Size: px
Start display at page:

Download "1 1 3 1 11 2 23 3 30 1 1 2135 2 39 3 47 4 48 2 1 49 2 50 3 51 4 51 55"

Transcription

1

2

3

4

5 Ⅰ 1 3

6

7

8

9

10

11 Ⅱ 9

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35 Ⅲ 33

36

37 Ⅲ Ⅲ Ⅲ

38 Ⅲ13 21 森 下 愛 子 韺 36

39

40

41

42 Ⅲ17 21 年 度 体 育 科 目 ( 実 技 ) 履 修 アンケト 塾 大 学 体 育 自 由 記 述 1 この 授 業 を 履 修 した このアンケートは FD Faculty Development: 大 学 教 員 の 資 質 開 発 ( 授 業 内 容 方 法 の 改 善 向 上 ) をめざして 行 われるものです 皆 さんの 意 見 を 次 年 度 以 降 の 授 業 に 反 映 させるとともに 今 後 の 塾 内 のスポーツ 振 興 に 対 して 役 立 てる 目 的 以 外 には 用 いませんので 率 直 な 意 見 をお 聞 かせください 科 目 名 を 記 入 してください 担 当 教 員 名 を 記 入 してください 自 由 記 述 2 授 業 内 容 について よかったこと: 学 期 に 印 ( 春 秋 ) 曜 日 時 限 に 印 ( 月 火 水 木 金 ) 曜 ( ) 限 改 善 を 要 すること: 実 施 地 区 に 印 日 吉 三 田 した 授 業 についての 以 の 質 に 関 して く ちらとも 言 ない わない 全 くわない の5つのから 当 てはまるに 印 をてください 履 修 全 員 ( 実 技 ) 1. 自 分 はシラバスの 内 容 に 関 心 を 持 ち この 授 業 を 履 修 した 教 員 は 授 業 の 目 的 および 目 標 をわかりやすく 説 明 した 教 員 の 指 導 教 授 方 法 は 適 切 であった 教 員 はこの 授 業 についての 十 分 な 知 識 を 持 っていた 教 員 は 授 業 への 学 生 の 参 加 を 促 し 適 切 に 助 言 した 教 員 の 話 し 方 は 聞 き 取 りやすかった この 授 業 は 塾 生 にとってふさわしいものだった この 授 業 は 自 分 にとって 満 足 出 来 るものであった この 授 業 によって 知 識 を 深 めることができた この 授 業 の 目 的 ねらいを 十 分 理 解 できた この 授 業 の 内 容 は 興 味 のあるものだった このクラスの 雰 囲 気 は 良 好 であった 自 分 はこの 授 業 に 意 欲 的 に 取 り 組 んだ 実 技 履 修 の 14.この 授 業 は 健 康 や 体 力 の 向 上 に 役 立 った この 授 業 によって 運 動 技 術 が 向 上 した 運 動 量 は 適 切 であった 自 由 記 述 3 教 員 について よかったこと: 改 善 を 要 すること: 自 由 記 述 4 施 設 および 機 器 用 よかったこと: 改 善 を 要 すること: 自 由 記 述 5 体 育 科 目 全 般 に 関 す 履 修 の 17.この 授 業 では 配 布 資 料 やプレゼンテーションが 適 切 であった 裏 面 へ 続 きます 40

43 ンケト 塾 大 学 体 育 自 由 記 述 1 この 授 業 を 履 修 した 理 由 動 機 について 内 容 方 法 の 改 善 向 させるとともに 今 後 見 をお 聞 かせください 自 由 記 述 2 授 業 内 容 について よかったこと: 5 ) 限 改 善 を 要 すること: 1 くわない 自 由 記 述 3 教 員 について よかったこと: 改 善 を 要 すること: 自 由 記 述 4 施 設 および 機 器 用 具 等 について よかったこと: 改 善 を 要 すること: 自 由 記 述 5 体 育 科 目 全 般 に 関 する 意 見 および 提 案 ご 協 力 ありがとうございました 41

44 シラバス 目 的 教 授 法 教 員 知 識 助 言 話 し 方 塾 生 満 足 知 識 理 解 興 味 雰 囲 気 意 欲 体 力 技 術 運 動 量 Ⅲ シラバス 目 的 教 授 法 教 員 知 識 助 言 話 し 方 塾 生 満 足 知 識 理 解 興 味 雰 囲 気 意 欲 体 力 技 術 運 動 量 Ⅲ

45

46

47 シラバス 目 的 教 授 法 教 員 知 識 助 言 話 し 方 塾 生 満 足 知 識 理 解 興 味 雰 囲 気 意 欲 体 力 技 術 運 動 量 Ⅲ13 5 Ⅲ

48 シラバス 目 的 教 授 法 教 員 知 識 助 言 話 し 方 塾 生 満 足 知 識 理 解 興 味 雰 囲 気 意 欲 プレゼン Ⅲ シラバス 目 的 教 授 法 教 員 知 識 助 言 話 し 方 塾 生 満 足 知 識 理 解 興 味 雰 囲 気 意 欲 プレゼン Ⅲ

49

50 Ⅲ Ⅲ

51

52

53

54

55 Ⅳ 53

56

57

58

59

1 1 150 3 1 15 2 25 3 31 4 32 5 200835 1 1 2039 2 42 3 51 4 52 2 1 53 2 55 2 57 61

1 1 150 3 1 15 2 25 3 31 4 32 5 200835 1 1 2039 2 42 3 51 4 52 2 1 53 2 55 2 57 61 1 1 150 3 1 15 2 25 3 31 4 32 5 200835 1 1 2039 2 42 3 51 4 52 2 1 53 2 55 2 57 61 1858 5 150200820 3 8 2 1939 14 1960 35 1993 5 2 200618 2007 20092121 200820 6 1 2 150 1 Ⅰ 1 150 3 2009 6 15 82 1 150

More information

1 3 1 9 2 18 3 30 4 31 1 1 37 2 41 3 48 4 50 5 51 2 1 52 2 56 3 56 4 58 61

1 3 1 9 2 18 3 30 4 31 1 1 37 2 41 3 48 4 50 5 51 2 1 52 2 56 3 56 4 58 61 YOKOHAMA FC 1 3 1 9 2 18 3 30 4 31 1 1 37 2 41 3 48 4 50 5 51 2 1 52 2 56 3 56 4 58 61 1 5 2008 4 5 8 7 150 1 Ⅰ 18 4 150 8 3 4 1 2008 150 2121 2 1 2 3 3 2003 4 2006 8 7 15001610 1 30 1 5 2 3 4 5 2006111315301830

