Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱 大 阪 府 外 部 通 報 処 理 に 関 する 要 綱 通 報 処 理 の 流 れ( 図 )

2

3 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 コンプライアンス 委 員 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 公 益 通 報 ( 第 6 条 ~ 第 21 条 ) 第 4 章 公 正 職 務 執 行 確 保 ( 第 22 条 ~ 第 27 条 ) 第 5 章 法 令 遵 守 推 進 委 員 会 ( 第 28 条 ~ 第 36 条 ) 第 6 章 雑 則 ( 第 37 条 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 公 益 通 報 の 処 理 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 法 令 違 反 の 是 正 及 びそ の 未 然 防 止 を 図 るとともに 職 員 が 不 当 な 要 求 や 圧 力 を 排 除 し 公 正 な 職 務 の 執 行 を 確 保 するために 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 府 民 の 疑 惑 や 不 信 を 招 くような 行 為 の 防 止 を 図 り もって 本 府 にお ける 法 令 の 遵 守 及 び 府 民 から 信 頼 される 公 正 な 府 政 の 運 営 (コンプライアンス)の 推 進 に 資 すること を 目 的 とする 第 2 章 コンプライアンス 委 員 ( 設 置 ) 第 2 条 府 のコンプライアンスを 推 進 するため コンプライアンス 委 員 ( 以 下 委 員 という )を 設 置 する ( 委 員 の 委 嘱 ) 第 3 条 委 員 は3 名 以 上 とし 弁 護 士 等 コンプライアンスに 関 して 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 の 中 から 知 事 が 委 嘱 する 2 委 員 の 任 期 は2 年 とし 1 回 に 限 り 再 任 することができる ( 委 員 の 業 務 ) 第 4 条 委 員 は 次 に 掲 げる 業 務 を 処 理 する (1) 委 員 宛 公 益 通 報 の 処 理 に 関 すること (2) 公 益 通 報 の 処 理 について 助 言 及 び 指 導 を 行 うこと (3) 公 益 通 報 制 度 に 関 し 改 善 すべき 点 について 助 言 及 び 指 導 を 行 うこと (4) 法 令 違 反 行 為 等 に 係 る 重 大 事 象 に 関 する 調 査 を 行 い その 結 果 について 知 事 に 報 告 すること (5) 公 正 な 職 務 の 執 行 確 保 に 関 して 職 員 への 助 言 及 び 指 導 を 行 うこと (6) 行 き 過 ぎた 苦 情 等 への 対 応 に 関 する 職 員 への 助 言 及 び 指 導 を 行 うこと (7) その 他 府 のコンプライアンスに 関 する 助 言 及 び 指 導 を 行 うこと ( 意 見 の 聴 取 ) 第 5 条 府 は コンプライアンスの 推 進 上 必 要 があると 認 めるときは 委 員 以 外 の 者 から 意 見 を 聴 くこ とができる

