<4D F736F F D20824F F C837C815B BC8CC389AE81698D7393BF90E690B6816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20824F825582508250824F82578140838C837C815B83678250825896BC8CC389AE81698D7393BF90E690B6816A2E646F63>"

Transcription

1 ウッディレポート 19 1/6 ウッディチキン/ 名 古 屋 例 会 定 例 会 レポート 19 日 程 : 2006 年 11 月 8 日 ( 水 ) 会 場 : 名 古 屋 国 際 ホテル 2 階 < 参 加 者 478 名 > 名 古 屋 市 中 区 錦 3 丁 目 参 加 者 数 : 講 習 会 =478 名 親 睦 会 =180 名 2 次 会 = 約 60 名 講 演 会 内 容 : PM7:15~10:30 伊 藤 代 表 挨 拶 行 徳 哲 男 先 生 心 の 経 営 業 と 感 性 TOSHI LIVE (サプライズ) 二 次 会 : PM10:40~11:40 同 ホテル 2 階 レポート 作 成 ウッディチキン 総 事 務 局 谷 口 隆

2 ウッディレポート 19 2/6 < 伊 藤 代 表 より > 1.ウッディチキンの 成 り 立 ち 説 明 5 年 前 有 志 で 集 まったのがきっかけとなり ここまで 会 員 が 増 えてきた 本 を 読 み 心 の 勉 強 と 人 助 け をする 会 にしようということで 会 をスタートさせた 今 もその 理 念 は 変 わらない 正 会 員 で1000 名 くらい セミナーに 参 加 される 方 を 入 れると3000 名 くらいの 規 模 になってきている 今 までの 活 動 状 況 をかいつまんで 写 真 で 報 告 断 食 の 話 アジアチャイルドサポートの 話 支 部 は5 名 の 世 話 役 を 作 って 活 動 していくことなど 今 日 は 中 部 支 部 のEMA 大 橋 さんのお 世 話 で 行 徳 哲 男 先 生 に 来 て 頂 きました 先 生 よろしくお 願 い 致 します < 行 徳 哲 男 先 生 講 演 > 本 日 の 講 演 テーマ 心 の 経 営 業 と 感 性 行 徳 哲 男 先 生 のプロフィール 野 性 と 戦 いの 人 間 学 社 員 は 自 分 を 守 ってくれる 社 長 についていく 天 下 のこと 万 変 といえどもわがこれに 応 ずるゆえんは 喜 怒 哀 楽 の 四 者 を 出 ず 企 業 は 人 人 は 心 心 は 感 性 一 万 人 もの 社 長 から 人 生 の 師 父 と 慕 われる 傑 物 がいる 何 のために 社 長 業 をやっているのか 何 を 実 現 するためにこの 世 にいるのか 社 長 の 本 物 の 事 業 手 腕 は 感 性 の 力 からしか 生 まれない! と 説 く 男 行 徳 哲 男 73 歳 凄 み すら 感 じさせる 現 代 の 哲 人 である 家 族 が 慕 い 社 員 が 慕 い 取 引 先 が 慕 い そして 社 会 からも 慕 われ 支 持 される 堂 々たる 社 長 人 生 を 築 く 実 践 哲 学 を 指 導 する 心 の 師 人 生 の 師 との 出 会 いがすべてを 変 える 悲 しければ 涙 があふれ 嬉 しければ 飛 び 上 がって 喜 び 怒 っては 食 を 忘 れる 当 たり 前 に 任 意 無 作 即 ち 自 分 を 工 作 しな い 真 情 そのままに 生 きる それが 真 人 間 である 単 純 なことだが 人 間 の 悟 りの 極 地 とも 言 えるこの 喜 怒 哀 楽 の 表 現 すらできない 現 代 人 の 多 さに 衝 撃 を 受 け 本 来 誰 もが 持 つ 感 性 の 大 切 さを 気 付 くために 独 自 の 感 性 開 発 訓 練 の 道 を 歩 み 続 けている そして 現 代 人 が 求 めて 止 まない 知 や 理 の 世 界 を 離 れ あらゆる 森 羅 万 象 と 一 体 になって 今 ここ を 成 就 する 力 を 体 得 していただくことに 全 エネルギー 全 情 熱 を 打 ち 込 み BE 訓 練 を 自 らのライフワークとして 取 り 組 んでいる 昭 和 8 年 福 岡 県 生 まれ 労 働 運 動 激 しき 時 代 衝 撃 的 な 労 使 紛 争 を 体 験 し 人 間 とは 何 か をテーマとした 道 を 目 指 す 昭 和 44 年 渡 米 しT グルー プの 世 界 に 出 会 い BE 訓 練 プログラムを 開 発 する 昭 和 46 年 日 本 BE 研 究 所 を 設 立 し アメリカの 行 動 科 学 感 受 性 訓 練 と 日 本 の 禅 及 び 経 営 哲 学 を 融 合 発 展 させ[BE]Basic Encounter Training 人 間 開 発 感 性 のダイナミズム 訓 練 を 完 成 さ せた この 間 米 ラフォーヤ 人 間 研 究 所 カール ロジャーズ 博 士 オー 博 士 との 親 交 を 深 めながら 心 のふれあいを 大 切 に した 感 性 開 発 の 道 を 求 めて 活 動 している BE 体 験 者 は1 万 3 千 人 を 超 え 政 官 財 にとどまらず スポーツ 芸 能 関 係 者 に も 及 ぶ われ 天 地 に 恥 じない 人 物 とならん

