Microsoft PowerPoint - ep_cpp04.ppt

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - ep_cpp04.ppt"

Transcription

1 C++ による 画像処理プログラミング - 第 4 回 - 情報科学研究科視覚情報メディア講座 佐藤智和 version 1.0

2 今回説明すること 前回の課題の解答 バグを防ぐためのC++ の記述方法 const メモリリークのチェック (new, delete, malloc, free)

3 課題 1 の解答例 unsigned char getrgbintensity::crgbimage( int x, int y, int color_offset ) { return image_data[(x+y*width)*3+color_offset]; void setrgbintensity::crgbimage( int x, inty, intcolor_offset, intv ) { image_data[(x+y*width)*3+color_offset]=v; void copypixel::crgbimage_operator( Cimage *input, Cimage *output, int from_x, int from_y, int to_x, int to_y ) { output->setintensity(to_x, to_y, 0, input->getintensity( from_x, from_y, 0 ) ); output->setintensity(to_x, to_y, 1, input->getintensity( from_x, from_y, 1 ) ); output->setintensity(to_x, to_y, 2, input->getintensity( from_x, from_y, 2 ) );

4 課題 2 の解答例 int main() { // クラスのポインタを定義 CRGBimage *input_image, *mosaic_image, *mosaic_resized, *mirror_image, *resize_image, *trimm_image; // 画像処理用クラスを定義 CRGBimage_operator image_operator; // 入力画像用のクラスの実体を作成 input_image=new CRGBimage(); // 画像を読み込み input_image->loadimage( "./test.ppm" ); // 画像出力用のクラスの実体を作成 resize_image=new CRGBimage(); mosaic_image=new CRGBimage(); mosaic_resized=new CRGBimage(); mirror_image=new CRGBimage(); trimm_image=new CRGBimage(); // 各種画像処理の実行 image_operator.resize( input_image, resize_image, 0.1 ); image_operator.mosaic( input_image, mosaic_image, 10 ); image_operator.resize( mosaic_image, mosaic_resized, 0.5 ); image_operator.horizonalmirror( resize_image, mirror_image ); image_operator.trimming( input_image, trimm_image, 280, 350, 410, 450 ); // 画像の保存 resize_image->saveimage( "./resize.ppm" ); mosaic_resized->saveimage( "./mosaic.ppm" ); mirror_image->saveimage( "./mirror.ppm" ); trimm_image->saveimage( "./trimming.ppm" ); // 作成したクラスの実体を破棄 delete input_image; delete resize_image; delete mosaic_image; delete mosaic_resized; delete mirror_image; delete trimm_image; return 0;

5 const について const とは 関数の引数の前につける修飾子で その引数が関数内で変更されない ( できない ) ことを保障する // コンソールにテキストを出力する関数 void print_text( const char *string ) { // コンソールにテキストを出力 cout << string; // 配列を改変しようとする悪いコード string[0]=0; ここでコンパイルエラーとなる // メイン関数 int main() { char *test= It is test. ; print_text( test ); print_text( test );

6 他関数への const 変数の引渡し 特定の関数で const を引数の修飾子として記述した場合には その関数内で const でない型に変換することはできず const 引数をとらない関数にデータをそのまま渡すことはできない // 別の関数 void test_func( char *test ) { test[0]=0; //test の中身を改変 // コンソールにテキストを出力する関数 void print_text( const char *string ) { // コンソールにテキストを出力 cout << string; test_func( string ); ここでコンパイルエラーとなるため char *temp; temp=strdup( string ); test_func( temp ); free( temp ); 等とするか test_func の引数に const を付ける必要がある

7 クラスにおける const クラスのメンバ関数がメンバ変数を変更しないことを保障するために const を付ける // 画像オペレータクラス ( グレースケール用 ) class Cimage_operator { virtual void copypixel( const Cimage *input, Cimage *output, int from_x, int from_y, int to_x, int to_y ){ output->setintensity(to_x, to_y, input->getintensity( from_x, from_y ) ); public: void resize( const Cimage *input, Cimage *output, int new_width, int new_height ); void resize( Cimage *input, Cimage *output, float scale ); void horizonalmirror( Cimage *input, Cimage *output ) void trimming( Cimage *input, Cimage *output, int left, int top, int right, int bottom ); void mosaic( Cimage *input, Cimage *output, int scale ); ; ただし 関数内でクラスのポインタから呼ばれるメンバ関数 getintensity が メンバ変数を書き換えないことを保障するために getintensity の定義も以下のように変更する必要がある unsigned char Cimage::getIntensity( int x, int y ) const { return image_data[x+y*width]; メンバ変数を書き換えないことを保障する

8 メモリリークを防ぐテクニック - メモリリークとは? - c++ では new, delete を多様するが delete を忘れるとメモリが開放されず 最終的にはメモリが確保できない状態になり異常終了する 例 // コンソールにテキストを出力する関数 void image_test() { Cimage *input, *output; Cimage_operator op; input = new Cimage(); input > load(./test.ppm ); output = new Cimage(); op.resize( input, output, 0.5 ); delete input; // メイン関数 int main() { for (i=0 ; i<1000 ; i++ ) image_test(); delete output を忘れているため test.ppm の画像サイズ分のメモリ領域が開放されない

9 メモリリークを防ぐテクニック - クラスの解放忘れのチェック - コンストラクタ デストラクタにグローバルなカウンタをつけるだけで プログラム中で何回メモリ開放忘れが発生したか確認できる int number_of_cimage_instance=0; // カウンタをグローバル変数として作成 class Cimage { public: Cimage() : width(0), height(0), image_data(null), max_intensity(255) { number_of_cimage_instance++; ~Cimage( ){ number_of_cimage_instance--; static void printundeletedinstances() { cout<< number_of_cimage_instance << instances are still remained. << endl; クラスのインスタンス無しに呼ばれるメンバ関数には static をつけておく int main() { // 各処理の最後に以下の構文でチェック関数を呼ぶ Cimage::printUndeletedInstances(); return 0;

10 メモリリークを防ぐテクニック - malloc 解放忘れのチェック - malloc, free をカプセル化するクラス Cmemory を自作する Cmemory クラスの基本構造の例 class Cmemory { int counter; public: Cmemory() : counter(0) { ~Cimage(){ void *_malloc( int size, char *source_file, int line ) { counter++; return malloc( size ); void _free( void *buffer ) { counter--; free( buffer ); 確保したアドレスの情報や 呼び出し元のファイル名 ( FILE ), ライン ( LINE ) 等を引数にし リスト化して保存しておけば どこで確保したものが開放されていないかまで特定できる また 既に開放ずみのものを再度開放していないかどうか確認することも拡張次第で可能となる

