条 - 第 14 条 ) 第 2 節理事会 ( 第 15 条 - 第 18 条 ) 第 3 章審議機関第 1 節経営審議会 ( 第 19 条 - 第 22 条 ) 第 2 公立大学法人埼玉県立大学定款 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章役員等第 1 節役員 ( 第 8 条 - 第 14 条 ) 第 2 節理事会 ( 第 15 条 - 第 18 条 ) 第 3 章審議機関第 1 節経営審議会 ( 第 19 条 - 第 22 条 ) 第 2 節教育研究審議会 ( 第 23 条 - 第 26 条 ) 第 4 章業務の範囲及びその執行 ( 第

More information

委員会は 資産運用部長から (1 ) により付議されたときは 情報の提供者が明確か 具体的な談合の内容が示されているか等から情報の信ぴょう性を点検し 調査の必要があるか否かについて審議しなければならない なお 契約担当者等は 委員会で 調査の必要がないと判断した場合は その理由を別紙様式に記載しなけ

委員会は 資産運用部長から (1 ) により付議されたときは 情報の提供者が明確か 具体的な談合の内容が示されているか等から情報の信ぴょう性を点検し 調査の必要があるか否かについて審議しなければならない なお 契約担当者等は 委員会で 調査の必要がないと判断した場合は その理由を別紙様式に記載しなけ 東京都交通局談合情報取扱要綱 9 交経第 3 1 4 号平成 9 年 6 月 1 日改正 9 交経第 1 0 8 2 号平成 1 0 年 3 月 1 0 日改正 12 交総第 2 8 5 1 号平成 1 3 年 3 月 3 0 日改正 13 交総第 2 7 7 7 号平成 1 4 年 3 月 2 9 日改正 15 交総第 2 2 7 6 号平成 1 6 年 3 月 3 0 日改正 2 2 交資第 7

More information

岩手医科大学医学部及び附属病院における人を対象とする医学系研究に係るモニタリング及び監査の実施に関する標準業務手順書 岩手医科大学医学部及び附属病院における 人を対象とする医学系研究に係る モニタリング及び監査の実施に関する標準業務手順書 岩手医科大学 第 1.0 版平成 29 年 10 月 1 日

岩手医科大学医学部及び附属病院における人を対象とする医学系研究に係るモニタリング及び監査の実施に関する標準業務手順書 岩手医科大学医学部及び附属病院における 人を対象とする医学系研究に係る モニタリング及び監査の実施に関する標準業務手順書 岩手医科大学 第 1.0 版平成 29 年 10 月 1 日 岩手医科大学医学部及び附属病院における 人を対象とする医学系研究に係る モニタリング及び監査の実施に関する標準業務手順書 岩手医科大学 第 1.0 版平成 29 年 10 月 1 日施行 目次 1. 目的...1 2. 研究機関の長の責務...1 3. 研究責任者の責務...1 4. モニタリング担当者の責務...1 5. 監査担当者の責務...2 6. 多施設共同研究におけるモニタリング及び監査の実施について...2

More information

定 款 社会福祉法人 木谷会

定 款 社会福祉法人 木谷会 定 款 社会福祉法人 木谷会 社会福祉法人木谷会定款 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として 次の社会福祉事業を行う (1) 第一種社会福祉事業軽費老人ホームの経営

More information

( 退会 ) 第 8 条この会の会員は 退会届を事務局に提出し任意に退会することができる 2 会員の属する法人が解散したときは 当該会員は この会を退会したものとみなす ( 除名 ) 第 9 条 会員が次の各号のいずれかに該当する場合には その会員に全体会議において事前に弁明の機会を与えた上で 全体

( 退会 ) 第 8 条この会の会員は 退会届を事務局に提出し任意に退会することができる 2 会員の属する法人が解散したときは 当該会員は この会を退会したものとみなす ( 除名 ) 第 9 条 会員が次の各号のいずれかに該当する場合には その会員に全体会議において事前に弁明の機会を与えた上で 全体 ライフインテリジェンスコンソーシアム会則 ( 名称 ) 第 1 条 この会は ライフインテリジェンスコンソーシアムと称する 但し 英語表記を LINC (Life Intelligence Consortium) とし これを通称とする ( 事務局 ) 第 2 条この会に事務局を置き 公益財団法人都市活力研究所 特定国立研究開発法人理化学研究所健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム

More information

資料1 短時間労働者への私学共済の適用拡大について

資料1 短時間労働者への私学共済の適用拡大について 資料 1 短時間労働者への私学共済の適用拡大について 1. 機能強化法関係 機能強化法 ( 1) により 平成 28 年 10 月から私学共済でも短時間労働者を加入者とするとされているところ その詳細を政令で定めるに当たり 厚生年金保険及び健康保険の短時間労働者の要件 ( 2) に倣って定めることとすること 1 公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律

More information

置する (1) 資格審査委員は 3 名とし 役員 1 名および代議員から選出した委員をもって構成する (2) 資格審査委員は 前号の規定にもとづき幹事会において産別 関連退職者連合に割当てを行って選出し 総会議長が任命する (3) 資格審査委員会の設置は 前号の規定によって選出された委員を総会議長が

置する (1) 資格審査委員は 3 名とし 役員 1 名および代議員から選出した委員をもって構成する (2) 資格審査委員は 前号の規定にもとづき幹事会において産別 関連退職者連合に割当てを行って選出し 総会議長が任命する (3) 資格審査委員会の設置は 前号の規定によって選出された委員を総会議長が 総会運営規則 第 1 章総 則 第 1 条 ( 規約との関係 ) この規則は 退職者連合規約第 33 条にもとづいて定める 第 2 条 ( 目的 ) この規則は 総会の議事について 円滑に運営することを目的とする 第 3 条 ( 開催準備と責任 ) 1. 総会の開催準備については 規約第 26 条 第 27 条 第 28 条による 2. 総会の開催準備にあたって退職者連合規約に規定していない事項は

