Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課

2

3 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 準 備 委 員 会 4 3 書 類 作 成 上 の 注 意 点 5 4 社 会 福 祉 法 人 認 可 等 検 討 委 員 会 提 出 書 類 ( 各 1 部 ) 6 5 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 時 提 出 書 類 ( 各 2 部 ) 8 第 3 提 出 書 類 様 式 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要 書 11 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書 ( 様 式 1) 20 3 定 款 例 22 4 財 産 目 録 例 28 5 贈 与 契 約 書 例 29 6 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 例 31 7 土 地 の 無 償 貸 与 確 約 書 例 32 8 地 上 権 設 定 契 約 書 例 33 9 地 上 権 設 定 登 記 誓 約 書 例 土 地 賃 貸 借 契 約 書 例 賃 借 権 登 記 誓 約 書 例 事 業 計 画 書 ( 特 別 養 護 老 人 ホーム) 例 事 業 計 画 書 ( 保 育 園 ) 例 資 金 収 支 予 算 内 訳 書 例 設 立 者 役 員 一 覧 表 履 歴 書 例 欠 格 事 項 に 該 当 しないことの 申 述 書 委 任 状 ( 設 立 代 表 者 が 設 立 に 関 する 一 切 の 権 限 を 有 する 場 合 ) 委 任 状 ( 設 立 代 表 者 が 贈 与 契 約 等 の 当 事 者 となる 場 合 ) 委 任 状 ( 設 立 代 表 者 以 外 のものに 贈 与 契 約 等 に 係 る 権 限 を 委 任 する 場 合 ) 役 員 就 任 承 諾 書 評 議 員 一 覧 表 建 設 計 画 書 償 還 計 画 書 償 還 金 贈 与 契 約 書 例 施 設 長 就 任 承 諾 書 基 本 財 産 編 入 誓 約 書 59

4 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 社 会 福 祉 法 人 の 設 立 認 可 を 行 う 際 の 審 査 基 準 等 については 社 会 福 祉 法 人 の 認 可 につい て ( 平 成 12 年 12 月 1 日 厚 生 省 社 会 援 護 局 長 ほか 連 名 通 知 ) 等 に 示 されています その 概 要 は 次 のとおりです 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 社 会 福 祉 法 人 が 行 う 事 業 は 社 会 福 祉 法 ( 以 下 法 という )の 規 定 に 基 づき 社 会 福 祉 事 業 公 益 事 業 及 び 収 益 事 業 に 分 けられます 社 会 福 祉 事 業 が 法 人 の 事 業 のうち 主 たる 地 位 を 占 めることが 求 められます 2 法 人 の 資 産 (1) 社 会 福 祉 事 業 を 行 うために 直 接 必 要 なすべての 物 件 について 所 有 権 を 有 していること が 必 要 とされています これにより 難 い 場 合 は 国 若 しくは 地 方 公 共 団 体 から 貸 与 若 し くは 使 用 許 可 を 受 けていることが 必 要 です (2) 都 市 部 等 土 地 の 取 得 が 極 めて 困 難 な 地 域 においては 不 動 産 の 一 部 ( 社 会 福 祉 施 設 を 経 営 する 法 人 の 場 合 は 土 地 )に 限 り 国 若 しくは 地 方 公 共 団 体 以 外 の 者 から 貸 与 を 受 けていることとして 差 し 支 えないとされています この 場 合 には 事 業 の 存 続 に 必 要 な 期 間 の 地 上 権 又 は 賃 借 権 を 設 定 し これを 登 記 しなければなりません 特 別 養 護 老 人 ホームを 設 置 する 場 合 等 は 特 例 があり 具 体 的 に 資 産 要 件 の 緩 和 通 知 が 出 されています (3) 社 会 福 祉 施 設 を 運 営 する 法 人 は すべての 施 設 についてその 施 設 の 用 に 供 する 不 動 産 は 基 本 財 産 としなければなりません 国 又 は 地 方 公 共 団 体 から 貸 与 又 は 使 用 許 可 を 受 けている 場 合 は 1000 万 円 以 上 に 相 当 する 資 産 ( 現 金 預 金 確 実 な 有 価 証 券 又 は 不 動 産 に 限 る )を 基 本 財 産 として 有 している 必 要 があります (4) 社 会 福 祉 施 設 を 経 営 しない 法 人 は 原 則 として1 億 円 以 上 の 資 産 を 基 本 財 産 として 有 していなければなりません ただし 委 託 費 等 で 事 業 継 続 に 必 要 な 収 入 が 安 定 的 に 見 込 める 場 合 は 法 人 の 安 定 的 運 営 が 図 られるものとして 所 轄 庁 が 認 める 額 の 資 産 とすることができます (5) 基 本 財 産 公 益 事 業 用 財 産 及 び 収 益 事 業 用 財 産 以 外 の 財 産 は すべて 運 用 財 産 になり ます 運 用 財 産 の 処 分 等 に 特 段 の 制 限 はありませんが 社 会 福 祉 事 業 に 影 響 を 及 ぼすような ものは みだりに 処 分 しないよう 留 意 してください (6) 運 用 財 産 として 年 間 事 業 費 の12 分 の1 以 上 に 相 当 する 額 の 運 転 資 金 建 設 等 自 己 資 金 法 人 事 務 費 を 現 金 預 金 等 で 準 備 する 必 要 があります 介 護 保 険 法 及 び 障 害 者 自 立 支 援 法 に 係 る 事 業 を 主 として 行 う 法 人 の 場 合 は12 分 の2 以 上 が 望 ましいとしています (7) 法 人 設 立 に 際 して 寄 附 が 予 定 されている 場 合 には 書 面 による 贈 与 契 約 が 締 結 され 寄 附 者 の 所 得 能 力 営 業 実 績 資 産 状 況 等 から その 寄 附 が 確 実 に 行 われることが 証 明 されなければなりません (8) 借 入 金 に 対 する 償 還 財 源 不 動 産 の 賃 貸 料 その 他 の 経 費 について 寄 附 金 による 支 払 いが 予 定 されている 場 合 年 間 の 寄 附 額 を 年 間 所 得 から 控 除 した 後 の 所 得 額 が 社 会 通 念 上 その 者 の 生 活 を 維 持 できる 額 を 上 回 っていなければなりません - 1 -

5 3 法 人 の 組 織 運 営 (1) 理 事 ア 理 事 の 定 数 は6 名 以 上 であること イ 各 理 事 と 親 族 その 他 特 殊 の 関 係 がある 者 が 制 限 数 を 超 えないこと 理 事 定 数 親 族 数 等 6~9 人 1 人 10~12 人 2 人 13 人 ~ 3 人 ウ 施 設 整 備 又 は 運 営 に 関 連 する 業 務 を 行 う 者 が 理 事 総 数 の3 分 の1を 超 えないこと エ 社 会 福 祉 事 業 の 学 識 経 験 者 又 は 地 域 の 福 祉 関 係 者 を 加 えること オ 社 会 福 祉 施 設 を 経 営 する 法 人 は 施 設 長 等 を 理 事 として 加 えること ただし 評 議 員 会 を 設 置 しない 法 人 にあっては 施 設 長 等 施 設 の 職 員 である 理 事 が 理 事 総 数 の3 分 の1を 超 えないこと カ 同 種 又 は 類 似 の 社 会 福 祉 事 業 について 知 識 経 験 を 有 する 者 が 参 加 していること ( 市 基 準 ) キ 理 事 総 数 の2 分 の1 以 上 は 市 内 に 住 所 を 有 すること ( 市 基 準 ) (2) 監 事 ア 監 事 の 定 数 は2 名 以 上 であること イ 1 人 は 財 務 諸 表 等 を 監 査 し 得 る 者 であること ウ 1 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 学 識 経 験 者 又 は 地 域 の 福 祉 関 係 者 であること エ 他 の 役 員 と 親 族 等 の 特 殊 の 関 係 にある 者 であってはならないこと オ 施 設 整 備 又 は 運 営 に 関 連 する 業 務 を 行 う 者 であってはならないこと キ 1 人 は 県 内 に 住 所 を 有 すること( 市 基 準 ) (3) 評 議 員 会 ア 措 置 施 設 保 育 所 又 は 介 護 保 険 事 業 のみを 経 営 する 法 人 以 外 は 評 議 員 会 を 置 くこと イ 評 議 員 の 定 数 は 理 事 定 数 の2 倍 を 超 える 数 とすること ウ 各 評 議 員 と 親 族 その 他 特 殊 の 関 係 がある 者 が 制 限 数 ( 理 事 と 同 様 )を 超 えないこと エ 施 設 整 備 又 は 運 営 に 関 連 する 業 務 を 行 う 者 が 評 議 員 総 数 の3 分 の1を 超 えないこと オ 地 域 の 代 表 を 加 えること また 利 用 者 の 家 族 の 代 表 が 加 わることが 望 ましいこと - 2 -

6 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 年 度 月 法 人 設 立 関 係 事 務 法 人 設 立 予 定 前 々 年 法 人 設 立 予 定 前 年 法 人 設 立 予 定 年 法 人 設 立 予 定 年 翌 年 翌 々 年 設 立 準 備 ( 市 と 協 議 ) 施 設 建 設 準 備 ( 市 と 協 議 ) 7 設 立 準 備 委 員 会 の 発 足 施 設 建 設 運 営 計 画 の 作 成 8 法 人 設 立 計 画 建 設 予 定 地 の 調 査 9 事 業 計 画 開 発 許 可 農 地 転 用 等 の 調 整 10 設 立 時 の 役 員 の 選 任 建 物 の 基 本 構 想 11 資 金 計 画 の 作 成 12 建 設 資 金 1 運 営 資 金 2 地 元 機 関 住 民 との 調 整 市 県 への 事 前 相 談 協 議 6 7 委 員 会 提 出 書 類 の 作 成 県 への 協 議 書 提 出 8 9 委 員 会 提 出 書 類 の 提 出 審 査 会 提 出 書 類 の 提 出 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 社 会 福 祉 法 人 認 可 等 検 討 委 員 会 ( 秦 野 市 ) 社 会 福 祉 法 人 社 会 福 祉 施 設 等 審 査 会 ( 県 ) 4 県 補 助 金 交 付 申 請 5 県 補 助 金 交 付 決 定 ( 初 年 度 分 ) 6 福 祉 医 療 機 構 借 入 申 請 7 福 祉 医 療 機 構 貸 付 内 定 8 認 可 申 請 提 出 書 類 の 提 出 競 争 入 札 9 法 人 認 可 設 立 登 記 財 産 移 転 完 了 報 告 工 事 請 負 契 約 12 理 事 会 1 2 中 間 検 査 事 業 実 績 報 告 3 予 算 理 事 会 県 補 助 金 確 定 4 5 決 算 理 事 会 県 補 助 金 受 入 ( 初 年 度 分 ) 6 現 況 報 告 書 提 出 7 県 補 助 金 交 付 申 請 ( 次 年 度 分 ) 8 県 補 助 金 交 付 決 定 ( 次 年 度 分 ) 9 10 補 正 予 算 理 事 会 完 成 検 査 事 業 実 績 報 告 2 県 補 助 金 確 定 3 予 算 理 事 会 施 設 認 可 申 請 ( 施 設 設 置 届 ) 施 設 開 所 4 5 決 算 理 事 会 県 補 助 金 受 入 ( 次 年 度 分 ) 6 現 況 報 告 書 提 出 7 施 設 建 設 関 係 事 務 ( 老 人 福 祉 施 設 の 例 ) 2か 年 度 工 事 * 上 記 日 程 は 例 であり 実 際 の 手 続 きは 所 管 行 政 庁 に 確 認 をしてください - 3 -

