H25児童生徒の健康体力-本文4.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "H25児童生徒の健康体力-本文4.indd"

Transcription

1 平成 5 年度 児童生徒の健康 体力 青森県教育庁スポーツ健康課

2

3 まえがき 県教育委員会では 学校における体育 スポーツ及び健康教育の充実を図るため 今年度も 悉皆による 学校保健調査 及び抽出による 体格 体力 ライフスタイル調査 を実施し この度 報告書がまとまりました 調査に御協力いただきました各校をはじめ関係機関に対し厚くお礼申し上げます さて 子どもたちを取り巻く社会環境や生活様式の急激な変化は 心身の健康に様々な影響を及ぼし 運動に興味や関心を持ち積極的に取り組む子とそうでない子の二極化傾向 体力の低下 食生活の乱れや肥満化傾向の増加 不安やストレスの増大等の憂慮すべき問題が生じております このような中 学習指導要領では 日常生活において適切な体育 健康に関する活動の実践を促し 生涯を通じて健康 安全で活力のある生活を送るための基礎が培われるよう配慮しなければならないと示されています 本県においては 児童生徒の体力は 少しずつ向上は見られるものの 全国と比較すると低い傾向が続いているとともに 肥満傾向児の出現率は 男女とも全年齢層で全国平均を上回っている状況にあります 実生活の中で 自らが主体的スポーツや運動に取り組む児童生徒の育成のために 各学校において 新体力テストなどを用いて児童生徒の体力や健康状態等の実態を把握し 学校 家庭 地域社会 関係機関等が連携した計画的 継続的な指導が大切です 児童生徒が運動の楽しさや喜びを味わいながら 主体的に体力の向上と健康の保持増進に取り組み 生涯を通じて健康 安全で活力ある生活を送るための基礎が培われるよう 本報告書をとおして 本県の児童生徒の健康状態 体格 体力 ライフスタイルの状況や課題を把握するとともに 学校における体育 健康教育の指導に広く活用されることを期待しております 平成 6 年 3 月 青森県教育庁 スポーツ健康課長花田慎

4

5 目 次 第 1 部 学校保健調査結果 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 調査結果の概要 1 児童生徒の体格 児童生徒の疾病 異常の状況 4 3 裸眼視力 5 4 う 歯 6 (1) う歯被患率の状況と校種別の年次推移 6 () 地区別う歯被患率 ( 男女合計 ) の状況 7 (3) 永久歯の一人当たり平均う歯等数 7 5 肥満度 ( 過体重度 ) について 9 (1) 肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率の状況 10 () 地区別肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率の状況 10 (3) 地区別 男女別肥満傾向児の出現率の状況 10 (4) 地区別 男女別痩身傾向児の出現率の状況 10 Ⅲ 統計資料 15 1 平成 5 年度小 中 高等学校疾病 異常被患率等の全国平均値と県平均値 15 平成 5 年度本県児童の疾病 異常被患率 ( 小学校 ) 16 3 平成 5 年度本県生徒の疾病 異常被患率 ( 中学校 ) 17 4 平成 5 年度本県生徒の疾病 異常被患率 ( 高等学校 ) 18 5 平成 5 年度本県児童生徒の疾病 異常被患率等全国平均値との差 19 第 部 体格 体力調査結果 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 調査結果の概要 3 1 児童生徒の体力 3 新体力テストの平均値 標準偏差及びT 得点 7 3 新体力テストのT 得点換算による比較 9

6 Ⅲ 統計資料 36 1 性別 年齢別体格の全国平均値及び県平均値 ( 体格 体力 ライフスタイル調査 ) 36 体格の地区別平均値 37 3 新体力テストの地区別平均値 38 4 新体力テストの県平均値 3 年間の推移 4 第 3 部 ライフスタイル調査結果 Ⅰ 調査の概要 45 Ⅱ 調査結果の概要 46 1 ライフスタイルの状況と体力合計点 46 運動部や地域スポーツクラブへの所属状況別 体格 体力の平均値 3 運動 スポーツの実施状況 ( 学校の体育の授業を除く ) 別 体格 体力の平均値 日の運動 スポーツ実施時間 ( 学校の体育の授業を除く ) 別 体格 体力の平均値 54 5 朝食の有無別 体格 体力の平均値 日の睡眠時間別 体格 体力の平均値 日のテレビ ( テレビゲームを含む ) の視聴時間別 体格 体力の平均値 60 8 痩身 適性群 肥満傾向児別 体格 体力の平均値 6 第 4 部 資料編 平成 5 年度小学校スポーツ活動の状況 65 平成 5 年度中学校運動部活動の状況 66 平成 5 年度高等学校運動部活動の状況 67 平成 5 年度学校給食実施状況調査の結果 学校給食実施状況 68 給食形態別内訳 70 調理方式別内訳 7 米飯形態別内訳 74

7 第 1 部 学校保健調査結果

8

9 Ⅰ 調査の概要 平成 5 年度学校保健調査を下記により実施した 1 調査の目的学校保健安全法により毎年定期に行われている健康診断に基づき 児童生徒の発育及び健康状態を明らかにして 学校保健行政のための基礎資料を得るとともに 各学校における学校保健計画等に活用する 調査対象者小学校 中学校の全児童生徒及び高等学校の全生徒を対象とする ただし 高等学校生徒のうち 全日制課程及び定時制課程に在籍する満 18 歳以上 ( 平成 5 年 4 月 1 日現在の満年齢 ) の生徒 過年度生等で年齢と学年が一致しない生徒及び通信制課程の生徒は除く 3 年齢の取扱い 区 分 年齢 生年月日の範囲 区 分 年齢 生年月日の範囲 1 年 6 歳 18 年 4 月 日 ~ 19 年 4 月 1 日 中 1 年 1 歳 1 年 4 月 日 ~ 13 年 4 月 1 日 小 年 7 歳 17 年 4 月 日 ~ 18 年 4 月 1 日 学 年 13 歳 11 年 4 月 日 ~ 1 年 4 月 1 日 学 3 年 8 歳 16 年 4 月 日 ~ 17 年 4 月 1 日 校 3 年 14 歳 10 年 4 月 日 ~ 11 年 4 月 1 日 校 4 年 9 歳 15 年 4 月 日 ~ 16 年 4 月 1 日 1 年 15 歳 9 年 4 月 日 ~ 10 年 4 月 1 日 5 年 10 歳 14 年 4 月 日 ~ 15 年 4 月 1 日 年 16 歳 8 年 4 月 日 ~ 9 年 4 月 1 日 6 年 11 歳 13 年 4 月 日 ~ 14 年 4 月 1 日 3 年 17 歳 7 年 4 月 日 ~ 8 年 4 月 1 日 4 調査の方法 本調査では 学校保健安全法 により毎学年 6 月 日までに実施されている学校における健康 診断の結果に基づき 調査票を作成する - 1 -

10 Ⅱ 調査結果の概要 1 児童生徒の体格 (1) P3 表 1 は 性別 年齢別体格の全国平均値と青森県平均値である これを見ると 本県児 童生徒の体格 ( 身長 体重 座高 ) は 男女とも全年齢層で全国平均を上回っている () 発育状態 1 身長男女とも全年齢層で全国平均を上回っている 男子は全国平均との差では1 歳の1.6c mが最も大きく 年間発育量は11 歳から1 歳が7.7cmと最も大きい値となっている 女子は全国平均との差では10 歳の1.5cmが最も大きく 年間発育量は9 歳から10 歳が6.9cmと最も大きい値となっている 体重男女とも全年齢層で全国平均を上回っている 男子は全国平均との差では 13 歳の. 6 kgが最も大きく 年間発育量は11 歳から1 歳が 6. 0 kgと最も大きい値となっている 女子は全国平均との差では 1 3 歳の.kgが最も大きく 年間発育量は 1 0 歳から11 歳が 5. 0 kgと最も大きい値となっている 3 座高男女とも全年齢層で全国平均を上回っている 男子は全国平均との差では13 歳の1.0c mが最も大きく 年間発育量は 11 歳から 1 歳が 3. 9 cmと最も大きい値となっている 女子は全国平均との差では 1 0 歳と11 歳の0.7cmが最も大きく 年間発育量は9 歳から10 歳及び10 歳から11 歳の3.3cmと最も大きい値となっている 年間発育量とは 前年度からの発育増加量を指す 例えば 身長の男子 11 歳の年間発育量 6.7cmの場合は次のように算出する 年間発育量 =146.cm( 平成 5 年度の11 歳の数値 )-139.8cm( 平成 4 年度の10 歳の数値 ) = 6.4cm - -

11 ( 表 1) 性別 年齢別体格の全国平均値と青森県平均値 性別 区分 年齢 身長 (cm) 体重 (kg) 座高 (cm) 全国 青森県 全国 青森県 全国 青森県 平成 5 年度平均値 1 平成 5 年度平均値 平成 4 年度平均値 年間発育量 1- 平成 5 年度平均値 1 平成 5 年度平均値 平成 4 年度平均値 年間発育量 1- 平成 5 年度平均値 1 平成 5 年度平均値 平成 4 年度平均値 年間発育量 小 学 男 校 中 学 校 子 高等学校 小 学 女 校 中 学 校 子 高等学校 青森県の数値 : 平成 4 5 年度青森県学校保健調査による ( 調査の主管は 県教育庁スポーツ健康課 ) 全国の数値 : 平成 5 年度学校保健統計調査による ( 調査の主管は 文部科学省生涯学習政策局 ) - 3 -

12 児童生徒の疾病 異常の状況表 は 本県の児童生徒の疾病 異常について 被患率を学校種別にまとめたものである 疾病 異常被患率の中で最も高いのは う歯 で 小学校 65.5% 中学校 54.5% 高等学校 6.7 % となっている (P15 表 15 参照 ) 次いで高いのは 裸眼視力 1.0 未満の者 で 小学校.9% 中学校 56.4% 高等学校 55.1% となっている ( 表 ) 疾病 異常被患率 区分 (%) 校種 小学校中学校 高等学校 90 以上 60~90 未満 う歯 う歯 ~60 裸眼視力, う歯 裸眼視力 ~ 裸眼視力 ~ ~ 10~ 鼻 副鼻腔疾患鼻 副鼻腔疾患鼻 副鼻腔疾患 10 ~ 8~10 その他の歯の疾病 異常 6~8 4~6 ~4 眼の疾病 異常, 耳疾患眼の疾病 異常, 歯列 咬合, 歯垢の状態, その他の歯の疾病 異常 栄養状態, 心電図異常, 歯列 咬合 耳疾患, 心電図異常, 歯肉の状態 歯肉の状態 歯垢の状態 眼の疾病 異常, 耳疾患, 蛋白検出, 歯列 咬合 1 1 1~ 0.5 ~ 1 口腔 咽喉頭疾病, アトピー性皮膚炎, ぜん息, その他の疾病 異常, 歯垢の状態, 歯肉の状態難聴, 蛋白検出 栄養状態, 脊柱 胸郭, アトピー性皮膚炎, 蛋白検出, ぜん息, その他の疾病 異常 難聴 アトピー性皮膚炎, 心電図異常, その他の疾病 異常, その他の歯の疾病 異常 栄養状態, 脊柱 胸郭, 難聴, ぜん息 ~ 0.1 脊柱 胸郭, その他の皮膚疾患, 心臓, 尿糖検出, 腎臓疾 0.1 患, 言語障害, 顎関節 ~ 0.5 口腔 咽喉頭疾病, その他の皮膚疾患, 心臓, 尿糖検出, 腎臓疾患, 言語障害, 顎関節 口腔 咽喉頭疾病, その他の皮膚疾患, 結核, 心臓, 尿糖検出, 腎臓疾患, 言語障害, 顎関節 0.1 未満 結核, 委員会での検討を必要とする者, 結核の精密検査の対象者, 寄生虫卵検出 結核, 委員会での検討を必要とする者, 結核の精密検査の対象者 - 4 -

13 3 裸眼視力 裸眼視力 1.0 未満の者 は 小学校段階から加齢とともに増加し14 歳がピークとなっている また 本県の 裸眼視力 1.0 未満の者 は 全国平均値と比較して 小学校で 10.4ポイント 中学校で 3.6 ポイント高くなっているのに対して 高等学校では10.7ポイント低くなっている (P19 表 19 参照 ) なお 高等学校における裸眼視力 0.3 未満の者 ( 眼鏡を必要とする者 ) は 近年 % 前後で推移しており 今年度調査では昨年度より低く 6.0% となっている (P15 表 15 参照 ) 図 1は 裸眼視力 1.0 未満の者 の割合を校種別に10 年前と比較したものである また 図 ~4は 裸眼視力 1.0 未満率について全国と県を比較したものである ( 図 1) 裸眼視力 1.0 未満の割合校種別 10 年前との比較 100.0%.0% 0.0% 55.7% 56.4% 60.% 55.1% 36.4%.9% 小学校中学校高等学校 平成 15 年度 平成 5 年度 (%) ( 図 ) 裸眼視力 1.0 未満率全国 県比較 ( 男女合計 ) 本県 全国 年齢 ( 図 3) 裸眼視力 1.0 未満率全国 県比較 ( 男 ) 本県 全国 ( 図 4) 裸眼視力 1.0 未満率全国 県比較 ( 女 ) 本県全国

14 4 う歯 (1) う歯被患率の状況と校種別の年次推移う歯被患率は 全ての疾病 異常被患率の中でも最も高い値を示している 図 5は う歯の年齢別被患率 ( 男女合計 ) を示したもので これをみると 6 歳から8 歳にかけて増加しているが その後 9 歳から1 歳にかけて減少傾向に転じ 13 歳以降は再び増加している なお 小学校 1 年生において すでにう歯被患率は 61.6% となっている (P16 表 16 参照 ) また 表 3は 10 年間のう歯被患率 ( 男女合計 ) の全国及び県の年次推移を校種別に示したものである 本県では 小学校 中学校 高等学校の各校種において う歯被患率は減少傾向にあるものの 全国平均と比較すると 各校種とも上回って推移している (%) ( 図 5) う歯被患率 ( 男女合計 ) 100% 未処置歯のある者 90% 80% 処置完了者 う歯のない者 70% 60% % % % % % % 年齢 ( 表 3) 校種別う歯被患率 ( 男女合計 ) の年次推移 ( 単位 :%) 年度校種別 16 年度 17 年度 18 年度 19 年度 年度 1 年度 年度 3 年度 4 年度 5 年度 小学校中学校高等学校 全国全国全国 県県県

