<4D F736F F D E AA89C889EF C838B A E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20825081448250825591E6825095AA89C889EF814181418370836C838B836683428358834A83628356838783932E646F63>"

Transcription

1 市 民 国 連 3 周 年 記 念 シンポジューム 分 科 会 報 告 書 第 一 分 科 会 国 連 とアフリカ 座 長 : 柴 田 孝 男 発 題 者 : 小 林 重 一 エマニュエル ベベニョン コメンティター : 池 亀 美 枝 子 ( 以 上 敬 称 略 ) 早 稲 田 大 学 14 号 館 404 号 室

2 発 言 者 ( 敬 称 略 ) ( 柴 田 ) 午 前 からの 続 きとして 進 めていく < 私 の 紹 介 > 私 はナイジェリアとジンバ ブエに 住 んでいた ナイジェリアの 首 都 ラゴスに2 年 間 いた このときの 上 司 が ここに おられる 黒 河 内 大 使 です ジンバブエは アフリカの 中 でも 一 番 新 しく 独 立 した 国 年 から28 年 間 経 つ リベリアの 大 統 領 エレン ジョンソン サーリがまだ 国 連 にい た 頃 の 上 司 が ここにいらっしゃる 池 亀 さんです リベリアはつい 最 近 まで 内 戦 が 行 われ ていた 米 国 にいた 奴 隷 ( 解 放 奴 隷 )が 帰 る 国 としてつくられたが 現 地 の 人 に 比 べてそ の 占 める 割 合 は 数 % 現 地 の 人 とで 内 戦 が 勃 発 した エレンさんは 選 挙 で 選 ばれた 女 性 の 大 統 領 アフリカの 中 でも 上 向 きの 国 々が 多 くある 本 日 この 場 では 皆 さん 自 身 が 議 論 して 頂 き 座 長 は 取 り 次 ぎ 役 として 振 る 舞 いたい ( 黒 河 内 ) 私 がここにいるのは お 話 を 聞 かせて 頂 き 質 疑 応 答 の 中 から 見 失 っていたものをつかむため < 一 言 アフリカについて> アフリカは 遠 い 遠 いと 言 っているが 1W 10 日 と 行 って 頂 いて 認 識 がなかった ものを 深 く 認 識 して 頂 き 感 覚 を 現 地 で 養 って さらにNGOの 役 割 を 自 分 で 見 つけ 出 し てほしい NGOの 役 割 を 果 たすのに NGOの 中 に 入 って 現 地 で 働 くのと 外 国 のNG Oを 利 用 する( 国 内 で 海 外 の 有 志 NGOの 要 員 をバックアップする )という 手 段 がある お 友 達 とかに 参 加 してもらうといい NGOの 人 がやれることについて どうやったらスムースにいくか また 行 ってやって いる 人 達 の 成 果 がフィードバックされていない アフリカに 二 ノ 宮 尊 徳 や 上 杉 鷹 山 のよう な 人 が 生 まれたなら 日 本 は 簡 単 に 追 い 抜 かれる (エマニュエル) ベナン 共 和 国 からきた ナイジェリアの 隣 の 短 冊 形 の 国 仏 の 植 民 地 だった 国 内 の 融 和 と 再 建 についてお 話 したい 本 論 ( 小 林 ) 午 前 中 に 池 亀 さんからのお 話 にあったように アフリカが 最 近 変 わってきてい る AA 諸 国 といえば 後 進 性 のつよい 地 域 の 代 名 詞 であったが アジアは 著 しい 発 展 を 遂 げていて AA 諸 国 という 言 葉 は 使 われなくなった アフリカは 貧 困 な 暗 黒 大 陸 とは 言 えず 可 能 性 のある 国 ( 地 下 資 源 が 豊 富 才 能 豊 か 身 体 能 力 の 他 に 頭 脳 的 能 力 も すばらしいものを 持 っている )と 言 えるようになった このような 背 景 を 持 ったアフリカ について 内 乱 の 危 機 を 経 験 したケニアの 話 を 致 します ケニアは 昔 日 本 に 少 年 ケニ アの 漫 画 があったように 日 本 にとって 馴 染 みの 深 い 国 ケニアは 2007 年 12 月 2 7 日 に 大 統 領 選 挙 国 会 議 員 の 選 挙 があった しかし この 後 争 乱 が 起 き 内 乱 一 歩 手

