<4D F736F F F696E74202D F8E9197BF332D315F89CE8E DD08BA68B6389EF90DD927582CC C98CFC82AF82BD8C9F93A22E B8CDD8AB B83685D>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031305F8E9197BF332D315F89CE8E5296688DD08BA68B6389EF90DD927582CC9084906982C98CFC82AF82BD8C9F93A22E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>"

Transcription

1 資 料 3-1 火 山 防 災 協 議 会 設 置 の 推 進 に 向 けた 検 討 火 山 防 災 対 策 の 推 進 に 係 る 検 討 会 1

2 第 3 回 検 討 会 における 委 員 意 見 への 対 応 火 山 防 災 協 議 会 設 置 の 推 進 に 向 けた 検 討 に 対 するご 意 見 委 員 からの 主 なご 意 見 今 後 日 本 各 地 で 火 山 活 動 が 活 発 化 するこ とが 予 想 される 中 で 火 山 防 災 協 議 会 等 が 主 体 となって 避 難 計 画 の 策 定 や 火 山 ハザード マップの 策 定 を 行 うべきであり 協 議 会 等 の 活 動 を 支 える 全 国 火 山 防 災 連 絡 会 議 設 立 の 意 義 は 大 きい 全 国 火 山 防 災 連 絡 会 議 の 設 立 にあたっては 既 設 の 協 議 会 だけでなく 協 議 会 未 設 置 の 火 山 周 辺 の 地 方 公 共 団 体 にも 声 をかけるべきで ある 対 応 ( 案 ) 関 係 省 庁 ( 気 象 庁, 消 防 庁, 国 土 交 通 省 砂 防 部 等 )にも 相 談 し 全 国 火 山 防 災 連 絡 会 議 の 設 立 に 向 けて 検 討 させて 頂 きます 委 員 からの 主 なご 意 見 対 応 ( 案 ) 全 国 火 山 防 災 連 絡 会 議 の 実 務 的 な 運 用 手 法 について 検 討 し 会 議 を 継 続 させる 仕 組 みを 作 ることが 重 要 である 首 都 直 下 地 震 帰 宅 困 難 者 等 対 策 協 議 会 等 の 事 例 を 参 考 に 会 議 を 継 続 させる 仕 組 みについ て 検 討 します 検 討 会 資 料 3-1 本 資 料 のP.12~P.14に 参 考 事 例 を 追 加 2

3 第 3 回 検 討 会 終 了 後 に 寄 せられた 委 員 意 見 への 対 応 火 山 防 災 協 議 会 設 置 の 推 進 に 向 けた 検 討 に 対 するご 意 見 委 員 からの 主 なご 意 見 対 応 ( 案 ) 平 成 23 年 12 月 の 防 災 基 本 計 画 の 改 訂 により 火 山 防 災 協 議 会 の 位 置 付 けが 明 確 化 され るとともに 都 道 府 県 市 町 村 国 の 関 係 機 関 火 山 専 門 家 等 で 構 成 される 火 山 防 災 協 議 会 での 共 同 検 討 を 通 じて 住 民 等 の 避 難 につ いて( 噴 火 シナリオ ハザードマップ 噴 火 警 戒 レベル 避 難 計 画 訓 練 などすべてを) 策 定 する という 指 針 の 原 則 が 正 式 に 国 全 体 の 基 本 計 画 に 位 置 付 けられたところである 本 件 については 火 山 防 災 の 施 策 の 推 進 に とって 大 変 大 きなことであり 検 討 会 や 懇 談 会 においても 積 極 的 に 情 報 を 共 有 し 全 国 にも 周 知 してほしい 委 員 からの 主 なご 意 見 都 道 府 県 に 対 して 予 算 措 置 を 促 すとともに 国 においてもこれら 経 費 を 交 付 税 又 は 交 付 金 等 で 財 政 支 援 する 制 度 を 創 設 する 等 の 取 組 が 必 要 である 検 討 会 懇 談 会 において 防 災 基 本 計 画 の 改 定 内 容 を 共 有 するとともに 広 く 周 知 してまい ります 検 討 会 資 料 3-1 本 資 料 のP.4~P.6に 防 災 基 本 計 画 の 修 正 内 容 を 記 載 しました 対 応 ( 案 ) 本 会 議 の とりまとめ に 補 助 金 等 の 予 算 措 置 も 推 進 するべきである 旨 明 記 します 火 山 連 携 会 議 については 火 山 砂 防 フォーラムとの 共 催 など 都 道 府 県 や 市 町 村 の 金 銭 的 な 負 担 が 少 なくなるよ うに 配 慮 します 3

4 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 ( 仮 称 ) 防 災 基 本 計 画 の 一 部 修 正 についての 報 告 政 府 は 平 成 23 年 12 月 27 日 に 中 央 防 災 会 議 を 開 催 し 東 日 本 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 防 災 分 野 の 最 上 位 計 画 である 防 災 基 本 計 画 を 一 部 修 正 した 一 部 修 正 には 火 山 災 害 対 策 編 も 含 まれ 火 山 防 災 協 議 会 の 位 置 付 けが 明 確 に 記 述 された 火 山 防 災 協 議 会 に 関 わる 主 な 記 述 内 容 について(1) 第 1 章 災 害 予 防 第 2 節 国 民 の 防 災 活 動 の 促 進 2 防 災 知 識 の 普 及 訓 練 (1) 防 災 知 識 の 普 及 地 方 公 共 団 体 は 噴 火 時 等 の 避 難 等 の 火 山 防 災 対 策 を 検 討 するための 協 議 会 等 ( 以 下 火 山 防 災 協 議 会 という )における 検 討 を 通 じて それぞれの 火 山 の 特 質 を 考 慮 して 火 山 ハザードマップに 噴 火 警 報 等 の 解 説 避 難 場 所 や 避 難 経 路 避 難 の 方 法 住 民 への 情 報 伝 達 の 方 法 等 の 防 災 上 必 要 な 情 報 を 記 載 した 火 山 防 災 マップ 地 区 別 防 災 カルテ 火 山 災 害 時 の 行 動 マニュアル 等 をわかりやすく 作 成 配 布 し 研 修 を 実 施 する 等 防 災 知 識 の 普 及 啓 発 に 努 め るものとする また 地 域 の 実 情 に 応 じ 災 害 体 験 館 等 防 災 知 識 の 普 及 等 に 資 する 施 設 の 設 置 に 努 めるものとする 4

