(Microsoft Word - 01_1\214\366\225\345\227v\227\314\(H28\)160317\217C\220\263\224\305.doc)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word - 01_1\214\366\225\345\227v\227\314\(H28\)160317\217C\220\263\224\305.doc)"

Transcription

1 平 成 2 8 年 度 広 島 県 環 境 浄 化 産 業 クラスター 形 成 事 業 補 助 金 公 募 要 領 に 4 応 募 月 を 締 15 締 切 め 日 切 ( り, 金 ),5 原 則 月 として, 20 日 ( 応 金 募 ),6 締 切 から10 月 17 日 ( 以 金 内 ),8 に 審 月 査 26 を, 日 審 ( 査 金 日 ),10 月 28 日 ( 金 ) ムページにおいて 定 補 を 行 助 います 金 交 付 金 額 の 合 計 が 予 算 額 に 達 したときは, 以 後 の 募 集 は 行 いません この 場 日 合 以, 内 県 に のホー 交 付 決 提 出 問 い 合 わせ 告 知 先 します から7 F 広 住 電 島 県 話 商 工 労 働 局 海 外 ビジネス 広 島 市 中 課 区 基 環 町 境 10 関 連 番 産 52 業 海 号 外 展 開 グループ 受 付 時 間 月 ~ 金 曜 日 ( 祝 日 を 除 く) A 所 :9:00~12:00 13:00~17:00/ : : X: 広 島 県 商 工 労 働 局 0

2 (ページ) 目 次 Ⅰ 12 公 募 事 補 業 助 要 事 領 内 業 容 等 者 の 要 件 2 3 申 請 から 交 付 までの 流 れ 応 選 募 考 方 上 法 の 注 等 意 ( 申 請 書 類 等 ). 6 6 の 実 施 等 7 87 補 その 助 事 他 業 ( 者 情 の 報 義 公 務 開 等 ) 8 Ⅱ 補 助 対 象 経 費 に 係 る 特 記 9 12 共 通 事 で 項 開 催 される 展 示 会 等 への 参 加 に 係 る 経 費 11 3 における 普 及 実 証 事 業 の 実 施 に 係 る 経 費 14 Ⅲ 4 様 式 海 外 集 での 拠 点 設 置 に 係 る 経 費. 15 1

3 シアを Ⅰ において, 公 募 要 領 の 県 拡 内 環 始 を めとするアジア 境 目 海 関 的 外 連 とした で 企 開 業 催 の 海 される 生 外 地 産 拠 域 力 点 等 展 や の, 示 技 設 海 会 術 置 に 外 等 力 要 市 への を する 場 生 での 参 かして, 経 加 や, 費 新 の 事 海 業 一 環 外 展 境 部 における 開 問 を などを 題 補 が 助 深 するものです 促 普 刻 進 及 化 するため, 実 証 事 中 業 国,ベトナム,インドネ の 環 実 境 施, 関 及 連 び 分 海 野 外 ( ) 販 路 1 事 業 内 容 等 (1) 1 本 対 大 事 象 気 業 となる の 汚 対 染 象 事, となる 業 水 分 質 野 の ( 汚 環 濁 境 ( 関 水 連 質 分 以 野 外 とは, ) の 水 の 状 次 態 に 又 掲 は げる 水 底 分 野 底 を 質 指 が します 2 壌 する 地 の 球 汚 技 温 染 術 暖 及 化 騒 びサービス 又 音 はオゾン, 振 動, 層 地 の 盤 破 の 壊 沈, 下 海, 洋 悪 臭 汚 等 染 の, 公 野 害 生 及 生 び 物 環 の 境 種 汚 の 染 減 の 少 悪 浄 等 化 することを の, 又 地 は 球 汚 環 染 境 の 含 防 む ), 保 止 全 に 等 土 関 3 4 関 廃 1~4に する 棄 物 技 処 術 理 掲 及,リサイクル,その げる びサービス 技 術 及 びサービスに 他 資 源 付 の 随 有 するサービス 効 活 用 に 関 等 する ( 分 技 析 術,コンサルタント 及 びサービス 業 務 等 ) に (2) 本 補 補 助 海 助 事 金 業 の 対 象 展 示 外 会 で 事 等 開 業 への 区 催 分 される となる 参 加 事 海 おりです 業 外 区 での 分 は, 展 示 次 会 の3 等 に 区 出 分 です( 対 象 参 となる 加 対 するもので, 象 経 事 費 業 については 内 容 対 象 となる 別 途 記 事 載 業 ) (1) 海 外 で 開 催 されるの 展 示 会 にブースを への 出 展 設 け, 製 品 やサービスをPR は 次 のと (2) するもので, は 県 環 問 が いません 境 主 ビジネス 体 的 に 展 実 示 分 施 会 野 するビジネス の における 分 野 ( 環 重 境 点 交, 的 流 廃 展 会 棄 開 等 物 地 への, 域 農 として 参 業 加 等 ) 知 及 事 び が 開 指 催 定 地 す域 アの3カ る のビジネス なお, 地 域 において, 知 国 事 交 が 地 流 指 域 に 県 です( 定 参 する が 加 主 するものです 地 体 平 的 成 域 は に 28 中 実 年 国 施 4 四 する 月 川 1 省 商 日,ベトナム,インドネシ 談 時 会 点,ミッション ) 派 遣 等 (3) う 追 ただし, 展 等 加 示,フォローアップの 商 会 談 等 当 で 該 新 展 たに 示 会 発 等 掘 で した 出 新 張 たに 案 を 件 行 発 うものです について, 掘 した 商 成 談 約 相 にむけた 手 を 対 象 商 とし, 談 を 行 海 外 における 普 及 示 県 会 等 提 が 出 終 し, 了 した 承 認 後 を に, 得 ておく 展 示 会 必 での 要 があります 成 果 及 びフォローアップ 計 画 を展 実 証 事 業 の 実 施 の 実 海 実 証 外 効 の に 企 性 使 内 業 を 用 容 との 実 する, 証 商 実 機 するものです 談 証 材 を 本 促 行 進 体 う するため, の 地 調 域 達 は 問 制 いません 海 作 に 外 要 において する 費 用 県 は 内 補 製 助 品 の やサービス 対 象 とな 2