7 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 準 備 委 員 会 (1) 設 立 準 備 委 員 会 の 発 足 ア 設 立 者 ( 準 備 委 員 となる 者 = 通 常 は 理 事 予 定 者 )2 名 以 上 が 集 まり 次 の 議 案 を 審 議 します 設 立 準 備 委 員 会 趣 意 書 ( 事 業 計 画 = 施 設 建 設 及 び 運 営 計 画 の 概 要 を 含 む ) 設 立 準 備 委 員 会 規 約 設 立 準 備 委 員 の 選 任 設 立 代 表 者 ( 通 常 は 理 事 長 予 定 者 )の 選 任 設 立 代 表 者 特 別 代 理 人 の 選 任 設 立 準 備 委 員 会 会 計 責 任 者 の 選 任 設 立 準 備 委 員 会 収 支 計 算 書 ( 寄 附 者 の 指 定 を 含 む ) イ 審 議 後 議 事 録 を 作 成 し 発 起 人 の 署 名 押 印 を 行 います (2) 設 立 準 備 委 員 会 の 活 動 ア 行 政 庁 ( 県 市 町 村 )との 折 衝 イ 設 計 業 者 等 との 折 衝 ウ 定 款 等 法 人 設 立 関 係 書 類 の 作 成 エ 必 要 に 応 じ 準 備 委 員 会 を 開 催 ( 議 事 録 を 作 成 し 予 め 選 任 された 議 事 録 署 名 人 の 署 名 押 印 を 行 います ) (3) 社 会 福 祉 法 人 設 立 総 会 の 開 催 ア 設 立 準 備 委 員 会 全 員 によって 次 の 法 人 設 立 関 係 書 類 の 審 議 を 行 います 法 人 の 設 立 趣 意 法 人 の 定 款 法 人 設 立 時 の 役 員 の 選 任 施 設 長 の 選 任 事 業 開 始 年 度 次 年 度 の 事 業 計 画 書 及 び 収 支 予 算 書 施 設 建 設 計 画 イ 審 議 後 議 事 録 を 作 成 し 準 備 委 員 の 署 名 押 印 を 行 います (4) 社 会 福 祉 法 人 設 立 に 必 要 な 提 出 書 類 ア 社 会 福 祉 法 人 認 可 等 検 討 委 員 会 提 出 書 類 定 款 財 産 目 録 設 立 当 初 の 事 業 計 画 書 及 び 予 算 書 設 立 者 並 びに 役 員 の 履 歴 書 印 鑑 登 録 証 明 書 等 施 設 建 設 関 係 書 類 他 イ 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 時 提 出 書 類 申 請 書 定 款 財 産 目 録 設 立 当 初 の 事 業 計 画 書 及 び 予 算 書 設 立 代 表 者 並 びに 役 員 の 履 歴 書 印 鑑 登 録 証 明 書 等 施 設 建 設 関 係 書 類 他 - 4 -

8 3 書 類 作 成 上 の 注 意 点 (1) 提 出 が 必 要 な 書 類 は 4 社 会 福 祉 法 人 認 可 等 検 討 委 員 会 提 出 書 類 5 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 時 提 出 書 類 のとおりです この 他 に 計 画 の 裏 付 けとなる 書 類 の 提 出 をお 願 いすることや 他 の 手 段 により 状 況 を 確 認 できる 事 項 について 書 類 の 提 出 を 不 要 とすることがあります (2) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 際 は 正 本 と 副 本 として 2 部 提 出 してください 正 本 は 市 で 保 管 します 副 本 は 認 可 書 としてお 返 しするものです また と 記 載 のあるものについては を 取 得 したうえで 提 出 してください その 際 を 正 本 に 添 付 し 副 本 については の 写 しを 提 出 していただくことも 可 能 です の 写 しについては 証 明 をしたうえで 提 出 してください 証 明 とは をコピーしたものの 余 白 に と 相 違 ない 旨 の 証 明 を 行 うこ とです コピーの 余 白 に 次 のように 記 載 して 実 印 で 押 印 してください ( 証 明 の 例 ) この 写 しは と 相 違 ないことを 証 明 します 平 成 年 月 日 ( 仮 称 ) 社 会 福 祉 法 人 会 設 立 代 表 者 印 ( 代 表 者 個 人 の 実 印 による 押 印 ) (3) は 発 行 日 から3か 月 以 内 のものを 提 出 してください 申 請 日 を 基 準 としますので 社 会 福 祉 法 人 認 可 等 検 討 委 員 会 に 提 出 する 際 は 委 員 会 の 開 催 時 期 について 確 認 してください (4) 履 歴 書 には その 役 職 に 必 要 な 要 件 等 を 満 たしていることがわかるように 資 格 職 歴 福 祉 活 動 歴 及 び 現 在 の 職 業 役 職 等 を 明 記 し 末 尾 には 上 記 のとおり 相 違 ありません と 記 載 した 上 で 御 本 人 による 署 名 及 び 捺 印 を 行 ってください (5) 不 動 産 の 登 記 事 項 証 明 書 は 乙 区 などを 含 む 全 部 事 項 証 明 書 を 提 出 してください (6) 各 種 契 約 書 について 設 立 者 は ( 仮 称 ) 社 会 福 祉 法 人 会 設 立 代 表 者 ( 一 部 の 書 類 は 設 立 代 表 者 代 理 人 )と 表 記 し 両 当 事 者 とも 実 印 代 表 者 印 ( 印 鑑 登 録 した 印 章 )で 押 印 してください (7) 設 立 者 及 び 設 立 当 初 の 役 員 に 関 する 就 任 承 諾 書 委 任 状 及 び 申 述 書 は 住 所 氏 名 を 一 字 一 句 すべて 印 鑑 登 録 証 明 書 記 載 のとおり 記 入 し 実 印 で 押 印 してください (8) 不 動 産 の 所 在 地 等 は 1 筆 1 棟 ごととし 登 記 事 項 証 明 書 の 表 記 と 一 致 するように 正 確 に 記 載 してください (9) 履 歴 書 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 について 例 えば 贈 与 者 が 設 立 当 初 の 役 員 にな る 場 合 など 同 じ 書 類 を 提 出 することになるときには 一 方 のみの 提 出 で 結 構 です - 5 -

9 4 社 会 福 祉 法 人 認 可 等 検 討 委 員 会 提 出 書 類 ( 各 1 部 ) 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要 写 11 2 定 款 ( 案 ) 写 22 3 設 立 当 初 の 財 産 目 録 写 28 様 式 頁 1 土 地 建 物 等 の 贈 与 契 約 書 証 明 29 2 個 人 贈 か 与 ら の 名 贈 与 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 称 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない ことの 証 明 書 法 人 代 表 者 の 身 分 証 明 書 4 土 地 建 物 関 係 贈 与 の 場 合 購 入 の 場 合 3 法 人 印 鑑 登 録 証 明 書 等 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない か ことの 証 明 書 ら 4 の 法 人 等 の 規 則 定 款 等 写 贈 5 与 法 人 等 の 登 記 事 項 証 明 書 6 法 人 等 からの 贈 与 を 議 決 した 議 事 録 証 明 7 法 人 等 の 決 算 書 写 8 土 地 建 物 の 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 9 建 物 の 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 写 10 土 地 建 物 の 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 証 明 農 地 転 用 許 可 書 届 出 受 理 書 証 明 1 土 地 建 物 の 見 積 書 又 は 売 買 確 約 書 証 明 2 3 土 地 建 物 の 売 主 の 印 鑑 登 録 証 明 書 個 場 人 合 の 売 主 購 入 資 金 贈 与 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない ことの 証 明 書 売 法 人 代 表 者 の 身 分 証 明 書 4 主 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない 法 購 ことの 証 明 書 人 入 5 の 資 法 人 等 の 規 則 定 款 等 写 6 場 金 法 人 の 履 歴 事 項 全 部 証 明 書 合 贈 7 与 法 人 の 売 却 購 入 資 金 の 贈 与 を 議 決 した 議 事 録 証 明 者 8 が 法 人 等 の 決 算 書 写 - 6 -

10 4 土 地 建 物 関 係 5 6 役 員 関 係 7 施 設 整 備 関 係 8 購 入 の 場 合 借 用 の 場 合 9 土 地 建 物 購 入 資 金 の 贈 与 契 約 書 証 明 購 入 資 金 贈 与 者 の 預 金 残 高 証 明 書 通 帳 の 写 ( 表 紙 及 び 残 高 のページの 写 ) 写 11 土 地 建 物 の 登 記 事 項 証 明 書 12 建 物 の 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 写 13 土 地 建 物 の 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 証 明 農 地 転 用 許 可 書 届 出 受 理 書 証 明 1 土 地 建 物 の 賃 貸 借 契 約 書 又 は 確 約 書 証 明 35 2 土 地 の 無 償 貸 与 確 約 書 又 は 確 約 書 証 明 32 3 権 利 ( 地 上 権 賃 借 権 ) 設 定 契 約 書 又 は 誓 約 書 証 明 33 4 地 地 代 贈 与 契 約 書 証 明 29 5 代 贈 与 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 が 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない 6 贈 与 ことの 証 明 書 7 さ 土 地 建 物 の 所 有 者 の 身 分 証 明 書 及 び 印 鑑 登 録 証 れ 明 書 る 8 場 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない 合 ことの 証 明 書 9 土 地 建 物 の 登 記 事 項 証 明 書 10 建 物 の 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 写 1 事 業 計 画 書 ( 法 人 設 立 年 度 を 含 め3 年 度 分 ) ( 注 1) 写 37 2 収 支 予 算 書 ( 法 人 設 立 年 度 を 含 め3 年 度 分 ) ( 注 1) 写 41 1 設 立 者 役 員 の 履 歴 書 証 明 46 設 立 者 役 員 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 2 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていないことの 証 明 書 欠 格 事 項 に 該 当 しないことの 申 述 書 48 3 設 立 代 表 者 の 権 限 を 証 する 委 任 状 ( 特 別 代 理 人 を 含 む) 証 明 49 4 役 員 就 任 承 諾 書 証 明 52 1 建 設 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 立 面 図 ) 証 明 2 償 還 金 贈 与 契 約 書 証 明 56 3 個 償 還 金 贈 与 者 の 所 得 証 明 書 4 人 償 還 金 贈 与 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 5 贈 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていないことの 与 証 明 書 6 法 人 代 表 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 証 明 書 法 7 人 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていないことの 贈 証 明 書 8 与 法 人 の 規 則 定 款 など 写 9 の 法 人 の 履 歴 事 項 全 部 証 明 書 10 場 法 人 等 で 償 還 財 源 資 金 の 贈 与 を 議 決 した 議 事 録 証 明 合 11 法 人 等 の 決 算 書 写 1 施 設 長 就 任 承 諾 書 証 明 58 2 施 設 長 の 資 格 証 明 書 ( 資 格 要 件 を 証 明 できるもの) 証 明 ( 注 1) 法 人 設 立 年 度 と 事 業 開 始 年 度 が 同 じ 場 合 には その 年 度 分 と 次 年 度 分 の2 年 度 分 を 提 出 してください

