1656 Vol. 130 (2010) Fig. 1. Study Content in ``Pharmacotherapeutics'' Fig. 2. Time Table of ``Pharmacotherapeutics'' Table 1. Lecture Content in ``Ph

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1656 Vol. 130 (2010) Fig. 1. Study Content in ``Pharmacotherapeutics'' Fig. 2. Time Table of ``Pharmacotherapeutics'' Table 1. Lecture Content in ``Ph"

Transcription

1 YAKUGAKU ZASSHI 130(12) (2010) 2010 The Pharmaceutical Society of Japan 1655 Review 名 城 大 学 薬 学 部 での 症 例 に 基 づく 統 合 型 PBL 教 育 と 実 践 加 藤 美 紀, 大 津 史 子, 永 松 正, 灘 井 雅 行 Development of New Problem-based Learning to Promote Problem-solving Ability in Therapeutics at Meijo University Miki KATOH, FumikoOHTSU, TadashiNAGAMATSU, and Masayuki NADAI Faculty of Pharmacy, Meijo University, Yagotoyama 150, Tenpaku-ku, Nagoya , Japan (Received August 31, 2010) Pharmacy students in the six-year education system are expected to combine their knowledge obtained from many lectures and to develop problem-solving abilities in therapeutics. These two expectations are considered to be di cult in the conventional education system. Therefore we introduced a new problem-based learning (PBL) method in the class on ``pharmacotherapeutics,'' which was held in the ˆrst semester of the fourth year. In the PBL modules, students studied the etiology, pathology, and appropriate drug therapeutics of a given disease and obtained the knowledge and skills necessary for monitoring patients during treatment. We conducted 12 PBL modules, and students studied one case per module, each lasting a week. To encourage constructive group work and to generate original input formats to provide students with a problem-solving road map, we developed new systems including a class review and portfolio. The new PBL method also included lectures on the overview of each disease and the therapeutic agents (action mechanism, physical properties, pharmacokinetics, and monitoring of the e cacy and adverse reactions). By integrating their knowledge and skills, we hope that the students will be able to acquire problem-solving abilities in therapeutics when they become pharmacists. Key words education system; problem-based learning (PBL) method; pharmacotherapeutics 1. 6 年 制 薬 学 教 育 の 課 題 と 薬 物 治 療 学 わが 国 の 薬 学 部 における 教 育 は, 薬 剤 師 に 対 する 社 会 のニーズに 応 えるため, 平 成 18 年 度 より, 従 来 の 4 年 制 教 育 課 程 から, 薬 剤 師 教 育 を 主 眼 に 置 い た 6 年 制 教 育 課 程 に 移 行 した.これまでの 4 年 制 教 育 課 程 では, 縦 割 りのカリキュラムが 主 体 で, 各 講 義 科 目 の 連 携 はほとんどなかった.しかし, 社 会 が 求 める 薬 剤 師 職 能 を 発 揮 するためには, 縦 割 りの 知 識 だけではなく,それぞれの 講 義 で 得 られた 知 識 を 統 合 し, 臨 床 現 場 で 患 者 に 適 応 できる 問 題 解 決 能 力 を 身 につけることが 求 められる.しかし,この 問 題 解 決 能 力 の 育 成 は, 従 来 の 講 義 型 のみの 教 育 では 難 しい. 一 方, 近 年 の 医 学 部 では, 医 学 教 育 改 革 にお いて,PBL (Problem-Based Learning) 形 式 の 学 習 名 城 大 学 薬 学 部 ( 名 古 屋 市 天 白 区 八 事 山 150) 本 総 説 は, 日 本 薬 学 会 第 130 年 会 シンポジウム S25 で 発 表 したものを 中 心 に 記 述 したものである. 形 態 が 導 入 され,その 有 用 性 が 報 告 されている. 1,2) 医 学 部 は 学 生 数 に 比 して 教 員 数 が 多 く,PBL の 実 施 に 十 分 な 時 間 と 人 員 を 確 保 し 易 い.しかし, 名 城 大 学 を 始 めとする 薬 学 系 私 立 大 学 の 定 員 数 は, 医 学 部 と 比 較 して 多 く( 本 学 の 定 員 数 は,1 学 年 250 名 ), 学 生 個 々の 基 礎 学 力 やモチベーションにも 差 がある.さらに, 臨 床 系 教 員 数 も 限 られており, 医 学 部 の PBL 形 式 を 導 入 しても, 種 々の 運 用 上 の 問 題 が 起 こると 予 測 された.また,PBL は 学 生 の 自 主 学 習 を 基 本 にしているため, 知 識 の 習 得 不 足 や 学 生 間 の 格 差 拡 大 の 可 能 性 も 指 摘 されている. 3,4) そこで, 名 城 大 学 薬 学 部 では,Fig. 1 に 示 すよう に 1) 疾 患 を 理 解 する,2) 薬 物 を 理 解 する,3) 患 者 を 理 解 する,の 3 つの 視 点 から 薬 物 治 療 を 理 解 す ることを 目 的 として,PBL 形 式 の 学 習 形 態 を 導 入 した 症 例 に 基 づく 統 合 型 カリキュラム 薬 物 治 療 学 を 創 設 した.この 科 目 では, 学 生 は 代 表 的 な 疾 患 毎 に 提 示 された 症 例 に 対 して PBL を 行 うことによ り, 学 生 自 らが 疾 患 の 発 症 メカニズムと 病 態, 適 切

