<4D F736F F D E8AEE967B834C E E096BE8F912E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208375835E8AEE967B834C836283678E67977090E096BE8F912E646F63>"

Transcription

1 ブタ 体 外 受 精 卵 生 産 用 培 養 基 本 キット 使 用 説 明 書 製 品 番 号 IFP100PEP-BK 株 式 会 社 機 能 性 ペプチド 研 究 所

2 <キット 内 容 > 1) ブタ 卵 子 胚 回 収 液 :POE-CM(IFP1040P), 100 ml 3 本 2) ブタ 卵 子 成 熟 用 基 本 培 地 :POM(IFP1010P), 25 ml 2 本 3) ブタ 媒 精 液 :PFM(IFP1020P), 100 ml 1 本 4) ブタ 培 養 胚 発 生 用 培 地 :PZM-5(IFP0410P), 25 ml 1 本 5) dbcamp 濃 縮 液 (100 倍 液 ):dbcamp-100 (IFP1060P), 0.3 ml 1 本 6) リプロプレート(IFP 9670), 10 枚 3 パック <その 他 必 要 器 材 > 1) PBS(-)または 滅 菌 生 理 食 塩 水 (0.9%) 2) ウマ 絨 毛 性 性 腺 刺 激 ホルモン(eCG): エール 薬 品 ピーメックス(1,000 IU) 3) ヒト 絨 毛 性 性 腺 刺 激 ホルモン(hCG): エール 薬 品 プベローゲン(5,000 IU) 4) 流 動 パラフィン: メルク(107162) 5) パーコール: GE ヘルスケア バイオサイエンス( ) 6) 媒 精 用 精 液 希 釈 液 (5 倍 液 ):SEM-5 (IFP1050P; 機 能 性 ペプチド 研 ) 7) 培 養 ディッシュ 35 mm 培 養 ディッシュ: greiner bio-one(627160) ペトリディッシュ: FALCON(1112) 8) 遠 心 管 (15 ml, 50 ml) 9) ディスポーザブルシリンジ(10 ml) 10) 注 射 針 (18G) 11) ピペット 12) ガラスキャピラリーピペット 13) 吸 引 チューブ 14) ストローカッター 15) トーマ 血 球 計 算 盤 16) 実 体 顕 微 鏡 17) マルチガスインキュベーター 18) クリーンベンチ 19) 遠 心 機 20) 恒 温 槽 21) マイクロウォームプレート 22) ボルテックスミキサー 23) その 他 1

3 < 試 薬 の 調 製 法 > 性 腺 刺 激 ホルモンストック 液 (ecg, hcg 各 1,000 IU/ml)の 調 製 (100 ) 1) 2,000 IU/ml ecg ecg(1,000 IU/ 管 )を 1 管 あたり 0.5 ml の POM 培 地 で 溶 解 する 2) 2,000 IU/ml hcg hcg(5,000 IU/ 管 )を 1 管 あたり 2.5 ml の POM 培 地 で 溶 解 する 3) ecg, hcg( 各 1,000 IU/ml) 2,000 IU/ml ecg と 2,000 IU/ml hcg を 等 量 混 合 し 70 μl ずつ 分 注 して -30 で 保 存 する 媒 精 用 精 液 希 釈 液 (5 倍 液 ): SEM-5 * 組 成 SEM-5 Glucose g/l Na-citrate 2H 2 O g/l Citric acid H 2 O g/l NaHCO g/l EDTA 2Na 2H 2 O g/l Tris (TRIZMA BASE) g/l Gentamicin 0.05 g/l 0.22 μm フィルターで 濾 過 滅 菌 後 分 注 して -30 で 保 存 する * 当 社 の 別 売 製 品 (IFP1050P)は 滅 菌 済 みですので すぐご 利 用 になれます 等 張 パーコール 液 組 成 80%パーコール 液 50%パーコール 液 パーコール 1.6 ml 1 ml ミリ Q 水 ml SEM ml 0.4 ml 要 時 調 製 2

4 < 培 地 の 調 製 > ブタ 卵 子 成 熟 用 基 本 培 地 (POM)の 調 製 1 st POM 培 地 : POM+1 mm dbcamp+10 IU/ml ecg+10 IU/ml hcg 1 st POM 培 地 ( 要 時 調 製 ) 1) POM 培 地 4.95 ml に dbcamp 濃 縮 液 (100 倍 液 )50 μl を 添 加 して 1 mm dbcamp 溶 液 を 調 製 する( 全 量 5 ml) 2) 1)で 調 製 した 1 mm dbcamp 溶 液 から 50 μl を 除 去 する( 全 量 4.95 ml) 3) 2)で 調 製 した 1 mm dbcamp 溶 液 4.95 ml に 性 腺 刺 激 ホルモンストック 液 50 μl を 添 加 する(1 st POM 培 地 ) 1 卵 子 洗 浄 用 : 1 st POM(200 μl)+ミネラルオイル( 約 100 μl) 2 成 熟 培 養 用 : 1 st POM(150 μl)+ミネラルオイル( 約 150 μl) 2 nd POM 培 地 : POM 培 地 ( 基 本 培 地 ) 3 卵 子 洗 浄 用 : POM(200 μl)+ミネラルオイル( 約 100 μl) 4 成 熟 培 養 用 : POM(150 μl)+ミネラルオイル( 約 150 μl) ブタ 媒 精 液 (PFM)の 調 製 5 卵 子 洗 浄 用 : PFM(200 μl)+ミネラルオイル( 約 100 μl) 6 媒 精 用 : PFM(50 μl)+ミネラルオイル( 約 200 μl) ブタ 培 養 胚 発 生 用 培 地 (PZM-5)の 調 製 7 胚 洗 浄 用 : PZM-5(200 μl)+ミネラルオイル( 約 100 μl) 8 胚 発 生 培 養 用 : PZM-5(50 μl)+ミネラルオイル( 約 200 μl) 必 要 数 のドロップをリプロプレートに 作 成 し あらかじめインキュベーター 内 (39,5% CO 2, 5% O 2, 90% N 2 )で 気 相 平 衡 しておく 3