More information

???? (Page 1)

???? (Page 1) ⅰ) ⅱ) ⅲ) 6000000 5000000 4000000 3000000 2000000 1000000 0 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 - 1000000 900000 800000 700000 600000 500000 400000 300000 200000 100000 0 2000 2001

More information

VISPO /表1-4

VISPO /表1-4 7 2005 1,132 5,249 362 13,666 311,809 1,359 3,723 1,669 538 3,737 17,418 39,036 75,694 5,281 1,169 161,502 7,463 11,408,436 500,000 13,263 192,052 41,391 49,706 136,232 61,102 12,402,182 11,573,898 273,042

More information

<97A7926E8AEE8F80816994D693638E73816A4832382E34>

<97A7926E8AEE8F80816994D693638E73816A4832382E34> 11 5 60 () () () () 確 認 書 Ⅳ ( 写 を 保 管 ) 270 270

More information

2

2 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 2 Ⅱ 当 事 者 訴 訟 の 利 用 可 能 性 に 関 する 理 論 構 成 3 4 Ⅲ 道 路 台 帳 等 の 整 備 と 建 築 基 準 法 施 行 規 則 の 改 正 5 6 7 Ⅳ 2 項 道 路 と 信 義 則 に 関 する 2 つの 判 例 (1) 平 成 18 年 最 高 裁 判 所 判 決 X 8 Y Y X Y X 9 (2) 平 成 19 年 東

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

2014

2014 (1) () (2) 240 332 (3) 432-8561 0534781010 2014 e-learning 静 岡 大 学 のビジョン 自 由 啓 発 未 来 創 成 静 岡 大 学 は 質 の 高 い 教 育 と 創 造 的 な 研 究 を 推 進 し, 社 会 と 連 携 し,ともに 歩 む 存 在 感 のある 大 学 を 目 指 します ( 詳 しくは http://www.shizuoka.ac.jp/outline/vision/mission/index.html

More information

自己評価書様式

自己評価書様式 教 育 課 程 表 資 料 5-1-1-1 ( 次 頁 へ 続 く) ( 出 典 平 成 26 年 度 学 生 便 覧 p.118) 92 資 料 5-1-1-1 続 き ( 次 頁 へ 続 く) ( 出 典 平 成 26 年 度 学 生 便 覧 p.119) 93 資 料 5-1-1-1 続 き ( 次 頁 へ 続 く) ( 出 典 平 成 26 年 度 学 生 便 覧 p.122) 94 資 料

More information

OSIV/XSP SIMPLIA/TF-SETRDB ソフトウェア説明書

OSIV/XSP SIMPLIA/TF-SETRDB ソフトウェア説明書 Ⅳ Ⅳ Ⅳ Ⅳ Ⅱ Ⅳ Ⅳ Ⅱ Ⅱ Ⅲ Ⅲ Ⅳ Ⅱ = '' == Ⅳ Ⅱ Ⅳ Ⅱ Ⅱ Ⅱ Ⅱ Ⅱ ヲシヨウノハアイ ヲシテイスル ヲシヨウノハアイ ヲシテイスル Ⅱ = + + + 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1 1 2 3 4 5 6 7 8 2 9 10 4 3 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 5 6 6 1 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 5

More information

平 成 5 年 度 大 妻 女 子 大 学 人 間 関 係 学 部 人 間 関 係 学 科 人 間 福 祉 学 科 FD 活 動 報 告 書 大 妻 女 子 大 学 人 間 関 係 学 部 FD 委 員 会 平 成 5 年 度 FD 活 動 報 告 書 の 刊 行 にあたって 平 成 5 年 度 の 人 間 関 係 学 部 FD 活 動 報 告 書 をお 届 けします 人 間 関 係 学 部 は

More information

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項 たつの 市 民 病 院 新 聞 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 募 集 要 項 たつの 市 民 病 院 ( 以 下 病 院 という )が 行 う 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 ( 以 下 設 置 事 業 者 という )の 募 集 に 参 加 される 方 は この 要 項 をよく 読 み 記 載 事 項 をご 承 知 の 上 お 申 し 込 みください 1 公 募 物 件 の 概 要

More information

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2 人 間 環 境 大 学 学 費 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 人 間 環 境 大 学 学 則 第 55 条 から 第 60 条 人 間 環 境 大 学 大 学 院 学 則 第 54 条 か ら 第 59 条 に 基 づき 学 費 及 びその 他 の 納 付 金 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 学 費 ) 第 2 条 学 費 とは 入 学 金 授 業

More information

橡Taro13-FDアンケート (教員)

橡Taro13-FDアンケート (教員) Institute for Higher Education Research 1972 5 2002 30 113 20 5 academic work academic productivity human resources teaching 21 21 2003 1989 2003 2003 Study of the Institutionalization of Faculty Development

More information

Singapore Style Ⅳ Ⅲ. ファッション Singapore Style Ⅳ. ファッション Singapore Style Ⅲ. ファッション Singapore Style Ⅳ Ⅲ. ファッション Fashion Check!! Fashion Check!! Singapore Style Ⅳ Ⅲ. ファッション Singapore Fashion Singapore Style

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

千葉大学園芸学部の組織・運営改革の取り組み.PDF

千葉大学園芸学部の組織・運営改革の取り組み.PDF 16 1997 http://www.h.chiba-u.ac.jp/kanko/ buchokaigi/ 11 4 14 11 13. 21 11 6 1 21 107 11 12 1 365 101 11 14 12 14 4 86 13 6 13 2 5 12 Faculty Development Program ( FD ) 11 14 13 FD 13 13 14 21 COE 13 11

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

提 出 書 類 B 本 人 および 配 偶 者 の 最 新 の 所 得 証 明 書 または 非 課 税 証 明 書 添 付 用 紙 課 程 研 究 科 籍 番 号 氏 名 修 士 博 士 後 期 専 門 職 フリガナ 上 記 枠 内 に 記 入 の 上 下 線 部 以 下 に 提 出 書 類 を 貼