5 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 ( 仮 称 ) (2) 火 山 防 災 協 議 会 に 関 わる 主 な 記 述 内 容 について(2) 第 4 節 迅 速 かつ 円 滑 な 災 害 応 急 対 策, 災 害 復 旧 復 興 への 備 え 都 道 府 県 は 国 市 町 村 公 共 機 関 専 門 家 等 と 連 携 し 火 山 防 災 協 議 会 を 設 置 するなど 体 制 を 整 備 するよう 努 めるものとする 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 適 切 な 土 地 利 用 の 誘 導 警 戒 避 難 対 策 の 推 進 住 民 等 への 情 報 提 供 等 を 効 果 的 に 行 うため 火 山 防 災 協 議 会 における 検 討 を 通 じて 各 火 山 の 特 性 を 考 慮 した 複 数 の 噴 火 シナリオの 作 成 噴 火 現 象 が 到 達 する 可 能 性 がある 危 険 区 域 を 表 記 した 火 山 ハザードマップの 整 備 を 推 進 す るものとする 1 災 害 発 生 直 前 対 策 関 係 (2) 住 民 等 の 避 難 誘 導 体 制 地 方 公 共 団 体 は, 火 山 防 災 協 議 会 における 検 討 を 通 じて, 避 難 場 所, 避 難 路 をあらかじめ 指 定 し, 日 頃 から 住 民 への 周 知 徹 底 に 努 めるとともに, 噴 火 警 戒 レベルの 導 入 に 向 けての 防 災 対 応 や 避 難 対 象 地 域 の 設 定 を 行 い, 避 難 開 始 時 期 や 避 難 対 象 地 域, 避 難 経 路 手 段 を 定 める 具 体 的 で 実 践 的 な 避 難 計 画 を 作 成 し, 訓 練 を 行 うものとする 2 情 報 の 収 集 連 絡 及 び 応 急 体 制 の 整 備 関 係 (5) 防 災 関 係 機 関 相 互 の 連 携 体 制 国 内 閣 府 は, 地 方 公 共 団 体 からの 要 請 に 基 づき, 火 山 防 災 エキスパート を 派 遣 し 地 方 公 共 団 体 火 山 防 災 協 議 会 の 活 動 を 支 援 するものとする 5

6 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 ( 仮 称 ) 火 山 防 災 協 議 会 に 関 わる 主 な 記 述 内 容 について(3) 第 2 章 災 害 応 急 対 策 第 1 節 災 害 発 生 直 前 の 対 策 2 警 戒 区 域 の 設 定, 避 難 勧 告 等 国 は, 地 方 公 共 団 体 が 行 う 警 戒 区 域 の 設 定 避 難 勧 告 等 の 対 策 に 対 し 火 山 防 災 協 議 会 における 検 討 を 通 じて 適 切 な 助 言 を 行 うなどの 支 援 に 努 めるも のとする 地 方 公 共 団 体 は, 平 常 時 からの 火 山 防 災 協 議 会 における 検 討 結 果 に 基 づ き 気 象 庁 が 発 表 する 噴 火 警 報 等 ( 噴 火 警 戒 レベルを 含 む )に 応 じた 警 戒 区 域 の 設 定 等 を 図 り 住 民 等 への 周 知 に 努 めるものとする 噴 火 時 等 の 避 難 に 係 る 火 山 防 災 体 制 の 指 針 ( 平 成 20 年 3 月 19 日 ) 火 山 情 報 等 に 対 応 した 火 山 防 災 対 策 検 討 会 の 内 容 が 反 映 された 6

7 (1) 設 置 目 的 (2) 会 議 構 成 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 ( 仮 称 ) 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 は 火 山 噴 火 時 等 の 避 難 に 係 る 火 山 防 災 対 策 の 取 組 をより 推 進 するため 防 災 基 本 計 画 に 示 された 各 火 山 の 協 議 会 国 地 方 公 共 団 体 等 がそれぞれの 取 組 による 火 山 関 係 の 情 報 を 共 有 するとともに 相 互 に 連 携 協 働 して 取 り 組 むべき 課 題 について 検 討 することを 目 的 とする 国 の 防 災 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 関 係 機 関 気 象 庁 の 常 時 観 測 火 山 :47 活 火 山 火 山 専 門 家 対 象 火 山 数 :110 活 火 山 協 議 会 設 置 火 山 25 火 山 協 議 会 未 設 置 火 山 22 火 山 常 時 観 測 無 し 火 山 63 火 山 各 協 議 会 の 代 表 者 及 び 関 係 者 協 議 会 未 設 置 火 山 山 麓 地 域 の 県 及 び 市 町 村 の 首 長 及 び 防 災 担 当 者 噴 火 時 等 において 後 方 支 援 拠 点 となりうる 地 方 公 共 団 体 火 山 山 麓 地 域 の 県 及 び 市 町 村 の 防 災 関 係 者 7

8 (4) 役 員 (5) 事 務 局 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 ( 仮 称 ) (3) 開 催 回 数 及 び 開 催 地 開 催 回 数 : 年 2 回 ( 定 例 会 議 ) 必 要 がある 場 合 ( 火 山 噴 火 等 ) 臨 時 会 議 を 行 う 開 催 地 :1 東 京 開 催 ( 運 営 会 議 ) :( 案 ) 消 防 庁 火 山 担 当 者 会 議 に 合 わせて 開 催 2 地 方 開 催 ( 学 会 発 表 方 式 ) :( 案 ) 火 山 砂 防 フォーラムとの 共 催 議 長 :1 名 副 議 長 :2 名 ( 案 ) 副 議 長 1 今 年 度 地 方 開 催 地 の 都 道 府 県 の 市 町 村 長 ( 案 ) 副 議 長 2 次 年 度 地 方 開 催 地 の 都 道 府 県 の 副 知 事 監 事 :1 名 内 閣 府 ( 防 災 担 当 )( 参 事 官 ) 気 象 庁 ( 火 山 課 長 ) 消 防 庁 ( 防 災 課 長 ) 国 土 交 通 省 ( 砂 防 部 地 震 火 山 砂 防 室 長 ) 役 員 のいる 都 道 府 県 と 市 町 村 8

