<819D E96914F817A816988A289A589598B998D60816A E786C73>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>"

Transcription

1 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09 百 万 円 陸 揚 量. トン 登 録 漁 船 隻 数 隻 利 用 漁 船 隻 数 0 隻 主 な 漁 業 種 類 ひき 網 定 置 網 海 面 養 殖 業 主 な 魚 種 アジ 類 鯛 類 フグ 漁 業 経 営 体 数 8 経 営 体 組 合 員 数 88 人 地 区 の 特 徴. 事 業 概 要 事 業 目 的 阿 翁 浦 漁 港 は 長 崎 県 北 部 と 佐 賀 県 との 県 境 に 浮 かぶ 島 の 松 浦 市 鷹 島 町 に 位 置 する 第 種 漁 港 であり 阿 翁 浦 地 区 堂 代 地 区 小 浦 地 区 及 び 日 比 地 区 か らなる 沿 岸 には 玄 界 灘 の 好 漁 場 を 有 しており 沿 岸 域 では ひき 網 定 置 網 等 を 中 心 に 漁 業 が 営 まれている また トラフグ 養 殖 に 関 しては 県 下 一 番 の 生 産 を 誇 っており 近 年 はマグロの 養 殖 も 行 っている 増 加 傾 向 にある 養 殖 業 の 網 補 修 等 の 需 要 に 対 応 するため 堂 代 地 区 に 用 地 を 造 成 すると 同 時 に 安 全 で 効 率 的 な 作 業 環 境 を 確 保 するため 防 波 堤 岸 壁 や 道 路 を 新 たに 整 備 する また 阿 翁 浦 及 び 日 比 地 区 においては 作 業 負 担 の 軽 減 を 図 るため 岸 壁 や 防 波 堤 を 改 良 し 浮 桟 橋 浮 体 式 係 船 岸 及 び 防 風 フェンスの 設 置 を 行 うも のである 主 要 工 事 計 画 < 阿 翁 浦 地 区 > m 岸 壁 ( 改 良 )(D)L=80m,m 岸 壁 ( 改 良 )(E)L=0m < 堂 代 地 区 > 防 波 堤 L=0m, 護 岸 L=0m,m 岸 壁 L=00m, 道 路 L=0m, 用 地 A=,00m < 日 比 地 区 > 沖 防 波 堤 L=0m, 沖 防 波 堤 ( 改 良 )L=0m,m 岸 壁 ( 改 良 )(F)L =m, 浮 桟 橋 N= 基,m 岸 壁 ( 改 良 )(G)L=0m 事 業 費, 百 万 円 事 業 期 間 H~H

2 Ⅱ 必 須 項 目. 事 業 の 必 要 性 整 理 番 号 当 該 地 区 が 属 する 圏 域 は 養 殖 が 主 な 漁 業 であり 生 産 量 は 年 間 約,00トンの 取 扱 量 があ り 県 全 体 の 生 産 量 で 約 % 金 額 で 約 0%を 占 めている また 当 該 地 区 は 圏 域 内 の 養 殖 生 産 の 約 0%を 占 めるなど 生 産 拠 点 として 重 要 な 役 割 を 担 っている 堂 代 地 区 は 漁 港 施 設 がほぼ 整 備 されておらず 漁 業 活 動 へ 支 障 を 来 たしている また 近 年 増 加 している 養 殖 業 に 対 して 作 業 用 地 が 不 足 している 状 況 である 就 労 者 の 高 齢 化 が 進 む 中 作 業 負 荷 の 軽 減 や 安 全 性 の 向 上 が 図 れる 潮 位 差 に 対 応 した 浮 体 式 係 船 岸 の 整 備 等 就 労 環 境 改 善 への 地 元 要 望 が 強 い 港 内 の 静 穏 度 が 確 保 されておらず 荒 天 時 には 漁 船 が 他 地 区 へ 避 難 しているような 状 況 で ある さらに 現 状 では 暴 風 により 漁 船 の 航 行 時 横 流 しに 遭 い 接 触 する 危 険 性 があり 防 風 対 策 が 求 められている. 事 業 採 択 要 件 計 画 事 業 費,,000 ( 採 択 要 件 :00,000 以 上 ) 漁 港 種 別 第 種 漁 港 ( 昭 和 年 9 月 に 指 定 ) 利 用 漁 船 数 0 隻 ( 平 成 年 ) ( 採 択 要 件 :00 隻 以 上 ). 事 業 を 実 施 するために 必 要 な 基 本 的 な 調 査 () 利 用 面 防 護 面 施 工 面 等 から 適 切 な 位 置 を 選 定 するための 地 理 的 条 件 自 然 条 件 に 関 する 基 本 的 な 調 査 周 辺 の 深 浅 図 潮 位 波 浪 漂 砂 背 後 地 の 状 況 等 を 調 査 () 施 設 の 利 用 の 見 込 み 等 に 関 する 基 本 的 な 調 査 港 勢 調 査 及 び 及 び 地 元 漁 協 への 利 用 形 態 等 の 聞 き 取 り () 自 然 環 境 生 活 環 境 等 の 周 辺 環 境 及 びそれに 与 える 影 響 の 把 握 底 質 調 査 を 実 施 する 予 定. 事 業 を 実 施 するために 必 要 な 調 整 () 地 元 漁 業 者 地 元 住 民 等 との 調 整 新 松 浦 漁 業 協 同 組 合 松 浦 市 を 通 じて 地 元 住 民 との 調 整 済 () 関 係 都 道 府 県 関 係 市 町 村 関 係 部 局 ( 隣 接 海 岸 道 路 河 川 港 湾 環 境 等 )との 事 前 調 整 松 浦 市 水 産 課 との 事 前 調 整 済. 事 業 の 投 資 効 果 が 十 分 見 込 まれること 費 用 便 益 比 /C:.8 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 のとおり