提 出 書 類 B 本 人 および 配 偶 者 の 最 新 の 所 得 証 明 書 または 非 課 税 証 明 書 添 付 用 紙 課 程 研 究 科 籍 番 号 氏 名 修 士 博 士 後 期 専 門 職 フリガナ 上 記 枠 内 に 記 入 の 上 下 線 部 以 下 に 提 出 書 類 を 貼 提 出 書 類 A 奨 金 振 込 口 座 届 課 程 研 究 科 籍 番 号 氏 名 フリガナ 修 士 博 士 後 期 専 門 職 銀 行 名 ( 銀 行 コード) 支 店 名 ( 支 店 コード) 口 座 番 号 ( ) ( ) * 上 記 太 線 枠 内 に 記 入 の 上 下 の 部 分 に 通 帳 のコピーを 貼 ってください * 銀 行 コードおよび 支 店 コードが 不 明 な 場 合

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 立 教 大 学 経 済 学 部 2014 年 度 スタディサポートプログラム 実 施 報 告 Ⅰ. 実 施 概 要 キャリア 教 育 運 営 委 員 会 実 施 目 的 : 1. 新 入 生 が 高 校 までの 学 び 方 と 大 学 での 学 び 方 の 違 いを 知 り 大 学 での 学 びに 期 待 と 意 欲 を 持 つ 2. 新 入 生 が 経 済 学 部 の 先 輩 の 姿 を 見 て

More information

(3) 調 査 手 法 農 産 品 については 地 域 の 特 徴 や 農 家 の 強 みの 分 析 マーケットの 動 向 等 のリ サーチ 関 係 機 関 へのヒアリング 等 を 踏 まえ 富 谷 における 生 産 ポテンシャルの 高 い 農 産 品 を 提 案 すること 加 工 品 については

(3) 調 査 手 法 農 産 品 については 地 域 の 特 徴 や 農 家 の 強 みの 分 析 マーケットの 動 向 等 のリ サーチ 関 係 機 関 へのヒアリング 等 を 踏 まえ 富 谷 における 生 産 ポテンシャルの 高 い 農 産 品 を 提 案 すること 加 工 品 については 平 成 27 年 度 富 谷 町 スイーツによる 地 方 創 生 プラン 策 定 調 査 業 務 仕 様 書 Ⅰ 業 務 の 名 称 平 成 27 年 度 富 谷 町 スイーツによる 地 方 創 生 プラン 策 定 調 査 業 務 Ⅱ 業 務 の 目 的 富 谷 町 における 地 方 創 生 の 重 点 的 な 取 組 みとして 富 谷 町 のブルーベリー 等 の 地 域 資 源 を 素 材 としたスイーツ

More information

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際 平 成 20 事 業 年 度 事 業 報 告 書 日 本 中 央 競 馬 会 目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際 化 への 取 組 み 21

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037313291E63289F1979D8E9689EF8B638E96985E48509770>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037313291E63289F1979D8E9689EF8B638E96985E48509770> 第 2 回 理 事 会 議 事 録 日 時 : 平 成 23 年 5 月 20 日 ( 土 )10:30~15:00 場 所 : 一 般 社 団 法 人 日 本 看 護 系 大 学 協 議 会 神 田 事 務 所 出 席 者 : 中 山 洋 子 野 嶋 佐 由 美 太 田 喜 久 子 小 泉 美 佐 子 高 橋 真 理 田 村 やよひ 正 木 治 惠 リボウィッツよし 子 小 島 操 子 濱 田 悦

More information

履修にあたって

履修にあたって 履 修 にあたって 必 修 科 目 各 学 科 の 教 育 目 標 を 達 成 する 為 に 必 ず 履 修 しなければなりません 1 科 目 でも 不 認 定 になると 卒 業 できませんので 授 業 の 教 育 目 標 教 育 方 法 単 位 認 定 基 準 をよく 読 んで 授 業 のアウト ラインをつかんで 履 修 して 下 さい 選 択 必 修 科 目 一 定 の 授 業 科 目 群 のなかから

More information

学 歌

学 歌 学 歌 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 工 学 部 ) 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 情 報 工 学 部 ) 目 次 九 州 工 業 大 学 のあゆみ 学 科 の 変 遷 3 組 織 6 九 州 工 業 大 学 学 則 7 工 学 部 Ⅰ 九 州 工 業 大 学 工 学 部 学 修 細 則 4 人 間 科 学 科 目 履 修 課 程 表 ⑴ 人 間 科 学 基 礎 科 目 8 ⑵ 副 専

More information

利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 ( 平 成 21 年 1 月 8 日 ) ( 単 位 : 円 ) Ⅰ 当 期 未 処 分 利 益 460,303,065 当 期 総 利 益 460,303,065 Ⅱ 利 益 処 分 額 積 立 金 35,393,310 国 立 大 学 法 人 法 第 35 条 において 準 用 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 44 条 第 3 項 により

More information

資 料 5-1-1-2 ( 出 典 平 成 25 年 度 学 生 便 覧 P.93) - 119 -

資 料 5-1-1-2 ( 出 典 平 成 25 年 度 学 生 便 覧 P.93) - 119 - 資 料 5-1-1-1 ( 出 典 平 成 25 年 度 学 生 便 覧 P.92) - 118 - 資 料 5-1-1-2 ( 出 典 平 成 25 年 度 学 生 便 覧 P.93) - 119 - 資 料 5-1-1-3 ( 出 典 平 成 25 年 度 学 生 便 覧 P.94) - 120 - 資 料 5-1-1-4 ( 出 典 平 成 25 年 度 学 生 便 覧 P.95) - 121

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

質 疑 回 答 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 3 技 術 提 案 及 びVE 提 案 の 提 出 VE 提 案 書 の 提 出 期 間 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 )~ 平 成 26 年 11 月 18 日 ( 火 ) 技 術 提 案 書 の 提 出 期 間 平

質 疑 回 答 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 3 技 術 提 案 及 びVE 提 案 の 提 出 VE 提 案 書 の 提 出 期 間 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 )~ 平 成 26 年 11 月 18 日 ( 火 ) 技 術 提 案 書 の 提 出 期 間 平 新 城 市 新 庁 舎 建 設 工 事 施 工 候 補 者 選 定 プロポーザル 実 施 要 項 Ⅰ 一 般 事 項 1 目 的 新 城 市 は 新 庁 舎 の 建 設 にあたり 新 城 市 新 庁 舎 基 本 構 想 で 示 した 新 庁 舎 の 基 本 理 ひ と 念 である 市 民 まち 未 来 が 見 える 新 城 型 庁 舎 を 最 もコストパフォーマ ンスに 優 れた 形 で 実 現 するため

