コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル"

Transcription

1 コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル コラーゲン ゲル マトリックス培養法 (Collagen Gel Matrix Culture) の 実際とその応用例について

2

3 目次 Ⅰ. 細胞培養について 1 Ⅰ-1. はじめに Ⅰ-2. 細胞培養の基礎 Ⅰ-3. コラーゲンを用いる細胞培養 Ⅰ-4. 細胞の基質としてのコラーゲンの役割 Ⅱ. コラーゲンについて 5 Ⅱ-1. コラーゲンの分子構造と諸性質 Ⅱ-2. コラーゲンの分類 Ⅱ-3. コラーゲンの機能 Ⅱ-4. コラーゲンの利用 Ⅲ. Cellmatrix( 細胞培養用コラーゲン ) について 12 Ⅲ-1. Cellmatrix の特徴と種類 Ⅲ-2. Cellmatrix TypeI の物理化学的性質 Ⅳ. コラーゲン ゲル培養法 19 Ⅳ-1. コラーゲン ゲルマトリックスの調整法 Ⅳ-2. コラーゲン ゲル上培養法 Ⅳ-3. コラーゲン ゲル包埋培養法 Ⅳ-4. ゲル内細胞の採取法 継代法およびコロニーの選択法 Ⅳ-5. 細胞増殖度の測定法 Ⅳ-6. 培養細胞サンプルの保存法 Ⅴ. コラーゲン フィルム上培養法 28 Ⅵ. まとめ 29 文献 29 資料に関するお願い 30

4 1

5 2

6 3 Cell types Type of collagen Reference

7 4

8 5

9 6

10 7

11 8

12 9

13 10

14 11

15 III.Cellmatrix( 細胞培養用コラーゲン ) について III-1.Cellmatrix の特徴と種類 Cellmatrix Type I-A を使用することによりコラーゲンを用いる新しい培養法 例えば浮遊コラーゲン ゲ ル培養法 コラーゲン ゲル包埋培養法を容易に行うことができるようになった その結果 従来の単層培養法では不可能であった初代培養細胞 ( 特に上皮細胞 ) の増殖維持 形態 形成の促進などが観察されるようになった 従来の単層培養法では困難であった細胞分化機能を誘導維持できるようになった 等が多数報告され コラーゲン ゲル培養法はますます多くの分野に利用されるようになってきている また Cellmatrix を用いて従来のコラーゲン コート法も行うことができる Cellmatrix Type I-A は濃度 3.0mg/ml, ph3.0 に調製された豚腱由来の酸可溶性 Type I コラーゲン溶 液です Cellmatrix Type I-A はネズミ尾由来のコラーゲン ゲルより硬くてバラツキのないゲルをより速く再構 成する 細胞はCellmatrix Type I-A のゲル上だけでなく ゲル内においても成育し Cellmatrix を用いるといつ も再現性ある培養結果が得られる Cellmatrix Type I-A のゲルで培養された細胞はin vivoに近い三次元形態で増殖する Cellmatrix Type I-Pは濃度 3.0mg/ml, ph3.0 に調製された豚腱由来のペプシン可溶化 Type I コラー ゲン溶液です Cellmatrix Type I-Pのゲル強度は Cellmatrix Type I-A のゲル強度より低いのであまりゲル強度を必 要としない場合に使える 12

16 Cellmatrix Type I-Pは安価なので 大量培養の際のコストダウンができる Cellmatrix Type I-Aまたは Type I-Pは組織培養皿にコーティングしてコラーゲンフィルム上で細胞培 養を行うのに有効である Cellmatrix Type I-Cは濃度 3.0mg/ml, ph3.0 に調製された豚皮由来のペプシン可溶化 Type Iコラー ゲン溶液です Cellmatrix Type I-Cは培養皿にコーティングして コラーゲンフィルム上で細胞培養を行うのに適して いる 豚皮をペプシン処理し 塩分別沈殿法により分離精製したType IIIコラーゲンで その純度は90% 以上 (Type I コラーゲンの混在は 10% 以下 ) である Cellmatrix Type IIIは濃度 3.0mg/ml, ph3.0に調製されています Cellmatrix Type IIIはゲル化能が弱い 通常コーティング法で用いられるが Cellmatrix Type I-Aと混 合してゲルマトリックスとして使用することもできる 13

