Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4

5

6

7 識 が 毎 利 万 I~ :~9

8

9 識 を 顕 在 化 させるための 種 子 であるから,ある 利 型 r~ の 眼 識 とそれを 生 み 出 す 種

10

11

12 svasarptãna-pari l)ãma-vi~e 弱 d nãrthavi~e 号 ãt sad-asad-dharma-~ravanto de~anãyãrp

13

14

15 te~u prahïñe~u

16

Port of KITAKYUSHU 10 26 26 2014 58,746 932 97,439,040 1,106,328 100,097,507 429,490 2 484,948 2,721 58,746 100.0 4,485 7.6 54,261 92.4 97,439,040 100.0 51,181,588 52.5 46,257,452 47.5 100,097,507

More information

Microsoft PowerPoint - 05 資料③ 長期構想検討委員会(第1回)_傍聴用

Microsoft PowerPoint - 05 資料③ 長期構想検討委員会(第1回)_傍聴用 90 2 25km 50km, 2 100 1,200 1,000 800 600 400 200 0 808 365 53 48 291 99 751 302 265 319 136 149 910 916 918 288 327 324 154 96 109 293 260 200 225 611 314 233 226 62 201 558 547 47 56 225 212 610 240

More information

UFJ EPA NIKKEI BUSINESS 37

UFJ EPA NIKKEI BUSINESS 37 36 NIKKEI BUSINESS 2011.10.24 34 24 800 1000 30 12010 5 2002 101 10 10 2011GDP 5 47003 305640 70 2011 4 1 2 3 5 4 1265 2010 9 11 3 UFJ 16 20 1 9 2018 2019 3 9 EPA 2011.10.24 NIKKEI BUSINESS 37 39 2009

More information

~こ 分 ~ネ( / ) グループ (II) 1は 表 1 の 20, 21 の 疑 問 文 すなわち 文 末 形 式 が r~ ショウカ( 意 志 ) 場 合 が 付 く 場 合 の 表 現 機 能 の 違 いが 顕 著 である まずは Y/N~ショウカ 1 {~ね> 付 加 の 文 とも 付 加 の 文 とも 異 なる (ll 語 文 ~ r 情 報 論 における W~

More information

4000 2

4000 2 2008626 2 214 325 4 31 540 650 756 863 1 4000 2 2GDP 2007GDP20002.052.69 2007GDP18,97038,353 GDP20GDP 3 2007 GDP 2779 3 4 4 3500 6632671 5 645 4 6 7 1878 1912 1889 1914 5 8 1881 188112 9 102 183 17 14

More information

中国進出セミナー 中華人民共和国 唐山市人民政府

中国進出セミナー   中華人民共和国 唐山市人民政府 4000 715 357 13,572 198 47 4 3500 645 3 114 29000 4 6 1 4 2001 160 100 3500 2006 GDP2362 GDP14.6 200610040 5000 33 18.552.5% 5135 146.2 52 98 12,37618 5,15512.5 119444 97 2007 2008LNG 300 200710 14

More information

資料3国土をめぐる諸情勢表紙.PDF

資料3国土をめぐる諸情勢表紙.PDF . 50 50.... . 50 50 50 50 50 2000 2025 2000 2050 2000 2025 2050 2050 2050 2000 2025 2025 50 0.9% 1.4% 1990 2001 1990 2001 1990 2001 1.1% 0.4% 20033 217 mm (1999.6) (2000.9) ( ha) ( ha) ha ( ) ( H14

More information

千葉力創造研究会 報告書

千葉力創造研究会 報告書 4 5 6 7 64.1km22 182 50 36 8 2,500m211042210 22 24 10750 215 302050 214 90km 1529 13 21619 9 21414 HP JCT- IC JCT JCT JCT IC IC IC IC IC IC JCT JCT IC IC IC IC 3300km 14 13 JCTICIC JCT ICIC JCT IC201 JCT

More information

他 覚 的 斜 視 角 検 査 Ⅱ( を 点 滅 する 方 法 ) 準 備 物 大 型 弱 視 鏡 固 視 が 可 能 な 最 も 小 さいサイズの 同 時 視 用 スライド 顕 性 偏 位 量 の 他 覚 的 測 定 但 し 大 型 弱 視 鏡 検 査 での 顕 性 偏 位 光 学 台 と 椅 子

他 覚 的 斜 視 角 検 査 Ⅱ( を 点 滅 する 方 法 ) 準 備 物 大 型 弱 視 鏡 固 視 が 可 能 な 最 も 小 さいサイズの 同 時 視 用 スライド 顕 性 偏 位 量 の 他 覚 的 測 定 但 し 大 型 弱 視 鏡 検 査 での 顕 性 偏 位 光 学 台 と 椅 子 両 眼 性 眼 位 の 検 査 他 覚 的 斜 視 角 検 査 Ⅰ( 角 膜 反 射 を 見 る 方 法 ) 乳 幼 児 片 眼 の 視 力 不 良 偏 心 固 視 麻 痺 性 斜 視 がある 場 合 の 他 覚 的 斜 視 角 の 測 定 準 備 物 大 型 弱 視 鏡 固 視 が 可 能 な 最 も 小 さいサイズの 中 心 のあるスライド 光 学 台 と 椅 子 の 高 さの 調 節 顎 台

More information

Title ヴィルマル 共 和 国 期 の 海 軍 : 再 建 期 (1920-27) Author(s) 山 田, 義 顕 Editor(s) Citation 人 文 学 論 集. 1994, 12, p.63-77 Issue Date 1994-03-01 URL http://hdl.handle.net/10466/8834 Rights http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/

More information

中国の海洋政策の日本

中国の海洋政策の日本 ...1...1...3...3...3...4...10...15...15...19...19...34...41...55...61...69...78...89...92... 123...123...126... 126... 130... 140... 156... 172... 172... 183... 197...224... 229 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

More information

琉 球 大 学 教 育 学 部 音 楽 科 論 集 琉 球 大 学 教 育 学 部 音 楽 科 論 集 Title 合 唱 指 導 と 合 唱 団 育 成 における 理 念 とキーポイント - メトードとシステムを 着 眼 点 として- Author(s) 服 部, 洋 一 Citation 琉 球 大 学 教 育 学 部 音 楽 科 論 集 (3): 75-135 Issue Date 2011-02

More information

硫 化 水 素 モニタリングの 測 定 結 果 ( 平 成 19 年 5 月 分 )について 平 成 19 年 5 月 分 の 測 定 結 果 は 次 のとおりでした 平 成 19 年 5 月 1 日 ( 火 )から5 月 31 日 ( 木 ) 2 測 定 結 果 1 処 分 場 敷 地 境 界 (

硫 化 水 素 モニタリングの 測 定 結 果 ( 平 成 19 年 5 月 分 )について 平 成 19 年 5 月 分 の 測 定 結 果 は 次 のとおりでした 平 成 19 年 5 月 1 日 ( 火 )から5 月 31 日 ( 木 ) 2 測 定 結 果 1 処 分 場 敷 地 境 界 ( 硫 化 水 素 モニタリングの 測 定 結 果 ( 平 成 19 年 4 月 分 )について 平 成 19 年 4 月 分 の 測 定 結 果 は 次 のとおりでした 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 日 )から4 月 30 日 ( 月 ) 2 測 定 結 果 1 処 分 場 敷 地 境 界 ( 北 側 ): 測 定 地 点 1 : 86315 回 濃 度 : 0.010ppm 人 の 感 知

