design_pattern.key

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "design_pattern.key"

Transcription

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10 #include <iostream> void init(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] = i; void mul10(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] *= 10; void dispary(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) std::cout << ary[i] << std::endl; int main(void) const int LENGTH = 10; int array[length]; init(array, LENGTH); dispary(array, LENGTH); mul10(array, LENGTH); dispary(array, LENGTH); #include <iostream> class ArrayProcessor public: void doprocess(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) proc(ary[i], i); protected: // この関数をオーバーライドすることで派生クラスによって処理を切り替えることができる virtual void proc(int& element, int index) = 0; ; class ArrayInitializer : public ArrayProcessor protected: void proc(int& element, int index) element = index; ; class ArrayMultiplier : public ArrayProcessor protected: void proc(int& element, int index) element *= 10; ; class ArrayDisplay : public ArrayProcessor protected: void proc(int& element, int index) std::cout << element << std::endl; ; // 派生クラスの型に合わせてdoProcessの処理が変化 void proc(arrayprocessor& proc, int* ary, int size) proc.doprocess(ary, size); // main int main(void) const int LENGTH = 10; int array[length]; ArrayInitializer init; ArrayDisplay ArrayMultiplier ArrayDetailDisplay dis; multi; del; proc(init, array, LENGTH); proc(dis, array, LENGTH); proc(multi, array, LENGTH); proc(del, array, LENGTH); return 0;

11

12

13

14

15

16

17

18 #include <iostream> class Prop public: void propcalc(int* ary, int size) for (int i = 0 ; i<size ; i++) calc(ary[i], i); protected: // この関数をオーバーライドすることで派生クラスによって処理を切り替えることができる virtual void calc(int& element, int index) = 0; ; // ここから派生クラスで実装して使用するときは基底クラスから呼び出す class PropInitializer : public Prop protected: void calc(int& element, int index) element = index; ; class PointSource : public Prop protected: void calc(int& element, int index) element *= 10; ; class WallSource : public Prop protected: void calc(int& element, int index) element *= 100; ; class PropGet : public Prop protected: void calc(int& element, int index) std::cout << element << std::endl; ; // 派生クラスの型に合わせて propcalc の処理が変化 void propagetor(prop& obj_prop, int* ary, int size) obj_prop.propcalc(ary, size); // main int main(void) const int LENGTH = 10; int array[length]; PropInitializer init; PropGet get; WallSource wall; PointSource point; propagetor(init, array, LENGTH); propagetor(wall, array, LENGTH); propagetor(get, array, LENGTH); propagetor(init, array, LENGTH); propagetor(point, array, LENGTH); propagetor(get, array, LENGTH); return 0;

19 #include <iostream> class Prop public: void propcalc(int* ary, int size) for (int i = 0 ; i<size ; i++) calc_src(ary[i], i); protected: // この関数をオーバーライドすることで派生クラスによって処理を切り替えることができる virtual void calc_src(int& element, int index) = 0; ; // ここから派生クラスで実装して使用するときは基底クラスから呼び出す class PropInitializer : public Prop ; class PointSource : public Prop protected: void calc_src(int& element, int index) std::cout<<"calc point src" << std::endl; element *= 10; ; class WallSource : public Prop protected: void calc_src(int& element, int index) std::cout<<"calc wall src" << std::endl; element *= 100; ; // context class によってインターフェイス (Prop) にアクセス class Context public: // コンストラクタ \ \ Context(Prop* obj_prop, int size) obj_prop_ = obj_prop; size_ = size; array_ = new int[size_](); // デストラクタ ~Context() delete [] array_; free (obj_prop_;) void init() for (int i =0 ; i< size_ ;i ++) array_[i] = i; void PropGet() for(int i =0; i<size_ ;i ++) std::cout << array_[i] << std::endl; void calc() obj_prop_->propcalc(array_,size_); private: Prop* obj_prop_; int* array_; int size_; // 派生クラスの型に合わせて propcalc の処理が変化 ; // main int main(void) const int LENGTH = 10; Context* obj1 = new Context(new WallSource(),LENGTH); Context* obj2 = new Context(new PointSource(),LENGTH); obj1->init(); obj1->calc(); obj2->init(); obj2->calc(); obj1->propget(); obj2->propget(); return 0;

