Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 図1 A:融 試 験 管 内 受 精 と胚 様 体 発 育 お よび 植 物 体 再 生(ト ウ モ ロ コ シ) 合 前 の卵 細 胞(E)と 精 細 胞(S).バ ー=50μm, B:第1回 の 分 裂(融 合42時 間 後).バ ー=50μm, C:多 細 胞体(5日 後).バ ー=100μm, D:分 極 した 多 細 胞 体.一 方 の 極 に 細 胞 層 が,も う一 方 に液 胞 の 形 成 が 見 られ る(12日 後).バ ー=200μm, E:転 換 期 の 胚(14日 後),バ ー=200μm, F:子 葉 鞘(Co),芽 を 分 化 した 胚(30日 後),バ ー=4mm, G: 35日 後 の植 物 体. バ ー=2cm, H: 39日 後 の 植 物.バ ー=6cm, I: 99日 後 の 開 花 植 物.バ ー=50cm, J:自 家 受 粉1時 間 後 の 像.花 粉 管 が 毛 状 体 に 侵 入 して 花 粉 内 容 物 が 花 柱 に 移 動 して い る.バ ー=100μm, K: さ て,先 に も述 べ た よ うに,動 物 で の試 験 管 内受 精 は 148日 後 の トウ モ ロ コ シ穂 軸.バ ー=4cm.文 献2)よ り改 変 る.重 複 受精 に 当 た って は,雄 性 の2精 核 は そ の 壁構 造 以 前 か ら行 な わ れ,受 精 卵 移 植 技 術 もほ ぼ 実 用 的 に 確 立 体 で あ る β-1,3-グ ル カ ンの花 粉 管 か ら 放 て き され,助 され てい る のに,植 物 で は 何 が 障 害 とな って い る の であ 細 胞 を経 由 して 雌性 側 の 卵 細 胞 と極 核 との 巧 み な 配 偶体 ろ うか.そ れ は 取 りも直 さず,細 胞 壁 の存 在 であ り,植 の融 合 を 成 就 す る.接 合 体(胚)の 物 に特 有 な重 複 受 精 の機 構 で あ る.被 子 植 物 の雌 性 配 偶 供 給 の 役 割 を 担 うべ き胚 乳 形 成 に 関 して も,細 胞 壁 は 常 子 で あ る卵 細 胞 は強 固 な胚 の う組 織 の 中 に,分 化 した2 に 重要 な 要 因 と 言 え よ う. 自然 に 進行 す る 受 精 の 諸 助 細 胞,3反 過 程 で あ って も,そ れ を 人 為 的 に 操 作 した り,回 避 す る 足 細 胞,中 心 細 胞 の2極 核 と と もに配 位 さ れ て い る.一 方,雄 性 配 偶 子 側 は花 粉 の完 成,ま た は発 とな る と,こ 芽 伸 長 に 伴 って1栄 養 細胞 と2精 細 胞 に分 裂 分 化 す で,今 488 化 学 と生 物 発 育 と,そ れ に 養分 とは そ れ ほ ど 容 易 な も ので は な い.そ クラ ン ツ らの 成 功 を 追 って み よ う. Vol.32, No.8, 1994 こ

4 1) B. Goodman: Science, 261, 430 (1993). 2) E. Kranz & H Lorz: Plant Cell, 5, 739 (1993). 3) E Kranz & H Lorz: 15th International Botanical Congress, Abstracts , 173 (1993) 4) E Kranz & H. Lorz: Proc ICOBB, Miyazaki, 41 (1991). 5) C. Dumas: 15th International Botanical Congress, Abstracts , 97 (1993).