17 14

18 15

19 16

20 17

21 18

22 19

23 20

24 21

25 22

26 23

27 24

28 25

29 26

30 27

31 28

32 29

33 資料に関するお願い コラーゲンを用いる培養法 は 下記の論文の内容と一部重複しております 従いまして ここで述べた方法でコラーゲン培養を行い その結果を発表される場合は 下記の論文を引用していただきますようお願いいたします 記 ( 和文 ) 榎並淳平 肥塚正博 羽多正隆 川村和男 橘陽一 草間良恵 古閑睦好 *1) コラーゲン ゲル培養法(Ⅰ) 組織培養 13(1), 26-30, 1987 *2) コラーゲン ゲル培養法(Ⅱ) 組織培養 13(2), 64-68, 1987 ( 英文 ) *3) Enami, J., Koezuka, M., Hata, M., Enami, S. and Koga, M. Gel Strength-Dependent Branching Morphogenesis of Mouse Mammary Tumor Cells in Collagen Gel Matrix Culture Dokkyo J. Med. Sci. 12, 25-30, 1985 *4) Enami, J., Enami, S., Kawamura, K., Kohmoto, K., Hata, M., Koezuka, M. and Koga, M. Growth of Normal and Neoplastic Mammary Epithelial Cells of the Mouse by Mammary Fibroblast-Conditioned Medium Factor In Growth and Differentiation of Mammary Epithelial Cells in Culture ed. J. Enami and R.G Ham, pp (1987). Japan Scientific Societies Press ( 学会出版センター ), Tokyo, Japan *5) Enami, J. and Tsukada, Y. Use of Collagen Gel as Three-Dimensional Matrix for Explant Culture In Cell & Tissue Culture: Laboratory Procedures ed. J.B. Griffiths, A. Doyle and D.G. Newell, 3A, pp (1994). John Wiley & Sons, Chichester, UK. 以上

34 本社工場 ; 大阪府八尾市二俣 2-22 TEL FAX Home page

2

2 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 2 Ⅱ 当 事 者 訴 訟 の 利 用 可 能 性 に 関 する 理 論 構 成 3 4 Ⅲ 道 路 台 帳 等 の 整 備 と 建 築 基 準 法 施 行 規 則 の 改 正 5 6 7 Ⅳ 2 項 道 路 と 信 義 則 に 関 する 2 つの 判 例 (1) 平 成 18 年 最 高 裁 判 所 判 決 X 8 Y Y X Y X 9 (2) 平 成 19 年 東

More information

???? (Page 1)

???? (Page 1) ⅰ) ⅱ) ⅲ) 6000000 5000000 4000000 3000000 2000000 1000000 0 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 - 1000000 900000 800000 700000 600000 500000 400000 300000 200000 100000 0 2000 2001

More information

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組 Title Author(s) Citation Issue date 1997-12 Resource Type Resource Version URL Kobe University Repository : Kernel ヒト口腔扁平上皮癌細胞および組織片のヌードマウス舌への同所性移植による浸潤 リンパ節転移に関する実験的研究 (Experimental study of invasion

More information

19奥野.indd

19奥野.indd グラブを用いた捕球動作の練習効果に関する基礎的研究 女子大学生を対象として 奥野暢通 岩橋亜由佳 柴山 慧 Ⅰ. 目的 Ⅱ. 方法 1. 被験者 2. 指導期間と内容 3. 測定 4. 捕球動作の分析 Siliconcoch Pro 図 1. 構えた姿勢でのボール到着位置の面分け 5. 評価, C, Ⅲ. 結果ならびに考察 A B C A.. LOP L O O P LOP.. ALOP

More information

取扱説明書[d-01G]

取扱説明書[d-01G] d-01g 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 T 18 1 2 19 3 1 2 4 3 4 20 21 1 2 3 4 22 1 T 2 T 1 T 2 T 23 1 T 1 2 24 25 1 2 26 1 T 27 1 2 3 1 2 3 28 29 30 1 2 1 2 31 1 2 3 32 1 2 3 4 5 1 2 3 4 33 1

