- 14 -

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "- 14 -"

Transcription

1 - 13 -

2 - 14 -

3 - 15 -

4 (KP1.81.4) 4,000(m 3 /) c b c a a b c

5 (Cs-137Pb-210) (KP1.42.5) 1960(KP ) 132,000m 3 3,300m 3 / 116,000m 3 15,900m 3 Cs-137Pb-210 p.1920 p.1921 p.2425 p Cs-137 Pb

6 表2-3-3 地層調査及び土砂年代測定調査の方法 調査方法 調査項目 地層調査 地層調査は ピートサンプラーを用いて行った 土砂年代測定用の試料採取は 次に示す手順 方法で行った Step1 右の写真2-3-1及び2-3-2に示すサンプラーを用いて 土砂 の混入がほとんど認められない泥炭を確認するか 貫入 不能になる深度まで試料を採取した Step2 採取した試料を厚さ25mmとなるように分割する Step3 Step2で分割した試料を用いてCs-137及びPb-210分析を 行い 1963年の堆積面及び近年数十年間の土砂堆積速度 を推定する Step4 Step2で分割した試料を用いて強熱減量試験 粒度試験 及び比表面積試験等を行い 土砂の性質を把握する 土砂年代測定調査 採取部分は長さ 500mm 半 径 25mmで 現位置で回転さ せることにより圧縮比の小さ い半円筒形の試料を採取する ことができる 写真 試料採取部 写真 試料採取状況 簡易地層調査地点 S-18 KP-2.5 S-17 KP-2.3 S-16 KP-2.1 S-14 KP-1.5 S-10 KP-0.3 S-8 KP0.2 S-5 KP0.6 S-3 KP1.0 S-2 KP1.2 S-1 KP1.4 S-4 KP0.8 S-7 KP0.4 S-9 KP0.0 S-12 KP-0.9 左50 久著呂川 土砂年代測定調査用の試料採取地点 S-15 KP-1.8 S-11 KP-0.6 S-13 KP-1.2 凡 例 測線 土砂年代測定調査地点 m 図 平成 15 年度 地層調査地点 平成 14 年度 地層調査地点 地層調査及び土砂年代測定調査の位置と方法

7 土砂年代測定調査の結果 蛇行河道部の後背湿地において泥炭の上部に堆積している土砂は ほぼ全量が 1963 年以降に堆積したものであると推定された 河岸部と後背湿地の Cs-137 濃度がピークを示す深度を結んだ線(1963 年の推定地表面)の勾配は 現状の地形勾配と同程度であることが分かった このことを踏まえ 土砂年代測定調査を行っていない測線の 1963 年の地表面を推定した その結果を次ページの図 に示す 表2-3-4 Cs-137法及びPb-210法の方法 原理 分析項目 方法 原理 Cs-137は セシウム降下の記録から 検 出され始める年を1954年 ピークとなる Cs-137 年を1963年として目安をつけることがで きる Mahara,1993 金井ほか,1995 Pb-210は 堆積物中で22.3年の半減期で 濃度が減衰することが分かっている そ Pb-210 の性質を利用し Pb-210濃度の深度方向 の変化から土砂の堆積速度及びその変化 状況を推定する手法である KP-0.3 測線右岸の既往の Cs-137 分析結果 KP 0.6 測線右岸の Cs-137 Pb-210 分析結果 S-13 KP-1.2 KP-0.6 S-15 KP S-18 KP-2.5 S-17 KP-2.3 S-16 KP-2.1 S-14 KP-1.5 S-12 KP-0.9 S-8 KP0.2 S-5 KP0.6 S-3 KP1.0 S-10 KP-0.3 S-1 KP1.4 S-2 KP1.2 S-4 KP0.8 左50 久著呂川 土砂が比較的多く 堆積する範囲 S-11 S-7 KP0.4 S-9 KP 凡 例 土砂堆積 測線 土砂年代測定調査地点 H15 年地層調査地点 H14 年地層調査地点 900 m 土砂堆積 状況 表層 砂質土及び粘性土主体 有機質土主体 図 KP 1.8 測線右岸の Cs-137 Pb-210 分析結果 KP 1.2 測線右岸の Cs-137 Pb-210 分析結果 河川氾濫に伴って堆積したと推定される土砂の平面分布

