<4D F736F F D2096BE8EA1967C96F38CEA F918CB48D65816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2096BE8EA1967C96F38CEA816991708F918CB48D65816A2E646F63>"

Transcription

1 明 治 翻 訳 語 のおもしろさ Keyword: 明 治 時 代 翻 訳 訳 語 外 国 語 の 導 入 新 語 造 語 文 化 解 釈 1 はじめに 飛 鳥 奈 良 平 安 時 代 から 江 戸 時 代 まで 日 本 は 主 に 中 国 朝 鮮 の 文 化 圏 にあっ た それを 漢 字 文 化 圏 と 言 ってもいいものかもしれない 隣 国 の 中 国 と 朝 鮮 からの 文 化 の 輸 入 と 理 解 が 学 問 の 大 切 な 存 在 理 由 だった( 現 代 でも 西 洋 の 学 問 を 翻 訳 解 釈 することが 重 要 な 学 者 も 少 なくない つまり 外 国 語 能 力 という 問 題 がある 外 国 と 外 国 語 に 弱 かった 日 本 しかし 経 済 発 展 に 伴 っ て またある 種 の 世 界 をリードするような 分 野 では 日 本 語 の 論 文 が 世 界 で 読 まれ ていた 機 械 工 学 の 世 界 が 例 外 的 にそれに 当 たる 新 幹 線 車 軸 の 設 計 者 であった 教 授 は 10 年 で 折 れるような 設 計 をした 安 全 係 数 の 問 題 等 ) 仏 教 もその 文 化 輸 入 の 波 にのって 日 本 にもたらされた 確 かに 文 化 交 流 の 過 程 で 外 国 語 が 新 しい 意 味 を 持 った 語 彙 を 日 本 にもたらしたことだけは 間 違 いない それが 明 治 維 新 後 い きなり 爆 発 的 に 日 本 に 入 ってきたのだが それだけではなく すでに 飛 鳥 時 代 平 安 時 代 中 国 の 隋 唐 から さらには 明 などから 流 入 し 続 けていたのである すでに 万 葉 集 ( 成 立 時 期 未 詳 7 世 紀 後 半 から 8 世 紀 後 半 に 編 まれ 759 年 以 降 成 立 大 伴 家 持 編 纂? 4500 首 和 歌 )を 編 むような 歌 詠 み( 和 歌 )の 伝 統 があ ったが それが 漢 字 を 借 用 することで 表 記 されるようになった 漢 字 の 恩 恵 があっ たのである ( 医 学 の 分 野 では 後 漢 の 時 代 に 書 かれた 張 仲 景 傷 漢 論 が 江 戸 時 代 まで ある いは 明 治 初 期 の 漢 方 医 学 まで 影 響 の 残 る 支 配 的 医 学 書 であった )

2 134 和 語 と 漢 語 の 混 合 が 起 こり それが 唐 風 と 国 風 を 生 み ますます 日 本 語 は 豊 富 な 語 彙 を 獲 得 していったのである たとえば 倭 寇 が 果 たした 役 割 は 海 賊 的 略 奪 だ けではなく 実 地 での 文 化 交 流 であったろう それは 日 明 貿 易 が 果 たした 役 割 にも 匹 敵 するようなものだったのである 言 語 的 な 中 国 の 影 響 は 厖 大 なものであったこ とが 分 かる 2 中 国 語 以 外 の 流 入 : 葡 萄 牙 語 阿 蘭 陀 語 すでに 1506 年 には 中 国 に 西 洋 経 由 の 梅 毒 が 伝 わっていた それが 日 本 に 上 陸 するのは 永 正 九 年 (1512)のことであった それは 種 子 島 に 最 初 のポルトガル 人 が 鉄 砲 を 伝 えた 天 文 12 年 (1543)よりはるか 以 前 のことであった 種 子 島 にポル トガル 人 が 来 て 鉄 砲 を 伝 えたことよりもはるかに 重 要 だったのは それまで 日 本 が 知 っていた 朝 鮮 中 国 天 竺 (インド)の 向 こう 側 に さらにもっと 別 の 世 界 が あることが 分 かったことだった 将 軍 足 利 義 輝 ( 永 禄 3 年 1560 年 )ならびに 織 田 信 長 がキリスト 教 ( 耶 蘇 教 ) の 布 教 を 認 めたことは ポルトガル 語 が 日 本 語 に 入 ることを 意 味 した さらに 南 蛮 交 易 が 認 められたことは 新 しい 物 がその 名 前 と 共 に 日 本 に 到 来 することを 意 味 し た 続 いて 耶 蘇 教 の 禁 止 ( 慶 長 18 年 1613 年 )とオランダ 船 だけが 平 戸 長 崎 に 寄 港 してよいことになった( 元 和 4 年 1618 年 ) そこを 通 して 世 界 の 情 報 が 細 々ながら 流 入 していたことは 重 要 である 阿 蘭 陀 語 ( 蘭 オランダ) 語 葡 萄 牙 ( 葡 ポルトガル) 語 などなどが 入 ってき た 歴 史 的 経 緯 はさておき 当 初 語 彙 の 直 接 的 翻 訳 という 作 業 はあまりなかった むしろ 意 味 が 半 ばしか 分 からなくとも それを 原 語 のまま 用 いたのである 物 質 の 名 称 が 多 く 移 入 され なお 精 神 性 の 重 んじられた 宗 教 でさえ 固 有 名 詞 名 詞 は そのまま 用 いるということが 少 なくなかった 輸 入 され 使 用 された 語 彙 には 次 のようなものが 見 られる [ポルトガル 語 ] カルタ カステラ(カステイラ) ランビキ( 化 学 器 具 ) デウス carta(l. charta), castella(l. castellum, castle), alambique, Deus(L.deus)

3 135 明 治 翻 訳 語 のおもしろさ クルス( 十 字 架 )cruz(l. crux), フラスコ(frasco, E. flask), パン(pao. L. panis) パードレ(バテレン)padre. L. pater 神 父 の 意 味 が 転 じて 切 支 丹 悪 魔 の 訳 語 に 困 って 日 本 的 邪 悪 な 存 在 としての 天 狗 としたのが 興 味 深 い [オランダ 語 ] アルコール(alocohol, L. alchohol), ズック(doek), ランプ(lamp, L. lampada, Lampas), ランドセル(ransel, 高 野 長 英 は 担 筺 ( 中 が 甲 ) これらの 実 例 から 分 かるように 原 語 の 発 音 をそのまま 移 して 使 っていたことが 分 かる これは 明 治 以 降 の あらゆる 学 術 用 語 日 常 用 語 が 溢 れ 返 った 状 況 とは 異 なる 明 治 以 降 は ドイツ 語 英 語 等 でも 同 様 のことが 見 られたが 意 味 をより 正 しく 広 く 伝 えるために 翻 訳 する 必 要 が 生 じてきた 3 語 彙 翻 訳 され 漢 語 化 が 進 む 明 治 維 新 後 の 政 府 の 政 策 は 欧 化 政 策 であり それは 殖 産 興 業 富 国 強 兵 策 であ った いわばドイツで 宰 相 ビスマルク(Otto von Bismarck, )が 施 行 してい た 鉄 血 政 策 にも 似 通 っていたが その 実 西 洋 化 近 代 化 の 試 みであった 早 く 西 洋 の 技 術 を 受 容 し 産 業 化 を 進 め 国 力 を 充 実 し 西 洋 の 帝 国 主 義 的 植 民 地 政 策 に 屈 しないようにしようとしたのである 同 時 に 西 洋 における 新 しい 学 問 が 輸 入 された 物 理 学 や 化 学 はさておき もっ とも 難 解 だったのが 哲 学 かも 知 れない 明 治 時 代 は 語 彙 の 意 味 や 解 釈 に 加 えて またその 意 義 を 実 行 するということも 大 切 であった それらの 語 彙 を 肉 化 し 骨 化 することが 要 求 されていた 自 家 薬 篭 中 のものとするためには 翻 訳 こそが 最 短 の 道 程 だった ( 理 解 の 過 程 であると 言 える ) 明 治 維 新 によって 近 代 化 西 洋 化 を 進 めようとした 日 本 にとって 西 洋 の 思 想 政 治 経 済 用 語 は 必 須 であった たとえば 次 のような 語 句 が 漢 語 にして 輸 入 された 愛 衛 生 定 数 ( 常 数 恒 数 )

