Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 働 き 方 改 革 について 山 梨 労 働 局 働 き 方 改 革 推 進 本 部

4 年間総実労働時間の推移 年間総実労働時間 所定内労働時間とも減少傾向で推移しているが これは一般労働者 パートタ イム労働者以外の者 についてほぼ横ばいで推移するなかで 平成8年頃からパートタイム労働者比 率が高まったこと等がその理由である 一般労働者の総実労働時間は 依然として2,000時間台で高止まりしている 就業形態別年間総実労働時間及び パートタイム労働者比率の推移 年間総実労働時間の推移 パートタイム労働者を含む 一般労働者の総実労働時間 総実労働時間 所定内労働時間 パートタイム労働者比率 単位 パートタイム労働者の総実労働時間 所定外労働時間 資料出所 厚生労働省 毎月勤労統計調査 注 事業所規模5人以上 年 資料出所 厚生労働省 毎月勤労統計調査 注 事業所規模5人以上 年

5 週60時間以上就業する雇用者数及び割合の推移 週労働時間60時間以上の雇用者の割合は 景気の動向に左右される面はあるもの の 全体では近年低下傾向にあるが 依然として1割弱で推移 新成長戦略 平成22年6月18日閣議決定 に掲載された 雇用 人材戦略 の2020年までの目標 週60時間以上就業する雇用者数及び割合の推移 週労働時間60時間以上の雇用者の割合 平成20年10 0 2020年目標 5割減 5 万人 20% 1000 週の労働時間が60時間以上の者の割合 15.9% % 15% 12.1% % 11.1% 10.6% 10.5% 10.8% 10.5% % 11.0% 11.6% 12.1% 12.2% 12.2% % 10.8% 10.3% 10.0% 10% % % 9.4% 9.3% 9.1% 8.8% 週の労働時間が60時間以上の雇用者数 0% 資料出所 総務省 労働力調査 注 資料は非農林業雇用者数により作成 平成23年は岩手県 宮城県及び福島県を除 年 総務省 就業構造基本調査 によると 山梨県下におい て 平成24年度の週間就業時間が60時間以上の雇用者の割 合は9.1 と長時間労働の実態が認められた

6 ( 時 間 ) 年 間 総 実 労 働 時 間 の 推 移 ( 山 梨 県 全 国 ) 2200 山 梨 県 の 総 実 労 働 時 間 2100 全 国 の 総 実 労 働 時 間 山 梨 県 の 所 定 内 労 働 時 間 全 国 の 所 定 内 労 働 時 間 ( 資 料 出 所 ) 毎 月 勤 労 統 計 調 査 ( 注 )1 事 業 所 規 模 30 人 以 上 2 所 定 内 労 働 時 間 は 総 実 労 働 時 間 から 所 定 外 労 働 時 間 を 引 いて 求 めた S55 S56 S57 S58 S59 S60 S61 S62 S63 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H

7 (%) 60.0 山 梨 県 における 一 般 労 働 者 の 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 状 況 の 推 移 ( 出 典 : 平 成 26 年 10 月 17 日 付 け 山 梨 労 働 局 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 度 における 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 状 況 等 の 調 査 結 果 ) < 取 得 率 (%)> 付 与 日 数 20 ( 日 ) 取 得 日 数 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 系 列 系 列

8 ( 単 位 :%) 山 梨 県 におけるパートタイム 労 働 者 の 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 状 況 の 推 移 ( 資 料 出 所 : 平 成 26 年 10 月 17 日 付 け 山 梨 労 働 局 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 度 における 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 状 況 等 の 調 査 結 果 ) < 取 得 率 (%)> ( 単 位 : 日 ) 付 与 日 数 取 得 日 数 0 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 系 列 系 列

9 山 梨 労 働 局 働 き 方 改 革 推 進 本 部 ( 平 成 27 年 1 月 9 日 設 置 ) ( 目 的 ) 長 時 間 労 働 や 転 勤 を 一 律 の 前 提 とする 雇 用 管 理 を 見 直 す 働 き 方 改 革 を 実 現 するため 企 業 トップへの 働 きかけや 気 運 の 醸 成 を 図 ることにより 働 き 方 改 革 の 実 現 に 向 けた 取 組 のさら なる 強 化 を 図 る ( 構 成 員 ) 本 部 長 山 梨 労 働 局 長 副 本 部 長 労 働 基 準 部 長 本 部 員 職 業 安 定 部 長 雇 用 均 等 室 長 監 督 課 長 その 他 本 部 長 が 指 名 した 者 事 務 局 は 監 督 課 に 設 置 第 1 回 目 会 議 は1 月 13 日 に 開 催 協 力 要 請 連 携 山 梨 県 山 梨 県 内 市 町 村 事 業 主 団 体 労 働 団 体 等 < 実 施 内 容 > ➀ 労 働 局 長 労 働 基 準 部 長 による 企 業 経 営 陣 への 働 きかけ( 仕 事 の 進 め 方 の 見 直 しによる 時 短 な ど) ➁ 地 方 自 治 体 労 使 団 体 等 との 連 携 による 働 き 方 の 見 直 しに 向 けた 地 域 全 体 における 気 運 の 醸 成 ( 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 促 進 など) 3 山 梨 県 内 企 業 における 取 組 事 例 を 山 梨 労 働 局 ホームページや 働 き 方 休 み 方 改 善 ポータル サイト 等 に 掲 載 する 等 の 情 報 の 発 信 地 方 創 生 につなげる 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 ることができる 環 境 の 整 備 地 域 の 特 性 を 生 かし た 魅 力 ある 就 業 の 機 会 の 創 出 企 業 の 自 主 的 な 働 き 方 の 見 直 しを 推 進

