Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 長 寿 第 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援 助 及 び 助 成 に 関 する 法 律 等 における 医 療 保 険 関 係 の 特 例 措 置 について このことについて 厚 生 労 働 省 から 通 知 がありましたので お 手 数 ですが 貴 会 員 への 周 知 方 よろしくお 願 いいたします なお 本 通 知 は 下 記 の 本 県 のホームページにも 掲 載 しておりますことを 念 のた め 申 し 添 えます 記 アドレス

2

3 るものである 2 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 の 特 例 及 び 保 険 料 免 除 の 特 例 被 用 者 を 対 象 とする 社 会 保 険 制 度 は 事 業 主 からその 雇 用 する 被 保 険 者 に 対 して 正 常 な 賃 金 の 支 払 いがなされることを 前 提 に 組 み 立 てられているが 今 回 の 大 震 災 においては その 被 害 の 甚 大 さ 規 模 の 大 きさから 賃 金 の 支 払 いが 不 安 定 化 するなど 雇 用 への 深 刻 な 影 響 が 懸 念 されている こうした 中 で 大 幅 な 賃 金 の 変 動 があっても 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 の 時 期 が 遅 れるといった 問 題 や 休 業 により 賃 金 が 支 払 われない 場 合 にも 標 準 報 酬 月 額 の 下 限 に 相 当 する 保 険 料 を 負 担 しなければならないといった 問 題 に 対 処 するため 被 用 者 保 険 制 度 における 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 及 び 保 険 料 の 免 除 の 特 例 措 置 を 講 じるものである 第 2 特 例 措 置 の 具 体 的 内 容 Ⅰ 健 康 保 険 関 係 1 一 部 負 担 金 の 支 払 いの 免 除 に 関 する 事 項 (1) 一 部 負 担 金 の 支 払 いの 免 除 の 要 件 について 健 康 保 険 の 保 険 者 ( 以 下 健 保 保 険 者 という )は 次 のいずれかの 要 件 に 該 当 する 被 保 険 者 又 は 被 扶 養 者 (いずれも 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) 第 98 条 ( 同 法 第 110 条 第 7 項 及 び 第 111 条 第 3 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 継 続 療 養 の 受 給 者 を 含 む )( 以 下 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 という )については 健 康 保 険 における 一 部 負 担 金 等 の 徴 収 猶 予 及 び 減 免 の 取 扱 いについて ( 平 成 18 年 9 月 14 日 付 け 保 保 発 第 号 等 )にか かわらず 健 康 保 険 法 第 75 条 の2 第 1 項 第 2 号 又 は 第 110 条 の2 第 1 項 (これ らの 規 定 を 同 法 第 149 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 一 部 負 担 金 を 免 除 して 差 し 支 えないこと 1 平 成 23 年 3 月 11 日 に 法 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 特 定 被 災 区 域 ( 以 下 特 定 被 災 区 域 という )に 住 所 を 有 していた 者 ( 同 日 以 降 他 の 市 町 村 に 転 入 した 者 を 含 む 以 下 同 じ )であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことに より 住 家 の 全 半 壊 全 半 焼 又 はこれに 準 ずる 被 災 をしたもの 2 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 主 たる 生 計 維 持 者 が 死 亡 し 又 は 重 篤 な 傷 病 を 負 ったもの 3 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 主 たる 生 計 維 持 者 の 行 方 が 不 明 である もの 4 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 156 号 ) 第 15 条 第 3 項 の 規 定 による 避 難 のための 立 退 き 又 は 屋 内 への 退 避 に 係 る 内 閣 総 理 大 臣 の 指 示 の 対 象 地 域 であるため 避 難 又 は 退 避 を 行 っているもの 5 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 第 20 条 第 3 項 の 規 定 による 計 画 的 避 難 区 域 2

4 及 び 緊 急 時 避 難 準 備 区 域 の 設 定 に 係 る 原 子 力 災 害 対 策 本 部 長 の 指 示 の 対 象 となっているもの 6 その 他 上 記 の1から5までに 準 ずる 者 として 健 保 保 険 者 が 認 めたもの (2) 免 除 措 置 の 期 間 について (1)の 免 除 措 置 は (1)の1から3までについては 平 成 23 年 3 月 11 日 から (1)の4 及 び5については 指 示 があった 日 から それぞれ 平 成 24 年 2 月 29 日 ま での 間 に 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 が 受 けた 療 養 について 適 用 するものとする こと ただし (1)の3に 該 当 する 者 については 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 において 主 たる 生 計 維 持 者 の 行 方 が 明 らかとなるまでの 間 に 受 けた 療 養 につ いて (1)の4 又 は5に 該 当 する 者 であって 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 におい て 当 該 指 示 が 解 除 されたものについては 別 途 定 める 日 までの 間 に 受 けた 療 養 について 適 用 するものとすること (3) 免 除 証 明 書 について ⅰ 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 は 保 険 医 療 機 関 又 は 保 険 薬 局 ( 以 下 保 険 医 療 機 関 等 という )について 療 養 の 給 付 を 受 ける 際 に 健 康 保 険 一 部 負 担 金 等 免 除 証 明 書 ( 以 下 Ⅰにおいて 免 除 証 明 書 という )を 被 保 険 者 証 に 添 えて 当 該 保 険 医 療 機 関 等 に 提 出 しなければならないこと( 保 険 薬 局 の 場 合 にあっ ては 処 方 せんに 免 除 証 明 書 を 添 えるものであること 以 下 Ⅰにおいて 同 じ ) ⅱ 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 は 別 途 通 知 するところにより あらかじめ 健 保 保 険 者 に 対 して 申 請 を 行 い 免 除 証 明 書 の 交 付 を 受 けるものとすること ⅲ ⅰにかかわらず 健 保 保 険 者 による 免 除 証 明 書 の 発 行 準 備 のため 平 成 23 年 6 月 末 までは 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 を 継 続 することとし この 間 に 健 保 保 険 者 は 免 除 証 明 書 を 速 やかに 発 行 するよう 努 めること なお 平 成 23 年 7 月 1 日 以 降 については 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 の 取 扱 いは 終 了 する 予 定 である ので 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 は 被 保 険 者 証 に 免 除 証 明 書 を 添 えて 受 診 する こと ⅳ 支 払 猶 予 期 間 中 保 険 医 療 機 関 等 の 窓 口 において 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 を 受 けて 受 診 した 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 の 費 用 の 支 払 いについては 免 除 証 明 書 を 提 示 して 受 診 したものと 同 様 の 取 扱 いとすること (4) 一 部 負 担 金 の 還 付 について 次 に 掲 げる 者 が 保 険 医 療 機 関 等 について 療 養 の 給 付 を 受 けようとする 際 に 健 康 保 険 法 第 74 条 第 1 項 の 規 定 により 当 該 保 険 医 療 機 関 等 に 支 払 った 一 部 負 担 金 については 健 保 保 険 者 に 申 請 を 行 うことにより 健 保 保 険 者 から 還 付 を 受 けることができるものとすること ただし 既 に 高 額 療 養 費 の 支 給 を 受 けている 場 合 等 においては 当 該 支 給 額 を 控 除 した 額 を 還 付 するものとする こと 1 平 成 23 年 6 月 末 までの 支 払 猶 予 期 間 に(1)の1から6までのいずれかの 要 件 に 該 当 していたが 一 部 負 担 金 の 支 払 いを 行 った 者 2 支 払 猶 予 期 間 の 終 了 後 であって 健 保 保 険 者 の 理 由 によって 免 除 証 明 書 の 交 付 を 受 けていない 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 その 他 の 免 除 証 明 書 を 保 険 医 療 機 関 等 に 提 出 しなかったことがやむを 得 ないと 認 められる 免 除 対 象 健 3