More information

12坂田.indd

12坂田.indd 国 語 教 材 としての 太 宰 治 富 嶽 百 景 その 指 導 法 と 読 みの 可 能 性 について 坂 田 達 紀 要 旨 0 0 0 キーワード Ⅰ 0 0 0 Ⅱ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 Roland Barthes - 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

More information

<8D754191E538343030388EC08E7B95F18D908F91816989C18C7698439683816A2E786C73>

<8D754191E538343030388EC08E7B95F18D908F91816989C18C7698439683816A2E786C73> 平 成 20 年 度 サイエンス パートナーシップ プロジェクト 講 座 型 学 習 活 動 プランA 実 施 報 告 書 緑 部 分 は 項 目 選 択 黄 色 部 分 は 必 ず 記 入 してください 英 数 字 は 半 角 で 統 一 して 記 して 下 さい 整 理 番 号 実 施 機 関 キャリア 教 育 枠 有 り 鹿 児 島 工 業 高 等 専 門 学 校 様 式 Ⅲ4(A)-1/6

More information

港区文書管理システム更新業務委託事業候補者選考委員会

港区文書管理システム更新業務委託事業候補者選考委員会 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 港 区 文 書 管 理 システム 更 新 業 務 委 託 事 業 候 補 者 選 考 委 員 会 ( 第 1 回 ) 平 成 28 年 1 月 19 日 ( 火 曜 日 ) 午 後 6 時 から 午 後 8 時 まで 港 区 役 所 9 階 研 修 室 委 員 菊 地 渡 邊 副 岩 村 委 員 岡 本 委 員 森 委 員 総 務 課 文 書 係 野 々

More information

1 年 女 子 保 健 体 育 生 徒 は 主 体 的 に 授 業 に 取 り 組 んでいる しかし 周 りが 動 かないと 動 けない 場 面 が 見 られる 体 育 係 が 声 掛 けをしているが 今 後 は 体 育 係 の 声 掛 けがなくても 動 けるようにしていく 運 動 が 苦 手 な

1 年 女 子 保 健 体 育 生 徒 は 主 体 的 に 授 業 に 取 り 組 んでいる しかし 周 りが 動 かないと 動 けない 場 面 が 見 られる 体 育 係 が 声 掛 けをしているが 今 後 は 体 育 係 の 声 掛 けがなくても 動 けるようにしていく 運 動 が 苦 手 な 1 年 男 子 保 健 体 育 授 業 改 善 推 進 プラン 集 合 整 列 は 速 くできるようになってきた 学 習 カード 等 を 提 出 しない 生 徒 がおり 記 入 の 仕 方 もいい 加 減 な 生 徒 もいる 積 極 的 な 発 言 があまり 見 られない 体 力 テストの 持 久 走 ( 全 身 持 久 力 )の 数 値 が 低 い 種 目 に 対 して 好 き 嫌 いの 差 が

More information

Q A Q Q Q Q 50

Q A Q Q Q Q 50 Faculty of Engineering 1. 2. 3. 4. keyword 49 Q A Q Q Q Q 50 Faculty of Engineering 51 Q A Q A Q Q Q Q 52 Faculty of Engineering 53 Q A Q A Q Q Q Q 54 Faculty of Engineering 55 Q A Q A Q Q Q Q 56 Faculty

More information

小 6スタンダードコース 第 1 講 座 漢 字 の 知 識 ありません 漢 検 5 級 相 応 の 漢 字 の 読 み 書 き 第 2 講 座 俳 句 の 鑑 賞 1 ありません 漢 検 5 級 相 応 の 漢 字 の 読 み 書 き 第 3 講 座 俳 句 の 鑑 賞 2 ありません 漢 検 5

小 6スタンダードコース 第 1 講 座 漢 字 の 知 識 ありません 漢 検 5 級 相 応 の 漢 字 の 読 み 書 き 第 2 講 座 俳 句 の 鑑 賞 1 ありません 漢 検 5 級 相 応 の 漢 字 の 読 み 書 き 第 3 講 座 俳 句 の 鑑 賞 2 ありません 漢 検 5 通 常 授 業 のテキストを 必 ず 持 参 しましょう 小 3ハイクラスコース 第 1 講 座 言 葉 の 学 習 ありません 漢 検 8 級 相 応 の 漢 字 の 読 み 書 き 第 2 講 座 主 語 述 語 修 飾 語 ありません 漢 検 8 級 相 応 の 漢 字 の 読 み 書 き 第 3 講 座 説 明 文 の 読 解 ありません

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

2

2 1 2 瀚 3 4 .はじめに: 本 報 告 の 問 題 意 識 5 . 愛 国 心 を 重 視 した 社 会 民 主 主 義 者 6 7 8 . 危 機 における 福 祉 国 家 の 改 革 の つの 例 9 4 4 4 4 4 4 10 11 .リベラル ナショナリズムという 考 え 方 12 13 .むすびにかえて 14 参 考 文 献 15 16 Ⅰ はじめに 17 Ⅱ 理 論 的 背 景

More information

2. 研 修 < 質 問 1> 本 制 度 の 研 修 記 録 の 入 手 方 法 について 教 えてください 日 病 薬 ホームページより 日 病 薬 病 院 薬 学 認 定 薬 剤 師 制 度 研 修 記 録 をダウンロードし てください < 質 問 2> 本 制 度 の 受 講 証 明 方 法

2. 研 修 < 質 問 1> 本 制 度 の 研 修 記 録 の 入 手 方 法 について 教 えてください 日 病 薬 ホームページより 日 病 薬 病 院 薬 学 認 定 薬 剤 師 制 度 研 修 記 録 をダウンロードし てください < 質 問 2> 本 制 度 の 受 講 証 明 方 法 日 病 薬 病 院 薬 学 認 定 薬 剤 師 制 度 に 係 る 取 り 扱 いについて(Q&A) 1. 制 度 < 質 問 1> 日 病 薬 病 院 薬 学 認 定 薬 剤 師 制 度 と 日 病 薬 生 涯 研 修 制 度 はどのような 関 係 ですか それぞれ 独 立 した 制 度 です 日 病 薬 病 院 薬 学 認 定 薬 剤 師 制 度 ( 以 下 本 制 度 )は これまでの 日 病