3 前 まで 行 った 大 統 領 選 では 与 党 のキクユ 族 のモアイ キバキ 氏 と 野 党 のライラ オデ ィンガ 氏 が 争 った 最 初 は ライラ オディンガ 氏 がリードしていたが 秘 密 開 票 作 業 を 経 て12 月 30 日 にモアイ ムバキ 氏 が 当 選 した 野 党 は 不 正 があるものとして オデ ィンガを 正 当 な 大 統 領 と 主 張 ビクトリア 湖 畔 のキスムという 都 市 から 首 都 ナイロビへ 反 対 運 動 が 広 がる しかし キバキは 譲 らなかった そして 部 族 対 立 の 感 情 に 火 がつき 教 会 などの 焼 き 討 ちが 行 われ 暴 動 にまで 発 展 した ケニアは 1863 年 11 月 12 日 英 国 より 独 立 初 代 大 統 領 は キクユ 族 のジョム ケニアッタ 氏 であった キクユ 族 は 土 地 やビジネスなどで いい 所 を 独 占 した 他 部 族 に 不 平 不 満 が 高 まっていた キクユ 族 (ゲ ックユ(G)とモンビの 子 孫 )はエンブ 族 (E)とメルー 族 (M)を 加 えて 政 治 結 社 ゲマを 結 成 した 2 代 目 もキクユ 族 (ゲマ)の 出 身 ケニアは 米 国 の 友 好 国 で アフリカで 唯 一 の 自 由 の 砦 をなしていた しかし キクユ 族 の 独 裁 ということになれば 米 国 議 会 が 許 さず 副 大 統 領 のダニエル アラップ モリ 氏 (キクユ 族 の 対 抗 部 族 であるカレンジン 族 )をトップ にという 声 に 押 されて 3 代 目 はダニエル アラップ モリがなり 2002 年 まで 大 統 領 をつとめた しかし これも20 年 以 上 の 長 期 政 権 となり 私 腹 を 肥 やし キクユ 族 と の 部 族 対 立 も 著 しくなり 昨 年 まで キクユ 族 のキバキが 大 統 領 になった 今 回 の 争 乱 では 野 党 は ならず 者 集 団 ( 日 本 の 暴 力 団 に 相 当 )をまきこんで 反 撃 アナン 氏 が 中 心 となって 調 停 に 乗 り 出 したが アナン 氏 が3 日 くるのが 遅 れていたら 内 乱 の 泥 沼 になっていたといわれた 数 百 名 の 死 人 が 出 て 400 万 人 が 隣 国 へ 避 難 オディンガ 氏 は 人 物 のできた 人 ルウォー 族 の 人 父 も 政 界 の 人 親 子 2 代 の 悲 願 で あった 大 統 領 職 今 年 1 月 20 日 のナイロビでの 礼 拝 ののち オディンガは 正 義 がなけ れば 平 和 はなく 平 和 がなければ 統 一 がないといった オディンガ 氏 は 内 乱 を 恐 れ アナン 氏 がナイロビに 入 る20 日 前 に 調 停 に 参 加 することを 受 け 入 れていた 1/21にアナン 氏 がナイロビに 入 り 対 立 している 双 方 から4 名 ずつの 調 停 団 が 組 まれ 1/23から 調 停 に 入 った 途 中 何 度 も 暗 礁 に 乗 り 上 げたが 2/15の 記 者 会 見 でついに 水 際 まできたことが 明 らかにされた 両 陣 営 は 単 なるポストの 奪 い 合 いではなく ケニアの 将 来 のための 広 汎 的 な 改 革 を 望 んでいることを 表 明 2/23に 連 立 政 権 で 合 意 キバキ 氏 はそのまま 大 統 領 につき オディンガ 氏 のために 新 たに 首 相 ポ ジションを 用 意 閣 僚 は 半 分 ずつ 出 し 合 うことになった 3/18よりオディンガ 氏 は 首 相 私 が8~9 月 にケニアを 訪 問 した 際 オディンガ 氏 が 当 時 を 回 顧 しながらのスピーチ をきいた それまでのケニアの 見 せかけの 統 一 がはがれたとき 谷 底 が 見 えた このまま 何 もしなければケニアは 崩 壊 する 活 動 を 再 開 互 いに 認 め 合 い 尊 重 1つになるべき だと 考 え 譲 歩 した ウガンダや 南 アフリカのトップ 英 国 のブラウン 首 相 が 心 配 してT ELをかけてきたことに 心 から 感 謝 している 当 時 あまりの 緊 張 でタバコも 吸 うひと がいなかった カジノがあるのもわからなかった それほど 緊 張 した 会 談 が 行 われていた アナン 氏 が 連 れてきた 高 名 な 神 父 ベンジャミン ムガバー 氏 ( 神 父 になる 前 は 大 統 領 だっ た 選 挙 に 負 けたら さっさと 引 退 )も 参 加 して アナン キバキ オディンガ

4 ムガバーの4 者 で 暴 動 中 にも 会 談 が 行 われた この 会 談 で オディンガ 氏 が 調 停 案 を 受 け 入 れるとキバキ 氏 も 受 け 入 れた 調 停 の 成 功 の 鍵 は アナン 氏 の 忍 耐 強 い 説 得 と 国 民 の 生 命 生 活 を 優 先 したキバキ 氏 とオディンガ 氏 のおかげと 言 える 良 い 前 例 となって 他 国 へ 波 及 していくことを 止 みません 以 上 のお 話 に 関 して 以 下 の 質 疑 応 答 あり ( 質 問 1) ケニアで 成 功 した 要 因 と 他 国 でも 同 様 にできるかどうか? ( 回 答 1) 他 国 のリーダーも 自 分 の 権 力 欲 よりも 国 民 の 生 活 と 安 全 を 重 要 視 する ケニアは 地 下 資 源 がない 観 光 立 国 海 外 の 国 々を 受 け 入 れ 国 際 的 海 外 の 人 達 が 引 き 上 げるとケニアが 成 り 立 たない 地 下 資 源 があると 外 国 の 貪 欲 な 人 達 がきて 私 腹 を 肥 やすために 売 り 払 う 資 源 の 奪 い 合 いで 内 乱 に 陥 りい りやすい ( 質 問 2) 民 衆 レベルでの 感 情 的 対 立 をどう 解 消 したか まだ 感 情 的 対 立 が 残 っている とすればどのくらい 残 っているか 殺 された 人 々のわだかまりは? 感 情 的 対 立 解 消 に 対 する 政 府 の 態 度 に 関 する 小 林 さんの 評 価 は? ( 回 答 2) 殺 された 人 々に 関 しては NGOや 教 会 など さまざまなレベルで 連 携 しな がら 追 悼 集 会 や 和 解 のための 会 合 などが 持 たれている ケニア We want Forum!( 私 達 が 望 む 建 設 的 な 話 し 合 い)も 立 ち 上 がっている 官 民 共 同 2 度 と 起 こさないようにするための 運 動 ( 質 問 3)ケニアは 次 期 米 国 大 統 領 オバマ 氏 のふるさとでもあるが 米 国 によるアフリ カの 改 善 米 国 と 国 連 との 関 係 に 関 して 希 望 的 観 測 はどのくらいあるか? ( 回 答 3) オバマ 氏 の 父 は オディンガ 氏 と 同 じルウォー 族 ( 名 前 が O-,A-で 始 まる ) オディンガ 氏 は 現 大 統 領 が 不 正 をしたので 国 際 機 関 による 調 停 を 望 んだ 現 実 は 賢 い 人 々がたくさんいたがより 混 乱 した ブッシュ 氏 はキバキを 応 援 しあてにならない オバマ 氏 が 次 期 米 国 大 統 領 に 当 選 して ケニアは 国 を あげて 喜 んだ アフリカ 全 体 が 希 望 を 持 った アフリカの 性 質 が 変 わってきた 独 立 戦 争 当 時 は 心 を1つにしてきた い ざ 独 立 するとどの 部 族 が 主 権 を 取 るかで 内 戦 となる 米 国 とソ 連 が 支 援 する 部 族 同 士 の 対 立 兵 士 が 中 国 北 朝 鮮 で 訓 練 を 受 けていた ( 冷 戦 時 ) 米 国 とソ 連 の 中 にはめ 込 まれていた 部 族 闘 争 今 は 本 当 の 意 味 での 部 族 闘 争 になっている ここで 池 亀 さんからコメントあり ( 池 亀 )(Ⅰ) 今 の 国 境 線 は 部 族 とは 関 係 ない 1 部 族 が2つの 国 にいる 1つの 地 域 が 多 国 間 闘 争 になる

