0810.indd

Size: px
Start display at page:

Download "0810.indd"

Transcription

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11 登 録 したい 時 は? 譲 ったり 譲 ってほしい 物 があるときは?

12

13

14

つるい27-10月号PDF.indd

つるい27-10月号PDF.indd 下 幌 呂 希 の 杜 分 譲 地 価 格 表 1 637.50m2 192.84 坪 315.7 万 円 2 663.00m2 200.55 坪 356.8 万 円 3 663.00m2 200.55 坪 359.0 万 円 4 710.56m2 214.94 坪 397.7 万 円 5 663.00m2 200.55 坪 375.1 万 円 6 631.23m2 190.94 坪 327.4 万

More information

25 50 35 10 20 8-1 28 10 10 3 11 11 2000 13 13 15 13 10 15 31 13 15 15 26 20 15 20 10 15 17 15 13.10.30 14 17 19 13.11.30 14 17 19 1,000

25 50 35 10 20 8-1 28 10 10 3 11 11 2000 13 13 15 13 10 15 31 13 15 15 26 20 15 20 10 15 17 15 13.10.30 14 17 19 13.11.30 14 17 19 1,000 1953 10 1955 1957 10 1963 5 1965 15 1971 1988 4 20% 65 2002 20 35 25 50 20-1- 25 50 35 10 20 8-1 28 10 10 3 11 11 2000 13 13 15 13 10 15 31 13 15 15 26 20 15 20 10 15 17 15 13.10.30 14 17 19 13.11.30 14

More information

untitled

untitled 1/24 2/24 3/24 4/24 5/24 6/24 7/24 8/24 9/24 10/24 11/24 12/24 13/24 銀 行 名 近 畿 大 阪 銀 行 タイトル 信 託 を 活 用 した 事 業 承 継 サポート 動 機 ( 経 緯 ) ソフトウェア 開 発 を 行 う 取 引 先 A 社 は 毎 期 100M 以 上 の 利 益 を 計 上 し 今 後 も 増 収 を 見 込

More information

旭 川 国 民 年 金 事 案 651 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 昭 和 58 年 2 月 から59 年 10 月 までの 期 間 及 び 平 成 11 年 4 月 から 同 年 11 月 までの 期 間 の 付 加 保 険 料 については 納 付 していたものと 認 められ

旭 川 国 民 年 金 事 案 651 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 昭 和 58 年 2 月 から59 年 10 月 までの 期 間 及 び 平 成 11 年 4 月 から 同 年 11 月 までの 期 間 の 付 加 保 険 料 については 納 付 していたものと 認 められ ( 平 成 24 年 10 月 24 日 報 道 資 料 抜 粋 ) 年 金 記 録 に 係 る 苦 情 のあっせん 等 について 年 金 記 録 確 認 旭 川 地 方 第 三 者 委 員 会 分 1. 今 回 のあっせん 等 の 概 要 (1) 年 金 記 録 の 訂 正 の 必 要 があるとのあっせんを 実 施 するもの 2 件 国 民 年 金 関 係 厚 生 年 金 関 係 1 件 1 件

More information

43~ 113~ 461~475 頁 涼 殿 祭 ~ 造 営 遷 宮 考 ~J 13~17 頁 ~ ~ 42~56 頁 60~61 頁 60~70 頁 98~99 頁 所 637~639 頁 367~368 頁 したものである( 後 掲 注 15) 1 38~39 頁 ) 1~76 頁,2 佐 伯 徳 哉 11 出 雲 大 ~ 文 政 10 年 (1827) 頃 成 立 個 人 蔵

More information

本 積 では, 戦 前 期 の 京 都 清 を 京 都 市 域, 山 城 ( 葛 野 君 ~, 愛 宕 郡, 乙 言 11 郵, 紀 伊 郡, 宇 治 郡, 久 世 郡, 東 京 銀 行 協 会 調 査 部 銀 行 匿 書 館 編 [1998] では 買 ~ 又 に 関 して 営 業 の 一 部 譲 受 によるものが 原 民 的 に 絵 外 され ~ 第 四 弐 日 本 銀 行 総

More information

経営の健全化のための計画フォローアップ

経営の健全化のための計画フォローアップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 ( 億 円 ) 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 ( 図 表 18) 評 価 損 益 総 括 表 ( 平 成 13 年 3 月 末 連 結 ) 有 価 証 券 ( 億 円

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険 1 参 考 資 料 6 退 職 関 連 手 続 の 現 行 業 務 分 析 1. ヒアリング 対 象 2. ワンストップ 化 に 向 けて 検 討 すべき 課 題 ( 参 考 )ヒアリング 結 果 分 析 2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁

More information

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者 の 指 死 亡 した 者 の 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 付 表 ( 兼 相 続 人 の 代 表 者 指 定 の 届 出 定 届 出 書 ) 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者

More information

Hirosaki University Repository Title < 研 究 ノート> 近 世 後 期 盛 岡 藩 における 神 道 優 遇 策 に ついて Author(s) 岩 森, 譲 Citation 弘 前 大 学 國 史 研 究. 119, 2005, p.34-44 Issue Date 2005-10-30 URL http://hdl.handle.net/10129/3338

More information

中 国 の 不 動 産 バブル 崩 壊 リスクは 極 めて 小 さい 目 次 はじめに 1. 高 成 長 を 支 える 不 動 産 市 場 1 2 2.バブルの 大 都 市 バブルで ない 中 小 都 市 1 2 3. 今 後 の 見 通 し おわりに はじめに 201130 2011 2011 R