More information

博物館実習ガイドライン

博物館実習ガイドライン 目 次 はじめに 1 ねらい 3 1. 学 内 実 習 4 (1) 見 学 実 習 5 (2) 実 務 実 習 6 (3) 事 前 事 後 指 導 7 2. 館 園 実 習 8 3. 留 意 事 項 10 ( 参 考 ) 館 園 実 習 実 施 計 画 例 13 はじめに 博 物 館 実 習 は 博 物 館 法 施 行 規 則 第 1 条 に 基 づき 大 学 において 修 得 すべき 博 物 館

More information

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社 目 次 教 育 目 標 養 成 する 人 材 像 アドミッションポリシー 1 選 抜 方 式 募 集 人 員 1 入 学 検 定 料 1 A O 入 試 2 社 会 人 / 大 卒 者 入 試 3 推 薦 入 試 4 一 般 入 試 5 出 願 手 続 6 出 願 上 の 注 意 8 試 験 当 日 の 注 意 事 項 8 合 格 発 表 通 知 の 方 法 8 学 納 金 等 9 入 学 辞 退

More information

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部 兵 庫 県 マスコット はばタン 兵 庫 県 立 加 古 川 北 高 等 学 校 公 共 推 進 室 はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

More information

6 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 2015 1 24 3 22 1921 / 1921 / 28. Ⅲ. 研 究 と 制 作 の 狭 間 で 1923 12 7 1930 5 11 1932 7 8 26. 29. Ⅳ. 独 立 美 術 協 会 への 参 加 1 9

6 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 2015 1 24 3 22 1921 / 1921 / 28. Ⅲ. 研 究 と 制 作 の 狭 間 で 1923 12 7 1930 5 11 1932 7 8 26. 29. Ⅳ. 独 立 美 術 協 会 への 参 加 1 9 No.128 2 1946 No.8 1950 / 1952 / 1955 / Ⅰ. 研 究 者 としての 始 まり 1 2 3 8. Ⅱ. 美 術 史 的 研 究 と 実 践 の 蓄 積 1916 5 4 1919 8 5 1. 10. 6 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 2015 1 24 3 22 1921 / 1921 / 28. Ⅲ. 研 究 と 制 作 の

More information

専 門 教 育 科 目 中 教 育 学 科 国 語 教 育 コース 公 務 員 一 般 企 業 ( 教 育 関 係 マスコミ 流 通 業 )への 就 職 を 目 指 す 履 修 モデル 1 年 次 単 位 次 単 位 3 年 次 単 位 4 年 次 単 位 区 分 合 計 教 科 に 関 する 科

専 門 教 育 科 目 中 教 育 学 科 国 語 教 育 コース 公 務 員 一 般 企 業 ( 教 育 関 係 マスコミ 流 通 業 )への 就 職 を 目 指 す 履 修 モデル 1 年 次 単 位 次 単 位 3 年 次 単 位 4 年 次 単 位 区 分 合 計 教 科 に 関 する 科 専 門 教 育 科 目 1 年 次 単 位 次 単 位 3 年 次 単 位 4 年 次 単 位 区 分 合 計 教 科 に 関 する 科 目 日 本 語 学 概 論 2 日 本 語 表 現 2 国 語 科 内 容 論 A 2 日 本 文 学 概 論 2 日 本 文 学 Ⅰ( 古 典 ) 2 国 語 科 内 容 論 B 2 日 本 文 学 史 2 日 本 文 学 Ⅱ( 近 現 代 ) 2 国 語 科

More information

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 名 2 期 7 名 6 名 6 名 6 名 6 名 20 名 一 般 入 試 1 期 17 名 10

More information

高校_募集要項_cs6.indd

高校_募集要項_cs6.indd 2017 年 度 生 徒 募 集 要 項 Application Guidelines 英 数 学 館 高 等 学 校 Eisugakkan Senior High School 次 Contents Ⅰ 建 学 の 理 念 学 園 のビジョン 教 育 標 2 Ⅱ 募 集 定 員 学 科 クラス 3 Ⅲ 出 願 資 格 基 準 3 Ⅳ 入 試 概 要 4 Ⅴ 願 書 記 入 の 手 順 5 Ⅵ 入

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000069[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000069[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 学 校 価 値 向 上 と 課 題 発 見 のための 学 校 満 足 度 アンケート 調 査 ( 生 徒 保 護 者 対 象 )のご 案 内 株 式 会 社 ソファー CESソリューション 事 業 部 はじめに 少 子 化 情 報 化 国 際 化 など 社 会 の 環 境 は 人 々の 予 想 を 超 えるスピードで 変 化 し 続 けています また 公 立 学 校 における 学 校 改 革 補 助

More information

目 次 Ⅰ.こんな 時 は 1 1. 相 談 窓 口 のご 案 内 2 2. 勉 学 研 究 の 悩 み 相 談 学 習 サポート 3 Ⅱ. 学 生 生 活 - 入 学 から 卒 業 まで- 1. 合 宿 研 修 4 2. 課 程 配 属 4 3. 研 究 室 配 属 4 4. 実 務 訓 練 又

目 次 Ⅰ.こんな 時 は 1 1. 相 談 窓 口 のご 案 内 2 2. 勉 学 研 究 の 悩 み 相 談 学 習 サポート 3 Ⅱ. 学 生 生 活 - 入 学 から 卒 業 まで- 1. 合 宿 研 修 4 2. 課 程 配 属 4 3. 研 究 室 配 属 4 4. 実 務 訓 練 又 保 護 者 の 皆 様 へ 長 岡 技 術 科 学 大 学 ガイドブック 2016 目 次 Ⅰ.こんな 時 は 1 1. 相 談 窓 口 のご 案 内 2 2. 勉 学 研 究 の 悩 み 相 談 学 習 サポート 3 Ⅱ. 学 生 生 活 - 入 学 から 卒 業 まで- 1. 合 宿 研 修 4 2. 課 程 配 属 4 3. 研 究 室 配 属 4 4. 実 務 訓 練 又 は 課 題 研 究