4 第 3 章 公 益 通 報 ( 定 義 ) 第 6 条 この 要 綱 において 職 員 等 とは 公 益 通 報 者 保 護 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 122 号 ) 第 2 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 労 働 者 であって 府 の 機 関 ( 公 安 委 員 会 及 び 警 察 本 部 を 除 く 以 下 同 じ )を 労 務 提 供 先 とするものをいう 2 この 要 綱 において 公 益 通 報 とは 職 員 等 が 府 の 事 務 又 は 事 業 の 管 理 運 営 執 行 等 に 係 る 行 為 ( 職 員 等 の 私 生 活 上 の 行 為 は 含 まない )が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 思 料 する 場 合 に 当 該 行 為 について 行 う 通 報 をいう (1) 法 令 違 反 行 為 (2) 業 務 に 関 する 規 程 又 は 職 務 上 の 命 令 に 違 反 する 行 為 (3) その 他 職 務 に 係 る 不 適 正 行 為 3 この 要 綱 において 法 令 違 反 行 為 とは 法 令 ( 条 例 規 則 その 他 の 規 程 を 含 む )に 違 反 する 行 為 をいう 4 この 要 綱 において 業 務 に 関 する 規 程 又 は 職 務 上 の 命 令 に 違 反 する 行 為 とは 職 務 の 遂 行 に 当 たって あらかじめ 定 められた 要 綱 要 領 その 他 業 務 に 関 する 規 程 又 は 職 務 上 の 命 令 に 違 反 する 行 為 をいう 5 この 要 綱 において その 他 職 務 に 係 る 不 適 正 行 為 とは 法 令 違 反 の 状 態 には 至 っていないもの の その 行 為 の 態 様 が 法 令 の 趣 旨 及 び 目 的 に 反 し 放 置 しておくと 法 令 違 反 につながるおそれがある 行 為 をいう ( 公 益 通 報 窓 口 ) 第 7 条 公 益 通 報 窓 口 を 総 務 部 法 務 課 ( 以 下 法 務 課 という ) 及 び 委 員 に 置 く 2 総 務 部 法 務 課 長 ( 以 下 法 務 課 長 という )は 総 務 部 長 の 命 を 受 けて 公 益 通 報 の 受 付 相 談 及 び 処 理 に 関 する 事 務 を 掌 理 する ( 公 益 通 報 業 務 従 事 員 の 責 務 ) 第 8 条 委 員 法 務 課 長 公 益 通 報 窓 口 の 職 員 及 びその 他 公 益 通 報 に 係 る 事 務 に 従 事 する 職 員 ( 委 員 を 除 き 以 下 公 益 通 報 業 務 従 事 員 という )は 誠 実 かつ 公 正 に 職 務 を 遂 行 し 職 務 上 知 り 得 た 秘 密 を 漏 らしてはならない その 職 を 退 いた 後 も 同 様 とする 2 公 益 通 報 業 務 従 事 員 は 自 ら 又 はその 配 偶 者 子 父 母 若 しくは 兄 弟 姉 妹 が 公 益 通 報 の 対 象 とな った 場 合 には 当 該 公 益 通 報 に 係 る 事 務 に 携 わることができない この 場 合 において 公 益 通 報 業 務 従 事 員 は 直 属 の 上 司 に その 旨 を 申 し 出 なければならない ( 職 員 等 の 責 務 ) 第 9 条 職 員 等 は 不 正 の 利 益 を 得 る 目 的 他 人 に 損 害 を 加 える 目 的 その 他 不 正 の 目 的 で 通 報 を 行 って はならない ( 公 益 通 報 の 受 付 ) 第 10 条 法 務 課 においては 電 子 メール 郵 送 電 話 又 は 面 談 により 公 益 通 報 を 受 け 付 けるものと する なお 匿 名 による 公 益 通 報 も 受 け 付 けるものとする 2 委 員 においては 電 子 メール 又 は 郵 送 により 公 益 通 報 を 受 け 付 けるものとする なお 匿 名 によ る 公 益 通 報 は 受 け 付 けない