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29 #include <iostream> #include <string> /* Implemented interface. */ class AbstractInterface public: virtual void somefunctionality() = 0; ; /* Interface for internal implementation that Bridge uses. */ class ImplementationInterface public: virtual void anotherfunctionality() = 0; ; /* The Bridge */ class Bridge : public AbstractInterface protected: ImplementationInterface* implementation; public: Bridge(ImplementationInterface* backend) implementation = backend; ; class UseCase1 : public Bridge public: UseCase1(ImplementationInterface* backend) : Bridge(backend) void somefunctionality() std::cout << "UseCase1 on "; implementation->anotherfunctionality(); ; class UseCase2 : public Bridge public: UseCase2(ImplementationInterface* backend) : Bridge(backend) void somefunctionality() std::cout << "UseCase2 on "; implementation->anotherfunctionality(); ; /* Different special cases of the interface. */ /* Different background implementations. */ class Windows : public ImplementationInterface public: void anotherfunctionality() std::cout << "Windows :-" << std::endl; ; class Linux : public ImplementationInterface public: void anotherfunctionality() std::cout << "Linux :-)" << std::endl; ; int main() AbstractInterface *usecase = 0; ImplementationInterface *oswindows = new Windows; ImplementationInterface *oslinux = new Linux; /* First case */ usecase = new UseCase1(osWindows); usecase->somefunctionality(); usecase = new UseCase1(osLinux); usecase->somefunctionality(); /* Second case */ usecase = new UseCase2(osWindows); usecase->somefunctionality(); usecase = new UseCase2(osLinux); usecase->somefunctionality(); return 0; UseCase1 on Windows :- UseCase1 on Linux :-) UseCase2 on Windows :- UseCase2 on Linux :-)

30 #include <iostream> #include <string> /* Implemented interface. */ class AbstractInterface public: virtual void somefunctionality() = 0; ; /* Interface for internal implementation that Bridge uses. */ class ImplementationInterface public: virtual void anotherfunctionality() = 0; ; /* The Bridge */ class Bridge : public AbstractInterface protected: ImplementationInterface* implementation; public: Bridge(ImplementationInterface* backend) implementation = backend; ; /* Different special cases of the interface. */ class UseCase1 : public Bridge public: UseCase1(ImplementationInterface* backend) : Bridge(backend) void somefunctionality() std::cout << "UseCase1 on "; implementation->anotherfunctionality(); ; class UseCase2 : public Bridge /* Different background implementations. */ class Windows : public ImplementationInterface public: void anotherfunctionality() std::cout << "Windows :-" << std::endl; ; class Linux : public ImplementationInterface public: void anotherfunctionality() std::cout << "Linux :-)" << std::endl; ; int main() AbstractInterface *usecase = 0; ImplementationInterface *oswindows = new Windows; ImplementationInterface *oslinux = new Linux; /* First case */ usecase = new UseCase1(osWindows); usecase->somefunctionality(); usecase = new UseCase1(osLinux); usecase->somefunctionality(); /* Second case */ usecase = new UseCase2(osWindows); usecase->somefunctionality(); usecase = new UseCase2(osLinux); return 0; usecase->somefunctionality(); public: UseCase2(ImplementationInterface* backend) : Bridge(backend) void somefunctionality() std::cout << "UseCase2 on "; implementation->anotherfunctionality(); ;

31

32

33

34

35

36 #include <iostream> class Singleton public: // 唯一のアクセス経路 static Singleton* GetInstance() static Singleton instance; // 唯一のインスタンス return &instance; // あとは このクラス自身が必要なメンバを定義する private: // 生成やコピーを禁止する Singleton() Singleton(const Singleton& rhs); Singleton& operator=(const Singleton& rhs); ; int main() Singleton* obj1 = obj1->getinstance(); Singleton* obj2 = obj2->getinstance(); if(obj1==obj2) std::cout << "same instance"<<std::endl; return 0;