5

6 1) A.C. Harmon, C. Putnam-Evans & M.J. Cormier: Plant Physiol., 83, 830 (1987). 2) R.E. Gundersen & D.L. Nelson: J. Biol. Chem., 262, 4602 (1987). 3) J.F. Harper, M.R. Sussman, G.E. Schaller, C. Putnam- Evans, H. Charbonneau & A.C. Harmon: Science, 252, 951 (1991). 4) T. Yuasa & S. Muto: Research in Photosynthesis Vol. IV, ed. by N. Murata, 1992, p ) T. Yuasa & S. Muto: Arch. Biochem. Biophys., 296, 175 (1992). 6) K.J. Einspahr, T.C. Peeler & G.A. Thompson, Jr: J. Biol. Chem., 263, 5775 (1988).

7

8 1) M.M. Vestling & C. Fenselau: Anal. Chem., 66, 471 (1994). 2) B.T. Chait, R. Wang, R.C. Beavis & S.B.H. Kent: Science, 262, 89 (1993). 3) A. Tsugita, K. Takamoto, M. Kamo & H. Iwadate: Eur. J. Biochem., 206, 691 (1992). 4) S.A. Martin, W. Yu, J.E. Vath, B.S. Tangarone, A.S. Harris, E.B. Nickbarg & H.A. Scoble: 41st ASMS Conf., San Francisco, June, 1993.

9 1) N. Fusetani & K. Hashimoto: Bull. Jpn. Soc. Sci. Fish., (1984). 3) S. Araki, T. Sakurai, T. Oohusa, M. Kayama & K. Nisizawa: Hydrobiologia, 204/205, 513 (1990).

10

11 1) J.S Holt: Annu. Rev Plant Physiol. Plant Mol. Biol., 44, 203 (1993). 2) Y. Sasaki, K. Hakamada, Y. Suama, Y. Nagano, I. Furusawa & R. Matsuno: J. Biol. Chem., 268, (1993). 3) T. Konishi & Y. Sasaki: Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 91, 3598 (1994). 4) J.L. Harwood: Annu. Rev. Plant Physiol. Plant Mol. Biol., 39, 101 (1988). 5) S.J. Li & J.E. Cronan Jr.: J. Biol. Chem., 267, (1992). 6) M.A. Egli, B.G. Gengenbach, J.W. Gronwald, D.A. Somers & D.L. Wyse: Plant Physiol., 101, 499 (1993).

4) H. Takayama et al.: J. Med. Chem., 45, 1949 (2002). 5) H. Takayama et al.: J. Am. Chem. Soc., 112, 8635 (2000). 6) H. Takayama et al.: Tetrahedron Lett., 42, 2995 (2001). 9) M. Kitajima et al: Chem.

More information

10中西_他.indd

10中西_他.indd Streptomyces mobaraensis N N N Sm b Sm N N Sm Sm Sm ' ' Sm Sm ak K k K bk k K Sm Sm a b S. mobaraensis a b a b Sm b b bb b b Sm Sm S. lividans ab Sm ab Sm ab ab ab ab SmSm S. lividansab S. lividans ab

More information

表1.eps

表1.eps Vol.1 C ontents 1 2 cell-free EMBO J Proc. Natl. Acad. Sci. USA NatureEMBO J 3 RNA NatureEMBO J Nature EMBO J 4 5 HCV HCV HCV HCV RNA HCV in situ 6 7 8 Nat Struct Mol Biol J Biol Chem Nat Commun J Virol

More information

1) van Meer, G., Op den Kamp, J. A.: J. Cell. Biochem., 19, 193-2040982) 2) Gaffet, P., Bettache, N., Bienvenue, A.: Biochemistry, 34, 6762-6769(1995) 3) Sims, P. J., Wiedmer, T.: Thromb. Haemost., 86,

More information

Biology of spermatogenesis and spermatozoa in mammals. Biophys. Biochem. Cytol. Arch. Biochem. Biophys. Anat. Rec. Biol. Reprod. Mol. Hum. Reprod. Biol. Reprod. Reprod. Biol. Endocrinol. Aust. J. Zool.