11 5 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 時 提 出 書 類 ( 各 2 部 ) 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書 様 式 定 款 ( 案 ) 定 款 準 則 22 3 設 立 当 初 の 財 産 目 録 写 28 様 式 頁 1 土 地 建 物 等 の 贈 与 契 約 書 証 明 29 2 個 人 贈 か 与 ら の 名 贈 与 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 称 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない ことの 証 明 書 法 人 代 表 者 の 身 分 証 明 書 4 土 地 建 物 関 係 贈 与 の 場 合 購 入 の 場 合 3 法 人 印 鑑 登 録 証 明 書 等 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない か ことの 証 明 書 ら 4 の 法 人 等 の 規 則 定 款 等 写 贈 5 与 法 人 等 の 登 記 事 項 証 明 書 6 法 人 等 からの 贈 与 を 議 決 した 議 事 録 証 明 7 法 人 等 の 決 算 書 写 8 土 地 建 物 の 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 9 建 物 の 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 写 10 土 地 の 公 図 証 明 11 土 地 建 物 の 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 証 明 農 地 転 用 許 可 書 届 出 受 理 書 証 明 13 土 地 建 物 の 不 動 産 鑑 定 評 価 証 明 書 証 明 1 土 地 建 物 の 見 積 書 又 は 売 買 確 約 書 証 明 2 3 土 地 建 物 の 売 主 の 印 鑑 登 録 証 明 書 個 場 人 合 の 売 主 購 入 資 金 贈 与 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない ことの 証 明 書 売 法 人 代 表 者 の 身 分 証 明 書 主 4 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない 法 購 ことの 証 明 書 人 入 5 の 資 法 人 等 の 規 則 定 款 等 写 6 場 金 法 人 の 履 歴 事 項 全 部 証 明 書 合 贈 7 与 法 人 の 売 却 購 入 資 金 の 贈 与 を 議 決 した 議 事 録 証 明 者 8 が 法 人 等 の 決 算 書 写 - 8 -

12 9 土 地 建 物 購 入 資 金 の 贈 与 契 約 書 証 明 29 4 土 地 建 物 関 係 5 6 役 員 関 係 購 入 の 場 合 借 用 の 場 合 10 購 入 資 金 贈 与 者 の 預 金 残 高 証 明 書 通 帳 の 写 ( 表 紙 及 び 残 高 のページの 写 ) 写 11 土 地 建 物 の 登 記 事 項 証 明 書 12 建 物 の 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 写 13 土 地 の 公 図 証 明 14 土 地 建 物 の 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 証 明 農 地 転 用 許 可 書 届 出 受 理 書 証 明 16 土 地 建 物 の 不 動 産 鑑 定 評 価 証 明 書 証 明 1 土 地 建 物 の 賃 貸 借 契 約 書 又 は 確 約 書 証 明 35 2 土 地 の 無 償 貸 与 確 約 書 又 は 確 約 書 証 明 32 3 権 利 ( 地 上 権 賃 借 権 ) 設 定 契 約 書 又 は 誓 約 書 証 明 33 4 地 地 代 贈 与 契 約 書 証 明 29 5 代 贈 与 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 が 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない 6 贈 与 ことの 証 明 書 7 さ 土 地 建 物 の 所 有 者 の 身 分 証 明 書 及 び 印 鑑 登 録 証 れ 明 書 る 8 場 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていない 合 ことの 証 明 書 9 土 地 建 物 の 登 記 事 項 証 明 書 10 建 物 の 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 写 11 土 地 の 公 図 証 明 基 本 財 産 編 入 誓 約 書 59 1 事 業 計 画 書 ( 法 人 設 立 年 度 を 含 め3 年 度 分 ) ( 注 1) 写 37 2 収 支 予 算 書 ( 法 人 設 立 年 度 を 含 め3 年 度 分 ) ( 注 1) 写 41 1 設 立 者 役 員 一 覧 表 45 2 設 立 者 役 員 の 履 歴 書 証 明 46 3 設 立 者 役 員 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていないことの 証 明 書 欠 格 事 項 に 該 当 しないことの 申 述 書 48 4 設 立 代 表 者 の 権 限 を 証 する 委 任 状 ( 特 別 代 理 人 を 含 む) 証 明 49 5 役 員 就 任 承 諾 書 証 明 52 6 評 議 員 一 覧 表 証 明

13 1 施 設 建 設 計 画 書 施 設 建 設 見 積 書 証 明 2 建 設 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 立 面 図 ) 証 明 3 設 計 監 理 委 託 契 約 書 証 明 4 設 備 整 備 計 画 書 及 び 見 積 書 証 明 5 建 築 確 認 書 建 築 行 為 等 許 可 申 請 書 証 明 6 借 入 金 融 資 決 定 ( 内 定 ) 通 知 書 ( 融 資 申 込 書 を 含 む) 証 明 7 7 借 入 金 償 還 計 画 書 証 明 55 8 償 還 金 贈 与 契 約 書 証 明 56 施 9 個 償 還 金 贈 与 者 の 所 得 証 明 書 設 10 人 償 還 金 贈 与 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 整 贈 備 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていないことの 11 与 関 証 明 書 係 12 法 人 代 表 者 の 身 分 証 明 書 印 鑑 証 明 書 法 13 人 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 として 登 記 されていないことの 贈 証 明 書 14 与 法 人 の 規 則 定 款 など 写 15 の 法 人 の 履 歴 事 項 全 部 証 明 書 16 場 法 人 等 で 償 還 財 源 資 金 の 贈 与 を 議 決 した 議 事 録 証 明 合 17 法 人 等 の 決 算 書 写 8 1 施 設 長 就 任 承 諾 書 証 明 58 2 施 設 長 の 資 格 証 明 書 ( 資 格 要 件 を 証 明 できるもの) 証 明 9 1 諸 規 程 ( 定 款 細 則 経 理 規 程 役 員 等 報 酬 旅 費 規 程 等 )( 注 2) 写 ( 注 1) 法 人 設 立 年 度 と 事 業 開 始 年 度 が 同 じ 場 合 には その 年 度 分 と 次 年 度 分 の2 年 度 分 を 提 出 してください ( 注 2) 管 理 運 営 規 程 ( 園 規 程 ) 常 勤 ( 非 常 勤 ) 職 員 就 業 規 則 給 与 規 程 苦 情 解 決 に 関 する 規 程 育 児 休 業 介 護 休 業 規 程 等 については 事 業 開 始 までに 作 成 する 必 要 があります

14 第 3 提 出 書 類 様 式 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要 書

15 - 12 -

16 - 13 -

17 - 14 -

18 - 15 -

19 - 16 -

20 - 17 -

21 - 18 -

22 - 19 -

23 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書 ( 様 式 1) ( 表 面 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書 設 立 者 又 は 設 立 代 表 者 住 所 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 氏 名 実 印 申 請 年 月 日 社 会 福 祉 法 人 設 立 の 趣 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 ふ り が な 法 人 の 名 称 事 業 社 会 福 祉 第 1 種 の 事 業 第 2 種 種 類 公 益 事 業 収 益 事 業

24 ( 裏 面 ) 資 産 純 額 5-6 理 事 監 事 氏 の 別 内 訳 社 会 福 祉 事 業 用 財 産 5 積 極 財 産 3 公 益 事 業 4 収 益 事 業 負 債 用 財 産 用 財 産 基 本 財 産 運 用 財 産 +4 円 円 円 円 円 円 円 代 表 親 族 等 の 役 員 の 資 格 等 ( 該 当 に 〇 ) 他 の 社 会 福 祉 人 の 代 表 者 へ 名 権 の 特 殊 関 係 地 域 福 祉 の 就 任 状 況 学 識 経 験 施 設 長 その 他 有 有 無 者 の 有 無 関 係 法 人 名 無 役 員 と な る べ き 者 評 議 員 会 の 有 無 評 議 員 の 定 数 ( 注 ) 申 請 書 には 社 会 福 祉 法 施 行 規 則 第 2 条 第 2 項 及 び3 項 に 掲 げる 書 類 を 添 付 すること 監 事 のうち 財 務 諸 表 が 読 める 者 については その 他 欄 に をつけ( 財 務 )と 記 入 すること

25 3 定 款 例 ( 定 款 準 則 ) 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを 目 的 として 次 の 社 会 福 祉 事 業 を 行 う ( 注 1) (1) 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 (イ) 特 別 養 護 老 人 ホームの 経 営 (ロ) の 経 営 (ハ) の 経 営 (2) 第 2 種 社 会 福 祉 事 業 (イ) 老 人 デイサービス 事 業 の 経 営 (ロ) 老 人 介 護 支 援 センターの 経 営 (ハ) 保 育 所 の 経 営 (ニ) 障 害 福 祉 サービス 事 業 の 経 営 ( 名 称 ) 第 2 条 この 法 人 は 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 という ( 経 営 の 原 則 ) 第 3 条 この 法 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 主 たる 担 い 手 としてふさわしい 事 業 を 確 実 効 果 的 か つ 適 正 に 行 うため 自 主 的 にその 経 営 基 盤 の 強 化 を 図 るとともに その 提 供 する 福 祉 サー ビスの 質 の 向 上 並 びに 事 業 経 営 の 透 明 性 の 確 保 を 図 り もって 地 域 福 祉 の 推 進 に 努 めるも のとする ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 4 条 この 法 人 の 事 務 所 を 神 奈 川 県 市 丁 目 番 に 置 く 2 前 項 のほか 従 たる 事 務 所 を 神 奈 川 県 市 丁 目 番 に 置 く 第 2 章 役 員 及 び 職 員 ( 役 員 の 定 数 ) 第 5 条 この 法 人 には 次 の 役 員 を 置 く (1) 理 事 ( 注 2) 名 (2) 監 事 ( 注 3) 名 2 理 事 のうち1 名 は 理 事 の 互 選 により 理 事 長 となる 3 理 事 長 は この 法 人 を 代 表 する 4 役 員 の 選 任 に 当 たっては 各 役 員 について その 親 族 その 他 特 殊 の 関 係 がある 者 が 理 事 のうちに( 注 4) 名 を 超 えて 含 まれてはならず 監 事 のうちにこれらの 者 が 含 まれては ならない ( 役 員 の 任 期 ) 第 6 条 役 員 の 任 期 は2 年 とする ただし 補 欠 の 役 員 の 任 期 は 前 任 者 の 残 任 期 間 とする 2 役 員 は 再 任 されることができる 3 理 事 長 の 任 期 は 理 事 として 在 任 する 期 間 とする ( 役 員 の 選 任 等 ) 第 7 条 理 事 は 評 議 員 会 において 選 任 し 理 事 長 が 委 嘱 する 2 監 事 は 評 議 員 会 において 選 任 する 3 監 事 は この 法 人 の 理 事 評 議 員 職 員 及 びこれらに 類 する 他 の 職 務 を 兼 任 することが できない

