Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 17 The Spati-Tempral Effective Rane f Frward Maskin n Test Gratins

2

3 (Head Munted Display : HMD) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 57, 1, 16, 2, 2.5, 3.5, cpd i

4 cpd, 4.cpd ( ) HMD 16 ( ) HMD ii

5 Abstract The Spati-Tempral Effective Rane f Frward Maskin n Test Gratins Takahir Tsun Human beins et a variety f visual infrmatin frm the utside wrld by visual system. Therefre, ur life can be mre cmfrtable if we will use the visual system better. Fr that purpse, it is imprtant t knw hw the human visual system prcesses the visual infrmatin. In this study, we investiated the prcess f luminance sinal that is ne f the mst imprtant as visual infrmatin. Especially, it is imprtant t fiure ut a spati-tempral effective rane between visual stimuli because the knwlede abut them can be applied, fr example, t an aumented reality technly presentin sins prperly n a head munted display(hmd). Therefre, we investiated the spati-tempral effective rane f frward maskin, in which the sensitivity f a test stimulus was reduced by the presentatin f a frward mask stimulus. As a methd, we measured a cntrast sensitivity f the test stimulus under the influence f the frward maskin. Spatial effective rane f frward maskin were studied with chanin a spatial separatin between the mask and test stimuli. Tempral effective rane f frward maskin were als studied by chanin an inter-stimulus interval(isi) between the mask and test stimuli. In additin, we investiated that relatin between maskin effect and stimulus feature by chanin a spatial frequency and an rientatin f the test stimulus. Mrever, we investiated whether there wuld be an intercular transfer f maskin effect with the intercular maskin iii

6 cnditin. The mask and test stimuli were sinusidal ratins mdulated in luminance and vinetted within a Gaussian envelpe. The mask stimulus cnsisted f tw Gabr patches that laterally displaced frm the center f the screen. The spatial separatin between centers f the mask stimuli was, 2.5, 3.5 r 4.5 deree f visual anle. The spatial frequency f the mask stimulus was 4. cpd. The cntrast f the mask stimulus was 8%. A duratin f the mask stimulus was 57 msec. The test stimulus was a sinle statinary Gabr patch that lcated at the center f the screen. The rientatins f the test stimulus were -45,, 45 r 9 deree frm a vertical line. The spatial frequency f the test stimulus was 1.5 r 4. cycles per deree(cpd). A duratin f the test stimulus was 29 msec. The ISI between the mask and test stimuli was 57, 1, 16 r 2 msec. As the results, the cntrast sensitivities fr the test stimuli in all subjects were decreased sinificantly when the inter-stimulus spatial separatin f the mask stimulus was small(less than 3.5 deree) and the ISI was shrt(less than 16 msec). The results shw n sinificant differences in the cntrast sensitivity fr the test stimulus when the inter-stimulus spatial separatin became larer r the ISI became lner. Cnsequently, spatial effective rane f frward maskin was less than 3.5 deree and tempral effective rane f frward maskin was less than 16 msec. The cntrast sensitivity fr the test stimulus was much decreased (sinificantly) when the test stimulus was the vertical-ratin and the spatial frequency f the test stimulus was 4. cpd. These facts indicate that there are rientatin-selectivity and spatial-frequency-selectivity in the frward maskin effect. In additin, maskin effect became weaker but still existed in the intercular maskin cnditin. This intercular transfer f maskin effect indicates that it is related t the hiher brain functin. Our results indicate that when a supplemental infrmatin presents n HMD, it shuld nt verlap spatially and/r temprally n tarets. If they verlapped in the iv

7 presentatin, the feature f supplemental infrmatin shuld be different each ther. In additin, this intercular transfer f maskin effect indicates that even when we use a mncular HMD t present supplemental infrmatin, we have t cnsider the influence f maskin effect. key wrds human interface visual maskin ratin cntrast threshld inhibitin effect intercular transfer v

8

9 Gabr vii

10 CRT cpd K RY TT cpd K RY TT cpd K RY TT cpd K RY TT K viii

11 3.5.2 RY TT cpd K RY TT cpd K RY TT cpd K RY TT cpd K RY TT K ix

12 A 75 A A A A A B 79 B.1 (Tw-dwn One-up Methd) x

13 Plat & Sai Gabr cpd ( K) cpd ( RY) cpd ( TT) cpd ( K) cpd ( RY) cpd ( TT) cpd ( K) cpd ( RY) xi

14 3.9 4.cpd ( TT) cpd ( K) cpd ( RY) cpd ( TT) ( K) ( RY) ( TT) cpd ( K) cpd ( RY) cpd ( TT) cpd ( K) cpd ( RY) cpd ( TT) cpd ( K) cpd ( RY) cpd ( TT) cpd ( K) cpd ( RY) cpd ( TT) K RY TT A A xii

15 A A xiii

16

17 A xv

18

19 % 1

20 (Felleman & Van Essen, 1991) 1.1 (lateral eniculate nucleus, GN) (V1) V1 言語野大脳辺縁系 記憶 意味表現 形態視 視覚連合野 空間視 統合表現 VA VP V4 V5/MT 形色動き V3a V3 並列分散処理 具体表現 V2 V1 外側膝状体網膜 要素分離輪郭線方向, 運動方向, 色など B T t p m d u w p n 情報入力 1.1 V1, V2, V3, V3a, V4, V5, MT, VP, VA A 1.1 2

21 1.1 ( ) ( 1.2 A.4 ) ( ) ( A.5 ) cpd 6.8, 1.7, 2.8, 4., 8., 16.cpd (Wilsn, 1983, 1984) 低空間周波数 1.2 高空間周波数 コントラスト感度関数 度感トスラトンコ 1.3 各空間周波数チャンネルの感度空間周波数 3

22 (, Blakemre & Campbel, 1969) ( ) (frward maskin) ( ) ( 1.4) ( ) ( ) ( ) ON マスク刺激 OFF Time 度感トスラトンコ 度感トスラトンコ マスク刺激の空間周波数感度の減少 度感トスラトンコ 感度の回復 空間周波数 空間周波数 空間周波数 1.4 4