More information

64 2015 205 220 * ** 2014 11 28 Research on the use of First Aid by School Staff under School Management -Focus on the School Emergency System and Sch

64 2015 205 220 * ** 2014 11 28 Research on the use of First Aid by School Staff under School Management -Focus on the School Emergency System and Sch ROSEリポジトリいばらき ( 茨 城 大 学 学 術 情 報 リポジトリ) 学 校 管 理 下 における 教 職 員 の 救 急 処 置 に 関 する 研 究 : 養 Title護 教 諭 不 在 時 の 学 校 救 急 体 制 と 教 職 員 の 救 急 処 置 の 知 識 に 焦 点 をあてて Author(s) 新 谷, 敦 子 ; 廣 原, 紀 恵 Citation 茨 城 大 学 教 育

More information

6 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 2015 1 24 3 22 1921 / 1921 / 28. Ⅲ. 研 究 と 制 作 の 狭 間 で 1923 12 7 1930 5 11 1932 7 8 26. 29. Ⅳ. 独 立 美 術 協 会 への 参 加 1 9

6 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 2015 1 24 3 22 1921 / 1921 / 28. Ⅲ. 研 究 と 制 作 の 狭 間 で 1923 12 7 1930 5 11 1932 7 8 26. 29. Ⅳ. 独 立 美 術 協 会 への 参 加 1 9 No.128 2 1946 No.8 1950 / 1952 / 1955 / Ⅰ. 研 究 者 としての 始 まり 1 2 3 8. Ⅱ. 美 術 史 的 研 究 と 実 践 の 蓄 積 1916 5 4 1919 8 5 1. 10. 6 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 2015 1 24 3 22 1921 / 1921 / 28. Ⅲ. 研 究 と 制 作 の

More information

2

2 1 2 瀚 3 4 .はじめに: 本 報 告 の 問 題 意 識 5 . 愛 国 心 を 重 視 した 社 会 民 主 主 義 者 6 7 8 . 危 機 における 福 祉 国 家 の 改 革 の つの 例 9 4 4 4 4 4 4 10 11 .リベラル ナショナリズムという 考 え 方 12 13 .むすびにかえて 14 参 考 文 献 15 16 Ⅰ はじめに 17 Ⅱ 理 論 的 背 景

More information

Ⅰ. 暗示の文献的検討

Ⅰ. 暗示の文献的検討 原著 索引用語 はじめに Ⅰ. 暗示の文献的検討 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 Ⅱ. 暗示という現象 Ⅲ.Janet の暗示論 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4

More information

取扱説明書

取扱説明書 ED-601 ED-501 ED-401 2 3 4 23 14 5 6 18 10 7 1 2 6 3 4 8 9 16 16 16 12 1 2 18 10 2 1 5 12 11 1 2 1 2 12 1 2 13 16 14 3 2 4 1 1 2 16 3 4 18 15 1 2 16 2 3 1 1 2 3 18 17 18 22 19 D A C 20 A B 22 B C D 22

More information

<97A7926E8AEE8F80816994D693638E73816A4832382E34>

<97A7926E8AEE8F80816994D693638E73816A4832382E34> 11 5 60 () () () () 確 認 書 Ⅳ ( 写 を 保 管 ) 270 270

More information

(個別のテーマ) 薬剤に関連した医療事故

(個別のテーマ) 薬剤に関連した医療事故 - 67 - III - 68 - - 69 - III - 70 - - 71 - III - 72 - - 73 - III - 74 - - 75 - III - 76 - - 77 - III - 78 - - 79 - III - 80 - - 81 - III - 82 - - 83 - III - 84 - - 85 - - 86 - III - 87 - III - 88 - - 89

More information

(個別のテーマ) 放射線検査に関連した医療事故

(個別のテーマ) 放射線検査に関連した医療事故 - 131 - III - 132 - - 133 - III - 134 - - 135 - III - 136 - - 137 - III - 138 - - 139 - III - 140 - - 141 - III - 142 - - 143 - III - 144 - - 145 - III - 146 - - 147 - III - 148 - - 149 - III - 150 - -