More information

Title 鎌 倉 幕 府 の 顕 密 寺 院 政 策 Author(s) 海 老 名, 尚 Citation 北 海 道 教 育 大 学 紀 要. 人 文 科 学 社 会 科 学 編, 61(2): 1-16 Issue Date 2011-02 URL http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspac Rights Hokkaido University of Education

More information

Microsoft PowerPoint - 糖尿病調査リリース最終稿110707

Microsoft PowerPoint - 糖尿病調査リリース最終稿110707 報 道 用 資 料 健 診 後 の 受 診 率 受 率 調 査 ~ 糖 尿 病 の 合 併 症 対 策 のために~ 健 康 日 本 21 推 進 フォーラム 2011 7 月 7 日 健 康 日 本 21 推 進 フォーラム 事 務 局 : 東 京 都 中 央 区 理 事 長 : 高 久 史 麿 自 治 医 科 大 学 学 長 は 過 去 1 間 に 受 診 した 健 康 診 断 で 血 糖 値 が

More information

3 圏 域 では 県 北 沿 岸 で2の 傾 向 を 強 く 見 てとることができます 4 近 年 は 分 配 及 び 人 口 が 減 少 している 市 町 村 が 多 くなっているため 所 得 の 増 加 要 因 を 考 える 場 合 は 人 口 減 少 による 影 響 についても 考 慮 する

3 圏 域 では 県 北 沿 岸 で2の 傾 向 を 強 く 見 てとることができます 4 近 年 は 分 配 及 び 人 口 が 減 少 している 市 町 村 が 多 くなっているため 所 得 の 増 加 要 因 を 考 える 場 合 は 人 口 減 少 による 影 響 についても 考 慮 する 調 査 分 析 レポート 21-9 平 成 21 年 12 月 16 日 調 査 統 計 課 調 査 分 析 担 当 一 人 当 たり 市 町 村 民 所 得 の 増 加 要 因 について 平 成 19 市 町 村 民 所 得 推 計 において 市 町 村 民 所 得 の 分 配 ( 以 下 分 配 という ) 及 び 一 人 当 たり 市 町 村 民 所 得 ( 以 下 所 得 という

More information

7key表紙前付け(横)

7key表紙前付け(横) 業 態 変 革 推 進 プラン- 全 印 工 連 2008 計 画 ~ 第 6 章 ~ 業 態 変 革 7Keys 業 態 変 革 推 進 企 画 室 業 態 変 革 推 進 プラン 第 2ステージ 業 態 変 革 7 Keys Key2. 営 業 戦 略 日 常 的 な 新 規 顧 客 獲 得 自 社 の 強 みの 合 った 受 注 デジタル 知 識 プレゼン 能 力 電 子 入 札 対 応 力

More information

2

2 16 Jichi Medical University Hospital Information from the Hospital 2 2 3 4 8 9 1 2 3 図 1 要 介 護 原 因 102 その 152 10 215 13 153 要 介 護 原 因 460 万 人 H22 年 国 民 生 活 基 礎 調 査 厚 労 省 HPより 4 図 2 ロコチェック(2010) 日 本 整 形

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

これらはいずれも 衛 星 放 送 で 1999 年 2~5 月 に 放 映 されたものである

これらはいずれも 衛 星 放 送 で 1999 年 2~5 月 に 放 映 されたものである これらはいずれも 衛 星 放 送 で 1999 年 2~5 月 に 放 映 されたものである

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

OPD_PDF出力用.indd

OPD_PDF出力用.indd 4 6 8 9 10 10 12 12 12 13 13 13 14 14 14 15 15 15 16 17 19 20 22 4 5 がん細胞への攻撃を止めろ! 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 3 3 月 3 4 火 3 5 水 3 6 木 3 7 金 3 8 土 3 9 日 36.5 36.4 36.8 37.5 36.5 36.1 36.2 62.0

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

............ 12... 12... 12.................. 10... 10... 11... 11... 12... 13... 15 39... 15... 16... 16... 16... 16... 17... 18... 18... 19 11... 19

............ 12... 12... 12.................. 10... 10... 11... 11... 12... 13... 15 39... 15... 16... 16... 16... 16... 17... 18... 18... 19 11... 19 742-2193 TEL 08207-4 -5440 URL http://www. oshima-k.ac.jp/ 12 12 11 ............ 12... 12... 12.................. 10... 10... 11... 11... 12... 13... 15 39... 15... 16... 16... 16... 16... 17... 18...

More information

拡 張 装 置 : I / 0 拡 張 ユニ ッ ~

拡 張 装 置 : I / 0 拡 張 ユニ ッ ~ 拡 張 装 置 : I / 0 拡 張 ユニ ッ ~ va~i n r c r n 6. プログ~" 強 制 7 r c, 混 血 II 正 眼 E 暢 a ~ャリプレーション 厄 Ill 作 成 a 写 ーで 適 用 モードをill!RL.. リヲーン~ーを 押 して 下 さい. ~ーで 還 期 モードを ill 騰 し.リヲーンキーを 押 して 下 草 い. :: II~~ :~ti-

More information

Microsoft PowerPoint - 14説明資料

Microsoft PowerPoint - 14説明資料 平 成 24 年 度 大 分 県 小 中 校 教 育 課 程 研 究 協 議 会 小 中 校 特 別 支 援 教 育 特 別 支 援 教 育 考 え 方 転 換 特 別 場 で 教 育 から 教 育 的 ニーズ に 応 じた 教 育 へ 特 殊 教 育 障 がい 種 類 や 程 度 に 応 じて 特 別 場 ( 盲 聾 養 護 校 特 殊 級 等 ) で を 行 う 特 別 支 援 教 育 障 がいある

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478> 今 月 のトピックス No.-( 年 月 日 ) 米 国 で 広 がる 所 得 格 差 と 力 強 さを 欠 く 個 人 消 費. 景 気 回 復 の 中 でも 米 国 の 個 人 消 費 は 力 強 さを 欠 く 米 国 の 個 人 消 費 は GDPの 割 を 占 め 経 済 成 長 を 牽 引 してきた しかし 9 年 第 四 半 期 に 始 ま る 現 在 の 景 気 拡 大 期 の 消 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323495BD90AC82518251944E93788BB388E78FA797E38AEE8BE08CA48B868DC58F4995F18D908F915F8FE3945F8D828D5A89CA8EF794C7816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323495BD90AC82518251944E93788BB388E78FA797E38AEE8BE08CA48B868DC58F4995F18D908F915F8FE3945F8D828D5A89CA8EF794C7816A2E646F63> 研 究 結 果 報 告 書 財 団 法 人 長 野 県 学 校 科 学 教 育 奨 励 基 金 理 事 長 田 幸 淳 男 様 平 成 23 年 1 月 19 日 学 校 名 長 野 県 上 伊 那 農 業 高 等 学 校 学 校 長 名 青 木 正 幸 印 1. 研 究 テーマ 気 象 災 害 に 強 い 果 樹 人 工 授 粉 法 の 改 善 と 果 樹 花 粉 の 有 効 利 用 に 関 する

