<4D F736F F D F95BD90AC E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F C8892E8816A>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A>"

Transcription

1 平 成 27 年 度 公 益 社 団 法 人 日 本 眼 科 医 会 事 業 計 画 公 1 国 民 の 目 の 健 康 を 守 る 事 業 1 正 しい 眼 科 医 療 の 啓 発 および 教 育 活 動 に 関 する 事 業 [1] 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 啓 発 事 業 眼 科 医 療 情 報 の 発 信 目 の 疾 患 に 関 する 情 報 ロービジョン 施 設 に 関 する 情 報 目 の 健 康 についての 公 開 講 座 開 催 情 報 コンタクトレンズ 関 連 情 報 等 が 掲 載 されたホームページ( 一 般 向 け)を 運 営 し 国 民 に 正 しい 眼 科 医 療 を 啓 発 する 公 衆 衛 生 部 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 啓 発 (1) 国 民 に 対 する 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 啓 発 活 動 を 推 進 する (2) 日 本 眼 科 啓 発 会 議 における 大 局 に 着 眼 した 啓 発 活 動 を 日 本 眼 科 学 会 と 共 同 で 行 う (3) 目 の 愛 護 デー 行 事 を 推 進 する (4) 目 の 健 康 講 座 をブロックごとに 開 催 する (5) 各 地 の 公 衆 衛 生 活 動 を 随 時 日 本 の 眼 科 に 掲 載 する (6) 糖 尿 病 眼 手 帳 アトピー 眼 手 帳 緑 内 障 手 帳 等 各 種 手 帳 の 見 直 し 普 及 に 努 める (7) 目 の 電 話 相 談 事 業 の 整 備 と 推 進 を 行 う (8) 日 本 医 師 会 内 日 本 糖 尿 病 対 策 推 進 会 議 の 構 成 団 体 として 啓 発 活 動 を 推 進 する 広 報 部 広 報 活 動 の 実 施 本 会 の 事 業 活 動 を 会 員 および 広 く 国 民 に 紹 介 し 正 しい 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 普 及 に 尽 力 する ため 各 部 と 協 力 し マスメディアなどを 通 じて 以 下 の 内 外 広 報 活 動 に 積 極 的 に 取 り 組 む (1) 記 者 懇 談 会 等 を 開 催 する (2) 小 冊 子 目 と 健 康 シリーズの 発 行 企 画 監 修 に 協 力 する (3) マスメディアに 随 時 協 力 しながら 眼 科 医 療 の 重 要 性 を 伝 えていく 学 校 保 健 部 学 校 保 健 の 知 識 の 普 及 と 現 状 の 把 握 正 しい 眼 科 医 療 の 啓 発 および 教 育 活 動 のため 以 下 の 事 業 を 行 う (1) 健 康 教 育 健 康 相 談 などの 学 校 保 健 活 動 を 通 じて 目 の 正 しい 知 識 の 普 及 に 努 める また 学 校 保 健 安 全 法 に 関 する 諸 規 則 の 普 及 にも 努 める (2) 日 本 の 眼 科 および 本 会 ホームページに 学 校 保 健 に 関 する 情 報 を 掲 載 する (3) 公 衆 衛 生 部 と 連 携 をはかり 学 校 社 会 における 色 のバリアフリーを 啓 発 する - 1 -

2 (4) 日 本 学 校 保 健 会 が 発 行 する 色 覚 検 査 啓 発 資 料 の 作 成 周 知 に 協 力 する 1 色 覚 検 査 のガイドライン 2 色 覚 資 料 の 作 成 (5) 学 校 でのカラーコンタクトレンズについての 対 応 を 啓 発 する (6) 学 校 医 向 けの 眼 科 学 校 健 診 マニュアルの 作 成 について 検 討 し 準 備 を 開 始 する 医 療 対 策 部 医 療 問 題 の 適 正 化 に 対 する 対 策 (1) 国 民 に 安 全 な 眼 科 医 療 を 提 供 するために 医 療 に 対 する 社 会 諸 規 範 や 要 望 について 会 員 の 認 識 を 深 め 医 療 上 の 問 題 点 の 把 握 とその 改 善 に 努 力 する (2) 医 療 対 策 問 題 に 関 する 会 員 の 認 識 を 深 めるために 医 療 に 関 する 適 正 な 情 報 を 迅 速 かつ 正 確 に 会 員 に 伝 達 する (3) 眼 鏡 ならびにコンタクトレンズなど 屈 折 矯 正 に 関 する 最 新 の 医 学 的 見 解 や 知 見 を 会 員 の みならず 国 民 に 対 して 普 及 啓 発 活 動 を 行 うことよって 適 正 な 診 療 の 確 立 をはかる (4) 厚 生 労 働 省 文 部 科 学 省 をはじめ 関 係 諸 機 関 からのコンタクトレンズおよび 眼 科 診 療 に 関 する 研 究 および 会 議 への 招 聘 に 積 極 的 に 応 じて 必 要 な 提 言 や 協 力 を 行 う (5) コンタクトレンズに 関 する 諸 種 の 問 題 については 本 会 で 策 定 したコンタクトレンズグラ ンドビューおよび コンタクトレンズ 処 方 のあり 方 を 指 針 として 対 応 をはかる 他 カラー コンタクトレンズに 関 しては カラーソフトコンタクトレンズに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 指 針 としてコンタクトレンズ 協 議 会 と 協 調 しながら 対 応 を 検 討 する 不 当 な 医 行 為 への 対 策 国 民 の 目 の 健 康 を 守 るために 行 政 を 含 めた 関 係 諸 方 面 と 連 携 を 保 ちながら 眼 鏡 店 による 検 眼 等 非 医 師 を 含 めた 諸 種 の 不 当 な 医 行 為 に 対 する 実 効 性 のある 具 体 策 を 適 切 に 講 じてこれ を 可 能 な 限 り 排 除 し 国 民 に 安 全 な 眼 科 医 療 を 提 供 する [2] 調 査 事 業 学 校 保 健 部 学 校 保 健 の 知 識 の 普 及 と 現 状 の 把 握 (1) 平 成 27 年 度 学 校 現 場 におけるコンタクトレンズ 実 態 調 査 を 実 施 する (2) 日 本 眼 科 学 会 と 連 携 をはかり 大 学 基 幹 病 院 における 色 覚 検 査 機 器 等 の 整 備 に 関 する 実 態 を 把 握 し 対 策 を 検 討 する 医 療 対 策 部 医 療 問 題 の 適 正 化 に 対 する 対 策 医 療 上 の 問 題 に 関 して 独 自 に 各 種 アンケート 調 査 を 随 時 実 施 し 集 計 分 析 の 上 医 療 問 題 の 実 態 を 把 握 し その 結 果 を 会 員 に 周 知 するとともに 行 政 に 対 して 随 意 時 情 報 提 供 を 行 い 正 確 な 医 療 問 題 に 関 する 理 解 の 確 立 をはかる - 2 -