3 Ⅲ 大 項 目 有 効 性 優 先 配 慮 項 目 陸 揚 げ 荷 捌 き 集 出 荷 流 通 加 工 生 活 効 率 性 コスト 縮 減 対 策 事 業 の 実 施 環 境 等 生 産 力 の 向 上 と 力 強 い 産 地 づ く り 中 項 目 分 類 項 目 生 産 他 計 画 との 整 合 他 事 業 との 調 整 連 携 循 環 型 社 会 の 構 築 地 域 に 与 える 効 果 環 境 への 配 慮 小 項 目 水 産 資 源 の 保 護 回 復 漁 家 経 営 の 安 定 ( 水 産 物 の 安 定 供 給 ) 水 域 環 境 の 保 全 創 造 安 全 安 心 な 水 産 物 提 供 漁 業 活 動 の 効 率 化 労 働 環 境 の 向 上 生 活 者 の 安 全 安 心 確 保 多 面 的 機 能 発 揮 に 向 けた 配 慮 水 産 資 源 の 維 持 保 全 資 源 管 理 諸 施 策 との 連 携 生 産 量 の 増 産 ( 持 続 増 産 下 降 抑 制 ) 生 産 コストの 縮 減 等 ( 効 率 化 計 画 性 の 向 上 ) 水 質 底 質 の 維 持 改 善 環 境 保 全 効 果 の 持 続 的 な 発 揮 品 質 確 保 消 費 者 への 安 定 提 供 漁 港 機 能 の 強 化 就 労 改 善 等 定 期 船 の 安 定 運 航 災 害 時 の 緊 急 対 応 地 域 の 水 産 関 連 計 画 等 との 整 合 性 及 び 地 元 調 整 他 事 業 との 調 整 連 携 リサイクルの 促 進 評 価 指 標 計 画 時 におけるコスト 縮 減 対 策 の 検 討 産 業 誘 発 効 果 等 生 態 系 への 配 慮 等 多 面 的 機 能 の 発 揮 整 理 番 号 評 価 A A A Ⅳ 総 合 評 価 当 該 地 区 は 圏 域 内 の 養 殖 業 の 約 0%の 生 産 量 をしめる 一 大 養 殖 基 地 として 重 要 な 役 割 を 担 っ ているが 日 比 堂 代 地 区 静 穏 度 が 確 保 されておらず 荒 天 時 は 他 地 区 への 避 難 に 大 変 な 労 力 と 時 間 をとられている 状 況 である また 拡 大 傾 向 にある 養 殖 業 に 必 要 な 作 業 スペースが 慢 性 的 に 不 足 している さらに 漁 業 者 の 高 齢 化 に 対 応 した 施 設 も 不 足 している 当 該 地 区 の 計 画 施 設 整 備 を 行 うことにより 労 働 環 境 等 が 改 善 され 効 率 的 で 安 心 安 全 な 漁 業 活 動 が 確 保 されると 判 断 する これにより 就 労 者 所 得 の 安 定 ひいては 就 労 人 口 の 拡 大 が 行 わ れる 費 用 便 益 比 率 もを 超 えていることから 事 業 の 実 施 は 妥 当 であると 判 断 される

4 整 理 番 号 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 基 本 情 報 都 道 府 県 名 長 崎 県 地 区 名 阿 翁 浦 地 区 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 施 設 の 耐 用 年 数 0 評 価 項 目 評 価 項 目 便 益 額 ( 現 在 価 値 化 ) 水 産 物 生 産 コストの 削 減 効 果,8, 水 産 物 の 生 産 性 向 上 漁 獲 機 会 の 増 大 効 果 漁 獲 可 能 資 源 の 維 持 培 養 効 果,899 漁 獲 物 付 加 価 値 化 の 効 果 便 益 の 評 価 項 目 及 び 便 益 額 漁 業 就 労 環 境 の 向 上 生 活 環 境 の 向 上 地 域 産 業 の 活 性 化 非 常 時 緊 急 時 の 対 処 漁 業 就 労 環 境 の 労 働 環 境 改 善 効 果 生 活 環 境 の 改 善 効 果 漁 業 外 産 業 への 効 果 8 生 命 財 産 保 全 防 御 効 果 9 避 難 救 助 災 害 対 策 効 果 0 自 然 環 境 保 全 修 復 効 果 9, 自 然 保 全 文 化 の 継 承 景 観 改 善 効 果 地 域 文 化 保 全 継 承 効 果 その 他 漁 港 利 用 者 の 利 便 性 向 上 効 果 その 他 計 ( 総 便 益 額 ),80,90 総 費 用 額 ( 現 在 価 値 化 ) C,,80 費 用 便 益 比 /C.8 事 業 効 果 のうち 貨 幣 化 が 困 難 な 効 果 施 設 整 備 により 就 労 環 境 の 改 善 がされ 就 労 人 口 の 増 加 が 見 込 める 荒 天 時 の 海 難 事 故 の 減 少 が 見 込 める 水 産 業 が 市 の 基 幹 産 業 でもある 為 地 域 生 活 の 発 展 が 見 込 まれる