More information

◆JREI固定インフォ No12◆◆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆JREI固定インフォ No12◆◆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 JREI 固 定 インフォ No12 日 本 不 動 産 研 究 所 からの 固 定 資 産 税 評 価 に 関 連 する 情 報 配 信 です 平 成 22 年 3 月 17 日 財 団 法 人 日 本 不 動 産 研 究 所 固 定 資 産 税 評 価 研 究 会 です 目 次 ======================================== 1. 第 1 回 税 制 調 査 会

More information

Microsoft Word - 5.保全対策0802.doc

Microsoft Word - 5.保全対策0802.doc 5.1 湖 沼 水 質 の 保 全 改 善 対 策 方 法 第 5 章 湖 沼 水 質 の 保 全 改 善 対 策 5.1 湖 沼 水 質 の 保 全 改 善 対 策 方 法 5.1.1 湖 沼 水 質 の 保 全 改 善 対 策 の 検 討 現 状 の 湖 沼 では 基 本 的 に 水 質 問 題 ( 課 題 )が 先 行 しており 水 質 問 題 の 顕 在 化 に 応 じて 施 策 が 検 討

More information

整 備 業 界 については 整 備 技 術 の 高 度 化 人 材 の 確 保 育 成 事 業 の 継 承 存 続 問 題 等 を 抱 えながらも 27 年 度 並 の 検 査 台 数 は 確 保 できる ものと 見 込 まれる 当 会 議 所 の 28 年 度 の 収 益 事 業 は 県 内 自

整 備 業 界 については 整 備 技 術 の 高 度 化 人 材 の 確 保 育 成 事 業 の 継 承 存 続 問 題 等 を 抱 えながらも 27 年 度 並 の 検 査 台 数 は 確 保 できる ものと 見 込 まれる 当 会 議 所 の 28 年 度 の 収 益 事 業 は 県 内 自 平 成 28 年 度 事 業 計 画 第 1 概 況 昨 年 の 県 内 自 動 車 市 場 は 26 年 4 月 の 消 費 税 増 税 による 反 動 減 の 長 期 化 エコカー 減 税 見 直 しによる 実 質 的 な 増 税 軽 自 動 車 税 の 増 税 等 の 影 響 を 受 け 登 録 車 軽 自 動 車 ともに 前 年 割 れの 状 況 であり 自 動 車 業 界 にとっては 厳

More information

資料3 柘植委員提出資料

資料3 柘植委員提出資料 学 術 の 基 本 問 題 に 関 する 特 別 委 員 会 第 9 回 平 成 26 年 9 月 30 日 資 料 3 科 学 技 術 学 術 審 議 会 学 術 分 科 会 学 術 の 基 本 問 題 に 関 する 特 別 委 員 会 ( 第 7 期 第 9 回 ) H26.9.30 我 が 国 のイノベーション ナショナル システムの 改 革 戦 略 注 の 持 つ 科 学 技 術 学 術 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E926E89BF8CF68EA682CC93AE8CFC816998418D8789EF92F18F6F8CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E926E89BF8CF68EA682CC93AE8CFC816998418D8789EF92F18F6F8CB48D65816A> 平 成 26 年 地 価 公 示 における 県 内 の 地 価 動 向 ( 大 分 県 ) 1. 大 分 県 の 経 済 概 況 大 分 県 内 の 景 気 は 一 部 に 弱 めの 動 きもみられるが 緩 やかに 持 ち 直 しの 動 きが 広 が りつつあ 最 終 需 要 面 をみると 個 人 消 費 は 雇 用 所 得 環 境 において 厳 しい 情 勢 が 続 く 中 株 価 上 昇 に 伴

More information

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの 日 本 と 韓 国 協 力 するためには 金 俊 佑 ( 韓 国 ) 私 は 幼 い こ ろ 日 本 に 住 ん で い ま し た ま だ 小 さ か っ た の で 記 憶 は 断 片 的 に し か あ り ませんが 日 本 に 対 しての 印 象 だけははっきりと 残 っています とても 暖 かくて かつ 穏 やかな 良 いイメージです 周 辺 に 公 園 が 多 く 自 然 が 身 近 に

More information

2000 年 12 月 輸 出 の 減 速 によりテンポはやや 鈍 化 しているものの 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2001 年 1 月 緩 やかな 回 復 を 続 けているが そのテンポは 輸 出 の 減 速 により 鈍 化 している 2001 年 2 月 緩 やかな 回 復 を 続 け

2000 年 12 月 輸 出 の 減 速 によりテンポはやや 鈍 化 しているものの 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2001 年 1 月 緩 やかな 回 復 を 続 けているが そのテンポは 輸 出 の 減 速 により 鈍 化 している 2001 年 2 月 緩 やかな 回 復 を 続 け 景 気 総 括 判 断 の 推 移 東 京 短 資 株 式 会 社 市 場 調 査 室 前 月 に 比 べ 上 方 修 正 下 方 修 正 不 変 をそれぞれ に 対 応 させてある 2016/7/29 修 正 景 気 の 総 括 判 断 金 融 市 場 の 調 節 方 針 等 1998 年 1 月 停 滞 色 の 強 い 状 況 にある 1998 年 2 月 景 気 は 停 滞 を 続 けている

More information

-- -- -- -- -- - -- --

-- -- -- -- -- - -- -- G G -- -- -- -- -- - -- -- 子 どもの 読 書 活 動 優 秀 実 践 校 図 書 館 団 体 ( 個 人 ) 表 彰 要 項 平 成 21 年 11 月 24 日 文 部 科 学 大 臣 決 定 1 趣 旨 この 要 項 は 子 どもが 言 葉 を 学 び 感 性 を 磨 き 表 現 力 を 高 め 創 造 力 を 豊 かなものにし 人 生 をより 深 く 生 きる

More information

<93798D488E7B8D488AC7979D977697CC5F323730375F96DA8E9F2E786264>

<93798D488E7B8D488AC7979D977697CC5F323730375F96DA8E9F2E786264> 土 工 施 工 管 理 要 領 平 成 27 年 7 月 東 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 西 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 目 次 Ⅰ. 総 則... 1-1 1. 適 用... 1-1 2. 構 成... 1-1 3. 施 工 管 理 の 意 義... 1-1 4. 施 工 管 理 試 験 の 基 本 事 項... 1-2 4-1

More information

1. 官 業 時 代 の 簡 保 事 業 に 対 する 問 題 認 識 簡 易 生 命 保 険 と 民 間 生 保 との 競 争 条 件 の 不 整 合 国 営 事 業 として 一 定 の 事 業 制 限 のもと 民 間 と 競 合 することなく 民 業 を 補 完 する 目 的 (*1)で 事 業