23 1.1 ON マスク刺激 テスト刺激 OFF 1.5 マスキング効果 Time 刺激呈示時間間隔が短いとテスト刺激はマスキング効果の影響を受ける ON マスク刺激 テスト刺激 OFF 1.6 マスキング効果 Time 刺激呈示時間間隔が長いとテスト刺激はマスキング効果の影響を受けない (Plat & Sai, 1993, 1994) Plat ( 1.7 ) 共線的配置 非共線的配置 1.7 Plat & Sai テスト刺激 ( ) (Plat & Sai, 1993, 1994) 小 < 大 コントラスト検出閾 5

24 1 Plat ( ) ( ) 1.2 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 6

25 ( ) 2 (1.5cpd, 4.cpd)

26

27 Gabr ( ) (Gabr, 2.1) Gabr Gabr 融合点 輝度 平均輝度 本実験のテスト刺激位置 2.1 Gabr 9

28 ( 2.2), 2.5, 3.5, cpd 8% 輝度 平均輝度 刺激の中心間距離 位置 ( 2.3) cpd, 4.cpd

29 ( ) 2 (1.5cpd, 4.cpd) ( 2.4 ) ( 2.4 ) 一様刺激 テスト刺激マスク刺激 マスク刺激 テスト刺激 被験者 被験者

30 ( ) 1.5cpd 4.cpd ( ) ( ) 12

31 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 13

32 cd/m , 1, 16, 2 ( ) ( ) 21.62cd/m CRT 1 ON マスク刺激 刺激呈示時間間隔 テスト刺激 OFF 57 ミリ秒 29 ミリ秒 刺激呈示時間間隔 57 ミリ秒 r 1ミリ秒 r 16ミリ秒 r 2 ミリ秒 一様刺激 マスク刺激 (4 種類 ) 一様刺激 テスト刺激 (4 種類 ) 一様刺激 Time

33 (Tw-dwn One-up Methd) 1. 1, 2,, N 2. N 3. N B 15

34 (2-dwn / 1-up methd) テスト刺激の輝度 N N-1 N ー ー ー つの屈曲点の平均値を閾値と定義 ーー + + ーーー ーーーーー 時間 16

35 (Apple, PwerPC G3, 8 MHz) Visin Shell CRT (TOTOKU, CV921X 22inch) (Edmund, 4-6 ) Hz ATI RADEON 85(Mac Editin) 11cm 知覚イメージ CRT 11 cm 被験者 ミラーあご台 被験者 cm 1 CRT 17

36 2 2.7 K( 2 ) RY( 21 ) TT( 24 ) 3 1. K, RY TT (.17cd/m ) ( 2.1) CRT CS-1(Minlta) S-1(Minlta) CRT 1 18

37 R,G,B 1. R,G,B 255 CRT f R (i), f G (i), f B (i) (i= 255). 3. (R,G,B)=(,,) X, Y, Z ( ). 4. (R,G,B)=(255,255,255) X R, Y R, Z R X G, Y G, Z G X B, Y B, Z B 5. X, Y, Z X R, Y R, Z R X G, Y G, Z G X B, Y B, Z B (R,G,B)=(r,,b) X rb, Y rb, Z rb X rb Y rb = f R(r) X R Y R +f G() X G Y G +f B(b) X B Y B + X Y (2.1) Z rb Z R Z G Z B Z (x,y) = Y rb x = y = X rb X rb +Y rb +Z rb Y rb X rb +Y rb +Z rb (2.2) (x, y) X rb, Y rb, Z rb X rb = x y Y rb = Z rb = 1 x y y (2.3) 19

38 2 (2.1) f R (r), f G (), f B (b) f R (r) X R Y R Z R + f G() X G Y G Z G + f B(b) X B Y B Z B = X rb X Y rb Y Z rb Z (2.4) f R (r), f G (), f B (b) (R,G,B)=(r,,b) (.333,.333) 256 Gabr 21.62cd/m 2 (x, y) x =.336 ±.5 y =.335 ±.5 2

39 3 (±SD) ( ) ±SD ±SD 21

40 cpd 4.cpd K ( 57 ) 22

41 3.1 4.cpd K マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( K) ( ) ±SD 23

42 RY マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( RY) ( ) ±SD 24

43 3.1 4.cpd TT マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( TT) ( ) ±SD 25

44 cpd 1.5cpd cpd 4.cpd 1.5cpd 1.5cpd 3 26

45 cpd K マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( K) ( ) ±SD 27

46 RY マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( RY) ( ) ±SD 28

47 cpd TT マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( TT) ( ) ±SD 29

48 cpd 4.cpd RY 57 K, TT 1 57 K

49 3.3 4.cpd K マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( K) ( ) ±SD 31

50 RY マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( RY) ( ) ±SD 32

51 3.3 4.cpd TT マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( TT) ( ) ±SD 33

52 cpd 1.5cpd K, RY 1.5cpd 4.cpd 1.5cpd 1.5cpd 34

53 cpd K マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( K) ( ) ±SD 35

54 RY マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( RY) ( ) ±SD 36

55 cpd TT マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 度の結果 マスク刺激の中心間距離 2.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 3.5 度の結果 マスク刺激の中心間距離 4.5 度の結果 cpd ( TT) ( ) ±SD 37

56 3 3.5 ( ) K 度感ト1.2 スラトン.8 コ z 垂直縞水平縞左斜め 45 度縞右斜め 45 度縞 度感ト1.2 スラトン.8 コ 垂直縞水平縞左斜め 45 度縞右斜め 45 度縞 1.5cpd 4.cpd 3.13 ( K) ±SD 38

57 RY 度感ト1.2 スラトン.8 コ 垂直縞水平縞左斜め 45 度縞右斜め 45 度縞 度感ト1.2 スラトン.8 コ 垂直縞水平縞左斜め 45 度縞右斜め 45 度縞 1.5cpd 4.cpd 3.14 ( RY) ±SD TT 度感ト1.2 スラトン.8 コ 垂直縞水平縞左斜め 45 度縞右斜め 45 度縞 度感ト1.2 スラトン.8 コ 垂直縞水平縞左斜め 45 度縞右斜め 45 度縞 1.5cpd 4.cpd 3.15 ( TT) ±SD 39