26 ( 役 員 の 報 酬 等 ) 第 8 条 役 員 の 報 酬 については 勤 務 実 態 に 即 して 支 給 することとし 役 員 の 地 位 にあるこ とのみによっては 支 給 しない 2 役 員 には 費 用 を 弁 償 することができる 3 前 2 項 に 関 し 必 要 な 事 項 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 長 が 別 に 定 める ( 理 事 会 ) 第 9 条 この 法 人 の 業 務 の 決 定 は 理 事 をもって 組 織 する 理 事 会 によって 行 う ただし 日 常 の 業 務 として 理 事 会 が 定 めるものについては 理 事 長 が 専 決 し これを 理 事 会 に 報 告 する 2 理 事 会 は 理 事 長 がこれを 招 集 する 3 理 事 長 は 理 事 総 数 の3 分 の 一 以 上 の 理 事 又 は 監 事 から 会 議 に 付 議 すべき 事 項 を 示 して 理 事 会 の 招 集 を 請 求 された 場 合 には その 請 求 のあった 日 から1 週 間 以 内 にこれを 招 集 し なければならない 4 理 事 会 に 議 長 を 置 き 議 長 はその 都 度 選 任 する 5 理 事 会 は 理 事 総 数 の3 分 の2 以 上 の 出 席 がなければ その 議 事 を 開 き 議 決 すること ができない 6 前 項 の 場 合 において あらかじめ 書 面 をもって 欠 席 の 理 由 及 び 理 事 会 に 付 議 される 事 項 についての 意 思 を 表 示 した 者 は 出 席 者 とみなす 7 理 事 会 の 議 事 は 法 令 に 特 別 の 定 めがある 場 合 及 びこの 定 款 に 別 段 の 定 めがある 場 合 を 除 き 理 事 総 数 の 過 半 数 で 決 定 し 可 否 同 数 のときは 議 長 の 決 するところによる 8 理 事 会 の 決 議 について 特 別 の 利 害 関 係 を 有 する 理 事 は その 議 事 の 議 決 に 加 わること ができない 9 議 長 及 び 理 事 会 において 選 任 した 理 事 2 名 は 理 事 会 の 議 事 について 議 事 の 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し これに 署 名 又 は 記 名 押 印 しなければならない ( 理 事 長 の 職 務 の 代 理 ) 第 10 条 理 事 長 に 事 故 あるとき 又 は 欠 けたときは 理 事 長 があらかじめ 指 名 する 他 の 理 事 が 順 次 に 理 事 長 の 職 務 を 代 理 する 2 理 事 長 個 人 と 利 益 相 反 する 行 為 となる 事 項 及 び 双 方 代 理 となる 事 項 については 理 事 会 において 選 任 する 他 の 理 事 が 理 事 長 の 職 務 を 代 理 する ( 監 事 による 監 査 ) 第 11 条 監 事 は 理 事 の 業 務 執 行 の 状 況 及 び 法 人 の 財 産 の 状 況 を 監 査 しなければならない 2 監 事 は 毎 年 定 期 的 に 監 査 報 告 書 を 作 成 し 評 議 員 会 理 事 会 及 び 秦 野 市 長 に 報 告 する ものとする 3 監 事 は 前 項 に 定 めるほか 必 要 があると 認 めるときは 評 議 員 会 及 び 理 事 会 に 出 席 し て 意 見 を 述 べるものとする ( 職 員 ) 第 12 条 この 法 人 に 職 員 若 干 名 を 置 く 2 この 法 人 の 設 置 経 営 する 施 設 の 長 ( 以 下 施 設 長 という )は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 長 が 任 免 する 3 施 設 長 以 外 の 職 員 は 理 事 長 が 任 免 する 第 3 章 評 議 員 及 び 評 議 員 会 ( 注 5) ( 評 議 員 会 ) 第 13 条 評 議 員 会 は ( 注 6) 名 の 評 議 員 をもって 組 織 する 2 評 議 員 会 は 理 事 長 が 招 集 する 3 理 事 長 は 評 議 員 総 数 の3 分 の1 以 上 の 評 議 員 又 は 監 事 から 会 議 に 付 議 すべき 事 項 を 示 して 評 議 員 会 の 招 集 を 請 求 された 場 合 には その 請 求 のあった 日 から20 日 以 内 に これ を 招 集 しなければならない 4 評 議 員 会 に 議 長 を 置 く 5 議 長 は その 都 度 評 議 員 の 互 選 で 定 める 6 評 議 員 会 は 評 議 員 総 数 の 過 半 数 の 出 席 がなければ その 議 事 を 開 き 議 決 することが できない 7 評 議 員 会 の 議 事 は 評 議 員 総 数 の 過 半 数 で 決 し 可 否 同 数 のときは 議 長 の 決 するとこ ろによる

27 8 評 議 員 会 の 決 議 について 特 別 の 利 害 関 係 を 有 する 評 議 員 は その 議 事 の 議 決 に 加 わる ことができない 9 議 長 及 び 評 議 員 会 において 選 任 した 評 議 員 2 名 は 評 議 員 会 の 議 事 について 議 事 の 経 過 の 要 領 及 びその 結 果 を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し これに 署 名 又 は 記 名 押 印 しなければなら ない 10 評 議 員 の 報 酬 については 勤 務 実 態 に 即 して 支 給 することとし 評 議 員 の 地 位 にある ことのみによっては 支 給 しない ( 評 議 員 会 の 権 限 ) 第 14 条 評 議 員 会 は 次 に 掲 げる 事 項 を 審 議 する (1) 予 算 決 算 基 本 財 産 の 処 分 事 業 計 画 及 び 事 業 報 告 (2) 予 算 外 の 新 たな 義 務 の 負 担 又 は 権 利 の 放 棄 (3) 定 款 の 変 更 (4) 合 併 (5) 解 散 ( 合 併 又 は 破 産 による 解 散 を 除 く 以 下 この 条 において 同 じ ) (6) 解 散 した 場 合 における 残 余 財 産 の 帰 属 者 の 選 定 (7) その 他 この 法 人 の 業 務 に 関 する 重 要 事 項 で 理 事 会 において 必 要 と 認 める 事 項 2 理 事 会 は 前 項 に 掲 げる 事 項 を 決 定 しようとするときは 原 則 として あらかじめ 評 議 員 会 の 意 見 を 聴 かなければならない ( 同 前 ) 第 15 条 評 議 員 会 は この 法 人 の 業 務 若 しくは 財 産 の 状 況 又 は 役 員 の 業 務 執 行 の 状 況 につ いて 役 員 に 対 して 意 見 を 述 べ 若 しくはその 諮 問 に 答 え 又 は 役 員 から 報 告 を 徴 することが できる ( 評 議 員 の 資 格 等 ) 第 16 条 評 議 員 は 社 会 福 祉 事 業 に 関 心 を 持 ち 又 は 学 識 経 験 ある 者 で この 法 人 の 趣 旨 に 賛 成 して 協 力 する 者 の 中 から 理 事 会 の 同 意 を 経 て 理 事 長 がこれを 委 嘱 する 2 評 議 員 の 委 嘱 に 当 たっては 各 評 議 員 について その 親 族 その 他 特 殊 の 関 係 がある 者 が ( 注 4) 名 を 超 えて 含 まれてはならない ( 評 議 員 の 任 期 ) 第 17 条 評 議 員 の 任 期 は2 年 とする ただし 補 欠 の 評 議 員 の 任 期 は 前 任 者 の 残 任 期 間 とする 2 評 議 員 は 再 任 されることができる 第 4 章 資 産 及 び 会 計 ( 注 7) ( 資 産 の 区 分 ) 第 18 条 この 法 人 の 資 産 は これを 分 けて 基 本 財 産 と 運 用 財 産 の2 種 とする 2 基 本 財 産 は 次 の 各 号 に 掲 げる 財 産 をもって 構 成 する (1) 神 奈 川 県 市 丁 目 番 所 在 の 特 別 養 護 老 人 ホーム 敷 地 ( 平 方 メ ートル) (2) 神 奈 川 県 市 丁 目 番 地 所 在 の 木 造 瓦 葺 平 屋 建 保 育 園 園 舎 ( 平 方 メ ートル) 3 運 用 財 産 は 基 本 財 産 以 外 の 財 産 とする 4 基 本 財 産 に 指 定 されて 寄 附 された 金 品 は 速 やかに 第 2 項 に 掲 げるため 必 要 な 手 続 を とらなければならない ( 基 本 財 産 の 処 分 ) 第 19 条 基 本 財 産 を 処 分 し 又 は 担 保 に 供 しようとするときは 理 事 総 数 の3 分 の2 以 上 の 同 意 を 得 て 秦 野 市 長 の 承 認 を 得 なければならない ただし 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 に は 秦 野 市 長 の 承 認 は 必 要 としない 一 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 に 対 して 基 本 財 産 を 担 保 に 供 する 場 合 二 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 と 協 調 融 資 ( 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 の 福 祉 貸 付 が 行 う 施 設 整 備 のための 資 金 に 対 する 融 資 と 併 せて 行 う 同 一 の 財 産 を 担 保 とする 当 該 施 設 整 備 のための 資 金 に 対 する 融 資 をいう 以 下 同 じ )に 関 する 契 約 を 結 んだ 民 間 金 融 機 関 に 対 して 基 本 財 産 を 担 保 に 供 する 場 合 ( 協 調 融 資 に 係 る 担 保 に 限 る )

28 ( 資 産 の 管 理 )( 注 8) 第 20 条 この 法 人 の 資 産 は 理 事 会 の 定 める 方 法 により 理 事 長 が 管 理 する 2 資 産 のうち 現 金 は 確 実 な 金 融 機 関 に 預 け 入 れ 確 実 な 信 託 会 社 に 信 託 し 又 は 確 実 な 有 価 証 券 に 換 えて 保 管 する ( 特 別 会 計 ) 第 21 条 この 法 人 は 特 別 会 計 を 設 けることができる ( 予 算 ) 第 22 条 この 法 人 の 予 算 は 毎 会 計 年 度 開 始 前 に 理 事 長 において 編 成 し 理 事 総 数 の3 分 の2 以 上 の 同 意 を 得 なければならない ( 決 算 ) 第 23 条 この 法 人 の 事 業 報 告 書 財 産 目 録 貸 借 対 照 表 及 び 収 支 計 算 書 は 毎 会 計 年 度 終 了 後 2 月 以 内 に 理 事 長 において 作 成 し 監 事 の 監 査 を 経 てから 理 事 会 の 認 定 を 得 なけれ ばならない 2 前 項 の 認 定 を 受 けた 書 類 及 びこれに 関 する 監 事 の 意 見 を 記 載 した 書 面 については 各 事 務 所 に 備 えて 置 くとともに この 法 人 が 提 供 する 福 祉 サービスの 利 用 を 希 望 する 者 その 他 の 利 害 関 係 人 から 請 求 があった 場 合 には 正 当 な 理 由 がある 場 合 を 除 いて これを 閲 覧 に 供 しなければならない 3 会 計 の 決 算 上 繰 越 金 を 生 じたときは 次 会 計 年 度 に 繰 り 越 すものとする ただし 必 要 な 場 合 には その 全 部 又 は 一 部 を 基 本 財 産 に 編 入 することができる ( 会 計 年 度 ) 第 24 条 この 法 人 の 会 計 年 度 は 毎 年 4 月 1 日 に 始 まり 翌 年 3 月 31 日 をもって 終 わる ( 会 計 処 理 の 基 準 ) 第 25 条 この 法 人 の 会 計 に 関 しては 法 令 等 及 びこの 定 款 に 定 めのあるもののほか 理 事 会 において 定 める 経 理 規 程 により 処 理 する ( 臨 機 の 措 置 ) 第 26 条 予 算 をもって 定 めるもののほか 新 たに 義 務 の 負 担 をし 又 は 権 利 の 放 棄 をしよ うとするときは 理 事 総 数 の3 分 の2 以 上 の 同 意 がなければならない 第 5 章 解 散 及 び 合 併 ( 解 散 ) 第 27 条 この 法 人 は 社 会 福 祉 法 第 46 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 3 号 から 第 6 号 までの 解 散 事 由 により 解 散 する ( 残 余 財 産 の 帰 属 ) 第 28 条 解 散 ( 合 併 又 は 破 産 による 解 散 を 除 く )した 場 合 における 残 余 財 産 は 理 事 総 数 の3 分 の2 以 上 の 同 意 によって 社 会 福 祉 法 人 のうちから 選 出 されたものに 帰 属 する ( 合 併 ) 第 29 条 合 併 しようとするときは 理 事 総 数 の3 分 の2 以 上 の 同 意 を 得 て 秦 野 市 長 の 認 可 を 受 けなければならない 第 6 章 定 款 の 変 更 ( 定 款 の 変 更 ) 第 30 条 この 定 款 を 変 更 しようとするときは 理 事 総 数 の3 分 の2 以 上 の 同 意 を 得 て 秦 野 市 長 の 認 可 ( 社 会 福 祉 法 第 43 条 第 一 項 に 規 定 する 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 事 項 に 係 るものを 除 く )を 受 けなければならない 2 前 項 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 事 項 に 係 る 定 款 の 変 更 をしたときは 遅 滞 なくその 旨 を 秦 野 市 長 に 届 け 出 なければならない