More information

労 働 組 合 規 約

労 働 組 合 規 約 労働組合規約 シャルレ代理店ユニオン 1 組合規約 第 1 章総則 名称 第 1 条この組合は連合ユニオン東京シャルレ代理店ユニオン ( 以下 組合 という ) といいます 組合の構成 第 2 条組合は 次の者で構成します 1. シャルレの代理店で働く者 2. 執行委員会 及び大会で承認された者 所在地 第 3 条組合の所在地は 東京都港区芝浦 3-2-22 田町交通ビル2F 連合東京内とします 上部団体

More information

指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準 ( 平成 12 年厚生省告示第 20 号 ) 介護保険法第 46 条第 2 項及び第 58 条第 2 項の規定に基づき 指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準を次のように定め 平成 12 年 4 月 1 日から適用する 一指定居宅介護支

指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準 ( 平成 12 年厚生省告示第 20 号 ) 介護保険法第 46 条第 2 項及び第 58 条第 2 項の規定に基づき 指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準を次のように定め 平成 12 年 4 月 1 日から適用する 一指定居宅介護支 特定事業所集中減算関係法令等について 平成 30 年 4 月現在 介護保険法 ( 平成 9 年法律第 123 号 ) ( 居宅介護サービス計画費の支給 ) 第四十六条市町村は 居宅要介護被保険者が 当該市町村の長又は他の市町村の長が指定する者 ( 以下 指定居宅介護支援事業者 という ) から当該指定に係る居宅介護支援事業を行う事業所により行われる居宅介護支援 ( 以下 指定居宅介護支援 という )

More information

( 除名 ) 第 9 条社員が次のいずれかに該当するに至ったときは 社員総会の決議によって当該社員を除名することができる (1) この定款その他の規則に違反したとき (2) この法人の名誉を傷つけ または目的に反する行為をしたとき (3) その他除名すべき正当な事由があるとき ( 社員資格の喪失 )

( 除名 ) 第 9 条社員が次のいずれかに該当するに至ったときは 社員総会の決議によって当該社員を除名することができる (1) この定款その他の規則に違反したとき (2) この法人の名誉を傷つけ または目的に反する行為をしたとき (3) その他除名すべき正当な事由があるとき ( 社員資格の喪失 ) 一般社団法人サンプル定款第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は - 般社団法人サンプルと称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都 区に置く 第 2 章目的および事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 一般社団法人の に関する事業を行い その業務に寄与することを目的とする ( 事業 ) 第 4 条この法人は 前条の目的を達成するため 次の事業を行う (1) 一般社団法人の

More information

中央教育審議会(第119回)配付資料

中央教育審議会(第119回)配付資料 第 18 回 (10 月 15 日開催 ) 学校における働き方改革特別部会資料 一年単位の変形労働時間制について ( 労働基準法第 32 条の 4) 資料 2-3 休日の増加による労働者のゆとりの創造 時間外 休日労働の減少による総労働時間の短縮を実現するため 1 箇月を超え1 年以内の期間を平均して1 週間当たりの労働時間が40 時間を超えないことを条件として 業務の繁閑に応じ労働時間を配分することを認める制度

More information

一般財団法人短期大学基準協会認証評価実施規程 [ 平成 17 年 4 月 14 日制定 ] [ 平成 20 年 3 月 19 日改正 ] [ 平成 23 年 5 月 26 日改正 ] [ 平成 24 年 3 月 15 日改正 ] [ 平成 27 年 5 月 21 日改正 ] [ 平成 29 年 2

一般財団法人短期大学基準協会認証評価実施規程 [ 平成 17 年 4 月 14 日制定 ] [ 平成 20 年 3 月 19 日改正 ] [ 平成 23 年 5 月 26 日改正 ] [ 平成 24 年 3 月 15 日改正 ] [ 平成 27 年 5 月 21 日改正 ] [ 平成 29 年 2 平成 30 年 4 月施行 一般財団法人短期大学基準協会 認証評価実施規程 平成 17 年 4 月制定 ( 平成 29 年 2 月改正 ) 一般財団法人短期大学基準協会 一般財団法人短期大学基準協会認証評価実施規程 [ 平成 17 年 4 月 14 日制定 ] [ 平成 20 年 3 月 19 日改正 ] [ 平成 23 年 5 月 26 日改正 ] [ 平成 24 年 3 月 15 日改正 ] [

More information

<4D F736F F D E F18BB388E78CA48B86955D8B6389EF8B638E E7C E332E A2E646F63>

<4D F736F F D E F18BB388E78CA48B86955D8B6389EF8B638E E7C E332E A2E646F63> 平成 29 年度第 14 回教育研究評議会議事要旨 日時平成 30 年 3 月 20 日 ( 火 )18 時 17 分 ~18 時 35 分場所第 1 会議室出席者 23 名和田学長, 江頭理事 ( 総務 財務担当副学長 ), 鈴木理事 ( 教育担当副学長 ), 近藤副学長, 高橋評議員 ( 保健管理センター所長 ), 平沢評議員 ( 情報処理センター長 ), 尾形評議員 ( 言語センター長 ),

More information

高松市立太田南小学校PTA規約

高松市立太田南小学校PTA規約 高松市立太田南小学校 PTA 規約 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この会は 太田南小学校 PTA という ( 事務所 ) 第 2 条 この会は 事務所を高松市立太田南小学校に置く ( 目的 ) 第 3 条 この会は 会員が協力して 児童の幸福な成長を図ることを目的とする ( 事業 ) 第 4 条 この会は 前条の目的を達成するために 次の活動をする (1) 良い会員になるよう努める (2)

More information

示して, 理事会の招集を請求することができる ( 同条第 2 項 ) この請求のあった日から 5 日以内に, 当該請求があった日から 2 週間以内の日を理事会の日とする理事会の招集の通知が発せられない場合には, 当該請求をした理事は, 理事会を招集することができる ( 同条第 3 項 ) 監事は,