5 保 被 保 険 者 等 (5) 保 険 外 併 用 療 養 費 療 養 費 特 別 療 養 費 訪 問 看 護 療 養 費 等 の 一 部 負 担 金 相 当 額 について ⅰ 健 康 保 険 法 第 86 条 第 2 項 第 1 号 及 び 第 110 条 の2 第 1 項 (これらの 規 定 を 同 法 第 149 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 される 保 険 外 併 用 療 養 費 家 族 療 養 費 及 び 特 別 療 養 費 の 一 部 負 担 金 相 当 額 についても 一 部 負 担 金 に 準 じて 取 り 扱 うものとすること また 法 第 53 条 の 規 定 により 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 され る 療 養 費 の 一 部 負 担 金 相 当 額 についても 一 部 負 担 金 に 準 じて 取 り 扱 うもの とすること ⅱ 健 康 保 険 法 第 88 条 第 4 項 及 び 第 111 条 第 2 項 (これらの 規 定 を 同 法 第 149 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 される 訪 問 看 護 療 養 費 及 び 家 族 訪 問 看 護 療 養 費 の 一 部 負 担 金 相 当 額 についても 一 部 負 担 金 に 準 じて 取 り 扱 うものとすること 2 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 事 項 (1) 標 準 負 担 額 の 免 除 について 健 保 保 険 者 は 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 に 対 して 入 院 時 食 事 療 養 費 又 は 入 院 時 生 活 療 養 費 を 支 給 するに 当 たっては 法 第 50 条 又 は 第 51 条 (これらの 規 定 を 法 第 55 条 により 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 標 準 負 担 額 を 免 除 するものとし 当 該 入 院 時 食 事 療 養 費 に 関 する 食 事 療 養 又 は 当 該 入 院 時 生 活 療 養 費 に 関 する 生 活 療 養 につき 算 定 した 費 用 の 額 (その 額 が 現 に 当 該 食 事 療 養 又 は 生 活 療 養 に 要 した 費 用 の 額 を 超 えるときは 当 該 現 に 食 事 療 養 又 は 生 活 療 養 に 要 した 費 用 の 額 )を 特 例 として 支 給 するものとすること また 法 第 52 条 から 第 54 条 まで(これらの 規 定 を 法 第 55 条 において 準 用 す る 場 合 を 含 む ) 及 び 第 56 条 の 規 定 により 入 院 時 の 食 事 療 養 又 は 生 活 療 養 に 関 する 保 険 外 併 用 療 養 費 療 養 費 家 族 療 養 費 及 び 特 別 療 養 費 の 額 について も 同 様 の 特 例 措 置 を 行 うものであること (2) 特 例 措 置 の 期 間 について (1)の 特 例 措 置 は 平 成 23 年 3 月 11 日 から 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 におい て 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 救 助 の 実 施 状 況 を 勘 案 して 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 日 までの 間 ( 以 下 特 例 対 象 期 間 という )に 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 が 受 けた 療 養 について 適 用 するものとすること (3) 免 除 証 明 書 の 取 扱 いについて 入 院 時 食 事 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 免 除 証 明 書 の 取 扱 いについては 1の(3)に 準 ずるものとすること (4) 標 準 負 担 額 の 還 付 について 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 標 準 負 担 額 の 還 付 については 1の(4)に 準 ずるものとすること 3 公 費 負 担 医 療 との 調 整 に 関 する 事 項 4

6 免 除 対 象 健 保 被 保 険 者 等 については 患 者 負 担 として 一 部 負 担 金 等 が 発 生 し ないため 保 険 優 先 の 公 費 負 担 医 療 の 適 用 は 行 われないものであること ただ し 法 第 50 条 に 規 定 する 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 日 の 翌 日 以 降 については 免 除 対 象 とならない 標 準 負 担 額 が 保 険 優 先 の 公 費 負 担 医 療 の 適 用 を 受 けるものと すること また 高 齢 者 医 療 制 度 円 滑 導 入 臨 時 特 例 交 付 金 ( 以 下 指 定 公 費 という ) による 一 部 負 担 金 の 一 部 の 支 払 いについては 一 部 負 担 金 の 免 除 の 有 無 にかか わらず 70 歳 代 前 半 の 被 保 険 者 等 に 係 る 一 部 負 担 金 等 の 軽 減 特 例 措 置 実 施 要 綱 ( 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 保 発 第 号 等 別 紙 )に 基 づき 取 り 扱 うこと 4 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 の 特 例 に 関 する 事 項 (1) 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 の 特 例 について ⅰ 法 第 49 条 第 1 項 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 又 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 健 保 保 険 者 等 という )は 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 所 在 していた 適 用 事 業 所 の 事 業 が 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 当 該 適 用 事 業 所 に 使 用 される 被 保 険 者 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 意 継 続 被 保 険 者 及 び 特 例 退 職 被 保 険 者 を 除 く )の 同 年 3 月 から 平 成 24 年 2 月 までのいずれかの 月 に 受 けた 報 酬 の 額 が その 者 のその 月 の 標 準 報 酬 月 額 の 基 礎 となった 報 酬 月 額 に 比 べ て 著 しく 低 下 した 場 合 その 月 に 受 けた 報 酬 の 額 を 報 酬 月 額 として その 著 しく 低 下 した 月 から 標 準 報 酬 月 額 を 改 定 することができるものとすること ⅱ 法 第 49 条 第 2 項 の 規 定 により 健 保 保 険 者 等 は ⅰにより 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 が 行 われた 被 保 険 者 の 当 該 改 定 が 行 われた 月 の 翌 月 から 平 成 24 年 2 月 ま でのいずれかの 月 に 受 けた 報 酬 の 額 が 標 準 報 酬 の 基 礎 となっている 報 酬 月 額 に 比 べて 著 しく 上 昇 した 場 合 その 月 に 受 けた 報 酬 の 額 を 報 酬 月 額 として その 著 しく 上 昇 した 月 から 標 準 報 酬 月 額 を 改 定 することができるものとす ること (2) 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 の 特 例 の 要 件 について ⅰ (1)のⅰにおいて 適 用 事 業 所 の 事 業 が 大 震 災 による 被 害 を 受 けたこととは 以 下 に 掲 げる 場 合 が 該 当 するものであること 1 大 震 災 により 事 業 所 が 損 壊 ( 生 産 設 備 の 損 壊 等 も 含 む)するなど 直 接 的 な 被 害 が 生 じている 場 合 2 事 業 の 実 施 に 必 要 な 電 気 ガス 工 業 用 水 等 の 施 設 の 被 害 や 搬 入 道 路 の 遮 断 等 により 被 害 が 生 じている 場 合 3 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 第 20 条 第 3 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 計 画 的 避 難 区 域 又 は 緊 急 時 避 難 準 備 区 域 に 平 成 23 年 3 月 11 日 において 現 に 事 業 所 が 所 在 していた 場 合 なお 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 第 15 条 第 3 項 の 規 定 による 内 閣 総 理 大 臣 の 屋 内 退 避 指 示 の 対 象 地 域 に 同 日 において 現 に 事 業 所 が 所 在 していた 場 合 についても 別 に 定 める 日 までは 特 例 の 対 象 となること 4 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 に 基 づく 食 品 の 出 荷 制 限 により 被 害 が 生 じて いる 場 合 5

