「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "「一時預かり事業の実態について」の一部改正について"

Transcription

1

2 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年 7 月 5 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 知 事 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について 標 記 については 今 般 別 紙 のとおり 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 を 定 め 平 成 27 年 4 月 1 日 から 適 用 することとしたので 通 知 する ついては 管 内 市 町 村 ( 特 別 区 を 含 む )に 対 して 周 知 をお 願 いするとと 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について 標 記 については 今 般 別 紙 のとおり 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 を 定 め 平 成 27 年 4 月 1 日 から 適 用 することとしたので 通 知 する ついては 管 内 市 町 村 ( 特 別 区 を 含 む )に 対 して 周 知 をお 願 いするとと もに 本 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 に 期 されたい もに 本 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 に 期 されたい 1

3 なお 本 通 知 の 施 行 に 伴 い 平 成 26 年 5 月 29 日 雇 児 発 0529 第 28 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について は 平 成 27 年 3 月 31 日 限 りで 廃 止 する なお 本 通 知 の 施 行 に 伴 い 平 成 26 年 5 月 29 日 雇 児 発 0529 第 28 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について は 平 成 27 年 3 月 31 日 限 りで 廃 止 する 別 紙 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 別 紙 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 1 事 業 の 目 的 1 事 業 の 目 的 保 育 所 等 を 利 用 していない 家 庭 においても 日 常 生 活 上 の 突 発 的 な 事 情 や 社 会 参 加 などにより 一 時 的 に 家 庭 での 保 育 が 困 難 となる 場 合 がある ま た 核 家 族 化 の 進 行 や 地 域 のつながりの 希 薄 化 などにより 育 児 疲 れによる 保 護 者 の 心 理 的 身 体 的 負 担 を 軽 減 するための 支 援 が 必 要 とされている こうした 需 要 に 対 応 するため 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 その 他 の 場 所 において 児 童 を 一 時 的 に 預 かることで 安 心 して 子 育 てができる 環 境 を 整 備 し もって 児 童 の 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 2 実 施 主 体 2 実 施 主 体 実 施 主 体 は 市 町 村 ( 特 別 区 及 び 一 部 事 務 組 合 を 含 む 以 下 同 じ )とする なお 市 町 村 が 認 めた 者 へ 委 託 等 を 行 うことができる 3 事 業 の 内 容 3 事 業 の 内 容 2

4 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 児 又 は 幼 児 ( 以 下 乳 幼 児 という )について 主 として 昼 間 において 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 その 他 の 場 所 において 一 時 的 に 預 かり 必 要 な 保 護 を 行 う 事 業 4 実 施 方 法 (1) 一 般 型 4 実 施 方 法 (1) 一 般 型 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 又 は 駅 周 辺 等 利 便 性 の 高 い 場 所 など 一 定 の 利 用 児 童 が 見 込 まれる 場 所 で 実 施 する こと 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする また 当 分 の 間 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 に ついて の 対 応 方 針 について ( 平 成 28 年 4 月 7 日 雇 児 発 0407 第 2 号 ) に 基 づき 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 ( 以 下 緊 急 対 策 という )を 実 施 する 市 町 村 に 限 り 子 ども 子 育 て 支 援 法 ( 平 成 24 年 法 律 第 65 号 ) 第 19 条 第 1 項 第 2 号 又 は 第 3 号 に 掲 げる 小 学 校 就 学 前 子 どもに 該 当 する 支 給 認 定 子 ども( 以 下 保 育 認 定 子 ども と いう )であって 同 法 第 27 条 に 規 定 する 特 定 教 育 保 育 施 設 又 は 同 法 第 29 条 に 規 定 する 特 定 地 域 型 保 育 事 業 者 ( 以 下 保 育 所 等 という ) 3

5 を 利 用 していない 児 童 について 保 育 所 等 への 入 所 が 決 まるまでの 間 定 期 的 に 預 かること( 以 下 緊 急 一 時 預 かり という )も 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 児 童 福 祉 法 施 行 規 則 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 11 号 以 下 規 則 と いう ) 第 36 条 の 35 第 1 号 イ ニ 及 びホに 定 める 設 備 及 び 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 を 遵 守 すること 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の 35 第 1 号 ロ 及 びハの 規 定 に 基 づき 乳 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 乳 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 保 育 従 事 者 とい う )を 配 置 し そのうち 保 育 士 を1/2 以 上 とすること 当 該 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただし 保 育 所 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 保 育 所 等 の 職 員 ( 保 育 従 事 者 に 限 る )による 支 援 を 受 けられる 場 合 には 保 育 士 1 人 で 処 遇 ができ る 乳 幼 児 数 の 範 囲 内 において 保 育 従 事 者 を 保 育 士 1 人 とすることが できること また 1 日 当 たり 平 均 利 用 児 童 数 が 概 ね3 人 以 下 である 場 合 には 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 令 第 61 号 以 下 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 という ) 第 23 条 第 2 項 に 定 める 市 町 村 長 が 行 う 研 修 を 修 了 した 保 育 士 と 同 等 以 上 の 知 識 及 び 経 験 を 有 すると 市 町 村 長 が 認 めた 者 ( 以 下 家 庭 的 保 4