58

59 ±SD 41

60 cpd 4.cpd K ( 57 ) 42

61 4.1 4.cpd K 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( K) ±SD 43

62 RY 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( RY) ±SD 44

63 4.1 4.cpd TT 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( TT) ±SD 45

64 cpd 1.5cpd cpd 4.cpd 1.5cpd 1.5cpd 3 46

65 cpd K 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( K) ±SD 47

66 RY 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( RY) ±SD 48

67 cpd TT 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( TT) ±SD 49

68 cpd 4.cpd RY 57 K, TT 1 57 K

69 4.3 4.cpd K 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( K) ±SD 51

70 RY 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( RY) ±SD 52

71 4.3 4.cpd TT 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( TT) ±SD 53

72 cpd 1.5cpd K, RY 1.5cpd 4.cpd 1.5cpd 1.5cpd 54

73 cpd K 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( K) ±SD 55

74 RY 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( RY) ±SD 56

75 cpd TT 絶 対コ感ント度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 絶 対コン感ト度ラとスのト感度差分 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 2.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 3.5 度における差分 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) マスク刺激の中心間距離 4.5 度における差分 cpd ( TT) ±SD 57

76

77 cpd 4.cpd K 4. 59

78

79 5 K ( )

80 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 4.5 度 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 4.cpd 4.5 度 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 1.5cpd 度 2.5 度 3.5 度 4.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒 マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 4.cpd 度 2.5 度 3.5 度 4.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 5.1 K 感度の低下 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒 マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 1.5cpd ( ) 5.2 ( ) ( ) 62

81 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 4.5 度 4.5 度 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒 マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 4.cpd マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 1.5cpd 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 4.5 度 4.5 度 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 4.cpd 1.5cpd 5.2 RY 4.cpd 1.5cpd 4.cpd 4.cpd ( 3.5 ) 63

82 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 4.5 度 4.5 度 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒 マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 4.cpd マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 1.5cpd 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 度 2.5 度 3.5 度 絶対感度との コントラスト感度差分 感度の低下 4.5 度 4.5 度 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 57 ミリ秒 1 ミリ秒 16 ミリ秒 2 ミリ秒マスク刺激とテスト刺激の呈示時間間隔 ( ミリ秒 ) 4.cpd 1.5cpd 5.3 TT 1.5cpd, 4.cpd

83 5.4 K 5.4 K K ( 57 ) ( 5.1) (RY, TT) K 5.1 K (visual attentin) K RY TT ( ) 4 ( ) K K 65

84 5 5.5 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) (Blakemre & Campbell, 1969) (Shinmri & Tsun, 24 Ejima & Takahashi, 1984) ( )

85 5.6 4.cpd ( ) HMD 16 ( ) HMD 67

86 ( 5.4 ) (frward maskin) (backward maskin) (Alpern, 1953) Plat (Plat & Sai, 1993, 1994) HMD 68

87 6 ( ) ( ) ( ) ( ) 69

88 6 ( ) HMD 16 ( ) HMD 7

89 TA 71

90

91 [1] C. Blakemre and F.W.Campbell, On the existence f neurns in the human visual system selectively sensitive t the human visual system selectively sensitive t the rientatin and size f retinal imae, Jurnal f Physily, 23,237-26, [2] Y.Ejima and S.Takahashi, Facilitatry and inhibitry after-effect f spatially lcalized ratin adaptatin, Visin Research, 24(9): , [3] U. Plat, D. Sai, ateral interactins between spatial channels: suppressin and facilitatin revealed by lateral maskin experiments, Visin Research, 33(7): , [4] U. Plat, D. Sai, The architecture f perceptual spatial interactins, Visin Research, 34(1):73-78, [5],,,, [VISION], vl.16,n.1,pp.39,24. [6] T.Tsun, H.Mizushina and K.Shinmri, Influence f Gratin Adaptatin n One Eye t Cntrast Sensitivity f the Oppsite Eye, Next Era Infrmatin Netwrkin, pp , 24. [7] T.Tsun and K.Shinmri, Tempral/Spatial characteristics f the maskin effect t cntrast sensitivity by ratins, Next Era Infrmatin Netwrkin, pp , 25. [8],,, Optics Japan, pp , 25. [9],,, [VISION], vl.18, N.1, pp.44-45, 26. [1],,, 2. [11],,,

92

93 A A.1 ( A.1) (lateral eniculate nucleus, GN) (V1) V1 ( ) 言語野大脳辺縁系 記憶 意味表現 形態視 視覚連合野 空間視 統合表現 VA VP V4 V5/MT 形色動き V3a V3 並列分散処理 具体表現 V2 V1 外側膝状体網膜 要素分離輪郭線方向, 運動方向, 色など B T t p m d u w p n 情報入力 A.1 V1, V2, V3, V3a, V4, V5, MT, VP, VA 75

94 A A.2 A.2 処理能力 小細胞経路 大細胞経路 高処理能力 大細胞経路 小細胞経路 低 時間周波数 高 低 空間周波数 高 5 n ff A.2 76

95 A.3 A.3 [11] X cell Y cell ppnent cell saccadic suppressin 1 1 (V1) simple cell cmplex cell simple cell cmplex cell bincular cell duble ppnent cell V2 cmplex cell disparity selective end-stpped clr ppnency V3 V4 MT(V5) MST A.1 77

96 A A.4 ( A.3) / (cycle/deree, cpd) 1 1 低空間周波数 A.3 高空間周波数 A.5 max min ( A.4) A.1 輝度 max 平均輝度 = max min max + min (A.1) min 位置 A.4 1 D d θ tan( θ 2 ) = d 2D 78

97 B B.1 (Tw-dwn One-up Methd) 25 5 ( ) 79

NotePC 8 10cd=m 2 965cd=m 2 1.2 Note-PC Weber L,M,S { i {

NotePC 8 10cd=m 2 965cd=m 2 1.2 Note-PC Weber L,M,S { i { 12 The eect of a surrounding light to color discrimination 1010425 2001 2 5 NotePC 8 10cd=m 2 965cd=m 2 1.2 Note-PC Weber L,M,S { i { Abstract The eect of a surrounding light to color discrimination Ynka

More information

7 i 7 1 2 3 4 5 6 ii 7 8 9 10 11 1 12 13 14 iii.......................................... iv................................................ 21... 1 v 3 6 7 3 vi vii viii ix x xi xii xiii xiv xv 26 27