29 第 7 章 公 告 の 方 法 その 他 ( 公 告 の 方 法 ) 第 31 条 この 法 人 の 公 告 は 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 の 掲 示 場 に 掲 示 するとともに 官 報 又 は 新 聞 に 掲 載 して 行 う ( 施 行 細 則 ) 第 32 条 この 定 款 の 施 行 についての 細 則 は 理 事 会 において 定 める 附 則 この 法 人 の 設 立 当 初 の 役 員 は 次 のとおりとする ただし この 法 人 の 成 立 後 遅 滞 なく この 定 款 に 基 づき 役 員 の 選 任 を 行 うものとする 理 事 長 理 事 監 事 ( 注 1) 具 体 的 な 記 載 は 社 会 福 祉 法 の 基 本 的 理 念 に 合 致 するものであるとともに それ ぞれの 法 人 の 設 立 の 理 念 を 体 現 するものとすること 児 童 福 祉 に 関 する 事 業 を 行 う 法 人 においては 心 身 ともに 健 やかに 育 成 される との 趣 旨 に 合 致 するものであること ( 注 2) 6 名 以 上 とすること ( 注 3) 2 名 以 上 とすること ( 注 4) 親 族 等 の 人 数 は 理 事 ( 評 議 員 )の 定 数 に 応 じて 次 のとおりとすること 理 事 ( 評 議 員 ) 定 数 親 族 等 の 人 数 6 名 ~ 9 名 1 名 10 名 ~12 名 2 名 13 名 ~ 3 名 ( 注 5) 法 人 においては 評 議 員 会 を 置 くこと ただし 都 道 府 県 又 は 市 町 村 が 福 祉 サービ スを 必 要 とする 者 について 措 置 をとる 社 会 福 祉 事 業 又 は 保 育 所 を 経 営 する 事 業 の み 並 びに 介 護 保 険 事 業 のみを 行 う 法 人 については この 限 りでない ( 注 6) 理 事 定 数 の2 倍 を 超 える 数 とすること ( 注 7) 公 益 及 び 収 益 を 目 的 とする 事 業 を 行 う 場 合 には 次 のように 記 載 すること ( 資 産 の 区 分 ) 第 18 条 この 法 人 の 資 産 は これを 分 けて 基 本 財 産 運 用 財 産 公 益 事 業 用 財 産 及 び 収 益 事 業 用 財 産 ( 公 益 事 業 又 は 収 益 事 業 のいずれか 一 方 を 行 う 場 合 は 当 該 事 業 用 財 産 のみを 記 載 )の 四 種 ( 公 益 事 業 又 は 収 益 事 業 のいずれか 一 方 を 行 う 場 合 は 3 種 )とする 2 本 文 第 2 項 に 同 じ 3 運 用 財 産 は 基 本 財 産 公 益 事 業 用 財 産 及 び 収 益 事 業 用 財 産 ( 公 益 事 業 又 は 収 益 事 業 のいずれか 一 方 を 行 う 場 合 は 当 該 事 業 用 財 産 のみを 記 載 ) 以 外 の 財 産 とする 4 公 益 事 業 用 財 産 及 び 収 益 事 業 用 財 産 ( 公 益 事 業 又 は 収 益 事 業 のいずれか 一 方 を 行 う 場 合 は 当 該 事 業 用 財 産 のみを 記 載 )は 第 条 に 掲 げる 公 益 を 目 的 と する 事 業 及 び 第 条 に 掲 げる 収 益 を 目 的 とする 事 業 ( 公 益 を 目 的 とする 事 業 又 は 収 益 を 目 的 とする 事 業 のいずれか 一 方 を 行 う 場 合 は 当 該 事 業 のみを 記 載 ) の 用 に 供 する 財 産 とする 5 本 文 第 4 項 に 同 じ ( 注 8) 基 本 財 産 以 外 の 資 産 において 株 式 投 資 又 は 株 式 を 含 む 投 資 信 託 等 による 管 理 運 用 を 行 う 場 合 には 第 2 項 の 次 に 次 の1 項 を 加 える 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 基 本 財 産 以 外 の 資 産 の 現 金 の 場 合 については 理 事 会 の 議 決 を 経 て 株 式 に 換 えて 保 管 することができる

30 ( 備 考 1) 公 益 事 業 を 行 う 社 会 福 祉 法 人 は 定 款 第 4 章 ( 評 議 員 会 未 設 置 の 場 合 第 3 章 )の 次 に 次 の 章 を 加 えること 第 5( 評 議 員 会 未 設 置 の 場 合 第 4 章 ) 章 公 益 を 目 的 とする 事 業 ( 種 別 ) 第 条 この 法 人 は 社 会 福 祉 法 第 26 条 の 規 定 により 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することなど を 目 的 として 次 の 事 業 を 行 う (1) の 事 業 (2) の 事 業 2 前 項 の 事 業 の 運 営 に 関 する 事 項 については 理 事 総 数 の3 分 の2 以 上 の 同 意 を 得 な ければならない ( 剰 余 金 が 出 た 場 合 の 処 分 ) 第 条 前 条 の 規 定 によって 行 う 事 業 から 剰 余 金 が 生 じた 場 合 は この 法 人 の 行 う 社 会 福 祉 事 業 又 は 公 益 事 業 に 充 てるものとする ( 備 考 2) 収 益 事 業 を 行 う 社 会 福 祉 法 人 は 定 款 第 5 章 ( 評 議 員 会 未 設 置 で 公 益 事 業 を 行 わ ない 場 合 第 3 章 評 議 員 会 未 設 置 で 公 益 事 業 を 行 う 場 合 第 4 章 )の 次 に 次 の 章 を 加 えること 第 6( 評 議 員 会 未 設 置 で 公 益 事 業 を 行 わない 場 合 第 4 章 評 議 員 会 未 設 置 で 公 益 事 業 を 行 う 場 合 第 5 章 ) 章 収 益 を 目 的 とする 事 業 ( 種 別 ) 第 条 この 法 人 は 社 会 福 祉 法 第 26 条 の 規 定 により 次 の 事 業 を 行 う (1) 業 (2) 業 2 前 項 の 事 業 の 運 営 に 関 する 事 項 については 理 事 総 数 の3 分 の2 以 上 の 同 意 を 得 な ければならない ( 収 益 の 処 分 ) 第 条 前 条 の 規 定 によって 行 う 事 業 から 生 じた 収 益 は この 法 人 の 行 う 社 会 福 祉 事 業 又 は 公 益 事 業 ( 社 会 福 祉 法 施 行 令 ( 昭 和 33 年 政 令 第 185 号 ) 第 4 条 及 び 平 成 14 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 283 号 に 掲 げるものに 限 る )に 充 てるものとする

31 4 財 産 目 録 例 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 財 産 目 録 Ⅰ 資 産 の 部 1 基 本 財 産 円 ( 内 訳 ) (1) 土 地 ( 注 1) 市 丁 目 番 地 所 在 の 土 地 1 筆 総 額 (2) 建 物 ( 注 2) 市 丁 目 番 地 所 在 の 建 物 m2 円 円 円 (3) 基 本 財 産 基 金 円 2 運 用 財 産 円 ( 内 訳 ) (1) 建 設 自 己 資 金 円 (2) 運 転 資 金 円 (3) 法 人 事 務 費 円 Ⅱ 負 債 の 部 ( 注 3) Ⅲ 差 引 正 味 財 産 0 円 円 ( 注 ) 法 人 設 立 時 の 贈 与 契 約 に 基 づき 法 人 が 取 得 する 財 産 について 記 載 する( 不 要 な 項 目 は 削 除 する ) ( 注 1) 土 地 は 1 筆 ごと 登 記 事 項 証 明 書 記 載 のとおり 記 入 する ( 注 2) 既 存 の 建 物 の 贈 与 を 受 ける 場 合 に 記 載 する 記 載 は 登 記 事 項 証 明 書 記 載 のとおりに1 棟 単 位 で 記 載 する ( 注 3) 負 債 を 抱 えての 法 人 設 立 は 原 則 として 認 めないため 0 円 となる

32 5 贈 与 契 約 書 例 贈 与 契 約 書 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 甲 という )と 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 ( 代 理 人 ) 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 乙 という )は 次 のとおり 贈 与 契 約 を 締 結 した 第 1 条 甲 は 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 の 設 立 が 認 可 されたときは 同 法 人 の 建 設 自 己 資 金 として 〇 〇 円 運 転 資 金 として 〇 〇 円 法 人 事 務 費 として 円 及 び 資 産 として 別 記 目 録 記 載 の 財 産 を 同 法 人 に 贈 与 することを 約 し 乙 は これを 承 諾 し た 第 2 条 甲 は 前 条 による 贈 与 を 同 法 人 設 立 後 1 週 間 以 内 に 行 わなければならない 第 3 条 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 の 設 立 の 認 可 が 得 られないときは この 契 約 は 無 効 とし これにより 損 害 が 発 生 した 場 合 甲 は 損 害 の 賠 償 を 請 求 することができ ない 第 4 条 この 契 約 に 定 めていない 事 項 については 甲 乙 は 誠 意 をもって 協 議 のう え 決 定 するものとする 上 記 契 約 を 証 するため 同 文 2 通 を 作 成 し 甲 乙 署 名 捺 印 のうえ 各 1 通 を 保 持 す る 平 成 年 月 日 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 甲 住 所 氏 名 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 乙 住 所 氏 名 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 ( 甲 乙 が 同 一 人 の 場 合 ) 乙 住 所 氏 名 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 代 理 人 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印

33 別 記 目 録 1 現 金 円 ( 内 訳 ) 建 設 自 己 資 金 円 運 転 資 金 円 法 人 事 務 費 円 2 土 地 ( 注 2) 神 奈 川 県 市 丁 目 番 所 在 の 土 地 一 筆 m2 3 建 物 ( 注 3) 神 奈 川 県 市 丁 目 番 所 在 の 〇 〇 造 〇 階 建 建 物 1 棟 延 べ m2 ( 注 1) 必 要 項 目 のみ 記 載 する 贈 与 内 容 はなるべく 贈 与 契 約 書 中 に 記 載 する ( 注 2) 登 記 事 項 証 明 書 記 載 のとおりに 記 入 する 土 地 の 一 部 のみ 贈 与 する 場 合 は 分 筆 登 記 後 の 登 記 事 項 証 明 書 により 記 入 する ( 注 3) 建 物 の 贈 与 を 受 けるときに 記 入 する 建 設 中 の 建 物 は 記 入 しない

34 6 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 例 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 の 設 立 が 認 可 されたときは 下 記 の 財 産 について 直 ちに 貴 法 人 に 対 し 所 有 権 移 転 登 記 を 行 うことを 確 約 いたします 平 成 年 月 日 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 住 所 氏 名 ( 所 有 者 ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 〇 〇 〇 〇 〇 〇 様 ( 設 立 代 表 者 代 理 人 〇 〇 〇 〇 〇 〇 様 ) 記 1 土 地 神 奈 川 県 市 丁 目 番 所 在 の 土 地 一 筆 m2 2 建 物 神 奈 川 県 市 丁 目 番 所 在 の 〇 〇 造 〇 階 建 建 物 1 棟 延 べ m2-31 -

35 7 土 地 の 無 償 貸 与 確 約 書 例 平 成 年 月 日 土 地 の 無 償 貸 与 確 約 書 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 〇 〇 〇 〇 〇 〇 様 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 住 所 氏 名 ( 所 有 者 ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 の 設 立 が 認 可 されたときは が 所 有 する 下 記 の 財 産 について 無 償 貸 与 することを 確 約 いたします 記 1 地 番 地 目 地 積 (m2)