中 国 の 不 動 産 バブル 崩 壊 リスクは 極 めて 小 さい 目 次 はじめに 1. 高 成 長 を 支 える 不 動 産 市 場 1 2 2.バブルの 大 都 市 バブルで ない 中 小 都 市 1 2 3. 今 後 の 見 通 し おわりに はじめに 201130 2011 2011 R 中 国 の 不 動 産 バブル 崩 壊 リスクは 極 めて 小 さい 要 旨 調 査 部 環 太 平 洋 戦 略 研 究 センター 研 究 員 関 辰 一 2011 52 RIM 2012 Vol.12 No.45 中 国 の 不 動 産 バブル 崩 壊 リスクは 極 めて 小 さい 目 次 はじめに 1. 高 成 長 を 支 える 不 動 産 市 場 1 2 2.バブルの 大 都 市 バブルで ない

More information

1. 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 対 象 : 給 与 所 得 者 ) 1 平 成 25 5309 654 源 泉 徴 収 票 の 支 払 金 額 欄 に 記 載 された 金 額 を 6 家 族 及 び 所 得 の 給 料 賃 金 役 員 報 酬 アルバイト 欄 に 記 入 して 下

1. 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 対 象 : 給 与 所 得 者 ) 1 平 成 25 5309 654 源 泉 徴 収 票 の 支 払 金 額 欄 に 記 載 された 金 額 を 6 家 族 及 び 所 得 の 給 料 賃 金 役 員 報 酬 アルバイト 欄 に 記 入 して 下 収 入 等 に 関 する 書 類 証 明 書 類 一 覧 :いずれかを 提 出 番 号 区 分 証 明 書 類 証 明 書 類 1 給 与 所 得 がある 者 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 度 分 の 平 成 25 年 分 給 与 所 得 の 源 泉 徴 所 得 ) 収 票 給 与 所 得 者 で 平 成 26 年 1 2 月 以 降 の 新 規 中 途 就 職 者 給 与 所 得 以

More information

所 得 税 ~ 株 式 譲 渡 所 得 等 の 分 離 課 税 制 度 の 変 更 上 場 株 式 等 及 び 特 定 公 社 債 等 と 非 上 場 株 式 等 及 び 一 般 公 社 債 等 が 別 々の 分 離 課 税 制 度 となります 特 定 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及

所 得 税 ~ 株 式 譲 渡 所 得 等 の 分 離 課 税 制 度 の 変 更 上 場 株 式 等 及 び 特 定 公 社 債 等 と 非 上 場 株 式 等 及 び 一 般 公 社 債 等 が 別 々の 分 離 課 税 制 度 となります 特 定 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 所 得 税 ~ 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 および 譲 渡 所 得 等 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 利 子 源 泉 分 離 特 定 公 社 債 等 ( 1 2) 売 却 益 非 課 税 ( 4) 申 告 分 離 所 得 税 15% 住 民 税 5% ( 5) 償 還 差 益 総 合 課 税 ( 雑 所 得 ) 利 子 源

More information

東 日 本 大 震 災 の 被 害 にあわれた みなさまの 支 援 や ご 負 担 軽 減 のための 税 制 の 優 遇 措 置 を まとめました ぜひご 活 用 ください 平 成 23 年 6 月 16 日 発 行 の 申 告 納 付 などの 期 限 が 延 長 されます の 納 付 が 一 時 的 に 猶 予 されます 地 方 税 の 申 告 などの 期 限 が 延 長 されます 地 方 税

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

集 落 の 入 口 にある 空 き 家 が 放 置 状 態 で 印 象 がよくない 転 出 した 世 帯 の 農 地 の 耕 作 は 親 戚 などで 対 応 しているが 耕 作 放 棄 地 が 出 始 めた 空 き 家 の 負 担 降 雪 後 空 き 家 の 前 は 除 雪 されないので 周 辺 の

集 落 の 入 口 にある 空 き 家 が 放 置 状 態 で 印 象 がよくない 転 出 した 世 帯 の 農 地 の 耕 作 は 親 戚 などで 対 応 しているが 耕 作 放 棄 地 が 出 始 めた 空 き 家 の 負 担 降 雪 後 空 き 家 の 前 は 除 雪 されないので 周 辺 の 3-3 聞 き 取 り 調 査 の 結 果 3-3-1 全 体 集 計 空 き 家 率 が 10%を 超 えた 63 自 治 会 に 聞 き 取 り 調 査 を 依 頼 し このうち 39 自 治 会 に 了 解 をいただき 自 治 会 長 等 の 役 員 に 対 面 調 査 を 実 施 しました 主 な 意 見 は 次 の 通 りです '1( 空 き 家 の 要 因 高 齢 者 の 転 出 死 亡

More information

m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3

More information

はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4 都 市 計 画 審 議 会 ( 諮 問 ) 2

はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4 都 市 計 画 審 議 会 ( 諮 問 ) 2 佐 賀 都 市 計 画 風 致 地 区 の 変 更 松 原 公 園 風 致 地 区 神 野 公 園 風 致 地 区 平 成 26 年 4 月 21 日 佐 賀 市 1 はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836083838393836C838B825182508C6F896392CA904D91E68251318D865F4831352E31325F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836083838393836C838B825182508C6F896392CA904D91E68251318D865F4831352E31325F2E646F63> チャンネル21 経 営 通 信 第 21 号 税 制 改 正 の 動 向 平 成 15 年 12 月 25 日 来 年 度 の 税 制 改 正 の 骨 子 が 発 表 された 今 回 は 大 きな 改 正 がなかったが 2 つ の 特 徴 的 な 現 象 を 見 出 すことができる 一 つは 高 齢 者 への 課 税 強 化 である 税 制 改 正 があるとマスコミ 等 の 報 道 は 庶 民 の

More information

急 に 住 民 投 票 となり あまりわからないまま 実 施 するにもかかわら 住 民 投 票 条 例 は 議 員 提 案 により 可 決 されたので 市 として 理 由 につ ず 最 終 的 に 市 議 会 で 議 論 するのであれば 無 駄 ではないか いてお 答 えできないが 仮 に 移 転