5 3 苦 情 要 望 意 見 相 談 等 は 受 け 付 けないものとする 4 公 益 通 報 窓 口 の 職 員 は 公 益 通 報 を 受 け 付 けたときは 公 益 通 報 を 行 う 者 ( 以 下 通 報 者 という ) の 秘 密 保 持 に 配 慮 しつつ 通 報 者 に 対 する 不 利 益 な 取 扱 いのない 旨 及 び 通 報 者 の 秘 密 は 保 持 される 旨 を 当 該 通 報 者 に 説 明 するとともに 通 報 者 から 公 益 通 報 内 容 を 聴 取 する 等 により 公 益 通 報 の 趣 旨 の 確 認 に 努 めなければならない 5 委 員 は 受 け 付 けた 公 益 通 報 を 通 報 者 の 氏 名 住 所 所 属 連 絡 先 等 個 人 が 特 定 される 情 報 を 伏 せた 上 で 法 務 課 長 に 転 送 するものとする ただし 通 報 者 が 氏 名 住 所 所 属 連 絡 先 等 個 人 が 特 定 される 情 報 を 秘 匿 することを 要 しない 旨 を 申 し 出 たときは これらを 伏 せることなく 転 送 する ものとする 6 委 員 は 前 項 の 規 定 による 転 送 を 行 う 場 合 において 必 要 があると 認 めるときは 通 報 者 に 対 して 公 益 通 報 内 容 の 説 明 を 求 めることができる ( 公 益 通 報 の 受 理 ) 第 11 条 法 務 課 長 は 公 益 通 報 を 受 理 したときはその 旨 を 受 理 しないときはその 旨 及 びその 理 由 を 遅 滞 なく 当 該 通 報 者 に 通 知 するものとする ただし 委 員 が 受 け 付 けた 公 益 通 報 については 当 該 委 員 を 通 じて 通 知 するものとする ( 調 査 の 実 施 ) 第 12 条 総 務 部 長 は 前 条 により 法 務 課 長 が 受 理 した 公 益 通 報 について 速 やかに 関 係 する 部 局 等 の 長 ( 以 下 関 係 部 局 長 という )に 通 知 し 調 査 を 依 頼 する 2 前 項 の 規 定 により 依 頼 を 受 けた 関 係 部 局 長 は 関 係 者 からの 事 情 の 聴 取 報 告 の 徴 収 書 類 の 閲 覧 現 地 の 確 認 その 他 の 必 要 な 調 査 を 速 やかに 必 要 かつ 相 当 と 認 められる 方 法 により 行 うものとする 3 関 係 部 局 長 は 前 項 の 規 定 により 調 査 を 行 うときはその 旨 を 調 査 を 行 わないときはその 旨 及 びそ の 理 由 を 速 やかに 総 務 部 長 に 報 告 するものとする 4 第 2 項 に 規 定 する 調 査 を 行 うに 当 たっては 通 報 者 の 秘 密 を 守 るため 通 報 者 が 特 定 されないよう 十 分 に 配 慮 し かつ 調 査 に 関 係 する 者 の 人 権 が 不 当 に 侵 害 されないように 配 慮 しなければならない 5 第 2 項 に 規 定 する 調 査 を 受 ける 職 員 等 は 当 該 調 査 に 協 力 するとともに 調 査 の 状 況 等 を 漏 らして はならない その 職 を 退 いた 後 も 同 様 とする 6 前 項 に 規 定 する 職 員 等 及 び 関 係 部 局 は 通 報 者 を 特 定 するための 調 査 等 を 行 ってはならない ( 調 査 開 始 等 の 通 知 ) 第 13 条 法 務 課 長 は 前 条 第 3 項 の 規 定 による 報 告 に 基 づき 調 査 を 行 うときはその 旨 を 調 査 を 行 わないときはその 旨 及 びその 理 由 を 遅 滞 なく 当 該 通 報 者 に 通 知 するものとする ただし 委 員 が 受 け 付 けた 公 益 通 報 については 当 該 委 員 を 通 じて 通 知 するものとする ( 是 正 措 置 等 ) 第 14 条 関 係 部 局 長 は 第 12 条 第 2 項 の 規 定 により 調 査 を 行 った 結 果 第 6 条 第 2 項 各 号 に 規 定 す る 行 為 ( 以 下 通 報 対 象 事 実 という )が 判 明 したときは 速 やかに 是 正 措 置 再 発 防 止 策 等 ( 以 下 是 正 措 置 等 という )を 講 ずるものとする