11 前回の課題 提出者リスト 以上 45 名 提出したのに自分の学籍番号がない人は連絡してください

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 総機 1 ( 月 1) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2015-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容 説明 呼び出し元の変数を書き換える第 9 回 文字列を渡す 配列を渡す 第 10 回 ファイルポインタ

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 12 回目クラス 今日の講義で学ぶ内容 クラスとは クラスの宣言と利用 クラスの応用 クラス クラスとは 異なる複数の型の変数を内部にもつ型です 直観的に表現すると int 型や double 型は 1 1 つの値を管理できます int 型の変数 配列型は 2 5 8 6 3 7 同じ型の複数の変数を管理できます 配列型の変数 ( 配列変数 ) クラスは double

More information

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 基幹 7 ( 水 5) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2016-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容呼び出し元の変数を書き換える文字列を渡す 配列を渡すファイルポインタ複数の値を返す大きな領域を確保する

More information

Java言語 第1回

Java言語 第1回 Java 言語 第 2 回簡単な Java プログラムの作成と実行 知的情報システム工学科 久保川淳司 kubokawa@me.it-hiroshima.ac.jp 簡単な Java プログラム Java プログラムのファイル名 Java プログラムのファイル名命名ルール ファイル名とクラス名は同じでなければならない HelloJava.java public class HelloJava { public

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅱ 3 回目クラスの機能 (1) アクセス制限 オーバーロード課題 確認 問題次の各文は正しいか誤っているか答えなさい (1) クラスの private メンバは そのクラスからのみアクセス可能なメンバである (2) 一般に クラスのフィールドはどこからでもアクセスできるように public メンバで宣言すべきである (3) クラスは private メンバと public

More information

プログラミング基礎I(再)

プログラミング基礎I(再) 山元進 クラスとは クラスの宣言 オブジェクトの作成 クラスのメンバー フィールド 変数 配列 メソッド メソッドとは メソッドの引数 戻り値 変数の型を拡張したもの 例えば車のデータベース 車のメーカー 車種 登録番号などのデータ データベースの操作 ( 新規データのボタンなど ) プログラムで使う部品の仕様書 そのクラスのオブジェクトを作ると初めて部品になる 継承 などの仕組みにより カスタマイズが安全

More information

Microsoft PowerPoint - chap10_OOP.ppt

Microsoft PowerPoint - chap10_OOP.ppt プログラミング講義 Chapter 10: オブジェクト指向プログラミング (Object-Oriented Programming=OOP) の入り口の入り口の入り口 秋山英三 F1027 1 例 : 部屋のデータを扱う // Test.java の内容 public class Test { public static void main(string[] args) { double length1,

More information

design_pattern.key

design_pattern.key #include void init(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] = i; void mul10(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] *= 10; void dispary(int* ary, int size)

More information

Java知識テスト問題

Java知識テスト問題 Java 知識テスト SDAS プログラマ(Java 編 ) 運営事務局 このテストは J2EE プログラマとしての Java の知識を評価するものです 問題は 30 問, テスト時間は J2EE 知識テストとあわせて 90 分です 問題は全て択一式です 選択肢から 1 つだけ選択してください 資料の閲覧は禁止です テストが終わり次第 答案用紙を提出していただいてかまいません テスト終了後, 本テストの内容を他の方に話さないでください

More information

Microsoft PowerPoint ppt

Microsoft PowerPoint ppt 基礎演習 3 C 言語の基礎 (5) 第 05 回 (20 年 07 月 07 日 ) メモリとポインタの概念 ビットとバイト 計算機内部では データは2 進数で保存している 計算機は メモリにデータを蓄えている bit 1bit 0 もしくは 1 のどちらかを保存 byte 1byte 1bitが8つ集まっている byte が メモリの基本単位として使用される メモリとアドレス メモリは 1byte

More information

第2回講義

第2回講義 オブジェクト指向概論 第 2 講 クラスとカプセル化 立命館大学 情報理工学部 黄宏軒 1 オブジェクト指向の重要な概念 n クラス q 同じようなオブジェクトを まとめて 考える n 継承 ( インヘリタンス ) q 複数のクラスの 共通部分をまとめる n ポリモーフィズム ( 多態性 ) q 呼び出す側を 共通化 する n 複雑なものを簡単に 2 2.1 クラスとは何か n 類似のオブジェクトを

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ソフトウェア演習 B GUI を持つ Java プログラムの 設計と実装 4.1 例題 :GUI を持った電卓を作ろう プロジェクトCalculator パッケージ名 :example ソースファイル : Calculator.java GUI.java EventProcessor.java 2 4.2 GUI とイベント処理 GUI の構成 :Swing GUI の場合 フレーム JFrame:

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12) 第 12 回 (7/9) 4. いくつかのトピック (5)main 関数の引数を利用したファイル処理 main 関数は, 起動する環境から引数を受け取ることができる 例えば 次に示すように,main 関数に引数を用いたプログラムを作成する 01 /* sample */ 02 /* main 関数の引数 */ 03 #include 04 05 main(int argc, char

More information

2 1,384,000 2,000,000 1,296,211 1,793,925 38,000 54,500 27,804 43,187 41,000 60,000 31,776 49,017 8,781 18,663 25,000 35,300 3 4 5 6 1,296,211 1,793,925 27,804 43,187 1,275,648 1,753,306 29,387 43,025

More information

目 次 Java GUI 3 1 概要 クラス構成 ソースコード例 課題...7 i

目 次 Java GUI 3 1 概要 クラス構成 ソースコード例 課題...7 i Java GUI 3 Java GUI 3 - サンプルプログラム (1) - 2011-09-25 Version 1.00 K. Yanai 目 次 Java GUI 3 1 概要...1 2 クラス構成...2 3 ソースコード例...3 4 課題...7 i 1 概要まずは簡単なサンプルプログラムをみながら Java GUI の基本的なことを学びましょう 本サンプルは 図に示すようなひとつのメイン画面を使用します

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ファイルの入出力 芝浦工業大学情報工学科 青木義満 今回の講義内容 ファイル入出力 ファイルからのデータ読込み ファイルと配列 2 1 ファイルへのデータ書き込み ( 復習 ) ソースファイル名 :fileio1.c データをファイルに書き込み #include int main(void) { ファイルポインタ宣言 int student_id = 100; char name[

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅱ 6 回目継承課題 確認 問題次の各文は正しいか誤っているか答えなさい (1) 新しいクラスを宣言するとき既存のクラスを利用することはできない (2) 新しいクラスが既存のクラスのメンバーを受け継ぐことを継承という (3) クラスの拡張における既存のクラスをサブクラスという (4) サブクラスからスーパークラスの private メンバーをアクセスすることはできない (5)

More information

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String 目次 1.SqlCtl クラスリファレンス 2 (1)Connect() メソッド 2 (2)DisConnect() メソッド 3 (3)Commit() メソッド 3 (4)Rollback() メソッド 4 2.SqlStm クラスリファレンス 5 (1)Prepare() メソッド 5 (2)Execute() メソッド 6 (3)Release() メソッド 6 (4)Immediate()

More information

コンピュータ中級B ~Javaプログラミング~ 第3回 コンピュータと情報をやりとりするには?