示して, 理事会の招集を請求することができる ( 同条第 2 項 ) この請求のあった日から 5 日以内に, 当該請求があった日から 2 週間以内の日を理事会の日とする理事会の招集の通知が発せられない場合には, 当該請求をした理事は, 理事会を招集することができる ( 同条第 3 項 ) 監事は, 社会福祉法人〇〇会理事会運営規程 ( 参考例 ) H28.12.27 現在 この規程例 < 案 > は参考例としてお示しするものですので, 各法人において, 法令に違反しない範囲で, 法人の運営状況や定款の記載内容に合わせて修正等を行ってください 名称についても, 各法人の他の規程, 規則等と整合性をもった名称としてください なお, 今後, 公益財団法人の例も参考にしながら, 随時, 修正を行う予定です

More information

青葉台自治会会則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条本会は 以下に掲げるような共同活動を行うことにより 良好な地域社会の維持及び形成に資する事を目的とする (1) 回覧板の回付等区域内の住民相互の連絡 (2) 会員相互の融和親睦をはかる (3) 行政機関との連絡調整 (4) 区域内諸施設の維持

青葉台自治会会則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条本会は 以下に掲げるような共同活動を行うことにより 良好な地域社会の維持及び形成に資する事を目的とする (1) 回覧板の回付等区域内の住民相互の連絡 (2) 会員相互の融和親睦をはかる (3) 行政機関との連絡調整 (4) 区域内諸施設の維持 青葉台自治会会則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条本会は 以下に掲げるような共同活動を行うことにより 良好な地域社会の維持及び形成に資する事を目的とする (1) 回覧板の回付等区域内の住民相互の連絡 (2) 会員相互の融和親睦をはかる (3) 行政機関との連絡調整 (4) 区域内諸施設の維持管理 (5) 美化 清掃等区域内の環境整備 ( 名称 ) 第 2 条本会は 青葉台自治会と称する (

More information

さいたま市PTA協議会西区連合会会則

さいたま市PTA協議会西区連合会会則 さいたま市 PTA 協議会西区連合会会則 第 1 章総則 ( 名称及び事務局 ) 第 1 条この会は さいたま市 PTA 協議会西区連合会 ( 以下 本会 という ) と称する 2 本会の事務局をさいたま市大宮区大門町 3-1 大宮区役所東館 1 階に置く ( 目的 ) 第 2 条本会は 家庭 学校及び地域における最善の教育を目指し PTA 活動の発展と児童 生徒の福祉を増進することを目的とする (

More information

指定 ( 又は選択 ) 官庁 CL PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -CL 国立工業所有権機関 ( チリ ) 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 CL 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (1) に基づく期間 : 優先日から 30 箇月 PCT 第 39 条 (1

指定 ( 又は選択 ) 官庁 CL PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -CL 国立工業所有権機関 ( チリ ) 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 CL 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (1) に基づく期間 : 優先日から 30 箇月 PCT 第 39 条 (1 PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -CL C L 1 頁 国立工業所有権機関 ( チリ ) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 CL.Ⅰ 国内段階移行様式 附属書 CL.Ⅱ 略語のリスト国内官庁 : 国立工業所有権機関 ( チリ ) PL: 2005 年法律第 19.996 号及び2007 年法律第 20.160 号で改正された工業所有権法第

More information

平成19年6月

平成19年6月 旭川市民生委員 児童委員候補者推薦要領 旭川市主任児童委員候補者推薦要領 平成 22 年 5 月旭川市民生委員推薦会 はじめに 現在委嘱されている民生委員 児童委員 ( 主任児童委員を含む ) は, 本年 11 月 3 0 日をもって 3 年の任期が満了となり, 全国一斉に改選が行われます 民生委員 児童委員は, 民生委員法により都道府県知事の推薦により厚生労働大臣が委嘱することとなりますが, 民生委員法及び地方自治法により中核市である本市においては旭川市長が推薦することとなります

More information

(Microsoft Word - \213K\226\361)

(Microsoft Word - \213K\226\361) スポーツクラブ 21 広野規約 第 1 章総 則 ( 名称及び事務所 ) 第 1 条このクラブは スポーツクラブ21 広野 ( 以下 クラブ という ) と称し 事務所を三田市立広野小学校内クラブハウスに置く ( 目的 ) 第 2 条このクラブは 広野小学校を中心にスポーツ活動の振興を図り 会員の健全な心身を育成し 広野地域住民が様々なスポーツを多世代で楽しみ スポーツ活動を通じて地域の活性化を図り

More information

分科会資料

分科会資料 ( 事後評価 ) 分科会資料 2-1 研究評価委員会分科会の公開について ( 案 ) 研究評価委員会において 各分科会の公開については 研究評価委員会 の公開の取扱い ( 資 料 2-2 参照 ) に準じて以下のように行わなければならない (1) 議事録 ( 記名 ) については原則として会議終了後 1 ヶ月以内に作成し公開する また 議事要旨については 原則として 1 週間以内に作成し 公開する

More information

<4D F736F F D D30382D333091DD90D8836F B934B90B38EE688F CF88F589EF82CC90DD927582C982C282A282C42E6

<4D F736F F D D30382D333091DD90D8836F B934B90B38EE688F CF88F589EF82CC90DD927582C982C282A282C42E6 2016 年 8 月 30 日 一般社団法人日本旅行業協会一般社団法人全国旅行業協会公益社団法人日本バス協会 貸切バスツアー適正取引推進委員会の設置について 本年 1 月に発生した軽井沢スキーバス事故におきまして 多数の死傷者が出たことに対しバス業界及び旅行業界の一員として 深くお詫び申し上げます 亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに 負傷された方々の一刻も早い回復を願っております 貸切バス