36 8 地 上 権 設 定 契 約 書 例 地 上 権 設 定 契 約 書 土 地 所 有 者 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 甲 という )と 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 ( 代 理 人 ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 乙 という )は 地 上 権 設 定 について 次 のと おり 契 約 を 締 結 する ( 地 上 権 設 定 の 目 的 ) 第 1 条 甲 は その 所 有 にかかる 末 尾 記 載 の 土 地 を 乙 が 建 設 する 特 別 養 護 老 人 ホーム の 用 に 供 させる 目 的 をもって 地 上 権 者 乙 のため 地 上 権 を 設 定 する ( 契 約 期 間 ) 第 2 条 前 条 の 地 上 権 の 契 約 期 間 は 平 成 年 月 日 から 前 条 の 目 的 によっ て 使 用 する 期 間 とする ( 注 1) ( 地 代 ) 第 3 条 地 代 は 無 償 とする ( 登 記 ) 第 4 条 甲 は 乙 に 対 し この 契 約 締 結 と 同 時 に 地 上 権 設 定 登 記 承 諾 書 を 提 出 するも のとする ( 土 地 の 維 持 管 理 ) 第 5 条 この 契 約 の 対 象 となる 土 地 が 天 災 等 により 流 出 又 は 崩 壊 したときの 損 害 の 補 てん 又 は 復 旧 に 要 する 費 用 は 乙 の 負 担 とする ( 協 議 ) 第 6 条 この 契 約 に 定 めのない 事 項 については 必 要 に 応 じ 甲 乙 協 議 の 上 定 めるもの とする この 契 約 が 甲 乙 両 者 間 に 成 立 したことを 証 し かつこれを 確 守 するため2 通 を 作 成 し 各 1 通 を 保 持 する 平 成 年 月 日 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 甲 住 所 氏 名 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 乙 住 所 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 氏 名 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 土 地 の 表 示 1 所 在 地 神 奈 川 県 市 丁 目 番 2 地 目 宅 地 3 公 簿 面 積 m2 ( 注 1) 10 年 20 年 と 期 間 を 限 ったものは 認 められない の 写 しを 添 付 すること

37 9 地 上 権 設 定 登 記 誓 約 書 例 地 上 権 設 定 登 記 誓 約 書 このたび 特 別 養 護 老 人 ホーム 用 地 として 地 上 権 設 定 契 約 の 締 結 を 行 っ た 土 地 については 法 人 設 立 後 直 ちに 地 上 権 の 登 記 を 設 定 することを 誓 約 いたします 平 成 年 月 日 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 住 所 氏 名 ( 所 有 者 ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 秦 野 市 長 様

38 10 土 地 賃 貸 借 契 約 書 例 土 地 賃 貸 借 契 約 書 貸 地 人 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 甲 という )と 借 地 人 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 乙 という )は 土 地 の 賃 貸 借 に 関 し 次 のとおり 契 約 を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 甲 は その 所 有 にかかる 末 尾 記 載 の 土 地 を 乙 が 設 置 経 営 する 特 別 養 護 老 人 ホ ームの 敷 地 にあてるため 賃 貸 する ( 契 約 期 間 ) 第 2 条 前 条 の 賃 貸 の 契 約 期 間 は 平 成 年 月 日 から 前 条 の 目 的 によって 使 用 する 期 間 とする ( 注 1) ( 地 代 ) 第 3 条 賃 借 料 は 円 とする ( 登 記 ) 第 4 条 甲 は 乙 に 対 し この 契 約 締 結 と 同 時 に 地 上 権 設 定 登 記 承 諾 書 を 提 出 するものと する ( 転 貸 の 禁 止 ) 第 5 条 乙 は この 契 約 にかかる 土 地 を 他 に 転 貸 してはならない ( 契 約 の 解 除 ) 第 6 条 乙 が 正 当 な 事 由 なくこの 契 約 の 各 条 項 に 違 背 したときは 甲 はこの 契 約 を 解 除 することができる 2 乙 はその 都 合 により いつでもこの 契 約 の 解 除 を 甲 に 申 し 入 れることができる ( 返 還 ) 第 7 条 乙 は この 契 約 による 土 地 を 返 還 する 場 合 原 形 に 復 した 後 返 還 しなけれ ばならない ただし 甲 の 承 認 を 得 た 場 合 はこの 限 りでない (その 他 ) 第 8 条 以 上 に 定 めるもののほか 疑 義 の 生 じた 場 合 は 甲 乙 協 議 のうえ 決 定 する この 契 約 が 甲 乙 両 者 間 に 成 立 したことを 証 し かつこれを 確 守 するため2 通 を 作 成 し 各 1 通 を 保 持 する 平 成 年 月 日 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 甲 住 所 氏 名 〇 〇 〇 〇 実 印 乙 住 所 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 氏 名 〇 〇 〇 〇 実 印 土 地 の 表 示 (2 筆 以 上 ある 場 合 は 筆 ごとに 記 載 してください ) 1 所 在 地 神 奈 川 県 市 丁 目 番 2 地 目 宅 地 3 公 簿 面 積 m2 ( 注 1) 10 年 20 年 と 期 間 を 限 ったものは 認 められない の 写 しを 添 付 すること

39 11 賃 借 権 登 記 誓 約 書 例 賃 借 権 登 記 誓 約 書 このたび 特 別 養 護 老 人 ホーム 用 地 として 賃 貸 借 契 約 の 締 結 を 行 った 借 地 人 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 〇 〇 〇 〇 〇 〇 氏 との 土 地 の 賃 貸 借 については 法 人 設 立 後 直 ちに 賃 借 権 の 登 記 を 設 定 することを 誓 約 いたします 平 成 年 月 日 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 住 所 氏 名 ( 賃 貸 人 ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 秦 野 市 長 様

40 12 事 業 計 画 書 ( 特 別 養 護 老 人 ホーム) 例 平 成 〇 〇 年 度 特 別 養 護 老 人 ホーム 事 業 計 画 1 所 在 地 2 利 用 定 員 3 職 員 定 数 4 事 業 開 始 予 定 年 月 日 5 事 業 運 営 基 本 計 画 6 利 用 者 の 支 援 (1) 支 援 の 方 針 (2) 介 護 (3) 食 事 の 提 供 (4) 機 能 訓 練 (5) 健 康 管 理 (6) 衛 生 管 理 等 7 防 災 計 画 8 日 課

41 9 職 員 名 簿 職 名 ( 注 1) 氏 名 ( 注 2) 前 歴 資 格 年 齢 施 設 長 事 務 員 介 護 支 援 専 門 員 生 活 相 談 員 介 護 職 員 医 師 看 護 師 機 能 訓 練 指 導 員 栄 養 士 調 理 員 介 助 員 10 資 金 計 画 別 紙 収 支 予 算 書 のとおり ( 注 1) 必 要 職 種 すべてについて 記 入 してください ( 注 2) 選 考 中 で 未 定 の 場 合 その 旨 記 入 してください

42 13 事 業 計 画 書 ( 保 育 園 ) 例 平 成 〇 〇 年 度 保 育 園 事 業 計 画 書 1 保 育 園 の 運 営 (1) 所 在 地 (2) 定 員 歳 児 歳 児 歳 児 歳 児 歳 以 上 児 合 計 (3) 職 員 定 数 (4) 事 業 開 始 予 定 年 月 日 2 保 育 目 標 (1) 保 育 時 間 (2) 保 育 内 容 (3) 保 育 担 当 者

43 3 職 員 名 簿 職 名 ( 注 1) 氏 名 ( 注 2) 前 歴 資 格 年 齢 園 長 主 任 保 育 士 保 育 士 調 理 員 用 務 員 その 他 市 所 在 の 医 院 の 医 師 を 嘱 託 医 とする 4 保 育 施 設 5 資 金 計 画 別 紙 収 支 予 算 書 のとおり ( 注 1) 必 要 職 種 すべてについて 記 入 してください ( 注 2) 選 考 中 で 未 定 の 場 合 その 旨 記 入 してください

44 14 資 金 収 支 予 算 内 訳 書 例 事 業 活 動 に よ る 収 支 資 金 収 支 予 算 内 訳 表 ( 自 ) 平 成 年 月 日 ( 至 ) 平 成 年 月 日 単 位 : 円 拠 点 区 分 勘 定 科 目 本 部 特 養 軽 費 老 人 ホーム 合 計 内 部 取 引 消 去 事 業 区 分 合 計 介 護 保 険 事 業 収 入 施 設 介 護 料 収 入 介 護 報 酬 収 入 利 用 者 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 利 用 者 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 居 宅 介 護 料 収 入 ( 介 護 報 酬 収 入 ) 介 護 報 酬 収 入 介 護 予 防 報 酬 収 入 ( 利 用 者 負 担 金 収 入 ) 介 護 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 介 護 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 地 域 密 着 型 介 護 料 収 入 ( 介 護 報 酬 収 入 ) 介 護 報 酬 収 入 介 護 予 防 報 酬 収 入 ( 利 用 者 負 担 金 収 入 ) 介 護 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 介 護 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 居 宅 介 護 支 援 介 護 料 収 入 居 宅 介 護 支 援 介 護 料 収 入 介 護 予 防 支 援 介 護 料 収 入 利 用 者 等 利 用 料 収 入 施 設 サービス 利 用 料 収 入 居 宅 介 護 サービス 利 用 料 収 入 地 域 密 着 型 介 護 サービス 利 用 料 収 入 食 費 収 入 ( 公 費 ) 食 費 収 入 ( 一 般 ) 居 住 費 収 入 ( 公 費 ) 収 居 住 費 収 入 ( 一 般 ) その 他 の 利 用 料 収 入 その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 市 町 村 特 別 事 業 収 入 受 託 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 ( 保 険 等 査 定 減 ) 入 老 人 福 祉 事 業 収 入 措 置 事 業 収 入 事 務 費 収 入 事 業 費 収 入 その 他 の 利 用 料 収 入 その 他 の 事 業 収 入 運 営 事 業 収 入 管 理 費 収 入 その 他 の 利 用 料 収 入 補 助 金 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 管 理 費 収 入 その 他 の 利 用 料 収 入 その 他 の 事 業 収 入 児 童 福 祉 事 業 収 入 措 置 事 業 収 入 事 務 費 収 入 事 業 費 収 入 私 的 契 約 利 用 料 収 入 その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 受 託 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 保 育 事 業 収 入 保 育 所 運 営 費 収 入 私 的 契 約 利 用 料 収 入 私 立 認 定 保 育 所 利 用 料 収 入 その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 受 託 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 就 労 支 援 事 業 収 入 事 業 収 入