急 に 住 民 投 票 となり あまりわからないまま 実 施 するにもかかわら 住 民 投 票 条 例 は 議 員 提 案 により 可 決 されたので 市 として 理 由 につ ず 最 終 的 に 市 議 会 で 議 論 するのであれば 無 駄 ではないか いてお 答 えできないが 仮 に 移 転 住 民 投 票 に 関 する 市 民 説 明 会 ( 市 長 とのタウンミーティングと 同 時 開 催 ) 市 民 意 見 要 旨 10 月 17 日 ( 土 )14:00~15:30 和 泉 市 コミュニティセンター1 階 大 会 議 室 意 見 概 要 有 権 者 に 投 票 に 関 する 情 報 を 浸 透 させることができるのか 本 日 が 第 1 回 目 であるが これから21 小 学 校

More information

域 主 権 社 会 への 移 行 も 踏 まえて オール 京 都 で 共 有 できる 都 市 ビジョン 作 りに 積 極 的 に 参 加 して 明 日 の 魅 力 ある 京 都 作 りに 貢 献 したい 臨 時 議 員 総 会 では 会 頭 に 選 任 いただけるよう これまでの 成 果 と 今 後

域 主 権 社 会 への 移 行 も 踏 まえて オール 京 都 で 共 有 できる 都 市 ビジョン 作 りに 積 極 的 に 参 加 して 明 日 の 魅 力 ある 京 都 作 りに 貢 献 したい 臨 時 議 員 総 会 では 会 頭 に 選 任 いただけるよう これまでの 成 果 と 今 後 平 成 22 年 10 月 26 日 会 頭 記 者 会 見 発 言 要 旨 本 所 の 動 きについて 中 国 上 海 万 博 視 察 団 の 派 遣 報 告 10 月 16 日 から 20 日 までの 日 程 で 上 海 万 博 視 察 団 を 派 遣 し 万 博 や 現 地 に 進 出 している 京 都 企 業 などを 視 察 した まさに 反 日 デモが 発 生 したタイミングとなったが 上

More information

小島先生のやさしい法律教室

小島先生のやさしい法律教室 景 気 の 落 ち 込 みを 背 景 に 取 引 先 の 破 綻 が 懸 念 される 場 面 も 見 受 けられます そこで 今 回 は, 取 引 先 の 破 綻 についてよくあるご 相 談 をまとめてみました 1. 破 産 手 続 社 長 ( 以 下, 社 ): 最 近, 大 型 倒 産 が 見 られますね 倒 産 と 破 産 は 違 うのですか 弁 護 士 ( 以 下, 弁 ): 倒 産 というのは

More information

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与 2014 年 4 月 株 式 会 社 ハウスジーメン 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 の 取 扱 いについて 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 は 中 古 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 の 特 例 措 置 の 適 用 を 受 ける ための 耐 震 基 準 を 満 たすことの 証 明 書 類 としてご

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

住民税

住民税 住 民 個 人 住 民 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 東 神 楽 町 に 住 がある 方 に 課 されます なお 他 市 町 村 に 住 がある 方 でも 生 活 関 係 の 面 で 東 神 楽 町 に 本 拠 地 をおかれている 場 合 は 課 されます ただし 次 の 方 には 課 されません 割 均 等 割 とも 非 課 生 活 保 護 法 の 規 定 による 生 活 扶 助

More information

4. 消 費 税 特 別 地 方 消 費 税 その 他 消 費 税 1 税 目 につき 所 得 税 又 は 法 人 税 に 定 める の50% 相 当 額 ( 注 ) 複 数 の 事 業 所 があるときは 事 業 所 ごとに 受 任 1 件 として 取 り 扱 う ただし 消 費 税 については 事

4. 消 費 税 特 別 地 方 消 費 税 その 他 消 費 税 1 税 目 につき 所 得 税 又 は 法 人 税 に 定 める の50% 相 当 額 ( 注 ) 複 数 の 事 業 所 があるときは 事 業 所 ごとに 受 任 1 件 として 取 り 扱 う ただし 消 費 税 については 事 税 務 顧 問 報 酬 ( 月 額 ) ( 税 務 代 理 及 び 税 務 相 談 を 含 み 税 務 書 類 の 作 成 報 酬 は 別 に 受 ける ) 1. 所 得 税 総 所 得 金 額 基 準 年 取 引 金 額 基 準 200 万 円 未 満 2,000 万 円 未 満 20,000 円 300 万 円 3,000 万 円 30,000 円 500 万 円 5,000 万 円 45,000

More information

県 内 の 事 業 者 で 組 織 する 建 築 士 事 務 所 協 会 建 設 業 協 会 全 建 総 連 などさまざまな 関 係 団 体 があるが それらを 構 成 団 体 とする 福 島 県 地 域 型 復 興 住 宅 推 進 協 議 会 を 立 ち 上 げ 連 携 して 対 応 することとし

県 内 の 事 業 者 で 組 織 する 建 築 士 事 務 所 協 会 建 設 業 協 会 全 建 総 連 などさまざまな 関 係 団 体 があるが それらを 構 成 団 体 とする 福 島 県 地 域 型 復 興 住 宅 推 進 協 議 会 を 立 ち 上 げ 連 携 して 対 応 することとし 平 成 26 年 12 月 定 例 会 常 任 委 員 会 土 木 委 員 会 委 員 長 名 吉 田 栄 光 委 員 会 開 催 日 平 成 26 年 12 月 15 日 ( 月 ) 所 属 委 員 副 委 員 長 遊 佐 久 男 委 員 鈴 木 智 佐 久 間 俊 男 斎 藤 勝 利 神 山 悦 子 甚 野 源 次 郎 川 田 昌 成 渡 部 譲 青 木 稔 吉 田 栄 光 委 員 長 (1)