15 () 地区別う歯被患率 ( 男女合計 ) の状況図 6 及び表 4は う歯被患率 ( 男女合計 ) を地区別に比較したものである これをみると東青地区は 1 年齢層を除き県平均を下回っている また 中南地区は8 年齢層 三八地区は全年齢層のうち半数程度で県平均を上回っており 西北地区及び下北地区では 全年齢層において県平均を上回っている (%) ( 図 6) う歯被患率地区別比較 ( 男女合計 ) 県平均東青西北中南上北下北三八 年齢 ( 表 4) う歯被患率地区別一覧 網掛けは県平均を上回った年齢層 ( 単位 :%) 区分 県平均 東 青 西 北 中 南 上 北 下 北 三 八 (3) 永久歯の一人当たり平均う歯等数 表 5 は 平成 年度から平成 5 年度までの 1 歳児永久歯一人当たり平均う歯数等 の推移歳児永久歯一人当たり平均う歯等数 の推移 である 本県のう歯等数は 全国に比べると高い値を示してはいるが 平成 1 年度に初めて3.0 未満となり その後年々減少し 平成 5 年度は1.47となっている ( 表 5) 1 歳児永久歯の一人当たり平均う歯数等 ( 単位 : 本 ) 喪失歯数 う歯計処置歯数未処置歯数 計 平成 年度 全国 平成 3 年度 平成 4 年度 平成 5 年度 平成 年度 本県 平成 3 年度 平成 4 年度 平成 5 年度 ( 注 ) 小数点以下第 3 位を四捨五入 - 7 -

16 ( 表 6) 永久歯の1 人当たり平均う歯等数の過去 10 年の推移 ( 単位 : 本 ) 年度国 県学年 平成 16 平成 17 平成 18 平成 19 平成 平成 1 平成 平成 3 平成 4 平成 5 全国 中 1 年 小 1 年 小 年 小 3 年 小 4 年 小 5 年 本県 小 6 年 中 1 年 中 年 中 3 年.53.4 高 1 年 高 年 高 3 年 ( 本 ) ( 表 3- 図 1) 永久歯の1 人当たり平均う歯等数の過去 10 年の推移 平成 16 平成 17 平成 18 平成 19 平成 平成 1 平成 平成 3 平成 4 平成 5 全国中 1 年小 5 年 年度 中 1 年 中 3 年 高 3 年 ( 本 ) ( 表 3- 図 ) 学年別永久歯の 1 人当たり平均う歯等数 ( 過去 6 年 ) 小 1 年小 年小 3 年小 4 年小 5 年小 6 年中 1 年中 年中 3 年高 1 年高 年高 3 年 平成 平成 1 平成 平成 3 平成 4 平成 5 学年 - 8 -

17 5 肥満度 ( 過体重度 ) について文部科学省で実施している学校保健統計調査 ( 青森県の主管課は企画政策部統計分析課 ) では 平成 18 年度から 性別 年齢別 身長別標準体重から肥満度 ( 過体重度 ) を求め, 肥満度が% 以上の者を肥満傾向児,-% 以下の者を痩身傾向児としてその出現率を公表している このことから 本調査においても平成 19 年度から同様の算出方法により痩身傾向児及び肥満傾向児の出現率を報告することとした 肥満度の求め方は以下のとおりである 肥満度 =( 実測体重 - 身長別標準体重 ) 身長別標準体重 100(%) 上記における身長別標準体重は 年齢 性別に下表の係数 a 及び b を用いて 次のように算出する 身長別標準体重 = a 実測身長 - b 係数 男 女 年齢 a b a b 例 1 11 歳男子で身長が155.5cm 体重が66.8kgのAさんの場合身長別標準体重は = 肥満度 =( ) (%) = 肥満度 % 以上であり 肥満傾向児 例 15 歳女子で身長が164.8cm 体重が41.5kgのBさんの場合身長別標準体重は = 肥満度 =( ) (%) = 肥満度 -% 以下であり 痩身傾向児 - 9 -

18 (1) 肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率の状況表 7 及び図 9は 肥満傾向児の出現率を全国と比較したものである これを見ると男女とも全年齢層において全国平均を上回っている 表 8 及び図 10は 痩身傾向児の出現率を全国と比較したものである 県全体では 6 歳から8 歳及び17 歳で全国平均と同じものの 他の年齢層では全国平均を下回っている () 地区別肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率の状況表 9 及び図 11は 肥満傾向児の出現率を地区別に比較したものである これを見ると東青地区では全年齢層で県平均を下回っており 下北地区では全年齢層で県平均を上回っている また 中南地区では1 年齢層 三八地区では 年齢層だけ県平均を上回っており 上北地区は9 年齢層で県平均を上回っている 表 10 及び図 1は 痩身傾向児の出現率を地区別に比較したものである 下北地区では全年齢層で県平均を下回っており 東青地区及び西北地区では7 年齢層 中南地区及び上北地区は6 年齢層 三八地区は3 年齢層で県平均を上回っている このように 各年齢層における肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率には地域差が見られる (3) 地区別 男女別肥満傾向児の出現率の状況表 11 1 及び図 13 14は 地区別の肥満傾向児出現率を男女別に比較したものである 男子では 下北地区で全齢層 西北地区で11 年齢層 上北地区で9 年齢層が県平均を上回っている 一方 東青地区及び中南地区で11 年齢層 三八地区で10 年齢層が県平均を下回っている 女子では 下北地区で全年齢層 西北地区で10 年齢層 上北地区で9 年齢層が県平均を上回っている 一方 東青地区では全年齢層 中南地区で9 年齢層が県平均を下回っている (4) 地区別 男女別痩身傾向児の出現率の状況表 及び図 15 16は 地区別の痩身傾向児出現率を男女別に比較したものである 男子では 東青地区及び中南地区で7 年齢層が県平均を上回っている 女子では 西北地区が全年齢層 東青地区が8 年齢層 中南地区及び上北地区が7 年齢層が県平均を上回っている

19 ( 表 7) 平成 5 年度年齢別肥満傾向児の出現率 ( 単位 :%) 区分 全体 学年 年齢 全国 全県 全国 全県 全国 全県 小 小 小 小 小 小 中 中 中 高 高 高 全国 : 平成 5 年度全国学校保健統計調査青森県 : 平成 5 年度青森県学校保健調査 男 女 (%) ( 図 9) 年齢別肥満傾向児の出現率 全体全国 全体全県 男全国 男全県 女全国 女全県 ( 年齢 ) ( 表 8) 平成 5 年度年齢別痩身傾向児の出現率 ( 単位 :%) 区分全体男 学年 年齢 全国 全県 全国 全県 全国 全県 小 小 小 小 小 小 中 中 中 高 高 高 全国 : 平成 5 年度全国学校保健統計調査青森県 : 平成 5 年度青森県学校保健調査 女 (%) ( 図 10) 年齢別痩身傾向児の出現率 全体全国 全体全県 男全国 男全県 女全国 女全県 ( 年齢 )

20 ( 表 9) 肥満傾向児の出現率 地区別比較 ( 男女計 ) 網掛けは県平均を上回った年齢層 ( 単位 :%) 年齢 学年 全国 全県 東青 西北 中南 上北 下北 三八 6 小 小 小 小 小 小 中 中 中 高 高 高 (%) ( 図 11) 肥満傾向児出現率地区別比較 ( 男女 ) 全国全県東青西北中南上北下北三八 年齢 ( 表 10) 痩身傾向児の出現率 地区別比較 ( 男女計 ) 網掛けは県平均を上回った年齢層 ( 単位 :%) 年齢 学年 全国 全県 東青 西北 中南 上北 下北 三八 6 小 小 小 小 小 小 中 中 中 高 高 高 (%) ( 図 1) 痩身傾向児出現率地区別比較 ( 男女 ) 全国全県東青西北中南上北下北三八 年齢 - 1 -

21 ( 表 11) 肥満傾向児の出現率 地区別比較 ( 男 ) 網掛けは県平均を上回った年齢層 ( 単位 :%) 年齢 学年 全国 全県 東青 西北 中南 上北 下北 三八 6 小 小 小 小 小 小 中 中 中 高 高 高 (%) 5 15 ( 図 13) 肥満傾向児出現率地区別比較 ( 男 ) 全国全県東青西北中南上北下北三八 ( 表 1) 肥満傾向児の出現率 地区別比較 ( 女 ) 網掛けは県平均を上回った年齢層 ( 単位 :%) 年齢 学年 全国 全県 東青 西北 中南 上北 下北 三八 6 小 小 小 小 小 小 中 中 中 高 高 高 (%) ( 図 14) 肥満傾向児出現率地区別比較 ( 女 ) 年齢 全国全県東青西北中南上北下北三八 年齢

22 ( 表 13) 痩身傾向児の出現率 地区別比較 ( 男 ) 網掛けは県平均を上回った年齢層 ( 単位 :%) 年齢 学年 全国 全県 東青 西北 中南 上北 下北 三八 6 小 小 小 小 小 小 中 中 中 高 高 高 (%) 6 4 ( 図 15) 痩身傾向児出現率地区別比較 ( 男 ) 全国全県東青西北中南上北下北三八 年齢 ( 表 14) 痩身傾向児の出現率 地区別比較 ( 女 ) 網掛けは県平均を上回った年齢層 ( 単位 :%) 年齢 学年 全国 全県 東青 西北 中南 上北 下北 三八 6 小 小 小 小 小 小 中 中 中 高 高 高 (%) 6 4 ( 図 16) 痩身傾向児出現率地区別比較 ( 女 ) 全国全県東青西北中南上北下北三八 年齢

23 Ⅲ 統計資料 1 平成 5 年度小 中 高等学校疾病 異常被患率等の全国平均値と県平均値 国 平成 5 年度学校保健統計調査による ( 表 15) 県 平成 5 年度青森県学校保健調査による ( 単位 :%) 小学校 中学校 高等学校 計 裸眼視力難 1.0 未満 0.7 以上 0.7 未満 0.3 以上 0.3 未満 聴 眼 疾 患 蛋白検出の者 寄生虫卵保有者 尿糖検出の者 計 歯 口 腔 結 う 歯 歯 顎 歯 歯 そ 処 未 の 列 垢 肉 の 置処あ他 関のの完の 了 置 る 咬 状 状 歯 者 歯 者 合 節 態 態 疾 核 計 国 男 女 計 県 男 女 計 国 男 女 計 県 男 女 計 国 男 女 計 県 男 女 心臓の疾病 異常 心 電 図 異 常 小学校 中学校 高等学校 区分 栄 養 状 態 脊 柱 胸 郭 皮膚疾患耳鼻咽頭その他の疾病 異常結核に関する検診アそ耳鼻疾口疾ぜ腎言そ 委検と結検トの他 腔患の員討核査臓語すの他の疾副咽 ん異会をのピー性皮の対皮膚疾障る鼻喉異膚疾疾で必精象炎患患腔患頭常息患害病常の要者密者 永久歯の一人当たり平均う歯等数 喪 う 歯 処 未 失 計処歯計置置 数 歯 歯 ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) 計 国 男 女 計 県 男 女 計 国 男 女 計 県 男 女 計 国 男 女 計 県 男 女 ( 注 ) 小数点以下第 位を四捨五入

24 平成 5 年度本県児童の疾病 異常被患率 ( 小学校 ) ( 表 16) 県 青森県学校保健調査による ( 単位 :%) 裸 眼 視 力 難 眼 蛋 寄 尿 歯 口 腔 結 白 生 糖 う 歯 歯 顎 歯 歯 そ 区分 虫処未の検列垢肉の未未未検置計処あ他満満満疾卵出出 関のの 保計完の 以 以 の 有 の 了 置 る 咬 状 状 歯 上 上 聴 患 者 者 者 者 歯 者 合 節 態 態 疾 核 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 心臓の疾病 異常 心 電 図 異 常 区分 栄 養 状 態 脊 柱 胸 郭 皮膚疾患 耳鼻咽頭 ア そ 耳 鼻 疾 ト の 他 のピー性皮 疾 副 皮 膚 鼻 膚 疾 炎 患 患 腔 患 口腔咽喉頭 疾患 異常 ぜ ん 息 その他の疾病 異常 腎 言 そ の 臓 語 他 疾 障 の 疾 患 害 病 結核に関する検診永久歯の一人当たり平均う歯等数委検と結検喪う歯員討査処未核す失の計処会をの対歯計置る置で必精象数歯歯の要者密者 ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 ( 注 ) 小数点以下第 位を四捨五入 異 常

25 3 平成 5 年度本県児童の疾病 異常被患率 ( 中学校 ) ( 表 17) 県 青森県学校保健調査による ( 単位 :%) 裸眼視力難眼蛋寄尿歯 口腔結白生糖う歯歯顎歯歯そ 虫処未の検列垢肉の未未未検区分疾卵置計処あ他満満満出出 関のの 保計完の以以のの置る有了咬状状歯上上聴患者者者者歯者合節態態疾核 心臓の疾病 異常 心 電 図 異 常 計 男 女 計 男 女 計 男 女 区分 栄 養 状 態 脊 柱 胸 郭 皮膚疾患 耳鼻咽頭 ア そ 耳 鼻 疾 ト の 他 のピー性皮 疾 副 皮 膚 鼻 膚 疾 炎 患 患 腔 患 口腔咽喉頭 疾患 異常 ぜ ん 息 その他の疾病 異常 腎 言 そ の 臓 語 他 疾 障 の 疾 患 害 病 異 常 結核に関する検診永久歯の一人当たり平均う歯等数委検と結検喪う歯処未員討核査す失の計処会をの計置対歯る置で必精象数歯歯の要者密者 ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) 計 男 女 計 男 女 計 男 女 ( 注 ) 小数点以下第 位を四捨五入