More information

Various function and toxicity of iron Key words 1) Hentze, M. W. et al: Cell, 117, 285-297 (2004) 2) Ganz, T.: Blood, 102, 783-788 (2003) 3) Nemeth, E. et al.: Science, 306, 2090-2093 (2004) 4) Hentze,

More information

Florigen in rice Key words Shojiro Tamaki, Ko Shimamoto E-mail : s-tamaki@bs.naist.jp, simamoto@bs.naist.jp URL : http://bsw3.naist.jp/simamoto/simaoto.html 1) Thomas, B., Vince-prue, D.: Photoperiodism

More information

untitled

untitled Fig.1 t O O N,N p n J J J J J t J J J J J J J J J J J t t J J J J J J J J J p Fig.2 p t Fig.3 Fig.4 synanti p Table1 Table2t Table2 synanti antisyn synanti synanti Fig.5 syn anti anti Fig.6 Table3 Table4

More information

2007 Vol.56 No.6 総説 丸山浩樹

2007 Vol.56 No.6 総説 丸山浩樹 Reprinted from RADIOISOTOPES, Vol.56,.6 June 2007 Japan Radioisotope Association http : //www.jrias.or.jp/ α β α β ε m z α µ µ α m z m z µ µ Curr. Opin. Biotechnol J. Proteome Res Rapid Commun. Mass

More information

2007050781......_.L.O...z.W

2007050781......_.L.O...z.W a s d f g a s d f g h j k l 0 in vitro in vivo in vitro in vivo in vivo in vivo in vitro Metabolism Metabolism Endocr Endocr Endocrinol Ann NYA cad Sci J clin Endocr Metab

More information

tary adenylate cyclase activating polypeptide ; PA-

tary adenylate cyclase activating polypeptide ; PA- Conformation of a peptide ligand bound to its G-protein coupled receptor and its implication for ligand transportation tary adenylate cyclase activating polypeptide ; PA- molecular biology (ed. Rich,

More information

CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM CD-ROM 4000 ED COOLSCAN IV ED 4000 ED 4000 ED 4000 ED 4000 ED 4000 ED 4000 ED 4000

More information

Novel chemical mediators in the resolution of inflammation Charles N. Serhan Key words E-mail : marita@nih.go.jp Charles N. Serhan Brigham & Women's Hospital/Harvard Medical School 1) Serhan, C. N.,

More information

.i...j...[.X8-2

.i...j...[.X8-2 Vol. 8 No.2 Nov. 2007 1 2 4 12 20 37 45 54 56 62 1 2 3 4 5 7 6 8 9 10 11 13 12 15 14 17 16 19 18 21 20 Hatena 23 22 Oidiodendron Oidiodendron 25 24 Monosiga ovata Monosiga 27 26 Toxoplasma gondii 29 28

More information

Vol.171 2004.9.15 14 100 5 10 15 52 53 55 1 7 55 58 63 3 26 53 3 6 9 2 3 6 9 6 52 53 55 3 9 5 1 7 10 14 4 12 8 11

Vol.171 2004.9.15 14 100 5 10 15 52 53 55 1 7 55 58 63 3 26 53 3 6 9 2 3 6 9 6 52 53 55 3 9 5 1 7 10 14 4 12 8 11 Vol.170 2004.9.9 9 17 9 17 1000 8 10 9 17 14:00 17:00 30 28 Vol.171 2004.9.15 14 100 5 10 15 52 53 55 1 7 55 58 63 3 26 53 3 6 9 2 3 6 9 6 52 53 55 3 9 5 1 7 10 14 4 12 8 11 9.17 10 15 38 51 53 55 6 2

More information

() 2

() 2 1 () 2 2 4 3 6,500 4 5 2 6 A B A B A B A B - A B 7 8 A B A B A B 9 JR JR 10 11 6 5 12 17 6 13 14 B A A B A B A B 2 1 8 15 8 16 17 9 18 3 4 5 mm mm 19 2 20 3 6 7 11 12 13 14 18 4 3 2 1 21 3 12 13 14 16

More information

2

2 1999 No. 5 CHAPERONE NEWSLETTER CONTENTS 2 3 4 JEM JEM JEM, SEC, SCJ JEM JEM SCJ jem, scj 5 in vitro S. cerevisiae 6 K 7 in vitro Cell Mol. Cell in vitro 8 9 E. coli E. coli 10 in vitro ssc - b 11 in vivo

More information

Bio-No.57/3....