9 (6) 実 施 事 項 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 ( 仮 称 ) (1) 火 山 防 災 対 策 に 係 る 各 火 山 防 災 協 議 会 の 取 組 に 関 する 情 報 交 換 及 び 意 見 交 換 火 山 ハザードマップ 等 避 難 計 画 の 整 備 状 況 内 容 避 難 路 避 難 小 屋 等 のハード 対 策 の 計 画 実 施 内 容 避 難 が 長 期 化 した 場 合 の 対 応 方 法 など (2) 火 山 噴 火 時 等 における 避 難 に 係 る 調 査 研 究 講 習 会 等 の 開 催 火 山 監 視 観 測 に 関 する 調 査 研 究 結 果 等 新 任 防 災 担 当 者 向 けの 講 習 会 大 規 模 噴 火 時 の 防 災 体 制 構 築 など (3) 平 常 時 における 地 域 活 性 化 に 向 けた 活 動 についての 情 報 交 換 及 び 意 見 交 換 ジオパークの 事 例 自 然 公 園 の 事 例 観 光 を 活 用 した 火 山 防 災 の 事 例 環 境 問 題 とその 対 策 など (4) そのほか 火 山 連 携 会 議 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 なこと 事 務 局 会 議 を 年 数 回 実 施 し 継 続 的 な 取 組 みとなるよう 話 題 性 のある 議 題 を 企 画 立 案 する なお 火 山 専 門 家 等 の 助 言 体 制 下 の 運 営 により 火 山 連 携 会 議 の 企 画 内 容 の 正 確 性 を 損 なわないようにする 9

10 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 ( 仮 称 ) (7) 火 山 連 携 会 議 構 成 員 1) 協 議 会 設 置 済 み 火 山 雌 阿 寒 岳 十 勝 岳 樽 前 山 有 珠 山 北 海 道 駒 ケ 岳 岩 手 山 那 須 岳 草 津 白 根 山 浅 間 山 新 潟 焼 山 焼 岳 御 嶽 山 富 士 山 箱 根 山 伊 豆 東 部 火 山 群 伊 豆 大 島 三 宅 島 九 重 山 阿 蘇 山 雲 仙 岳 霧 島 山 桜 島 薩 摩 硫 黄 島 口 永 良 部 島 諏 訪 能 之 瀬 島 以 上 の25 火 山 火 山 防 災 協 議 会 の 代 表 者 及 び 関 係 者 噴 火 時 等 において 後 方 支 援 拠 点 となりうる 地 方 公 共 団 体 2) 協 議 会 未 設 置 火 山 アトサヌプリ 大 雪 山 倶 多 楽 恵 山 岩 木 山 秋 田 焼 山 秋 田 駒 ヶ 岳 鳥 海 山 栗 駒 山 蔵 王 山 吾 妻 山 安 達 太 良 山 磐 梯 山 日 光 白 根 山 乗 鞍 岳 白 山 新 島 神 津 島 八 丈 島 青 ヶ 島 硫 黄 島 鶴 見 岳 伽 藍 岳 以 上 の22 火 山 火 山 山 麓 地 域 の 都 道 府 県 および 市 町 村 の 首 長 防 災 担 当 者 及 び 砂 防 担 当 者 噴 火 時 等 において 後 方 支 援 拠 点 となりうる 地 方 公 共 団 体 10

11 3)その 他 火 山 火 山 防 災 協 議 会 等 連 絡 連 携 会 議 ( 仮 称 ) 知 床 硫 黄 山 羅 臼 岳 天 頂 山 摩 周 雄 阿 寒 岳 丸 山 利 尻 山 恵 庭 岳 羊 蹄 山 ニセコ 渡 島 大 島 茂 世 路 岳 散 布 山 指 臼 岳 小 田 萌 山 択 捉 焼 山 択 捉 阿 登 佐 岳 ベルタルベ 山 ルルイ 岳 爺 爺 岳 羅 臼 山 泊 山 恐 山 八 甲 田 山 十 和 田 八 幡 平 鳴 子 肘 折 沼 沢 燧 ケ 岳 高 原 山 赤 城 山 榛 名 山 横 岳 妙 高 山 弥 陀 ヶ 原 アカンダナ 山 利 島 御 蔵 島 ベヨネース 列 岩 須 美 寿 島 伊 豆 鳥 島 孀 婦 岩 西 之 島 海 形 海 山 海 徳 海 山 噴 火 浅 根 北 福 徳 堆 福 徳 岡 ノ 場 南 日 吉 海 山 日 光 海 山 三 瓶 山 阿 武 火 山 群 由 布 岳 福 江 火 山 群 米 丸 住 吉 池 若 尊 池 田 山 川 開 聞 岳 口 之 島 中 之 島 硫 黄 鳥 島 西 表 島 北 北 東 海 底 火 山 以 上 の63 火 山 火 山 山 麓 地 域 の 都 道 府 県 および 市 町 村 の 防 災 担 当 者 及 び 砂 防 担 当 者 ( 参 加 希 望 者 ) 4) 国 の 防 災 関 係 機 関 内 閣 府 気 象 庁 消 防 庁 国 土 交 通 省 ( 砂 防 部 署 ) など 5) 火 山 専 門 家 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 委 員 火 山 防 災 エキスパート 等 11

