Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に 示 唆 のあるデータを 中 心 に 整 理 分 析 したものです PISA2012 年 調 査 における 問 題 解 決 能 力 は 解 決 の 方 法 が 直 ぐには 分 からない 問 題 状 況 を 理 解 し 問 題 解 決 のために 認 知 的 プロセスに 関 わろうとする 個 人 の 能 力 であ り そこには 建 設 的 で 思 慮 深 い 一 市 民 として 個 人 の 可 能 性 を 実 現 するために 自 ら 進 んで 問 題 状 況 に 関 わろうとする 意 志 も 含 まれる と 定 義 されています 問 題 解 決 能 力 の 調 査 は PISA2003 年 調 査 にも 含 まれていましたが 2003 年 調 査 が 筆 記 型 調 査 であったのに 対 し 2012 年 の 問 題 解 決 能 力 調 査 はコンピュータ 使 用 型 調 査 であり 相 互 作 用 的 (インタラクティブ)な 操 作 を 通 じて 問 題 の 解 決 に 必 要 な 情 報 を 探 し 出 すことが 求 められる 等 より 現 実 に 近 い 状 況 での 問 題 解 決 能 力 の 測 定 を 試 み ていることが 特 徴 と 言 えます PISA 調 査 は 特 定 の 学 校 カリキュラムをどれだけ 習 得 しているかを 見 るものではなく 15 歳 児 が 持 っている 知 識 や 技 能 を 実 生 活 の 様 々な 場 面 でどれだけ 活 用 できるかを 見 る 調 査 ですが 2012 年 調 査 の 問 題 解 決 能 力 では その 傾 向 が 顕 著 に 表 れているといえるでしょう 本 報 告 書 は 当 研 究 所 の 下 記 のメンバーが 執 筆 に 当 たりました 小 桐 間 徳 ( 国 立 教 育 政 策 研 究 所 国 際 研 究 協 力 部 長 ): 第 1 章 第 2 章 大 塚 尚 子 ( 同 総 括 研 究 官 ): 第 1 章 第 2 章 第 3 章 袰 岩 晶 ( 同 総 括 研 究 官 ): 第 4 章 また 図 表 付 録 作 成 にあたっては 国 立 教 育 政 策 研 究 所 非 常 勤 職 員 の 若 林 好 美 氏 にも 協 力 いただきました なお PISA2012 年 調 査 のうち 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーの 調 査 結 果 については 既 に 次 の 報 告 書 が 公 表 されていますので あわせて 参 考 にしてい ただければ 幸 いです 国 立 教 育 政 策 研 究 所 編 生 きるための 知 識 と 技 能 5-OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA)2012 年 調 査 国 際 結 果 報 告 書 - 明 石 書 店 2013 年 12 月 本 報 告 書 が 教 育 に 関 わる 多 くの 方 々によって 様 々な 形 で 十 分 活 用 されることを 願 ってやみません 国 立 教 育 政 策 研 究 所 国 際 研 究 協 力 部 長 小 桐 間 徳

4

5 目 次 はじめに 目 次 図 表 一 覧 第 1 章 PISA2012 年 調 査 の 問 題 解 決 能 力 について 1.1 PISA 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 調 査 サイクル 内 容 調 査 対 象 調 査 方 法 結 果 の 分 析 尺 度 問 題 解 決 能 力 調 査 の 概 要 参 加 国 及 び 調 査 対 象 調 査 の 実 施 方 法 問 題 解 決 能 力 の 問 題 フォーム 問 題 解 決 能 力 の 枠 組 み 問 題 解 決 能 力 の 定 義 年 調 査 における 問 題 解 決 能 力 との 違 い OECD 国 際 成 人 力 調 査 (PIAAC)における IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 との 違 い 問 題 解 決 能 力 の3つの 側 面 問 題 解 決 の 内 容 と 出 題 形 式 問 題 解 決 能 力 の 採 点 方 法 10 第 2 章 問 題 解 決 能 力 の 調 査 結 果 2.1 問 題 解 決 能 力 の 習 熟 度 別 国 際 比 較 習 熟 度 レベル 習 熟 度 レベル 別 生 徒 の 割 合 問 題 解 決 能 力 得 点 の 国 際 比 較 各 国 の 問 題 解 決 能 力 得 点 21

6 2.2.2 各 国 内 での 得 点 の 分 布 問 題 解 決 能 力 得 点 の 男 女 差 24 第 3 章 問 題 解 決 能 力 調 査 で 出 された 問 題 3.1 問 題 解 決 能 力 問 題 の 正 答 率 無 答 率 問 題 ごとの 正 答 率 無 答 率 分 類 別 平 均 正 答 率 平 均 無 答 率 問 題 解 決 能 力 の 問 題 例 おそうじロボットに 関 する 問 題 道 路 地 図 に 関 する 問 題 エアコンに 関 する 問 題 切 符 に 関 する 問 題 50 第 4 章 問 題 解 決 能 力 に 影 響 する 要 因 4.1 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーとの 関 係 問 題 解 決 への 取 組 保 護 者 の 職 業 コンピュータの 利 用 学 校 の 違 いによる 影 響 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 77 付 録 1.PISA 調 査 における 数 学 的 リテラシー 平 均 得 点 の 国 際 比 較 ( 経 年 変 化 ) 81 2.PISA 調 査 における 読 解 力 平 均 得 点 の 国 際 比 較 ( 経 年 変 化 ) 82 3.PISA 調 査 における 科 学 的 リテラシー 平 均 得 点 の 国 際 比 較 ( 経 年 変 化 ) 日 本 の 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 経 年 変 化 ) 84 5.PISA2012 年 コンピュータ 使 用 型 調 査 の 平 均 得 点 の 国 際 比 較 85

7 図 表 一 覧 表 PISA 調 査 参 加 国 地 域 3 表 PISA2012 年 調 査 コンピュータ 使 用 型 調 査 で 使 用 した 問 題 フォーム 5 表 問 題 解 決 能 力 の 内 容 出 題 形 式 別 問 題 数 10 表 コンピュータ 使 用 型 調 査 の 問 題 の 形 式 と 採 点 方 法 11 図 習 熟 度 レベルと 問 題 解 決 能 力 問 題 との 関 係 14 表 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 問 題 解 決 能 力 ) 16 図 レベル 2 を 基 準 とする 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 問 題 解 決 能 力 ) 17 表 男 女 別 に 見 た 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 問 題 解 決 能 力 ) 18 図 男 女 別 に 見 たレベル 2 を 基 準 とする 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 問 題 解 決 能 力 ) 19 表 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 と 順 位 の 範 囲 22 表 問 題 解 決 能 力 得 点 の 国 別 分 布 23 表 問 題 解 決 能 力 得 点 の 男 女 差 25 表 各 評 価 分 野 の 得 点 の 男 女 差 26 表 問 題 解 決 能 力 の 側 面 と 正 答 率 無 答 率 27 図 問 題 解 決 能 力 問 題 における 正 答 率 の 差 ( 日 本 -OECD 平 均 ) 28 図 問 題 解 決 能 力 問 題 における 無 答 率 の 差 ( 日 本 -OECD 平 均 ) 29 表 問 題 解 決 能 力 問 題 における 分 類 別 に 見 た 平 均 正 答 率 平 均 無 答 率 30 図 問 題 解 決 のプロセス 別 に 見 た 平 均 正 答 率 ( 日 本 OECD 平 均 ) 31 図 出 題 形 式 別 に 見 た 平 均 正 答 率 ( 日 本 OECD 平 均 ) 31 図 問 題 解 決 能 力 の 問 における 正 答 率 の 分 布 ( 日 本 OECD 平 均 ) 32 表 3.2.1a おそうじロボットに 関 する 問 1の 結 果 34 表 3.2.1b おそうじロボットに 関 する 問 2の 結 果 35 表 3.2.1c おそうじロボットに 関 する 問 3の 結 果 36 表 3.2.2a 道 路 地 図 に 関 する 問 1の 結 果 39 表 3.2.2b 道 路 地 図 に 関 する 問 2の 結 果 41 表 3.2.2c 道 路 地 図 に 関 する 問 3の 結 果 43 表 3.2.3a エアコンに 関 する 問 1の 結 果 46 表 3.2.3b エアコンに 関 する 問 2の 結 果 49 表 3.2.4a 切 符 に 関 する 問 1の 結 果 53 表 3.2.4b 切 符 に 関 する 問 2の 結 果 55 表 3.2.4c 切 符 に 関 する 問 3の 結 果 57 表 問 題 解 決 能 力 と 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーの 関 係 59

8 図 参 加 国 における 問 題 解 決 能 力 と 数 学 的 リテラシーの 関 係 60 表 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 62 表 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 64 表 保 護 者 の 職 業 から 見 た 生 徒 の 割 合 と 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 66 図 保 護 者 の 職 業 が 管 理 職 専 門 職 の 生 徒 と その 他 の 生 徒 の 得 点 差 67 表 自 宅 学 校 でのコンピュータ 利 用 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 差 70 表 問 題 解 決 能 力 の 得 点 における 学 校 間 と 学 校 内 でのばらつき 72 図 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーにおける 学 校 の 均 一 性 指 標 73 表 普 通 科 専 門 学 科 の 違 いから 見 た 生 徒 の 割 合 と 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 75 図 普 通 科 の 生 徒 と 専 門 学 科 の 生 徒 の 得 点 差 76 表 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 78 図 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 と 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーの 得 点 との 関 係 79 図 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 80 付 録 図 表 1. PISA 調 査 における 数 学 的 リテラシー 平 均 得 点 の 国 際 比 較 ( 経 年 変 化 ) PISA 調 査 における 読 解 力 平 均 得 点 の 国 際 比 較 ( 経 年 変 化 ) PISA 調 査 における 科 学 的 リテラシー 平 均 得 点 の 国 際 比 較 ( 経 年 変 化 ) 日 本 の 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 経 年 変 化 ) PISA2012 年 コンピュータ 使 用 型 調 査 の 平 均 得 点 の 国 際 比 較 85

9 第 1 章 PISA2012 年 調 査 の 問 題 解 決 能 力 について 1.1 PISA 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA ピザ :Programme for International Student Assessment) は OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )がその 加 盟 国 及 び 非 加 盟 国 の 参 加 を 得 て 世 界 的 に 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 である 調 査 内 容 は 主 要 分 野 が 読 解 力 数 学 的 リテラシー 科 学 的 リテラシー の 3 分 野 であ り 2012 年 調 査 では 国 際 オプションとして コンピュータ 使 用 型 調 査 ( デジタル 数 学 的 リテ ラシー デジタル 読 解 力 問 題 解 決 能 力 )も 併 せて 実 施 した 2012 年 調 査 には 65 か 国 地 域 (OECD 加 盟 国 34 か 国 非 加 盟 31 か 国 地 域 )が 参 加 し た 国 際 オプションであるデジタル 数 学 的 リテラシー 及 びデジタル 読 解 力 には 32 か 国 地 域 (OECD 加 盟 国 23 か 国 非 加 盟 9 か 国 地 域 )が 問 題 解 決 能 力 には 44 か 国 地 域 (OECD 加 盟 28 か 国 非 加 盟 16 か 国 地 域 )が 参 加 した( 表 1.1.1) 国 際 的 な 調 査 の 実 施 調 整 は オーストラリア 教 育 研 究 所 (ACER)を 中 心 とする 国 際 コン ソーシアムが 担 当 し テスト 問 題 及 び 質 問 紙 調 査 項 目 の 開 発 調 査 の 実 施 調 整 データの 収 集 結 果 の 分 析 等 を 行 った 日 本 では 国 際 コンソーシアムのメンバーでもある 国 立 教 育 政 策 研 究 所 を 中 心 に 文 部 科 学 省 及 び 国 立 大 学 法 人 東 京 工 業 大 学 教 育 工 学 開 発 センターと 連 携 協 力 して PISA 調 査 を 実 施 した 調 査 サイクル 内 容 PISA 調 査 は 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシー の 3 分 野 について 3 年 ごとのサイクルで 実 施 されている 第 1 サイクルは 2000 年 に 第 2 サイクルは 2003 年 に 第 3 サイクルは 2006 年 に 第 4 サイクルは 2009 年 にと 3 年 ごとに 本 調 査 を 実 施 することと なっており それぞれ 2000 年 は 読 解 力 2003 年 は 数 学 的 リテラシー 2006 年 は 科 学 的 リテ ラシー 2009 年 は 読 解 力 が 中 心 分 野 であった 2012 年 調 査 は 第 5 サイクルとして あらため て 数 学 的 リテラシーを 中 心 分 野 として 行 われた 2012 年 調 査 では 参 加 が 任 意 の 国 際 オプションとして コンピュータ 使 用 型 の デジタル 数 学 的 リテラシー デジタル 読 解 力 問 題 解 決 能 力 の 調 査 が 実 施 され 日 本 もこれに 参 加 した なお 問 題 解 決 能 力 は 2003 年 調 査 においても 筆 記 型 調 査 として 実 施 されている(1.4.1 項 参 照 ) PISA 調 査 は 義 務 教 育 修 了 段 階 の 15 歳 児 が 持 っている 知 識 や 技 能 を 実 生 活 の 様 々な 場 面 でどれだけ 活 用 できるかをみるものであり 特 定 の 学 校 カリキュラムをどれだけ 習 得 している 1