Bio-No.57/3.... 2004. MAR. 3No.57 http://www.wako-chem.co.jp C O N T E N T S 2 Wako Bio Window No.57 MAR.2004 l l l l wako wako l l mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm Wako Bio Window No.57 MAR.2004 3 4 Wako Bio Window

More information

Molecular bases for plant circadian clock and flowering : How does the quintet tell the time? Cell, 101, 319-329(2000) 8) Schultz, T. F., Kiyosue, T., Yanovsky, M., Wada, M., Kay, S. 9) A. : Plant

More information

The Heart Healthy Tocotrienol Complex Tocomin SupraBio

The Heart Healthy Tocotrienol Complex Tocomin SupraBio The Heart Healthy Tocotrienol Complex Tocomin SupraBio The Heart Healthy Tocotrienol Complex Tocomin SupraBio 1. Fact Sheet No. 317; World Health Organization (WHO), 2007 2. LLOYD-JONES D. et al. Circulation

More information

Stress-responsive MAP kinases 15) Lu, H. T., Yang, D. D., Wysk, M., Gatti, E., Mellman, I., Davis, R. J., Flavell, R. A. : EMBO J., 18,1845-1857 (1999) 16) Lu, B., Yu, H., Chow, C., Li, B., Zheng,

More information

第6号-2/8)最前線(大矢)

第6号-2/8)最前線(大矢) 最前線 免疫疾患における創薬標的としてのカリウムチャネル 大矢 進 Susumu OHYA 京都薬科大学薬理学分野教授 異なる経路を辿る 1つは マイトジェンシグナル 1 はじめに を活性化し 細胞増殖が促進されるシグナル伝達経 路 図1A 右 であり もう1つはカスパーゼやエ 神 経 筋 の よ う な 興 奮 性 細 胞 で は カ リ ウ ム ンドヌクレアーゼ活性を上昇させ アポトーシスが K

More information

untitled

untitled 5 28 EAR CCLECCN ECCN 1. 2. 3. 4. 5.EAR page 1 of 28 WWW.Agilent.co.jp -> Q&A ECCN 10020A 10070A 10070B 10070C 10071A 10071B 10072A 10073A 10073B 10073C 10074A 10074B 10074C 10076A 10229A 10240B 10430A

More information

日本皮膚科学会雑誌第122巻第2号

日本皮膚科学会雑誌第122巻第2号 J Dermatol Sci Vitam Horm NEnglJMed Lancet J Clin Invest Antitoxid Redox Signal Diabetes Metab Res Rev Diabetes Care Diabet Med Diabetes care Diabetes Care J Foot Ankle Surg Wound Repair Regen Lancet Foot

More information

Review Yoshihiro Yoneda, Soo Jae Lee, E-mail : yyoneda@anat3.med.osaka-u. ac.jp http: //www.anat3.med.osaka-u.ac.jp/ Molecular basis of importin g revealed by crystal structures 2) Yoneda, Y. : Genes

More information

VOL33NO.3/2010 A B A B p-erk1/2 Time (min) 0 1 2 5 10 15 30 60 90 120 Erk1/2 Time (min) 0 1 2 5 10 15 30 60 90 120 p-vasp VASP C D enos/gapdh x-fold vs sham 2.0 1.5 1.0 0.5 * 0 ANP (-) (+) (-)

More information

Database Center for Life Science Online Service archlaboratories, 4-1-1 Miyazaki, Miyamae-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa 213, Japan] Developmental Genetics of Caenorhabditis elegans Database Center for