37

38

39

40

41 #include <cstring> #include <iostream> using namespace std; //Adaptee class Banner public : Banner(string str) this->string_ = str; void ShowWithParen() cout << string_.c_str() << endl; void ShowWithAster() cout << "*" << string_.c_str() << "*" << endl; private : string string_; ; //Target(interface) class Print public : virtual ~Print(); virtual void PrintWeak() = 0; virtual void PrintStrong() = 0; ; //Adapter class PrintBanner : public Print public : ~PrintBanner() delete banner_; PrintBanner(string str) banner_ = new Banner(str); void PrintWeak() banner_->showwithparen(); void PrintStrong() banner_->showwithaster(); private : Banner * banner_; ; int main() Print *p = new PrintBanner("Hello"); p->printweak(); p->printstrong(); delete p; getchar(); return 0;

42

43

44

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l C/C++ 2007 6 18 1 C STL(1) 2 1.1............................................... 2 1.2 stdio................................................ 3 1.3.......................................... 10 2 11 2.1 sizeof......................................

More information

Microsoft PowerPoint - ep_cpp04.ppt

Microsoft PowerPoint - ep_cpp04.ppt C++ による 画像処理プログラミング - 第 4 回 - 情報科学研究科視覚情報メディア講座 佐藤智和 tomoka-s@is.naist.jp version 1.0 今回説明すること 前回の課題の解答 バグを防ぐためのC++ の記述方法 const メモリリークのチェック (new, delete, malloc, free) 課題 1 の解答例 unsigned char getrgbintensity::crgbimage(

More information

Microsoft PowerPoint - chap10_OOP.ppt

Microsoft PowerPoint - chap10_OOP.ppt プログラミング講義 Chapter 10: オブジェクト指向プログラミング (Object-Oriented Programming=OOP) の入り口の入り口の入り口 秋山英三 F1027 1 例 : 部屋のデータを扱う // Test.java の内容 public class Test { public static void main(string[] args) { double length1,

More information

VB.NETコーディング標準

VB.NETコーディング標準 (C) Copyright 2002 Java ( ) VB.NET C# AS-IS extremeprogramming-jp@objectclub.esm.co.jp bata@gold.ocn.ne.jp Copyright (c) 2000,2001 Eiwa System Management, Inc. Object Club Kenji Hiranabe02/09/26 Copyright

More information

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c C/C++ 007 6 11 1 CUI 1.1....................................... 1................................ 3 1.3 argc argv................................. 5.1.............................................. 5...............................................

More information

1.3 ( ) ( ) C

1.3 ( ) ( ) C 1 1.1 (Data Base) (Container) C++ Java 1.2 1 1.3 ( ) ( ) 1. 2. 3. C++ 2 2.1 2.2 2.3 2 C Fortran C++ Java 3 3.1 (Vector) 1. 2. ( ) 3.2 3 3.3 C++ C++ STL C++ (Template) vector vector< > ; int arrayint vector

More information

北米アジャイル界デビュー fkinoからは 何も聞いてませんでした これまでに書いたもの Web 2.0 ビギナーズバイブル エンジニアマインド vol.5 開発の現場 vol.011 Dave 達人 Thomasも云ってたよ http://jp.rubyist.net/rubykaigi2007/?c=plugin;plugin=attach_download;p=program0610;file_name=the_island_of_ruby_j.pdf

More information

4-3- 基 C++ に関する知識 オープンソースシステムのソースを解読する上で C++ の知識は必須であるといえる 本カリキュラムでは まずオブジェクト指向に関する Ⅰ. 概要理解を深め クラスの扱い方について学習し STL を使用してアルゴリズムとデータ構造を実装する方法を学習する Ⅱ. 対象専

4-3- 基 C++ に関する知識 オープンソースシステムのソースを解読する上で C++ の知識は必須であるといえる 本カリキュラムでは まずオブジェクト指向に関する Ⅰ. 概要理解を深め クラスの扱い方について学習し STL を使用してアルゴリズムとデータ構造を実装する方法を学習する Ⅱ. 対象専 4-3- 基 C++ に関する知識 1 4-3- 基 C++ に関する知識 オープンソースシステムのソースを解読する上で C++ の知識は必須であるといえる 本カリキュラムでは まずオブジェクト指向に関する Ⅰ. 概要理解を深め クラスの扱い方について学習し STL を使用してアルゴリズムとデータ構造を実装する方法を学習する Ⅱ. 対象専門分野職種共通 Ⅲ. 受講対象者 本カリキュラムの 4-2-