3 ウッディレポート 19 3/6 1. 行 徳 姓 について 行 徳 と 言 う 姓 は 井 上 靖 蒼 い 狼 天 平 の 甍 (いるか) などの 作 品 に 出 てくる 映 画 敦 煌 で 佐 藤 浩 市 が 演 じた 役 の 名 が 行 徳 であった 中 国 と 関 連 している しかし 中 国 の 姓 は 単 姓 である 中 国 人 のスチュワーデスから 再 会 (サイチェン)ではなく さようなら と 言 われてやはり 日 本 人 と 思 った 行 徳 は 返 り 点 を 打 つと 徳 を 行 うと 読 む 2. 弥 勒 菩 薩 煩 悩 万 歳 である ある 時 京 都 のお 寺 に 行 き 弥 勒 菩 薩 を3 時 間 20 分 眺 めたことがある 気 持 が 落 ち 着 いてくる 人 間 が 出 しうる 美 しさ 最 高 の 気 高 さである 罪 を 犯 した 人 でないと こんな 美 しさは 出 ない 自 分 は35 年 山 にこもり 続 けた 3. 刑 務 所 周 り 刑 務 所 周 りをするといろいろなことを 教 わる 涙 を 見 る 話 し 終 わって 1 人 づつの 手 を 握 って 廻 った 自 分 もあやまちだらけで 生 きているじゃないかと 彼 らから 教 わった 気 がする 小 林 タケジは 国 家 権 力 に 歯 向 かった 母 は 30 分 の 拝 見 を 許 されて 小 樽 から 刑 務 所 に 向 かった しかし 途 中 雪 で 列 車 が 立 ち 往 生 した が 母 は 前 の 電 車 に 乗 るために 走 った そして 刑 務 所 に 着 くと 面 会 の 時 間 は3 分 しかなかった 言 葉 が 出 ず 母 は 立 って お 前 を 信 じている! とだけ 言 った タケジは 拷 問 にかけられたが 自 分 は 極 楽 に 行 ける と 言 って 死 んでいった 4. 野 鴨 自 分 のあだ 名 は 野 鴨 (のがも) と 言 われた 翔 と 言 う 字 は 羽 ばたくという 意 味 カラスやスズメが 飛 ぶ 時 は 翔 という 字 は 使 わない 鴨 などの 渡 り 鳥 は シベリアなどから1000~2000kmの 距 離 を 飛 来 する 老 人 は この 渡 り 鳥 に 充 分 な 栄 養 を 与 えようとして 餌 を 用 意 して 食 べさせた すると 鴨 は 考 える ここに 住 みつけば いつでも 充 分 な 餌 があるではないか! そして 帰 る 時 になっても 北 へ 帰 らなくなり だんだん 住 み 着 く 鴨 が 増 える ついに 飛 ばなくなる ある 日 その 老 人 が 亡 くなった 当 然 餌 をやる 者 がいなくなった 当 然 餌 が 無 くなる しかし その 時 にはもう 既 に 鳥 は 飛 べなくなっ ていた なすすべもなく 激 流 に 流 されていった 野 生 の 鴨 の 哲 学 5.トーマス ワトソン トーマス ワトソンは ミシン 等 を 売 って 歩 く 行 商 人 だった 合 言 葉 は 野 鴨 であれ! この 教 えで 今 は 世 界 で 一 番 魅 力 的 な 会 社 になった IBM がこの 会 社 である 日 本 IBMに 入 社 した 社 員 に 必 ず1 人 でアメリカへ 行 かせる アメリカIBMでは その 社 員 が25 歳 の 女 性 であっても 幹 部 が 対 等 に 話 をする 6.アサヒビール アサヒビールの 市 場 占 有 率 が 一 時 10%まで 落 ち 込 んだ その 時 中 条 高 徳 が 登 場 し サッポロ キリンに 追 いついて 返 り 咲 いた 7. 平 和 とは 何 か? 昔 田 んぼの 水 は 飲 めた 安 全 自 由 平 和 だった

4 ウッディレポート 19 4/6 平 和 とは 何 か? 鹿 児 島 の 知 覧 へ 行 く そこでは 平 和 とは 何 かが 思 い 知 らされる 5~6 年 前 台 風 で 足 止 めされ 半 日 出 られなかった 時 にじっくり 知 覧 を 見 学 し そこに 残 されているある 特 攻 隊 員 の 遺 書 を 見 た 母 さん 先 に 旅 立 つ 不 幸 をお 許 し 下 さい そして その 若 者 は 南 に 散 って 行 った 仏 様 の 顔 で 散 って 行 った 平 和 や 豊 かさのために 散 って 行 った 若 者 達 をどう 供 養 するのかが 問 われている 8. 人 間 の 源 トキメキ 人 間 の 悪 は 安 中 安 楽 にある 気 は 人 間 の 源 である 大 学 の 講 義 で 出 てくる 気 を 使 った 言 葉 はなんと384 個 あった しかし 獏 (バク 漠 然 )としている トキメキ の 度 合 いによる 商 売 は 人 にどれだけトキメキを 与 えることが 出 来 るかである 山 に 来 た 人 で 原 宿 の 文 化 を 作 った 人 がいる その 人 の 家 の 真 ん 中 には ボロボロのミシンが 置 いてある その 人 は それが 自 分 の 原 点 なので その 精 神 を 忘 れないようにそう していると 言 う その 人 の 資 産 は 当 初 10 万 円 だったが 12 年 後 の 今 は240 億 円 にまで 膨 らんだ 難 しい 本 を 読 んだから 出 来 るわけではない 自 分 の 周 囲 の 人 が 教 えて 貰 いたいという 気 持 をいだかせる 力 を 持 つことである これがトキメキである トキトメ 産 業 しか 21 世 紀 は 残 れない 限 定 品 の 強 さである 最 高 の 技 師 であるモルガンスタンレー 氏 は 露 天 商 をしていた 1セントのタバコを 買 いに 来 たおばあちゃんに 私 は あなたからしかタバコを 買 わないから と 言 われた 買 わずにはおられない 会 わずにはおられない というトキメキが 大 切 彼 は 傷 を 癒 すために 京 都 に 行 った そのときに 出 会 った 芸 者 と 結 ばれる この 芸 者 さんがモルガンお 雪 である 9. 情 道 が 枯 れる 山 に 入 れば 頭 をいかに 磨 いても 役 に 立 たない 浅 間 山 荘 事 件 とは 日 本 人 にとって 何 だったのか? 情 道 が 枯 れる あの 事 件 を 起 こしたのは 名 門 の 息 子 達 切 れ 者 であった 頭 でしかものが 見 れなくなった 結 果 である 映 画 評 論 家 の 淀 川 長 治 さんの 解 説 は ジーンと 心 に 残 った あの 余 韻 はどこから 来 るのか? 子 供 から 握 手 を 求 められた 握 手 をしようとしたら その 子 は 左 手 を 差 し 出 した が 元 来 左 手 は 戦 いの 手 という 意 味 があるので 払 いのけた 気 になり 見 ていると 右 手 がなかった 私 は 思 わずその 子 を 抱 きしめた 足 柄 山 の 金 時 を 見 よ 力 とは 優 しさである 感 動 を 失 って 人 間 の 力 が 出 るわけがない 感 動 したら 自 分 が 自 分 に 戻 れる 神 が 与 えた 英 知 とは 感 動 すること である 感 じたら 動 く 10. 山 口 良 治 先 生 京 都 伏 見 工 業 の 山 口 良 治 先 生 の 専 用 布 団 が 我 が 家 にある 山 口 先 生 はTV 映 画 スクールウォーズ の 題 材 になった 人 である プロジェクトXでも 取 り 上 げられた 33 年 前 学 校 は 荒 れ 放 題 だった 万 引 き かっぱらいが 横 行 していた ある 日 先 生 が 教 室 に 行 ったら 誰 もいなくて 全 員 校 庭 で 野 球 をしていた 生 徒 とにらみ 合 いになったが その 目 の 奥 にはあどけなさが 残 っていた