1. 官 業 時 代 の 簡 保 事 業 に 対 する 問 題 認 識 簡 易 生 命 保 険 と 民 間 生 保 との 競 争 条 件 の 不 整 合 国 営 事 業 として 一 定 の 事 業 制 限 のもと 民 間 と 競 合 することなく 民 業 を 補 完 する 目 的 (*1)で 事 業 郵 政 改 革 推 進 室 ヒアリング 資 料 平 成 21 年 12 月 11 日 生 命 保 険 協 会 1. 官 業 時 代 の 簡 保 事 業 に 対 する 問 題 認 識 簡 易 生 命 保 険 と 民 間 生 保 との 競 争 条 件 の 不 整 合 国 営 事 業 として 一 定 の 事 業 制 限 のもと 民 間 と 競 合 することなく 民 業 を 補 完 する 目 的 (*1)で

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

アジア 女 性 研 究 第 20 号 ( ) 1. 新 聞 の 犯 罪 報 道 における 女 性 被 害 者 の 描 かれ 方 1 女 性 被 害 者 の 描 かれ 方 : - OL 56

アジア 女 性 研 究 第 20 号 ( ) 1. 新 聞 の 犯 罪 報 道 における 女 性 被 害 者 の 描 かれ 方 1 女 性 被 害 者 の 描 かれ 方 : - OL 56 日 本 の 犯 罪 報 道 における 女 性 女 性 被 害 者 女 性 被 疑 者 はじめに 犯 罪 報 道 をめぐる 議 論 および 本 稿 の 視 座 と 目 的, 55 アジア 女 性 研 究 第 20 号 ( 2011. 3) 1. 新 聞 の 犯 罪 報 道 における 女 性 被 害 者 の 描 かれ 方 1 女 性 被 害 者 の 描 かれ 方 : - OL 56 日 本 の 犯 罪

More information

設 問 4(5) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 地 球 自 然 事 象 についての 知 識 理 解 ( 短 答 式 ) (6) 主 として 活 用 に 関 する 問 題 地 球 科 学 的 な 思 考 表 現 ( 選 択 式 ) 水 が 水 蒸 気 になる 現 象 について 科 学 的

設 問 4(5) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 地 球 自 然 事 象 についての 知 識 理 解 ( 短 答 式 ) (6) 主 として 活 用 に 関 する 問 題 地 球 科 学 的 な 思 考 表 現 ( 選 択 式 ) 水 が 水 蒸 気 になる 現 象 について 科 学 的 (4) 理 科 の 設 問 別 考 察 ( 特 徴 のある 設 問 について) 小 学 校 理 科 全 国 と 比 較 し 平 均 正 答 率 を 上 回 った 設 問 例 設 問 3(4) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 物 質 観 察 実 験 の 技 能 ( 短 答 式 ) (5) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 物 質 観 察 実 験 の 技 能 ( 選 択 式 ) メスシリンダーの

More information

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の 企 業 活 力 研 究 所 地 方 税 研 究 会 報 告 レジュメ < 資 料 1> 個 人 住 民 税 の 課 税 ベース 拡 大 による 地 方 税 制 改 革 京 都 産 業 大 学 経 済 学 部 八 塩 裕 之 1 1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

Microsoft Word - 研究倫理ガイドブックv2.doc

Microsoft Word - 研究倫理ガイドブックv2.doc 表 1.1. 研 究 の 段 階 と 必 要 書 類 研 究 の 段 階 実 施 事 項 実 施 主 体 必 要 書 類 実 験 対 象 管 理 者 研 究 者 実 施 者 ヒト 動 物 研 究 の 計 画 以 前 講 習 会 講 義 研 究 の 心 得 実 施 の 計 画 実 験 計 画 予 備 作 業 研 究 計 画 書 実 施 の 準 備 倫 理 委 員 会 開 催 研 究 倫 理 審 査 申

More information

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反 79 博 要 旨 審 報 告 押 美 位 請 求 Ⅰ 要 旨 押 美 切 口 探 要 月 付 与 設 定 読 支 持 受 今 至 繰 返 定 番 対 設 定 バ シ ョ 彩 ワ 言 過 言 言 換 機 能 7 始 せ 専 攻 研 究 数 限 絵 姿 着 L t 組 合 せ 重 置 試 個 々 80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察

More information

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ 最 強 のシェルター!アルテミアの 耐 久 卵 を させるには? 研 究 者 担 当 職 員 小 山 田 渓 乃 村 上 史 佳 安 江 望 清 水 加 奈 1. ア ル テ ミ ア と は? アルテミアは 節 足 動 物 門 甲 殻 亜 門 無 甲 目 ア ル テ ミ ア 属 に 属 す る 種 の 総 称 で ホウ ネ ン エ ビ と 同 じ 目 に 属 す る 今 回 材 料 に 用 いた a

More information

Hermansky-Pudlak症候群を理解するために・・・〔暫定版〕

Hermansky-Pudlak症候群を理解するために・・・〔暫定版〕 ヘルマンスキー パドラック 症 候 群 (Hermansky-Pudlak Syndrome;HPS) を 理 解 するために 暫 定 版 千 葉 大 学 大 学 院 医 学 研 究 院 公 衆 衛 生 学 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 遺 伝 子 診 療 部 ( 遺 伝 カウンセリング 室 ) 千 葉 県 こども 病 院 遺 伝 科 ( 非 常 勤 ) 小 児 科 専 門 医 臨 床

More information

070716431276suko.indd

070716431276suko.indd 財 団 法 人 北 海 道 心 臓 協 会 理 事 長 伊 藤 義 郎 飯 村 攻 札 幌 医 科 大 学 名 誉 教 授 札 幌 鉄 道 病 院 顧 問 (1992~2001 北 海 道 心 臓 協 会 副 理 事 長 ) 北 畠 顕 北 海 道 大 学 名 誉 教 授 加 納 総 合 病 院 顧 問 (2001~2005 北 海 道 心 臓 協 会 副 理 事 長 ) 菊 池 健 次 郎 北

More information

- m m -. - -. 77

- m m -. - -. 77 論 文 安 全 安 心 な 都 市 空 間 形 成 を 目 指 して ~ 都 市 域 を 水 災 害 から 守 るために~ 大 都 市 への 人 口 集 中 が 進 み, 多 くの 人 々は 快 適 で, 文 化 的 な 生 活 を 享 受 している.しかし, 近 年, 記 録 的 短 時 間 降 雨 の 発 生 頻 度 が 増 加 しており, 下 水 道 による 雨 水 排 水 能 力 を 超 えた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090D4904697A791CC926E907D83668357835E838B8366815B835E90BB956990E096BE8F91766572312E302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090D4904697A791CC926E907D83668357835E838B8366815B835E90BB956990E096BE8F91766572312E302E646F63> 赤 色 立 体 地 図 デジタルデータ 製 品 rrim50 rrim10 rrim10 rrim5 rrim5 製 品 説 明 書 Ver.1.0 2010 年 9 月 はじめに 数 値 地 図 赤 色 立 体 地 図 50Mメッシュ について 値 地 図 50Mメッシュ( 標 高 標 )による 高 )による 赤 色 赤 立 色 体 立 地 体 図 地 供 範 仕 接 合 )について... 基 盤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836883898343836F815B82C6817789D495B28FC7817882C98AD682B782E992B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836883898343836F815B82C6817789D495B28FC7817882C98AD682B782E992B28DB895F18D908F912E646F63> ドライバーと 花 粉 症 に 関 する 調 査 2007 1 月 健 康 日 本 21 推 進 フォーラム 目 次 調 査 企 画 1 調 査 結 果 の 内 容 3 Ⅰ 花 粉 症 のドライバー1000 名 に 聞 く 花 粉 症 とのかかわり 1. 花 粉 症 歴... 5 平 均 12.4 だが 30 以 上 (4.2%)の ベテラン も 2. 花 粉 症 になった... 6 平 均 して 28.2