4 海 外 での 拠 点 設 置 (1) なお,ここでいう りませんので, 海 外 での 販 路 拡 予 大 め を 御 促 承 進 するため, 知 ください 現 地 法 人 等 支 店, 現 駐 地 拠 在 点 員 事 等 務 とは, 所 現 地 拠 次 点 のものを 等 を 設 言 置 います するものです (2) 果 の 業 契 技 が 務 約 術 得 提 られると 行 移 携 為 転 により, 現 地 認 められるもの( 生 産 じる 販 業 売 務 委 提 託 携, であって, 以 代 下 理 店 業 等 務 現, 提 地 現 携 法 地 という ) 企 人 等 業 と 又 同 は 等 機 関 の 効 と (3) 補 助 金 上 で 限 開 及 催 び される 補 助 率 展 事 示 業 会 区 等 分 への 参 加 に 係 る 経 費 補 助 金 上 限 ( 千 円 未 補 2 満 助 分 切 率 の1 (4) 海 外 における での 拠 点 設 普 置 及 に 実 係 証 る 事 経 業 費 の 実 施 に 係 る 経 費 万 円 り 捨 て) 補 助 海 等 対 への 外 象 で 経 参 開 事 費 加 催 業 は に される 区 次 係 分 に る 掲 経 展 げる 費 示 会 内 容 12 です 配 布 詳 会 資 細 等 料 は Ⅱ への 等 の 出 作 展 成 補 料 に 助 及 要 対 び する 象 出 対 展 経 象 ブースの 費 経 に 費 係 る 装 特 飾 記 料 を 参 照 ください 345 従 業 物 員 及, び 共 配 同 布 事 物 業 等 実 の 施 作 者 成, 及 専 び 門 輸 家 送 に 現 要 地 する 協 力 経 機 費 6 ( 以 通 展 訳 下 示 会 翻 従 等 業 訳 において 料 員 等 という )の 新 たに 発 掘 した 案 件 であって, 関, 当 現 該 地 案 作 件 業 の 員 追 等 7 商 示 談 会 その のために 等 他 の 後,あらかじめ, 事 業 要 に する 要 従 する 業 経 員 知 費 等 事 のうち, の 旅 承 費 認, 資 知 得 料 事 た 作 が 案 成 特 件 費 に, 必 通 係 要 訳 るものに と 認 翻 める 訳 料 限 経 ( る) 費 展 加 海 業 の 外 実 における 施 に 係 る 普 経 及 費 実 証 事 123 う 場 実 専 合 証 門 機 における, データ 家 材 現 輸 取 地 送 得 協, 当 費 力 該 組 (データの 機 立 委 関 託, 設 料 現 置 を 地 含 費 取 作 ( む) 得 業 機 を 員 材 現 等 自 地 の 体 機 外 の 関 部 経 等 人 費 への 材 を 除 委 活 く) 託 用 により する 場 行 45 における 従 通 業 訳 員 等 翻 委 託 訳 旅 料 等 合 海 経 費 外 での 拠 点 設 置 に 係 る6 7 普 その 及 資 他 料, 作 事 成 業 に, 要 実 する 証 実 経 施 費 場 のうち, 所 利 用 料 知 等 事 の が 現 特 地 活 必 動 要 21 務 提 携 の 相 手 方 の 信 用 調 査 る,,その 現 地 他 法 令 調 への 査 に 適 要 合 する 状 況 経 の と 費 確 認 める 調 査 経, 費 3 現 従 地 業 拠 員 点 等 の 設 旅 置 費 等 ( に 提 係 携 る 先 契 との 約 書 契 等 約 の 締 書 結 類 に 作 係 成 る 調 要 整 する 協 経 議 費 等 の 具 体 業 45 的 な 通 その 訳 用 他 務 翻, に 係 訳 事 料 業 るものに に 要 する 限 経 る ) 費 のうち, 知 事 が 特 に 必 要 と 認 める 経 費 3

5 (5) 交 補 付 助 決 事 定 業 日 の から 期 間 平 成 29 年 3 月 31 日 までに 実 施 し, 完 了 した 事 業 には, 本 なお, 補 次 助 補 事 の 助 全 業 事 ての の 業 対 申 要 象 請 者 件 者 ( を が, 共 満 同 たすことが 本 事 補 業 助 実 金 施 の 者 必 交 を 要 付 含 です 対 む 象 となる 以 下, 補 助 事 業 者 申 として 請 者 という )となるため (1) げる 中 要 小 件 企 を 業 満 者 たさないことが であること 判 明 した 場 合 は,その 決 定 を 取 り 消 します 決 定 した 後 に, 次 に 掲 のことです を 満 中 小 たすもののことです また, 企 業 者 とは, 次 の 表 に 示 す 業 大 種 企 ごとに, ( 注 1)とは, 資 本 金 基 準 中 と 小 従 企 業 員 者 基 以 準 外 のいずれか の 者 で, 事 一 業 方 を の 営 基 む 者 準 製 主 たる 事 業 として 営 んでいる 業 種 資 出 本 資 金 の 額 総 基 又 額 準 は 社 従 員 常 の 時 業 数 使 員 ( 用 基 注 する 準 記 造 以 業 外 ), 建 設 業, 運 輸 業 及 びその 他 の 種 ( 下 300 2) ヤ ゴム 及 製 びチューブ 品 製 造 業 ( 製 自 造 動 業 車 並 又 びに は 航 工 空 業 機 用 ベル タイ 卸 サービス ト 製 造 ( を 下 除 記 く) の3 業 種 を 除 く) 小 売 ソフトウェア 旅 業 館 業 業 又 は 情 報 処 理 サービス 業 5,000 3 億 万 円 円 以 以 下 下 人 人 以 以 下 下 1) 次 のいずれかに 投 資 該 育 当 成 する 株 式 者 会 については, 社 法 に 規 定 する 大 企 中 業 小 として 企 業 投 取 資 り 育 扱 成 いません ( 注 2) 中 小 企 業 等 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 契 約 に 関 する 法 律 に 規 定 株 する 式 会 中 社 アルバイト 常 時 組 使 合 用 等 する, 名 社 目 員 は 臨 数 時 には, 雇 いであっても, 事 業 主, 法 人 解 の 雇 役 予 員 告, を 臨 必 時 要 の とする 社 員 は 人 含 員 みません ただし,パート, 小 は 企 社 業 員 等 に 投 含 資 みます 事 業 有 限 責 任 (2) (3) (4) 県 ひろしま 内 に, 事 務 環 所 境 や ビジネス 工 場 等 の 推 事 進 業 協 所 議 を 会 置 いていること (5) 本 次 を 補 の1~6に 有 ( 以 下 協 議 会 という ) の 会 員 であること 1 助 すること 事 業 の 円 該 滑 当 な する 実 施 者 に が, 支 障 補 を 助 来 事 たさない, 業 申 請 者 の 十 経 分 営 な に 業 関 務 与 遂 していないこと 行 能 力 と 適 正 な 経 理 執 行 体 制 2 3 って 暴 自 力 己, 暴 団 自 力 員 社 でなくなった 団 若 又 しくは は 暴 力 第 団 三 日 員 者 を から5 の 利 不 用 正 年 している な を 利 経 益 過 を 者 しない 図 る 目 者 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 与 える 目 的 をも 2 補 助 事 業 者 の 要 件 4

6 6 5 4 暴 は 積 力 極 団 又 的 は に 暴 力 団 の 員 であることを と 維 に 社 持 対 会 運 して 的 営 に 資 非 協 金 難 力 知 等 されるべき し, りながらこれらを を 提 供 又 し, は 関 又 関 与 は 係 している 便 を 宜 利 有 を 用 供 者 している 与 するなど, 者 者 直 接 的 若 しく 申 請 補 から 助 金 交 の 付 申 までの 請 から 流 交 れ( 付 までの 標 準 ) 流 れは, 次 の 図 のとおりです 審 査 会 申 でのヒアリング( 請 調 3 5( 交 必 付 要 に 決 応 定 じて) 通 知 中 間 検 必 査 要 に 応 じ) 従 査 業 事 業 員 業 務 の 委 旅 実 託 費 施 費 支 払 通 補 広 出 訳 展 料 装 飾 料 など 助 事 業 申 請 者 6 8 実 7 績 報 告 請 確 書 求 定 提 検 出 9 補 助 金 支 払 査, 確 定 通 知 島 県 日 なお, 補 の 属 する 実 助 本 の 補 績 対 助 県 報 象 事 要 があります の 告 となりません 業 の 交 付 決 定 日 時 点 で 既 に 実 施 した 事 業 や, 契 約 支 出 等 を 行 った 経 費 は, 会 書 計 は, 年 度 本 の 補 翌 助 会 事 計 業 年 が 度 完 の4 了 した 月 10 日 から 日 のいずれか 起 算 して10 早 い 日 を までに, 経 過 した 提 日 出 又 していただく は 交 付 決 定 の 必 3 申 請 から 交 付 までの 流 れ 5