3 2 学 術 研 究 および 調 査 に 関 する 事 業 [3] 研 究 班 事 業 眼 科 学 の 進 歩 発 展 への 貢 献 および 眼 科 医 療 の 諸 問 題 の 検 討 (1) 今 後 の 視 覚 障 害 の 増 加 を 抑 制 するため 医 学 的 効 果 と 費 用 対 効 果 が 担 保 された 包 括 的 な 成 人 眼 検 診 プログラムを 確 立 提 示 することを 目 的 として 成 人 を 対 象 とした 眼 検 診 研 究 班 活 動 を 行 う (2) 日 本 眼 科 学 会 日 本 小 児 眼 科 学 会 日 本 網 膜 硝 子 体 学 会 日 本 眼 科 医 会 で 組 織 する 未 熟 児 網 膜 症 眼 科 管 理 対 策 委 員 会 に 参 画 する 3 地 域 医 療 の 発 達 向 上 と 普 及 に 関 する 事 業 [4] 眼 科 地 域 医 療 の 推 進 事 業 東 日 本 大 震 災 への 対 応 (1) 被 災 地 区 の 眼 科 医 療 の 復 興 に 協 力 する (2) 宮 城 県 眼 科 医 会 に 協 力 し 宮 城 県 地 域 医 療 復 興 計 画 に 基 づき ビジョンバン( 眼 科 医 療 支 援 車 両 )の 運 用 により 仮 設 住 宅 および 津 波 被 災 地 を 中 心 とした 地 域 において 眼 科 健 診 健 康 相 談 等 を 実 施 する (3) ビジョンバン 事 業 のために 特 別 編 成 された 宮 城 県 眼 科 医 会 日 本 眼 科 医 会 日 本 眼 科 学 会 日 本 視 能 訓 練 士 協 会 日 本 医 師 会 Mission vision van 委 員 会 日 本 医 療 機 器 協 会 眼 科 用 剤 協 会 日 本 コンタクトレンズ 協 会 ライオンズクラブからなる プロジェクト ビ ジョンバン で 有 事 におけるビジョンバンの 活 動 や 平 成 28 年 度 以 降 のビジョンバンの 運 営 について 検 討 計 画 していく 公 衆 衛 生 部 公 衆 衛 生 委 員 会 の 開 催 眼 科 公 衆 衛 生 活 動 に 関 わる 諸 問 題 ( 高 齢 者 医 療 福 祉 介 護 保 険 対 策 眼 感 染 症 対 策 難 病 疾 患 対 策 生 活 就 業 環 境 問 題 対 策 救 急 医 療 対 策 等 )を 検 討 するため 公 衆 衛 生 委 員 会 を 開 催 す る 学 校 保 健 部 関 連 団 体 との 連 携 強 化 文 部 科 学 省 日 本 学 校 保 健 会 および 日 本 医 師 会 等 の 学 校 保 健 事 業 に 協 力 し 各 団 体 が 主 催 す - 3 -

4 る 大 会 ( 全 国 学 校 保 健 学 校 医 大 会 日 本 臨 床 眼 科 学 会 指 定 都 市 学 校 保 健 協 議 会 等 )や 各 種 委 員 会 などに 積 極 的 に 参 加 することにより 眼 科 学 校 医 の 立 場 から 地 域 医 療 の 発 達 向 上 と 普 及 をはかる また 同 様 の 目 的 で 社 会 における 色 のバリアフリーについて 諸 団 体 と 連 携 をはか る 医 療 対 策 部 都 道 府 県 眼 科 医 会 との 連 携 の 強 化 (1) 国 民 に 安 全 な 眼 科 医 療 を 提 供 するために 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 医 療 対 策 担 当 者 と 緊 密 に 連 携 し 医 療 対 策 活 動 に 協 力 する (2) 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 医 療 対 策 担 当 者 からの 情 報 を 収 集 し 当 面 する 課 題 を 独 自 にアンケー ト 調 査 するなどして 情 報 を 分 析 し その 結 果 を 情 報 共 有 して 協 議 することよって 医 療 対 策 問 題 の 迅 速 な 解 決 をはかる (3) 医 療 対 策 委 員 会 を 開 催 し より 専 門 的 な 意 見 を 集 約 することによって 眼 科 医 療 に 関 する 諸 問 題 をより 多 角 的 に 検 討 し 効 率 良 い 対 応 を 行 う 眼 科 医 療 関 連 業 界 との 協 調 (1) 各 種 眼 科 医 療 関 連 団 体 と 共 に 開 催 される 日 本 コンタクトレンズ 協 議 会 ( 本 会 日 本 コン タクトレンズ 協 会 日 本 コンタクトレンズ 学 会 ) 眼 科 用 剤 協 議 会 ( 本 会 日 本 眼 科 学 会 眼 科 用 剤 協 会 ) 眼 科 医 療 機 器 協 議 会 ( 本 会 日 本 眼 科 学 会 日 本 眼 科 医 療 機 器 協 会 )に 参 加 し 情 報 を 共 有 し 国 民 に 安 全 な 医 療 の 提 言 をはかる (2) 眼 鏡 関 連 団 体 と 必 要 に 応 じて 随 時 協 議 する 勤 務 医 部 勤 務 医 会 員 のかかえる 地 域 医 療 上 の 諸 問 題 の 検 討 (1) 勤 務 医 会 員 のかかえる 地 域 医 療 上 の 諸 問 題 について 情 報 交 換 を 行 い それに 対 する 施 策 を 検 討 するため 勤 務 医 委 員 会 を 開 催 する (2) 勤 務 医 委 員 会 等 において 提 議 される 諸 問 題 を 掘 り 下 げて 検 討 するため 眼 科 勤 務 医 の 勤 務 環 境 検 討 小 委 員 会 を 開 催 する (3) 全 国 の 勤 務 医 会 員 が 直 接 に 交 流 し 地 域 医 療 上 の 諸 問 題 について 情 報 交 換 するため その 機 会 を 学 会 ( 日 本 臨 床 眼 科 学 会 時 のイブニングセミナー) 等 で 設 定 する 新 眼 科 医 数 の 動 向 の 調 査 と 検 討 医 療 を 取 り 巻 く 環 境 が 変 化 する 昨 今 眼 科 を 選 択 する 医 師 数 の 減 少 が 懸 念 されるため 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 協 力 のもと 新 眼 科 医 数 の 実 数 調 査 を 行 い 眼 科 指 向 者 の 実 態 の 把 握 に 努 める 日 本 の 眼 科 の 勤 務 医 の 頁 の 企 画 勤 務 医 会 員 に 地 域 医 療 に 関 する 情 報 提 供 を 行 うため 日 本 の 眼 科 の 勤 務 医 の 頁 を 毎 号 企 画 する 座 談 会 等 の 企 画 運 営 地 域 医 療 の 向 上 のため 勤 務 医 の 頁 特 別 企 画 として 勤 務 医 の 医 療 上 の 問 題 をテーマにした - 4 -