10 かをみるものではない 思 考 プロセスの 習 得 概 念 の 理 解 及 び 各 分 野 の 様 々な 状 況 の 中 でそ れらを 生 かす 力 を 重 視 している 調 査 対 象 国 際 的 な 対 象 母 集 団 の 規 定 に 従 って 日 本 では 高 等 学 校 本 科 の 全 日 制 学 科 定 時 制 学 科 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程 高 等 専 門 学 校 に 通 う 15 歳 児 (1 年 生 ) 約 117 万 人 を 調 査 対 象 母 集 団 と 定 義 し 層 化 二 段 抽 出 法 によって 調 査 を 実 施 する 学 校 ( 学 科 )を 決 定 し 各 学 校 ( 学 科 )から 調 査 対 象 生 徒 を 無 作 為 に 選 出 した 調 査 には 全 国 の 191 校 ( 学 科 ) 約 6,400 人 の 生 徒 が 参 加 した 調 査 方 法 2012 年 調 査 では 2 時 間 の 筆 記 型 調 査 と 約 30 分 間 の 生 徒 質 問 紙 を 実 施 した 後 国 際 オプシ ョンである 40 分 間 のコンピュータ 使 用 型 調 査 を 実 施 した PISA 調 査 は 多 肢 選 択 式 及 び 自 由 記 述 式 等 の 問 題 から 構 成 されている 設 問 は 実 生 活 で 遭 遇 するような 状 況 を 説 明 する 文 章 等 に 基 づいて 解 答 するものとなっている コンピュータ 使 用 型 調 査 では 問 題 の 組 み 合 わせによって 24 種 類 のフォームが 準 備 され 生 徒 はそのうちの 1 種 類 に 解 答 した 生 徒 を 対 象 に 生 徒 自 身 及 び 学 習 環 境 等 に 関 する 情 報 を 収 集 する 生 徒 質 問 紙 については 2012 年 調 査 ではじめて 質 問 項 目 が 一 部 異 なる 3 種 類 の 質 問 紙 が 使 用 され 各 生 徒 はそのうちの 1 種 類 の 質 問 紙 に 回 答 した また 校 長 を 対 象 に 学 校 に 関 する 情 報 を 収 集 する 学 校 質 問 紙 は 従 来 通 り 1 種 類 で 実 施 した それぞれ 回 答 時 間 は 約 30 分 程 度 であった 結 果 の 分 析 尺 度 PISA 調 査 の 結 果 は 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシー といった 各 分 野 が 最 初 に 中 心 分 野 となった 年 の OECD 加 盟 国 における 平 均 得 点 が 500 点 約 3 分 の 2 の 生 徒 が 400 点 から 600 点 の 間 に 入 るように 換 算 (OECD 加 盟 国 の 平 均 が 500 点 標 準 偏 差 が 100 点 ) している ただし 2000 年 調 査 以 降 トルコ スロバキアが 2010 年 にはチリ エストニア イスラエル スロベニアが OECD に 加 盟 したため これらを OECD 加 盟 国 として 扱 っている ことなどから 平 均 得 点 が 必 ずしも 500 点 になっていない 2012 年 調 査 の 問 題 解 決 能 力 につ いては 参 加 した OECD 加 盟 28 か 国 の 平 均 得 点 が 500 点 になるように 換 算 されている PISA 調 査 では 調 査 分 野 ごとに 調 査 問 題 の 難 易 度 を 基 に 個 々の 生 徒 の 習 熟 度 (proficiency) を 得 点 化 し それを 一 定 の 範 囲 で 区 切 ったものを 習 熟 度 レベル(proficiency level)と 呼 ぶ 習 熟 度 レベルは 数 学 的 リテラシー 及 び 科 学 的 リテラシーでは 7 段 階 読 解 力 では 2009 年 調 査 より 8 段 階 となっている 2012 年 調 査 における 問 題 解 決 能 力 では 7 段 階 に 区 切 っている (2.1.1 項 参 照 ) 2

11 表 PISA 調 査 参 加 国 地 域 国 地 域 名 2009 年 調 査 年 調 査 デジタル* プラス 問 題 解 決 能 力 デジタル** オーストラリア オーストリア ベルギー カナダ チリ チェコ デンマーク エストニア フィンランド フランス ドイツ ギリシャ ハンガリー アイスランド O E C D アイルランド イスラエル イタリア 日 本 加 ルクセンブルグ 盟 メキシコ 国 オランダ ニュージーランド ノルウェー ポーランド ポルトガル 韓 国 スロバキア スロベニア スペイン スウェーデン スイス トルコ イングランド アメリカ OECD 加 盟 国 小 計 28か 国 - 30か 国 30か 国 34か 国 16か 国 - 34か 国 28か 国 23か 国 アルバニア アルゼンチン アゼルバイジャン ブラジル ブルガリア 香 港 マカオ 上 海 台 湾 コロンビア コスタリカ クロアチア キプロス タミル ナドゥ 州 (インド) ヒマーチャル プラデシュ 州 (インド) インドネシア グルジア 非 ヨルダン O E C D カザフスタン キルギス ラトビア リヒテンシュタイン 加 リトアニア 盟 マケドニア 国 マレーシア マルタ 地 モーリシャス 域 ミランダ 州 (ベネズエラ) モルドバ モンテネグロ パナマ ペルー カタール ルーマニア ロシア セルビア シンガポール タイ トリニダード トバゴ チュニジア アラブ 首 長 国 連 邦 ウルグアイ ベトナム 非 OECD 加 盟 国 地 域 小 計 計 2000 年 調 査 4か 国 32か 国 2000 プラス 11か 国 地 域 11か 国 地 域 2003 年 調 査 11か 国 地 域 41か 国 地 域 2006 年 調 査 27か 国 地 域 57か 国 地 域 31か 国 地 域 65か 国 地 域 3か 国 地 域 19か 国 地 域 10か 国 地 域 10か 国 地 域 31か 国 地 域 65か 国 地 域 16か 国 地 域 44か 国 地 域 9か 国 地 域 32か 国 地 域 ( 注 ) 1. 網 掛 は 調 査 に 参 加 したことを 示 す 灰 色 の 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 地 域 2003 年 調 査 時 においては モンテネグロとセルビアが セルビア モンテネグロ として 参 加 してい るため これを1か 国 としている また アラブ 首 長 国 連 邦 は2009 年 調 査 ではドバイのみの 参 加 で 国 としての 参 加 は2009プラス 調 査 以 降 ( 注 ) 2.デジタル*は2009 年 のデジタル 読 解 力 調 査 デジタル**は2012 年 のデジタル 数 学 的 リテラシー 調 査 デジタル 読 解 力 調 査 を 意 味 する 3

12 1.2 問 題 解 決 能 力 調 査 の 概 要 参 加 国 及 び 調 査 対 象 PISA2012 年 調 査 の 国 際 オプションである 問 題 解 決 能 力 に 参 加 したのは 44 か 国 地 域 であっ た うち OECD 加 盟 国 はオーストラリア オーストリア ベルギー カナダ チェコ チリ デンマーク エストニア フィンランド フランス ドイツ ハンガリー アイルランド イ スラエル イタリア 日 本 韓 国 オランダ ノルウェー ポーランド ポルトガル スロバ キア スロベニア スペイン スウェーデン トルコ イングランド(イギリスについてはイ ングランドのみ 参 加 ) アメリカの 28 か 国 が 非 加 盟 国 地 域 はブラジル ブルガリア 台 湾 コロンビア クロアチア キプロス 香 港 マカオ マレーシア モンテネグロ ロシア セ ルビア 上 海 シンガポール アラブ 首 長 国 連 邦 ウルグアイの 16 か 国 地 域 が 参 加 であった 国 名 表 記 については 以 下 文 章 中 における 説 明 や 図 表 での 表 記 における 煩 雑 さを 避 けるた めに アメリカ 合 衆 国 をアメリカとするなど 原 則 として 全 ての 国 について 略 称 を 用 いている なお 香 港 マカオ 上 海 等 国 としての 参 加 ではない 場 合 もあるが 煩 雑 さを 避 けるために 以 下 では 国 地 域 ではなく 国 としている また 本 報 告 書 では 紙 幅 の 関 係 もあり 図 表 に 全 ての 参 加 国 を 掲 載 することができない 場 合 2009 年 調 査 及 び 2012 年 調 査 の 日 本 語 版 国 際 報 告 書 で 取 り 上 げた 17 か 国 のうち 問 題 解 決 能 力 に 参 加 した 16 か 国 ( 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ 香 港 台 湾 シンガポ ール 上 海 )の 結 果 を 取 り 上 げた 日 本 では 2012 年 調 査 に 参 加 した 191 校 ( 学 科 )のうち 学 校 のコンピュータがコンピュ ータ 使 用 型 調 査 を 実 施 するための 要 件 をクリアした 181 校 ( 学 科 )で 行 われ 約 6,300 人 の 生 徒 が 参 加 した 調 査 の 実 施 方 法 問 題 解 決 能 力 を 含 むコンピュータ 使 用 型 調 査 は 筆 記 型 調 査 の 終 了 後 生 徒 が 普 段 学 校 で 使 用 しているコンピュータを 用 いて 実 施 した まず 各 学 校 の 教 員 が 調 査 問 題 の 入 った USB メモ リーから 調 査 プログラムを 立 ち 上 げ 次 に 生 徒 が 練 習 問 題 に 引 き 続 き 調 査 問 題 に 取 り 組 む それらの 解 答 は 調 査 終 了 後 自 動 的 に USB メモリーに 保 存 され 回 収 される 調 査 の 主 な 流 れは 以 下 のとおりである 導 入 説 明 等 練 習 問 題 コンピュータ 使 用 型 調 査 USBメモリー の 回 収 約 5 分 約 10 分 40 分 約 5 分 計 1 時 間 4

13 1.2.3 問 題 解 決 能 力 の 問 題 フォーム 2012 年 調 査 では 学 習 到 達 度 に 関 する 調 査 として 筆 記 型 調 査 とコンピュータ 使 用 型 調 査 の 2 種 類 が 行 われた 調 査 実 施 にあたっては 国 際 ルールにより コンピュータ 使 用 型 調 査 は 必 ず 筆 記 型 調 査 の 後 に 実 施 された コンピュータ 使 用 型 調 査 (デジタル 読 解 力 デジタル 数 学 的 リテラシー 問 題 解 決 能 力 )と 筆 記 型 調 査 との 大 きな 違 いは 問 題 を 解 くために グラフの 作 成 表 のソート グラフのドラ ッグ ホームページへのアクセス ボタンのクリック コピー&ペースト E メールの 送 受 信 電 子 掲 示 板 への 書 き 込 み 等 いわゆる ICT リテラシーに 関 する 技 能 を 用 いる 点 である 筆 記 型 調 査 では ブックレットと 呼 ばれる 調 査 冊 子 が 13 種 類 用 意 され 各 生 徒 に 一 つのブ ックレットが 指 定 され 2 時 間 かけて 解 答 してもらった( 生 きるための 知 識 と 技 能 ページ 参 照 ) コンピュータ 使 用 型 調 査 については 24 種 類 の 問 題 フォームが 用 意 され 生 徒 は 指 定 された 一 つのフォームについて 解 答 することが 求 められた 24 種 類 のフォームは 表 のように 構 成 されている 問 題 解 決 能 力 デジタル 数 学 的 リテラシー デジタル 読 解 力 の 三 つの 分 野 に 関 する 問 題 がいくつかの 問 題 群 に 分 けられており 問 題 群 の 組 み 合 わせを 変 えることによって 異 なるフォームが 構 成 されている 問 題 解 決 能 力 及 びデジタル 数 学 的 リテラシーは 四 つの 問 題 群 デジタル 読 解 力 は 二 つの 問 題 群 からなり デジタル 読 解 力 の 二 つの 問 題 群 を 構 成 する 問 題 はす べて 2009 年 調 査 で 使 用 したものである なお コンピュータ 使 用 型 調 査 のうち 問 題 解 決 能 力 にのみ 参 加 し デジタル 読 解 力 及 びデジタル 数 学 的 リテラシーには 参 加 しなかった 国 において は 問 題 解 決 能 力 の 問 題 群 のみから 成 るフォームが 使 用 された 表 PISA2012 年 調 査 コンピュータ 使 用 型 調 査 で 使 用 した 問 題 フォーム 問 題 フォーム 問 題 群 1( 前 半 ) 問 題 群 2( 後 半 ) 1 問 題 解 決 能 力 1 問 題 解 決 能 力 2 2 デジタル 読 解 力 1 デジタル 読 解 力 2 3 デジタル 数 学 3 デジタル 数 学 4 4 問 題 解 決 能 力 3 デジタル 読 解 力 1 5 デジタル 読 解 力 2 デジタル 数 学 2 6 デジタル 数 学 1 問 題 解 決 能 力 4 7 デジタル 読 解 力 2 デジタル 読 解 力 1 8 デジタル 数 学 2 デジタル 数 学 1 9 問 題 解 決 能 力 3 問 題 解 決 能 力 4 10 デジタル 数 学 4 デジタル 読 解 力 2 11 問 題 解 決 能 力 1 デジタル 数 学 3 12 デジタル 読 解 力 1 問 題 解 決 能 力 2 13 デジタル 数 学 1 デジタル 数 学 3 14 問 題 解 決 能 力 4 問 題 解 決 能 力 1 15 デジタル 読 解 力 1 デジタル 読 解 力 2 16 問 題 解 決 能 力 2 デジタル 数 学 4 17 デジタル 読 解 力 2 問 題 解 決 能 力 3 18 デジタル 数 学 2 デジタル 読 解 力 1 19 問 題 解 決 能 力 2 問 題 解 決 能 力 3 20 デジタル 数 学 4 デジタル 数 学 2 21 デジタル 読 解 力 2 デジタル 読 解 力 1 22 デジタル 数 学 3 問 題 解 決 能 力 1 23 デジタル 読 解 力 1 デジタル 数 学 1 24 問 題 解 決 能 力 4 デジタル 読 解 力 2 ( 注 ) 問 題 解 決 能 力 問 題 は4つの 問 題 群 がある デジタル 数 学 的 リテラシー 問 題 は4つの 問 題 群 がある デジタル 読 解 的 リテラシー 力 問 題 は2つの 問 題 群 がある 5

14 1.3 問 題 解 決 能 力 の 枠 組 み 問 題 解 決 能 力 の 定 義 PISA2012 年 調 査 における 問 題 解 決 能 力 問 題 によって 測 ろうとしている 力 は 次 のように 定 義 されている(OECD(2013), PISA2012 Assessment and Analytical Framework, OECD publishing) 問 題 解 決 能 力 とは 解 決 の 方 法 が 直 ぐには 分 からない 問 題 状 況 を 理 解 し 問 題 解 決 のた めに 認 知 的 プロセスに 関 わろうとする 個 人 の 能 力 であり そこには 建 設 的 で 思 慮 深 い 一 市 民 として 個 人 の 可 能 性 を 実 現 するために 自 ら 進 んで 問 題 状 況 に 関 わろうとする 意 志 も 含 まれる (1) 解 決 の 方 法 が 直 ぐには 分 からない とは 実 生 活 では 同 じ 課 題 であっても 今 まで 経 験 したことがない と 思 う 人 と よく 見 る 問 題 だ と 思 う 人 がいる 実 際 PISA 調 査 の 問 題 解 決 能 力 問 題 のなかには 15 歳 の 生 徒 には なじみのない 問 題 も 含 まれている もちろん 現 実 の 状 況 に 位 置 づけられた 問 題 状 況 の 文 脈 や 目 的 に 慣 れている 生 徒 もいるが 提 示 される 個 々の 問 題 は 斬 新 なものであり 解 決 の 方 法 が 直 ぐ には 分 からないものになっている 部 屋 の 照 明 がつかない 原 因 を 特 定 する 問 いを 例 にあげてみよう スイッチが 壊 れているから 照 明 がつかない あるいは 停 電 している 電 球 を 交 換 する 必 要 があるといった 原 因 が 考 えられ る こうした 状 況 は 多 くの 15 歳 の 生 徒 になじみがあるかもしれない しかし ほとんどの 生 徒 にとって この 種 の 問 題 に 対 する 技 能 や 知 識 を 発 達 させる 機 会 はこれまでなかった 照 明 が つかないといった 問 題 が 生 じた 状 況 を 用 いて PISA 調 査 の 問 いが 作 られ それを 生 徒 が 取 り 組 む 際 には 少 なくとも 自 分 がすでに 持 っている 解 決 方 法 を 応 用 する 必 要 がある たとえ 初 めて 経 験 する 問 題 状 況 であったとしても すでに 学 校 で 学 習 した 内 容 を 含 め 一 般 的 な 解 決 方 法 を 知 っていることは 助 けになる 上 述 した 照 明 の 問 題 はまさに 典 型 的 な 例 である 解 答 者 が 原 因 と 結 果 の 関 係 について 理 解 を 深 める 必 要 がある 多 くの 問 題 では 一 度 にひとつ の 変 数 だけ 変 化 させる というアプローチが 効 果 的 である これは 自 然 科 学 における 実 験 的 方 法 の 中 核 をなすものであり 世 界 中 の 学 校 のカリキュラムで 教 えられていることである また PISA 調 査 の 問 題 解 決 能 力 問 題 には 学 校 のカリキュラム 以 外 の 解 決 方 法 を 応 用 することが 暗 に 求 められる 場 合 もある 6