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 12 回目クラス 今日の講義で学ぶ内容 クラスとは クラスの宣言と利用 クラスの応用 クラス クラスとは 異なる複数の型の変数を内部にもつ型です 直観的に表現すると int 型や double 型は 1 1 つの値を管理できます int 型の変数 配列型は 2 5 8 6 3 7 同じ型の複数の変数を管理できます 配列型の変数 ( 配列変数 ) クラスは double

More information

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) 3 5 14 18 21 23 23 24 28 29 29 31 32 34 35 35 36 38 40 44 44 45 46 49 49 50 pref : 2004/6/5 (11:8) 50 51 52 54 55 56 57 58 59 60 61

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅱ 3 回目クラスの機能 (1) アクセス制限 オーバーロード課題 確認 問題次の各文は正しいか誤っているか答えなさい (1) クラスの private メンバは そのクラスからのみアクセス可能なメンバである (2) 一般に クラスのフィールドはどこからでもアクセスできるように public メンバで宣言すべきである (3) クラスは private メンバと public

More information

- i - org.t_engine.tenet.core.coreerrormessageexception org.t_engine.tenet.core Class CoreErrorMessageException java.lang.object +-java.lang.throwable +-java.lang.exception +-org.t_engine.tenet.core.coreexception

More information

Microsoft PowerPoint - java13bb.ppt

Microsoft PowerPoint - java13bb.ppt 平 成 25 年 度 静 岡 県 立 大 学 公 開 講 座 Javaで 学 ぶプログラミング 基 礎 第 1 回 Java 言 語 の 概 要 第 2 回 Javaプログラミングの 基 礎 第 3 回 コンソール アプリケーション 作 成 第 4 回 Androidアプリケーション 作 成 JavaとJava 仮 想 マシン Javaとは Sun Microsystems によって 開 発 された

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation UML 2004 7 9 10 ... OOP UML 10 Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 2 1. 2. 3. 4. UML 5. Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 3 1..... Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights

More information

10K pdf

10K pdf #1 #2 Java class Circle { double x; // x double y; // y double radius; // void set(double tx, double ty){ x = tx; y = ty; void set(double tx, double ty, double r) { x = tx; y = ty; radius = r; // Circle

More information

OOCOBOL紹介

OOCOBOL紹介 ISO ANSI COBOL85 COBOL 1959 COBOL OOCOBOL 1 ... 1... 3.... 3. OOCOBOL... 4.1.... 4.2.... 5.3. IDENTIFICATION DIVISION... 7.4. ENVIRONMENT DIVISION.... 7.5. DATA DIVISION... 7.6. PROCEDURE DIVISION....

More information

class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value =

class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value = Part2-1-3 Java (*) (*).class Java public static final 1 class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value

More information

jssst07.dvi

jssst07.dvi 24 2007 1 Java A Method to Reduce the Memory Footprint of Java VM Kiyokuni KAWACHIYA Kazunori OGATA Tamiya ONODERA IBM Research, Tokyo Research Laboratory kawatiya@jp.ibm.com Java Java 30% String char

More information

プログラミング基礎I(再)

プログラミング基礎I(再) 山元進 クラスとは クラスの宣言 オブジェクトの作成 クラスのメンバー フィールド 変数 配列 メソッド メソッドとは メソッドの引数 戻り値 変数の型を拡張したもの 例えば車のデータベース 車のメーカー 車種 登録番号などのデータ データベースの操作 ( 新規データのボタンなど ) プログラムで使う部品の仕様書 そのクラスのオブジェクトを作ると初めて部品になる 継承 などの仕組みにより カスタマイズが安全

More information

Programming-C-3.key

Programming-C-3.key プログラミングC 第3回 Stringクラス (クラスライブラリの使い方) インスタン スの配列 白石路雄 Player public class Player{ private String name; private int hp; private Sword sword; name hp Player 2 public class Player{...