12 (1) 検 討 目 的 参 考 事 例 : 会 議 を 継 続 させる 仕 組 みの 事 例 首 都 直 下 地 震 帰 宅 困 難 者 等 対 策 協 議 会 協 議 会 は 首 都 直 下 地 震 の 帰 宅 困 難 者 等 について 自 助 共 助 公 助 の 総 合 的 な 対 応 を 図 る ため 国 地 方 公 共 団 体 企 業 等 がそれぞれの 取 組 に 係 る 情 報 を 共 有 するとともに 相 互 に 連 携 協 働 して 取 組 むべき 横 断 的 な 課 題 について 検 討 することを 目 的 とする (2) 検 討 体 制 協 議 会 座 長 : 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 防 災 担 当 ) 東 京 都 副 知 事 (3) 構 成 機 関 協 議 会 幹 事 会 幹 事 長 : 内 閣 府 参 事 官 ( 地 震 火 山 大 規 模 水 害 対 策 担 当 ) 東 京 都 総 務 局 総 合 防 災 部 長 課 題 に 応 じて ワーキンググループを 設 置 国 の 関 係 省 庁 首 都 圏 の 地 方 公 共 団 体 関 係 民 間 企 業 団 体 等 の31 機 関 (4) 検 討 内 容 1 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 際 の 帰 宅 困 難 者 対 策 の 検 証 2 帰 宅 困 難 者 等 対 策 の 具 体 化 各 主 体 の 取 組 ( 周 知 徹 底 備 蓄 等 ) 各 主 体 において 順 次 取 組 ( 進 捗 状 況 について 報 告 ) 連 携 施 策 ワーキンググループにおいて 具 体 の 検 討 を 進 め 1 年 を 目 途 に 一 定 の 成 果 をとりまとめ 12

13 参 考 事 例 : 事 務 局 に 開 催 地 の 関 係 機 関 を 入 れた 事 例 火 山 砂 防 フォーラム (1) 目 的 火 山 地 域 の 自 治 体 が 火 山 と 地 域 の 安 全 についての 理 解 を 深 め 相 互 に 情 報 交 換 を 行 うこと 及 び 火 山 地 域 のすばらしい 自 然 環 境 を 後 世 に 引 き 継 ぎ 火 山 災 害 から 人 命 と 財 産 を 守 り 安 全 で 活 力 あふれる 今 後 の 地 域 づくりに 資 すると 共 に 火 山 砂 防 事 業 の 推 進 に 寄 与 することを 目 的 とする (2) 実 施 事 項 1 火 山 砂 防 フォーラムの 管 理 運 営 に 関 すること 2 その 他 本 委 員 会 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 項 (3) 事 務 局 火 山 砂 防 フォーラム 運 営 事 務 局 をおく 事 務 局 長 は 当 該 年 の 火 山 砂 防 フォーラ ム 開 催 地 の 市 町 村 とする 1. 当 該 年 の 火 山 砂 防 フォーラム 開 催 地 市 町 村 ( 運 営 事 務 局 長 ) 2. 当 該 年 の 火 山 砂 防 フォーラム 開 催 地 都 道 府 県 砂 防 主 管 課 3. 当 該 年 の 火 山 砂 防 フォーラム 開 催 地 国 土 交 通 省 地 方 整 備 局 4. 国 土 交 通 省 砂 防 部 ( 事 務 局 幹 事 ) 5. 気 象 庁 地 震 火 山 部 6. その 他 委 員 長 が 必 要 と 認 めるもの (4) 委 員 数 委 員 は 幹 事 委 員 30 名 委 員 149 名 の 合 計 179 名 の 市 町 村 長 で 構 成 13

14 参 考 事 例 : 大 規 模 な 協 議 会 の 開 催 事 例 全 国 航 空 消 防 防 災 協 議 会 (1) 目 的 消 防 防 災 ヘリコプター( 以 下 ヘリ という )に 係 る 地 方 団 体 相 互 の 連 絡 協 調 を 推 進 し 全 国 の 住 民 の 信 頼 に 応 える 航 空 消 防 防 災 体 制 の 確 立 に 資 することを 目 的 とする (2) 実 施 事 項 1.ヘリの 運 用 に 関 する 地 方 団 体 間 の 情 報 連 絡 2.ヘリによる 消 防 防 災 活 動 に 関 する 情 報 の 提 供 等 による 支 援 3.ヘリの 効 果 的 運 用 に 資 するための 調 査 研 究 4.ヘリ 搭 乗 員 の 技 術 向 上 等 に 係 る 研 修 5.その 他 本 会 の 目 的 達 成 のため 必 要 な 事 業 (3) 会 議 および 事 務 局 会 議 は 総 会 及 び 幹 事 会 総 会 は 定 例 会 ( 年 2 回 ) 及 び 臨 時 会 幹 事 会 は 必 要 がある 場 合 ( 幹 事 は 各 ブロックの 代 表 他 ) 事 務 局 は 幹 事 会 の 議 を 経 て 会 長 が 定 める (4) 構 成 会 員 構 成 会 員 数 は 47 都 道 府 県 とヘリを 保 有 する16 市 町 村 の 合 計 63 機 関 14

平成13年11月吉日

平成13年11月吉日 火 山 砂 防 フォーラム 委 員 会 規 約 ( 名 称 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 本 委 員 会 は 火 山 砂 防 フォーラム 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 委 員 会 は 火 山 地 域 の 自 治 体 や 関 係 機 関 が 火 山 と 地 域 の 安 全 についての 理 解 を 深 め 相 互 に 情 報 交 換 を

More information

火 山 情 報 の 提 供 に 関 する 検 討 会 の 設 置 について 1. 目 的 及 び 検 討 事 項 今 般 の 御 嶽 山 の 噴 火 を 踏 まえ 居 住 者 登 山 者 旅 行 者 等 に 対 する 火 山 活 動 に 関 する 情 報 提 供 のあり 方 を 検 討 するために

火 山 情 報 の 提 供 に 関 する 検 討 会 の 設 置 について 1. 目 的 及 び 検 討 事 項 今 般 の 御 嶽 山 の 噴 火 を 踏 まえ 居 住 者 登 山 者 旅 行 者 等 に 対 する 火 山 活 動 に 関 する 情 報 提 供 のあり 方 を 検 討 するために 火 山 情 報 の 提 供 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 26 年 10 月 27 日 ( 月 ) 16 時 30 分 ~18 時 30 分 場 所 : 気 象 庁 本 庁 講 堂 1. 開 会 2. 気 象 庁 長 官 挨 拶 3. 議 題 (1) 火 山 活 動 に 関 する 情 報 提 供 の 改 善 について (2)その 他 4. 閉 会

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

参 考 資 料 2 防 災 基 本 計 画 添 付 資 料 平 成 26 年 1 月 中 央 防 災 会 議 目 次 1. 国 土 の 現 況 及 び 気 象 の 概 況 1 (1) 基 本 的 な 気 象 データ 1 (2) 主 要 活 断 層 帯 の 分 布 4 (3) 海 岸 延 長 距 離 13 (4) 風 水 害 14 (5) 火 山 の 分 布 18 (6) 豪 雪 地 帯 特 別 豪