5 整 理 番 号 多 段 階 評 価 の 評 価 根 拠 について 都 道 府 県 名 : 長 崎 県 地 区 名 : 阿 翁 浦 地 区 大 項 目 分 類 項 目 中 項 目 小 項 目 評 価 指 標 評 価 根 拠 評 価 水 産 資 源 の 保 護 回 復 水 産 資 源 の 維 持 保 全 資 源 管 理 諸 施 策 と の 連 携 生 産 漁 家 経 営 の 安 定 ( 水 産 物 の 安 定 供 給 ) 生 産 量 の 増 産 ( 持 続 増 産 下 降 抑 制 ) 生 産 コストの 縮 減 等 ( 効 率 化 計 画 性 の 向 上 ) 防 波 堤 岸 壁 の 整 備 により 出 漁 機 会 が 増 加 することか ら 漁 獲 量 の 増 加 が 見 込 める 為 と 評 価 した 浮 桟 橋 等 の 整 備 により 出 入 港 作 業 時 間 等 が 短 縮 し 生 産 コストの 縮 減 が 期 待 されることから と 評 価 した 有 効 性 生 産 力 の 向 上 と 力 強 い 産 地 づくり 陸 揚 げ 荷 捌 き 集 出 荷 流 通 加 工 水 域 環 境 の 保 全 創 造 安 全 安 心 な 水 産 物 提 供 漁 業 活 動 の 効 率 化 労 働 環 境 の 向 上 水 質 底 質 の 維 持 改 善 環 境 保 全 効 果 の 持 続 的 な 発 揮 品 質 確 保 消 費 者 への 安 定 提 供 漁 港 機 能 の 強 化 就 労 改 善 等 浮 桟 橋 等 整 備 により 潮 位 差 等 の 障 害 が 解 消 され 出 入 港 時 間 が 短 縮 し 鮮 度 保 持 が 確 保 されることから と 評 価 した 浮 桟 橋 等 整 備 により 潮 位 差 等 の 障 害 が 解 消 され 出 入 港 時 間 が 短 縮 し 生 産 コストの 縮 減 が 期 待 されることから と 評 価 した 浮 桟 橋 等 整 備 により 出 入 港 時 間 短 縮 防 波 堤 整 備 による 港 内 静 穏 度 の 向 上 など 機 能 強 化 が 期 待 されることから A と 評 価 した 浮 桟 橋 整 備 による 出 入 港 時 間 の 短 縮 及 び 防 風 フェンス 整 備 による 作 業 機 会 の 増 加 等 就 労 環 境 の 改 善 が 図 られる ことから A と 評 価 した A A 生 活 生 活 者 の 安 全 安 心 確 保 定 期 船 の 安 定 運 航 災 害 時 の 緊 急 対 応 効 率 性 コスト 縮 減 対 策 計 画 時 におけるコ スト 縮 減 対 策 の 検 討 既 存 施 設 の 有 効 活 用 のための 最 低 限 の 施 設 整 備 を 計 画 し ており と 評 価 した 他 計 画 との 整 合 地 域 の 水 産 関 連 松 浦 市 及 び 地 元 漁 協 と 協 議 調 整 を 行 った 上 で 計 画 を 策 計 画 等 との 整 合 性 定 しており と 評 価 した 及 び 地 元 調 整 事 業 の 実 施 環 境 等 他 事 業 との 調 整 連 携 循 環 型 社 会 の 構 築 地 域 に 与 える 効 果 環 境 への 配 慮 他 事 業 との 調 整 連 携 リサイクルの 促 進 産 業 誘 発 効 果 等 生 態 系 への 配 慮 等 工 事 により 発 生 するコンクリート 殻 等 については 再 生 材 と してリサイクル 工 場 へ 排 出 予 定 である 為 A]と 評 価 した 施 設 整 備 により 就 労 環 境 の 向 上 が 見 込 まれ これにより 若 年 層 の 水 産 業 への 回 帰 が 見 込 まれる 為 と 評 価 し た 埋 立 による 影 響 は 避 けられないが 影 響 の 縮 減 へ 向 け 断 面 等 の 検 討 を 行 う 予 定 の 為 と 評 価 した A 多 面 的 機 能 発 揮 に 向 けた 配 慮 多 面 的 機 能 の 発 揮

6 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 阿 翁 浦 地 区 事 業 概 要 図 堂 代 地 区 道 路 阿 翁 浦 地 区 日 比 地 区 m 岸 壁 (D)( 改 良 ) 用 地 m 岸 壁 (E)( 改 良 ) m 岸 壁 ( 改 良 )(F) m 岸 壁 ( 改 良 )(G) 養 殖 の 洗 浄 作 業 m 岸 壁 浮 桟 橋 沖 防 波 堤 ( 改 良 ) 阿 翁 浦 地 区 防 波 堤 護 岸 沖 防 波 堤 事 業 主 体 : 長 崎 県 主 要 工 事 計 画 :< 阿 翁 浦 地 区 > m 岸 壁 (D)( 改 良 )80m m 岸 壁 (E)( 改 良 )0m 堂 代 地 区 防 波 堤 L=0m 護 岸 L=0m m 岸 壁 L=00m 用 地 A=00m 道 路 L=0m < 日 比 地 区 > 沖 防 波 堤 ( 改 良 )L=0m 沖 防 波 堤 L=0m m 岸 壁 ( 改 良 )(F)L=m m 岸 壁 ( 改 良 )(G)L=0m 浮 桟 橋 基 事 業 費 :, 百 万 円 事 業 期 間 : 平 成 年 度 ~ 平 成 年 度

7 阿 翁 浦 地 区 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 の 効 用 に 関 する 説 明 資 料 整 理 番 号. 事 業 概 要 () 事 業 目 的 : 増 加 傾 向 にある 養 殖 業 の 網 補 修 等 の 需 要 に 対 応 するため 堂 代 地 区 に 用 地 を 造 成 すると 同 時 に 安 全 で 効 率 的 な 作 業 環 境 を 確 保 するため 防 波 堤 岸 壁 や 道 路 を 新 たに 整 備 する また 阿 翁 浦 及 び 日 比 地 区 においては 作 業 負 担 の 軽 減 を 図 るため 岸 壁 や 防 波 堤 を 改 良 し 浮 桟 橋 浮 体 式 係 船 岸 及 び 防 風 フェンスの 設 置 を 行 うもので ある () 主 要 工 事 計 画 : < 阿 翁 浦 地 区 > m 岸 壁 ( 改 良 )(D)L=80m,m 岸 壁 ( 改 良 )(E)L=0m < 堂 代 地 区 > 防 波 堤 L=0m, 護 岸 L=0m,m 岸 壁 L=00m, 道 路 L=0m, 用 地 A=,00m < 日 比 地 区 > 沖 防 波 堤 L=0m, 沖 防 波 堤 ( 改 良 )L=0m,m 岸 壁 ( 改 良 )(F)L= m, 浮 桟 橋 N= 基,m 岸 壁 ( 改 良 )(G)L=0m () 事 業 費 : () 工 期 :, 百 万 円 平 成 年 度 ~ 平 成 年 度. 総 費 用 便 益 比 の 算 定 () 総 費 用 総 便 益 比 の 総 括 総 費 用 ( 現 在 価 値 化 ) 総 便 益 額 ( 現 在 価 値 化 ) 総 費 用 総 便 益 比 算 定 式 数 値,,80,80,90.8 ( ) ( ) () 総 費 用 の 総 括 施 設 名 整 備 規 模 事 業 費 ( ) 防 波 堤 L= 0.0 m 0,000 護 岸 L= 0.0 m 0,000 m 岸 壁 L= 00.0 m 0,000 道 路 L= 0.0 m 00,000 m 岸 壁 ( 改 良 )(D) L= 80.0 m 00,000 m 岸 壁 ( 改 良 )(E) L= 0.0 m 90,000 沖 防 波 堤 L= 0.0 m 00,000 沖 防 波 堤 ( 改 良 ) L= 0.0 m,000 m 岸 壁 ( 改 良 )(F) L=.0 m 0,000 浮 桟 橋 N= 基,000 m 岸 壁 ( 改 良 )(G) L= 0.0 m 0,000 用 地 A=,00m 0,000 計,,000 維 持 管 理 費 等,8 総 費 用,8,8 現 在 価 値 化 後 の 総 費 用,,80