6 育 者 という )を 保 育 士 とみなすことができる なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 する こと なお 1 日 当 たり 平 均 利 用 児 童 数 とは 年 間 延 べ 利 用 児 童 数 を 年 間 開 所 日 数 で 除 して 得 た 数 とすること 5 研 修 保 育 士 以 外 の 保 育 従 事 者 の 配 置 は 以 下 の 研 修 を 修 了 した 者 とする こと ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について ( 平 成 27 年 5 月 21 日 雇 児 発 0521 第 18 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5(3)イ(イ)に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 した 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し 家 庭 的 保 育 事 業 の 実 施 に ついて ( 平 成 21 年 10 月 30 日 雇 児 発 1030 第 2 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 紙 家 庭 的 保 育 事 業 ガイドライン ( 以 下 ガイドライン という )の 別 添 1の1に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること 6 基 幹 型 施 設 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 等 の 開 所 及 び1 日 9 時 間 以 上 の 開 所 を 5

7 行 う 施 設 について 基 幹 型 施 設 とすることができる (2) 幼 稚 園 型 (2) 幼 稚 園 型 幼 稚 園 又 は 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )で 実 施 する こと 主 として 幼 稚 園 等 に 在 籍 する 満 3 歳 以 上 の 幼 児 で 教 育 時 間 の 前 後 又 は 長 期 休 業 日 等 に 当 該 幼 稚 園 等 において 一 時 的 に 保 護 を 受 ける 者 3 設 備 基 準 及 び 教 育 保 育 の 内 容 3 設 備 基 準 及 び 教 育 保 育 の 内 容 規 則 第 36 条 の 35 第 2 号 イ 二 及 びホに 定 める 設 備 及 び 教 育 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 を 遵 守 すること 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の 35 第 2 号 ロ( 附 則 第 56 条 第 1 項 において 読 替 え) 及 びハに 基 づき 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 教 育 保 育 従 事 者 という )を 配 置 し そのうち 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 を1/3 以 上 とすること 当 該 教 育 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただ し 幼 稚 園 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 幼 稚 園 等 の 職 員 ( 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 免 許 状 所 有 者 に 限 る )による 支 援 を 受 けられる 場 合 に は 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 で 処 遇 ができる 乳 幼 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の 35 第 2 号 ロ 及 びハに 基 づき 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 教 育 保 育 従 事 者 という ) を 配 置 し そのうち 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 を1/2 以 上 とすること 当 該 教 育 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただ し 幼 稚 園 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 幼 稚 園 等 の 職 員 ( 教 育 保 育 従 事 者 に 限 る )による 支 援 を 受 けられる 場 合 には 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 で 処 遇 ができる 乳 幼 児 数 の 範 囲 内 に 6

8 児 数 の 範 囲 内 において 教 育 保 育 従 事 者 を 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 とすることができること おいて 教 育 保 育 従 事 者 を 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 とすることができること また 保 育 士 又 は 幼 稚 園 免 許 状 所 有 者 以 外 の 教 育 保 育 従 事 者 の 配 置 は アに 掲 げる 者 又 はイからエまでに 掲 げる 者 で 市 町 村 が 適 切 と 認 める 者 とすること なお イからエまでに 掲 げる 者 を 配 置 する 場 合 に は 園 内 研 修 を 定 期 的 に 実 施 することなどにより 預 かり 業 務 に 従 事 する 上 で 必 要 な 知 識 技 術 等 を 十 分 に 身 につけさせる 必 要 があること ア 市 町 村 長 等 が 行 う 研 修 を 修 了 した 者 イ 小 学 校 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 ウ 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 エ 幼 稚 園 教 諭 教 職 課 程 又 は 保 育 士 養 成 課 程 を 履 修 中 の 学 生 で 幼 児 の 心 身 の 発 達 や 幼 児 に 対 する 教 育 保 育 に 係 る 基 礎 的 な 知 識 を 習 得 していると 認 められる 者 5 研 修 4(2)4アの 市 町 村 長 等 が 行 う 研 修 を 修 了 した 者 は 以 下 の 者 とすること ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5(3)イ (イ)に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 した 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し ガイドラインの 別 添 1の1 に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 5 研 修 保 育 士 及 び 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 以 外 の 教 育 保 育 従 事 者 の 配 置 は 以 下 の 研 修 を 修 了 した 者 とすること ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5(3) イ(イ)に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 した 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し ガイドラインの 別 添 1の1 に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 7

9 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 であ る 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 であ る 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること (3) 余 裕 活 用 型 (3) 余 裕 活 用 型 下 記 の 施 設 等 のうち 当 該 施 設 等 に 係 る 利 用 児 童 数 が 利 用 定 員 総 数 に 満 たないもの ア 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 39 条 第 1 項 に 規 定 する 保 育 所 イ 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 6 項 に 規 定 する 認 定 こ ども 園 ウ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 22 条 に 規 定 する 家 庭 的 保 育 事 業 所 エ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 28 条 第 31 条 及 び 第 33 条 に 規 定 する 小 規 模 保 育 事 業 所 オ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 43 条 及 び 第 47 条 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 所 2 実 施 基 準 規 則 第 36 条 の 35 各 号 に 定 める 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 等 を 遵 守 すること 8