4 136 社 会 存 在 自 然 権 利 自 由 憲 法 個 人 近 代 美 恋 愛 彼 / 彼 女 芸 術 たとえば 芸 術 (art)という 言 葉 を 考 えると それ 以 前 に 使 われていた 技 芸 (arts) に 思 い 当 たる つまり ある 時 代 まで 恐 らくは 18 世 紀 の 観 念 哲 学 が 登 場 するま で 芸 術 は 芸 術 ではなかった それゆえ 芸 術 家 (artist)は 存 在 せず 職 人 (artisan) が 存 在 し それにはパトロン(patron, gallery owner,buyer)がついて いわば 技 芸 的 生 産 が 行 われたのである とりわけ 芸 術 はヨーロッパでも 比 較 的 新 しくできた 言 葉 で もともとは 技 芸 を 意 味 した たとえば 英 国 王 立 美 術 院 と 一 般 に 訳 されている[Royal Academy of Arts] も 考 えてみると 王 立 技 芸 院 とすべきものかも 知 れない 以 下 少 し 明 治 期 前 後 に 翻 訳 された 実 例 を 日 本 語 と 原 語 で 見 てみよう [ 憲 法 ](constitution)その 後 中 国 へ 輸 入 されて 漢 字 もそのまま 使 われた [ 自 由 ](freedom and liberty) 根 元 的 自 由 と 獲 得 した 自 由 [ 愛 ](love, Liebe, amour) 例 えば 日 本 には 仏 教 用 語 の 愛 はあった しかし 恋 色 恋 はあった が いわゆる 西 洋 的 な 意 味 での 愛 はなかった 恋 愛 という 言 葉 日 本 語 では 比 較 的 新 しい 言 葉 である 二 葉 亭 四 迷 は 当 初 その 小 説 浮 雲 ( 明 治 20 年 22 年, )の 中 で ラ ヴ と 表 記 した そしてその 後 愛 と 書 いた 二 葉 亭 四 迷 は 翻 訳 中 にふと 出 会 った 一 節 に 苦 渋 して ついに 死 んでもいい と 訳 した その 原 文 が[I love you.] である 漱 石 は それを 月 が 奇 麗 ですね と 訳 したとされる それゆえに 君 を 愛 している と 言 う 言 葉 は 今 日 でさえ 日 本 人 の 心 性 になお 馴 染 まない 類 似 の 表 現 として 君 が 好 きだ 程 度 までであろう 君 を 憎 く 思 う などという 逆 転 した 心 象 の 表 現 もある [ 衛 生 ](hygiene, hygies)(ギリシャ 語 の 健 康 な という 語 に 由 来 する)また 健 康 の 女 神 (Hygeia) もともとドイツ 語 の[Pflegeheit]を 長 與 専 斎 が 訳 したものとされ る

5 137 明 治 翻 訳 語 のおもしろさ 実 際 彼 の 自 伝 松 香 私 志 にその 記 述 が 有 る しかし 実 際 には 中 国 語 に 衛 生 という 語 は 存 在 した この 衛 生 と 言 葉 は 明 治 の ひとつの 流 行 語 になった 下 町 で 姦 しい 庶 民 が ひどくこの 衛 生 という 言 葉 を 気 に 入 って 盛 んに 使 ったのである [ 定 数 ] 定 数 は 数 学 常 数 は 物 理 しかしどちらも constant number である [ 社 会 ] society という 語 を 福 沢 諭 吉 が 最 初 ソサエチー と 言 っていたが 訳 出 した それを 最 初 仲 間 連 中 と 訳 したが それでは 馴 染 まなかった それ でついに 社 会 という 語 に 定 着 したのである 例 えば 医 学 の 分 野 に 属 する 病 名 にも 翻 訳 の 時 代 を 反 映 した 訳 語 が 見 られる [ 結 核 の 病 名 ] 労 咳 (phthisis) 肺 癆 (consumption) 肺 病 結 核 (tuberculosis) 中 国 語 からの 借 用 胸 の 病 気 リンパ 節 結 核 (lymphatic tuberculosis, Scrofula, King s Evil)は 中 国 語 から 瘰 癧 実 は 英 語 でも 無 数 の 表 現 があった それは 病 因 がはっきりしなかったためで あり それゆえに 症 状 がすべて 病 名 になった (decline, wasting disease, complaint in the chest, the white plague etc.) 医 学 に 関 しては ドイツ 医 学 が 英 国 医 学 やフランスより 優 れていると 解 釈 され それが 公 的 な 見 解 となり ドイツ 医 学 輸 入 が 決 まった ゲル(Geld) メッチェン (Maedchen) ゲレンデ(Gelende) カルテ(Karte) クランケ(Kranke)などがドイ ツ 語 から 一 般 的 に 使 用 されるに 至 った ドイツ 医 学 が 修 得 されたために ドイツ 語 が 染 み 込 んでいる 場 合 もある カリエス( 骨 結 核 )(Karies, Caries) 英 語 の 発 音 は ケアリーズとなり まっ たく 異 なった 印 象 を 聞 く 人 に 与 える 他 の 興 味 深 い 語 として 次 のようなものが 挙 げられるだろう [ 画 学 生 ] [ 女 学 生 ] [ 青 年 ] [ 懊 悩 ] これらの 語 は 多 かれ 少 なかれ 天 才 や 芸 術 と 無 縁 ではなかった 新 しい 時 代 に 登 場 した 新 しい 人 物 像 を 如 実 に 反 映 していたのである それは 流 行 という ものにさえなった ちょうど 衛 生 という 語 が 人 々に 広 く 愛 唱 されたように

6 138 逆 に 原 語 をそのままの 発 音 で 使 うということも 起 こった そして それが 流 行 にさえもなった 外 国 語 を 自 在 に 使 うということが 国 賊 という 観 念 から 格 好 良 いことと 変 ったのである 例 えば ゲル メッチェン りーべ 等 などのドイツ 語 からの 直 接 移 入 された 言 葉 は とりわけ 新 しい 時 代 の 寵 児 となった 高 等 学 校 と 大 学 の 学 生 によって 使 用 され た それは 彼 らが 特 権 的 な 学 校 生 活 の 中 で 学 ばされた 語 学 であったが それを 習 得 する 過 程 で いつの 間 にか 自 分 たちだけの 間 で 通 じる 言 葉 合 言 葉 あるいは 俗 語 隠 語 として 使 用 したのである 同 様 の 例 は フランス 語 にも 見 られる 画 学 生 が ベレー 帽 を 被 り そしてフラ ンス 的 な 愛 を 語 るという 憧 れが 庶 民 の 間 にさえ 起 こった アムール (amour) カフェ (café) デッサン (dessin)など 馴 染 みの 深 い 言 葉 が 実 はフランス 語 からの 輸 入 なのである 逆 に もっと 長 い 歴 史 的 過 程 を 経 て 現 代 に 受 け 継 がれ 日 本 にさえやってきた 語 があった たとえばそれは [ギリシャーアラブー 中 世 ヨーロッパー 現 代 ]と 流 れ 落 ちてきた 化 学 の 用 語 である アルカリ (alkari) アルコール (alcohol) フラスコ (flask) ア シッド( 酸 ) (acid) これらは 生 活 に 学 問 に 生 活 に 必 要 な 単 語 であって 当 然 のごとくに 受 け 継 が れてきた こうした 中 で 単 語 ではないが 外 国 語 の 影 響 として 傑 作 な 例 は 亀 屋 であろう 横 浜 にいくつも 出 現 したこの 店 の 名 は アメリカ 人 が 自 分 の 犬 を 呼 ぶ 時 に[Come here!]と 呼 び 掛 けたことに 由 来 する 犬 の 名 前 ではなく 単 なるセンテンスの 発 音 が そのまま 商 店 の 商 標 になったのは 興 味 深 い 必 要 性 という 観 点 から 見 ても 言 語 は 重 要 な 意 味 を 持 っている たとえば サウ ジアラビアには 雪 という 単 語 がない それは 雪 が 降 らないからである しかし 駱 駝 の 身 体 の 各 部 分 に 関 する 詳 細 な 単 語 が 存 在 する 日 常 生 活 の 必 要 に 迫 られて 詳 細 な 単 語 が 駱 駝 の 身 体 の 部 分 部 分 に 割 り 当 てられたからである 4 必 要 のため 単 語 が 作 られる すでに 雪 と 駱 駝 の 例 を 引 いた