10 時 間 外 労 働 の 削 減 働 き 方 の 見 直 しに 向 けた 各 取 組 のメニュー( 例 ) その 他 の 多 様 な 働 き 方 長 時 間 労 働 の 抑 制 について 経 営 トップがメッセージを 発 信 ノー 残 業 デー ノー 残 業 ウィーク の 設 定 とその 徹 底 朝 型 勤 務 の 導 入 管 理 職 自 らによる ノー 残 業 デー 朝 型 勤 務 の 実 施 管 理 職 による 部 下 の 労 働 時 間 の 管 理 ノー 残 業 デー 等 の 定 時 退 社 の 徹 底 部 下 の 長 時 間 労 働 抑 制 について 管 理 職 の 人 事 考 課 に 盛 り 込 む 長 時 間 労 働 抑 制 に 関 する 管 理 職 向 け 教 育 の 実 施 長 時 間 労 働 の 抑 制 に 関 する 労 使 の 話 し 合 いの 機 会 の 設 定 業 務 計 画 要 員 計 画 業 務 内 容 の 見 直 し テレワークを 活 用 した 在 宅 勤 務 制 度 の 導 入 等 年 休 以 外 の 休 暇 制 度 の 導 入 例 : 病 気 休 暇 ボランティア 休 暇 勤 続 年 数 節 目 休 暇 バース デー 休 暇 フルタイム 勤 務 ができないなどの 事 情 のある 社 員 のために 多 様 な 正 社 員 制 度 の 導 入 等 長 時 間 労 働 の 抑 制 を 目 的 とした 取 引 先 との 関 係 見 直 し 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 促 進 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 促 進 について 経 営 トップがメッセージを 発 信 毎 月 1 日 年 休 取 得 の 徹 底 年 に4 回 ( 年 末 年 始 ゴールデンウィーク お 盆 秋 の 連 休 ) 連 続 1 週 間 の 休 暇 取 得 年 次 有 給 休 暇 の 計 画 的 付 与 制 度 の 導 入 管 理 職 自 らによる 年 休 取 得 ( 月 1 回 年 数 回 の 連 続 1 週 間 休 暇 等 )の 徹 底 管 理 職 による 部 下 の 年 休 取 得 の 管 理 部 下 の 休 暇 取 得 に 積 極 的 な 管 理 職 を 評 価 する 人 事 評 価 の 仕 組 の 導 入 年 次 有 給 休 暇 取 得 促 進 に 関 する 労 使 の 話 し 合 いの 機 会 の 設 定 年 次 有 給 休 暇 残 日 数 を 社 員 各 自 に 通 知 休 暇 休 業 時 の 業 務 フォローアップ 体 制 の 構 築 働 き 方 休 み 方 改 善 指 標 を 活 用 した 労 働 時 間 や 休 暇 に 関 する 企 業 の 実 態 の 見 える 化 を 行 い 問 題 点 や 課 題 を 発 見 し 対 策 を 検 討 する 等

11 働き方 休み方 改善ポータルサイトイメージ 働き方 休み方改善ポータルサイト をご利用下さい 働き方改革を進めてみませんか 平成27年1月30日稼働予定 働き方改革ツールを提供します 専用指標による企業診断ができます 診断結果に基づき対策を提案します 提案内容に関連した取組を実施してい る企業の取組概要を紹介します 企業の取組事例を詳しく紹介します 山梨労働局ホームページに掲載予定 平成27年1月30日稼働予定

12 ポータルサイト 掲 載 例 ( 案 ) 取 組 事 例 検 討 中 のケース ( 所 定 外 労 働 削 減 年 休 取 得 促 進 多 様 な 正 社 員 朝 型 の 働 き 方 テレワーク) 企 業 名 : A 株 式 会 社 トップメッセージ 労 働 者 数 : 約 1,000 名 所 在 地 : 東 京 都 区 業 種 : 製 造 業 総 労 働 時 間 を 削 減 し 持 続 可 能 な 働 き 方 を 実 現 するため 働 き 方 の 改 革 を 進 める 取 組 の 目 的 定 時 内 で 業 務 を 終 了 することを 基 本 とするよう 意 識 改 革 を 行 い 併 せて 業 務 の 簡 素 合 理 化 と 勤 務 時 間 制 度 の 見 直 し 等 により 総 労 働 時 間 の 削 減 を 目 指 す 取 組 の 概 要 目 標 1 年 間 総 労 働 時 間 ( 平 成 25 年 実 績 2100 時 間 )を1800 時 間 以 下 にする ( 達 成 期 限 : 平 成 28 年 度 末 ) 2 年 休 取 得 率 ( 平 成 25 年 実 績 60%)を7 割 以 上 にする ( 達 成 期 限 : 平 成 27 年 度 末 ) 社 長 をトップとする 働 き 方 改 革 検 討 委 員 会 を 設 置 し 業 務 の 簡 素 化 効 率 化 及 び 労 働 時 間 削 減 に 向 けた 方 策 を 検 討 する 1 検 討 項 目 現 行 の 業 務 の 洗 い 出 しと 検 証 業 務 の 簡 素 化 効 率 化 の 方 策 長 時 間 労 働 及 び 年 休 取 得 が 進 まない 要 因 の 把 握 分 析 残 業 時 間 削 減 及 び 年 休 取 得 促 進 の 方 策 社 内 の 業 務 実 施 体 制 及 び 勤 務 時 間 制 度 の 検 証 と 見 直 しの 方 策 2 検 討 の 実 施 期 間 平 成 26 年 11 月 から 平 成 27 年 月 まで 3 改 善 方 策 の 実 施 時 期 平 成 27 年 月 以 降 対 応 可 能 な 方 策 から 順 次 実 施 する (できる 限 り 平 成 27 年 度 中 に 改 善 方 策 を 実 施 完 了 ) 4 改 善 方 策 の 実 施 状 況 及 び 効 果 の 把 握 定 期 的 に 改 善 方 策 の 実 施 状 況 をフォローアップし 効 果 を 検 証 の 上 必 要 に 応 じ 修 正 する 現 状 とこれまでの 取 組 の 効 果 労 働 時 間 の 実 績 1 時 間 外 勤 務 時 間 ( 月 / 平 均 ) 平 成 24 年 9 月 35.0 時 間 平 成 26 年 9 月 30.0 時 間 5 時 間 の 削 減 2 総 労 働 時 間 ( 年 / 平 均 ) 平 成 24 年 2,120 時 間 平 成 25 年 2,100 時 間 20 時 間 の 削 減 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 率 ( 社 員 平 均 ) 平 成 24 年 58%(11.5 日 ) 平 成 25 年 60%(12.0 日 ) これまでの 取 組 の 効 果 1 残 業 時 間 の 削 減 毎 週 金 曜 日 を ノー 残 業 デー として 19 時 以 降 の 残 業 を 原 則 禁 止 とした 結 果 当 日 の 残 業 時 間 数 は 減 少 したものの 他 の 勤 務 日 における 残 業 時 間 数 が 増 加 し 総 労 働 時 間 の 削 減 効 果 は 乏 しかった 2 年 休 の 取 得 各 社 員 に 年 間 の 年 休 取 得 計 画 を 作 成 し 管 理 者 が 定 期 的 に 取 得 状 況 を 把 握 し 取 得 勧 奨 を 行 った 結 果 取 得 率 は 向 上 したものの 当 初 目 標 ( 取 得 率 7 割 )は 達 成 できなかった