More information

59...ec6

59...ec6 No.59 2012 1 SIV SIV SIV HA NA PB1 PB2 PA NP M NS (H3N2) SIV (H1N1) SIV (H1N1) (H3N2) (H1N1) H1N2 H3N2 H1N2 H1N1 SIV (H1N1)2009 2 Proc Jpn Pig Vet Soc No.59 2012 No.59 2012 3 4 Proc Jpn Pig Vet Soc No.59

More information

19 3 6 4 65 50 2 1 25.018.716.2 15.0 7 70.17.9 8 44.242.3 50.6 5 23.3 35.7 2 1 (SA) 2 (SA) 6 4 3 (SA) PTA 4 (SA) 7 50 5 (SA) 4 6 (3 ) 7 (SA) 8 2 1 8 3 30 50 9 (SA) 5 60 10 (SA) 2 11 (SA) 12 (MA) 40 13

More information

Makoto Onoda, Department of Anatomy and Cell Biology, Georgetown University School of Medicine, 3900 Reservoir Road, N. W., Washington, D. C. 20007, USA Regulation Mechanism of Spermatogenesis : Cell-to-cell

More information

1) P. Nurse, P. Thuriaux & K. Nasmyth: Mol. Gen. Genet., 145, 167 (1976). 2) R. Ohi, C. McCollum, B. Hirani, G.J. Den Hasse, X. Zhang, J.D. Burke, K. Turner & K.L. Gould: EMBO J., 13, 471 (1994). 3) T.

More information

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と 5 月 の 栽 培 管 理 リ ン ゴ 平 成 28 年 4 月 28 日 ふ じ の 生 育 状 況 < 県 南 部 ( 果 樹 試 験 場 本 場 ) > 注 発 芽 始 め ( 確 定 ) 4 月 1 日 ( 平 年 1 : 4 月 9 日 平 年 - 8 日 ) 展 葉 ( 確 定 ) 4 月 13 日 ( 平 年 : 4 月 20 日 平 年 - 7 日 ) 開 花 始 め ( 予 測 )

More information

RX501NC_LTE Mobile Router取説.indb

RX501NC_LTE Mobile Router取説.indb 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 1 2 3 4 5 6 7 8 19 20 21 22 1 1 23 1 24 25 1 1 26 A 1 B C 27 D 1 E F 28 1 29 1 A A 30 31 2 A B C D E F 32 G 2 H A B C D 33 E 2 F 34 A B C D 2 E 35 2 A B C D 36

More information

67.5km 299.4km 2 2 2 16km 1/6 47km 2 1 1 (m) (km 2 ) 2,700 7.6 9,927 47.1 8,100 13.4 8,120 4.8 52 0.4 1,100 6.0 2,200 3.8 6,982 45.3 4,473 14.4 5,000 9.5 2 (km 2 ) (km) 1 299.4 67.5 2 284.5 38.8 3 267.0

More information

(34) Vardapetyan, R. R., Terzikyan, S. A.: Instrum. Exp. Tech. 25 (1983) 968 (39) Srivastava, S. K.: Appl. Optics (1983) 1551 Lewis, B. R.: App

(34) Vardapetyan, R. R., Terzikyan, S. A.: Instrum. Exp. Tech. 25 (1983) 968 (39) Srivastava, S. K.: Appl. Optics (1983) 1551 Lewis, B. R.: App (34) Vardapetyan, R. R., Terzikyan, S. A.: Instrum. Exp. Tech. 25 (1983) 968 (39) Srivastava, S. K.: Appl. Optics 22-103 (1983) 1551 Lewis, B. R.: Appl. Optics 22-10 (1983) 1546 (39) (40) Laporte, P.,

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

Ceratopteris richardii Physcomitrella patens, Marchantia polymorpha

Ceratopteris richardii Physcomitrella patens, Marchantia polymorpha Database Center for Life Science Online Service Mitsuyasu Hasebe, E-mail : mhasebe@nibb. ac. jp http: //www. nibb. ac. jp/-mhasebe Rumiko Kofuji, Youichi Tanabe, Motomi Ito, Evolution of MADS box genes