More information

(1) 基 本 属 性 年 齢 20 歳 代 14% 30 歳 代 35% 40 歳 代 28% 50 歳 代 以 上 13% 国 籍 ブラジル 国 籍 97% 配 偶 者 の 日 本 国 籍 4% 日 系 1 世 6% 2 世 41% 日 系 3 世 31% 非 日 系 18% 在 留 資 格 永

(1) 基 本 属 性 年 齢 20 歳 代 14% 30 歳 代 35% 40 歳 代 28% 50 歳 代 以 上 13% 国 籍 ブラジル 国 籍 97% 配 偶 者 の 日 本 国 籍 4% 日 系 1 世 6% 2 世 41% 日 系 3 世 31% 非 日 系 18% 在 留 資 格 永 静 岡 県 外 国 人 労 働 実 態 調 査 の 調 査 結 果 ( 概 要 ) H20.9 月 静 岡 県 は 平 成 19 年 度 に 静 岡 文 化 芸 術 大 学 に 委 託 して 静 岡 県 外 国 人 労 働 実 態 調 査 を 実 施 した 以 下 は である 構 成 は Ⅰ 外 国 人 調 査 Ⅱ 事 業 所 調 査 ( 派 遣 元 受 託 事 業 所 ) Ⅲ 事 業 所 調 査

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204E4F2E34318BDF8B4587542D87428352837E8385836A8350815B8356838783938D758B608140947A957A8E9197BF97708366815B835E2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204E4F2E34318BDF8B4587542D87428352837E8385836A8350815B8356838783938D758B608140947A957A8E9197BF97708366815B835E2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 准 フォレスター 等 育 成 研 修 事 業 中 部 近 畿 ブロックⅠ-3 フォレスターに 求 められる 合 意 形 成 に 必 要 な コミュニケーション プレゼンテーション 力 プロセスマネージャー リードクライム( 株 ) 西 直 人 言 った 話 した 伝 えた 説 明 した ら 伝 わる とは 限 らない 伝 えた 説 明 した ら 伝 わる と 思 うのは 言 う

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 豚 繁 殖 呼 吸 障 害 症 候 群 (PRRS) 対 象 家 畜 : 豚 いのしし 原 因 : PRRSウイルスはプラス 一 本 鎖 RNAをゲノムとし 北 米 型 と 欧 州 型 の 二 つの 遺 伝 子 型 に 大 別 され 前 者 がより 強 毒 である 疫 学 : 1987 年 に 米 国 で 確 認 された 新 興 感 染 症 であり 世 界 中 に 拡 散 し 日 本 でも 北 米

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

Microsoft Word - No.10 西村.doc

Microsoft Word - No.10 西村.doc [ 論 文 No.10] 名 古 屋 港 西 五 区 耐 震 強 化 岸 壁 (-14m) 築 造 工 事 における 桟 橋 杭 の 根 入 れ 長 の 変 更 ( 独 ) 港 湾 空 港 技 術 研 究 所 菊 池 喜 昭 ( 株 ) 地 盤 試 験 所 西 村 真 二 1. 事 例 の 概 要 名 古 屋 港 の 西 五 区 に-14mコンテナ 船 用 の 桟 橋 式 の 耐 震 強 化 岸 壁

More information

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx 本 事 業 は 日 本 財 団 の 支 援 を 得 て 実 施 されています 中 国 海 事 通 信 CHINA MARITIME NEWS ( 第 242 号 : 平 成 25 年 12 月 ( 香 港 事 務 所 作 成 )) < 造 船 舶 用 工 業 > 第 17 回 中 国 国 際 海 事 展 高 級 海 事 フォーラム-----------------------------P1 交 通

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

調 査 結 果 の 要 約 2 株 式 会 社 日 本 リサーチセンター( 本 社 : 東 京 都 中 央 区 社 長 : 鈴 木 稲 博 )は )は 昭 和 年 に 設 立 された 民 間 の 調 査 研 究 機 関 です 民 間 企 業 および 官 公 庁 大 学 をはじめとする 学

調 査 結 果 の 要 約 2 株 式 会 社 日 本 リサーチセンター( 本 社 : 東 京 都 中 央 区 社 長 : 鈴 木 稲 博 )は )は 昭 和 年 に 設 立 された 民 間 の 調 査 研 究 機 関 です 民 間 企 業 および 官 公 庁 大 学 をはじめとする 学 オリンピック パラリンピックの 東 京 招 致 についての 全 国 世 論 調 査 2012 年 6 月 調 査 結 果 株 式 会 社 日 本 リサーチセンター (Member of Gallup International Association) 代 表 取 締 役 社 長 鈴 木 稲 博 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 2ー7ー1 電

More information

旧 名 称 の 医 薬 品 等 ( 使 用 期 限 : 平 成 26 年 3 月 31 日 限 り) No 品 名 成 分 名 規 格 単 位 1 外 用 薬 ヒアルロン 酸 ナトリウム ヒ ア ル ロ ン 酸 点 眼 液 0.1% FFP ナトリウム 0.1%5mL1 瓶 2 外 用 薬 ヒアルロ

旧 名 称 の 医 薬 品 等 ( 使 用 期 限 : 平 成 26 年 3 月 31 日 限 り) No 品 名 成 分 名 規 格 単 位 1 外 用 薬 ヒアルロン 酸 ナトリウム ヒ ア ル ロ ン 酸 点 眼 液 0.1% FFP ナトリウム 0.1%5mL1 瓶 2 外 用 薬 ヒアルロ 日 医 発 第 16 号 ( 保 5 ) 平 成 2 5 年 4 月 3 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 横 倉 義 武 使 用 薬 剤 の 薬 価 ( 薬 価 基 準 ) 等 の 一 部 改 正 について 平 成 25 年 3 月 21 日 付 厚 生 労 働 省 告 示 第 56 号 をもって 薬 価 基 準 の 一 部 が 改 正 されるとともに 同 日 付 厚

More information

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連 別 紙 2 平 成 22 年 度 長 大 橋 における 異 種 構 造 の 連 続 化 と 経 済 的 な 支 間 割 による 合 理 化 橋 梁 一 般 国 道 337 号 当 別 町 札 幌 大 橋 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 道 路 事 務 所 秋 山 隆 住 岡 栄 悦 濱 下 和 久 札 幌 大 橋 ( 下 流 橋 )は 一 般 国 道 337 号 の4 車 線 化 の 一 環 として