More information

<4D F736F F D E31302E313792B98EE68CA78CF695F18D868A4F D862E646F63>

<4D F736F F D E31302E313792B98EE68CA78CF695F18D868A4F D862E646F63> 鳥取県公報 平成 18 年 10 月 17 日 ( 火 ) 号外第 148 号 毎週火 金曜日発行 目 次 条 例 鳥取県地方独立行政法人法施行条例 (61)( 行政経営推進課 ) 4 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第 38 条の2 第 3 項に規定する 任意入院者の症状等の報告に関する条例 (62)( 障害福祉課 ) 6-1 - 公布された条例のあらまし 鳥取県地方独立行政法人法施行条例の新設について

More information

<4D F736F F D208E59918D8CA4984A91678B4B96F E589EF89FC90B3816A2E646F63>

<4D F736F F D208E59918D8CA4984A91678B4B96F E589EF89FC90B3816A2E646F63> 全経済 産業技術総合研究所労働組合規約 第一章総則 ( 名称および所在地 ) 第 1 条この組合は 全経済 産業技術総合研究所労働組合 ( 略称 ; 産総研労組 ) といい 主たる事務所を茨城県つくば市東 1-1におく ( 目的 ) 第 2 条この組合は 全経済産業労働組合規約第 5 条に基づいて組織され 次の各項の具体化を目的とする (1) 組合員の労働条件の維持 改善を期し もって 組合員の経済的

More information

「定款」等の一部改正について

「定款」等の一部改正について 定款 等の一部改正について 日証協平成 4 年 6 月 7 日 現行 本協会の設置する会議体については 委員会 分科会 小委員会 部会 などの名称が付されているが 必ずしも各会議体の位置付けに整合した統一的な名称となっていない 今般 一部の会議体の名称を変更し その位置付けに整合した統一的なものとするため 定款 等の一部改正を行った 本規則改正は 平成 4 年 7 月 1 日から施行された 本規則改正の趣旨

More information

日本学術会議協力学術研究団体規程

日本学術会議協力学術研究団体規程 日本学術会議協力学術研究団体規程 平成 17 年 10 月 4 日 日本学術会議第 1 回幹事会決定 ( 要件 ) 第 1 日本学術会議会則 ( 以下 会則 という ) 第 36 条第 1 項に規定する日本学術会議協力学術研究団体 ( 以下 協力学術研究団体 という ) は 次の基準を具備する 学術研究団体 又は 学術研究団体の連合体 であることを原則とする 1 学術研究の向上発達を図ることを主たる目的とし

More information

<4D F736F F D2092E88ABC88EA959495CF8D5882C98AD682B782E982A8926D82E782B E646F6378>

<4D F736F F D2092E88ABC88EA959495CF8D5882C98AD682B782E982A8926D82E782B E646F6378> 各位 平成 28 年 2 月 4 日 会社名ビーピー カストロール株式会社代表者の役職名代表取締役社長小石孝之 ( コード番号 5015 東証第一部 ) 問い合わせ先取締役財務経理部長渡辺克己 T E L 03-5719-7750 定款一部変更に関するお知らせ 当社は 本日開催の取締役会において 定款一部変更の件 についての議案を平成 28 年 3 月 25 日開催予定の当社第 39 回定時株主総会に付議することを決議いたしましたので

More information

ファンズスポーツクラブ宮前規約 第一章 総則 ( 名称 ) 第一条 ( 所在 ) 第二条 ( 目的 ) 第三条 ( 事業 ) 第四条 本クラブは ファンズスポーツクラブ宮前 ( 以下 本クラブ という ) と称 し 運営 管理は 特定非営利活動法人ファンズアスリートクラブ ( 以下 当 法人 という

ファンズスポーツクラブ宮前規約 第一章 総則 ( 名称 ) 第一条 ( 所在 ) 第二条 ( 目的 ) 第三条 ( 事業 ) 第四条 本クラブは ファンズスポーツクラブ宮前 ( 以下 本クラブ という ) と称 し 運営 管理は 特定非営利活動法人ファンズアスリートクラブ ( 以下 当 法人 という ファンズスポーツクラブ宮前規約 第一章 総則 ( 名称 ) 第一条 ( 所在 ) 第二条 ( 目的 ) 第三条 ( 事業 ) 第四条 本クラブは ファンズスポーツクラブ宮前 ( 以下 本クラブ という ) と称 し 運営 管理は 特定非営利活動法人ファンズアスリートクラブ ( 以下 当 法人 という ) が行う 本クラブは 設立準備委員会事務局を川崎市宮前区南平台 14-35 テラスハウス U1 号室に置く

More information

気象警報発表時等における授業等の取扱いに関する申合せ

気象警報発表時等における授業等の取扱いに関する申合せ 気象警報発表時等における授業等の取扱いに関する申合せ ( 平成 16 年 4 月 1 日制定 ) ( 趣旨 ) 1 この申合せは, 台風等の自然災害等による学生の事故を防止するため, 気象警報発表時等における授業等の取扱いに関し必要な事項を定める ( 定義 ) 2 この申合せにおいて, 次の各号に掲げる用語の意義は, それぞれ当該各号に定めるところによる (1) 気象警報佐賀地方気象台が, 佐賀市を含む次のいずれかの地域について発表する警報

More information

公益財団法人 日本航空協会 定款

公益財団法人 日本航空協会 定款 一般財団法人日本航空協会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人日本航空協会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都港区に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 航空宇宙思想の普及 航空宇宙文化の醸成 航空宇宙技術の向上を図り 内外の航空宇宙団体との緊密な連携のもとに 航空宇宙諸般の進歩発展に寄与することを目的とする

More information

個人情報保護方針

個人情報保護方針 社会福祉法人二葉保育園個人情報保護規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 個人保護法の制定を受け 社会福祉法人二葉保育園 ( 以下 法人 という ) が保有する個人情報の取扱いについての基本的事項を定め 個人の権利利益の保護を図るとともに 事業の適正な運営に資することを目的とする ( 定義 ) 第 2 条この規程において 個人情報 とは 個人に関する情報であって 当該情報に含まれる氏名