コンピュータ中級B ~Javaプログラミング~  第3回 コンピュータと情報をやりとりするには? Copyright (C) Junko Shirogane, Waseda University 2016, All rights reserved. 1 プログラミング初級 (Java) 第 10 回オブジェクト指向って? 白銀純子 Copyright (C) Junko Shirogane, Waseda University 2016, All rights reserved. 2 第 10

More information

プログラムの基本構成

プログラムの基本構成 Java 入門 この 2 回 ( 今回と次回 ) が勝負だ! プログラムは自転車の練習と同じだ! 今日の予定先ず プログラムの構造を学び (p.2~6) jcpad でプログラム ( 計算機実習室 ) 戻ってきてプログラムの解読手書きプログラムを TA にみてもらい OK の出た人は計算機実習室でプログラム作成し実行実行結果を TA がチェックして帰り プログラムの基本構成 Step1: 入力 Step2:

More information

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63>

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63> C 言語講座第 3 回 キャスト ( 型変換 ) 強制的に式の型を変換する ( 変換したい型名 ) 変換元で記述する int num_a = 10, num_b = 3; float result1, result2; // 結果格納用 // 計算用 result1 = num_a / num_b; // 通常のint/int 割り算 result2 = (float)num_a / num_b;//

More information

AquesTalk Win Manual

AquesTalk Win Manual AquesTalk Win マニュアル 株式会社アクエスト http://www.a-quest.com/ 1. 概要 本文書は 規則音声合成ライブラリ AquesTalk をアプリケーションに組み込んで使用するためのプログラミングに関して 方法および注意点を示したものです AquesTalk には 2 種類のライブラリがあります 音声データをメモリ上に生成するものと サウンドデバイスに出力する 2

More information

4-3- 基 C++ に関する知識 オープンソースシステムのソースを解読する上で C++ の知識は必須であるといえる 本カリキュラムでは まずオブジェクト指向に関する Ⅰ. 概要理解を深め クラスの扱い方について学習し STL を使用してアルゴリズムとデータ構造を実装する方法を学習する Ⅱ. 対象専

4-3- 基 C++ に関する知識 オープンソースシステムのソースを解読する上で C++ の知識は必須であるといえる 本カリキュラムでは まずオブジェクト指向に関する Ⅰ. 概要理解を深め クラスの扱い方について学習し STL を使用してアルゴリズムとデータ構造を実装する方法を学習する Ⅱ. 対象専 4-3- 基 C++ に関する知識 1 4-3- 基 C++ に関する知識 オープンソースシステムのソースを解読する上で C++ の知識は必須であるといえる 本カリキュラムでは まずオブジェクト指向に関する Ⅰ. 概要理解を深め クラスの扱い方について学習し STL を使用してアルゴリズムとデータ構造を実装する方法を学習する Ⅱ. 対象専門分野職種共通 Ⅲ. 受講対象者 本カリキュラムの 4-2-

More information

Microsoft PowerPoint - 14th.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 14th.ppt [互換モード] 工学部 6 7 8 9 10 組 ( 奇数学籍番号 ) 担当 : 長谷川英之 情報処理演習 第 14 回 2011 年 1 月 20 日 1 今日のテーマ ファイル入出力 ですが, キーボード入力などもおさらいします 2 標準入力 キーボードで入力 : 標準入力という例 )scanf( %d,&i) 前回までの講義でファイルからデータを読み込む場合に使用した関数 : fscanf 例 )fscanf(fin,

More information

Prog2_10th

Prog2_10th 2013 年 11 月 28 日 ( 木 ) 実施 ファイル操作とディレクトリ操作今回の授業では,Java 言語でのファイル操作とディレクトリ操作とについて学習する ファイル操作ファイル操作は,C 言語プログラミングで学んだように, 次の順序で行う 1) ストリームを開く 2) ストリームからの入力, ストリームへの出力 3) ストリームを閉じる Java 言語では, ファイル操作に関係するクラスが複数用意されている

More information

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( "data.t

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( data.t C++ 1 C C++ C++ C C C++ 1.1 C printf() scanf() C++ C 1-1 #include int a; scanf( "%d", &a ); printf( "a = %d\n", a ); C++ 1-2 int a; std::cin >> a; std::cout

More information

C#の基本

C#の基本 C# の基本 ~ 開発環境の使い方 ~ C# とは プログラミング言語のひとつであり C C++ Java 等に並ぶ代表的な言語の一つである 容易に GUI( グラフィックやボタンとの連携ができる ) プログラミングが可能である メモリ管理等の煩雑な操作が必要なく 比較的初心者向きの言語である C# の利点 C C++ に比べて メモリ管理が必要ない GUIが作りやすい Javaに比べて コードの制限が少ない

More information

書式に示すように表示したい文字列をダブルクォーテーション (") の間に書けば良い ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は 文字列リテラル と呼ばれる プログラム中では以下のように用いる プログラム例 1 printf(" 情報処理基礎 "); printf("c 言語の練習 "); printf

書式に示すように表示したい文字列をダブルクォーテーション () の間に書けば良い ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は 文字列リテラル と呼ばれる プログラム中では以下のように用いる プログラム例 1 printf( 情報処理基礎 ); printf(c 言語の練習 ); printf 情報処理基礎 C 言語についてプログラミング言語は 1950 年以前の機械語 アセンブリ言語 ( アセンブラ ) の開発を始めとして 現在までに非常に多くの言語が開発 発表された 情報処理基礎で習う C 言語は 1972 年にアメリカの AT&T ベル研究所でオペレーションシステムである UNIX を作成するために開発された C 言語は現在使われている多数のプログラミング言語に大きな影響を与えている

More information

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << "a = " << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >>

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << a =  << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >> 1 C++ 1.1 C C++ C++ C C C++ 1.1.1 C printf() scanf() C++ C hello world printf() 1-1 #include printf( "hello world\n" ); C++ 1-2 std::cout

More information

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l C/C++ 2007 6 18 1 C STL(1) 2 1.1............................................... 2 1.2 stdio................................................ 3 1.3.......................................... 10 2 11 2.1 sizeof......................................