5 TICADでのプロセスで 次 の2つを 日 本 が 提 示 1アフリカユニオンのリーダーシップ オーナーシップ+2それを 尊 重 し 支 えるパートナーシップ 欧 米 による 従 来 の 利 潤 搾 取 を 考 えたアフリカ への 介 入 と 違 って 日 本 はしがらみのない 中 立 な 立 場 で 入 っていける ア フリカにとってプラスである 日 本 が 貢 献 できるところはたくさんある ケニア We want Forum も 日 本 が 助 ける 現 在 問 題 になっているジンバ ブエで 南 アのムベキ 大 統 領 は ジンバブエのムガベ 大 統 領 よりも20 才 若 い また 世 話 にもなっている 南 アのいうことをきかない (2) 新 しい 人 によるリーダーシップ 前 述 のリベリアでの 話 し エレン ジョンソン サーリさん 1971 年 ハーバード 大 卒 米 国 解 放 奴 隷 父 は 財 務 大 臣 を 務 めていた クーデター があって 現 地 の 人 がトップにつくと ヘレンさんは 追 放 された その 後 現 地 の 人 であるが 米 国 で 学 んだことのあるチャールズ テイラーがクーデ ターを 起 こす ヘレンさんは 帰 国 したが 刑 務 所 に 入 れられレイプまでされ そうになったが ケニアに 脱 出 さらに 米 国 へ 行 ってUNへ TICAD1で 池 亀 さんと 知 り 合 いになった 1997 年 大 統 領 選 に 出 馬 したが10%の 得 票 率 で 敗 退 しかし 2005 年 大 統 領 選 で 勝 利 した 2006 年 からリベリアは 変 わった 上 記 の 他 に 米 国 次 期 大 統 領 オバマ 氏 に 対 するコメントがあった ( 決 定 的 な 勝 利 のし 方 透 明 な 選 挙 の 力 強 さ アフリカにもアメリカにも 希 望 が 見 える ) (エマニュエル) エマニュエルさんは 在 外 ベナン 人 協 会 の 会 長 をしていらっしゃる 横 浜 在 住 のベナン 人 の 方 この 国 の 辿 って 来 た 平 和 和 解 の 道 のりについてお 話 された ベナン 共 和 国 は 西 アフリカの 国 ナイジェリアとトーゴの 隣 昔 はダホ メと 呼 ばれてきた 1975 年 からベナン 共 和 国 1975 年 ~1990 年 まで 共 産 主 義 国 家 であった 15 年 の 経 験 は 苦 痛 であった 1990 年 に 国 内 でのナショナルカンファレンスにより 民 主 主 義 の 国 家 になった 共 産 主 義 は 宗 教 もダメ 何 でもダメ 共 産 主 義 はダメで した これからはベナン 共 和 国 が 和 解 の 中 心 的 モデルとなります この 経 験 が 他 国 の 和 解 プロセスにも 生 かされている 1995 年 の 南 アにおける 真 実 と 和 解 の 委 員 会 リベリアの 例 ケニアもそうです ヨーロッパのリバプール アメリカのリッチモンド バージニアと 共 に アフリカのベナンは 奴 隷 貿 易 の 中 心 地 であった