6 ( 調 査 結 果 等 の 通 知 等 ) 第 15 条 関 係 部 局 長 は 第 12 条 第 2 項 の 規 定 による 調 査 の 結 果 並 びに 前 条 の 規 定 による 是 正 措 置 等 を 講 じたときはその 内 容 を 是 正 措 置 等 を 講 じなかったときはその 旨 及 びその 理 由 を 速 やかに 総 務 部 長 に 報 告 するものとする 2 法 務 課 長 は 前 項 の 規 定 による 報 告 に 基 づき 調 査 の 結 果 並 びに 是 正 措 置 等 が 講 じられたときはそ の 内 容 を 是 正 措 置 等 が 講 じられなかったときはその 旨 及 びその 理 由 を 遅 滞 なく 当 該 通 報 者 に 通 知 するものとする ただし 委 員 が 受 け 付 けた 公 益 通 報 については 当 該 委 員 を 通 じて 通 知 するもの とする ( 委 員 に 対 する 意 見 の 申 出 ) 第 16 条 委 員 に 公 益 通 報 をした 通 報 者 は 前 条 第 2 項 の 通 知 を 受 けたときは その 通 知 に 係 る 調 査 結 果 及 び 是 正 措 置 等 について 委 員 に 対 し 意 見 を 申 し 出 ることができる ( 匿 名 通 報 についての 適 用 除 外 等 ) 第 17 条 公 益 通 報 が 匿 名 で 行 われた 場 合 は 第 11 条 第 13 条 及 び 第 15 条 第 2 項 の 規 定 は 適 用 し ない 2 前 項 の 場 合 において 法 務 課 長 は 受 理 した 当 該 公 益 通 報 の 調 査 結 果 及 び 是 正 措 置 の 概 要 を 庁 内 ウ ェブページに 掲 載 するものとする ( 不 利 益 取 扱 いの 禁 止 ) 第 18 条 府 の 機 関 の 任 命 権 者 及 び 職 員 等 は 通 報 者 に 対 し 公 益 通 報 をしたことを 理 由 として いか なる 不 利 益 な 取 扱 いもしてはならない ( 相 談 ) 第 19 条 職 員 等 は 第 6 条 第 2 項 各 号 に 掲 げる 行 為 があると 思 料 する 場 合 に 公 益 通 報 窓 口 に 対 して 相 談 することができる ( 公 表 ) 第 20 条 総 務 部 長 は 毎 年 度 公 益 通 報 に 関 する 処 理 の 状 況 について インターネットの 利 用 その 他 の 適 切 な 方 法 によりその 概 要 を 公 表 するものとする ( 通 報 関 連 文 書 の 管 理 ) 第 21 条 公 益 通 報 の 事 務 処 理 に 関 する 文 書 については 大 阪 府 行 政 文 書 管 理 規 則 ( 平 成 14 年 大 阪 府 規 則 第 122 号 )に 基 づき 適 切 に 管 理 するとともに 通 報 者 の 秘 密 の 保 持 が 図 られるよう 特 に 配 慮 しなけ ればならない 2 公 益 通 報 の 事 務 処 理 に 関 する 文 書 の 保 存 期 間 は 10 年 とする 第 4 章 公 正 職 務 執 行 確 保 ( 職 員 の 責 務 ) 第 22 条 職 員 は 違 法 な 行 為 又 は 公 正 な 職 務 の 執 行 を 損 なうことが 明 白 な 行 為 ( 以 下 違 法 行 為 等 という )の 要 求 があったときは 何 人 によるものであってもこれを 拒 否 しなければならない

7 2 職 員 は 違 法 行 為 等 の 要 求 があったときは その 経 過 を 記 録 し 直 ちにその 所 属 の 長 又 はこれに 相 当 する 者 ( 以 下 所 属 長 等 という )に 報 告 しなければならない ただし これにより 難 い 場 合 は 委 員 に 相 談 するものとする 3 職 員 は 公 正 な 職 務 の 執 行 を 損 なうおそれのある 行 為 の 要 求 があったときは その 経 過 を 記 録 し 所 属 長 等 に 情 報 を 提 供 するものとする ただし これにより 難 い 場 合 は 委 員 に 情 報 を 提 供 するもの とする ( 所 属 長 等 の 責 務 ) 第 23 条 所 属 長 等 は 率 先 垂 範 して 公 正 な 職 務 の 執 行 と 服 務 規 律 の 確 保 を 図 るとともに 監 督 責 任 を 十 分 自 覚 し 所 属 する 職 員 に 対 する 指 導 監 督 を 怠 ってはならない 2 所 属 長 等 は 所 属 する 職 員 から 前 条 第 2 項 の 報 告 を 受 けたときは 自 ら 適 切 な 対 応 を 行 うとともに 当 該 職 員 に 対 して 適 切 な 指 示 を 行 い 公 正 な 職 務 を 確 保 するために 必 要 な 措 置 を 講 じなければならな い 3 所 属 長 等 は 前 条 第 2 項 の 報 告 を 受 けた 場 合 において 当 該 報 告 の 内 容 を 検 討 し 当 該 所 属 におい て 対 応 することが 困 難 であると 認 められるときは 当 該 所 属 が 置 かれる 関 係 部 局 長 に 報 告 しなければ ならない ただし これにより 難 い 場 合 は 委 員 に 相 談 するものとする 4 所 属 長 等 は 前 条 第 3 項 の 情 報 提 供 を 受 けたときは 当 該 所 属 が 置 かれる 関 係 部 局 長 に 情 報 提 供 す るものとする ただし これにより 難 い 場 合 は 委 員 に 情 報 を 提 供 するものとする ( 関 係 部 局 長 の 責 務 ) 第 24 条 関 係 部 局 長 は 所 属 長 等 から 前 条 第 3 項 の 報 告 を 受 けたときは 当 該 報 告 に 係 る 違 法 行 為 等 が 公 正 な 職 務 の 執 行 を 損 なうものかどうかを 調 査 のうえ 当 該 部 局 において 適 切 な 対 応 を 行 うものと し かかる 対 応 を 行 うことが 困 難 であると 認 められるときは その 調 査 結 果 を 委 員 に 通 知 しなければ ならない 2 関 係 部 局 長 は 所 属 長 等 から 前 条 第 4 項 の 情 報 提 供 を 受 けたときは 委 員 に 情 報 提 供 するものとす る ( 委 員 による 調 査 報 告 ) 第 25 条 委 員 は 関 係 部 局 長 から 前 条 の 通 知 を 受 けたときは 関 係 者 に 説 明 を 求 める 等 の 調 査 を 行 い その 結 果 について 当 該 部 局 長 及 び 知 事 に 報 告 する ( 不 当 行 為 者 への 警 告 等 ) 第 26 条 知 事 は 委 員 から 前 条 の 報 告 を 受 けたときは 当 該 報 告 に 基 づいて 違 法 行 為 等 の 要 求 を 行 っ た 者 に 対 する 警 告 公 表 捜 査 機 関 への 告 発 その 他 必 要 な 措 置 を 講 ずることがある ( 行 政 対 象 暴 力 への 対 処 ) 第 27 条 行 政 対 象 暴 力 ( 暴 行 脅 迫 困 惑 行 為 その 他 の 違 法 又 は 不 当 な 手 段 を 用 いて 府 又 は 職 員 に 対 し 自 己 若 しくは 第 三 者 が 利 益 を 得 られるよう 働 きかける 行 為 又 は 行 政 の 公 正 性 及 び 中 立 性 を 阻 害 するように 働 きかける 行 為 をいう )の 対 処 に 当 たって 必 要 があると 認 めるときは 行 政 対 象 暴 力 の 排 除 に 関 する 協 定 書 に 基 づき 弁 護 士 に 法 的 措 置 の 委 任 等 を 行 うものとする