More information

Sort-of-List-Map(A)

Sort-of-List-Map(A) Java オブジェクト集合のソートとラムダ式の初歩 山本富士男 2016-4-23 この資料は Java での コレクション Coections と ジェネリクス Generics に関してさらに深く学ぶためのものです 以下の事項を学びます レポート課題が 5 ページの末尾にあります 名称のない内部クラスである 匿名クラス を使う 一般のオブジェクトの集合 (List や Map など ) を何らかの基準でソートする

More information

プログラミング入門1

プログラミング入門1 プログラミング入門 1 第 3 回 条件分岐 授業開始前に ログオンして待機して ください Java 1 第 3 回 2 不要ファイルの掃除 前回デスクトップにファイルをダウンロードした場合 次のものを削除してください week02.zip デスクトップにファイルを置きすぎると コンピュータをシャットダウンできなくなります Java 1 第 3 回 3 授業を始めます 前回の課題は うまくできましたか?

More information

Microsoft PowerPoint - prog04.ppt

Microsoft PowerPoint - prog04.ppt プログラミング言語 2 第 04 回 (2007 年 05 月 14 日 ) 今日の配布物 片面の用紙 1 枚 今日の課題が書かれています 本日の出欠を兼ねています 1 今日やること http://www.tnlab.ice.uec.ac.jp/~s-okubo/class/language/ にアクセスすると 教材があります 2007 年 05 月 14 日分と書いてある部分が 本日の教材です 本日の内容

More information

自己紹介 湯浅陽一 1999 年より Linux kernel 開発に参加 MIPS アーキテクチャのいくつかの CPU へ Linux kernel を移植

自己紹介 湯浅陽一 1999 年より Linux kernel 開発に参加 MIPS アーキテクチャのいくつかの CPU へ Linux kernel を移植 Kprobes による Embedded Linux kernel 動的解析手法 Yoichi Yuasa OSAKA NDS Embedded Linux Cross Forum #3 自己紹介 湯浅陽一 1999 年より Linux kernel 開発に参加 MIPS アーキテクチャのいくつかの CPU へ Linux kernel を移植 Kprobes とは Linux kernel デバッグ機能の一つ

More information

プログラミング演習 土曜日(Q組)

プログラミング演習 土曜日(Q組) プログラミング演習 土曜日 (Q 組 ) 主なテーマ 標準入出力とファイル処理 (8 章 ) 1 ストリームの概念 8.1 標準入出力 (C++) C++ では データの入出力を ストリーム という概念で操作する ストリームはデータを入出力処理し また 入出力に伴う 状態 を設定 / 保持する 例 : 現在 ファイルの何文字目を読み書きしているか などの情報 論理デバイス 物理デバイス 入力ストリーム

More information

IT プロジェクト

IT プロジェクト オブジェクト指向設計による卓球 ゲームの試作 (2) 劉少英 情報科学部コンピュータ科学科 Email:sliu@hosei.ac.jp ホームページ : http://cis.k.hosei.ac.jp/~sliu/ 講義内容 1. 卓球ボールをテーブルの上に移動させる 2. 関連しているクラスにメソッドを加える 3. プログラムの文書化技術 1. 卓球ボールをテーブルの上に 移動させる 8 9

More information

プログラミング入門1

プログラミング入門1 プログラミング入門 2 第 4 回クラスとインスタンス (2) クラスとインスタンスの詳細 テーマ : クラスとインスタンス (2) インスタンス生成とその利用 ( 詳細 ) インスタンス ( 実体 ) と参照 メソッドの参照呼び インスタンスを生成するメソッド インスタンスを要素に持つ配列 本日の主な題材 2 つの MyCircle 変数にインスタンスを代入して インスタンスフィールドを変更してみよ

More information

また 初期化について 以下のサンプルコードのように指定すれば 定義時に値を代入できます * オマケ配列は同名で複数個の箱を用意出来ます 同名ではありますが それぞれは別々の個体であるわけです また この複数個の変数は メモリ上に連続で確保されます 2. 文字と文字列 C 言語では文字と文字列は異なる

また 初期化について 以下のサンプルコードのように指定すれば 定義時に値を代入できます * オマケ配列は同名で複数個の箱を用意出来ます 同名ではありますが それぞれは別々の個体であるわけです また この複数個の変数は メモリ上に連続で確保されます 2. 文字と文字列 C 言語では文字と文字列は異なる 第 4 回 C 言語講座 1. 配列についていままで 変数は1 個ずつ指定してました が 同名で たくさん必要なときもあるかもしれませんね 例えば 複数人の点数だけを格納するときとか このときは 配列が便利なわけです それぞれを添字によって区別しながら扱えるという便利なものです というわけで サンプルコード %.2lf で小数点以下 2 桁表示を示しています定義時は個数を指定します が その後は []

More information

1/8 ページ Java 基礎文法最速マスター Java Javaの文法一覧です 他の言語をある程度知っている人はこれを読めばJavaの基礎をマスターしてJavaを書くことができるようになっています 簡易リファレンスとしても利用できると思いますので これは足りないと思うものがあれば教えてください 1. 基礎 class の作成プログラムはclassに記述します たとえばSampleという名前のclassを作る場合

More information

JEB Plugin 開発チュートリアル 第3回

JEB Plugin 開発チュートリアル 第3回 Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center 電子署名者 : Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center DN : c=jp, st=tokyo, l=chiyoda-ku, email=office@jpcert.or.jp, o=japan Computer

More information

コンパイラ演習 第 7 回

コンパイラ演習 第 7 回 コンパイラ演習 第 7 回 (2010/11/18) 秋山茂樹池尻拓朗前田俊行鈴木友博渡邊裕貴潮田資秀小酒井隆広山下諒蔵佐藤春旗大山恵弘佐藤秀明住井英二郎 今日の内容 Type Polymorphism ( 型多相性 ) の実現について Polymorphism 大きく分けて 3 種類ある Parametric polymorphism Subtyping polymorphism Ad-hoc polymorphism

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 3 回目変数 今日の講義で学ぶ内容 変数とは 変数の使い方 キーボード入力の仕方 変 数 変 数 一時的に値を記憶させておく機能です 変数は 型 ( データ型ともいいます ) と識別子をもちます 2 型 変数に記憶できる値の種類です型は 値の種類に応じて次の 8 種類があり これを基本型といいます 基本型値の種類値の範囲または例 boolean 真偽値 true または

More information

AquesTalk2 Win マニュアル

AquesTalk2 Win マニュアル 株式会社 AQUEST http://www.a-quest.com/ AquesTalk2 Win Manual 1. 概要 本文書は 規則音声合成ライブラリ AquesTalk2 Win をアプリケーションに組み込んで使用するためのプログラミングに関しての方法および注意点を示したものです AquesTalk2 は 簡単に小型機器への組み込みが出来る音声合成ミドルウェアです このライブラリを用いることで

More information

Microsoft PowerPoint ppt

Microsoft PowerPoint ppt 独習 Java 第 3 版 13.9 Applet クラス 13.10 AppletContext インターフェイス 13.11 イメージの使用 Applet クラス 右の図は Applet クラスのスーパークラスの継承関係を示す 上の 4 つのクラスから Applet クラスに状態と動作が継承される java.lang.object Java.awt.Component java.awt.container