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378>

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378> ~ 平 成 26 年 度 版 ~ 北 海 道 美 唄 市 個 人 住 民 税 ( 市 民 税 道 民 税 )について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 1 対 象 になる 人 1 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 1 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 1 納 期 と 納 入 方 法 税 額 の 変 更 通 知 2 2 退 職 休

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

著 者 プロフィール 武 田 正 熙 (たけだ まさひろ) 1936 北 海 道 旭 川 市 に 生 まれる 1960 早 稲 田 大 学 教 育 学 部 社 会 学 科 卒 大 正 製 薬 入 社 後 転 職 日 本 経 営 新 聞 社 に 入 社 営 業 関 係 に 従 事 仕 事 の 合 間 に 英 米 文 学 の 翻 訳 を 手 掛 け 特 にイギリスの 短 編 小 説 を 多 数 翻 訳

More information

温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 1. 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 に 関 するトラブルの 状 況 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについては 本 年

温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 1. 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 に 関 するトラブルの 状 況 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについては 本 年 News Release 平 成 23 年 6 月 24 日 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについ ては 本 年 3 月 頃 から 各 地 の 消 費 生 活 センターに 多 数 の 相 談 が 寄 せられていま す 勧 誘 にあたり 震

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

Title ストック オプション判決に対する市場の反応 Author(s) 櫻田, 譲 ; 大沼, 宏 Citation 第 6 回 税に関する論文集 pp.53-94 Issue Date 2010 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/44424 Right Type article Additional Information File Information

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

ただし 区 分 は 同 一 の 譲 渡 所 得 であっても 不 動 産 の 譲 渡 損 益 は 不 動 産 の 譲 渡 損 益 どうしで また 株 式 等 の 譲 渡 損 益 は 株 式 等 の 譲 渡 損 益 どうしで それぞれ 通 算 を 行 うことになっています( 次 項 の 損 益 通 算

ただし 区 分 は 同 一 の 譲 渡 所 得 であっても 不 動 産 の 譲 渡 損 益 は 不 動 産 の 譲 渡 損 益 どうしで また 株 式 等 の 譲 渡 損 益 は 株 式 等 の 譲 渡 損 益 どうしで それぞれ 通 算 を 行 うことになっています( 次 項 の 損 益 通 算 相 談 所 得 税 の 損 益 通 算 吉 田 覚 部 東 京 室 所 得 税 では 一 定 の 区 分 の 所 得 において 生 じた 損 失 は 他 の 区 分 の 所 得 との 通 算 が 認 められています この 措 置 は 損 益 通 算 といい 適 用 には 一 定 の 決 まりがあります 最 近 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 において 平 成 26 年 4 月 1 日 以

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

主 要 指 標 実 数 前 月 比 前 年 同 月 比 電 力 使 用 量 電 灯 29,56 千 kwh 5.1 % 1.4 % ( 中 電 飯 田 営 業 所 管 内 ) 電 力 59,9 千 kwh 4.3 % 1.9 % 手 形 交 換 高 枚 数 1,375 枚 2.5 % 15.4 %

主 要 指 標 実 数 前 月 比 前 年 同 月 比 電 力 使 用 量 電 灯 29,56 千 kwh 5.1 % 1.4 % ( 中 電 飯 田 営 業 所 管 内 ) 電 力 59,9 千 kwh 4.3 % 1.9 % 手 形 交 換 高 枚 数 1,375 枚 2.5 % 15.4 % 主 要 指 標 実 数 前 月 比 前 年 同 月 比 電 力 使 用 量 電 灯 29,56 千 kwh 5.1 % 1.4 % ( 中 電 飯 田 営 業 所 管 内 ) 電 力 59,9 千 kwh 4.3 % 1.9 % 手 形 交 換 高 枚 数 1,375 枚 2.5 % 15.4 % ( 飯 田 手 形 交 換 所 扱 ) 金 額 11,977,323 千 円 12.2 % 9.5 %

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

越前米

越前米 平 成 19 年 から 税 源 移 譲 により と 住 民 税 が 変 わります Q1 何 が 変 わるの? A1 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 が 行 われます 地 方 のことは 地 方 で という 方 針 のもと 地 方 分 権 を 積 極 的 に 進 めていく 三 位 一 体 改 革 が 実 現 します その 柱 といえるのが 今 回 の 税 源 移 譲 (ぜいげんいじょう) です

More information

 

  (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

国土技術政策総合研究所 研究報告

国土技術政策総合研究所 研究報告 アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) 春 日 部 市 南 3 丁 目 地 区 備 後 東 7 丁 目 地 区 におけるアンケート 調 査 票 Ⅰ. 現 在 のお 住 まいの 状 況 以 前 のお 住 まいの 状 況 についてお 尋 ねします Q1 ご 家 族 は 何 人 家 族 ですか 11 人 22 人 33 人 44 人 55 人

More information

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本 第 三 回 総 合 教 育 会 議 開 催 日 時 : 平 成 28 年 1 月 8 日 ( 金 )9:30~11:15 場 所 : 岡 垣 町 役 場 新 館 庁 議 室 出 席 者 : < 岡 垣 町 総 合 教 育 会 議 構 成 員 > 町 長 宮 内 實 生 教 育 委 員 長 大 村 武 彦 教 育 委 員 花 田 悦 子 教 育 委 員 佐 々 木 敏 幸 教 育 委 員 細 山 田

More information

1 2 3 4 5 6 判 定 人 名 簿 第 1 会 場 ( 第 1チーム) は チームリーダー 氏 名 所 属 役 職 名 等 眞 嶋 一 郎 宮 崎 産 業 経 営 大 学 教 授 田 阪 譲 二 財 団 法 人 みやぎん 経 済 研 究 所 常 務 理 事 酒 井 春 江 社 会 保 険 労 務 士 産 業 カウンセラー 厚 地 安 髙 木 ライフ 企 画 本 部 長 大 坪 三 郎 公 募