7 139 明 治 翻 訳 語 のおもしろさ しかし もっと 日 常 的 な 問 題 としての 食 料 を 考 えてみるとよい 確 かに 調 味 料 としての 胡 椒 (pepper)は 重 要 である 黒 いダイアモンド なのである しかし それを 使 って 保 存 する 肉 も もっと 面 白 い 展 開 を 示 していな いだろうか 動 物 とその 肉 の 例 を 考 えてみよう われわれが 日 常 的 に 食 する 牛 肉 豚 肉 魚 肉 などがある しかし 論 文 末 の 付 表 でも 示 したように 少 なくとも 英 語 では 動 物 に 対 して それに 対 応 する 動 物 の 肉 が 名 詞 として 存 在 する こうした 単 語 は 大 抵 がフランス 語 からの 移 入 語 で 実 際 英 語 に 占 めるフランス 語 の 語 彙 が 全 体 の40%であると 知 れば 首 肯 できるであろう しかし もっと 興 味 深 いことは この 付 表 の 左 側 の 動 物 名 は 多 くはゲルマン 語 か らの 輸 入 であり 一 方 右 側 に 列 記 された 動 物 の 肉 名 は 大 部 分 がラテン 語 系 なの である この 付 表 には 敢 えて 取 らなかった 単 語 に 鶏 (cock/hen)とその 肉 として の 鶏 肉 (chiken)がある この 後 者 の 単 語 は ラテン 語 系 からの 移 入 ではない しかし 日 本 人 は 基 本 的 に 動 物 の 肉 を 食 べることが 少 なかった 魚 や 野 菜 を 主 に 食 べてきたために こうした 豊 富 な 肉 の 種 類 を 分 類 する 命 名 をしなかったのである 分 類 (classification)はあったが 命 名 (nomenclature)はなかった 動 物 は 知 って いたが 肉 として 食 べることが 社 会 的 に 容 認 されていなかったためである それは 主 に 仏 教 が 肉 食 を 禁 じていたためである 動 物 (animal) 肉 (meat) しかし そのことは 日 本 人 が 太 古 以 来 肉 仔 牛 (Calf) Veal 食 をしなかったという 証 拠 にはならない 肉 (Ox/Cow) Beef 食 は 常 にあった 蛋 白 質 の 供 給 源 としてこれ (Pig/Hog/Boar) Pork ほど 便 利 なものはなかったであろうし それ Deer Venison はとりわけ 山 国 でそうであったのであろう Sheep Mutton 日 本 人 が 肉 食 をしていたことはよく 知 ら Lamb Lamb chop れているし それは 牛 や 豚 でない 肉 で 残 って いる 桜 ( 馬 肉 ) 牡 丹 ( 猪 肉 )の 二 つがよく 知 れていて つまり 昔 から 肉 はあり また 肉 食 もあったということが 分 かる 5 ますます 複 雑 な 用 語 を 訳 す: 品 性 愛 という 言 葉 が かつて 仏 教 用 語 であって 人 間 相 互 の 感 情 を 表 象 する 言 葉 でなかったことは 興 味 深 い 実 際 に 日 本 人 が 恋 愛 なるものを 認 識 したのは 明

8 140 治 3-4 年 ( )に 出 た 中 村 正 直 訳 西 国 立 志 編 以 後 ということになる そし て 二 葉 亭 四 迷 によって 小 説 の 世 界 で ラヴ と 恋 の 違 いを 知 ることになる 今 比 較 的 新 しい 言 葉 ( 造 語 )としての 恋 愛 を 情 色 恋 など の 語 感 と 比 べてみるとどうだろうか 恋 愛 の 方 がより 洗 練 されていて 洋 風 で より 高 級 より 新 鮮 より 重 要 な 語 感 を 得 ることだろう そのことは 明 治 時 代 の 方 が 今 日 よりももっと 強 烈 に 感 じられたはずである しかし 同 時 に 新 しく 馴 染 まない 言 葉 であるゆえに その 心 理 も 徹 頭 徹 尾 理 解 で きるまでにはなかなか 至 らなかったに 違 いない そして 今 日 でさえなお あなた を 愛 する という 表 現 は 完 全 な 市 民 権 を 得 た 訳 ではない 福 沢 諭 吉 は 明 治 8 年 (1875)の 文 明 論 之 概 略 で[society]を 人 間 交 際 と 訳 し た 現 在 では 社 会 と 訳 す その 真 意 を 会 得 し それを 日 本 語 に 訳 すのには 苦 労 があった しかし 新 しい 社 会 が 発 展 していくためには まさにその 社 会 と いう 単 語 が 必 要 だったのである 夏 目 漱 石 も 二 葉 亭 四 迷 も 外 国 語 の 素 養 があったが その 前 に 漢 語 の 素 養 があっ た かれらの 頭 の 中 では 外 国 の 知 識 や 思 想 が まず 外 国 語 で 入 り 続 いてそれを 漢 語 的 表 現 に 置 き 換 えて 理 解 を 進 め そしてついに 日 本 的 文 脈 におくという 手 続 き を 取 っていた 可 能 性 がある たとえば 中 村 正 直 訳 自 由 之 理 の 冒 頭 部 分 を 見 てみよう これは 経 済 学 者 哲 学 者 として 有 名 なジョン スチュアート ミル(John Stuart Mill, )の 自 由 の 理 (On Liberty, 1859)の 翻 訳 である 原 著 の 出 版 は 1859 年 翻 訳 書 の 出 版 は 年 ( 明 治 3-4 年 )だから ほぼ 同 時 代 に 訳 されて 日 本 に 紹 介 された と 言 える (なお 訳 者 の 中 村 正 直 は( )は 洋 学 者 で 号 は 敬 宇 スマイル ズの 西 国 立 志 編 の 訳 者 としても 知 られる ) その 自 由 之 理 の 序 論 を 見 てみよう 自 由 之 理 序 論 リベルテイ 自 由 之 理 トイヘル 語 ハ 種 々ニ 用 ユ リベルテイ ヲフ ゼ ウ ーイル 主 意 ノ 自 由 ( 心 志 議 論 ノ 自 由 トハ 別 ナリ)トイヘルモノハ フーイ ロ ソフーイカル 子 セスシテイ 不 得 已 ヤムヲエザル 之 理 ( 理 學 家 ニテ 名 ヅケ タルモノナリ コレ 等 ノ 譯 後 人 ノ 改 正 ヲ 待 ツ )トイヘル 道 理 ト 反 對 スルモ ノニ シテ 此 書 ニ 論 ズルモノニ 非 ズ 此 書 ハ シヴーイル リベルテイ 人 民 の 自 由