8 整 理 番 号 () 年 間 標 準 便 益 効 果 項 目 年 間 標 準 便 益 額 ( ) 効 果 の 要 因 水 産 物 生 産 コストの 削 減 効 果,9 漁 獲 機 会 の 増 大 効 果 8, 労 働 環 境 改 善 効 果,0 計 0,8 漁 船 耐 用 年 数 の 延 長 効 果 作 業 時 間 削 減 効 果 等 出 漁 日 数 の 増 加 効 果 就 労 環 境 の 改 善 の 効 果 () 総 便 益 算 出 表 評 価 年 割 引 率 期 度 間 水 産 物 生 産 コストの 削 減 効 果 漁 獲 機 会 の 増 大 効 果 労 働 環 境 改 善 効 果 便 益 ( ) 生 活 環 境 改 善 効 果 計 割 引 後 効 果 額 合 計 ( ) ,9,9,8 0.8,9,9, 0.8,, 9, ,90,,0 90,900, ,90,,0 90,900 9, ,90,,0 90,900,8 0.0,80,,0,90 80, 0.,80 8,,0,0 98, 0.0,9 8,,0 0,8 0,0 0.,9 8,,0 0,8 00,99 0.0,9 8,,0 0,8 9, 0.,9 8,,0 0,8 9,0 0.,9 8,,0 0,8 88,9 0.,9 8,,0 0,8 8, ,9 8,,9 8,,0,9 8,,0,9 8,,0,9 8,,9 8,,0,0,9 8,,0,9 8,,0,9 8,,9 8,,0,0,9 8,,0,9 8,,0,9 8,,9 8,,0,0,9 8,,0,0,9 8,,0,9 8,,0,9 8,,0 0,8 8, 0,8 9,9 0,8, 0,8,0 0,8 0,80 0,8, 0,8,089 0,8, 0,8 0,9 0,8,8 0,8,0 0,8,8 0,8, 0,8 9,8 0,8, 0,8,9 0,8,9 0,8,

9 計 整 理 番 号 0.,9 8,,0 0,8 0,0 0.,9 8,,0 0,8 9,8 0.,9 8,,0 0,8, 0.,9 8,,0 0,8,0 0.,9 8,,0 0,8, ,9 8,,0 0,8, 0.00,9 8,,0 0,8,0 0.9,9 8,,0 0,8 0,9 0.8,9 8,,0 0,8 9,9 0.8,9 8,,0 0,8 8, 0.,9 8,,0 0,8, 0.,9 8,,0 0,8, 0.8,9 8,,0 0,8,0 0.,9 8,,0 0,8 0.,9 8,,0 0.,9 8,,0 0.,9 8,,0 0.0,9 8,,0 0,8,8,0 0,8,0 0,8, 0,8 0,8 0.,00 8,,0, 9,8 0.0,00 8,,0, 8,9 0., 8,,0,,90 0., 0,9 8, 8, ,0 0,9 9,8, ,0 0,9 9,8, , 0,9,08, 0.09,,,,80,90. 効 果 額 の 算 定 方 法 () 水 産 物 生 産 コストの 削 減 効 果 漁 船 耐 用 年 数 の 延 長 効 果 ( 堂 代 日 比 地 区 ) 防 波 堤 整 備 による 漁 船 耐 用 年 数 の 延 長 堂 代 対 象 漁 船 隻 数 漁 港 施 設 整 備 前 の 漁 船 の 耐 用 年 数 ( 年 ) 日 比 9 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 に 関 する 省 令 ( 財 務 省 ) 漁 港 施 設 整 備 後 の 漁 船 の 耐 用 年 数 ( 年 ). ガイドライン 漁 船 建 造 費 ( /t),90 漁 船 の 平 均 t 数 (t/ 隻 ). 漁 船 第 号 年 間 便 益 額 ( / 年 ),98 (//)

10 整 理 番 号 給 油 作 業 時 間 の 削 減 効 果 ( 日 比 地 区 ) 給 油 浮 桟 橋 整 備 による 漁 船 の 給 油 作 業 性 の 向 上 による 漁 船 給 油 作 業 時 間 の 削 減 給 油 給 油 整 備 前 作 業 時 間 ( 時 間 ) 整 備 後 作 業 時 間 ( 時 間 ) 出 漁 日 数 ( 回 ) 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ) 8, 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ),9 ( + ) () 8 出 入 港 作 業 時 間 の 削 減 効 果 ( 阿 翁 浦 日 比 地 区 ) 休 憩 用 簡 易 式 浮 桟 橋 整 備 による 漁 船 の 出 入 港 等 の 準 備 作 業 性 の 向 上 による 漁 船 準 備 作 業 時 間 の 削 減 ( 阿 翁 浦 地 区 m 岸 壁 ( 改 良 )(D) 及 び(E)) ( 日 比 地 区 m 岸 壁 ( 改 良 )(F)) D E F 0 0 整 備 前 作 業 時 間 ( 時 間 ) 整 備 後 作 業 時 間 ( 時 間 ) 出 漁 日 数 ( 回 ) 0 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ) 8, 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ) 9, ( + ) () 8 出 入 港 作 業 時 間 の 削 減 効 果 ( 堂 代 地 区 ) m 岸 壁 を 改 良 する 事 による 漁 船 の 出 入 港 等 の 準 備 作 業 性 の 向 上 による 漁 船 準 備 作 業 時 間 の 削 減 ( 日 比 地 区 m 岸 壁 ( 改 良 )(G)) 整 備 前 隻 当 り 作 業 時 間 ( 時 間 ) 整 備 後 隻 当 り 作 業 時 間 ( 時 間 ) 出 漁 日 数 ( 回 ) 0 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ) 8, 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ),8 ( + ) () 8