<4D6963726F736F667420576F7264202D20502D3393EC8D75959082CC8EB393B992669177955D89BF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20502D3393EC8D75959082CC8EB393B992669177955D89BF2E646F63> P-3 鹿 島 町 南 講 武 におけるトレンチ 調 査 等 による 宍 道 断 層 の 活 動 性 評 価 Activity of the Shinji fault evaluated by trenching study at Minamikoubu in Kashima-Town. 広 兼 修 治 ( 中 国 電 力 株 式 会 社 ) 黒 岡 浩 平 ( 中 国 電 力 株 式 会 社 )

More information

STEP1 STEP3 STEP2 STEP4 STEP6 STEP5 STEP7 10,000,000 2,060 38 0 0 0 1978 4 1 2015 9 30 15,000,000 2,060 38 0 0 0 197941 2016930 10,000,000 2,060 38 0 0 0 197941 2016930 3 000 000 0 0 0 600 15

More information

P072-076.indd

P072-076.indd 3 STEP0 STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 072 3STEP4 STEP3 STEP2 STEP1 STEP0 073 3 STEP0 STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 074 3STEP4 STEP3 STEP2 STEP1 STEP0 075 3 STEP0 STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 076 3STEP4 STEP3 STEP2 STEP1

More information

1

1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 6 3 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 5 4 STEP 02 STEP 01 STEP 03 STEP 04 1F 1F 2F 2F 2F 1F 1 2 3 4 5 http://smarthouse-center.org/sdk/ http://smarthouse-center.org/inquiries/ http://sh-center.org/

More information

論文

論文 m 32 DEM 33 先端測量技術 No.96 の左側にある白枠の範囲 約1 2 のデータ を用いて地形表現手法の比較を行なう この 地域は 2000年の有珠山噴火が開始した際に 形成されたN1-N3火口をはじめとする多数の 火口群と 潜在ドームの隆起に伴って形成さ れた小断層地形が重なって発達する 世界的 にも稀な 非常に複雑な地形の地域である 写真 2 写真 3 3.1 等高線図による表現 当該地区のDEMデータから

More information

<82A082C682E082B731318C8E8D862E696E6464>

<82A082C682E082B731318C8E8D862E696E6464> あともす 医 療 分 野 で の 利 用 農 業 分 野 で の 利 用 工 業 分 野 で の 利 用 暮 ら し の 中 で の 放 射 線 利 用 科 学 分 野 で の 利 用 こ ん な こ と を し ま し た みんなの 参 加 まってるよ! 志 賀 原 子 力 発 電 所 の 取 組 み 紹 介 ~ 安 全 対 策 発 電 所 敷 地 内 への 浸 水 防 止 について~ 2.

More information

40木村Y2.indd

40木村Y2.indd 379 57 1458148 9/101632/1633 16 264 ( 15) 170321705 21745 18 31820 51834 1861 10 379 493 凡 例 1 3 2 ( 16) 263 3 9/101632/33 1968 16170315 21705 192007 21745 1944 31820 2 1974 51834 21975 11861 41969 12

More information

1 2 http://www.japan-shop.jp/ 3 4 http://www.japan-shop.jp/ 5 6 http://www.japan-shop.jp/ 7 2,930mm 2,700 mm 2,950mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 8 http://www.japan-shop.jp/ 9 10 http://www.japan-shop.jp/

More information

第18回海岸シンポジウム報告書

第18回海岸シンポジウム報告書 2011.6.25 2011.6.26 L1 2011.6.27 L2 2011.7.6 2011.12.7 2011.10-12 2011.9-10 2012.3.9 23 2012.4, 2013.8.30 2012.6.13 2013.9 2011.7-2011.12-2012.4 2011.12.27 2013.9 1m30 1 2 3 4 5 6 m 5.0m 2.0m -5.0m 1.0m

More information

1 911 34/ 22 1012 2/ 20 69 3/ 22 69 1/ 22 69 3/ 22 69 1/ 22 68 3/ 22 68 1/ 3 8 D 0.0900.129mm 0.1300.179mm 0.1800.199mm 0.1000.139mm 0.1400.409mm 0.4101.199mm 0.0900.139mm 0.1400.269mm 0.2700.289mm

More information

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 2 2 2 1 1 2 9 10 11 12 13 14 15 16 17 1 8 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 9 11 12 13 13 14 15 16 17 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

More information

000-.\..