More information

1 2

1 2 生 きもの 育 む10の 取 り 組 み 一 人 ひとりに 出 来 ること この 印 刷 物 に 使 用 している 用 紙 は 森 を 元 気 にするための 間 伐 と 間 伐 材 の 有 効 活 用 に 役 立 ちます 1 2 menu.1 木 木 材 薪 炭 落 ち 葉 下 草 肥 料 山 菜 キノコ 里 山 のめぐみ 光 が 下 まで 届 かないよ! じめ じめ 間 伐 材 を 利 用 して

More information

納 税 猶 予 期 限 確 事 由 ついては 例 措 置 があり 一 要 件 該 当 場 合 は 納 税 猶 予 適 が 継 続 さま 主 な 納 税 猶 予 期 限 確 事 由 例 猶 予 適 地 譲 渡 該 当 しない 場 合 買 換 例 譲 渡 日 1 年 対 価 額 全 部 又 は 一 部

納 税 猶 予 期 限 確 事 由 ついては 例 措 置 があり 一 要 件 該 当 場 合 は 納 税 猶 予 適 が 継 続 さま 主 な 納 税 猶 予 期 限 確 事 由 例 猶 予 適 地 譲 渡 該 当 しない 場 合 買 換 例 譲 渡 日 1 年 対 価 額 全 部 又 は 一 部 地 生 前 一 括 贈 与 した 場 合 課 税 例 贈 与 税 納 税 猶 予 制 度 贈 与 税 納 税 猶 予 制 度 は 旧 本 趣 旨 であ 経 近 代 化 資 ため 民 均 分 相 続 よ 地 細 分 化 防 止 と 後 継 者 育 成 税 制 面 支 援 ため 設 ました 昭 和 39 年 度 創 設 む 者 が してい 地 全 部 及 び 採 草 牧 地 3 分 2 並 び 当 該

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095BD90AC3232944E937894AD928D95FB8EAE93998EE688F88FF08C8F82C98AD682B782E992B28DB8955B816990658E968BC68ED28CFC82AF816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095BD90AC3232944E937894AD928D95FB8EAE93998EE688F88FF08C8F82C98AD682B782E992B28DB8955B816990658E968BC68ED28CFC82AF816A> 各 位 平 成 23 年 1 月 吉 日 平 成 22 年 度 発 注 方 式 等 取 引 条 件 改 善 調 査 ( 親 事 業 者 向 け) ご 協 力 のお 願 い 我 が 国 の 景 気 は このところ 足 踏 み 状 況 にあり 海 外 景 気 の 下 振 れ 懸 念 や 為 替 レート 株 価 の 変 動 などに より 厳 しい 状 況 に 置 かれています そうした 中 で 中 小 小

More information

市 町 からの 意 見 については 文 章 表 現 の 修 正 等 の 提 案 であり 意 見 を 踏 まえて 修 正 することと した パブリックコメントについては 県 内 外 104 名 から198 件 ( 延 べ277 件 )の 意 見 があり 第 3の2(3) 飼 主 の 役 割 に 不 妊

市 町 からの 意 見 については 文 章 表 現 の 修 正 等 の 提 案 であり 意 見 を 踏 まえて 修 正 することと した パブリックコメントについては 県 内 外 104 名 から198 件 ( 延 べ277 件 )の 意 見 があり 第 3の2(3) 飼 主 の 役 割 に 不 妊 平 成 25 年 度 第 2 回 愛 媛 県 動 物 愛 護 推 進 懇 談 会 の 結 果 1 会 議 の 名 称 平 成 25 年 第 2 回 愛 媛 県 動 物 愛 護 推 進 懇 談 会 2 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 19 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 3 開 催 場 所 県 庁 第 二 別 館 5 階 第 3 会 議

More information

平 成 2 5 年 度 決 算 説 明 資 料 堺 市 - 1 - 主 な 決 算 の 説 明 一 般 会 計 - 3 - その 他 (0.7%) 諸 収 入 (2.6%) 繰 越 金 (0.7%) 繰 入 金 (0.8%) 財 産 収 入 (0.4%) 府 支 出 金 (4.6%) 市 債 (13.0%) 収 入 済 額 340,503,966 千 円 市 税 (38.5%) 使 用 料

More information

38 様式第17号の3【付属明細表】

38 様式第17号の3【付属明細表】 様 式 第 十 七 号 の 三 ( 第 四 条 第 十 条 関 係 ) ( 用 紙 A4) 附 属 明 細 表 平 成 年 月 日 現 在 1 完 成 工 事 未 収 入 金 の 詳 細 相 手 先 別 内 訳 滞 留 状 況 相 手 先 金 額 発 生 時 完 成 工 事 未 収 入 金 当 期 上 分 前 期 以 前 上 分 2 短 期 貸 付 金 明 細 表 相 手 先 金 額 3 長 期 貸

More information

人 同 意 第 49 回 宇 和 島 定 例 決 結 果 一 覧 表 番 号 件 名 決 結 果 報 告 第 1 号 専 決 処 分 した 件 報 告 即 日 受 理 専 決 第 1 号 道 おける 故 和 解 即 日 受 理 専 決 第 2 号 車 両 接 触 故 和 解 即 日 受 理 案 第

人 同 意 第 49 回 宇 和 島 定 例 決 結 果 一 覧 表 番 号 件 名 決 結 果 報 告 第 1 号 専 決 処 分 した 件 報 告 即 日 受 理 専 決 第 1 号 道 おける 故 和 解 即 日 受 理 専 決 第 2 号 車 両 接 触 故 和 解 即 日 受 理 案 第 発 行 / 宇 和 島 務 局 798-8601 宇 和 島 曙 町 1 番 地 (0895)49-7035 一 般 計 は458 億 2 千 5 百 万 円 総 額 962 億 6 千 8 百 60 万 9 千 円 26 26 26 27 11 12 13 27 18 19 23 人 同 意 第 49 回 宇 和 島 定 例 決 結 果 一 覧 表 番 号 件 名 決 結 果 報 告 第 1 号

