1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1"

Transcription

1 平 成 25 年 度 北 野 病 院 ブレストセンター 乳 腺 外 科 年 報 診 療 活 動 の 基 本 平 成 26 年 度 より 北 野 病 院 ブレストセンターを 設 立 するべく 乳 腺 疾 患 の 専 門 スタッフ を 中 心 に 化 学 療 法 部 形 成 外 科 放 射 線 科 薬 剤 部 健 診 部 緩 和 ケア 部 門 などと 連 携 しながら 乳 がんを 中 心 とした 疾 患 の 診 断 と 治 療 を 行 っている 画 像 診 断 では 最 新 の3テスラーMRI の 極 めて 精 度 の 高 い 画 像 解 析 により 術 前 に 乳 癌 の 切 除 範 囲 を 以 前 よりかなり 正 確 に 診 断 できるようになった マンモトーム 生 検 は 病 理 診 断 上 欠 くことのできない 診 断 方 法 となっているが 施 行 件 数 は 年 々 増 加 し 昨 年 度 の157 件 に 対 し 今 年 度 は171 例 に 本 法 を 施 行 し 術 前 に 乳 がんを4つのサブタイプに 正 確 に 分 類 し 治 療 方 針 を 決 定 している さらに 術 後 ホルモン 療 法 を 予 定 した 症 例 でも Oncotype DX を 用 いた 遺 伝 子 プロファイル 解 析 法 により 化 学 療 法 を 施 行 すべき 症 例 を 選 択 している 平 成 25 年 1 月 からは 遺 伝 子 乳 がん 卵 巣 がんの 対 応 として 本 疾 患 の 可 能 性 の 高 い 家 族 歴 を 有 する 患 者 様 に 対 して 遺 伝 カウンセリングを51 件 行 い BRCA1/2 の 遺 伝 子 検 査 を18 件 施 行 した 現 在 来 年 度 のリスク 低 減 乳 房 切 除 術 およびリスク 低 減 卵 巣 卵 管 切 除 術 の 実 施 に 向 けて 倫 理 委 員 会 等 での 審 査 を 受 けるべく 準 備 中 である 治 療 に 関 しては 本 年 度 も 術 前 化 学 療 法 を31 例 に 取 り 入 れ 42%の 症 例 で 乳 がんが 消 失 し 全 体 で85%の 症 例 で 乳 房 温 存 療 法 が 可 能 であった またアイソトープ 法 と ICG 蛍 光 法 を 併 用 したセンチネルリンパ 節 生 検 の 採 用 で 129 例 で 安 全 かつ 正 確 なセンチネ ルリンパ 節 の 同 定 が 可 能 であった 現 在 術 前 化 学 療 法 後 でも 確 実 に 同 定 可 能 かどうか 健 闘 を 進 めている さらに 形 成 外 科 と 共 同 で 皮 膚 温 存 乳 腺 全 摘 後 に 組 織 拡 張 器 の 同 時 留 置 シ リコンによる 乳 房 再 建 術 を7 例 に 施 行 した 再 発 乳 がんに 対 する 治 療 は 原 則 としても4つ のサブタイプ 別 に 施 行 し 分 子 標 的 療 法 など 体 に 優 しくかつ 奏 効 率 の 高 い 治 療 法 を 選 択 している 度 重 なる 治 療 にもかかわらず 回 復 が 困 難 な 再 発 患 者 に 対 しては 緩 和 ケアチーム と 連 携 し 疼 痛 制 御 精 神 看 護 に 当 たっている 主 な 臨 床 試 験 1 乳 癌 センチネルリンパ 節 検 索 における RI 法 と 比 較 した ICG 蛍 光 法 の 臨 床 的 有 用 性 2 HER2 陽 性 原 発 乳 がんに 対 する 5-フルオロウラシル/エピルビシン/シクロホスファ ミド(FEC)+トラスツズマブ 併 用 療 法 Followed ドセタキセル(DTX)+トラスツズマ ブ 併 用 療 法 による 術 前 化 学 療 法 の 抗 腫 瘍 効 果 / 安 全 性 3 HER2 陰 性 の 転 移 再 発 乳 癌 に 対 する 3 週 毎 投 与 アブラキサンの 安 全 性 および 有 効 性 4 エストロゲン 受 容 体 陽 性 HER2 陰 性 乳 癌 に 対 する S-1 術 後 療 法 ランダム 化 比 較 第 Ⅲ 相 試 験 5 閉 経 後 乳 癌 患 者 を 対 象 とした 術 前 内 分 泌 療 法 下 におけるゾレドロン 酸 の 投 与 の 有 効 性 およびγδ 型 T 細 胞 の 関 連 を 探 索 する 多 施 設 共 同 試 験 ( 臨 床 代 II 相 試 験 ) 診 療 スタッフ 山 内 清 明 ( 部 長 ): 昭 和 55 年 神 戸 大 学 卒 京 都 大 学 医 学 博 士 日 本 乳 癌 学 会 乳 腺 専 門 医 評 議 員 指 導 医 1

2 日 本 がん 治 療 認 定 医 機 構 暫 定 教 育 医 京 都 大 学 医 学 部 臨 床 教 授 高 原 祥 子 ( 副 部 長 ): 平 成 3 年 京 都 大 学 卒 京 都 大 学 医 学 博 士 日 本 乳 癌 学 会 乳 腺 専 門 医 ICD(Infection Control Doctor) 萩 原 里 香 ( 医 員 ): 平 成 17 年 島 根 医 科 大 学 卒 吉 本 有 希 子 ( 医 員 ): 平 成 19 年 香 川 大 学 卒 稲 本 俊 ( 非 常 勤 ): 昭 和 46 年 京 都 大 学 卒 京 都 大 学 医 学 博 士 日 本 乳 癌 学 会 乳 腺 専 門 医 評 議 員 指 導 医 京 都 大 学 医 学 部 臨 床 教 授 鳥 井 雅 恵 ( 非 常 勤 ): 平 成 13 年 滋 賀 医 科 大 学 卒 日 本 乳 癌 学 会 認 定 医 多 久 和 晴 子 ( 非 常 勤 ): 平 成 17 年 島 根 医 科 大 学 卒 (1) 平 成 25 年 度 研 究 課 題 1 乳 癌 センチネルリンパ 節 検 索 における RI 法 と 比 較 した ICG 蛍 光 法 の 臨 床 的 有 用 性 ( 萩 原 里 香 多 久 和 晴 子 高 原 祥 子 山 内 清 明 ) 2 FEC75 とトラスツズマブの 同 時 投 与 による 乳 癌 術 前 化 学 療 法 ( 多 久 和 晴 子 萩 原 里 香 高 原 祥 子 山 内 清 明 ) 3 術 前 内 分 泌 療 法 の 効 果 予 測 因 子 としてのプロゲステロンレセプターの 可 能 性 ( 萩 原 里 香 高 原 祥 子 山 内 清 明 ) 4 乳 癌 ホルモン 療 法 効 果 予 測 におけるメニンの 可 能 性 ( 山 内 清 明 萩 原 里 香 高 原 祥 子 多 久 和 晴 子 ) 5 糖 鎖 解 析 より 得 た 高 感 度 乳 癌 新 規 腫 瘍 マーカーの 開 発 ( 高 原 祥 子 山 内 清 明 萩 原 里 香 ) 6 エストロゲン 受 容 体 陽 性 HER2 陰 性 乳 癌 に 対 する S 1 術 後 療 法 第 Ⅲ 相 試 験 2