000-.\.. 1 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 e e 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 10mm 150mm 60mm 25mm 40mm 30mm 25 26 27 1 28 29 30 31 32 e e e e e e 33 e 34 35 35 e e e e 36 37 38 38 e e 39 e 1 40 e 41 e 42 43

More information

1 1 36 223 42 14 92 4 3 2 1 4 3 4 3429 13536 5 6 7 8 9 2.4m/ (M) (M) (M) (M) (M) 6.67.3 6.57.2 6.97.6 7.27.8 8.4 5 6 5 6 5 5 74 1,239 0 30 21 ( ) 1,639 3,898 0 1,084 887 2 5 0 2 2 4 22 1 3 1 ( :) 426 1500

More information

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 1 e N >. C 40 41 2 >. C 3 >.. C 26 >.. C .mm 4 C 106 e A 107 1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

More information

00表紙_2012_CD用_00表紙_2009

00表紙_2012_CD用_00表紙_2009 人間情報学研究, 第 17 巻 2012 年,29~40 頁 29 藤本展子 * ** 松本秀明 Re-examination of the Formative Periods and Classification on Beach Ridge Ranges in the Southern Part of Sendai Coastal Lowland, Northeast Japan Nobuko

More information

プリント

プリント !!!!!! θ θ 1 研究成果 4 研究活動及び研究支援 図1 大震時火災延焼シミュレータ 図2 河川氾濫避難シミュレータ 図4 土砂災害ハザードマップを考慮した 避難シミュレータ 図3 中山間地域の孤立避難シミュレータ!救急車両走行阻害要因の分析 実走行救急車両の GPSデータ 動画像データを採取し 走行阻害要因の分析を行っている 図6は

More information

土砂流入対策実施計画〔久著呂川〕

土砂流入対策実施計画〔久著呂川〕 22 52 12 3000 2500 2000 1500 (km 2 ) 1000 500 0 1947 1955 1977 1985 1989 1994 2000 22 30 52 60 6 12 2000 1947 2000 110 100 90 (km 2 ) 30 20 10 1947 2000 0 () ( 10 20 () 30 40 50 60 60 a b b

More information

本文(横組)2/YAX334AU

本文(横組)2/YAX334AU 群馬県赤城山大沼における湖沼学的研究 日あたりの集水量 B A A B 基底流量 mm d A 湖面を含む集水域の面積 km A 湖水面積 km このとき 上記の値は 地下水流入と考えられる また 漏水は 下記の式で求めた G out B G out 地下水流出量 mm d B 基底流量 mm d 表 9年月日 研究結果 m 湖水面標高 m 最 大 深 度 6 m 最 大 深 度 m 平 均 深 度

More information

472 土木学会論文集 B2 海岸工学 Vol. 66 No.1 2010 図-1 図-2 西湘海岸の海底形状 1990年 測線 No.3と No.33 における縦断形変化 d50 の水深方向 分布および粒度組成の水深分布 0.425mm 粗砂 0.425 2.0mm で覆われている 図-3-5m

472 土木学会論文集 B2 海岸工学 Vol. 66 No.1 2010 図-1 図-2 西湘海岸の海底形状 1990年 測線 No.3と No.33 における縦断形変化 d50 の水深方向 分布および粒度組成の水深分布 0.425mm 粗砂 0.425 2.0mm で覆われている 図-3-5m Quantitative Prediction of Sand Discharge into Submarine Canyons - Application to Kozu Coast Kou FURUIKE, Takaaki UDA, Jun-ichi HOSOKAWA, Tomo SHIO-IRI Toshinori ISHIKAWA, Masumi SERIZAWA and Toshiro SAN-NAMI

More information

新潟県寺泊海岸における堆積過程について 磯部一洋 蝋 灘 灘 難 鑓懸 懸 繍 選 轟懸 馨霧 灘 蕪 嚢饗 懸 箋 灘灘灘 第8図 S2測線におけるトレンチとうねったラミナc 起点から88m 左側が海 ある 太い実線が新信濃川通水前である1911年の汀線を 繋 灘 示し 破線が土捨場の海側の大概の位置を すなわち汀 鶴麟 線を示している 従って 新信濃川が通水した1922年の 汀線は河口付近で破線に

More information

- 1 -

- 1 - - 1 - - 2 - 2 調査概要 2 1 調査日時 平成 16 年 8 月 30 日および 31 日 2 2 調査実施者 調査ポイントのマーキング 大日コンサルタント 株 コンサルタント事業部 表層調査 清水建設(株)技術研究所 2 3 調査方法 開孔方法 斜面地のポイントでは垂直に1mを開孔 するために 日立充電式ハンマードリル DH24DV 型を使用し その他のポイントで は 日立電動式ハンマードリルDH45型を