10 (4) 居 宅 訪 問 型 (4) 居 宅 訪 問 型 利 用 児 童 の 居 宅 において 実 施 すること 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 幼 児 で 以 下 の 要 件 に 該 当 すること ア 障 害 疾 病 等 の 程 度 を 勘 案 して 集 団 保 育 が 著 しく 困 難 であると 認 められる 場 合 イ ひとり 親 家 庭 等 で 保 護 者 が 一 時 的 に 夜 間 及 び 深 夜 の 就 労 等 を 行 う 場 合 ウ 離 島 その 他 の 地 域 において 保 護 者 が 一 時 的 に 就 労 等 を 行 う 場 合 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 幼 児 で 以 下 の 要 件 に 該 当 すること ア 障 害 疾 病 等 の 程 度 を 勘 案 して 集 団 保 育 が 著 しく 困 難 であると 認 められる 場 合 イ ひとり 親 家 庭 等 で 保 護 者 が 一 時 的 に 夜 間 及 び 深 夜 の 就 労 等 を 行 う 場 合 ウ 離 島 その 他 の 地 域 において 保 護 者 が 一 時 的 に 就 労 等 を 行 う 場 合 また 当 分 の 間 緊 急 一 時 預 かりも 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 職 員 配 置 職 員 の 配 置 は 次 のとおりとする なお 家 庭 的 保 育 者 1 人 が 保 育 す ることができる 児 童 の 数 は1 人 とする ア 職 員 の 資 質 向 上 人 材 確 保 等 研 修 事 業 の 実 施 について ( 平 成 27 年 5 月 21 日 雇 児 発 0521 第 19 号 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 添 4に 定 める 研 修 を 修 了 した 保 育 士 等 を 配 置 すること イ 都 道 府 県 又 は 市 町 村 において アの 研 修 の 実 施 体 制 が 整 っていな い 場 合 には 経 過 措 置 として 家 庭 的 保 育 者 基 礎 研 修 を 修 了 した 保 9

11 育 士 家 庭 的 保 育 者 認 定 研 修 及 び 基 礎 研 修 を 修 了 した 者 又 はこれら の 者 と 同 等 以 上 と 認 められる 者 であって アの 研 修 体 制 が 整 い 次 第 速 やかに 当 該 研 修 を 受 講 し 修 了 することとしている 者 を 当 該 研 修 を 修 了 するまでの 間 ( 概 ね2 年 程 度 ) 配 置 することができること とする 4 実 施 要 件 ア 利 用 にあたっては 市 町 村 と 協 議 のうえ 利 用 の 決 定 を 行 うこと イ 一 時 預 かり 事 業 の 他 の 類 型 を 実 施 することができない 場 合 に 実 施 すること (5) 地 域 密 着 Ⅱ 型 (5) 地 域 密 着 Ⅱ 型 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 や 駅 周 辺 等 利 便 性 の 高 い 場 所 などで 実 施 するも のとする 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする また 当 分 の 間 緊 急 一 時 預 かりも 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 2 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 規 則 第 56 条 第 1 項 第 4 項 及 び 第 5 項 に 定 める 設 備 及 び 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 に 準 じて 行 うこと 10

12 4 職 員 の 配 置 3 職 員 の 配 置 規 則 第 56 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 に 準 じ 乳 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 乳 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 担 当 者 という )を 配 置 すること 担 当 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと また 担 当 者 のうち 保 育 について 経 験 豊 富 な 保 育 士 を1 名 以 上 配 置 すること 5 研 修 4 研 修 保 育 士 資 格 を 有 していない 担 当 者 の 配 置 は 市 町 村 が 実 施 する 研 修 を 受 講 修 了 することを 要 件 とする (6) 震 災 特 例 型 ( 新 規 ) 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 30 条 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 特 例 保 育 を 行 う 施 設 ( 以 下 特 例 保 育 施 設 とい う ) 又 は 同 法 第 43 条 第 1 項 に 規 定 する 地 域 型 保 育 事 業 所 平 成 28 年 熊 本 地 震 ( 以 下 震 災 という )について 災 害 救 助 法 が 適 用 された 市 町 村 に 居 住 する 世 帯 に 属 する 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 20 条 第 4 項 に 規 定 する 支 給 認 定 子 どもであって 震 災 の 影 響 により 在 籍 する 同 法 第 27 条 第 1 項 に 規 定 する 特 定 教 育 保 育 施 設 同 法 第 29 条 第 3 項 第 1 号 に 規 定 する 特 定 地 域 型 保 育 事 業 所 又 は 特 例 保 育 施 設 の 11