5 <ブタ 胚 の 体 外 生 産 法 > 1. 卵 子 の 採 取 と 成 熟 培 養 法 1) 屠 場 で 採 取 したブタ 卵 巣 を 室 温 ( 約 25 )の PBS(-)または 滅 菌 生 理 食 塩 水 で 数 回 洗 浄 し 直 径 3~6 mm の 卵 胞 から 卵 子 を 吸 引 採 取 する 2) 吸 引 した 卵 子 を 含 む 卵 胞 液 は 遠 心 管 中 に 集 めて 20 分 間 静 置 する 3) 上 清 を 取 り 除 き 室 温 に 戻 した POE-CM 培 地 で 沈 査 を 希 釈 してペトリディッシュに 分 注 し 実 体 顕 微 鏡 下 で 卵 丘 細 胞 が 2~3 層 以 上 付 着 した 卵 子 を 回 収 選 抜 する( 写 真 1) 4) 選 抜 した 卵 子 は リプロプレートに 調 製 しておいた 1 st POM 培 地 (1)で 2 回 洗 浄 し 培 養 用 の 1 st POM 培 地 (2)に 1 ドロップあたり 15~20 個 ずつ 入 れて 20~22 時 間 成 熟 培 養 する 5) 成 熟 培 養 開 始 20~22 時 間 後 リプロプレートに 調 製 しておいた 2 nd POM 培 地 (3)で 卵 子 を 3 回 洗 浄 し 成 熟 培 養 用 2 nd POM 培 地 のドロップ(4)に 移 してさらに 22~24 時 間 成 熟 培 養 する 写 真 1: 回 収 直 後 の 卵 丘 卵 子 複 合 体 2. 精 子 の 処 理 と 体 外 受 精 法 1) PFM 培 地 ( 約 20 ml) 80%および 50% 等 張 パーコール 液 を 38 の 恒 温 槽 で 保 温 する 2) 凍 結 精 液 *1 のストローを 38 の 温 水 で 融 解 し 50%パーコール 液 中 に 懸 濁 する 3) 懸 濁 した 精 液 は 80%パーコール 液 の 上 に 静 かに 重 層 し 遠 心 機 で 700 g 20 分 間 遠 心 する(35 または 室 温 でも 可 ) 4) 下 部 の 精 子 を 残 して 上 清 をアスピレーターで 除 去 した 後 約 7 ml の PFM 培 地 を 加 えて 軽 く 転 倒 混 和 し 遠 心 機 で 500 g 5 分 間 遠 心 する 5) 4)を 繰 り 返 す 6) 上 清 を 除 去 し 約 0.5~1 ml の PFM 培 地 を 加 えて 懸 濁 後 血 球 計 算 盤 等 で 精 子 数 を 計 測 する 7) 精 子 濃 度 が 2~ /ml *2 になるように PFM 培 地 で 希 釈 する 4

6 8) リプロプレートに 調 製 し 気 相 平 衡 しておいた PFM 培 地 のドロップ(6)に 濃 度 調 整 し た 精 子 懸 濁 液 を 50 μl ずつ 加 える( 最 終 精 子 濃 度 1~ /ml *2 ) 9) 体 外 成 熟 後 の 卵 子 は リプロプレートに 調 製 しておいた PFM 培 地 (5)で 2 回 洗 浄 後 *2 精 子 を 含 むドロップに 15~20 個 ずつ 導 入 し 10~20 時 間 媒 精 する *1 液 状 精 液 を 使 用 する 場 合 の 精 子 の 調 整 法 については 弊 社 までお 問 い 合 わせく ださい *2 精 子 によって 受 精 に 至 適 な 精 子 濃 度 および 媒 精 時 間 は 異 なります 予 備 試 験 を 行 い 適 切 な 条 件 を 確 認 してください 3. 胚 の 体 外 発 生 培 養 法 1) 媒 精 後 の 胚 は 38 に 保 温 した POE-CM 培 地 で 1 回 洗 浄 した 後 POE-CM 培 地 (1 ml) の 入 った 15 ml 遠 心 管 に 移 し ボルテックスミキサーで 4 分 間 撹 拌 混 合 することにより 卵 丘 細 胞 を 除 去 する 2) 遠 心 管 から 裸 化 胚 ( 写 真 2)を 回 収 する 卵 丘 細 胞 が 強 固 に 付 着 している 胚 や 細 胞 質 が 変 性 した 胚 は 取 り 除 く 3) 選 抜 した 胚 は POE-CM 培 地 で 2 回 洗 浄 後 リプロプレートに 調 製 しておいた PZM-5 培 地 (7)で 2 回 洗 浄 する 4) リプロプレートに 調 製 しておいた PZM-5 培 地 のドロップ(8)に 胚 を 20~30 個 ずつ 入 れ て 培 養 すると 媒 精 後 5~6 日 で 胚 盤 胞 へ 発 育 する( 写 真 3) 写 真 2: 裸 化 後 の 胚 写 真 3: 胚 盤 胞 5

7 <ブタ 体 外 生 産 胚 の 作 製 工 程 > 卵 子 回 収 (POE-CM) 体 外 培 養 はすべて 39, 5% CO 2, 5% O 2, 90% N 2 気 相 下 で 行 う 卵 子 成 熟 培 地 (1 st POM:1, 2) の 準 備 卵 子 洗 浄 (1 st POM:1) 成 熟 培 養 (1 st POM:2) 20~22 時 間 卵 子 成 熟 培 地 (2 nd POM:3, 4) の 準 備 卵 子 洗 浄 (2 nd POM:3) 成 熟 培 養 (2 nd POM:4) 22~24 時 間 体 外 受 精 培 地 (PFM:5, 6) の 準 備 卵 子 洗 浄 (PFM:5) 媒 精 (PFM:6) 精 子 洗 浄 調 整 (PFM) 胚 の 裸 化 操 作 (POE-CM) 10~20 時 間 体 外 胚 発 生 培 地 (PZM-5:7, 8) の 準 備 胚 の 洗 浄 (PZM-5:7) 発 生 培 養 (PZM-5:8) 胚 盤 胞 形 成 5~6 日 間 6

8 < 培 地 使 用 上 の 注 意 > 1. 培 地 はブタ 卵 子 又 は 胚 の 体 外 培 養 専 用 です 他 の 動 物 では 試 験 を 行 っておりません 2. ヒト 体 外 受 精 には 絶 対 に 使 用 しないでください 3. 注 射 薬 又 は 診 断 薬 ではありません 4. 凍 結 厳 禁 4 保 存 5. 有 効 期 間 は 製 造 後 4 ヶ 月 間 使 用 期 限 厳 守 6. 万 一 製 造 過 程 での 不 備 がありました 場 合 には 代 替 品 とお 取 替 え 致 します それ 以 外 の 責 はご 容 赦 お 願 い 致 します 7. 本 品 の 使 用 により 必 ずしも 一 定 以 上 の 胚 発 生 率 を 保 障 するものではありません < 参 考 文 献 > 1. 曽 根 勝, 知 久 幹 夫, 吉 田 光 敏, 番 場 公 雄, 小 笠 晃. 各 種 希 釈 保 存 液 を 用 いた 豚 液 状 精 液 の 長 期 保 存 試 験. 日 豚 会 誌 1992; 29: Mito T, Yoshioka K, Nagano M, Suzuki C, Yamashita S, Hoshi H. Transforming growth factor-α in a defined medium during in vitro maturation of porcine oocytes improves their developmental competence and intracellular ultrastructure. Theriogenology 2009; 72: Suzuki C, Yoshioka K. Effects of amino acid supplements and replacement of polyvinyl alcohol with bovine serum albumin in porcine zygote medium. Reprod Fertil Dev 2006; 18: Suzuki C, Yoshioka K, Sakatani M, Takahashi M. Glutamine and hypotaurine improves intracellular oxidative status and in vitro development of porcine preimplantation embryos. Zygote 2007; 15: Yoshioka K, Suzuki C, Tanaka A, Anas IMK, Iwamura S. Birth of piglets derived from porcine zygotes cultured in a chemically defined medium. Biol Reprod 2002; 60: Yoshioka K, Suzuki C, Itoh S, Kikuchi K, Iwamura S, Rodriguez-Martinez H. Production of piglets derived from in vitro-produced blastocysts fertilized and cultured in chemically defined media: effects of theophylline, adenosine, and cysteine during in vitro fertilization. Biol Reprod 2003; 69: Yoshioka K, Suzuki C, Onishi A. Defined system for in vitro production of porcine embryos using a single basic medium. J Reprod Dev 2008; 54:

9 製 品 ならびに 培 養 操 作 等 に 関 する 問 い 合 わせは 電 話 FAX で 下 記 宛 にお 願 い 致 します ( 株 ) 機 能 性 ペプチド 研 究 所 山 形 県 東 根 市 神 町 西 4 丁 目 5-1 TEL: FAX:

Cryotop20.indd

Cryotop20.indd CRYOTOP SAFETY KIT Protocol Cryotop 取 扱 説 明 書 凍 結 融 解 プロトコール R 凍 結 プロトコール PART 1.Cryotop Safety Kit - Vitrification No.0 基 礎 培 地 (BS: Basic Solution) 卵 子 凍 結 時 のみ 使 用 No.1 平 衡 液 (ES: Equilibration Solution)

More information

空 気 清 浄 機 のフィルターに 捕 捉 した ウイルスに 対 する 抑 制 性 能 評 価 試 験 方 法 1. 目 的 空 気 清 浄 機 のフィルターに 捕 捉 したウイルスに 対 する 抑 制 の 評 価 方 法 を 定 める 2. 対 象 品 目 空 気 清 浄 機 を 対 象 とする

空 気 清 浄 機 のフィルターに 捕 捉 した ウイルスに 対 する 抑 制 性 能 評 価 試 験 方 法 1. 目 的 空 気 清 浄 機 のフィルターに 捕 捉 したウイルスに 対 する 抑 制 の 評 価 方 法 を 定 める 2. 対 象 品 目 空 気 清 浄 機 を 対 象 とする 空 気 清 浄 機 のフィルターに 捕 捉 した ウイルスに 対 する 抑 制 性 能 評 価 試 験 方 法 2011 年 ( 平 成 23 年 )7 月 4 日 制 定 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 空 気 清 浄 機 のフィルターに 捕 捉 した ウイルスに 対 する 抑 制 性 能 評 価 試 験 方 法 1. 目 的 空 気 清 浄 機 のフィルターに 捕 捉 したウイルスに

More information

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文 ( 様 式 甲 5) 氏 名 出 垣 昌 子 ( ふ り が な ) (いでがき まさこ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 24 年 1 月 31 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Effects of All-Trans Retinoic Acid

More information

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養 第 53 回 日 本 学 生 科 学 賞 入 選 3 等 第 53 回 静 岡 県 学 生 科 学 賞 県 教 育 長 賞 3 ホテイアオイのつくるバイオループ 学 校 法 人 静 岡 理 工 科 大 学 静 岡 北 高 等 学 校 科 学 部 水 質 班 2 年 五 島 菜 々 鈴 木 圭 祐 高 橋 周 平 瀧 田 祐 介 村 田 稔 恭 1.はじめに ホテイアオイ( 以 後 は 英 語 名 がWater

More information

イオン交換樹脂の試験方法

イオン交換樹脂の試験方法 イオン 交 換 樹 脂 の 試 験 方 法 三 菱 化 学 株 式 会 社 機 能 化 学 本 部 イオン 交 換 樹 脂 事 業 部 100-8251 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-1-1ハ レスヒ ル TEL 03-6748-7146 FAX 03-3286-1209-1 - イオン 交 換 樹 脂 の 試 験 方 法 1. 原 液 の 調 整 イオン 交 換 樹 脂 に 接 触

More information

ブラキポディウム Bd21 形 質 転 換 の 手 順 Bd21 種 子 を 濾 紙 上 に 播 種 *1 4 dark 4 日 ~1 週 間 *1 <ブラキポディウムの 育 成 > 参 照 25 16-h Light で 育 成 3~4 日 間 実 生 を 土 壌 ポットに 植 え 替 え 22

ブラキポディウム Bd21 形 質 転 換 の 手 順 Bd21 種 子 を 濾 紙 上 に 播 種 *1 4 dark 4 日 ~1 週 間 *1 <ブラキポディウムの 育 成 > 参 照 25 16-h Light で 育 成 3~4 日 間 実 生 を 土 壌 ポットに 植 え 替 え 22 ここに 公 開 する ブラキポディウム Bd21 形 質 転 換 の 方 法 は 理 化 学 研 究 所 バイオマス 研 究 基 盤 チームの 舞 岡 ブランチ( 横 浜 市 立 大 学 木 原 生 物 学 研 究 所 内 )で 実 施 している 方 法 です なお プロトコールを 作 成 するにあたり Sílvia C Alves, Barbara Worland, Vera Thole, John

More information

基本的な細胞培養の概説

基本的な細胞培養の概説 基 本 的 な 細 胞 培 養 の 概 説 哺 乳 類 動 物 細 胞 の 培 養 における 基 本 の 紹 介 2 はじめに 1900 年 代 初 頭 に 樹 立 された ウィルス 学 研 究 を 支 援 するために1940 年 代 に 確 立 され さらにワク チン 用 のウィルスを 得 るために1950 年 代 に 開 発 が 進 みました 今 日 では 多 種 多 様 な 研 究 に 利 用

More information

新技術説明会 様式例

新技術説明会 様式例 1 家 畜 繁 殖 において 人 工 授 精 (AI)の 成 功 率 を 上 げる" 精 液 のその 場 処 理 技 術 ~ 元 気 な 精 子 の 捕 集 と 性 分 離 の 両 立 独 立 行 政 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 生 産 計 測 技 術 研 究 センター 主 任 研 究 員 山 下 健 一 2 本 技 術 のポイント その 場 で 使 える 器 具 元 気 な 精 子

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209582975683458343838B83588F9C8B8E90AB945C955D89BF5765628C668DDA88C432303131303932392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209582975683458343838B83588F9C8B8E90AB945C955D89BF5765628C668DDA88C432303131303932392E646F63> 空 気 清 浄 機 の 浮 遊 ウイルスに 対 する 除 去 性 能 評 価 試 験 方 法 2011 年 ( 平 成 23 年 )7 月 4 日 制 定 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 空 気 清 浄 機 の 浮 遊 ウイルスに 対 する 除 去 性 能 評 価 試 験 方 法 1. 目 的 空 気 清 浄 機 を 運 転 することによる 浮 遊 ウイルス 除 去 の 評 価

More information

1. 測 定 原 理 アルカリ 溶 液 中 で 亜 鉛 イオンは ピリジルアゾレゾルシノール(PAR)と 反 応 して 赤 色 の 錯 体 を 形 成 し これを 光 学 的 に 測 定 し 2. アプリケーション 本 法 は 亜 鉛 イオンを 測 定 し 不 溶 性 や 錯 体 と 結 合 した