2 1656 Vol. 130 (2010) Fig. 1. Study Content in ``Pharmacotherapeutics'' Fig. 2. Time Table of ``Pharmacotherapeutics'' Table 1. Lecture Content in ``Pharmacotherapeutics'' な 薬 物 治 療 を 理 解 し, 治 療 経 過 のモニタリングに 必 要 な 知 識 と 技 能 を 能 動 的 に 習 得 することを 目 標 とし ている.また 本 講 義 の 実 践 にあたって, 薬 学 部 にお いて 効 果 的 な 教 育 を 行 うための 薬 学 型 PBL 教 育 シ ステムを 構 築 した. 2. 薬 物 治 療 学 の 内 容 と 講 義 スケジュール 薬 物 治 療 学 は 4 年 次 前 期 の 火 曜 日 から 金 曜 日 までの 4 日 間 を 使 った 統 合 型 科 目 ( 半 期 12 単 位, 必 須 科 目 )である. 学 習 形 式 は 1 週 間 1 疾 患 1 症 例 を 1 モジュールとした PBL 形 式 で,3 モジュール を 1 クールとして 4 クール(12 モジュール)を 実 施 した.モジュールで 取 り 上 げた 項 目 は, 高 血 圧, 心 筋 梗 塞 狭 心 症 ( 脂 質 異 常 症 ), 気 管 支 喘 息, 肺 炎, 急 性 リンパ 性 白 血 病, 胃 潰 瘍, 潰 瘍 性 大 腸 炎, 糖 尿 病,ネフローゼ 症 候 群 ( 小 児 ), 関 節 リウマチ ( 高 齢 者 ),うつ 病, 肺 がんである. 薬 物 治 療 学 の 1 週 間 の 時 間 割 を Fig. 2 に 示 す. まず 学 生 は 提 示 された 症 例 について,SGD (Small Group Discussion)により 学 生 自 身 の 不 足 し ている 知 識 を 抽 出 し 調 査 を 行 う. 次 に, 症 例 に 対 す る 薬 物 治 療 上 の 問 題 を 抽 出 し,その 評 価 と 適 切 な 薬 学 的 介 入 法 をファーマシューティカルケアプランと して 提 案 する.この 過 程 において 学 生 が 既 に 履 修 し た 基 礎 科 目 の 知 識 を 統 合 できるように, 症 例 に 関 す る 疾 患 の 概 要 や 薬 物 療 法 の 講 義 ( 薬 物 の 作 用 機 序, 物 性, 体 内 動 態, 有 効 性 副 作 用 モニタリングな ど)を SGD 進 行 に 合 わせて 組 み 込 んだ. 各 講 義 の 内 容 は Table 1 に 示 した. なお, 実 際 に PBL を 行 う 1 グループの 学 生 数 は 8 名 とし, 全 25 グループにて 講 義 を 行 った.ま 病 態 生 理 疫 学 診 断 基 準 リスクファクター, 合 併 症 病 因 疾 病 概 論 予 後 予 防 治 療 ガイドライン 薬 物 療 法 以 外 の 治 療 法 ( 代 替 療 法 含 む) 薬 物 療 法 概 論 1 病 態 生 理 のしくみと 薬 物 の 作 用 機 序 物 性 や 製 剤 上 の 特 徴 薬 物 療 法 概 論 2 基 本 構 造 による 分 類 と 作 用 副 作 用 体 内 動 態 の 特 徴 (クラスレビュー) 患 者 背 景 を 考 慮 した 投 与 設 計 ( 腎 障 害, 肝 障 害, 高 齢, 妊 婦, 小 児 ) 薬 物 療 法 概 論 3 病 態,リスクファクター, 背 景 に 応 じた 薬 剤 選 択 相 互 作 用 有 効 性 モニタリングの 指 標 とゴール 副 作 用 モニタリングの 指 標 ( 代 表 的 薬 物 療 法 概 論 4 な 症 状 や 検 査 )とゴール EBM トピック 演 習 臨 床 検 査 トピック( 外 部 講 師 ) 関 連 講 義 及 び 臨 床 医 によるトピック た,グループ 毎 のチューターは 導 入 せず,コアタイ ムの 出 席 確 認 のみで 学 生 主 導 のグループワークとし た. 3. 薬 物 治 療 学 における 薬 学 型 PBL 教 育 シス テム 新 たに 創 設 した 薬 物 治 療 学 を 効 果 的 に 実 施 し,

3 No Fig. 3. Pharmaceutical PBL Education System in ``Pharmacotherapeutics'' 教 育 効 果 を 十 二 分 に 引 き 出 すための 薬 学 型 PBL 教 育 システムとして,ファイルサーバーや 既 存 の LMS (Learning Management System),さらにオリ ジナルシステムの 構 築 など, 種 々の ICT (Information and Communication Technology)によるシス テムを 導 入 した. 今 回 導 入 した 薬 学 型 PBL 教 育 システムの 概 略 を Fig. 3 に 示 した 効 果 的 なグループワークのための 薬 学 型 PBL 教 育 システム 学 習 支 援 フォーマットとファイルサー バーの 利 用 薬 物 治 療 学 における PBL は 毎 週 火 曜 日 午 後 のコアタイム 1 から 始 まる. 本 学 で 実 施 してきたこれまでの PBL 教 育 の 経 験 から, 学 生 の 知 識 レベルが 低 い 場 合,PBL の 成 果 が 調 べた 内 容 の 発 表,すなわち 学 生 の 問 題 解 決 のみで, 症 例 の 問 題 解 決 に 至 らないことが 多 かった.そこで, コアタイム 1 では 学 生 の 知 識 不 足 をラーニングイシ ュー(LI) として 挙 げさせ, 調 査, 情 報 共 有 を 行 わせた. 翌 日 のコアタイム 2 では, 症 例 の 問 題 点 を 1 つずつ 吟 味 できるように 整 理 するための 学 習 支 援 フォーマット プロブレム 識 別 シート を 用 意 し, グループ 毎 にチェックさせ, 患 者 の 抱 える 問 題 点 を ディスカッションし LI として 挙 げさせた.LI, はフォーマット コアタイムワークシート に 記 入 し, 大 学 共 用 のファイルサーバーへ 提 出 させた. 担 当 教 員 は 各 グループから 提 出 された プロブレム 識 別 シート の LI, の 内 容 から SGD の 方 向 性 にずれや 不 足 がないかを 確 認 し,さらに PBL 実 施 時 間 中 に 各 グループを 巡 回 し, 必 要 に 応 じて 不 足 し ている 知 識 や 考 え 方 のヒントをアドバイスした. 金 曜 日 のケースカンファレンスでは,グループワーク で 識 別 した 症 例 の 問 題 点 について 調 査 内 容 を 共 有 し た 上 で, 現 状 を 評 価 し, 薬 物 治 療 のゴールを 設 定 し て 介 入 方 法 を 提 案 する ファーマシューティカルケ アプラン ( 以 後,ケアプラン)をフォーマットに 従 って 作 成 させた.ケアプランと 発 表 用 プロダクト はファイルサーバーに 提 出 させ, 翌 週 火 曜 日 のケー スプレゼンテーションで 発 表 させた. このように 薬 物 治 療 学 の PBL では,グルー プワークを 効 率 的, 効 果 的 に 進 行 させる 学 習 支 援 フ ォーマットを 利 用 し,その 学 習 成 果 としてファイル サーバーに 提 出 させた 内 容 を 担 当 教 員 が 確 認, 指 導 することで, 学 生 の 学 習 行 程 と 学 習 内 容 がほぼ 統 一 され,グループ 毎 のチューターを 必 要 とせず PBL を 行 うことが 可 能 となった クラスレビューシステムの 構 築 薬 物 治 療 においては, 臨 床 現 場 に 供 されている 多 数 の 医 薬 品 の 中 からその 患 者 の 状 態 に 最 も 適 した 医 薬 品 を 選 択 する 能 力 が 求 められる.そこで, 薬 物 治 療 学 の PBL 教 育 システムでは, 代 表 的 な 医 薬 品 の 物 性, 薬 理 作 用, 体 内 動 態, 使 用 上 の 注 意, 副 作 用, 薬 価 などを 協 同 作 業 で 入 力 する 医 薬 品 レビューシス テムを 構 築 した.システム 画 面 の 一 部 を Fig. 4 に 示 したが, 医 薬 品 の 情 報 を 比 較 したい 項 目 でソート し, 症 例 に 最 も 適 した 医 薬 品 を 比 較 検 討 することが 可 能 である. 医 薬 品 の 情 報 は 1 グループに 1 医 薬 品 を 割 り 当 て,25 グループで 協 同 入 力, 共 同 利 用 さ せた 低 学 年 からの 必 須 薬 物 の 学 習 効 果 的 なグループワークの 基 盤 として, 基 礎 学 力 差 の 是 正 が 必 要 であると 考 えた.そこで, 利 用 頻 度 の 高 い 薬 物 220 種 を 選 び,1 年 次 には 一 般 名, 商 品 名, 薬 効 分 類 を,2 年 次 では 適 応, 薬 理 作 用 を,3 年 次 では 用 量, 主 な 副 作 用 と 低 学 年 からの 段 階 的 な 学 習 を 指 示 し,WebClass で 確 認 試 験 を 実 施 した 効 果 的 な 自 己 学 習 を 進 めるための 薬 学 型 PBL 教 育 システム モジュールにおけるプレテスト,ポスト テストの 実 施 火 曜 日 午 後 のコアタイム 1 におけ る 症 例 提 示 前 に, 学 習 目 標 に 沿 ったプレテストを, 解 答 の 集 計 や 正 解 の 開 示 がすぐに 行 えるクリッカー を 利 用 した EduClick 5) により 行 い,モジュールの