7 5 その 他 上 記 1から4までに 準 じた 理 由 により 適 用 事 業 所 の 事 業 が 大 震 災 による 被 害 を 受 けた 場 合 であって その 被 害 の 状 況 を 総 合 的 に 勘 案 し 不 可 避 的 に 休 業 等 を 余 儀 なくされたと 判 断 される 場 合 ⅱ (1)において 報 酬 の 額 が 著 しく 低 下 又 は 上 昇 した 場 合 とは 事 業 所 が 休 業 していること 等 により 賃 金 が 支 払 われないか 又 は 低 下 若 しくは 上 昇 し た 報 酬 の 額 に 基 づく 標 準 報 酬 月 額 等 級 と 低 下 若 しくは 上 昇 する 前 の 標 準 報 酬 月 額 等 級 との 間 に2 等 級 以 上 の 差 を 生 じた 場 合 ( 従 前 の 等 級 が 第 2 級 の 場 合 には 報 酬 月 額 が5 万 3 千 円 未 満 になった 場 合 )をいうものとすること ま た この 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 があったものとして 取 り 扱 って 差 し 支 えな いものとすること (3) 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 に 関 する 届 出 等 について ⅰ (1)のⅰ 又 はⅱにより 標 準 報 酬 月 額 が 改 定 されるべき 被 保 険 者 を 使 用 する 事 業 主 は 省 令 第 1 条 の 規 定 により 健 保 保 険 者 等 に 対 して 届 出 を 行 うもの とすること ⅱ (1)のⅰ 又 はⅱにより 改 定 された 標 準 報 酬 月 額 は 平 成 23 年 8 月 までの 標 準 報 酬 月 額 とし 平 成 23 年 9 月 からは 定 時 決 定 により 決 定 された 標 準 報 酬 月 額 を 用 いること ただし 平 成 23 年 7 月 から12 月 までの 間 に (1)のⅰ 又 はⅱ の 特 例 により 改 定 された 標 準 報 酬 月 額 については 平 成 24 年 1 月 以 降 通 常 の 随 時 改 定 がなされない 限 り 平 成 24 年 8 月 までの 標 準 報 酬 月 額 とすること (4) 傷 病 手 当 金 及 び 出 産 手 当 金 の 算 定 について ⅰ 法 第 49 条 第 4 項 の 規 定 により 平 成 23 年 3 月 11 日 において 現 に 傷 病 手 当 金 の 支 給 を 受 けている 者 若 しくは 受 けるべき 者 又 は 大 震 災 による 被 害 を 受 けた ことにより 傷 病 手 当 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 分 として 支 給 する 傷 病 手 当 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 標 準 報 酬 月 額 について は (1)のⅰによる 改 定 前 の 標 準 報 酬 月 額 とすること ただし (1)のⅱによ る 改 定 が 行 われた 場 合 には (1)のⅰによる 改 定 前 の 標 準 報 酬 月 額 と (1)の ⅱによる 改 定 後 の 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 方 の 標 準 報 酬 月 額 とすること ⅱ 法 第 49 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 23 年 3 月 11 日 において 現 に 出 産 手 当 金 の 支 給 を 受 けている 者 又 は 受 けるべき 者 に 対 して 支 給 する 出 産 手 当 金 につい ても ⅰと 同 様 に 取 り 扱 うものとすること 5 保 険 料 の 免 除 の 特 例 に 関 する 事 項 (1) 保 険 料 の 免 除 の 特 例 法 第 57 条 の 規 定 により 健 保 保 険 者 等 は 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 所 在 していた 適 用 事 業 所 の 事 業 主 から 申 請 があった 場 合 において 当 該 適 用 事 業 所 の 事 業 が 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 当 該 適 用 事 業 所 に 使 用 される 被 保 険 者 に 対 する 報 酬 の 支 払 いに 著 しい 支 障 が 生 じている 場 合 当 該 報 酬 の 支 払 いに 著 しい 支 障 が 生 じている 間 において 納 付 すべき 保 険 料 ( 被 保 険 者 本 人 負 担 分 及 び 事 業 主 負 担 分 )の 額 を 免 除 することができるもの とすること (2) 保 険 料 の 免 除 の 特 例 の 要 件 について 6

8 ⅰ (1)における 事 業 所 の 事 業 が 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことの 範 囲 につい ては 4の(2)ⅰによるものとすること ⅱ (1)における 報 酬 の 支 払 いに 著 しい 支 障 が 生 じている 場 合 とは 事 業 の 全 部 又 は 一 部 が 休 業 していること 等 により 概 ね 過 半 の 従 業 員 について 賃 金 が 支 払 われていないか 又 は 標 準 報 酬 月 額 の 下 限 に 相 当 する 賃 金 しか 支 払 わ れていないという 事 態 が 生 じている 場 合 がこれに 該 当 するものであること (3) 免 除 期 間 について 免 除 期 間 は 最 長 1 年 間 ( 平 成 24 年 2 月 納 付 分 の 保 険 料 まで)とすること (4) 保 険 料 の 免 除 の 申 請 等 について 保 険 料 の 免 除 を 受 けようとする 事 業 主 は 省 令 第 2 条 の 規 定 により 健 保 保 険 者 に 申 請 を 行 うこと また 保 険 料 の 免 除 を 受 けた 事 業 主 は 平 成 24 年 2 月 までの 間 において 当 該 事 業 所 に 使 用 される 被 保 険 者 に 対 する 報 酬 の 支 払 いに 著 しい 支 障 がなくなったときは 省 令 第 3 条 の 規 定 により その 旨 を 健 保 保 険 者 に 届 け 出 なければならないものとすること (5) 賞 与 について (1) 及 び(2)により 報 酬 に 関 する 保 険 料 が 免 除 されている 場 合 は 賞 与 につ いても 概 ね 過 半 の 被 保 険 者 について 賞 与 が 支 払 われていないか 又 は 賞 与 の 額 が6 万 3 千 円 未 満 の 場 合 には 賞 与 に 関 する 保 険 料 についても 免 除 の 対 象 となること (6) 調 整 保 険 料 等 について 健 康 保 険 法 附 則 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 調 整 保 険 料 及 び 介 護 保 険 の 第 二 号 保 険 料 については (1)と 同 様 に 免 除 の 対 象 となること 6 日 本 年 金 機 構 への 委 任 法 第 104 条 の 規 定 により 上 記 4 及 び5について 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 に 係 る 事 務 は 日 本 年 金 機 構 ( 以 下 機 構 という )に 行 わせるものとすること 7 地 方 厚 生 局 長 等 への 委 任 次 の(1) 及 び(2)の 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 は 地 方 厚 生 局 長 へ 委 任 するものとす ること ただし 厚 生 労 働 大 臣 が 自 ら 行 うことを 妨 げないこと (1) 6において 機 構 に 委 任 した 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 に 係 る 事 務 について 機 構 から 厚 生 労 働 大 臣 が 自 らその 業 務 を 行 うよう 求 めがあった 場 合 において 必 要 があると 認 めるとき 又 は 機 構 が 天 災 その 他 の 事 由 により 当 該 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 行 うことが 困 難 若 しくは 不 適 当 となったと 認 めるときにおい て 厚 生 労 働 大 臣 が 当 該 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 行 うこととした 場 合 における 当 該 権 限 (2) (1)により 厚 生 労 働 大 臣 が 上 記 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 自 ら 行 うこととし 又 は 自 ら 行 っている 当 該 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 行 わないことした 場 合 にお ける その 旨 の 公 示 また (1) 及 び(2)の 権 限 のうち 地 方 厚 生 支 局 の 管 轄 区 域 に 係 るものは 地 方 厚 生 支 局 長 に 委 任 すること ただし 地 方 厚 生 局 長 が 当 該 権 限 を 自 ら 行 うことを 7