More information

MOL AR08 J p4-41.indd

MOL AR08 J p4-41.indd 8% 8% 58% 4% 2008 3 22% 2007 LNG 4 2006 1,6351,000 2,775 2002 2007 360 60% 2004 2 2007 3.8 2007 2,000 2 3 2006 153,000 2007125,000 2007 10 2 12 100 30130 4 3 3 London Courage 32 Annual Report 2008 4 2007

More information

経 過 年 数 と1スパン 当 り 損 傷 数 累 計 値 50 1976 29 1355 118 10 1/2 1/10 1.0 () () 1.0 0 29 0.9 /30 59 1.5 /60 3.0 / 20 30 50 60 腐 食 たるみ 蛇 行 - 総 数 腐 食 - 破 損 クラック - 経 済 的 耐 用 年 数 を 72 年 100 年 以 上 へ 減 生 産 時 期 ( 戦 中

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

Microsoft Word - RM最前線 docx

Microsoft Word - RM最前線 docx 2014 No.15 イベント 産 業 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 とリスクマネジメント 2020 年 に 東 京 で 開 催 されるオリンピック パラリンピック 競 技 大 会 をはじめ 多 くの 観 客 や 来 場 者 が 集 まるイベントは 関 連 する 企 業 や 組 織 のみならず 開 催 地 域 の 経 済 にも 大 きな 波 及 効 果 をもた らす 近 年 では MICE と

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i 5.4.1.2 津 波 によるコンビナートの 被 害 津 波 浸 水 予 測 ( 房 総 半 島 東 方 沖 日 本 海 溝 沿 い 地 震 )の 結 果 から コンビナートでは 浸 水 しない ことが 想 定 されており 5.2 項 で 示 したような 津 波 浸 水 被 害 は 発 生 しない また 1677 年 延 宝 房 総 沖 地 震 は 顕 著 な 揺 れを 伴 わなかった 津 波 地

More information

1

1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 LD ADHD LD ADHD 14 15 16 17 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 5 13 5 14 5 15 5 16 3 17 3 18 19 20 3 21 22 23 24 25 26 27 28 3 29 30 20 31 1131095-11022009 18 ADHD 16.17.18.19.20.30.31

More information

(資料‐6)マンション管理の実態

(資料‐6)マンション管理の実態 資 料 -6 マンション 管 理 の 実 態 < 目 次 > 1 管 理 組 合 の 運 営 1 2 計 画 的 な 維 持 管 理 への 取 組 10 3 マンションの 取 引 時 におけるマンション 管 理 情 報 の 提 供 等 17 1 1 管 理 組 合 の 運 営 管 理 組 合 管 理 規 約 の 有 無 管 理 規 約 の 改 正 状 況 2 総 会 役 員 会 理 事 会 の 開

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

診 療 名 月 火 水 木 消 化 器 移 植 初 診 初 診 島 田 光 生 (FAX) 島 田 光 生 (FAX) (ドナー 来 ) (ドナー 来 ) (ドナー 来 ) TEL 633-7136 島 田 光 生 島 田 光 生 森 根 裕 二 FAX 633-7482 池 本 哲 也 肝 胆 膵

診 療 名 月 火 水 木 消 化 器 移 植 初 診 初 診 島 田 光 生 (FAX) 島 田 光 生 (FAX) (ドナー 来 ) (ドナー 来 ) (ドナー 来 ) TEL 633-7136 島 田 光 生 島 田 光 生 森 根 裕 二 FAX 633-7482 池 本 哲 也 肝 胆 膵 FAX 予 約 について 新 患 患 者 さんの 待 ち 時 間 の 短 縮 及 び 効 率 的 で 迅 速 な 医 療 の 提 供 のため FAXによる 診 療 予 約 を 実 施 しています (FAX)の 記 載 のあるにつきましてはFAX 予 約 が 可 能 です (なお, 先 生 同 士 でお 約 束 のある 場 合 や, 特 にご 希 望 のある 場 合 等 は,この 限 りではありません

More information

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道 File.18< 判 決 原 文 > 固 定 資 産 税 4 事 件 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 1 2 年 ( 行 ウ) 第 3 32 号 平 成 1 4 年 1 月 2 2 日 判 決 (TAINS 判 例 検 索 Z999-8099) 控 訴 審 : 東 京 高 裁 平 成 1 4 年 ( 行 コ) 第 4 4 号 平 成 1 6 年 5 月 27 日 判 決 (TAINS 判 例

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

ぜ ば? 根 口 万 4 万 程 度 差 成 以 上 悩 現 実 書 感 会 社 勤 家 事 つ つ 常 活 送 向 ず つ 質 問 答 浮 べ 問 感? ほ 分 ひ ね 家 族 近 頼 叩 ず 市 販 シ ッ プ 貼 4 感 対 応 急 処 置 試 完 幸 運 恵 ほ ゃ ょ へ ル ニ ア 坐 骨 神 経 急 性 症 4 ぎ 5 脊 ち ゅ ょ 柱 管 狭 窄 症 6 便 秘 7 子 宮 筋 腫

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

1% 95% 9% 85% 8% 75% 1% 97% 道 内 全 体 年 少 人 口 歳 ~14 歳 83% H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 表 -1 指 定 通 学 路 の 条 件 交 安 法 施 行 令 第 4 条 より 一 児 童 又 は

1% 95% 9% 85% 8% 75% 1% 97% 道 内 全 体 年 少 人 口 歳 ~14 歳 83% H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 表 -1 指 定 通 学 路 の 条 件 交 安 法 施 行 令 第 4 条 より 一 児 童 又 は 北 海 道 における 子 供 が 関 わる 交 通 事 故 分 析 建 設 部 道 路 計 画 課 秩 父 宏 太 郎 青 木 秀 一 武 田 祐 輔 日 本 における 歩 行 中 の 交 通 事 故 の 死 者 の 割 合 は 海 外 に 較 べ 高 い 一 方 人 口 1 万 人 あたり の 歩 行 中 の 死 傷 者 数 では 子 供 が 事 故 に 遭 う 割 合 は 高 齢 者 を 含 めた

More information

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として 上 海 市 概 況 1. 一 般 概 況 (1) 概 要 ( 人 口 面 積 主 要 産 業 ) 市 名 上 海 市 面 積 6,340.5km2( 群 馬 県 (6,363.2km2)とほぼ 同 じ 東 京 都 は 2,102.4km2 ) 人 口 常 住 人 口 2415.27 万 人 出 生 率 *1 7.25 *4( 戸 籍 人 口 ) 戸 籍 人 口 1433.62 万 人 死 亡 率 *2

More information

< 対 象 と 方 法 > Lateral intercondylar ridge の 肉 眼 的 観 察 348 の 大 腿 骨 標 本 から 大 腿 骨 遠 位 部 の 損 傷 により 30 標 本 を 除 外 した 318 標 本 を 対 象 とした LIR 有 無 を 確 認 し LIR が