4 1658 Vol. 130 (2010) Fig. 4. Part of the Class Review System in ``Pharmacotherapeutics'' 学 習 目 標 を 認 識 させた.ケースプレゼンテーション 後 には,ポストテストで 学 習 成 果 を 確 認 させた 試 験 問 題 及 び 講 義 教 材 の 公 開 1 クー ル(3 モジュール) 終 了 毎 の 試 験 (モジュールテス ト)は,CBT (Computer-Based Testing)の 出 題 形 式 で 行 い, 試 験 実 施 後 は 学 生 に 問 題 を 公 開 して, 場 所 と 時 間 の 制 約 なく, 繰 り 返 し 学 習 できる 環 境 を 提 供 した.また 講 義 資 料 は WebClass を 利 用 して WEB 上 に 公 開 し, 常 に 閲 覧 可 能 とした e-ポートフォリオの 構 築 学 習 内 容 を 記 録 し, 学 習 目 標 毎 に 自 己 評 価 を 行 う e-ポートフ ォリオシステムを 構 築 し,1 クール 終 了 後 に 3 モジ ュール 分 のポートフォリオを 入 力 させた(Fig. 5). 同 時 に 教 材 としての 症 例 の 評 価 も 行 わせ, 担 当 教 員 にフィードバックした. 学 生 の 自 己 評 価 結 果 は, 自 己 啓 発 をうながせるよう, 全 体 の 平 均 と 比 較 して レーダーチャートで 閲 覧 できるようにした 教 材 の 質 の 確 保 と 発 展 のための 薬 学 型 PBL 教 育 システム 症 例 のデータベース 化 による 質 の 確 保 吉 田 ら 6) は,PBL の 成 功 の 鍵 はシナリオの 充 実 で あるとしているが, 内 容 に 不 備 やまちがいがあると 学 生 が 混 乱 し, 学 習 成 果 が 半 減 する.そこで 薬 物 治 療 学 担 当 教 員 のために 症 例 作 成 フォーマットを 用 意 し, 症 例 の 難 易 度,ボリューム, 学 生 に 学 んでほし いポイントなどを 明 確 にすることで, 教 材 としての 症 例 の 質 と 量 の 確 保 を 図 った. 作 成 した 症 例 は, 症 例 データベースを 構 築 し, 蓄 積 した. 4. 教 育 実 践 による 改 善 成 果 薬 物 治 療 学 の 全 クール 終 了 時 に, 講 義 内 容 及 び 薬 学 型 PBL 支 援 システムに 対 するアンケート 調 査 を 行 った.その 結 果 は Fig. 6 に 示 した( 回 収 率 93.5%, 186 名 ).また, 薬 物 治 療 学 の 学 習 に 対 する 評 価 は,モジュール 毎 に,ポストテストとモジ ュールテストを 用 いて 個 人 評 価 を,ケアプランの 内 容 でグループ 評 価 を 行 った 効 果 的 なグループワークの 実 施 94.1% の 学 生 が,グループワークが 学 生 自 身 の 学 習 に 効 果 的 であったと 答 えた.また, プロブレム 識 別 シー ト や ケアプラン などのフォーマットの 有 用 性 に 対 する 評 価 はいずれも 高 かった.グループワーク の 成 果 であるケアプランの 内 容 は,それぞれのモジ ュール 担 当 教 員 2 名 で 評 価 したが, 単 なる 知 識 の 羅 列 ではなく, 調 査 した 内 容 を 症 例 に 当 てはめ, 必 要 とされる 薬 物 治 療 の 本 質 に 踏 み 込 んだ 検 討 が 行 われ ているものがほとんどであった. 第 1 クールにおけ る 3 モジュールでは, 教 員 のケアプラン 評 価 点 の 平 均 は 4.5 点 中 0.8 点 であったが, 第 4 クールには 2.8 点 と 向 上 した. ケアプラン のプロブレム ( 学 生 が 識 別 した 症 例 の 薬 物 治 療 の 問 題 点 ) 抽 出 数

5 No Fig. 5. Part of the E-portfolio in ``Pharmacotherapeutics'' Fig. 6. Results of the Questionnaire about ``Pharmacotherapeutics'' Number represents actual count.