5 座 談 会 等 を 企 画 運 営 し その 模 様 を 日 本 の 眼 科 に 掲 載 する 都 道 府 県 眼 科 医 会 との 連 携 強 化 (1) 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 勤 務 医 部 担 当 者 と 連 携 を 密 にし 情 報 を 収 集 して 当 面 する 課 題 を 調 査 する さらにその 解 決 に 向 けて 努 力 する (2) 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 勤 務 医 活 動 を 支 援 する (3) 勤 務 医 会 員 への 情 報 伝 達 や 情 報 交 換 を 円 滑 に 進 めるため 各 ブロックにおける 勤 務 医 委 員 会 を 助 成 する 全 国 勤 務 医 連 絡 協 議 会 の 開 催 地 域 医 療 の 発 達 向 上 と 普 及 に 寄 与 するため 勤 務 医 会 員 のかかえる 医 療 上 の 諸 問 題 について 討 議 を 行 う 場 として 全 国 勤 務 医 連 絡 協 議 会 を 開 催 する 眼 科 入 局 促 進 事 業 への 補 助 (1) 眼 科 入 局 への 啓 発 事 業 を 進 めるため 各 ブロックに 助 成 する (2) 日 本 眼 科 啓 発 会 議 主 催 の 眼 科 サマーキャンプの 運 営 に 協 力 する [5] 眼 科 健 診 推 進 事 業 公 衆 衛 生 部 眼 科 健 診 事 業 の 推 進 (1) 三 歳 児 眼 科 健 康 診 査 事 業 を 推 進 する (2) 眼 科 医 過 疎 地 域 に 対 する 健 診 を 推 進 する (3) 公 的 な 眼 科 健 診 の 創 設 にむけ データを 構 築 し 戦 略 的 な 検 討 を 進 める (4) 自 動 車 運 転 免 許 取 得 更 新 時 における 適 切 な 眼 科 的 検 査 の 確 立 を 目 指 し 調 査 検 討 する (5) 警 察 庁 の 視 野 と 安 全 運 転 の 関 係 に 関 する 調 査 研 究 および 高 齢 者 講 習 の 在 り 方 に 関 す る 調 査 研 究 に 参 画 する (6) ビジョンバンに 関 する 眼 科 公 衆 衛 生 活 動 事 業 を 推 進 する 4 会 員 の 資 質 の 向 上 に 関 する 事 業 [6] 調 査 事 業 医 事 紛 争 の 調 査 と 防 止 対 策 の 検 討 (1) 国 民 が 安 心 して 眼 科 医 療 を 受 けられる 土 台 を 作 るため 継 続 的 に 眼 科 医 事 紛 争 事 例 調 査 を 実 施 して 結 果 を 分 析 する (2) 医 事 紛 争 相 談 窓 口 を 設 置 し 会 員 への 情 報 提 供 を 充 実 する また 必 要 に 応 じて 眼 科 医 事 紛 争 対 策 委 員 会 を 開 催 する [7] 眼 科 医 療 情 報 提 供 事 業 - 5 -

6 本 会 における 倫 理 の 高 揚 の 推 進 (1) 本 会 における 倫 理 の 高 揚 をはかる 方 策 を 検 討 するため 倫 理 委 員 会 を 開 催 し 会 員 の 啓 発 に 努 める (2) 会 員 に 倫 理 の 重 要 性 を 訴 え 倫 理 規 程 の 遵 守 を 求 めるためのプログラムとして 日 本 臨 床 眼 科 学 会 のインストラクションコースを 企 画 する 医 療 情 報 の 管 理 国 民 に 最 新 の 情 報 に 基 づいた 眼 科 医 療 を 提 供 するため 日 眼 医 情 報 室 を 運 営 し ホームペー ジ(メンバーズルーム)やメールマガジン 等 を 活 用 して 医 療 情 報 の 管 理 ならびに 情 報 公 開 を 行 う 学 校 保 健 部 各 種 教 材 などの 検 討 作 成 会 員 の 資 質 の 向 上 のため 以 下 の 事 業 を 行 う (1) 各 種 教 材 などの 企 画 作 成 の 検 討 および 監 修 を 行 う (2) 会 員 作 成 の CD-ROM の 普 及 に 努 める (3) 日 本 医 師 会 の 学 校 保 健 データベースに 協 力 する (4) 園 児 のための 視 力 検 査 のマニュアル ビデオを 各 地 区 教 育 委 員 会 医 師 会 学 校 関 係 者 および 会 員 へ 周 知 する 全 国 眼 科 学 校 医 連 絡 協 議 会 の 開 催 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 眼 科 学 校 医 相 互 の 情 報 の 交 換 討 議 のほか 研 修 の 場 として 全 国 眼 科 学 校 医 連 絡 協 議 会 を 運 営 し 会 員 の 資 質 の 向 上 をはかる 学 校 保 健 委 員 会 の 開 催 学 校 保 健 委 員 会 を 開 催 して 眼 科 学 校 保 健 に 関 わる 諸 問 題 を 検 討 し 会 員 の 資 質 の 向 上 をは かる 色 覚 検 討 委 員 会 ( 仮 称 )の 開 催 色 覚 検 討 委 員 会 ( 仮 称 )を 設 置 して 色 覚 に 関 わる 諸 問 題 を 検 討 し マニュアルを 作 成 して 会 員 の 資 質 の 向 上 をはかる 学 術 部 生 涯 教 育 事 業 の 実 施 (1) 生 涯 教 育 事 業 を 円 滑 に 遂 行 するため 学 術 委 員 会 を 開 催 する (2) 眼 科 医 療 の 知 識 を 習 得 する 場 として 生 涯 教 育 講 座 をはじめ 各 種 講 習 会 講 演 会 などの 企 画 開 催 を 推 進 し また これらの 地 区 開 催 に 協 力 する (3) 各 種 教 材 の 企 画 製 作 および 監 修 をする (4) 診 療 に 役 立 つ 学 術 知 識 を 提 供 するため 眼 科 医 の 手 引 を 日 本 の 眼 科 に 掲 載 する 日 本 眼 科 学 会 総 集 会 プログラム 委 員 会 への 参 画 - 6 -