9 141 明 治 翻 訳 語 のおもしろさ 即 チソーシアル リベルテイ 人 倫 交 際 上 ノ 自 由 ノ 理 ヲ 論 ズ 即 チ 仲 間 連 中 ( 即 チ 政 府 )ニテ 各 箇 メイ/\ ノ 人 ノ 上 ニ 施 シ 行 フベキ 權 勢 ハ 何 如 イカ ナル モノトイフ 本 性 ヲ 講 明 シ 并 ビニソノ 權 勢 ノ 限 界 ヲ 講 明 スルモノナリ ( 明 治 文 化 全 集 第 5 巻 日 本 評 論 社 1927 年 ) この 翻 訳 は 今 日 の 我 々でさえ 面 喰 うような 難 解 な 文 章 である それは 恐 らく 翻 訳 をした 中 村 でさえ 確 かに 意 味 が 理 解 できていたとは 言 い 難 い この 文 脈 の 中 で たとえば[society] [individual] [liberty] [nature]など の 訳 出 に 苦 吟 している 様 がありありと 読 み 取 れる これらの 語 は 柳 父 章 が 翻 訳 語 成 立 事 情 ( 岩 波 新 書 1982 年 )で 取 り 上 げていて まさに 新 時 代 を 告 げる 重 要 な 用 語 だったのである たとえば[liberty]は 自 由 [society]は 社 会 [individual]は 個 人 [nature]は 自 然 というように 訳 出 され じょじょに 社 会 の 中 でその 訳 語 が 定 着 してくる しかし 訳 語 が 定 着 したからと 言 って これらの 語 があらわす 意 味 概 念 が そのまま 理 解 されるようになったとは 言 えない また 訳 語 にも 揺 れがあった その 結 果 一 つの 文 章 で[social]を 人 倫 交 際 と 訳 し [society]を 仲 間 連 中 と 訳 して 同 一 の 語 から 派 生 した 訳 語 とは 到 底 見 破 れない 明 治 初 期 に 厳 然 と 現 れ た 大 翻 訳 時 代 の 後 に やっと 原 語 と 訳 語 の 一 対 一 対 応 を 追 求 する 時 代 つまり 訳 語 の 一 貫 性 が 求 められる 時 代 が 到 来 したのである こうした 語 は 他 にも 少 なくない 概 念 が 存 在 せず それゆえにぴったりの 訳 語 が 存 在 しえない 状 態 で 苦 渋 の 選 択 は 続 くことになる ある 観 念 やそれに 対 する 用 語 が 今 まで 存 在 しなかったのは 別 に 悪 いことでもなんでもないが ある 外 国 語 の 単 語 に 対 応 する あるいは 相 当 する 単 語 が 存 在 しないことは 文 化 的 落 差 を 意 味 する 人 間 の 哲 学 や 機 微 をつくような 用 語 があれば それに 思 い 至 らなかった 文 化 は 劣 等 な 文 化 あるいは 漱 石 の 言 うところの 半 開 の 状 態 であることになる 半 開 とは 西 欧 諸 国 が 文 化 開 明 しているのなら 日 本 は 野 蛮 の 国 ではないにし ても なお 半 開 なのであった 日 本 語 にも 中 国 語 にも 元 来 なかった 語 で 後 に 重 要 な 道 徳 的 意 味 を 持 つ 言 葉 に 品 性 という 熟 語 がある これは 明 治 時 代 初 めに 到 来 した 英 語 の[character] で あり 道 徳 の 程 度 道 徳 性 の 意 味 に 対 して 品 行 品 格 などの 訳 語 が 充 てられ さらにそこから 発 展 して 品 性 という 言 葉 が 生 み 出 した

10 142 明 治 7 年 (1874) ウエーランド 著 阿 部 泰 蔵 訳 修 身 論 ( 文 部 省 刊 行, Francis Wayland, The Elements of Moral Science, 1835)の 中 で 品 性 が 翻 訳 語 として 初 めて 使 われている 今 ひとつは 日 本 教 育 学 に 多 大 な 影 響 のあったドイツの 教 育 学 者 ヘルバルト(Johann Friedrich Herbart, )の 影 響 であろう ヘルバ ルトは 教 育 の 目 的 を 強 固 なる 道 徳 的 品 性 の 形 成 としており 彼 の 教 育 学 の 解 説 書 が 明 治 20 年 代 に 大 学 の 哲 学 科 や 師 範 学 校 で 盛 んに 教 科 書 として 使 われ 品 性 という 言 葉 が 哲 学 界 や 教 育 学 界 で 急 速 に 広 まった しかし ここで 修 身 と 訳 出 されている 語 も 元 々は[moral science]であり 慶 応 義 塾 福 沢 諭 吉 小 幡 篤 次 郎 らが 訳 出 したものとされる 福 沢 の 緒 言 にこう 記 されている 訳 語 が 成 立 する 様 子 をまざまざと 我 々に 見 せてくれる 明 治 元 年 の 事 と 覺 ゆ 或 日 小 幡 篤 次 郎 氏 が 散 歩 の 途 中 書 物 屋 の 店 頭 に 一 册 の 古 本 を 得 たりとて 塾 に 持 歸 りて 之 を 見 れば 米 國 出 版 ウェーランド 編 纂 のモラルサイヤ ンスと 題 したる 原 書 にして 表 題 は 道 徳 論 に 相 違 なし 同 志 打 寄 り 先 づ 其 目 録 に 從 て 書 中 の 此 處 彼 處 を 二 三 枚 づゝ 熟 讀 するに 如 何 にも 徳 義 一 偏 を 論 じたるものにして 甚 だ 面 白 し 斯 る 出 版 書 が 米 國 にあると 云 へば 一 日 も 捨 置 き 難 し 早 速 購 求 せんとて 横 濱 の 洋 書 店 丸 屋 に 託 して 同 本 六 十 部 ばかりを 取 寄 せモラルサイヤンスの 譯 字 に 就 ても 樣 々 討 議 し 遂 に 之 を 修 身 論 と 譯 して 直 に 塾 の 教 場 に 用 ひたり ヘルバルト 教 育 学 に 影 響 されたのが スマイルズ(Samuel Smiles, )の 翻 訳 書 である 明 治 初 期 中 村 正 直 訳 西 国 立 志 編 (Self-Help)において character は 品 行 と 訳 されたが 明 治 中 期 以 降 別 の 訳 者 によって 品 性 と 訳 し 直 され た スマイルズの 著 書 は 一 般 向 けの 教 養 書 いわば 立 身 出 世 のバイブルとでもいう べき 書 物 だったので 広 く 読 まれ 品 性 という 訳 語 も 広 く 普 及 していったのであ る やがて 品 性 という 訳 語 は 明 治 中 期 以 降 教 育 学 界 に 普 及 し さらに 倫 理 学 界 にも 広 がっていった 明 治 中 期 に 早 稲 田 大 学 の 大 西 祝 ( 操 山 )は 丁 酉 倫 理 会 を 主 宰 し 積 極 的 に 品 性 という 概 念 を 倫 理 学 に 導 入 した また 明 治 後 期 には 東 京 帝 国 大 学 の 吉 田 静 致 ( )は 倫 理 学 を 行 為 及 び 品 性 の 科 学 と 定 義 したうえで 倫 理 学 の 教 科 書 西 洋 倫 理 学 史 講 義 (1905) 倫 理 学 上 より 観 た る 日 本 精 神 (1934)を 著 したりして 品 性 について 論 争 を 展 開 したりした