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 116 Vol.29 No.42010

JAPAN MARKETING JOURNAL 116 Vol.29 No.42010 JAPAN MARKETING JOURNAL 116 Vol.29 No.42010 JAPAN MARKETING JOURNAL 116 Vol.29 No.42010 JAPAN MARKETING JOURNAL 116 Vol.29 No.42010 JAPAN MARKETING JOURNAL 116 Vol.29 No.42010 JAPAN MARKETING JOURNAL 116

More information

B コート Bコート Bコート Bコート Bコート

B コート Bコート Bコート Bコート Bコート A コート Aコート Aコート Aコート Aコート B コート Bコート Bコート Bコート Bコート C コート D コート Dコート Dコート Dコート Dコート Dコート E コート Eコート Eコート Eコート Eコート Eコート F コート Fコート Fコート Fコート Fコート G コート Gコート Gコート Gコート Gコート H コート I コート コート コート コート コート コート

More information

第6号-2/8)最前線(大矢)

第6号-2/8)最前線(大矢) 最前線 免疫疾患における創薬標的としてのカリウムチャネル 大矢 進 Susumu OHYA 京都薬科大学薬理学分野教授 異なる経路を辿る 1つは マイトジェンシグナル 1 はじめに を活性化し 細胞増殖が促進されるシグナル伝達経 路 図1A 右 であり もう1つはカスパーゼやエ 神 経 筋 の よ う な 興 奮 性 細 胞 で は カ リ ウ ム ンドヌクレアーゼ活性を上昇させ アポトーシスが K

More information

ビットリアカップ2007けいはんなサイクルレースリザルト

ビットリアカップ2007けいはんなサイクルレースリザルト Page 4/30 Page 5/30 Page 6/30 Page 7/30 Page 8/30 Page 9/30 Page 10/30 Page 11/30 Page 12/30 Page 13/30 Page 14/30 Page 15/30 Page 16/30 Page 17/30 Page 18/30 Page 19/30 Page 20/30 Page 21/30 Page 22/30

More information

Page 1

Page 1 Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 620 628 579-41 -6.7-49 -7.9 71 41 47-24 -33.3 6 15.9 11.5 6.5 8.1 36 15 22-14 -38.9 7 43.4 Page 5 277 302 23 24 12/3Q 12/4Q 13/1Q 13/2Q 13/3Q 13/4Q 14/1Q 14/2Q 14/3Q 14/4Q 15/1Q

More information

122011pp.139174 18501933

122011pp.139174 18501933 122011pp.139174 18501933 122011 1850 3 187912 3 1850 8 1933 84 4 1871 12 1879 5 2 1 9 15 1 1 5 3 3 3 6 19 9 9 6 28 7 7 4 1140 9 4 3 5750 58 4 3 1 57 2 122011 3 4 134,500,000 4,020,000 11,600,000 5 2 678.00m

More information

Microsoft Word - 映画『東京裁判』を観て.doc

Microsoft Word - 映画『東京裁判』を観て.doc 1 2 3 4 5 6 7 1 2008. 2 2010, 3 2010. p.1 4 2008 p.202 5 2008. p.228 6 2011. 7 / 2008. pp.3-4 1 8 1 9 10 11 8 2008, p.7 9 2011. p.41 10.51 11 2009. p. 2 12 13 14 12 2008. p.4 13 2008, p.7-8 14 2008. p.126

More information

73 p.1 22 16 2004p.152

73 p.1 22 16 2004p.152 1987 p.80 72 73 p.1 22 16 2004p.152 281895 1930 1931 12 28 1930 10 27 12 134 74 75 10 27 47.6 1910 1925 10 10 76 10 11 12 139 p.287 p.10 11 pp.3-4 1917 p.284 77 78 10 13 10 p.6 1936 79 15 15 30 80 pp.499-501

More information

2 2 3 4 5 5 2 7 3 4 6 1 3 4 7 4 2 2 2 4 2 3 3 4 5 1932 A p. 40. 1893 A p. 224, p. 226. 1893 B pp. 1 2. p. 3.