< 対 象 と 方 法 > Lateral intercondylar ridge の 肉 眼 的 観 察 348 の 大 腿 骨 標 本 から 大 腿 骨 遠 位 部 の 損 傷 により 30 標 本 を 除 外 した 318 標 本 を 対 象 とした LIR 有 無 を 確 認 し LIR が 学 位 論 文 の 内 容 の 要 旨 論 文 提 出 者 氏 名 塚 田 幸 行 論 文 審 査 担 当 者 主 査 宗 田 大 副 査 星 治 森 田 定 雄 論 文 題 目 Anatomic variations of the lateral intercondylar ridge: Relationship to the anterior margin of the anterior cruciate

More information

Ⅰ. 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 マネタリーベースの 年 間 増 加 ペースを 60~70 兆 円 から 80 兆 円 に 拡 大 長 期 国 債 の 保 有 残 高 の 年 間 増 加 額 を 80 兆 円 に +30 兆 円 長 期 国

Ⅰ. 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 マネタリーベースの 年 間 増 加 ペースを 60~70 兆 円 から 80 兆 円 に 拡 大 長 期 国 債 の 保 有 残 高 の 年 間 増 加 額 を 80 兆 円 に +30 兆 円 長 期 国 資 料 2014 年 12 月 19 日 日 本 銀 行 Ⅰ. 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 拡 大 マネタリーベースの 年 間 増 加 ペースを 60~70 兆 円 から 80 兆 円 に 拡 大 長 期 国 債 の 保 有 残 高 の 年 間 増 加 額 を 80 兆 円 に +30 兆 円 長 期 国 債 買 入 れの 平 均 残 存 期 間

More information

2 1. 交 易 条 件 の 改 善 の 影 響 輸 出 輸 入 デフレーターの 動 向 と 交 易 条 件 まずは GDP デフレーターの 動 向 を 見 ていこう GDP デフレー ターは 前 期 の 94.2 から 94.6 へと 0.4% 増 加 している GDP デフレーター 14 年 I

2 1. 交 易 条 件 の 改 善 の 影 響 輸 出 輸 入 デフレーターの 動 向 と 交 易 条 件 まずは GDP デフレーターの 動 向 を 見 ていこう GDP デフレー ターは 前 期 の 94.2 から 94.6 へと 0.4% 増 加 している GDP デフレーター 14 年 I 1 2015 年 8 月 18 日 2015 年 第 2 四 半 期 の SNA について( 修 正 版 ) 齊 藤 誠 要 旨 1 日 本 経 済 全 体 で 見 ると 石 油 価 格 を 中 心 に 一 次 産 品 価 格 の 下 落 と 円 安 の 恩 恵 を 受 けてきた 1.1 石 油 価 格 の 下 落 を 中 心 として 一 次 産 品 価 格 が 低 下 したことから 交 易 条 件

More information

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx エコノミスト 便 り 6 年 6 三 井 住 友 アセットマネジメント シニアエコノミスト 渡 邊 誠 本 経 済 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 る 浮 かび 上 がる 5 つの 要 因 雇 所 得 環 境 が 堅 調 な 割 に 個 消 費 が 冴 えないのは 何 故 か 個 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 った 様 々な 経 済 統 計 を 分 析 していくと 可 処 分 所 得 の

More information

Microsoft PowerPoint - 15x400_sample.pptx

Microsoft PowerPoint - 15x400_sample.pptx 株 式 会 社 御 中 サービス 調 査 分 析 レポート 分 析 レポート(15ページ) < 設 問 数 15 問 の 場 合 > 20XX 年 月 日 Ver1.0 目 次 調 査 設 計 2 の 点 数 の 見 方 3 調 査 結 果 のまとめ 4 総 括 5 アクションプランの 方 向 性 6 調 査 結 果 概 要 7 回 答 者 プロフィール 8 当 該 サービスの 利 用 理 由 9

More information

簡 単 な 前 提 地 方 への 社 会 的 関 心 ストップ 少 子 化 地 方 元 気 戦 略 ( 増 田 レポート ) 地 方 消 滅 ( 消 滅 可 能 性 都 市 リスト) 地 域 対 策 と 人 口 政 策 の 関 連 ( 東 京 一 極 集 中 の 是 正 と 少 子 化 問 題 )

簡 単 な 前 提 地 方 への 社 会 的 関 心 ストップ 少 子 化 地 方 元 気 戦 略 ( 増 田 レポート ) 地 方 消 滅 ( 消 滅 可 能 性 都 市 リスト) 地 域 対 策 と 人 口 政 策 の 関 連 ( 東 京 一 極 集 中 の 是 正 と 少 子 化 問 題 ) 若 者 地 域 移 動 くらし 向 き -5 年 間 追 跡 調 査 から- 片 山 悠 樹 ( 愛 知 教 育 大 学 ) 1 簡 単 な 前 提 地 方 への 社 会 的 関 心 ストップ 少 子 化 地 方 元 気 戦 略 ( 増 田 レポート ) 地 方 消 滅 ( 消 滅 可 能 性 都 市 リスト) 地 域 対 策 と 人 口 政 策 の 関 連 ( 東 京 一 極 集 中 の 是 正

More information

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評 総 6 7 総 経 4 1 平 成 26 8 月 15 日 各 都 道 府 県 知 各 政 令 指 都 市 市 各 殿 総 省 自 治 政 局 及 び 独 立 政 改 正 律 運 用 つ 通 知 及 び 独 立 政 改 正 律 平 成 26 律 34 改 正 布 つ 平 成 26 5 月 14 日 付 け 総 42 総 大 臣 通 知 り 知 せろ 改 正 運 用 り 通 知 り 通 知 ほ 記 留

More information

第3回 「仕事・会社に対する満足度」調査

第3回 「仕事・会社に対する満足度」調査 第 3 回 仕 事 会 社 に 対 する 満 足 度 調 査 2016 年 2 月 http://www.riskmonster.co.jp 1 調 査 の 概 要 1. 調 査 名 称 第 3 回 仕 事 会 社 に 対 する 満 足 度 調 査 2. 調 査 方 法 インターネット 調 査 3. 調 査 エリア 全 国 4. 期 間 2015 年 1 月 23 日 ( 土 )~1 月 24 日

More information

~O. ~ これから 紹 介 するのは, 上 に 列 記 したうちの 沖 縄 タイムス~ と 沖 縄 朝 日 新 聞 ~ も 知 れなし 伊 波 文 庫 は~おもろさうし をはじめとする 161 冊 の 古 文 書 から 成 る 伊 波 ~ 庖 搭 歌 ~, ~ 受 細 石 ~ ~ 琉 球 新 報 社 主 の 尚 順 一 派 に 対 L, なるが, 戦 後 又 吉 は~うるま 新 報 を 改 題

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少 申 告 加 算 税 無 申 告 加 算 税 及 び 重 加 算 税 の 制

加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少 申 告 加 算 税 無 申 告 加 算 税 及 び 重 加 算 税 の 制 資 料 2-1 加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 平 成 27 年 12 月 3 日 関 税 外 国 為 替 等 審 議 会 関 税 分 科 会 財 務 省 関 税 局 1 加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少