More information

コンパイラ演習 第 7 回

コンパイラ演習 第 7 回 コンパイラ演習 第 7 回 (2010/11/18) 秋山茂樹池尻拓朗前田俊行鈴木友博渡邊裕貴潮田資秀小酒井隆広山下諒蔵佐藤春旗大山恵弘佐藤秀明住井英二郎 今日の内容 Type Polymorphism ( 型多相性 ) の実現について Polymorphism 大きく分けて 3 種類ある Parametric polymorphism Subtyping polymorphism Ad-hoc polymorphism

More information

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String 目次 1.SqlCtl クラスリファレンス 2 (1)Connect() メソッド 2 (2)DisConnect() メソッド 3 (3)Commit() メソッド 3 (4)Rollback() メソッド 4 2.SqlStm クラスリファレンス 5 (1)Prepare() メソッド 5 (2)Execute() メソッド 6 (3)Release() メソッド 6 (4)Immediate()

More information

C V C 6 1 6.1.............................. 1 6.......................... 3 6.3..................... 5 6.4 NULL............................. 8 6.5......................... 9 6.6..............................

More information

目的 泡立ち法を例に Comparableインターフェイスの実装 抽象クラスの利用 型パラメタの利用 比較 入替 の回数を計測

目的 泡立ち法を例に Comparableインターフェイスの実装 抽象クラスの利用 型パラメタの利用 比較 入替 の回数を計測 泡立ち法とその実装 計算機アルゴリズム特論 :2017 年度只木進一 目的 泡立ち法を例に Comparableインターフェイスの実装 抽象クラスの利用 型パラメタの利用 比較 入替 の回数を計測 Comparable インターフェイ ス クラスインスタンスが比較可能であることを示す Int compareto() メソッドを実装 Integer Double String などには実装済み public

More information

ARC Automatic Reference Counting clang 新しいコンパイラ LLVMプロジェクト (http://llvm.org/) のコンパイラ C Objective-C C++ の効率的なコードを生成 オプションなどは gcc とほぼ共通 Apple社独自の拡張機能を実現 ARC ブロックオブジェクトなど ARCを利用するには clang が必須 コンパイルオプションに

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ソフトウェア演習 B GUI を持つ Java プログラムの 設計と実装 4.1 例題 :GUI を持った電卓を作ろう プロジェクトCalculator パッケージ名 :example ソースファイル : Calculator.java GUI.java EventProcessor.java 2 4.2 GUI とイベント処理 GUI の構成 :Swing GUI の場合 フレーム JFrame:

More information

HK05

HK05 コンピュータプログラミング B 補 助 教 材 (5) 2015.04 諸 注 意 課 題 レポートの 書 き 方 一 般 にこの 授 業 のレポートでは, まず 課 題 を 自 分 の 言 葉 で 再 現 し, ソースプログラム, 実 行 結 果, 考 察 ( 場 合 により 感 想 もあってよいです. なお 考 察 は 感 想 とは 意 味 が 全 く 違 います)という 構 成 で 書 くのがよいです.

More information

Java知識テスト問題

Java知識テスト問題 Java 知識テスト SDAS プログラマ(Java 編 ) 運営事務局 このテストは J2EE プログラマとしての Java の知識を評価するものです 問題は 30 問, テスト時間は J2EE 知識テストとあわせて 90 分です 問題は全て択一式です 選択肢から 1 つだけ選択してください 資料の閲覧は禁止です テストが終わり次第 答案用紙を提出していただいてかまいません テスト終了後, 本テストの内容を他の方に話さないでください

More information

226

226 226 227 Main ClientThread Request Channel WorkerThread Channel startworkers takerequest requestqueue threadpool WorkerThread channel run Request tostring execute name number ClientThread channel random

More information

Blackfin(ADSP-BF533)活用ハンドブック

Blackfin(ADSP-BF533)活用ハンドブック () 103 Column 5-A C: Program Files Analog Devices VisualDSP 3.5 16-Bit C: Program Files Analog Devices VisualDSP 4.0 104 ( ) ( ) ( ) Column 5-B () () 105 ( ) ( ) 106 ( ).vdu () http://www.analog.com/processors/processors/blackfin/crosscore/toolsupgrades/