13 ポータルサイト 掲 載 例 ( 案 ) 取 組 事 例 実 施 企 業 のケース 取 組 の 目 的 ( 所 定 外 労 働 削 減 年 休 取 得 促 進 多 様 な 正 社 員 朝 型 の 働 き 方 テレワーク) 企 業 名 : 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 所 在 地 : 東 京 都 港 区 労 働 者 数 : 約 2,600 名 業 種 : 卸 売 業 ( 商 社 ) 残 業 ありきの 働 き 方 を 今 一 度 見 直 し 所 定 勤 務 時 間 帯 (9:00-17:15)での 勤 務 を 基 本 とした 上 で 夜 型 の 残 業 体 質 から 朝 型 の 勤 務 へと 改 め 効 率 的 な 働 き 方 の 実 践 を 通 して 総 労 働 時 間 の 削 減 を 図 るもの 取 組 の 概 要 所 定 勤 務 時 間 帯 (9:00~17:15) 休 憩 時 間 (12:00~13:00) 深 夜 勤 務 (22:00~5:00)の 禁 止 20:00~22:00における 勤 務 の 原 則 禁 止 (ただし やむを 得 ず20:00 以 降 に 勤 務 が 必 要 な 場 合 は 事 前 申 請 の 上 認 める ) 早 朝 勤 務 時 間 (5:00~8:00)は インセンティブとして 深 夜 勤 務 と 同 様 の 割 増 賃 金 ( 一 般 社 員 :150% 管 理 監 督 者 など:25%)を 支 給 7:50 以 前 始 業 の 場 合 5:00~8:00の 割 増 率 を8:00~9:00の 時 間 帯 にも 適 用 2013 年 10 月 からのトライアル 期 間 を 経 て 2014 年 4 月 21 日 付 での 労 働 組 合 との 労 使 合 意 に 基 づき 同 年 5 月 1 日 より 正 式 に 導 入 健 康 管 理 の 観 点 から8:00 前 始 業 社 員 に 対 し 軽 食 を 無 料 配 布 現 状 とこれまでの 取 組 の 効 果 トライアル 期 間 の 状 況 :(2013 年 10 月 ~2014 年 3 月 / 対 象 : 国 内 勤 務 社 員 約 2,600 名 ) 入 退 館 状 況 ( 昨 年 度 同 時 期 比 ) 20 時 以 降 退 館 : 退 館 者 全 体 の 約 30% 約 7% 22 時 以 降 退 館 : 10% ほぼ0 名 ( 事 前 突 発 申 請 者 数 名 のみ) 8 時 以 前 入 館 : 入 館 者 全 体 の 約 20% 約 34% 時 間 外 勤 務 時 間 実 績 ( 月 / 平 均 )( 昨 年 度 同 時 期 比 ) 計 : 延 べ 約 3,350 時 間 減 総 計 (6ヶ 月 実 績 ): 延 べ 約 20,100 時 間 減 総 合 職 :49 時 間 11 分 45 時 間 20 分 : 約 4 時 間 減 延 べ 約 2,300 時 間 減 事 務 職 :27 時 間 3 分 25 時 間 5 分 : 約 2 時 間 減 延 べ 約 1,050 時 間 減 コスト/ 月 ( 昨 年 度 同 時 期 比 ) 全 体 : 時 間 外 勤 務 手 当 ( 含 む 早 朝 割 増 ) 軽 食 コスト 含 め 約 4% 削 減 1+2 時 間 外 勤 務 手 当 : 早 朝 割 増 含 め 約 7% 減 1 軽 食 : 平 均 約 550 名 / 日 ( 東 京 : 約 500 名 / 日 大 阪 : 約 50 名 / 日 ) 2 社 員 の 反 応 夜 の 時 間 を 活 用 してお 客 様 との 会 食 社 内 のコミュニケーションの 機 会 創 出 家 に 帰 っての 家 族 との 団 欒 読 書 等 自 己 啓 発 に 費 やす 時 間 が 増 え 総 じて メリハリのある 働 き 方 の 実 現 に 寄 与 している 等 多 数 の 社 員 から 朝 型 勤 務 のメリットを 実 感 している という 声 があがっ ている

14 山 梨 労 働 局 労 働 基 準 部 の 取 組 み 仕 事 と 生 活 の 調 和 (ワーク ライフ バランス)のとれた 働 き 方 ができる 社 会 の 実 現 のた め 平 成 19 年 12 月 18 日 仕 事 と 生 活 の 調 和 推 進 官 民 トップ 会 議 において 仕 事 と 生 活 の 調 和 (ワークライフバランス) 憲 章 及 び 仕 事 と 生 活 の 調 和 推 進 のための 行 動 指 針 が 策 定 されました 山 梨 労 働 局 では 本 憲 章 及 び 行 動 指 針 等 を 踏 まえ 長 時 間 労 働 の 抑 制 や 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 促 進 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 の 取 組 といった 仕 事 と 生 活 の 調 和 実 現 のた めの 施 策 を 社 会 全 体 として 推 進 しているところです 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 について 多 様 な 働 き 方 に 合 わせた 始 業 終 業 時 刻 休 日 休 暇 など 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 に 向 けた 下 記 の 取 組 を 行 っています 働 き 方 休 み 方 改 善 コンサルタントの 活 用 事 業 場 の 希 望 により 専 門 家 が 助 言 個 別 相 談 等 を 行 います 職 場 意 識 改 善 助 成 金 (テレワークコース) 労 働 時 間 等 の 設 定 改 善 に 向 けた 職 場 意 識 の 改 善 に 積 極 的 に 取 り 組 み 所 定 外 労 働 の 削 減 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 促 進 等 必 要 な 措 置 を 講 じ 成 果 を 挙 げた 事 業 主 にかかった 経 費 に 対 する 一 定 割 合 の 助 成 金 を 支 給 します 働 き 方 休 み 方 改 善 指 標 働 き 方 休 み 方 ハンドブック の 周 知 自 社 にどのような 課 題 があり その 改 善 の 取 組 に 何 が 足 りないのか 等 の 診 断 や 改 善 取 組 の 好 事 例 を 掲 載 長 時 間 労 働 者 に 対 する 過 重 労 働 による 健 康 障 害 防 止 対 策 について 時 間 外 休 日 労 働 が1か 月 あたり100 時 間 を 超 え かつ 疲 労 の 蓄 積 が 認 められる 者 が 申 し 出 た 場 合 は 医 師 による 面 接 指 導 を 実 施 するよう 事 業 主 に 呼 びかけています 11

15 山 梨 労 働 局 職 業 安 定 部 の 取 組 正 社 員 求 人 確 保 の 推 進 について よ り 良 い 人 材 確 保 の た め に 正 社 員 の 雇 用 を 考 え て み ま せ ん か? 正 社 員 で 就 職 したくても できない 方 々がたくさんいます! 山 梨 県 の 有 効 求 人 倍 率 は0.91 倍 まで 改 善! 求 職 者 数 求 人 数 しかし 山 梨 県 の 正 社 員 募 集 求 人 の 有 効 求 人 倍 率 は0.56 倍 ( 平 成 26 年 11 月 現 在 ) 求 職 者 数 求 人 数 15,253 人 13,931 人 9,548 人 5,305 人 求 める 人 材 を 確 保 するためには 求 職 者 にとって 一 層 魅 力 を 感 じることができる 求 人 にしていくことが 必 要 です 正 社 員 求 人 の 申 込 みをご 検 討 ください! 正 社 員 雇 用 のメリットとは? 長 期 にわたる 安 定 した 雇 用 の 下 で 人 材 が 有 する 能 力 を 十 分 に 発 揮 すること が 期 待 できます 採 用 後 長 期 的 視 点 に 立 って 人 材 の 指 導 育 成 を 計 画 的 に 実 施 できます