More information

第 1 章 調査標準に関する現状と課題 jtd

第 1 章 調査標準に関する現状と課題 jtd 16 10 29 目 次 はじめに 10 10 12 13 15 10 12-1- 090508.jtd 13 11 11 第 1 章 調査標準に関する現状と課題 10 29 10 10 30 41-2- 090508.jtd -3-12 57 93 57 94 11 57 93 090508.jtd -4-090508.jtd 57 93 12 10 10 10 第 2 章 記録保存のための発掘調査に関する標準

More information

untitled

untitled CONTENTS P.3 P.5 P.7 P.13 P.21 P.31 P.33 P.3 P.3 P.3 1 2 3 4 4 1 5 6 2 7 8 2 2 9 10 2 2 1000 800 600 400 200 0 3 4 5 11 12 13 14 15 16 17 18 25 1 8 15 22 29 1 18 25 1 6 17 6 8 11 12 3 13 14 15 16 3 311

More information

今週の内容 後半全体のおさらい ラグランジュの運動方程式の導出 リンク機構のラグランジュの運動方程式 慣性行列 リンク機構のエネルギー保存則 エネルギー パワー 速度 力の関係 外力が作用する場合の運動方程式 粘性 粘性によるエネルギーの消散 慣性 粘性 剛性と微分方程式 拘束条件 ラグランジュの未

今週の内容 後半全体のおさらい ラグランジュの運動方程式の導出 リンク機構のラグランジュの運動方程式 慣性行列 リンク機構のエネルギー保存則 エネルギー パワー 速度 力の関係 外力が作用する場合の運動方程式 粘性 粘性によるエネルギーの消散 慣性 粘性 剛性と微分方程式 拘束条件 ラグランジュの未 力学 III GA 工業力学演習 X5 解析力学 5X 5 週目 立命館大学機械システム系 8 年度後期 今週の内容 後半全体のおさらい ラグランジュの運動方程式の導出 リンク機構のラグランジュの運動方程式 慣性行列 リンク機構のエネルギー保存則 エネルギー パワー 速度 力の関係 外力が作用する場合の運動方程式 粘性 粘性によるエネルギーの消散 慣性 粘性 剛性と微分方程式 拘束条件 ラグランジュの未定乗数法

More information

東日本大震災 鳴らされていた警鐘

東日本大震災 鳴らされていた警鐘 .5m 9. 311 11 11869 15 3 1131116 13kmkm 9. 7 6 5 311 M7.7 M7.5M7. 7 M7.1 J A X A 3 km M8. 5 1 1 1319 17 7 6689 15853 855 1936 8 87km 8 16 5 11 6 5 311 13kmkm M9. 5km 1m 1896 1933 31m 1 km8m 63mm M7.3 M9.

More information

Title 傾 斜 農 地 における 土 壌 の 空 間 変 動 に 関 する 研 究 Author(s) 柏 木, 淳 一 北 海 道 大 学 大 学 院 農 学 研 究 院 邦 文 紀 要 (Memories of the Citation Research Faculty of Agriculture, Ho 215-308 Issue Date 2008-02-29 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/32914

More information

中期目標期間の業務実績報告書

中期目標期間の業務実績報告書 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

More information

‡P†|ŠéŒØ.ec4

‡P†|ŠéŒØ.ec4 号 年 月 防災科学技術研究所研究報告 第 孔井一覧 孔井番号は の番号と対応する 4 号 年 月 防災科学技術研究所研究報告 第 反射断面と地質構造との関連を求めることにより 反射 断面から正確な地質構造を得ることが可能になる は下総観測井で行った 探査結果と 観測井近傍での 図 反射断面を合成したものである 山水ほか からわかるように 基盤層や地質境界の反射面が特定で きるため 地質構造との対比が可能となり

More information

~ ~ :~ 2001 ) とされている したがって, 保存状態が不良の試 ~q では, 計測数 ~ 玉 は高純度 Si 検出器 (Xerophy ) で, 試料室の大きさは 350X400X40 阻である 検出可能元素は Na~ 0.08 ~ 0.46mA, ビーム径 100p m, 測定時間 1000 ~ 2000s, パルス処理時間 P4 に ~Å-*, 禍色 ~1 go ~lno, ~f