1. 測 定 原 理 アルカリ 溶 液 中 で 亜 鉛 イオンは ピリジルアゾレゾルシノール(PAR)と 反 応 して 赤 色 の 錯 体 を 形 成 し これを 光 学 的 に 測 定 し 2. アプリケーション 本 法 は 亜 鉛 イオンを 測 定 し 不 溶 性 や 錯 体 と 結 合 した 00861 亜 鉛 (4-(ピリジルアゾ)レゾルシノール 法 ) 測 定 範 囲 : 0.025~1.000mg/l Zn 結 果 は mmol/l 単 位 でも 表 示 でき 1. 試 料 の ph が ph 1~7 であるかチェックし ウム 水 溶 液 または 塩 酸 を 1 滴 ずつ 加 えて ph を 調 整 し 2. ピペットで 10ml の 試 料 をガラス 容 器 に 取 り 3. 緑

More information

一般外来で見逃してはいけない 甲状腺疾患の頻度と見方、鑑別診断 コストエフェクテイブな検査の選び方

一般外来で見逃してはいけない 甲状腺疾患の頻度と見方、鑑別診断  コストエフェクテイブな検査の選び方 第 43 回 中 国 四 国 医 学 検 査 学 会 松 江 平 成 22 年 11 月 甲 状 腺 疾 患 と 抗 TSHレセプター 抗 体 診 療 前 検 査 の 意 義 すみれ 病 院 院 長 浜 田 昇 本 日 のセミナーでお 話 したいこと TSHレセプター 抗 体 (TRAb)は 甲 状 腺 疾 患 の 診 療 特 にバセドウ 病 の 診 療 において 大 変 重 要 な 検 査 です

More information

Random Primer DNA Labeling Kit Ver.2.0

Random Primer DNA Labeling Kit Ver.2.0 研 究 用 Random Primer DNA Labeling Kit Ver.2.0 説 明 書 v201509da Random Primer DNA ラベリングキットは ハイブリダイゼーションに 用 いる DNA を [α- 32 P] [ 3 H] dctp を 用 いてラベルし DNA プローブを 作 製 するためのキットです A. P. Feinberg と B. Vogelstein

More information

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc ノロウイルスによる 食 中 毒 感 染 症 は 感 染 後 1 日 から 2 日 の 潜 伏 期 間 の 後 に 下 痢 腹 痛 吐 気 嘔 吐 などを 引 き 起 こす 疾 患 です ノロウイルスは 乾 燥 に 強 く また 消 毒 用 アルコールの 効 果 がないことから 次 亜 塩 素 酸 や 85 度 ~90 度 90 秒 間 以 上 の 加 熱 等 の 消 毒 が 必 要 ですが 不 適

More information

地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している 現 在 Cs-137 Cs-134から 134から 放 出 さ れるこれらのガンマ 線 と 一 緒 に 放 出 されるベータ 線 が 主 な 放 射

地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している 現 在 Cs-137 Cs-134から 134から 放 出 さ れるこれらのガンマ 線 と 一 緒 に 放 出 されるベータ 線 が 主 な 放 射 1 水 洗 浄 による 放 射 性 セシウム 汚 染 土 壌 の 除 染 方 法 について 原 子 力 委 員 会 定 例 会 議 平 成 23 年 9 月 6 日 10:00~00 東 北 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 石 井 慶 造 1 地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している

More information

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農

More information

社 内 資 料 ムルキナ 点 眼 液 0.1%の 生 物 学 的 同 等 性 について Ⅰ. 要 旨 プラノプロフェン 0.1% 含 有 点 眼 液 ムルキナ 点 眼 液 0.1%について 他 社 市 販 品 (ニフラン 点 眼 液 千 寿 製 薬 株 式 会 社 )を 対 照 製 剤 とし 薬 理

社 内 資 料 ムルキナ 点 眼 液 0.1%の 生 物 学 的 同 等 性 について Ⅰ. 要 旨 プラノプロフェン 0.1% 含 有 点 眼 液 ムルキナ 点 眼 液 0.1%について 他 社 市 販 品 (ニフラン 点 眼 液 千 寿 製 薬 株 式 会 社 )を 対 照 製 剤 とし 薬 理 社 内 資 料 ムルキナ 点 眼 液 0.1% - 先 発 医 薬 品 との 生 物 学 的 同 等 性 に 関 する 資 料 - 日 東 メディック 株 式 会 社 2007 年 12 月 作 成 社 内 資 料 ムルキナ 点 眼 液 0.1%の 生 物 学 的 同 等 性 について Ⅰ. 要 旨 プラノプロフェン 0.1% 含 有 点 眼 液 ムルキナ 点 眼 液 0.1%について 他 社 市

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

イノベ共同体公募要領

イノベ共同体公募要領 食 品 中 の 健 康 機 能 性 成 分 の 分 析 法 マニュアル 平 成 22 年 3 月 作 成 四 国 地 域 イノベーション 創 出 協 議 会 地 域 食 品 健 康 分 科 会 編 s-food@m.aist.go.jp 裸 麦 のβ-グルカン 作 成 者 : 愛 媛 県 産 業 技 術 研 究 所 食 品 産 業 技 術 センター 主 任 研 究 員 森 本 聡 主 任 研 究 員

More information

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨 4~5 月 1~2 月 で 0.11-0.19%, T@-R18は 14-19 頭,その 他 は 4~8 頭. また, 出 産 の 重 なった 昭 和 61 年 4~5 (* 北 海 道 銀 11 路 保 -~II 路 市 花 園 町 8-6) 年 8 月 ~62 年 4 月 に, 北 海 ミートと 畜 場 に 搬 入 された 某 養 豚 場 の 6~7 カ 月 齢 肉 豚 に 継 続 的 に 発

More information

nd Opening Address 1 1 1 2 2 2 2 2 1 2 溶 液 1 本 2 2 2 1 2 1,2 1,2 1,3 1,4 1,5 1,5 1 2 3 4 5 1,3,4 2,3,4 1,3,4 1,3,4 1,3,4 1,3,4 1,3,4 1,3,4 1 2 3 4 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2

More information

において 施 設 が 適 切 に 機 能 していることが 確 認 されているろ 過 施 設 からの 処 理 水 の 濁 度 が 2 度 を 超 える ことがほとんどなかったことを 踏 まえ 2 度 以 下 と 設 定 された 3 検 出 方 法 の 開 発 下 水 処 理 水 や 汚 泥 の 再 利

において 施 設 が 適 切 に 機 能 していることが 確 認 されているろ 過 施 設 からの 処 理 水 の 濁 度 が 2 度 を 超 える ことがほとんどなかったことを 踏 まえ 2 度 以 下 と 設 定 された 3 検 出 方 法 の 開 発 下 水 処 理 水 や 汚 泥 の 再 利 演 題 排 水 処 理 と 病 原 微 生 物 講 師 ( 独 ) 土 木 研 究 所 材 料 地 盤 研 究 グループ リサイクルチーム 尾 崎 正 明 上 席 研 究 員 排 水 処 理 と 病 原 微 生 物 ( 独 ) 土 木 研 究 所 材 料 地 盤 研 究 グループ リサイクルチーム 尾 崎 正 明 諏 訪 守 陶 山 明 子 1 はじめに 下 水 処 理 水 が 関 与 した 病 原

More information

カンキツグリーニング 病 原 細 菌 の 培 養 と

カンキツグリーニング 病 原 細 菌 の 培 養 と National Agriculture and Food Research Organization 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 第 7 回 アグリ 技 術 シーズセミナー - 果 樹 生 産 の 最 新 技 術 と6 次 産 業 化 の 可 能 性 - カンキツグリーニング 病 原 細 菌 の 培 養 と 藤 川 貴 史 果 樹 研 究 所 品 種 育 成 病 害 虫

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行 1 / 5 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 安 全 データシート 製 品 名 RDF-F1/FX KIT (F) PART B 用 途 医 療 用 X-レイ 処 理 剤 テ ンタルF1/FX 用 処 理 液 キット 定 着 液 B 液 ; 内 容 量 約 125ml X 2 会 社 名 住 所 106-8620 東 京 都 港 区 西 麻 布 2-26-30 担 当 部 門 富 士 フイルムメディカル

More information

EST_  H.8.6.