More information

O-1 O-2 O-3 O-4 O-5 O-6

O-1 O-2 O-3 O-4 O-5 O-6 18 The 18 th Congress of Hokkaido Association for Clinical Engineering Technologists 930940 O-1 O-2 O-3 O-4 O-5 O-6 O-7 O-8 O-9 O-10 O-11 O-12 O-13 O-14 O-15 O-16 O-17 O-18 O-19 O-20 O-21 O-22 O-23 O-24

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

a a s d f g h j a s d f g h a s

a a s d f g h j a s d f g h a s a a s d f g h j a s d f g h a s a a s a s d f d f g h a s d f g h a s d f a s d f g a s a s d a s d f g h a s d a s d f a s d f a s d a a s d f g h j k l 0 1 2 3 4 5 6 a s d f g a s d f a s d a

More information

日本皮膚科学会雑誌第121巻第11号

日本皮膚科学会雑誌第121巻第11号 β Clin Rheumatol Arthritis Rheum Am J Cardiol J Rheumatol J Rheumatol Arthritis Rheum Arthritis Rheum Arthritis Rheum Rheumatology Oxford Rheumatology Oxford Br J Dermatol Arch Dermatol Ann Rheum Dis

More information

Yeast one-hybrid system niimi@agr.nagoya-u.ac. jp て い る しか し す べ て のDNA結 合 タンパク 質 が 酵 母 で 転 写 活 性 化 因 子 と して 働 く と は限 らな い この 場 合 に は VPI6やGa14の 転写活 性 化 領 域 と のfusionタ ン パ ク質 を作 る こ と に よって酵母 で転写活 性化

More information

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ 最 強 のシェルター!アルテミアの 耐 久 卵 を させるには? 研 究 者 担 当 職 員 小 山 田 渓 乃 村 上 史 佳 安 江 望 清 水 加 奈 1. ア ル テ ミ ア と は? アルテミアは 節 足 動 物 門 甲 殻 亜 門 無 甲 目 ア ル テ ミ ア 属 に 属 す る 種 の 総 称 で ホウ ネ ン エ ビ と 同 じ 目 に 属 す る 今 回 材 料 に 用 いた a

More information

Short Review Hidenori Takagi, Fumio Takaiwa, E-mail : takaiwa@nias.affrc.go.jp 13) Hirahara, K. et al. : J. Allergy Clin. Immunol., 102, 961-967 (1998) 14) Takagi, H. et al.: Proc. Natl. Acad. Sci.

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

5200) [Department of Biochemistry, Miyazaki Medical College, Kihara, Kiyotake-cho, Miyazaki 889-16, Japan] Natriuretic Peptide Family: ANP and BNP 1) de Bold, A. J.: Science, 230, 767-770 (1985)

More information

2002~2004年ハンセン病関係資料撮影リスト

2002~2004年ハンセン病関係資料撮影リスト 3 13 2 2002 2004 14510356 2002 2004 1 15 2003 5 1 3,758 70 51.27 1 2003 1 31 http://www.mhlw.go.jp 2005 3 1 http://www.jlf.or.jp/work/hansen_report.shtml 1981 50 1982 1982 1993 1993 1991 1982 ) 1 2 2002

More information

AC-2

AC-2 AC-1 AC-2 AC-3 AC-4 AC-5 AC-6 AC-7 AC-8 AC-9 * * * AC-10 AC-11 AC-12 AC-13 AC-14 AC-15 AC-16 AC-17 AC-18 AC-19 AC-20 AC-21 AC-22 AC-23 AC-24 AC-25 AC-26 AC-27 AC-28 AC-29 AC-30 AC-31 AC-32 * * * * AC-33

More information

エンジョイ北スポーツ

エンジョイ北スポーツ 28 3 20 85132 http://www.kita-city-taikyo.or.jp 85 63 27 27 85132 http://www.kita-city-taikyo.or.jp 2 2 3 4 4 3 6 78 27, http://www.kita-city-taikyo.or.jp 85132 3 35 11 8 52 11 8 2 3 4 1 2 4 4 5 4 6 8