11 整 理 番 号 出 入 港 作 業 時 間 の 削 減 効 果 ( 堂 代 地 区 ) m 岸 壁 を 整 備 による 漁 船 の 出 入 港 等 の 準 備 作 業 性 の 向 上 による 漁 船 準 備 作 業 時 間 の 削 減 整 備 前 平 均 作 業 時 間 ( 時 間 ) 整 備 後 平 均 作 業 時 間 ( 時 間 ) 出 漁 日 数 ( 回 ).. 0 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ) 8, 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ),8 ( + ) () 8 荒 天 時 見 回 り 回 数 の 削 減 効 果 ( 日 比 地 区 ) 防 波 堤 整 備 による 港 内 静 穏 度 向 上 による 荒 天 時 見 回 り 回 数 の 削 減 整 備 前 の 年 間 監 視 作 業 日 数 ( 日 ) 0 整 備 後 の 年 間 監 視 作 業 日 数 ( 日 ) 0 日 当 り 監 視 作 業 時 間 ( 時 間 ) 0 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ) 8, 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ),0 () ( + ) 8 荒 天 時 見 回 り 回 数 の 削 減 効 果 ( 堂 代 地 区 ) 防 波 堤 整 備 による 港 内 静 穏 度 向 上 による 荒 天 時 見 回 り 回 数 の 削 減 整 備 前 の 年 間 監 視 作 業 日 数 ( 日 ) 80 整 備 後 の 年 間 監 視 作 業 日 数 ( 日 ) 0 日 当 り 監 視 作 業 時 間 ( 時 間 ). 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ), 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ),0 () ( + ) 8

12 整 理 番 号 8 荒 天 時 避 難 回 数 の 削 減 効 果 ( 日 比 地 区 ) 防 波 堤 整 備 による 港 内 静 穏 度 向 上 による 荒 天 時 避 難 回 数 の 削 減 整 備 前 の 年 間 避 難 作 業 日 数 ( 日 ) 0 整 備 後 の 年 間 避 難 作 業 日 数 ( 日 ) 0 日 当 り 監 視 作 業 時 間 ( 時 間 ) 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ), 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ) 8,9 () ( + ) 8 9 荒 天 時 避 難 回 数 の 削 減 効 果 ( 堂 代 地 区 ) 防 波 堤 整 備 による 港 内 静 穏 度 向 上 による 荒 天 時 避 難 回 数 の 削 減 整 備 前 の 年 間 避 難 作 業 日 数 ( 日 ) 0 整 備 後 の 年 間 避 難 作 業 日 数 ( 日 ) 0 日 当 り 監 視 作 業 時 間 ( 時 間 ).0.0 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ), 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ) 9,0 () ( + ) 8 0 養 殖 生 簀 等 の 耐 用 年 数 の 延 長 ( 阿 翁 浦 日 比 地 区 ) 用 地 が 整 備 される 事 により 用 地 不 足 により 枠 や 網 の 補 修 を 控 えているものが 整 備 により 補 修 を 行 える この 事 により 耐 用 年 数 が 増 加 する これを 便 益 として 計 上 する 阿 翁 浦 養 殖 生 簀 の 数 (0m 換 算 ) 0 漁 港 施 設 整 備 前 の 生 簀 の 耐 用 年 数 ( 年 ) 漁 港 施 設 整 備 後 の 生 簀 の 耐 用 年 数 ( 年 ) 0 生 簀 建 造 費 ( / 個 ),00 年 間 便 益 額 ( / 年 ),88 (//)

13 整 理 番 号 () 漁 獲 機 会 の 増 大 効 果 出 漁 機 会 の 増 加 ( 堂 代 地 区 ) 施 設 が 未 整 備 だった 為 潮 待 ちで 出 入 港 していたが 防 波 堤 岸 壁 が 整 備 されたことにより 潮 に 関 係 なく 出 入 港 出 来 るようになる 為 出 漁 時 間 が 増 加 する この 為 出 漁 時 間 に 増 加 に 伴 う 収 入 の 増 加 を 便 益 として 計 上 する 整 備 前 日 当 たり 漁 可 能 時 間 整 備 後 日 当 たり 漁 可 能 時 間 出 漁 日 数 漁 協 ヒアリング(H 新 松 浦 漁 協 ) 漁 協 ヒアリング(H 新 松 浦 漁 協 ) 漁 協 ヒアリング(H 新 松 浦 漁 協 ) 漁 協 ヒアリング(H 新 松 浦 漁 協 ) 漁 協 ヒアリング(H 新 松 浦 漁 協 ) 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ) 8, 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 水 産 庁 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ) 0,9 ( + ) () 8 出 漁 機 会 の 増 加 ( 日 比 地 区 ) 防 波 堤 は 整 備 される 事 により 静 穏 度 が 向 上 し 港 口 出 漁 機 会 が 増 加 する これに 伴 う 収 入 の 増 加 を 便 益 として 計 上 する 整 備 後 の 出 漁 増 加 日 数 平 均 出 漁 時 間 労 務 単 価 ( 円 / 時 間 ), 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ), ( + ) () 漁 業 就 労 環 境 の 労 働 環 境 改 善 効 果 就 労 環 境 の 改 善 の 効 果 ( 阿 翁 浦 日 比 地 区 ) 休 憩 用 簡 易 式 浮 桟 橋 整 備 により 就 労 環 境 の 改 善 される これを 便 益 として 計 上 する ( 阿 翁 浦 地 区 m 岸 壁 ( 改 良 )(D) 及 び(E)) ( 日 比 地 区 m 岸 壁 ( 改 良 )(F)) D E F 0 0 整 備 前 : 労 働 環 境 ランク=Sb. 長 崎 県 整 備 後 : 労 働 環 境 ランクC=Sc 00 長 崎 県 出 漁 日 数 ( 回 ) 0 労 働 単 価 ( 円 / 日 ) 年 間 便 益 額 ( / 年 ) 8 0,9 漁 業 経 営 調 査 報 告 (H0 農 林 水 産 省 ),0 () ( + ) 8 9

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63> 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

Ⅰ-③_漁業・海業の振興

Ⅰ-③_漁業・海業の振興 ( 後 期 基 本 計 画 ) 政 策 名 Ⅰ 交 流 経 済 都 市 施 策 名 3 漁 海 振 興 施 策 調 書 ( 内 部 結 ) 所 管 部 局 農 林 水 産 環 境 部 整 理 番 号 4 所 管 部 局 長 氏 名 石 嶋 政 博 1 関 連 する 個 別 計 画 PLAN 個 別 計 画 名 称 計 画 計 画 年 次 計 画 期 間 し 備 考 施 策 優 先 順 位 1 現 状