More information

.N...[..7...doc

.N...[..7...doc 1 2 3 STEP1 4 STEP2 STEP3 5 6 7 8 9 1 Solution of Solution of Solution of Solution of Solution of Solution of Solution of Solution of Solution of Solution of Solution of Solution of Solution of Solution

More information

タフ・医療の保険 医療補償特約付健康総合保険

タフ・医療の保険 医療補償特約付健康総合保険 STEP 7 30702036GA3D00030-336 020-00 3 2 STEP STEP 2 STEP 3 P3 STEP 4 STEP 5 STEP 6 P5 P7 P9 P2 P3 STEP 7 2 STEP 3 P7 STEP P5 STEP 2 STEP 4 P9 STEP 5 P2 STEP 6 P3 2 3 4 STEP 7 3 4 3 4 STEP P3 STEP 2 STEP

More information

Microsoft Word - 6.doc

Microsoft Word - 6.doc 6. 天然ダムと河道閉塞 4 学協会報告書 1)では 大小合わせて 50 箇所 図 6.1 参照 四角囲いの数字は地点番号 の河道閉塞箇所につい て 位置 崩壊斜面の諸元 斜面崩壊の諸元 天然ダムの 諸元 堰止湖の諸元 応急復旧対策 過去の河道閉塞との 比較 水文学的特徴などを整理している 本報告書では その後の調査結果として以下を中心にとりまとめる 天然ダムの発生要因 規模特性 6.1 節 6.2

More information

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶ ¹ 細管式レオメーターによる加熱熔融特性の把握 と加熱熔融処理 SFP-279固体分散体の担体やワックスマトリック ス基剤を選択した際に 細管式レオメーター Fig. 6 を用いた 熔融物が細管を通過するときの粘性 抵抗を測定する装置であり 1 2gの試料で試験 することが可能である 試料をシリンダに充填し 周囲から熱し熔融させ 上部からピストンによって 一定の圧力を加える 熔融した試料は細いダイを通

More information

多摩けいざい78号

多摩けいざい78号 です タイプ2の地域は 多摩地域の東部エリア全 タイプ4は 全期間を通じて価格が下降している 域および西部の鉄道沿線地域 さいたま市近隣 地域です しかしながら減少率は縮小傾向にあり 川崎市などに分布しています 近年はほぼ横ばいとなっています このタイプは タイプ3は 2008年頃に僅かに価格が上昇した 多摩地域西部エリアなどに分布しています ものの それ以外は横ばいか下降している地域で タイプ5は

More information

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb )

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb ) Performance rma Tests s for Floor Covering gs 43 EF a C t n L EF a C t n L U E PD U P D E 44 σ b PL bt σ b L P b t 45 46 GBRC Vol.35 No.3 2010.7 なお 摩耗輪のタイプと試験荷重は 製品規格の規定 により選択する 験体表面に滴下して時計皿で覆い 規定時間 24時間な

More information

untitled

untitled 第3図 関東地方における市区町村別日本ナシ栽培面積の分布変化 注 1960 1975 1990年は総農家 2005年は販売農家のナシ栽培面積 農 林 業センサスにより作成 法が用いられた でも ナシの栽培面積が半減した また 千代田 2005年における関東地方の日本ナシの栽培面積 町とその周辺のナシ栽培も後退した こうしたな は4,609ha で 1990年の5,836ha から大きく減少し かで

More information

4 13 STEP- 3 12

4 13 STEP- 3 12 4 q STEP- 1? q P11 w P15 e P16 r P18 t P19 y P20 u P22 i P23 o P24!0 P26!1 P27!2 P28 STEP- 2 10 11 4 13 STEP- 3 12 4 w STEP- 1 STEP- 2 STEP- 3 14 15 4 e STEP- 1 STEP- 3 STEP-2 STEP- 2 16 17 4 r t STEP-

More information

地理学論集№83.indd

地理学論集№83.indd Geographical Studies 道路交通センサスを用いた札幌市の都市構造の解析 三木祐太郎 * 木村圭司 ** ** 本間利久 キーワード. はじめに - - . 使用したデータと解析方法 図 1 - - こととした なお 以上の項目のうち歩行者交通 かう道路よりも 市周辺で割合が大きくなってい 量 自転車交通量 バス交通量についてはそのま る まの数値を用いると 地点ごとの値のばらつきが