16 山 梨 労 働 局 職 業 安 定 部 の 取 組 キャリアアップ 助 成 金 について 有 期 契 約 労 働 者 短 時 間 労 働 者 派 遣 労 働 者 等 の 企 業 内 でのキャリアアップに 取 り 組 む 事 業 主 を 支 援 します 有 期 契 約 労 働 者 短 時 間 労 働 者 派 遣 労 働 者 といった いわゆる 非 正 規 雇 用 の 労 働 者 の 企 業 内 でのキャリアアップ 等 を 促 進 するた め 正 規 雇 用 への 転 換 人 材 育 成 処 遇 改 善 などの 取 組 を 実 施 した 事 業 主 に 対 して 助 成 する 制 度 を 創 設 しました 労 働 者 の 意 欲 能 力 を 向 上 させ 事 業 の 生 産 性 を 高 め 優 秀 な 人 材 を 確 保 するために ぜひ この 助 成 金 制 度 をご 活 用 ください 正 規 雇 用 等 転 換 コース 人 材 育 成 コース 処 遇 改 善 コース 健 康 管 理 コース 短 時 間 正 社 員 コース 短 時 間 労 働 者 の 週 所 定 労 働 時 間 延 長 コース 助 成 内 容 有 期 契 約 労 働 者 等 を 正 規 雇 用 等 に 転 換 または 直 接 雇 用 ( 以 下 転 換 等 )した 場 合 に 助 成 有 期 契 約 労 働 者 等 に 一 般 職 業 訓 練 (OFF-JT) 又 は 有 期 実 習 型 訓 練 ( ジョブ カー ド を 活 用 したOFF-JT+OJTを 組 み 合 わせた3~6か 月 の 職 業 訓 練 )を 行 った 場 合 に 助 成 すべての 有 期 契 約 労 働 者 等 の 基 本 給 の 賃 金 テーブルを 改 定 し 2% 以 上 増 額 させた 場 合 に 助 成 有 期 契 約 労 働 者 等 を 対 象 とする 法 定 外 の 健 康 診 断 制 度 を 新 たに 規 定 し 4 人 以 上 実 施 した 場 合 に 助 成 労 働 者 を 短 時 間 正 社 員 に 転 換 新 規 雇 入 れした 場 合 に 助 成 有 期 契 約 労 働 者 等 の 週 所 定 労 働 時 間 を25 時 間 未 満 から30 時 間 以 上 に 延 長 した 場 合 に 助 成 助 成 額 ( ) 額 は 大 企 業 の 額 ( 短 時 間 正 社 員 は 大 規 模 事 業 主 ) 下 線 部 分 は 平 成 26 年 3 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 支 給 額 を 拡 充 または 要 件 を 緩 和 1 有 期 正 規 :1 人 当 たり50 万 円 (40 万 円 ) 2 有 期 無 期 :1 人 当 たり20 万 円 (15 万 円 ) 3 無 期 正 規 :1 人 当 たり30 万 円 (25 万 円 ) OFF-JT 1 人 当 たり 賃 金 助 成 :1h 当 たり800 円 (500 円 ) 経 費 助 成 : 訓 練 時 間 数 が 100 時 間 未 満 10 万 円 ( 7 万 円 ) 15 万 円 (10 万 円 ) 100 時 間 以 上 200 時 間 未 満 20 万 円 (15 万 円 ) 30 万 円 (20 万 円 ) 200 時 間 以 上 30 万 円 (20 万 円 ) 50 万 円 (30 万 円 ) 中 長 期 的 なキャリア 形 成 に 資 する 教 育 訓 練 として 厚 生 労 働 大 臣 が 指 定 する 専 門 実 践 教 育 訓 練 を 受 講 する 場 合 OJT 1 人 当 たり 実 施 助 成 :1h 当 たり700 円 (700 円 ) 1 人 当 たり1 万 円 (0.75 万 円 ) 1 事 業 所 当 たり40 万 円 (30 万 円 ) 1 人 当 たり20 万 円 (15 万 円 ) ただし 有 期 契 約 労 働 者 等 から 転 換 した 場 合 1 人 当 たり30 万 円 (25 万 円 ) 1 人 当 たり10 万 円 (7.5 万 円 )

17 山 梨 労 働 局 雇 用 均 等 室 の 取 組 ポジティブアクションの 推 進 ポジティブアクション の 推 進 固 定 的 な 役 割 分 担 意 識 や 過 去 の 経 緯 から 仕 事 上 の 格 差 が 男 女 間 に 生 じていることに 対 する 企 業 の 自 主 的 かつ 積 極 的 な 取 組 で す 女 性 管 理 職 の 増 加 女 性 の 勤 続 年 数 の 伸 長 の 取 組 第 1 子 出 産 後 就 業 継 続 にあたって 困 難 だった 理 由 ) 1 勤 務 時 間 が 合 いそうもなかった65.4% 2 職 場 に 両 立 を 支 援 する 雰 囲 気 がなかった49.5% ( 資 料 出 所 ) 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 両 立 支 援 に 係 る 諸 問 題 に 関 する 総 合 的 調 査 研 究 均 等 両 立 推 進 企 業 表 彰 均 等 両 立 について 他 の 模 範 ともいうべき 取 組 を 推 進 している 企 業 を 均 等 両 立 推 進 企 業 として 表 彰 しています ファミリー フレンドリー 企 業 部 門 基 準 ( 働 き 方 改 革 に 係 るもののみ 抜 粋 ) 1 年 休 の 取 得 率 ( 賞 により50% 以 上 /60% 以 上 ) 2 法 定 時 間 外 労 働 の 企 業 全 体 の 平 均 ( 平 均 して1 人 年 間 150 時 間 未 満 ) 公 募 時 期 : 例 年 1 月 ~3 月

18 山 梨 労 働 局 雇 用 均 等 室 の 取 組 次 世 代 法 行 動 計 画 及 び 認 定 次 世 代 法 行 動 計 画 及 び 認 定 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 企 業 が 従 業 員 の 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 るための 雇 用 環 境 の 整 備 などに 取 り 組 むに 当 たって 1 計 画 期 間 2 目 標 3 目 標 達 成 のための 対 策 及 びその 実 施 時 期 を 定 めるものです 〇 行 動 計 画 の 内 容 ( 参 考 とする 事 項 として 指 針 に 掲 載 ) < 育 児 をしていない 従 業 員 も 含 めて 対 象 とする 取 組 > ノー 残 業 デーの 導 入 拡 充 所 定 外 労 働 の 削 減 年 次 有 給 休 暇 取 得 の 促 進 短 時 間 正 社 員 制 度 の 導 入 定 着 在 宅 勤 務 テレワークの 導 入 等 〇 認 定 基 準 計 画 期 間 2~5 年 行 動 計 画 の 目 標 の 達 成 男 性 の 育 児 休 業 取 得 (300 人 以 下 企 業 特 例 有 り) 女 性 の 育 児 休 業 取 得 率 75% 以 上 ( 同 上 ) 所 定 外 労 働 削 減 の 措 置 or 年 休 取 得 促 進 のための 措 置 などを 目 標 を 定 めて 実 施 ほか 認 定 を 受 けると 商 品 求 人 広 告 にくるみんマークをつけることができ ます 次 世 代 認 定 マーク( 愛 称 :くるみん)