5 ウッディレポート 19 5/6 元 ラグビーの 全 国 代 表 であった 先 生 は 学 校 のラグビー 部 の 顧 問 をし 生 徒 達 をまとめていく ある 日 の 花 園 高 校 との 試 合 で 112:0の 大 差 で 負 けを 喫 する こんなスコアーで 負 けて 悔 しかった 同 じ 高 校 生 だぞ! と 鉄 拳 をあびせた なぐられて 生 徒 は 本 当 は 悔 しい と 言 った 良 治 は 彼 らを 抱 きしめた そして 厳 しい 練 習 に 耐 え 次 の 対 戦 で55:0で 花 園 高 校 を 破 った しかし 国 学 院 久 我 山 には 負 けた しかし 翌 年 奇 跡 が 起 きて 優 勝 を 果 たす 報 道 陣 の 取 材 に 対 し 生 徒 達 は この 先 生 は 我 々の 先 生 だからカメラマンは 入 らないでくれ! と 突 き 飛 ばした 彼 は 脳 腫 瘍 の 宣 告 を 受 けた 病 室 を 見 たらいない 学 校 へ 行 っていた 正 月 明 け 啓 光 学 園 との 戦 いを 前 にして 先 生 のために 戦 うと 言 った 先 生 は お 前 達 格 好 いいぞ と 言 った こんな 教 師 がいたら 若 者 のいろいろな 事 件 は 起 きなかっただろう 11. 自 分 を 好 きになる 自 分 を 好 きになること 自 分 を 好 きになれない 人 は 相 手 も 好 きになれない 自 分 を 好 きにならないと 自 分 が 鮮 やかに 生 きれない 人 も 鮮 やかに 生 かされない 全 てを 自 分 に 戻 すこと 感 動 すれば 生 が 鮮 やかになる 12.いか いかに 生 きるか 死 ぬか テキサス 州 の80 歳 の 女 医 キプラ ローズさんの 話 エイズに 冒 された 若 者 の 目 が 身 体 が 生 き 生 きしている なぜそうなのか? 自 分 ( 若 者 )は 不 幸 な 時 を 過 ごした 刑 務 所 の 出 入 りを 繰 り 返 し たが 改 まらなかった そして エイズに 冒 された そうしたら お 袋 に 会 いたくなった 自 分 はガンだとうそをついて ジョージア 州 に 戻 った 母 の 前 で 立 ちすくんでいたら 母 は 抱 きしめてくれた 母 は とっくにエイズと 知 っていたと 言 った そして 彼 は 生 き 生 きと 死 んでいった いかに 死 ぬかが いかに 生 きるかである 富 山 県 砺 波 市 のカツキヨさん(31 歳 )が 妻 と2 人 の 子 供 に 残 した 遺 書 がある 心 の 優 しい 思 いやりのある 子 に 育 ってくれよ 倒 れても 倒 れても 立 ち 上 がるのだ ( 中 略 )いつまでも 幸 福 であり ます 様 に 雪 の 降 る 夜 に 父 より 自 分 の 周 囲 の 人 が 全 て 助 けてくれた 全 てが 輝 いて 見 えた ありがとうを 言 わずにいられない 彼 は 最 後 に 私 が 死 んだら 私 の 娘 をよろしくお 願 いしますと 言 った 3 人 なら 生 きて 行 ける 父 がいなくても 誇 りを 持 って 生 きるのだ 私 にはもったいない 両 親 でした 置 いていく 両 親 を 宜 しくお 願 いします 30 歳 の 短 い 命 でもよいので 同 じに 生 まれてきたいです 私 は 幸 福 でした 人 の 心 は 素 晴 らしい 本 当 に 皆 さんありがとう 砺 波 はチューリップの 名 産 地 チューリップの 球 根 が 送 られてきた 今 でも 庭 先 で 彼 は 生 き 続 けている ありがとうございました

6 ウッディレポート 19 6/6 行 徳 先 生 よりTOSHI 紹 介 森 信 三 先 生 の 言 葉 に 出 会 いは 一 瞬 早 からず 遅 からず がある 元 XジャパンのTOSHIを 紹 介 します 彼 との 出 会 いがあり 今 日 は 友 情 出 演 です ではよろしく TOSHI ライブ Xジャパンをやって 頂 点 に 上 り 詰 めたが 自 分 の 中 では なんか 違 う と 思 い 続 けていた そして 自 分 に 正 直 に 生 きようと 辞 めた 辞 めてから8 年 目 が 経 過 した 今 は ギター1 本 で6000 箇 所 以 上 回 った 1 曲 目 君 はいないか 演 奏 リヤカーでも 幸 福 と 思 えるようになってきた 逆 境 の 時 こそ 純 粋 に 素 直 さを 持 って 生 きていく 1000 倍 の 力 を 出 して それを 乗 り 越 えていく 2 曲 目 はるかなる 自 分 演 奏 そろそろ 復 活 しようと 準 備 中 です TOSHIさん! ありがとうございました 親 睦 会 ~2 次 会 平 成 19 年 (2007 年 ) 度 の 定 例 会 日 程 1 月 無 し 2 月 26 日 ( 月 )/ 福 岡 3 月 7 日 / 京 都 ( 総 会 ) 4 月 11 日 / 松 山 5 月 9 日 / 名 古 屋 6 月 6 日 / 札 幌 7 月 4 日 / 静 岡 ( 実 行 委 員 会 ) 8 月 22~24 日 /サマーカレッジ 9 月 5 日 / 三 重 10 月 10 日 / 東 京 ( 総 会 ) 11 月 7 日 / 沖 縄 12 月 無 し 1 月 は 準 備 が 整 わないのでありません 2 月 は 頭 書 21 日 ( 水 )となっていましたが 現 地 の 要 請 により26 日 ( 月 )に 変 更 になりましたので ご 注 意 下 さい <11 月 21 日 ~ 事 務 局 谷 口 記 > 来 年 も もっと もっとソウルメイト ソウルメイトの 絆 を 深 めていきましょう!