More information

0900167 立命館大学様‐災害10号/★トップ‐目次

0900167 立命館大学様‐災害10号/★トップ‐目次 22 西山 第2表 被害程度 昭仁 小松原 琢 被害状況と被害程度 被害状況 気象庁震度階級 大 建造物の倒壊が明らかに認められるもの もしくは倒壊数が多いもの 中 小規模な建造物に倒壊はあるが 大規模な建造物に倒壊が認められないもの 小 建造物に破損が認められるもの 史料記述の信憑性 震度 5 強 6 弱程度 震度 4 5 弱程度 震度階級については以下の文献を参照した 宇佐美龍夫 歴史地震事始

More information

西松建設技報

西松建設技報 西松建設技報 VOL.33 東京国際空港 D 滑走路の施工について The Construction of Tokyo International Airport D-Runway Shuji Kimura Kazuyuki Ishihara Hitoshi Mori Hidetoshi Hanafusa 要 約 D 1,600 t 1 100 mm 23 mm 125 mm 31 mm SGMSuper

More information

−‰«„¤_ qxd

−‰«„¤_ qxd 2 1 2 1 1 2 1 2 20 l 3 3 10 4 300 600 1 2 6 10 4 0 003 153 2 5 10 4 0 038 l µl l µlµl µ l µl l l µl l µl l l l l l l l l l l l l l l l µl l l l l l l µl µl µl µl µl µl µl µl l l l l l l l l l l l l

More information

冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア

冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア 冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア ジラベ :æ 粉の形肢と発育ならびに 7~ 粉四採集方法 さは 9~25mm の範囲で 平均 15mm 一雄花の直径は 2~25mm であった 蔚内の細胞を観察すると 数は 1~8 偶みられ 平均 3 個持った細胞が多かった これらは花粉母細胞になる前の胞原細胞と思わ 3 月上旬に入って採取した雄花は外形的

More information

Microsoft Word - optical.doc

Microsoft Word - optical.doc 1 2 3 CCD () () 4 5 6 7 ) ) 8 9 10 l l l l 10-9 11 12 13 14 15 16 w h f = = W H L f W f h f 6.6 f = = H L 500 2, 000 17 Ec T R Ec = 2 2 4 F ( m + 1) Es a b m = f V m = = L f m = a f f H = C F B( H + f

More information

DE0087−Ö“ª…v…›

DE0087−Ö“ª…v…› 酸性雨研究センター 2 アジアで増え続けるNOxとVOCs 増え続けるNO2濃度 衛星観測結果 アジアでは 急速な経済発展に伴って オゾ ンの原因物質であるNOx排出量が著しく増え ていると考えられる これを示す証拠として 最 近 対流圏観測衛星GOMEによるNO 2の対 流圏カラム濃度分布の結果が発表された (Richterら, 2005) 図2-1は 東アジアにおけ る1996年と2002年の1月のNO2対流圏濃度

More information

Microsoft Word - NJJ-105の平均波処理について_改_OK.doc

Microsoft Word - NJJ-105の平均波処理について_改_OK.doc ハンディサーチ NJJ-105 の平均波処理について 2010 年 4 月 株式会社計測技術サービス 1. はじめに平均波処理の処理アルゴリズムの内容と有効性の度合いを現場測定例から示す まず ほぼ同じ鉄筋かぶりの密接鉄筋 壁厚測定時の平均波処理画像について また ダブル筋 千鳥筋の現場測定例へ平均波処理とその他画像処理を施し 処理画像の差について比較検証し 考察を加えた ( 平均波処理画像はその他の各処理画像同様

More information

ミュンヘン空港の地下水対策

ミュンヘン空港の地下水対策 20. ミュンヘン国際空港の地下水対策 (1) はじめにミュンヘン (München) はドイツ南部の都市でアルプス山脈の北麓に位置し バイエルン州の州都である 今回の話題にとりあげたミュンヘン国際空港はここから北東約 28km のところに位置する なおミュンヘン空港の正式名は Flughafen München Franz Josef Strauß( フランツ ヨーゼフ シュトラウス空港 ) で

More information

H1101162/研究紀要Ⅶ(表紙).indd

H1101162/研究紀要Ⅶ(表紙).indd 写 真 1 香 川 県 庁 舎 旧 本 館 と 丹 下 健 三 ( 工 学 院 大 藤 森 研 究 室 所 蔵 ) 写 真 2 浅 田 孝 ( 工 学 院 大 藤 森 研 究 室 所 蔵 ) 写 真 3 神 谷 宏 治 ( 右 )と 金 子 正 則 ( 左 ) ( 工 学 院 大 藤 森 研 究 室 所 蔵 ) 図 1 南 庭 プレ 案 ( 香 川 県 所 蔵 図 面 をトレース) 写 真 4 南