15 (2) 問 題 状 況 を 理 解 し 問 題 解 決 のために 認 知 的 プロセスに 関 わろうとする 個 人 の 能 力 とは 問 題 の 解 決 は 問 題 状 況 が 存 在 することを 認 識 し 問 題 状 況 の 特 徴 を 理 解 することから 始 ま り 解 決 策 を 計 画 実 行 し 活 動 全 体 を 通 して 問 題 解 決 の 過 程 を 観 察 評 価 することが 求 めら れる PISA2012 年 調 査 では 生 徒 の 各 問 に 対 する 解 答 そのものを 測 るだけでなく 解 答 者 の 問 題 解 決 に 用 いる 解 決 方 法 やそこに 至 る 過 程 といった 行 動 に 関 するデータもコンピュータに よって 収 集 されている (3) 自 ら 進 んで 問 題 状 況 に 関 わろうとする 意 志 も 含 まれる とは 問 題 を 解 決 するために 知 識 や 技 能 を 用 いることは 動 機 的 要 因 (motivational factors)や 情 動 的 要 因 (affective factors)とも 関 わっていることを 示 す PISA2012 年 調 査 の 問 題 解 決 能 力 調 査 では 生 徒 が 自 ら 進 んで 見 慣 れない 問 題 状 況 に 関 わろうとする 意 志 が 問 題 解 決 能 力 の 一 部 として 不 可 欠 であるという 立 場 を 取 っている 問 題 解 決 能 力 の 国 際 報 告 書 においては 問 題 に 取 り 組 む 際 の 忍 耐 力 (perseverance) や 問 題 解 決 における 柔 軟 性 (openness) という 分 析 の 指 標 を 作 成 し こうした 動 機 的 情 動 的 要 因 と 得 点 との 関 連 について 分 析 を 行 っている(4.2 節 参 照 ) 年 調 査 における 問 題 解 決 能 力 との 違 い (1) 定 義 の 違 い PISA2003 年 調 査 においては 筆 記 型 の 問 題 解 決 能 力 調 査 を 実 施 している PISA2012 年 調 査 における 問 題 解 決 能 力 の 定 義 は 2003 年 調 査 における 問 題 解 決 能 力 の 定 義 と 共 通 する 部 分 すなわち 解 決 の 方 法 が 直 ぐには 分 からない 問 題 状 況 を 理 解 し 問 題 解 決 のために 認 知 的 プロセスに 関 わろうとする 個 人 の 能 力 であり がある しかし 2003 年 調 査 が 問 題 解 決 能 力 問 題 の 認 知 的 側 面 に 注 目 し 教 科 横 断 的 な 性 質 を 強 調 していたのに 対 し 2012 年 調 査 は 自 ら 進 んで 問 題 状 況 に 関 わろうとする 意 志 といった 情 動 的 要 因 を 定 義 に 含 めている 点 が 一 つ 目 の 大 きな 違 いである (2) 調 査 実 施 形 態 の 違 い また 調 査 の 実 施 形 態 の 違 いが 二 つ 目 の 大 きな 違 いである 2003 年 は 筆 記 型 調 査 として 問 題 解 決 能 力 調 査 を 実 施 した 筆 記 型 調 査 では 解 答 者 に 最 初 の 段 階 で 解 決 に 至 るすべての 情 報 が 提 示 されている 一 方 2012 年 調 査 では コンピュータ 使 用 型 調 査 として 問 題 解 決 能 力 調 査 を 実 施 し 解 答 者 には 最 初 の 段 階 では 必 要 なすべての 情 報 が 提 示 されておらず 問 題 状 況 との 相 互 作 用 を 行 い 必 要 な 情 報 を 探 索 し 理 解 しなければ 解 決 できない 問 題 も 含 めるこ とが 可 能 となっている このように 2003 年 調 査 の 問 題 解 決 能 力 と 2012 年 調 査 の 問 題 解 決 能 力 とでは 枠 組 み 及 び 調 査 実 施 形 態 が 異 なっていることに 加 え 同 一 の 問 題 が 全 く 含 まれていないことから 両 調 査 7

16 の 結 果 を 直 接 比 較 することはできない 点 に 留 意 が 必 要 である(2003 年 調 査 における 問 題 解 決 能 力 の 枠 組 み 及 び 調 査 結 果 については 生 きるための 知 識 と 技 能 2 ( 国 立 教 育 政 策 研 究 所 編 ぎょうせい 2004 年 )を 参 照 ) OECD 国 際 成 人 力 調 査 (PIAAC)における IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 との 違 い PIAAC 調 査 は 16~65 才 の 成 人 を 対 象 にした 対 面 式 の 標 本 調 査 であり その 結 果 は 2013 年 10 月 に 公 表 された( 国 立 教 育 政 策 研 究 所 編 成 人 スキルの 国 際 比 較 明 石 書 店 2013 年 ) PIAAC 調 査 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 と PISA2012 年 調 査 の 問 題 解 決 能 力 とは 2 つ の 大 きな 相 違 点 がある 第 一 の 違 いとして PIAAC 調 査 では 情 報 が 大 量 に 提 供 されており そこから 情 報 を 探 索 評 価 し 自 分 が 解 決 する 問 いに 対 して 関 連 がある 情 報 か 否 かを 判 断 する 必 要 がある 点 である 例 えば PIAAC 調 査 では インターネット 又 はソーシャルネットワーキングサービス(SNS) 上 で 必 要 な 情 報 を 探 索 し 評 価 することが 求 められる 一 方 PISA 調 査 の 問 題 解 決 能 力 の 方 にはそのような 問 題 は 含 まれない(デジタル 読 解 力 問 題 には 含 まれる) 第 二 の 違 いは PIAAC 調 査 での 問 題 解 決 に 至 る 過 程 では 複 数 のコンピュータソフト(イ ンターネットブラウザ 電 子 メール 表 計 算 ソフト)を 使 用 する 能 力 が 求 められることである 一 方 PISA 調 査 の 問 題 解 決 能 力 では コンピュータの 操 作 は 必 要 であるが 問 題 解 決 能 力 の 定 義 の 中 には 含 まれない PISA 調 査 の 問 題 解 決 能 力 問 題 では キーボードを 使 用 した 文 字 や 数 字 の 入 力 マウスでクリックしたり ドラッグ&ドロップしたりといった 基 本 的 なコンピ ュータの 操 作 のみが 必 要 であり それらも 練 習 問 題 の 中 で 説 明 される つまり PISA 調 査 の 問 題 解 決 能 力 では ICT の 活 用 の 有 無 に 関 わらず 問 題 解 決 へと 至 る 認 知 的 プロセスにのみ 焦 点 が 当 てられている(OECD(2013), PISA2012 Assessment and Analytical Framework, OECD publishing) 問 題 解 決 能 力 の3つの 側 面 問 題 解 決 能 力 の 枠 組 みは 以 下 のとおり 三 つの 要 素 によって 特 徴 づけられている (1) 問 題 状 況 の 特 徴 問 題 状 況 の 特 徴 は 問 題 を 解 決 するために 必 要 な 全 ての 情 報 が 解 答 者 に 最 初 から 開 示 され ているかどうかによって 次 の 二 つに 分 類 される 1 相 互 作 用 的 (Interactive) な 問 題 状 況 では 問 題 解 決 に 関 係 する 全 ての 情 報 は 開 示 さ れておらず 問 題 状 況 を 探 究 し 必 要 な 情 報 を 発 見 しなければならない 例 えば 新 し い 携 帯 電 話 や 初 めて 見 る 券 売 機 といった なじみのない 機 器 に 直 面 した 時 の 問 題 等 であ る 8

17 2 静 的 (Static) な 問 題 状 況 では 問 題 解 決 に 関 係 する 全 ての 情 報 が 解 答 者 に 最 初 か ら 開 示 されている (2) 問 題 解 決 のプロセス 問 題 解 決 能 力 調 査 で 測 定 される 認 知 的 プロセスは 次 の 四 つに 分 類 されている 1 探 究 理 解 : 問 題 状 況 を 観 察 し 情 報 を 探 究 して 制 約 又 は 障 壁 を 見 つけ 出 す 与 え られた 情 報 及 び 問 題 状 況 を 通 じて 見 つけ 出 した 情 報 を 理 解 していることが 示 される 2 表 現 定 式 化 : 問 題 状 況 の 各 側 面 を 表 現 するために 表 やグラフ 記 号 言 語 を 用 い る 関 連 要 素 とその 相 互 関 係 に 関 する 仮 説 を 立 てる 3 計 画 実 行 : 最 終 的 な 目 標 及 びそれに 向 けての 小 さな 目 標 を 設 定 し 問 題 を 解 決 する ための 計 画 又 は 方 法 を 決 定 して それに 従 い 実 行 する 4 観 察 熟 考 : 問 題 解 決 へと 至 るそれぞれの 段 階 過 程 を 観 察 する 途 中 経 過 を 確 認 し 想 定 していない 出 来 事 に 遭 遇 した 場 合 必 要 な 処 置 を 行 う 解 決 に 至 る 方 法 を 様 々な 観 点 から 熟 考 し 想 定 や 別 の 解 決 策 を 批 判 的 に 評 価 し 追 加 情 報 や 明 確 化 の 必 要 性 を 認 識 し 進 捗 状 況 を 適 切 な 方 法 で 報 告 する (3) 問 題 の 文 脈 問 題 解 決 能 力 の 問 題 は 現 実 世 界 の 文 脈 の 中 に 位 置 づけられ 提 示 される その 文 脈 は 次 のように 分 類 されている 1 状 況 (テクノロジー/ 非 テクノロジー) テクノロジー に 分 類 される 問 題 は 例 えば 携 帯 電 話 家 電 用 リモコン 券 売 機 等 と いった 機 器 を 使 用 する 状 況 である これらの 機 器 についての 内 部 構 造 に 関 する 知 識 は 必 要 としないが 機 器 をコントロールしたり 問 題 状 況 を 解 決 するための 前 提 として 生 徒 は 機 器 の 機 能 を 探 索 し 理 解 するよう 求 められる 一 方 非 テクノロジー に 分 類 される 問 題 は 出 発 地 から 目 的 地 までの 経 路 決 定 やスケ ジュール 作 成 意 思 決 定 といった 状 況 を 含 んでいる 2 用 途 ( 私 的 / 社 会 的 ) 私 的 用 途 に 分 類 される 問 題 は 主 に 生 徒 自 身 や 家 族 親 しい 友 人 に 関 わるものであ る 社 会 的 用 途 は 地 域 社 会 や 社 会 といったより 広 い 社 会 的 な 状 況 に 関 わるものであ る 問 題 解 決 の 内 容 と 出 題 形 式 問 題 解 決 能 力 の 問 題 は 特 定 の 文 脈 をもつ 大 問 として 構 成 し その 中 に 複 数 の 小 問 が 含 まれ ている 問 題 解 決 能 力 の 大 問 は 全 部 で 16 あり 問 題 数 は 小 問 単 位 で 42 題 である 表 は 内 容 出 題 形 式 別 にその 小 問 単 位 の 問 題 数 を 示 したものである 9

18 問 題 解 決 能 力 の 側 面 問 題 解 決 のプロセス 問 題 状 況 の 特 徴 問 題 の 文 脈 状 況 用 途 表 問 題 解 決 能 力 の 内 容 出 題 形 式 別 問 題 数 問 題 解 決 能 力 の 領 域 全 問 題 数 出 題 形 式 コンピュータによる 自 動 採 点 採 点 者 による 採 点 選 択 肢 形 式 複 合 的 多 肢 選 択 肢 選 択 形 式 (その 他 ) 形 式 求 答 形 式 探 究 理 解 表 現 定 式 化 計 画 実 行 観 察 熟 考 計 相 互 作 用 的 静 的 計 テクノロジー 非 テクノロジー 計 私 的 社 会 的 計 自 由 記 述 形 式 大 問 は あらかじめ 4 つの 問 題 群 に 分 けられ 表 で 示 したように 24 種 類 の 問 題 フォー ムのうち 12 のフォームに 割 り 当 てられ 問 題 群 の 位 置 は 前 半 に 含 まれたり 後 半 に 含 まれたり と フォームによって 異 なっている 1 つの 問 題 群 は 解 答 に 20 分 を 要 すると 想 定 され 10 題 あるいは 11 題 の 小 問 から 構 成 されて いる このようにすべての 生 徒 が 同 じ 問 題 群 に 取 り 組 んだわけではないが ある 共 通 の 問 題 群 への 正 答 の 程 度 を 基 に 全 ての 生 徒 の 習 熟 度 を 同 一 の 基 準 で 得 点 化 した 問 題 解 決 能 力 の 採 点 方 法 コンピュータ 使 用 型 調 査 の 採 点 方 法 は 生 徒 の 解 答 データを 収 集 後 いったん 採 点 用 のサイ トにデータを 移 行 し オンラインで 採 点 を 行 った 五 つの 出 題 形 式 のうち 自 由 記 述 形 式 6 題 ( 約 14%)のみが 採 点 者 によって 採 点 され その 他 の 四 つの 出 題 形 式 はコンピュータによる 自 動 採 点 である 採 点 については 採 点 者 による 主 観 的 な 判 断 を 最 小 限 にするため 事 前 に 採 点 基 準 を 示 した マニュアルが 国 際 センターによって 用 意 され 各 国 の 調 査 採 点 担 当 者 を 集 めた 採 点 に 関 する トレーニングが 実 施 された そこでのトレーニングをもとに 各 国 で 採 点 者 の 採 点 トレーニン グを 行 ったのち 実 際 の 採 点 作 業 を 行 った また 各 国 とも 一 部 の 解 答 については 複 数 の 採 点 者 が 独 立 して 採 点 を 行 い 採 点 者 間 の 一 致 度 を 国 際 センターがチェックした 10