19 山 梨 労 働 局 雇 用 均 等 室 の 取 組 イクメン 企 業 イクボスアワード イクメン 企 業 イク クボスアワード 男 性 の 子 育 て 参 加 や 育 児 休 業 取 得 の 促 進 等 の 取 組 を 行 っていま す イクメン 企 業 アワード 働 きながら 子 どもを 産 み 育 てることができる 労 働 環 境 の 整 備 を 推 進 するため 男 性 の 育 児 参 加 を 積 極 的 に 促 進 しつつ 業 務 改 善 を 図 る 企 業 を 表 彰 ( 公 募 時 期 :6~8 月 頃 ) イクボスアワード 部 下 の 育 児 と 仕 事 の 両 立 を 推 進 するために 配 慮 し 部 下 の 育 休 取 得 や 短 時 間 勤 務 があっても 業 務 を 滞 りなく 進 めるための 工 夫 をしつつ 自 らも 仕 事 と 生 活 を 充 実 させている イクボス を 表 彰 企 業 団 体 からの 推 薦 に より 表 彰 しています ( 公 募 時 期 :6~8 月 頃 ) 育 メンプロジェクトHP 参 照 両 立 支 援 等 助 成 金 従 業 員 の 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 に 取 り 組 む 事 業 主 に 対 し 助 成 金 制 度 があります 中 小 企 業 両 立 支 援 助 成 金 代 替 要 員 確 保 コース 期 間 雇 用 者 継 続 就 業 支 援 コース 育 休 復 帰 支 援 プラン 助 成 金 等

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

平成28年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF形式)

平成28年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF形式) 4 節 男 性 の 意 識 行 動 改 革 ( 長 時 間 労 働 の 是 正 ) 長 時 間 労 働 の 抑 制 及 び 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 促 進 労 働 時 間 対 策 としては 単 に 労 働 時 間 の 短 縮 を 図 るだけではなく 労 働 時 間 休 日 数 及 び 年 次 有 給 休 暇 を 与 える 時 季 など 労 働 時 間 等 に 関 する 事 項 について

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

夏 の 生 活 スタイル 変 革 山 梨 労 働 局 働 き 方 改 革 推 進 本 部

夏 の 生 活 スタイル 変 革 山 梨 労 働 局 働 き 方 改 革 推 進 本 部 夏 の 生 活 スタイル 変 革 山 梨 労 働 局 働 き 方 改 革 推 進 本 部 はじめよう 夕方を楽しく活かす働き方 ゆう活 について ゆう活 とは ゆう活 ゆうやけ時間活動推進 は 勤務終了時刻が早まることで生まれる夕方 の時間で 生活を豊かにしていくという考え方から名付けられました 今まで勤務時 間に充てられていた 夕 方の時間に 悠々 とした自分の時間が生まれることでより 一層生活を豊かにしていく

More information

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc 第 3 期 長 岡 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 市 職 員 ) 平 成 23 年 4 月 長 岡 市 教 育 委 員 会 Ⅰ 総 論 1 目 的 急 速 な 少 子 化 の 進 行 家 庭 地 域 を 取 巻 く 環 境 の 変 化 により 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 するため

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

26労働分科会・プレゼン用資料

26労働分科会・プレゼン用資料 趣 旨 背 景 ポジティブ アクション 加 速 化 助 成 金 (ポジティブ アクション 能 力 アップ 助 成 金 の 拡 充 ) 27 年 度 要 求 額 238,500 千 円 ( 雇 用 勘 定 ) 26 年 度 予 算 額 120,750 千 円 ( 雇 用 勘 定 ) 日 本 の 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 )は 今 後 急 速 に 減 少 する 女 性 の 継 続 就 業

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

現行データ体系と新データ体系のマッピング

現行データ体系と新データ体系のマッピング 運 送 事 業 者 の 皆 様 へ 人 材 の 確 保 育 成 定 着 への 取 組 を 応 援 します!! 運 送 事 業 者 の 皆 様 に 特 にトラックドライバーの 確 保 定 着 に 向 けて 活 用 が 見 込 まれる 助 成 金 をご 案 内 しています この 冊 子 にご 紹 介 したもののほかにも 多 くの 雇 用 関 係 助 成 金 がありますので 平 成 27 年 度 雇 用

More information

Taro-いい仕事いい家庭つぎつぎと

Taro-いい仕事いい家庭つぎつぎと いい 仕 事 いい 家 庭 つぎつぎとちぎ 通 信 ( 平 成 27 年 7 月 1 日 号 ) 今 号 の 内 容 6 月 から 安 全 衛 生 優 良 企 業 公 表 制 度 の 受 付 が 開 始 されました 7 月 1 日 から1 週 間 は 全 国 安 全 週 間 です イクメン 企 業 アワード2015 イクボスアワード2015 を 実 施 します パートタイム 労 働 者 の 活 躍

More information

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464>

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464> 労 働 時 間 等 見 直 しガイドライン ( 労 働 時 間 等 設 定 改 善 指 針 ) 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 108 号 目 次 前 文 1 1 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 に 関 する 基 本 的 考 え 方 2 (1) 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 を 図 る 趣 旨 2 (2) 労 働 時 間 の 短 縮 の 推 進 3 (3)

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 長 野 県 千 曲 市 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

01 H27労働審議会資料ver3

01 H27労働審議会資料ver3 長 時 間 労 働 の 是 正 に 向 けた 取 組 について 平 成 27 年 12 月 21 日 新 潟 県 労 働 審 議 会 資 料 資 料 目 次 1 新 潟 県 の 労 働 時 間 の 現 状.1 2 新 潟 県 の 年 次 有 給 休 暇 取 得 の 現 状.2 3 長 時 間 労 働 の 是 正 が 求 められる 背 景..3 4 所 定 外 労 働 の 発 生 理 由.8 5 労

More information

平 成 24 年 度 における 助 成 金 の 動 向 1 キーワードは 震 災 対 策 成 長 分 野 への 補 助 高 齢 化 と 少 子 化 の 進 展 によって このままでは 就 業 者 人 口 が 大 幅 に 減 少 していくことが 予 想 されています このような 状 況 の 中 で 就

平 成 24 年 度 における 助 成 金 の 動 向 1 キーワードは 震 災 対 策 成 長 分 野 への 補 助 高 齢 化 と 少 子 化 の 進 展 によって このままでは 就 業 者 人 口 が 大 幅 に 減 少 していくことが 予 想 されています このような 状 況 の 中 で 就 森 田 務 公 認 会 計 士 事 務 所 第 95 号 平 成 24 年 度 助 成 金 の 活 用 ポイントを 徹 底 解 説 最 新 助 成 金 の 活 用 法 1 平 成 24 年 度 における 助 成 金 の 動 向 2 求 職 者 支 援 制 度 に 関 する 助 成 金 5 3 4 成 長 分 野 に 関 する 助 成 金 新 規 採 用 に 関 する 助 成 金 正 職 員 登 用