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20824F8254824F8256825082528140838C837C815B8367824F82558FBC8E528169966B90EC90E690B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20824F8254824F8256825082528140838C837C815B8367824F82558FBC8E528169966B90EC90E690B6816A2E646F63> ウッディレポート 6 1/5 ウッディチキンレポート 6 ウッディチキン/ 松 山 例 会 北 川 八 郎 先 生 講 演 レポート 日 程 : 2005 年 7 月 13 日 ( 水 ) 講 演 : PM7:13~PM9:02 ホテルJALシティ 松 山 3F < 参 加 者 約 180 名 > 二 次 会 : PM9:20~10:30 ホテルJALシティ 松 山 2F < 参 加 者 約 170

More information

CKENレポート17 :16.9.26   臥龍学友会

CKENレポート17 :16.9.26   臥龍学友会 ウッディレポート 68 1/6 ウッディチキン/ 三 重 例 会 例 会 レポート68 日 程 : 2012 年 1 月 18 日 ( 水 ) 会 場 : 鳥 羽 戸 田 家 517-0032 三 重 県 鳥 羽 市 鳥 羽 1 丁 目 24-26 TEL:0599-25-2500 参 加 者 数 : 座 談 会 =32 名 親 睦 会 =32 名 PM6:00~7:00 ウッディ 三 重 吉 田

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

目 次 1. 新 主 将 挨 拶 2 2. 新 幹 部 紹 介 2 3.パート 長 の 抱 負 3 4. 試 合 結 果 4 5. 近 日 中 の 試 合 8 6.その 他 8 1. 新 主 将 挨 拶 大 阪 大 学 陸 上 競 技 部 主 将 出 口 大 幹 日 中 はなお 厳 しい 暑 さでし

目 次 1. 新 主 将 挨 拶 2 2. 新 幹 部 紹 介 2 3.パート 長 の 抱 負 3 4. 試 合 結 果 4 5. 近 日 中 の 試 合 8 6.その 他 8 1. 新 主 将 挨 拶 大 阪 大 学 陸 上 競 技 部 主 将 出 口 大 幹 日 中 はなお 厳 しい 暑 さでし 写 真 : 七 帝 戦 での 集 合 写 真 と 優 勝 した 選 手 達 1 目 次 1. 新 主 将 挨 拶 2 2. 新 幹 部 紹 介 2 3.パート 長 の 抱 負 3 4. 試 合 結 果 4 5. 近 日 中 の 試 合 8 6.その 他 8 1. 新 主 将 挨 拶 大 阪 大 学 陸 上 競 技 部 主 将 出 口 大 幹 日 中 はなお 厳 しい 暑 さでしのぎがたい 毎 日 ですが

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092CA8BCE8DD08A51814591E68E4F8ED28E96914F947A95749770205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092CA8BCE8DD08A51814591E68E4F8ED28E96914F947A95749770205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 専 門 研 修 会 ~ 通 勤 災 害 認 定 編 ~ 平 成 24 年 7 月 19 日 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 奈 良 県 支 部 本 日 お 話 しすること 1. 通 勤 災 害 の 認 定 要 件 通 勤 の 範 囲 ( 勤 務 のため) 通 勤 の 範 囲 ( 合 理 的 な 経 路 及 び 方 法 ) 通 勤 の 範 囲 ( 逸 脱 中 断 )

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

( 学 校 )10 校 では 英 語 教 育 についてかなりクローズアップしている (TOEFL) ( 委 員 )TOEFLは 府 全 体 で 力 を 入 れているのか ( 学 校 ) 府 全 体 で 力 を 入 れている ( 学 校 )リーダー 育 成 においては 発 信 力 や 自 ら 考 える

( 学 校 )10 校 では 英 語 教 育 についてかなりクローズアップしている (TOEFL) ( 委 員 )TOEFLは 府 全 体 で 力 を 入 れているのか ( 学 校 ) 府 全 体 で 力 を 入 れている ( 学 校 )リーダー 育 成 においては 発 信 力 や 自 ら 考 える 平 成 25 年 度 第 1 回 大 阪 府 立 豊 中 高 等 学 校 協 議 会 記 録 日 時 平 成 25 年 6 月 26 日 ( 水 )16:00~18:00 場 所 校 長 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 大 津 真 作 甲 南 大 学 教 授 高 原 勇 巳 塾 取 締 役 社 長 奥 井 泰 伸 上 野 小 学 校 校 長 事 務 局 校 長 教 頭 事 務 長 中 井 羽 柿

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

<94D192CB2E696E6464>

<94D192CB2E696E6464> 総 空 S セ ESSION H OUSE オ 伊 藤 石 畳 毘 沙 門 天 数 多 並 ぶ 料 亭 芸 者 和 強 ゆ 東 西 線 駅 右 曲 赤 城 社 歩 突 グ 建 物 バエ ポ 音 聞 セ 世 界 活 数 多 輩 オオ 伊 藤 伺 文 飯 塚 美 香 ぬ 伊 藤 伺 結 婚 程 政 科 衣 服 研 究 研 究 室 研 究 田 舎 鹿 児 島 食 販 扱 協 同 組 屋 配 務 員 働 最

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 平 成 28 年 4 月 12 日 中 央 区 教 育 委 員 会 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会

More information

恒例の沖縄地方風景街道協議会 南北交流会を開催しました

恒例の沖縄地方風景街道協議会 南北交流会を開催しました 沖 縄 地 方 風 景 街 道 協 議 会 南 北 交 流 会 の 開 催 報 告 ~やんばるの 魅 力 地 域 資 源 を 再 発 見 ~ 活 動 報 告 平 成 25 年 3 月 8 日 平 成 25 年 3 月 8 日 ( 金 )に 沖 縄 地 方 風 景 街 道 協 議 会 南 北 交 流 会 を 沖 縄 本 島 北 部 地 域 ( 通 称 :やんばる)で 開 催 しました 今 回 の 交