More information

「実践型工学技術者育成における教育成果の評価のあり方に関する調査研究」5

「実践型工学技術者育成における教育成果の評価のあり方に関する調査研究」5 2.3 中 央 大 学 理 工 学 部 情 報 工 学 科 2.3.1 調 査 団 および 調 査 日 程 ( 調 査 団 ) 芝 浦 工 業 大 学 村 上 雅 人 ( 副 学 長 ) 工 藤 一 彦 ( 学 長 室 教 授 ) 室 越 昌 美 ( 企 画 室 課 長 ) 小 玉 嘉 洋 ( 企 画 室 ) 東 京 電 機 大 学 藤 本 明 ( 副 学 長 ) 高 田 茂 ( 学 長 室 補 佐

More information

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464>

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464> 群 E01-01 教 セ 平 19.239 集 学 校 における 保 護 者 対 応 に 関 する 調 査 研 究 長 期 研 修 Ⅰ 研 修 員 金 子 真 人 研 究 の 概 要 学 校 における 保 護 者 対 応 の 中 のクレーム 対 応 に 焦 点 を 当 て 群 馬 県 の 実 態 を 把 握 するた め 公 立 の 全 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 を 対 象 に 調 査

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

入 試 に 関 する 問 い 合 わせ 先 入 試 広 報 課 鳥 取 市 若 葉 台 北 一 丁 目 1 番 1 号 TEL FAX URL

入 試 に 関 する 問 い 合 わせ 先 入 試 広 報 課 鳥 取 市 若 葉 台 北 一 丁 目 1 番 1 号 TEL FAX URL 平 成 26 年 度 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 公 立 大 学 法 人 鳥 取 環 境 大 学 入 試 に 関 する 問 い 合 わせ 先 入 試 広 報 課 689-1111 鳥 取 市 若 葉 台 北 一 丁 目 1 番 1 号 TEL 0857-38-6720 FAX 0857-38-6709 URL E-mail http://www.kankyo-u.ac.jp/ nyushi@kankyo-u.ac.jp

More information

TOP > 会社案内 TOP > 勧誘方針

TOP > 会社案内 TOP > 勧誘方針 2016 年 7 月 1 日 マニュライフ アセット マネジメント 株 式 会 社 個 人 情 報 保 護 方 針 マニュライフ アセット マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は お 客 様 からご 信 頼 いた だける 会 社 として お 客 様 の 個 人 情 報 保 護 を 徹 底 することが 極 めて 重 要 であると 考 えております 当 社 では 個 人 情

More information

情報システム工学科設置の趣旨および設置を必要とする理由

情報システム工学科設置の趣旨および設置を必要とする理由 マネジメント 創 造 学 部 の 設 置 趣 旨 ア 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 (a) 教 育 研 究 上 の 理 念, 目 的 今 日 我 々は 職 場 や 地 域 社 会 あるいは 日 常 的 な 生 活 において かつてない ほど 複 雑 な 諸 問 題 に 直 面 している 地 球 環 境 や 資 源 エネルギー 問 題 貧 困 や 国 際 紛 争 といった 問 題 から 国

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

書 で 説 明 しておきます 例 1 や 例 3 のように 学 習 者 が 面 接 官 のところへ 訪 ねていく 活 動 の 場 合 学 習 者 自 身 に IC レコーダーを 持 たせるなどして 面 接 の 様 子 を 録 音 させてください 面 接 官 としての 協 力 を 依 頼 する 際 に

書 で 説 明 しておきます 例 1 や 例 3 のように 学 習 者 が 面 接 官 のところへ 訪 ねていく 活 動 の 場 合 学 習 者 自 身 に IC レコーダーを 持 たせるなどして 面 接 の 様 子 を 録 音 させてください 面 接 官 としての 協 力 を 依 頼 する 際 に 私 のクラスのインターアクション のつくり 方 8 日 本 語 で 面 接 を 受 ける 1. 私 のクラスのインターアクション の 例 ば めん? どんな 場 面 In what situation? だれ With whom? 例 1) どんな 場 面? メールであらかじめ 都 合 がいい 日 時 を 聞 き 奨 学 金 をもらうための 面 接 を 受 ける この 活 動 に 協 力 してくれる

More information

表1-4out_ilCS2.eps

表1-4out_ilCS2.eps 4 履 修 方 法 [] 時 間 割 の 作 成 所 属 学 部 学 科 課 程 等 が 定 める 履 修 基 準 に 基 づいて 各 科 目 の 履 修 に 関 する 説 明 及 びシラバス( 授 業 案 内 ) 等 を 参 考 にしながら 各 自 で 時 間 割 を 作 成 してください. Guidance0 及 び 所 属 学 部 の 履 修 案 内 で 必 修 科 目 を 確 認 し 履 修

More information

1 2014 年 聖 学 院 大 学 入 学 前 スタートアップ 講 座 目 次 1 カリキュラム 内 容 基 礎 英 語 2 文 系 国 語 表 現 力 基 礎 2 基 礎 数 学 完 成 2 2 その 他 特 別 プログラム 3 3 時 間 割 4 4 費 用 5 5 申 込 み 方 法 5 6 通 学 について 5 受 講 者 の 感 想 を 紹 介 します 6 楽 しく 英 語 講 座 English

More information

経 営 論 集 FD第 と 73 英 号 語 (2009 教 育 年 3 月 ) 117 FD と 英 語 教 育 中 鉢 惠 一 はじめに Ⅰ FD の 定 義 Ⅱ 英 語 教 育 における FD 活 動 1. 本 学 旧 文 学 部 教 養 課 程 のケース 2. 本 学 経 営 学 部 のケー

経 営 論 集 FD第 と 73 英 号 語 (2009 教 育 年 3 月 ) 117 FD と 英 語 教 育 中 鉢 惠 一 はじめに Ⅰ FD の 定 義 Ⅱ 英 語 教 育 における FD 活 動 1. 本 学 旧 文 学 部 教 養 課 程 のケース 2. 本 学 経 営 学 部 のケー FD Faculty Development in English Education keiichi Nakabachi 経 営 論 集 FD第 と 73 英 号 語 (2009 教 育 年 3 月 ) 117 FD と 英 語 教 育 中 鉢 惠 一 はじめに Ⅰ FD の 定 義 Ⅱ 英 語 教 育 における FD 活 動 1. 本 学 旧 文 学 部 教 養 課 程 のケース 2. 本 学