45 障 害 福 祉 サービス 等 事 業 収 入 自 立 支 援 給 付 費 収 入 介 護 給 付 費 収 入 特 例 介 護 給 付 費 収 入 訓 練 等 給 付 費 収 入 特 例 訓 練 等 給 付 費 収 入 サービス 利 用 計 画 作 成 費 収 入 障 害 児 施 設 給 付 費 収 入 利 用 者 負 担 金 収 入 補 足 給 付 費 収 入 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 収 入 特 例 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 収 入 特 定 入 所 障 害 児 食 費 等 給 付 費 収 入 特 定 費 用 収 入 その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 受 託 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 ( 保 険 等 査 定 減 ) 生 活 保 護 事 業 収 入 措 置 事 業 収 入 事 務 費 収 入 事 業 費 収 入 授 産 事 業 収 入 事 業 収 入 利 用 者 負 担 金 収 入 その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 受 託 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 医 療 事 業 収 入 入 院 診 療 収 入 室 料 差 額 収 入 外 来 診 療 収 入 保 健 予 防 活 動 収 入 受 託 検 査 施 設 利 用 料 収 入 訪 問 看 護 療 養 費 収 入 訪 問 看 護 利 用 料 収 入 訪 問 看 護 基 本 利 用 料 収 入 訪 問 看 護 その 他 の 利 用 料 収 入 その 他 の 医 療 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 受 託 事 業 収 入 その 他 の 医 療 事 業 収 入 ( 保 険 等 査 定 減 ) 事 業 収 入 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 受 託 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 収 入 収 入 借 入 金 利 息 補 助 金 収 入 経 常 経 費 寄 付 金 収 入 受 取 利 息 配 当 金 収 入 その 他 の 収 入 受 入 研 修 費 収 入 利 用 者 等 外 給 食 費 収 入 雑 収 入 流 動 資 産 評 価 益 等 による 資 金 増 加 額 有 価 証 券 売 却 益 有 価 証 券 評 価 益 為 替 差 益 事 業 活 動 収 入 計 (1)

46 支 出 人 件 費 支 出 役 員 報 酬 支 出 職 員 給 料 支 出 職 員 賞 与 支 出 非 常 勤 職 員 給 与 支 出 派 遣 職 員 費 支 出 退 職 給 付 支 出 法 定 福 利 費 支 出 事 業 費 支 出 給 食 費 支 出 介 護 用 品 費 支 出 医 薬 品 費 支 出 診 療 療 養 等 材 料 費 支 出 保 険 衛 生 費 支 出 医 療 費 支 出 被 服 費 支 出 教 養 娯 楽 費 支 出 日 用 品 費 支 出 保 育 材 料 費 支 出 本 人 支 給 金 支 出 水 道 光 熱 費 支 出 燃 料 費 支 出 消 耗 器 具 備 品 費 支 出 保 険 料 支 出 賃 借 料 支 出 教 育 指 導 費 支 出 就 職 支 度 費 支 出 葬 祭 費 支 出 車 両 費 支 出 管 理 費 返 還 支 出 費 支 出 雑 支 出 事 務 費 支 出 福 利 厚 生 費 支 出 職 員 被 服 費 支 出 旅 費 交 通 費 支 出 研 修 研 究 費 支 出 事 務 消 耗 品 費 支 出 印 刷 製 本 費 支 出 水 道 光 熱 費 支 出 燃 料 費 支 出 修 繕 費 支 出 通 信 運 搬 費 支 出 会 議 費 支 出 広 報 費 支 出 業 務 委 託 費 支 出 手 数 料 支 出 保 険 料 支 出 賃 借 料 支 出 土 地 建 物 賃 借 料 支 出 租 税 公 課 支 出 保 守 料 支 出 渉 外 費 支 出 諸 会 費 支 出 費 支 出 雑 支 出 就 労 支 援 事 業 支 出 就 労 支 援 事 業 販 売 原 価 支 出 就 労 支 援 事 業 販 管 費 支 出 授 産 事 業 支 出 事 業 支 出 支 出 利 用 者 負 担 軽 減 額 支 払 利 息 支 出 その 他 の 支 出 利 用 者 等 外 給 食 費 支 出 雑 支 出 流 動 資 産 評 価 損 等 による 資 金 減 少 額 有 価 証 券 売 却 損 資 産 評 価 損 有 価 証 券 評 価 損 評 価 損 為 替 差 損 徴 収 不 能 額 事 業 活 動 支 出 計 (2) 事 業 活 動 資 金 収 支 差 額 (3)=(1)-(2)

47 施 設 整 備 等 に よ る 収 支 そ の 他 の 活 動 に よ る 収 支 施 設 整 備 等 補 助 金 収 入 施 設 整 備 等 補 助 金 収 入 収 設 備 資 金 借 入 金 元 金 償 還 補 助 金 収 入 施 設 整 備 等 寄 附 金 収 入 施 設 整 備 等 寄 附 金 収 入 設 備 資 金 借 入 金 元 金 償 還 寄 附 金 収 入 設 備 資 金 借 入 金 収 入 固 定 資 産 売 却 収 入 車 輌 運 搬 具 売 却 収 入 器 具 及 び 備 品 売 却 収 入 売 却 収 入 入 その 他 の 施 設 整 備 等 による 収 入 収 入 施 設 整 備 等 収 入 計 (4) 設 備 資 金 借 入 金 元 金 償 還 支 出 固 定 資 産 取 得 支 出 土 地 取 得 支 出 建 物 取 得 支 出 車 輌 運 搬 具 取 得 支 出 支 器 具 及 び 備 品 取 得 支 出 取 得 支 出 出 固 定 資 産 除 却 廃 棄 支 出 ファイナンス リース 債 務 の 返 済 支 出 その 他 の 設 備 整 備 等 による 支 出 支 出 施 設 整 備 等 支 出 計 (5) 施 設 整 備 等 資 金 収 支 差 額 (6)=(4)-(5) 長 期 運 営 資 金 借 入 金 元 金 償 還 寄 附 金 収 入 長 期 運 営 資 金 借 入 金 収 入 長 期 貸 付 金 回 収 収 入 投 資 有 価 証 券 売 却 収 入 積 立 資 産 取 崩 収 入 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 収 長 期 預 り 金 積 立 資 産 取 崩 収 入 積 立 資 産 取 崩 収 入 事 業 区 分 間 長 期 借 入 金 収 入 拠 点 区 分 間 長 期 借 入 金 収 入 事 業 区 分 間 長 期 貸 付 金 回 収 収 入 入 拠 点 区 分 間 長 期 貸 付 金 回 収 収 入 事 業 区 分 間 繰 入 金 収 入 拠 点 区 分 間 繰 入 金 収 入 その 他 の 活 動 による 収 入 法 人 設 立 時 基 本 財 産 寄 附 金 収 入 収 入 その 他 の 活 動 収 入 計 (7) 長 期 運 営 資 金 借 入 金 元 金 償 還 支 出 長 期 貸 付 金 支 出 投 資 有 価 証 券 取 得 支 出 積 立 資 産 支 出 退 職 給 付 引 当 資 産 支 出 支 長 期 預 り 金 積 立 資 産 支 出 積 立 資 産 支 出 事 業 区 分 間 長 期 貸 付 金 支 出 拠 点 区 分 間 長 期 貸 付 金 支 出 事 業 区 分 間 長 期 借 入 金 返 済 支 出 拠 点 区 分 間 長 期 借 入 金 返 済 支 出 出 事 業 区 分 間 繰 入 金 支 出 拠 点 区 分 間 繰 入 金 支 出 その 他 の 活 動 による 支 出 基 本 財 産 定 期 預 金 支 出 支 出 その 他 の 活 動 支 出 計 (8) その 他 の 活 動 資 金 収 支 差 額 (9)=(7)-(8) 予 備 費 支 出 (10) 当 期 資 産 収 支 差 額 合 計 (11)=(3)+(6)+(9)-(10) 前 期 未 支 払 資 金 残 高 (12) 当 期 未 支 払 資 金 残 高 (11)+(12) この 様 式 は 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 号 の4 様 式 ( 拠 点 区 分 資 金 収 支 計 算 書 の 予 算 欄 を 拠 点 区 分 ごとに 作 成 し 事 業 区 分 ごとに 合 計 したものです

48 15 設 立 者 役 員 一 覧 表

49 16 履 歴 書 例 履 歴 書 平 成 年 月 日 作 成 フリガナ 実 印 氏 名 生 年 月 日 年 月 日 ( 満 歳 ) 性 別 住 所 印 鑑 登 録 証 明 書 どおりに 記 載 すること ( ) 学 歴 学 校 名 学 部 学 科 名 期 間 資 格 年 月 日 ~ 年 月 日 卒 年 退 職 歴 勤 務 先 在 職 期 間 職 務 内 容 役 職 年 月 日 ~ 年 月 日 現 職 勤 務 先 在 職 期 間 職 務 内 容 役 職 年 月 日 ~ 現 在 現 在 従 事 している 職 について 職 歴 とは 別 に 全 て 記 入 すること

50 他 法 人 役 員 経 歴 勤 務 先 在 職 期 間 職 務 内 容 役 職 年 月 日 ~ 年 月 日 他 法 人 役 員 経 歴 については 職 歴 とは 別 記 すること その 他 兼 務 職 歴 ( 例 : 民 生 委 員 任 意 団 体 等 の 役 員 歴 ) 勤 務 先 等 在 職 期 間 職 務 内 容 役 職 年 月 日 ~ 年 月 日 資 格 免 許 名 称 ( 種 別 ) 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 取 扱 機 関 年 月 日 他 の 理 事 予 定 者 との 関 係 氏 名 関 係 ( 注 1) 役 員 ( 理 事 監 事 )の 各 種 要 件 に 該 当 する 職 歴 等 は 必 ず 記 入 してください

51 17 欠 格 事 項 に 該 当 しないことの 申 述 書 申 述 書 秦 野 市 長 様 平 成 年 月 日 住 所 氏 名 実 印 私 は 社 会 福 祉 法 第 36 条 第 4 項 各 号 に 規 定 する 役 員 の 欠 格 事 由 のいずれにも 該 当 いたしません また 設 立 当 初 の 役 員 について 次 の 者 を 除 いて 私 と 親 族 等 の 特 殊 の 関 係 のあ る 者 はおりません 設 立 当 初 の 役 員 のうち 親 族 等 の 特 殊 の 関 係 のある 者 の 氏 名 参 考 1: 社 会 福 祉 法 第 三 十 六 条 抜 粋 ( 役 員 の 定 数 任 期 選 任 及 び 欠 格 ) 第 三 十 六 条 ( 略 ) 2~3 ( 略 ) 4 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 は 社 会 福 祉 法 人 の 役 員 になることができな い 一 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 二 生 活 保 護 法 児 童 福 祉 法 老 人 福 祉 法 身 体 障 害 者 福 祉 法 又 はこの 法 律 の 規 定 に 違 反 して 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わり 又 は 執 行 を 受 けることがなくなる までの 者 三 前 号 に 該 当 する 者 を 除 くほか 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ その 執 行 を 終 わり 又 は 執 行 を 受 けることがなくなるまでの 者 四 第 五 十 六 条 第 四 項 の 規 定 による 所 轄 庁 の 解 散 命 令 により 解 散 を 命 ぜられた 社 会 福 祉 法 人 の 解 散 当 時 の 役 員 参 考 2: 親 族 等 の 特 殊 の 関 係 のある 者 ( 社 会 福 祉 法 人 指 導 監 査 要 綱 より) 1 当 該 役 員 と 民 法 に 定 める 親 族 関 係 にある 者 2 当 該 役 員 とまだ 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 と 同 様 の 事 情 にある 者 3 当 該 役 員 の 使 用 人 及 び 当 該 役 員 から 受 ける 金 銭 その 他 の 財 産 によって 生 計 を 維 持 している 者 4 2 又 は3の 親 族 で これらの 者 と 生 計 を 一 にしている 者 5 当 該 役 員 が 役 員 となっている 会 社 の 役 員 使 用 人 及 び 当 該 会 社 の 経 営 に 従 事 する 他 の 者 並 びに 当 該 会 社 の 同 族 会 社 の 使 用 人 であって 役 員 と 同 等 の 権 限 を 有 する 者 6 1~4の 者 と 同 族 会 社 の 関 係 にある 法 人 の 役 員 及 び 使 用 人 注 詳 細 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 25 条 の17 第 6 項 第 1 号 に 規 定 する 親 族 等 の 定 義 を 確 認 してください