3 ( 萩 原 里 香 山 内 清 明 高 原 祥 子 ) 7 乳 癌 微 小 環 境 形 成 に 関 わる 分 子 生 物 学 的 機 序 の 生 体 試 料 を 用 いた 探 索 研 究 ( 山 内 清 明 萩 原 里 香 高 原 祥 子 ) 8 遺 伝 性 乳 がん 卵 巣 がん 症 候 群 における 遺 伝 子 変 異 と 病 態 との 関 連 に 関 する 検 討 ( 大 瀬 戸 久 美 子 山 内 清 明 萩 原 里 香 吉 本 有 希 子 高 原 祥 子 ) (2) 平 成 25 年 度 研 究 業 績 < 学 会 発 表 > The optimal LHRH agonist therapy for ER positive pre-menopausal early breast cancer patients. 多 久 和 晴 子 萩 原 里 香 高 原 祥 子 山 内 清 明 9th European Breast Cancer Conference 2013 年 3 月 19 日 21 日 グラスゴー Taxane 既 治 療 乳 癌 に 対 する Bevacizumab 併 用 化 学 療 法 の 使 用 経 験 高 原 祥 子 萩 原 里 香 多 久 和 晴 子 山 内 清 明 第 113 回 日 本 外 科 学 会 2013 年 4 月 11 日 13 日 2013 福 岡 潜 在 性 乳 癌 における 治 療 法 高 原 祥 子 萩 原 里 香 多 久 和 晴 子 山 内 清 明 第 21 回 日 本 乳 癌 学 会 2013 年 6 月 27 日 29 日 浜 松 当 院 転 移 再 発 乳 癌 に 対 する 化 学 療 法 経 験 からの 提 言 山 内 清 明 萩 原 里 香 多 久 和 晴 子 高 原 祥 子 第 21 回 日 本 乳 癌 学 会 2013 年 6 月 27 日 29 日 浜 松 短 期 間 術 前 ホルモン 療 法 におけるバイオマーカーの 変 化 萩 原 里 香 高 原 祥 子 多 久 和 晴 子 山 内 清 明 第 21 回 日 本 乳 癌 学 会 2013 年 6 月 27 日 29 日 浜 松 肉 芽 腫 性 乳 腺 炎 に 対 する 抗 アレルギー 療 法 について 多 久 和 晴 子 高 原 祥 子 萩 原 里 香 山 内 清 明 第 21 回 日 本 乳 癌 学 会 2013 年 6 月 27 日 29 日 浜 松 A case-control study for possible cardiotoxicity risk modifier such as usage of ACEI, beta-blocker and G-CSF among breast cancer patients who received anthracycline and trastuzumab. 南 村 真 紀 山 内 清 明 他 International Symposium on Supportive Care in Cancer 年 6 月 27 日 29 日 ベルリン 遺 伝 性 乳 がん 卵 巣 がん 症 候 群 における 実 地 臨 床 の 中 での 取 り 組 みから 大 瀬 戸 久 美 子 萩 原 里 香 高 原 祥 子 山 内 清 明 第 19 回 日 本 家 族 性 腫 瘍 学 会 2013 年 7 月 26 日 27 日 別 府 家 族 性 乳 癌 に 対 する 至 適 治 療 法 に 向 けての 考 察 多 久 和 晴 子 高 原 祥 子 萩 原 里 香 山 内 清 明 第 11 回 日 本 臨 床 腫 瘍 学 会 2013 年 8 月 29 日 31 日 福 岡 3