More information

UIOUSBCOM.DLLコマンドリファレンス

UIOUSBCOM.DLLコマンドリファレンス UIOUSBCOM.DLL UIOUSBCOM.DLL Command Reference Rev A.1.0 2008/11/24 オールブルーシステム (All Blue System) ウェブページ : www.allbluesystem.com コンタクト :contact@allbluesystem.com 1 このマニュアルについて...3 1.1 著作権および登録商標...3 1.2

More information

プログラミング入門1

プログラミング入門1 プログラミング入門 1 第 4 回 繰り返し (for ループ ) 授業開始前に ログオンして待機して ください Java 1 第 4 回 2 不要ファイルの掃除 前回デスクトップにファイルをダウンロードした場合 次のものを削除してください week03.zip デスクトップにファイルを置きすぎると コンピュータをシャットダウンできなくなります Java 1 第 4 回 3 授業を始めます 前回の課題は

More information

次に示す数値の並びを昇順にソートするものとする このソートでは配列の末尾側から操作を行っていく まず 末尾の数値 9 と 8 に着目する 昇順にソートするので この値を交換すると以下の数値の並びになる 次に末尾側から 2 番目と 3 番目の 1

次に示す数値の並びを昇順にソートするものとする このソートでは配列の末尾側から操作を行っていく まず 末尾の数値 9 と 8 に着目する 昇順にソートするので この値を交換すると以下の数値の並びになる 次に末尾側から 2 番目と 3 番目の 1 4. ソート ( 教科書 p.205-p.273) 整列すなわちソートは アプリケーションを作成する際には良く使われる基本的な操作であり 今までに数多くのソートのアルゴリズムが考えられてきた 今回はこれらソートのアルゴリズムについて学習していく ソートとはソートとは与えられたデータの集合をキーとなる項目の値の大小関係に基づき 一定の順序で並べ替える操作である ソートには図 1 に示すように キーの値の小さいデータを先頭に並べる

More information

プログラミング演習3 - Cプログラミング -

プログラミング演習3 - Cプログラミング - プログラミング 演 習 3 - 集 中 講 義 版 - 2 日 目 資 料 & 課 題 花 泉 弘 この 回 の 目 標 1. 画 像 ファイルの 構 造 を 知 る 2. 画 像 ファイル(バイナリファイル)を 読 み 込 む 読 み 込 みには1 日 目 に 作 成 したreadcharline( ) を 使 用 します 3. 画 像 を 作 成 して 出 力 する 4. 読 み 込 んだ 画

More information

< F2D82518E9F8AD CC95BD8D7388DA93AE2E6A7464>

< F2D82518E9F8AD CC95BD8D7388DA93AE2E6A7464> 2 次関数のグラフの平行移動 [Java アプレット ] [Java アプリケーション ] 1. はじめに 2 2 y=ax のグラフとy=a(x-b) +c のグラフは 位置は違うけれど 形も広がりも全く同じです 2 2 y=a(x-b) +c のグラフは y=ax のグラフをx 軸方向に ( 右方向に ) +b y 軸方向に ( 上方向に ) +c だけ平行移動したものです 2 シミュレーションソフト

More information

Microsoft PowerPoint - java13bb.ppt

Microsoft PowerPoint - java13bb.ppt 平 成 25 年 度 静 岡 県 立 大 学 公 開 講 座 Javaで 学 ぶプログラミング 基 礎 第 1 回 Java 言 語 の 概 要 第 2 回 Javaプログラミングの 基 礎 第 3 回 コンソール アプリケーション 作 成 第 4 回 Androidアプリケーション 作 成 JavaとJava 仮 想 マシン Javaとは Sun Microsystems によって 開 発 された

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11) 第 11 回 (7/2) 4. いくつかのトピック (1) ビットごとの演算子 C 言語には, 次のようなビット単位で演算を行う特別な演算子が用意されている & ビットごとの AND ビットごとの OR ^ ビットごとの XOR( 排他的論理和 ) ~ 1 の補数これらの演算子は文字型と整数型で機能し, 浮動小数点数型では使用できない AND, OR, XOR は, それぞれのオペランドの対応するビットを比較して結果を返す

More information

< F2D82518E9F8AD CC834F CC8CFC82AB82C68D4C>

< F2D82518E9F8AD CC834F CC8CFC82AB82C68D4C> 2 次関数のグラフの向きと広がり [Java アプレット ] [Java アプリケーション ] 1. はじめに 2 2 y=ax のグラフについて x の係数 aが正のときと負のときでは グラフにどのような違いがあるでしょうか 2 2 y=ax のグラフについて x の係数 aが正のとき 係数 aの値が大きくなるにつれて グラフの広がりはどうなるでしょうか 2 2 y=ax のグラフについて x の係数

More information

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御 プログラミング及び演習 第 12 回大規模プログラミング (2015/07/11) 講義担当情報連携統轄本部情報戦略室大学院情報科学研究科メディア科学専攻教授森健策 本日の講義 演習の内容 大きなプログラムを作る 教科書第 12 章 make の解説 プログラミングプロジェクト どんどんと進めてください 講義 演習ホームページ http://www.newves.org/~mori/15programming

More information

長崎大学大学院生産科学研究科(博士前期課程)

長崎大学大学院生産科学研究科(博士前期課程) 問 1 次の文は 問題の把握からプログラムの完成までのプログラミング過程 を 5 段階に分けて示したものである 下記の [a.]~[x.] に当てはまる語句を記入せよ (ⅰ) 問題の把握と対策 : 何が問題か その問題を解決するにはどのようなシステムで対処するのかを考え, 全体を見渡して人手や機械で処理し部分と, 計算機で処理する部分とを明らかにする (ⅱ) プログラミングの設計 : フローチャートを用いてシステムの開発工程を管理することを考えると,

More information

Taro-cshプログラミングの応用.jt

Taro-cshプログラミングの応用.jt c s h プログラミングの応用 0. 目次 1. 課題 課題 1 : 与えられたパス名からディレクトリ名とファイル名を分離し出力せよ 課題 2 : オプション (-in) の後に続く文字列とオプション (-out) の後に続く文字列をそれぞれまとめる オプションの指定がなく文字列から始まるとき -in を仮定する 課題 3 : 複数のファイルから与えられたパターンとマッチする文字列を含む行を取り出せ