7 4 (1) 2 1 申 請 書 類 について 応 3 してください 次 募 上 申 に 請 掲 の 書 げる 類 提 出 一 覧 により, 補 助 金 交 付 申 請 書 及 び 添 付 書 類 を1 部 作 成 し, 提 出 注 表 の 意 紙 以 用 紙 大 きさは, 原 則 A4 縦, 文 字 色 は 黒, 印 刷 は 片 面 印 刷 とする ( 外 申 の 請 書 類 書 類 等 様 ) 5 4 も 可 出 能 です された 申 請 書 類 等 の は, 内 返 容 式 に 却 の しませんので 関 内 して, 容 を 当 満 方 たしている より 予 め 電 御 話 了 やメール 場 承 合 ください は, 既 等 存 での のものを 問 い 活 わせ, 用 すること 外 料 なお, の 提 出 追 を 加 求 資 める 料 の 場 提 合 出 があります を 求 めても, 当 方 が 定 める 期 日 までに 提 出 がない 場 合 は, 審 追 査 加 対 資 とします 提 出 書 類 一 覧 象 様 式 様 式 第 1 号 12 申 請 書 者 計 の 表 画 書 概 紙 3の1 3の2 要 実 施 する で における 場 開 合 催 される 普 及 展 実 示 証 会 事 等 業 への の 実 参 施 を 加 を 3の3 4 概 要 施 する 海 外 場 での 合 拠 点 設 置 を 実 施 する 場 合 実 添 別 紙 4の2 5 共 事 同 業 収 実 支 施 明 計 細 画 書 付 書 誓 約 書 共 同 事 業 を 実 施 する 場 合 類 定 決 その 款 算 報 他 告 参 考 書 資 料 計 直 製 会 算 社 近 品 パンフレット 書 2 期 分 の 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 (2) 応 募 締 切 等 技 展 術 示 資 会 料 等 の 概 等 要 パンフレット 1 平 成 28 応 年 募 4 締 切 15 日 原 切 日 則 として, から10 審 査 応 日 募 以 締 内 原 則 として, 交 付 決 定 日 から7 日 以 審 内 査 の 第 補 45 助 回 金 交 付 金 額 の 合 10 計 8 が 月 予 算 額 日 に ( 達 金 したときは, ) 以 後 の 募 集 は 行 いません 提 出 書 類 一 覧 提 出 書 類 備 考 6

8 (4) (3) 提 出 郵 方 送 法 公 募 説 明 又 会 は に について 持 関 参 する にて 公 提 募 出 説 してください 電 本 話,FAX 補 助 事 業 又 の はメールにより,お 内 容 や 申 請 などに 明 会 は 当 実 問 たって 施 い 合 しません わせください 疑 問 点 などがあれば, 表 紙 の 問 い 合 わせ 先 まで, 応 また, なお, じてヒアリングによる 補 助 事 原 審 業 則 査 の として 会 選 前 考 に は, 審 県 査 担 県 は 当 審 が 提 者 査 設 出 による を 置 いただいた 行 する う 事 場 審 前 合 査 ヒアリングを があります 会 申 において 請 書 類 等 審 による 行 査 うことがあります した 書 後 類, 審 知 査 事 により が 交 付 行 決 いますが, 定 を 行 います 必 要 に (1) 次 書 の 類 事 申 審 業 項 請 査 計 書 画 類 目 の 内 容 について 書 類 審 査 を 実 施 し, 評 点 方 評 式 価 により の 視 点 補 助 事 業 者 を 選 定 します 1 事 業 内 容 か 事 業 の 計 目 画 的 書 が 明 確 で, 内 容 が 具 体 的 で,かつ 目 的 の 達 成 に 効 果 的 なもの 事 者 の 現 状 と 課 事 題 業 や の 目 的 のねらいが 実 現 効 明 果 記 的 されているか ( 環 業 の 境 関 連 分 が, 野 本 か, 補 海 助 事 外 業 市 の 場 目 での 的 に 新 合 事 致 業 展 するものであるか なものであるか 収 内 支 容 計 に 画 対 書 して, 費 用 対 効 果 が 適 切 開 を 目 指 すものか ) 2 展 新 性 規 発 申 昨 請 年 事 者 度 業 の からの 経 海 費 外 が での 継 適 続 切 新 事 に 事 業 積 業 については, 算 展 され, 開 を 促 過 進 大 するものであるか なものになっていないか 事 業 展 開 の 目 標 達 成 に 向 けて 等 3 方 向 性 ることが 対 象 地 域 見 等 込 が, まれるものか 広 島 県 及 び 協 議 会 の 方 向 性 と 一 致 するか 大 きく 前 進 す 4 5 健 波 全 及 性 効 果 県 おける 申 及 び 請 協 事 者 議 業 の については, 会 財 が 務 重 点 健 的 全 取 で, 組 評 地 価 事 域 点 業 とする, が 実 加 施 算 に されます 必 中 要 国 な 四 資 川 金 省 の ベトナム インドネシア に 県 取 内 組 への の 掲 波 示 及 効 が 果 期 が 待 高 できるか い, 又 は 取 組 内 容 が 他 企 業 のモデルとなるものであるなど, 調 達 方 法 が 妥 当 であるか (2) ヒアリングを 実 施 する 場 合 は,その 日 程 等 について 別 途 連 絡 します 5 選 考 方 法 等 7

9 事 択 同 は 一 業 行 年 を 度 いません 行 における う 場 合 などで, 交 付 件 他 数 の は, 申 請 各 案 事 件 業 と 区 内 分 容 ごとに が 重 複 各 していると 事 業 者 一 件 認 のみとなります また, められるときは, 重 複 共 して 同 で採 (1) 御 定 注 した 補 助 意 ください 後 金 の に, 支 精 払 いについては, 算 払 により 行 います それまでの 本 補 助 事 業 完 了 後 の 間 実, 績 補 報 助 告 事 書 業 の 者 提 の 出 経 を 費 受 負 け, 担 となりますので, 補 助 金 の 額 が 確 (2) 他 の 国 補 ( 助 独 制 立 度 行 との 政 法 併 人 用 を 等 交 付 なお, 決 申 定 請 交 は を 付 取 認 決 り めらませんので, 定 消 後 し, に 他 必 含 の 要 む), 制 に 度 応 市 と 御 じて 町 併 了 及 用 補 知 び している 助 ください 産 金 業 の 支 返 援 事 還 機 実 を 関 が 求 などが 判 める 明 した 場 実 合 施 場 があります する 合 は, 他 の 本 補 助 制 事 度 業 と 者 併 としての 用 した (1) 本 補 交 補 助 事 付 助 決 業 定 業 の を 交 の 受 交 付 けた 決 付 条 定 件 を 後 受 の, 本 変 けた 補 更 助 場 について 事 合 業 は, の 補 次 助 の 対 条 象 件 経 を 費 遵 の 守 配 しなければなりません る 場 合 ( 次 表 に 掲 げる 要 件 に 該 当 する 場 合 ), 若 しくは 本 分 補 または 助 事 業 内 を 容 中 を 止 大 し, きく 又 変 は 更 廃 しようとす 合 承 は, 認 が 事 必 前 要 に な 知 場 合 事 の 承 認 を 受 けなければなりません 止 する 場 区 分 変 更 の 内 容 経 費 の 配 分 の 変 更 補 助 金 交 付 申 請 額 が20パーセントを を 増 額 する 場 合 額 場 上 合 記 7 補 助 対 象 経 費 の 区 分 の 相 超 互 える 間 において,いずれか 減 少 となる 変 更 をする 申 の20パーセントを 請 時 に 提 出 する 補 助 超 事 える 業 計 経 画 書 費 に を 記 流 載 用 した する 場 事 合 業 の 目 的 の 変 更 低, い又 事 い 変 業 更 の 内 容 の 著 しは は, ( なお, 内 事 容 業 の の 目 追 的 加 の 若 変 しくは 更 を 要 削 しない 除 をする 事 業 場 内 合 容 承 事 知 認 業 事 が を 不 の 実 要 承 施 な 認 する 例 は 不 ) 時 要 期 を 変 更 する 場 合 ( 海 外 企 の 業 軽 との 微 な 商 変 談 更 時 を 期 行 を う 遅 場 らせ 合 る 渡 航 ルートの 回 など) 数 の 変 更 変 更 ( 直 行 便 利 用 経 由 便 利 用 など) 6 補 助 事 業 の 実 施 等 7 補 助 事 業 者 の 義 務 等 8