8 第 5 章 法 令 遵 守 推 進 委 員 会 ( 設 置 ) 第 28 条 総 合 的 な 法 令 遵 守 体 制 を 整 備 し 法 令 遵 守 の 推 進 に 関 する 諸 課 題 を 審 議 するため 法 令 遵 守 推 進 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )を 設 置 する ( 所 掌 事 務 ) 第 29 条 委 員 会 の 所 掌 事 務 は 次 のとおりとする (1) 法 令 遵 守 推 進 方 策 に 関 すること (2) 公 益 通 報 処 理 の 審 議 に 関 すること (3) 公 正 な 職 務 の 執 行 確 保 に 関 すること (4) その 他 法 令 遵 守 に 係 る 重 大 事 象 の 審 議 に 関 すること ( 組 織 ) 第 30 条 委 員 会 は 委 員 長 副 委 員 長 及 び 法 令 遵 守 推 進 委 員 をもって 組 織 する ( 委 員 長 及 び 副 委 員 長 ) 第 31 条 委 員 長 は 総 務 部 長 を 副 委 員 長 は 総 務 部 次 長 をもって 充 てる 2 委 員 長 は 会 務 を 総 理 し 会 議 を 主 宰 する 3 副 委 員 長 は 委 員 長 を 補 佐 し 委 員 長 に 事 故 があるときは その 職 務 を 代 理 する ( 委 員 ) 第 32 条 法 令 遵 守 推 進 委 員 は 別 表 に 掲 げる 者 をもって 充 てる ( 会 議 ) 第 33 条 委 員 会 の 会 議 は 委 員 長 が 招 集 する 2 委 員 長 は 必 要 があると 認 めるときは 法 令 遵 守 推 進 委 員 以 外 の 職 員 を 会 議 に 出 席 させ 意 見 を 聴 取 することができる 3 委 員 会 に 幹 事 会 を 置 く ( 幹 事 長 及 び 幹 事 ) 第 34 条 幹 事 会 に 幹 事 長 及 び 幹 事 を 置 く 2 幹 事 長 は 法 務 課 長 をもって 充 てる 3 幹 事 は 次 条 により 法 令 遵 守 推 進 主 任 者 として 指 定 された 者 をもって 充 てる 4 幹 事 長 は 幹 事 会 を 招 集 し 主 宰 する ( 法 令 遵 守 推 進 主 任 者 ) 第 35 条 部 局 長 は 課 長 補 佐 級 の 職 以 上 の 職 にある 所 属 職 員 のうちから 法 令 遵 守 推 進 主 任 者 を 指 定 す る なお 総 務 部 においては 所 属 ごとに 法 令 遵 守 推 進 主 任 者 を 指 定 する ( 庶 務 ) 第 36 条 委 員 会 の 庶 務 は 法 務 課 において 行 う