11 143 明 治 翻 訳 語 のおもしろさ これに 呼 応 するかのように 明 治 後 期 に 出 版 された 国 語 辞 典 や 哲 学 辞 典 類 で [character] の 訳 語 に 品 性 が 定 着 して 使 われるようになった 当 時 の 作 家 国 木 田 独 歩 や 夏 目 漱 石 の 作 品 の 中 にも 品 性 という 言 葉 が 見 られる また 財 界 人 政 治 家 としても 活 躍 した 武 藤 山 治 ( )は 品 性 を 磨 くように 社 長 を 務 めた 鐘 紡 や 時 事 新 報 社 の 社 員 だけでなく 衆 議 院 議 員 として 青 年 一 般 に 広 く 呼 び かけて 言 論 活 動 を 展 開 している このように 品 性 は 訳 出 されてから 百 年 以 上 の 歴 史 をもって 使 われている しかし 心 理 学 の 発 展 により やがて[character] は 道 徳 的 意 味 ではなく 中 立 的 な 人 の 人 格 性 格 特 性 の 意 味 を 示 す 用 語 として 使 用 され 始 める 6 訳 語 としての 人 格 と 情 報 一 方 明 治 中 期 に 倫 理 学 界 で 品 性 と 並 んで 人 格 という 言 葉 が 欧 米 語 [person]の 翻 訳 語 として 登 場 する こうして 訳 語 人 格 は 哲 学 倫 理 学 教 育 学 宗 教 界 と 徐 々に 広 がっていき ついに 大 正 時 代 には 阿 部 次 郎 ( )の 人 格 主 義 (1922)がブームになった こうして 人 格 は 一 般 社 会 にも 広 く 普 及 してい った この 結 果 人 間 の 倫 理 道 徳 を 表 す 言 葉 として 品 性 と 人 格 という 二 つの 用 語 が 同 時 並 行 的 に 使 用 されていくこととなり 他 に 品 位 品 行 品 格 徳 性 などの 言 葉 も 造 られ 使 用 されるに 至 った 特 徴 的 なのは 文 部 省 の 文 書 でこの 訳 語 品 性 という 言 葉 が 使 われた 事 例 が 極 めて 少 ないことである 文 部 省 は 成 立 当 初 欧 米 文 化 を 積 極 的 に 導 入 しようとしていた 学 校 で 修 身 の 教 科 書 として 欧 米 の 翻 訳 本 を 使 っていた しかし 極 度 の 欧 米 化 は 風 俗 を 乱 し 日 本 の 伝 統 的 文 化 を 頽 廃 させるとした 伝 統 派 守 旧 派 儒 教 派 の 人 々が 欧 米 化 近 代 化 にブレーキをかけ 欧 米 の 翻 訳 本 に 代 わって 孔 子 孟 子 論 語 とい った 和 漢 書 を 元 に 編 集 した 修 身 教 科 書 を 使 用 を 主 張 し そうさせるようになった そうした 混 乱 した 状 況 下 では 修 身 の 教 育 方 針 や 方 法 を 解 説 する 文 書 では 品 性 ではなく 従 来 からよく 知 られていた 品 行 品 格 さらには 徳 性 といっ た 言 葉 が 強 調 されたのは 当 然 であった 第 二 次 世 界 大 戦 後 品 性 はあまり 使 われなくなった 戦 前 の 教 育 勅 語 に 代 わって 成 立 した 教 育 基 本 法 第 一 条 の 教 育 の 目 的 を 述 べるのに 品 性 では なく 人 格 の 完 成 をめざす とされることに 象 徴 されている 日 本 社 会 全 体 でも 人 格 という 用 語 が 一 般 的 となり 品 性 という 言 葉 が 社 会 的 力 を 失 ったこと

12 144 は 事 実 だろう それゆえ 品 性 という 言 葉 を 用 いて 道 徳 を 説 いたり 倫 理 的 問 題 を 解 釈 しようとしても なかなか 馴 染 まなくなっている 言 葉 は 生 き 物 で 時 代 の 変 遷 とともに 変 化 していく より 人 口 に 膾 炙 した 言 葉 が より 多 くの 人 に 使 用 される 使 われればさらに 認 知 度 が 高 まり やがてその 社 会 に 定 着 する その 意 味 で 明 治 初 年 に 外 国 の 思 想 が 多 くの 書 物 と 共 に 日 本 に 到 来 した 時 用 語 ひとつひとつが 文 化 衝 突 であり また 文 化 翻 訳 文 化 移 譲 であった 一 方 眼 を 現 在 の 日 本 に 向 けると 今 日 ほど 情 報 という 語 が 多 用 されている 時 代 はないことに 驚 かされる しかしながら この 情 報 という 語 がいつごろか ら どのような 形 で 誰 によって 最 初 に 使 われだしたのか 必 ずしも 明 白 ではなか った 元 来 情 報 という 語 は 中 国 でも 主 に 軍 用 語 として 使 われてきたが 中 国 人 自 身 が 近 代 日 本 から 来 た 用 語 の 中 国 語 として 認 めている それゆえ (1) 漢 語 ではなくて 和 語 とみなすことができる (2) 明 治 のことば 辞 典 では 情 報 という 語 が 現 われるのは 明 治 三 十 八 年 以 降 で 情 報 は 明 治 になってから 現 われた 語 ではないかと 考 えられる 残 念 ながら 英 語 のように オックスフォード 英 語 辞 典 [OED: Oxford English Dictionary]のような 浩 瀚 で 用 語 の 初 出 が 確 かめられ 様 な 辞 書 がないので 諸 説 を 探 るしかない これまでの 通 説 では 文 豪 である 鴎 外 森 林 太 郎 ( )が 最 初 に 用 いたとす る 鴎 外 造 語 説 が 有 力 であった しかし 明 治 期 の 情 報 の 用 例 を 調 べていくと 兵 語 に 由 来 するとの 学 説 があり 兵 書 を 重 点 的 に 調 べた 結 果 鴎 外 が 文 筆 活 動 を 始 める 以 前 の 明 治 九 年 に 既 に 情 報 という 語 が 使 われていることが 分 かっている また 明 治 十 年 代 後 半 には 情 報 だけでなく 状 報 も 並 行 して 用 いられていた ( 明 治 十 五 年 三 月 二 十 日 の 睦 達 乙 第 十 八 号 により 陸 軍 省 が 制 定 した 野 外 演 習 軌 典 第 一 版 では 情 報 という 語 が 多 数 用 いられている 公 式 文 書 に 情 報 という 語 が 現 れるのはおそらくこれが 最 初 であろう この 野 外 演 習 軌 典 は 明 治 九 年 に 陸 軍 少 佐 酒 井 忠 恕 がフランスの 実 地 演 習 軌 典 を 訳 出 した 佛 國 歩 兵 陣 中 要 務 賓 地 演 習 軌 典 (3)を 土 台 にしており この 訳 本 ではすでに 情 報 という 語 が 使 われている これ 以 前 に 出 版 されている 兵 書 を 調 べてみても 惰 報 という 語 が 見 あたらないことから おそらくこの 本 が 情 報 という 語 が 使 われた 最 初 の 出 版 物 で はないかと 考 えられる 情 報 は 情 状 の 報 告 または 報 知 を 短 縮 したものと 解 釈 することができる 野 戦 で は 斥 候 偵 察 間 諜 などを 派 遣 して 地 勢 や 敵 情 を 調 べる その 報 知 を 酒 井 は 情 報 と 訳 した その 原 語 について