26 4 平成 5 年度本県生徒の疾病 異常被患率 ( 高等学校 ) ( 表 18) 県 青森県学校保健調査による ( 単位 :%) 裸眼視力難眼蛋寄尿歯 口腔結心白生糖う歯歯顎歯歯そ臓 虫処未のの検列垢肉の未未未検区分置疾区分疾卵処あ他計満満満出出 関のの病 保計完のの了置る 以以の有咬状状歯異上上聴患者者者者歯者合節態態疾核常 心 電 図 異 常 計 計 男 男 女 女 計 計 男 男 女 女 計 計 男 男 女 女 区分 栄 養 状 態 脊 柱 胸 郭 皮膚疾患耳鼻咽頭アそ耳鼻疾トの 他炎患の疾副ピー性皮鼻皮膚膚疾患腔患 口腔咽喉頭 疾患 異常 その他の疾病 異常 ぜ 腎 言 そ の 臓 語 他 ん 異 疾 障 の 疾 息 患 害 病 常 結核に関する検診永久歯の一人当たり平均う歯等数委検と結検喪う歯処未員討核査す失の計処会をの計置対歯る置で必精象数歯歯の要者密者 ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) 計 男 女 計 男 女 計 男 女 ( 注 ) 小数点以下第 位を四捨五入

27 5 平成 5 年度本県児童生徒の疾病 異常被患率等全国平均値との差 ( 表 19) 全国平均値との差 ( 県内被患率 - 全国被患率 ) 計処置完了者のある者未処置歯 栄養状態脊柱 胸郭裸眼視力皮膚疾患その他の皮膚疾患アトピー性皮膚炎蛋白検出難聴耳鼻咽頭計 1.0 未満 0.7 以上 0.7 未満 0.3 以上 0.3 未満眼の疾病 異常耳疾患鼻 副鼻腔疾患その他の歯疾患尿糖検出寄生虫卵保有結核結核に関する検診心電図異常心臓必要とする者委員会での検討を対象者結核の精密検査の歯ぜん息腎臓疾患言語障害その他の疾病 異常歯列 咬合顎関節歯垢の状態う歯歯肉の状態小学校男女合計男子女子その他の疾病 異常歯 口腔中学校口腔咽喉頭疾患高等学校男女合計男子女子中学校男女合計男子女子区分男女合計男子女子区分小学校男女合計男子女子区分小学校男女合計男子女子高等学校男女合計男子女子高等学校男女合計男子女子中学校男女合計男子女子 ( ポイント )

28

29 第 部 体格 体力調査結果

30

31 Ⅰ 調査の概要 平成 5 年度体格 体力 ライフスタイル調査を下記により実施した 1 調査の目的体格 新体力テスト調査を実施し 体格 体力 ライフスタイルの現状を明らかにして 学校教育や保健体育行政を進める上での資料を得るとともに 児童生徒の体力 健康づくり等に活用する 調査対象者と調査人員 小学校 中学校 高等学校 (15~17 歳 ) の男女児童生徒を対象とする 体格 新体力テスト調査票本数 ( 単位 : 人 ) ( 単位 : 人 ) 区分 年齢 男子 女子 計 区分 年齢 男子 女子 計 1 年 6 歳 ,369 中 1 年 1 歳 1,8 1,0,58 小 年 7 歳 ,343 学 年 13 歳 1,0 1,93,593 学 3 年 8 歳 ,451 校 3 年 14 歳 1,7 1,335,74 校 4 年 9 歳 ,443 小計 3,989 3,98 7,917 5 年 10 歳 ,619 高 1 年 15 歳 1, ,048 6 年 11 歳 ,574 等 年 16 歳 1, ,147 小計 4,488 4,311 8,799 学 3 年 17 歳 1,14 1,048,17 校 小計 3,37,995 6,367 県内を地域別に層別して 各層から調査協力校を抽出 合 計 11,849 11,34 3,083 3 調査方法 (1) 体力調査については 文部科学省で示す 新体力テスト実施要項 により実施する () 体格項目については 平成 5 年度定期健康診断の計測値を利用する 4 実施時期平成 5 年 5 月から7 月までの間で行い 実施に当たっては 学校行事や体育の授業時に継続して行うなど さまざまな方法が考えられるが 各校の実情に応じて工夫して行ってよい 5 結果処理について各学校から提出された調査記録票の統計処理をスポーツ健康課体育 健康グループ及び教育政策課情報広報グループが行う 6 比較の対象とする全国平均値体格項目については 平成 5 年度学校保健統計調査 新体力テスト項目の全国平均値については 平成 5 年 10 月に文部科学省スポーツ 青少年局から発表された 平成 4 年度体力 運動能力調査報告書 の数値を利用し 比較する - 1 -

32 平成 5 年度体格 体力 ライフスタイル調査対象校一覧 小学校 中 学 校 学校調査番号市町村名 学校名 学校調査番号市町村名 学 校 名 青森市 造道小学校 1 35 青森市 油川中学校 0016 青森市 莨町小学校 353 青森市 荒川中学校 青森市 橋本小学校 青森市 浅虫中学校 4 00 青森市 古川小学校 青森市 南中学校 青森市 荒川小学校 青森市 戸山中学校 青森市 新城小学校 平内町 西平内中学校 青森市 奥内小学校 平内町 東平内中学校 青森市 浪岡南小学校 五所川原市五所川原第二中学校 平内町 小湊小学校 9 44 五所川原市金木中学校 五所川原市南小学校 つがる市 木造中学校 五所川原市喜良市小学校 鶴田町 鶴田中学校 つがる市 向陽小学校 弘前市 第二中学校 鰺ヶ沢町 西海小学校 13 弘前市 津軽中学校 板柳町 小阿弥小学校 黒石市 黒石中学校 鶴田町 胡桃舘小学校 平川市 平賀西中学校 弘前市 新和小学校 平川市 葛川中学校 弘前市 三省小学校 大鰐町 大鰐中学校 弘前市 福村小学校 十和田市 東中学校 弘前市 小沢小学校 三沢市 堀口中学校 0181 弘前市 草薙小学校 4380 六戸町 六戸中学校 黒石市 六郷小学校 1 41 東北町 上北中学校 0369 黒石市 黒石東小学校 445 東北町 東北東中学校 3 1 平川市 金田小学校 むつ市 大平中学校 平川市 葛川小学校 むつ市 脇野沢中学校 5 10 大鰐町 大鰐小学校 5 45 大間町 大間中学校 十和田市 西小学校 八戸市 下長中学校 十和田市 高清水小学校 八戸市 明治中学校 十和田市 深持小学校 八戸市 江陽中学校 十和田市 松陽小学校 八戸市 白山台中学校 1600 十和田市 沢田小学校 46 五戸町 五戸中学校 三沢市 木崎野小学校 五戸町 川内中学校 七戸町 七戸小学校 以上 31 校 六戸町 六戸小学校 おいらせ町甲洋小学校 むつ市 大湊小学校 むつ市 川内小学校 高等学校 風間浦村 下風呂小学校 学校調査番号 学 校 名 佐井村 佐井小学校 県立青森東高等学校 八戸市 白銀小学校 5701 県立青森中央高等学校 056 八戸市 根城小学校 県立浪岡高等学校 八戸市 桔梗野小学校 県立五所川原工業高等学校 八戸市 城下小学校 県立中里高等学校 八戸市 高舘小学校 県立弘前中央高等学校 五戸町 上市川小学校 県立岩木高等学校 五戸町 南小学校 県立柏木農業高等学校 46 5 田子町 上郷小学校 県立十和田西高等学校 田子町 清水頭小学校 県立三本木農業高等学校 南部町 福田小学校 県立六戸高等学校 以上 48 校 県立大間高等学校 県立八戸高等学校 県立八戸工業高等学校 以上 14 校 - -

33 Ⅱ 調査結果の概要 1 児童生徒の体力 (1) 全体的な体力の状況 新体力テスト実施要項の得点換算表 (6 歳から11 歳用及び1 歳から17 歳用 ) に基づき 各測定 項目の平均値を得点化した合計点において 男子は15 歳と16 歳で 女子は6 歳 10 歳 15 歳 16 歳で全国平均を上回っている (P7 8 参照 ) 測定項目別に見ると 男子では握力 女子では握力と反復横とびにおいて 男女各 1 年齢層中 半分以上の年齢層で全国平均を上回っている () 測定項目ごとの状況 1 握 力 ( 筋力 ) 男子は調査対象である1の年齢層の内 7 年齢層 (8 歳から11 歳 15 歳から17 歳 ) で全 国平均を上回り 女子は8 年齢層 (7 歳から11 歳 15 歳から17 歳 ) で全国平均を上回っ ている 上体起こし ( 筋持久力 ) 男子は5 年齢層 (1 歳から16 歳 ) で全国平均を上回り 女子は5 年齢層 (8 歳から10 歳 15 歳 16 歳 ) で全国平均を上回っている 3 長座体前屈 ( 柔軟性 ) 男子は4 年齢層 (1 歳 14 歳から16 歳 ) で全国平均を上回り 女子は5 年齢層 (13 歳か ら17 歳 ) で全国平均を上回っている 4 反復横とび ( 敏捷性 ) 男子は5 年齢層 (6 歳から 8 歳 1 1 歳 1 5 歳 ) で全国平均を上回っており 女子は 7 年齢層 (6 歳から8 歳 10 歳 11 歳 15 歳 16 歳 ) で全国平均を上回っている 5 持久走 ( 全身持久力 ) 1 歳以上はmシャトルランとの選択 男女とも 1 歳から17 歳までの全年齢層で全国平均を下回っている 6 mシャトルラン ( 全身持久力 ) 11 歳以下は必ず実施 1 歳以上は持久走との選択 男子は5 年齢層 (6 歳 7 歳 10 歳 15 歳 16 歳 ) で全国平均を上回っており 女子は 6 年齢層 (6 歳から11 歳 ) で全国平均を上回っている 7 m 走 ( 走力 ) 男子は3 年齢層 (15 歳から17 歳 ) で全国平均を上回っており 女子は1 年齢層 (6 歳 ) のみ全国平均を上回っている 8 立ち幅とび ( 瞬発力 ) 男女とも1 年齢層 (15 歳 ) のみ全国平均を上回っている 9 ボール投げ ( 投力 ) 男子は 年齢層 (7 歳 15 歳 ) で全国平均を上回っており 女子は3 年齢層 (6 歳 9 歳 10 歳 ) で全国平均を上回っている - 3 -

34 (3) 体力の状況と課題新体力テストの得点換算表に基づき 各測定項目の平均値を得点化し その合計をみると 平成 15 年度までは 男女とも全年齢層で全国平均を下回っている状況にあったが 平成 16 年度調査において初めて全国平均を上回る年齢層が現れ始めた 平成 18 年度調査では 男子が8 年齢層 (6 歳から11 歳 16 歳 17 歳 ) 女子は 10 年齢層 (6 歳から13 歳 15 歳から17 歳 ) で全国平均を上回る結果となり 体力向上の兆しが見られていた しかしながら 平成 年度調査では全国平均を上回った年齢層が男女合わせて4 年齢層 平成 1 年度調査では7 年齢層 平成 年度調査では1 年齢層のみ 平成 3 年度調査では4 年齢層 平成 4 年度調査で5 年齢層となり 全国平均を超える年齢層はまだ少ない状況である 今年度調査では 男子は 年齢層 (15 歳 16 歳 ) 女子も 4 年齢層 (6 歳 10 歳 15 歳 16 歳 ) で全国平均を上回り 前年度よりも全国平均を上回った年齢層はわずかであるが増えている また 平成 4 年度調査の各年齢層の合計点と比較した場合 男女 4 年齢層のうち 男子が10 年齢層 女子が6 年齢層の合わせて16 年齢層が前年度を上回った 各測定項目において全国平均を上回った年齢層の合計は 男子は9から3へ増加したのに対して 女子は昨年度と同じ36と増減は見られなかった 全般的にみると 男子では筋力が全国平均を上回る年齢層が多いが 持久力 走力 柔軟性 瞬発力 投力は全国平均を下回る傾向がある 女子では筋力 筋持久力 持久力 敏捷性が全国平均を上回る年齢層が多いが 瞬発力 投力 走力が全国平均を下回る傾向にある また 発達の段階や年齢層及び男女差によって各項目の合計点にばらつきが見られることから バランスのとれた体力向上が図れるよう取り組んでいかなければならない (P5 表 1 表 参照 ) P5 図 1からP6 図 4は 本県の児童生徒の 運動しない児童生徒 の割合及び 運動時間 分未満 の割合を平成 4 年度と平成 5 年度とで比較したグラフである 運動しない児童生徒 の割合は 男女とも小学校高学年から中学校 1 学年を境に次第に高くなっていく傾向は従来と同じである 特に 小学校 1 年生は前年度より大きく増加した 男子が6 年齢層 女子 5 年齢層で平成 4 年度より 運動を実施しない児童生徒 の割合が増えている また 平成 5 年度 運動時間 分未満 においても 男女とも7 年齢層で平成 4 年度より割合が増えている 特に小学校 1 学年から小学校 3 学年にかけての 運動をしない児童生徒 の割合が依然として高い傾向にあり 運動する機会及び運動時間の確保が大きな課題となっている (P5 図 1 図 及びP 6 図 3 図 4 図 5 図 6 参照 ) 体力は人間の活動の源であり 健康の維持のほか意欲や気力といった精神面の充実に大きくかかわっており 生きる力を支える重要な要素であるとともに 児童生徒が生涯にわたって運動に親しみ 明るく豊かで活力ある生活を営む態度を育成する上できわめて重要な役割を担っている そのため学校においては 運動の持つ特性や魅力に応じて できる わかる などの運動の楽しさや喜びを味わわせることに配慮しながら 発達の段階に応じて高めなければならない体力や指導内容を的確にとらえ 児童生徒一人一人が基礎的な運動の技能や知識を確実に身に付けることができるようにすることが必要であり そのための指導方法や評価の工夫が求められる また 新体力テストの実施に際しては 正しい実施方法を理解させ そこから明らかになった体力の実態を的確に把握し それを効果的に活用するとともに 児童生徒の体力向上及び運動の習慣化を図るためにも学習したことを学校教育活動や日常生活で生かすことができるよう 家庭等との連携を深めながら継続して指導していく必要がある - 4 -