9 第 6 章 雑 則 ( 雑 則 ) 第 37 条 この 要 綱 の 施 行 に 関 して 必 要 な 事 項 は 総 務 部 長 が 定 める 附 則 1 この 要 綱 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 次 に 掲 げる 要 綱 は 廃 止 する 一 公 正 職 務 執 行 確 保 に 関 する 要 綱 ( 平 成 13 年 11 月 1 日 施 行 ) 二 公 正 職 務 執 行 確 保 委 員 会 運 営 要 綱 ( 平 成 13 年 11 月 1 日 施 行 ) 三 法 令 遵 守 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 ( 平 成 18 年 9 月 8 日 施 行 ) 四 大 阪 府 職 員 等 からの 内 部 通 報 処 理 に 関 する 要 綱 ( 平 成 18 年 12 月 1 日 施 行 ) 五 コンプライアンスチーム 設 置 要 綱 ( 平 成 20 年 5 月 20 日 施 行 ) 六 府 民 からの 通 報 処 理 に 関 する 要 綱 ( 平 成 20 年 11 月 7 日 施 行 ) 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 綱 は 平 成 23 年 11 月 9 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 綱 の 施 行 前 に 受 け 付 けた 府 民 又 は 府 に 通 勤 し 若 しくは 通 学 する 者 からの 公 益 通 報 につい ては なお 従 前 の 例 による 別 表 ( 第 32 条 関 係 ) 政 策 企 画 部 次 長 府 民 文 化 部 次 長 福 祉 部 次 長 健 康 医 療 部 次 長 商 工 労 働 部 次 長 環 境 農 林 水 産 部 次 長 都 市 整 備 部 次 長 住 宅 まちづくり 部 次 長 会 計 局 長 議 会 事 務 局 次 長 教 育 委 員 会 事 務 局 教 育 次 長 監 査 委 員 事 務 局 次 長 人 事 委 員 会 事 務 局 次 長