4 Treatment and prognosis of familial/hereditary breast cancer patients 多 久 和 晴 子 高 原 祥 子 萩 原 里 香 山 内 清 明 17th ECCO-38th ESMO-32nd ESTRO 17th ECCO-38th ESMO-32nd ESTRO, 2013 アムステルダム 当 院 における 乳 腺 全 摘 出 後 の 一 次 二 期 的 乳 房 再 建 症 例 - 北 野 病 院 のチーム 医 療 について 石 川 美 奈 子 山 内 清 明 他 第 1 回 日 本 乳 房 オンコプラスティックサーシャリー 学 会 2013 年 9 月 19 日 20 日 福 岡 当 院 における 遺 伝 性 乳 がん 卵 巣 がん 症 候 群 への 取 り 組 み 山 内 清 明 高 原 祥 子 萩 原 里 香 第 51 回 日 本 癌 治 療 学 会 2013 年 10 月 24 日 26 日 京 都 乳 癌 に 対 する 当 院 における Bevacizumab 併 用 化 学 療 法 の 使 用 経 験 高 原 祥 子 萩 原 里 香 山 内 清 明 第 51 回 日 本 癌 治 療 学 会 2013 年 10 月 24 日 26 日 京 都 当 院 で 施 行 した 術 前 ホルモン 療 法 9 例 化 学 療 法 施 行 例 における 資 料 関 連 性 新 機 能 低 下 に ついて 萩 原 里 香 高 原 祥 子 山 内 清 明 第 51 回 日 本 癌 治 療 学 会 2013 年 10 月 24 日 26 日 京 都 化 学 療 法 施 行 症 例 における 治 療 関 連 心 機 能 低 下 について 多 久 和 晴 子 萩 原 里 香 高 原 祥 子 山 内 清 明 第 51 回 日 本 癌 治 療 学 会 2013 年 10 月 24 日 26 日 京 都 遺 伝 性 腫 瘍 診 療 における 遺 伝 カウンセリングの 役 割 大 瀬 戸 久 美 子 萩 原 里 香 高 原 祥 子 山 内 清 明 第 51 回 日 本 癌 治 療 学 会 2013 年 10 月 24 日 26 日 京 都 消 化 器 癌 との 比 較 における 肺 癌 化 学 療 法 の 栄 養 評 価 長 谷 川 美 里 萩 原 里 香 高 原 祥 子 山 内 清 明 第 51 回 日 本 癌 治 療 学 会 2013 年 10 月 24 日 26 日 京 都 Bevacizumab 併 用 化 学 療 法 中 に 発 症 した 気 胸 に 対 してシリコン 性 充 填 剤 を 用 いて 治 療 し 得 た1 例 高 原 祥 子 萩 原 里 香 山 内 清 明 第 11 回 日 本 乳 癌 学 会 近 畿 地 方 会 2013 年 11 月 30 日 大 阪 < 論 文 > Clinical usefulness of human epidermal growth factor receptor-2 extracellular domain as a biomarker for monitoring cancer status and predicting the therapeutic efficacy in breast cancer. Kontani K, Kuroda N, Hashimoto SI, Murazawa C, Norimura S, Tanaka H, Ohtani M, Fujiwara-Honjo N, Kushida Y, Date M, Haba R, Houchi H, Yamauchi A, Yokomise H. Cancer Biol Ther Jan;14(1):20-8. Prevalence and risk factors of bone metastasis and skeletal related events in patients with primary breast cancer in Japan. Yamashiro H, Takada M, Nakatani E, Imai S, Yamauchi A, Tsuyuki S, Matsutani Y, 4

5 Sakata S, Wada Y, Okamura R, Harada T, Tanaka F, Moriguchi Y, Kato H, Higashide S, Kan N, Yoshibayashi H, Suwa H, Okino T, Nakayama I, Ichinose Y, Yamagami K, Hashimoto T, Inamoto T,Toi M. Int J Clin Oncol Nov 29. [Epub ahead of print] 平 成 25 年 度 乳 腺 外 科 手 術 件 数 件 数 率 (%) 全 麻 175 局 麻 30 乳 癌 温 存 術 リンパ 節 生 検 5 乳 癌 乳 房 切 除 術 乳 癌 腫 瘍 切 除 1 FA 等 良 性 腫 瘍 切 除 26 CV ポート 9 SLNB Ax SSM 再 建 7 4 NAC 後 NAE 後 11 6 DCIS 13 7 US-MMT 171 ST-MMT 21 CNB 28 5

平成 28年度 第1回治験審査委員会開催記録

平成 28年度 第1回治験審査委員会開催記録 平 成 28 年 度 第 1 回 治 験 審 査 委 員 会 開 催 記 録 の 概 要 開 催 年 月 日 開 催 場 所 出 席 者 平 成 28 年 4 月 13 日 ( 水 )17:25~19:08 2 階 応 接 室 吉 村 副 院 長 松 原 管 理 局 長 成 田 副 院 長 藤 井 総 務 部 長 村 山 検 査 部 長 津 田 消 化 器 内 科 部 長 松 本 薬 剤 部 長 柴

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル 核 医 学 診 療 科 専 門 医 養 成 コース 概 要 当 院 における 核 医 学 診 療 全 般 を 受 け 持 っています 年 間 の 核 医 学 検 査 件 数 はシングルフォト ン(SPECTなど) 関 連 約 7500 件,PET 関 連 約 2000 件 で, 核 医 学 診 断 が 関 連 する 全 臓 器 とその 機 能 に 関 する 診 断 をカバーしています 甲 状 腺 外

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

乳癌は女性にとって 身近な病気です

乳癌は女性にとって 身近な病気です 乳 がんについて 名 古 屋 掖 済 会 病 院 外 科 診 療 部 長 木 村 桂 子 乳 がんの 原 因 と 予 防 Ⅰ 乳 がんは 女 性 にとって 身 近 な 病 気 です 毎 年 日 本 では 約 4 万 人 (23 人 に 1 人 )の 女 性 が 乳 癌 にかかっているといわれています しかし 乳 がんは 早 く 発 見 すれば 治 る 確 率 が 高 く 唯 一 自 分 で 見 つけることが

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

Q A はじめに 皆 さんは 病 理 医 の 仕 事 についてご 存 じでしょうか 病 理 医 は 病 変 部 の 組 織 を 顕 微 鏡 で 観 察 することで 病 気 の 診 断 をして います 乳 腺 の 病 変 では マンモグラフィや 超 音 波 検 査 などの 画 像 によって 臨 床 診 断 がなされ がんが 疑 われる 場 合 組 織 が 採 取 され 病 理 医 が 悪 性 か 良

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 社 会 の 高 齢 化 とともに 近 年 増 加 傾 向 にあります 全 身 を 覆 っ ている 皮 膚 / 粘 膜 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 します 皮 膚 は 目 で 見 える 場 所 ですので 皮 膚 がんは 早 期 発 見 早

皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 社 会 の 高 齢 化 とともに 近 年 増 加 傾 向 にあります 全 身 を 覆 っ ている 皮 膚 / 粘 膜 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 します 皮 膚 は 目 で 見 える 場 所 ですので 皮 膚 がんは 早 期 発 見 早 1 皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 社 会 の 高 齢 化 とともに 近 年 増 加 傾 向 にあります 全 身 を 覆 っ ている 皮 膚 / 粘 膜 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 します 皮 膚 は 目 で 見 える 場 所 ですので 皮 膚 がんは 早 期 発 見 早 期 治 療 が 可 能 ながんであるとも いえます ただし 皮 膚 がんの 種 類 や 進 行

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63> 資 料 1-1 大 腸 がん 罹 患 率 の 推 移 ( 男 性 ) 140 120 大 腸 胃 肺 100 80 60 40 胃 がん 87.1 大 腸 がん 69.5 肺 がん 55.7 年 齢 調 整 罹 患 率 ( 人 口 10 万 対 ) 20 0 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