35 表 1 県平成 4 年度調査と県平成 5 年度調査における合計点による比較 網掛けは 4 年度を上回った年齢層 ( 単位 :%) 性別年度 6 歳 ( 小 1) 7 歳 ( 小 ) 8 歳 ( 小 3) 9 歳 ( 小 4) 10 歳 ( 小 5) 11 歳 ( 小 6) 1 歳 ( 中 1) 13 歳 ( 中 ) 14 歳 ( 中 3) 15 歳 ( 高 1) 16 歳 ( 高 ) 17 歳 ( 高 3) 男子 H4 年度 H5 年度 性別年齢 6 歳 ( 小 1) 7 歳 ( 小 ) 8 歳 ( 小 3) 9 歳 ( 小 4) 10 歳 ( 小 5) 11 歳 ( 小 6) 1 歳 ( 中 1) 13 歳 ( 中 ) 14 歳 ( 中 3) 15 歳 ( 高 1) 16 歳 ( 高 ) 17 歳 ( 高 3) 女子 H4 年度 H5 年度 表 平成 4 年度及び平成 5 年度の各測定項目における全国平均値を上回った年齢層の数 (6 歳から 17 歳までの男女各 1 年齢層 ) 性別年度握力上体起こし長座体前屈反復横とび 持久走 m シャト ( 男女各 6 年ルラン齢層 ) m 走立ち幅とびボール投げ合計 男子 女子 H4 年度 H5 年度 H4 年度 H5 年度 ( 図 1) 運動をしない児童生徒の割合 ( 男子 ) 4 年度 5 年度 % % % 3.1% % 10% 15.7% 16.5% 10.4% 8.9% 6.8% 4.0% 4.9% 3.8% 4.1% 3.7% 4.0% 5.9% 4.6% 7.5% 4.7% 5.5% 5.4% 8.3% 9.3% 10.0% 6.7% 14.4% 11.5% 0% 小 1 小 小 3 小 4 小 5 小 6 中 1 中 中 3 高 1 高 高 3 ( 図 ) 運動をしない児童生徒の割合 ( 女子 ) 4 年度 5 年度 % % % 8.1% 6.5% 31.% 8.4% 35.3% 34.% % 10% 19.9% 18.9% 14.0% 1.6% 10.% 5.7% 6.% 7.4% 6.1% 6.3% 3.3% 15.3% 15.0% 15.% 13.5%.% 17.5%.1% 0% 小 1 小 小 3 小 4 小 5 小 6 中 1 中 中 3 高 1 高 高 3-5 -

36 ( 図 3) 運動時間 分未満の割合 ( 男子 ) 4 年度 5 年度 60% % % % % 10% % 小 1 小 小 3 小 4 小 5 小 6 中 1 中 中 3 高 1 高 高 3 60% % % % % 10% 0% ( 図 4) 運動時間 分未満の割合 ( 女子 ) 年度 5 年度 小 1 小 小 3 小 4 小 5 小 6 中 1 中 中 3 高 1 高 高 3 ( 図 5) 男子.0% 本県の小学校第 1 学年 ~ 第 3 学年の 運動しない児童 の割合の推移 男小 1 男小 男小 3 5.0%.0% 15.0% 10.0% 5.0% 0.0% 18 年度 19 年度 年度 1 年度 年度 3 年度 4 年度 5 年度 ( 図 6) 女子.0% 女小 1 女小 女小 3.0%.0%.0% 10.0% 0.0% 18 年度 19 年度 年度 1 年度 年度 3 年度 4 年度 5 年度 - 6 -

37 新体力テストの平均値 標準偏差及び T 得点 (SD: 標準偏差 T: 全国平均を とした県平均の得点 ) 男子 ( 全国平均値は平成 4 年度文部科学省体力 運動能力調査報告書による ) 校種 学年 年齢 区分 握力 (kg) 上体起こし ( 回 ) 長座体前屈 (cm) 反復横とび ( 回 ) 持久走 ( 秒 ) m シャトルラン ( 回 ) m 走 ( 秒 ) 立ち幅とび (cm) ハンドボール投げ (m) 合計点 ( 点 ) ( 男子 10m) ( 小学生はソフトホ ール投げ ) 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 全国 県 年歳 T 全国 小 7 県 年歳 T 全国 県 学 年歳 T 全国 県 年歳 T 全国 校 5 10 県 年歳 T 全国 県 年歳 T 全国 県 中年歳 T 全国 学 13 県 年歳 T 校全国 県 年歳 T 全国 県 高等学校 年歳 T 全国 県 年歳 T 全国 県 年歳 T

38 (SD: 標準偏差 T: 全国平均を とした県平均の得点 ) 女子 ( 全国平均値は平成 4 年度文部科学省体力 運動能力調査報告書による ) 校種 学年 年齢 区分 握力 (kg) 上体起こし ( 回 ) 長座体前屈 (cm) 反復横とび ( 回 ) 持久走 ( 秒 ) m シャトルラン ( 回 ) m 走 ( 秒 ) 立ち幅とび (cm) ハンドボール投げ (m) 合計点 ( 点 ) ( 女子 1000m) ( 小学生はソフトホ ール投げ ) 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 標本数平均値 SD 全国 県 年歳 T 全国 小 7 県 年歳 T 全国 県 年歳 T 学 全国 県 年歳 T 全国 校 5 10 県 年歳 T 全国 県 年歳 T 全国 県 中年歳 T 全国 学 13 県 年歳 T 校 全国 県 年歳 T 全国 県 高 年歳 T 等学 全国 県 年歳 T 校全国 県 年歳 T

39 3 新体力テストのT 得点換算による比較体力テストの各平均値は 秒 m 回数等のように異なる単位で表される数値であり これらの優劣を比較するためには測定単位を得点に換算する方法が便利である その一つの方法が正規分布と標準偏差の理論にもとづいたT 得点への換算である (1) 計算式 T 得点は 平均値と標準偏差を使って 次の公式で求めることができる 10(X-M) X : 比較したい測定値 ( 集団の場合は平均値 ) T 得点 = + M : もとになる集団の平均値 SD SD: もとになる集団の標準偏差 なお m 走のように測定値が小さい方が優れている種目については次のように求める 10(X-M) 例 :m 走 T 得点 = 持久走 SD () T 得点の活用例本調査における本県 16 歳男子のT 得点を最新の全国データと比較すると次のようになる T 得点 = + 10( 本県の平均値 - 全国平均値 ) 全国の標準偏差 上記の式に各数値をあてはめて計算した T 得点をもとに多角形グラフで表したものが右図であり 全国平均値が 点となるため 破線が全国平均値を表す正 8 角形となり 本県 17 歳女子のT 得点が実線で表されている なお 全国の平均値及び標準偏差は 平成 5 6 年 3 月現在の最新データである平成 5 年 10 月に発表された平成 4 年度調査のものである 右図からは m 走 ボール投げは全国平均より劣るものの 他の種目はほぼ全国平均並みにあるという傾向を読みとることができる 17 歳女子 立ち幅とび ボール投げ m 走 m シャトルラン 握力 上体起こし長座体前屈反復横とび持久走 - 9 -

40 自校と全国を比較する場合の T 得点は下記の式により算出できる T 得点 = + 10( 自校の平均値 - 全国平均値 ) 全国の標準偏差 自校と青森県を比較する場合の T 得点は下記の式により算出できる T 得点 = + 10( 自校の平均値 - 県平均値 ) 県の標準偏差 個人のデータと全国を比較する場合の T 得点は下記の式により算出できる T 得点 = + 10( A くんの平均値 - 全国平均値 ) 全国の標準偏差 T 得点をグラフ化しての比較は 合計点による比較以上に 体力要素の発達バランスを評価す ることができるという利点がある (P31~P33 参照 ) (3) 新体力テストの合計点におけるT 得点の推移 P31 3の図及び表は 平成 18 年度から平成 5 年度までの本県の男女別新体力テストの合計点におけるT 得点 ( 全国平均値を 点とした県平均値の得点 ) の推移を示したものである 6 歳から11 歳 ( 小学校段階 ) では 全般的に平成 18 年度をピークに低下傾向が見られ 近年は全国平均を下回る年度が多いこと 男子はどの学年も昨年度より上昇していること また 女子が男子よりもT 得点が高い傾向にあることが分かる 1 歳から14 歳 ( 中学校段階 ) では 全国平均値を下回る傾向が多いこと 男女とも得点に大きな差は見られないこと 小学校段階 高等学校段階と比べて 年度ごとの得点に大きな変化が見られないこと 男女とも全年齢層において昨年度より上昇していることがわかる 15 歳から17 歳 ( 高等学校段階 ) では 年度によって上下動が激しく安定していないこと 15 歳男女 16 歳男女が全国平均を上回ったことがわかる - -

41 点 T 得点推移 (6 歳 ) 点 T 得点推移 (7 歳 ) 年度 年度 男子 女子 男子 女子 年度 年度 男子 男子 女子 女子 点 T 得点推移 (8 歳 ) 点 T 得点推移 (9 歳 ) 年度 年度 男子 女子 男子 女子 年度 年度 男子 男子 女子 女子 点 55 T 得点推移 (10 歳 ) 点 55 T 得点推移 (11 歳 ) 年度 年度 男子 女子 男子 女子 年度 年度 男子 男子 女子 女子

42 点 T 得点推移 (1 歳 ) 点 T 得点推移 (13 歳 ) 年度 年度 男子 女子 男子 女子 年度 年度 男子 男子 女子 女子 点 55 T 得点推移 (14 歳 ) 点 55 T 得点推移 (15 歳 ) 年度 年度 男子 女子 男子 女子 年度 年度 男子 男子 女子 女子 点 55 T 得点推移 (16 歳 ) 点 55 T 得点推移 (17 歳 ) 年度 年度 男子 女子 男子 女子 年度 年度 男子 男子 女子 女子

43 体力 運動能力テストの T 得点換算による比較 県 T 得点全国 T 得点 6 歳男子 握力 6 歳女子 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン m シャトルラン 7 歳男子 握力 7 歳女子 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン m シャトルラン 8 歳男子 握力 8 歳女子 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン m シャトルラン 9 歳男子 握力 9 歳女子 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン m シャトルラン

44 県 T 得点全国 T 得点 10 歳男子 握力 10 歳女子 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン m シャトルラン 11 歳男子 握力 11 歳女子 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン m シャトルラン 1 歳男子 握力 1 歳女子 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン 持久走 m シャトルラン 持久走 13 歳男子 13 歳女子 握力 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン 持久走 m シャトルラン 持久走

45 県 T 得点全国 T 得点 14 歳男子 握力 14 歳女子 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン 持久走 m シャトルラン 持久走 15 歳男子 15 歳女子 握力 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン 持久走 m シャトルラン 持久走 16 歳男子 握力 16 歳女子 握力 ボール投げ 上体起こし ボール投げ 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン 持久走 m シャトルラン 持久走 17 歳男子 ボール投げ 握力 上体起こし 17 歳女子 ボール投げ 握力 上体起こし 立ち幅とび 長座体前屈 立ち幅とび 長座体前屈 m 走 反復横とび m 走 反復横とび m シャトルラン 持久走 m シャトルラン 持久走

46 Ⅲ 統計資料 1 性別 年齢別体格の全国平均値及び県平均値 ( 体格 体力 ライフスタイル調査 ) 区分年齢 項目 男子女子青森県全国青森県全国体格 体力 ライフスタイル調査学校保健統計調査体格 体力 ライフスタイル調査学校保健統計調査平均値標準偏差平均値標準偏差平均値標準偏差平均値標準偏差 身長 体重 座高 身長 小 7 体重 座高 身長 体重 学 座高 身長 体重 座高 校 身長 体重 座高 身長 体重 座高 身長 体重 中 座高 身長 学 13 体重 座高 校 身長 体重 座高 身長 体重 高 座高 等 身長 体重 学 座高 校 身長 体重 座高 青森県の数値 : 平成 5 年度体格 体力 ライフスタイル調査による ( 主管 : 県教育庁スポーツ健康課 ) 全国の数値 : 平成 5 年度学校保健統計調査による ( 主管 : 文部科学省生涯学習政策局 ) 学校保健統計調査の本県主管課は企画政策部統計分析課

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い 女子の肥満傾向児の出現率 7 歳を除いた全ての年齢で平均を上回る平成 27 年度学校保健統計調査結果速報 ( 分 ) 文部科学省から公表された平成 27 年度学校保健統計調査結果速報のうち 分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内

More information

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) を前年度と比較すると 男子は 5~8,10,11,16 歳で 女子は 7~12,15,17 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 7 減少 4 女子は増加 8 減少 3) 全国平均と比較すると 男子は全ての年齢で 女子は 9~11 歳を除

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) を前年度と比較すると 男子は 5~8,10,11,16 歳で 女子は 7~12,15,17 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 7 減少 4 女子は増加 8 減少 3) 全国平均と比較すると 男子は全ての年齢で 女子は 9~11 歳を除 平成 28 年度学校保健統計調査結果速報 ( 香川県分 ) 文部科学省から公表された平成 28 年度学校保健統計調査結果速報のうち 香川県分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内 149 校 ( 幼稚園 ( 幼保連携型認定こども園を含む