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-20 号 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 4 月 1 日 一 部

More information

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 (

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 ( 都 道 府 県 別 災 害 派 遣 連 絡 窓 口 一 覧 表 (1/9) 参 考 2 区 分 地 域 等 連 絡 窓 口 所 在 地 電 話 番 号 北 道 陸 宗 谷 管 内 上 川 管 内 第 2 師 団 長 070-8630 (0166)51-6111 留 萌 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 紋 別 市 北 道 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 内 線 2793 ( 当

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

2013 vol.253 論 考 3. 火 山 監 視 体 制 の 強 化 気 象 庁 ( 中 央 気 象 台 )は 明 治 時 代 から 活 動 的 な 火 山 の 最 寄 りの 測 候 所 などで 火 山 観 測 を 実 施 して いるが 全 国 的 に 近 代 的 な 火 山 観 測 を 開

2013 vol.253 論 考 3. 火 山 監 視 体 制 の 強 化 気 象 庁 ( 中 央 気 象 台 )は 明 治 時 代 から 活 動 的 な 火 山 の 最 寄 りの 測 候 所 などで 火 山 観 測 を 実 施 して いるが 全 国 的 に 近 代 的 な 火 山 観 測 を 開 気 象 庁 火 山 業 務 の 動 向 やまさと ひとし 山 里 平 気 象 庁 地 震 火 山 部 火 山 課 長 1.はじめに 我 が 国 は 世 界 的 な 火 山 国 のひとつであり 全 世 界 の 約 1 割 にあたる110の 活 火 山 がある 1955 年 以 来 活 発 な 噴 火 を 続 けている 桜 島 をはじめ 多 くの 活 動 的 な 火 山 を 抱 えており 災 害 を 引

More information

【事務連絡】地域区分の見直しについて

【事務連絡】地域区分の見直しについて 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 1 日 各 都 道 府 県 福 祉 主 管 課 ( 室 ) ご 担 当 者 様 厚 生 労 働 省 社 会 護 局 保 健 福 祉 部 福 祉 課 地 域 区 分 見 直 しについて 保 健 福 祉 行 政 推 進 につきましては 日 々 御 尽 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて サービス 地 域 区 分 については 厚 生 労 働 大

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 用 のお 客 様 は 店 内 ご 利 用 は11 時 30 分 まででお 願 い 致 します 注 4)

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

2377“ƒec8.ec8

2377“ƒec8.ec8 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 発 行 宮 崎 県 印 刷 宮 崎 市 旭 1 丁 目 6 番 25 号 小 柳 印 刷 株 式 会 社 発 行 定 日 毎 週 月 木 曜 日 購 読 料 ( 送 料 共 ) 1 年 36,000 円 目 次 頁 告 示 歳 入 の 徴 収 の 事 務 の

More information

第1 防 災 計 画

第1 防 災 計 画 第 5 章 消 防 計 画 消 防 計 画 は 下 記 のとおり 定 める 1. 消 防 組 織 及 び 編 成 (1) 有 明 広 域 行 政 事 務 組 合 の 組 織 理 事 会 議 会 消 防 本 部 事 務 局 会 計 管 理 者 監 査 委 員 玉 名 消 防 署 荒 尾 消 防 署 第 一 衛 生 セ ン タ ー 第 二 衛 生 セ ン タ ー 第 一 清 掃 セ ン タ ー 第 二

More information

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土 北 海 道 4 青 森 県 5 岩 手 県 21 宮 城 県 11 平 成 25 年 9 月 27 日 現 在 石 狩 市 江 別 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 北 海 道 岩 見 沢 市 篠 津 中 央 土 地 改 良 区 沼 田 町 当 別 土 地 改 良 区 士 別 市 中 新 土 地 改 良 区 占 冠 村 北 海 土 地 改 良 区 愛 別 町 浦 臼 土 地 改 良 区 美 瑛

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 北 海 道 に 津 波 被 害 をもたらす 想 定 地 震 の 再 検 討 ワーキンググループ 平 成 24 年 度 日 本 海 沿 岸 の 津 波 浸 水 想 定 の 点 検 見 直 し 報 告 書 平 成 25 年 3 月 平 成 24 年 度 報 告 にあたって 北 海 道 防 災 会 議 地 震 専 門 委 員 会 では 北 海 道 より 諮 問 を 受 け 東 北 地 方 太 平 洋 沖

More information

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単 < 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 単 位 認 定 制 度 について> 文 部 科 学 省 による 技 能 審 査 で 得 た 資 格 や 点 数 を 取 得 単 位 として 認 定 する 際 のガイドライン の 通 知 にしたがって 検 定 取 得 者 を 単 位 認 定 する 学 校 が 増 加 傾 向 にあります 現 在 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 において

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

災 対 法 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 する (6) 政 府 による 総 合 調 整 が 行 われた 場 合 には その 結 果 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するよう 努 める 第 2 章 防 災 体 制 の 確

災 対 法 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 する (6) 政 府 による 総 合 調 整 が 行 われた 場 合 には その 結 果 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するよう 努 める 第 2 章 防 災 体 制 の 確 第 1 章 総 則 ( 計 画 の 目 的 ) 第 1 条 本 計 画 は 次 の 各 号 の 法 律 の 規 定 に 基 づき 佐 川 急 便 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 災 害 及 び 災 害 防 止 に 対 処 するため 防 災 に 関 する 必 要 な 体 制 を 確 立 し 防 災 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 して 運 送 の 確 保 を 図 ることを

More information

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73>

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73> 前 年 葵 - 1 葵 - 1 静 岡 市 葵 区 音 羽 町 214 番 3 208,000 206,000 1.0 音 羽 町 5-6 * 葵 - 2 葵 - 2 静 岡 市 葵 区 西 草 深 町 19 番 7 247,000 244,000 1.2 西 草 深 町 19-16 葵 - 3 葵 - 3 静 岡 市 葵 区 安 東 2 丁 目 150 番 201,000 199,000 1.0