52 18 委 任 状 ( 設 立 代 表 者 が 設 立 に 関 する 一 切 の 権 限 を 有 する 場 合 ) 委 任 状 ( 印 鑑 登 録 証 明 書 記 載 のとおりに 記 入 してください ) 住 所 氏 名 上 記 の 者 を 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 の 設 立 代 表 者 として 設 立 に 関 し 必 要 な 権 限 の 一 切 を 委 任 する 平 成 年 月 日 ( 注 1) ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 のとおり 記 入 してください ) ( 注 2) 住 所 氏 名 実 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 ( 注 1) 年 月 日 は 贈 与 契 約 日 以 前 の 日 付 である 必 要 があります ( 注 2) 設 立 代 表 者 以 外 の 理 事 監 事 分 を 作 成 してください ( 注 3) 連 記 式 でなく 設 立 者 別 の 個 別 の 委 任 状 でも 差 し 支 えありません

53 19 委 任 状 ( 設 立 代 表 者 が 贈 与 契 約 等 の 当 事 者 となる 場 合 ) 委 任 状 ( 印 鑑 登 録 証 明 書 記 載 のとおりに 記 入 してください ) 住 所 氏 名 上 記 の 者 を 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 の 設 立 代 表 者 として 設 立 に 関 し 必 要 な 権 限 ( 〇 〇 〇 〇 〇 〇 との 贈 与 契 約 及 び 所 有 権 移 転 登 記 確 約 並 びに 〇 〇 〇 〇 〇 〇 の 理 事 就 任 承 諾 に 係 る 部 分 を 除 く )の 一 切 を 委 任 する 平 成 年 月 日 ( 注 1) ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 記 載 のとおりに 記 入 してください ) ( 注 2) 住 所 氏 名 実 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 ( 注 1) 年 月 日 は 贈 与 契 約 日 以 前 の 日 付 である 必 要 があります ( 注 2) 設 立 代 表 者 以 外 の 理 事 監 事 分 を 作 成 してください ( 注 3) 連 記 式 でなく 設 立 者 別 の 個 別 の 委 任 状 でも 差 し 支 えありません

54 20 委 任 状 ( 設 立 代 表 者 以 外 のものに 贈 与 契 約 等 に 係 る 権 限 を 委 任 する 場 合 ) 委 任 状 ( 印 鑑 登 録 証 明 書 記 載 のとおりに 記 入 してください ) 住 所 氏 名 上 記 の 者 を 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 の 設 立 代 表 者 代 理 人 として 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 と 〇 〇 〇 〇 〇 〇 との 贈 与 契 約 及 び 設 立 に 所 有 権 移 転 登 記 確 約 並 びに 〇 〇 〇 〇 〇 の 理 事 就 任 承 諾 に 係 る 権 限 を 委 任 する 平 成 年 月 日 ( 注 1) ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 記 載 のとおりに 記 入 してください ) ( 注 2) 住 所 氏 名 実 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 設 立 者 市 丁 目 番 号 印 ( 注 1) 年 月 日 は 贈 与 契 約 日 以 前 の 日 付 である 必 要 があります ( 注 2) 設 立 代 表 者 代 理 人 以 外 の 理 事 監 事 分 を 作 成 してください ( 注 3) 連 記 式 でなく 設 立 者 別 の 個 別 の 委 任 状 でも 差 し 支 えありません

55 21 役 員 就 任 承 諾 書 理 事 ( 注 1) 就 任 承 諾 書 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 理 事 ( 注 1)に 就 任 することを 承 諾 します 平 成 年 月 日 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 住 所 氏 名 実 印 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 ( 設 立 代 表 者 代 理 人 ) 〇 〇 〇 〇 様 ( 注 1) 監 事 評 議 員 就 任 承 諾 書 は 理 事 の 文 言 を 換 えて 作 成 してください ( 注 2) 設 立 代 表 者 への 委 任 状 作 成 日 以 降 の 日 付 を 記 入 してください ( 注 3) 設 立 代 表 者 の 分 も 作 成 してください

56 22 評 議 員 一 覧 表

57 23 建 設 計 画 書 建 設 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 会 1 施 設 名 2 経 営 主 体 3 設 置 場 所 4 定 員 5 敷 地 の 面 積 6 規 模 及 び 構 造 1 階 床 面 積 m2 2 階 床 面 積 m2 延 べ 床 面 積 m2 7 配 置 図 及 び 平 面 図 ( 別 紙 のとおり) 8 施 設 整 備 資 金 計 画 (1) 収 入 国 県 補 助 金 円 ( 市 町 村 ) 補 助 金 円 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 借 入 金 円 自 己 資 金 円 (2) 支 出 敷 地 造 成 工 事 費 円 建 設 主 体 工 事 円 付 帯 設 備 工 事 費 円 初 度 調 弁 費 円 設 計 監 理 費 円 9 工 事 予 定 期 間 (1) 着 工 年 月 日 平 成 年 月 日 (2) 竣 工 年 月 日 平 成 年 月 日 10 施 設 事 業 開 始 予 定 年 月 日 平 成 年 月 日

58 24 償 還 計 画 書 1 年 次 別 償 還 額 及 び 充 当 財 源 別 金 額 区 分 償 還 額 充 当 財 源 別 金 額 寄 付 金 回 年 次 元 金 利 息 合 計 補 助 金 等 氏 名 金 額 1 平 成 年 2 平 成 年 合 計 2 充 当 財 源 の 調 達 内 容 (1) 補 助 金 等 円 (2) 寄 付 氏 名 寄 付 総 額 円 円 円 償 還 計 画 書 合 計 円 円 円 円 円 円

59 25 償 還 金 贈 与 契 約 書 例 償 還 金 贈 与 契 約 書 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 甲 という )と 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 ( 代 理 人 ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 乙 という )と 〇 〇 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 丙 という )は 次 のとおり 贈 与 契 約 を 締 結 した 第 1 条 甲 は 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 の 設 立 が 認 可 されたときは 同 法 人 の 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 からの 借 入 金 の 償 還 財 源 として 総 額 金 〇 〇 〇 〇 円 を 別 記 の とおり 同 法 人 に 贈 与 することを 約 し 乙 はこれを 承 諾 した 第 2 条 甲 は 前 条 による 贈 与 を 毎 年 〇 月 末 日 までに 行 わなければならない 第 3 条 甲 が 第 1 条 による 贈 与 を 履 行 できないとき 又 はできなくなったときは 丙 がその 贈 与 を 代 替 し 又 は 残 余 の 贈 与 を 継 承 して 行 う 第 4 条 丙 は 第 3 条 による 贈 与 の 継 承 を 履 行 できなくなったときは あらかじめ 乙 の 承 諾 を 得 なければならない 第 5 条 この 契 約 に 定 めていない 事 項 については 甲 乙 及 び 丙 は 誠 意 をもって 協 議 の うえ 決 定 するものとする 上 記 契 約 を 証 するため 同 文 3 通 を 作 成 し 甲 乙 及 び 丙 署 名 捺 印 のうえ 各 1 通 を 保 持 する 平 成 年 月 日 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 甲 住 所 氏 名 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 乙 住 所 氏 名 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 ( 代 理 人 ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 丙 住 所 氏 名 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印

60 別 記 回 贈 与 年 次 贈 与 金 額 ( 円 ) 回 贈 与 年 次 贈 与 金 額 ( 円 ) 1 平 成 年 11 平 成 年 2 平 成 年 12 平 成 年 3 平 成 年 13 平 成 年 4 平 成 年 14 平 成 年 5 平 成 年 15 平 成 年 6 平 成 年 16 平 成 年 7 平 成 年 17 平 成 年 8 平 成 年 18 平 成 年 9 平 成 年 19 平 成 年 10 平 成 年 20 平 成 年 総 額 ( 注 1) 法 人 設 立 認 可 申 請 書 には 契 約 書 の 写 しを 添 付 し 契 約 書 の は 関 係 者 がそれぞ れ 保 管 する ( 注 2) 他 の 金 融 機 関 から 借 入 をするときは 当 該 金 融 機 関 名 を 記 入 する ( 注 3) 設 立 代 表 者 に 権 限 を 委 任 した 日 以 降 の 日 付 にする ( 注 4) 設 立 代 表 者 が 贈 与 する 場 合 は 代 理 人 を 選 任 する

61 26 施 設 長 就 任 承 諾 書 施 設 長 就 任 承 諾 書 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 が 設 置 経 営 する 特 別 養 護 老 人 ホーム ( 注 2)の 施 設 長 に 就 任 することを 承 諾 します なお 施 設 長 に 就 任 するに 当 たっては その 職 務 に 専 念 することを 誓 います 平 成 年 月 日 ( 住 所 氏 名 は 印 鑑 登 録 証 明 書 の 記 載 と 一 致 させてください ) 住 所 氏 名 実 印 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 〇 〇 〇 〇 〇 〇 様 ( 注 1) 施 設 長 資 格 要 件 取 得 状 況 がわかる 関 係 書 類 ( 写 )を 添 付 してください ( 注 2) 保 育 所 の 場 合 は 保 育 所 園 などと 記 入 してください

62 27 基 本 財 産 編 入 誓 約 書 基 本 財 産 編 入 誓 約 書 このたび 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 が 設 置 経 営 する 特 別 養 護 老 人 ホーム の 建 物 については 完 成 後 速 やかに 基 本 財 産 に 編 入 することを 誓 約 いたします 平 成 年 月 日 社 会 福 祉 法 人 〇 〇 〇 〇 〇 設 立 代 表 者 〇 〇 〇 〇 〇 〇 実 印 秦 野 市 長 様

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

社会福祉法人 慶寿会 定款

社会福祉法人 慶寿会 定款 社 会 福 祉 法 人 慶 寿 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスが その 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 するこ とにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

社会福祉法人けやき福祉会定款

社会福祉法人けやき福祉会定款 社 会 福 祉 法 人 けやき 福 祉 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 心 身 ともに 健 やかに 育 成

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 平 成 25 年 4 月 都 留 市 市 民 厚 生 部 福 祉 課 法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

yoshiki (3).xlsx

yoshiki (3).xlsx Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 社 会 福 祉 法 人 わらべ 会 非 公 表 641-0042 和 歌 山 市 新 堀 東 2-1-25 電 話 番 号 073-436 - 1022 FAX 番 号 073-436 - 非 公 表 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 http://www.warabekai.jp/

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx)

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx) 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 昭 島 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 電 子 顕 微

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

<92E88ABC2E786477>

<92E88ABC2E786477> 定 款 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 江 戸 川 区 に 置 く 2.この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる 事 務 所 を 必 要 な 地 に 置 くことができる

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 人 見 君 子 市 祉 法 人 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 7 年 4 月 1 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 1 番 の1 電 話 番 号 075-771 - 388

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

財団法人市川市清掃公社寄附行為

財団法人市川市清掃公社寄附行為 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 定 款 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 6 月 20 日 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 市 川 市 清 掃 公 社 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 千 葉 県 市

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 地 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 エルダーケア 泉 佐 野 ケアプランセンター 泉 佐 野 市 中 庄 110 番 地 平 成 18 年 7 月 1 日 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 地 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 エルダーケア 泉 佐 野 ケアプランセンター 泉 佐 野 市 中 庄 110 番 地 平 成 18 年 7 月 1 日 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 和 泉 の 国 非 公 表 98-000 泉 佐 野 市 中 庄 110 番 地 電 話 番 号 07-48 - 7111 FAX 番 号 07-48 - 711 公 表 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 1 日 現 在 www.eldercare.or.jp kaito@eldercare.or.jp

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た

公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 た 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は, 公 益 財 団 法 人 広 島 県 地 域 保 健 医 療 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は, 主 たる 事 務 所 を

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information