2 2 3 4 5 5 2 7 3 4 6 1 3 4 7 4 2 2 2 4 2 3 3 4 5 1932 A p. 40. 1893 A p. 224, p. 226. 1893 B pp. 1 2. p. 3. 1 73 72 1 1844 11 9 1844 12 18 5 1916 1 11 72 1 73 2 1862 3 1870 2 1862 6 1873 1 3 4 3 4 7 2 3 4 5 3 5 4 2007 p. 117. 2 2 3 4 5 5 2 7 3 4 6 1 3 4 7 4 2 2 2 4 2 3 3 4 5 1932 A p. 40. 1893 A p. 224, p. 226.

More information

308 ( ) p.121

308 ( ) p.121 307 1944 1 1920 1995 2 3 4 5 308 ( ) p.121 309 10 12 310 6 7 ( ) ( ) ( ) 50 311 p.120 p.142 ( ) ( ) p.117 p.124 p.118 312 8 p.125 313 p.121 p.122 p.126 p.128 p.156 p.119 p.122 314 p.153 9 315 p.142 p.153

More information

日経テレコン料金表(2016年4月)

日経テレコン料金表(2016年4月) 1 2 3 4 8,000 15,000 22,000 29,000 5 6 7 8 36,000 42,000 48,000 54,000 9 10 20 30 60,000 66,000 126,000 166,000 50 100 246,000 396,000 1 25 8,000 7,000 620 2150 6,000 4,000 51100 101200 3,000 1,000 201

More information

29 2011 3 4 1 19 5 2 21 6 21 2 21 7 2 23 21 8 21 1 20 21 1 22 20 p.61 21 1 21 21 1 23

29 2011 3 4 1 19 5 2 21 6 21 2 21 7 2 23 21 8 21 1 20 21 1 22 20 p.61 21 1 21 21 1 23 29 2011 3 pp.55 86 19 1886 2 13 1 1 21 1888 1 13 2 3,500 3 5 5 50 4 1959 6 p.241 21 1 13 2 p.14 1988 p.2 21 1 15 29 2011 3 4 1 19 5 2 21 6 21 2 21 7 2 23 21 8 21 1 20 21 1 22 20 p.61 21 1 21 21 1 23 1

More information

() L () 20 1

() L () 20 1 () 25 1 10 1 0 0 0 1 2 3 4 5 6 2 3 4 9308510 4432193 L () 20 1 PP 200,000 P13P14 3 0123456 12345 1234561 2 4 5 6 25 1 10 7 1 8 10 / L 10 9 10 11 () ( ) TEL 23 12 7 38 13 14 15 16 17 18 L 19 20 1000123456

More information

1 3 1 9 2 18 3 30 4 31 1 1 37 2 41 3 48 4 50 5 51 2 1 52 2 56 3 56 4 58 61

1 3 1 9 2 18 3 30 4 31 1 1 37 2 41 3 48 4 50 5 51 2 1 52 2 56 3 56 4 58 61 YOKOHAMA FC 1 3 1 9 2 18 3 30 4 31 1 1 37 2 41 3 48 4 50 5 51 2 1 52 2 56 3 56 4 58 61 1 5 2008 4 5 8 7 150 1 Ⅰ 18 4 150 8 3 4 1 2008 150 2121 2 1 2 3 3 2003 4 2006 8 7 15001610 1 30 1 5 2 3 4 5 2006111315301830

More information

Ⅰ Ⅱ

Ⅰ Ⅱ Title 女 性 雑 誌 における 第 二 波 フェミニズムの 影 響 と 変 容 : MORE クロワッサン の 読 者 投 稿 の 分 析 Author(s) 坂 本, 佳 鶴 恵 Citation お 茶 の 水 女 子 大 学 人 文 科 学 研 究 Issue Date 2016-03-28 URL http://hdl.handle.net/10083/58466 Rights Resource

More information

1 2 3 1 4 1 5 6 7 8 9 2 10 11 12 13 2 14 15 16 17 3 18 19 20 3 21 22 23 4 24 25 4 26 27 5 28 29 5 30 31 6 32 33 34 資料 2 35 資料 3 36 37 6 38 39 40 7 41 42 43 7 44 45 46 47 48 8 49 50 51 52 8 53 54 55 9 56

More information

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb )

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb ) Performance rma Tests s for Floor Covering gs 43 EF a C t n L EF a C t n L U E PD U P D E 44 σ b PL bt σ b L P b t 45 46 GBRC Vol.35 No.3 2010.7 なお 摩耗輪のタイプと試験荷重は 製品規格の規定 により選択する 験体表面に滴下して時計皿で覆い 規定時間 24時間な