19 表 コンピュータ 使 用 型 調 査 の 問 題 の 形 式 と 採 点 方 法 問 題 形 式 問 題 の 特 徴 採 点 方 法 選 択 肢 形 式 ( 多 肢 選 択 形 式 ) 与 えられた 選 択 肢 の 中 から 1 つの 答 えを 選 択 する 問 題 ラジオボタン( ) 等 をクリック して 解 答 する コンピュータによる 自 動 採 点 複 合 的 多 肢 選 択 形 式 できる/できない または はい/いいえ のどちらかをラジオボタンをクリックして 答 える 問 いが 連 続 している 問 題 コンピュータによる 自 動 採 点 選 択 肢 形 式 (その 他 ) 文 章 等 の 一 部 または 複 数 がプルダウンメニ ューになっており 各 プルダウンメニューの リストから1つの 答 えを 選 択 し 解 答 する 問 題 コンピュータによる 自 動 採 点 求 答 形 式 数 値 を 入 力 して 答 える 問 題 または クリッ クやドラッグ&ドロップ 反 転 表 示 等 指 示 された 操 作 を 使 って 解 答 する 問 題 コンピュータによる 自 動 採 点 自 由 記 述 形 式 答 えを 導 いた 考 え 方 や 求 め 方 理 由 を 説 明 す るなど 長 めの 語 句 や 文 章 を 入 力 して 答 える 問 題 1 名 の 採 点 者 が 採 点 ガイドに 基 づい てコードを 付 ける 一 部 の 予 め 決 め られた 解 答 については 複 数 の 採 点 者 が 採 点 する(コードを 付 ける) 11

20 第 2 章 問 題 解 決 能 力 の 調 査 結 果 2.1 問 題 解 決 能 力 の 習 熟 度 別 国 際 比 較 習 熟 度 レベル 2012 年 調 査 では 問 題 解 決 能 力 のそれぞれの 問 題 の 難 易 度 を 基 に 個 々の 生 徒 の 習 熟 度 を 得 点 化 し 七 つの 習 熟 度 レベルに 分 け これによって 各 国 のレベルごとの 生 徒 の 割 合 がわかるよ うにした 七 つの 習 熟 度 レベルは 次 の 得 点 に 対 応 し 一 つのレベルはおよそ65 点 の 幅 から 成 る レベル 6 以 上 レベル 5 レベル 4 レベル 3 レベル 2 レベル 1 レベル 1 未 満 :683 点 以 上 :618 点 以 上 683 点 未 満 :553 点 以 上 618 点 未 満 :488 点 以 上 553 点 未 満 :423 点 以 上 488 点 未 満 :358 点 以 上 423 点 未 満 :358 点 未 満 2012 年 調 査 の 本 調 査 において 出 題 された 問 題 のうち OECD から 公 開 された 問 題 を 用 いて 国 際 的 に 易 しかった 問 題 と 難 しかった 問 題 を 生 徒 の 得 点 との 関 係 で 示 したものが 図 である 問 題 の 難 易 度 を 表 す 得 点 とは 同 じ 得 点 をとった 生 徒 がその 問 題 に 正 答 する 確 率 が 0.62 であることを 意 味 する また ある 習 熟 度 レベルにいる 生 徒 は その 習 熟 度 レベルに 対 応 する 一 連 の 問 題 に 少 なくとも 平 均 50% 正 答 すると 期 待 される そして ある 習 熟 度 レベルの 生 徒 はそれより 下 の 習 熟 度 レベルを 全 て 身 に 付 けていると 想 定 している 例 えば おそうじロボット の 問 3 は 完 全 正 答 の 場 合 は 難 易 度 701 点 である この 問 題 はかなり 難 易 度 が 高 い 問 題 であり 習 熟 度 レベル 6 以 上 で 得 点 が 701 点 の 生 徒 がその 問 題 に 完 全 正 答 する 確 率 は 0.62 である 一 方 道 路 地 図 の 問 1 はかなり 易 しい 問 題 であり 習 熟 度 レベル 1 未 満 で 得 点 が 340 点 の 生 徒 がその 問 題 に 正 答 する 確 率 は 0.62 である 問 題 解 決 能 力 の 習 熟 度 がレベル 6 からレベル 1 のそれぞれに 該 当 する 生 徒 の 特 徴 を 記 述 する と 次 のとおりである 習 熟 度 レベル 6 以 上 (683 点 以 上 ) 習 熟 度 レベル 6 以 上 の 生 徒 は 多 様 な 問 題 状 況 (scenario)の 文 脈 において 思 考 の 中 で 完 全 で 理 路 整 然 としたメンタルモデル(mental model)を 展 開 し 複 雑 な 問 題 を 効 果 的 に 解 決 するこ とができる 高 度 に 戦 略 的 な 方 法 で 状 況 を 探 究 し 問 題 に 関 連 する 全 ての 情 報 を 理 解 すること 12

21 ができる 情 報 は 様 々な 形 式 で 提 示 され 関 連 する 部 分 の 解 釈 や 統 合 がもとめられる 例 えば 普 段 使 っているものとは 違 う 予 想 できない 方 法 で 動 く 家 電 といった 非 常 に 複 雑 な 機 器 (device)のコントロールの 仕 方 を 素 早 く 習 得 し 最 適 な 方 法 で 目 的 を 達 成 する あるシステム について 一 般 的 な 仮 説 を 立 て 十 分 に 試 してみることができる 前 提 をたどって 論 理 的 な 結 論 に 至 ること あるいは 結 論 に 至 るための 十 分 な 情 報 がないことを 認 識 することができる こう した 高 い 習 熟 度 の 問 題 解 決 能 力 を 身 につけた 生 徒 は 複 雑 で 柔 軟 性 のある 複 数 の 手 順 をもつ 計 画 を 作 成 し その 計 画 の 実 行 に 際 し 継 続 して 観 察 し 結 論 に 到 達 することができる 必 要 に 応 じて 全 ての 制 約 を 考 慮 した 上 で 自 分 の 解 決 方 法 を 明 確 にまた 明 示 せずに 修 正 することが できる 習 熟 度 レベル 5(618 点 以 上 683 点 未 満 ) 習 熟 度 レベル 5 の 生 徒 は 複 雑 な 問 題 状 況 を 体 系 的 に 探 究 し 関 連 する 情 報 がどのように 組 立 てられているかを 理 解 することができる 自 動 販 売 機 や 家 電 といった なじみのない やや 複 雑 な 機 器 に 直 面 したとき 機 器 からの 反 応 に 素 早 く 対 応 し コントロールする 先 読 みして 考 え 全 ての 制 約 に 対 処 する 最 適 な 方 法 を 見 つけ 解 決 に 到 達 する 予 期 せぬ 困 難 を 発 見 した 場 合 あるいは 誤 って 正 しい 方 法 から 外 れてしまった 場 合 に 速 やかに 計 画 を 変 更 するか 元 に 戻 ることができる 習 熟 度 レベル 4(553 点 以 上 618 点 未 満 ) 習 熟 度 レベル 4 の 生 徒 は やや 複 雑 な 問 題 状 況 を 集 中 的 に 探 究 することができる 問 題 解 決 に 必 要 な 状 況 の 構 成 要 素 間 の 関 係 を 理 解 する 自 動 販 売 機 や 家 電 といった なじみのない やや 複 雑 な 機 器 をコントロールすることはできるが 常 に 効 率 的 にできるわけではない 2~3 の 手 順 を 前 もって 計 画 し その 進 展 を 観 察 できる 観 察 結 果 によって こうした 計 画 を 修 正 し あるいは 再 び 目 標 を 定 め 直 すことが 常 にできる いくつかの 可 能 性 を 試 し 複 数 の 条 件 が 満 た されているかどうか 確 認 することができる システムが 不 具 合 である 仮 説 を 立 て それを 試 す 方 法 を 述 べることができる 習 熟 度 レベル 3(488 点 以 上 553 点 未 満 ) 習 熟 度 レベル 3 の 生 徒 は いくつかの 異 なる 形 式 で 提 示 される 情 報 を 処 理 することができる 問 題 状 況 を 探 究 し 構 成 要 素 の 単 純 な 関 係 を 推 論 することができる 単 純 な 機 器 をコントロー ルすることはできるが より 複 雑 な 機 器 に 対 しては 困 難 を 伴 う 習 熟 度 レベル 3 の 生 徒 は 例 えばいくつかの 解 決 策 を 考 えだし これらが 条 件 を 満 たすかどうか 確 認 することで 一 つの 条 件 であれば 十 分 に 処 理 することができる 複 数 の 条 件 あるいは 相 互 に 依 存 する 特 徴 がある 場 合 は 一 つの 変 数 を 一 定 にし 他 の 変 数 の 変 化 による 影 響 を 見 ることができる 与 えられた 仮 設 を 検 証 するために テストを 考 案 し 実 行 することができる 前 もって 計 画 することや 進 展 を 観 察 することの 必 要 性 を 理 解 し 必 要 があれば 異 なる 方 法 を 試 してみることができる 13

22 図 習 熟 度 レベルと 問 題 解 決 能 力 問 題 との 関 係 問 題 の 難 易 度 習 熟 度 レベル 各 レベルにいる 生 徒 の 特 徴 の 一 例 (701 点 )おそうじロボット 問 3( 完 全 正 答 ) レベル6 以 上 レベル6 以 上 の 生 徒 多 様 な 問 題 状 況 の 文 脈 において 思 考 の 中 で 完 全 で 理 路 整 然 としたメンタルモデルを 展 開 し 複 雑 な 問 題 を 効 果 的 に 解 決 することができる 複 雑 で 柔 軟 性 のある 複 数 の 手 順 をもつ 計 画 を 作 成 し その 計 画 の 実 行 に 際 し 継 続 して 観 察 し 結 論 に 到 達 することができる 683 点 (672 点 )エアコン 問 2( 完 全 正 答 ) (638 点 ) 切 符 問 2( 完 全 正 答 ) レベル5 レベル5の 生 徒 複 雑 な 問 題 状 況 を 体 系 的 に 探 究 し 関 連 する 情 報 がどの ように 組 立 てられているかを 理 解 することができる 予 期 せぬ 困 難 を 発 見 した 場 合 速 やかに 計 画 を 変 更 するか 元 に 戻 ることができる 618 点 (592 点 )エアコン 問 2( 部 分 正 答 ) (579 点 ) 切 符 問 3 (559 点 )おそうじロボット 問 点 レベル4 レベル4の 生 徒 やや 複 雑 な 問 題 状 況 を 集 中 的 に 探 究 することができる 問 題 解 決 に 必 要 な 状 況 の 構 成 要 素 間 の 関 係 を 理 解 す る 観 察 結 果 によって 計 画 を 修 正 し あるいは 再 び 目 標 を 定 め 直 すことが 常 にできる (523 点 )エアコン 問 1( 完 全 正 答 ) (492 点 )エアコン 問 1( 部 分 正 答 ) (490 点 )おそうじロボット 問 点 レベル3 レベル3の 生 徒 いくつかの 異 なる 形 式 で 提 示 される 情 報 を 処 理 することが できる 問 題 状 況 を 探 究 し 構 成 要 素 の 単 純 な 関 係 を 推 論 することができる 前 もって 計 画 することや 進 展 を 観 察 す ることの 必 要 性 を 理 解 し 必 要 があれば 異 なる 方 法 を 試 し てみることができる (453 点 ) 切 符 問 2( 部 分 正 答 ) (446 点 ) 道 路 地 図 問 2 レベル2 レベル2の 生 徒 なじみのない 問 題 状 況 を 探 究 し その 一 部 を 理 解 すること ができる 下 位 目 標 に 達 するための 一 度 に 一 つの 手 順 を 計 画 実 行 し 解 決 へと 至 る 過 程 をある 程 度 は 観 察 する ことができる 423 点 (414 点 )おそうじロボット 問 3( 部 分 正 答 ) (408 点 ) 道 路 地 図 問 3 レベル1 レベル1の 生 徒 限 られた 方 法 で 問 題 状 況 を 探 究 することができるが それ は 以 前 に 極 めて 似 た 状 況 を 経 験 している 場 合 である 前 もって 計 画 をしたり 下 位 目 標 を 設 定 することができない 傾 向 がある 358 点 (340 点 ) 道 路 地 図 問 1 レベル1 未 満 ( 注 )1. 左 側 の 問 題 は 得 点 が 高 いほど 難 しい 問 題 であることを 示 す 例 えば663 点 の 問 題 とは 得 点 が663 点 の 生 徒 がその 問 題 を 解 ける 確 率 が0.62であることを 示 す ( 注 )2. 右 側 の 生 徒 の 特 徴 においては 高 いレベルにいるほど 問 題 解 決 能 力 を 十 分 に 身 に 付 けていることを 示 す 14

23 習 熟 度 レベル 2(423 点 以 上 488 点 未 満 ) 習 熟 度 レベル 2 の 生 徒 は なじみのない 問 題 状 況 を 探 究 し その 一 部 を 理 解 することができ る 家 電 や 自 動 販 売 機 といった なじみのない 調 節 機 能 をもつ 電 子 機 器 を 理 解 しコントロール しようとこころみ 部 分 的 に 成 功 する 与 えられた 単 純 な 仮 説 をテストし 具 体 的 な 一 つの 制 約 をもつ 問 題 を 解 決 することができる 下 位 目 標 に 達 するための 一 度 に 一 つの 手 順 を 計 画 実 行 し 解 決 へと 至 る 過 程 をある 程 度 は 観 察 することができる レベル 2 は 21 世 紀 の 社 会 に 効 果 的 かつ 生 産 的 に 参 加 することを 可 能 とする 問 題 解 決 能 力 を 示 し 始 める 基 準 となる 習 熟 度 レベルと 考 えられる 習 熟 度 レベル 1(358 点 以 上 423 点 未 満 ) 習 熟 度 レベル 1 の 生 徒 は 限 られた 方 法 で 問 題 状 況 を 探 究 することができるが それは 以 前 に 極 めて 似 た 状 況 を 経 験 している 場 合 である なじみのある 状 況 の 観 察 をもとにして 単 純 で 日 常 的 な 機 器 について 部 分 的 に 説 明 できる 一 つの 条 件 のみを 満 たし 1つか2つの 手 順 で 目 標 が 達 成 し うる 簡 単 な 問 題 を 解 決 することができる 前 もって 計 画 をしたり 下 位 目 標 を 設 定 することがで きない 傾 向 がある 習 熟 度 レベル 別 生 徒 の 割 合 表 は 問 題 解 決 能 力 調 査 に 参 加 した 44 か 国 の 問 題 解 決 能 力 について 7 つの 習 熟 度 レベ ル 別 に 各 国 の 生 徒 の 割 合 を 示 したものである 国 はレベル 5 以 上 の 生 徒 の 割 合 の 多 い 順 に 並 べ ている なお 以 下 で 示 す 習 熟 度 レベルの 割 合 は 累 積 したものではなく 生 徒 が 達 した 最 高 の レベル 別 の 割 合 について 示 したものである 例 えば レベル 5 の 割 合 にはレベル 6 以 上 の 生 徒 は 含 まれていない OECD 平 均 はレベル 6 以 上 が 2% レベル 5 が 9% レベル 4 が 20% レベル 3 が 26% レ ベル 2 が 22% レベル 1 が 13% レベル 1 未 満 が 8%であり 日 本 はそれぞれ 5% 17% 29% 27% 15% 5% 2%である レベル 5 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いのはシンガポールであり 29%である 次 いで 韓 国 の 28%と 続 き 日 本 は 22%で 3 番 目 である OECD 平 均 の 11%を 上 回 るのは 19 か 国 (うち OECD 加 盟 国 は 14 か 国 )である レベル 6 以 上 で 見 ると 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いのはシンガポール の 10%で 次 いで 韓 国 の 8%と 続 き 日 本 は 5%で 3 番 目 である 逆 に レベル 1 未 満 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 少 ないのはマカオであり 2%である 日 本 は 2%で 2 番 目 に 少 ない OECD 平 均 の 8%を 下 回 るのは 24 か 国 である 図 はレベル 2 を 基 準 とする 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 を レベル 2 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 多 い 順 に 上 から 国 を 並 べている これを 見 ると レベル 2 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いの は 韓 国 で 93%である 日 本 は 93%で 2 番 目 に 多 い OECD 平 均 の 79%を 上 回 るのは 24 か 国 (うち OECD 加 盟 国 は 19 か 国 )である 15