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA>

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA> H27.10.29 行 事 名 第 5 回 よのなか 教 室 日 時 平 成 27 年 11 月 5 日 ( 木 ) 礼 法 指 導 14:10~16:00 場 所 体 育 館 各 教 室 対 象 者 9 年 生 生 徒 (101 名 ) ね ら い 日 向 市 の よのなか 教 室 の 授 業 に 参 加 することで, 生 徒 たちのキャリア 能 力 を 伸 ばす (1) 今 中 学 校 で 学

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20824F8254824F8252824F82588140838C837C815B8367824F82528B9E937381698DB2815896D890E690B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20824F8254824F8252824F82588140838C837C815B8367824F82528B9E937381698DB2815896D890E690B6816A2E646F63> ウッディレポート 3 1/5 ウッディチキンレポート 3 ウッディチキン/ 京 都 例 会 佐 々 木 の 将 人 先 生 講 演 レポート 日 程 : 2005 年 3 月 9 日 ( 水 ) 講 習 : PM7:00~PM9:00 ぱるるプラザ4F < 参 加 者 約 180 名 > 二 次 会 : PM9:00~PM11:00 京 都 タワーホテル 9F 飛 雲 < 参 加 者 約 100 名

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

三江線全駅下車の旅

三江線全駅下車の旅 三 江 線 全 駅 下 車 の 旅 島 根 県 を 走 る 超 ローカル 線 三 江 線 の 全 駅 下 車 をした 中 学 生 の 旅 行 記 山 田 宙 輝 全 駅 下 車 をする 際 に 使 用 した 三 江 線 のダイヤグラム 岡 山 駅 に 戻 って 山 陽 本 線 で 福 山 駅 福 塩 線 で 府 中 駅 を 経 由 して 三 次 駅 まで 行 き 今 回 のメインの 三 江 線 に

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

4. 策 定 の 手 順 基 本 構 想 においては 五 合 目 周 辺 にあり 富 士 信 仰 と 深 く 結 びついた 御 中 道 及 び 小 富 士 散 策 路 ( 以 下 御 中 道 等 とする)の 現 状 ( 利 用 状 況 自 然 文 化 資 源 危 険 箇 所 既 存 施 設 等 )を

4. 策 定 の 手 順 基 本 構 想 においては 五 合 目 周 辺 にあり 富 士 信 仰 と 深 く 結 びついた 御 中 道 及 び 小 富 士 散 策 路 ( 以 下 御 中 道 等 とする)の 現 状 ( 利 用 状 況 自 然 文 化 資 源 危 険 箇 所 既 存 施 設 等 )を 富 士 山 散 策 路 ( 御 中 道 ) 基 本 構 想 のポイント 1. 構 想 策 定 の 目 的 平 成 25 年 6 月 に 富 士 山 が 世 界 文 化 遺 産 に 登 録 されたことを 踏 まえ 世 界 遺 産 である 国 立 公 園 にふさわしい 質 の 高 い 利 用 を 提 供 する 必 要 があ 富 士 山 の 利 用 においては 五 合 目 付 近 を 利 用 する 登 山

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

年金だより14号.indd

年金だより14号.indd 第 14 号 平 成 25 12 月 発 行 も く じ P2 額 の 特 例 水 準 の 解 消 について P7-9 こんなときには 届 出 を P3 複 数 の をお 持 ちの 方 へ P10-11 相 談 窓 口 一 覧 P4-6 公 的 等 の 源 泉 徴 収 票 と 確 定 申 告 P12 ねんきんカレンダー 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 額 の 特 例 水 準

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

春季部報(2015).xlsx

春季部報(2015).xlsx 日 立 北 高 校 野 球 部 部 報 ~ 春 季 大 会 新 入 部 員 紹 介 ~ 我 々 日 立 北 高 校 野 球 部 は 夏 の 大 会 でベスト4 以 上 の 結 果 を 残 すことを 目 標 としていま す 秋 季 大 会 で 味 わった 屈 辱 を 春 季 大 会 にぶつけるべく 冬 の 厳 しい 練 習 や 千 葉 遠 征 を 乗 り 越 えてきました そして 迎 えた 春 季 大

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 目 次 会 議 概 要 2P 会 議 内 容 4P 会 議 録 署 名 人 署 名 9P 滝 沢 市 生 涯 学 習 文 化 課 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 1 1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日

More information

Microsoft Word - _0506修正_1-0413Final.doc

Microsoft Word - _0506修正_1-0413Final.doc 見 本 市 のリードが 重 要 情 報 を 公 開 (No.38, 0/04/3) 東 京 ビッグサイトでの 異 様 な 光 景 太 陽 電 池 展 燃 料 電 池 展 二 次 電 池 展 ニュース これが 8 万 人 が 来 場 した 時 の 光 景 来 場 者 の 多 さに 驚 いた もっと 大 きな 会 場 が 必 要 だ の 声 続 出 200 年 3 月 3 日 ( 水 ) 午 前 9 時

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹 平 成 24 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 第 65 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 女 子 第 26 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 実 施 要 項 2012 主 催 佐 賀 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 佐 賀 県 教 育 委 員 会 後 援 佐 賀 陸 上 競 技 協 会 西 日 本 新 聞 社 佐 賀

More information

スライド 1

スライド 1 2015 年 9 月 7 日 株 式 会 社 Diverse 日 本 最 大 級 の 結 婚 支 援 サービス youbride 会 員 100 万 人 突 破! 突 破 を 記 念 して 婚 活 アンケート 調 査 を 発 表 結 婚 したい 男 性 有 名 人 1 位 は 結 婚 未 経 験 者 竹 野 内 豊 離 婚 経 験 者 は 谷 原 章 介 婚 活 相 手 に 求 める 人 柄 は 思

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63> ぶれない 頭 と 眼 を 養 う 哲 学 的 訓 練 指 針 なき 現 代 の 一 歩 先 を 読 み 解 くための 実 践 講 座 佐 藤 優 ( 聞 き 手 小 峯 隆 生 ) 外 交 の 最 前 線 で 培 った 対 人 術 の 要 諦 をまとめた 書 籍 人 たらしの 流 儀 で 佐 藤 優 さんの 聞 き 手 を 務 めた 小 峯 隆 生 こと 私 は 筑 波 大 学 で コミネ 語 り