More information

1 2 3 1 5 1973 5 1973 53 1 2 3 10 4 5 54 2 200 37 60 15 20 1682 1704 1 80 8 1778 55 B 18 C D 6 A C A 1 3 A 1 7 56 16223 1646 31 30 20 2 8 10 2 2 2 2 2 57 8 A 2 11 9 3 2 58 1659 20 1678 3 C 1 10 11 1726

More information

研究紀要 第5号

研究紀要 第5号 3 4 5 6 7 8 a s d f a 9 10 s d a 11 12 s d f g 13 h j a d s 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 a 35 s 36 a 37 s 38 a 39 s 40 a 41 s d 42 f 43 44 46 47 48 49 50 a s d as d 51

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

ライフサイエンス関連 コラーゲン・ゼラチン製品案内 2015.12

ライフサイエンス関連 コラーゲン・ゼラチン製品案内 2015.12 3 mg/ml ph 3 4 8 1 Type I-A Type I-P Type I-A Type I-C Type III Type III Type IV Type IV TEL 072-820-3079 FAX 072-820-3095 4 8 4 Type I-A 20mL 1 F-12 MEM 5mL 1 4mL 5 10F-12MEM DFDME F-12 1 1199 5 DMERPMI-1640

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009

JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112

More information

T_T_IF_1203_06.indb

T_T_IF_1203_06.indb 2012 年 3 月 改 訂 ( 改 訂 第 6 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 871339 医 薬 品 インタビューフォーム IF 2008 鎮 暈 剤 剤 形 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量 一 般 名 製 造 販 売 承 認 年 月 日 薬 価 基 準 収 載 発 売 年 月 日 開 発 製 造 販 売 ( 輸 入 ) 提 携 販 売 会 社 名 医 薬 情 報

More information

Makoto Onoda, Department of Anatomy and Cell Biology, Georgetown University School of Medicine, 3900 Reservoir Road, N. W., Washington, D. C. 20007, USA Regulation Mechanism of Spermatogenesis : Cell-to-cell

More information

製品ラインナップ2015年2月版

製品ラインナップ2015年2月版 Check Point 2 3 4 5 6 7 8 9 SecurityPowerとは セキュリティ アプライアンスの実際の性能を評価し 将来の要件にも対応するアプライアンスを把握する指標 SecurityPower 従来 特定の導入環境に最適なセキュリティ アプライアンスを選定することは容易な作業ではありませんでした コンピューティング環境の セキュリティ要件は組織によって大きく異なり セキュリティ

More information

Microsoft Word - FMB_Text(PCR) _ver3.doc

Microsoft Word - FMB_Text(PCR) _ver3.doc 2.PCR 法による DNA の増幅 現代の分子生物学において その進歩に最も貢献した実験法の1つが PCR(Polymerase chain reaction) 法である PCR 法は極めて微量の DNA サンプルから特定の DNA 断片を短時間に大量に増幅することができる方法であり 多大な時間と労力を要した遺伝子クローニングを過去のものとしてしまった また その操作の簡便さから 現在では基礎研究のみならず臨床遺伝子診断から食品衛生検査

More information

C O N T E N T S 経営理念 事業方針 1 ごあいさつ 2 役員紹介 組織図 3 平成24年度 経営環境 事業概要 4 平成24年度 経営内容について 5 主要な経営指標の推移 6 苦情処理措置 紛争解決措置等の概要 7 コンプライアンスへの取り組み 8 リスク管理体制 10 総代会につ

C O N T E N T S 経営理念 事業方針 1 ごあいさつ 2 役員紹介 組織図 3 平成24年度 経営環境 事業概要 4 平成24年度 経営内容について 5 主要な経営指標の推移 6 苦情処理措置 紛争解決措置等の概要 7 コンプライアンスへの取り組み 8 リスク管理体制 10 総代会につ 2013 C O N T E N T S 経営理念 事業方針 1 ごあいさつ 2 役員紹介 組織図 3 平成24年度 経営環境 事業概要 4 平成24年度 経営内容について 5 主要な経営指標の推移 6 苦情処理措置 紛争解決措置等の概要 7 コンプライアンスへの取り組み 8 リスク管理体制 10 総代会について 12 金融円滑化への取り組み 14 地域活性化のための取り組みについて 16 地域貢献活動について