前立腺癌の診断と治療

前立腺癌の診断と治療 Prostate Cancer 泌 尿 器 科 畠 山 真 吾 弘 前 大 学 泌 尿 器 科 における 前 立 腺 癌 の 診 断 と 治 療 前 立 腺 癌 はゆっくり 進 行 する 病 気 です 前 立 腺 癌 と 診 断 されても 慌 てる 必 要 はありません ゆっくり 治 療 法 を 選 択 し 治 療 に 向 かいましょう はじめに 前 立 腺 癌 は 世 界 的 に 罹 患 率 の

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症 認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 A 226-02 診 療 加 算 400 点 (1 日 につき) 専 従 の 常 勤 看 護 師 専 従 の チームの 設 置 乳 A 230-04 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 300 点 精 神 科 リエゾンチームの 設 置 認 知 症 看 護 老 人 看 護 A 233-02 栄 養 サポートチーム 加 算 100 点 専 従 または 栄 養 管

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

2 日 目 8 月 27 日 ( 土 ) 会 場 :2F アンバサダールーム 9:00 9:50 Session 5 乳 癌 の 遺 伝 子 診 断 司 会 : 西 村 令 喜 (くまもと 森 都 総 合 病 院 副 院 長 ) ゲノムプロファイリングの 新 時 代 TAILORxとビッグデータの

2 日 目 8 月 27 日 ( 土 ) 会 場 :2F アンバサダールーム 9:00 9:50 Session 5 乳 癌 の 遺 伝 子 診 断 司 会 : 西 村 令 喜 (くまもと 森 都 総 合 病 院 副 院 長 ) ゲノムプロファイリングの 新 時 代 TAILORxとビッグデータの 第 17 回 乳 癌 最 新 情 報 カンファランス プログラム 1 日 目 8 月 26 日 ( 金 ) 会 場 :2F アンバサダールーム 13:55 14:00 開 会 の 辞 14:00 14:50 Session 1 乳 癌 の 一 次 予 防 司 会 : 岩 瀬 弘 敬 ( 熊 本 大 学 大 学 院 生 命 科 学 研 究 部 乳 腺 内 分 泌 外 科 学 分 野 ) 乳 癌 の 一

More information

Microsoft PowerPoint - 森恵子_第8回がんフォーラム21.pptx

Microsoft PowerPoint - 森恵子_第8回がんフォーラム21.pptx 第 8 回 がん 看 護 フォーラム21 2015/1/17 がんサバイバーへの 支 援 を 考 える ~ 回 復 的 がんリハビリテーションに 焦 点 を 当 てて~ 浜 松 医 科 大 学 医 学 部 看 護 学 科 森 恵 子 1 がん 患 者 がたどるプロセス 治 癒 や 延 命 を 指 したがんに 対 する 治 療 から 緩 和 ケア 中 の 医 療 ケアへの 転 換 がんと 診 断 初

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

平成27年度事業報告

平成27年度事業報告 特 定 非 営 利 活 動 法 人 近 畿 がん 診 療 推 進 ネットワーク 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 [ 期 間 : 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ] 事 業 の 成 果 平 成 27 年 度 も わが 国 のがん 医 療 の 進 歩 向 上 を 促 すための 様 々な 事 業 を 活 発 に 実 施 することができました 温 かいご

More information

平成20年度第1回受託研究審査委員会  議事録

平成20年度第1回受託研究審査委員会  議事録 平 成 26 年 度 第 10 回 愛 知 県 がんセンター 中 央 病 院 受 託 研 究 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 概 要 資 料 8 1 開 催 日 時 及 び 開 催 場 所 日 時 平 成 27 年 1 月 27 日 ( 火 ) 午 後 3 時 から5 時 30 分 まで 場 所 愛 知 県 がんセンター 中 央 病 院 教 育 研 修 室 2 出 席 委 員 名 古 平

More information

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について 生 殖 系 D9 オーガナイザー 産 科 婦 人 科 井 箟 一 彦 泌 尿 器 科 原 勲 Ⅰ 一 般 学 習 目 標 内 科 学 外 科 学 などの 臨 床 医 学 が 個 体 維 持 治 療 医 学 を 主 たる 目 的 とするのに 対 し 生 殖 医 学 は 治 療 医 学 に 加 え 種 族 保 存 リプロダクションを 含 むことを 理 解 し 基 礎 的 知 識 のもと 診 断 治 療

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要 2015 年 5 月 治 験 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 開 催 日 時 : 2015 年 5 月 20 日 ( 水 ) 16:00~17:45 開 催 場 所 : 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 第 3 会 議 室 委 員 名 簿 及 び 出 欠 氏 名 職 業 資 格 及 び 所 属 委 員 区 分 出 欠 委 員 長 鈴 木 利 根 医 師 眼 科 専 門 副 委 員

More information

2 とが 前 提 であるのは 改 訂 前 と 同 様 です 今 後 関 連 学 会 との 討 議 を 重 ね 実 際 に 使 用 され ている 現 場 からのご 意 見 も 承 って 随 時 改 訂 を 行 う 予 定 です 1. 本 指 針 が 対 象 とする 病 理 組 織 型 について 本 指

2 とが 前 提 であるのは 改 訂 前 と 同 様 です 今 後 関 連 学 会 との 討 議 を 重 ね 実 際 に 使 用 され ている 現 場 からのご 意 見 も 承 って 随 時 改 訂 を 行 う 予 定 です 1. 本 指 針 が 対 象 とする 病 理 組 織 型 について 本 指 1 改 訂 案 最 終 稿 根 治 切 除 不 能 な 分 化 型 甲 状 腺 癌 に 対 する 分 子 標 的 薬 治 療 の 適 応 患 者 選 択 の 指 針 甲 状 腺 癌 薬 物 療 法 委 員 会 日 本 核 医 学 会 2014 年 6 月 にソラフェニブが 根 治 切 除 不 能 な 分 化 型 甲 状 腺 癌 に 対 する 効 能 追 加 を 承 認 され 続 いて2015 年 5

More information

乳がんOP前患者様用パンフレット医療センター用改訂版.ppt

乳がんOP前患者様用パンフレット医療センター用改訂版.ppt 乳 がんの 手 術 を 受 けられるあなたへ 乳がんの手術を受けられるあなたへ 今 あなたは乳がんと診断され 入院 手術が必要と医師から 説明を受けられたと思います 医師の説明はご理解いただけたでしょうか あなたの心は病気への不安と悲しみでいっぱいになっている ことでしょう 少しでも不安の解消になれば と考え このパンフレットを 作成しました 乳がんの手術には大きく分けて二つの方法があります 乳房温存療法