10 (2) の 実 績 報 告 について ( 注 )これら 場 合 は, 変 更 知 事 の 結 の 果 承, 認 が 経 必 費 要 の となります 配 分 の 変 更 に 該 当 することとなった 類 過 補 を した 助 日 事 業 又 していただく 者 は は, 交 に 付 不 本 決 備 補 定 がある 助 の 必 事 日 要 業 の があります 場 が 属 合 完 する, 了 補 したときは, 年 助 度 金 の を 翌 交 年 付 度 できない 補 の4 助 事 月 業 10 場 が 合 完 日 があります 了 のいずれか した 日 から 早 起 い 算 日 して10 までに, 日 次 を の 経 書 1 2 提 広 補 出 島 助 書 県 事 類 3 環 境 浄 化 産 業 クラスター 形 成 事 業 補 助 金 に 係 る 補 助 事 業 実 績 報 告 書 ( 様 式 第 5 号 ) (3) 5 4 また, 本 監 事 補 査 業 助 の に 収 による 会 本 事 計 成 業 要 支 補 実 業 果 の した 決 算 助 は, 地 への が 実 績 確 補 書 ( 事 検 業 県 査 対 認 及 助 事 は 監 の 応 できる び 対 業 収 象 実 支 経 績 国 査 検 について 書 内 費 訳 報 類 の ( 告 書 内 訳 商 書 ()( が 談 同 分 相 同 別 かる 手 紙 別, 2) 紙 支 商 出 1) 談 証 内 拠 容 書, 類 商 談 会 の 出 展 内 容 等 ) これら 検 査 対 象 となった の 委 査 対 員 地 による 場 象 方 合 となる 創 には, 生 実 加 場 地 速 検 監 合 化 査 があります 交 の 付 検 対 金 査 象 を への となる 充 御 当 場 協 し 合 力 実 があります をお 施 しますので, 願 いします 国 の 会 計 検 査 院 (4) 日 類 補 を まで, 経 助 整 理 備 事 文 業 し, 保 書 存 者 等 本 は, しなければなりません の 補 保 助 本 存 補 について 平 成 28 年 度 採 択 事 助 業 が 金 にあっては, 完 に 了 係 した る 経 日 理 から についての 平 成 起 34 算 して5 年 収 3 支 月 年 の 31 を 事 経 実 日 過 を まで, した 明 確 関 日 にした 係 の する 属 する 帳 書 簿 類 県, 及 の び 保 会 支 存 計 出 年 が 証 度 必 の 拠 要 書 なります 末 (5) 中 間 検 査 等 への 協 力 について に なければなりません 状 また, 補 況 助 調 査 事 業 や 者 は, 事 本 業 補 終 の 助 了 成 事 後 果 業, の 実 県 発 施 が 表 中 補 を に 助 行 県 事 う が 業 場 行 者 合 う の は,これに 中 経 間 営 検 査 事 及 業 協 び 実 力 実 施 していただきます 績 状 況 報 等 告 を 書 確 に 認 基 づく するための 確 定 検 査 事 に 業 進 応 捗 じ い なお, 場 合 は, 本 検 補 査 助 等 金 に の 御 返 協 還 力 を いただくことを 求 める 場 合 があります 前 提 に 補 助 金 を 交 付 しますので, 御 協 力 をいただけな (1) わず, 本 交 補 付 一 助 申 事 切 請 支 業 書 給 の 等 申 しません の 請 作 に 成 当 経 たって 費 について 要 した 事 業 計 画 書 等 の 作 成 経 費 は, 補 助 事 業 者 の 選 定 の 可 否 を 問 8 その 他 ( 情 報 公 開 等 ) 9

11 (2) 提 出 された 応 募 書 類 等 の 機 取 密 扱 保 いについて 情 額 ます ただし, など)は, 報, 法 人 等 広 の 補 適 島 助 正 県 事 な 情 業 利 報 者 公 益 に を 開 採 条 害 択 例 する された ( 持 については, 情 平 報 成 場 等 13 合 )を 年 広 除 島 本 必 いて, 県 補 要 条 助 最 例 事 低 情 第 業 限 報 実 の 5 公 施 号 情 開 )に のためにのみ 報 の ( 対 基 企 象 づき, 業 となります 名, 不 使 派 開 用 遣 することとし 示 人 情 数 報,( 補 個 助 人 金 10

12 てから なります 補 補 助 実 助 対 対 象 施 した 象 経 費 は, 本 補 助 事 業 申 請 時 に 提 出 した 計 画 書 等 に 基 づき, 本 県 から 交 付 決 定 通 知 を 得 Ⅱ 事 経 事 業 に 要 した 経 費 のうち, 次 表 ( 別 表 )の 経 費 区 分 の 内 容 に 該 当 するもののみと 業 費 区 一 分 覧 ( 再 掲 ) 係 る 特 記 海 等 への 外 で 参 開 加 催 に される 係 る 経 展 費 示 会 123 会 等 への 出 展 料 及 び 出 対 展 象 ブースの 経 費 4 配 布 資 物 料 及 等 び の 配 作 布 成 物 に 等 要 の する 作 成 経 及 費 び 輸 送 に 装 要 飾 する 料 5 従 業 員, 共 同 事 業 実 施 者, 専 門 家 現 地 協 力 経 機 費 6 ( 以 通 展 訳 下 示 会 翻 従 等 業 訳 において 料 員 等 という )の 新 たに 発 掘 した 案 件 であって, 関, 当 現 該 地 案 作 件 業 の 員 追 等 7 商 示 談 会 その のために 等 他 の 後,あらかじめ, 事 業 要 に する 要 従 する 業 経 員 知 費 等 事 のうち, の 旅 承 費 認, 資 知 得 料 事 た 作 が 案 成 特 件 費 に, 必 通 係 要 訳 るものに と 認 翻 める 訳 料 限 経 ( る) 費 展 加 海 業 の 外 実 における 施 に 係 る 普 経 及 費 実 証 事 123 う 場 実 専 合 証 門 機 における, データ 家 材 現 輸 取 地 送 得 協, 当 費 力 該 組 (データの 機 立 委 関 託, 設 料 現 置 を 地 含 費 取 作 ( む) 得 業 機 を 員 材 現 等 自 地 の 体 機 外 の 関 部 経 等 人 費 への 材 を 除 委 活 く) 託 用 により する 場 行 45 における 従 通 業 訳 員 等 翻 委 託 訳 旅 料 等 合 海 経 費 外 での 拠 点 設 置 に 係 る6 7 普 その 及 資 他 料, 作 事 成 業 に, 要 実 する 証 実 経 施 費 場 のうち, 所 利 用 料 知 等 事 の が 現 特 地 活 必 動 要 21 務 提 携 の 相 手 方 の 信 用 調 査 る,,その 現 地 他 法 令 調 への 査 に 適 要 合 する 状 況 経 の と 費 確 認 める 調 査 経, 費 3 現 従 地 業 拠 員 点 等 の 設 旅 置 費 等 ( に 提 係 携 る 先 契 との 約 書 契 等 約 の 締 書 結 類 に 作 係 成 る 調 要 整 する 協 経 議 費 等 の 具 体 業 45 的 な 通 その 訳 用 他 務 翻, に 係 訳 事 料 業 るものに に 要 する 限 経 る ) 費 のうち, 知 事 が 特 に 必 要 と 認 める 経 費 象 費 本 補 助 事 業 の 実 施 に 当 たっては, 特 別 会 計 等, 本 来 業 務 と 別 に 区 分 けした 経 理 を 行 い, 他 の 経 1 その また, 経 と 明 費 確 契 に 約 区 書 分, できるよう 請 求 書 及 び 配 領 慮 収 してください 書 等 の 支 出 証 拠 書 類 により 金 額 が 確 認 できるもののみ, 補 助 対 共 他 とします 通 の 注 項 (1) 要 本 支 補 払 助 日 事 業 意 の 事 対 項 象 は 次 のとおりです ここでいう した 経 費 です 完 了 は, 交 当 付 該 決 経 定 費 日 が から 補 助 平 事 成 業 29 者 からの 年 3 月 経 31 費 支 日 出 までに が 完 了 実 した 施 し, 日 完 ( 口 了 座 した 引 き 事 落 業 とに 11