More information

i ii iii iv v vi vii viii ix x xi xii xiii xiv xv xvi 2 3 4 5 6 7 $ 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 $ $ $ 18 19 $ 20 21 22 23 24 25 26 27 $$ 28 29 30 31 $ $ $ 32 33 34 $ 35 $ 36 $ 37 38 39 40 $ 41 42 43 44

More information

パソコン機能ガイド

パソコン機能ガイド PART12 ii iii iv v 1 2 3 4 5 vi vii viii ix P A R T 1 x P A R T 2 xi P A R T 3 xii xiii P A R T 1 2 3 1 4 5 1 6 1 1 2 7 1 2 8 1 9 10 1 11 12 1 13 1 2 3 4 14 1 15 1 2 3 16 4 1 1 2 3 17 18 1 19 20 1 1

More information

パソコン機能ガイド

パソコン機能ガイド PART2 iii ii iv v 1 2 3 4 5 vi vii viii ix P A R T 1 x P A R T 2 xi P A R T 3 xii xiii P A R T 1 2 1 3 4 1 5 6 1 2 1 1 2 7 8 9 1 10 1 11 12 1 13 1 2 3 14 4 1 1 2 3 15 16 1 17 1 18 1 1 2 19 20 1 21 1 22

More information

™…

™… i 1 1 1 2 3 5 5 6 7 9 10 11 13 13 14 15 15 16 17 18 20 20 20 21 22 ii CONTENTS 23 24 26 27 2 31 31 32 32 33 34 37 37 38 39 39 40 42 42 43 44 45 48 50 51 51 iii 54 57 58 60 60 62 64 64 67 69 70 iv 70 71

More information

Kyushu Communication Studies 第2号

Kyushu Communication Studies 第2号 Kyushu Communication Studies. 2004. 2:1-11 2004 How College Students Use and Perceive Pictographs in Cell Phone E-mail Messages IGARASHI Noriko (Niigata University of Health and Welfare) ITOI Emi (Bunkyo

More information

Step2 入門

Step2 入門 ii iii iv v vi NEC Corporation 1999 vii C O N T E N T S PART 1 PART 2 PART 3 viii PART 4 ix C O N T E N T S PART 5 x PART 6 xi C O N T E N T S PART 7 xii PART 8 PART 9 xiii C O N T E N T S xiv xv PART

More information

I

I I II III IV V VI VII VIII IX X XI XII XIII XIV 1. 2 3 4 5 2. 6 7 8 3. 1 2 3 9 4 5 10 6 11 4. 1 2 3 1 2 12 1 2 3 1 2 3 13 14 1 2 1 15 16 1. 20 1 21 1 22 23 1 2 3 4 24 1 2 ok 25 1 2 26 1 2 3 27 2. 28

More information

2

2 2011 8 6 2011 5 7 [1] 1 2 i ii iii i 3 [2] 4 5 ii 6 7 iii 8 [3] 9 10 11 cf. Abstracts in English In terms of democracy, the patience and the kindness Tohoku people have shown will be dealt with as an exception.

More information

1... 1 2... 1 1... 1 2... 2 3... 2 4... 4 5... 4 6... 4 7... 22 8... 22 3... 22 1... 22 2... 23 3... 23 4... 24 5... 24 6... 25 7... 31 8... 32 9... 3

1... 1 2... 1 1... 1 2... 2 3... 2 4... 4 5... 4 6... 4 7... 22 8... 22 3... 22 1... 22 2... 23 3... 23 4... 24 5... 24 6... 25 7... 31 8... 32 9... 3 3 2620149 3 6 3 2 198812 21/ 198812 21 1 3 4 5 JISJIS X 0208 : 1997 JIS 4 JIS X 0213:2004 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/monjokan/ 1... 1 2... 1 1... 1 2... 2 3... 2 4... 4 5... 4 6... 4 7... 22

More information

untitled

untitled vii ix xi xii xiii xiv xv 1 2 1 2 3 3 4 5 4 6 5 7 8 6 9 7 10 11 12 13 14 8 15 1 2 16 3 17 4 18 19 20 5 21 22 23 24 6 25 7 8 26 27 28 29 9 30 31 10 32 33 34 11 35 36 37 12 38 39 40 13 41 14 42 43 44

More information

01_SWGuide_V8.50.fm

01_SWGuide_V8.50.fm ii iii iv v 2 vi vii viii ix x xi xii xiii xiv xv xvi xvii 1 CHAPTER 1-1 1-2 1-3 2 CHAPTER 2-1 2-2 2-3 2-4 1 2 2-5 3 4 2-6 5 6 2-7 7 8 2-8 9 2-9 10 11 2-10 12 13 2-11 14 15 2-12 16 17 18 2-13 1 2 2-14

More information

エクセルカバー入稿用.indd

エクセルカバー入稿用.indd i 1 1 2 3 5 5 6 7 7 8 9 9 10 11 11 11 12 2 13 13 14 15 15 16 17 17 ii CONTENTS 18 18 21 22 22 24 25 26 27 27 28 29 30 31 32 36 37 40 40 42 43 44 44 46 47 48 iii 48 50 51 52 54 55 59 61 62 64 65 66 67 68

More information

vi アハ ート2 アハ ート3 アハ ート4 アハ ート5 アハ ート6 アハ ート7 アハ ート8 アハ ート9 アハ ート10 アハ ート11 アハ ート12 アハ ート13 アハ ート14 アハ ート15 アハ ート16 アハ ート17 アハ ート18 アハ ート19 アハ ート20 アハ

vi アハ ート2 アハ ート3 アハ ート4 アハ ート5 アハ ート6 アハ ート7 アハ ート8 アハ ート9 アハ ート10 アハ ート11 アハ ート12 アハ ート13 アハ ート14 アハ ート15 アハ ート16 アハ ート17 アハ ート18 アハ ート19 アハ ート20 アハ iii vi アハ ート2 アハ ート3 アハ ート4 アハ ート5 アハ ート6 アハ ート7 アハ ート8 アハ ート9 アハ ート10 アハ ート11 アハ ート12 アハ ート13 アハ ート14 アハ ート15 アハ ート16 アハ ート17 アハ ート18 アハ ート19 アハ ート20 アハ ート21 アハ ート22 アハ ート23 vii アハ ート 24 アハ ート 25 アハ ート26

More information

日本看護管理学会誌15-2

日本看護管理学会誌15-2 The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol. 15, No. 2, PP 135-146, 2011 Differences between Expectations and Experiences of Experienced Nurses Entering a New Work Environment

More information

01_.g.r..