13 利 用 が 困 難 となった 乳 幼 児 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 職 員 の 配 置 及 び 研 修 ア 及 びイに 掲 げる 実 施 場 所 の 区 分 に 応 じ それぞれア 及 びイに 定 め る 事 業 類 型 に 関 して(1) 及 び(2)において 定 める 基 準 により 行 う ア 幼 稚 園 以 外 において 実 施 する 場 合 イ 幼 稚 園 において 実 施 する 場 合 一 般 型 幼 稚 園 型 5 留 意 事 項 (1) 事 故 の 報 告 保 育 中 に 事 故 が 生 じた 場 合 には 特 定 教 育 保 育 施 設 等 における 事 故 の 報 告 等 について ( 平 成 27 年 2 月 16 日 付 府 政 共 生 96 号 26 初 幼 教 第 30 号 雇 児 保 発 0216 第 1 号 通 知 )に 従 い 必 要 に 応 じて 速 やか 5 留 意 事 項 保 育 中 に 事 故 が 生 じた 場 合 には 特 定 教 育 保 育 施 設 等 における 事 故 の 報 告 等 について ( 平 成 27 年 2 月 16 日 付 府 政 共 生 96 号 26 初 幼 教 第 30 号 雇 児 保 発 0216 第 1 号 通 知 )に 従 い 必 要 に 応 じて 速 やかに 国 へ 報 告 す ること に 国 へ 報 告 すること (2) 緊 急 一 時 預 かり 緊 急 一 時 預 かりを 実 施 する 場 合 は 積 極 的 に 地 域 の 余 裕 スペース 等 の 活 用 を 検 討 するとともに 本 来 の 一 時 預 かり 事 業 の 利 用 者 のニーズ にも 十 分 対 応 できるよう 供 給 拡 大 を 図 ること 6 保 護 者 負 担 本 事 業 の 実 施 に 必 要 な 経 費 の 一 部 を 保 護 者 負 担 とすることができる た だし 震 災 特 例 型 については 保 護 者 負 担 を 求 めないこと また 居 宅 訪 問 型 については 利 用 児 童 の 居 宅 までの 交 通 費 を 実 費 徴 収 6 保 護 者 負 担 本 事 業 の 実 施 に 必 要 な 経 費 の 一 部 を 保 護 者 負 担 とすることができる また 居 宅 訪 問 型 については 利 用 児 童 の 居 宅 までの 交 通 費 を 実 費 徴 収 できることとする 12

14 できることとする また 緊 急 一 時 預 かりの 場 合 に 保 護 者 負 担 が 過 大 とならないよう 配 慮 すること 7 費 用 7 費 用 本 事 業 に 要 する 費 用 の 一 部 について 国 は 別 に 定 めるところにより 補 助 するものとする 13

15 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 28 年 7 月 5 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について 標 記 については 今 般 別 紙 のとおり 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 を 定 め 平 成 27 年 4 月 1 日 から 適 用 することとしたので 通 知 する ついては 管 内 市 町 村 ( 特 別 区 を 含 む )に 対 して 周 知 をお 願 いするとともに 本 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 に 期 されたい なお 本 通 知 の 施 行 に 伴 い 平 成 26 年 5 月 29 日 雇 児 発 0529 第 28 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について は 平 成 27 年 3 月 31 日 限 りで 廃 止 する

16 別 紙 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 1 事 業 の 目 的 保 育 所 等 を 利 用 していない 家 庭 においても 日 常 生 活 上 の 突 発 的 な 事 情 や 社 会 参 加 などにより 一 時 的 に 家 庭 での 保 育 が 困 難 となる 場 合 がある また 核 家 族 化 の 進 行 や 地 域 のつながりの 希 薄 化 などにより 育 児 疲 れによる 保 護 者 の 心 理 的 身 体 的 負 担 を 軽 減 するための 支 援 が 必 要 とされている こうした 需 要 に 対 応 するため 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 その 他 の 場 所 において 児 童 を 一 時 的 に 預 かることで 安 心 して 子 育 てができる 環 境 を 整 備 し もって 児 童 の 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 2 実 施 主 体 実 施 主 体 は 市 町 村 ( 特 別 区 及 び 一 部 事 務 組 合 を 含 む 以 下 同 じ )とする なお 市 町 村 が 認 めた 者 へ 委 託 等 を 行 うことができる 3 事 業 の 内 容 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 児 又 は 幼 児 ( 以 下 乳 幼 児 という )について 主 として 昼 間 において 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 その 他 の 場 所 において 一 時 的 に 預 かり 必 要 な 保 護 を 行 う 事 業 4 実 施 方 法 (1) 一 般 型 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 又 は 駅 周 辺 等 利 便 性 の 高 い 場 所 など 一 定 の 利 用 児 童 が 見 込 まれる 場 所 で 実 施 すること 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする また 当 分 の 間 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 につ いて の 対 応 方 針 について ( 平 成 28 年 4 月 7 日 雇 児 発 0407 第 2 号 )に 基 づき 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 ( 以 下 緊 急 対 策 という )を 実 施 する 市 町 村 に 限 り 子 ども 子 育 て 支 援 法 ( 平 成 24 年 法 律 第 65 号 ) 第 19 条 第 1 項 第 2 号 又 は 第 3 号 に 掲 げる 小 学 校 就 学 前 子 どもに 該 当 する 支 給 認 定 子 ども( 以 下 保 育 認 定 子 ども という )であ って 同 法 第 27 条 に 規 定 する 特 定 教 育 保 育 施 設 又 は 同 法 第 29 条 に 規