More information

平成11年度学校保健統計調査結果(愛知県分)

平成11年度学校保健統計調査結果(愛知県分) 調査結果の概要 Ⅰ 発育状態 1 体格の平均値 平成 7 年度の幼稚園 及びにおける幼児 児童及び生徒の身長 体重及び座高 ( 平均値 以下同じ ) を年齢別 男女別に見ると次のとおりである 身長体重座高 幼稚園 5 歳 11.5 1. 1.9 19.1 1.3 1.1 歳 11..9.7 115.3.5. 7 歳 1.1 3.5 7. 11. 3.1.9 歳 1.. 7.3 17.1 5.9 9.9

More information

<4D F736F F D A778D5A95DB8C9292B28DB88C8B89CA8A549776>

<4D F736F F D A778D5A95DB8C9292B28DB88C8B89CA8A549776> 平成 22 年度学校保健統計調査結果速報 調査調査結果概要 調査結果概略 1 発育状態 身長 平成 22 年度身長 ( 平均値 以下同じ ) は 5 6 8 14 15 17 歳で前年度同年齢より増加している 平均と比較では 11 歳がと同じ値であるある以外は全て平均以外は全て平均を下回った 身長は 5~7 12 14 16 17 歳で前年度同年齢より増加している 平均と比較では 12 歳が平均を上回った以外は

More information

Microsoft Word - H26_まとめ

Microsoft Word - H26_まとめ 平成 26 年度保健統計調査速報 徳島県統計戦略課 この調査は, 統計法に基づく基幹統計 ( 文部科省所管 ) として実施されるものであり, 各で保健安全法により, 毎年定期的に行われている健康診断の結果から, 児童, 生徒及び幼児 ( 以下 児童等 という ) の発育並びに健康状態を明らかにし, 保健行政上の基礎資料を得ることを目的として, 毎年全国一斉に実施されている統計調査である なお, この速報の数値は概数であり,

More information

< A A778D5A95DB8C92939D8C7692B28DB895F18D908F912E786C73>

< A A778D5A95DB8C92939D8C7692B28DB895F18D908F912E786C73> Ⅱ 調査結果の概要 発育状態 1 身長 体重 座高の平均値平成 25 年度及び平成 24 年度の幼稚園 小学校 中学校 高等学校における幼児 児童及び生徒の身長 体重 座高の平均値を年齢別にみると 表 1のとおりである 表 1 年齢別 身長 体重 座高の平均値 身長 ( cm ) 体 重 (kg) 座 高 (cm) 区 分 女 女女 H25 H24 H25 H24 H25 H24 H25 H24 H25

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 Ⅰ 調査の概要 1 調査の目的本調査は 学校における幼児 児童及び生徒の発育及び健康の状態を明らかにし 学校保健行政上の基礎資料を得ることを目的とする 2 調査の範囲 対象 ⑴ 調査の範囲は 幼稚園 ( 幼保連携型認定こども園を含む 以下同じ ) 小学校 中学校及び高等学校のうち 文部科学大臣があらかじめ指定する学校 ( 以下 調査実施校 という ) とする ⑵ 調査の対象は 調査実施校に在籍する

More information

2.調査結果の概要

2.調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態 (1) 身長 ( 表 1, 図 1) 1 平成 21 年度の男子の身長 ( 全国平均値 以下同じ ) は,7 歳,8 歳,15 歳及び 17 歳で前年度の同年齢より増加している また,5 歳,9 歳,11 歳から14 歳及び16 歳で前年度より減少している 女子の身長は,5 歳,11 歳及び14 歳で前年度の同年齢より増加している また, 9 歳,12 歳,13 歳及び17

More information

Ⅱ 調査結果の概要

Ⅱ 調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態 (1) 身長 ( 表 1, 表 2, 図 1, 図 2) 1 平成 21 年度の男子の身長 ( 全国平均値 以下同じ ) は,7 歳,8 歳,15 歳及び 17 歳で前年度の同年齢より増加している また,5 歳,9 歳,11 歳から14 歳及び16 歳で前年度より減少している 女子の身長は,5 歳,11 歳及び14 歳で前年度の同年齢より増加している また, 9 歳,12

More information

< F2D8C8B89CA8A F2E6A7464>

< F2D8C8B89CA8A F2E6A7464> データからみるからみるの子どもたちのどもたちの体格体格と健康健康について ~ 平成 22 年度学校保健統計調査結果から~ 平成 22 年度学校保健統計調査 の結果を基に 県内の幼稚園 小学校 中学校 高等学校における 5 歳から 17 歳までの子どもたちの体格と健康の状態を次のとおり取りまとめました Ⅰ 発育状態 1. 身長 体重体重 座高座高の平均値 ( 図 1 表 1 表 2) (1) 身長 女子の

More information

Ⅱ 調査結果の概要

Ⅱ 調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 身長 体重 座高の茨城県平均値 (1) 身長子の身長は, 歳,~1 歳,12 歳で前年度より伸びている 各年齢間の身長差は, 11 歳と 12 歳の間が 7.cm と最も大きく 1 歳と 17 歳の間が.3cm と最も小さい なお, 1 歳の 139.cm は過去最高となっている 子の身長は,9~11 歳,17 歳で前年度より伸びている 各年齢間の身長差は,1

More information

2.調査結果の概要

2.調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態 (1) 身長 ( 表 1, 表 2, 図 1, 図 2) 1 平成 24 年度の男子の身長 ( 全国平均値 以下同じ ) は,6 歳,7 歳,13 歳及び 16 歳で前年度の同年齢より低くなっている また,9 歳,10 歳,12 歳及び15 歳で前年度より高くなっている その他の年齢では, 前年度と同じ数値となっている 女子の身長は,9 歳,10 歳及び14 歳で前年度の同年齢より低くなっている

More information

(2) 体重 平成 25 年度の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における幼児 児童及び生徒の体重 ( 県平均値 以下同じ ) については次のとおりである 1 前年度との比較 ( 表 2) 男子の体重は 6 歳 11 歳 13~17 歳で 前年度の同年齢より.2~2. kg増加しており 最 も増加し

(2) 体重 平成 25 年度の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における幼児 児童及び生徒の体重 ( 県平均値 以下同じ ) については次のとおりである 1 前年度との比較 ( 表 2) 男子の体重は 6 歳 11 歳 13~17 歳で 前年度の同年齢より.2~2. kg増加しており 最 も増加し Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態調査結果 (1) 身長 平成 25 年度の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における幼児 児童及び生徒の身長 ( 県平均値 以下同じ ) については次のとおりである 1 前年度との比較 ( 表 1) 男子の身長は 6 歳 11~12 歳 14~16 歳で 前年度の同年齢より.1~.7 cm増加しており 最も増加しているのは 16 歳の.7 cmである 1 歳及び 17

More information

Microsoft Word - H26 学校保健概要

Microsoft Word - H26  学校保健概要 特集 26 年度校保健統計調査結果の概要 労働力 事 農林班電話 043-223-2220 Ⅰ 調査の概要 1. 調査の目的この調査は 統計法に基づく基幹統計調査として 校における幼児 児童及び生徒の発育及び健康の状態を明らかにすることを目的とする 2. 調査の根拠統計法 ( 19 年法律第 53 号 ) 統計法施行令 ( 20 年政令第 334 号 ) 及び校保健統計調査規則 ( 昭和 27 年文部省令第

More information

01_表紙

01_表紙 2 7 学校保健統調査結果 28 年 1 月 22 日 新潟県総務管理部統課 生活統班人口 教育担当 TEL 025-285-5511( 内線 2437) 025-280-5420( 直通 ) 目 次 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 結果の概要 1 発育状態 2 参考資料 都道府県別体位の比較(17 歳 ) 8 2 健康状態 9 3 肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率 14 統 表 表 -1 新潟県の平均体位と全国平均との比較

More information

目 次 調査の概要 2 調査結果の概要 1 発育状態調査 (1) 身長 体重 座高の状況 3 ア身長 4 イ体重 4 ウ座高 5 (2) 身長 体重 座高の推移 6 ア身長 6 イ体重 8 ウ座高 10 (3) 全国平均値との比較 12 ア身長 12 イ体重 14 ウ座高 16 2 健康状態調査 (

目 次 調査の概要 2 調査結果の概要 1 発育状態調査 (1) 身長 体重 座高の状況 3 ア身長 4 イ体重 4 ウ座高 5 (2) 身長 体重 座高の推移 6 ア身長 6 イ体重 8 ウ座高 10 (3) 全国平均値との比較 12 ア身長 12 イ体重 14 ウ座高 16 2 健康状態調査 ( 26 年度学校保健統計調査福井県の概要 ( 速報 ) 27 年 1 月 福井県総合政策部政策統計 情報課 目 次 調査の概要 2 調査結果の概要 1 発育状態調査 (1) 身長 体重 座高の状況 3 ア身長 4 イ体重 4 ウ座高 5 (2) 身長 体重 座高の推移 6 ア身長 6 イ体重 8 ウ座高 10 (3) 全国平均値との比較 12 ア身長 12 イ体重 14 ウ座高 16 2 健康状態調査

More information

<8C8B89CA8A C8E DA8E9F292E786477>

<8C8B89CA8A C8E DA8E9F292E786477> 平成 25 年度 学校保健統計調査 ( 福岡県 ) 福岡県企画 地域振興部調査統計課 はじめに 学校保健統計調査は 学校における幼児 児童及び生徒の発育及び健康の状態を明らかにし 学校保健行政上の基礎資料を得ることを目的として 文部科学省が 学校保健統計調査規則 ( 昭和 27 年文部省令第 5 号 ) 及び 学校保健統計調査要綱 に基づいて実施している基幹統計調査です この統計は 学校保健安全法に基づいて毎年

More information

00 表紙・奥付・しきり紙等

00 表紙・奥付・しきり紙等 平成 25 年度 学校保健統計調査報告書 平成 26 年 1 月 栃木県県民生活部統計課 目 次 Ⅰ 調査の概要ページ 1 調査の目的 1 2 調査の範囲 対象 1 3 調査事項 1 4 調査の期日及び方法 1 5 報告書利用上の留意点 1 6 調査実施状況 2 7 検査項目の調査対象者 2 8 報告書利用上の注意 2 Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態 (1) 児童等の身長 体重 座高 3 (2)

More information

[学校保健統計調査]

[学校保健統計調査] 平成 27 年度 学校保健統計調査速報 ( ) 平成 28 年 1 月 22 日 企画振興部統計企画課 目 次 学校保健統計調査の概要 1 利用上の注意 2 調査結果の概要 Ⅰ 発育状態 1 身長 5 2 体重 7 3 座高 9 Ⅱ 健康状態 1 疾病 異常の被患率等別の状況 1 2 主な疾病 異常被患率等の推移 11 3 主な疾病 異常被患率等の詳細 11 Ⅲ 肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率 1

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

教育庁 表紙のコピー

教育庁 表紙のコピー 平成 4 年度 東京都の学校保健統計書 定期健康診断疾病異常調査 平成 5 年 月 東京都教育委員会 まえがき 東京都教育委員会では 児童 生徒の健康実態を把握し 健康教育や学校保健行政の基礎資料となるよう 今年度も区市町村教育委員会及び全公立学校の御協力により 東京都の学校保健統計書 を発刊することになりました この 統計書 は 都内の公立学校の児童 生徒の全数調査であり その対象者数がおよそ 9

More information

しおり改訂版_5.indd

しおり改訂版_5.indd 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 ⒉ 足に関する実態調査報告 ⒈ 調査結果の概要 ⑴ 計測値からみた足の発育 小学校に入学したばかりの子ども達の足は 0cm にも満たないかわいらしい足ですが 既に この調査は 児童生徒 小学校 年生から高等学校 3 年生までを対象として の足の計測及び 発育のピークを迎えていて 男女とも足長は.5cm/ 年 足幅は

More information

3 睡眠時間について 平日の就寝時刻は学年が進むほど午後 1 時以降が多くなっていた ( 図 5) 中学生で は寝る時刻が遅くなり 睡眠時間が 7 時間未満の生徒が.7 であった ( 図 7) 図 5 平日の就寝時刻 ( 平成 1 年度 ) 図 中学生の就寝時刻の推移 図 7 1 日の睡眠時間 親子

3 睡眠時間について 平日の就寝時刻は学年が進むほど午後 1 時以降が多くなっていた ( 図 5) 中学生で は寝る時刻が遅くなり 睡眠時間が 7 時間未満の生徒が.7 であった ( 図 7) 図 5 平日の就寝時刻 ( 平成 1 年度 ) 図 中学生の就寝時刻の推移 図 7 1 日の睡眠時間 親子 1) 生活習慣の状況 1 朝食について 朝食を毎日食べる と答えた割合は 小中学生共に平成 15 年と比較すると 平成 年は 以上に増加していた 高校生も朝食を摂る割合がやや増加している 学年が進むにつれ朝食をとる割合の減少傾向がみられる ( 図 1) また 朝の気分が いつもすっきりしている と答えた割合は 平成 15 年と比較すると小中学生では少なくなり ( 図 ) 朝食を家族と食べる割合は小学生では.7

More information

-218-

-218- -217- -218- -219- -220- -221- -222- -223- -224- 52-225- -226- -227- -228- 2007 1-229- -230- -231- -232- -233- -234- 1 2-235- -236- -237- -238- -239- -240- -241- -242- -243- -244- -245- -246- -247- 95.69

More information

5 7つの生活習慣 主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防を推進するため 7つの生活習慣の改善に取り組みます 1 栄養 食生活 7つの生活習慣 栄養は 不足しても過剰になっても人体に影響を与え 疾患が生じる原因になります 栄養 食生活に関する正しい知識を身につけ 質 量ともにバランスのとれた食事を摂ることが必要です 課 題 男性の4人に1人が肥満です 特に若い男性に増えています 若い女性のやせが増えています