01_.g.r.. I II III IV V VI VII VIII IX X XI I II III IV V I I I II II II I I YS-1 I YS-2 I YS-3 I YS-4 I YS-5 I YS-6 I YS-7 II II YS-1 II YS-2 II YS-3 II YS-4 II YS-5 II YS-6 II YS-7 III III YS-1 III YS-2

More information

16_.....E...._.I.v2006

16_.....E...._.I.v2006 55 1 18 Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 55, No.1 (Cult. & Soc.), 2006 165 2002 * 18 Collaboration Between a School Athletic Club and a Community Sports Club A Case Study of SOLESTRELLA NARA 2002 Rie TAKAMURA

More information

Motivation and Purpose There is no definition about whether seatbelt anchorage should be fixed or not. We tested the same test conditions except for t

Motivation and Purpose There is no definition about whether seatbelt anchorage should be fixed or not. We tested the same test conditions except for t Review of Seatbelt Anchorage and Dimensions of Test Bench Seat Cushion JASIC Motivation and Purpose There is no definition about whether seatbelt anchorage should be fixed or not. We tested the same test

More information

SC-85X2取説

SC-85X2取説 I II III IV V VI .................. VII VIII IX X 1-1 1-2 1-3 1-4 ( ) 1-5 1-6 2-1 2-2 3-1 3-2 3-3 8 3-4 3-5 3-6 3-7 ) ) - - 3-8 3-9 4-1 4-2 4-3 4-4 4-5 4-6 5-1 5-2 5-3 5-4 5-5 5-6 5-7 5-8 5-9 5-10 5-11

More information

活用ガイド (ハードウェア編)

活用ガイド (ハードウェア編) (Windows 98) 808-877675-122-A ii iii iv NEC Corporation 1999 v vi PART 1 vii viii PART 2 PART 3 ix x xi xii P A R T 1 2 1 3 4 1 5 6 1 7 8 1 9 10 11 1 12 1 1 2 3 13 1 2 3 14 4 5 1 15 1 1 16 1 17 18 1 19

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208376838C835B83938365815B835683878393312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208376838C835B83938365815B835683878393312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> i i vi ii iii iv v vi vii viii ix 2 3 4 5 6 7 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60

More information

困ったときのQ&A

困ったときのQ&A ii iii iv NEC Corporation 1997 v P A R T 1 vi vii P A R T 2 viii P A R T 3 ix x xi 1P A R T 2 1 3 4 1 5 6 1 7 8 1 9 1 2 3 4 10 1 11 12 1 13 14 1 1 2 15 16 1 2 1 1 2 3 4 5 17 18 1 2 3 1 19 20 1 21 22 1

More information

SR-53V[接続編]

SR-53V[接続編] 1 WIRELESS BROADBAND VoIP ROUTER SR-53V 2 3 4 5 6 7 8 9 i Icom Inc. ii iii iv v vi vii viii ix x q w xi xii q w e r t y q w e r t q w e r t y u i o!0!1!2 xiii q w e r t q w e q w e r t q w e r t q w e

More information

〈論文〉興行データベースから「古典芸能」の定義を考える

〈論文〉興行データベースから「古典芸能」の定義を考える Abstract The long performance database of rakugo and kabuki was totaled, and it is found that few programs are repeated in both genres both have the frequency differential of performance. It is a question

More information

process of understanding everyday language is similar, finally as far as word production is concerned, individual variations seem to be greater at an

process of understanding everyday language is similar, finally as far as word production is concerned, individual variations seem to be greater at an Understanding of Language in Early Development ( ) Research by Visiting Home (3) Center of developmenta1 education and research Center of developmenta1 education and research Center of developmenta1 education

More information

Web Web Web Web Web, i

Web Web Web Web Web, i 22 Web Research of a Web search support system based on individual sensitivity 1135117 2011 2 14 Web Web Web Web Web, i Abstract Research of a Web search support system based on individual sensitivity

More information

46

46 The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol. 16, No. 1, PP 45-56, 2012 Factors Related to Career Continuation among Nurses Raising Children Mayumi Iwashita 1) Masayo Takada

More information

paper.dvi

paper.dvi 23 Study on character extraction from a picture using a gradient-based feature 1120227 2012 3 1 Google Street View Google Street View SIFT 3 SIFT 3 y -80 80-50 30 SIFT i Abstract Study on character extraction

More information

リファレンス

リファレンス STEP1 STEP 2 STEP 3 ii iii iv v NEC Corporation 1998 vi C O N T E N T S P A R T 1 viii ix C O N T E N T S P A R T 2 x P A R T 3 xi C O N T E N T S P A R T 4 xii P A R T 5 xiii C O N T E N T S P A R T

More information

16−ª1“ƒ-07‘¬ŠÑ

16−ª1“ƒ-07‘¬ŠÑ The purpose of this study is to clarify a process that Awa dance developed into tourist resources and the factors that it spread out in all over Japan. Consideration was made with the memory magazines,

More information

VB-C50i/VB-C50iR 使用説明書

VB-C50i/VB-C50iR 使用説明書 a ii iii iv a v vi vii viii d a a d ix a a d b a a a b x a a g a g a e a a xi a a a xii a a xiii xiv 1-2 1-3 d 1-4 1-5 1-6 1-7 1-8 1-9 1-10 1-11 1-12 2-2 2-3 a 2-4 a 2-5 a 2-6 2-7 2-8 2-9 2-10 2-11 2-12

More information

,.,.,,.,. X Y..,,., [1].,,,.,,.. HCI,,,,,,, i

,.,.,,.,. X Y..,,., [1].,,,.,,.. HCI,,,,,,, i 23 Experimental investigation of Natural Use Profiles of Pen Pressure, Tilt and Azimuth 1120230 2012 3 1 ,.,.,,.,. X Y..,,., [1].,,,.,,.. HCI,,,,,,, i Abstract Experimental investigation of Natural Use