17 定 する 特 定 地 域 型 保 育 事 業 者 ( 以 下 保 育 所 等 という )を 利 用 してい ない 児 童 について 保 育 所 等 への 入 所 が 決 まるまでの 間 定 期 的 に 預 か ること( 以 下 緊 急 一 時 預 かり という )も 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 児 童 福 祉 法 施 行 規 則 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 11 号 以 下 規 則 とい う ) 第 36 条 の35 第 1 号 イ ニ 及 びホに 定 める 設 備 及 び 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 を 遵 守 すること 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の35 第 1 号 ロ 及 びハの 規 定 に 基 づき 乳 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 乳 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 保 育 従 事 者 という ) を 配 置 し そのうち 保 育 士 を1/2 以 上 とすること 当 該 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただし 保 育 所 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 保 育 所 等 の 職 員 ( 保 育 従 事 者 に 限 る ) による 支 援 を 受 けられる 場 合 には 保 育 士 1 人 で 処 遇 ができる 乳 幼 児 数 の 範 囲 内 において 保 育 従 事 者 を 保 育 士 1 人 とすることができること また 1 日 当 たり 平 均 利 用 児 童 数 が 概 ね3 人 以 下 である 場 合 には 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 令 第 61 号 以 下 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 という ) 第 23 条 第 2 項 に 定 める 市 町 村 長 が 行 う 研 修 を 修 了 した 保 育 士 と 同 等 以 上 の 知 識 及 び 経 験 を 有 すると 市 町 村 長 が 認 めた 者 ( 以 下 家 庭 的 保 育 者 という ) を 保 育 士 とみなすことができる なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること なお 1 日 当 たり 平 均 利 用 児 童 数 とは 年 間 延 べ 利 用 児 童 数 を 年 間 開 所 日 数 で 除 して 得 た 数 とすること 5 研 修 保 育 士 以 外 の 保 育 従 事 者 の 配 置 は 以 下 の 研 修 を 修 了 した 者 とするこ と ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について ( 平 成 27 年 5 月 21 日 雇 児 発 0521 第 18 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5 (3)イ(イ)に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 した 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し 家 庭 的 保 育 事 業 の 実 施 につい て ( 平 成 21 年 10 月 30 日 雇 児 発 1030 第 2 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 紙 家 庭 的 保 育 事 業 ガイドライン ( 以 下 ガイ

18 ドライン という )の 別 添 1の1に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること 6 基 幹 型 施 設 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 等 の 開 所 及 び1 日 9 時 間 以 上 の 開 所 を 行 う 施 設 について 基 幹 型 施 設 とすることができる (2) 幼 稚 園 型 幼 稚 園 又 は 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )で 実 施 すること 主 として 幼 稚 園 等 に 在 籍 する 満 3 歳 以 上 の 幼 児 で 教 育 時 間 の 前 後 又 は 長 期 休 業 日 等 に 当 該 幼 稚 園 等 において 一 時 的 に 保 護 を 受 ける 者 3 設 備 基 準 及 び 教 育 保 育 の 内 容 規 則 第 36 条 の35 第 2 号 イ 二 及 びホに 定 める 設 備 及 び 教 育 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 を 遵 守 すること 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の35 第 2 号 ロ( 附 則 第 56 条 第 1 項 において 読 替 え) 及 び ハに 基 づき 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 教 育 保 育 従 事 者 という )を 配 置 し そのうち 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 を1/3 以 上 とすること 当 該 教 育 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただし 幼 稚 園 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 幼 稚 園 等 の 職 員 ( 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 免 許 状 所 有 者 に 限 る )による 支 援 を 受 けられる 場 合 には 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 で 処 遇 ができる 乳 幼 児 数 の 範 囲 内 において 教 育 保 育 従 事 者 を 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 とすることができること また 保 育 士 又 は 幼 稚 園 免 許 状 所 有 者 以 外 の 教 育 保 育 従 事 者 の 配 置 は アに 掲 げる 者 又 はイからエまでに 掲 げる 者 で 市 町 村 が 適 切 と 認 める 者 とすること なお イからエまでに 掲 げる 者 を 配 置 する 場 合 には 園 内 研 修 を 定 期 的 に 実 施 することなどにより 預 かり 業 務 に 従 事 する 上 で 必 要 な 知 識 技 術 等 を 十 分 に 身 につけさせる 必 要 があること ア 市 町 村 長 等 が 行 う 研 修 を 修 了 した 者 イ 小 学 校 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 ウ 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者