13 145 明 治 翻 訳 語 のおもしろさ はまだ 原 本 を 確 認 していないが つぎに 述 べる 理 由 からフランス 語 の renseignement と 考 えられる (1)フラ ンス 語 を 主 体 として 編 集 されている 五 國 対 照 兵 語 字 書 には information が 採 録 されていない (2) 明 治 十 八 年 に 訳 出 された 佛 國 陣 中 軌 典 では 情 報 に ランセーギュマン または ランセギウマン の 添 え 書 きが してある (3) 一 八 九 五 年 の 仏 国 陣 中 軌 典 携 帯 版 の 原 本 では renseignement が 対 応 している (4) 後 述 する 佛 和 辞 典 の enseignement の 項 に 状 報 が 記 載 されている 小 野 厚 夫 明 治 期 における 情 報 と 状 報 情 報 処 理 学 会 1991 年 2 月 25 日 [ 参 考 文 献 ] 小 野 厚 夫 明 治 九 年 情 報 は 産 声 フランス 兵 書 の 翻 訳 に 語 源 1990 年 9 月 15 日 日 本 経 済 新 聞 朝 刊 文 化 欄 丸 山 真 男 加 藤 周 一 翻 訳 と 日 本 の 近 代 岩 波 書 店 1998 年 柳 父 章 翻 訳 語 成 立 事 情 岩 波 書 店 1982 年 山 岡 洋 一 15 年 に 数 千 点 - 明 治 初 期 の 大 翻 訳 時 代 翻 訳 通 信 2004 年 3 月 号 吉 沢 典 男 石 綿 敏 雄 外 来 語 の 語 源 角 川 書 店 1979 年 表 2: 明 治 初 年 度 の 翻 訳 点 数 年 度 総 点 数 翻 訳 書 点 数 翻 訳 書 純 点 数 1868 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 年 合 計 注 :Webcat Plus( 作 成 より 引 用

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反 79 博 要 旨 審 報 告 押 美 位 請 求 Ⅰ 要 旨 押 美 切 口 探 要 月 付 与 設 定 読 支 持 受 今 至 繰 返 定 番 対 設 定 バ シ ョ 彩 ワ 言 過 言 言 換 機 能 7 始 せ 専 攻 研 究 数 限 絵 姿 着 L t 組 合 せ 重 置 試 個 々 80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察

More information

新渡戸稲造の武士道

新渡戸稲造の武士道 Bushido : The Soul of Japan. 著 序 次 前 ベ ギ 故 ド ヴ レ 氏 歓 待 受 許 数 ご 或 散 歩 話 題 題 モ ビ 石 油 ア ク ゾ ノ ベ オ ダ 系 企 業 勤 頃 友 聞 答 古 希 ぎ 漸 恵 終 来 月 奈 川 銀 杏 火 骨 ホ ム ペ ジ 載 稿 数 む 省 火 員 雄 岩 波 庫 奈 良 辰 也 笠 房 両 氏 翻 講 談 タ ナ シ ョ

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

Microsoft Word - 社会_問題用紙.doc

Microsoft Word - 社会_問題用紙.doc 平 成 23 年 度 洛 陽 総 合 高 等 学 校 社 会 第 1 次 入 学 考 査 問 題 (50 分 ) 受 験 番 号 ( 氏 名 は 書 かないこと) Ⅰ 1. 下 の 地 形 図 をよく 見 て あとの(1)~(5)に 答 えなさい (1) この 地 形 図 の 縮 尺 を 次 の 選 択 肢 より 選 び 答 えなさい 1 万 分 の 1 / 2 万 5 千 分 の 1 / 5 万

More information

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や 画 にみる 近 代 日 本 の 風 景 武 蔵 国 秩 父 郡 県 社 三 峰 神 社 全 図 ( 田 中 家 文 書 0) 開 催 にあたって 幕 末 に 西 洋 から 伝 えられた 技 術 は 司 馬 江 漢 亜 欧 堂 田 善 安 田 雷 洲 などが 習 得 して 作 品 化 する 一 方 京 都 の 玄 々 堂 が 小 型 の 風 景 画 などを 量 産 して 一 般 に 流 通 させました

More information

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿 歴 代 受 賞 者 名 簿 昭 和 60 年 昭 和 61 年 昭 和 62 年 昭 和 63 年 平 成 元 年 平 成 2 年 平 成 3 年 平 成 4 年 平 成 5 年 平 成 6 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

育 Business Labor Trend.9 広 逆 説 じ 打 党 始 競 争 激 質 評 億 弱 ぎ 飲 混 味 真 珠 億 標 準 波 及 疑 耕 ヘ ヘ 都 ヘ ぎ 米 ヘ 豪 ヘ 陸 諸 隔 絶 差 欧 ヘ 欧 ヤ 伴 動 針 ヘ 散 弟 離 複 雑 障 壁 ィ 概 ぶ 曖 昧 簡 整

育 Business Labor Trend.9 広 逆 説 じ 打 党 始 競 争 激 質 評 億 弱 ぎ 飲 混 味 真 珠 億 標 準 波 及 疑 耕 ヘ ヘ 都 ヘ ぎ 米 ヘ 豪 ヘ 陸 諸 隔 絶 差 欧 ヘ 欧 ヤ 伴 動 針 ヘ 散 弟 離 複 雑 障 壁 ィ 概 ぶ 曖 昧 簡 整 育 Business Labor Trend.9 世 右 肩 苦 ぜ 稿 概 捉 察 訳 米 樹 ダ ナ ニ ベ G D 動 弱 歴 史 ピ 減 少 純 ピ 減 背 ブ 崩 壊 志 少 護 複 肥 燃 供 寡 硬 騰 動 投 転 嫁 交 易 継 刻 広 既 就 口 歳 歳 著 再 困 局 交 渉 T 極 税 ゼ 由 透 層 刻 反 質 礎 席 寄 稿 6 96 6 8 8 9 9 純 推 移 6 8

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

           3か4か 

           3か4か  - 日 本 の 漁 船 - 和 船 の 登 場 と 発 達 三 浦 福 助 日 本 の 船 の 歴 史 を 見 ると 縄 文 時 代 の 丸 木 舟 から 始 まり やがて 木 材 を 組 合 わせた 構 造 船 ( 和 船 と 呼 ぶことにします)が 出 現 します これがいつの 時 代 かはわかりませんが 古 墳 時 代 になるとそのような 船 が 海 に 浮 かんだものと 思 います 1 遣

More information

平 成 28 年 度 第 70 回 愛 媛 県 高 等 学 校 総 合 育 大 会 上 位 成 績 一 覧 操 総 合 総 合 ク ブ リ ボ 聖 カ 藤 ( ) 松 本 ( 聖 カ ) 岡 ( ) 大 木 ( ) 藤 ( ) 岡 ( ) 大 坪 ( 聖 カ ) 大 木 ( ) 藤 ( ) 松 本

平 成 28 年 度 第 70 回 愛 媛 県 高 等 学 校 総 合 育 大 会 上 位 成 績 一 覧 操 総 合 総 合 ク ブ リ ボ 聖 カ 藤 ( ) 松 本 ( 聖 カ ) 岡 ( ) 大 木 ( ) 藤 ( ) 岡 ( ) 大 坪 ( 聖 カ ) 大 木 ( ) 藤 ( ) 松 本 平 成 28 年 度 第 70 回 愛 媛 県 高 等 学 校 総 合 育 大 会 上 位 成 績 一 覧 3 位 4 位 総 合 居 浜 東 居 浜 東 ト ッ ク 居 浜 東 ィ ー ド 今 治 明 徳 居 浜 東 今 治 明 徳 居 浜 東 桑 ( 東 ) 滝 本 ( 川 石 ) 六 郎 面 ( ) 越 智 ( 東 ) 平 井 ( 八 浜 ) 山 本 ( 今 北 ) 平 林 ( ) 戸 ( 松

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

受理番号 23-80

受理番号 23-80 意 見 書 6 枚 中 1 枚 目 受 理 2380 1 6 13 私 たちの 時 代 と 歴 史 ( 全 体 ) 運 動 会 の 歴 史 は 学 習 指 導 要 領 に 示 す 内 容 の (1)の 現 代 の 社 会 やその 諸 課 題 が 歴 史 的 に 形 成 されたものであるという 観 点 から, 近 現 代 の 歴 史 的 事 象 と 現 在 との 結 び 付 きを 考 える 活 動 を