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

(案の1)

(案の1) 京 都 大 学 医 学 部 附 属 病 院 諸 料 金 規 程 新 旧 対 照 表 改 正 前 改 正 後 ( 前 略 ) 第 2 条 ア ( 略 ) 第 2 条 ア ( 同 左 ) エ オ 先 進 医 療 料 術 後 のホルモン 療 法 及 びS-1 内 服 投 与 の 併 用 療 法 原 発 性 乳 がん(エストロゲン 受 容 体 が 陽 性 であって HER2が 陰 性 のものに 限 る )

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

ヒアリング資料4 古谷委員提出資料

ヒアリング資料4 古谷委員提出資料 隙 間 ない 救 済 の 検 証 と 石 綿 健 康 被 害 対 策 見 直 しの 課 題 石 綿 健 康 被 害 救 済 小 委 員 会 2010.5.21 古 谷 杉 郎 石 綿 対 策 全 国 連 絡 会 議 事 務 局 長 136-0071 東 京 都 江 東 区 亀 戸 7-10-11 ZビルZ ビル5F TEL 03-3636 3636-38823882 FAX 03-3636 3636-38813881

More information

日本病態栄養学会NSTコーディネーター

日本病態栄養学会NSTコーディネーター 附 則 がん 病 態 栄 養 専 門 管 理 栄 養 士 実 地 修 練 研 修 要 項 がん 病 態 栄 養 専 門 管 理 栄 養 士 コンピテンシー チェックシート 内 容 0 高 度 な 相 談 に 応 じることができる 個 々に 具 体 的 な 説 明 をすることができる 概 念 や 意 義 を 知 っている 適 用 外 大 項 中 項 小 項 がんに 関 する 一 般 的 知 識 ()

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配 生 殖 器 系 の 疾 患 平 成 22 年 10 月 8 日 不 妊 症 (Sterility) 疾 患 概 念 定 義 疫 学 通 常 夫 婦 間 で 避 妊 をしなければ1 年 間 で80% 2 年 間 で90%が 妊 娠 することが 統 計 学 的 に 示 されている し たがって 挙 児 を 希 望 し 通 常 の 性 生 活 を 送 りながら ( ) 経 過 しても 妊 娠 が 成 立

More information

<95CA8DFB2D32312D94E AA82F12E6D6364>

<95CA8DFB2D32312D94E AA82F12E6D6364> 1 皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 他 の 癌 同 様 近 年 増 加 傾 向 にあります まれではあります が 皮 膚 がんのタイプや 進 行 程 度 に よっては 命 を 落 とすような 重 篤 な 場 合 があります 全 身 を 覆 っている 皮 膚 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 し ますが 一 方 見 える 場 所 にあります ので 最 も 早 期 発 見 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8AE089BB8A7797C396408E9E82CC88AB90539A7193668ACF8E408CA48B8681408EC08E7B8C7689E68F915F90978C5E814091E63394C53132303832302E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8AE089BB8A7797C396408E9E82CC88AB90539A7193668ACF8E408CA48B8681408EC08E7B8C7689E68F915F90978C5E814091E63394C53132303832302E646F6378> 癌 化 学 療 法 時 の 悪 心 嘔 吐 観 察 研 究 がん 治 療 と CINV 研 究 会 版 数 : 第 3 版 2012 年 5 月 2 日 改 訂 第 3.1 版 2012 年 8 月 20 日 改 訂 第 3.2 版 目 次 1. 背 景 および 研 究 の 意 義 1 2. 研 究 の 目 的 1 3. 研 究 デザイン 1 3.1 研 究 の 種 類 デザイン 1 3.2 研 究

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 健 発 0 1 1 0 第 7 号 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 健 康 局 長 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 について 我 が 国 のがん 対 策 については がん 対 策 基 本 法 ( 平 成 18 年 法 律 第 98 号 ) 及 び 同 法 の 規 定 に 基 づく がん 対 策 推 進 基 本 計 画 (

More information

公開プロセス配布資料_分子イメージング研究戦略推進プログラム

公開プロセス配布資料_分子イメージング研究戦略推進プログラム 分 子 イメージング 研 究 戦 略 推 進 プログラムの 概 要 背 景 分 子 イメージングとは 特 定 物 質 を 生 体 内 の 病 変 部 等 に 対 して 分 子 レベルで 反 応 させ 画 像 化 する 医 療 技 術 である 中 でも PET(ポジトロン エミッ ション トモグラフィ)は 主 に 形 態 を 観 察 するCTやMRI 等 と 違 い 質 的 診 断 が 可 能 であることから

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

実習カリキュラム.indd

実習カリキュラム.indd (9 ) 2013 年 ( 平 成 25 年 )12 月 25 日 ( 毎 週 水 曜 日 発 行 ) 大 阪 府 医 ニ ュ ー ス ( 昭 和 25 年 9 月 7 日 第 三 種 郵 便 物 認 可 )( 第 2696 号 ) (9 ) 2014 年 ( 平 成 26 年 )7 月 30 日 ( 毎 週 水 曜 日 発 行 但 し 第 2 週 を 除 く) ( 昭 和 25 年 9 月 7 日

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル リウマチ 膠 原 病 内 科 (2) 概 要 リウマチ 膠 原 病 内 科 (2)では, 関 節 リウマチ,その 他 の 膠 原 病 疾 患 を 通 して, 全 人 的 医 療 を 目 標 と して 日 々の 診 療 に 当 たっております 関 節 リウマチ, 全 身 性 エリテマトーデスといった 膠 原 病 は 全 身 に 多 彩 な 合 併 症 を 来 すことが 特 徴 です 当 科 はこのような

More information

<96F28DDC A7789EF94AD955C8BC690D D E786C73>

<96F28DDC A7789EF94AD955C8BC690D D E786C73> 薬 剤 部 学 会 発 表 論 文 投 稿 等 実 績 一 覧 当 院 薬 剤 部 ( 青 色 表 示 ) 第 28 回 日 本 TDM 学 会 学 術 大 会 2011 年 6 月 19 日 広 島 特 別 講 演 2 中 小 病 院 でのTDM 実 務 実 習 への 取 り 組 み ~ 苦 手 意 識 を 持 たないために~ 第 13 回 日 本 医 療 マネジメント 学 会 学 術 総 会 2011