More information

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , ,

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , , p.2 p.3 25 p. 4p.5 1,158699 2,875 25 p. 6p. 15 484333 310 23-25 p.16 p. 27 31325 2,213,473 24 2,058,412 23 1,943,271 313 3 699 2,875 63.31% 36.69% 47.70% 18.22% p.4 p.5 13% 25.22% 20.74% 16.23% p.6 16.76%

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン Ⅲ 埼 玉 教 育 の 課 題 教 育 を 取 り 巻 く 社 会 の 動 向 を 背 景 に 本 県 の 教 育 の 課 題 として (1) 学 び や 自 立 (2) 心 や 体 (3) 学 校 教 育 (4) 家 庭 や 地 域 の 教 育 (5) 生 涯 学 習 やス ポーツ の5つに 大 きく 整 理 することができます (1) 学 びや

More information

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正)

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正) Ⅱ 各種世帯の所得等の状況 平成 28 年調査 の所得とは 平成 27 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間の所得であり 貯蓄 借入金とは 平成 28 年 6 月末日の現在高及び残高である なお 生活意識については 平成 28 年 7 月 14 日現在の意識である 1 年次別の所得の状況 平成 27 年の 1 世帯当たり平均所得金額 ( 熊本県を除く ) は 全世帯 が 545

More information

2

2 2008 No.236 2 4 5 6 7 9 8 11 10 12 [ ESSAY ] MY HOBBY IS RADIO PROGRAMS PRODUCTION 13 85 81 82 83 84 90 85 86 87 88 90 89 91 92 メタボ対策にもってこい 特定健診 特定健診 異常値を早期発見し 早期治療 へ導くための健診でした 異常値になる前にそのリスク対象者を発見して 生活習慣を改善し健康へ導くための健診です

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

hyou-1

hyou-1 2 3 4 5 6 7 8 9 スポーツ少年団 新体力テスト開催される 12 月 6 日 土 に町体育館及び小学校校庭を会場に スポーツ少年団本部主催の体力テストが実施され 総 勢 50 名の団員が 50m走 ソフトボール投げ 反復横 とび 握力 長座体前屈 20mシャトルラン 上体 起こし 立ち幅とびの 8 つの種目を測定しました 測定結果は 握力 長座体前屈 反復横とび シ ャトルラン 50m走

More information

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年 21 年 1 月 29 日発行 21 年 8 月期 1 都 3 県賃貸住宅指標 ~ 意外と広い? 東京 23 区内の賃貸住宅専有面積 ~ 1. 賃貸住宅指標概況 東京都 全域 23 区 市部 会社名 : 株式会社タス所在地 : 東京都中央区八丁堀 2-25-9 トヨタ八丁堀ビル 7F 3-6222-123( 代表 ) 3-6222-124(FAX) http://www.tas-japan.com/

More information

   

    - 207 - 23.5.1-208 - - 209 - - 210 - - 211 - - 212 - - 213 - FIFA 2011 WBC - 214 - - 215 - 平成 23 年度全国高等学校総合体育大会 2011 熱戦再来北東北総体 8 位入賞一覧表 順位競技名種目氏名 学年 ( 学校名 ) 1 位 アーチェリー男子個人今井雅樹 ( 北大津 3 年 ) レスリング男子 120kg

More information

学力向上のための取り組み

学力向上のための取り組み スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 堺市教育委員会事務局生徒指導課 社会の変化と複雑化 多様化する課題 少子化 核家族化 情報化 など社会の変化 家族形態の変容 人間関係の希薄化 情報の氾濫 価値観の多様化など いじめ 不登校 暴力行為 虐待 ひきこもり 家庭内暴力など 学校の抱える課題が 複雑化 多様化している 心理や福祉の専門家と連携した組織的な対応が必要 専門家と連携した対応例

More information

共済だより.indd

共済だより.indd 新 年 明 けましておめでとうございます 第 1 区 第 2 区 人間ドック 受けっぱなしになっていませんか 共済組合では 組合員の皆様が 健康で充実した生活を過ごしていただくための疾病予防対策とし て 人間ドック受に要した費用の助成事業を行っています 今回 平成21年4月から平成22年3月までの1年間の間に人間ドックを受された組合員の方を 対象として どのような異常を発見されたかなどを調しました

More information

第 2 章計画の背景 1 ぎふスポーツ振興計画の総括 1 ぎふスポーツ振興計画について本県では 平成 17 年 3 月に ぎふスポーツ振興計画 を策定し スポーツ王国 ぎふ の実現を目指して (1) 生涯スポーツの振興 (2) 競技スポーツの振興 (3) 学校における体育 スポーツ の3つの分野を主

第 2 章計画の背景 1 ぎふスポーツ振興計画の総括 1 ぎふスポーツ振興計画について本県では 平成 17 年 3 月に ぎふスポーツ振興計画 を策定し スポーツ王国 ぎふ の実現を目指して (1) 生涯スポーツの振興 (2) 競技スポーツの振興 (3) 学校における体育 スポーツ の3つの分野を主 第 2 章 計画の背景 11 第 2 章計画の背景 1 ぎふスポーツ振興計画の総括 1 ぎふスポーツ振興計画について本県では 平成 17 年 3 月に ぎふスポーツ振興計画 を策定し スポーツ王国 ぎふ の実現を目指して (1) 生涯スポーツの振興 (2) 競技スポーツの振興 (3) 学校における体育 スポーツ の3つの分野を主要分野とし 各分野に目標を掲げ 平成 17 年度から平成 26 年度までの

More information

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年)

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年) 八街市民憲章 わたくしたちの八街は 開拓の歴史と恵まれた自然環境の中で 先人の努力によって栄えてきたまちです わたくしたちは ヒューマンフィールドやちまた を目指して 調和のとれたよりよいまちづくりのために この憲章を定めます 1. 郷土を愛し 文化のかおり高いまちにしましょう 1. 自然を大切にし 潤いのある美しいまちにしましょう 1. きまりを守り 明るく住みよいまちにしましょう 1. おもいやりのある

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ( 注 ) 当該データ及び数値を利用したことについて生じる結果について NRI は 一切の責任を負うものではなく また 当該データ及び数値の内容について 完全性 最新性 特定目的への適合性等 一切の保証を行いません また 利用者が 利用者の判断の主要な根拠として依拠すべきものではなく 利用者は 行おうとする取引について 必要に応じ ビジネス アドバイザー 弁護士 税理士 会計士等の専門家と相談するようお願いいたします

More information

2008/3/4 調査票タイトル : ( 親に聞く ) 子どものダイエットについてのアンケート 調査手法 : インターネットリサーチ ( ネットマイル会員による回答 ) 調査票種別 : Easyリサーチ 実施期間 : 2008/2/22 14:28 ~ 2008/2/22 21:41 回答モニタ数

2008/3/4 調査票タイトル : ( 親に聞く ) 子どものダイエットについてのアンケート 調査手法 : インターネットリサーチ ( ネットマイル会員による回答 ) 調査票種別 : Easyリサーチ 実施期間 : 2008/2/22 14:28 ~ 2008/2/22 21:41 回答モニタ数 2008/3/4 http://research.netmile.co.jp/ 2008/3/4 調査票タイトル : ( 親に聞く ) 子どものダイエットについてのアンケート 調査手法 : インターネットリサーチ ( ネットマイル会員による回答 ) 調査票種別 : Easyリサーチ 実施期間 : 2008/2/22 14:28 ~ 2008/2/22 21:41 回答モニタ数 : 750 ネットマイルでは子どものダイエットについて

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb Graduate School of Policy and Management, Doshisha University 17 職務満足度からみる学校図書館の現状 概要 5 1. 差異と認識のズレ 学校図書館に影響するネガティブ要因の探索 1 18 1 2.2 2 1 3 4,5,6 図 1 学校図書館で働く人の雇用上の立場の差異 1 1953 1997 2014 1990 2 28 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/dokusho/link/

More information

沖縄県教育庁提出資料 1

沖縄県教育庁提出資料 1 資料 4 沖縄県説明資料 沖縄県教育庁提出資料 1 沖縄県企画部提出資料 12 沖縄県教育庁提出資料 1 2 平成 29 年 3 月 15 日 人材育成に係る専門委員会合 小中高の現状 課題 沖縄県教育庁 3 沖縄県の公立小 中学校における現状と課題について 事項現状 学習状況について 小学校 中学校 全国学力 学習状況調査の平均正答率の全国と本県の差 ( 小学校 ) 全国学力 学習状況調査の平均正答率の全国と本県の差

More information

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 第 1 章 妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 滝沢美津子 本調査の対象となった妻の年齢は 妊娠期の調査時で20 歳から41 歳であり ( 平均 30.2 歳 ) およそ 2 世代が含まれるような広い分布となっている 本章では妻の年齢によって妊娠 出産の理由や分娩様式 育児期のサポートに特徴があるかどうかを 妊娠期の調査時の4つの年齢グループ (24 歳以下 25 29 歳 30 34 歳 35 歳以上

More information

あさか9月号 2015 ○/9月 生涯学習 ようこそ

あさか9月号 2015 ○/9月 生涯学習 ようこそ ASAKA LIFELONG LEARNING INFORMATION スポーツ レクリエーション 第60回記念 ようこそ あさかの生涯学習へ 楽しい種目がいっぱい みんな来てね 午前8時開会 朝霞市民体育祭 10月11日 主催 朝霞市 朝霞市教育委員会 朝霞市体育協会 会場 朝霞中央公園陸上競技場 参加対象であればどなた でも参加できる競技です 当日直接会場へお越しください 種目 地区の代表選手による競

More information

untitled

untitled いる あるいは作成予定である高等学校を対象に シラバスの作成と活用に関する聴き取り調査を7 月に行いました その結果 既にシラバスを導入している学校では 活用法を開発したり 改善の手立てを講じたりして 効果的な活用をめざした取組を進めており シラバスを学習指導に活用して顕著な成果を上げている学校もあることがわかりました 本資料はそうした先進校の実践例をまとめたものです 聴き取り調査協力校及び本誌掲載資料提供校

More information

かたがみ79PDF用

かたがみ79PDF用 No.79 2009 11 見ス 守ク らー れル てガ のー 登ド 下の 校み な さ ん に お問い合わせは 潟上市教育委員会総務学事課 877-7803 せは 潟上市教育委員会総務学事課 877 7803 地域とのかかわりが 子どもたちを育てます 子どもたちは 家庭 や 学校 の中だけでは 家族 全国学力 学習状況調査の結果から 家庭 地域 への関心増す

More information

<8E9197BF31305F B E8D8096DA2E786C7378>

<8E9197BF31305F B E8D8096DA2E786C7378> 資料 10 エラー 特定事業者 ( 特定連鎖化事業者 ) 定期報告書 ( 特定表 指定表 ) エラー 参考 : 平成 25 年度工場等判断基準遵守状況等分析調査エラー 様式 様式 9 で作成されている 表の抜け 特定 1~8 10 12 表に記入がある 全体 表の抜け 特定 10 表に指定工場等が記載されている場合 工場毎に指定 1 2 4~9 表がある 指定工場のエネルギー使用量と事業者全体のエネルギー使用量の関係

More information

02 28結果の概要(3健康)(170622)

02 28結果の概要(3健康)(170622) Ⅲ 世帯員の健康状況 1 自覚症状の状況 病気やけが等で自覚症状のある者 有訴者 ( 熊本県を除く ) は人口千人当たり 35.9( この割合を 有訴者率 という ) となっている 有訴者率 ( 人口千対 ) を性別にみると 27 337.3 でが高くなっている 齢階級別にみると 1~19 歳 の 166.5 が最も低く 齢階級が高くなるにしたがって上昇し 8 歳以上 では 5.2 となっている (

More information

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して テクノロジーの利用により 共働き夫婦における最大のストレス要因である 家事 / 育児分担 と 夫婦のコミュニケーション が改善 男性の家事 / 育児への関わりも進む 共働き夫婦において 働き続ける上で挙げられる課題は家事 / 育児の分担や 互いの仕事とプライベートの調整など 時間の使い方 にまつわるもの Google Women Will Project は 女性が働き続けられる社会を目指し 時間の使い方

More information

第4章 人権問題のこれまでの取り組み 現状と課題 施策の方向 施策の方向 さらに 障害者や高齢者の暮らしやすい町づ 高齢者がたとえ寝たきりや認知症等になって くりを推進するとともに 高齢者の人権問題に も 人間としての尊厳が守られ できる限り自 係る啓発活動の取り組みの推進に努めます 立して 社会とのかかわりを持ちながら生活で きるよう 築上町老人保健福祉計画 等に基づ 高齢者の生きがい対策の推進

More information

タイトル 著者 引用 手術室看護師のストレスとモチベーションの関連 : 国立大学病院と公立大学病院の比較須藤, 絢子 ; Sudo, Ayako 北海学園大学大学院経営学研究科研究論集 (14): 29-40 発行日 2016-03 手術室看護師のストレスとモチベーションの関連 須藤) 表 2-2 属 性 性別 項 35 立大学病院の手術室看護師における属性 11項目と尺度との比較 目

More information

中学校保健体育第 3 学年 補助資料 3 23 平成 24 年度から新学習指導要領の内容を完全実施することになっています 新学習指導要領で新しく追加になった内容を新教科書より抜粋してまとめました 追加内容 体育編 3 章文化としてのスポーツの意義 保健編 4 章 1 保健 医療機関や医薬品の有効利用 保健編 4 章 16 個人の健康を守る社会の取り組み ( 一部, 新内容 ) 3243 1 2 1

More information

大 学 生 との 協 働 による 食 育 元 気 教 室 の 開 催 保 育 園 幼 稚 園 小 中 学 校 の 園 児 児 童 生 徒 を 対 象 に 日 本 大 学 短 期 大 学 部 食 物 栄 養 学 科 と 連 携 した 専 門 知 識 と 学 生 の 感 性 を 生 かした 味 覚 教