More information

平成23年7月 地震・火山月報(防災編)

平成23年7月 地震・火山月報(防災編) ISSN 1343-4977 平 成 23 年 7 月 地 震 火 山 月 報 ( 防 災 編 ) Monthly Report on Earthquakes and Volcanoes in Japan July 2011 震 度 1 以 上 を 観 測 した 地 震 と 噴 火 警 報 発 表 中 の 火 山 平 成 23 年 7 月 31 日 現 在 噴 火 警 報 ( 火 口 周 辺 ) または

More information

第 3 回 大 会 (S55.3.16) 第 4 回 大 会 (S56.3.15) 1 伊 那 北 1 40 17 1 伊 那 北 1 39 58 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 22 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 29 3 岡 谷 南 1 40 23 3 岩 村 田 1 42 55

第 3 回 大 会 (S55.3.16) 第 4 回 大 会 (S56.3.15) 1 伊 那 北 1 40 17 1 伊 那 北 1 39 58 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 22 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 29 3 岡 谷 南 1 40 23 3 岩 村 田 1 42 55 春 の 高 校 伊 那 駅 伝 男 子 成 績 一 覧 大 会 記 録 : 総 合 の 部 2 08 14 ( 第 35 回 豊 川 工 業 ) 県 内 の 部 2 10 29 ( 第 35 回 佐 久 長 聖 ) 第 10 回 大 会 以 降 は 数 字 左 は 総 合 順 位 右 は 県 内 順 位 第 1 回 大 会 (S53.3.19) 第 2 回 大 会 (S54.3.18) 1 岡 谷

More information

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務 立 法 府 1 衆 議 院 2 参 議 院 3 国 立 国 会 図 書 館 4 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 裁 判 所 1 最 高 裁 判 所 2 札 幌 高 等 裁 判 所 3 札 幌 地 方 裁 判 所 4 札 幌 家 庭 裁 判 所 5 函 館 地 方 裁 判 所 6 函 館 家 庭 裁 判 所 7 旭 川 地 方 裁 判 所 8 旭 川 家 庭 裁 判 所 9 釧 路 地 方 裁

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73>

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73> 一 二 三 四 五 * 栄 光 ある 過 去 の 実 績 ( 男 子 の )- 優 勝 今 高 橋 青 森 佐 藤 星 山 新 潟 有 賀 阿 佐 野 東 京 佐 藤 小 野 崎 宮 城 松 崎 千 葉 福 島 宮 城 本 田 大 和 田 新 潟 宮 城 吉 村 上 田 準 優 勝 橋 場 新 井 北 海 道 越 浦 小 笠 原 宮 城 北 山 鈴 木 宮 城 松 井 中 村 東 京 三 浦 石 上

More information

平 成 26 年 度 緊 急 運 航 実 績 報 告 区 分 件 数 人 員 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 合 計 救 助 救 急 火 災 災 害 応 急 対 策 救 助 件 数 3 8 5 10 2 16 8 8 5 6 (71) 救 助 人

平 成 26 年 度 緊 急 運 航 実 績 報 告 区 分 件 数 人 員 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 合 計 救 助 救 急 火 災 災 害 応 急 対 策 救 助 件 数 3 8 5 10 2 16 8 8 5 6 (71) 救 助 人 あかふじ ニュース 第 11 号 発 行 平 成 27 年 3 月 山 梨 県 消 防 防 災 航 空 隊 山 梨 県 ホームページ http://www.pref.yamanashi.jp やまなし 防 災 ポータル http://bosai.pref.yamanashi.jp 山 梨 県 消 防 防 災 航 空 隊 400-0108 山 梨 県 甲 斐 市 宇 津 谷 445-1 TEL 0551-20-3601

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

JAS認定事業者一覧

JAS認定事業者一覧 1 4 6 15 18 21 22 23 26 30 38 44 45 48 52 54 56 60 62 64 大 黒 醤 油 株 式 会 社 岩 手 県 九 戸 郡 軽 米 町 大 字 円 子 2-4-108 鏡 政 治 商 店 鏡 新 一 山 形 県 上 山 市 新 丁 6-18 山 口 阿 武 農 協 加 工 場 明 木 工 場 山 口 県 萩 市 大 字 明 木 3137-2 倉 繁 醸

More information

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 計 画 ( 平 成 23 年 12 月 1 日 公 表 )に 基 づく コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 及 び 宿 舎 使 用 料 の 見 直 しについて 平 成 24 年 11 月 26 日 財 務 省 目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別

More information

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4 1 Dパーキング 上 桂 北 ノ 口 町 京 都 府 京 都 市 西 京 区 上 桂 北 ノ 口 町 153 番 2 Dパーキング 諏 訪 4 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 城 東 区 諏 訪 4 丁 目 8-3 3 Dパーキング 敷 津 西 1 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 浪 速 区 敷 津 西 1 丁 目 3-10 4 Dパーキング 福 島 大 阪 府 大 阪 市 福 島 区 福 島 6

More information

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 大 雪 通 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 花 咲 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

北 海 道 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 地 下 鉄 平 岸 ~ 地 下 鉄 南 平 岸 宮 城 県 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 仙 台 市 高 速 鉄 道 南 北 線 ( 仙 台 市 営 地 下 鉄 ) 長 町 南 駅 宮 城 県 地 下 鉄 (

北 海 道 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 地 下 鉄 平 岸 ~ 地 下 鉄 南 平 岸 宮 城 県 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 仙 台 市 高 速 鉄 道 南 北 線 ( 仙 台 市 営 地 下 鉄 ) 長 町 南 駅 宮 城 県 地 下 鉄 ( 北 海 道 ゴルフ 場 大 沼 国 際 CC 北 海 道 宿 泊 施 設 ホテル 恵 風 北 海 道 商 業 施 設 浦 河 ショッピングセンター 北 海 道 商 業 施 設 千 歳 タウンプラザ 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル 読 売 北 海 道 ビル 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル 北 都 システム 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル パーク95ビル 北 海 道 商 業

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

(伺)

(伺) 校 コード 番 号 表 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 上 川 72 校 トマム 4490 風 連 日 進 4508 向 陵 3516 中 島 3514 旭 川 3656 南 富 良 野 5327 富 良 野 東 4010 琴 似 3527 中 の 島 5279 旭 川 第 二 3658 中 富 良 野 4480