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

リハビリテーション 部 長 就 任 のあいさつ 愛 知 県 がんセンター 中 央 病 院 リハビリテーション 部 長 吉 田 雅 博 2015 年 4 月 からリハビリテーション 部 長 を 命 じられました 吉 田 雅 博 で す 前 任 の 杉 浦 英 志 先 生 が 名 古 屋 大 学 医 学

リハビリテーション 部 長 就 任 のあいさつ 愛 知 県 がんセンター 中 央 病 院 リハビリテーション 部 長 吉 田 雅 博 2015 年 4 月 からリハビリテーション 部 長 を 命 じられました 吉 田 雅 博 で す 前 任 の 杉 浦 英 志 先 生 が 名 古 屋 大 学 医 学 第 54 号 平 成 27 年 10 月 発 行 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel. 052-762-6111 整 形 外 科 部 長 就 任 のあいさつ 平 成 27 年 6 月 1 日 付 けで 整 形 外 科 部 長 を 拝 命 しました 平 成 8 年 に 愛 知 県 がんセンターレジデントとして 腫 瘍 整 形 外 科 医 の 経 歴 をスタートさせ その 後 名 古 屋 記 念

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

EST_  H.8.6.

EST_  H.8.6. 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください H22-04 平 成 22 年 6 月 使 用 上 の 注 意 改 訂 のご 案 内 卵 胞 ホルモン 製 剤 エストリオール 製 剤 ( 日 局 エストリオール 素 錠 ) 持 続 性 卵 胞 ホルモン 製 剤 ( 日 局 エストリオール 腟 錠 ) 持 続 性 卵 胞 ホルモン 製 剤 (エストリオールプロピオン

More information

本 資 料 は 米 国 ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 が 2015 年 5 月 29 日 ( 米 国 現 地 時 間 )に 発 表 しましたプレスリリース の 日 本 語 訳 ( 抜 粋 )をご 参 考 までにお 届 けするものです 内 容 につきましては 原 本 である 英 文 が 優 先

本 資 料 は 米 国 ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 が 2015 年 5 月 29 日 ( 米 国 現 地 時 間 )に 発 表 しましたプレスリリース の 日 本 語 訳 ( 抜 粋 )をご 参 考 までにお 届 けするものです 内 容 につきましては 原 本 である 英 文 が 優 先 各 位 2015 年 6 月 2 日 オプジーボ( 一 般 名 :ニボルマブ)の 第 Ⅰ/Ⅱ 相 臨 床 試 験 で 肝 細 胞 がん 患 者 における 抗 腫 瘍 活 性 を PD-1 免 疫 チェックポイント 阻 害 薬 として 初 めて 示 す (ニュージャージー 州 プリンストン 2015 年 5 月 29 日 )-ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 (NYSE:BMY)は 治 療 歴 を

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

1. 1 1 1 2 2 3 4 2. 6 1 6 2 6 3 7 3. 8 1 8 2 9 4. 10 1 10 2 11 3 12 5. 14 15

1. 1 1 1 2 2 3 4 2. 6 1 6 2 6 3 7 3. 8 1 8 2 9 4. 10 1 10 2 11 3 12 5. 14 15 がんと 療 養 202 1. 1 1 1 2 2 3 4 2. 6 1 6 2 6 3 7 3. 8 1 8 2 9 4. 10 1 10 2 11 3 12 5. 14 15 がんと 心 1 1. 1 1 がんの 冊 子 がんと 心 2 2 01 がんと 心 3 がんの 冊 子 がんと 心 3 4 01 がんと 心 5 がんの 冊 子 がんと 心 2. 1 2 6 02 心 のケア 3 7 がんの

More information

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 診 療 報 酬 改 定 説 明 会 講 堂 日 時 : 平 成 22 年 3 月 5 日 ( 金 )10 時 から16 時 30 分 場 所 : 三 田 共 用 会 議 所 講 堂 (1 階 ) 及 び 大 会 議 室 (3 階 ) 時 間 議 事 説 明 者 所 要 10:00~10:05 保 険 局 長 挨 拶 外 口 局 長 5 分 10:05~10:20 医 療 課 長 説 明 佐 藤 課

More information

DPCデータの 経営戦略への応用

DPCデータの 経営戦略への応用 DPCデータの 経 営 戦 略 への 応 用 産 業 医 科 大 学 公 衆 衛 生 学 教 室 松 田 晋 哉 医 療 の 質 とは 改 善 への インセンティブ 臨 床 の 質 治 療 成 果 に 関 連 する 指 標 安 全 性 に 関 連 する 指 標 経 営 の 質 経 営 の 効 率 性 に 関 連 する 指 標 経 営 の 安 全 性 に 関 連 する 指 標 制 度 の 質 公 平

More information

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本 臨 床 研 修 指 導 医 一 覧 指 導 医 定 義 : 指 導 医 は 原 則 として 7 年 以 上 の 臨 床 経 験 を 有 する 者 であって プライマリ ケアの 指 導 方 法 等 に 関 す る 講 習 会 を 受 講 している 者 をいう 職 務 : 指 導 医 は 担 当 する 分 野 における 研 修 期 間 中 研 修 医 ごとの 臨 床 研 修 目 標 の 達 成 状 況

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

Microsoft PowerPoint - 20160421北大工藤ハンドアウト

Microsoft PowerPoint - 20160421北大工藤ハンドアウト 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 第 68 回 学 術 講 演 会 専 攻 医 教 育 プログラム 子 宮 内 膜 症 / 子 宮 腺 筋 症 の 診 断 と 治 療 北 海 道 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 生 殖 内 分 泌 腫 瘍 学 分 野 工 藤 正 尊 第 68 回 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 学 術 講 演 会 利 益 相 反 状 態 の 開 示 筆 頭 演 者 氏

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

本文1.indd

本文1.indd 呼 吸 器 外 科 論 文 英 文 学 術 論 文 Yo Kawaguchi, Jun Hanaoka, Shoji Asakura, and Takuya Fujita Infected Bronchogenic Cyst Treated With Drainage Followed by Resection The Annals of Thoracic Surgery. 98(1): 332 4,

More information

議 題 7 ( 整 理 番 号 : ) 放 射 線 治 療 科 による 臨 床 病 期 IA 期 非 小 細 胞 肺 癌 もしくは 臨 床 的 に 原 発 性 肺 癌 と 診 断 された3cm 以 下 の 孤 立 性 肺 腫 瘍 ( 手 術 不 能 例 手 術 拒 否 例 )に 対 する