6 1660 Vol. 130 (2010) Fig. 7. Change in Number of the Problem and Characters of the ``Care Plan'' along with Proceedings of the Study in ``Pharmacotherapeutics'' は PBL を 重 ねる 毎 に 増 加 し, 第 1 クールでの 平 均 5.7 個 から, 第 4 クールでは 平 均 10.7 個 まで 増 加 し た(Fig. 7).また, ケアプラン に 記 載 された 薬 物 治 療 の 現 状 評 価 及 び 介 入 計 画 の 平 均 文 字 数 は 第 1 クールでは 平 均 字 であったのに 対 し, 第 4 クールでは 字 と 飛 躍 的 に 増 加 し た.これらの 結 果 は, 学 生 が PBL を 繰 り 返 すこと によってグループワークを 効 率 的, 効 果 的 に 行 うこ とが 可 能 となり,より 深 い 学 習 内 容 を 習 得 すること ができたことを 示 唆 するものと 考 えられた. グループワークの 成 果 であるケアプランの 評 価 点 と,そのグループに 所 属 する 学 生 のモジュールテス トの 平 均 点 の 相 関 性 を 検 討 したところ, 第 1 第 3 クールまでは 有 意 な 相 関 は 認 められなかったが, 第 4 クールでは,ピアソン 相 関 係 数 r=0.43 (p<0.05) と 有 意 な 相 関 が 認 められた.この 結 果 は,グループ のケアプランの 評 価 点 が 高 いほど,そのグループに 属 した 学 生 のモジュールテストの 平 均 点 が 高 い,す なわち 薬 物 治 療 学 の PBL におけるグループワー クの 成 果 が, 個 々の 学 生 の 知 識 の 習 得 につながって いることを 示 唆 するものと 考 えられる. 薬 物 治 療 学 における PBL 教 育 の 環 境 は, 多 人 数 の 学 生 と グループ 毎 のチューターを 配 置 しないという 通 常 で は 絶 対 的 に 不 利 と 考 えられる 状 況 であったが, 薬 学 型 PBL 教 育 システムにおいて,フォーマットの 活 用 など ICT による 種 々の 学 習 支 援 を 行 うことで, 効 率 的, 効 果 的 なグループワークが 実 現 できたと 考 える. 学 生 の 薬 物 治 療 学 に 対 する 受 講 態 度 としては, 87.2%が 積 極 的 にグループワークに 参 加 していたと 答 えた.しかし,PBL に 積 極 的 に 取 り 組 む 学 生 と, 消 極 的 な 学 生 の 教 育 効 果 の 乖 離 を 防 ぐために は,グループワークに 対 する 学 生 の 自 覚 と 責 任 を 明 確 にする 必 要 がある.そこで, 現 在, 調 査 した 内 容 をグループ 内 に 公 開 し, 学 習 の 軌 跡 を 目 に 見 える 形 にすることを 目 的 にコアタイムワークシートを 基 に WIKI 型 ディスカッションシステムを 構 築 中 であ る. 一 方, クラスレビュー については, 学 生 の 約 半 数 があまり 効 果 的 でなかったと 評 価 した.これ は, 入 力 作 業 で 精 一 杯 であったこと,グループ 毎 に 入 力 した 医 薬 品 情 報 の 精 度 が 不 明 確 で 情 報 源 として 十 分 に 使 いこなせなかったことが 原 因 と 考 えられ る. 今 後 は, 本 システムを 利 用 して 医 薬 品 を 比 較 さ せる 機 会 を 設 定 したいと 考 えている 効 果 的 な 自 己 学 習 の 実 践 各 モジュール における プレテスト ポストテスト の 実 施 は, 93.5%の 学 生 が 効 果 的 であったと 答 えた.Web- Class に 公 開 された 薬 物 治 療 学 での 各 講 義 の 教 育 資 料 は 129 コンテンツであったが, 教 材 の 公 開 は 91.9%の 学 生 が 効 果 的 であったと 答 え,1 コンテン ツに 学 生 がアクセスした 平 均 数 は 回,1 学 生 の 平 均 アクセス 数 は 77.7 回 であった.この 結 果 は 今 回 構 築 した 薬 学 型 PBL 教 育 システムによって, 個 々の 学 生 が 効 果 的 に 学 習 できる 環 境 を 提 供 できた ことを 示 唆 するものと 考 えられる. e-ポートフォリオ については,あまり 効 果 的 ではないとの 否 定 的 な 意 見 が 多 かったが,これは 学 習 経 過 の 記 録 を 求 めたため 煩 雑 であったこと,また 記 録 の 時 期 がモジュール 毎 でなくクール 終 了 後 であ ったため, 自 己 評 価 の 時 期 に 適 していなかったこと が 原 因 と 考 えられた. 今 後 は,ケアプランのピアレ ビューを 導 入 し,1 モジュール 毎 の 振 り 返 りの 時 間 を 設 けることで,e-ポートフォリオへの 学 習 記 録 の 蓄 積 と 自 己 評 価 を 効 果 的 に 行 い, 知 識 の 定 着 を 促 進 したいと 考 えている. 一 方,e-ポートフォリオの 学 生 の 省 察 には,モジュール 毎 の 学 生 の 取 り 組 みや 反 省 が 蓄 積 されており,これを 担 当 教 員 にフィードバ ックした. 省 察 には 3 年 生 までは 3 年 間 に 学 習 し た 膨 大 な 知 識 がなんとも 現 実 味 のない, 漠 然 とした ものに 感 じられていたが, 今 は 各 教 科 の 内 容 が 1 つ につながり, 疾 患 の 病 理 から 治 療 まで 全 体 像 がはっ きりするようになった といった 積 極 的 な 省 察 が 多 くみられた. 今 後,この 省 察 に 対 して 担 当 教 員 から

7 No コメントすることで, 学 生 のモチベーションの 確 認 や 維 持 に 利 用 していく 予 定 である 教 材 の 質 の 確 保 と 発 展 教 材 としての 症 例 に 対 する 学 生 の 評 価 では, 症 例 の 難 易 度 とボリ ュームはモジュールにより 若 干 の 差 があったが, 適 切 性 は 平 均 87.4%が 適 切 ほぼ 適 切 と 評 価 し た. 今 回 作 成 した 12 症 例 のうち, 検 査 値 などの 誤 りの 訂 正 は 2 回 のみであり, 症 例 作 成 フォーマット の 利 用 とデータベース 化 は, 症 例 の 質 の 確 保 に 貢 献 したと 考 えている 薬 物 治 療 学 の 教 育 効 果 PBL 形 式 に よる 症 例 に 基 づく 統 合 型 カリキュラム 薬 物 治 療 学 が, 薬 物 治 療 の 理 解 に 効 果 的 であったと 答 えた 学 生 は 94.7%, 満 足 であると 答 えた 学 生 は 94.1%であ った.また, 薬 物 治 療 を 一 言 で 表 すと と 言 う 問 いに 学 べば 学 ぶほど, 自 分 が 何 も 知 らなかったこ とに 気 づく, 気 づけば 気 づくほどまた 学 びたくな る という 答 えが 最 も 印 象 的 であった.また 今 回, 本 講 義 の 実 践 にあたって, 薬 学 部 において 効 果 的 な 教 育 を 行 うことを 目 的 として 必 要 に 応 じて 柔 軟 に ICT による 支 援 を 取 り 入 れ 構 築 した 薬 学 型 PBL 教 育 システムは, 効 率 的 かつ 効 果 的 なグループワーク の 実 施 につながり, 高 い 教 育 効 果 の 確 保 に 大 きく 貢 献 するものであった. 5. まとめ 薬 学 6 年 制 教 育 への 変 革 を 機 に, 名 城 大 学 薬 学 部 では PBL 形 式 の 学 習 形 態 を 導 入 した 症 例 に 基 づく 統 合 型 カリキュラム 薬 物 治 療 学 を 創 設 した. 本 科 目 において, 学 生 は 学 習 支 援 のための 薬 学 型 PBL 教 育 システムを 有 効 に 利 用 して, 提 示 された 症 例 に 対 する PBL をグループワークとして 行 うこ とで, 疾 患, 薬 物, 患 者 の 視 点 から, 患 者 に 最 も 適 切 な 薬 物 治 療 を 提 案 するために 必 要 な 知 識 と 技 能 を 能 動 的 に 習 得 することができた.このように 様 々な 薬 学 の 基 礎 知 識 と 技 能 を 統 合 することにより, 将 来 薬 剤 師 として 適 切 な 薬 物 治 療 が 構 築 できる 能 力 を 身 につけることが 期 待 される. REFERENCES 1) Gurpinar E., Musal B., Aksakoglu G., Ucku R., BMC Med. Educ., 5, 7(2005). 2) Suzuki Y., Shimozawa N., Takahashi Y., Kaneko H., Fukao T., Inoue R., Katoh Z., Orii K., Teramoto T., Isogai K., Kondo N., J. Pediatr. Pract., 65, (2002). 3) Hitchcock M. A., Mylona Z. H., Teach Learn Med., 12, (2000). 4) Tsuchida A., Yamashina A., Gekkann Yakuji, 50, (2008). 5) Suzuki H., Takesada M., Hikihara T., Yamada K., Hosokawa T., Onodera A., J. Higher Education and Lifelong Learning, 16, 1 17 (2008). 6) Yoshida I., Onishi H., ``Jissen PBL Tutorial Guide,'' Nanzando Co., Ltd., Tokyo, 2004, pp