More information

★ がんばれ受験生 ★

★ がんばれ受験生 ★ がんばれ 受 験 生! 県 立 高 校 入 試 早 わかり ( 平 成 27 年 度 版 ) 福 島 県 教 育 委 員 会 どんな 高 校 があるか 課 程 ~ 全 日 制 定 時 制 通 信 制 高 等 学 校 には 全 日 制 定 時 制 及 び 通 信 制 の 課 程 があり それぞれ 次 のとおりです 課 程 特 色 全 日 制 平 日 の 昼 間 に 授 業 が 行 われることを 前 提

More information

入学試験要項_hyou1-4.indd

入学試験要項_hyou1-4.indd Ⅰ 期 大 学 短 大 Ⅲ 期 大 学 短 大 Ⅱ 期 大 学 短 大 Ⅳ 期 短 大 のみ 公 募 制 大 学 短 大 A 日 程 大 学 短 大 B 日 程 大 学 のみ A 日 程 大 学 短 大 B 日 程 大 学 のみ C 日 程 大 学 のみ Admission Policy アドミッションポリシーとは 大 学 の 入 学 者 受 け 入 れ 方 針 自 校 の 特 色 や 教 育 理

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

0( 平 成 6) 年 度 後 授 業 間 割 火 曜 日 年 年 年 年 87 人 間 と 哲 学 野 見 山 全 87 人 間 と 哲 学 野 見 山 全 97 総 合 教 養 発 展 セ ミナールⅡ 山 脇 全 97 総 合 教 養 発 展 セ ミナールⅡ 山 脇 全 88 ことばの 世 界

0( 平 成 6) 年 度 後 授 業 間 割 火 曜 日 年 年 年 年 87 人 間 と 哲 学 野 見 山 全 87 人 間 と 哲 学 野 見 山 全 97 総 合 教 養 発 展 セ ミナールⅡ 山 脇 全 97 総 合 教 養 発 展 セ ミナールⅡ 山 脇 全 88 ことばの 世 界 0( 平 成 6) 年 度 後 授 業 間 割 月 曜 日 66 総 合 教 養 基 礎 ゼミナールⅣ 山 本 和 全 第 LL 経 営 管 理 特 講 D( 販 売 士 ) 山 崎 営 67 総 合 教 養 基 礎 ゼミナールⅣ 田 中 雅 全 S08 ビジネス 特 講 D 行 学 待 生 08 民 法 ( 債 権 ) 菅 尾 全 (TOEIC 対 策 ) 09 経 営 管 理 特 講 B 山 崎

More information

いよいよ2 年 次 のスタートです! これから 履 修 の 説 明 をします 特 に 不 安 がある 人 はしっかり 聞 きましょう! 年 度 末 には3 年 次 配 当 科 目 履 修 のための 要 件 チェックが 行 われます 要 件 を 満 たしていない 場 合 来 年 度 1 学 期 3 年

いよいよ2 年 次 のスタートです! これから 履 修 の 説 明 をします 特 に 不 安 がある 人 はしっかり 聞 きましょう! 年 度 末 には3 年 次 配 当 科 目 履 修 のための 要 件 チェックが 行 われます 要 件 を 満 たしていない 場 合 来 年 度 1 学 期 3 年 2 年 次 生 履 修 オリエンテーション Copyright, 2002 Reitaku University, Academic Office 学 務 部 教 務 グループ 平 成 28 年 4 月 1 いよいよ2 年 次 のスタートです! これから 履 修 の 説 明 をします 特 に 不 安 がある 人 はしっかり 聞 きましょう! 年 度 末 には3 年 次 配 当 科 目 履 修 のための

More information

1. 全 体 的 事 項 Q1 オンラインで 申 請 書 等 を 受 付 けてもらえるのでしょうか? A1 DWAPを 利 用 して 作 成 した 申 請 書 は 従 来 どおり 代 表 者 印 を 押 して 書 面 により 提 出 していただく 必 要 があります DWAP 上 の 提 出 ボタン

1. 全 体 的 事 項 Q1 オンラインで 申 請 書 等 を 受 付 けてもらえるのでしょうか? A1 DWAPを 利 用 して 作 成 した 申 請 書 は 従 来 どおり 代 表 者 印 を 押 して 書 面 により 提 出 していただく 必 要 があります DWAP 上 の 提 出 ボタン 医 療 機 器 WEB 申 請 プラットフォーム(DWAP)に 関 する 質 疑 応 答 集 (Q&A) Ver.7 更 新 履 歴 2011/06/15 業 界 説 明 会 等 で 質 問 のあった 事 項 を 追 加 2011/07/21 A51 に なお 書 き を 追 記 QA52 を 追 加 2013/03/18 改 修 に 伴 う 変 更 箇 所 の 修 正 2014/11/14 法 改

More information

総合的な学習の時間『探究』(課題研究)における「思考支援ツール」を活用した 教材およびカリキュラム開発の研究

総合的な学習の時間『探究』(課題研究)における「思考支援ツール」を活用した 教材およびカリキュラム開発の研究 総 合 的 な 学 習 の 時 間 探 究 ( 課 題 研 究 )における 思 考 支 援 ツール を 活 用 した 教 材 およびカリキュラム 開 発 の 研 究 平 成 25 年 度 研 究 協 議 会 大 阪 府 立 千 里 高 等 学 校 千 里 高 等 学 校 の 概 要 昭 和 42 年 (1967 年 ) 開 校 ( 普 通 科 ) 平 成 02 年 (1990 年 ) 国 際 教 養

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等 Ⅱ 入 学 者 選 抜 試 験 学 生 募 集 要 項 ( 自 然 科 学 研 究 科 環 境 学 研 究 科 共 通 ) ( 入 学 時 期 : 平 成 18 年 10 月 又 は 平 成 19 年 4 月 ) 1 出 願 資 格 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 です (1) 修 士 の 学 位 若 しくは 専 門 職 学 位 を 有 する 者 又 は 平 成 19 年 3 月 (

More information

東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 1. 教 育 理 念 と 目 標 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 は 教 育 に 関 する 理 論 的 基 礎 に 支 えられた 高 度 な 専 門 的 知 識 と 技