More information

DNA Reck-Peterson DNA - - - - - DNA DNA DNA DNA A DNA DNA DNA DNA DNA nmnm nm B DNA DNA DNA SNAP Halo DNA DNA DNA - DNA -nm DNA DNA - A - DNA m B - C

DNA Reck-Peterson DNA - - - - - DNA DNA DNA DNA A DNA DNA DNA DNA DNA nmnm nm B DNA DNA DNA SNAP Halo DNA DNA DNA - DNA -nm DNA DNA - A - DNA m B - C !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! DNA ICT Cooperative activation of motor proteins revealed by bioimaging and a high-speed optical tweezer Kenya Furuta, Takayuki Torisawa

More information

本文/AY380J

本文/AY380J MHC-II II MHC-II MHC- II CD T T TCR T T MHC-II MHC-II T MHC-II MHC-II MHC-II MHC-II Ii Ii-MHC-II MHC-II antigen processing compartment MIIC Regulation of cell surface expression of MHC-II in dendritic

More information

() () () 200,000 160,000 120,000 80,000 40,000 3.3 144,688 43,867 3.1 162,624 52,254 170,934 171,246 172,183 3 2.8 2.6 57,805 61,108 65,035 3.5 3 2.5 2 1.5 1 0.5 0 0 2 7 12 17 22 10.1 12.7 17 22.3 73.4

More information

master

master 000000000 (1) 1064 B 5m78 091080067 6067 (0.80 52m59 100000000 (1) 0 B 9:52.00 101000744 744 (7. 8m79 101001650 650 12.50 101004483 (3) 3483 (0.80 52m36 101004486 (3) 3486 11.00 101004488 (3) 3488 50.00

More information

<4D F736F F D20312E89938A75926E82C982A082E98AD6938C91E5906B8DD082CC8B4C944F94E D93FC82E8816A E646F6378>

<4D F736F F D20312E89938A75926E82C982A082E98AD6938C91E5906B8DD082CC8B4C944F94E D93FC82E8816A E646F6378> 1) 1) 1. 1923 12 2012 23 260 2014 119 2014 125 2015 170 2014b 2015 2014 2015 2012 2014 2011 100 2014a 2. 20131898 31 * 464-8601 名 古 屋 市 千 種 区 不 老 町 1 1 A B C D 2 A B 13 56 1890 33 1894 37 1949 24 2 1 19

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

平成27年度三菱重工グループ保険 フルガードくん(シニア)

平成27年度三菱重工グループ保険 フルガードくん(シニア) TEL 0120-004-443 TEL 045-200-6560 TEL 042-761-2328 TEL 0120-539-022 TEL 042-762-0535 TEL 052-565-5211 TEL 077-552-9161 TEL 0120-430-372 TEL 0120-45-9898 TEL 0120-63-0051 TEL 0120-252-892 TEL 083-266-8041

More information

layout_04.indd

layout_04.indd 第 三 種 電 気 主 任 技 術 者 理 論 編 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. Y 10. 11. 12. RL RC 13. 14. RLC 15. RLC 16. 17. 18. 19. 20. 21. Y 22. Y 23. 5 6 7 8 9 10 12 15 17 19 21 23 25 32 35 37 39 41 43 45 47 49 50 52 24. 25.

More information

[Department of Pediatrics, Gifu University School Clinical. Pathological and Biochemical Abnormality in peroxisomal Disorders 1) Goldfischer, S., Moore, C. L., Johnson, A. B., Spiro, A. J., Valsamis,

More information

01

01 2 0 0 7 0 3 2 2 i n d e x 0 7. 0 2. 0 3. 0 4. 0 8. 0 9. 1 0. 1 1. 0 5. 1 2. 1 3. 1 4. 1 5. 1 6. 1 7. 1 8. 1 9. 2 0. 2 1. 2 3. 2 4. 2 5. 2 6. O k h o t s k H a m a n a s u B e e f 0 2 http://clione-beef.n43.jp