More information

8 認 定 区 分 変 更 日 等 上 記 4 5 6 7による 認 定 区 分 変 更 日 取 消 日 認 定 日 及 び 再 認 定 日 は 確 定 申 告 を 行 った 日 とする なお 特 定 口 座 年 間 取 引 報 告 により 確 認 する 場 合 は 当 該 報 告 を 受 領 た

8 認 定 区 分 変 更 日 等 上 記 4 5 6 7による 認 定 区 分 変 更 日 取 消 日 認 定 日 及 び 再 認 定 日 は 確 定 申 告 を 行 った 日 とする なお 特 定 口 座 年 間 取 引 報 告 により 確 認 する 場 合 は 当 該 報 告 を 受 領 た 公 立 静 第 419 号 平 成 25 年 11 月 27 日 各 所 属 所 長 様 公 立 学 校 共 済 組 合 静 岡 支 部 長 株 等 譲 渡 収 入 ある 被 者 取 扱 いについて( 通 知 ) 株 式 債 券 投 資 信 託 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 先 物 取 引 等 ( 以 下 株 等 という ) 譲 渡 収 入 については 従 来 一 時 的 収 入 とて 取 り

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

(表紙)

(表紙) リーマンショック 前 後 における 横 浜 市 の 不 動 産 取 引 及 び 不 動 産 競 売 の 動 向 小 林 隆 志 小 林 隆 志 不 動 産 鑑 定 事 務 所 ( 表 紙 ) おはようございます 全 体 会 議 2にご 出 席 いただいた 多 くの 聴 衆 の 前 で 発 表 させてい ただけて 大 変 光 栄 に 存 じます 私 は 日 本 の 不 動 産 鑑 定 士 で 小 林

More information

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc)

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc) 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 による 税 率 構 造 の 改 正 平 成 18 年 度 税 制 改 正 で 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 本 格 的 な 税 源 移 譲 が 実 施 されます この 税 源 移 譲 にあたっては 所 得 税 及 び 個 人 住 民 税 の 役 割 分 担 を 明 確 化 する とともに 全 ての 納 税 者 の 負 担 が

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

Aucun titre de diapositive

Aucun titre de diapositive Q&A 経 過 措 置 が 適 用 される 住 宅 金 融 支 援 機 構 融 資 に 関 する 基 準 2-7. 経 過 措 置 が 適 用 される 住 宅 金 融 支 援 機 構 融 資 に 関 する 基 準 Q102. 経 過 措 置 とは 何 か A.フラット35をご 利 用 いただくためには 建 設 または 購 入 する 住 宅 が 公 庫 の 定 める 技 術 基 準 に 適 合 しているかについて

More information

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求 今 後 の 地 域 におけるまちづくりに 関 する 提 言 書 平 成 26 年 5 月 地 域 におけるまちづくり 推 進 委 員 会 はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認 会 議 録 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 議 題 会 議 資 料 の 名 称 記 録 方 法 西 東 京 市 使 用 料 等 審 議 会 平 成 年 度 第 回 会 議 平 成 年 月 日 ( 木 曜 日 ) 午 後 時 から 時 まで 田 無 庁 舎 階 庁 議 室 委 員 : 小 藤 田 委 員 水 野 委 員 山 田 委 員 米 田 委 員 事 務 局 : 池

More information

平 成 19 年 分 以 降 の 所 得 税 において 住 宅 ローン 控 除 の 適 用 がある 方 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 18 年 12 月 31 日 までに 入 居 した 方 平 成 19 年 以 降 に 入 居 した 方 については 住 民 税 の 住 宅 ローン

平 成 19 年 分 以 降 の 所 得 税 において 住 宅 ローン 控 除 の 適 用 がある 方 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 18 年 12 月 31 日 までに 入 居 した 方 平 成 19 年 以 降 に 入 居 した 方 については 住 民 税 の 住 宅 ローン 税 務 課 より 平 成 20 年 度 住 民 税 についてのお 知 らせ 身 近 でより 良 い 行 政 サービスを 行 うため 国 ( 所 得 税 )から 地 方 ( 住 民 税 )への 税 源 移 譲 が 始 まりました それに 伴 って ほとんどの 方 は 平 成 19 年 1 月 から 所 得 税 が 減 り 6 月 から 住 民 税 が 増 えています これは 税 源 の 移 し 替 えですので

More information

untitled

untitled ( 1 ) 木 祖 村 商 工 会 報 第 45 号 発 行 木 祖 村 商 工 会 長 野 県 木 曽 郡 木 祖 村 T E L 0264-36-2048 F A X 0264-36-3094 編 集 木 祖 村 商 工 会 広 報 編 集 委 員 会 印 刷 所 木 曽 オールプリント E-mail info@kisomura.or.jp http://www.kisomura.or.jp 大

More information

個人投資家向け会社説明会

個人投資家向け会社説明会 お 客 さま 第 一 主 義 を 徹 底 して 実 践 する ファースト コール バンク を 目 指 します 1 2 ポイント 3 ポイント ( 兆 円 ) ( 資 料 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 要 覧 ) ( 平 成 24 年 3 月 現 在 ) 4 5 ~ 6 譲 渡 性 預 金 を 含 む 7 8 ( 億 円 ) 9 10 11 ポイント 12 13 14 ~ 15 16 ~ ~ (

More information

信用調査報告書(見本)

信用調査報告書(見本) サマリー 備 考 備 考 登 記 役 員 大 株 主 登 記 および 許 認 可 免 許 関 係 事 項 発 行 可 能 株 式 数 : 2 8,0 0 0,0 0 0 株 資 本 金 に 関 わる 付 記 発 行 済 株 数 : 8,0 0 0,0 0 0 株 1,6 0 0,0 0 0 株 一 単 元 の 株 式 の 数 : 株 株 式 譲 渡 制 限 の 有 無 : あ り 資 本 金 推 移