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) (

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) ( 第 5 章 新 潟 市 の 水 産 業 1 概 要 本 市 は, 日 本 海 沿 岸 のほぼ 中 心 に 位 置 し, 海 岸 線 延 長 は 58.6km, 底 質 は 砂 泥 で 単 調 な 遠 浅 の 漁 場 とな っている 沖 合 には 佐 渡 が 島 粟 島 の 2 島 とこれに 連 なる 岩 礁 及 び 瀬 礁 が 多 数 点 在 し, 暖 寒 流 系 の 回 遊 魚 類 及 び 定 着

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

H19.03.27 東 浜 地 区 漁 業 用 施 設 整 備 に 係 る 水 域 ( 約 2,000 m2)の 共 同 使 用 について 日 米 合 同 委 員 会 で 合 意 ( 防 波 堤 の 建 設 計 画 変 更 により 当 該 共 同 使 用 水 域 を 変 更 ) H19.04.24

H19.03.27 東 浜 地 区 漁 業 用 施 設 整 備 に 係 る 水 域 ( 約 2,000 m2)の 共 同 使 用 について 日 米 合 同 委 員 会 で 合 意 ( 防 波 堤 の 建 設 計 画 変 更 により 当 該 共 同 使 用 水 域 を 変 更 ) H19.04.24 提 供 施 設 の 沿 革 FAC5029 佐 世 保 海 軍 施 設 M19.05.04 旧 海 軍 佐 世 保 鎮 守 府 設 置 決 定 M22.07.01 開 庁 S20. 終 戦 時 佐 世 保 海 軍 鎮 守 府 佐 世 保 海 兵 団 佐 世 保 海 軍 工 廠 佐 世 保 海 軍 軍 需 部 佐 世 保 病 院 等 残 存 S20.09 連 合 国 軍 ( 米 海 軍 及 び 米 陸

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

【別紙】

【別紙】 別 紙 広 田 湾 漁 協 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 計 画 書 ( 米 崎 地 域 イシカゲ 養 殖 部 会 ) 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 名 称 広 田 湾 漁 協 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 名 称 広 田 湾 漁 業 協 同 組 合 地 域 養 殖 復 興 プロ ジェクト 運 営 者 代 表 者 名 代 表 理 事 組 合 長 佐 々 木 戝 住 所 岩 手

More information

コンテナクレーンの整備について

コンテナクレーンの整備について 釜 石 港 の 沿 革 について 出 典 釜 石 市 誌 ( 通 史 ): 昭 和 52 年 3 月 10 日 発 行 ) 昭 和 52 年 に 発 行 された 釜 石 市 誌 ( 通 史 ) の 中 には 釜 石 を 築 いてきた 先 人 達 の 未 来 予 想 図 とも 受 け 取 れる 以 下 のような 興 味 深 い 記 述 があります いま 釜 石 は 鉄 と 魚 の 二 大 柱 を 市

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

(記載例)

(記載例) 浜 の 活 力 再 生 広 域 プラン 別 添 ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 1 広 域 水 産 業 再 生 委 員 会 組 織 名 代 表 者 名 熊 本 県 有 明 海 地 区 広 域 水 産 業 再 生 委 員 会 会 長 上 田 浩 次 広 域 委 員 会 の 荒 尾 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 荒 尾 漁 協 荒 尾 市 ) 構 成 員 熊 本 北 部 地 区

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074> 第 6 回 北 九 州 港 長 期 構 想 検 討 委 員 会 資 料 ~ 港 湾 計 画 改 訂 ( 案 )の の 検 討 ~ 平 成 23 年 8 月 22 日 北 九 州 市 港 湾 空 港 局 社 団 法 人 日 本 港 湾 協 会 港 湾 計 画 について アジア 輸 送 における 国 際 拠 点 港 湾 シャトル 航 路 北 九 州 港 アジア 基 幹 航 路 ( 本 船 航 路 ) 大

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の

付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の 浜 の 活 力 再 生 プラン 1 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 組 織 名 焼 津 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 代 表 者 名 西 川 角 次 郎 再 生 委 員 会 の 構 成 員 焼 津 漁 業 協 同 組 合 焼 津 市 株 式 会 社 事 代 丸 オブザーバー 静 岡 県 経 済 産 業 部 水 産 業 局 水 産 振 興 課 静 岡 県 水 産 技 術 研

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

スライド 1

スライド 1 すくも 湾 漁 協 水 産 業 事 業 継 続 計 画 (BCP) 平 成 25 年 10 月 23 日 改 訂 ( 第 2 版 ) 目 次 1. 基 本 方 針 2.すくも 湾 漁 協 の 体 制 3.BCPの 対 象 とする 事 業 と 目 標 再 開 時 間 4.BCPの 対 象 とする 事 業 に 必 要 となる 資 源 5. 対 象 とする 地 震 津 波 とそれによる 被 害 と 影 響

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 事 業 者 資 料 湛 江 漁 港 ( 笠 岡 市 六 島 ) 公 有 水 面 埋 立 出 願 について 出 願 者 : 笠 岡 市 湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 1) 8 捗 釜 9 () () () () 10 10m 12m LNG 11 12,000DWT 10m 3 9m 170m 3.8 30,000DWT 12m 2 10 11m 199m 12 釜 釜 13 14 艘 釜 釜 7 3.8 15 12 16 GT) FORTUNA 39,989 169 46 5.0-9.0 Kuroshio 15,983 142 40

More information

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒 別 記 参 考 様 式 第 号 計 画 の 名 称 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 ( 期 ) 計 画 策 定 主 体 対 象 市 村 計 画 の 期 間 計 画 の 目 標 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 八 代 市 人 吉 市 荒 尾 市 水 俣 市 玉 名 市 天 草 市 山 鹿 市 菊 池 市 宇 土 市 上 天 草 市 宇 城 市 阿 蘇 市 合 志 市 美 里 玉 東 南

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63> 214 松 浦 市 市 勢 要 覧 資 料 編 チ カ ラ を つ く り 続 け る CONTENTS 位 置 地 勢 2 人 口 3 産 業 4 生 活 環 境 6 行 政 議 会 7 沿 革 8 市 章 松 浦 市 の 頭 文 字 であるアルファベット 大 文 字 の M をモチーフに 産 業 創 造 の 未 来 へ 躍 進 する 都 市 の 姿 をダイナミックに 図 案 化 し ハートの 形