9 妨 げないこと Ⅱ 船 員 保 険 関 係 1 一 部 負 担 金 の 支 払 いの 免 除 に 関 する 事 項 健 康 保 険 関 係 の1と 同 様 であること 2 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 事 項 健 康 保 険 関 係 の2と 同 様 であること 3 公 費 負 担 医 療 との 調 整 に 関 する 事 項 健 康 保 険 関 係 の3と 同 様 であること 4 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 の 特 例 に 関 する 事 項 (1) 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 の 特 例 について 健 康 保 険 関 係 の4の(1)と 同 様 であること (2) 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 の 特 例 の 要 件 について 健 康 保 険 関 係 の4の(2)と 同 様 であること (3) 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 に 関 する 届 出 等 について 健 康 保 険 関 係 の4の(3)ⅰと 同 様 であること (4) 傷 病 手 当 金 及 び 出 産 手 当 金 の 算 定 について 健 康 保 険 関 係 の4の(4)と 同 様 であること (5) 休 業 手 当 金 等 の 算 定 について ⅰ 法 第 59 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 23 年 3 月 11 日 において 現 に 休 業 手 当 金 の 支 給 を 受 けている 者 若 しくは 受 けるべき 者 又 は 大 震 災 による 被 害 を 受 けた ことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 若 しくは 負 傷 に 係 る 休 業 手 当 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 当 該 休 業 手 当 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 標 準 報 酬 日 額 については 法 第 59 条 第 1 項 の 規 定 による 改 定 前 の 標 準 報 酬 月 額 ( 以 下 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 という )の30 分 の1に 相 当 する 額 とする こと ただし 同 条 第 2 項 の 規 定 による 改 定 が 行 われた 場 合 には 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 同 項 の 規 定 による 改 定 後 の 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 方 の 標 準 報 酬 月 額 の30 分 の1に 相 当 する 額 とすること ⅱ 法 第 59 条 第 6 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 に 係 る 障 害 年 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 当 該 障 害 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 最 終 標 準 報 酬 日 額 につい ては 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 最 終 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 標 準 報 酬 月 額 の30 分 の1に 相 当 する 額 とすること ⅲ 法 第 59 条 第 7 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 に 係 る 障 害 手 当 金 の 支 給 を 受 け る 者 について 当 該 障 害 手 当 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 最 終 標 準 報 酬 月 額 に ついては 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 最 終 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 標 準 報 酬 8

10 月 額 とすること ⅳ 法 第 59 条 第 8 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 に 係 る 障 害 差 額 一 時 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 当 該 障 害 差 額 一 時 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 最 終 標 準 報 酬 月 額 については 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 最 終 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 標 準 報 酬 月 額 とすること ⅴ 法 第 59 条 第 9 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 疾 病 又 は 負 傷 を 発 した 者 がその 後 に 死 亡 した 場 合 に その 遺 族 に 対 して 支 給 される 障 害 年 金 差 額 一 時 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 最 終 標 準 報 酬 月 額 については 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 最 終 標 準 報 酬 月 額 のいず れか 高 い 標 準 報 酬 月 額 とすること ⅵ 法 第 59 条 第 10 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 により 死 亡 したものの 遺 族 のう ち 遺 族 年 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 当 該 遺 族 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 とな る 最 終 標 準 報 酬 日 額 については 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 最 終 標 準 報 酬 月 額 の いずれか 高 い 標 準 報 酬 月 額 の30 分 の1に 相 当 する 額 とすること ⅶ 法 第 59 条 第 11 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 により 死 亡 したものの 遺 族 のう ち 遺 族 一 時 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 当 該 遺 族 一 時 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 最 終 標 準 報 酬 月 額 については 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 最 終 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 標 準 報 酬 月 額 とすること ⅷ 法 第 59 条 第 12 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 により 死 亡 したものの 遺 族 のう ち 遺 族 年 金 差 額 一 時 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 当 該 遺 族 年 金 差 額 一 時 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 最 終 標 準 報 酬 月 額 については 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 最 終 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 標 準 報 酬 月 額 とすること ⅸ 法 第 59 条 第 13 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 に 係 る 障 害 前 払 一 時 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 当 該 障 害 前 払 一 時 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 最 終 標 準 報 酬 日 額 については 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 最 終 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 標 準 報 酬 月 額 の30 分 の1に 相 当 する 額 とすること ⅹ 法 第 59 条 第 14 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 により 死 亡 したものの 遺 族 のう ち 遺 族 前 払 一 時 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 当 該 遺 族 前 払 一 時 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 最 終 標 準 報 酬 日 額 は 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 最 終 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 標 準 報 酬 月 額 の30 分 の1に 相 当 する 額 とすること ⅹⅰ 政 令 第 4 条 第 1 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 により 死 亡 したものに 係 る 葬 祭 料 付 加 金 の 支 給 を 受 ける 者 について 当 該 葬 祭 料 付 加 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 標 準 報 酬 月 額 は 改 定 前 標 準 報 酬 月 額 と 資 格 喪 失 した 当 時 の 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 高 い 標 準 報 酬 月 額 とすること 9