More information

はじめに この 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き は 一 般 社 団 法 人 日 本 派 遣 協 会 が 受 託 した 平 成 26 年 度 及 び 平 成 27 年 度 の 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 に 基 づいて 作 成 されたもの です この 手 引 き

はじめに この 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き は 一 般 社 団 法 人 日 本 派 遣 協 会 が 受 託 した 平 成 26 年 度 及 び 平 成 27 年 度 の 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 に 基 づいて 作 成 されたもの です この 手 引 き 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き 一 般 社 団 法 人 日 本 人 材 派 遣 協 会 平 成 27 年 10 月 はじめに この 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き は 一 般 社 団 法 人 日 本 派 遣 協 会 が 受 託 した 平 成 26 年 度 及 び 平 成 27 年

More information

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲 ( 事 業 主 の 方 へ) このパンフレットの 内 容 は 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 のものです 平 成 28 年 度 雇 用 関 係 助 成 金 のご 案 内 ( 簡 略 版 ) 平 成 28 年 度 の 雇 用 関 係 の 助 成 金 についてご 紹 介 します 雇 用 の 安 定 職 場 環 境 の 改 善 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 従 業 員 の 能 力 向

More information

Microsoft Word - 文書 3

Microsoft Word - 文書 3 2 事 業 所 調 査 (1) 教 育 訓 練 の 実 施 状 況 1OFF-JTの 実 施 状 況 ( 図 11) 平 成 17 年 度 に 正 社 員 に 対 して OFF-JTを 実 施 した 事 業 所 は72.2%であった 業 種 別 にみると 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 89.4% 医 療, 福 祉 84.9% 金 融 保 険 業 84.4%が 高 い 一 方 教 育, 学 習

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画 平 成 2 6 年 度 新 宿 区 の 人 事 行 政 の 運 営 状 況 平 成 27 年 11 月 新 宿 区 目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正

More information

( 目 次 ) 助 成 金 名 称 概 要 取 扱 機 関 トライアル 雇 用 1 試 行 雇 用 奨 励 金 2 雇 用 支 援 制 度 導 入 奨 励 金 フリーター 中 高 齢 者 母 子 家 庭 の 母 障 害 者 を 職 安 の 紹 介 により 試 行 的 に 雇 い 入 れた 時 トライ

( 目 次 ) 助 成 金 名 称 概 要 取 扱 機 関 トライアル 雇 用 1 試 行 雇 用 奨 励 金 2 雇 用 支 援 制 度 導 入 奨 励 金 フリーター 中 高 齢 者 母 子 家 庭 の 母 障 害 者 を 職 安 の 紹 介 により 試 行 的 に 雇 い 入 れた 時 トライ 公 的 助 成 金 活 用 のガイドブック 国 からの 助 成 金 を 受 けたことがありますか? ここにご 紹 介 する 助 成 金 は 企 業 を 支 援 するために 国 が 用 意 しているもの で ある 一 定 の 条 件 を 満 たせば 必 ず 受 給 できる 返 済 不 要 のお 金 です この 助 成 金 の 原 資 は みなさんが 支 払 っている 雇 用 保 険 が 財 源 になって

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

特定事業主行動計画(案)

特定事業主行動計画(案) 職 員 も 職 員 も ともに いきいきと 活 躍 できる 県 庁 を 目 指 して 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 方 針 ( の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 滋 賀 県 知 事 滋 賀 県 議 会 議 長 滋 賀 県 代 表 監 査 委 員 滋 賀 県 人 事 委

More information

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間 山 梨 県 職 員 子 育 て 支 援 プログラム Ⅰ 総 論 1 はじめに 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 にかんがみ 次 世 代 育 成 支 援 対 策 を 迅 速 かつ 重 点 的 に 推 進 し もって 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 することを 目 的 とした 次 世 代 育

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

雇用の安定のために(詳細版) 表紙 アウト

雇用の安定のために(詳細版) 表紙 アウト ~パンフレットのご 利 用 に 当 たって~ このパンフレットは 雇 用 関 係 各 種 給 付 金 のうち 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 の 事 業 主 の 方 に 対 して 支 給 されるものをまとめたものです なお 印 のついている 給 付 金 は 全 額 事 業 主 負 担 である 雇 用 保 険 二 事 業 で 行 われています ( 一 部 一 般 会 計 から 支 出 されます )

More information

~ パ ン フ レ ッ ト の ご 利 用 に 当 たっ て ~ このパンフレットは 雇 用 関 係 各 種 給 付 金 のうち 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 の 事 業 主 の 方 に 対 して 支 給 されるものをまとめたものです なお 印 のついている 給 付 金 は 全 額 事 業 主

~ パ ン フ レ ッ ト の ご 利 用 に 当 たっ て ~ このパンフレットは 雇 用 関 係 各 種 給 付 金 のうち 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 の 事 業 主 の 方 に 対 して 支 給 されるものをまとめたものです なお 印 のついている 給 付 金 は 全 額 事 業 主 ~ パ ン フ レ ッ ト の ご 利 用 に 当 たっ て ~ このパンフレットは 雇 用 関 係 各 種 給 付 金 のうち 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 の 事 業 主 の 方 に 対 して 支 給 されるものをまとめたものです なお 印 のついている 給 付 金 は 全 額 事 業 主 負 担 である 雇 用 保 険 二 事 業 で 行 われています ( 一 部 一 般 会 計 から

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

雇用の安定のために(詳細版) 表紙

雇用の安定のために(詳細版) 表紙 ~パンフレットのご 利 用 に 当 たって~ このパンフレットは 雇 用 関 係 各 種 給 付 金 のうち 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 の 事 業 主 の 方 に 対 して 支 給 されるものをまとめたものです なお 印 のついている 給 付 金 は 全 額 事 業 主 負 担 である 雇 用 保 険 二 事 業 で 行 われています ( 一 部 一 般 会 計 から 支 出 されます )

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル (3) ステップ3: 職 場 マネジメントとしての 策 定 制 度 対 象 者 の 希 望 を 踏 まえ 円 滑 な 復 帰 を 支 援 するために そして 制 度 対 象 者 の 業 務 の 状 況 を 確 認 しましょう 状 況 次 第 では 産 休 育 休 までの 期 間 に 何 らかの 取 組 を 行 う 必 要 があります また 作 成 するプランを 確 実 に 運 用 していくためにも

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

政 策 の 実 施 状 況 の 分 析 1については 人 事 評 価 は 人 事 管 理 の 基 礎 となるものであることから 人 事 評 価 制 度 が 円 滑 かつ 的 確 に 行 われるよう 制 度 の 周 知 及 び 習 熟 を 図 ることが 必 要 そのため 評 価 者 講 座 を 実 施