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

syllabus_guideline.xls

syllabus_guideline.xls 千 葉 大 学 普 遍 教 育 科 目 等 シラバス 入 力 ファイル 教 員 氏 名 授 業 科 目 名 授 業 コード 期 別 曜 日 時 限 小 林 聡 子 ジャパニーズスタディーズ26 ( 提 出 先 ) 263-8522 千 葉 市 稲 毛 区 弥 生 町 1-33 千 葉 大 学 学 務 G15N62601 (Tel)043-290-3613 前 期 Mailでの 送 付 先 ( 返 信

More information

16_.....E...._.I.v2006

16_.....E...._.I.v2006 55 1 18 Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 55, No.1 (Cult. & Soc.), 2006 165 2002 * 18 Collaboration Between a School Athletic Club and a Community Sports Club A Case Study of SOLESTRELLA NARA 2002 Rie TAKAMURA

More information

子 宮 頸 がんワクチンに 関 する 理 解 度 調 査 宮 本 悦 子 * Questionnaire survey regarding Human papillomavirus vaccines Etsuko Miyamoto * Received December 3, 2012 Abstra

子 宮 頸 がんワクチンに 関 する 理 解 度 調 査 宮 本 悦 子 * Questionnaire survey regarding Human papillomavirus vaccines Etsuko Miyamoto * Received December 3, 2012 Abstra ISSN 2186 3989 子 宮 頸 がんワクチンに 関 する 理 解 度 調 査 宮 本 悦 子 Questionnaire survey regarding Human papillomavirus vaccines Etsuko Miyamoto 北 陸 大 学 紀 要 第 36 号 (2012 年 12 月 ) 抜 刷 子 宮 頸 がんワクチンに 関 する 理 解 度 調 査 宮 本 悦

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

2013 Vol.1 Spring 2013 Vol.1 SPRING 03-3208-2248 C O N T E N T S 2013 03-3208-2248 2 3 4 7 Information 6 8 9 11 10 73 94 11 32 37 41 96 98 100 101 103 55 72 1 2 201345135016151330 3 1 2 URL: http://www.wul.waseda.ac.jp/clib/tel.03-3203-5581

More information

2014 6 7 12 原 著 S 1, 2 1 1 1 1 2 1 2 2012 6 1 2013 8 26 S S S 148 4 72 49 6 / 60 7 / 12 20 7 / S S OTC 7

2014 6 7 12 原 著 S 1, 2 1 1 1 1 2 1 2 2012 6 1 2013 8 26 S S S 148 4 72 49 6 / 60 7 / 12 20 7 / S S OTC 7 2014 6 1 6 Review Article Proposal for Outcome Verification of Iyakubungyo and Future Directions Miwako Kamei 1, Mitsuko Onda 2, Kazuko Akagi 3, Tomohide Akase 4, Noriko Fukushima 5, Noriko Miyamoto 6

More information

1 Department of Legal Medicine, Toyama University School of Medicine 2 3 4 5 6 7 8 Department of Ophthalmology, Graduate School of Medicine and Pharmaceutical Sciences, University of Toyama VEGF Key words

More information

05_藤田先生_責

05_藤田先生_責 This report shows innovation of competency of our faculty of social welfare. The aim of evaluation competency is improvement in the Social welfare education effects, by understanding of studentʼs development

More information

P

P 03-3208-22482013 Vol.2 Summer & Autumn 2013 Vol.2 Summer & Autumn 90 527 P.156 611 91 C O N T E N T S 2013 03-3208-2248 2 3 4 6 Information 7 8 9 10 2 115 154 10 43 52 61 156 158 160 161 163 79 114 1 2

More information

06’ÓŠ¹/ŒØŒì

06’ÓŠ¹/ŒØŒì FD. FD FD FD FD FD FD / Plan-Do-See FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD JABEE FD A. C. A B .. AV .. B Communication Space A FD FD ES FD FD The approach of the lesson improvement in Osaka City University

More information

108 528 612 P.156 109

108 528 612 P.156 109 2012 Vol.2 Summer & Autumn 03-3208-2248 108 528 612 P.156 109 C O N T E N T S 2012 03-3208-2248 2 3 4 6 Information 7 8 9 2 114 154 156 158 160 161 163 9 43 52 61 79 113 1 2 2012 7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

2 2 1 2 1 2 1 2 2 Web Web Web Web 1 1,,,,,, Web, Web - i -

2 2 1 2 1 2 1 2 2 Web Web Web Web 1 1,,,,,, Web, Web - i - 2015 Future University Hakodate 2015 System Information Science Practice Group Report Project Name Improvement of Environment for Learning Mathematics at FUN C (PR ) Group Name GroupC (PR) /Project No.

More information

B5 H1 H5 H2 H1 H1 H2 H4 H1 H2 H5 H1 H2 H4 S6 S1 S14 S5 S8 S4 S4 S2 S7 S7 S9 S11 S1 S14 S1 PC S9 S1 S2 S3 S4 S5 S5 S9 PC PC PC PC PC PC S6 S6 S7 S8 S9 S9 S5 S9 S9 PC PC PC S9 S10 S12 S13 S14 S11 S1 S2

More information

44 2012 2013 3 195 210 教養教育のカリキュラムと実施組織に関する一考察 2011 教養教育のカリキュラムと実施組織に関する一考察 197 2011 2011 1999 2004 1963 1 1991 29 2002 2 10 2002200320032004 20052002 2008 2011 198 44 2 34 5 6 1995 1999 2001 2005 2006

More information

1 Web Web 1,,,, Web, Web : - i -

1 Web Web 1,,,, Web, Web : - i - 2015 Future University Hakodate 2015 System Information Science Practice Group Report Project Name Improvement of Environment for Learning Mathematics at FUN A ( ) Group Name GroupA (System) /Project No.

More information

第 96 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 議 事 次 第 平 成 28 年 7 月 14 日 ( 木 ) 16 時 00 分 ~18 時 00 分 場 所 :ベ ル サ ー ル 半 蔵 門 ( 議 題 ) 1. 骨 太 2016 規 制 改 革 実 施 計 画 等 の 報 告 について 2. 骨 太 2016 経 済 財 政 再 生 計 画 改 革 工 程 表 の 指 摘 事

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル リウマチ 膠 原 病 内 科 (2) 概 要 リウマチ 膠 原 病 内 科 (2)では, 関 節 リウマチ,その 他 の 膠 原 病 疾 患 を 通 して, 全 人 的 医 療 を 目 標 と して 日 々の 診 療 に 当 たっております 関 節 リウマチ, 全 身 性 エリテマトーデスといった 膠 原 病 は 全 身 に 多 彩 な 合 併 症 を 来 すことが 特 徴 です 当 科 はこのような

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378> 平 成 4 年 度 自 己 点 検 評 価 大 学 名 研 究 科 専 攻 名 入 学 定 員 徳 島 大 学 大 学 院 薬 科 学 教 育 部 薬 学 専 攻 4 名 理 念 とミッション 教 育 研 究 上 の 理 念 4 年 制 大 学 院 では 医 薬 品 をどう 使 い, 及 びどの 点 を 改 良 することで, 薬 を 通 じた 医 療 の 質 の 向 上 に 寄 与 し 国 民 の

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

APU win-win

APU win-win APU win-win ACPA PMBOK PMBOK Project Management Institute, PMI Project Management Body of Knowledge PMBOK RR R R.%.% PMI PMBOK PMI PMBOK PMBOK PMBOK PMBOK PMBOK PDCAPlan- Do-Check-ActPMBOK PDCA PMBOK PDCA