EST_  H.8.6. 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください H22-04 平 成 22 年 6 月 使 用 上 の 注 意 改 訂 のご 案 内 卵 胞 ホルモン 製 剤 エストリオール 製 剤 ( 日 局 エストリオール 素 錠 ) 持 続 性 卵 胞 ホルモン 製 剤 ( 日 局 エストリオール 腟 錠 ) 持 続 性 卵 胞 ホルモン 製 剤 (エストリオールプロピオン

More information

10 時 半 ~17 時 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~1/10 程 であった.これは, 定 量 の 手 法 が 異 なるため ~79), 1~5) 母 数 効 果 (l =1~3) (m=1~10) ~3) 競 馬 四 季 報 (1989~ 1991) と 競 馬 年 鑑 (1989~ 中 京 の 地 方 開 催 グループでは 初 出

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 大 学 AGS 研 究 2011 年 年 次 報 告 会 空 調 システムにおけるマイクロ 波 の 微 生 物 制 御 に 関 する 研 究 マイクロ 波 による 微 生 物 の 殺 菌 加 藤 信 介 はじめに 空 調 システム 内 の 微 生 物 による 汚 染 空 調 システムは 温 湿 度 調 節 及 び 良 好 な 室 内 空 気 質 を 維 持 する ダクト 加 湿 器 フィルター

More information

<352E8B5A8F7095F18D90328AEC91BD2E696E6464>

<352E8B5A8F7095F18D90328AEC91BD2E696E6464> No.29, 2015 13 Development of Cat Repellent Using Excrement of Fierce Animals Koji Kita Reiko Yamashita Yoshitaka Ota Hidenobu Hoshi (2015 6 30 ) 1. ( ) 2011 83,000 1) ( ) ( ) ( ) 2) (GC/MS) ( ) 4 2. 2.1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087542D328DC58F498F8895AA8FEA82C982A882AF82E997B089BB90859166834B83588B7982D18D959046905A93A7908582CC94AD90B691CE8DF482C98AD682B782E98CA48B862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087542D328DC58F498F8895AA8FEA82C982A882AF82E997B089BB90859166834B83588B7982D18D959046905A93A7908582CC94AD90B691CE8DF482C98AD682B782E98CA48B862E646F63> 長 崎 県 環 境 保 健 研 究 センター 所 報 4, (28) 報 文 最 終 処 分 場 における 硫 化 水 素 ガス 及 び 黒 色 浸 透 水 の 発 生 対 策 に 関 する 研 究 坂 本 陵 治 竹 野 大 志 東 川 圭 吾 産 業 廃 棄 物 安 定 型 最 終 処 分 場 における 高 濃 度 硫 化 水 素 ガス 及 び 黒 色 浸 透 水 の 発 生 防 止 を 目 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63> 期 限 設 定 の ポ イ ン ト はじめに はじめに 期 限 表 示 には 次 の2とおりの 表 示 方 法 があります 用 語 消 費 期 限 賞 味 期 限 定 められた 方 法 により 保 存 した 場 合 定 義 意 味 腐 敗 変 敗 その 他 の 品 質 の 劣 化 に 伴 い 安 全 性 を 欠 くこととなるおそれがな いと 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をい う 品

More information

Microsoft Word - comment18.doc

Microsoft Word - comment18.doc 屋 外 用 木 材 塗 料 1. 屋 外 用 木 材 塗 料 の 定 義 屋 外 用 木 材 塗 料 とは 羽 目 板 窓 枠 ウッドデッキおよび 門 扉 などの 屋 外 木 部 に 適 用 され 高 耐 候 性 防 腐 性 防 かび 性 および 防 蟻 性 などの 性 能 を 有 することを 謳 ったものと 定 義 する 2. 調 査 対 象 商 品 の 選 定 方 法 調 査 対 象 商 品 は

More information

E-Holder製品説明書

E-Holder製品説明書 2013.09.05 更 新 TRANSEM Holder 取 扱 説 明 書 株 式 会 社 ライフセム TRANSEM Holder 取 扱 手 順 (1) TRANSEM Holder の 箱 の 製 造 年 月 日 をご 確 認 ください 製 造 後 2 年 以 内 の ご 使 用 を 推 奨 いたします 保 証 期 間 は 販 売 後 1 年 です (2) パウダーレスのグローブを 手 に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

トラネキサム 酸 純 度 試 験 試 料 溶 液 トラネキサム 酸 の 保 持 時 間 が 約 20 分 になるように 調 整 する.. Tranexamic acid 10,000 mg/l -0.8-0.6-0.4-0.2 0.0 0.2 0.4-0.8-0.6-0.4-0.2 0.0 0.2

トラネキサム 酸 純 度 試 験 試 料 溶 液 トラネキサム 酸 の 保 持 時 間 が 約 20 分 になるように 調 整 する.. Tranexamic acid 10,000 mg/l -0.8-0.6-0.4-0.2 0.0 0.2 0.4-0.8-0.6-0.4-0.2 0.0 0.2 LC Technical Note 92 GL Sciences Inc. 日 本 薬 局 方 に 準 拠 したトラネキサム 酸 の 分 析 GL7700 HPLC シリーズを 用 いたトラネキサム 酸 の 分 析 例 です トラネキサム 酸 は 人 工 アミノ 酸 の 一 種 であり 血 液 を 溶 かして 分 解 するプラスミンの 働 きを 抑 制 する 作 用 があることから 止 血 剤 や

More information

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識 OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 統 計 書 予 測 順 胃 3 ' 比 倍 総 7 万 8 千 ぼ 予 測 精 液 器 代 表 高 齢 社 会 到 来 時 加 然 然 回 排 夜 迫 ( イ 行 我 慢 ) 下 快 結 肥 比 較 類 早 期 過 剰 放 寿 命 係 摘 放 射 線 照 射 消 滅 副 用 失 禁 機 能 障 害 回 高 齢 社 会 到 来 加 丹 羽 話 伺 4 月 行

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

平 成 28 年 5 月 クドア 食 中 毒 検 査 用 試 薬 のご 案 内 日 本 では 2011 年 にクドア セプテンプンクタータによる 食 中 毒 が 報 道 されて 以 降 ヒラメの 刺 身 等 を 提 供 しないレストランや 量 販 店 が 増 加 して ヒラメの 消 費 回 復 に 対 策 が 待 たれているところです 日 本 国 内 の 養 殖 ヒラメはクドア 防 除 対 策 がなされ