More information

食品及び食品加工 調理 物中に含まれる有用抗酸化成分及び抗菌成分の探索 49 Fig. 2 パスピュール写真 Fig. 1 各食材エキスのラット脳脂質過酸化抑制活性 食材0.5g分のエキスを順次希釈して試験し 脂質過酸化を50 以上 抑制した希釈率を縦軸として示した Table1 各食材エキスの抗Bacillus subtilis活性 食材名 阻止円直径 mm 非熱処理 熱処理 黄金タモギ 行者ニンニク

More information

J Ⅰ.は じ め に J V bj BC J bj J J

J Ⅰ.は じ め に J V bj BC J bj J J ABSTRACT The part of the national sports societies for accomplish to build the athletic facilities in the regional The purpose of this paper is to argue about the part of the national sports societies

More information

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 Series No. 65Nov. 2004 CONTENTS RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 3 4 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 5 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) FDAの リスクマネジメントプランのための ドラフトガイダンス案 について くすりの適正使用協議会

More information

untitled

untitled 1898 1924-25 1933-34 1958-64 2001-2003 1932 1934 1935 1947 1966 1947 1958 1993,1994 1963 1 1955 1986 1984 1984 1998 1985 John Hill Burton, 1809-81 1984 1986 1993 19791991,2004 2004a.b 2 2000 1986,2001

More information

Microsoft PowerPoint - 新 B.A(新聞用表紙).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 新 B.A(新聞用表紙).ppt [互換モード] 報 道 関 係 の お 客 さま 肌の研究 肌誕生因子の一つ バーシカン に着目 新着目 バーシカンとは 線維芽細胞が生み出す糖タンパク質です 初めて肌が作られる胎児期に大量に生み出され 肌誕生の初期 から関わっている物質の一つです 大人になるとその量が減少することが知られています 肌 誕 生 時 の バ ーシカンの 役 割 肌 誕 生 に は バ ーシカンが 不 可 欠 1 バーシカン産生 2

More information

ChIP Reagents マニュアル

ChIP Reagents マニュアル ChIP Reagents ~ クロマチン免疫沈降 (ChIP) 法用ストック溶液セット ~ マニュアル ( 第 1 版 ) Code No. 318-07131 NIPPON GENE CO., LTD. 目次 Ⅰ 製品説明 1 Ⅱ セット内容 1 Ⅲ 保存 2 Ⅳ 使用上の注意 2 Ⅴ 使用例 2 < 本品以外に必要な試薬 機器など> 2 1) 磁気ビーズと一次抗体の反応 3 2)-1 細胞の調製

More information

Title Author(s) Citation Kobe University Repository : Kernel 資料紹介 神戸市灘区篠原地区における昭和初期の古写真 ( 論考 研究ノート 資料紹介 書評 ) 木村, 修二 Issue date 2006-03-31 Resource Type Resource Version URL 歴史文化に基礎をおいた地域社会形成のための自治体等との連携事業,4(

More information

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際 平 成 20 事 業 年 度 事 業 報 告 書 日 本 中 央 競 馬 会 目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際 化 への 取 組 み 21

More information

学報_台紙20まで

学報_台紙20まで M 平成23年度 科学研究費補助金の決定 研究推進課 平成23年度科学研究費補助金 文部科学省 独 日本学術振興会 が決定しま した 新学術領域研究及び若手研究 スタートアップ 等を除く平成23年5月6日 現在の状況は表のとおりです 来年度に向け より積極的な申請をよろしくお願いします 奈 良 県 立 医 科 大 学 学 報 12 採択件数 金額 H23年度 145件 H22年度比

More information

学術フロンティア推進事業プロジェクト研究シリーズ 12

学術フロンティア推進事業プロジェクト研究シリーズ 12 1 2 1 1983 pp.2136. 2. 1978.Leo Kanner 1973 Childhood Psychosis: Initial Studies and New Insight ; John Wiley & Sons, Inc. 5 6 7 3 1985 8 9 10 3 11 4 RGR 1992 Robert Horner et al. 1988 Generalization and