More information

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回>

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回> 企画特集 10-9 INNOVATION の最先端 Life & Green Nanotechnology が培う新技術 < 第 4 回 > プリンテッドエレクトロニクス時代実現に向けた材料 プロセス基盤技術の開拓 NEDO プロジェクトプロジェクトリーダー東京 学教授染 隆夫 に聞く 図6 4 3 解像度を変えた TFT アレイによる電子ペーパー 提供 凸版印刷 株 大面積圧力センサの開発

More information

SCORE−‹Šp‡Ì”è‹ø‡«Ver3

SCORE−‹Šp‡Ì”è‹ø‡«Ver3 2 Step 0 Step 1 Step 1 Step 2 Step 3 Step 4 Step 5 Step1 3 Step 2 Step 2-1 Step 2-2 Step3 Step4 Step2 4 5 Step 3 Step 3-1 Step 3-2 Step 3-3 Step5 6 Step 3-4 Step3 Step5 7 8 Step 4 Step 4-1 9 Step4 Step

More information

10 117 5 1 121841 4 15 12 7 27 12 6 31856 8 21 1983-2 - 321899 12 21656 2 45 9 2 131816 4 91812 11 20 1887 461971 11 3 2 161703 11 13 98 3 16201700-3 - 2 35 6 7 8 9 12 13 12 481973 12 2 571982 161703 11

More information

解析センターを知っていただく キャンペーン

解析センターを知っていただく キャンペーン 005..5 SAS 問題設定 目的 PKパラメータ (AUC,Cmax,Tmaxなど) の推定 PKパラメータの群間比較 PKパラメータのバラツキの評価! データの特徴 非反復測定値 個体につき 個の測定値しか得られない plasma concentration 非反復測定値のイメージ図 測定時点間で個体の対応がない 着目する状況 plasma concentration 経時反復測定値のイメージ図

More information

vecrot

vecrot 1. ベクトル ベクトル : 方向を持つ量 ベクトルには 1 方向 2 大きさ ( 長さ ) という 2 つの属性がある ベクトルの例 : 物体の移動速度 移動量電場 磁場の強さ風速力トルクなど 2. ベクトルの表現 2.1 矢印で表現される 矢印の長さ : ベクトルの大きさ 矢印の向き : ベクトルの方向 2.2 2 個の点を用いて表現する 始点 () と終点 () を結ぶ半直線の向き : ベクトルの方向

More information

2 1 2

2 1 2 発生のしくみと地震調査研究推進本部の役割 文部科学省 2 1 2 3 1 4 5 6 7 zxczxc z x z c 断層 大地は傷だらけ 地層や地形には はるか大昔からの地震の跡が記録さ れています 本来ひと続きであったはずの地層や地形に 日本の大地は傷だらけなのです 日本列島の太平洋側では海洋プレートが沈み込んでお 上下や左右への食い違いがあれば 過去に地震活動のあ り その圧力で陸地は圧縮され歪みます

More information

陦ィ邏・3

陦ィ邏・3 研 究 ニ ュ ー ス 地震波で覗いた マントル最下部まで沈んだ 表面地殻の岩石質 ロバート ゲラー 地球惑星科学専攻 教授 私たちの立っている地殻のもとには D" 層はマントル対流における熱境界層 行った 図 1 その結果 他の地域で 地球の全体積の 8 割を超える 岩石で であり そこでは温度の不均質や組成の の D 領域構造と異なる S 波速度の 構成されているマントル そしてさらに 分化の可能性が示唆されており

More information

Slide 1

Slide 1 3. 溶解 沈殿反応 天然水の化学組成 大陸地殻表層 (mg kg ) 河川水 (mg kg ) Al 77.4.5 Fe 3.9.4 Ca 9.4 3.4 Na 5.7 5. 8.6.3 Mg 3.5 3.4 Andrews et al. (3) An introduction to Environmental Chemistry 天然水の特徴 天然水の金属イオンは主に岩石の風化により生じる ただし

More information

丹沢のブナの立ち枯れと東名高速道路にっいて 図3 夏型の高気圧におおわれ 風の弱い日の南関東 東海道の風の1日変化 矢は風向を 矢先の数字は風速 m s を示す この地区のアメダス地点は御殿場のみ 風向の方向に長軸をもっ楕円で囲んだ 午後から夕方に かけて南 南西風が卓越している 全体に午後に海風と谷風 平地から山地へ が卓越している 東名高速道路と国道246号線および地方道 まとめて東 名高速道路という