11 ⅹⅱ 政 令 第 4 条 第 2 項 の 規 定 により 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に 発 した 疾 病 又 は 負 傷 により 死 亡 したものに 係 る 家 族 葬 祭 料 付 加 金 についても ⅹⅰと 同 様 に 取 り 扱 うものとすること 5 保 険 料 の 免 除 の 特 例 に 関 する 事 項 健 康 保 険 関 係 の5( 調 整 保 険 料 に 関 する 取 扱 いを 除 く )と 同 様 であること 6 死 亡 に 係 る 給 付 の 特 例 に 関 する 事 項 (1) 死 亡 に 係 る 給 付 の 特 例 について 法 第 60 条 の 規 定 により 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 太 平 洋 沖 地 震 による 災 害 により 行 方 不 明 となった 者 の 生 死 が 震 災 発 生 日 から3か 月 間 分 か らない 場 合 又 はその 者 の 死 亡 が 当 該 地 震 発 生 の 日 から3か 月 以 内 に 明 らかと なり かつ その 死 亡 の 時 期 が 分 からない 場 合 には 船 員 保 険 法 の 死 亡 に 係 る 給 付 の 支 給 に 関 する 規 定 の 適 用 については 同 日 に その 者 は 死 亡 した ものと 推 定 するものとすること (2) 対 象 となる 給 付 の 範 囲 死 亡 に 係 る 給 付 の 特 例 の 対 象 範 囲 は 次 に 掲 げるとおりであること ⅰ 船 員 保 険 法 ( 昭 和 14 年 法 律 第 73 号 ) 関 係 1 葬 祭 料 ( 船 員 保 険 法 第 72 条 ) 2 家 族 葬 祭 料 ( 船 員 保 険 法 第 80 条 ) 3 障 害 年 金 差 額 一 時 金 ( 船 員 保 険 法 第 92 条 ) 4 遺 族 年 金 ( 船 員 保 険 法 第 97 条 ) 5 遺 族 一 時 金 ( 船 員 保 険 法 第 101 条 ) 6 遺 族 年 金 差 額 一 時 金 ( 船 員 保 険 法 第 102 条 ) 7 未 支 給 の 保 険 給 付 ( 船 員 保 険 法 第 38 条 ) ⅱ 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 60 年 法 律 第 34 号 ) 第 5 条 による 改 正 前 の 船 員 保 険 法 ( 以 下 昭 和 60 年 改 正 前 船 員 保 険 法 という ) 関 係 1 遺 族 年 金 ( 昭 和 60 年 改 正 前 船 員 保 険 法 第 50 条 同 法 第 50 条 の4の 規 定 に より 転 給 される 場 合 に 限 る ) 2 未 支 給 の 保 険 給 付 ( 昭 和 60 年 改 正 前 船 員 保 険 法 第 27 条 の2) ⅲ 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 30 号 ) 第 4 条 による 改 正 前 の 船 員 保 険 法 ( 以 下 平 成 22 年 改 正 前 船 員 保 険 法 という ) 関 係 1 遺 族 年 金 ( 平 成 22 年 改 正 前 船 員 保 険 法 第 50 条 同 法 第 50 条 の4の 規 定 に より 転 給 される 場 合 に 限 る ) 2 未 支 給 の 保 険 給 付 ( 平 成 22 年 改 正 前 船 員 保 険 法 第 27 条 の2) 7 日 本 年 金 機 構 への 委 任 法 第 104 条 の 規 定 により 上 記 4 及 び5について 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 に 係 る 事 務 は 機 構 に 行 わせるものとすること 8 地 方 厚 生 局 長 等 への 委 任 10

12 次 の(1) 及 び(2)の 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 は 地 方 厚 生 局 長 へ 委 任 するものとす ること ただし 厚 生 労 働 大 臣 が 自 ら 行 うことを 妨 げないこと (1) 7において 機 構 に 委 任 した 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 に 係 る 事 務 について 機 構 から 厚 生 労 働 大 臣 が 自 らその 業 務 を 行 うよう 求 めがあった 場 合 において 必 要 があると 認 めるとき 又 は 機 構 が 天 災 その 他 の 事 由 により 当 該 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 行 うことが 困 難 若 しくは 不 適 当 となったと 認 めるときにおい て 厚 生 労 働 大 臣 が 当 該 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 行 うこととした 場 合 における 当 該 権 限 (2) (1)により 厚 生 労 働 大 臣 が 上 記 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 自 ら 行 うこととし 又 は 自 ら 行 っている 当 該 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 行 わないことした 場 合 にお ける その 旨 の 公 示 また (1) 及 び(2)の 権 限 のうち 地 方 厚 生 支 局 の 管 轄 区 域 に 係 るものは 地 方 厚 生 支 局 長 に 委 任 すること ただし 地 方 厚 生 局 長 が 当 該 権 限 を 自 ら 行 うことを 妨 げないこと Ⅲ 国 民 健 康 保 険 関 係 1 一 部 負 担 金 の 支 払 いの 免 除 に 関 する 事 項 (1) 一 部 負 担 金 の 支 払 いの 免 除 の 要 件 について 国 民 健 康 保 険 の 保 険 者 ( 以 下 国 保 保 険 者 という )は 次 のいずれかの 要 件 に 該 当 する 被 保 険 者 ( 以 下 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 という )について は 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 及 び 減 免 並 びに 保 険 医 療 機 関 等 の 一 部 負 担 金 の 取 扱 いについて ( 昭 和 34 年 3 月 30 日 付 け 保 発 第 21 号 )にかかわらず 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 192 号 ) 第 44 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 により 一 部 負 担 金 を 免 除 して 差 し 支 えないこと 1 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 住 家 の 全 半 壊 全 半 焼 又 はこれに 準 ず る 被 災 をしたもの 2 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより その 者 の 属 する 世 帯 の 主 たる 生 計 維 持 者 が 死 亡 し 又 は 重 篤 な 傷 病 を 負 ったもの 3 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより その 者 の 属 する 世 帯 の 主 たる 生 計 維 持 者 の 行 方 が 不 明 であるもの 4 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより その 者 の 属 する 世 帯 の 主 たる 生 計 維 持 者 が 業 務 を 廃 止 し 又 は 休 止 したもの 5 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより その 者 の 属 する 世 帯 の 主 たる 生 計 維 持 者 が 失 職 し 現 在 収 入 がないもの 6 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 第 15 条 第 3 項 の 規 定 による 避 難 のための 立 11