More information

活 環 境 を 築 くための 科 学 的 基 礎 資 料 を 提 供 したいと 考 えている 2. 研 究 実 施 内 容 目 的 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状 物 質 の 約 40%はディーゼル 排 気 由 来 であることから 本 研 究 では (1)ディーゼル 排 ガス(DE)に 含 まれ

活 環 境 を 築 くための 科 学 的 基 礎 資 料 を 提 供 したいと 考 えている 2. 研 究 実 施 内 容 目 的 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状 物 質 の 約 40%はディーゼル 排 気 由 来 であることから 本 研 究 では (1)ディーゼル 排 ガス(DE)に 含 まれ 内 分 泌 かく 乱 物 質 平 成 12 年 度 採 択 研 究 代 表 者 武 田 健 ( 東 京 理 科 大 学 薬 学 部 教 授 ) 大 気 中 に 存 在 する 新 しいタイプの 内 分 泌 撹 乱 物 質 1. 研 究 実 施 の 概 要 我 々は 本 プロジェクトにおいて 大 気 中 に 存 在 する 内 分 泌 撹 乱 物 質 に 注 目 した 都 市 大 気 浮 遊 粒 子 状

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

Microsoft Word - 血管収縮2013.doc

Microsoft Word - 血管収縮2013.doc Ⅵ. 血 管 平 滑 筋 の 収 縮 ( 分 子 細 胞 情 報 学 分 野 : 心 臓 血 管 研 究 施 設 ) (1) 実 験 の 目 的 一 般 目 標 血 管 平 滑 筋 の 収 縮 及 び 弛 緩 反 応 におけるカルシウムシグナルと カルシウム 感 受 性 の 役 割 について 理 解 する 血 管 平 滑 筋 の 収 縮 は 細 胞 内 カルシウムシグナルによ って 調 節 される

More information

1 月 経 周 期 と 妊 娠 女 性 の 体 について どれくらい 知 っています か? ホルモンの 働 きと 月 経 周 期 ホルモンには 体 のいろいろな 臓 器 や 器 官 に 働 きかけ 機 能 を 調 節 する 働 きがあります 女 性 に 毎 月 訪 れる 月 経 も 脳 から 分 泌

1 月 経 周 期 と 妊 娠 女 性 の 体 について どれくらい 知 っています か? ホルモンの 働 きと 月 経 周 期 ホルモンには 体 のいろいろな 臓 器 や 器 官 に 働 きかけ 機 能 を 調 節 する 働 きがあります 女 性 に 毎 月 訪 れる 月 経 も 脳 から 分 泌 コウノトリ からの アドバ イス 不 妊 治 療 について 知 っておいていただきたいこと 監 修 埼 玉 医 科 大 学 産 科 婦 人 科 学 教 室 教 授 石 原 理 先 生 フェリング ファーマ 株 式 会 社 1 月 経 周 期 と 妊 娠 女 性 の 体 について どれくらい 知 っています か? ホルモンの 働 きと 月 経 周 期 ホルモンには 体 のいろいろな 臓 器 や 器 官

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

日産婦誌60巻12号研修コーナー

日産婦誌60巻12号研修コーナー AIH AID ICI IUI HIFI ( 表 E-4-4)-1) 人 工 授 精 の 種 類 ArtificalInseminationwithHusband ssemen ArtificalInseminationwithDonor ssemen Intra-cervicalInsemination Intra-uterineInsemination HysteroscopicIntra-falopianInsemination

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

Microsoft Word - 01マニュアル・入稿原稿p1-112.doc

Microsoft Word - 01マニュアル・入稿原稿p1-112.doc 4 54 55 56 ( ( 1994 1st stage 2nd stage 2012 57 / 58 365 46.6 120 365 40.4 120 13.0 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 4 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 療 現

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 療 現 2015 年 7 月 改 訂 ( 第 8 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873311 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2013 に 準 拠 して 作 成 血 液 代 用 剤 日 本 薬 局 方 生 理 食 塩 液 生 理 食 塩 液 ヒカリ Isotonic Sodium Chloride Solution Hikari

More information

Microsoft Word jis.rtf

Microsoft Word jis.rtf 1/8 作 成 日 : 2015 年 02 月 16 日 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 製 品 名 称 : アリルアルコール 製 品 番 号 (SDS NO) : 65020jis_J-1 供 給 者 情 報 詳 細 供 給 者 : 純 正 化 学 株 式 会 社 住 所 : 埼 玉 県 越 谷 市 大 間 野 町 1-6 担 当 部 署

More information

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc ミニファイル:1976 年 ~2010 年 1976 年 1977 年 1977 年 1978 年 1979 年 1980 年 標 準 の 話 化 合 物 命 名 法 試 薬 標 準 試 料 公 定 分 析 法 海 外 の 標 準 公 定 分 析 法 単 位 と 標 準 の 歩 み 正 式 名 とは 何 か 日 本 における 公 定 試 薬 規 格 有 機 分 析 用 標 準 試 料 大 気 汚 染

More information

中村アツ子

中村アツ子 東 京 家 政 学 院 大 学 紀 要 第 45 号 2005 年 1 中 村 アツコ 多 くの 人 が 飲 料 水 には 関 心 をもっており, 国 産 および 輸 入 の 各 種 銘 柄 水 が 飲 料 水 として 多 量 に 消 費 されている 一 方 で,フィルターで 塩 素 関 連 物 質 を 除 去 する, 特 殊 な 物 資 を 加 えて 水 素 豊 富 にす る, 電 気 分 解 によりイオン

More information

Microsoft Word - ART_Transcript_v1.0_ja_FPA

Microsoft Word - ART_Transcript_v1.0_ja_FPA はじめに Cook Medicalは 約 30 年 にわたって 世 界 中 の 不 妊 専 門 医 のニーズ に 的 確 に 対 応 する 製 品 を 高 度 な 熟 練 技 術 によって 設 計 製 造 してきました Cook ART ( 生 殖 補 助 医 療 )ラボにようこそお 越 しいただきました 今 日 のツアーでは Cookの 革 新 的 な 体 外 受 精 製 品 について 説 明 します

More information

E-Holder製品説明書

E-Holder製品説明書 2014.02.27 更 新 TRANSEM Holder 取 扱 説 明 書 更 新 箇 所 : 再 遠 心 ブロックセットなど 部 分 株 式 会 社 ライフセム TRANSEM Holder 取 扱 手 順 (1) 使 用 可 能 な SEM の 機 種 TRANSEM は 熱 エミッション 方 式 の SEM フィールドエミッション 方 式 の SEM(FE-SEM)いずれでも 観 察 可

More information

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ 最 強 のシェルター!アルテミアの 耐 久 卵 を させるには? 研 究 者 担 当 職 員 小 山 田 渓 乃 村 上 史 佳 安 江 望 清 水 加 奈 1. ア ル テ ミ ア と は? アルテミアは 節 足 動 物 門 甲 殻 亜 門 無 甲 目 ア ル テ ミ ア 属 に 属 す る 種 の 総 称 で ホウ ネ ン エ ビ と 同 じ 目 に 属 す る 今 回 材 料 に 用 いた a