24 表 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 問 題 解 決 能 力 ) 習 熟 度 レベル 国 名 レベル1 未 満 (358 点 未 満 ) レベル1 (358 点 以 上 423 点 未 満 ) レベル2 (423 点 以 上 488 点 未 満 ) レベル 3 (488 点 以 上 553 点 未 満 ) レベル 4 (553 点 以 上 618 点 未 満 ) レベル 5 (618 点 以 上 683 点 未 満 ) レベル 6 以 上 (683 点 以 上 ) 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 シンガポール 2.0 (0.2) 6.0 (0.4) 13.8 (0.6) 21.9 (0.7) 27.0 (1.0) 19.7 (0.7) 9.6 (0.4) 韓 国 2.1 (0.3) 4.8 (0.6) 12.9 (0.9) 23.7 (1.0) 28.8 (0.9) 20.0 (1.2) 7.6 (0.9) 日 本 1.8 (0.4) 5.3 (0.6) 14.6 (0.9) 26.9 (1.1) 29.2 (1.0) 16.9 (1.0) 5.3 (0.7) 香 港 3.3 (0.5) 7.1 (0.7) 16.3 (1.0) 27.4 (1.4) 26.5 (1.0) 14.2 (1.1) 5.1 (0.6) 台 湾 3.4 (0.6) 8.2 (0.6) 17.8 (0.8) 26.3 (1.0) 25.9 (1.0) 14.6 (0.7) 3.8 (0.4) 上 海 3.1 (0.5) 7.5 (0.6) 17.5 (0.8) 27.4 (1.1) 26.2 (1.0) 14.1 (0.9) 4.1 (0.6) カナダ 5.1 (0.4) 9.6 (0.4) 19.0 (0.6) 25.8 (0.7) 22.9 (0.6) 12.4 (0.6) 5.1 (0.4) オーストラリア 5.0 (0.3) 10.5 (0.5) 19.4 (0.5) 25.8 (0.7) 22.6 (0.5) 12.3 (0.5) 4.4 (0.3) マカオ 1.6 (0.2) 6.0 (0.4) 17.5 (0.6) 29.5 (0.8) 28.9 (0.9) 13.8 (0.6) 2.8 (0.3) フィンランド 4.5 (0.4) 9.9 (0.5) 20.0 (0.9) 27.1 (1.1) 23.5 (0.8) 11.4 (0.6) 3.6 (0.5) ベルギー 9.2 (0.6) 11.6 (0.6) 18.3 (0.7) 24.5 (0.6) 22.0 (0.7) 11.4 (0.7) 3.0 (0.3) イングランド 5.5 (0.8) 10.8 (0.8) 20.2 (1.3) 26.5 (0.9) 22.7 (1.1) 10.9 (0.8) 3.3 (0.6) オランダ 7.4 (1.0) 11.2 (1.0) 19.9 (1.2) 26.0 (1.3) 22.0 (1.2) 10.9 (1.0) 2.7 (0.5) ノルウェー 8.1 (0.7) 13.2 (0.7) 21.5 (0.9) 24.7 (0.8) 19.4 (0.8) 9.7 (0.7) 3.4 (0.4) ドイツ 7.5 (0.8) 11.8 (0.9) 20.3 (0.9) 25.6 (1.0) 22.0 (1.0) 10.1 (1.0) 2.7 (0.4) フランス 6.6 (0.9) 9.8 (0.7) 20.5 (1.0) 28.4 (1.1) 22.6 (0.9) 9.9 (0.7) 2.1 (0.3) チェコ 6.5 (0.7) 11.9 (0.9) 20.7 (1.0) 27.2 (0.9) 21.8 (0.9) 9.5 (0.7) 2.4 (0.3) エストニア 4.0 (0.5) 11.1 (0.8) 21.8 (0.7) 29.2 (1.0) 22.2 (0.8) 9.5 (0.7) 2.2 (0.3) アメリカ 5.7 (0.8) 12.5 (0.9) 22.8 (1.0) 27.0 (1.0) 20.4 (0.9) 8.9 (0.7) 2.7 (0.5) OECD 平 均 8.2 (0.2) 13.2 (0.2) 22.0 (0.2) 25.6 (0.2) 19.6 (0.2) 8.9 (0.1) 2.5 (0.1) オーストリア 6.5 (0.9) 11.9 (0.8) 21.8 (1.1) 26.9 (1.2) 21.9 (1.0) 9.0 (0.8) 2.0 (0.4) イタリア 5.2 (0.7) 11.2 (1.1) 22.5 (1.0) 28.0 (1.1) 22.3 (1.1) 8.9 (0.9) 1.8 (0.3) アイルランド 7.0 (0.8) 13.3 (0.9) 23.8 (0.8) 27.8 (0.9) 18.8 (0.8) 7.3 (0.6) 2.1 (0.3) イスラエル 21.9 (1.4) 17.0 (0.9) 20.1 (0.8) 18.5 (0.9) 13.7 (0.9) 6.7 (0.8) 2.1 (0.4) スウェーデン 8.8 (0.7) 14.6 (0.8) 23.9 (0.9) 26.3 (0.8) 17.6 (0.7) 7.0 (0.5) 1.8 (0.3) デンマーク 7.3 (0.7) 13.1 (0.7) 24.1 (0.8) 27.8 (0.9) 19.0 (1.1) 7.2 (0.7) 1.6 (0.3) スロバキア 10.7 (1.1) 15.4 (1.1) 24.3 (1.0) 25.6 (1.3) 16.2 (1.2) 6.3 (0.6) 1.6 (0.5) スペイン 13.1 (1.2) 15.3 (0.8) 23.6 (0.9) 24.2 (1.0) 15.9 (0.8) 6.2 (0.6) 1.6 (0.3) ポルトガル 6.5 (0.6) 14.1 (1.0) 25.5 (0.9) 28.1 (1.0) 18.4 (0.9) 6.2 (0.6) 1.2 (0.3) ロシア 6.8 (0.7) 15.4 (1.1) 27.0 (0.9) 27.9 (1.2) 15.7 (0.9) 5.9 (0.7) 1.4 (0.3) ポーランド 10.0 (1.1) 15.7 (1.0) 25.7 (0.9) 26.0 (1.0) 15.7 (1.0) 5.8 (0.7) 1.1 (0.2) スロベニア 11.4 (0.6) 17.1 (1.0) 25.4 (1.2) 23.7 (0.8) 15.8 (0.8) 5.8 (0.5) 0.9 (0.2) ハンガリー 17.2 (1.3) 17.8 (0.9) 23.9 (1.2) 22.4 (0.9) 13.0 (1.0) 4.6 (0.7) 1.0 (0.2) セルビア 10.3 (1.0) 18.3 (0.8) 26.7 (1.4) 25.8 (1.1) 14.3 (0.8) 4.1 (0.4) 0.6 (0.2) クロアチア 12.0 (1.0) 20.2 (1.0) 26.8 (1.2) 22.9 (1.1) 13.2 (1.1) 4.0 (0.6) 0.8 (0.2) キプロス 19.6 (0.6) 20.9 (0.6) 25.5 (0.8) 20.4 (0.9) 10.1 (0.6) 3.0 (0.3) 0.5 (0.2) アラブ 首 長 国 連 邦 30.3 (1.2) 24.6 (0.8) 22.0 (0.7) 14.2 (0.6) 6.4 (0.4) 2.1 (0.2) 0.4 (0.1) トルコ 11.0 (1.1) 24.8 (1.3) 31.4 (1.4) 21.2 (1.2) 9.4 (1.1) 2.0 (0.5) 0.2 (0.1) チリ 15.1 (1.3) 23.1 (1.1) 28.6 (1.0) 22.2 (1.0) 8.8 (0.7) 1.9 (0.3) 0.2 (0.1) ブラジル 21.9 (1.6) 25.4 (1.4) 26.9 (1.3) 17.4 (1.4) 6.6 (0.8) 1.5 (0.3) 0.4 (0.2) ブルガリア 33.3 (1.9) 23.3 (1.1) 22.1 (1.0) 14.1 (0.8) 5.6 (0.7) 1.4 (0.3) 0.2 (0.1) ウルグアイ 32.4 (1.6) 25.6 (1.0) 22.4 (1.0) 13.2 (0.7) 5.3 (0.5) 1.1 (0.2) 0.1 (0.1) コロンビア 33.2 (1.7) 28.3 (1.1) 22.2 (0.9) 11.3 (0.8) 3.9 (0.5) 0.9 (0.2) 0.2 (0.1) マレーシア 22.7 (1.5) 27.8 (1.2) 27.8 (1.2) 15.7 (0.9) 5.2 (0.6) 0.8 (0.2) 0.1 (0.0) モンテネグロ 30.0 (0.8) 26.8 (0.8) 23.9 (1.0) 13.8 (0.7) 4.6 (0.4) 0.7 (0.2) 0.1 (0.1) ( 注 ) 1. 灰 色 の 網 掛 は 非 OECD 加 盟 国 を 示 す ( 注 ) 2. 習 熟 度 レベル5 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 多 い 順 に 上 から 国 を 並 べている 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 16

25 図 レベル 2 を 基 準 とする 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 問 題 解 決 能 力 ) 以 上 以 上 17