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

ポスティング 概 要 / 新 聞 折 込 では 届 かない 世 帯 が 多 くあることを 認 識 昨 今 新 聞 TVやラジオCM インターネット 携 帯 情 報 サイト など 新 情 報 伝 達 手 法 が 日 々 新 たに 考 案 されています しかし 個 々の 情 報 伝 達 手 法 効 果

ポスティング 概 要 / 新 聞 折 込 では 届 かない 世 帯 が 多 くあることを 認 識 昨 今 新 聞 TVやラジオCM インターネット 携 帯 情 報 サイト など 新 情 報 伝 達 手 法 が 日 々 新 たに 考 案 されています しかし 個 々の 情 報 伝 達 手 法 効 果 S DREAMデザインはお 客 様 の 利 益 と 成 功 を 最 優 先 に 考 え 効 果 的 に 結 果 につながるエリアマーケティングをご 提 案 致 します ポスティングとは アド ベンチャー 代 理 店 ポスティング 概 要 / 新 聞 折 込 では 届 かない 世 帯 が 多 くあることを 認 識 昨 今 新 聞 TVやラジオCM インターネット 携 帯 情 報 サイト など 新 情

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

地 方 税 法 第 72 条 の4 第 3 項 の 規 定 により 一 定 の 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされています 埼 玉 県 では その 具 体 的 な 取 扱 いについて 以 下 のとおり 定 めましたので 事 業 税 の 申

地 方 税 法 第 72 条 の4 第 3 項 の 規 定 により 一 定 の 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされています 埼 玉 県 では その 具 体 的 な 取 扱 いについて 以 下 のとおり 定 めましたので 事 業 税 の 申 一 定 の 農 事 組 合 法 人 に 係 る 事 業 税 の 課 税 標 準 の 算 定 について 平 成 28 年 7 月 埼 玉 県 県 税 事 務 所 地 方 税 法 第 72 条 の4 第 3 項 の 規 定 により 一 定 の 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされています 埼 玉 県 では その 具 体 的 な 取 扱 いについて

More information

不 動 産 売 買 ( 購 入 )について 1. 不 動 産 会 社 の 種 類 物 件 情 報 の 流 通 を 知 るためには 不 動 産 会 社 の 業 態 を 知 っておく 必 要 があります 不 動 産 会 社 の 業 態 は 大 きく 次 の3つに 分 けられます また 会 社 によっては

不 動 産 売 買 ( 購 入 )について 1. 不 動 産 会 社 の 種 類 物 件 情 報 の 流 通 を 知 るためには 不 動 産 会 社 の 業 態 を 知 っておく 必 要 があります 不 動 産 会 社 の 業 態 は 大 きく 次 の3つに 分 けられます また 会 社 によっては 上 手 に 不 動 産 を 購 入 するための 知 っておきたい 不 動 産 購 入 愛 知 県 清 須 市 阿 原 星 の 宮 145 番 地 1 TEL 052(409)1678 FAX 052(409)0052 不 動 産 売 買 ( 購 入 )について 1. 不 動 産 会 社 の 種 類 物 件 情 報 の 流 通 を 知 るためには 不 動 産 会 社 の 業 態 を 知 っておく 必

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

Microsoft Word - 記者発表130315

Microsoft Word - 記者発表130315 報 道 関 係 者 各 位 13 年 3 月 15 日 一 般 財 団 法 人 日 本 不 動 産 研 究 所 照 会 先 : 研 究 部 手 島 電 話 :03-3503-5335 住 宅 マーケットインデックス 12 年 下 期 * の 調 査 結 果 マンション 賃 料 は 都 心 5 区 で 新 築 中 古 ともにタイプで 多 少 の 変 動 はあるが 概 ね 横 ばい 東 京 23 区 は

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 立 図 書 館 協 議 会 議 事 録 期 日 平 成 28 年 3 月 23 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 から12 時 00 分 まで 場 所 宮 崎 県 立 図 書 館 2 階 研 修 室 委 員 議 長 : 根 岸 裕 孝 委 員 委 員 : 川 邊 英 樹 委 員 ( 副 議 長 ) 足 立 泰 二 委 員 江 田 正 和 委 員

More information

目 次 1 個 人 基 本 情 報 個 人 基 本 情 報 入 力 画 面 の 分 散 4 申 告 区 分 および 申 告 種 類 の 選 択 方 法 5 繰 越 損 失 入 力 年 別 の 繰 越 損 失 額 入 力 に 対 応 6 作 成 手 順 作 成 手 順 の 流 れを 提 供 7 所 得

目 次 1 個 人 基 本 情 報 個 人 基 本 情 報 入 力 画 面 の 分 散 4 申 告 区 分 および 申 告 種 類 の 選 択 方 法 5 繰 越 損 失 入 力 年 別 の 繰 越 損 失 額 入 力 に 対 応 6 作 成 手 順 作 成 手 順 の 流 れを 提 供 7 所 得 所 得 税 R4 機 能 アップ 内 容 Ver.13.1 所 得 税 R4 主 な 機 能 アップ 内 容 についてご 説 明 いたします 当 資 料 は2014 年 3 月 時 点 のものです 内 容 や 画 像 は 予 告 なく 変 更 される 場 合 がございます Rev.1.1 1 目 次 1 個 人 基 本 情 報 個 人 基 本 情 報 入 力 画 面 の 分 散 4 申 告 区 分