7 日 本 眼 科 学 会 総 集 会 プログラム 委 員 会 に 参 画 し 日 本 眼 科 学 会 総 会 および 日 本 臨 床 眼 科 学 会 の 学 術 プログラムの 統 合 的 かつ 継 続 的 な 編 成 に 協 力 する 専 門 医 制 度 の 推 進 日 本 眼 科 学 会 専 門 医 制 度 の 運 営 に 参 画 し 眼 科 医 療 の 水 準 向 上 に 貢 献 する 新 専 門 医 制 度 への 対 応 (1) 新 専 門 医 制 度 について 日 本 医 師 会 日 本 眼 科 学 会 と 意 見 交 換 し 日 本 専 門 医 機 構 への 対 応 につき 検 討 する (2) 新 専 門 医 制 度 への 対 応 を 円 滑 に 遂 行 するため 新 専 門 医 制 度 対 応 委 員 会 を 立 ち 上 げ 検 討 する 眼 科 講 習 会 (ブロック 講 習 会 )の 推 進 診 療 に 役 立 つ 学 術 講 演 会 である 眼 科 講 習 会 (ブロック 講 習 会 )を 日 本 眼 科 学 会 と 共 催 する 都 道 府 県 眼 科 医 会 学 術 行 事 への 協 力 都 道 府 県 眼 科 医 会 で 開 催 する 学 術 行 事 に 協 力 する 日 本 医 師 会 の 生 涯 教 育 事 業 への 協 力 日 本 医 師 会 の 生 涯 教 育 制 度 に 対 応 する 卒 後 研 修 システムへの 対 応 日 本 眼 科 学 会 専 門 医 制 度 委 員 会 眼 科 研 修 プログラム 承 認 審 査 委 員 会 に 参 画 し 卒 後 研 修 シス テムづくりに 積 極 的 に 取 り 組 む 医 療 対 策 部 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 旧 薬 事 法 )への 対 応 (1) 国 民 が 安 心 してコンタクトレンズを 利 用 できる 環 境 を 整 えるために 会 員 および 国 民 が 高 度 管 理 医 療 機 器 であるコンタクトレンズを 適 切 に 管 理 できるよう 医 療 機 器 販 売 業 等 の 管 理 者 に 対 する 継 続 的 研 修 を 実 施 する 各 都 道 府 県 眼 科 医 会 に 協 力 する (2) 増 加 するコンタクトレンズによる 眼 障 害 を 防 止 するために コンタクトレンズに 関 する 諸 種 の 通 知 ( 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 通 知 コンタクトレンズの 適 正 使 用 に 関 する 情 報 提 供 等 の 徹 底 について (およびその 再 周 知 ))を 会 員 ならびに 国 民 に 広 く 周 知 することによって 高 度 管 理 医 療 機 器 等 販 売 管 理 者 を 兼 任 する 医 師 および 国 民 に 対 して 適 切 なコンタクトレン ズの 販 売 および 購 入 のための 啓 発 を 行 う (3) 増 加 するカラーコンタクトレンズによる 眼 障 害 を 防 止 するために 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 旧 薬 事 法 )や 行 政 通 知 を 遵 守 した 販 売 指 導 の 徹 底 を 行 政 と 連 携 しながら 推 進 してゆく 勤 務 医 部 勤 務 医 ( 特 に 新 入 医 局 員 )の 入 会 促 進 勤 務 医 ( 特 に 新 入 医 局 員 )の 入 会 を 促 進 する さらに 入 会 後 は 機 会 を 捉 え 勤 務 医 会 員 に 有 - 7 -

8 益 な 情 報 提 供 を 行 い 積 極 的 参 加 を 促 す [8] 医 療 環 境 向 上 事 業 男 女 共 同 参 画 の 推 進 (1) 眼 科 女 性 医 師 の 諸 問 題 について 勤 務 医 部 と 協 力 して 検 討 するため 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 を 開 催 する (2) 眼 科 女 性 医 師 に 関 わる 諸 問 題 を 日 本 眼 科 学 会 と 共 同 で 検 討 する (3) 医 学 生 研 修 医 等 をサポートするためにセミナーを 開 催 する (4) ブロックにおける 男 女 共 同 参 画 推 進 のため 眼 科 女 性 医 師 の 勤 務 環 境 整 備 を 行 うブロッ クに その 活 動 費 の 一 部 を 補 助 する (5) 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 男 女 共 同 参 画 担 当 者 と 本 会 とのネットワークを 構 築 し 情 報 共 有 を 促 進 する 学 術 部 眼 科 コ メディカル 教 育 の 推 進 および 関 連 事 業 の 検 討 実 施 (1) 日 本 視 能 訓 練 士 協 会 ならびに 全 国 視 能 訓 練 士 学 校 協 会 と 協 力 し 本 会 と 共 通 の 問 題 を 討 議 する (2) 視 能 訓 練 士 ( 認 定 視 能 訓 練 士 の 育 成 を 含 む)の 教 育 に 協 力 し 雇 用 のための 情 報 を 提 供 す る (3) 眼 科 看 護 職 員 の 教 育 を 助 成 し その 育 成 に 努 める (4) 眼 科 コ メディカル 教 育 事 業 を 円 滑 に 遂 行 するため 眼 科 コ メディカル 委 員 会 を 開 催 す る (5) 都 道 府 県 眼 科 医 会 で 開 催 する 眼 科 コ メディカル 教 育 事 業 に 協 力 する (6) 眼 科 コ メディカル 教 育 のテキスト 教 材 の 内 容 を 検 討 し 改 訂 版 を 作 成 する (7) ブロック 眼 科 コ メディカル 講 習 会 を 推 進 し 助 成 する 5 失 明 予 防 事 業 への 協 力 に 関 する 事 業 [9] 失 明 予 防 協 力 事 業 失 明 予 防 事 業 の 推 進 日 本 失 明 予 防 協 会 日 本 アイバンク 協 会 の 活 動 を 通 じて 失 明 予 防 事 業 および 献 眼 運 動 推 進 に 協 力 する また 本 会 会 員 の 両 会 への 入 会 促 進 をはかる - 8 -