13 退 き 又 は 屋 内 への 退 避 に 係 る 内 閣 総 理 大 臣 の 指 示 の 対 象 地 域 であるため 避 難 又 は 退 避 を 行 っているもの 7 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 第 20 条 第 3 項 の 規 定 による 計 画 的 避 難 区 域 及 び 緊 急 時 避 難 準 備 区 域 の 設 定 に 係 る 原 子 力 災 害 対 策 本 部 長 の 指 示 の 対 象 となっているもの 8 その 他 上 記 の1から7までに 準 ずる 者 として 国 保 保 険 者 が 認 めたもの (2) 免 除 措 置 の 期 間 について (1)の 免 除 措 置 は (1)の1から5までについては 平 成 23 年 3 月 11 日 から (1)の6 及 び7については 指 示 があった 日 から それぞれ 平 成 24 年 2 月 29 日 ま での 間 に 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 が 受 けた 療 養 について 適 用 するものとするこ と ただし (1)の3に 該 当 する 者 については 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 に おいて 主 たる 生 計 維 持 者 の 行 方 が 明 らかとなるまでの 間 に 受 けた 療 養 につい て (1)の6 又 は7に 該 当 する 者 であって 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 において 当 該 指 示 が 解 除 されたものについては 別 途 定 める 日 までの 間 に 受 けた 療 養 について 適 用 するものとすること (3) 免 除 証 明 書 について ⅰ 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 は 保 険 医 療 機 関 等 について 療 養 の 給 付 を 受 ける 際 に 国 民 健 康 保 険 一 部 負 担 金 等 免 除 証 明 書 ( 以 下 Ⅲにおいて 免 除 証 明 書 という )を 被 保 険 者 証 に 添 えて 当 該 保 険 医 療 機 関 等 に 提 出 しなければならな いこと( 保 険 薬 局 の 場 合 にあっては 処 方 せんに 免 除 証 明 書 を 添 えるもので あること 以 下 Ⅲにおいて 同 じ) ⅱ 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 は 別 途 通 知 するところにより あらかじめ 国 保 保 険 者 に 対 して 申 請 を 行 い 免 除 証 明 書 の 交 付 を 受 けるものとすること ⅲ ⅰにかかわらず 国 保 保 険 者 による 免 除 証 明 書 の 発 行 準 備 のため 平 成 23 年 6 月 末 までは 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 を 継 続 することとし この 間 に 国 保 保 険 者 は 免 除 証 明 書 を 速 やかに 発 行 するよう 努 めること なお 平 成 23 年 7 月 1 日 以 降 については 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 の 取 扱 いは 終 了 する 予 定 である ので 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 は 被 保 険 者 証 に 免 除 証 明 書 を 添 えて 受 診 するこ と ⅳ 支 払 猶 予 期 間 中 保 険 医 療 機 関 等 の 窓 口 において 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 を 受 けて 受 診 した 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 の 費 用 の 支 払 いについては 免 除 証 明 書 を 提 示 して 受 診 したものと 同 様 の 取 扱 いとすること ⅴ ⅰからⅲまでにかかわらず 資 格 管 理 システムの 滅 失 等 の 著 しい 行 政 機 能 の 障 害 があることや 大 部 分 の 住 民 が 避 難 指 示 等 の 対 象 となり 行 政 事 務 が 混 乱 していること 等 の 理 由 により 平 成 23 年 6 月 末 までに 免 除 証 明 書 を 発 行 す ることが 困 難 である 旨 の 申 出 を 行 った 市 町 村 ( 法 第 2 条 第 2 項 に 定 める 特 定 被 災 地 方 公 共 団 体 に 限 る )の 行 う 国 民 健 康 保 険 の 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 に ついては 7 月 1 日 以 降 も 免 除 証 明 書 の 交 付 が 完 了 するまでの 間 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 を 継 続 するので 該 当 する 国 保 保 険 者 は 別 途 通 知 する 様 式 に より 平 成 23 年 5 月 16 日 までに 県 を 通 じて 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 に 申 し 出 ること なお 申 出 を 行 った 市 町 村 については 後 期 高 齢 者 医 療 12

14 制 度 の 一 部 負 担 金 についても 同 様 の 取 扱 いとするため 申 出 を 行 う 場 合 には 各 担 当 間 で 十 分 調 整 されたいこと ⅵ ⅴの 申 出 を 行 った 国 保 保 険 者 のうち 市 町 村 の 全 域 が(1)の6 又 は7の 指 示 の 対 象 地 域 となっているものについては 被 保 険 者 が 保 険 医 療 機 関 等 におい て 被 保 険 者 証 を 提 示 すれば 当 該 被 保 険 者 証 に 記 載 された 住 所 により 保 険 医 療 機 関 等 が 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 であることを 判 断 できることから 被 保 険 者 証 の 提 示 により 免 除 証 明 書 の 提 示 に 代 えることができること (4) 一 部 負 担 金 の 還 付 について 次 に 掲 げる 者 が 保 険 医 療 機 関 等 について 療 養 の 給 付 等 を 受 けようとする 際 に 国 民 健 康 保 険 法 第 42 条 第 1 項 の 規 定 により 当 該 保 険 医 療 機 関 等 に 支 払 った 一 部 負 担 金 については 国 保 保 険 者 に 申 請 を 行 うことにより 国 保 保 険 者 か ら 還 付 を 受 けることができるものとすること ただし 既 に 高 額 療 養 費 の 支 給 を 受 けている 場 合 等 においては 当 該 支 給 額 を 控 除 した 額 を 還 付 するもの とすること 1 平 成 23 年 6 月 末 までの 支 払 猶 予 期 間 に(1)の1から8までのいずれかの 要 件 に 該 当 していたが 一 部 負 担 金 の 支 払 いを 行 った 者 2 支 払 猶 予 期 間 の 終 了 後 であって 国 保 保 険 者 の 理 由 によって 免 除 証 明 書 の 交 付 を 受 けていない 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 その 他 の 免 除 証 明 書 を 保 険 医 療 機 関 等 に 提 出 しなかったことがやむを 得 ないと 認 められる 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 (5) 保 険 外 併 用 療 養 費 療 養 費 訪 問 看 護 療 養 費 及 び 特 別 療 養 費 の 一 部 負 担 金 相 当 額 について 国 民 健 康 保 険 法 第 53 条 第 2 項 第 1 号 ( 同 法 第 54 条 の3 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 及 び 第 54 条 の2 第 4 項 の 規 定 により 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 に 対 して 支 給 される 保 険 外 併 用 療 養 費 訪 問 看 護 療 養 費 及 び 特 別 療 養 費 の 一 部 負 担 金 相 当 額 についても 一 部 負 担 金 に 準 じて 取 り 扱 うものとすること また 法 第 70 条 の 規 定 により 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 に 対 して 支 給 される 療 養 費 の 一 部 負 担 金 相 当 額 についても 一 部 負 担 金 に 準 じて 取 り 扱 うものと すること 2 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 事 項 (1) 標 準 負 担 額 の 免 除 について 国 保 保 険 者 は 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 に 対 して 入 院 時 食 事 療 養 費 又 は 入 院 時 生 活 療 養 費 を 支 給 するに 当 たっては 法 第 67 条 又 は 第 68 条 の 規 定 により 標 準 負 担 額 を 免 除 するものとし 当 該 入 院 時 食 事 療 養 費 に 関 する 食 事 療 養 又 は 当 該 入 院 時 生 活 療 養 費 に 関 する 生 活 療 養 につき 算 定 した 費 用 の 額 (その 額 が 現 に 当 該 食 事 療 養 又 は 生 活 療 養 に 要 した 費 用 の 額 を 超 えるときは 当 該 現 に 食 事 療 養 又 は 生 活 療 養 に 要 した 費 用 の 額 )を 特 例 として 支 給 するものとす ること また 法 第 69 条 から 第 71 条 までの 規 定 により 入 院 時 の 食 事 療 養 又 は 生 活 療 養 に 関 する 保 険 外 併 用 療 養 費 療 養 費 及 び 特 別 療 養 費 の 額 についても 同 様 13