More information

Microsoft Word - 会報(第11号).doc

Microsoft Word - 会報(第11号).doc 第 11 号 (2013 年 9 月 18 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 25 年 度 秋 の 例 会 ( 蘭 島 閣 美 術 館 見 学 会 )の 開 催 案 内 について 2. 平 成 25 年 度 ( 第 4 回 ) 総 会 懇 親 会 2 次 会 の 開 催 状 況 について 3. 知 的 人 材 育 成 センターの 教 育 研 究

More information

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49>

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49> 平 成 25 年 度 主 要 施 策 の 成 果 に 関 する 調 書 警 察 本 部 目 次 3 安 心 安 全 な 社 会 の 形 成 と 県 土 づくり 1 (1) 日 本 一 安 心 安 全 な 鹿 児 島 づくり 1 (2) 災 害 に 強 い 県 土 づくり 7 6 誰 もがいきいきと 活 躍 できる 雇 用 環 境 づくり 8 (1) ふるさとでいきいきと 働 ける 環 境 づくり 8

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

平 成 2 6 年 1 月 1 5 日 定 例 記 者 会 見 資 料 学 校 教 育 課 かけがわ 道 徳 の 推 進 及 び 道 徳 副 読 本 なるほどなっとく 金 次 郎 さん の 一 般 販 売 について 1 かけがわ 道 徳 の 推 進 (1) 目 的 かけがわ 道 徳 を 推 進 する

平 成 2 6 年 1 月 1 5 日 定 例 記 者 会 見 資 料 学 校 教 育 課 かけがわ 道 徳 の 推 進 及 び 道 徳 副 読 本 なるほどなっとく 金 次 郎 さん の 一 般 販 売 について 1 かけがわ 道 徳 の 推 進 (1) 目 的 かけがわ 道 徳 を 推 進 する 第 63 期 王 将 戦 七 番 勝 負 第 1 局 掛 川 市 開 催 実 施 報 告 書 1 対 局 ( 1 ) 日 程 第 1 日 目 1 月 12 日 ( 日 ) 午 前 9 時 ~ 午 後 6 時 ( 封 じ 手 ) 第 2 日 目 1 月 13 日 ( 月 祝 ) 午 前 9 時 ~ 終 局 ( 午 後 6 時 48 分 ) ( 2 ) 会 場 掛 川 城 公 園 内 二 の 丸 茶 室

More information

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全 ( 仮 称 ) 次 世 代 育 成 支 援 推 進 条 例 ( 子 ども 条 例 ) 制 定 に 向 けた 地 区 別 懇 話 会 (タウンミーティング) 加 茂 地 区 意 見 等 一 覧 開 催 日 : 平 成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 会 場 : 加 茂 支 所 会 議 室 子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

四校

四校 目 次 目 次 Ⅰ 預 金 取 引 口 座 開 設 入 金 Q1 孫 名 義 での 預 金 口 座 開 設 2 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 高 齢 の 父 名 義 での 預 金 口 座 開 設 4 預 金 口 座 開 設 の 際 の 本 人 確 認 書 類 6 目 が 悪 い 方 への 対 応 8 渉 外 担 当 者 への 入 金 依 頼 10 認 知 症 ぎみの 顧 客 との 取 引 12 預

More information

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 動 違 与 果 未 来 提 示 海 信 満 希 教 科 明 願 美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 点 熱 熱 絶 歓 喜 似 絵 圧 倒

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

一 般 入 試 全 校 統 一 日 程 で 行 われます 一 部 に 前 後 期 2 回 に 分 けた 分 割 募 集 を 行 う 学 校 があります 全 校 統 一 後 期 分 割 ( 実 施 校 のみ) 願 書 受 付 2 月 5 6 日 3 月 5 日 願 書 取 り 下 げ 2 月 13 日

一 般 入 試 全 校 統 一 日 程 で 行 われます 一 部 に 前 後 期 2 回 に 分 けた 分 割 募 集 を 行 う 学 校 があります 全 校 統 一 後 期 分 割 ( 実 施 校 のみ) 願 書 受 付 2 月 5 6 日 3 月 5 日 願 書 取 り 下 げ 2 月 13 日 と 傾 向 名 学 館 光 が 丘 校 2016 年 3 月 作 成 はじめに 受 験 勉 強 の 意 味 をどうとらえておくか 合 格 することだけが 目 的 ではなく その 先 にある 次 の 学 びの 基 盤 を 整 えることが 受 験 勉 強 です 受 験 とは 自 分 が 希 望 する 環 境 ( 高 校 )で 学 習 を 続 けられる 許 可 を 得 るための 過 程 です 自 分 の

More information

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 案 記 福 復 興 立 直 訪 旅 案 : 奈 川 在 住 1 倭 へ 福 復 興 立 直 訪 2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 雄 題

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

untitled

untitled 町 座 勤 初 心 優 町 超 初 優 行 座 切 水 昌 昌 昌 玉 作 ド 木 グ 工 芸 打 麺 づ コ 芸 切 貼 わ 筆 文 字 形, 切 紙 貼, 癒 空 演 玉 作, コト 挿, ト 種 作, ば 粉 麺 打 服 飾 オナ 作 品, 作 磯 幸 兵 橘 千 治 兼 洋 井 吉 雄 犬 塚 妙 勤 各 座 座 座 町 座 座 むね 特 別 座 パ 作 同 伴 今 パ 作 長 寿 那 須

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

第3章 教員として 

第3章 教員として  第 3 章 教 員 として 1 服 務 (1) 出 勤 簿 ( 押 ) 出 勤 日 は あらかじめ 届 け 出 た 鑑 で 毎 朝 出 勤 時 に 出 勤 簿 に 押 します 鑑 を 忘 れたときは 忘 簿 に 記 入 し 後 日 押 します 届 け の 鑑 を 紛 失 したり 改 したりしたときは 直 ちに 副 校 長 に 届 け 出 ます 出 勤 簿 への 押 は その 日 の 自 分 の 勤

More information

1 記 載 日 平 成 年 月 日 目 次 1.わたしの 生 い 立 ち 思 い 出 の 記 録 P2 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) P4 3.お 墓 納 骨 埋 葬 法 について P5 4. 葬 儀 について P6 5. 医 療 介 護 について P8 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) P10 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) P11 8. 後 見 について P12