6 ベナンでは 共 産 主 義 から 民 主 主 義 に 変 わるのに 戦 争 がなかった 穏 便 に 政 権 移 譲 が なされた 平 和 裏 に 行 われた 冷 戦 終 結 とともに 教 育 にも 重 点 がおかれた ベナン 人 は 世 界 に 広 がっており 政 府 公 認 としてベナン 人 高 等 理 事 会 があ る 別 に 配 布 した 資 料 にあるとおり 3つのミッションを 持 って 臨 んでい ます 本 理 事 会 を 通 した 経 済 援 助 は ODAの 送 金 額 に 等 しい ここでコメントあり アフリカレポート によれば GD Pは 4.1%の 増 加 初 等 小 学 校 の 就 学 率 は80%に 達 している ( 池 亀 氏 ) ナイジェリアのラゴスから 車 で 簡 単 にいける 元 仏 領 だったのでパンがお いしく 車 で 買 いに 行 くことある ケニアも 崖 っぷちにいながら 危 機 を 乗 り 越 えた 国 を 大 事 にしようという 気 持 ちがある アフリカ 大 陸 は 大 陸 地 域 で 違 う 一 括 りではいえない 国 境 は 自 分 達 が 引 いていた 線 ではない このような 歴 史 に 対 する 責 任 がある ( 柴 田 氏 ) ここで 質 疑 あり ( 質 問 4)1978 年 頃 まで ジンバブエは 非 常 にいい 国 だった 今 大 変 な 状 況 だが またよくならないのか? ( 回 答 4) 柴 田 氏 は 1997 年 から1999 年 までジンバブエに 住 んでいた 1965 年 英 国 が 手 放 すことにより 独 立 ローデシアと 呼 ばれていた 10 年 間 暫 定 政 権 時 代 があった 1990 年 に 終 わった 大 規 模 農 場 で 成 功 タバコや 食 料 プラチナな どの 輸 出 で 潤 った 気 候 が 良 く 水 もしっかり 引 かれていた 高 度 が 高 く 涼 しく 住 み 易 い 治 安 もしっかりしていた 10 万 強 の 白 人 がいた 最 初 ムガベが 白 人 に 手 を 貸 した その 後 白 人 を 叩 くようになり 叩 く 簡 単 な 手 段 としてのために 社 会 主 義 的 イデオロジカル 化 していった 白 人 の 大 規 模 農 場 主 を 黒 人 に 解 放 したが これが 失 敗 農 業 生 産 を 落 と してはいけないのに 強 制 的 に 取 り 上 げを 行 った ムガベ 氏 は 反 アパル トヘイトの 最 先 端 を 行 き 個 人 的 にはアフリカではプレステージを 持 っ ている 押 さえるのがむずかしい 南 部 共 同 体 でやろうとしてもむずか しい ムガベ 氏 を 取 り 除 くこと 以 外 に 良 くする 方 法 はない 国 連 安 保 理 では 米 ロが 互 いに 拒 否 しあっており 収 拾 のメドがたたな い 状 況 ( 質 問 5)ここで マダカスカルからこられたトヨタさんから 質 問 あり (TICA D3で 大 統 領 の 通 訳 もされた 方 )

7 マダカスカルはアフリカユニオンの 中 でどういう 立 場 にあるのでしょうか 大 陸 から 独 立 した 位 置 にあり 何 かあったとき 助 けてもらえるのか アナ ンさんのとき 助 けてもらえた マダカスカルはブッシュ 氏 は 応 援 している オバマ 氏 になったら どうなるのか ( 回 答 5)ブッシュさんになってから 対 アフリカ 援 助 は 増 えている オバマさ んになってからも 続 くと 思 われる (? 氏 ) 首 都 アンタナナリボは 山 上 にある 水 田 が 広 がっている 懐 かしく 思 え る 大 陸 とは 植 物 動 物 が 違 う アジア 系 の 人 の 流 れ 着 いていると 思 われ る モーリシャス セーシェルもあり アフリカ 的 でないのが 特 徴 マダ ガスカルはポテンシャルはある 前 大 統 領 はプラベタリゼーションを 重 視 他 のアフリカ 諸 国 はジェラシーを 感 じている すばらしい 人 材 36%の 人 が( 頭 脳 ) 流 出 移 民 している ( 池 亀 氏 ) 島 であり 山 があり 近 いという 感 じ (エマニュエル 氏 ) ケンポベルデ 混 血 アフリカの 人 と 違 う 雨 も 多 い サハラ 砂 漠 化 すすんでいる ポルトガル 語 日 本 人 いない 柔 道 空 手 を 教 えている 人 が 中 心 地 から 離 れたとこにいるぐらい 産 業 がない 他 国 へ 働 きに 行 っている 女 性 が 残 っている ( 質 問 6) 溝 口 さんからの 質 問 あり アフリカは 日 本 の 企 業 進 出 が 遅 れている 日 本 は 侵 略 はしていないし ア フリカからスポーツ 選 手 が 日 本 によくきている アフリカに 対 する 新 鮮 さ 無 限 の 力 を 感 じる アフリカに 対 する 意 識 を 高 めるために 外 務 省 がアフ リカに 関 するアピールに 何 故 力 を 入 れないのか 我 々としては とっか かりとして 何 をすればよいと 考 えられますか ( 回 答 6) 池 亀 さんからの 回 答 黒 河 内 大 使 もかかわったTICADは 最 初 1 回 で 終 わりにしようという つもりでいた しかし アフリカの 人 達 は 新 鮮 な 西 洋 でない 経 済 大 国 に 期 待 をした コートジボワールでは トヨタが 支 店 を 出 そうとしたが 仏 の 介 入 でできない 時 期 があった 今 はトヨタは 進 出 している TICAT 4では 12カ 国 70 人 のリーダーを 連 れてアフリカへ 訪 れた 6カ 国 のうち5カ 国 が 仏 語 圏 民 間 セクターが 推 進 しやすい 土 壌 をつくって いる 政 府 は 努 力 している 不 況 だけど 5 年 間 はODA 倍 増 は 約 束 特 に アフリカは 期 待 できる 外 務 省 の 援 助 を 通 しながらやっていく 外 務 省 により TICAT4でメカニズム システムはできた ( 横 浜 宣 言 ) 何 をしたのかの 報 告 書 を 閣 僚 会 議 で 見 ることになった

8 座 長 総 括 政 府 のやることと 市 民 社 会 のやること 違 いがある 一 人 ひとりでみると 関 係 ないんじゃないかと 思 えても 苦 しんでいるのは 市 民 一 人 ひとり そこで (1) 全 体 観 をもっていただく (2) 日 本 政 府 が 何 をしているか 一 人 ひとりが 見 て 頂 きたい 皆 さんの 責 任 である 農 学 博 士 の 御 田 さんから 現 地 でのサトウキビの 生 産 に 関 して 問 題 点 等 ご 意 見 がありました 役 所 の 説 得 が 大 変 次 に 業 界 の 説 得 も 大 変 現 地 への 視 察 団 の 派 遣 国 対 国 での 正 式 文 書 の 必 要 性 生 産 量 の 見 込 み ( 有 機 肥 料 や 土 地 の 広 さは 十 分 にあり ) 市 民 グループでやっていくには 技 術 者 を 揃 えたり 法 律 を 知 っている 人 も 必 要 等 以 上