13 としを3 し クレジットカードによる 日 等 )となります の ード 点 に 会 御 社 注 月 への 意 31 ください ) 支 日 払 までに いが 行 完 われたことをもって 了 支 払 しておく いを 行 った 必 要 場 があります 2 合 完 は, 了 とみなします (クレジットカードの 補 助 事 月 業 以 者 降 の の 口 経 座 費 から, 支 出 に 当 該 当 たっては,こ クレジットカ 引 き 落 (2) 外 国 通 貨 による 支 払 いを い 日 本 円 ただし, 本 円 で で 計 算 計 支 算 してください 払 してください 時 点 のレートが 行 った 不 明 場 な 合 場 の 合 為 は, 替 レートの 事 業 を 施 計 行 算 した は, 支 月 払 の 末 時 日 点 でのレートに の 為 替 レートに 基 基 づき づき日 (3) されたレートを なお,クレジットカードによる 消 費 税 適 用 してください 支 払 を 行 った 場 合 は, 当 該 クレジットカード 利 用 明 細 に 記 載 て りではありません この ただし, 申 補 請 助 しなければなりません 金 の 申 交 請 付 時 申 において 請 に 当 場 たっては, 合 当 該, 消 費 税 当 等 該 仕 補 入 助 控 金 除 に 税 係 額 る が 消 確 明 費 定 らかでないものについては,この 税 したときは, 等 仕 入 控 除 税 本 額 県 ( 注 速 3)を やかに 減 報 額 告 限 し ( 注 ) し, 消 費 指 税 示 等 に 仕 従 入 わなければなりません 伴 ないよう, 補 助 事 業 者 が 控 課 除 税 額 事 業 とは: 減 い, 消 費 課 税 及 税 び 仕 地 入 方 れの 消 費 際 者 税 の ( の 消 免 還 費 税 付 税 事 金 及 業 び が 者 地 発 及 方 生 び することとなるため,この 消 簡 費 易 税 課 相 税 当 事 額 業 について, 者 以 外 )の 原 場 則 還 合 付 として, 補 と 助 補 事 予 助 業 め 金 に 補 交 係 助 付 る 対 が 税 二 象 仕 重 経 入 になら 費 れに ます 額 しておくこととしています この 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 消 費 税 等 仕 入 控 除 税 額 といい から (4) いては, 原 従 則 業 として 員 通, 等 共 訳 の 現 同 費 旅 に 事 で 費 支 業 計 払 実 上 った 施 してください) 者 運, 賃 専 等 門 を 家 対, 象 現 経 地 費 協 としますが, 力 機 関, 現 次 地 の 作 基 業 準 員 によることとします 等 の 旅 費 です( 通 訳 の 旅 費 につ 鉄 補 道 内 助 賃 対 は,グリーン 象 とする 人 数 料 は,1 金 等 回 の 特 渡 別 航 車 につき3 両 料 金 は 名 認 までとする めない 海 でのタクシー 及 びレンタカーの 利 用 に 係 る 旅 費 は, 原 日 則 時 として 等 が 特 認 定 めない 場 自 合 家 外 は,エコノミークラスを 用 航 車 空 の 賃 利 の 用 額 に は, エコノミークラス の 係 る 費 は 利 認 めない 用 したときの 航 空 運 賃 とする エコノミークラス を 上 限 とし, 別 途 できないものは エコノミークラスの 以 外 を 認 利 めない 用 した 書 船 国 を 賃 内 徴 宿 しなければならないこととする( 泊 乗 費 船 の1 に 要 日 あたりの 旅 客 運 上 賃 限 による 額 を, 次 見 のとおり 積 書 を 徴 定 していない める ( 職 員 場 の 合 旅 は, 費 に 補 関 助 する 対 象 条 外 例 とする) ( 昭 和 28 見 積 年 条 例 第 23 号 )に 準 拠 ) 12

14 地 域 区 分 ( 戸 市 東,さいたま 京 都, 大 阪 市, 13,100 千 名 葉 甲 古 市 地 屋, 方 市 堺, 市 円 横, 浜 広 市 島, 市 京, 都 福 市 岡, 市 神 )( 左 記 に 11,800 記 載 乙 した 地 方 以 外 円 の 地 域 ) 5 国 年 外 大 宿 蔵 泊 省 費 令 の1 第 25 日 あたりの 号 )に 準 上 拠 限 ) 額 を, 次 のとおり 定 める ( 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 支 給 規 程 ( 昭 和 2 シンガポー ル,ロサンゼ 地 ルス,ニュー 指 定 都 市 域 ヨーク,サン北 区 フランシス給 分 コ,ワシント指 甲 方 ン,ジュネー ジャン,アルバニア,アルメニア, 米 地 域, 欧 州, 中 近 東 地 域 ( 支 ブ,ロンドン, ウクライナ,ウズベキスタン,エス 規 定 程 都 第 市 17 以 外 条 の 1 地 号 域 ~3 で,アゼルバイ 号 )のうち, 地 モスクワ,パトニア,カザフスタン,キルギス, 方 乙 方 リ,アブダビ, グルジア,クロアチア,スロバキア, の 指 定 都 市, 甲 ジッダ,クウスロベニア,セルビア,タジキスタ を 除 方 の 地 く ) 及 地 域 び 域 ( 以 本 丙 外 地 邦 リカ く ) 丙 地 方 給 アジア 中 地 南 域 米 ( 本 邦,アフ を 除 ェート,リヤン,チェコ,トルクメニスタン,ハ の 地 域, 南 極 地 域 ( 支 ド ャン 及 びアビジンガリー,ブルガリア,ベラルーシ, ンドシナ 規 程 第 17 条 4,5,7, ポーランド,ボスニア ヘルツェゴ ール,タイ,ミャンマー 8 号 地 )のうち, 域 以 外 半 の 島 (シンガポ 地 指 域 定 で,イ 都 市 ビナ,マケドニア 共 ラトビア,リトアニア,ルーマニア 及 びロシアを 和 国,モルドバ,モンテネグロ, 除 いた 旧 地 ユーゴスラビア 及 む ),インドネシア, 韓 民 びマレーシアを 国, 東 ティモール, 大 含 域 地 周 フィリピン,ボルネオ び 域 辺 香 港 の 並 島 しょを びにそれらの 除 いた及 宿 泊 費 19,300 円 16,100 円 12,900 円 11,600 円 13