9 6 視 覚 障 害 者 対 策 事 業 への 協 力 に 関 する 事 業 [10] 身 体 障 害 認 定 基 準 改 正 事 業 公 衆 衛 生 部 身 体 障 害 認 定 基 準 に 関 する 委 員 会 の 開 催 身 体 障 害 認 定 基 準 に 関 する 委 員 会 を 開 催 し 眼 科 領 域 の 身 体 障 害 認 定 に 係 わる 諸 問 題 を 検 討 する また 日 本 眼 科 学 会 との 合 同 委 員 会 の 中 に 視 野 に 関 する 小 委 員 会 を 設 置 し 視 野 に 関 する 身 体 障 害 認 定 について 検 討 する [11] 障 害 者 対 策 事 業 公 衆 衛 生 部 障 害 者 対 策 (1) 社 会 適 応 訓 練 講 習 会 開 催 団 体 への 援 助 を 行 う (2) 地 域 のロービジョンケアへのアクセスが 改 善 されるような 取 り 組 みについて 検 討 を 行 う (3) 障 害 者 団 体 と 情 報 を 共 有 してその 活 動 に 協 力 する 7 医 学 医 療 の 国 際 交 流 に 関 する 事 業 [12] 国 際 協 力 事 業 国 際 協 力 事 業 の 推 進 国 際 協 力 事 業 助 成 要 綱 に 従 い 諸 外 国 への 眼 科 医 療 援 助 を 実 施 している 団 体 に 助 成 を 行 う 公 衆 衛 生 部 WHO 活 動 の 推 進 WHO( 世 界 保 健 機 関 ) 関 連 の 活 動 に 協 力 する 8 会 誌 その 他 印 刷 物 の 発 行 に 関 する 事 業 [13] 会 誌 日 本 の 眼 科 発 行 事 業 広 報 部 日 本 の 眼 科 の 発 行 (1) 会 員 の 日 常 診 療 に 益 する 会 誌 日 本 の 眼 科 ( 第 86 巻 第 4 号 ~ 第 87 巻 第 3 号 )を 発 行 する ことにより 国 民 に 高 水 準 の 眼 科 医 療 を 提 供 する (2) 日 本 の 眼 科 の 内 容 について 検 討 を 行 うため 編 集 委 員 会 を 毎 月 開 催 する - 9 -

10 9 眼 科 保 険 診 療 の 適 正 化 に 関 する 事 業 [14] 眼 科 保 険 診 療 適 正 化 事 業 社 会 保 険 部 関 連 団 体 との 連 携 緊 密 化 厚 生 労 働 省 日 本 医 師 会 日 本 眼 科 学 会 外 科 系 学 会 社 会 保 険 委 員 会 連 合 ( 外 保 連 ) その 他 関 係 方 面 との 連 携 をより 緊 密 化 する 日 本 眼 科 社 会 保 険 会 議 の 開 催 (1) 眼 科 の 診 療 報 酬 が 適 正 に 設 定 されるよう 検 討 するために 日 本 眼 科 学 会 と 共 同 で 日 本 眼 科 社 会 保 険 会 議 などを 開 催 する (2) 眼 科 に 関 する 診 療 報 酬 の 問 題 について 意 思 統 一 と 対 外 的 窓 口 の 一 本 化 をはかる (3) 日 本 眼 科 社 会 保 険 会 議 として 眼 科 が 関 連 する 社 会 保 険 の 諸 問 題 に 対 応 する (4) 日 本 眼 科 社 会 保 険 会 議 のシンポジウムを 日 本 眼 科 学 会 総 会 日 本 臨 床 眼 科 学 会 で 開 催 する 眼 科 診 療 実 態 調 査 の 分 析 と 検 討 会 員 の 保 険 診 療 の 実 態 を 把 握 するために 前 年 度 に 眼 科 診 療 実 態 調 査 を 実 施 した 結 果 を 分 析 検 討 し 保 険 請 求 内 容 に 関 する 資 料 を 作 成 し 今 後 の 診 療 報 酬 改 定 に 役 立 てる 眼 科 全 国 レセプト 調 査 の 実 施 分 析 検 討 診 療 報 酬 改 定 の 眼 科 に 対 する 影 響 データの 取 得 のため 眼 科 独 自 のレセプト 調 査 を 実 施 し その 結 果 を 分 析 検 討 し 今 後 の 診 療 報 酬 改 定 に 役 立 てる 適 正 な 眼 科 保 険 医 療 の 研 究 検 討 と 会 員 への 情 報 提 供 (1) 保 険 診 療 が 適 正 に 行 われ 眼 科 保 険 医 療 に 対 する 国 民 の 理 解 が 得 られるよう 会 員 へ 情 報 提 供 し 併 せて 会 員 の 経 済 的 基 盤 の 確 立 を 目 指 し 協 議 検 討 するため 社 会 保 険 委 員 会 を 開 催 す る (2) 診 療 報 酬 改 定 時 に 眼 科 に 関 する 新 点 数 表 を 作 成 し 全 会 員 に 配 布 する (3) 医 学 医 療 の 進 歩 および 医 療 政 策 の 変 化 に 対 応 できる 診 療 報 酬 体 系 を 研 究 する (4) 全 国 の 眼 科 有 床 診 療 所 における 問 題 点 の 情 報 交 換 と 地 域 密 着 の 有 床 診 療 所 の 充 実 をはかり 確 固 たる 経 営 基 盤 を 築 き 安 定 的 継 続 的 に 地 域 医 療 に 貢 献 できるよう 検 討 するため 眼 科 有 床 診 療 所 検 討 委 員 会 を 開 催 する (5) 現 状 の 診 療 介 護 報 酬 体 系 を 研 究 し 意 見 交 換 を 行 い 介 護 保 険 と 関 連 して 国 民 に 良 質 な 眼 科 医 療 を 提 供 できるよう 今 後 の 対 策 を 検 討 するため 診 療 介 護 報 酬 検 討 委 員 会 を 開 催 する (6) 日 本 の 眼 科 および 本 会 ホームページに 社 会 保 険 に 関 係 する 情 報 を 掲 載 する 都 道 府 県 眼 科 医 会 介 護 在 宅 医 療 担 当 理 事 連 絡 会 の 開 催 通 院 不 可 能 な 患 者 や 家 族 の 要 請 に 応 じて 眼 科 医 が 社 会 的 貢 献 を 果 たし 広 く 国 民 に 眼 科 医