More information

P38-P42.indd

P38-P42.indd ナ 倍 俊 彦 文 肆 矢 純 通 喧 噪 抜 細 小 路 ぐ 秀 喜 ユ ォ 数 々 守 素 材 厳 丁 寧 堪 能 不 議 ぬ 隠 ナ 伺 勉 強 以 外 夢 米 置 賜 身 経 緯 早 稲 田 4 辞 ) ぼ ャ 勉 強 縁 始 9 歳 ロ ウ 授 業 普 通 進 ゅ 喫 茶 仲 退 屈 始 喫 茶 家 三 鷹 国 際 基 教 ぐ 空 借 ミ サ 車 余 リ 夜 ガ 工 電 工 以 外 38

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

48 4 第 章 隅 々 楽 む 西 保 志 千 建 築 家 街 ァ 建 築? 百 千 ゃ? 風 刺 珍 系 西 素 晴 プ 誕 彼 氏 欲 諭 界 観 切 教 Q ホ & 黄 期 界 権 盛 代 同 Q 詞 確 6 黒 摩 季 黒 摩 季 期 長 距 離 走 ョ 無 訴 渡 辺 v v 亮 渡 辺

48 4 第 章 隅 々 楽 む 西 保 志 千 建 築 家 街 ァ 建 築? 百 千 ゃ? 風 刺 珍 系 西 素 晴 プ 誕 彼 氏 欲 諭 界 観 切 教 Q ホ & 黄 期 界 権 盛 代 同 Q 詞 確 6 黒 摩 季 黒 摩 季 期 長 距 離 走 ョ 無 訴 渡 辺 v v 亮 渡 辺 46 47 第 章 隅 々 楽 む 架 昔 耳 自 分 青 春 恋 色 鮮 同 心 刻 耳 技 栄 挫 折 脳 裏 浮 ぶ 電 話 号 乗 語 呂 C ゼ ヨ ノ ほ 着 同 技 十 話 物 悪 方 意 識 的 ょ 例 夏 季 主 以 下 8 8 浜 麻 n d 高 音 域 強 魅 的 ハ 部 分 ピ 勇 げ べ 兼 備 史 屈 指 ハ V 界 陸 使 亀 毅 試 寺 恵 寺 = 太 陽 = 刷 込

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

『障屏画と狩野派〈辻惟雄集 第3巻〉』

『障屏画と狩野派〈辻惟雄集 第3巻〉』 v 次 1 研 究 史 回 顧 現 在 31 桃 57 禅 坊 方 丈 壁 様 び 筆 者 91 五 聚 楽 143 狩 派 誕 興 隆 信 信 永 徳 165 七 狩 永 徳 松 叭 叭 柳 白 鷺 195 八 狩 永 徳 季 211 九 長 谷 川 等 伯 松 林 217 長 谷 川 等 伯 老 松 猿 猴 捉 月 金 地 223 狩 探 幽 筆 類 写 帖 模 英 博 蔵 229 解 説 239

More information

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用)

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用) 解 禁 日 時 ラジオ テレビ インターネット:3 月 18 日 ( 水 )16 時 50 分 以 降 解 禁 ( 記 者 発 表 資 料 ) 新 聞 :3 月 19 日 ( 木 ) 付 朝 刊 以 降 解 禁 参 考 2 ( 取 扱 注 意 ) 記 者 発 表 ( 発 表 資 料 配 付 ) 月 / 日 ( 曜 ) 担 当 課 電 話 番 号 発 表 者 名 ( 担 当 主 幹 名 ) その 他

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩 1707 年 宝 永 地 震 と 大 坂 の 被 害 数 矢 田 俊 文 ( 新 潟 大 学 災 害 復 興 科 学 研 究 所 ) はじめに 本 稿 の 目 的 は 宝 永 地 震 による 大 坂 の 被 害 数 を 明 らかにすることである 宝 永 4 年 (1707)10 月 4 日 に 南 海 トラフ 周 辺 で 起 こった 地 震 は 宝 永 地 震 とよばれ 東 海 地 方 か ら 九

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 寓 禅 略 縁 起 由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 群 銘 木 由 縁 略 記 禅 利 閉 愛 知 県 ノ 宮 萩 原 主 歳 入 子 息 父 殺 嵯 峨 第 子 河 原 院 源 融 胤 閉 創 愛 知 県 ノ 宮 妙 興 永 徳 示 寂 寿

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な 研 究 ノート 国 語 科 を 中 心 とする 授 業 力 向 上 についての 一 考 察 A Study on the Development of Teacher Competence, Centering on Teaching Japanese Language Arts 吉 田 人 史 YOSHIDA Hitoshi 水 上 義 行 MIZUKAMI Yoshiyuki はじめに 授 業

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

2 赤 坂 憲 雄 / 歴 史 民 俗 第 7 回 紡 歴 史 捉 返 多 細 胞 登 場 観 念 誕 村 桂 子 誌 洞 察 幾 重 示 唆 富 ぐ 二 元 論 自 明 対 厳 粛 実 個 衝 撃 ゆ 言 葉 織 テ ク ス ト 村 桂 子 歴 史 書 込 思 誌 何 第 5 章 自 己 向 歴

2 赤 坂 憲 雄 / 歴 史 民 俗 第 7 回 紡 歴 史 捉 返 多 細 胞 登 場 観 念 誕 村 桂 子 誌 洞 察 幾 重 示 唆 富 ぐ 二 元 論 自 明 対 厳 粛 実 個 衝 撃 ゆ 言 葉 織 テ ク ス ト 村 桂 子 歴 史 書 込 思 誌 何 第 5 章 自 己 向 歴 1 7 下 7 下 赤 坂 憲 雄 想 像 力 欲 望 フ ロ ト 敷 衍 エ ロ ス 暴 力 対 抗 根 底 横 悪 利 己 欲 動 げ 利 他 社 会 欲 動 転 換 可 能 秘 エ ロ ス = 愛 力 四 十 億 年 2 赤 坂 憲 雄 / 歴 史 民 俗 第 7 回 紡 歴 史 捉 返 多 細 胞 登 場 観 念 誕 村 桂 子 誌 洞 察 幾 重 示 唆 富 ぐ 二 元 論 自 明 対 厳

More information

漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆 北 へ 授 教 隆 授 俊 隆 北 へ 授 俊 隆 授 豊 奉 持 豊 奉 重 転 豊

漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆 北 へ 授 教 隆 授 俊 隆 北 へ 授 俊 隆 授 豊 奉 持 豊 奉 重 転 豊 ノ 髙 宗 平 じ 筆 常 象 絞 主 敦 煌 外 籍 常 察 間 敦 煌 察 続 養 老 公 的 け 受 容 斑 天 長 纂 象 誰 詳 だ 残 ち 現 最 民 俗 物 従 遅 成 過 ろ 漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆

More information

学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中 国 菊 池 山 田 純 策 女 性 台 湾 宇 城 土 谷 壮 司 女 性 中 国 熊 本 城 東 田

学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中 国 菊 池 山 田 純 策 女 性 台 湾 宇 城 土 谷 壮 司 女 性 中 国 熊 本 城 東 田 年 度 国 際 第 地 区 米 山 奨 学 生 紹 介 将 来 日 本 母 国 世 界 結 懸 橋 運 動 良 理 解 者 人 材 育 成 平 和 国 際 理 解 推 進 米 山 記 念 奨 学 会 部 門 学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中

More information

yoko0301.indd

yoko0301.indd 研 究 制 作 ノート 視 点 中 国 剩 女 現 象 宗 雲 菲 中 国 世 界 最 人 口 多 国 膨 大 人 口 中 国 出 生 性 比 世 界 的 有 名 出 生 性 比 sex ratio at birth 女 児 100 対 男 児 100 105 正 常 中 国 出 生 性 比 1982 年 1990 年 及 2000 年 108.5 110.3 116.9 2010 年 118.6