More information

Microsoft Word - 内部統制システム構築の基本方針.doc

Microsoft Word - 内部統制システム構築の基本方針.doc 内部統制システム構築の基本方針 1. 目的 当社は 健全で持続的な発展をするために内部統制システムを構築及び運用 ( 以下 構築 という ) することが経営上の重要な課題であると考え 会社法及び会社法施行規則並びに金融商品取引法の規定に従い 次のとおり 内部統制システム構築の基本方針 ( 以下 本方針 という ) を決定し 当社及び子会社の業務の有効性 効率性及び適正性を確保し 企業価値の維持 増大につなげます

More information

(2)3 年以内の有期プロジェクト型業務 ( 同項第 2 号イ ) 事業の開始 転換 拡大 縮小または廃止のために必要な業務で 一定期間内で完了することが予定されている業務への派遣については その業務が完了するまでの期間であれば 受入期間の制限はありません (3) 日数限定業務 ( 同項第 2 号ロ

(2)3 年以内の有期プロジェクト型業務 ( 同項第 2 号イ ) 事業の開始 転換 拡大 縮小または廃止のために必要な業務で 一定期間内で完了することが予定されている業務への派遣については その業務が完了するまでの期間であれば 受入期間の制限はありません (3) 日数限定業務 ( 同項第 2 号ロ Q3 派遣労働で働ける仕事とは 派遣労働で働くことができる仕事にはどのようなものがありますか また 同じ派遣先で何年間でも派遣社員として働くことができますか? 派遣法によって派遣を行ってはならないと定められている業務を除く全ての業務で派遣労働が認められています 派遣で働くことができる期間は 業務によって異なります 平成 16 年の派遣法改正により 以下に示した業務を除いて すべての業務で派遣労働が認められるようになりました

More information

第8回外国語学部教授会議事録要旨(平成30年12月10日)

第8回外国語学部教授会議事録要旨(平成30年12月10日) 平成 30 年度第 8 回外国語学部教授会議事録要旨日時 : 平成 30 年 12 月 10 日 ( 月 )14 時 45 分 ~18 時 55 分場所 : 板橋校舎 2 号館 2-0221 会議室構成員 : 49 名 ( 定足数 25 名 ) 出席者 : 47 名 ( 定足数充足 ) 議長 : 髙尾謙史 ( 外国語学部長 ) Ⅰ. 議案 1. 平成 31 年度入学試験合否判定について各学科主任より

More information

< E397C38FEE95F18A DD927582C98C5782E990DD92758C7689E6979A8D738FF38BB595F18D908F91838F815B834E2E786C7378>

< E397C38FEE95F18A DD927582C98C5782E990DD92758C7689E6979A8D738FF38BB595F18D908F91838F815B834E2E786C7378> 7 その他全般的事項 < 医療情報学部 医療情報学科 > (1) 設置計画変更事項等 設置時の計画変更内容 状況, 今後の見通しなど 特になし ( 注 ) 1~6の項目に記入した事項以外で, 設置時の計画より変更のあったもの ( 未実施を含む ) 及び法令適合性に関して生じた留意すべき事項について記入してください 設置時の 設置の趣旨等を記載した書類 の項目に沿って作成し, それ以外の事柄については適宜項目を設けてください

More information

埼玉県特別養護老人ホーム優先入所指針 1 目的この指針は 特別養護老人ホーム ( 以下 施設 という ) のサービスを受ける必要性が高いと認められる者を優先的に入所させるため 施設が優先入所 ( 以下 入所 という ) に関する手続き及び入所の必要性を評価する基準等を制定する際の参考とすべき基準を明

埼玉県特別養護老人ホーム優先入所指針 1 目的この指針は 特別養護老人ホーム ( 以下 施設 という ) のサービスを受ける必要性が高いと認められる者を優先的に入所させるため 施設が優先入所 ( 以下 入所 という ) に関する手続き及び入所の必要性を評価する基準等を制定する際の参考とすべき基準を明 埼玉県特別養護老人ホーム優先入所指針 1 目的この指針は 特別養護老人ホーム ( 以下 施設 という ) のサービスを受ける必要性が高いと認められる者を優先的に入所させるため 施設が優先入所 ( 以下 入所 という ) に関する手続き及び入所の必要性を評価する基準等を制定する際の参考とすべき基準を明示することにより 入所決定過程の透明性 公平性を確保し 施設サービスの円滑な実施に資することを目的とする

More information

安全管理規程

安全管理規程 飛鳥交通株式会社安全管理規程 平成 23 年 11 月 10 日改定 目次第一章総則第二章輸送の安全を確保するための事業の運営の方針等第三章輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の体制第四章輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の方法 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この規程 ( 以下 本規程 という ) は 道路運送法第 22 条及び旅客自動車運送事業運輸規則第 2 条の 2

More information

笠縫東学区まちづくり協議会会則 ( 名称 ) 第 1 条本会は 笠縫東学区まちづくり協議会 ( 以下 協議会 という ) と称する ( 事務所 ) 第 2 条協議会の事務所は 滋賀県草津市集町 58 番地の8に置く ( 目的 ) 第 3 条協議会は 地域住民が主体となって地域共通の願いの実現ならびに

笠縫東学区まちづくり協議会会則 ( 名称 ) 第 1 条本会は 笠縫東学区まちづくり協議会 ( 以下 協議会 という ) と称する ( 事務所 ) 第 2 条協議会の事務所は 滋賀県草津市集町 58 番地の8に置く ( 目的 ) 第 3 条協議会は 地域住民が主体となって地域共通の願いの実現ならびに 笠縫東学区まちづくり協議会会則 ( 名称 ) 第 1 条本会は 笠縫東学区まちづくり協議会 ( 以下 協議会 という ) と称する ( 事務所 ) 第 2 条協議会の事務所は 滋賀県草津市集町 58 番地の8に置く ( 目的 ) 第 3 条協議会は 地域住民が主体となって地域共通の願いの実現ならびに課題の解決やまちづくりの構想 計画の策定など 人びとが住み続けたいと願うまちづくりのための諸事業を行い