11 療 を 提 供 するには 在 宅 医 療 や 介 護 保 険 に 積 極 的 に 関 与 する 必 要 があり そのための 意 見 交 換 の 場 として 選 任 いただいた 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 介 護 在 宅 医 療 担 当 役 員 に 参 加 していただき 都 道 府 県 眼 科 医 会 介 護 在 宅 医 療 担 当 理 事 連 絡 会 を 仮 想 (バーチャル) 会 議 形 式 で 開 催 する [15] 診 療 報 酬 審 査 業 務 の 円 滑 化 事 業 社 会 保 険 部 全 国 審 査 委 員 連 絡 協 議 会 の 開 催 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 審 査 委 員 と 審 査 上 の 問 題 疑 問 点 の 研 究 意 見 の 交 換 を 行 い 見 解 の 統 一 をはかり 審 査 における 地 域 差 個 人 差 および 矛 盾 点 の 解 消 を 目 指 すと 共 に 適 切 な 診 療 報 酬 審 査 業 務 を 推 進 し 国 民 に 公 正 公 平 な 眼 科 医 療 を 提 供 するために 全 国 審 査 委 員 連 絡 協 議 会 を 開 催 する 都 道 府 県 眼 科 医 会 健 保 担 当 理 事 連 絡 会 の 開 催 保 険 医 療 内 容 の 向 上 適 正 保 険 診 療 の 情 報 提 供 などに 関 して 研 究 討 議 を 行 うために 都 道 府 県 眼 科 医 会 健 保 担 当 理 事 連 絡 会 を 仮 想 (バーチャル) 会 議 形 式 で 開 催 する ブロック 別 社 会 保 険 協 議 会 の 開 催 全 国 審 査 委 員 連 絡 協 議 会 の 開 催 に 併 せて 地 方 厚 生 局 単 位 のブロック 別 に 社 会 保 険 に 関 する 諸 問 題 を 協 議 意 見 の 交 換 を 行 い 見 解 を 整 理 するためのブロック 別 社 会 保 険 協 議 会 を 開 催 す る 他 1 その 他 の 事 業 1 会 員 の 相 互 扶 助 に 関 する 事 業 [1] 福 祉 対 策 事 業 総 務 部 管 理 会 員 の 福 祉 対 策 とその 検 討 眼 科 医 会 福 祉 年 金 制 度 疾 病 傷 害 休 業 補 償 制 度 および 長 期 疾 病 傷 害 休 業 補 償 制 度 ならびに 団 体 医 療 補 償 制 度 の 会 員 募 集 を 行 う 会 員 の 表 彰 (1) 表 彰 選 考 委 員 会 を 開 催 し 感 謝 状 会 長 賞 会 長 表 彰 の 対 象 者 を 決 定 する (2) 対 象 者 を 表 彰 する 医 会 活 動 環 境 整 備 本 会 会 議 に 出 席 する 医 師 の 環 境 整 備 として 保 育 料 の 一 部 を 補 助 する 勤 務 医 部

12 勤 務 医 師 賠 償 責 任 保 険 の 管 理 運 営 (1) 勤 務 医 師 賠 償 責 任 保 険 の 募 集 を 行 い 加 入 を 促 進 する (2) 勤 務 医 師 賠 償 責 任 保 険 支 払 い 請 求 に 対 して 審 査 する (3) 勤 務 医 師 賠 償 責 任 保 険 の 加 入 者 に 傷 害 個 人 賠 償 責 任 保 険 を 付 帯 する 2 管 理 運 営 に 関 する 事 業 [1] 渉 外 活 動 に 関 する 事 業 総 務 部 管 理 渉 外 活 動 の 強 化 関 係 官 庁 ( 厚 生 労 働 省 文 部 科 学 省 等 ) 関 係 団 体 ( 日 本 医 師 会 日 本 眼 科 学 会 日 本 視 能 訓 練 士 協 会 等 )などとの 連 携 を 密 にし 本 会 の 各 種 事 業 の 推 進 に 必 要 な 渉 外 活 動 を 行 う 特 に 日 本 眼 科 学 会 とは 定 期 的 に 協 議 する 都 道 府 県 眼 科 医 会 との 連 携 強 化 (1) 都 道 府 県 眼 科 医 会 と 密 接 な 連 絡 をとり その 連 携 を 強 化 する (2) 都 道 府 県 眼 科 医 会 の 活 動 に 助 成 する (3) ブロック 訪 問 を 実 施 し 各 ブロックにおける 諸 問 題 を 検 討 する [2] 法 人 の 管 理 運 営 に 関 する 事 業 総 務 部 管 理 諸 規 程 の 整 備 会 務 に 必 要 な 諸 規 程 の 整 備 をはかる 会 員 管 理 (1) 会 員 資 格 検 討 委 員 会 を 開 催 し 会 員 資 格 の 諸 問 題 について 検 討 する また 準 会 員 の 削 減 に 努 める (2) 裁 定 委 員 会 を 開 催 し 会 員 の 処 分 を 検 討 する (3) 入 会 者 に 対 し 会 員 として 必 要 な 情 報 等 を 提 供 する (4) 日 本 眼 科 学 会 専 門 医 制 度 に 協 力 し 専 門 医 更 新 時 の 臨 床 証 明 について 都 道 府 県 眼 科 医 会 と 協 力 して 対 応 する 会 務 の 効 率 化 (1) 会 務 効 率 化 委 員 会 を 開 催 する (2) 会 務 の 効 率 化 をはかる (3) 遠 隔 地 等 からの 会 議 参 加 の 環 境 を 整 備 する 会 議 の 運 営 (1) 代 議 員 会 を 運 営 する