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

CKENレポート17 :16.9.26   臥龍学友会

CKENレポート17 :16.9.26   臥龍学友会 ウッディレポート 39 1/6 ウッディチキン/ 沖 縄 例 会 例 会 レポート 39 日 程 : 2008 年 11 月 12 日 ( 水 ) 会 場 : 那 覇 市 職 員 厚 生 会 厚 生 会 館 3F 900-0006 那 覇 市 おもろまち1 丁 目 1 番 2 号 参 加 者 数 : 講 習 会 =60 名 講 演 会 内 容 : PM6:40~9:18 伊 藤 豊 代 表 ウッディチキン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

- Contents - 講 師 より... 1 参 考 資 料 司 法 試 験 ガイダンスレジュメ... 3 旧 司 2009 年 本 試 験 民 法 第 1 問... 6 旧 司 2009 年 本 試 験 刑 法 第 1 問... 8 合 格 体 験 記 合 格 体 験 記 1... 10 合

- Contents - 講 師 より... 1 参 考 資 料 司 法 試 験 ガイダンスレジュメ... 3 旧 司 2009 年 本 試 験 民 法 第 1 問... 6 旧 司 2009 年 本 試 験 刑 法 第 1 問... 8 合 格 体 験 記 合 格 体 験 記 1... 10 合 111224TOKYO 辰 已 専 任 講 師 弁 護 士 荒 木 雅 晃 先 生 TOKYO YOKOHAMA OSAKA KYOTO NAGOYA FUKUOKA - Contents - 講 師 より... 1 参 考 資 料 司 法 試 験 ガイダンスレジュメ... 3 旧 司 2009 年 本 試 験 民 法 第 1 問... 6 旧 司 2009 年 本 試 験 刑 法 第 1 問...

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

ガールズ_リリアンド_パンツァー.indd

ガールズ_リリアンド_パンツァー.indd 3 等 入 幾 経 頃 断 即 答 速 否 決 逆 困 志 摩 困 祐 巳 緒 理 私 命 令 眼 詰 有 馬 小 父 極 秘 止 唯 経 験 者 仕 引 受 握 祐 巳 取 喜 処 必 要 返 答 途 多 難 頭 抱 練 習 決 瞬 沙 織 輝 首 傾 眠 有 嬢 校 武 最 近 4 不 議 優 花 里 尋 然 報 ぞ 顔 指 図 星 少 ド ド ぽ 白 状 存 づ ひ ポ ポ 周 斉 葉 耳 傾

More information

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時 千 寿 常 東 小 だより1 月 号 第 9 号 平 成 24 年 1 月 10 日 ( 火 ) 発 行 足 立 区 立 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 平 成 24 年 を 迎 えて 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 あけましておめでとうございます 昨 年 中 は 本 校 の 教 育 活 動 につきまして 大 変 ご 理 解 とご 協 力 をいただきまして ありがとうござ いました

More information

▲▽▲▽▲ 国民年金保険料 学生納付特例申請について ▲▽▲▽▲

▲▽▲▽▲ 国民年金保険料 学生納付特例申請について ▲▽▲▽▲ 20 歳 になったら 国 民 年 金 日 本 年 金 機 構 から 国 民 年 金 被 保 険 者 資 格 取 得 届 書 ( 以 下 資 格 取 得 届 という) が 届 きましたか? 今 回 は 町 田 市 から 手 続 きの 方 法 をご 案 内 します! 日 本 国 内 に 住 む 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 次 のいずれかの 年 金 に 加 入 しなければなりません 厚

More information

智 志 昭 和 54 県 魚 沼 市 身 県 内 建 築 系 専 卒 業 プロサ 活 動 現 在 KIMURAYA 社 員 勤 務 史 朗 昭 和 54 県 市 身 県 内 高 度 退 進 機 卒 業 KIMURAYA へ 入 社 現 在 KIMURAYA 北 町 勤 務 58 経 緯 回 小 高

智 志 昭 和 54 県 魚 沼 市 身 県 内 建 築 系 専 卒 業 プロサ 活 動 現 在 KIMURAYA 社 員 勤 務 史 朗 昭 和 54 県 市 身 県 内 高 度 退 進 機 卒 業 KIMURAYA へ 入 社 現 在 KIMURAYA 北 町 勤 務 58 経 緯 回 小 高 57 パ KIMURAYA 始 4 5 就 職 番 先 以 社 員 入 社 員 風 格 喋 悪 与 ハ ハ ハ 酷 印 象 挨 拶 休 憩 室 互 身 意 外 喋 夜 番 昼 機 ヵ 月 同 署 否 応 仲 間 迎 詳 緒 仕 事 ミ ッ タ 解 除 速 彼 女 別 別 盛 元 用 面 元 密 着 型 パ 路 裏 響 員 々 声 者 者 街 賑 溢 角 賑 パ 元 サ ~ 者 ~ KIMURAYA

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦 発 行 元 愛 知 地 方 協 力 本 部 募 集 課 454-0003 名 古 屋 市 中 川 区 松 重 町 3-41 TEL 052-331-6266 URL http://www.mod.go.jp/pco/aichi/ Twitter @AICHI_PCO 愛 地 本 something 砕 氷 艦 しらせ 入 港!! ~ 名 古 屋 港 ガーデンふ 頭 ~ 10 月 3 日 ( 金 )

More information

教 職 を 終 えて 保 護 者 地 域 の 皆 様 へ ( 前 拠 点 校 指 導 教 員 濱 田 せつ 子 ) 私 が 小 学 校 の 教 員 に 採 用 されたのは 昭 和 55 年 4 月 1 日 何 も 分 からず ただ 子 ども 達 と 過 ごす 毎 日 が 楽 しくてしかたがありません

教 職 を 終 えて 保 護 者 地 域 の 皆 様 へ ( 前 拠 点 校 指 導 教 員 濱 田 せつ 子 ) 私 が 小 学 校 の 教 員 に 採 用 されたのは 昭 和 55 年 4 月 1 日 何 も 分 からず ただ 子 ども 達 と 過 ごす 毎 日 が 楽 しくてしかたがありません 校 訓 友 愛 めあて 平 岡 東 小 だより 日 本 一 気 持 ちのよいあいさつができる 学 校 に 加 古 川 市 立 平 岡 東 小 学 校 675-0104 加 古 川 市 平 岡 町 土 山 109 TEL (078)943-5886 平 成 24 年 4 月 11 日 発 行 平 成 23 年 度 末 の 教 職 員 の 異 動 について 平 成 23 年 度 末 の 教 職 員 の