政 策 の 実 施 状 況 の 分 析 1については 人 事 評 価 は 人 事 管 理 の 基 礎 となるものであることから 人 事 評 価 制 度 が 円 滑 かつ 的 確 に 行 われるよう 制 度 の 周 知 及 び 習 熟 を 図 ることが 必 要 そのため 評 価 者 講 座 を 実 施 平 成 22 年 度 主 要 な 政 策 に 係 る 評 価 書 要 旨 政 策 名 基 本 目 標 政 策 の 概 要 指 標 等 の 状 況 政 策 の 実 施 状 況 とその 分 析 及 び 総 括 的 な 評 価 政 策 1 国 家 公 務 員 の 人 事 人 事 恩 給 局 総 務 課 人 事 政 策 課 担 当 部 局 課 室 名 管 理 の 推 進 公 務 員 高 齢 対 策 課 参

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が 飯 島 賢 二 の 恐 縮 ですが 一 言 コラム 第 317 回 ワークシェアリングの 可 能 性 短 時 間 正 社 員 制 度 2009.6.21 昨 今 の 経 済 状 況 と 就 業 意 識 の 多 様 化 を 背 景 に 従 来 の 正 社 員 パート アルバイトという 終 業 型 以 外 に 色 々な 就 業 パターンが 登 場 している まず 小 生 なりに 従 来 の 就 業 パターンの

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

また 女 性 活 躍 推 進 法 ( 平 成 27 年 法 律 第 64 号 ) 第 4 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 27 年 12 月 25 日 閣 議 決 定 ) 及 び 国 家 公 務 員 の 女 性 活 躍 とワークライフバラン ス 推 進 のための 取 組 指

また 女 性 活 躍 推 進 法 ( 平 成 27 年 法 律 第 64 号 ) 第 4 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 27 年 12 月 25 日 閣 議 決 定 ) 及 び 国 家 公 務 員 の 女 性 活 躍 とワークライフバラン ス 推 進 のための 取 組 指 防 衛 省 における 女 性 職 員 活 躍 とワークライフバランス 推 進 のための 取 組 計 画 平 成 2 7 年 1 月 2 8 日 防 衛 省 女 性 職 員 活 躍 ワークライフハ ランス 推 進 本 部 決 定 一 部 改 正 平 成 28 年 3 月 15 日 第 1 基 本 的 考 え 方 (1) 男 性 と 女 性 が 互 いにその 人 権 を 尊 重 し 喜 びや 責 任 を

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

Microsoft Word - 00 表紙.doc

Microsoft Word - 00 表紙.doc 杉 並 区 職 員 白 書 2015 平 成 27 年 9 月 杉 並 区 職 員 白 書 2015の 発 行 にあたって 杉 並 区 では 職 員 の 現 状 を 区 民 の 皆 様 だけでなく 職 員 自 身 にも 知 ってもらうことを 目 的 に 平 成 13 年 から 職 員 白 書 を 発 行 してきました また 平 成 16 年 に 地 方 公 務 員 法 が 改 正 され 人 事 行

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人 資 料 1 平 成 26 年 10 月 21 日 1 背 景 1 2 女 性 の 活 躍 促 進 の 課 題 3 3 女 性 の 活 躍 支 援 のための 施 策 展 開 3 4 ネットワークの 構 築 4 5 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の 今 後 の 取 組 方 向 5 参 考 資 料 北 海 道 らしい 女 性 の 元 気 応 援 ネット 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

なければ 来 ないと 足 元 を 見 られているというところがあり 極 力 このような 点 も 近 隣 の 団 体 をよく 見 て 厳 しめに 設 定 をすること 病 院 の 規 模 について この 医 療 圏 の 中 で 必 要 とされる 今 後 の 病 床 数 と 現 在 の 稼 働 病 床 数

なければ 来 ないと 足 元 を 見 られているというところがあり 極 力 このような 点 も 近 隣 の 団 体 をよく 見 て 厳 しめに 設 定 をすること 病 院 の 規 模 について この 医 療 圏 の 中 で 必 要 とされる 今 後 の 病 床 数 と 現 在 の 稼 働 病 床 数 財 政 運 営 方 針 等 に 関 するヒアリング 指 摘 事 項 1 日 時 平 成 27 年 8 月 10 日 ( 月 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 午 後 4 時 45 分 2 場 所 銚 子 市 役 所 3 出 席 者 ( 県 ) 市 町 村 課 : 関 口 課 長 飯 田 副 課 長 ( 行 政 班 ) 石 田 班 長 山 根 副 主 査 東 柳 主 事 ( 財 政 班 ) 林 班

More information

様 式 第 11 号 ( 第 1 面 ) ( 日 本 工 業 規 格 A 列 4) 労 働 者 派 遣 事 業 報 告 書 ( 年 度 報 告 ) 厚 生 労 働 大 臣 殿 年 月 日 提 出 者 印 4 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 23 条 第 1 項 の 規 定 により

More information

05 第1部2数値目標達成及び中間年評価

05  第1部2数値目標達成及び中間年評価 2 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )の 数 値 目 標 達 成 状 況 と 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )では 男 女 が 性 別 にかかわらず 一 人 ひとりの 考 え 方 や 生 き 方 が 尊 重 される 社 会 あらゆる 分 野 への 参 画 の 機 会 が 保 障 され その 個 性 と 能 力 を 十 分 に

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情 平 成 21 年 中 小 企 業 賃 金 退 職 金 等 実 態 調 査 結 果 の 概 要 静 岡 県 産 業 部 就 業 支 援 局 労 働 政 策 室 1 調 査 目 的 本 調 査 は 県 内 の 主 要 産 業 に 属 する 中 小 企 業 の 賃 金 退 職 金 等 の 実 態 を 明 らかにすることにより 中 小 企 業 の 賃 金 労 務 改 善 に 役 立 てるとともに 労 働 行

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

多様な働き⽅の実現に向けた働き⽅改⾰の取組について

多様な働き⽅の実現に向けた働き⽅改⾰の取組について RIETI 政 策 シンポジウム 正 社 員 改 革 と 多 様 な 働 き 方 実 現 を 目 指 して プレゼンテーション 資 料 小 林 浩 史 経 済 産 業 省 経 済 産 業 政 策 局 産 業 人 材 政 策 担 当 参 事 官 室 長 2015 年 7 月 2 日 独 立 行 政 法 人 経 済 産 業 研 究 所 (RIETI) http://www.rieti.go.jp/jp/index.html

More information

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ 資 料 提 供 平 成 26 年 9 月 29 日 ( 公 財 ) 介 護 労 働 安 定 センター 業 務 部 雇 用 管 理 課 あまがい 雨 谷 横 田 佐 藤 TEL:03-5901-3041( 代 表 ) 050-3535-9460 9463 9426( 直 通 ) 平 成 25 年 度 介 護 労 働 実 態 調 査 結 果 ( 特 別 調 査 )について ~ 新 たな 知 見 人 材