More information

Java言語 第1回

Java言語 第1回 Java 言語 第 2 回簡単な Java プログラムの作成と実行 知的情報システム工学科 久保川淳司 kubokawa@me.it-hiroshima.ac.jp 簡単な Java プログラム Java プログラムのファイル名 Java プログラムのファイル名命名ルール ファイル名とクラス名は同じでなければならない HelloJava.java public class HelloJava { public

More information

1/8 ページ Java 基礎文法最速マスター Java Javaの文法一覧です 他の言語をある程度知っている人はこれを読めばJavaの基礎をマスターしてJavaを書くことができるようになっています 簡易リファレンスとしても利用できると思いますので これは足りないと思うものがあれば教えてください 1. 基礎 class の作成プログラムはclassに記述します たとえばSampleという名前のclassを作る場合

More information

アルゴリズムとデータ構造1

アルゴリズムとデータ構造1 1 200972 (sakai.keiichi@kochi sakai.keiichi@kochi-tech.ac.jp) http://www.info.kochi ://www.info.kochi-tech.ac.jp/k1sakai/lecture/alg/2009/index.html 29 20 32 14 24 30 48 7 19 21 31 Object public class

More information

(2 14 q q

(2 14 q q 2! 1 O INDEX 9 (2 14 q q 3) 1 1 q q 2920838 3,662 4,564 2,329 1,689 2,291 4,426 2,046 4,162 1,895 3,961 q q (4 q 925 10 7 1016 1023 1120 1030 q q q q q q 5) (6 PRISM Special 2003 7) q (8 1 1 1 1 1 1 1

More information

001 No.3/12 1 1 2 3 4 5 6 4 8 13 27 33 39 001 No.3/12 4 001 No.3/12 5 001 No.3/12 6 001 No.3/12 7 001 8 No.3/12 001 No.3/12 9 001 10 No.3/12 001 No.3/12 11 Index 1 2 3 14 18 21 001 No.3/12 14 001 No.3/12

More information

超初心者用

超初心者用 3 1999 10 13 1. 2. hello.c printf( Hello, world! n ); cc hello.c a.out./a.out Hello, world printf( Hello, world! n ); 2 Hello, world printf n printf 3. ( ) int num; num = 100; num 100 100 num int num num

More information

21st Embarcadero Developer Camp T8

21st Embarcadero Developer Camp T8 17 Th Developer Camp T8 テクニカルセッション Delphi 言語再入門 株式会社シリアルゲームズ 取締役細川淳 1 17 Th Developer Camp 1 Class について改めて 2 class Delphi を使う上で切っても切れない class 型 class 型について どの位の事をご存じですか? 良くは判らないけど component もクラスだし Form

More information

tuat2.dvi

tuat2.dvi ( 2 ) http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/ tutimura/ 2012 7 7 ( 2 ) 1 / 54 (1) (2) (?) (1) (2) 2 ( 2 ) 2 / 54 1. 30 2. 2012 6 30 25 OS ( 2 ) 3 / 54 10 20 1993 1996 2000 2003 = 30 ( 2 ) 4 / 54 1 2 2 ( 2 ) 5 /

More information

Load-time weaveingで広がるAOPの可能性

Load-time weaveingで広がるAOPの可能性 Load-time weavingで 広 がるAOPの 可 能 性 1 自 己 紹 介 名 前 : 木 村 聡 (きむら さとし) Seasarプロジェクトコミッタ: S2Struts S2Mai 舞 姫 仕 事 ( 株 )フルネス フレームワーク 自 動 生 成 ツール 2 これまで 書 いたものとか 書 籍 : Eclipseで 学 ぶはじめてのJava Seasar 入 門 ~はじめてのDI&AOP~

More information

サービス付き高齢者向け住宅賠償責任保険.indd

サービス付き高齢者向け住宅賠償責任保険.indd 1 2 1 CASE 1 1 2 CASE 2 CASE 3 CASE 4 3 CASE 5 4 3 4 5 6 2 CASE 1 CASE 2 CASE 3 7 8 3 9 10 CASE 1 CASE 2 CASE 3 CASE 4 11 12 13 14 1 1 2 FAX:03-3375-8470 2 3 3 4 4 3 15 16 FAX:03-3375-8470 1 2 0570-022808

More information

BlueJ 2.0.1 BlueJ 2.0.x Michael Kölling Mærsk Institute University of Southern Denmark Toin University of Yokohama Alberto Palacios Pawlovsky 17 4 4 3 1 5 1.1 BlueJ.....................................