More information

Title 汗 孔 角 化 症 の 電 子 顕 微 鏡 的 研 究 Author(s) 館, 懌 二 Citation 金 沢 大 学 十 全 医 学 会 雑 誌, 89(1): 97-109 Issue Date 1980-02 Type Departmental Bulletin Paper Text version publisher URL http://hdl.handle.net/2297/8815

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション S-8 報 告 書 本 文 修 正 事 項 について(2014 年 11 月 10 日 ) 2014 年 3 月 18 日 版 に 公 表 致 しました 報 告 書 の 内 容 に 一 部 修 正 事 項 があります 修 正 個 所 1. 用 語 文 章 の 修 正 1 作 付 適 地, 生 産 適 地 を 栽 培 適 地 に 修 正 (P.9, P.10, P.31, P.32, P.34, P.35,

More information

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その 福 岡 大 学 就 業 規 則 昭 和 31 年 4 月 1 日 制 定 第 1 章 総 則 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 福 岡 大 学 寄 附 行 為 並 びに 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 及 び 関 係 法 令 の 精 神 に 則 り 職 員 の 就 業 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 定 めたものであって これにより 真 に

More information

現 する 錐 体 が 存 在 しない 場 合 に 生 じる 2 色 型 色 覚 ( 強 度 の 色 弱 )や, 変 異 によって 視 物 質 の 分 光 吸 収 特 性 が 大 きく 変 化 し て 起 きる 異 常 3 色 型 色 覚 ( 軽 度 の 色 弱 )がある. 緑 錐 体 と 赤 錐 体

現 する 錐 体 が 存 在 しない 場 合 に 生 じる 2 色 型 色 覚 ( 強 度 の 色 弱 )や, 変 異 によって 視 物 質 の 分 光 吸 収 特 性 が 大 きく 変 化 し て 起 きる 異 常 3 色 型 色 覚 ( 軽 度 の 色 弱 )がある. 緑 錐 体 と 赤 錐 体 蛍 光 顕 微 鏡 画 像 におけるカラーユニバーサルデザイン Color Universal Design How to Make Figures of Fluorescent Staining 岡 部 正 隆 Masataka Okabe 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 解 剖 学 講 座 要 旨 カラー 印 刷 技 術 の 発 達 やインターネットの 発 達 によって, 近 年 我 々の

More information

提 供 サービスの 充 実 を 主 とした 外 国 人 の 住 みやすく 訪 れやすい 環 境 づ くりの 推 進 の4つの 目 標 を 掲 げている 計 画 に 基 づき 本 市 の 国 際 化 を 進 め 現 在 においても 市 民 が 主 体 的 に 活 動 できる 環 境 の 支 援 充 実

提 供 サービスの 充 実 を 主 とした 外 国 人 の 住 みやすく 訪 れやすい 環 境 づ くりの 推 進 の4つの 目 標 を 掲 げている 計 画 に 基 づき 本 市 の 国 際 化 を 進 め 現 在 においても 市 民 が 主 体 的 に 活 動 できる 環 境 の 支 援 充 実 2 廿 日 市 市 の 国 際 化 の 現 状 と 課 題 (1) 現 状 ア 本 市 における 国 際 化 の 歴 史 廿 日 市 市 は 海 外 移 民 の 多 い 地 域 であり 明 治 の 半 ばからハワイ 北 米 南 米 などの 諸 国 へ 進 出 し それぞれの 国 において 地 域 社 会 の 発 展 に 貢 献 し てきた 近 年 の 国 際 化 の 進 展 に 伴 い 国 際 交

More information

サルコペニア: 定 義 と 診 断 に 関 する 欧 州 関 連 学 会 のコンセンサスの 監 訳 とQ&A 厚 生 労 働 科 学 研 究 補 助 金 ( 長 寿 科 学 総 合 研 究 事 業 ) 高 齢 者 における 加 齢 性 筋 肉 減 弱 現 象 (サルコペニア)に 関 する 予 防 対 策 確 立 のための 包 括 的 研 究 研 究 班 ( 代 表 ) 原 田 敦 国 立 長 寿 医

More information

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄 資 料 3 地 域 の 産 業 経 済 の 再 生 とそれを 支 える 都 市 交 通 基 盤 平 成 23 年 6 月 2 日 国 土 交 通 大 臣 大 畠 章 宏 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通

More information

目 次 Ⅰ 研 究 の 概 要 3 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 と そ の 背 景 3 2 研 究 の 目 的 4 3 研 究 の 方 法 4 Ⅱ 調 査 1 < ア ン ケ ー ト 調 査 > 5 1 調 査 の 目 的 5 2 調 査 の 方 法 5 3 結 果 5 ( 1 ) 特

目 次 Ⅰ 研 究 の 概 要 3 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 と そ の 背 景 3 2 研 究 の 目 的 4 3 研 究 の 方 法 4 Ⅱ 調 査 1 < ア ン ケ ー ト 調 査 > 5 1 調 査 の 目 的 5 2 調 査 の 方 法 5 3 結 果 5 ( 1 ) 特 研 究 報 告 書 第 371 号 彩 の 国 埼 玉 県 特 別 支 援 学 校 及 び 特 別 支 援 学 級 における 知 的 障 害 のある 児 童 生 徒 の 自 立 活 動 に 関 する 調 査 研 究 Ⅱ (1か 年 研 究 ) 特 別 支 援 教 育 担 当 目 次 Ⅰ 研 究 の 概 要 3 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 と そ の 背 景 3 2 研 究 の 目 的 4

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 別 添 平 成 26 年 通 信 利 用 動 向 調 査 ポイント タイトルに( 世 帯 )と 付 した 項 目 は 世 帯 調 査 ( 企 業 )と 付 した 項 目 は 企 業 調 査 その 他 は 世 帯 構 成 員 ( 個 人 ) 調 査 結 果 に 基 づく インターネットの 利 用 動 向 ( 年 齢 階 層 別 インターネット 利 用 状 況 ) 3 歳 ~59 歳 のインターネット

More information

コンテナ 船 の 大 型 化 1960 年 代 にコンテナ 専 用 船 が 登 場 して 以 来 各 種 設 計 製 造 技 術 の 発 展 とともにコンテナ 船 は 大 型 化 を 続 けてきた [1] 1980 年 後 半 のPost Panamax 船 型 の 登 場 後 はその 傾 向 が

コンテナ 船 の 大 型 化 1960 年 代 にコンテナ 専 用 船 が 登 場 して 以 来 各 種 設 計 製 造 技 術 の 発 展 とともにコンテナ 船 は 大 型 化 を 続 けてきた [1] 1980 年 後 半 のPost Panamax 船 型 の 登 場 後 はその 傾 向 が 平 成 22 年 度 日 本 船 舶 海 洋 工 学 会 春 季 講 演 会 2010 年 6 月 8 日 コンテナラッシングの 技 術 課 題 安 藤 英 幸 城 戸 恒 介 株 式 会 社 MTI 技 術 戦 略 グループ 1 Copyright 2006 2010 背 景 2 1 コンテナ 船 の 大 型 化 1960 年 代 にコンテナ 専 用 船 が 登 場 して 以 来 各 種 設 計

More information