15 の 特 例 措 置 を 行 うものであること (2) 特 例 措 置 の 期 間 について (1)の 特 例 措 置 は 特 例 対 象 期 間 に 免 除 対 象 国 保 被 保 険 者 が 受 けた 療 養 につ いて 適 用 するものとすること (3) 免 除 証 明 書 の 取 扱 いについて 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 免 除 証 明 書 の 取 扱 いについては 1の(3)に 準 ずるものとすること (4) 標 準 負 担 額 の 還 付 について 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 標 準 負 担 額 の 還 付 については 1の(4)に 準 ずるものとすること 3 公 費 負 担 医 療 との 調 整 に 関 する 事 項 健 康 保 険 関 係 の3と 同 様 であること 4 保 険 料 ( 税 )の 免 除 に 関 する 事 項 国 民 健 康 保 険 の 保 険 料 ( 税 )の 減 免 についての 取 扱 いは 災 害 による 国 民 健 康 保 険 料 ( 税 )の 減 免 に 伴 う 特 別 調 整 交 付 金 の 算 定 基 準 について ( 昭 和 42 年 6 月 30 日 付 け 保 発 第 24 号 )により 示 されているところであるが 大 震 災 に 伴 う 保 険 料 ( 税 )の 免 除 の 取 扱 いについては 別 途 通 知 する 予 定 であること Ⅳ 後 期 高 齢 者 医 療 関 係 1 一 部 負 担 金 の 支 払 いの 免 除 に 関 する 事 項 (1) 一 部 負 担 金 の 支 払 いの 免 除 の 要 件 について 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 は 次 のいずれかの 要 件 に 該 当 する 被 保 険 者 ( 以 下 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 という )については 一 部 負 担 金 の 減 額 免 除 又 は 徴 収 猶 予 並 びに 徴 収 に 関 する 処 分 の 取 扱 いについて ( 平 成 20 年 3 月 24 日 付 け 保 総 発 第 号 )にかかわらず 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 57 年 法 律 第 80 号 ) 第 69 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 により 一 部 負 担 金 を 免 除 して 差 し 支 えないこと 1 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより 住 家 の 全 半 壊 全 半 焼 又 はこれに 準 ず る 被 災 をしたもの 2 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより その 者 の 属 する 世 帯 の 主 たる 生 計 維 持 者 が 死 亡 し 又 は 重 篤 な 傷 病 を 負 ったもの 3 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより その 者 の 属 する 世 帯 の 主 たる 生 計 維 持 者 の 行 方 が 不 明 であるもの 4 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより その 者 の 属 する 世 帯 の 主 たる 生 計 維 持 14

16 者 が 業 務 を 廃 止 し 又 は 休 止 したもの 5 平 成 23 年 3 月 11 日 に 特 定 被 災 区 域 に 住 所 を 有 していた 者 であって 大 震 災 による 被 害 を 受 けたことにより その 者 の 属 する 世 帯 の 主 たる 生 計 維 持 者 が 失 職 し 現 在 収 入 がないもの 6 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 第 15 条 第 3 項 の 規 定 による 避 難 のための 立 退 き 又 は 屋 内 への 退 避 に 係 る 内 閣 総 理 大 臣 の 指 示 の 対 象 地 域 であるため 避 難 又 は 退 避 を 行 っているもの 7 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 第 20 条 第 3 項 の 規 定 による 計 画 的 避 難 区 域 及 び 緊 急 時 避 難 準 備 区 域 の 設 定 に 係 る 原 子 力 災 害 対 策 本 部 長 の 指 示 の 対 象 となっているもの 8 その 他 上 記 の1から7までに 準 ずる 者 として 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 認 めたもの (2) 免 除 措 置 の 期 間 について (1)の 免 除 措 置 は (1)の1から5までについては 平 成 23 年 3 月 11 日 から (1)の6 及 び7については 指 示 があった 日 から それぞれ 平 成 24 年 2 月 29 日 ま での 間 に 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 が 受 けた 療 養 について 適 用 するも のとすること ただし (1)の3に 該 当 する 者 については 平 成 24 年 2 月 29 日 までの 間 において 主 たる 生 計 維 持 者 の 行 方 が 明 らかとなるまでの 間 に 受 け た 療 養 について (1)の6 又 は7に 該 当 する 者 であって 平 成 24 年 2 月 29 日 まで の 間 において 当 該 指 示 が 解 除 されたものについては 別 途 定 める 日 までの 間 に 受 けた 療 養 について 適 用 するものとすること (3) 免 除 証 明 書 について ⅰ 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 は 保 険 医 療 機 関 等 について 療 養 の 給 付 を 受 ける 際 に 後 期 高 齢 者 医 療 一 部 負 担 金 等 免 除 証 明 書 ( 以 下 免 除 証 明 書 という )を 被 保 険 者 証 に 添 えて 当 該 保 険 医 療 機 関 等 に 提 出 しなければならな いこと( 保 険 薬 局 の 場 合 にあっては 処 方 せんに 免 除 証 明 書 を 添 えるもので あること 以 下 同 じ ) ⅱ 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 は あらかじめ 市 町 村 を 通 じて 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 に 対 して 申 請 を 行 い 免 除 証 明 書 の 交 付 を 受 けるものとする こと ⅲ ⅰにかかわらず 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 による 免 除 証 明 書 の 発 行 準 備 の ため 平 成 23 年 6 月 末 までは 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 を 継 続 することとし こ の 間 に 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 は 免 除 証 明 書 を 速 やかに 発 行 するよう 努 める こと なお 平 成 23 年 7 月 1 日 以 降 については 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 の 取 扱 いは 終 了 する 予 定 であるので 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 は 被 保 険 者 証 に 免 除 証 明 書 を 添 えて 受 診 すること ⅳ 支 払 猶 予 期 間 中 保 険 医 療 機 関 等 の 窓 口 において 一 部 負 担 金 の 支 払 猶 予 を 受 けて 受 診 した 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 の 費 用 の 支 払 については 免 除 証 明 書 を 提 示 して 受 診 したものと 同 様 の 取 扱 いとするものであること ⅴ ⅰからⅲまでにかかわらず Ⅲの1(3)ⅴの 申 出 を 行 った 市 町 村 の 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 については 7 月 1 日 以 降 も 免 除 証 明 書 の 交 付 が 完 15