15 (1) ( 参 北 考 米 める ) 法 国 地 別 家 域 表 公 北 とする 第 及 務 員 等 の 旅 費 支 給 程 第 17 条 除 アメリカ 2の1の びグアム く ) 備 並 考 びにそれらの (メキシコ 2に 規 定 する 以 周 南 次 辺 の 地 各 島 域 号 しよ( を に 除 掲 く ) グリーンランド ハワイ げる 西 インド 地 域 として 諸 島 及 財 びマリアナ 務 省 令 で 定 諸 める 島 (グアムを 諸 地 島 域 バミューダ は 当 除 該 く )を 各 号 諸 に 定 島 (3) (2) 欧 州 地 域 ヨーロッパ キルギス グルジア タジキスタン トルクメニスタン ベラルーシ モルドバ 大 陸 (アゼルバイジャン アルメニア ウクライナ ウズベキスタン カザフスタン 及 びロシアを 含 (4)アジア 近 東 み トルコを の アラビア 周 辺 の 島 びレバノン 半 しょ(アゾレス 島 除 アフガニスタン イスラエル イラク イラン クウェート ヨルダン シリア く ) アイスランド アイルランド 並 びにそれらの 諸 島 マディラ 周 辺 の 諸 島 島 しょ 及 びカナリア 英 国 マルタ 諸 島 を 含 及 む ) びキプロス 並 びにそれら (5) 中 南 米 ( 本 邦 を 除 く ) アジア 大 陸 (アゼルバイジャン アルメニア ウクライナ ウズベキスタン 周 カザフスタン キルギス グルジア タジキスタン トルクメニスタン ベラルーシ モルドバ ロシア オ メキシコ 辺 並 の びにそれらの 島 及 しょ び 以 前 南 号 の に 北 定 周 アメリカ める 辺 の 地 島 域 しょ 大 を 陸 除 く ) インドネシア 南 アメリカ 大 陸 西 インド 東 ティモール フィリピン びイースター 並 びにそれらの 及 びボルネ (8) (7)アフリカ (6) 大 南 洋 極 州 地 地 域 地 域 域 南 島 ミクロネシア オーストラリア 極 しょ(アゾレス アフリカ 大 陸 及 び 大 周 海 陸 辺 域 マダガスカル マスカレーニュ 大 の 諸 及 陸 島 びメラネシア 及 しょ マディラ びニュージーランド 諸 海 島 域 及 にある びカナリア 並 島 びにそれらの しょ(ハワイ 諸 島 及 を びセーシェル 除 周 く ) 諸 辺 島 の 及 島 びグアムを しょ 諸 島 並 並 びにポリネシア びにそれらの 除 く ) 周 海 辺 域 の (1) する 配 展 但 布 し, 示 経 資 会 費 料 展 等 は 等 示 で 除 の 配 会 きます 作 でPRする 布 成 するパンフレット に 要 自 社 経 の 費 製 品 等 等, をサンプルとして 製 品 サービスの 配 概 布 要 する を 説 場 明 合 する の, 資 当 料 該 の サンプルの 作 成 に 要 する 調 達 経 に 費 要 2 海 パンフレット 外 で 開 催 等 される を 作 成 した 展 示 場 合 会 は, 別 への 途 受 参 払 簿 加 を に 整 係 備 し, る 経 当 費 (2) 対 象 とします において 新 たに 発 掘 した 案 件 であって, 当 該 案 件 該 の 展 追 示 加 会 商 等 談 で のために 配 布 した 要 部 する 数 のみを 従 業 補 員 助 付 の 申 旅 請 費 時, に 資 で 料 見 発 作 掘 込 成 した み として 費, 案 通 件 訳 を 成 計 翻 約 上 訳 に してください 料 結 び 付 けるために 実 施 する 追 加 商 談 に 要 する 経 費 です 経 費 は 交 等 さい 県 展 ( 様 で 示 追 式 会 加 : 等 終 様 商 談 式 了 後 の 集, 必 を 速 要 参 やかに, 照 性 ) を 精 査 し, 展 示 承 会 認 等 を の 結 受 果 けたのち, 及 び 追 加 当 商 該 談 計 追 加 画 商 を 談 記 を 載 した 実 施 書 してください 面 を 県 に 提 出 してくだ (1) 借 上 げ に 費 機,ロープ 材 要 する の 輸 機 送 材 等, の 組 輸 消 立 耗 送, 品 設 組 調 置 み 達 費 立 費 ( て, が 機 該 材 設 当 自 します 置 体 に の 要 経 する 費 を 経 除 費 く) で, 輸 送 費,リフト 等 の 設 置 に 要 する 機 材 3 (2) 海 専 外 門 における 家, 現 地 協 力 普 機 及 関, 実 現 証 地 事 作 業 員 の 等 実 の 外 施 部 に 人 係 材 を る 活 経 用 する 費 実 証 試 験 の 実 施 に 当 たり, 自 社 以 外 の 人 材 を 活 用 する 場 合 における, 場 合 における 人 件 費 委 や 託 委 料 託 等 料 です 14

16 補 外 助 金 部 総 コンサルタント 額 の2 分 の1を 等 超 を えない 活 用 する 範 囲 場 としてください 合 は, 当 該 コンサルタントへの 支 払 いに 係 る 補 助 金 充 当 額 が, (1) 協 ん) 現 議 従 のために 地 業 拠 員 点 等 の 又 実 旅 施 は 費 業 する ( 務 提 出 張 携 先 に の との 概 係 る 要 契, 旅 約 費 交 締 が 渉 結 の 該 に 当 相 係 手 します( 方 る, 調 相 整 市 手 方 場 協 への 調 議 査 等 提 を の 案 目 具 内 的 体 容 とした 的 が な 具 用 体 出 務 張 的 に は, であり,その 係 るものに 対 象 になりませ 限 調 整 る ) 4 海 外 での 拠 点 設 置 に 係 る 経 費 15

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

平成16年規程第36号_旅費規程

平成16年規程第36号_旅費規程 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 16 年 規 程 第 36 号 最 近 改 正 平 成 27 年 規 程 第 24 号 旅 費 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 16 年 6 月 11 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 理 事 長 北 原 保 雄 旅 費 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 9 条 ) 第 2 章

More information

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-19 号 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 19 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 -

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 旅 費 規 程 制 定 平 成 16 規 程 第 27 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 32 号 平 成 17 規 程 第 63 号 平 成 18 規 程 第 31 号 平 成 18 規 程 第 60 号 平 成 19 規 程 第 19 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 国 内 旅 費 ( 第

More information

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案)

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案) 市 場 調 査 展 示 会 等 支 援 事 業 費 助 成 金 交 付 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 山 梨 県 が 定 める 山 梨 県 市 場 調 査 展 示 会 出 展 等 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づいて 公 益 財 団 法 人 やまなし 産 業 支 援 機 構 ( 以 下 支 援 機 構 という )が 実 施 する 市 場 調 査 展

More information

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 旅 費 取 扱 要 項 平 成 19 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 旅 行 日 数 及 び 発 着 地 ) 第 1 条 旅 費 計 算 上 の 旅 行 日 数 は, 旅 行 のために 現 に 要 した 日 数 による ただし, 公 務 上 の 必 要 又 は 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 要 した 日 数 を 除

More information

H28_2-外国特許

H28_2-外国特許 平 成 28 年 度 外 国 特 許 出 願 費 用 助 成 事 業 公 募 の ご 案 内 1 事 業 目 的 本 助 成 事 業 は 優 れた 技 術 等 を 有 し かつ それらを 海 外 において 広 く 活 用 しようとする 都 内 の 中 小 企 業 者 等 に 対 し 外 国 特 許 出 願 に 要 する 経 費 の 一 部 を 助 成 することによって 中 小 企 業 の 国 際 競

More information

目 次 1. 事 業 の 目 的 1 2. 事 業 内 容 1 3. 補 助 対 象 事 業 1 4. 事 業 実 施 期 間 2 5. 応 募 資 格 2 6. 補 助 上 限 額 及 び 補 助 率 4 7. 応 募 方 法 4 8. 審 査 採 択 5 9. 交 付 申 請 決 定 8 10.

目 次 1. 事 業 の 目 的 1 2. 事 業 内 容 1 3. 補 助 対 象 事 業 1 4. 事 業 実 施 期 間 2 5. 応 募 資 格 2 6. 補 助 上 限 額 及 び 補 助 率 4 7. 応 募 方 法 4 8. 審 査 採 択 5 9. 交 付 申 請 決 定 8 10. 小 規 模 事 業 者 支 援 パッケージ 事 業 共 同 販 売 拠 点 (アンテナショップ)による 地 域 産 品 等 の 販 路 開 拓 支 援 事 業 公 募 要 領 応 募 期 間 応 募 開 始 日 : 平 成 28 年 3 月 8 日 ( 火 ) 締 切 日 : 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 火 )17 時 必 着 申 請 書 送 付 先 全 国 商 工 会 連 合 会 企

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

ついて 前 項 の 規 定 による 旅 費 の 精 算 をしなければならない 3 第 1 項 に 規 定 する 計 算 及 び 精 算 に 必 要 な 書 類 について, 別 に 定 めるところによる ( 実 費 支 給 の 原 則 ) 第 8 条 この 規 程 において 実 費 の 支 給 を 受