More information

2 94

2 94 32 2008 pp. 93 106 1 Received October 30, 2008 The purpose of this study is to examine the effects of aerobics training class on weight loss for female students in HOKURIKU UNIVERSITY. Seventy four female

More information

2 22006 2 e-learning e e 2003 1 4 e e e-learning 2 Web e-leaning 2004 2005 2006 e 4 GP 4 e-learning e-learning e-learning e LMS LMS Internet Navigware

2 22006 2 e-learning e e 2003 1 4 e e e-learning 2 Web e-leaning 2004 2005 2006 e 4 GP 4 e-learning e-learning e-learning e LMS LMS Internet Navigware 2 2 Journal of Multimedia Aided Education Research 2006, Vol. 2, No. 2, 19 e 1 1 2 2 1 1 GP e 2004 e-learning 2004 e-learning 2005 e-learning e-learning e-learning e-learning 2004 e-learning HuWeb 2005

More information

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf Doshisha Journal of Health & Sports Science, 4, 41-50 2012 41 A Case Study of the Comprehensive community sports clubs that People with Disability Participate in. Motoaki Fujita In this study, the interview

More information

●OTF A44号 横/06 池本 有里ほか P053-070

●OTF A44号 横/06 池本 有里ほか P053-070 Bull. Shikoku Univ. Implementation and Examination of a PBL style Education Program Involving the Production of Traffic Safety Commercials Yuri IKEMOTO, Naomi SUZUKI and Kohji YAMAMOTO ABSTRACT By incorporating

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

untitled

untitled E- Blended Learning * ** Maritime English Training for Practical Communicative Competence ~Blended Learning of Onboard Training through English and E-Learning~ Masahiro SUGIMOTO, Fumio YOSHIDOME Abstract

More information

untitled

untitled The Joint Class between Japanese Learners and Japanese Students What we can see from the Comments Akemi YASUI Abstract The purpose of this paper is to report the results of the joint class between 20 intermediate-advanced

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j The practice of various supports about the Faculty Development for junior nursing faculty 若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports

More information

特-3.indd

特-3.indd Development of Automation Technology for Precision Finishing Works Employing a Robot Arm There is demand for the automation of finishing processes that require technical skills in the manufacturing of

More information

いる状態でしたむ懐中電 ~T は病室入口の廊下側に ~IJ 庫に A さんに類似した ~lanagement ~1. F. (l 995):Nursing 22 COPING SKILLS FOR VIOLENT AND AGGRESSIVE BEHAVIOR IN PSYCHIATRIC NURSING PRACTICE: "READING AND GRASPING OF THE SITUATION"

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

理学療法検査技術習得に向けた客観的臨床能力試験(OSCE)の試行

理学療法検査技術習得に向けた客観的臨床能力試験(OSCE)の試行 An Application of an Objective Structured Clinical Examination for Learning Skills in Assessment of Physical Therapy A Task Involving Measurements on the Range of Motion Test Chikako Fujita1) Hiroyasu

More information

When creating an interactive case scenario of a problem that may occur in the educational field, it becomes especially difficult to assume a clear obj

When creating an interactive case scenario of a problem that may occur in the educational field, it becomes especially difficult to assume a clear obj PBL PBL Education of Teacher Training Using Interactive Case Scenario Takeo Moriwaki (Faculty of Education, Mie University) Yasuhiko Yamada (Faculty of Education, Mie University) Chikako Nezu (Faculty

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Vol.9, 30-40, May ) ) ) ) 9), 10) 11) NHK Table Table 1 分 類 回 答 ( 抜 粋 ) 1マスメデ

Vol.9, 30-40, May ) ) ) ) 9), 10) 11) NHK Table Table 1 分 類 回 答 ( 抜 粋 ) 1マスメデ Vol.9, 30-40, May 2012 COGNITION ANALYSIS OF THE NUCLEAR ENERGY INDUSTRY PUBLIC RELATIONS STAFF WITH REGARDS TO THEIR ACTIVITIES TOWARD THE MASS MEDIA DURING ORDINARY TIMES 1 2 1 (E-mail:tsuchida.tatsuro@jaea.go.jp)

More information

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd 高 齢 医 学 科 科 長 のメッセージ 皆 さんが 活 躍 する10 年 後 20 年 後 には 65 歳 以 上 が 全 人 口 の35 40%となり 高 齢 医 学 のニー ズはより 高 まっていきます チーム 医 療 地 域 医 療 を 学 ぶために 最 適 の 環 境 を 提 供 しています 科 長 森 本 茂 人 (もりもと しげと) 教 授 老 年 病 学 高 血 圧 高 齢 者 肺

More information

アジェンダ <ライフサイエンス 分 野 の 技 術 戦 略 マップについて> 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて> 16:00-16:10 創 薬 診 断 技 術 分 野 16:10-16:20 診 断 治 療 機 器 分 野 16:2

アジェンダ <ライフサイエンス 分 野 の 技 術 戦 略 マップについて> 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて> 16:00-16:10 創 薬 診 断 技 術 分 野 16:10-16:20 診 断 治 療 機 器 分 野 16:2 イノベーション ジャパン 技 術 戦 略 マップの 概 要 - ライフサイエンス 分 野 - 平 成 17 年 9 月 28 日 ( 水 ) NEDO 技 術 開 発 機 構 バイオテクノロジー 医 療 技 術 開 発 部 アジェンダ 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて>

More information

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,,

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,, THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS TECHNICAL REPORT OF IEICE.,, 464 8601 470 0393 101 464 8601 E-mail: matsunagah@murase.m.is.nagoya-u.ac.jp, {ide,murase,hirayama}@is.nagoya-u.ac.jp,

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

,, 2024 2024 Web ,, ID ID. ID. ID. ID. must ID. ID. . ... BETWEENNo., - ESPNo. Works Impact of the Recruitment System of New Graduates as Temporary Staff on Transition from College to Work Naoyuki

More information

11J. Higher Education and Lifelong Learning 11(2003) A Trial of Music Education utilizing The Pacific Music Festival in Sapporo Hiroshi Miura ** Hokka

11J. Higher Education and Lifelong Learning 11(2003) A Trial of Music Education utilizing The Pacific Music Festival in Sapporo Hiroshi Miura ** Hokka Title 音楽祭を利用した芸術教育 : PMFの響き の理念と実践 Author(s) 三浦, 洋 Citation 高等教育ジャーナル = Journal of Higher Educa Lifelong Learning, 11: 63-72 Issue Date 2003 DOI 10.14943/J.HighEdu.11.63 Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/28795

More information

07_伊藤由香_様.indd

07_伊藤由香_様.indd A 1 A A 4 1 85 14 A 2 2006 A B 2 A 3 4 86 3 4 2 1 87 14 1 1 A 2010 2010 3 5 2 1 15 1 15 20 2010 88 2 3 5 2 1 2010 14 2011 15 4 1 3 1 3 15 3 16 3 1 6 COP10 89 14 4 1 7 1 2 3 4 5 1 2 3 3 5 90 4 1 3 300 5

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

糖 尿 患 者 の 処 方 支 援 から 糖 尿 病 腎 症 の 対 策 まで 小 川 寿 子 第 25 回 日 本 医 療 薬 学 会 年 会 (パシフィコ 横 浜 ) 整 形 外 科 病 棟 における 病 棟 薬 剤 業 務 を 通 じた 血 栓 塞 栓 症 予 防 薬 の 標 準 化 に 関