26 表 男 女 別 に 見 た 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 問 題 解 決 能 力 ) 国 名 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 習 熟 度 レベル レベル1 未 満 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 レベル5 レベル6 以 上 男 子 2.3 (0.4) 6.3 (0.5) 13.0 (0.7) 20.1 (0.9) 25.8 (0.9) 20.4 (1.0) 12.0 (0.7) シンガポール 女 子 1.7 (0.3) 5.5 (0.5) 14.6 (0.8) 23.8 (1.3) 28.3 (1.6) 19.0 (1.0) 7.1 (0.6) 男 子 2.3 (0.4) 4.8 (0.7) 11.6 (1.1) 21.8 (1.3) 28.6 (1.5) 21.5 (1.4) 9.4 (1.1) 韓 国 女 子 2.0 (0.4) 4.7 (0.7) 14.5 (1.3) 25.9 (1.3) 29.1 (1.5) 18.3 (1.7) 5.5 (0.9) 男 子 1.9 (0.5) 4.9 (0.6) 13.2 (1.0) 23.8 (1.3) 28.9 (1.4) 20.0 (1.5) 7.3 (0.9) 日 本 女 子 1.7 (0.4) 5.8 (0.8) 16.1 (1.2) 30.3 (1.3) 29.5 (1.2) 13.6 (1.1) 3.2 (0.6) 男 子 2.6 (0.5) 6.2 (0.7) 15.0 (1.2) 25.6 (1.3) 27.8 (1.8) 17.0 (1.2) 5.7 (0.7) 上 海 女 子 3.5 (0.6) 8.8 (0.8) 19.9 (1.0) 29.2 (1.4) 24.6 (1.2) 11.4 (1.2) 2.6 (0.6) 男 子 4.2 (0.8) 7.9 (0.8) 15.8 (1.2) 23.9 (1.3) 25.9 (1.7) 17.3 (1.2) 5.0 (0.8) 台 湾 女 子 2.7 (0.5) 8.5 (0.9) 19.8 (1.2) 28.6 (1.2) 25.9 (1.2) 12.0 (1.3) 2.5 (0.6) 男 子 3.1 (0.6) 6.6 (0.8) 15.3 (1.0) 25.9 (1.5) 27.2 (1.2) 15.7 (1.3) 6.1 (0.8) 香 港 女 子 3.6 (0.6) 7.7 (1.2) 17.6 (1.4) 29.1 (2.0) 25.8 (1.3) 12.4 (1.5) 3.9 (1.0) 男 子 1.5 (0.3) 5.6 (0.7) 16.7 (0.9) 27.9 (1.2) 29.2 (1.1) 15.6 (0.8) 3.5 (0.5) マカオ 女 子 1.6 (0.3) 6.4 (0.6) 18.4 (0.8) 31.1 (1.1) 28.6 (1.2) 12.0 (0.8) 2.0 (0.3) 男 子 5.3 (0.6) 9.6 (0.5) 18.1 (0.7) 25.1 (0.8) 23.0 (0.7) 13.1 (0.7) 5.9 (0.6) カナダ 女 子 4.9 (0.4) 9.7 (0.6) 19.9 (1.0) 26.6 (1.0) 22.8 (0.8) 11.8 (0.7) 4.3 (0.4) 男 子 5.3 (0.4) 10.8 (0.7) 18.8 (0.6) 24.9 (0.9) 22.5 (0.8) 12.6 (0.7) 5.1 (0.5) オーストラリア 女 子 4.7 (0.4) 10.1 (0.5) 20.0 (0.8) 26.7 (1.0) 22.7 (0.7) 12.0 (0.6) 3.7 (0.3) 男 子 9.4 (0.8) 11.6 (0.8) 17.0 (0.8) 23.2 (0.9) 22.3 (1.0) 12.7 (0.8) 3.8 (0.5) ベルギー 女 子 9.0 (0.8) 11.6 (0.8) 19.7 (1.2) 25.8 (0.9) 21.8 (0.9) 10.0 (0.8) 2.2 (0.3) 男 子 5.7 (1.1) 10.4 (1.0) 19.5 (1.3) 25.5 (1.3) 23.2 (1.3) 12.1 (1.3) 3.6 (0.9) イングランド 女 子 5.4 (1.0) 11.2 (1.1) 20.8 (1.7) 27.5 (1.3) 22.2 (1.5) 9.9 (1.0) 3.0 (0.6) 男 子 5.2 (0.6) 10.8 (0.7) 20.5 (1.0) 26.1 (1.3) 22.1 (1.0) 11.2 (0.7) 4.1 (0.6) フィンランド 女 子 3.7 (0.4) 8.9 (0.6) 19.5 (1.3) 28.2 (1.6) 25.1 (1.2) 11.6 (0.8) 3.0 (0.5) 男 子 7.7 (1.2) 11.0 (1.2) 19.0 (1.3) 24.7 (1.6) 22.5 (1.7) 12.1 (1.4) 3.1 (0.6) オランダ 女 子 7.0 (1.0) 11.4 (1.1) 20.8 (1.4) 27.4 (1.6) 21.5 (1.6) 9.8 (1.0) 2.2 (0.6) 男 子 7.9 (0.9) 12.1 (1.1) 18.7 (1.2) 24.2 (1.1) 22.2 (1.2) 11.4 (1.3) 3.5 (0.6) ドイツ 女 子 7.0 (0.9) 11.5 (1.0) 21.9 (1.1) 27.2 (1.4) 21.9 (1.2) 8.7 (0.9) 1.8 (0.4) 男 子 5.6 (0.9) 10.7 (1.5) 19.4 (1.3) 25.7 (1.4) 24.0 (1.4) 11.9 (1.1) 2.7 (0.5) イタリア 女 子 4.6 (0.8) 11.8 (1.2) 26.2 (1.6) 30.7 (1.5) 20.3 (1.6) 5.5 (1.0) 0.8 (0.3) 男 子 7.1 (1.0) 9.6 (0.8) 20.0 (1.4) 26.6 (1.4) 23.0 (1.1) 11.3 (0.9) 2.6 (0.5) フランス 女 子 6.2 (1.0) 10.1 (0.9) 20.9 (1.2) 30.2 (1.4) 22.3 (1.2) 8.6 (0.9) 1.7 (0.4) 男 子 9.0 (0.9) 13.1 (0.9) 21.4 (1.2) 24.0 (1.0) 18.8 (1.1) 9.9 (1.0) 3.8 (0.5) ノルウェー 女 子 7.2 (0.8) 13.3 (1.0) 21.5 (1.2) 25.4 (1.1) 20.1 (1.2) 9.5 (1.1) 3.0 (0.5) 男 子 7.2 (0.9) 10.6 (1.0) 19.7 (1.1) 26.3 (1.2) 22.8 (1.3) 10.6 (1.1) 2.8 (0.4) チェコ 女 子 5.9 (0.8) 13.2 (1.2) 21.8 (1.4) 28.2 (1.3) 20.6 (1.2) 8.3 (0.8) 2.0 (0.4) 男 子 4.3 (0.6) 11.0 (1.0) 21.1 (1.0) 28.1 (1.2) 22.2 (1.2) 10.5 (0.8) 2.8 (0.4) エストニア 女 子 3.8 (0.5) 11.1 (1.1) 22.4 (1.0) 30.2 (1.5) 22.2 (1.0) 8.6 (0.9) 1.6 (0.5) 男 子 6.4 (1.1) 11.1 (1.1) 20.6 (1.3) 25.8 (1.4) 22.9 (1.3) 10.3 (1.0) 2.9 (0.6) オーストリア 女 子 6.5 (1.0) 12.8 (1.2) 23.1 (2.2) 28.0 (1.8) 20.9 (1.4) 7.6 (0.9) 1.1 (0.3) 男 子 8.7 (0.2) 12.8 (0.2) 20.7 (0.2) 24.5 (0.2) 20.2 (0.2) 10.0 (0.2) 3.1 (0.1) OECD 平 均 女 子 7.8 (0.2) 13.5 (0.2) 23.3 (0.3) 26.8 (0.3) 19.0 (0.2) 7.7 (0.2) 1.8 (0.1) 男 子 6.6 (1.0) 12.4 (1.1) 21.4 (1.3) 25.8 (1.2) 20.8 (1.2) 9.8 (0.9) 3.2 (0.5) アメリカ 女 子 4.7 (0.7) 12.7 (1.2) 24.2 (1.3) 28.3 (1.3) 19.9 (1.2) 7.9 (0.8) 2.3 (0.5) 男 子 24.0 (2.2) 15.2 (1.4) 17.0 (1.2) 17.1 (1.2) 14.9 (1.6) 8.6 (1.3) 3.2 (0.7) イスラエル 女 子 19.8 (1.3) 18.8 (1.0) 23.1 (1.0) 19.8 (1.0) 12.5 (0.9) 4.8 (0.6) 1.1 (0.3) 男 子 7.5 (1.2) 13.1 (1.3) 22.7 (1.2) 27.2 (1.2) 18.6 (1.2) 8.0 (0.9) 3.0 (0.6) アイルランド 女 子 6.5 (0.7) 13.5 (1.0) 24.9 (1.2) 28.4 (1.1) 19.0 (1.0) 6.6 (0.7) 1.1 (0.3) 男 子 9.4 (1.1) 14.9 (1.2) 23.2 (1.3) 23.7 (1.3) 18.1 (1.6) 8.3 (0.9) 2.4 (0.8) スロバキア 女 子 12.2 (1.5) 15.9 (1.6) 25.5 (1.5) 27.7 (1.8) 14.1 (1.3) 4.1 (0.6) 0.6 (0.3) 男 子 7.0 (0.9) 13.0 (1.0) 22.5 (1.0) 26.9 (1.3) 20.4 (1.5) 8.1 (1.0) 2.1 (0.4) デンマーク 女 子 7.6 (0.7) 13.1 (1.0) 25.6 (1.1) 28.8 (1.8) 17.7 (1.4) 6.2 (0.7) 1.0 (0.3) 男 子 10.2 (0.9) 14.8 (1.1) 23.1 (1.0) 24.8 (1.0) 17.6 (0.9) 7.3 (0.7) 2.2 (0.4) スウェーデン 女 子 7.4 (0.8) 14.4 (0.9) 24.8 (1.3) 27.8 (1.2) 17.5 (0.9) 6.7 (0.8) 1.4 (0.3) 男 子 6.3 (0.8) 12.8 (1.2) 23.2 (1.5) 27.7 (1.3) 20.6 (1.2) 7.7 (0.8) 1.7 (0.4) ポルトガル 女 子 6.6 (0.7) 15.4 (1.1) 27.7 (1.2) 28.6 (1.6) 16.2 (1.0) 4.6 (0.6) 0.7 (0.3) 男 子 14.1 (1.4) 15.6 (0.9) 21.5 (1.3) 23.5 (1.5) 16.2 (1.2) 7.0 (0.8) 2.2 (0.4) スペイン 女 子 12.1 (1.2) 15.0 (1.0) 25.7 (1.1) 25.0 (1.2) 15.7 (1.0) 5.4 (0.6) 1.0 (0.3) 男 子 6.4 (0.7) 14.6 (1.1) 26.0 (1.2) 28.6 (1.8) 16.2 (1.0) 6.7 (1.0) 1.5 (0.4) ロシア 女 子 7.1 (0.9) 16.2 (1.5) 28.0 (1.2) 27.2 (1.5) 15.2 (1.2) 5.1 (0.7) 1.2 (0.4) 男 子 11.8 (1.2) 15.5 (1.2) 23.4 (1.2) 24.2 (1.6) 16.9 (1.2) 6.6 (0.8) 1.5 (0.3) ポーランド 女 子 8.3 (1.2) 15.9 (1.4) 28.0 (1.4) 27.7 (1.3) 14.4 (1.2) 4.9 (0.8) 0.7 (0.3) 男 子 13.2 (0.8) 16.8 (1.3) 24.3 (1.6) 22.3 (1.2) 16.3 (1.0) 6.1 (0.7) 1.1 (0.4) スロベニア 女 子 9.4 (0.8) 17.5 (1.0) 26.6 (1.6) 25.2 (1.3) 15.2 (1.1) 5.4 (0.9) 0.6 (0.2) 男 子 19.0 (1.8) 16.5 (1.2) 22.0 (1.5) 21.5 (1.4) 13.9 (1.2) 5.5 (0.8) 1.5 (0.4) ハンガリー 女 子 15.6 (1.5) 18.9 (1.2) 25.7 (1.4) 23.3 (1.2) 12.3 (1.2) 3.7 (0.7) 0.5 (0.2) 男 子 12.2 (1.4) 18.7 (1.4) 24.6 (1.5) 22.4 (1.4) 15.3 (1.4) 5.6 (0.8) 1.2 (0.3) クロアチア 女 子 11.9 (1.1) 21.9 (1.3) 29.2 (1.5) 23.4 (1.5) 11.1 (1.3) 2.2 (0.6) 0.3 (0.1) 男 子 9.2 (1.2) 17.1 (1.2) 25.5 (2.0) 26.4 (1.6) 15.8 (1.1) 5.3 (0.6) 0.8 (0.3) セルビア 女 子 11.4 (1.1) 19.4 (1.1) 27.8 (2.0) 25.2 (1.5) 12.8 (0.9) 2.9 (0.5) 0.5 (0.2) 男 子 22.9 (0.8) 19.7 (1.1) 23.4 (1.1) 19.2 (1.1) 10.3 (1.0) 3.7 (0.4) 0.7 (0.3) キプロス 女 子 16.0 (0.8) 22.1 (0.9) 27.7 (1.4) 21.7 (1.5) 9.8 (0.7) 2.3 (0.4) 0.4 (0.2) 男 子 9.4 (1.2) 23.7 (1.6) 30.6 (1.8) 22.4 (1.4) 10.9 (1.3) 2.7 (0.6) 0.3 (0.1) トルコ 女 子 12.6 (1.4) 25.9 (1.6) 32.3 (1.6) 20.0 (1.5) 7.9 (1.3) 1.3 (0.6) 0.0 (0.1) 男 子 14.4 (1.5) 21.2 (1.5) 27.2 (1.4) 23.9 (1.2) 10.5 (1.0) 2.6 (0.4) 0.3 (0.1) チリ 女 子 15.9 (1.5) 25.0 (1.2) 30.0 (1.3) 20.6 (1.3) 7.2 (0.8) 1.3 (0.3) 0.1 (0.0) 男 子 37.1 (2.0) 22.4 (1.5) 18.5 (1.0) 12.7 (0.9) 6.7 (0.7) 2.2 (0.3) 0.5 (0.1) アラブ 首 長 国 連 邦 女 子 23.7 (1.4) 26.6 (1.3) 25.3 (1.0) 15.7 (0.8) 6.2 (0.6) 2.0 (0.3) 0.4 (0.1) 男 子 19.1 (1.8) 23.5 (1.5) 26.7 (1.5) 19.0 (1.8) 8.9 (1.3) 2.1 (0.5) 0.6 (0.3) ブラジル 女 子 24.5 (1.9) 27.2 (1.9) 27.0 (1.6) 15.8 (1.7) 4.5 (0.7) 0.9 (0.3) 0.1 (0.1) 男 子 31.5 (1.8) 23.6 (1.3) 22.0 (1.3) 14.6 (1.1) 6.5 (0.8) 1.6 (0.4) 0.1 (0.1) ウルグアイ 女 子 33.1 (1.9) 27.3 (1.6) 22.7 (1.2) 11.9 (0.9) 4.3 (0.6) 0.6 (0.2) 0.0 (0.0) 男 子 27.1 (1.9) 27.6 (1.4) 23.8 (1.3) 14.1 (1.1) 5.7 (0.7) 1.3 (0.4) 0.3 (0.1) コロンビア 女 子 38.5 (1.9) 29.0 (1.3) 20.7 (1.3) 8.9 (0.9) 2.2 (0.5) 0.5 (0.2) 0.2 (0.1) 男 子 36.7 (2.1) 22.7 (1.2) 20.9 (1.3) 12.9 (1.1) 5.3 (0.8) 1.4 (0.4) 0.2 (0.1) ブルガリア 女 子 29.8 (2.0) 24.0 (1.4) 23.3 (1.2) 15.3 (1.2) 6.0 (0.9) 1.4 (0.4) 0.2 (0.1) 男 子 22.4 (1.7) 26.2 (1.5) 27.3 (1.5) 16.6 (1.2) 6.1 (0.9) 1.2 (0.4) 0.1 (0.1) マレーシア 女 子 22.9 (1.7) 29.3 (1.4) 28.2 (1.3) 14.8 (1.2) 4.4 (0.6) 0.4 (0.3) 0.0 (0.0) 男 子 32.4 (1.0) 25.7 (1.1) 22.4 (1.0) 13.6 (0.8) 4.8 (0.7) 1.0 (0.3) 0.1 (0.1) モンテネグロ 女 子 27.6 (1.1) 28.0 (1.2) 25.3 (1.5) 14.1 (1.0) 4.4 (0.6) 0.4 (0.2) 0.1 (0.1) ( 注 ) 1. 灰 色 の 網 掛 は 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 習 熟 度 レベル5 以 上 の 男 子 生 徒 の 割 合 が 多 い 順 に 上 から 国 を 並 べている 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 割 合 (%) 標 準 誤 差 18

27 図 男 女 別 に 見 たレベル 2 を 基 準 とする 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 ( 問 題 解 決 能 力 ) 以 上 19

28 表 は 44 か 国 の 問 題 解 決 能 力 について 男 女 別 に 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 を 示 した ものである また 図 は 男 女 別 に 見 たレベル 2 を 基 準 とする 習 熟 度 レベル 別 の 生 徒 の 割 合 である これらから レベル 5 以 上 の 生 徒 の 割 合 について 見 みると OECD 平 均 は 男 子 13% 女 子 10%であり この 割 合 が 最 も 多 いのは 男 子 はシンガポールで 32% 女 子 もシンガポール で 32%である 日 本 は 男 子 27% 女 子 17%である レベル 2 以 上 の 生 徒 の 割 合 について 見 る と OECD 平 均 は 男 女 とも 79%であり この 割 合 が 最 も 多 いのが 男 子 は 日 本 で 93% 女 子 は 韓 国 で 93%であり 日 本 の 女 子 は 93%で 韓 国 シンガポールに 次 いでこの 割 合 が 多 い 以 上 より シンガポール 韓 国 日 本 などは 上 位 の 習 熟 度 レベルに 属 している 生 徒 の 割 合 が 多 く 下 位 の 習 熟 度 レベルに 属 している 生 徒 の 割 合 が 少 ないことがわかる さらに OECD 平 均 では 上 位 の 習 熟 度 レベルに 属 している 生 徒 の 割 合 は 男 子 の 方 が 多 く 下 位 の 習 熟 度 レベ ルに 属 している 生 徒 の 割 合 は 男 女 に 違 いがないという 傾 向 が 見 られる 20