ついて 前 項 の 規 定 による 旅 費 の 精 算 をしなければならない 3 第 1 項 に 規 定 する 計 算 及 び 精 算 に 必 要 な 書 類 について, 別 に 定 めるところによる ( 実 費 支 給 の 原 則 ) 第 8 条 この 規 程 において 実 費 の 支 給 を 受 学 校 法 人 南 九 州 学 園 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 校 務 のため 国 内 又 は 海 外 に 出 張 する, 学 校 法 人 南 九 州 学 園 の 設 置 する 南 九 州 大 学, 南 九 州 短 期 大 学 及 び 事 務 局 ( 以 下 学 園 という )の 教 職 員 に 支 給 する 旅 費 に 関 する 事 項 を

More information

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事 平 成 27 年 度 補 正 予 算 エネルギー 使 用 合 理 化 設 備 導 入 促 進 等 対 策 費 補 助 金 ( 質 の 高 いエネ ルギーインフラ 詳 細 事 業 実 施 可 能 性 調 査 事 業 (インド 及 びスリランカにおける 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 の 導 入 事 業 )) に 係 る 交 付 先 の 公 募 について 平 成 28

More information

三 日 本 国 内 で 事 業 を 行 う 個 人 又 は 法 人 であること 四 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 第 2 条 に 規 定 する 風 俗 営 業 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 及 び 接 客 業 務 受 諾 営 業 を

三 日 本 国 内 で 事 業 を 行 う 個 人 又 は 法 人 であること 四 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 第 2 条 に 規 定 する 風 俗 営 業 性 風 俗 関 連 特 殊 営 業 及 び 接 客 業 務 受 諾 営 業 を 消 費 税 軽 減 税 率 対 策 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 3 月 15 日 規 程 2 7 第 5 2 号 改 正 規 程 2 8 第 8 号 ( 通 則 ) 第 1 条 消 費 税 軽 減 税 率 対 策 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 事 業 については 消 費 税 軽 減 税 率 対 策 費 補 助 金 交 付 要 綱 (20151218

More information

及 び その 他 食 品 衛 生 及 び 公 衆 衛 生 に 関 する 法 律 等 遵 守 することはもとより 文 部 科 学 省 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 準 拠 しつつ 別 添 資 料 4 八 尾 市 中 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 基 づき 適 正 に 行 う

及 び その 他 食 品 衛 生 及 び 公 衆 衛 生 に 関 する 法 律 等 遵 守 することはもとより 文 部 科 学 省 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 準 拠 しつつ 別 添 資 料 4 八 尾 市 中 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 基 づき 適 正 に 行 う 八 尾 市 中 学 校 給 食 調 理 業 務 委 託 プロポーザル 実 施 要 領 1. 目 的 本 市 においては 平 成 26 年 12 月 に 策 定 した 八 尾 市 中 学 校 給 食 の 実 施 に 係 る 基 本 方 針 に 基 づき 平 成 28 年 1 月 より 市 内 中 学 校 11 校 で 平 成 28 年 4 月 より 4 校 で 家 庭 弁 当 と 併 用 した 選 択

More information

目 次 1. 募 集 に つ い て 1 2. 補 助 の 対 象 と な る 経 費 等 3 3. 留 意 事 項 等 4 4. 提 出 書 類 に つ い て 6 5. 補 助 基 礎 額 算 出 基 準 及 び 審 査 について 7 6. 記 入 上 の 注 意 事 項 9 問 合 せ 先 1

目 次 1. 募 集 に つ い て 1 2. 補 助 の 対 象 と な る 経 費 等 3 3. 留 意 事 項 等 4 4. 提 出 書 類 に つ い て 6 5. 補 助 基 礎 額 算 出 基 準 及 び 審 査 について 7 6. 記 入 上 の 注 意 事 項 9 問 合 せ 先 1 要 望 書 の 提 出 締 切 日 平 成 27 年 7 月 8 日 ( 水 )( 必 着 ) 提 出 先 文 化 庁 文 化 部 芸 術 文 化 課 支 援 推 進 室 育 成 係 100-8959 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 3-2-2 提 出 方 法 は 特 定 記 録 郵 便 による 郵 送 のみ ( 持 参 不 可 ) 封 筒 の 表 に 平 成 26 年 度 優 れた 現 代

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

分譲要項&申込書(平成28年6月)

分譲要項&申込書(平成28年6月) 郡 山 西 部 第 一 工 業 団 地 ( 第 1 期 工 区 ) 分 譲 要 項 平 成 28 年 6 月 郡 山 市 産 業 観 光 部 産 業 創 出 課 目 次 1 団 地 概 要 P1 2 分 譲 地 P2 3 応 募 資 格 P4 4 分 譲 申 し 込 み P4 5 分 譲 企 業 等 の 審 査 及 び 決 定 P5 6 売 買 契 約 等 P5 7 土 地 利 用 協 定 P5 8

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

目 次 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 に 係 る 事 務 手 続 き 2 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 取 扱 要 綱 3 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 交 付 規 程 12 規 程 に 定 める 様 式 20 様 式 第 1 補 助 金

目 次 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 に 係 る 事 務 手 続 き 2 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 取 扱 要 綱 3 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 交 付 規 程 12 規 程 に 定 める 様 式 20 様 式 第 1 補 助 金 平 成 26 年 度 補 正 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 補 助 事 業 の 手 引 き (1 次 公 募 分 ) 本 手 引 きは 補 助 事 業 採 択 後 から 事 業 完 了 までの 各 種 手 続 や 準 備 しなければならない 資 料 等 に ついて 説 明 しています 本 手 引 きを 通 じ 適 正 に 補 助 事 業 を 実 施 くださいますようお 願 い 申

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

平成28年度創業・第二創業促進補助金 補助金事務取扱説明書

平成28年度創業・第二創業促進補助金 補助金事務取扱説明書 採 択 者 向 け 平 成 28 年 度 予 算 事 業 創 業 第 二 創 業 促 進 補 助 金 ( 平 成 28 年 度 創 業 第 二 創 業 促 進 事 業 ) 補 助 金 事 務 取 扱 説 明 書 第 1 版 平 成 28 年 度 創 業 第 二 創 業 促 進 補 助 金 事 務 局 104-0045 住 所 東 京 都 中 央 区 築 地 3-17-9

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 平 成 27 年 度 申 請 要 領 申 請 の 受 付 期 間 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 計 量 計 画 研 究 所 道 路 経 済 研 究 室 河 上 森 尾 162-0845 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-9

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

平成23年度

平成23年度 平 成 24 年 度 ライフスタイルイノベーション 創 出 推 進 事 業 公 募 要 領 ( 二 次 募 集 ) 公 募 期 間 : 平 成 24 年 9 月 3 日 ( 月 )~10 月 9 日 ( 火 ) 相 談 期 間 : 平 成 24 年 9 月 3 日 ( 月 )~10 月 3 日 ( 水 ) 9:00~17:00 書 類 提 出 期 間 : 平 成 24 年 10 月 4 日 ( 木

More information

3 手 続 等 (1) 参 加 資 格 の 審 査 公 募 型 プロポーザル 方 式 に 参 加 しようとする 者 は アからエまでに 定 めるところにより 2に 掲 げ る 資 格 を 有 するかどうかの 審 査 を 申 請 しなければならない なお 審 査 を 行 ったときは 審 査 結 果 を

3 手 続 等 (1) 参 加 資 格 の 審 査 公 募 型 プロポーザル 方 式 に 参 加 しようとする 者 は アからエまでに 定 めるところにより 2に 掲 げ る 資 格 を 有 するかどうかの 審 査 を 申 請 しなければならない なお 審 査 を 行 ったときは 審 査 結 果 を 新 エネルギー 等 率 先 導 入 推 進 事 業 による 昭 和 新 山 公 衆 トイレ 太 陽 光 発 電 等 導 入 事 業 実 施 説 明 書 1 事 業 概 要 (1) 業 務 名 新 エネルギー 等 率 先 導 入 推 進 事 業 による 昭 和 新 山 公 衆 トイレ 太 陽 光 発 電 等 導 入 事 業 (2) 業 務 の 目 的 及 び 内 容 道 有 施 設 への 率 先 した