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

賛助会セミナー

賛助会セミナー 金 正 日 総 書 記 死 去 これからの 北 朝 鮮 とその 対 外 関 係 をどう 見 るか ERINA 調 査 研 究 部 長 主 任 研 究 員 三 村 光 弘 金 正 日 総 書 記 死 去 のインパクト ある 意 味 既 定 事 項 織 り 込 み 済 み 2008 年 8 月 にすでに 健 康 異 常 が 報 道 2010 年 5 月 8 月 2011 年 5 月 に 中 国 訪 問

More information

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き -1- スマイル 会 平 成 28 年 2 月 25 日 例 会 報 告 青 木 満 男 H27/8 月 に 日 本 の 一 番 ながい 日 のリメーク 版 映 画 を 見 今 まで 漠 然 と 頭 の 中 にあった 当 時 の 状 況 を 時 系 列 で 整 理 してみました 昭 和 天 皇 とポツダム 宣 言 受 諾 終 戦 への 動 き S20/ 2 月 天 皇 が 重 臣 層 ( 元 首 相

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

埼玉県からのお知らせ

埼玉県からのお知らせ しゅくとくだ い が く 淑 徳 大 学 1 講 座 名 定 員 など (1) 授 業 科 目 科 目 名 担 当 教 員 開 講 曜 日 開 講 時 限 定 員 レクリエーション 文 化 論 西 田 俊 夫 水 4 日 本 中 世 近 世 文 学 史 小 西 淑 子 木 1 日 本 文 学 B 小 西 淑 子 木 4 人 間 行 動 論 / 人 間 の 心 理 と 行 動 駒 﨑 久 明 木 5

More information

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 国 際 公 共 政 策 専 攻 竹 中 佳 彦 テーマ 1 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 の 位 置 前 回 (7 月 27 日 )の 発 表 の 残 り 2 日 本 人 の 政 党 支 持 前 回 の 報 告 に 対 する 質 疑 政 党 支 持 とは 何 か? だれが 支 持 しているのか?

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 寄 附 金 課 税 の 税 務 はじめに 税 務 調 査 でよくトラブルになる 項 目 の 一 つに 寄 附 金 があります 寄 附 金 と 言 えば 一 般 的 に は 災 害 に 対 する 支 援 などを 意 味 しますので 社 会 にとって 良 いこととされます しかし 会 社 が 支 出 する 寄 附 金 を 無 制 限 に 経 費 として 認

More information

Taro-class2F(A).jtd

Taro-class2F(A).jtd 第 8 章 その 他 の 論 点 1. 銀 行 勘 定 調 整 表 企 業 では 決 算 期 末 に 自 己 の 預 金 残 高 を 銀 行 に 問 い 合 わせて 残 高 証 明 書 を 発 行 してもらいま す そして この 残 高 証 明 書 と 帳 簿 上 の 預 金 残 高 とに 差 異 があれば 銀 行 勘 定 調 整 表 を 作 成 し 必 要 に 応 じて 決 算 整 理 仕 訳 を

More information

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx 最 近 の 中 東 情 勢 について 外 務 省 中 東 アフリカ 局 長 上 村 司 中 東 北 アフリカ 情 勢 平 成 26 年 8 月 中 東 アフリカ 局 中 東 地 域 の 特 質 と 重 要 性 (1) 異 なる 帰 属 意 識 ( 宗 教 宗 派 民 族 )の 混 在 と 人 為 的 国 境 線 により 国 家 統 治 が 脆 弱 (2)5つの 主 要 勢 力 (サウジ(GCC),エジプト,イラン,イスラエル,トルコ)が

More information

160034オープンテスト社会 中-会(東医H)_本文.indd

160034オープンテスト社会 中-会(東医H)_本文.indd 2013 年 度 社 会 (45 分 ) 答 えはすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 に 書 きなさい 中 会 場 東 医 H 1 昨 年 (2012 年 )は アメリカ 合 衆 国 のキャンプデービッドで 主 要 国 首 脳 会 議 が 開 催 されました 次 の 表 を 見 て 以 下 の 問 いに 答 えなさい 主 要 国 首 脳 会 議 の 開 催 地 と 日 本 の 歴 代 参 加 者 回

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

アフリカの持続可能な成長に貢献するために

アフリカの持続可能な成長に貢献するために アフリカの 持 続 可 能 な 成 長 に 貢 献 するために ~TICAD Ⅵに 向 けた 経 済 界 のアフリカ 戦 略 ~ 2016 年 1 月 19 日 1.はじめに いまや 最 後 のフロンティアともいえるアフリカ 市 場 は 大 きな 成 長 を 遂 げつ つある 人 口 は 2010 年 には 10 億 人 を 突 破 し 2050 年 には 20 億 人 を 超 え 中 国 インドを

More information

Microsoft Word - 20120524_ 体裁微修正 中国セミナー第7回講演録ウェブ掲載用(0420).doc

Microsoft Word - 20120524_ 体裁微修正 中国セミナー第7回講演録ウェブ掲載用(0420).doc フォーラム 中 国 ビジネスを 理 解 する シリーズ 第 7 回 (4 月 20 日 ) 講 演 録 第 7 回 中 国 経 済 の 実 情 日 時 :2012 年 4 月 20 日 ( 金 ) 場 所 : 早 稲 田 大 学 日 本 橋 キャンパス ホール 報 告 急 成 長 を 遂 げてきた 中 国 経 済 が 失 速 しつつある 中 国 政 府 は 悪 化 する 財 政 を 立 て 直 すため