10

11 大 阪 府 外 部 通 報 処 理 に 関 する 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 公 益 通 報 者 保 護 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 122 号 以 下 法 という ) に 基 づく 公 益 通 報 のうち 大 阪 府 が 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 権 限 を 有 する 行 政 機 関 とな るもの( 以 下 外 部 通 報 という )の 事 務 処 理 に 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 制 度 の 適 正 かつ 円 滑 な 執 行 を 確 保 し もって 通 報 者 の 保 護 及 び 法 令 遵 守 (コンプライアンス) の 推 進 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところに よる 一 通 報 対 象 事 実 法 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 通 報 対 象 事 実 をいう 二 外 部 通 報 窓 口 外 部 通 報 の 受 付 をし 及 び 相 談 に 応 じる 窓 口 をいう 三 部 局 大 阪 府 組 織 条 例 ( 昭 和 28 年 大 阪 府 条 例 第 1 号 )に 規 定 する 部 並 びに 大 阪 府 出 納 長 の 補 助 組 織 設 置 規 則 ( 昭 和 39 年 大 阪 府 規 則 第 13 号 )に 規 定 する 出 納 局 及 び 契 約 局 をいう ( 処 理 の 基 本 事 項 ) 第 3 条 外 部 通 報 窓 口 を 総 務 部 法 務 課 ( 以 下 法 務 課 という )に 設 置 する 2 総 務 部 法 務 課 長 ( 以 下 法 務 課 長 という )は 総 務 部 長 の 命 を 受 けて 外 部 通 報 の 受 付 及 び 処 理 に 関 する 事 務 を 行 う 3 外 部 通 報 の 事 務 処 理 に 当 たっては 個 人 情 報 の 取 扱 いについて 特 に 注 意 しなければな らない ( 外 部 通 報 の 処 理 ) 第 4 条 法 務 課 長 は 外 部 通 報 の 受 付 に 当 たっては 次 に 掲 げる 事 項 を 把 握 するとともに 通 報 者 に 対 して 通 報 者 の 秘 密 は 保 持 されることを 説 明 しなければならない なお 受 け 付 けた 通 報 に 係 る 事 項 について 府 が 権 限 を 有 しないときは 権 限 を 有 する 行 政 機 関 を 通 報 者 に 対 し 遅 滞 なく 教 示 するものとする 一 通 報 者 の 氏 名 二 通 報 者 の 連 絡 先 三 外 部 通 報 の 内 容 となる 事 実 の 概 要 及 び 当 該 事 実 が 生 じ 又 はまさに 生 じようとしてい ると 信 ずるに 足 りる 相 当 の 理 由 の 有 無 2 総 務 部 長 は 受 け 付 けた 外 部 通 報 についてその 内 容 を 検 討 し 速 やかに 当 該 通 報 対 象 事 実 について 処 分 等 の 権 限 を 有 する 所 管 の 部 局 ( 以 下 所 管 部 局 という )の 長 ( 以 下 所 管 部 局 長 という )に 通 知 するとともに 必 要 があると 認 めるときは 通 報 対 象 事 実 に 関 する 調 査 を 依 頼 するものとする なお 通 報 が 法 に 基 づく 公 益 通 報 に 該 当 しない ときは その 旨 又 は 情 報 提 供 として 受 け 付 ける 旨 を 通 報 者 に 対 し 遅 滞 なく 通 知 しな ければならない 3 所 管 部 局 長 は 調 査 の 依 頼 を 受 けたときは 必 要 な 調 査 を 行 わなければならない な お 調 査 の 実 施 に 当 たっては 通 報 者 の 秘 密 を 守 るため 通 報 者 が 特 定 されないよう 十 分 に 配 慮 しつつ 遅 滞 なく 必 要 かつ 相 当 と 認 められる 方 法 で 行 うものとする

12 4 調 査 の 結 果 通 報 対 象 事 実 が 判 明 したときは 所 管 部 局 長 は 速 やかに 法 令 に 基 づ く 措 置 その 他 適 切 な 措 置 ( 以 下 措 置 という )をとるものとする この 場 合 において 所 管 部 局 長 は 当 該 措 置 の 内 容 を 総 務 部 長 に 通 知 するものとする 5 法 務 課 長 は 通 報 者 に 対 し 調 査 の 進 捗 状 況 及 び 措 置 の 内 容 等 に 関 する 情 報 を 遅 滞 な く 通 知 するよう 努 めなければならない なお 通 知 に 当 たっては 職 務 上 の 秘 密 及 び 関 係 者 の 個 人 情 報 の 保 護 に 留 意 しなければならない 6 所 管 部 局 が 複 数 ある 場 合 は 相 互 に 連 携 して 調 査 を 行 い 又 は 措 置 を 講 じるなど 緊 密 に 連 絡 し 及 び 協 力 するものとする 7 総 務 部 長 は 前 項 の 規 定 による 連 絡 及 び 協 力 が 適 切 に 行 われるよう 必 要 な 連 絡 調 整 を 行 う ( 相 談 情 報 提 供 の 処 理 ) 第 5 条 法 務 課 長 は 総 務 部 長 の 命 を 受 けて 前 条 に 定 める 事 務 のほか 外 部 通 報 に 関 する 相 談 及 び 情 報 提 供 ( 以 下 相 談 等 という )に 関 する 事 務 を 処 理 する 2 総 務 部 長 は 必 要 に 応 じ 外 部 通 報 に 関 する 相 談 等 の 内 容 を 所 管 部 局 長 に 通 知 する なお 部 局 に 対 して 直 接 外 部 通 報 に 関 する 相 談 等 があったときは 当 該 部 局 の 長 は 速 やかにその 内 容 を 総 務 部 長 に 通 知 するものとする ( 職 員 の 責 務 ) 第 6 条 外 部 通 報 の 事 務 処 理 に 従 事 する 者 は 通 報 に 関 する 秘 密 を 漏 らしてはならず 及 び 自 らが 関 係 する 通 報 事 案 の 処 理 に 関 与 してはならない 2 部 局 の 職 員 は 外 部 通 報 に 関 する 事 務 処 理 について 協 力 を 求 められたときは 正 当 な 理 由 がある 場 合 を 除 き 必 要 な 協 力 を 行 うものとする ( 通 報 関 連 資 料 の 管 理 ) 第 7 条 外 部 通 報 の 事 務 処 理 に 関 する 文 書 については 大 阪 府 行 政 文 書 管 理 規 則 ( 平 成 14 年 大 阪 府 規 則 第 122 号 )に 基 づき 管 理 するとともに 通 報 者 の 秘 密 保 持 が 図 られるよう 特 に 配 慮 しなければならない 2 外 部 通 報 の 事 務 処 理 に 関 する 文 書 の 保 存 期 間 は 10 年 とする ( 公 表 ) 第 8 条 総 務 部 長 は 毎 年 度 部 局 の 長 に 対 し 外 部 通 報 に 関 する 処 理 の 状 況 について 報 告 を 求 め これをとりまとめて インターネットの 利 用 その 他 の 方 法 によりその 概 要 を 公 表 するものとする ( 細 目 ) 第 9 条 この 要 綱 に 定 めるもののほか 外 部 通 報 の 事 務 処 理 に 関 し 必 要 な 事 項 は 総 務 部 長 が 別 に 定 める 附 則 この 要 綱 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 綱 は 平 成 18 年 12 月 1 日 から 施 行 する