More information

目 次 はじめに... - 1 - 第 1 章 男 性 の 育 児 休 業 取 得 の 必 要 性 について... - 1 - 第 1 節 女 性 の 就 業 状 況... - 1 - 第 2 節 女 性 活 躍 推 進 法 の 成 立... - 2 - 第 3 節 男 性 の 育 児 参 加 の

目 次 はじめに... - 1 - 第 1 章 男 性 の 育 児 休 業 取 得 の 必 要 性 について... - 1 - 第 1 節 女 性 の 就 業 状 況... - 1 - 第 2 節 女 性 活 躍 推 進 法 の 成 立... - 2 - 第 3 節 男 性 の 育 児 参 加 の 目 次 はじめに... - 1 - 第 1 章 男 性 の 育 児 休 業 取 得 の 必 要 性 について... - 1 - 第 1 節 女 性 の 就 業 状 況... - 1 - 第 2 節 女 性 活 躍 推 進 法 の 成 立... - 2 - 第 3 節 男 性 の 育 児 参 加 の 意 義... - 3 - 第 2 章 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 法 の 概 要... -

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

震 災 に 伴 う 人 事 労 務 管 理 上 の 諸 問 題 峰 隆 之 / 著 労 働 開 発 研 究 会 2011.7 336.4 1000800659757 新 しい 人 事 労 務 管 理 佐 藤 博 樹 / 著 有 斐 閣 2011.11 336.4 1000800701953 クロスオ

震 災 に 伴 う 人 事 労 務 管 理 上 の 諸 問 題 峰 隆 之 / 著 労 働 開 発 研 究 会 2011.7 336.4 1000800659757 新 しい 人 事 労 務 管 理 佐 藤 博 樹 / 著 有 斐 閣 2011.11 336.4 1000800701953 クロスオ 人 事 労 務 の 仕 事 展 示 資 料 リスト 労 働 法 改 正 に 関 する 資 料 Q&A 管 理 職 のための 労 働 法 の 使 い 方 浅 井 隆 / 著 日 本 経 済 新 聞 出 版 社 2013.3 336.4 1000800913123 雇 用 延 長 制 度 のしくみと 導 入 の 実 務 布 施 直 春 / 著 日 本 実 業 出 版 社 2012.11 336.42 1000800857931

More information

平 成 22 年 度 女 性 雇 用 環 境 調 査 結 果 報 告 書 長 野 県 商 工 労 働 部 目 次 第 1 調 査 の 概 要... 2 第 2 調 査 結 果 の 概 要... 6 1 事 業 所 調 査... 6 (1) 回 答 事 業 所 の 属 性... 6 (2) 雇 用 管 理 について... 7 ア 新 規 学 卒 者 及 び 中 途 採 用 者 の 採 用 状 況...

More information

平成20年3月24日

平成20年3月24日 平 成 28 年 3 月 24 日 本 件 は 次 のとおり 取 り 扱 ってください 解 禁 日 新 聞 3 月 31 日 ( 木 ) 朝 刊 テレビ 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 ラジオ 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 インターネット 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 平 成 28 年 3 月 24 日 総 務 部 県 職 員 の 人 事 異 動 について( 全 体 概

More information

はじめに 今 治 市 役 所 の 未 来 をつくるために 今 こそ 全 職 員 参 加 で 取 り 組 もう! 平 成 27 年 8 月 に 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 が 成 立 し 女 性 の 活 躍 に 社 会 全 体 で 取 り 組 もうと

はじめに 今 治 市 役 所 の 未 来 をつくるために 今 こそ 全 職 員 参 加 で 取 り 組 もう! 平 成 27 年 8 月 に 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 が 成 立 し 女 性 の 活 躍 に 社 会 全 体 で 取 り 組 もうと すべての 職 員 が 働 きやすい 働 きがいを 感 じる 職 場 風 土 をつくるために 平 成 28 年 3 月 策 定 今 治 市 長 今 治 市 議 会 議 長 今 治 市 教 育 委 員 会 今 治 市 選 挙 管 理 委 員 会 今 治 市 公 平 委 員 会 今 治 市 農 業 委 員 会 今 治 市 代 表 監 査 委 員 今 治 市 消 防 長 はじめに 今 治 市 役 所 の 未

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030325F81798376838C83589770817A914488F58A6D95DB88E790AC8C9F93A289EF8E9197BF5F30333239>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030325F81798376838C83589770817A914488F58A6D95DB88E790AC8C9F93A289EF8E9197BF5F30333239> 船 員 ( 海 技 者 )の 確 保 育 成 に 関 する 検 討 会 報 告 ~ステークホルダー 間 の 真 の 連 携 をめざして~ 平 成 24 年 3 月 27 日 海 事 局 船 員 を 取 り 巻 く 現 状 と 課 題 外 航 日 本 人 船 員 の 現 状 内 航 船 員 の 現 状 安 定 的 な 際 海 上 輸 送 の 確 保 のためには 日 本 船 舶 及 び 日 本 人 船

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

(H25.3HP\214\366\225\\.xls)

(H25.3HP\214\366\225\\.xls) 総 括 の 給 与 定 員 管 理 等 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 年 度 23 20,405 6,70,284 79,68 2,422,689 4.5 5.6 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

R oumu news 会 話 で 学 ぶ 人 事 労 務 管 理 の 勘 どころ 2016.3 重 要 性 が 高 まる 産 業 医 の 役 割 このコーナーでは 人 事 労 務 管 理 で 頻 繁 に 問 題 になるポイントを 社 労 士 とその 顧 問 先 の 総 務 部 長 との 会 話 形

R oumu news 会 話 で 学 ぶ 人 事 労 務 管 理 の 勘 どころ 2016.3 重 要 性 が 高 まる 産 業 医 の 役 割 このコーナーでは 人 事 労 務 管 理 で 頻 繁 に 問 題 になるポイントを 社 労 士 とその 顧 問 先 の 総 務 部 長 との 会 話 形 TOTAL MANAGEMENT SERVICE 今 年 も 年 度 末 を 迎 えます 会 社 では 異 動 など 動 きの 多 い 時 期 ですが 皆 様 然 るべき 手 続 きはお 済 みでしょうか? 掲 載 内 容 に 関 してご 不 明 点 等 あれば お 気 軽 に 当 事 務 所 までお 問 い 合 わせく ださい 3 2016 清 須 市 新 清 洲 3 丁 目 2 番 地 32 TEL:052-400-8709/FAX:052-400-87

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

学校の業務改善に係る取組について

学校の業務改善に係る取組について 業 務 改 善 協 力 校 における 取 組 別 紙 1 県 内 7 校 の 業 務 改 善 協 力 校 では, 各 協 力 校 の 現 状 及 び 課 題 等 に 応 じた 改 善 策 の 試 験 的 な 実 施 等 が 進 められています 次 に 例 示 している 改 善 策 等 は, 各 協 力 校 が 現 在 改 善 に 向 けて 取 り 組 んでいるもの 等 をピックアップ していますので,

More information