議 題 7 ( 整 理 番 号 : ) 放 射 線 治 療 科 による 臨 床 病 期 IA 期 非 小 細 胞 肺 癌 もしくは 臨 床 的 に 原 発 性 肺 癌 と 診 断 された3cm 以 下 の 孤 立 性 肺 腫 瘍 ( 手 術 不 能 例 手 術 拒 否 例 )に 対 する 平 成 28 年 度 第 1 回 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 臨 床 研 究 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 概 要 日 時 平 成 28 年 4 月 19 日 ( 火 ) 14:30~15:45 場 所 臨 床 研 究 教 育 棟 地 下 1 階 看 護 部 研 修 室 出 席 者 委 員 長 副 委 員 長 高 橋 弘 毅 宮 本 篤 委 員 鳥 越 俊 彦 高 橋 義

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

待ったなしの癌治療 -肺癌-

待ったなしの癌治療 -肺癌- 肺 がん 診 療 における Oncologic emergency - 気 道 心 血 管 系 のemergency- 呼 吸 器 内 科 金 原 正 志 肺 がんによる 死 亡 率 日 本 における 死 因 の 第 1 位 は がん です また 部 位 別 がん 死 亡 率 の 第 1 位 は 肺 がん です 主 な 死 因 別 死 亡 数 の 割 合 (2005 年 ) 主 な 部 位 別 がん

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

Microsoft Word - 武田修正・ _本審査議事要旨HP用

Microsoft Word - 武田修正・ _本審査議事要旨HP用 議 事 要 旨 区 分 摘 要 会 議 名 徳 島 大 学 病 院 臨 床 研 究 倫 理 審 査 委 員 会 日 時 平 成 27 年 3 月 23 日 ( 月 ) 17 時 25 分 から 18 時 25 分 場 所 小 会 議 室 審 議 内 容 委 員 長 から,1 月 14 日 以 降 に 提 出 された 新 規 申 請 分 18 件 ( 2223~ 2241), 変 更 申 請 分 36

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6313189F12D93FB82AA82F18E7396AF8CF68A4A8D758DC0>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6313189F12D93FB82AA82F18E7396AF8CF68A4A8D758DC0> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 表 皮 真 皮 13 14 15 浜松乳がん情報局 市民公開講座 NPO法人 がん情報局 2011/2/20 検診発見乳がんのマンモグラフィ 若くて乳腺量が多いと 乳腺は白くなり 腫瘤は隠れて見えなくなる 2010年7月8日号 週刊文春 2010年6月10日 朝日新聞 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 N O CH

More information

アジェンダ <ライフサイエンス 分 野 の 技 術 戦 略 マップについて> 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて> 16:00-16:10 創 薬 診 断 技 術 分 野 16:10-16:20 診 断 治 療 機 器 分 野 16:2

アジェンダ <ライフサイエンス 分 野 の 技 術 戦 略 マップについて> 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて> 16:00-16:10 創 薬 診 断 技 術 分 野 16:10-16:20 診 断 治 療 機 器 分 野 16:2 イノベーション ジャパン 技 術 戦 略 マップの 概 要 - ライフサイエンス 分 野 - 平 成 17 年 9 月 28 日 ( 水 ) NEDO 技 術 開 発 機 構 バイオテクノロジー 医 療 技 術 開 発 部 アジェンダ 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて>

More information

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について の 治 療 を 受 ける 患 者 さんへ がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について 9 で 起 こりやすい 副 作 用 10 吐 き 気 嘔 吐

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 われています したがって 大 腸 がんの 治 療 成 績 向 上 には 検 診 等 で 早 期 発

More information

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本 臨 床 研 修 指 導 医 一 覧 指 導 医 定 義 : 指 導 医 は 原 則 として 7 年 以 上 の 臨 床 経 験 を 有 する 者 であって プライマリ ケアの 指 導 方 法 等 に 関 す る 講 習 会 を 受 講 している 者 をいう 職 務 : 指 導 医 は 担 当 する 分 野 における 研 修 期 間 中 研 修 医 ごとの 臨 床 研 修 目 標 の 達 成 状 況

More information

東 海 大 学 電 子 情 報 学 部 情 報 メディア 学 科 濱 本 和 彦 1. 高 周 波 探 触 子 のスライス 方 向 分 解 能 の 検 討 2. 乳 腺 甲 状 腺 疾 患 における B 3. 簡 易 DICOM 環 境 の 構 築 東 京 医 科 大 学 乳 腺 科 植 野 芙 英

東 海 大 学 電 子 情 報 学 部 情 報 メディア 学 科 濱 本 和 彦 1. 高 周 波 探 触 子 のスライス 方 向 分 解 能 の 検 討 2. 乳 腺 甲 状 腺 疾 患 における B 3. 簡 易 DICOM 環 境 の 構 築 東 京 医 科 大 学 乳 腺 科 植 野 芙 英 第 16 回 日 本 乳 腺 甲 状 腺 超 音 波 診 断 会 議 プログラム 6 月 3 日 ( 土 ) 12:00 開 会 の 辞 会 長 : 筑 波 大 学 大 学 院 人 間 総 合 科 学 研 究 科 東 野 英 利 子 12:10シンポジウム 1 エラストグラフィのすべて 1 12:10-12:25S1-1. 原 理 および 開 発 の 道 のり 座 長 : 筑 波 大 学 大 学 院

More information

療 を 受 ける 者 に 厳 格 に 強 いるべき 規 則 ではなく 当 事 者 がガイドラインを 遵 守 しなければ その 後 の 治 療 を 受 けられないといった 懲 罰 的 な 対 応 を 強 制 するための 規 則 でもない 柔 軟 性 のない 厳 格 な 規 則 として 受 け 止 めら

療 を 受 ける 者 に 厳 格 に 強 いるべき 規 則 ではなく 当 事 者 がガイドラインを 遵 守 しなければ その 後 の 治 療 を 受 けられないといった 懲 罰 的 な 対 応 を 強 制 するための 規 則 でもない 柔 軟 性 のない 厳 格 な 規 則 として 受 け 止 めら 性 同 一 性 障 害 に 関 する 診 断 と 治 療 のガイドライン( 第 3 版 )の 実 地 診 療 の 手 引 き 日 本 精 神 神 経 学 会 性 同 一 性 障 害 に 関 する 委 員 会 はじめに 本 稿 は 性 同 一 性 障 害 に 関 する 診 断 と 治 療 のガイドライン( 第 3 版 ) ( 以 下 ガイド ラインと 記 す)に 沿 って 実 地 診 療 に 当 たろうとする