More information

学位論文題目 Title 氏名 Author 専攻分野 Degree 学位授与の日付 Date of Degree Resource Type 報告番号 Report Number URL Kobe University Repository : Thesis 有機強誘電体薄膜の構造 配向制御および焦電デバイス応用に関する研究 黒田, 雄介 博士 ( 工学 ) 2013-03-25 Thesis or

More information

Title < 原 著 >Encephalo-Myo-Synangiosis における 血 Basic Fibroblast Growth Factor の 効 果 Author(s) 久 保, 洋 昭 Citation 日 本 外 科 宝 函 (1993), 62(2): 82-91 Issue Date 1993-03-01 URL http://hdl.handle.net/2433/203671

More information

<834A8358835E837D83438359837D836A83858341838B2D30312E6169>

<834A8358835E837D83438359837D836A83858341838B2D30312E6169> 01 1 2 3 4 02 03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 04 1 2 1 2 3 3 05 06 01 02 03 04 01 02 03 04 05 SITE Web Site Welcome to my home page. SITE Web Site Welcome to my home page.

More information

nd Opening Address 1 1 1 2 2 2 2 2 1 2 溶 液 1 本 2 2 2 1 2 1,2 1,2 1,3 1,4 1,5 1,5 1 2 3 4 5 1,3,4 2,3,4 1,3,4 1,3,4 1,3,4 1,3,4 1,3,4 1,3,4 1 2 3 4 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2

More information

Title サクラマス (Oncorhynchus masou) 血清の免疫グロブリン (IgM) の精製および定量 Author(s) 布田, 博敏 ; 原, 彰彦 ; 山崎, 文雄 北海道大學水産學部研究彙報 = BULLETIN OF THE Citation FACULTY OF FISHERIES HOKKAIDO UNIVE 40(4): 292-306 Issue Date 1989-11

More information

B-表4.1.ai

B-表4.1.ai 大 項 目 考 え 方 中 項 目 考 え 方 や る べ き 最 低 限 の こ と Ⅰ Ⅱ 自 主 規 律 品 質 の 向 上 自 主 規 律 品 質 の 向 上 は 喫 緊 の 課 題 であり 意 識 認 識 や 覚 悟 のレベルの 話 である ルールや 規 則 への 遵 守 意 識 を 高 め 違 反 には 断 固 と した 姿 勢 で 臨 む 規 則 の 制 定 と 実 行 が 必 要 である

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

Comparison of the Physical Properties of "Kakuni of Pork" cooked by High Pressure and Normal Cooking Methods and Behavior of Skin Protein (Kyoko Shiota) (Asao Matsuoka) "Kakuni of Pork", one kind of "Shippoku"

More information

.\..3

.\..3 日本進化学会 入会申込書 年月日 西暦 年 月 日 Vol. 9 No. 1 ふりがな July 2008 名 前 ローマ字 所 属 所属先住所または連絡先住所 TEL FAX e-mail 以下から選ぶかまたはご記入下さい 複数記入可 専門分野 人類 脊椎動物 無脊椎動物 植物 菌類 原核生物 ウイルス 理論 その他 研究分野 分子生物 分子進化 発生 形態 系統 分類 遺伝 生態 生物物理 情報

More information

4 2 p = p(t, g) (1) r = r(t, g) (2) p r t g p r dp dt = p dg t + p g (3) dt dr dt = r dg t + r g dt 3 p t p g dt p t 3 2 4 r t = 3 4 2 Benefit view dp

4 2 p = p(t, g) (1) r = r(t, g) (2) p r t g p r dp dt = p dg t + p g (3) dt dr dt = r dg t + r g dt 3 p t p g dt p t 3 2 4 r t = 3 4 2 Benefit view dp ( ) 62 1 1 47 2 3 47 2 e-mail:miyazaki@ngu.ac.jp 1 2000 2005 1 4 2 p = p(t, g) (1) r = r(t, g) (2) p r t g p r dp dt = p dg t + p g (3) dt dr dt = r dg t + r g dt 3 p t p g dt p t 3 2 4 r t = 3 4 2 Benefit

More information