19 エ 幼 稚 園 教 諭 教 職 課 程 又 は 保 育 士 養 成 課 程 を 履 修 中 の 学 生 で 幼 児 の 心 身 の 発 達 や 幼 児 に 対 する 教 育 保 育 に 係 る 基 礎 的 な 知 識 を 習 得 していると 認 められる 者 5 研 修 4(2)4アの 市 町 村 長 等 が 行 う 研 修 を 修 了 した 者 は 以 下 の 者 とすること ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5(3)イ(イ) に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 し た 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し ガイドラインの 別 添 1の1に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること (3) 余 裕 活 用 型 下 記 の 施 設 等 のうち 当 該 施 設 等 に 係 る 利 用 児 童 数 が 利 用 定 員 総 数 に 満 たないもの ア 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 39 条 第 1 項 に 規 定 する 保 育 所 イ 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 す る 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 6 項 に 規 定 する 認 定 こども 園 ウ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 22 条 に 規 定 する 家 庭 的 保 育 事 業 所 エ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 28 条 第 31 条 及 び 第 33 条 に 規 定 する 小 規 模 保 育 事 業 所 オ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 43 条 及 び 第 47 条 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 所 2 実 施 基 準 規 則 第 36 条 の35 各 号 に 定 める 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 等 を 遵 守 す ること (4) 居 宅 訪 問 型

20 利 用 児 童 の 居 宅 において 実 施 すること 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 幼 児 で 以 下 の 要 件 に 該 当 すること ア 障 害 疾 病 等 の 程 度 を 勘 案 して 集 団 保 育 が 著 しく 困 難 であると 認 め られる 場 合 イ ひとり 親 家 庭 等 で 保 護 者 が 一 時 的 に 夜 間 及 び 深 夜 の 就 労 等 を 行 う 場 合 ウ 離 島 その 他 の 地 域 において 保 護 者 が 一 時 的 に 就 労 等 を 行 う 場 合 また 当 分 の 間 緊 急 一 時 預 かりも 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 職 員 配 置 職 員 の 配 置 は 次 のとおりとする なお 家 庭 的 保 育 者 1 人 が 保 育 する ことができる 児 童 の 数 は1 人 とする ア 職 員 の 資 質 向 上 人 材 確 保 等 研 修 事 業 の 実 施 について ( 平 成 27 年 5 月 21 日 雇 児 発 0521 第 19 号 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 添 4に 定 める 研 修 を 修 了 した 保 育 士 等 を 配 置 すること イ 都 道 府 県 又 は 市 町 村 において アの 研 修 の 実 施 体 制 が 整 っていない 場 合 には 経 過 措 置 として 家 庭 的 保 育 者 基 礎 研 修 を 修 了 した 保 育 士 家 庭 的 保 育 者 認 定 研 修 及 び 基 礎 研 修 を 修 了 した 者 又 はこれらの 者 と 同 等 以 上 と 認 められる 者 であって アの 研 修 体 制 が 整 い 次 第 速 やかに 当 該 研 修 を 受 講 し 修 了 することとしている 者 を 当 該 研 修 を 修 了 する までの 間 ( 概 ね2 年 程 度 ) 配 置 することができることとする 4 実 施 要 件 ア 利 用 にあたっては 市 町 村 と 協 議 のうえ 利 用 の 決 定 を 行 うこと イ 一 時 預 かり 事 業 の 他 の 類 型 を 実 施 することができない 場 合 に 実 施 す ること (5) 地 域 密 着 Ⅱ 型 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 や 駅 周 辺 等 利 便 性 の 高 い 場 所 などで 実 施 するもの とする 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする また 当 分 の 間 緊 急 一 時 預 かりも 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補

21 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 規 則 第 56 条 第 1 号 第 4 号 及 び 第 5 号 に 定 める 設 備 及 び 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 に 準 じて 行 うこと 4 職 員 の 配 置 規 則 第 56 条 第 2 号 及 び 第 3 号 の 規 定 に 準 じ 乳 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 乳 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 担 当 者 という )を 配 置 する こと 担 当 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと また 担 当 者 のうち 保 育 について 経 験 豊 富 な 保 育 士 を1 名 以 上 配 置 す ること 5 研 修 保 育 士 資 格 を 有 していない 担 当 者 の 配 置 は 市 町 村 が 実 施 する 研 修 を 受 講 修 了 することを 要 件 とする (6) 震 災 特 例 型 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 30 条 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 特 例 保 育 を 行 う 施 設 ( 以 下 特 例 保 育 施 設 という ) 又 は 同 法 第 43 条 第 1 項 に 規 定 する 地 域 型 保 育 事 業 所 平 成 28 年 熊 本 地 震 ( 以 下 震 災 という )について 災 害 救 助 法 が 適 用 された 市 町 村 に 居 住 する 世 帯 に 属 する 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 20 条 第 4 項 に 規 定 する 支 給 認 定 子 どもであって 震 災 の 影 響 により 在 籍 する 同 法 第 27 条 第 1 項 に 規 定 する 特 定 教 育 保 育 施 設 同 法 第 29 条 第 3 項 第 1 号 に 規 定 する 特 定 地 域 型 保 育 事 業 所 又 は 特 例 保 育 施 設 の 利 用 が 困 難 となった 乳 幼 児 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 職 員 の 配 置 及 び 研 修 ア 及 びイに 掲 げる 実 施 場 所 の 区 分 に 応 じ それぞれア 及 びイに 定 める 事 業 類 型 に 関 して(1) 及 び(2)において 定 める 基 準 により 行 う ア 幼 稚 園 以 外 において 実 施 する 場 合 一 般 型 イ 幼 稚 園 において 実 施 する 場 合 幼 稚 園 型 5 留 意 事 項 (1) 事 故 の 報 告 保 育 中 に 事 故 が 生 じた 場 合 には 特 定 教 育 保 育 施 設 等 における 事 故 の