More information

試験問題に記載されている会社名又は製品名は, それぞれ各社の商標又は登録商標です なお, 試験問題では, 及び TM を明記していません

試験問題に記載されている会社名又は製品名は, それぞれ各社の商標又は登録商標です なお, 試験問題では, 及び TM を明記していません サンプル問題 Java TM プログラミング能力認定試験 3 級 解答時における注意事項 1. 次の表に従って解答してください 問題番号問 1~ 問 6 選択方法 試験時間 6 問必須 60 分 2.HB の黒鉛筆を使用してください 訂正の場合は, あとが残らないように消しゴムできれいに消し, 消しくずを残さないでください 3. 解答用紙の所定の欄に, 級種, 会場コード, 受験番号を記入しマークしてください

More information

目的 泡立ち法を例に Comparableインターフェイスの実装 抽象クラスの利用 型パラメタの利用 比較 入替 の回数を計測

目的 泡立ち法を例に Comparableインターフェイスの実装 抽象クラスの利用 型パラメタの利用 比較 入替 の回数を計測 泡立ち法とその実装 計算機アルゴリズム特論 :2017 年度只木進一 目的 泡立ち法を例に Comparableインターフェイスの実装 抽象クラスの利用 型パラメタの利用 比較 入替 の回数を計測 Comparable インターフェイ ス クラスインスタンスが比較可能であることを示す Int compareto() メソッドを実装 Integer Double String などには実装済み public

More information

プログラミング入門1

プログラミング入門1 プログラミング入門 1 第 7 回 メソッド (1) 授業開始前に自己点検 前回までの必須課題はすべてできていますか 前回までの学習項目であいまいな所はありませんか 他人による評価でなく 自身による評価ができるということが自立するということです 自立なしには大学での勉学は成り立ちません Java 1 第 7 回 2 前回のテーマ switch 文 主に break 文とともに 条件分岐のもうひとつのやり方

More information

108 頁通過テスト 2. の本文 111 頁紹介文 136 頁練習 5-1 プログラム 136 頁練習 5-1 問 2 末尾に句点追加 158 頁練習問題文 161 頁練習 2-2 コメント文 166 頁練習 3-1 問 1 クラス名を挿入 178 頁通過テスト 3 文字 s を削除 180 頁コ

108 頁通過テスト 2. の本文 111 頁紹介文 136 頁練習 5-1 プログラム 136 頁練習 5-1 問 2 末尾に句点追加 158 頁練習問題文 161 頁練習 2-2 コメント文 166 頁練習 3-1 問 1 クラス名を挿入 178 頁通過テスト 3 文字 s を削除 180 頁コ 第 1 刷用正誤表 17 頁例題 Exec.java のコメント文 20 頁例題 Exec.java のコメント文 21 頁解説 21 頁本文のコメント文 34 頁練習 1-1 のコメント文 48 頁プログラム先頭行の引数名 52 頁練習 4-2 本文 57 頁まとめカプセル化の3 行目 60 頁通過テストの2のプログラム5 行目 62 頁ヒントの4 行目および SPD の下から3 行目 63 頁説明文

More information

// このクラスの有効期間中の各呼び出しに使用される キャッシュされた Socket オブジェクト Socket socket = null; // 非同期処理が完了したことを通知するために信号を送るオブジェクト static ManualResetEvent clientdone = new Ma

// このクラスの有効期間中の各呼び出しに使用される キャッシュされた Socket オブジェクト Socket socket = null; // 非同期処理が完了したことを通知するために信号を送るオブジェクト static ManualResetEvent clientdone = new Ma HOW DO I ソケットで通信を行うには ここでは以下の手順で説明します ソケットクライアントを作成するデータを送信するデータを受信するソケットクライアントを使用する ソケットクライアントを作成する 1. このコンテンツのサポートファイルの Start フォルダから "UDPClient" プロジェクトを開きます 2. クライアントを動作させるため コンピューターで簡易 TCP/IP サービスを有効にする必要があります

More information

Microsoft PowerPoint - H22プログラミング第一(E)#12

Microsoft PowerPoint - H22プログラミング第一(E)#12 平成 22 年 7 月 20 日 ( 火 ) 担当 : 秋山 泰 7 月 20 日 修正 プログラミング第一 (E) 第 12 回 メモリの動的割り当て - malloc( ), calloc( ), realloc( ) - free ( ), メモリリーク データ構造の動的割当て - 要素 1 つごとの動的割当て - 大きな単位でまとめた動的割当て 補足補足 main( ) の引数 : argc,

More information

目次 目次... 1 はじめに... 3 マイコンシミュレータのデバッグ機能... 3 スタートアップコマンドファイル... 5 シミュレータコマンド ( マクロ ) 例... 6 I/O 制御等で外的要因待ちをしている場合 ( その1)... 6 I/O 制御等で外的要因待ちをしている場合 ( そ

目次 目次... 1 はじめに... 3 マイコンシミュレータのデバッグ機能... 3 スタートアップコマンドファイル... 5 シミュレータコマンド ( マクロ ) 例... 6 I/O 制御等で外的要因待ちをしている場合 ( その1)... 6 I/O 制御等で外的要因待ちをしている場合 ( そ マクロ ( シミュレータコマンド ) の使い方 2017 年 05 月 11 日第 1.4.3 版 - 1 - 目次 目次... 1 はじめに... 3 マイコンシミュレータのデバッグ機能... 3 スタートアップコマンドファイル... 5 シミュレータコマンド ( マクロ ) 例... 6 I/O 制御等で外的要因待ちをしている場合 ( その1)... 6 I/O 制御等で外的要因待ちをしている場合

More information

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ C プログラミング演習 1( 再 ) 7 講義では C プログラミングの基本を学び演習では 実践的なプログラミングを通して学ぶ 今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に

More information

Microsoft Word - keisankigairon.ch doc

Microsoft Word - keisankigairon.ch doc 1000000100001010 1000001000001011 0100001100010010 1010001100001100 load %r1,10 load %r2,11 add %r3,%r1,%r2 store %r3,12 k = i + j ; = > (* 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10) 3628800 DO 3 I=1,3 DO3I=1.3 DO3I 1.3

More information

C-programming_kouza4(2007)

C-programming_kouza4(2007) ゲーム制作制作のための C 言語講座 言語講座 ~ 第 4 回 ~ 2007/08/29 29 みなさん お久しぶりです 10 日間以上の休みの間にプログラミングは組みましたか?10 日間の中であまり質問が無かったので 多分みんな大丈夫だと思っていてもいいのでしょうか? 今回のやる部分は初心者が一番挫折するところです ( 正直 この部分を無視しても一応ゲームは作れるため 使わずにプログラムを組む人も結構いたりしますが

More information

リンク バンドル コマンド

リンク バンドル コマンド リンク バンドル コマンド リンク バンドルは 1 つ以上のポートを集約したグループで 1 つのリンクとして扱われます この章では リンク バンドルで QoS に使用するコマンドについて説明します リンク バンド ル 関連する概念 および設定作業の詳細については Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Modular Quality of