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

Taro-b07.jtd

Taro-b07.jtd 1 臣 が め 位 価 変 更 点 線 部 改 正 案 現 行 月 月 月 及 び 月 及 び 等 等 月 づ き 臣 が め 月 づ き 臣 が め 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 等 等 七 七 及 び 及 び 臣 が め 位 価 以 位 価 と う 臣 が め 位 価 円 次 円 次 険 律 険 律 事 業 事 業 2 事 業 行 う 事 事 業

More information

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第 定 款 附 属 書 総 代 選 挙 規 程 変 更 新 対 照 表 別 表 新 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 小 海 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 ( 削 除 ) 第 2 区 に 統 合 第 3 区 東 かがわ 市 小 海 2 人 ( 削

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

社 会 福 祉 法 人 等 による 生 計 困 難 者 等 に 対 する 介 護 保 険 サービスに 係 る 利 用 料 負 担 軽 減 制 度 事 業 の 実 施 状 況 に 係 る 調 査 結 果 社 福 軽 減 制 度 を 実 施 していない( 認 定 証 発 行 業 務 及 び 助 成 業

社 会 福 祉 法 人 等 による 生 計 困 難 者 等 に 対 する 介 護 保 険 サービスに 係 る 利 用 料 負 担 軽 減 制 度 事 業 の 実 施 状 況 に 係 る 調 査 結 果 社 福 軽 減 制 度 を 実 施 していない( 認 定 証 発 行 業 務 及 び 助 成 業 全 国 青 年 経 営 者 会 平 成 23 年 度 メールニュース 6 平 成 24 年 2 月 29 日 号 発 行 責 任 者 久 木 元 司 編 集 責 任 者 土 山 徳 泰 http://www.zenkoku-skk.ne.jp/ 本 号 の 内 容 1. 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 が 開 催 される 2. 研 修 会 等 のご 案 内

More information

じゃらん人気温泉地ランキング2016

じゃらん人気温泉地ランキング2016 2015 年 12 月 8 日 じゃらん 人 気 温 泉 地 ランキング2016 投 票 結 果 報 告 もう 一 度 行 ってみたい 温 泉 地 全 国 1 位 は10 年 連 続 箱 根 温 泉 原 温 泉 が 東 北 勢 初 のベスト10 入 り 総 合 満 足 度 1 位 は 万 座 温 泉 秘 湯 部 門 1 位 は 高 湯 温 泉 株 式 会 社 リクルートライフスタイル( 本 社 :

More information

平 成 13 年 度

平 成 13 年 度 二 戸 市 水 防 計 画 二 戸 市 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 変 更 1 第 4 節 水 防 の 責 任 1 第 5 節 水 防 管 理 団 体 水 防 管 理 者 1 第 6 節 指 定 水 防 管 理 団 体 2 第 7 節 相 互 の 協 力 2 第 8 節 安 全 配 慮 2 第 2 章 水

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調 地 方 防 災 行 政 の 現 況 ( 付 平 成 25 年 災 害 年 報 ) 平 成 27 年 1 月 消 防 庁 防 災 課 地 域 防 災 室 応 急 対 策 室 防 災 情 報 室 ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり

More information

FM 局 一 覧 民 放 FM 局 ( 2014 年 12 月 現 在 ) EDR-100AⅡを 設 置 する 地 区 に FM 放 送 局 がない 場 合 は NHK-FM 局 の (MHz)を 選 局 してご 利 用 願 い ます 掲 載 している 内 容 は 2014 年 12 月 1 日 時

FM 局 一 覧 民 放 FM 局 ( 2014 年 12 月 現 在 ) EDR-100AⅡを 設 置 する 地 区 に FM 放 送 局 がない 場 合 は NHK-FM 局 の (MHz)を 選 局 してご 利 用 願 い ます 掲 載 している 内 容 は 2014 年 12 月 1 日 時 緊 急 地 震 速 報 電 話 ページング 装 置 EDR-100AⅡ FM 局 一 覧 FM 局 一 覧 本 資 料 は 参 考 資 料 としてご 利 用 いただくための 資 料 です 掲 載 している 情 報 は 調 査 時 点 で 緊 急 地 震 速 報 を 放 送 している FM ラジオ 局 になります EDR-100AⅡをご 利 用 いただく 時 点 で ご 利 用 になる FM ラジオ

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

人気温泉地ランキング2011

人気温泉地ランキング2011 21 年 12 月 14 日 株 式 会 社 リクルート 旅 行 カンパニー じゃらんリサーチセンター 人 気 温 泉 地 ランキング211 投 票 結 果 報 告 のお 知 らせ もう 一 度 行 ってみたい 温 泉 地 第 1 位 は 箱 根 温 泉 株 式 会 社 リクルート( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO: 柏 木 斉 )の 旅 行 カンパニーに

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

第 2 節 建 築 物 等 災 害 予 防 計 画 地 震 による 建 築 物 等 の 被 害 を 防 止 し 住 民 の 生 命 財 産 等 を 保 護 するため 公 共 建 築 物 の 耐 震 性 を 確 保 するとともに 一 般 建 築 物 の 防 災 指 導 等 を 行 い 建 築 物 等

第 2 節 建 築 物 等 災 害 予 防 計 画 地 震 による 建 築 物 等 の 被 害 を 防 止 し 住 民 の 生 命 財 産 等 を 保 護 するため 公 共 建 築 物 の 耐 震 性 を 確 保 するとともに 一 般 建 築 物 の 防 災 指 導 等 を 行 い 建 築 物 等 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 1 節 都 市 防 災 対 策 計 画 都 市 における 災 害 防 止 のため 適 正 で 秩 序 ある 土 地 利 用 を 図 り 防 災 面 に 配 慮 した 都 市 施 設 の 整 備 や 各 種 都 市 防 災 対 策 を 積 極 的 に 推 進 する 主 な 実 施 機 関 県 ( 都 市 計 画 課 建 築 指 導 課 住 宅 課 ) 市 町 1