13 (2) 常 任 理 事 会 および 理 事 会 を 運 営 する (3) その 他 の 会 議 ( 都 道 府 県 眼 科 医 会 連 絡 会 議 監 事 会 会 長 副 会 長 会 議 ( 電 話 会 議 含 ) 等 ) を 運 営 する 公 益 法 人 制 度 改 革 への 対 応 (1) 新 制 度 移 行 後 の 適 切 な 法 人 運 営 をはかり 行 政 庁 への 提 出 書 類 を 遅 滞 なく 作 成 する (2) 代 議 員 等 選 出 規 程 に 基 づき 適 正 な 選 出 を 行 う 経 理 部 経 理 の 合 理 的 運 用 本 会 の 事 業 および 会 務 の 運 営 のため 透 明 性 の 高 い 健 全 かつ 合 理 的 な 経 理 の 運 用 をはかる

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261 津 幡 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 人 件 費 率 23 年 度 人 37,549 12,760,557 199,134 2,173,562

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

事業計画

事業計画 平 成 22 年 度 事 業 計 画 平 成 22 年 5 月 6 日 1. の 充 実 (1) 会 員 の 増 員 に 向 けて 会 員 数 452 名 ( 平 成 22 年 5 月 6 日 現 在 ) 前 年 度 末 日 +17 名 新 入 職 者 への 入 会 勧 誘 の 実 施 臨 床 系 教 授 加 入 率 100%を 目 指 す (2) 医 師 会 費 の 徴 収 金 額 について 添

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 の 減 免

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 人 事 行 政 のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 は 特 別 区 の 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 共 同 して 処 理 するため 地 方 自 治 法 の 規 定 により 設 立 された 特 別 地 方 公 共 団 体 ( 一 部 事 務 組 合 )です 本 組 合 に 勤 務 する 職 員 の 任 用 給 与 及 び

More information

26年度給与公表様式(菰野町).xls

26年度給与公表様式(菰野町).xls の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (25 年 度 末 ) A 25 年 度 人 千 41,329 1,767,541 実 質 収 支 千 54,695 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 千 2,467,197 22.9 22.8

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

別紙3

別紙3 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について これは 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 条 例 第 1 号 )の 規 定 に 基 づき 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 するものです

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63> 京 丹 後 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (20 年 度 末 ) 61,661 歳 出 額 A 34,956,333 実 質 収 支 737,422 件 費 B 5,484,627 件 費 率 B/A 15.7 ( 注 )1 平 成 21 年 度 決 算 ( 一 般 会

More information

水戸市公告

水戸市公告 笠 間 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 公 表 内 容 は, 総 務 省 の 公 表 様 式 に 基 づくものです (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 79,227 歳 出 額 A 29,869,854 実 質 収 支 666,702 件 費 B 5,808,980 件 費 率

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B388C4817A906C8E968D7390AD8CF6955C5F483233906C8E9694E98F9189DB5F48508366815B835E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B388C4817A906C8E968D7390AD8CF6955C5F483233906C8E9694E98F9189DB5F48508366815B835E2E646F63> 愛 西 市 の 人 事 行 政 の 運 営 状 況 を 公 表 し ま す 市 の 人 事 行 政 運 営 の 公 正 性 透 明 性 を 高 めるため 愛 西 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 愛 西 市 条 例 第 172 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づいて 平 成 22 年 度 の 職 員 給 与 勤 務 条 件

More information

(3) 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 構 成 比 8 級 部 長 9 人 2.5% 7 級 次 長 監 6 人 1.6% 6 級 課 長 主 幹 42 人 11.4%

(3) 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 構 成 比 8 級 部 長 9 人 2.5% 7 級 次 長 監 6 人 1.6% 6 級 課 長 主 幹 42 人 11.4% 半 田 市 告 示 第 122 号 半 田 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 半 田 市 条 例 第 2 号 )6 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 における 半 田 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 26 年 12 月 9 日 半 田 市 長 榊

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) A 給 料 安 城 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 千 千 千 12,913 56,333,396 A 3,141,519,52,332

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 Ⅰ 出 雲 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 ( 平 成 4 年 度 末 ) A 4 年 度 人 174,7 8,33,997 実 質 収 支 1,57,6 人 件 費 % 11,873,193 B 人 件 費 率 14.8 B/A ( 参 考 ) 平 成 3

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定 公 益 社 団 法 人 京 都 府 不 動 産 鑑 定 士 協 会 平 成 27 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 1 不 動 産 鑑 定 評 価 に 関 する 普 及 啓 発 不 動 産 及 び 不 動 産 の 鑑 定 評 価 に 関 する 社 会 一 般 の 理 解 と 信 頼 を 高 めるため 次 の 事 業 を 行 う (1) 講 演 会 の 開 催 時 期 : 年 1 回

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

<288B8B975E8CF6955C295F48323391E58AD98E738CF6955C2E786C73>

<288B8B975E8CF6955C295F48323391E58AD98E738CF6955C2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 H22 年 度 人 千 千 千 79,734 32,73,959,224,854,25,85

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 220,269 258,809 285,787 316

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 220,269 258,809 285,787 316 平 成 24 年 度 上 越 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 25 年 4 月 公 表 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 202,876 111,300,540 A 3,115,095 16,066,853 B

More information

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 判 定 士 用 ) 愛 媛 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 連 絡 協 議 会 平 成 17 年 11 月 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 研 修 や 福 利 厚 生 等 について 主 に 平 成 24 年 度 の 状 況 を 公 表 します 1 任 免 および 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 試 験 の 状 況 ( 平 成