More information

マクロ(シミュレータコマンド)の使い方

マクロ(シミュレータコマンド)の使い方 マクロ ( シミュレータコマンド ) の使い方 2014 年 11 月 04 日第 1.4.0 版 - 1 - 目次 目次... 1 はじめに... 3 マイコンシミュレータのデバッグ機能... 3 スタートアップコマンドファイル... 5 シミュレータコマンド ( マクロ ) 例... 6 I/O 制御等で外的要因待ちをしている場合 ( その1)... 6 I/O 制御等で外的要因待ちをしている場合

More information

WebGL Safari WebGL WebGL Safari Kageyama (Kobe Univ.) / 5

WebGL Safari WebGL WebGL   Safari Kageyama (Kobe Univ.) / 5 04 1 2015.05.12 Kageyama (Kobe Univ.) 2015.05.12 1 / 55 WebGL Safari WebGL WebGL http://www.khronos.org/webgl/ http://www.khronos.org/webgl/wiki/demo_repository Safari Kageyama (Kobe Univ.) 2015.05.12

More information

プログラミング基礎I(再)

プログラミング基礎I(再) 山 元 進 1 度 は 講 義 を 受 けたことを 念 頭 に 置 いて 講 義 遠 慮 なく 質 問 せよ 質 問 で 授 業 を 止 めたくないならば TA の 人 を 呼 んで 質 問 すると 良 い 前 期 講 義 の 欠 席 者 は 特 に 注 意 せよ 4 限 座 学 +5 限 演 習 出 席 をとる( 前 期 同 様 のシステム) 中 間 試 験 を 行 う 期 末 試 験 の 範 囲

More information

目次 研究目的 背景システム開発について実験および評価結論

目次 研究目的 背景システム開発について実験および評価結論 Swift 言語を用いた関数型プログラミングの学習支援環境 宮城大学事業構想学研究科博士前期課程情報デザイン領域青木唯一 指導教員 須栗裕樹 目次 研究目的 背景システム開発について実験および評価結論 研究背景 関数型言語とは 関数 を組み合わせてプログラミングを行う言語 ( 関数型プログラミングを行うに適した仕様の言語 ) 関数 = 数学的な意味での関数 参照透過性があり 副作用がない 参照透過性

More information

VDM-SL ISO.VDM++ VDM-SL VDM- RT VDM++ VDM,.VDM, [5]. VDM VDM++.,,, [7]., VDM++.,., [7] VDM++.,,,,,,,.,,, VDM VDMTools OvertureTo

VDM-SL ISO.VDM++ VDM-SL VDM- RT VDM++ VDM,.VDM, [5]. VDM VDM++.,,, [7]., VDM++.,., [7] VDM++.,,,,,,,.,,, VDM VDMTools OvertureTo KAOS 1 1 1 1 1,.,. ( ). KAOS VDM++.,.,,, 1. 1.1,, [1].,,, [2].,, [3]. 1.2 ( ),, [3] KAOS, VDM++, KAOS VDM++ 1 Kyushu University, KAOS,, KAOS, KAOS, VDM++., 1.3 2,., 3, KAOS VDM++. 4, 3,. 5 2. 2.1,,,,,

More information

Microsoft PowerPoint - object.ppt

Microsoft PowerPoint - object.ppt 知能情報処理北海道大学情報工学科 AI プログラミング Java とオブジェクト指向プログラミングの基礎 知能情報処理 の授業では, 人工知能のさまざまなアルゴリズムを学ぶことになるが, 可能ならばそれを実際のプログラミング言語で実装してみることが大事である. しかし, この授業では, 時間の関係でそこまで扱うことができないので, 興味のある人が将来, 自立的に実装できるように, 最小限のプログラミングの知識を今回の授業で学ぶ.

More information

課題

課題 float xball;// 円の中心の X 座標 float yball; // 円の中心の Y 座標 float rball; // 円の半径 color cball; // 円の色 // 円を移動させる void updateball(){ yball -= 1; if(yball+rball< 0){ yball = height+rball; // 円を描く void drawball(){

More information

C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf ("sum=%d n",sum); 2

C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf (sum=%d n,sum); 2 アセンブラ (Z80) の例 ORG 100H LD B,10 SUB A LOOP: ADD A,B DEC B JR NZ,LOOP LD (SUM),A HALT ORG 200H SUM: DEFS 1 END 1 C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i

More information

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c C/C++ 007 6 11 1 CUI 1.1....................................... 1................................ 3 1.3 argc argv................................. 5.1.............................................. 5...............................................

More information

スライド 1

スライド 1 1 システムコールフックを使用した攻撃検出 株式会社フォティーンフォティー技術研究所 http://www.fourteenforty.jp 取締役技術担当金居良治 2 お題目 System Call について System Call Protection System Call Hook 考察 3 System Call とは? ユーザアプリケーションからカーネルのサービスルーチンを呼び出す Disk

More information

untitled

untitled H8/300,H8S,H8SX [H8S,H8/300 Tool Chain Ver6.2.0.0] #define Inline static inline //************************************************** Inline char sil_and_mem(char *mem,char and) return (*((volatile

More information

PHP プログラムからの利用 (i5_connect) <html> <head><title> シンプルな PHP</title></head> <body> DBCS 漢字 / 半角かなをパラメータで i5 に渡す場合には i5 への接続時にこの記述が必要 <?php $conn = i5_co

PHP プログラムからの利用 (i5_connect) <html> <head><title> シンプルな PHP</title></head> <body> DBCS 漢字 / 半角かなをパラメータで i5 に渡す場合には i5 への接続時にこの記述が必要 <?php $conn = i5_co PHP プログラムからの利用 i5_connect 関数でユーザセッションを確立 i5_* 関数で任意の API を実行 i5_close 関数でユーザセッションを切断 PHP プログラムから i5/os のサービスにアクセスするためには i5/os に登録されているユーザ名とパスワードによる認証を行い ユーザセッションを確立する必要があります resource i5_connect (string

More information

10K pdf

10K pdf #1 #2 Java class Circle { double x; // x double y; // y double radius; // void set(double tx, double ty){ x = tx; y = ty; void set(double tx, double ty, double r) { x = tx; y = ty; radius = r; // Circle

More information

Programming-C-3.key

Programming-C-3.key プログラミングC 第3回 Stringクラス (クラスライブラリの使い方) インスタン スの配列 白石路雄 Player public class Player{ private String name; private int hp; private Sword sword; name hp Player 2 public class Player{...