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 1 節 現 金 1. 現 金 の 範 囲 (A) 簿 記 でいう 現 金 とは, 紙 幣 や 硬 貨 等 の 通 貨 に 加 え, 通 貨 代 用 証 券 を 含 んでいる 通 貨 代 用 証 券 は,すぐに 換 金 できるため, 簿 記 上 では 現 金 勘 定 ( 資 産 )として 扱 われる 現 金 = 通 貨 + 通 貨 代 用 証 券 通 貨 代 用 証 券 は, 金 融 機 関 などでいつでも

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 平 成 25 事 業 年 度 財 務 諸 表 の 概 要 1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 欠 損 金 792 億 円 : 利 益 剰

More information

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に 様 式 第 3 号 ( 第 9 条 関 係 ) 会 議 録 ( 要 点 筆 記 ) 会 議 名 第 7 回 嵐 山 町 行 政 改 革 推 進 委 員 会 開 催 日 時 平 成 17 年 9 月 26 日 ( 月 ) 開 会 閉 会 午 前 9 時 00 分 午 前 11 時 10 分 開 催 場 所 嵐 山 町 役 場 町 民 ホール 会 議 次 第 1 会 議 録 について 2 実 施 計 画

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算 7. 損 益 通 算 繰 越 控 除 損 益 通 算 の 対 象 となる 損 失 原 則 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 譲 渡 所 得 に 生 じた 損 失 ( 赤 字 ) 一 定 の 順 序 によって 他 の 黒 字 の 所 得 から 控 除 して 相 殺 できる これら4つ 以 外 の 所 得 は 赤 字 でも 控 除 できない 例 外 損 益 通 算 できる 所 得 の

More information

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

2011 年 度 関 西 支 部 理 事 会 報 告 6 月 25 日 11 時 から エル おおさか において 2011 年 度 総 会 に 先 立 ち 理 事 会 が 開 かれました 竹 川 常 任 理 事 の 司 会 で 午 後 からの 総 会 を 前 に 各 議 題 の 報 告 及 び 審

2011 年 度 関 西 支 部 理 事 会 報 告 6 月 25 日 11 時 から エル おおさか において 2011 年 度 総 会 に 先 立 ち 理 事 会 が 開 かれました 竹 川 常 任 理 事 の 司 会 で 午 後 からの 総 会 を 前 に 各 議 題 の 報 告 及 び 審 ******************************************************************************************************** 第 2 6 6 号 2011 年 10 月 12 日 日 本 気 象 学 会 関 西 支 部 ニ ュ ー ス 関 西 支 部 第 29 期 役 員 の 補 充 交 代 2011 年 度 関 西

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

図 1 抱 合 株 式 がない 場 合 の 非 適 格 合 併 により 増 加 する 資 本 金 等 の 額 の 計 算 合 併 法 人 株 式 の 価 額 - 移 転 純 資 産 価 額 (2) 合 併 法 人 株 式 等 のみなし 株 式 割 当 等 会 社 法 上 抱 合 株 式 には 合 併

図 1 抱 合 株 式 がない 場 合 の 非 適 格 合 併 により 増 加 する 資 本 金 等 の 額 の 計 算 合 併 法 人 株 式 の 価 額 - 移 転 純 資 産 価 額 (2) 合 併 法 人 株 式 等 のみなし 株 式 割 当 等 会 社 法 上 抱 合 株 式 には 合 併 株 主 の 立 場 から 理 解 する 抱 合 株 式 に 係 る 資 本 金 等 の 額 の 計 算 Profession Journal No.7(2013 年 2 月 21 日 )に 掲 載 税 理 士 内 藤 忠 大 だきあわせかぶしき 合 併 法 人 が 有 する 被 合 併 法 人 の 株 式 のことを 抱 合 株 式 といいます 法 人 税 法 施 行 令 8 条 1 項 5 号 (

More information

< 調 査 概 要 > 対 象 /5 年 以 内 に 首 都 圏 (1 都 3 県 )の 自 宅 を 売 却 した 人 295 名 と 中 古 住 宅 を 購 入 した 人 386 名 全 体 521 名 住 宅 295 名 100.0% マンション 184 名 62.4% 内 訳 一 戸 建 て

< 調 査 概 要 > 対 象 /5 年 以 内 に 首 都 圏 (1 都 3 県 )の 自 宅 を 売 却 した 人 295 名 と 中 古 住 宅 を 購 入 した 人 386 名 全 体 521 名 住 宅 295 名 100.0% マンション 184 名 62.4% 内 訳 一 戸 建 て 報 道 関 係 者 各 位 2015 年 7 月 9 日 アットホーム 株 式 会 社 トレンド 調 査 5 年 以 内 首 都 圏 の 物 件 と 中 古 対 象 中 古 物 件 の 売 り 手 と 買 い 手 のキモチ 調 査 より 良 い 住 まいを 求 めて 平 均 13 年 住 んだ 家 を 手 放 す 寂 しさいっぱいの 立 地 重 視 で 中 古 物 件 に 絞 り 40 件 以 上

More information

0K0・M0・FVロ[c

0K0・M0・FVロ[c 役 員 名 簿 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 役 職 会 社 名 郵 便 番 号 所 在 地 電 話 番 号 代 表 者 氏 名 会 長 日 産 自 動 車 相 模 原 部 品 センター 252-0328 南 区 麻 溝 台 1-4-1 042-745-5523 坂 上 伸 一 副 会 長 日 本 板 硝 子 相 模 原 事 業 所 252-0131 緑 区 西 橋 本 5-8-1 042-775-1536

More information

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用 シリーズ インドの 投 資 関 連 法 制 1 インドの 法 制 度 の 概 要 /インド 企 業 と 契 約 する 場 合 の 留 意 点 琴 浦 諒 * 1.はじめに 近 時 成 長 市 場 としての 将 来 性 を 見 込 んで ま た 中 国 に 次 ぐ 戦 略 的 な 進 出 先 として インドに 投 資 進 出 する 日 本 企 業 が 増 加 してい インドに 投 資 進 出 するに

More information