17 了 するまでの 間 一 部 負 担 金 等 の 支 払 猶 予 を 継 続 するものとすること ⅵ Ⅲの1(3)ⅴの 申 出 を 行 った 市 町 村 のうち 市 町 村 の 全 域 が(1)の6 又 は7 の 指 示 の 対 象 地 域 となっているものについては 被 保 険 者 が 保 険 医 療 機 関 等 において 被 保 険 者 証 を 提 示 すれば 当 該 被 保 険 者 証 に 記 載 された 住 所 により 保 険 医 療 機 関 等 が 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 であることを 判 断 できる ことから 被 保 険 者 証 の 提 示 により 免 除 証 明 書 の 提 示 に 代 えることができる こと (4) 一 部 負 担 金 の 還 付 について 次 に 掲 げる 者 が 保 険 医 療 機 関 等 について 療 養 の 給 付 を 受 けようとする 際 に 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 第 67 条 第 1 項 の 規 定 により 当 該 保 険 医 療 機 関 等 に 支 払 った 一 部 負 担 金 については 市 町 村 を 通 じて 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 に 申 請 を 行 うことにより 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 から 還 付 を 受 けるこ とができるものとすること ただし 既 に 高 額 療 養 費 の 支 給 を 受 けている 場 合 等 においては 当 該 支 給 額 を 控 除 した 額 を 還 付 するものとすること 1 平 成 23 年 6 月 末 までの 支 払 猶 予 期 間 に(1)の1から8までのいずれかの 要 件 に 該 当 していたが 一 部 負 担 金 の 支 払 いを 行 った 者 2 支 払 猶 予 期 間 の 終 了 後 であって 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 の 理 由 によっ て 免 除 証 明 書 の 交 付 を 受 けていない 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 その 他 の 免 除 証 明 書 を 保 険 医 療 機 関 等 に 提 出 しなかったことがやむを 得 ないと 認 められる 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 (5) 保 険 外 併 用 療 養 費 療 養 費 訪 問 看 護 療 養 費 及 び 特 別 療 養 費 の 一 部 負 担 金 相 当 額 について 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 第 76 条 第 2 項 第 1 号 ( 同 法 第 82 条 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 及 び 第 78 条 第 4 項 の 規 定 により 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 に 対 して 支 給 される 保 険 外 併 用 療 養 費 訪 問 看 護 療 養 費 及 び 特 別 療 養 費 の 一 部 負 担 金 相 当 額 についても 一 部 負 担 金 に 準 じて 取 り 扱 うものとすること また 法 第 76 条 の 規 定 により 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 に 対 して 支 給 される 療 養 費 の 一 部 負 担 金 相 当 額 についても 一 部 負 担 金 に 準 じて 取 り 扱 うものとすること 2 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 事 項 (1) 標 準 負 担 額 の 免 除 について 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 は 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 に 対 して 入 院 時 食 事 療 養 費 又 は 入 院 時 生 活 療 養 費 を 支 給 するに 当 たっては 法 第 73 条 又 は 第 74 条 の 規 定 により 標 準 負 担 額 を 免 除 するものとし 当 該 入 院 時 食 事 療 養 費 に 関 する 食 事 療 養 又 は 当 該 入 院 時 生 活 療 養 費 に 関 する 生 活 療 養 につき 算 定 した 費 用 の 額 (その 額 が 現 に 当 該 食 事 療 養 又 は 生 活 療 養 に 要 した 費 用 の 額 を 超 えるときは 当 該 現 に 食 事 療 養 又 は 生 活 療 養 に 要 した 費 用 の 額 )を 特 例 として 支 給 するものとすること また 法 第 75 条 から 第 77 条 までの 規 定 により 入 院 時 の 食 事 療 養 又 は 生 活 16

18 療 養 に 関 する 保 険 外 併 用 療 養 費 療 養 費 及 び 特 別 療 養 費 の 額 についても 同 様 の 特 例 措 置 を 行 うものであること (2) 特 例 措 置 の 期 間 について 特 例 措 置 は 特 例 対 象 期 間 に 免 除 対 象 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 が 受 けた 療 養 について 適 用 するものとすること (3) 免 除 証 明 書 の 取 扱 いについて 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 免 除 証 明 書 の 取 扱 いについては 1の(3)に 準 ずるものとすること (4) 標 準 負 担 額 の 還 付 について 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 に 関 する 標 準 負 担 額 の 還 付 については 1の(4)に 準 ずるものとすること 3 公 費 負 担 医 療 との 調 整 に 関 する 事 項 健 康 保 険 関 係 の3( 指 定 公 費 に 関 する 取 扱 いを 除 く )と 同 様 であること 4 保 険 料 の 免 除 に 関 する 事 項 後 期 高 齢 者 医 療 の 保 険 料 の 減 免 についての 取 扱 いは 後 期 高 齢 者 医 療 の 特 別 調 整 交 付 金 の 算 定 基 準 について ( 平 成 20 年 8 月 11 日 付 け 保 発 第 号 )に より 示 されているところであるが 大 震 災 に 伴 う 保 険 料 の 免 除 の 取 扱 いについ ては 別 途 通 知 する 予 定 であること Ⅴ 適 用 関 係 今 般 の 特 例 措 置 については 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 の 特 例 及 び 保 険 料 の 免 除 の 特 例 は 平 成 23 年 3 月 1 日 から 入 院 時 食 事 療 養 費 入 院 時 生 活 療 養 費 等 の 額 の 特 例 は 同 年 3 月 11 日 から 適 用 するものとすること 17

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

H25要綱本文

H25要綱本文 新 潟 県 私 立 高 等 学 校 等 学 費 軽 減 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 6 年 5 月 30 日 制 定 平 成 7 年 4 月 25 日 一 部 改 正 平 成 8 年 4 月 22 日 一 部 改 正 平 成 10 年 3 月 20 日 一 部 改 正 平 成 11 年 4 月 21 日 一 部 改 正 平 成 12 年 6 月 9 日 一 部 改 正 平 成 14

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

平成18年度弥富町私立幼稚園就園

平成18年度弥富町私立幼稚園就園 弥 富 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 6 日 平 成 23 年 9 月 30 日 平 成 24 年 5 月 30 日 平 成 25 年 6 月 5 日 平 成 26 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 13 日 平 成 28 年 5 月 10

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ 事 務 連 絡 平 成 27 年 10 月 22 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 健 康 課 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 子 宮 頸 がん 等 ワクチン 接 種 緊 急 促 進 事 業 に 基 づく 接 種 に 係 る 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の 請 求 期 限 の 周 知 について( 依 頼

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特 標 準 報 酬 制 の 制 度 概 要 平 成 27 年 8 月 福 岡 市 職 員 共 済 組 合 1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

6-2第1種退職年金

6-2第1種退職年金 第 2 節 第 1 種 退 職 年 金 ( 支 給 要 件 ) 第 52 条 第 1 種 退 職 年 金 は 加 算 適 用 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 に その 者 に 支 給 する (1) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 10 年 以 上 である 者 又 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 3 年

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

標準報酬制について

標準報酬制について 標 準 報 酬 制 の 概 要 について 平 成 27 年 7 月 23 日 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 福 利 厚 生 課 経 理 係 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 (H24.8.10 国 会 にて 成 立 ) 1 公 務 員 等 が 加 入 する 共 済 年 金 2 民 間

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25 柏 原 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 園 児 の 保 護 者 に 対 し 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 その 他 給 付 を 行 う 場 合 に 柏 原 市 が 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 に 対 して 行 う 私

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information