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

このガイドブックは 研 究 者 の 方 が 実 際 に 研 究 費 を 執 行 する 際 に 知 っておく 必 要 があるルール と 手 続 きについてまとめたものです このガイドブックは 科 学 研 究 費 や 公 的 資 金 による 受 託 研 究 費 の 取 扱 いを 主 として 作 成 して

このガイドブックは 研 究 者 の 方 が 実 際 に 研 究 費 を 執 行 する 際 に 知 っておく 必 要 があるルール と 手 続 きについてまとめたものです このガイドブックは 科 学 研 究 費 や 公 的 資 金 による 受 託 研 究 費 の 取 扱 いを 主 として 作 成 して 2011 年 度 版 ( 改 訂 版 ) 科 学 研 究 費 受 託 寄 附 研 究 費 執 行 ガイドブック 近 畿 大 学 学 術 研 究 支 援 部 無 断 転 載 転 用 を 禁 ず このガイドブックは 研 究 者 の 方 が 実 際 に 研 究 費 を 執 行 する 際 に 知 っておく 必 要 があるルール と 手 続 きについてまとめたものです このガイドブックは 科 学 研 究 費

More information

平成23年度

平成23年度 沖 縄 県 委 託 事 業 平 成 2 8 年 度 ライフスタイルイノベーション 創 出 推 進 事 業 公 募 要 領 公 募 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 25 日 ( 水 ) 相 談 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 20 日 ( 金 ) 9:00~17:00 書 類 提 出 期 間 : 平 成 28 年 5 月 23 日

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 に 係 る 公 募 要 領 1 総 則 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう)に 係 る 課 題 提 案 の 実 施 については この 要 領 に 定 めるところによるものとします 2 公 募

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

Ⅰ Ⅰ. 本 文 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 Ⅲ. 交 付 規 程 Ⅳ. 様 式 等 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 事 業 事 務 処 理 マニュアル Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 平 成 21 年 度 版 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 目 次 1. 助 成 金 交 付 申 請 の 提 出 書 類 1 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 金 交 付 申 請

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

質 疑 回 答 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 3 技 術 提 案 及 びVE 提 案 の 提 出 VE 提 案 書 の 提 出 期 間 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 )~ 平 成 26 年 11 月 18 日 ( 火 ) 技 術 提 案 書 の 提 出 期 間 平

質 疑 回 答 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 3 技 術 提 案 及 びVE 提 案 の 提 出 VE 提 案 書 の 提 出 期 間 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 )~ 平 成 26 年 11 月 18 日 ( 火 ) 技 術 提 案 書 の 提 出 期 間 平 新 城 市 新 庁 舎 建 設 工 事 施 工 候 補 者 選 定 プロポーザル 実 施 要 項 Ⅰ 一 般 事 項 1 目 的 新 城 市 は 新 庁 舎 の 建 設 にあたり 新 城 市 新 庁 舎 基 本 構 想 で 示 した 新 庁 舎 の 基 本 理 ひ と 念 である 市 民 まち 未 来 が 見 える 新 城 型 庁 舎 を 最 もコストパフォーマ ンスに 優 れた 形 で 実 現 するため

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

会津美里町高田学校給食センター調理業務委託公募型プロポーザル方式実施要領

会津美里町高田学校給食センター調理業務委託公募型プロポーザル方式実施要領 会 津 坂 下 町 立 学 校 給 食 センター 調 理 搬 送 業 務 委 託 に 係 るプロポーザル 実 施 要 領 平 成 27 年 12 月 18 日 会 津 坂 下 町 会 津 坂 下 町 では 平 成 23 年 度 から 平 成 27 年 度 までの5 年 間 会 津 坂 下 町 立 学 校 給 食 センターの 調 理 搬 送 業 務 等 を 外 部 委 託 で 実 施 しており 平 成

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45>

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 一 般 競 争 入 札 総 合 評 価 方 式 ( 施 工 体 制 確 認 型 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 沖 縄 総 合 事 務 局 南 部 国 道 事 務 所 長 上 原 重 賢 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 平 成 28 年 度 新 川

More information

司 令  副 長  運用班長

司 令  副 長  運用班長 平 成 25 年 8 月 1 日 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 における 携 帯 電 話 サービスのための 携 帯 電 話 基 地 局 の 設 置 事 前 調 査 及 び 設 置 工 事 に 関 する 業 者 の 募 集 について 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 隊 司 令 富 田 清 浩 東 京 都 小 笠 原 村 硫 黄 島 における 在 島 隊 員 の 福 利

More information

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の 観 光 施 設 再 生 立 地 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 県 内 の 観 光 施 設 の 早 期 の 再 生 を 支 援 することにより, 多 くの 観 光 客 が 訪 れ, 交 流 人 口 が 増 加 し, 地 域 経 済 及 び 地 域 社 会 が 活 性 化 される 観 光 王 国 み やぎ の 実 現

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

ン 審 査 )により 最 優 秀 者 を 選 定 します 2 企 画 提 案 に 関 する 質 問 はメールで 行 うこととします ただし 軽 易 なものについては 電 話 でも 可 とします 3 審 査 は 総 合 販 売 戦 略 課 長 を 審 査 員 長 とした 審 査 員 により 行 うこと

ン 審 査 )により 最 優 秀 者 を 選 定 します 2 企 画 提 案 に 関 する 質 問 はメールで 行 うこととします ただし 軽 易 なものについては 電 話 でも 可 とします 3 審 査 は 総 合 販 売 戦 略 課 長 を 審 査 員 長 とした 審 査 員 により 行 うこと 本 業 務 を 委 託 するにあたり 次 のとおり 企 画 提 案 を 募 集 し 総 合 的 な 審 査 により 事 業 者 を 決 定 します 近 年 インターネットの 普 及 による 情 報 量 の 増 加 や 個 人 の 趣 味 嗜 好 の 多 様 化 などから 消 費 者 の 心 を 捉 える 情 報 の 質 や 手 法 が 変 化 してきており 青 森 県 産 品 のイメージアップや 顧

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 平 成 28 年 3 月 8 日 社 会 医 療 法 人 社 団 大 久 保 病 院 理 事 長 大 久 保 健 作 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 について ( 公 告 ) 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を

More information

1公募の主旨

1公募の主旨 平 成 28 年 度 賃 貸 物 件 による 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 の 募 集 について 平 成 28 年 3 月 22 日 新 宿 区 Ⅰ 募 集 概 要 1 趣 旨 新 宿 区 は 保 育 所 の 待 機 児 童 解 消 対 策 を 区 政 の 重 要 課 題 に 位 置 付 け 新 宿 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 平 成 27 年 度 から 平 成

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

平成16年に山形県教育委員会が策定した「第5次山形県教育振興計画」では、本県教育目標として、「高い志と挑戦する心を持ち、自己実現を図る人間の育成」、「郷土に誇りと愛着を持ち、地域社会・産業の発展を担う人間の育成」と定め、教育の条件整備に取り組んでいる

平成16年に山形県教育委員会が策定した「第5次山形県教育振興計画」では、本県教育目標として、「高い志と挑戦する心を持ち、自己実現を図る人間の育成」、「郷土に誇りと愛着を持ち、地域社会・産業の発展を担う人間の育成」と定め、教育の条件整備に取り組んでいる 山 形 県 立 図 書 館 等 施 設 改 修 工 事 設 計 業 務 公 募 型 簡 易 プロポーザル 募 集 要 領 1 目 的 山 形 県 教 育 委 員 会 は 県 民 のあらゆる 活 動 を 支 え 地 域 の 課 題 解 決 に 貢 献 する 知 の 拠 点 という 図 書 館 の 基 本 理 念 のもと その 担 うべき 役 割 や 機 能 を 維 持 しつつ 県 民 本 位 の 利

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 このパンフレットは 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 を 説 明 したものです 軽 減 措 置 の 要 件 に 該 当 する 場 合 は 申 告 期 限 までに 申 告 手 続 きが 必 要 ですので 必 ずご 一 読 くださ 詳 しくは 富 山 県 総 合 県 税 事 務 所 課 税 第 二 課 TEL:076-444-4505

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information