大 学 生 との 協 働 による 食 育 元 気 教 室 の 開 催 保 育 園 幼 稚 園 小 中 学 校 の 園 児 児 童 生 徒 を 対 象 に 日 本 大 学 短 期 大 学 部 食 物 栄 養 学 科 と 連 携 した 専 門 知 識 と 学 生 の 感 性 を 生 かした 味 覚 教 第 4 章 取 り 組 みの 内 容 2 目 標 別 取 り 組 み 内 容 第 3 章 で 示 した 推 進 体 系 の 基 本 目 標 単 位 に この 目 標 を 達 成 するために 行 う 取 り 組 み の 方 向 に 沿 って 具 体 的 に 進 める 方 策 について 示 します の 印 は 食 育 推 進 重 点 プロジェクト 掲 載 事 業 人 が 健 康 で 豊 かな 人 間 性

More information

学校用(1)

学校用(1) 統計法に基づく基幹統計調査 まえがき 平成 2 8 年度 学校保健統計調査の手引 ( 学校用 ) 目 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 調査票の提出について 3 Ⅲ 調査票の作成上の注意 Ⅳ 調査対象者の抽出方法 次 5 6 Ⅴ 調査票の作成について 7 1 発育状態調査 7 2 健康状態調査 9 裸眼視力の記入例 24 Ⅵ 政府統計オンライン調査システムの利用方法 25 ( 参考 ) よくある質問集 48

More information

<4D F736F F D B835C83694E6F2E BE0914B8AB48A6F82C692998BE082CC8EC091D E646F63>

<4D F736F F D B835C83694E6F2E BE0914B8AB48A6F82C692998BE082CC8EC091D E646F63> 2015 年 7 月 27 日 調査レポート 実践女子大学人間社会学部実践 ペルソナ 研究会 実践 ペルソナ 通信 (No.8) 実践女子大生の金銭感覚と貯金の実態 に関する調査結果 ~ 最もお金がかかっているのは 趣味 ひと月にお金が残る人 8 割 ~ 実践女子大学人間社会学部 ペルソナ 研究会は 実践女子大学生を対象に 金銭感覚と貯金 についてアンケート調査を実施しました 有効回答者数は 63

More information

平成6年2月1日 597 87 とか 看護婦や医療ソシアルワーカーによる面接で概 どの措置をとることなどが義務付けられている なお 要をチェックし それを基にして主治医が最も重要な これらの措置は法ないし規則の定めるところであり 問題点を確かめるのがよい その通知は文書の形で行われるのが望ましい 精神衛生問題や教育問題などの援助機関として利用 前記の学校の法的義務に対する責任は 当然学校に 可能なものを準備しておき

More information

OTEMON GAKUIN

OTEMON GAKUIN 2012 平成24 年度 追手門学院 事業報告書 OTEMON GAKUIN 2012 02 02 29 29 03 30 31 32 34 03 04 05 07 08 09 10 35 36 37 39 11 40 41 42 43 14 17 19 20 44 24 25 26 27 01 OTEMON GAKUIN 2012 02 ❶ 法人の概要 追手門学院の3つの基本目標 Ⅰ. 学院の教育理念

More information

00.xdw

00.xdw 地域及び職場における 食生活改善のための取組の推進 スーハ ーマーケット 飲食店における普及啓発活動 1 地域保健福祉センター, 医療福祉施設, スーハ ーマーケット, 飲食店, 職場の食堂等における普及啓発 食育 健康づくり推進課 にいがた子ども食事バランスガイド の普及啓発 2 新潟市版食事バランスガイド の作成, 活用促進 保健所健康衛生課 にいがた地域版食事バランスガイド の 作成 活用の促進

More information

28(宣)中社小中パンフ表1-small

28(宣)中社小中パンフ表1-small 小学校社会科と中学校社会科とをつなぐための視点 唐木清志 2 3 小学校での4 年間の社会科学習と 中学校 3 年間の社会科学習とを系統的に接続 新編 新しい社会 では 小学校 3 年生から 6 年生までの 4 年間の学習と 中学校 3 年間の学習とを系統的に接続し 7 年間 の社会科学習 が展開できるように配慮しました 地理 歴史 公民の各分野の教科書では 単元の冒頭に 小学校で学習した用語や資料を使って

More information

1 国の動向 平成 17 年 1 月に中央教育審議会答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について が出されました この答申では 幼稚園 保育所 ( 園 ) の別なく 子どもの健やかな成長のための今後の幼児教育の在り方についての考え方がまとめられています この答申を踏まえ

1 国の動向 平成 17 年 1 月に中央教育審議会答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について が出されました この答申では 幼稚園 保育所 ( 園 ) の別なく 子どもの健やかな成長のための今後の幼児教育の在り方についての考え方がまとめられています この答申を踏まえ 第 2 章幼児教育の現状と課題 3 1 国の動向 平成 17 年 1 月に中央教育審議会答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について が出されました この答申では 幼稚園 保育所 ( 園 ) の別なく 子どもの健やかな成長のための今後の幼児教育の在り方についての考え方がまとめられています この答申を踏まえ 文部科学省では 平成 18 年 10 月には 幼児教育振興アクションプログラム

More information

第4回

第4回 Excel で度数分布表を作成 表計算ソフトの Microsoft Excel を使って 度数分布表を作成する場合 関数を使わなくても 四則演算(+ */) だけでも作成できます しかし データ数が多い場合に度数を求めたり 度数などの合計を求めるときには 関数を使えばデータを処理しやすく なります 度数分布表の作成で使用する関数 合計は SUM SUM( 合計を計算する ) 書式 :SUM( 数値数値

More information

で は, 前面において約 50%, 側面では約 20~30% 程度多い傾向にあった この傾向は,

で は, 前面において約 50%, 側面では約 20~30% 程度多い傾向にあった この傾向は, Title 姿勢変化による腹部脂肪厚の変化 Author(s) 中原, 五十鈴 Citation 文化女子大学紀要. 服装学 生活造形学研究 25(1994-01) pp.67-78 Issue Date 1994-01-31 URL http://hdl.handle.net/10457/2218 Rights http://dspace.bunka.ac.jp/dspace で は, 前面において約

More information

_鶴見区10月号_1頁.ai

_鶴見区10月号_1頁.ai 広報よこはま鶴見区版 区の人口 274,512 人 世帯数 125,759 世帯 平成 23 年 9月1日現在 10 2011年(平成23年) 10月号 No.168 鶴見区マスコットキャラクター ワッくん http://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/ よ す で 秋 さあ健康づくりに 取り組もう スポーツの秋 食欲の秋 読書の秋 など 秋はさまざまな事に取り組んだり

More information

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導対象者の選定と階層化 (1) 保健指導対象者の選定と階層化の基準 1) 基本的考え方生活習慣病の予防を期待できる内臓脂肪症候群 ( メタボリックシンドローム ) の選定及び階層化や 生活習慣病の有病者 予備群を適切に減少させることができたかを的確に評価するために 保健指導対象者の選定及び階層化の標準的な数値基準が必要となる 2) 具体的な選定 階層化の基準 1 内臓脂肪型肥満を伴う場合の選定内臓脂肪蓄積の程度を判定するため

More information

表紙.tp3

表紙.tp3 国立特殊教育総合研究所研究紀要 第30巻 2003 (技術報告) アクセシビリティに配慮したWeb教材コンテンツ開発事例 特殊教育学習ソフトウェアコンクール入選作品のWeb教材化と アクセシビリティ機能の付加について 棟 方 哲 弥 船 城 英 明* 中 村 均 情報教育研究部 学研デジタルコンテンツ事業部* 要旨 平成13年度文部科学省教育用コンテンツ開発事業で公開された 特別支援教育に役立つWeb教材コンテンツ注1

More information

tokusyu.pdf

tokusyu.pdf LD ADHD HFA 1999/7 ADHD ADHD Q 担任の役割は Q 学校全体の役割は 担任が LDやDHD等に対する正し 担任だけの問題とせず 学校全体で支え い理解をすることが大切です る体制づくりが必要です 単なるわがままととらえたり 根性論や 新たに 校内支援委員会 を組織したり 指導力不足で片づけたりしないことが大 就学指導委員会 等を活用して 児童 切です 生徒への具体的な支援について共通理解

More information

年月 福島大学研究年報 第号 破線により上下に区分し 良い感情表現 と 悪い 感情表現 を示した その上で それぞれの感情表 現について 感想文の該当箇所と突き合わせて分類名 の妥当性を確認し分類名称を整理した 結果及び考察 感情表現 二区分 の推移 良い感情表現 と 悪い感情表現 の 授業ごと の延べ人数を表に示した またその割合を 対比さ せる形で図に示した 良い感情表現 と 悪い感情表現 を合わせた延

More information

出産・育児・パートナーに関する実態調査(2015)

出産・育児・パートナーに関する実態調査(2015) 1 年 9 月 1 日 出産 育児 パートナーに関する実態調査 (1) 出産費用は平均 43.6 万円 立ち会い出産率は 28% で 代では 3 割以上 産後の女性は親としても異性としても自己評価が厳しい 一方 男性は妻に対して寛容で 18% が妻を 子どもの親 として 点満点と回答 株式会社リクルートライフスタイル ( 本社 : 東京都千代田区 代表取締役社長 : 淺野健 ) に設置された出産 育児に関する調査

More information

Ⅲ データの入力 栄養報告 ( 週報 ) ファイル を構成する入力シートとデータの入力について説明します 1 シートの構成メニュー入力シート (1 日目 ) ~ 入力シート (5 日目 ) 1 日目 ~ 5 日目 報告年月 報告対象学校名等の基本情報を入力するシートです また 入力データの集計や報告

Ⅲ データの入力 栄養報告 ( 週報 ) ファイル を構成する入力シートとデータの入力について説明します 1 シートの構成メニュー入力シート (1 日目 ) ~ 入力シート (5 日目 ) 1 日目 ~ 5 日目 報告年月 報告対象学校名等の基本情報を入力するシートです また 入力データの集計や報告 学校給食栄養報告データ集計システム操作マニュアル Ⅰ 栄養報告 ( 週報 ) ファイルの概要給食栄養報告 ( 週報 ) ファイルは 学校給食の報告データを入力するシートと入力データを集計する機能で構成されています 報告データ作成までの大まかな流れは次のようになります 1 入力ファイルのコピー長野県教育委員会のホームページから 栄養報告 ( 週報 ) 入力ファイル をハードディスクの任意のフォルダにコピーします

More information

かいこうず.indd

かいこうず.indd 第 48 号 平成 22 年7月発行 放送大学 鹿児島学習センター 892-8790 鹿児島市山下町 14 番 50 号 099 239 3811 FAX 099 239 3841 E-mail kagoshima46@ouj.ac.jp 私が身につけたい態度 客員教授 土 田 理 鹿児島大学教授 1997年に OECD 加盟国が PISA the Programme して抽出することを目指している

More information

() () 160,000 140,000 7,000 6,000 120,000 5,000 100,000 60,000 40,000 20,000 0 180,0005557596163246810121416182022 4,000 3,000 2,000 1,000 0 8,0005557596163246810121416182022 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0

More information

01.eps

01.eps 岐阜県内の主な活断層と海溝型地震 層 断 地 断 大原 山 寺 地域の危険度マップ 地震ハザードマップを作成するにあたり 震 地震 層帯 町では 地震による被害が大きいとされる 関ヶ原 養老断層系地震 と 切迫性の 高い 複合型東海地震 を想定地震として 町で予想される震度 建物の被害状況を 平成17年3月に内閣府が策定した 地震防災マップ作成技術資料 にもとづき計算 阿 高 跡 川 津 地域の危険度マップとは

More information

P01-16

P01-16 はじめに 名と栄養士1名が働 臨床栄養マネジメント室には 管理栄養士 いています 当財団内の芦ノ牧温 泉病院 介護老人保健施設エミネ ンス芦ノ牧 竹田指定居宅介護支 援事業所へは当室の管理栄養士が 出向しています それぞれの施設 で治療の一つとして必要な食事療 法の説明や 食欲や食事量が低下 しやすい高齢の方 疾患を持つ方 の食事を個別に調整し より良い 栄 養 状 態 と す る た め の 栄

More information

スライド 1

スライド 1 平成 22 度 大阪府学力テスト 小学校第 4 学 小学 4 小学 5 小学 6 中学 1 中学 2 中学 3 結果分析 /Data 編 国語 算数 領域 観点 形式別正答率一覧表 ヒストグラム レーダーチャート 問題別正答率 大阪府教育センター 小学校第 4 学 H22 度 H21-22 度 H20-22 全問題数 17 問 全問題数 18 問 20 問 国語 正答率 45.9% 誤答率 44.6%

More information

to~ard ~19 の数詞の不規則きである ll, 12 は, 日本語では 10 進法にもとづく算用数字の記数法そのままに わが国では 乗法九九は小学校 2 年生の後半のわずか 1~2 か月 文部省の学習指導要領によれば約 20 つけている児童の割合は 4O ~50% というほぼ一致した結果がでている とすれば このあたりがアメリカ 乞 αi~ ンり

More information

スライド 1

スライド 1 平成 21 度 大阪府学力テスト 結果分析 /DATA 編 小学 4 小学 5 小学 6 中学 1 中学 2 中学 3 国語 区分別正答率等一覧表 国語 ヒストグラム + レーダーチャート 算数 区分別正答率等一覧表 算数 ヒストグラム + レーダーチャート 大阪府教育センター 小学校 4 生 H21 度 H21 度 H&21 A 問題 18 問 問 問 国語 正答率 54.2% 誤答率 34.1%

More information

解析センターを知っていただく キャンペーン

解析センターを知っていただく キャンペーン 005..5 SAS 問題設定 目的 PKパラメータ (AUC,Cmax,Tmaxなど) の推定 PKパラメータの群間比較 PKパラメータのバラツキの評価! データの特徴 非反復測定値 個体につき 個の測定値しか得られない plasma concentration 非反復測定値のイメージ図 測定時点間で個体の対応がない 着目する状況 plasma concentration 経時反復測定値のイメージ図