More information

1 安 全 報 告 書 2010 年 熊 本 電 気 鉄 道 株 式 会 社 1. 利 用 者 はじめ 地 元 の 皆 様 へ 弊 社 の 鉄 道 事 業 に 対 して 日 頃 よりご 利 用 並 びにご 理 解 を 頂 きまして 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます 弊 社 は 鉄 道 を 基 軸 とする 交 通 事 業 の 展 開 が 基 本 方 針 でありますが 平 成 20 年 度 から 7 年

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

5030の 特 徴 である 実 際 米 軍 の 撹 乱 工 作 である 作 戦 計 画 5030により 金 正 日 に 対 する 攻 撃 作 戦 はすでに 開 始 されている ブッシュ 大 統 領 は 戦 争 ではなく 謀 略 によって 危 険 な 男 を 除 去 しようとしているようである また

5030の 特 徴 である 実 際 米 軍 の 撹 乱 工 作 である 作 戦 計 画 5030により 金 正 日 に 対 する 攻 撃 作 戦 はすでに 開 始 されている ブッシュ 大 統 領 は 戦 争 ではなく 謀 略 によって 危 険 な 男 を 除 去 しようとしているようである また 情 勢 分 析 Ⅱ-4 韓 国 を 守 るのではなく 北 朝 鮮 を 潰 す 在 韓 米 軍 の 作 戦 計 画 5030 惠 谷 治 1990 年 代 初 めの 第 1 次 核 危 機 の 際 寧 辺 の 核 施 設 などを 精 密 誘 導 弾 でピンポイ ント 爆 撃 する 作 戦 計 画 5026 が 立 案 された しかし 限 定 空 爆 とはいえ 北 朝 鮮 の 対 応 によっては 全 面

More information

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争 第 31 回 高 畠 ゼミOB OG 会 読 書 会 松 本 健 一 著 日 本 のナショナリズム 2011.3.19 報 告 : 櫛 野 幸 孝 島 嶼 国 家 の 日 本 は 海 洋 によって 囲 まれ 守 られてきた そのため 島 国 の 内 部 を 平 和 で 豊 かで 安 定 した 状 態 に 保 つことが 巧 みである 外 の 世 界 が 秩 序 を 変 えたときには それに 応 じて

More information

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

民主党による市民の党献金に関して

民主党による市民の党献金に関して 民 主 党 による 市 民 の 党 献 金 に 関 して 平 成 23 年 7 月 6 日 PatriotsOfJapan 1 概 要 ( 産 経 新 聞 より) 菅 直 人 首 相 の 資 金 管 理 団 体 草 志 会 が 北 朝 鮮 による 日 本 人 拉 致 事 件 容 疑 者 の 親 族 が 所 属 する 政 治 団 体 市 民 の 党 ( 東 京 酒 井 剛 代 表 )から 派 生 した

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必 平 成 20 年 度 第 1 回 行 革 推 進 委 員 会 会 議 録 日 時 / 平 成 20 年 9 月 16 日 ( 火 ) 午 後 3 時 ~4 時 40 分 場 所 / 文 化 会 館 3 階 中 会 議 室 出 席 者 / 北 大 路 会 長 和 田 副 会 長 淡 路 委 員 加 藤 委 員 宮 﨑 委 員 下 川 委 員 仲 澤 委 員 根 津 委 員 の 全 8 名 が 出 席

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

した 今 回 の 選 挙 では 長 年 続 いてきた 国 民 党 民 進 党 の2 大 政 党 に 対 し 第 3 勢 力 と 呼 ばれる 新 政 党 が 存 在 感 を 示 したのも 大 きな 特 徴 だ 学 生 運 動 参 加 者 らが 結 党 した 新 政 党 時 代 力 量 は 初 参 戦

した 今 回 の 選 挙 では 長 年 続 いてきた 国 民 党 民 進 党 の2 大 政 党 に 対 し 第 3 勢 力 と 呼 ばれる 新 政 党 が 存 在 感 を 示 したのも 大 きな 特 徴 だ 学 生 運 動 参 加 者 らが 結 党 した 新 政 党 時 代 力 量 は 初 参 戦 資 料 2 台 湾 立 法 院 選 でも 民 進 党 が 初 の 単 独 過 半 数 日 経 2016/1/16 21:05 (2016/1/16 23:44 更 新 ) 台 北 = 小 高 航 台 湾 の 立 法 院 ( 国 会 定 数 113) 選 挙 が16 日 投 開 票 され 最 大 野 党 民 進 党 が 躍 進 した 議 席 数 を 改 選 前 の40から 大 きく 伸 ばし68 議

More information

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 立 図 書 館 協 議 会 議 事 録 期 日 平 成 28 年 3 月 23 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 から12 時 00 分 まで 場 所 宮 崎 県 立 図 書 館 2 階 研 修 室 委 員 議 長 : 根 岸 裕 孝 委 員 委 員 : 川 邊 英 樹 委 員 ( 副 議 長 ) 足 立 泰 二 委 員 江 田 正 和 委 員

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

< F2D8ED089EF81718AEE AEE967B96E291E88E9697E18172>

< F2D8ED089EF81718AEE AEE967B96E291E88E9697E18172> 社 会 中 学 校 第 3 学 年 とちぎの 子 どもの 基 礎 基 本 について : 身 に 付 けるべき 基 礎 基 本 の 知 識 技 能 を 示 しています : 学 校 ごとに 学 習 内 容 を 選 択 して 扱 う 小 単 元 や 地 域 によって 扱 う 内 容 が 異 なる 小 単 元 につい て どのような 内 容 を 学 習 した 場 合 でも 共 通 に 身 に 付 けるべき