More information

i

i i ii iii iv v vi vii viii ix x xi ( ) 854.3 700.9 10 200 3,126.9 162.3 100.6 18.3 26.5 5.6/s ( ) ( ) 1949 8 12 () () ア イ ウ ) ) () () () () BC () () (

More information

これわかWord2010_第1部_100710.indd

これわかWord2010_第1部_100710.indd i 1 1 2 3 6 6 7 8 10 10 11 12 12 12 13 2 15 15 16 17 17 18 19 20 20 21 ii CONTENTS 25 26 26 28 28 29 30 30 31 32 35 35 35 36 37 40 42 44 44 45 46 49 50 50 51 iii 52 52 52 53 55 56 56 57 58 58 60 60 iv

More information

パワポカバー入稿用.indd

パワポカバー入稿用.indd i 1 1 2 2 3 3 4 4 4 5 7 8 8 9 9 10 11 13 14 15 16 17 19 ii CONTENTS 2 21 21 22 25 26 32 37 38 39 39 41 41 43 43 43 44 45 46 47 47 49 52 54 56 56 iii 57 59 62 64 64 66 67 68 71 72 72 73 74 74 77 79 81 84

More information

これでわかるAccess2010

これでわかるAccess2010 i 1 1 1 2 2 2 3 4 4 5 6 7 7 9 10 11 12 13 14 15 17 ii CONTENTS 2 19 19 20 23 24 25 25 26 29 29 31 31 33 35 36 36 39 39 41 44 45 46 48 iii 50 50 52 54 55 57 57 59 61 63 64 66 66 67 70 70 73 74 74 77 77

More information

SPP24_Program_WOC(J)-15

SPP24_Program_WOC(J)-15 9:00-9:10 9:20-10:00 Invited Lecture A1-01-I 1 10:00-10:20 A1-02 3 10:20-10:40 A1-03 5 9:20-9:40 B1-01 7 9:40-10:00 B1-02 9 10:00-10:20 B1-03 11 10:20-10:40 B1-04 13 - i - 11:00-12:00 Plenary Lecture S-01

More information

untitled

untitled 11-19 2012 1 2 3 30 2 Key words acupuncture insulated needle cervical sympathetick trunk thermography blood flow of the nasal skin Received September 12, 2011; Accepted November 1, 2011 I 1 2 1954 3 564-0034

More information

三税協力の実質化 : 住民税の所得税閲覧に関する国税連携の効果

三税協力の実質化 : 住民税の所得税閲覧に関する国税連携の効果 Kwansei Gakuin University Rep Title 三 税 協 力 の 実 質 化 : 住 民 税 の 所 得 税 閲 覧 に 関 する 国 税 連 携 の 効 果 Author(s) Suzuki, Ushio, 鈴 木, 潮 Citation 経 済 学 論 究, 65(4): 175-197 Issue Date 2012-03-20 URL http://hdl.handle.net/10236/9133

More information

No.3 14

No.3 14 Mar.2003 13 1950m 53 (1998 1961 86.5 80 90 30% (1997 ),2001),2001) 1 2 3 4 5 6 No.3 14 Mar.2003 15 No.3 16 Mar.2003 17 No.3 18 Mar.2003 19 20 No.3 Mar.2003 21 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

デジタルメディアの時代における協働社会のデザインと地方行政の役割 : 元住吉商店街プロジェクトでの実践活動を通して

デジタルメディアの時代における協働社会のデザインと地方行政の役割 : 元住吉商店街プロジェクトでの実践活動を通して The Design of Co-productive Society with Digital Media and the New Role of Local Government Abstract As one of the roles of the local government in present Japan, the city planning of resident autonomy

More information

II

II No. 19 January 19 2013 19 Regionalism at the 19 th National Assembly Elections Focusing on the Yeongnam and Honam Region Yasurou Mori As the biggest issue of contemporary politics at South Korea, there

More information

EVALUATION OF NOCTURNAL PENILE TUMESCENCE (NPT) IN THE DIFFERENTIAL DIAGNOSIS OF IMPOTENCE Masaharu Aoki, Yoshiaki Kumamoto, Kazutomi Mohri and Kazunori Ohno Department of Urology, Sapporo Medical College

More information

(a) Speech index Res, (b) Respiration index Fig.l Feature index of alternate speech

(a) Speech index Res, (b) Respiration index Fig.l Feature index of alternate speech Hierarchy between Speech Duration and Speech Interval in Alternate Speech Yoshihiro Mryexn*, Yushin Tnrsuur* and Shiro SucrHene* The purpose ofthis study is to clarify the temporal structure ofspeech dynamics

More information

平成18年版 男女共同参画白書

平成18年版 男女共同参画白書 i ii iii iv v vi vii viii ix 3 4 5 6 7 8 9 Column 10 11 12 13 14 15 Column 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 Column 27 28 29 30 Column 31 32 33 34 35 36 Column 37 Column 38 39 40 Column 41 42 43 44 45

More information

III

III III 1 1 2 1 2 3 1 3 4 1 3 1 4 1 3 2 4 1 3 3 6 1 4 6 1 4 1 6 1 4 2 8 1 4 3 9 1 5 10 1 5 1 10 1 5 2 12 1 5 3 12 1 5 4 13 1 6 15 2 1 18 2 1 1 18 2 1 2 19 2 2 20 2 3 22 2 3 1 22 2 3 2 24 2 4 25 2 4 1 25 2

More information

iii iv v vi vii viii ix 1 1-1 1-2 1-3 2 2-1 3 3-1 3-2 3-3 3-4 4 4-1 4-2 5 5-1 5-2 5-3 5-4 5-5 5-6 5-7 6 6-1 6-2 6-3 6-4 6-5 6 6-1 6-2 6-3 6-4 6-5 7 7-1 7-2 7-3 7-4 7-5 7-6 7-7 7-8 7-9 7-10 7-11 8 8-1

More information

困ったときのQ&A

困ったときのQ&A Help i 1 ii iii v iv 2 C Alt Delete v iv vii vi vii vi viii ix x x xi 1 2 3 4 5 xii xiii xiv xv xvi xvii c c c xviii xix P A R T 1 P A R T 2 xx P A R T 3 xxi P A R T 4 xxii xxiii P A R T 1 2 1 1 2 3

More information

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8...