More information

第 6 条徳島大学に, 附属図書館を置く ( 病院 ) 第 7 条徳島大学に, 医学, 歯学及び薬学に関する教育研究並びに診療に必要な施設として, 病院を置く ( 附属教育研究施設 ) 第 8 条第 5 条, 第 5 条の 2 又は前条の組織に, 当該組織の教育研究に必要な附属教育研究施設を置く (

第 6 条徳島大学に, 附属図書館を置く ( 病院 ) 第 7 条徳島大学に, 医学, 歯学及び薬学に関する教育研究並びに診療に必要な施設として, 病院を置く ( 附属教育研究施設 ) 第 8 条第 5 条, 第 5 条の 2 又は前条の組織に, 当該組織の教育研究に必要な附属教育研究施設を置く ( 国立大学法人徳島大学規則平成 16 年 4 月 1 日規則第 1 号制定第 1 章総則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は, 国立大学法人法 ( 平成 15 年法律第 112 号 以下 国大法 という ) に基づき設立された国立大学法人徳島大学 ( 以下 本法人 という ) の組織及び運営等について, 基本となる事項を定める ( 名称 ) 第 2 条本法人は, 国立大学法人徳島大学と称する ( 事務所

More information

4 委員の任期は 2 年とする たた し 委員に欠員が生じた場合の後任の委員の任 期は 前任者の残任期間とする 5 委員は 再任を妨げない ( 委員長及び副委員長 ) 第 5 条委員会に委員長を置き 委員のうちから互選する 2 委員長は 委員会を招集し その議長となる 3 委員会に副委員長を置き 委

4 委員の任期は 2 年とする たた し 委員に欠員が生じた場合の後任の委員の任 期は 前任者の残任期間とする 5 委員は 再任を妨げない ( 委員長及び副委員長 ) 第 5 条委員会に委員長を置き 委員のうちから互選する 2 委員長は 委員会を招集し その議長となる 3 委員会に副委員長を置き 委 日本美容外科学会 (JSAPS) 認定再生医療等委員会業務規程 第 1 章認定再生医療等委員会 ( 設置 ) 第 1 条日本美容外科学会 (JSAPS)( 以下 本学会 という ) に 再生医療等の 安全性の確保等に関する法律 ( 平成 25 年法律第 85 号 以下 法 という ) に定 める第三種再生医療等提供計画のみに係る審査等業務を行う委員会として 日本美容 外科学会 (JSAPS) 認定再生医療等委員会

More information

<4D F736F F D204E45444F D E836782C982A882AF82E9926D8DE0837D836C AEE967B95FB906A91E63494C BD90AC E398C8E323593FA89FC92F9816A>

<4D F736F F D204E45444F D E836782C982A882AF82E9926D8DE0837D836C AEE967B95FB906A91E63494C BD90AC E398C8E323593FA89FC92F9816A> 2 7 度新エネイノ第 0 9 1 8 0 0 7 号平成 2 7 年 9 月 2 5 日国立研究開発法人新エネルキ ー 産業技術総合開発機構技術戦略研究センター イノヘ ーション推進部 NEDO プロジェクトにおける知財マネジメント基本方針 日本版バイ ドール制度の目的 ( 知的財産権の受託者帰属を通じて研究活動を活性化し その成果を事業活動において効率的に活用すること ) 及びプロジェクトの目的を達成するため

More information

( 様式第 6) 病院の管理及び運営に関する諸記録の閲覧方法に関する書類 病院の管理及び運営に関する諸記録の閲覧方法 計画 現状の別 1. 計画 2. 現状 閲 覧 責 任 者 氏 名 閲 覧 担 当 者 氏 名 閲覧の求めに応じる場所 閲覧の手続の概要 ( 注 ) 既に医療法施行規則第 9 条の

( 様式第 6) 病院の管理及び運営に関する諸記録の閲覧方法に関する書類 病院の管理及び運営に関する諸記録の閲覧方法 計画 現状の別 1. 計画 2. 現状 閲 覧 責 任 者 氏 名 閲 覧 担 当 者 氏 名 閲覧の求めに応じる場所 閲覧の手続の概要 ( 注 ) 既に医療法施行規則第 9 条の ( 様式第 6) 病院の管理及び運営に関する諸記録の閲覧方法に関する書類 病院の管理及び運営に関する諸記録の閲覧方法 計画 現状の別 1. 計画 2. 現状 閲 覧 責 任 者 氏 名 閲 覧 担 当 者 氏 名 閲覧の求めに応じる場所 閲覧の手続の概要 ( 注 ) 既に医療法施行規則第 9 条の 20 第 5 号の規定に合致する方法により記録を閲覧させている病院は現状について その他の病院は計画について記載することとし

More information

07体制届留意事項(就労継続支援A型)

07体制届留意事項(就労継続支援A型) 体制届 ( 一覧表及び別表等 ) の作成に係る留意事項について ( 就労継続支援 A 型 ) 1 概要 ( 主なもの ) 区分 届出 加算等 主なポイント 新設 平均労働時間区分 専ら通常の事業所に雇用されることが困難であって 適切な支援により雇用契約に基づく就労が困難であって 適切な支援により雇用契約に基づく就労が可能である者のうち65 歳未満のもの若しくは65 歳以上のもの (65 歳に達する前

More information

目次 問 1 労使合意による適用拡大とはどのようなものか 問 2 労使合意に必要となる働いている方々の 2 分の 1 以上の同意とは具体的にどのようなものか 問 3 事業主の合意は必要か 問 4 短時間労働者が 1 名でも社会保険の加入を希望した場合 合意に向けての労使の協議は必ず行う必要があるのか