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改 1. 目 的 目 標 本 事 務 マネジメントマニュアル( 以 下 マニュアル という )は 京 都 工 芸 繊 維 大 学 におけ る 事 務 業 務 に 必 要 な 事 務 マネジメントシステムの 運 用 について 定 めたものである なお 本 学 の 事 務 部 門 における 業 務 の 高 度 化 複 雑 化 及 び 効 率 化 への 対 応 を 図 るとともに 定 期 的 な 外 部 評

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (19 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 43.6 歳 343,700 396,252 愛 知 県 4

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (19 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 43.6 歳 343,700 396,252 愛 知 県 4 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 豊 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) A B B/A 17 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 千 千 千 % % 1,741,734 7,883,101 19.8 (

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

平 成 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 監 査 委 員 目 次 第 1 審 査 の 対 象 1 第 2 審 査 の 期 間 1 第 3 審 査 の 方 法 1 第 4 審 査 の 結 果 1 第 5 審 査 の 概 要 2 1 決 算 の 総 括

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63> 公 開 用 医 療 関 連 サービスマーク 制 度 調 査 内 容 ( 患 者 搬 送 業 務 ) 一 般 財 団 法 人 医 療 関 連 サービス 振 興 会 1. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 及 び 実 地 調 査 時 の 確 認 書 類 等 P 2 2. 調 査 内 容 P 3~P8 Ⅰ. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 1. 医 療 関 連 サービスマーク 認 定 申 請

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2 人 間 環 境 大 学 学 費 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 人 間 環 境 大 学 学 則 第 55 条 から 第 60 条 人 間 環 境 大 学 大 学 院 学 則 第 54 条 か ら 第 59 条 に 基 づき 学 費 及 びその 他 の 納 付 金 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 学 費 ) 第 2 条 学 費 とは 入 学 金 授 業

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

(5) 診 療 報 酬 請 求 業 務 にあたる 職 員 は 診 療 報 酬 請 求 業 務 に 係 る 経 験 年 数 3 年 以 上 の 者 を 半 数 以 上 とすること (6) 診 療 報 酬 請 求 業 務 にあたる 職 員 は 査 定 減 点 請 求 漏 れ 返 戻 が 発 生 し ない

(5) 診 療 報 酬 請 求 業 務 にあたる 職 員 は 診 療 報 酬 請 求 業 務 に 係 る 経 験 年 数 3 年 以 上 の 者 を 半 数 以 上 とすること (6) 診 療 報 酬 請 求 業 務 にあたる 職 員 は 査 定 減 点 請 求 漏 れ 返 戻 が 発 生 し ない 隠 岐 広 域 連 合 立 隠 岐 病 院 医 事 業 務 等 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 隠 岐 広 域 連 合 立 隠 岐 病 院 ( 以 下 病 院 という )における 医 事 業 務 等 の 委 託 について 必 要 な 事 項 を 定 める 1 受 託 者 は 病 院 における 医 事 業 務 等 の 受 託 業 者 として 以 下 の 点 に 十 分 留 意 して 業 務

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc 芦 屋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A 人 23 年 度 94,463 35,526,420 1,552,807 7,922,645 22.3 ( 参 考 ) 22 年 度 の

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 237,074 62,820,258 千 2,607,274 千 13,549,661 千 21.6 % (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

5) 予 約 患 者 の 受 付 準 備 (リスト 出 力 及 び 必 要 に 応 じて 個 人 ファイル 紙 カルテの 準 備 ) 6) 受 付 の 問 い 合 わせ 苦 情 案 件 の 初 期 対 応 7) 医 師 への 書 類 作 成 依 頼 ( 診 断 書 証 明 書 等 ) 8) 健 診

5) 予 約 患 者 の 受 付 準 備 (リスト 出 力 及 び 必 要 に 応 じて 個 人 ファイル 紙 カルテの 準 備 ) 6) 受 付 の 問 い 合 わせ 苦 情 案 件 の 初 期 対 応 7) 医 師 への 書 類 作 成 依 頼 ( 診 断 書 証 明 書 等 ) 8) 健 診 東 御 市 民 病 院 等 の 医 事 業 務 等 委 託 における 仕 様 書 1. 目 的 東 御 市 民 病 院 及 び 助 産 所 とうみの 医 事 業 務 等 について 円 滑 に 業 務 を 処 理 することを 目 的 とし 患 者 サービスの 向 上 経 営 及 び 業 務 の 効 率 化 を 図 るため 次 の 仕 様 に 基 づき 忠 実 に 業 務 を 遂 行 するものとする 2.

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

国保匝瑳市民病院改革プラン

国保匝瑳市民病院改革プラン 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プラン 平 成 23 年 度 進 捗 状 況 等 の 評 価 書 平 成 25 年 3 月 1 評 価 にあたって 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プランは 平 成 21 年 度 から 平 成 23 年 度 までの3か 年 を 計 画 期 間 として 経 営 効 率 化 経 営 形 態 の 見 直 し 及 び 再 編 ネットワーク 化 の3つの 視 点

More information

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料)

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料) 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 状 況 についての 調 査 結 果 報 告 ( 平 成 27 年 10 月 実 施 分 ) 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 第 1 調 査 の 概 要 目 的 : 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 の 現 状 等 について 調 査 実 施 時 期 : 平 成 27 年 10

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

公 務 災 害 とは? 公 務 災 害 補 償 制 度 とは? 常 勤 の 地 方 公 務 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 によって 生 じた 身 体 的 損 害 を 補 償 する 制 度 です ( 物 的 損 害 や 精 神

公 務 災 害 とは? 公 務 災 害 補 償 制 度 とは? 常 勤 の 地 方 公 務 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 によって 生 じた 身 体 的 損 害 を 補 償 する 制 度 です ( 物 的 損 害 や 精 神 公 務 災 害 とは? P1 事 故 防 止 に 努 めましょう P2 災 害 が 発 生 したら? P3 アクシデントアラカルト P5 公 務 災 害 認 定 請 求 書 の 書 き 方 は? P7 公 務 災 害 Q&A P9 療 養 補 償 ( 治 療 費 の 支 払 )の 手 続 きは? 補 償 の 種 類 は? P10 P11 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 奈 良 県 支 部

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information