More information

1 1 2 3 2,000 85,100 50% 41.1% 1,600 584,479 66,325 33.1% 30.5% 32.7% 1,200 30.2% 547,372 24.7% 545,252 800 338,958 400 591,520 418,952 27.8% 44.8% 40% 137,886 30% 221,369 365,541 20% 17.1% 589,675 10%

More information

WTENK5-15_26234.pdf

WTENK5-15_26234.pdf 434 3 賛助会員の動向 6 会員の入 退会 漸減 2011年の震災後に大口の賛助会員の減少あ り (1) 入 退会者数の動向 4 年齢層別 会員区 退会者数は漸増 入会者は漸減傾向にある 別の個人会員構成 40歳台前半にピーク 主要部 は35歳から50歳ま 注 2002 2005年の不自然な変動は退会処理の違いによ るもの で (2) 会員の継続率 1993年以降の各年の入会者のうち 継続して会員で

More information

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc 2 糖尿病の症状がは っきりしている人 尿糖が出ると多尿となり 身体から水分が失われ 口渇 多飲などが現れます ブドウ糖が利用されないため 自分自身の身体(筋肉や脂肪)を少しずつ使い始めるので 疲れ やすくなり 食べているのにやせてきます 3 昏睡状態で緊急入院 する人 著しい高血糖を伴う脱水症や血液が酸性になること(ケトアシドーシス)により 頭痛 吐き気 腹痛などが出現し すみやかに治療しなければ数日のうちに昏睡状態に陥ります

More information

183873224 423644111 423661457 http://www.city.fuchu.tokyo.jp/ 3 特集 市の財政状況と今後の課題 平成26年 214年 3月11日 健全財政の堅持が難しくなりつつあります 市の財政状況と今後の課題 市では これまで第5次府中市総合計画で定めた各施策の実現に向け 新 たな事業の実施や施設を整備するなど 市民サービスの向上に努めてきまし た

More information

は有効であると思われる 感染症診査協議会結核診査部会では 患者がきち んと服薬しているか という情報が必要であるが 残薬確認したことにより確実な服薬情報を提供でき たと思う 本人 家族 主治医 保健師が服薬手帳を活用し 記入した事例においては 菌検査の結果 服薬状 況 指導内容等の情報を本人 家族 主治医 保健 師で共有しやすかった また服薬手帳の情報をみて 主治医が本人 家族に対し きちんと服薬できてい

More information

School of Health &Physical Education University of Tsukuba

School of Health &Physical Education University of Tsukuba University of Tsukuba School of Health & Physical Education University of Tsukuba http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp School of Health &Physical Education University of Tsukuba School of Health & Physical

More information

Windows 編 1. 基本操作 ( 起動 終了 ) (1) 起動方法 PC に保存したプログラムファイルをダブルクリックしてください (2) 終了方法メニュー画面の 終了 をクリックします 終了時には 登録データ ( 体重 服用量 ) の保存確認画面が表示されます 必ず保存を選択してから終了して

Windows 編 1. 基本操作 ( 起動 終了 ) (1) 起動方法 PC に保存したプログラムファイルをダブルクリックしてください (2) 終了方法メニュー画面の 終了 をクリックします 終了時には 登録データ ( 体重 服用量 ) の保存確認画面が表示されます 必ず保存を選択してから終了して 胃癌体重日誌プログラム - みんなで毎日体重測定 - Ver. 1.2 操作ガイド for Windows/Mac 目次 Windows 編 P2~P10 1. 基本操作 ( 起動 終了 ) 2. 患者データの登録 データ呼出 3. 毎日の体重入力 4. グラフの表示 5. 外部データへの書き込み ( エクスポート ) 6. 動作環境 Mac 編 P11~P19 1. 基本操作 ( 起動 終了 )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ニュースリリース (1/ 7) 報道関係者各位 平成 26 年 3 月 10 日株式会社ヒット 新年度を控え 転職 に関する意識調査を実施首都高速をよく利用する世帯年収 600 万円以上の 6 割超が収入に不満 スキルアップして転職を希望 屋外広告の媒体業および広告の企画 立案を手がける株式会社ヒット ( 東京都中央区 代表取締役 : 松丸敦之 ) は 主力看板媒体のターゲット層である 首都高速をよく利用する

More information

児童、生徒、学生、幼児及び職員の健康診断の方法及び技術的基準の補足的事項及び健康診断票の様式例の取扱について

児童、生徒、学生、幼児及び職員の健康診断の方法及び技術的基準の補足的事項及び健康診断票の様式例の取扱について ( 公 印 省 略 ) 私 青 号 外 平 成 7 年 各 私 立 学 校 設 置 者 殿 大 分 県 生 活 環 境 部 私 学 振 興 青 少 年 課 長 児 童 生 徒 学 生 幼 児 及 び 職 員 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 の 補 足 的 事 項 及 び 健 康 診 断 票 の 様 式 例 の 取 扱 について 記 のことについて 別 添 のとおり 文 部

More information

140327子ども用ヘルメット調査リリース(最終稿).pptx

140327子ども用ヘルメット調査リリース(最終稿).pptx 201442 4 人に 3 人の親が自転車走行で 危ない! を経験しても 浸透しない子どもの自転車ヘルメット着用実態が明らかに! ~3 歳から小学校低学年の着用率は 4 割に留まる ~ CEO46 1531,000 200861 13 64 3 4 人に 3 人 (75.8%) が 自転車走行で危ないと感じた経験がある 子ども乗せ自転車で危ないと感じたことは 発車 停車の際 (46.2%) や駐輪中

More information

Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7 月 1 日現在の本道の事業所数 ( 国及び地方公共団体の事業所を含む 事業内容不詳の事業所を含む ) は 25 万 3,139 事業所 従業者数は 245 万 7,843 人となっており 全国順位は 事業所数 従業者数ともに 東京都 大阪府 愛知県

Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7 月 1 日現在の本道の事業所数 ( 国及び地方公共団体の事業所を含む 事業内容不詳の事業所を含む ) は 25 万 3,139 事業所 従業者数は 245 万 7,843 人となっており 全国順位は 事業所数 従業者数ともに 東京都 大阪府 愛知県 平成 26 年経済センサス - 基礎調査速報結果の概要 平成 27 年 7 月 北海道総合政策部情報統計局統計課 060-8588 札幌市中央区北 3 条西 7 丁目北海道総合政策部情報統計局統計課経済統計グループ電話 011-204-5145( ダイヤルイン ) URL http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tuk/ Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7

More information

3 調査項目一覧 分類問調査項目 属性 1 男女平等意識 F 基本属性 ( 性別 年齢 雇用形態 未既婚 配偶者の雇用形態 家族構成 居住地 ) 12 年調査 比較分析 17 年調査 22 年調査 (1) 男女の平等感 (2) 男女平等になるために重要なこと (3) 男女の役割分担意

3 調査項目一覧 分類問調査項目 属性 1 男女平等意識 F 基本属性 ( 性別 年齢 雇用形態 未既婚 配偶者の雇用形態 家族構成 居住地 ) 12 年調査 比較分析 17 年調査 22 年調査 (1) 男女の平等感 (2) 男女平等になるために重要なこと (3) 男女の役割分担意 第 1 章 アンケート調査概要 1 調査の目的 宮崎県における男女共同参画に関する意識と実態を統計的に把握し 今後の男女共同参画施策 の一層の推進を図るための基礎資料を得ることを目的として実施した 2 調査の設計と内容 1 調査地域 : 宮崎県全域 2 調査対象 : 宮崎県在住の 20 歳以上の男女 3,000 人 ( 男女各 1,500 人 ) 3 抽出方法 : 無作為抽出 4 調査方法 : 郵送配付

More information

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回)

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回) 16 30 12 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) ( 希望出生率 1.8 の実現 希望どおりの人数の出産 子育て ( 待機児童の解消 ) 6 多様な保育サービスの充実 ( その 1) 国民生活における課題 出産後 子育て中に就業したくても 子供を保育する場が見つからない 待機児童数 :23,167 人 (2015 年 4 月 ) 現在就労していない既婚女性の就労していない理由

More information

untitled

untitled 1. 52 53 1. 54 55 第2章 政 策目標 ❶支え合いの心でつくる安全 安心のまち 施策目標1. 安全 安心のまちづくり 主要施策 3 交通安全と地域防犯の推進 現状と課題 交通安全対策については 近年 交通事故件数や死者数は減少しているものの 自転車 に起因する事故や高齢者ドライバーの増加などに対応できるよう 安全対策と交通ルール マナー向上への啓発 指導に地域と連携して取り組むことが必要です

More information

Excelによる統計分析検定_知識編_小塚明_1_4章.indd

Excelによる統計分析検定_知識編_小塚明_1_4章.indd 第2章 1 変量データのまとめ方 本章では, 記述統計の手法について説明します 具体的には, 得られたデータから表やグラフを作成し, 意昧のある統計量を算出する方法など,1 変量データのまとめ方について学びます 本章から理解を深めるための数式が出てきますが, 必ずしも, これらの式を覚える必要はありません それぞれのデータの性質や統計量の意義を理解することが重要です 円グラフと棒グラフ 1 変量質的データをまとめる方法としてよく使われるグラフは,

More information

本資料は 様々な世帯類型ごとに公的サービスによる受益と一定の負担の関係について その傾向を概括的に見るために 試行的に簡易に計算した結果である 例えば 下記の通り 負担 に含まれていない税等もある こうしたことから ここでの計算結果から得られる ネット受益 ( 受益 - 負担 ) の数値については

本資料は 様々な世帯類型ごとに公的サービスによる受益と一定の負担の関係について その傾向を概括的に見るために 試行的に簡易に計算した結果である 例えば 下記の通り 負担 に含まれていない税等もある こうしたことから ここでの計算結果から得られる ネット受益 ( 受益 - 負担 ) の数値については 世帯類型別の受益と負担について 参考資料 2-4(2) 未定稿 平成 23 年 6 月 8 日内閣府 類型 世帯主年齢 性別 配偶者 子ども人数 1 20 代男性 なし ( 単身 ) なし 2 20 代女性 なし ( 単身 ) なし 3 30 代男性 なし ( 単身 ) なし 4 30 代男性 あり なし 5 30 代男性 あり 1 人 6 30 代男性 あり 2 人 7 30 代男性 あり ( 共働き

More information

このような現状を踏まえると これからの介護予防は 機能回復訓練などの高齢者本人へのアプローチだけではなく 生活環境の調整や 地域の中に生きがい 役割を持って生活できるような居場所と出番づくりなど 高齢者本人を取り巻く環境へのアプローチも含めた バランスのとれたアプローチが重要である このような効果的

このような現状を踏まえると これからの介護予防は 機能回復訓練などの高齢者本人へのアプローチだけではなく 生活環境の調整や 地域の中に生きがい 役割を持って生活できるような居場所と出番づくりなど 高齢者本人を取り巻く環境へのアプローチも含めた バランスのとれたアプローチが重要である このような効果的 介護予防の推進について 1. 基本的な考え方 介護予防は 高齢者が要介護状態等となることの予防や要介護状態等の軽減 悪化の防止を目的として行うものである 特に 生活機能の低下した高齢者に対しては リハビリテーションの理念を踏まえて 心身機能 活動 参加 のそれぞれの要素にバランスよく働きかけることが重要であり 単に高齢者の運動機能や栄養状態といった心身機能の改善だけを目指すものではなく 日常生活の活動を高め

More information

スライド 1

スライド 1 (2,922) (2,731) (243) (215) (45) (385) (469) (395) (52) (451) (635) (648) (65) (637) (3,622) (3,363) (292) (252) (495) (465) (545) (487) (66) (564) (775) (762) (99) (833) (2,922) (2,731) (243) (215) (45)

More information

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果 2011 年度 設計手法普及調査アンケート 集計経過報告 2012 年 2 月社団法人組込みシステム技術協会状態遷移設計研究会 目次 1. アンケート実施の目的 3 2. アンケートの実施対象 4 3. アンケート回答数 5 4. 実施したアンケートの内容 6 5. アンケート回答者の構成 8 6. アンケート集計結果 9 6.1 回答者の担当製品分野について 10 6.2 回答者の部門について 11

More information

(全体)

(全体) QOL 日本学術会議第 7 部地域医学研究連絡委員会 ( 以下 地域医学研連と略す ) では 医学 医療 保健 福祉の分野における目覚ましい進歩を遂げる技術革新を踏まえて 地域に基盤をおいて より総合的な医学医療の提供による地域住民の保健医療水準の向上を通じ 国民の健康に責任を持つ保健医療体制の確立を目指して 幅広い討議を積み重ね 今回その検討結果を公表することとした WHO Health Promotion

More information

長野県の少子化の現状と課題

長野県の少子化の現状と課題 第 1 章長野県の少子化と子育て環境の現状 1 少子化の現状 (1) 合計特殊出生率 出生数の推移 長野県の平成 25 年 (213 年 ) の合計特殊出生率は1.54で 全国平均の1.43を上回っていますが 長期的な低下傾向にあり少子化が進行しています 出生数は 平成 13 年 (21 年 ) から減少傾向が顕著であり 平成 25 年 (213 年 ) では16,326 人で 第 2 次ベビーブーム

More information

3 運動器の機能向上 ~ 運動機能向上を目指す考え方と評価 プログラムのあり方 ~ 1 介護予防での運動器の機能向上の意義と目的 グループ 平均年齢 1 年前 1 年後 筋量の変化 筋トレ週 2 回 65.2 歳 10.5 12.1 9.5% 増 筋トレ週 1 回 67.1 歳 11.7 11.5 1.7% 減 非実施 68.0 歳 10.3 9.5 8.4% 減 コラム 運動しましょう! さあ

More information