29 2.2 問 題 解 決 能 力 得 点 の 国 際 比 較 各 国 の 問 題 解 決 能 力 得 点 表 は 生 徒 の 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 とその 標 準 誤 差 また 統 計 的 に 考 えられる 平 均 得 点 の 上 位 及 び 下 位 の 順 位 を OECD 加 盟 国 及 び 全 ての 参 加 国 の 中 で 示 したものである 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 は シンガポール 韓 国 日 本 マカオ 香 港 の 順 に 高 く 日 本 の 得 点 は 552 点 で 3 番 目 に 高 い なお 平 均 得 点 には 誤 差 が 含 まれるが 誤 差 を 考 慮 に 入 れても 統 計 的 に 考 えられる 日 本 の 平 均 得 点 の 順 位 には 変 動 がなく 参 加 国 全 体 の 中 で 3 位 OECD 加 盟 国 の 中 では2 位 である OECD 平 均 より 得 点 が 統 計 的 に 有 意 に 高 いのは 19か 国 (うちOECD 加 盟 国 14 か 国 )である 一 方 OECD 平 均 より 得 点 が 統 計 的 に 有 意 に 低 いのは 20 か 国 (う ち OECD 加 盟 9 か 国 )である 各 国 内 での 得 点 の 分 布 表 は 参 加 国 における 問 題 解 決 能 力 得 点 の 分 布 を 示 したものである 各 国 の 上 位 5% 上 位 10% 上 位 25% 下 位 25% 下 位 10% 下 位 5%に 位 置 する 生 徒 の 得 点 を 表 している 上 位 5%に 位 置 する 生 徒 の 得 点 が 最 も 高 いのはシンガポールであり 710 点 である 日 本 の 得 点 は 685 点 で シンガポール 韓 国 に 次 いで 3 番 目 に 高 く 香 港 カナダがこれに 続 く OECD 平 均 は 650 点 である 上 位 10% 上 位 25% 下 位 25% 下 位 10% 下 位 5%に 位 置 する 日 本 の 生 徒 の 得 点 は そ れぞれ 658 点 610 点 498 点 441 点 405 点 である OECD 平 均 はそれぞれ 620 点 567 点 438 点 375 点 336 点 である つまり 日 本 で 上 位 10%に 位 置 する 生 徒 は OECD 平 均 では 上 位 5% 以 内 に 位 置 する 日 本 で 上 位 5%に 位 置 する 生 徒 は 節 で 記 述 した 習 熟 度 レベル 6 以 上 に 上 位 10%に 位 置 する 生 徒 はレベル5に 上 位 25%に 位 置 する 生 徒 はレベル 4 に 下 位 25%に 位 置 する 生 徒 はレベル 3 に 下 位 10%に 位 置 する 生 徒 はレベル 2 に 下 位 5%に 位 置 する 生 徒 はレベル 1 にそれぞれ 属 している 21

30 表 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 と 順 位 の 範 囲 国 名 平 均 得 点 標 準 誤 差 順 位 の 範 囲 OECD 加 盟 国 すべての 参 加 国 上 位 下 位 上 位 下 位 シンガポール 562 (1.2) 韓 国 561 (4.3) 日 本 552 (3.1) マカオ 540 (1.0) 香 港 540 (3.9) 上 海 536 (3.3) 台 湾 534 (2.9) カナダ 526 (2.4) オーストラリア 523 (1.9) フィンランド 523 (2.3) イングランド 517 (4.2) エストニア 515 (2.5) フランス 511 (3.4) オランダ 511 (4.4) イタリア 510 (4.0) チェコ 509 (3.1) ドイツ 509 (3.6) アメリカ 508 (3.9) ベルギー 508 (2.5) オーストリア 506 (3.6) ノルウェー 503 (3.3) OECD 平 均 500 (0.7) アイルランド 498 (3.2) デンマーク 497 (2.9) ポルトガル 494 (3.6) スウェーデン 491 (2.9) ロシア 489 (3.4) スロバキア 483 (3.6) ポーランド 481 (4.4) スペイン 477 (4.1) スロベニア 476 (1.5) セルビア 473 (3.1) クロアチア 466 (3.9) ハンガリー 459 (4.0) トルコ 454 (4.0) イスラエル 454 (5.5) チリ 448 (3.7) キプロス 445 (1.4) ブラジル 428 (4.7) マレーシア 422 (3.5) アラブ 首 長 国 連 邦 411 (2.8) モンテネグロ 407 (1.2) ウルグアイ 403 (3.5) ブルガリア 402 (5.1) コロンビア 399 (3.5) 国 名 国 名 平 均 得 点 平 均 得 点 平 均 得 点 OECD 加 盟 国 非 OECD 加 盟 国 OECD 平 均 よりも 統 計 的 に 有 意 に 高 い 国 地 域 OECD 平 均 と 統 計 的 有 意 差 がない 国 地 域 OECD 平 均 よりも 統 計 的 に 有 意 に 低 い 国 地 域 22

31 国 名 平 均 得 点 標 準 誤 差 得 点 表 問 題 解 決 能 力 得 点 の 国 別 分 布 全 体 下 位 5% 値 下 位 10% 値 下 位 25% 値 上 位 25% 値 上 位 10% 値 上 位 5% 値 標 準 誤 差 得 点 標 準 誤 差 シンガポール 562 (1.2) 398 (3.0) 436 (2.9) 500 (2.0) 629 (1.9) 681 (2.1) 710 (3.4) 韓 国 561 (4.3) 406 (6.6) 443 (5.9) 505 (5.1) 625 (4.6) 672 (4.4) 698 (5.1) 日 本 552 (3.1) 405 (6.5) 441 (5.5) 498 (3.8) 610 (3.4) 658 (3.7) 685 (4.4) マカオ 540 (1.0) 405 (3.3) 437 (3.0) 488 (1.5) 595 (1.6) 640 (2.1) 664 (2.2) 香 港 540 (3.9) 379 (6.7) 421 (6.7) 483 (5.6) 601 (3.7) 654 (4.1) 684 (4.9) 上 海 536 (3.3) 381 (7.0) 419 (5.7) 479 (3.9) 599 (3.9) 648 (4.7) 676 (4.9) 台 湾 534 (2.9) 377 (6.7) 414 (5.1) 475 (4.1) 601 (2.9) 646 (3.2) 674 (3.2) カナダ 526 (2.4) 357 (4.3) 398 (3.8) 462 (3.1) 594 (2.8) 649 (3.3) 684 (4.4) オーストラリア 523 (1.9) 358 (3.5) 396 (2.7) 459 (2.4) 591 (2.2) 646 (2.3) 677 (2.8) フィンランド 523 (2.3) 364 (4.8) 401 (3.1) 462 (3.5) 587 (3.1) 640 (3.6) 671 (3.9) イングランド 517 (4.2) 352 (9.2) 391 (6.0) 455 (5.7) 584 (4.1) 636 (4.5) 667 (5.0) エストニア 515 (2.5) 368 (4.2) 400 (4.6) 458 (3.4) 576 (3.1) 626 (3.7) 654 (4.0) フランス 511 (3.4) 340 (10.5) 387 (6.8) 455 (4.1) 577 (3.5) 626 (3.8) 653 (4.8) オランダ 511 (4.4) 336 (8.6) 378 (8.5) 448 (5.9) 581 (4.8) 633 (4.8) 662 (5.1) イタリア 510 (4.0) 356 (7.2) 394 (5.8) 451 (5.2) 572 (4.5) 621 (4.6) 649 (5.5) チェコ 509 (3.1) 344 (6.6) 384 (5.7) 447 (4.5) 575 (2.9) 626 (4.0) 656 (3.8) ドイツ 509 (3.6) 335 (7.0) 377 (6.9) 444 (5.3) 579 (4.0) 629 (4.3) 659 (5.8) アメリカ 508 (3.9) 352 (7.1) 388 (6.0) 446 (4.9) 571 (4.1) 626 (4.4) 658 (5.3) ベルギー 508 (2.5) 317 (6.8) 364 (4.8) 441 (3.4) 583 (2.6) 637 (2.5) 665 (3.3) オーストリア 506 (3.6) 345 (8.7) 384 (6.8) 446 (4.6) 572 (3.7) 623 (4.4) 650 (4.9) ノルウェー 503 (3.3) 328 (6.7) 370 (4.9) 436 (3.9) 574 (3.8) 633 (4.3) 665 (6.0) OECD 平 均 500 (0.7) 336 (1.4) 375 (1.1) 438 (0.9) 567 (0.7) 620 (0.8) 650 (1.0) アイルランド 498 (3.2) 340 (6.5) 378 (5.0) 438 (4.0) 562 (3.5) 615 (3.8) 647 (4.6) デンマーク 497 (2.9) 339 (5.7) 377 (5.2) 438 (3.8) 560 (3.3) 611 (4.5) 641 (4.9) ポルトガル 494 (3.6) 345 (5.5) 381 (4.3) 436 (4.2) 555 (3.7) 604 (4.2) 633 (5.4) スウェーデン 491 (2.9) 328 (7.6) 365 (4.0) 428 (3.7) 557 (2.9) 612 (3.7) 643 (4.4) ロシア 489 (3.4) 345 (4.7) 377 (4.8) 431 (4.0) 547 (4.1) 602 (6.1) 635 (5.9) スロバキア 483 (3.6) 314 (7.1) 354 (6.2) 420 (4.8) 550 (4.2) 606 (5.2) 639 (6.9) ポーランド 481 (4.4) 318 (8.9) 358 (6.3) 421 (5.4) 546 (4.6) 600 (4.8) 632 (6.0) スペイン 477 (4.1) 292 (10.4) 338 (7.8) 411 (5.3) 549 (3.9) 605 (4.3) 638 (5.0) スロベニア 476 (1.5) 310 (5.4) 350 (3.8) 413 (3.0) 545 (2.3) 599 (2.8) 628 (3.7) セルビア 473 (3.1) 322 (6.4) 357 (6.1) 414 (4.3) 535 (3.4) 586 (3.4) 616 (3.4) クロアチア 466 (3.9) 314 (5.6) 349 (4.9) 404 (4.0) 530 (4.6) 585 (5.1) 616 (6.2) ハンガリー 459 (4.0) 277 (8.4) 319 (8.8) 391 (6.1) 532 (5.4) 591 (5.5) 622 (5.8) トルコ 454 (4.0) 328 (4.5) 354 (4.3) 399 (4.0) 508 (5.7) 560 (6.8) 590 (8.0) イスラエル 454 (5.5) 242 (10.6) 291 (7.8) 372 (6.2) 543 (6.2) 611 (6.7) 647 (7.5) チリ 448 (3.7) 304 (5.7) 337 (5.5) 390 (4.8) 507 (3.5) 557 (4.2) 587 (4.0) キプロス 445 (1.4) 278 (4.3) 315 (2.8) 378 (2.4) 513 (2.7) 571 (2.8) 604 (3.5) ブラジル 428 (4.7) 276 (7.1) 311 (5.7) 368 (5.5) 490 (6.3) 545 (5.6) 575 (5.6) マレーシア 422 (3.5) 287 (4.7) 315 (4.5) 364 (4.2) 479 (4.1) 531 (5.0) 561 (6.0) アラブ 首 長 国 連 邦 411 (2.8) 237 (5.9) 277 (5.3) 342 (3.6) 482 (3.1) 546 (3.3) 584 (3.8) モンテネグロ 407 (1.2) 256 (4.3) 289 (3.1) 344 (2.5) 470 (2.2) 526 (3.8) 556 (3.4) ウルグアイ 403 (3.5) 244 (5.9) 279 (5.1) 337 (4.7) 470 (3.9) 530 (4.3) 566 (6.0) ブルガリア 402 (5.1) 220 (10.2) 263 (8.6) 331 (6.1) 476 (5.3) 535 (7.1) 571 (7.6) コロンビア 399 (3.5) 253 (5.4) 284 (4.9) 337 (4.3) 459 (4.1) 517 (5.2) 553 (5.6) ( 注 ) 1. 灰 色 の 網 掛 は 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 平 均 得 点 が 高 い 順 に 上 から 国 を 並 べている 得 点 標 準 誤 差 得 点 標 準 誤 差 得 点 標 準 誤 差 得 点 標 準 誤 差 23

32 2.2.3 問 題 解 決 能 力 得 点 の 男 女 差 表 は 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 を 男 女 別 に 表 し 合 わせて 得 点 の 男 女 差 ( 男 子 - 女 子 ) を 示 している 国 は 上 から 男 女 差 の 値 が 小 さい( 女 子 の 得 点 の 方 が 男 子 の 得 点 より 高 い) 順 に 示 している 男 女 差 の 値 が 最 も 大 きいアラブ 首 長 国 連 邦 は 女 子 が 男 子 より 26 点 高 く 逆 にコロンビアは 男 子 が 女 子 より 31 点 高 い 男 女 差 に 統 計 的 な 有 意 差 があるのは 27 か 国 で そのうち 女 子 が 男 子 より 高 い 国 は 5 か 国 男 子 が 女 子 より 高 い 国 は 22 か 国 である 日 本 は 男 子 が 561 点 に 対 し 女 子 が 542 点 で 男 子 が 女 子 より 19 点 高 く 統 計 的 な 有 意 差 がある OECD 平 均 は 男 子 が 503 点 に 対 し 女 子 が 497 点 で 男 子 が 女 子 より 7 点 高 く 統 計 的 な 有 意 差 がある また 表 は 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーの 各 評 価 分 野 の 男 女 の 得 点 の 差 を 示 している 国 は 上 から 問 題 解 決 能 力 得 点 の 男 女 差 ( 男 子 - 女 子 )の 値 が 小 さい 順 に 示 している 日 本 は 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 科 学 的 リテラシーの 各 分 野 において 男 子 が 女 子 よりも 得 点 が 高 い 一 方 読 解 力 の 分 野 において 女 子 が 男 子 よりも 得 点 が 高 く それぞれ 統 計 的 な 有 意 差 がある OECD 平 均 も 同 様 の 傾 向 が 見 られる 24