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料 資 料 2 アレルギー 性 鼻 炎 / 花 粉 症 /アレルギー 性 結 膜 炎 1. 現 状 と 問 題 点 2. 診 療 / 治 療 の 課 題 千 葉 大 学 大 学 院 医 学 研 究 院 耳 鼻 咽 喉 科 頭 頸 部 腫 瘍 学 岡 本 美 孝 1 アレルギ 性 鼻 炎 (/アレルギー 性 結 膜 炎 ) 全 体 として 国 民 の 約 4 割 : 罹 患 数 第 1 位 の 疾 患 女

More information

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本

指 導 者 一 覧 各 学 会 が 定 める 指 導 医 認 定 医 専 門 医 一 覧 です 内 科 ( 総 合 内 科 循 環 器 内 科 消 化 器 肝 臓 内 科 呼 吸 器 内 科 腎 臓 内 科 血 液 内 科 腫 瘍 内 科 糖 尿 病 内 分 泌 内 科 神 経 内 科 ) 日 本 臨 床 研 修 指 導 医 一 覧 指 導 医 定 義 : 指 導 医 は 原 則 として 7 年 以 上 の 臨 床 経 験 を 有 する 者 であって プライマリ ケアの 指 導 方 法 等 に 関 す る 講 習 会 を 受 講 している 者 をいう 職 務 : 指 導 医 は 担 当 する 分 野 における 研 修 期 間 中 研 修 医 ごとの 臨 床 研 修 目 標 の 達 成 状 況

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

います がん 細 胞 がまだ 小 さなごく 初 期 の 間 は 何 の 症 状 も 出 ませんし 最 新 鋭 の 機 器 を 使 っても 発 見 するのは 不 可 能 です マンモグラフィー(X 線 による 乳 房 専 門 の 撮 影 機 器 )で 検 出 できるのは 一 般 的 に5ミリ 程 度

います がん 細 胞 がまだ 小 さなごく 初 期 の 間 は 何 の 症 状 も 出 ませんし 最 新 鋭 の 機 器 を 使 っても 発 見 するのは 不 可 能 です マンモグラフィー(X 線 による 乳 房 専 門 の 撮 影 機 器 )で 検 出 できるのは 一 般 的 に5ミリ 程 度 乳 がん 検 診 と 早 期 発 見 国 際 医 療 センター 乳 腺 腫 瘍 科 佐 伯 俊 昭 1.はじめに 日 本 では 近 年 乳 がんの 患 者 数 が 増 加 していて 死 亡 される 患 者 さんの 割 合 も 増 えています 2004 年 には 1 年 間 で 乳 がんと 診 断 された 人 は 全 国 で 約 5 万 以 上 と 報 告 され 女 性 のがんでは 最 も 多 い 癌

More information

電子ジャーナルに関する アンケート調査 集計結果

電子ジャーナルに関する アンケート調査 集計結果 電 子 ジャーナルに 関 する アンケート 調 査 集 計 結 果 東 海 大 学 付 属 図 書 館 伊 勢 原 図 書 館 2012.1 電 子 ジャーナルに 関 する アンケート 調 査 結 果 報 告 2011 年 11 月 10 日 ~30 日 に 実 施 いたしました 電 子 ジャ ーナルに 関 するアンケート 調 査 につきましては ご 多 忙 中 にも 関 わらずご 協 力 を 賜

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 1コース~3コース 大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 4コース 以 降 拠 点 病 院 への 紹 介 基 準 : 食 事 が 入 らないとき 腫 瘍 マーカー 上 昇 時 発 熱 時 処 方 拠 点 病 院 への 紹 介 基

大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 1コース~3コース 大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 4コース 以 降 拠 点 病 院 への 紹 介 基 準 : 食 事 が 入 らないとき 腫 瘍 マーカー 上 昇 時 発 熱 時 処 方 拠 点 病 院 への 紹 介 基 大 腸 がん 共 同 診 療 計 画 表 大 腸 がん( 結 腸 がん 直 腸 がん) 術 後 サーベイ 連 携 ( 開 始 時 ~30ヶ ) 大 腸 がん 共 同 診 療 計 画 表 大 腸 がん( 結 腸 がん 直 腸 がん) 術 後 サーベイ 連 携 (33ヶ ~60ヶ ) 最 終 目 標 5 間 再 発 を 早 期 に 発 見 し QOLが 維 持 できる 手 術 : 最 終 目 標 5 間

More information

Zoladex新規治療ガイド.indd

Zoladex新規治療ガイド.indd 副 作 用 のケア DVD 付 き も く じ はじめに 前 立 腺 がんの 内 分 泌 療 法 について ゾラデックス について ゾラデックス とはどのような 薬 ですか? ゾラデックス の 治 療 効 果 は? ゾラデックス 3.6mgデポの 主 な 副 作 用 を 教 えてください ゾラデックス LA10.8mgデポの 主 な 副 作 用 を 教 えてください ゾラデックス の 投 与 法 投

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

第 5 章 教 育 機 関 の 認 定 及 び 取 消 し 第 1 節 教 育 機 関 の 審 査 と 認 定 第 11 条 本 会 は 認 定 看 護 師 の 水 準 を 均 質 にするため 認 定 看 護 師 の 教 育 にふさわしい 条 件 を 備 えた 教 育 機 関 を 認 定 看 護 分

第 5 章 教 育 機 関 の 認 定 及 び 取 消 し 第 1 節 教 育 機 関 の 審 査 と 認 定 第 11 条 本 会 は 認 定 看 護 師 の 水 準 を 均 質 にするため 認 定 看 護 師 の 教 育 にふさわしい 条 件 を 備 えた 教 育 機 関 を 認 定 看 護 分 公 益 社 団 法 人 日 本 看 護 協 会 認 定 看 護 師 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 公 益 社 団 法 人 日 本 看 護 協 会 認 定 看 護 師 制 度 ( 以 下 本 制 度 という )は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 及 び 知 識 を 用 いて 水 準 の 高 い 看 護 実 践 のできる 認 定 看 護 師 を 社 会 に

More information