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

27 8 5 小 型 機 船 底 びき 網 漁 業 調 整 規 則 を 制 定 した 27 11 3 長 崎 大 干 拓 事 業 の 調 査 を 開 始 した 27 12 20いわし 網 漁 業 不 振 緊 急 融 資 損 失 補 償 条 例 を 制 定 した 27 12 27 中 小 漁 業 融

27 8 5 小 型 機 船 底 びき 網 漁 業 調 整 規 則 を 制 定 した 27 11 3 長 崎 大 干 拓 事 業 の 調 査 を 開 始 した 27 12 20いわし 網 漁 業 不 振 緊 急 融 資 損 失 補 償 条 例 を 制 定 した 27 12 27 中 小 漁 業 融 Ⅵ 長 崎 県 水 産 部 年 表 和 暦 年 月 日 事 項 明 治 33 3 7 産 業 組 合 法 公 布 される 33 5 7 長 崎 県 水 産 試 験 場 を 深 堀 村 に 設 置 した 34 4 13 漁 業 法 公 布 される 36 水 産 試 験 場 を 北 松 平 戸 村 に 移 転 した 41 7 31 水 産 試 験 場 に 水 産 講 習 所 ( 県 立 水 産 学 校

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63> 問 い 合 わせ 先 総 務 部 政 務 課 政 策 評 価 広 報 室 海 上 保 安 報 道 官 一 條 正 浩 海 上 保 安 庁 03-3591-9780( 直 通 ) 平 成 23 年 9 月 1 日 東 日 本 大 震 災 への 対 応 等 について ( 第 153 報 ) 平 成 23 年 8 月 31 日 1800 現 在 ( 下 線 部 分 は 第 152 報 からの 変 更 点

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有 山 形 県 県 有 財 産 総 合 管 理 (ファシリティマネジメント) 基 本 方 針 平 成 26 年 12 月 山 形 県 目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有

More information

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車 平 成 20 年 門 審 第 9 号 旅 客 船 おおいた 防 波 堤 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 27 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 井 上 卓, 伊 東 由 人, 蓮 池 力 ) 理 事 官 中 井 勤 受 審 人 A 職 名 おおいた 船 長 海 技 免 許 三 級 海 技 士 ( 航 海 ) 受 審 人 B 職 名 おおいた 機 関

More information

Microsoft Word - 議案第号.doc

Microsoft Word - 議案第号.doc 議 案 第 39 号 建 設 関 係 事 業 の 取 扱 いについて( 協 定 項 目 39) 建 設 関 係 事 業 の 取 扱 いについて, 次 のとおり 提 案 する 建 設 土 木 1. 町 道 については, 現 行 のとおり 新 町 に 引 き 継 ぐ 2. 道 路 新 設 改 良 事 業 については, 現 行 のとおり 新 町 に 引 き 継 ぎ 計 画 的 に 実 施 する 3. 港

More information

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博 平 成 28 年 度 地 球 環 境 自 然 学 講 座 第 5 回 テ マ 干 潟 の 機 能 とその 保 全 講 師 名 城 大 学 大 学 院 総 合 学 術 研 究 科 特 任 教 授 鈴 木 輝 明 先 生 平 成 28 年 6 月 11 日 ( 土 ) NPO 法 人 シニア 自 然 大 学 校 講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

資料3

資料3 1 第 2 回 那 覇 空 港 技 術 検 討 委 員 会 資 料 3 費 用 便 益 分 析 の 手 法 平 成 20 年 10 月 24 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 2 費 用 便 益 分 析 の 実 施 方 針 費 用 便 益 分 析 は 空 港 整 備 事 業 の 費 用 対 効 果 分 析 マニュアルVer.4 ( 国 土 交 通 省 航 空 局, 平 成 18 年 3 月

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

三池港

三池港 32 島 原 海 湾 水 先 区 水 先 人 会 [ 三 池 港 三 角 港 及 び 島 原 湾 有 明 海 / 八 代 港 及 び 八 代 海 ] 32-1 三 池 港 三 池 港 での 主 要 な 揚 貨 物 は 石 炭 アルミ 地 金 塩 オイルコークスである また 小 型 の 外 航 コ ンテナ 船 も 週 1 回 当 港 に 寄 港 している 気 象 海 象 1 風 冬 季 の 北 風 の

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

<31313038303590CE8AAA8D6081698E598BC6814595A897AC959C8BBB837683898393816A81798CF6955C817A>

<31313038303590CE8AAA8D6081698E598BC6814595A897AC959C8BBB837683898393816A81798CF6955C817A> ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 石 巻 港 復 旧 復 興 方 針 平 成 23 年 8 月 5 日 石 巻 港 復 興 会 議 石 巻 港 は 木 材 食 品 飼 肥 料 鉄 鋼 造 船 製 紙 関 連 の 産 業 が 立 地 する 宮 城 県 北 部 の 工 業 物 流 の 拠 点 となる 臨 海 型 工 業 港 であり 石 巻 市 の 製 造 業 就 業 人 口 の 約 1/3 の 雇

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

平 成 27 年 度 当 初 秋 田 県 における 画 総 括 表 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 負 担 基 本 額 河 川 関 係 8,260,818 1,557,706 道 路 関 係 14,869,000 3,446,200 公 園 関 係 港 湾 関 係 2,477, ,1

平 成 27 年 度 当 初 秋 田 県 における 画 総 括 表 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 負 担 基 本 額 河 川 関 係 8,260,818 1,557,706 道 路 関 係 14,869,000 3,446,200 公 園 関 係 港 湾 関 係 2,477, ,1 平 成 27 年 度 当 初 秋 田 県 における 画 総 括 表 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 負 担 基 本 額 河 川 関 係 8,260,818 1,557,706 道 路 関 係 14,869,000 3,446,200 公 園 関 係 港 湾 関 係 2,477,000 842,180 空 港 関 係 合 25,606,818 5,846,086 ( 注 ) 端 数 処 理 の 関

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定 1. 旧 軍 港 市 転 換 法 のあゆみ 旧 軍 港 市 転 換 促 進 委 員 会 の 結 成 S24.12.1 昭 和 23 年 24 年 と2 年 続 けて 国 会 で 採 択 された 旧 軍 港 四 市 長 による 旧 軍 港 市 国 有 財 産 払 下 げに 関 する 請 願 の 法 制 化 のため 法 案 発 議 から 国 会 通 過 成 立 を 図 るため 衆 参 両 院 議 員 有