More information

2013 Vol.77 Contents 社 長 通 信 共 に 咲 く よ ろ こ び P11 和 人 伝 和 道 を 究 め る 名 人 1 あ じ か ん シ ー ズ ン ヘ ッ ド ラ イ ン 新 し い 仲 間 あ じ か ん 料 理 秘 抄 和 心 得 温 故 知 新 た ま ご 社 会

2013 Vol.77 Contents 社 長 通 信 共 に 咲 く よ ろ こ び P11 和 人 伝 和 道 を 究 め る 名 人 1 あ じ か ん シ ー ズ ン ヘ ッ ド ラ イ ン 新 し い 仲 間 あ じ か ん 料 理 秘 抄 和 心 得 温 故 知 新 た ま ご 社 会 2013 Vol.77 2013 Vol.77 Contents 社 長 通 信 共 に 咲 く よ ろ こ び P11 和 人 伝 和 道 を 究 め る 名 人 1 あ じ か ん シ ー ズ ン ヘ ッ ド ラ イ ン 新 し い 仲 間 あ じ か ん 料 理 秘 抄 和 心 得 温 故 知 新 た ま ご 社 会 学 旬 恵 み を 召 し あ が れ あ じ か ん な る ほ ど! メ

More information

1 z q w e r t y x c q w 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 R R 32 33 34 35 36 MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR MR

More information

野岩鉄道の旅

野岩鉄道の旅 29th 5:13 5:34 5:56 6:00 6:12 6:20 6:21 6:25 6:29 6:31 6:34 6:38 6:40 6:45 6:52 6:56 7:01 7:07 7:11 7:32 7:34 7:50 7:58 8:03 8:17 8:36 8:44 5:50 5:54 6:15 6:38 6:39 6:51 6:59 6:59 7:03 7:08 7:08 7:11 7:15

More information

取扱説明書

取扱説明書 ED-601 ED-501 ED-401 2 3 4 23 14 5 6 18 10 7 1 2 6 3 4 8 9 16 16 16 12 1 2 18 10 2 1 5 12 11 1 2 1 2 12 1 2 13 16 14 3 2 4 1 1 2 16 3 4 18 15 1 2 16 2 3 1 1 2 3 18 17 18 22 19 D A C 20 A B 22 B C D 22

More information

動.飾 窺 ビタ ミ ンC 前 駆 物 質 2-ケ ト-L-グ ロン 酸 の 発 酵 生 産 `::'...蓼.: '.拠:: 爾 11準:悪 ノ... '卜 園山 高康 塩野義製薬(株)製造 本部 ビ タ ミンC(L-ア ス コル ビ ン酸)は ビ タ ミン バ ル ク た が,い ず れ も濃 度,収 率 とも低 く進 展 は み られ なか っ の中 で最 も 大 きい市 場 規 模 を 誇

More information

untitled

untitled 2 23 3 28 10 12 1 2 3 18 6 1 1 2 9 9 5 22 1 22 10 2 100 9 9 9 1 11 2,300 22 10 8 90 5 80 90 100 5,000 100 90 5 90 8 90 13 1 22 20 / 14 / 10 / 1 13 80 8 80 80 7 8 13 80 7 90 2 200 300 3 4 10 1 1 90 5 90

More information

2 3 2

2 3 2 1 2 3 2 ha ha ha 3 4 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 5 5 ( ) ( ) 3 ( ) ( ),,, 5 6 7 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 6 36.3% ( ) 8 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 3 5 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( )

More information

untitled

untitled 1,985ha 41.5 2,799ha 58.5 4,784ha 100.0 3 14,210 0 0.0 27 57,590 37,140 64.5 3 1,800 930 51.7 6 1,150 1,150 31.0 39 77,310 39,220 50.7 34 8-3 34 8-4 52 1-6 52 2-3 53 1-6 56 1-2 56 1 18 12 17 30 50

More information