More information

第9回 配列(array)型の変数

第9回 配列(array)型の変数 第 12 回 配列型の変数 情報処理演習 ( テキスト : 第 4 章, 第 8 章 ) 今日の内容 1. 配列の必要性 2. 配列の宣言 3. 配列変数のイメージ 4. 配列変数を使用した例 5. 範囲を超えた添字を使うと? 6. 多次元配列変数 7. 多次元配列変数を使用した例 8. データのソーティング 9. 今日の練習問題 多数のデータ処理 1. 配列の必要性 ( テキスト 31 ページ )

More information

2009 1. 2. 3. 4. 5. 2 2009 CONTENTS 4 6 8 TOPIC 01 10 TOPIC 02 11 TOPIC 03 12 TOPIC 04 14 TOPIC 05 15 TOPIC 06 15 TOPIC 07 16 18 18 19 20 21 22 22 22 23 24 25 26 27 27 27 28 29 30 TOPIC 08 16 TOPIC 09

More information

Assignment_.java 0 Assignment_.java 課題 : 台形の面積 / class Assignment_ public static void main(string[] args) throws IOException キーボード準備 int top, bottom,

Assignment_.java 0 Assignment_.java 課題 : 台形の面積 / class Assignment_ public static void main(string[] args) throws IOException キーボード準備 int top, bottom, Assignment_.java Assignment_.java 課題 : 三角形の面積 / class Assignment_ public static void main(string[] args) throws IOException キーボード準備 0 int base, height; 三角形の底辺の長さと高さ double area; 面積 底辺の長さと高さの入力 System.out.println("

More information

Java言語 第1回

Java言語 第1回 Java 言語 第 11 回ウインドウ型アプリケーション (2) 知的情報システム工学科 久保川淳司 kubokawa@me.it-hiroshima.ac.jp メニュー (1) メニューを組み込むときには,MenuBar オブジェクトに Menu オブジェクトを登録し, その Menu オブジェクトに MenuItem オブジェクトを登録する 2 つの Menu オブジェクト File New

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 記 号 実 行 を 用 いた テストデータ 自 動 生 成 の 試 行 評 価 株 式 会 社 デンソー 電 子 技 術 3 部 榎 本 秀 美 e-mail:hidemi_enomoto@denso.co.jp 目 次 1 / 19 1. 背 景 2. 単 体 テストの 問 題 点 3. 対 策 案 の 検 討 4. 評 価 内 容 5. 評 価 結 果 6. まとめ [ 参 考 ]CREST デンソーの

More information

お知らせ

お知らせ 続 デザインパターン入門 1. はじめに 前回 デザインパターンとは何か? を学びました なんか難しそう とか エラい人 のためのものでしょ? って思う人も多いかもしれませんが 実はそんなことないですよ ー という話もしましたね デザインパターンとは プログラムのお手本集 であり 実は知らず知らずのうちに使っ ているもの オブジェクト指向の話そのもののパターンもある といったお話もしました また コーディングの経験不足を補うもの

More information

Javaによるアルゴリズムとデータ構造

Javaによるアルゴリズムとデータ構造 1 algorithm List 1-1 a, b, c List 1-1 // import java.util.scanner; class Max3 { public static void main(string[] args) { Scanner stdin = new Scanner(System.in); int a, b, c; int max; // Chap01/Max3.java

More information

スライド 1

スライド 1 RX ファミリ用コンパイラスタートアップの紹介 ルネサスエレクトロニクス株式会社ルネサス半導体トレーニングセンター 2013/08/02 Rev. 1.00 00000-A コンテンツ スタートアップの概要 スタートアッププログラム例 外部メモリを利用する場合の設定 2 スタートアップの概要 3 処理の流れとファイル構成例 パワーオン リセット Fixed_Vectors ( 固定ベクタテーブル )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション プロシージャ プロシージャの種類 Subプロシージャ Functionプロシージャ Propertyプロシージャ Sub プロシージャ Subステートメント~ステートメントで囲まれる 実行はするけど 値は返さない 途中で抜けたいときは Exit Sub を行なう Public Sub はマクロの実行候補に表示される Sub プロシージャの例 Public Sub TestSubProc() Call

More information

Microsoft Word - DT-5100Lib_Manual_DotNet.doc

Microsoft Word - DT-5100Lib_Manual_DotNet.doc CASSIOPEIA DT-5100 シリーズ.NET ライブラリマニュアル 概要編 Ver 3.00 変更履歴 No Revision 更新日項改訂内容 1 1.00 03/1/20 初版初版発行 2 3.00 05/03/15 3 カシオライブラリマニュアル (.NET) 開発マニュアルの 1~4 をひとまとめ にしました 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

More information

API 連携方式 外部 DLL の呼び出し宣言 外部 DLL の呼び出し宣言のサンプルコード (Microsoft Visual C#.NET の場合 ) プログラムコードの先頭で using System.Runtime.InteropServices; が必要 クラスの内部に以下のような外部 D

API 連携方式 外部 DLL の呼び出し宣言 外部 DLL の呼び出し宣言のサンプルコード (Microsoft Visual C#.NET の場合 ) プログラムコードの先頭で using System.Runtime.InteropServices; が必要 クラスの内部に以下のような外部 D GS1-128 の描画 DLL について (ver. 2.2) 動作環境など動作環境 WindowsXP Windows Vista Windows7 Windows8/8.1 Windows10 上記 OS について すべて日本語版を対象としております 32bit アプリケーションから呼び出される必要があります 使用条件 プリンタの解像度 300dpi 以上 機能 バーコードの基本幅を 1 ドット単位で指定できる

More information

AquesTalk2 Win マニュアル&ライセンス規定

AquesTalk2 Win マニュアル&ライセンス規定 AQUEST Corp. http://www.a-quest.com/ AquesTalk2 Win 版 Manual & Licence 規定 1. 概要 本文書は 規則音声合成ライブラリ AquesTalk2 Win 版をアプリケーションに組み込んで使用するためのプログラミングに関しての方法および注意点および ライセンスに関して示したものです AquesTalk2 は AquesTalk の後継として開発されました

More information

北米アジャイル界デビュー fkinoからは 何も聞いてませんでした これまでに書いたもの Web 2.0 ビギナーズバイブル エンジニアマインド vol.5 開発の現場 vol.011 Dave 達人 Thomasも云ってたよ http://jp.rubyist.net/rubykaigi2007/?c=plugin;plugin=attach_download;p=program0610;file_name=the_island_of_ruby_j.pdf

More information

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) 3 5 14 18 21 23 23 24 28 29 29 31 32 34 35 35 36 38 40 44 44 45 46 49 49 50 pref : 2004/6/5 (11:8) 50 51 52 54 55 56 57 58 59 60 61

More information

Kageyama (Kobe Univ.) / 36

Kageyama (Kobe Univ.) / 36 DrawArrays DrawElements 05 1 2015.05.19 Kageyama (Kobe Univ.) 2015.05.19 1 / 36 Kageyama (Kobe Univ.) 2015.05.19 2 / 36 Kageyama (Kobe Univ.) 2015.05.19 3 / 36 Web アプリ HTML + CSS + JavaScript + シェーダソースコード

More information