More information

平成20年度6月補正予算の概要

平成20年度6月補正予算の概要 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 の 概 要 西 条 市 目 次 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 1 会 計 別 予 算 の 規 模 2 一 般 会 計 における 主 な 事 業 3~10 特 別 会 計 における 主 な 事 業 11 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 今 回 の 補 正 予 算 では ( 仮 称 ) 丹 原 図 書 館 の

More information

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407 神 奈 川 県 庁 危 機 管 理 対 策 課 維 持 防 災 G 9345 議 会 局 -400 政 策 局 知 事 室 知 事 室 秘 書 G 総 務 G 9210 自 治 振 興 部 市 町 村 課 調 整 G 9211 総 務 局 総 務 G 情 報 通 信 G 9302 9303 消 防 課 企 画 G 9305 工 業 保 安 課 火 薬 電 気 G 9225 危 機 管 理 センター

More information

○四日市港管理組合港湾施設条例

○四日市港管理組合港湾施設条例 四 日 市 港 管 理 組 合 港 湾 施 設 条 例 改 正 昭 和 41 年 6 月 16 日 条 例 第 30 号 昭 和 42 年 7 月 25 日 条 例 第 1 号 昭 和 44 年 4 月 1 日 条 例 第 1 号 昭 和 45 年 8 月 15 日 条 例 第 8 号 昭 和 47 年 4 月 1 日 条 例 第 5 号 昭 和 49 年 3 月 27 日 条 例 第 6 号 昭

More information

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条 平 成 25 年 6 月 定 例 市 議 会 提 出 議 案 概 要 書 総 務 部 法 務 課 総 務 部 総 務 課 財 務 部 財 政 課 議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数

More information

Microsoft Word - press.doc

Microsoft Word - press.doc プレスリリース 平 成 28 年 8 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 平 成 28 年 度 第 1 回 太 平 洋 いわし 類 マアジ さば 類 長 期 漁 海 況 予 報 - 別 表 の 水 産 関 係 機 関 が 検 討 し 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 中 央 水 産 研 究 所 がとりまとめた 結 果 - 今 後

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

目 次 Ⅰ はじめに... 5 Ⅱ 東 京 湾 再 生 のための 行 動 計 画 の 概 要 東 京 湾 の 水 環 境 の 現 状 東 京 湾 再 生 に 向 けての 目 標...6 (1) 目 標 の 設 定... 6 (2) 重 点 エリア 及 びアピールポイント

目 次 Ⅰ はじめに... 5 Ⅱ 東 京 湾 再 生 のための 行 動 計 画 の 概 要 東 京 湾 の 水 環 境 の 現 状 東 京 湾 再 生 に 向 けての 目 標...6 (1) 目 標 の 設 定... 6 (2) 重 点 エリア 及 びアピールポイント ( 案 ) 東 京 湾 再 生 のための 行 動 計 画 ( 第 一 期 ) 期 末 評 価 報 告 書 ( 案 ) 平 成 25 年 月 東 京 湾 再 生 推 進 会 議 目 次 Ⅰ はじめに... 5 Ⅱ 東 京 湾 再 生 のための 行 動 計 画 の 概 要... 6 1. 東 京 湾 の 水 環 境 の 現 状...6 2. 東 京 湾 再 生 に 向 けての 目 標...6 (1) 目

More information

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行 1. 都 市 計 画 区 域 等 について (1) 全 体 総 括 表 (H27.3.31 現 在 ) 行 政 区 域 都 市 計 画 区 域 石 巻 市 (A) (B) 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 B/A (C) C/A C/B (D) D/A D/B ha ha % ha % % ha % % 旧 石 巻 市 11,765.0 21.2 3,001.2 5.4 25.5 8,763.8

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

271030_表紙-2.xdw

271030_表紙-2.xdw 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 への 訓 練 移 転 に 係 るこれまでの 対 応 と 防 衛 省 との 協 議 について 平 成 27 年 10 月 30 日 鹿 屋 市 目 次 Ⅰ 鹿 屋 基 地 に 係 る 在 日 米 軍 再 編 について P1 P1 Ⅱ 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 に おける 訓 練 概 要 P4 P2 Ⅲ 防 衛 省 への 主

More information

3-(11)-ア①

3-(11)-ア① 施 策 展 開 3-()-ア 交 通 生 活 コストの 低 減 施 策 総 括 表 施 策 住 民 の 移 動 や 生 活 必 需 品 等 に 係 る 住 民 負 担 の 軽 減 実 施 計 画 掲 載 頁 98 頁 対 応 する 主 な 課 題 関 係 部 等 沖 縄 の 離 島 地 域 は その 遠 隔 性 散 在 性 狭 小 性 等 の 条 件 不 利 性 により 住 民 等 の 移 動 手

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

<3037305F95CA9359816991CE8FDB8E968BC688EA9797816A2E786C7378>

<3037305F95CA9359816991CE8FDB8E968BC688EA9797816A2E786C7378> 別 添 7 水 産 業 共 同 利 用 施 設 復 興 整 備 事 業 第 1 趣 旨 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 災 害 により 太 平 洋 沿 岸 域 の 水 産 業 は 壊 滅 的 な 被 害 を 受 けた 主 要 な 被 災 地 である 北 海 道 から 千 葉 県 においては 水 産 業 が 主 要 産 業 として

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新 別 表 次 別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 201 別 表 2 復 旧 復 興 事 一 覧 ( 経 費 項 別 ) 205 1 平 成 23 年 度 1 次 補 正 205 2 平 成 23 年 度 2 次 補 正 219 3 平 成 23 年 度 3 次 補 正 224 4 平 成 24 年 度 復 興 特 会 258 別 表 3 分 類 基 準 287 別 表 4 事 故

More information

untitled

untitled 国 土 を 整 え 全 力 で 備 える お 知 ら せ 平 成 27 年 4 月 9 日 資 料 提 供 先 : 島 根 県 政 記 者 会 平 成 27 年 度 直 轄 事 業 ( 島 根 県 分 ) 予 算 概 要 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 中 国 地 方 整 備 局 浜 田 河 川 国 道 事 務 所 ( 河 川 ) 副 所 長 のもと 野 元 ( 道 路 ) 副 所 長 ふじはら

More information