目次 問 1 労使合意による適用拡大とはどのようなものか 問 2 労使合意に必要となる働いている方々の 2 分の 1 以上の同意とは具体的にどのようなものか 問 3 事業主の合意は必要か 問 4 短時間労働者が 1 名でも社会保険の加入を希望した場合 合意に向けての労使の協議は必ず行う必要があるのか 労使合意に基づく適用拡大 Q&A 集 目次 問 1 労使合意による適用拡大とはどのようなものか 問 2 労使合意に必要となる働いている方々の 2 分の 1 以上の同意とは具体的にどのようなものか 問 3 事業主の合意は必要か 問 4 短時間労働者が 1 名でも社会保険の加入を希望した場合 合意に向けての労使の協議は必ず行う必要があるのか 問 5 同意対象者から選ばれる過半数代表者になるための要件はあるのか

More information

治験審査委員会手順書 平成 27 年 10 月 1 日 医療法人新光会

治験審査委員会手順書 平成 27 年 10 月 1 日 医療法人新光会 治験審査委員会手順書 平成 27 年 10 月 1 日 医療法人新光会 第 1 条 ( 目的 ) 1. 本手順書は 新光会治験審査委員会 ( 以下 委員会という ) において 医薬品及び医療機器 ( 以下 医薬品等という ) の治験の調査審議を実施するに当たり 薬事法 ( 昭和 35 年 8 月 10 日法律第 145 号 ) に基づく 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令 ( 平成 9 年 3

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E937891E F18BB38EF689EF8B638E968A E646F6378>

<4D F736F F D2095BD90AC E937891E F18BB38EF689EF8B638E968A E646F6378> 平成 29 年度第 10 回医学研究院教授会 医学部教授会議事概要 Ⅰ. 日時平成 30 年 2 月 13 日 ( 火 ) 15 時 30 分 ~17 時 06 分 Ⅱ. 場所医学部 3 階会議室 Ⅲ. 議事要旨の確認平成 29 年度第 9 回医学研究院教授会 医学部教授会 (1 月 9 日開催 ), 平成 29 年度第 1 回医学研究院臨時教授会 医学部臨時教授会 (2 月 5 日開催 ) の議事要旨が確認された

More information

さいたま市立常盤小学校PTA会則(案)

さいたま市立常盤小学校PTA会則(案) さいたま市立常盤小学校 第 1 章総 則 第 1 条 ( 名称と事務局 ) 本会は さいたま市立常盤小学校 PTA と称し 事務局を同校内に置く 第 2 条 ( 組 第 3 条 ( 目 織 ) 本会は さいたま市立常盤小学校児童の保護者と教職員をもって組織する 的 ) 本会は さいたま市立常盤小学校の保護者と教職員との協力及び 地域との連携により 児童の健やかな成長を助け 教育の充実に寄与し 併せて会員の研修と親睦を図ることを目的とする

More information

(3) 倫理学 法律学の専門家等 本法人に所属しない人文 社会科学の有識者若干名 (4) 一般の立場から意見を述べることができる者若干名 (5) 分子生物学 細胞生物学 遺伝学 臨床薬理学 病理学等の専門家若しくは遺伝子治療等臨床研究の対象となる疾患に係る臨床医として 日本医科大学長が推薦した者若干

(3) 倫理学 法律学の専門家等 本法人に所属しない人文 社会科学の有識者若干名 (4) 一般の立場から意見を述べることができる者若干名 (5) 分子生物学 細胞生物学 遺伝学 臨床薬理学 病理学等の専門家若しくは遺伝子治療等臨床研究の対象となる疾患に係る臨床医として 日本医科大学長が推薦した者若干 学校法人日本医科大学中央倫理委員会規程 ( 平成 28 年 1 月 1 日規程第 3 号 ) ( 目的 ) 第 1 条この規程は 医の倫理に関するヘルシンキ宣言の趣旨を尊重し 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針 ヒトゲノム 遺伝子解析研究に関する倫理指針 遺伝子治療臨床研究に関する指針 ヒト受精胚の作成を行う生殖補助医療研究に関する倫理指針 等 国等が示した関係法令及び関係指針 ( 以下すべて併せて

More information

総会の記録 午後 2 時 10 分 横山課長は平成 29 年農業委員会総会の成立について次のとおり 報告した ただ今から 平成 29 年安城市農業委員会総会を開催するにあたり 総会成立の報告をさせていだきます 本日の総会出席委員数 14 名 従いまして 農業委員会等に関する法律第 27 条第 3 項

総会の記録 午後 2 時 10 分 横山課長は平成 29 年農業委員会総会の成立について次のとおり 報告した ただ今から 平成 29 年安城市農業委員会総会を開催するにあたり 総会成立の報告をさせていだきます 本日の総会出席委員数 14 名 従いまして 農業委員会等に関する法律第 27 条第 3 項 日 時 安城市農業委員会議事録 ( 総会 ) 平成 29 年 7 月 20 日 ( 木 ) 開会午後 2 時 10 分閉会午後 3 時 00 分 会場第 10 会議室 委員会を構成 する委員数 法第 8 条による委員数 法第 18 条による委員数 14 名 28 名 出席委員数 法第 8 条による委員数 法第 18 条による委員数 14 名 28 名 欠席委員 なし 仮議長 黒柳幹保委員 議長 農業委員会長杉浦英彦

More information

個人情報保護法と 行政機関個人情報保護法の 改正点概要

個人情報保護法と 行政機関個人情報保護法の 改正点概要 個人情報保護法と行政機関個人情報保護法の改正点概要 弁護士 水町雅子 個人情報保護の動向 平成 17 年個人情報保護法全面施行 平成 27 年改正個人情報保護法成立 平成 28 年改正行政機関個人情報保護法成立 平成 29 年 5 月 30 日改正個人情報保護法全面施行 個人情報保護条例はどうするか ( 参考 ) 総務省地方公共団体が保有するパーソナルデータに関する検討会 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihoukoukyou_person