More information

IF_HCG_MOCHIDA_N34

IF_HCG_MOCHIDA_N34 ##2013 年 2 月 ( 改 訂 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 #2010 年 6 月 872413 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 日 本 薬 局 方 注 射 用 ヒト 絨 毛 性 性 腺 刺 激 ホルモン 生 物 由 来 製 品 処 方 せん 医 薬 品 剤

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

Microsoft Word - p001-005.docx

Microsoft Word - p001-005.docx 6. 健 常 者 から 分 離 される 尿 路 病 原 性 大 腸 菌 について 村 田 敏 夫 柳 生 裕 子 山 口 始 青 木 敏 也 鈴 木 武 雄 ( 山 形 県 村 山 保 健 所 検 査 課 ) 三 瓶 美 香 ( 旧 所 属 : 山 形 県 村 山 保 健 所 検 査 課 現 所 属 : 山 形 県 立 河 北 病 院 検 査 部 ) 山 口 一 郎 ( 山 形 県 村 山 保 健

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

( 約 9.3ml)を 加 えて 磨 砕 して 粥 状 物 とし それを 10g 採 り メタリン 酸 酢 酸 溶 液 で 100mlに 定 容 した これを 濾 過 後 10ml 採 り 5%メタリン 酸 溶 液 を 20ml 加 えて 試 料 とした これにインドフェノール 試 液 (2,6-ジ

( 約 9.3ml)を 加 えて 磨 砕 して 粥 状 物 とし それを 10g 採 り メタリン 酸 酢 酸 溶 液 で 100mlに 定 容 した これを 濾 過 後 10ml 採 り 5%メタリン 酸 溶 液 を 20ml 加 えて 試 料 とした これにインドフェノール 試 液 (2,6-ジ 発 芽 野 菜 (スプラウト) 1. 目 的 スプラウトとよばれる 発 芽 野 菜 の 種 類 が 以 前 より 増 えているが これら の 野 菜 は 生 食 で 利 用 される 場 合 も 多 い そこで 発 芽 野 菜 を 消 費 者 が 利 用 するときの 参 考 となるよう その 性 質 を 探 るため 包 装 容 器 より 取 り 出 したそのままのものと 煮 沸 した 湯 へ3 秒 間

More information

を 大 変 好 ましく 感 じました 日 本 人 はよく 働 き 1 分 1 秒 も 無 駄 にしません また ほとんどの 高 齢 者 が 仕 事 を 引 退 した 後 もボランティアとして 活 動 し 自 分 の 知 識 や 経 験 を 他 の 人 や 集 まりのため に 使 っていることに 感

を 大 変 好 ましく 感 じました 日 本 人 はよく 働 き 1 分 1 秒 も 無 駄 にしません また ほとんどの 高 齢 者 が 仕 事 を 引 退 した 後 もボランティアとして 活 動 し 自 分 の 知 識 や 経 験 を 他 の 人 や 集 まりのため に 使 っていることに 感 研 修 最 終 レポート シャーミラ シャルマ(ネパール) ( 原 文 は 英 語 ) 謝 辞 まず 初 めに 日 本 に 来 て 産 科 学 と 婦 人 科 学 の 医 療 管 理 と 不 妊 治 療 技 術 について 素 晴 らしい 研 修 の 機 会 を 与 えてくださった 岡 山 県 庁 に 心 から 感 謝 申 し 上 げます また AMDA ジャパンの 本 部 AMDA ネパール そして

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

椊物とイオンの関係

椊物とイオンの関係 植 物 とイオンの 関 係 青 木 慶 和 田 代 裕 慶 野 口 俊 介 指 導 教 諭 千 葉 先 生 Ⅰ 動 機 と 目 的 私 たちは まずスポーツドリンクに 含 まれる 様 々なイオンが 体 にどのような 影 響 を 与 えるかに 興 味 を 持 った さらに 先 輩 たちが 行 った メダカの 耐 塩 性 の 研 究 を 読 んでイオンが 生 物 に 対 して 与 える 影 響 についてより

More information

試 薬 コーナー 販 売 開 始 CELL APPLICATIONS 社 抗 体 製 品 販 売 開 始 のお 知 らせ ヒト 細 胞 動 物 細 胞 の 製 造 元 である CELL APPLICATIONS 社 (CAI)の 抗 体 製 品 を 販 売 開 始 致 します CAI 社 では 細

試 薬 コーナー 販 売 開 始 CELL APPLICATIONS 社 抗 体 製 品 販 売 開 始 のお 知 らせ ヒト 細 胞 動 物 細 胞 の 製 造 元 である CELL APPLICATIONS 社 (CAI)の 抗 体 製 品 を 販 売 開 始 致 します CAI 社 では 細 2011 No. 2 試 薬 コーナー CELL APPLICATIONS 社 抗 体 製 品 販 売 開 始 のお 知 らせ CELL APPLICATIONS 社 一 部 培 地 変 更 のお 知 らせ CELL APPLICATIONS 社 細 胞 成 長 用 培 地 分 化 用 培 地 の 輸 送 温 度 保 存 温 度 変 更 のお 知 らせ Mediatech 社 製 品 /ProteinOne

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

遺伝子検査の基礎知識

遺伝子検査の基礎知識 リアルタイム PCR(SYBR Green I 法 ) 実 験 ガイド この 文 書 では SYBR Green I 法 によるリアルタイム PCR について 蛍 光 検 出 の 原 理 や 実 験 操 作 の 流 れなどを 解 説 します 実 際 の 実 験 操 作 の 詳 細 については 各 製 品 の 取 扱 説 明 書 をご 参 照 ください - 目 次 - 1 蛍 光 検 出 の 原 理

More information

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 )

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 ) 安 全 データシート(SDS) 1. 化 学 物 質 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 のコード : 1953-8350 1953-8280 化 学 物 質 等 の 名 称 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急

More information

Microsoft Word - C0100221生研遺伝子組換え実験プロトコール(H21年度

Microsoft Word - C0100221生研遺伝子組換え実験プロトコール(H21年度 第 7 回 実 験 研 修 会 報 告 (2) 大 阪 府 高 等 学 校 生 物 教 育 研 究 会 誌,37,2009. 大 腸 菌 プラスミドベクターへの 遺 伝 子 導 入 実 験 プロトコール 1. 培 地 作 製 及 び 試 薬 の 調 整 実 験 に 先 立 ち 以 下 の 培 地 を 用 意 する 基 本 的 にはオートクレーブ 滅 菌 をし 抗 生 物 質 を 添 加 する 場 合

More information

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について 生 殖 系 D9 オーガナイザー 産 科 婦 人 科 井 箟 一 彦 泌 尿 器 科 原 勲 Ⅰ 一 般 学 習 目 標 内 科 学 外 科 学 などの 臨 床 医 学 が 個 体 維 持 治 療 医 学 を 主 たる 目 的 とするのに 対 し 生 殖 医 学 は 治 療 医 学 に 加 え 種 族 保 存 リプロダクションを 含 むことを 理 解 し 基 礎 的 知 識 のもと 診 断 治 療