More information

<50524553424F5895B68F91>

<50524553424F5895B68F91> 中 部 方 面 隊 のイラク 派 遣 に 関 する 要 請 八 尾 市 長 柴 谷 光 謹 様 私 たちは 激 化 するイラク 情 勢 の 安 定 にむけて 国 際 社 会 が 協 調 して 取 り 組 みを 強 める べきときに なによりも 日 本 が 憲 法 の 平 和 精 神 に 則 った 態 度 を 示 すことを 望 むものです そして 自 衛 隊 員 のみなさんの 安 全 を 考 え 一

More information

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件 被 災 時 のための Q&A(Q1~Q33) 旧 賃 借 人 と 新 賃 借 人 優 先 するのはどちら? Q1 物 件 について 旧 賃 借 人 との 間 で 賃 貸 借 契 約 の 解 除 が 完 了 し 明 渡 日 も 決 まっており 新 賃 借 人 が 決 まっておりましたが 今 回 の 地 震 で 旧 賃 借 人 が 引 っ 越 すことができません 新 賃 借 人 と 旧 賃 借 人 と

More information

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73>

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73> 1/41 請 求 書 枝 番 実 施 機 関 所 管 の 名 称 受 付 年 月 日 請 求 内 容 決 定 年 月 日 決 定 内 容 非 公 開 理 由 等 備 考 1 1 市 長 2 2 市 長 3 3 市 長 環 境 部 環 境 対 策 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許 可 台 帳 (H23.3 月 分 ) H23.4.6 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許

More information

32 証 券 ビュ 56 巻 4 号 東 断 ベ 展 望 挙 げ 月 投 票 流 ウ 半 破 綻 銀 財 策 巡 周 縁 諸 立 ハ ズ 昇 七 ペ ガ 治 不 安 ォ ワ ゲ 事 件 ミ ュ ウ 論 ハ ガ 反 反 東 拡 付 能 不 全 ゆ 私 裂 不 和 廃 棄 べ 脅 威 捉 べ 会 ぐ 崩

32 証 券 ビュ 56 巻 4 号 東 断 ベ 展 望 挙 げ 月 投 票 流 ウ 半 破 綻 銀 財 策 巡 周 縁 諸 立 ハ ズ 昇 七 ペ ガ 治 不 安 ォ ワ ゲ 事 件 ミ ュ ウ 論 ハ ガ 反 反 東 拡 付 能 不 全 ゆ 私 裂 不 和 廃 棄 べ 脅 威 捉 べ 会 ぐ 崩 31 : 型 田 素 香 講 演 依 頼 受 際 催 者 状 将 来 展 望 骨 太 話 ほ 梓 反 乱 内 容 沿 話 骨 太 話 果 型 話 手 元 ュ 配 最 初 月 ィ ナ ズ ニ ヴ ォ ガ ミ ュ ウ 書 概 要 げ 又 断 べ 南 北 断 ケ ィ 懐 疑 者 ァ 推 者 断 社 会 ベ 裁 32 証 券 ビュ 56 巻 4 号 東 断 ベ 展 望 挙 げ 月 投 票 流 ウ 半 破 綻

More information

Microsoft Word - theme_3_1.doc

Microsoft Word - theme_3_1.doc こ れ ま で の 保 健 物 理 Review of the Health Physics 辻 本 忠 Tadashi TSUJIMOTO 財 団 法 人 電 子 科 学 研 究 所 Electron Science Institute 1. はじめに 保 健 物 理 の 分 野 でお 世 話 になってから 50 年 近 くになる 温 故 知 新 ではないが 50 年 の 過 去 を 振 り 返

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

Microsoft Word - 27gyousyaQA

Microsoft Word - 27gyousyaQA Q&A 目 次 Ⅰ 宅 建 業 者 免 許 に 関 すること Q1 申 請 書 類 はどこで 手 に 入 れるのですか 3 Q2 どのくらい 資 金 が 必 要 ですか 3 Q3 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 代 表 者 を 兼 ねることができますか 3 Q4 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 取 締 役 又 は 監 査 役 又 は 従 事 者

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3532938A8D658140938C966B8F4281458F429373817595BD90F2817688C481408DC58F4994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3532938A8D658140938C966B8F4281458F429373817595BD90F2817688C481408DC58F4994C52E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(52) 東 北 州 州 都 平 泉 案 戸 沼 幸 市 < ( 財 ) 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 > 1. 世 界 遺 産 平 泉 の 春 4 月 21 日 ( 土 )22 日 ( 日 ) 桜 が 咲 き 始 め た 東 北 の 春 の 日 世 界 遺 産 となった 平 泉 を 訪 ねました 五 月 雨 の 降 り 残 してや 光 堂 は 芭

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

社会主義理論学会・第71回研究会報告

社会主義理論学会・第71回研究会報告 党 総 務 会 とは いかなる 会 議 体 なのか 明 治 学 政 治 経 済 学 部 川 伸 nisikawa1116 gmail.com ( @) http://www.nishikawashin-ichi.net/ はじめに 党 本 部 6 階 にある 総 務 会 室 (2016.2.29 撮 影 ) @ 党 の 意 思 決 定 1 党 会 : 年 に1 回 最 機 関 2 党 会 に 代 わる

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6 物 件 所 在 地 :[ 地 番 住 居 表 示 ] 区 町 役 所 調 査 ( 新 宿 区 の 戸 建 用 住 宅 地 ) 役 所 調 査 とは 簡 単 に 言 えば その 土 地 に 家 を 建 てられるかどうか どのくらいの 規 模 の 家 が 建 てられるか を 明 らかにするためのものです 事 業 を 考 えての 不 動 産 の 取 得 なの でしたら その 土 地 でこの 商 売 はできるのか