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8... 取 扱 説 明 書 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8...9...11 - - - - - - - - - - - - - - - - -

More information

Core Ethics Vol. a

Core Ethics Vol. a Core Ethics Vol. CP CP CP Core Ethics Vol. a - CP - - Core Ethics Vol. CP CP CP b CP CP CP e f a c c c c c c CP CP CP d CP ADL Core Ethics Vol. ADL ADL CP CP CP CP CP CP CP,,, d Core Ethics Vol. CP b GHQ

More information

C ontents VI VII

C ontents VI VII I ntroduction C ontents IV V C ontents VI VII C ontents VIII IX C ontents X XI C ontents XII XIII C ontents XIV XV XVI 01 192 193 02 C olumn 194 195 C olumn C olumn 196 197 03 C olumn C olumn C olumn

More information

2

2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 I II III 11 IV 12 V 13 VI VII 14 VIII. 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 _ 33 _ 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 VII 51 52 53 54 55 56 57 58 59

More information

untitled

untitled i ii iii iv v 43 43 vi 43 vii T+1 T+2 1 viii 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 a) ( ) b) ( ) 51

More information

困ったときのQ&A

困ったときのQ&A Help i 1 ii iii v iv 2 C Alt Delete v iv vii vi vii vi viii ix x http://121ware.com/support/ 0120-977-121 x xi xii xii xii 1 2 3 4 5 xiii xiv xv xvi xvii xviii xix xx P A R T 1 P A R T 2 xxi P A R T 3

More information

,, 2024 2024 Web ,, ID ID. ID. ID. ID. must ID. ID. . ... BETWEENNo., - ESPNo. Works Impact of the Recruitment System of New Graduates as Temporary Staff on Transition from College to Work Naoyuki

More information

™…

™… Review The Secret to Healthy Long Life Decrease in Oxidative and Mental Stress My motto is Health is not all. But nothing can be done without health. Health is the most important requisite for all human

More information

ABSTRACT The Social Function of Boys' Secondary Schools in Modern Japan: From the Perspectives of Repeating and Withdrawal TERASAKI, Satomi (Graduate School, Ochanomizu University) 1-4-29-13-212, Miyamaedaira,

More information

A comparison of abdominal versus vaginal hysterectomy for leiomyoma and adenomyosis Kenji ARAHORI, Hisasi KATAYAMA, Suminori NIOKA Department of Obstetrics and Gnecology, National Maizuru Hospital,Kyoto,

More information

126 学習院大学人文科学論集 ⅩⅩⅡ(2013) 1 2

126 学習院大学人文科学論集 ⅩⅩⅡ(2013) 1 2 125 126 学習院大学人文科学論集 ⅩⅩⅡ(2013) 1 2 127 うつほ物語 における言語認識 3 4 5 128 学習院大学人文科学論集 ⅩⅩⅡ(2013) 129 うつほ物語 における言語認識 130 学習院大学人文科学論集 ⅩⅩⅡ(2013) 6 131 うつほ物語 における言語認識 132 学習院大学人文科学論集 ⅩⅩⅡ(2013) 7 8 133 うつほ物語 における言語認識 134

More information

untitled

untitled SATO Kentaro Milk and its by-products are naturally nutritious food, and people in ancient Japan enjoyed tasting them as foods, drinks, or medicines. On the other hand, milk and its by-products were closely

More information

Title 社 会 化 教 育 における 公 民 的 資 質 : 法 教 育 における 憲 法 的 価 値 原 理 ( fulltext ) Author(s) 中 平, 一 義 Citation 学 校 教 育 学 研 究 論 集 (21): 113-126 Issue Date 2010-03 URL http://hdl.handle.net/2309/107543 Publisher 東 京

More information

産業構造におけるスポーツ産業の範囲に関する研究Ⅰ

産業構造におけるスポーツ産業の範囲に関する研究Ⅰ Abstract This study is emphasizes that the sports industry holds big weight with the economy of our country but tends to be disregarded The study sees it us a peculiar industry which has ports of both

More information

0 Speedy & Simple Kenji, Yoshio, and Goro are good at English. They have their ways of learning. Kenji often listens to English songs and tries to remember all the words. Yoshio reads one English book every

More information

Housing Purchase by Single Women in Tokyo Yoshilehl YUI* Recently some single women purchase their houses and the number of houses owned by single women are increasing in Tokyo. And their housing demands

More information

経済論集 45‐1(よこ)(P)☆/2.李

経済論集 45‐1(よこ)(P)☆/2.李 VOCA Ho alauna VOCA Ho alauna Tablet 1 VOCA 1 4 2 3 3 http : //ja.wikipedia.org/wiki/ 1 VOCA VOCA 4 A 5 7 SD 40 9 USJ 21 9 B 5 1 120 4 CM C 3 D 10 VOCA 5 PDA PDA PDA VOCA 2 Ho alauna 3 3 70 11 Neil Scott

More information

キャリアワークショップ教師用

キャリアワークショップ教師用 iii v vi vii viii ix x xi xii 1 2 3 4 1.1 CYCLE OF SELF-RELIANCE GOALS SUCCESS INTERACTION RESOURCES 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 2.1 MY RESOURCES FOR THE EARTH IS FULL, AND THERE IS ENOUGH AND

More information

By Kenji Kinoshita, I taru Fukuda, Taiji Ota A Study on the Use of Overseas Construction Materials There are not few things which are superior in the price and the aspect of the quality to a domestic

More information

03Ÿ_-“L’£

03Ÿ_-“L’£ G H 1913 35 2 2006 1903 1904 1916 1905 1908 Mrs. Louisa Nistrom Hamilton 1989 65-66 1906 1995 1911 9 1912 12 36 1913 1 1914 12 1913. 1 1920 1 7 1913 1 1911 Havelock Ellis 3 4 1914 1 1915 10 1913 5 1915

More information

2 2 1 2 1 2 1 2 2 Web Web Web Web 1 1,,,,,, Web, Web - i -

2 2 1 2 1 2 1 2 2 Web Web Web Web 1 1,,,,,, Web, Web - i - 2015 Future University Hakodate 2015 System Information Science Practice Group Report Project Name Improvement of Environment for Learning Mathematics at FUN C (PR ) Group Name GroupC (PR) /Project No.