More information

指定を受けている設置者一覧

指定を受けている設置者一覧 課 程 について 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 取 の 内 容 管 機 関 る 取 1 北 海 道 三 笠 市 委 員 会 公 2 H16.12 H17.4 2 北 海 道 白 糠 町 委 員 会 公 5 H22.2 H22.4 3 北 海 道 松 前 町 委 員 会 公 4 H22.2 H22.4 4 北 海 道 法 人 北 海 道 シュタイナー 園 私 2 H18.11 H19.4

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた 特 集 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 東 日 本 大 震 災 では 発 災 日 から88 日 間 にわたり 延 べ 約 3 万,000 隊 約 万 人 の 緊 急 防 援 助 隊 が 防 救 助 活 動 に 尽 力 し 5,064 人 の 人 命 を 救 助 した 南 海 トラフでは 過 去 00 年 から50 年 程 度 の 周 期 でマグニチュード8クラスの 海 溝 型 地 震 が

More information

<30375F964096B18FC82E786C73>

<30375F964096B18FC82E786C73> デジタル 化 改 修 計 画 受 信 障 害 対 応 計 画 施 設 名 住 所 整 備 予 定 アナログ 対 対 応 予 定 備 考 改 修 状 況 H20 H21 H22 応 の 有 無 H20 H21 H22 中 央 合 同 庁 舎 第 6 号 館 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1 丁 目 1-1 未 了 - - 中 央 合 同 庁 舎 第 6 号 館 赤 れんが 棟 東 京 都 千

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援 圏 域 南 渡 島 市 町 村 名 函 館 市 北 斗 市 松 前 町 福 島 町 知 内 町 木 古 内 町 七 飯 町 市 町 村 別 地 域 生 活 支 援 拠 点 を 整 備 するための 課 居 住 支 援 機 能 及 び 地 域 包 括 支 援 機 能 のいずれも 受 け 入 れ 出 来 る 施 設 が 町 内 にないことが 課 指 定 特 定 相 談 支 援 事 業 所 については 今

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫 1 1964 営 団 5 号 線 営 団 馬 場 駅 東 京 都 東 京 都 大 成 建 設 10,000 1964 1964 1965 1965 1966 1967 1967 1968 1968 1968 1968 1969 1969 1969 1970 1970 1970 営 団 5 号 線 営 団 竹 平 東 京 都 東 京 都 間 組 13,000 渋 谷 駅 道 地 下 道 東 京 都 東

More information

<89FC92E894C55F3134303331318296332E786477>

<89FC92E894C55F3134303331318296332E786477> 新 潟 県 内 主 要 観 測 所 の 降 雨 確 率 [ 改 訂 版 ] 平 成 26 年 4 月 新 潟 県 土 木 部 河 川 管 理 課 目 次 1. 県 内 主 要 雨 量 観 測 所 1 1-1 アメダス 観 測 所 2 1-2 日 雨 量 観 測 所 4 1-3 時 間 雨 量 観 測 所 10 2. 観 測 所 毎 の 確 率 日 雨 量 及 び 確 率 2 日 雨 量 16 2-1

More information

(参考)国民年金保険料の免除等について

(参考)国民年金保険料の免除等について ( 参 考 ) 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 等 について 1. 保 険 料 の 免 除 猶 予 について 所 得 が 少 ないなど 保 険 料 を 納 めることが 経 済 的 に 困 難 な 場 合 には 本 人 の 申 請 手 続 き によって 承 認 を 受 けると 保 険 料 の 納 付 が 免 除 または 猶 予 される 制 度 ( 次 の3 種 類 )が あります なお 保 険

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

Microsoft Word - 修正内容(資料3.__051108_.doc

Microsoft Word - 修正内容(資料3.__051108_.doc 第 2 回 静 岡 県 国 民 保 護 協 議 会 に 諮 問 した 県 計 画 ( 案 )からの 主 な 修 正 1 県 国 民 保 護 計 画 の 構 成 資 料 編 に 盛 り 込 むこととしていた 様 式 文 例 地 形 図 道 路 一 覧 鉄 道 路 線 一 覧 関 係 機 関 連 絡 先 などについては 常 に 変 更 が 見 込 まれるため 計 画 とは 切 り 離 し 別 に 資 料

More information

阿蘇山の噴火に係る関係省庁災害警戒会議

阿蘇山の噴火に係る関係省庁災害警戒会議 阿 蘇 山 の 噴 火 に 係 る 関 係 省 庁 災 害 警 戒 会 議 議 事 次 第 日 時 : 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 )13:30~ 場 所 : 合 同 庁 舎 8 号 館 3 階 災 害 対 策 本 部 会 議 室 1. 山 谷 特 命 担 当 大 臣 ( 防 災 ) 挨 拶 2. 阿 蘇 山 の 今 後 の 活 動 の 見 通 し 3. 各 省 庁 の 対 応 状

More information

静岡県の土地利用(平成22年版)

静岡県の土地利用(平成22年版) 平 成 22 年 版 静 岡 県 の 土 地 利 用 ( 土 地 利 用 関 係 資 料 集 ) 静 岡 県 交 通 基 盤 部 目 次 参 考 静 岡 県 における 市 町 村 合 併 等 の 動 向 1 Ⅰ 土 地 の 利 用 計 画 1 個 別 規 制 法 による 地 域 区 域 等 の 指 定 状 況 3 2 市 町 別 都 市 計 画 区 域 面 積 5 3 市 町 別 用 途 地 域

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378>

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378> 柱 状 体 圧 入 補 強 協 会 施 工 実 績 表 Kui Taishin - SSP 工 法 PCウェル - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ( 曲 げ 補 強 仕 様 ) 平 成 7 年 月 Kui Taishin-SSP 工 法 道 路 橋 耐 震 補 強 5 上 今 泉 跨 道 橋 外 耐 震 補 強 工 事 7, 袋 井 大 須 賀 線 ( 馬 伏

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2013 年 12 月 12 日 人 気 温 泉 地 ランキング2014 投 票 結 果 報 告 もう 一 度 行 ってみたい 温 泉 地 1 位 は8 年 連 続 で 箱 根 温 泉 草 津 温 泉 が 初 めて2 位 に 関 東 甲 信 越 居 住 者 の 東 日 本 志 向 が 顕 著 に 株 式 会 社 リクルートライフスタイル( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役

More information