13 通 報 処 理 の 流 れ 通 報 受 理 ま で の 流 れ 府 の 事 務 事 業 に 関 する ことである 匿 名 可 通 報 の 到 着 事 業 者 に 関 することで ある 実 名 法 令 違 反 行 為 等 である 労 働 者 である 府 職 員 等 ( 府 で 働 く 労 働 者 )である 事 業 者 内 部 の 法 令 違 反 行 為 等 である 公 益 通 報 者 保 護 法 対 象 法 令 の 罰 則 規 定 違 反 行 為 内 部 通 報 受 理 府 に 処 分 勧 告 等 の 権 限 がある 府 に 処 分 勧 告 等 の 権 限 なし 外 部 通 報 受 理 通 報 先 の 教 示 処 理 手 続 き の 流 れ 通 報 者 あて 通 報 受 理 通 知 部 局 あて 通 報 調 査 依 頼 部 局 から 通 報 調 査 開 始 等 報 告 通 報 者 あて 通 報 調 査 開 始 等 通 知 部 局 から 通 報 調 査 結 果 報 告 通 報 者 あて 通 報 受 理 通 知 部 局 あて 通 報 調 査 依 頼 部 局 から 通 報 調 査 結 果 等 報 告 通 報 者 あて 通 報 調 査 結 果 等 通 知 内 部 通 報 で 匿 名 の 場 合 は グレー 反 転 の 項 目 は 省 略 通 報 者 あて 通 報 調 査 結 果 通 知 部 局 から 通 報 是 正 措 置 等 報 告 通 報 者 あて 是 正 措 置 等 通 知

14

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の 平 成 28 年 度 路 線 バス 基 幹 系 統 サービスレベル 向 上 策 検 討 業 務 委 託 提 案 公 募 要 領 1 提 案 公 募 の 目 的 中 心 市 街 地 の 公 共 交 通 において 基 幹 的 役 割 を 担 っている 路 線 バスについて 沿 線 住 民 の 意 識 調 査 等 を 実 施 することにより その 需 要 予 測 を 行 うとともに 公 共 交 通 としての

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案)

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案) 佐 久 合 同 庁 舎 電 話 交 換 及 び 受 付 案 内 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 業 務 の 大 要 を 示 すものであって 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 であっても 佐 久 地 方 事 務 所 長 ( 以 下 委 託 者 という )が 業 務 遂 行 上 必 要 と 認 めた 場 合 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 という )は 速

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアム TIES 職 員 就 業 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアムTI ES( 以 下 本 法 人 という ) 事 務 局 に 勤 務 する 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

 

  雇 用 契 約 書 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 従 業 員 という )とA 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 本 日 会 社 による 従 業 員 の 雇 用 に 関 し 以 下 のとおり 契 約 した 第 1 条 ( 従 業 員 の 地 位 契 約 期 間 等 ) 1 会 社 は 従 業 員 を 会 社 の 正 社 員 として 採 用 し 従 業 員 は 平 成 〇 〇 年 〇 〇

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information