糖 尿 患 者 の 処 方 支 援 から 糖 尿 病 腎 症 の 対 策 まで 小 川 寿 子 第 25 回 日 本 医 療 薬 学 会 年 会 (パシフィコ 横 浜 ) 整 形 外 科 病 棟 における 病 棟 薬 剤 業 務 を 通 じた 血 栓 塞 栓 症 予 防 薬 の 標 準 化 に 関 2015 年 度 薬 剤 科 学 術 業 績 学 会 発 表 第 18 回 日 本 医 薬 品 情 報 学 会 学 術 大 会 ( 岡 山 大 学 ) SGLT2 阻 害 薬 の 院 内 リスク 管 理 と 適 正 使 用 に 対 する 検 討 小 川 寿 子 病 棟 業 務 における 適 正 な 医 薬 品 情 報 提 供 の 支 援 に 関 する 検 討 佐 村 優 第 63 回 日 本 化 学

More information

28_3-03-伊勢坊 中原先生-原著③.indd

28_3-03-伊勢坊 中原先生-原著③.indd Japanese Journal of Administrative Science Volume 28, No.3, 2016, 233-247 Article How do executive secretaries learn from their experiences? Aya ISEBO Tokyo University Jun NAKAHARA Tokyo University The

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード]

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード] 大 阪 府 保 健 医 療 計 画 豊 能 能 勢 町 三 島 豊 能 町 茨 木 市 高 槻 市 島 本 町 池 田 市 箕 面 市 枚 方 市 北 河 内 大 阪 市 豊 中 市 大 阪 市 吹 田 市 摂 津 市 寝 屋 川 市 交 野 市 守 口 市 門 真 市 四 條 畷 市 大 東 市 東 大 阪 市 中 河 内 八 尾 市 堺 市 松 原 市 柏 原 市 藤 井 寺 市 泉 大 津 市

More information

March IT PR March March p p p PR March Vol. March p p p SN March SN PR PR March Potential Needs of Specialized Foster Parents for Abused Children: Analyzinga questionnaire survey on foster parents needs

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 食 料 環 境 系 高 度 専 門 実 践 技 術 者 養 成 (スペシャリスト ゼネラリスト 融 合 型 人 材 育 成 HiSuper プログラム) HiSuper (Hiroshima Step Up Program by Educational Record) 教 育 記 録 システムについて 広 島 大 学 大 学 院 生 物 圏 科 学 研 究 科 古 澤 修 一 入 学 者 の 構 成

More information

1 2 2005 2 2003 21 2003 1 419 30 270 e-learning 1996 ISDN 2001 30 1997 6 1999 DCC 2000 2001 e LMS Learning Management System LMS Oic Ondemand Internet

1 2 2005 2 2003 21 2003 1 419 30 270 e-learning 1996 ISDN 2001 30 1997 6 1999 DCC 2000 2001 e LMS Learning Management System LMS Oic Ondemand Internet 1 2 Journal of Multimedia Aided Education Research 2005, Vol. 1, No. 2, 45 57 e-learning e ADSL 2003 4e 341 30 400 30015 384Kbps e 1 e e-learning 2003 4 2000 9 2002 9 2002 9 2003 3 e 2003 4 e e 2003 1

More information

スライド 1

スライド 1 全 国 健 康 保 険 協 会 広 島 支 部 データヘルス 計 画 ~ 安 定 した 経 営 は 従 業 員 の 健 康 づくりから~ 概 要 版 ~ ヘルスケア 通 信 簿 に 基 づく 事 業 所 毎 の 健 康 課 題 の 把 握 と 特 徴 に 合 った 保 健 事 業 の 提 案 ~ ヘルスケア 通 信 簿 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 商 標 登 録 です 平 成 27 年

More information

process of understanding everyday language is similar, finally as far as word production is concerned, individual variations seem to be greater at an

process of understanding everyday language is similar, finally as far as word production is concerned, individual variations seem to be greater at an Understanding of Language in Early Development ( ) Research by Visiting Home (3) Center of developmenta1 education and research Center of developmenta1 education and research Center of developmenta1 education

More information

ASP英語科目群ALE Active Learning in English No 7. What activity do you think is needed in ALE for students to improve student s English ability? active listening a set of important words before every lecture

More information

Taro-04 業務仕様書_20091217.jtd

Taro-04 業務仕様書_20091217.jtd 奈 良 県 健 康 医 療 ポータルサイト 作 成 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 奈 良 県 では 平 成 21 年 度 から 平 成 25 年 度 にかけて 奈 良 県 健 康 医 療 ポータルサイトの 作 成 を 実 施 する 予 定 である 本 仕 様 書 は 奈 良 県 健 康 医 療 ポータルサイト 作 成 及 び 管 理 運 営 業 務 において 基 本 的 な 考 え 方 等 を

More information

46

46 The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol. 16, No. 1, PP 45-56, 2012 Factors Related to Career Continuation among Nurses Raising Children Mayumi Iwashita 1) Masayo Takada

More information

DAY )

DAY ) Food makes difference ) DAY ) & BKC...... :: :: :: /) / ) /) / / ) ) BKC KIC BKC no. p. ..) no. UNIV COOP - The Current Situation and Issues of the Eating Habits Diet of Ritsumeikan University Students

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

A B C B C ICT ICT ITC ICT

A B C B C ICT ICT ITC ICT ICT Development of curriculum for improving of teachers ICT based on evaluation standards. Kazuhiko ISHIHARA Abstract Ministry of Education and Science announced Checklist of teacher s ICT in March,. All

More information

A study about the role of improvisation during the working process as to make a contemporary dance piece Keywords: improvisation, creation, contemporary dance Hidemi SOMA and Eriko HOSOKAWA The theme of

More information

70 Vol. 123 (2003) 年 6 月 に 行 った. 2 ) 薬 剤 情 報 カード のレイアウト 設 定 薬 剤 情 報 カード のメンテナンス 性 を 考 慮 して, レイアウトを 設 定 するため,1)で 設 定 した 薬 剤 情 報 項 目 を 不 変 的 な 情 報 と 可 変

70 Vol. 123 (2003) 年 6 月 に 行 った. 2 ) 薬 剤 情 報 カード のレイアウト 設 定 薬 剤 情 報 カード のメンテナンス 性 を 考 慮 して, レイアウトを 設 定 するため,1)で 設 定 した 薬 剤 情 報 項 目 を 不 変 的 な 情 報 と 可 変 YAKUGAKU ZASSHI 123(2) 69 75 (2003) 2003 The Pharmaceutical Society of Japan 69 Notes 調 剤 支 援 のための 薬 剤 情 報 カード の 作 成 とその 有 用 性 鎌 田 志 乃 ぶ, 根 岸 悦 子, 緒 方 映 子, 中 島 克 佳, 折 井 孝 男, 中 村 均, 山 田 安 彦, 伊 賀 立 二 Creation