More information

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 24 11 10 24 12 10 30 1 0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 23% 29% 71% 67% 6% 4% n=1525 n=1137 6% +6% -4% -2% 21% 30% 5% 35% 6% 6% 11% 40% 37% 36 172 166 371 213 226 177 54 382 704 216

More information

2

2 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 第2章 1 台風第9号の気象状況及び被害状況 気象状況 1 気象状況 平成21年8月9日午後9時に日本の南海上で熱帯低気圧から台風となった 台風第9号により 兵庫県では大気の状態が非常に不安定となり 佐用町佐用で は1時間に89 日降水量は326 5 を観測し 町の観測史上最大を記録 する豪雨となった

More information

untitled

untitled 2.赤川の概要 流域および河川の概要 2.1.3 流域の地質 上流部の基岩は朝日山系の花崗岩類と月山山系の新第三系および第四紀の安山岩類と に大別され この上位は月山の火山砕屑岩 火山泥流物となっています なお 地質学 的にはグリーンタフ地域に属します 新第三系は 下部 中部中新統からなり おおむね安山岩溶岩 砂岩 泥岩互層 泥 岩の順で堆積しており 酸性の火砕岩 流紋岩も分布しています 岩質は非常に堅硬で

More information

ず 洪 水 時 の 流 木 の 挙 動 や 構 造 物 周 辺 および 砂 州 高 水 敷 上 への 流 木 堆 積 状 況 を 把 握 することが 重 要 である 本 研 究 では 橋 脚 への 流 木 集 積 機 構 を 解 明 することを 目 的 に 橋 脚 に 監 視 カメラを 設 置 し

ず 洪 水 時 の 流 木 の 挙 動 や 構 造 物 周 辺 および 砂 州 高 水 敷 上 への 流 木 堆 積 状 況 を 把 握 することが 重 要 である 本 研 究 では 橋 脚 への 流 木 集 積 機 構 を 解 明 することを 目 的 に 橋 脚 に 監 視 カメラを 設 置 し 15.5 河 道 形 成 機 構 の 解 明 と 流 木 による 橋 梁 閉 鎖 対 策 等 への 応 用 に 関 する 研 究 研 究 予 算 : 運 営 費 交 付 金 研 究 期 間 : 平 18~ 平 22 担 当 チーム: 寒 地 河 川 チーム 寒 地 技 術 推 進 室 研 究 担 当 者 : 赤 堀 良 介 村 上 泰 啓 永 多 朋 紀 唐 澤 圭 佐 藤 徳 人 野 村 栄 正

More information

 

  10 44 1.2 5 4 5 3 6-1 - 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 TEL TEL 1 2 TEL FAX TEL FAX TEL FAX 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 1 2 3 4 5 6 ( ) ( ) 2

More information

健診の手引き_0707変.indd

健診の手引き_0707変.indd 3 3 3 3 4 4 4 4 4 4 5 6 6 7 7 7 7 7 8 8 8 8 8 8 8 9 9 9 9 9 9 10 10 10 10 10 11 11 11 11 11 11 11 11 11 12 12 12 12 12 12 12 13 13 13 13 13 13 13 14 14 14 14 14 15 15 15 15 16 16 16 16 17 17 17 18 18 18

More information

平成26年度第2回高等学校卒業程度認定試験問題(地理B)

平成26年度第2回高等学校卒業程度認定試験問題(地理B) 共通問題 3 沖縄県那覇市に住む高校生のエミリーさんが行った 沖縄県とその県庁所在地である那覇市周 辺地域の調査に関して 問 1 問 4 に答えよ 問 1 エミリーさんは 資料 1 中のア エの地点の上空から 那覇港にある四つのふ頭をそれぞれ の方向に撮影した航空写真を得た このうち 資料 1 中のイから撮影した写真として 最も適切なものを あとの 1 4 のうちから一つ選べ 解答番号は 9 資料

More information

() 2

() 2 1 () 2 2 4 3 6,500 4 5 2 6 A B A B A B A B - A B 7 8 A B A B A B 9 JR JR 10 11 6 5 12 17 6 13 14 B A A B A B A B 2 1 8 15 8 16 17 9 18 3 4 5 mm mm 19 2 20 3 6 7 11 12 13 14 18 4 3 2 1 21 3 12 13 14 16

More information