東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 1. 教 育 理 念 と 目 標 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 は 教 育 に 関 する 理 論 的 基 礎 に 支 えられた 高 度 な 専 門 的 知 識 と 技 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 4. 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 4-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 4-3 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 4-3 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 4-5 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 4-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 4-10 分

More information

Microsoft Word - 27gyousyaQA

Microsoft Word - 27gyousyaQA Q&A 目 次 Ⅰ 宅 建 業 者 免 許 に 関 すること Q1 申 請 書 類 はどこで 手 に 入 れるのですか 3 Q2 どのくらい 資 金 が 必 要 ですか 3 Q3 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 代 表 者 を 兼 ねることができますか 3 Q4 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 取 締 役 又 は 監 査 役 又 は 従 事 者

More information

untitled

untitled 20 21 3 20(2008) 4 1 27(2015) 3 31 1 3 1 3 1 3 5 2 4 20(2008) FD AO 1 3 GP 3 12(2000) 21(2009) CUC 15(2003) ISO14001 GP GP 3 19(2007) 1 2 80 2 3 5 2 4 21(2009) 20(2008)FD 3 3 14(2002) 3 4 20(2008) LIVE

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

カリキュラム 幼 児 教 育 科 平 成 28 年 度 カリキュラムです ( 予 定 ) 音 楽 基 礎 科 目 ( 教 科 に 関 する 科 目 ) ( 教 職 に 関 する 科 目 ) 専 門 基 礎 科 目 日 本 国 憲 法 人 権 教 育 英 語 Ⅰ Ⅱ 体 育 講 義 体 育 実 技 情

カリキュラム 幼 児 教 育 科 平 成 28 年 度 カリキュラムです ( 予 定 ) 音 楽 基 礎 科 目 ( 教 科 に 関 する 科 目 ) ( 教 職 に 関 する 科 目 ) 専 門 基 礎 科 目 日 本 国 憲 法 人 権 教 育 英 語 Ⅰ Ⅱ 体 育 講 義 体 育 実 技 情 訓 練 生 募 集 幼 児 教 育 科 2 年 課 程 卒 業 と 同 時 に 幼 稚 園 教 諭 保 育 士 2つの 国 家 資 格 を 取 得!! 自 己 負 担 額 内 訳 1 年 次 2 年 次 前 期 (4/5 頃 ) 後 期 (10/11 頃 ) 前 期 (4/10 頃 ) 後 期 (10/10 頃 ) 教 科 書 等 教 材 費 52,000 21,000 25,000 7,000 実

More information

Contents 薬 募 集 要 項 薬 入 者 受 入 方 針 (アドミッション ポリシー) 1 薬 入 試 験 概 要 01 推 薦 入 試 ( 一 般 公 募 制 高 大 連 携 講 座 ) 02 特 別 選 抜 入 試 士 ( 前 期 日 程 後 期 日 程 ) 04 特 別 選 抜 入 試

Contents 薬 募 集 要 項 薬 入 者 受 入 方 針 (アドミッション ポリシー) 1 薬 入 試 験 概 要 01 推 薦 入 試 ( 一 般 公 募 制 高 大 連 携 講 座 ) 02 特 別 選 抜 入 試 士 ( 前 期 日 程 後 期 日 程 ) 04 特 別 選 抜 入 試 2017 平 成 29 年 度 入 募 集 要 項 薬 薬 産 業 創 造 新 潟 薬 大 Contents 薬 募 集 要 項 薬 入 者 受 入 方 針 (アドミッション ポリシー) 1 薬 入 試 験 概 要 01 推 薦 入 試 ( 一 般 公 募 制 高 大 連 携 講 座 ) 02 特 別 選 抜 入 試 士 ( 前 期 日 程 後 期 日 程 ) 04 特 別 選 抜 入 試 ( 社

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

1 YUHO HIGH SCHOOL

1 YUHO HIGH SCHOOL 1 YUHO HIGH SCHOOL 2 SCHOOL GUIDANCE 定 時 制 ~ 自 分 を 生 かす( 単 位 制 で)~ 定 時 制 とは ク ラ ス 入 学 した 年 度 のクラスに 所 属 しますが 単 位 履 修 数 修 得 数 は 個 人 で 異 なります 3 部 制 昼 間 単 位 制 Ⅰ 部 昼 間 単 位 制 Ⅱ 部 夜 間 単 位 制 の3つがあります 二 学 期 制 前

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

平 成 28 年 度 入 学 選 考 試 験 被 災 者 修 学 支 援 措 置 について 新 潟 医 療 福 祉 大 学 では 東 日 本 大 震 災 長 野 県 北 部 地 震 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 により 被 災 された 本 学 入 学 志 願 者 への 経 済 的

平 成 28 年 度 入 学 選 考 試 験 被 災 者 修 学 支 援 措 置 について 新 潟 医 療 福 祉 大 学 では 東 日 本 大 震 災 長 野 県 北 部 地 震 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 により 被 災 された 本 学 入 学 志 願 者 への 経 済 的 平 成 28 年 度 学 生 募 集 要 項 医 療 技 術 学 部 理 学 療 法 学 科 作 業 療 法 学 科 言 語 聴 覚 学 科 義 肢 装 具 自 立 支 援 学 科 臨 床 技 術 学 科 視 機 能 科 学 科 健 康 科 学 部 健 康 栄 養 学 科 健 康 スポーツ 学 科 看 護 学 科 社 会 福 祉 学 部 社 会 福 祉 学 科 医 療 経 営 管 理 学 部 医 療

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j The practice of various supports about the Faculty Development for junior nursing faculty 若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988CF322D33817A95DB8CEC8ED292B28DB881698A6D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988CF322D33817A95DB8CEC8ED292B28DB881698A6D816A2E646F63> 資 料 2-3 塾 生 保 護 者 に 関 する 実 態 調 査 結 果 ( 消 費 者 WEBアンケート 調 査 結 果 ) Ⅰ 調 査 実 施 要 領 1. 調 査 対 象 学 習 塾 に 通 う 小 中 学 生 の 子 供 を 持 つ 保 護 者 ( 約 2,000 人 ) 2. 調 査 方 法 インターネットモニターを 活 用 し 学 習 塾 に 通 う 生 徒 を 持 つ 保 護 者 を

More information