22 報 告 等 について ( 平 成 27 年 2 月 16 日 付 府 政 共 生 96 号 26 初 幼 教 第 30 号 雇 児 保 発 0216 第 1 号 通 知 )に 従 い 必 要 に 応 じて 速 やかに 国 へ 報 告 するこ と (2) 緊 急 一 時 預 かり 緊 急 一 時 預 かりを 実 施 する 場 合 は 積 極 的 に 地 域 の 余 裕 スペース 等 の 活 用 を 検 討 するとともに 本 来 の 一 時 預 かり 事 業 の 利 用 者 のニーズにも 十 分 対 応 できるよう 供 給 拡 大 を 図 ること 6 保 護 者 負 担 本 事 業 の 実 施 に 必 要 な 経 費 の 一 部 を 保 護 者 負 担 とすることができる ただし 震 災 特 例 型 については 保 護 者 負 担 を 求 めないこと また 居 宅 訪 問 型 については 利 用 児 童 の 居 宅 までの 交 通 費 を 実 費 徴 収 で きることとする また 緊 急 一 時 預 かりの 場 合 に 保 護 者 負 担 が 過 大 とならないよう 配 慮 する こと 7 費 用 本 事 業 に 要 する 費 用 の 一 部 について 国 は 別 に 定 めるところにより 補 助 す るものとする

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

甲府市私立幼稚園就園奨励費補助金交付規則について

甲府市私立幼稚園就園奨励費補助金交付規則について 議 題 : 18 号 甲 府 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 規 則 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 理 由 本 市 においては 私 立 幼 稚 園 に 通 園 する 児 童 の 保 護 者 における 経 済 的 負 担 を 軽 減 する 観 点 から より 当 該 保 護 者 の 所 得 や 児 童 数 に 応 じた 保 育 料 の 減 免 を 行 う

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

延長保育料について

延長保育料について 資 料 3 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 事 業 及 び 一 時 預 かり 事 業 について 平 成 27 年 1 月 桐 生 市 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 委 員 会 教 育 部 学 校 教 育 課 1 1. 事 業 について (1) 概 要 就 労 形 態 の 多 様 化 等 に 伴 う の 需 要 に 対 応 するための 事 業 につい ては 平 成 27

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

平成18年度弥富町私立幼稚園就園

平成18年度弥富町私立幼稚園就園 弥 富 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 6 日 平 成 23 年 9 月 30 日 平 成 24 年 5 月 30 日 平 成 25 年 6 月 5 日 平 成 26 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 13 日 平 成 28 年 5 月 10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

H25要綱本文

H25要綱本文 新 潟 県 私 立 高 等 学 校 等 学 費 軽 減 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 6 年 5 月 30 日 制 定 平 成 7 年 4 月 25 日 一 部 改 正 平 成 8 年 4 月 22 日 一 部 改 正 平 成 10 年 3 月 20 日 一 部 改 正 平 成 11 年 4 月 21 日 一 部 改 正 平 成 12 年 6 月 9 日 一 部 改 正 平 成 14

More information

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備*

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備* 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 公 営 住 宅 法 施 行 令 例 規 整 備 * 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 例 規 整 備 平 成 22 年 12 月 21 日 登 録 同 年 12 月 28 日 更 新 ( 主 な 変 更 箇 所 はアミカケとしています ) 公 布 年 月 日 番 号 平 成 22 年 12 月

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25 柏 原 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 園 児 の 保 護 者 に 対 し 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 その 他 給 付 を 行 う 場 合 に 柏 原 市 が 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 に 対 して 行 う 私

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 1 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について (1) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 趣 旨 について( 概 要 資 料 P.1~2) 1 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 行 政 機 関 等 が 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくな るため 負 担 を 不 当 に 免 れることや 給 付 を

More information

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 26 年 度 第 5 回 会 議 資 料 2 子 ども 子 育 て 新 制 度 における 1 号 2 号 3 号 利 用 者 負 担 について 案 平 成 27 年 1 月 29 日 保 健 福 祉 部 子 育 て 推 進 課 1 子 ども 子 育 て 支 援 制 度 における 田 辺 市 の 利 用 者 負 担 について Ⅰはじめに 平 成 24 年 8 月