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立 平 成 28 年 度 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 シーズ 創 出 ステージ 1 次 ( 書 面 ) 審 査 評 価 委 員 リスト 評 価 者 名 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 3 秋 光 和 也 香 川 大 学 4 秋 山 美 展 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 5 芦 田 均 神

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

文化財の復旧支援等について

文化財の復旧支援等について 平 成 23 年 4 月 19 日 文 化 庁 文 化 財 の 復 旧 支 援 等 について 1. 国 指 定 等 文 化 財 の 被 害 状 況 被 害 件 数 :506 件 (1 都 1 道 18 県 )( 平 成 23 年 4 月 19 日 12:00 現 在 ) 内 訳 国 宝 重 要 特 別 史 跡 特 別 名 勝 天 然 重 要 伝 統 的 重 要 有 そ の 他 小 計 文 化 財 史

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

報告書

報告書 H22 631 50 631 A C 17.1-1 3 A 354 凡 例 孤 立 可 能 性 のある 集 落 斜 面 の 時 危 険 度 ランク 355 図 17.1-1 孤 立 可 能 性 のある 集 落 と の 場 合 における 斜 面 の 時 危 険 度 ランクの 分 布 凡 例 孤 立 可 能 性 のある 集 落 斜 面 の 時 危 険 度 ランク 356 図 17.1-2 孤 立 可 能

More information

昭 和 3 年 (1928) 5 月 東 横 線 神 奈 川 ~ 高 島 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 が 土 地 分 譲 ( 後 の 高 島 町 ) 間 開 通 会 社 の 田 園 都 市 ( 株 )を 合 併 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 の 代 表 取 締 役 に 五 島 慶 太 氏 6

昭 和 3 年 (1928) 5 月 東 横 線 神 奈 川 ~ 高 島 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 が 土 地 分 譲 ( 後 の 高 島 町 ) 間 開 通 会 社 の 田 園 都 市 ( 株 )を 合 併 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 の 代 表 取 締 役 に 五 島 慶 太 氏 6 No,1 平 成 26 年 11 月 柿 原 智 概 略 五 島 慶 太 氏 (1882~1959)~ 東 急 グループの 総 師 として 辣 腕 をふるった 五 島 慶 太 氏 は 鉄 道 院 出 身 で 鉄 道 事 業 に 携 わったのは 大 正 9 年 (1920) 武 蔵 電 気 鉄 道 ( 後 の 旧 東 京 横 浜 電 鉄 )に 常 務 として 招 かれ たのが 最 初 である 大 正

More information

第1回 オリエンテーション

第1回 オリエンテーション 損 保 ジャパン 総 合 研 究 所 小 林 篤 第 5 回 保 険 の 歴 史 - 日 本 における 近 代 保 険 事 業 の 導 入 発 展 現 在 の 保 険 システムは 欧 州 において 歴 史 的 に 形 成 された 近 代 的 な 保 険 システムである 第 3 回 から 第 6 回 まで 海 上 保 険 火 災 保 険 生 命 保 険 と 順 次 近 代 的 な 保 険 システムが

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

4 3 2 創 作 公 募 制 推 薦 入 試!みち つ 來!みち $ # "! 左 ば 体 風 構 成 自 由 左 俳 句 漢 字 仮 名 変 換 変 体 仮 名 使 用 風 構 成 自 由 左 和 歌 漢 字 仮 名 変 換 変 体 仮 名 使 用 風 構 成 自 由 左 句 体 風 構 成 自

4 3 2 創 作 公 募 制 推 薦 入 試!みち つ 來!みち $ # ! 左 ば 体 風 構 成 自 由 左 俳 句 漢 字 仮 名 変 換 変 体 仮 名 使 用 風 構 成 自 由 左 和 歌 漢 字 仮 名 変 換 変 体 仮 名 使 用 風 構 成 自 由 左 句 体 風 構 成 自 小論文 文科A方式 注 角 田 柳 作 先 八 七 歳 九 六 四 年 死 去 す 大 そ 地 過 ご す 活 送 問 志 四 歳 ニ ュ ヨ ク へ 渡 以 来 東 京 専 門 校 現 早 稲 田 大 文 科 卒 業 後 ハ ワ イ 教 員 ジ ョ ガ サ よ 知 没 年 九 七 ノ フ ィ ク シ ョ 作 家 ア メ リ カ 内 幕 物 多 数 著 東 京 新 聞 二 三 年 四 月 七 朝 刊

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ ー メ ル 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ ー メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 中 達 起 物 語 第 2 話 第 話 目 次 5 第 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国

More information

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟 収 蔵 資 料 ( 古 文 書 ) 目 録 大 平 台 藤 曲 家 文 書 ( 平 成 28 年 7 月 22 日 現 在 ) 箱 根 町 立 郷 土 資 料 館 1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断 8 叶 突 拍 子 ぶ 5 武 敷 表 扉 両 ド 番 臣 部 明 治 維 字 帯 刀 許 豪 農 庄 借 称 テ ィ 水 田 農 景 色 売 徐 具 性 増 正 直 意 味 理 変 改 ゃ ギ ャ & フ ェ 訪 吹 抜 高 天 井 堂 太 漆 喰 壁 具 和 小 似 ゆ 落 着 雰 囲 浸 趣 味 楽 友 達 呼 酒 酌 交 悪 小 学 頃 夏 休 掌 口 瓢 箪 駒 待 構 秋 続 書 道 教

More information

/インタビュー.indd

/インタビュー.indd 未 踏 遂 度 遥 伺 放 送 タ 駆 ホ ム 庭 好 校 映 画 字 幕 翻 訳 訳 戸 奈 津 憧 仕 就 友 誘 春 ホ ム 機 恵 ホ ム 庭 ホ フ ァ 遊 浮 ズ タ 表 職 員 遥 ひ 国 際 ニ ケ シ ョ 部 卒 6 権 高 校 未 踏 0 連 7 位 入 賞 在 普 及 動 幅 広 三 フ ウ 名 古 屋 短 期 客 員 36 05.9 報 遊 魅 器 械 床 運 動 転 高 3

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

日本の教育と化学工学

日本の教育と化学工学 日 本 の 教 育 の 歩 み(3) SCE Net 弓 削 耕 6. 明 治 時 代 の 教 育 明 治 政 府 の 第 一 の 目 標 は 近 代 化 脱 亜 欧 入 で 西 欧 列 強 に 追 いつくことであり そのため 富 国 強 兵 殖 産 興 業 の 国 策 を 実 現 するために 教 育 に 力 を 入 れた その 中 で 教 育 の 重 要 な 課 題 は 国 民 としての 自 覚

More information

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を 農 林 水 産 省 補 助 事 業 韓 国 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 ( 仮 訳 ) 2016 年 7 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) ソウル 事 務 所 農 林 水 産 食 品 部 農 林 水 産 食 品 課 本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ 解 説 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 2015 9 月 第 22 4 回 発 秋 発 部 数 3 千 部 内 陣 天 蓋 / / 丹 羽 義 昭 タビュ シズ / ツ 辿 Ⅰ 実 践 室 / 1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋

More information

旅客営業規則

旅客営業規則 第 4 章 乗 車 券 類 の 効 力 第 1 節 通 則 ( 乗 車 券 類 の 使 用 条 件 ) 第 147 条 乗 車 券 類 は その 券 面 表 示 事 項 に 従 つて1 回 に 限 り 使 用 することができる この 場 合 乗 車 人 員 が 記 載 されていない 乗 車 券 類 は 1 券 片 をもつて1 人 に 限 るものとす る ただし 定 期 乗 車 券 については その

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information