More information

第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この業務規程は 工業所有権に関する手続等の特例に関する法律 ( 平成 2 年法律第 30 号 以下 法 という ) 第 39 条において準用する同法第 22 条第 1 項の規定に基づき 調査業務の実施に関し必要な事項を定めることを目的とする ( 調査業務実施の

第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この業務規程は 工業所有権に関する手続等の特例に関する法律 ( 平成 2 年法律第 30 号 以下 法 という ) 第 39 条において準用する同法第 22 条第 1 項の規定に基づき 調査業務の実施に関し必要な事項を定めることを目的とする ( 調査業務実施の (H24.09) 注 : 本業務規程 ( 例 ) は 工業所有権に関する手続等の特例に関する法律 第三十九条において準用する第二十二条に基づき作成されたものです 業務規程 ( 例 ) 区分 1~39 平成 年 月 登録調査機関 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この業務規程は 工業所有権に関する手続等の特例に関する法律 ( 平成 2 年法律第 30 号 以下 法 という ) 第 39 条において準用する同法第

More information

< F2D92E88ABC82CC8B4C8DDA8E968D808B7982D18B408AD690DD8C76>

< F2D92E88ABC82CC8B4C8DDA8E968D808B7982D18B408AD690DD8C76> 平成 22 年 2 月 2 日版 一般社団法人 一般財団法人の定款の記載事項 1 必要的記載事項 ( 絶対的記載事項 ) 目的 ( 法人が行う事業 ) 名称 主たる事務所の所在地 社員の資格の得喪に関する規定 一般社団法人 評議員の選任及び解任の方法 一般財団法人 公告方法 事業年度 新設一般社団法人 設立時社員の氏名又は名称及び住所( 特例社団法人が任意に記載することは可 ) 新設一般財団法人 設立者の氏名又は名称及び住所(

More information

How to Select a Representative

How to Select a Representative JAPANESE(JA) 審議会代表議員の選出方法 目次 ( クリックすると該当項目に移動します ) 審議会代表議員資格代表議員の任務言語能力代表議員の選出 特別な状況選出の期限国際ロータリーへの氏名の提出代表議員の交替 2017-2020 年審議会周期の予定表 審議会代表議員 各地区は 2017 年 7 月 1 日 ~2020 年 6 月 30 日までの任期を務める 決議審議会と規定審議会の代表議員

More information

untitled

untitled 資料 1 道路行政マネジメントを実践する栃木県会議 設立趣意書 平成 17 年 11 月 16 日 1. 設立の趣意道路行政に対するニーズは 標準品の大量供給から 国民の選択に基づく良質なサービスの提供へと変化してきており 行政スタイルもこれに見合った形に変えていくことが必要となっています 今後は 道路の現状などを示す分かりやすいデータや指標を公表し 幅広く県民の意見を聞きながら 施策を進めることが重要と考えています

More information

Microsoft Word - teikan

Microsoft Word - teikan 一般財団法人加根又奨学会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は, 一般財団法人加根又奨学会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は, 主たる事務所を鹿児島県鹿児島市に置く 第 2 章 目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は, 鹿児島県内に生活の本拠を有する者の子弟で, 学業及び人物が優れているにもかかわらず, 経済的理由により修学が困難な学生又は生徒のうち, 鹿児島県内に本社を置く企業に働く意思を持っている者に対して奨学援助を行い,

More information

- 2 - 項五その他本会の目的を達成するために必要な事項(役員)第五条本会に次の役員を置く 会長一名副会長七名以内理事七名監事三名(役員の任期)第六条役員の任期は 二年とする ただし 任期満了後も 新役員が選任されるまでの間は 引き続きその職務を行うものとする 2補欠により選任された役員の任期は

- 2 - 項五その他本会の目的を達成するために必要な事項(役員)第五条本会に次の役員を置く 会長一名副会長七名以内理事七名監事三名(役員の任期)第六条役員の任期は 二年とする ただし 任期満了後も 新役員が選任されるまでの間は 引き続きその職務を行うものとする 2補欠により選任された役員の任期は - 1 - 全国知事会規約昭二二 一〇制定(名称)第一条本会は 全国知事会という (組織)第二条本会は 全国の都道府県知事をもって組織する (目的)第三条本会は 各都道府県間の連絡提携を緊密にして 地方自治の円滑な運営と進展を図ることを目的とする (事業)第四条本会は 前条の目的を達成するため 次の事業を行う 一各都道府県の事務に関する連絡調整に関する事項二地方自治の推進を図るための必要な施策の立案及び推進に関する事項三国と地方の協議の場に関する法律に基づいて行う

More information

1.日本家族社会学会会則_ 施行

1.日本家族社会学会会則_ 施行 日本家族社会学会会則 第 1 章総則第 1 条 ( 名称 ) 本会は, 日本家族社会学会と称する 第 2 条 ( 目的 ) 本会は, 社会学を中心とし, 広く隣接科学との交流のもとに家族研究の発展を目指すことを目的とする 第 3 条 ( 事業 ) 本会は, 前条の目的を達成するために次の事業を行なう 1. 機関誌, ニュースレター及びその他の出版物の発行 2. 学会大会及びセミナー等の開催 3. 家族調査及び関連する研究活動の実施

More information

<4D F736F F D2094F18FED8BCE904588F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2094F18FED8BCE904588F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 国立大学法人大阪教育大学非常勤職員の育児休業等に関する規程 ( 目的 ) 第 1 条この規程は, 国立大学法人大阪教育大学非常勤職員就業規則 ( 以下 非常勤職員就業規則 という ) 第 36 条の2の規定に基づき, 国立大学法人大阪教育大学に勤務する非常勤職員の育児休業等に関する制度を設けて, 子を養育する非常勤職員の継続的な勤務の促進を図り, もって非常勤職員の職業生活と家庭生活との両立に寄与することを通じて,

More information