More information

不安定感が高まるミャンマーの政治・経済

不安定感が高まるミャンマーの政治・経済 東 南 ジ 経 済 2016 年 3 月 29 日 全 5 頁 不 安 定 感 が 高 まるミャマーの 政 治 経 済 国 軍 との 関 係 悪 化 が 経 済 のダウサイドリスクに 経 済 調 査 部 エコノミスト 新 田 尭 之 [ 要 約 ] 3 月 15 日 ミャマーの 大 統 領 選 挙 で 元 経 済 官 僚 であるティ チョー 氏 が 当 選 した 同 国 で 文 民 が 大 統 領

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

パケラジ視聴方法

パケラジ視聴方法 P R E S S R E L E A S E 2010 年 12 月 28 日 株 式 会 社 ニワンゴ ニコニコ 動 画 ネット 世 論 調 査 に10 万 2 千 人 が 回 答 2011 年 に 期 待 する 政 治 家 与 党 前 原 誠 司 野 党 石 破 茂 民 主 党 支 持 層 では 岡 田 克 也 23.5% 小 沢 一 郎 14.8% 蓮 舫 14.1% 今 年 印 象 に 残

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Microsoft Word - ③第7回議会報告会報告書(東部上)

Microsoft Word - ③第7回議会報告会報告書(東部上) 第 7 回 山 ノ 内 町 議 会 報 告 会 実 施 結 果 報 告 書 ( 東 部 上 ) 日 時 平 成 26 年 1 月 23 日 ( 木 ) 午 後 7 時 ~ 午 後 9 時 場 所 沓 野 区 和 合 会 館 参 加 人 数 住 民 参 加 者 :30 人 議 員 15 人 事 務 局 1 人 地 元 協 力 団 体 沓 野 区 沓 野 組 渋 湯 組 横 湯 組 議 員 役 割 分

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

ƒAƒ‹ƒ[ƒ“ƒ`ƒ“‚̐­Ž¡î¨i‚RŒŽ•ªj

ƒAƒ‹ƒ[ƒ“ƒ`ƒ“‚̐­Ž¡î¨i‚RŒŽ•ªj 2006 年 8 月 アルゼンチンの 政 治 情 勢 2006 年 9 月 作 成 在 アルゼンチン 大 使 館 1. 概 要 キルチネル 大 統 領 の 実 姉 であるアリシア キルチネル 上 院 議 員 が 再 び 社 会 開 発 相 に 就 任 した また 大 統 領 府 前 に 位 置 する 五 月 広 場 において 大 規 模 な 治 安 改 善 要 求 集 会 が 開 催 され 市 民

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用)

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用) 平 成 26 年 度 第 4 回 鳴 門 市 児 童 福 祉 審 議 会 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 10 月 30 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 関 係 課 事 務 局 職 員 12 名 欠 席 委 員 2 名 議 事 1 開 会 2 議 事 (1) 利 用 調 整 の 取 り 扱 いについて 利 用 調 整

More information

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴

5.1 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 1931 昭 和 6 年 38 1932 昭 和 7 年 39 1933 昭 和 8 年 40 7.5 久 布 白 落 実 に 代 わり 婦 選 獲 得 同 盟 総 務 理 事 に 就 任 2.28 婦 人 公 民 権 衆 議 院 で 可 決 貴 市 川 房 枝 年 譜 西 暦 和 暦 年 齢 月 日 年 譜 事 項 関 連 主 要 事 項 1893 明 治 26 年 0 愛 知 県 中 島 郡 明 地 村 ( 現 尾 西 市 )の 農 家 の 三 女 に 生 まれ 5.15 ふさゑ と 命 名 1907 明 治 40 年 14 4 朝 日 尋 常 高 等 小 学 校 卒 業 1908 明 治 41 年 15 3 単 身 上 京 女 子 学

More information

第 46 回 メルコスール 首 脳 会 合 その1:メルコスール( 外 交 通 商 の 柱 ) パラグアイ 外 交 の 柱 の 一 つはメル コスールなのですが これは メルコ スール 抜 きではパラグアイ 経 済 の 発 展 はあり 得 ないという 事 実 から 来 てい ます なにせ パラグアイ

第 46 回 メルコスール 首 脳 会 合 その1:メルコスール( 外 交 通 商 の 柱 ) パラグアイ 外 交 の 柱 の 一 つはメル コスールなのですが これは メルコ スール 抜 きではパラグアイ 経 済 の 発 展 はあり 得 ないという 事 実 から 来 てい ます なにせ パラグアイ 世 界 に 打 って 出 たパラグアイ ~ 山 椒 は 小 粒 でぴりりと 辛 い~ カルテス 政 権 の 外 交 政 策 を 理 解 するには 次 のポイントを 押 さえておくとわかりやす いと 思 います 一 つは パラグアイが 小 国 であるということ 二 つ 目 は それと 関 係 す るのですが パラグアイが 貧 しい 国 であるということ そして 三 つ 目 は 国 際 場

More information

裁判所での法律相談センター広報について

裁判所での法律相談センター広報について 法 曹 人 口 問 題 に 関 する 各 会 員 の 現 状 及 び 意 見 等 の 調 査 回 答 受 付 期 間 平 成 22 年 1 月 14 日 ~4 月 28 日 回 答 数 173 名 総 会 員 数 ( 平 成 22 年 4 月 30 日 時 点 ) 486 名 回 答 率 35.59% 資 料 1 アンケート 結 果 についての 分 析 2 アンケート 結 果 (グラフによる 集 計

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

1

1 1 2 3 4 2 0 0 6 O c t o b e r 18101 1 2 3 4 4 5 5 6 7 1 1 0 0 0 年 の 時 を 超 え て 藤 原 道 長 か ら の メ ッ セ ー ジ 66 代 天 皇 一 条 (32) 67 代 天 皇 三 条 (42)= 研 子 (34) 風 疹 ( 脳 卒 中 ) 68 代 天 皇 一 条 (29) 69 代 天 皇 禎 子 朱 雀 (37)

More information