More information

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人 佐 野 市 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 する 条 例 ( 案 ) の 概 要 について 1 条 例 制 定 の 背 景 目 的 平 成 25 年 5 月 31 日 に 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 (

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 ( 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 ( 一 時 保 育 施 設 運 営 業 務 委 託 )に 関 する 要 求 仕 様 書 首 都 大 学 東 京 1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 19 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 中 核 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 担 当 部 局 御 中 内 閣 府 子 ども 子 育 て 本 部 参 事 官 ( 子 ども 子 育 て 支 援 担 当 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 幼 児 教 育 課 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 保 育 課

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練 第 5 章 数 値 目 標 ( 第 4 期 案 ) (1) 入 所 施 設 入 所 者 の 地 域 生 活 への 移 行 本 市 の 平 成 25 年 度 末 時 点 の 施 設 入 所 者 は39 人 です 平 成 29 年 度 までに 入 所 施 設 を 退 所 し 自 立 訓 練 事 業 等 を 利 用 しながら グル ープホームや 一 般 住 宅 等 に 移 行 する 人 ( 地 域 移 行

More information

2 前 項 の 規 定 による 書 類 の 提 出 後 に 補 助 金 の 交 付 決 定 の 変 更 を 受 ける 必 要 が 生 じたとき は 当 該 設 置 者 は 同 項 の 規 定 を 準 用 して 変 更 後 の 書 類 を 作 成 し 別 途 指 定 する 日 までに 市 長 に 提

2 前 項 の 規 定 による 書 類 の 提 出 後 に 補 助 金 の 交 付 決 定 の 変 更 を 受 ける 必 要 が 生 じたとき は 当 該 設 置 者 は 同 項 の 規 定 を 準 用 して 変 更 後 の 書 類 を 作 成 し 別 途 指 定 する 日 までに 市 長 に 提 資 料 3 久 喜 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 3 月 23 日 教 育 委 員 会 告 示 第 20 号 改 正 平 成 22 年 8 月 17 日 教 委 告 示 第 56 号 平 成 23 年 7 月 25 日 教 委 告 示 第 16 号 平 成 24 年 3 月 23 日 教 委 告 示 第 8 号 平 成 25 年 7 月 19

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

1公募の主旨

1公募の主旨 平 成 28 年 度 賃 貸 物 件 による 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 の 募 集 について 平 成 28 年 3 月 22 日 新 宿 区 Ⅰ 募 集 概 要 1 趣 旨 新 宿 区 は 保 育 所 の 待 機 児 童 解 消 対 策 を 区 政 の 重 要 課 題 に 位 置 付 け 新 宿 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 平 成 27 年 度 から 平 成

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

平 成 15 年 5 月 29 日 教 委 規 則 第 7 号 平 成 16 年 5 月 27 日 教 委 規 則 第 8 号 平 成 17 年 5 月 27 日 教 委 規 則 第 5 号 平 成 18 年 5 月 26 日 教 委 規 則 第 6 号 平 成 19 年 5 月 29 日 教 委

平 成 15 年 5 月 29 日 教 委 規 則 第 7 号 平 成 16 年 5 月 27 日 教 委 規 則 第 8 号 平 成 17 年 5 月 27 日 教 委 規 則 第 5 号 平 成 18 年 5 月 26 日 教 委 規 則 第 6 号 平 成 19 年 5 月 29 日 教 委 川 西 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 に 関 する 規 則 昭 和 48 年 11 月 14 日 教 育 委 員 会 規 則 第 13 号 改 正 昭 和 49 年 7 月 17 日 教 委 規 則 第 7 号 昭 和 51 年 11 月 30 日 教 委 規 則 第 14 号 昭 和 52 年 6 月 14 日 教 委 規 則 第 11 号 昭 和 53 年 6

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

<5461726F2D95DB88E78F8A90DD9275944689C2939982CC8AEE8F8082C98AD6>

<5461726F2D95DB88E78F8A90DD9275944689C2939982CC8AEE8F8082C98AD6> 保 育 所 設 置 認 可 等 の 基 準 に 関 する 指 針 第 1 趣 旨 この 指 針 は 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 ( 昭 和 23 年 12 月 29 日 厚 生 省 令 第 63 号 以 下 最 低 基 準 という ) 等 を 内 容 とする 保 育 所 設 置 認 可 に 関 する 審 査 基 準 及 びその 他 法 令 の 定 めるもののほか 県 が 保 育 所 設

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 八 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年 厚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816B9776965D8F91816C88EA89AD918D8A8896F48ED089EF82D682CC92F188C432372E31322E313581698DC58F49816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816B9776965D8F91816C88EA89AD918D8A8896F48ED089EF82D682CC92F188C432372E31322E313581698DC58F49816A> 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 様 全 国 老 施 協 発 第 1736 号 平 成 27 年 12 月 15 日 公 益 社 団 法 人 全 国 老 人 福 祉 施 設 協 議 会 会 長 石 川 憲 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 資 する 介 護 離 職 ゼロ 施 策 について( 要 望 ) 政 府 では 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 け 新 三 本 の

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information