More information

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ---

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは --- 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ------------------------------------------------------------------------

More information

北海道臨床工学技士会ニュース

北海道臨床工学技士会ニュース 2015-(1) 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース 2015 年 4 月 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース No.122 ホームページ http://hcea.umin.ac.jp 事 務 局 へのお 問 い 合 わせは 上 記 Homepage お 問 い 合 わせフォームより 発 行 人 : 室 橋 高 男 060-8543

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評 2015 年 4 月 改 訂 ( 第 5 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873311 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 処 方 箋 医 薬 品 日 本 薬 局 方 生 理 食 塩 液 生 理 食 塩 液 ヒカリ Isotonic Sodium Chloride Solution

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D> 花 粉 症 と 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5) 参 考 文 献 : 環 境 省 ホームページ http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5)とは1 大 気 中 に 漂 う 粒 径 2.5μm (1μm=0.001mm) 以 下 の 小 さな 粒 子 の ことで 従 来 から 環 境 基 準 を 定 めて 対

More information

Microsoft Word - 理研シンポジウム要旨02.doc

Microsoft Word - 理研シンポジウム要旨02.doc 3 次 元 内 部 構 造 顕 微 鏡 装 置 (3D-ISM)を 用 いたウマ 卵 巣 内 部 構 造 の 観 察 木 村 順 平 1, 平 野 悠 子 2, 猪 飼 志 保 1, 竹 本 智 子 3,4, 中 村 佐 紀 子 3, 横 田 秀 夫 姫 野 龍 太 郎 3,4, 三 島 健 稔 3,4, 南 保 泰 雄 5, 津 曲 茂 久 1, 松 井 基 純 2, 三 宅 陽 一 1 日 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5> 楡 陵 祭 2016 衛 生 基 準 1. 初 めに この 衛 生 基 準 は 楡 陵 祭 2016( 以 下 楡 陵 祭 )において 守 らなければならないルール を 記 載 したものである 食 品 提 供 を 行 う 際 食 中 毒 のリスクと 背 中 合 わせになっている ことを 忘 れてはならない 事 実 毎 年 各 地 の 大 学 祭 で 食 中 毒 の 事 件 が 発 生 している 衛

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc HFO-1234yf 2011 年 7 月 13 日 Page 1 of 8 化 学 物 質 等 安 全 データシート(MSDS) 作 成 2010 年 12 月 24 日 改 定 2011 年 6 月 6 日 最 新 改 定 2011 年 7 月 13 日 1. 化 学 物 質 等 及 び 情 報 提 供 者 化 学 物 質 等 の 名 称 :HFO-1234yf (2,3,3,3-テトラフルオロ-1-プロペン)

More information

平成17年度

平成17年度 平 成 26 年 度 第 2 回 皇 居 外 苑 濠 水 環 境 管 理 検 討 会 資 料 4: 局 所 的 一 時 的 な 水 質 対 策 の 必 要 性 検 討 について 目 次 ページ 1. 目 的... 1 2. 検 討 の 方 法... 2 3. 局 所 的 一 時 的 な 水 質 対 策 の 検 討... 3 3.1 事 務 所 に 寄 せられている 諸 技 術 提 案 の 整 理...

More information

(Microsoft Word - \224|\222n)

(Microsoft Word - \224|\222n) 東 京 都 品 川 区 東 品 川 天 王 洲 セントラルタワー4F 140-0002 2-2-24 ~ 培 地 の 紹 介 ~ 1959 マウイルスのアッセイ 詳 しい 組 成 は WEB サイトより 組 成 表 (Formulation( Formulation)をご 覧 ください ています オリジナルの 年 にDulbeccoがMEM 培 地 を 改 変 したもので 初 代 あるいは2 代 胎

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

エゾアワビの 生 態 学 特 性 に 基 づいた 資 源 管 理 - 東 日 本 大 震 災 の 影 響 とその 後 の 動 向 - 所 属 ( 独 ) 水 産 総 合 研 究 センター 東 北 区 水 産 研 究 所 職 氏 名 資 源 生 産 部 主 任 研 究 員 高 見 秀 輝 東 日 本

エゾアワビの 生 態 学 特 性 に 基 づいた 資 源 管 理 - 東 日 本 大 震 災 の 影 響 とその 後 の 動 向 - 所 属 ( 独 ) 水 産 総 合 研 究 センター 東 北 区 水 産 研 究 所 職 氏 名 資 源 生 産 部 主 任 研 究 員 高 見 秀 輝 東 日 本 浜 と 水 試 の 情 報 交 換 会 開 催 要 領 - 東 日 本 大 震 災 に 関 する 平 成 24 年 度 第 2 回 水 産 試 験 研 究 取 組 報 告 会 - 1 目 的 東 日 本 大 震 災 後 に 宮 城 県 水 産 技 術 総 合 センター 気 仙 沼 水 産 試 験 場 等 が 実 施 した 調 査 等 の 内 容 を 漁 業 関 係 者 及 び 水 産 関 係 団 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208347839383688367834C835683938AEE967B82CC82AB5F949290CE81418CC393638F4390B3816A2D312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208347839383688367834C835683938AEE967B82CC82AB5F949290CE81418CC393638F4390B3816A2D312E646F63> 作 成 日 2009 年 6 月 12 日 修 正 日 2009 年 月 日 1.エンドトキシンとは 2.エンドトキシン 試 験 の 種 類 と 種 々のライセート 試 薬 3. 使 用 器 具 について 4.エンドトキシン 標 準 品 について 5. 試 料 の 影 響 6. 参 考 資 料 (もっとよく 知 るために) 1/8 1.エンドトキシンとは エンドトキシンとは グラム 陰 性 菌 の

More information

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc 2. 妊 娠 期 の 管 理 1) 妊 娠 鑑 定 超 音 波 検 査 による 妊 娠 鑑 定 の 実 施 時 期 1 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 受 胎 および 双 胎 の 有 無 の 確 認 2 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 胚 胞 の 発 育 状 態 の 確 認 シストとの 識 別 双 胎 の 有 無 の 確 認 不 受 胎 の 場 合 は 卵 胞 の 発 育 状 態 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140955C8E8681408F98814096DA8E9F816989FC31816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140955C8E8681408F98814096DA8E9F816989FC31816A81402E646F63> 経 済 産 業 省 産 業 技 術 環 境 局 長 賞 サイフォン 式 ろ 過 濃 縮 装 置 富 士 電 機 システムズ 株 式 会 社 1. 開 発 経 緯 開 発 は 1977 年 に 開 始 し 原 理 開 発 実 証 実 験 と 進 め 1981 年 に 浄 水 スラッジ 用 ろ 過 濃 縮 装 置 (100 m2 機 ) 製 品 開 発 が 終 了 した この 装 置 は ろ 布 の 自

More information

Ⅰ 2015 年 3 月 ( 改 訂 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 871319 医 薬 品 イ ン タ ビ ュ ー フ ォ ー ム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2008 に 準 拠 して 作 成 角 結 膜 上 皮 障 害 治 療 剤 < 精 製 ヒアルロン 酸 ナトリウム> 製 剤 剤 形 点 眼 剤 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information