More information

19500839 研究成果報告書

19500839 研究成果報告書 様 式 C-19 科 学 研 究 費 補 助 金 研 究 成 果 報 告 書 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 研 究 種 目 : 基 盤 研 究 (C) 研 究 期 間 :2007 年 ~ 2009 年 課 題 番 号 :19500839 研 究 課 題 名 ( 和 文 ) 誤 り 類 型 化 と 授 業 内 容 構 造 化 による 学 習 支 援 と 教 育 改 善 : 情 報 教 育

More information

01_梅村佳代_紀要_2007最終

01_梅村佳代_紀要_2007最終 Bull. Nara Univ. Educ., Vol., No. (Cult. & Soc.), An Historical Study of Education in the Tajima Province, from the Late Early-Modern Times until the Early Meiji Era UMEMURA Kayo (Department of School

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

St. Luke’s Quality and Healthcare Report

St. Luke’s Quality and Healthcare Report 厚 生 労 働 省 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 平 成 17 ~ 平 成 19 ) 新 医 師 臨 床 研 修 制 度 の 評 価 に 関 する 調 査 研 究 ( 主 任 研 究 者 : 福 井 次 矢 ) 共 同 研 究 者 : 高 橋 理 大 出 幸 子 矢 野 栄 二 野 村 恭 子 小 俣 富 美 雄 徳 田 安 春 青 木 誠 木 村 琢 磨 川 南 勝 彦 遠 藤 弘 良 水

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb Universitys Educational Challenge to Develop Leadership Skills of Women Through the Course of Business Leadership at Womens University Toru Anzai In Japan more women leaders are expected to play active

More information

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療 主 な 制 度 仕 組 み( 概 説 ) * 地 域 医 療 計 画 に 関 連 する 主 な 制 度 や 仕 組 みの 現 状 と 課 題 を 概 説 した 趣 旨 と 基 本 的 考 え 方 機 能 分 化 と 連 携 と 併 読 されることを 想 定 している 44 1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

OJT Planned Happenstance

OJT Planned Happenstance OJT Planned Happenstance G H J K L M N O P Q R . %. %. %. %. %. %. %. %. %. %. %. %. %. %. %. %. %. %. .... Q ......... . Planned Happenstance.. pp.- VOL.,NO. pp., Current Status of Ritsumeikan Employees

More information

(Microsoft Word - 1004_10\214\216\222\262\215\270\203\212\203\212\201[\203X_\215\305\217I\215e.doc)

(Microsoft Word - 1004_10\214\216\222\262\215\270\203\212\203\212\201[\203X_\215\305\217I\215e.doc) 10 月 8 日 は 入 れ 歯 の 日 - 口 腔 ケアと 体 の 健 康 に 関 する 意 識 と 歯 科 医 院 に 行 く 頻 度 の 実 態 調 査 - 2012 年 10 月 吉 日 歯 の 健 康 と 体 の 健 康 は 関 係 があると 思 う 人 は 94.5% しかし 同 じ 歯 科 医 院 に 定 期 的 に 通 っている 人 は 16.9% かかりつけ 歯 科 医 を 持 って

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

№ 平 成 24 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 スケジュール( 東 京 ) 平 成 24 年 4 月 報 告 者 報 告 予 定 月 項 目 判 決 言 渡 日 内 容 1 平 成 24 年 5 月 9 日 ( 水 ) 弁 護 士 天 野 康 弘 氏 不 慮 の 事 故 の 該 否 ( 睡 眠 剤 中 毒 によ る 死 亡 は 外 来 の 事 故 か) 東 京 地 判 平 23.5.30

More information

篇 S-V / S-V-C / S-V-O / S-V-O-O / S-V-O-C IA 25 Mike Lawson 1 1 Students will improve their ability to use English in a professionally relevant manner by practicing a process of speech outline

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

??P019?098

??P019?098 英 語 教 育 分 野 第 1 節 英 語 教 育 における 学 士 力 の 考 察 今 日 の 国 際 社 会 は 国 境 や 言 語 の 枠 組 みを 越 えてあらゆる 活 動 が 進 展 し 地 球 規 模 での 情 報 交 流 が 日 常 化 しており 世 界 共 通 言 語 としての 英 語 の 活 用 力 なくしては 文 化 的 経 済 的 に 豊 かな 生 活 を 送 る ことが 困

More information

29 28 39 1936 Acquiring technique and forming character in physical education after 1936 Analysis of articles of Kenji Shinozaki FUJIKAWA Kazutoshi The United Graduate School of Education Tokyo Gakugei

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

0701073‐立命‐社会システム15号/15‐9-招待-横井

0701073‐立命‐社会システム15号/15‐9-招待-横井 E-mailxiangzhijp@yahoo.co.jp p p Understanding of Asia by Students of Commercial College under the Old System ACaseStudyofTaihoku Commercial College Kaori Yokoi Abstract Using the Taihoku

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

, IT.,.,..,.. i

, IT.,.,..,.. i 25 To construct the system that promote a interactive method as a knowledge acquisition 1140317 2014 2 28 , IT.,.,..,.. i Abstract To construct the system that promote a interactive method as a knowledge

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル 核 医 学 診 療 科 専 門 医 養 成 コース 概 要 当 院 における 核 医 学 診 療 全 般 を 受 け 持 っています 年 間 の 核 医 学 検 査 件 数 はシングルフォト ン(SPECTなど) 関 連 約 7500 件,PET 関 連 約 2000 件 で, 核 医 学 診 断 が 関 連 する 全 臓 器 とその 機 能 に 関 する 診 断 をカバーしています 甲 状 腺 外

More information

Admissions Assistance Office

Admissions Assistance Office Title < 調 査 報 告 実 践 報 告 > 日 本 の 大 学 における 留 学 生 受 入 れ 体 制 の 問 題 点 及 び 解 決 策 の 探 索 - 京 都 大 学 におけるアド ミッション 支 援 オフィス 導 入 の 背 景 と 効 果 Author(s) 韓, 立 友 ; 河 合, 淳 子 Citation 京 都 大 学 国 際 交 流 センター 論 攷 (2012), 2:

More information

自分の天職をつかめ

自分の天職をつかめ Hiroshi Kawasaki / / 13 4 10 18 35 50 600 4 350 400 074 2011 autumn / No.389 5 5 I 1 4 1 11 90 20 22 22 352 325 27 81 9 3 7 370 2 400 377 23 83 12 3 2 410 3 415 391 24 82 9 3 6 470 4 389 362 27 78 9 5

More information

日本病態栄養学会NSTコーディネーター

日本病態栄養学会NSTコーディネーター 附 則 がん 病 態 栄 養 専 門 管 理 栄 養 士 実 地 修 練 研 修 要 項 がん 病 態 栄 養 専 門 管 理 栄 養 士 コンピテンシー チェックシート 内 容 0 高 度 な 相 談 に 応 じることができる 個 々に 具 体 的 な 説 明 をすることができる 概 念 や 意 義 を 知 っている 適 用 外 大 項 中 項 小 項 がんに 関 する 一 般 的 知 識 ()

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

Corrections of the Results of Airborne Monitoring Surveys by MEXT and Ibaraki Prefecture

Corrections of the Results of Airborne Monitoring Surveys by MEXT and Ibaraki Prefecture August 31, 2011 Corrections of the Results of Airborne Monitoring Surveys by MEXT and Ibaraki Prefecture The results of airborne monitoring survey by MEXT and Ibaraki prefecture released on August 30 contained

More information