More information

広 げる( 普 及 ) 町 内 小 中 学 校 でのフットサル 講 習 会 フットサル 講 習 会 ( 基 山 町 内 佐 賀 県 東 部 地 区 基 山 - 鳥 栖 - 小 郡 - 久 留 米 地 区 佐 賀 県 ) 県 九 州 全 国 世 界 大 会 の 誘 致 町 民 運 動 会 への 紹 介

広 げる( 普 及 ) 町 内 小 中 学 校 でのフットサル 講 習 会 フットサル 講 習 会 ( 基 山 町 内 佐 賀 県 東 部 地 区 基 山 - 鳥 栖 - 小 郡 - 久 留 米 地 区 佐 賀 県 ) 県 九 州 全 国 世 界 大 会 の 誘 致 町 民 運 動 会 への 紹 介 基 山 町 まちづくり 計 画 -みんながつながり 参 加 するスポーツ 振 興 基 山 町 フットサル 協 会 課 題 (スポーツが 果 たす 役 割 ) スポーツが 果 たす 役 割 は 各 年 齢 層 によって 異 なっている 子 供 たちには 健 全 な 身 体 とともにルールを 守 り 縦 横 社 会 を 知 る 健 全 な 心 を 育 てる 役 割 を 担 い 若 壮 年 層 は 健 全

More information

平 成 28 年 度 理 事 正 副 班 長 一 覧 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 正 副 班 長 は シルバーからの 配 付 書 類 などを 各 会 員 のお 宅 までお 届 けしています 地 区 名 理 事 班 名 担 当 地 区 班 長 副 班 長 氏 名

平 成 28 年 度 理 事 正 副 班 長 一 覧 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 正 副 班 長 は シルバーからの 配 付 書 類 などを 各 会 員 のお 宅 までお 届 けしています 地 区 名 理 事 班 名 担 当 地 区 班 長 副 班 長 氏 名 28 20 会 201 1 発 行 編 集 URL 報 公 益 社 団 法 人 武 蔵 野 市 シルバー 人 材 センター 広 報 編 集 委 員 会 武 蔵 野 市 中 町 3-5-16 電 話 0422-55-1231 http://www.musashino-sc.or.jp/ 平 成 28 年 度 定 時 総 会 1 平 成 28 年 度 理 事 班 長 副 班 長 一 覧 2 職 員 担

More information

indd

indd 北 軽 井 沢 大 学 村 の 環 境 を 守 る 会 も く じ 草 軽 電 鉄 駅 舎 復 元 図 1 2004 総 会 報 告 2 西 吾 妻 合 併 について 3 太 田 理 事 長 御 逝 去 3 駅 舎 周 辺 利 用 計 画 4 トピックス 6 懇 談 会 のご 案 内 7 会 計 報 告 8 草 軽 電 鉄 北 軽 井 沢 駅 舎 復 元 図 北 側 立 面 図 きたかるレポート No.31

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代 ⑶ 結 婚 や 出 産 に 対 する 意 識 1 結 婚 離 婚 出 産 に 対 する 意 識 ( 問 14 ) 全 体 結 婚 は 個 人 の 自 由 であるから 結 婚 してもしなくてもどちらでもよい については そう 思 う (47.5%)が そう 思 わない (26.3%)を 上 回 る 女 性 は 結 婚 したら 自 分 のことよりも 夫 や 子 どもを 中 心 に 生 活 したほうがよい

More information

1007192貂ッ蛹幽1H4_XP.indd

1007192貂ッ蛹幽1H4_XP.indd 22 2 4 6 7 8 9 10 12 14 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 表 紙 の 写 真 : 新 横 浜 駅 周 辺 2 2011 港 北 グラフィック 区 のあゆみ 3 2011 港 北 グラフィック 22 港 北 区 の 出 来 事 ( 平 成 22 年 度 ) 港 北 警 察 署 が 新 庁 舎 での 業 務 を 開 始 4 月 地 域 のチカラ 応

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

男 子 単 B(3,4 年 ) 1 2000 栃 木 県 原 田 和 憲 宮 本 樹 希 和 田 周 円 城 寺 尚 人 8.25-26 宇 都 宮 市 ( 福 岡 ) ( 熊 本 ) ( 埼 玉 ) ( 佐 賀 ) 2 2001 埼 玉 県 高 地 修 史 井 上 拓 哉 尾 野 拓 郎 星 野

男 子 単 B(3,4 年 ) 1 2000 栃 木 県 原 田 和 憲 宮 本 樹 希 和 田 周 円 城 寺 尚 人 8.25-26 宇 都 宮 市 ( 福 岡 ) ( 熊 本 ) ( 埼 玉 ) ( 佐 賀 ) 2 2001 埼 玉 県 高 地 修 史 井 上 拓 哉 尾 野 拓 郎 星 野 男 子 単 A(5,6 年 ) 1 2000 栃 木 県 玉 井 皓 也 佐 々 木 啓 斉 藤 章 太 川 下 剛 士 8.25-26 宇 都 宮 市 ( 福 岡 ) ( 宮 城 ) ( 北 海 道 ) ( 広 島 ) 2 2001 埼 玉 県 三 橋 将 希 武 下 利 一 三 吉 耕 二 田 児 賢 一 8.25-26 久 喜 市 他 ( 神 奈 川 ) ( 佐 賀 ) ( 香 川 ) ( 埼

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され 平 成 26 年 度 第 1 回 荒 尾 市 行 政 改 革 推 進 審 議 会 議 事 録 要 旨 日 時 : 平 成 26 年 11 月 7 日 ( 金 曜 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 4 時 場 所 : 荒 尾 市 役 所 市 長 公 室 議 題 :1. 荒 尾 市 の 行 政 改 革 の 経 緯 と 第 四 次 荒 尾 市 行 政 改 革 大 綱 の 総 括 について 2. 行 政 改

More information

Microsoft Word - 9

Microsoft Word - 9 韓 国 の 著 名 漫 画 家 ホ ヨンマン 画 伯 神 奈 川 の 旅 ~ 未 病 を 治 す 癒 しの 旅 ~ ソウル 事 務 所 クレアソウル 事 務 所 では 韓 国 の 著 名 漫 画 家 ホ ヨンマン 画 伯 を 日 本 の 観 光 地 に 招 致 し 各 地 域 の 魅 力 を 韓 国 に 向 けて 発 信 する 事 業 を 行 っています 今 回 は 2015 年 3 月 2 日 (

More information