More information

1.ppt

1.ppt /* * Program name: hello.c */ #include int main() { printf( hello, world\n ); return 0; /* * Program name: Hello.java */ import java.io.*; class Hello { public static void main(string[] arg)

More information

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 1. 1.1. 1.2. 1 PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 2. 2.1. 2 1 2 C a b N: PC BC c 3C ac b 3 4 a F7 b Y c 6 5 a ctrl+f5) 4 2.2. main 2.3. main 2.4. 3 4 5 6 7 printf printf

More information

Microsoft Word - keisankigairon.ch doc

Microsoft Word - keisankigairon.ch doc 1000000100001010 1000001000001011 0100001100010010 1010001100001100 load %r1,10 load %r2,11 add %r3,%r1,%r2 store %r3,12 k = i + j ; = > (* 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10) 3628800 DO 3 I=1,3 DO3I=1.3 DO3I 1.3

More information

8th CodeGear Developer Camp

8th CodeGear Developer Camp B6 PHP テクニカルセッション Delphi for PHPによるフォトギャラリの作成と運用 CodeGear エヴァンジェリスト高橋智宏 1 アジェンダ 作成するWebアプリケーションの概要 ファイルのアップロードを行うには? サムネイル ( 縮小 ) 画像を生成するには? カスタムコンポーネントを作成するには? 作成したWebアプリケーションを配布するには? 2 作成する Web アプリケーションの概要

More information

ARM gcc Kunihiko IMAI 2009 1 11 ARM gcc 1 2 2 2 3 3 4 3 4.1................................. 3 4.2............................................ 4 4.3........................................

More information

untitled

untitled JCSP CSP HPC H.Nakahara 1 2 CSP A B HPC H.Nakahara 3 CSP HPC H.Nakahara 4 CSP Process A chan Process B ( DFD) HPC H.Nakahara 5 DFD HPC H.Nakahara 6 DFD FAX OK? HPC H.Nakahara 7 HPC H.Nakahara 8 HPC H.Nakahara

More information

株主通信:第18期 中間

株主通信:第18期 中間 19 01 02 03 04 290,826 342,459 1,250,678 276,387 601,695 2,128,760 31,096 114,946 193,064 45,455 18,478 10,590 199,810 22,785 2,494 3,400,763 284,979 319,372 1,197,774 422,502 513,081 2,133,357 25,023

More information

1003shinseihin.pdf

1003shinseihin.pdf 1 1 1 2 2 3 4 4 P.14 2 P.5 3 P.620 6 7 8 9 10 11 13 14 18 20 00 P.21 1 1 2 3 4 5 2 6 P7 P14 P13 P11 P14 P13 P11 3 P13 7 8 9 10 Point! Point! 11 12 13 14 Point! Point! 15 16 17 18 19 Point! Point! 20 21

More information

ワタベウェディング株式会社

ワタベウェディング株式会社 1 2 3 4 140,000 100,000 60,000 20,000 0 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 70 5 6 71 2 13 14 7 8 9 10 11 12 1 2 2 point 1 point 2 1 1 3 point 3 4 4 5 6 point 4 point 5 point 6 13 14 15 16 point 17

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 Point 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 10,000 0 29,979 41,972 31,726 45,468 35,837 37,251 24,000 20,000 16,000 12,000 8,000 4,000 0 16,795 22,071 20,378 14 13 12 11 10 0 12.19 12.43 12.40