More information

123-099_Y05…X…`…‘…“†[…h…•

123-099_Y05…X…`…‘…“†[…h…• 1. 2 1993 2001 2 1 2 1 2 1 99 2009. 1982 250 251 1991 112 115 1988 75 2004 132 2006 73 3 100 3 4 1. 2. 3. 4. 5. 6.. 3.1 1991 2002 2004 3 4 101 2009 3 4 4 5 1 5 6 1 102 5 6 3.2 2 7 8 2 X Y Z Z X 103 2009

More information

<31322D899C8CA982D982A95F985F95B65F2E696E6464>

<31322D899C8CA982D982A95F985F95B65F2E696E6464> SUMMARY Japan is one of the most earthquakeprone country in the world, and has repeatedly experienced serious major damages. No matter how serious the impact of earthquake disasters, each and every time,

More information

鹿大広報149号

鹿大広報149号 No.149 Feb/1999 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 Learned From Japanese Life and Experiences in Kagoshima When I first came to Japan I was really surprised by almost everything, the weather,

More information

1... 1 1... 1 2... 1 3... 1 4... 4 5... 7 6... 7 7... 12 8... 12 9... 13 10... 13 11... 13 12... 14 2... 14 1... 14 2... 16 3... 18 4... 19 5... 19 6.

1... 1 1... 1 2... 1 3... 1 4... 4 5... 7 6... 7 7... 12 8... 12 9... 13 10... 13 11... 13 12... 14 2... 14 1... 14 2... 16 3... 18 4... 19 5... 19 6. 3 2620149 1 3 8 3 2 198809 1/1 198809 1 1 3 4 5 JISJIS X 0208 : 1997 JIS 4 JIS X 0213:2004 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/monjokan/ 1... 1 1... 1 2... 1 3... 1 4... 4 5... 7 6... 7 7... 12 8... 12

More information

2 94

2 94 32 2008 pp. 93 106 1 Received October 30, 2008 The purpose of this study is to examine the effects of aerobics training class on weight loss for female students in HOKURIKU UNIVERSITY. Seventy four female

More information

2 except for a female subordinate in work. Using personal name with SAN/KUN will make the distance with speech partner closer than using titles. Last

2 except for a female subordinate in work. Using personal name with SAN/KUN will make the distance with speech partner closer than using titles. Last 1 北陸大学 紀要 第33号 2009 pp. 173 186 原著論文 バーチャル世界における呼びかけ語の コミュニケーション機能 ポライトネス理論の観点からの考察 劉 艶 The Communication Function of Vocative Terms in Virtual Communication: from the Viewpoint of Politeness Theory Yan

More information

R R S K K S K S K S K S K S Study of Samuhara Belief : Transformation from Protection against Injuries to Protection against Bullets WATANABE Kazuhiro Samuhara, which is a group of letters like unfamiliar

More information

<8ED089EF8B49977634342D312D30914F95742E696E6464>

<8ED089EF8B49977634342D312D30914F95742E696E6464> The Treatments in the Institutions Regarded As Inappropriate by Certified Student Social Workers and Their Coping Behavior: Survey and Analysis Nobuko SAKATA (1) 15 13 (2) 47 16 (3) 53 44-1 2006 17 1810

More information

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA Title 成人知的障害者の加齢に伴う外観的変化に関する研究 : 知的障害者用外観的老化微候測定法を用いた検討 Author(s) 春日井, 宏彰 ; 菅野, 敦 ; 橋本, 創一 ; 桜井, 和典 ; 片瀬, Citation 東京学芸大学紀要. 第 1 部門, 教育科学, 56: 415-425 Issue Date 2005-03-00 URL http://hdl.handle.net/2309/2097

More information

NO.80 2012.9.30 3

NO.80 2012.9.30 3 Fukuoka Women s University NO.80 2O12.9.30 CONTENTS 2 2 3 3 4 6 7 8 8 8 9 10 11 11 11 12 NO.80 2012.9.30 3 4 Fukuoka Women s University NO.80 2012.9.30 5 My Life in Japan Widchayapon SASISAKULPON (Ing)

More information

日本感性工学会論文誌

日本感性工学会論文誌 pp.343-351 2013 Changes in Three Attributes of Color by Reproduction of Memorized Colors Hiroaki MIYAKE, Takeshi KINOSHITA and Atsushi OSA Graduate School of Science and Engineering, Yamaguchi University,

More information

J53-01

J53-01 53 Bulletin of Hiroshima Jogakuin University : 126Dec. 2003 1 TAT 200310 Object relations in TAT analysis Kyoko YAMASHITA Abstract I carried out TAT with 54 female university students as subjects, and

More information

Authors' Abstract It in known that the method of feeding powder into split cell affects the adhesion forces of powder beds, especially in fine particle powders. But the effect of the agglomeration phenomenon

More information

ii iii iv CON T E N T S iii iv v Chapter1 Chapter2 Chapter 1 002 1.1 004 1.2 004 1.2.1 007 1.2.2 009 1.3 009 1.3.1 010 1.3.2 012 1.4 012 1.4.1 014 1.4.2 015 1.5 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6 Chapter7

More information

ABSTRACT The "After War Phenomena" of the Japanese Literature after the War: Has It Really Come to an End? When we consider past theses concerning criticism and arguments about the theme of "Japanese Literature

More information

10 2000 11 11 48 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) CU-SeeMe NetMeeting Phoenix mini SeeMe Integrated Services Digital Network 64kbps 16kbps 128kbps 384kbps

More information

connecting the dots i 小 説 を 書 き 始 めるまでの 苦 悩 ii iii

connecting the dots i 小 説 を 書 き 始 めるまでの 苦 悩 ii iii 人 間 学 科 共 通 科 目 人 間 学 特 別 講 演 文 学 を 生 む 力 宮 本 輝 S S 講 演 connecting the dots i 小 説 を 書 き 始 めるまでの 苦 悩 ii iii iv dot 物 語 の 核 が 出 来 る 瞬 間 m v spontan vi 語 り 始 める 登 場 人 物 たち vii viii ix 一 字 一 字 を 積 み 重 ねて

More information