More information

株主通信 第16 期 報告書

株主通信 第16 期 報告書 10 15 01 02 1 2 3 03 04 4 05 06 5 153,476 232,822 6,962 19,799 133,362 276,221 344,360 440,112 412,477 846,445 164,935 422,265 1,433,645 26,694 336,206 935,497 352,675 451,321 1,739,493 30,593 48,894 153,612

More information

p01.qxd

p01.qxd 2 s 1 1 2 6 2 POINT 23 23 32 15 3 4 s 1 3 2 4 6 2 7003800 1600 1200 45 5 3 11 POINT 2 7003800 7 11 7003800 8 12 9 10 POINT 2003 5 s 45700 3800 5 6 s3 1 POINT POINT 45 2700 3800 7 s 5 8 s3 1 POINT POINT

More information

// このクラスの有効期間中の各呼び出しに使用される キャッシュされた Socket オブジェクト Socket socket = null; // 非同期処理が完了したことを通知するために信号を送るオブジェクト static ManualResetEvent clientdone = new Ma

// このクラスの有効期間中の各呼び出しに使用される キャッシュされた Socket オブジェクト Socket socket = null; // 非同期処理が完了したことを通知するために信号を送るオブジェクト static ManualResetEvent clientdone = new Ma HOW DO I ソケットで通信を行うには ここでは以下の手順で説明します ソケットクライアントを作成するデータを送信するデータを受信するソケットクライアントを使用する ソケットクライアントを作成する 1. このコンテンツのサポートファイルの Start フォルダから "UDPClient" プロジェクトを開きます 2. クライアントを動作させるため コンピューターで簡易 TCP/IP サービスを有効にする必要があります

More information

Microsoft Word - 430_15_Developing_Stored_Procedure.doc

Microsoft Word - 430_15_Developing_Stored_Procedure.doc Java Oracle 1998 11 Java 3 Java Web GUI Java Java Java Oracle Java Oracle8i Oracle / Oracle Java Virtual Machine VM CORBA Enterprise JavaBeans Oracle Java Java Java Oracle Oracle Java Virtual Machine Oracle

More information

コンピュータ中級B ~Javaプログラミング~ 第3回 コンピュータと情報をやりとりするには?

コンピュータ中級B ~Javaプログラミング~  第3回 コンピュータと情報をやりとりするには? Copyright (C) Junko Shirogane, Waseda University 2016, All rights reserved. 1 プログラミング初級 (Java) 第 10 回オブジェクト指向って? 白銀純子 Copyright (C) Junko Shirogane, Waseda University 2016, All rights reserved. 2 第 10

More information

コーディング基準.PDF

コーディング基準.PDF Java Java Java Java.java.class 1 private public package import / //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// // // // // ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

More information

7 プログラムの説明を読んで, プログラムの (1)(5) を答えなさい < プログラムの説明 > 処理内容 CSV ファイル ( 作品名データと入場者数データ ) を読み, 年齢区分ごとの入場者数と売上金額を表示するプログラムである 入力データ作品名データ ( ファイル名 :movie.csv)

7 プログラムの説明を読んで, プログラムの (1)(5) を答えなさい < プログラムの説明 > 処理内容 CSV ファイル ( 作品名データと入場者数データ ) を読み, 年齢区分ごとの入場者数と売上金額を表示するプログラムである 入力データ作品名データ ( ファイル名 :movie.csv) プログラミング部門 1 級 無断転載禁止 2013 年月日実施 この問題は, 平成 25 年 2 月時点の参考資料です 平成 25 年度 ( 新検定基準による言語選択問題 Java, マクロ言語の出題例 ) 情報処理検定試験 第 1 級試験問題 注意事項 1. 監督者の指示があるまで, 試験問題に手を触れないでください 2. 試験問題は,10 ページあります 3. 解答はすべて解答用紙に記入します

More information

Microsoft Word - no14.docx

Microsoft Word - no14.docx ex26.c #define MAX 20 int max(int n, int x[]); int num[max]; int i, x; printf(" "); scanf("%d", &x); if(x > MAX) printf("%d %d \n", MAX, MAX); x = MAX; for(i = 0; i < x; i++) printf("%3d : ", i + 1); scanf("%d",

More information