33 表 問 題 解 決 能 力 得 点 の 男 女 差 国 名 男 子 女 子 男 女 差 ( 男 子 - 女 子 ) 平 均 得 点 標 準 誤 差 平 均 得 点 標 準 誤 差 得 点 差 標 準 誤 差 アラブ 首 長 国 連 邦 398 (4.6) 424 (3.2) -26 (5.6) ブルガリア 394 (5.8) 410 (5.3) -17 (4.9) キプロス 440 (1.8) 449 (2.0) -9 (2.5) フィンランド 520 (2.8) 526 (2.6) -6 (3.0) モンテネグロ 404 (1.8) 409 (1.8) -6 (2.8) スロベニア 474 (2.1) 478 (2.2) -4 (3.0) スウェーデン 489 (3.7) 493 (3.1) -4 (3.6) ノルウェー 502 (3.6) 505 (3.8) -3 (3.6) ポーランド 481 (4.9) 481 (4.6) 0 (3.3) スペイン 478 (4.8) 476 (4.1) 2 (3.4) オーストラリア 524 (2.4) 522 (2.2) 2 (2.6) アメリカ 509 (4.2) 506 (4.2) 3 (3.1) ハンガリー 461 (5.0) 457 (4.3) 3 (4.8) フランス 513 (4.0) 509 (3.5) 5 (3.1) エストニア 517 (3.3) 513 (2.6) 5 (3.1) オランダ 513 (4.9) 508 (4.5) 5 (3.3) アイルランド 501 (4.8) 496 (3.2) 5 (5.0) カナダ 528 (2.8) 523 (2.5) 5 (2.2) イングランド 520 (5.4) 514 (4.6) 6 (5.5) イスラエル 457 (8.9) 451 (4.1) 6 (8.5) ドイツ 512 (4.1) 505 (3.7) 7 (2.9) OECD 平 均 503 (0.8) 497 (0.7) 7 (0.8) チェコ 513 (3.9) 505 (3.5) 8 (4.1) マレーシア 427 (3.9) 419 (4.0) 8 (3.7) ベルギー 512 (3.1) 504 (3.1) 8 (3.7) ロシア 493 (3.9) 485 (3.7) 8 (3.1) シンガポール 567 (1.8) 558 (1.7) 9 (2.5) デンマーク 502 (3.7) 492 (2.9) 10 (3.1) マカオ 546 (1.5) 535 (1.3) 10 (2.0) ウルグアイ 409 (4.0) 398 (3.8) 11 (3.4) オーストリア 512 (4.4) 500 (4.1) 12 (4.8) 台 湾 540 (4.5) 528 (4.1) 12 (6.3) 韓 国 567 (5.1) 554 (5.1) 13 (5.5) チリ 455 (4.5) 441 (3.7) 13 (3.8) 香 港 546 (4.6) 532 (4.8) 13 (5.2) セルビア 481 (3.8) 466 (3.2) 15 (3.5) トルコ 462 (4.3) 447 (4.6) 15 (4.0) クロアチア 474 (4.8) 459 (4.0) 15 (4.4) ポルトガル 502 (4.0) 486 (3.6) 16 (2.6) イタリア 518 (5.2) 500 (4.5) 18 (5.7) 日 本 561 (4.1) 542 (3.0) 19 (3.7) スロバキア 494 (4.2) 472 (4.1) 22 (4.4) ブラジル 440 (5.4) 418 (4.6) 22 (3.3) 上 海 549 (3.4) 524 (3.8) 25 (2.9) コロンビア 415 (4.1) 385 (3.9) 31 (3.8) ( 注 ) 1. 表 の 平 均 得 点 は 正 数 値 に 丸 めた 値 であり 表 中 のそれぞれの 得 点 差 とは 必 ずしも 一 致 しない 2. 灰 色 の 網 掛 は 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 3. 太 字 は 統 計 的 な 有 意 差 があることを 示 す 4. 男 女 の 得 点 差 の 値 が 小 さい 順 に 上 から 国 を 並 べている 25

34 国 名 得 点 差 表 各 評 価 分 野 の 得 点 の 男 女 差 標 準 誤 差 得 点 差 男 女 差 ( 男 子 - 女 子 ) 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシー 標 準 誤 差 得 点 差 標 準 誤 差 得 点 差 標 準 誤 差 アラブ 首 長 国 連 邦 -26 (5.6) -5 (4.7) -55 (4.8) -28 (5.1) ブルガリア -17 (4.9) -2 (4.1) -70 (5.2) -20 (4.5) キプロス -9 (2.5) 0 (2.2) -64 (3.0) -13 (2.5) フィンランド -6 (3.0) -3 (2.9) -62 (3.1) -16 (3.0) モンテネグロ -6 (2.8) 0 (2.4) -62 (3.1) -17 (2.4) スロベニア -4 (3.0) 3 (3.1) -56 (2.7) -9 (2.8) スウェーデン -4 (3.6) -3 (3.0) -51 (3.6) -7 (3.3) ノルウェー -3 (3.6) 2 (3.0) -46 (3.3) -4 (3.2) ポーランド 0 (3.3) 4 (3.4) -42 (2.9) -3 (3.0) スペイン 2 (3.4) 13 (2.9) -32 (2.7) 3 (2.7) オーストラリア 2 (2.6) 12 (3.1) -34 (2.9) 5 (3.0) アメリカ 3 (3.1) 5 (2.8) -31 (2.6) -2 (2.7) ハンガリー 3 (4.8) 9 (3.7) -40 (3.6) 3 (3.3) フランス 5 (3.1) 9 (3.4) -44 (4.2) -2 (3.7) エストニア 5 (3.1) 5 (2.6) -44 (2.4) -2 (2.7) オランダ 5 (3.3) 10 (2.8) -26 (3.1) 3 (2.9) アイルランド 5 (5.0) 15 (3.8) -29 (4.2) 4 (4.4) カナダ 5 (2.2) 10 (2.0) -35 (2.1) 3 (2.1) イングランド 6 (5.5) 13 (5.5) -24 (5.4) 14 (5.5) イスラエル 6 (8.5) 12 (7.6) -44 (7.9) -1 (7.6) ドイツ 7 (2.9) 14 (2.8) -44 (2.5) -1 (3.0) OECD 平 均 7 (0.8) 10 (0.7) -38 (0.7) 1 (0.7) チェコ 8 (4.1) 12 (4.6) -39 (3.7) 1 (4.0) マレーシア 8 (3.7) -8 (3.8) -40 (3.1) -11 (3.5) ベルギー 8 (3.7) 11 (3.4) -32 (3.5) 4 (3.6) ロシア 8 (3.1) -2 (3.0) -40 (3.0) -6 (2.9) シンガポール 9 (2.5) -3 (2.5) -32 (2.6) -1 (2.6) デンマーク 10 (3.1) 14 (2.3) -31 (2.8) 10 (2.7) マカオ 10 (2.0) 3 (1.9) -36 (1.7) -1 (1.7) ウルグアイ 11 (3.4) 11 (3.1) -35 (3.5) -1 (3.4) オーストリア 12 (4.8) 22 (4.9) -37 (5.0) 9 (5.0) 台 湾 12 (6.3) 5 (8.9) -32 (6.4) 1 (6.4) 韓 国 13 (5.5) 18 (6.2) -23 (5.4) 3 (5.1) チリ 13 (3.8) 25 (3.6) -23 (3.3) 7 (3.3) 香 港 13 (5.2) 15 (5.7) -25 (4.7) 7 (4.2) セルビア 15 (3.5) 9 (3.9) -46 (3.8) -4 (3.9) トルコ 15 (4.0) 8 (4.7) -46 (4.0) -10 (4.2) クロアチア 15 (4.4) 12 (4.1) -48 (4.0) -2 (3.8) ポルトガル 16 (2.6) 11 (2.5) -39 (2.7) -2 (2.6) イタリア 18 (5.7) 10 (4.8) -45 (5.4) -7 (5.5) 日 本 19 (3.7) 18 (4.3) -24 (4.1) 11 (4.3) スロバキア 22 (4.4) 9 (4.5) -39 (4.6) 7 (4.5) ブラジル 22 (3.3) 21 (2.4) -27 (2.9) 2 (2.9) 上 海 25 (2.9) 6 (3.3) -24 (2.5) 5 (2.7) コロンビア 31 (3.8) 25 (3.2) -19 (3.5) 18 (3.4) ( 注 ) 1. 灰 色 の 網 掛 は 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 太 字 は 統 計 的 な 有 意 差 があることを 示 す 3. 問 題 解 決 能 力 における 男 女 の 得 点 差 の 値 が 小 さい 順 に 上 から 国 を 並 べている 26

35 第 3 章 問 題 解 決 能 力 調 査 で 出 された 問 題 3.1 問 題 解 決 能 力 問 題 の 正 答 率 無 答 率 問 題 ごとの 正 答 率 無 答 率 2012 年 調 査 で 出 題 された 問 題 解 決 能 力 の 問 題 は 大 問 が 16 小 問 が 42 題 であり その うち 四 つの 大 問 11 題 が 公 開 問 題 である 表 は 問 題 解 決 能 力 の 全 42 題 について そ の 分 類 と 日 本 と OECD 平 均 について 正 答 率 無 答 率 を 示 したものである 表 を 基 に OECD 平 均 と 比 べて 日 本 の 正 答 率 が 高 い 問 題 低 い 問 題 を 示 すため 図 は 正 答 率 の 差 ( 日 本 -OECD 平 均 )を 出 している また OECD 平 均 に 比 べて 日 本 の 無 答 率 が 高 い 問 題 低 い 問 題 を 示 すため 図 は 無 答 率 の 差 ( 日 本 -OECD 平 均 )を 出 している 表 問 題 解 決 能 力 の 側 面 と 正 答 率 無 答 率 大 問 の 名 称 小 問 番 号 問 題 解 決 の プロセス 問 題 状 況 の 特 徴 小 問 の 分 類 正 答 率 (%) 無 答 率 (%) 状 況 用 途 出 題 形 式 日 本 OECD 日 -OECD 日 本 OECD 日 -OECD おそうじロボット* 問 1 探 究 理 解 静 的 テクノロジー 社 会 的 選 択 肢 おそうじロボット* 問 2 探 究 理 解 静 的 テクノロジー 社 会 的 選 択 肢 おそうじロボット* 問 3 表 現 定 式 化 静 的 テクノロジー 社 会 的 自 由 記 述 道 路 地 図 * 問 1 計 画 実 行 静 的 非 テクノロジー 社 会 的 選 択 肢 道 路 地 図 * 問 2 計 画 実 行 静 的 非 テクノロジー 社 会 的 求 答 道 路 地 図 * 問 3 観 察 熟 考 静 的 非 テクノロジー 社 会 的 選 択 肢 (その 他 ) 新 しい 家 具 問 1 探 究 理 解 静 的 非 テクノロジー 私 的 選 択 肢 新 しい 家 具 問 2 計 画 実 行 静 的 非 テクノロジー 私 的 求 答 新 しい 家 具 問 3 計 画 実 行 静 的 非 テクノロジー 私 的 求 答 迷 路 問 1 計 画 実 行 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 私 的 求 答 迷 路 問 2 表 現 定 式 化 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 私 的 選 択 肢 迷 路 問 3 表 現 定 式 化 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 私 的 求 答 ブロックゲーム 問 1 探 究 理 解 静 的 非 テクノロジー 私 的 求 答 ブロックゲーム 問 2 計 画 実 行 静 的 非 テクノロジー 私 的 求 答 ブロックゲーム 問 3 観 察 熟 考 静 的 非 テクノロジー 私 的 求 答 コミュニケーション 問 1 探 究 理 解 静 的 非 テクノロジー 社 会 的 自 由 記 述 コミュニケーション 問 2 表 現 定 式 化 静 的 非 テクノロジー 社 会 的 複 合 的 多 肢 選 択 肢 エアコン* 問 1 表 現 定 式 化 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 求 答 エアコン* 問 2 計 画 実 行 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 求 答 水 そう 問 1 探 究 理 解 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 私 的 複 合 的 多 肢 選 択 肢 水 そう 問 2 計 画 実 行 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 私 的 求 答 広 告 問 1 表 現 定 式 化 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 社 会 的 求 答 広 告 問 2 計 画 実 行 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 社 会 的 求 答 リモコン 問 1 表 現 定 式 化 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 求 答 リモコン 問 2 計 画 実 行 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 求 答 ミキサー 問 1 探 究 理 解 相 互 作 用 的 テクノロジー 社 会 的 選 択 肢 ミキサー 問 2 表 現 定 式 化 相 互 作 用 的 テクノロジー 社 会 的 複 合 的 多 肢 選 択 肢 ミキサー 問 3 計 画 実 行 相 互 作 用 的 テクノロジー 社 会 的 選 択 肢 時 計 問 1 探 究 理 解 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 複 合 的 多 肢 選 択 肢 時 計 問 2 計 画 実 行 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 求 答 時 計 問 3 観 察 熟 考 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 自 由 記 述 照 明 問 1 表 現 定 式 化 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 求 答 照 明 問 2 計 画 実 行 静 的 テクノロジー 私 的 自 由 記 述 照 明 問 3 観 察 熟 考 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 自 由 記 述 ビタミン 問 1 計 画 実 行 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 社 会 的 求 答 ビタミン 問 2 探 究 理 解 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 社 会 的 選 択 肢 (その 他 ) ビタミン 問 3 観 察 熟 考 相 互 作 用 的 非 テクノロジー 社 会 的 選 択 肢 切 符 * 問 1 計 画 実 行 相 互 作 用 的 テクノロジー 社 会 的 求 答 切 符 * 問 2 探 究 理 解 相 互 作 用 的 テクノロジー 社 会 的 求 答 切 符 * 問 3 観 察 熟 考 相 互 作 用 的 テクノロジー 社 会 的 求 答 スマイリー 問 1 計 画 実 行 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 求 答 スマイリー 問 2 観 察 熟 考 相 互 作 用 的 テクノロジー 私 的 自 由 記 述 平 均 ( 注 ) 大 問 の 名 称 の*は 公 開 問 題 を 示 す 27

36 図 問 題 解 決 能 力 問 題 における 正 答 率 の 差 ( 日 本 -OECD 平 均 ) 大 問 の 名 称 小 問 番 号 * 切 符 問 3 ブロックゲーム 問 2 ブロックゲーム 問 1 ミキサー 問 3 * 切 符 問 1 ミキサー 問 1 迷 路 問 3 コミュニケーション 問 2 ビタミン 問 2 ビタミン 問 3 ミキサー 問 2 リモコン 問 2 照 明 問 2 迷 路 問 2 照 明 問 1 *エアコン 問 2 新 しい 家 具 問 1 * 切 符 問 2 時 計 問 1 照 明 問 3 新 しい 家 具 問 3 * 道 路 地 図 問 2 水 そう 問 1 ブロックゲーム 問 3 * 道 路 地 図 問 3 コミュニケーション 問 1 *エアコン 問 1 *おそうじロボット 問 2 *おそうじロボット 問 1 リモコン 問 1 広 告 問 1 新 しい 家 具 問 2 広 告 問 2 ビタミン 問 1 時 計 問 3 水 そう 問 2 * 道 路 地 図 問 1 迷 路 問 1 スマイリー 問 2 時 計 問 2 *おそうじロボット 問 3 スマイリー 問 正 答 率 の 差 ( 日 本 -OECD 平 均 ) ( 注 )1. 正 答 率 の 差 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 問 題 を 並 べている ( 注 )2. *は 公 開 問 題 を 示 す 28

37 図 問 題 解 決 能 力 問 題 における 無 答 率 の 差 ( 日 本 -OECD 平 均 ) 大 問 の 名 称 小 問 番 号 *おそうじロボット 問 3 コミュニケーション 問 2 照 明 問 3 リモコン 問 1 迷 路 問 2 コミュニケーション 問 1 * 道 路 地 図 問 1 ビタミン 問 1 ミキサー 問 1 時 計 問 1 *エアコン 問 1 スマイリー 問 1 *おそうじロボット 問 1 迷 路 問 3 *おそうじロボット 問 2 広 告 問 1 新 しい 家 具 問 2 ブロックゲーム 問 1 迷 路 問 1 水 そう 問 1 ビタミン 問 3 ブロックゲーム 問 3 * 切 符 問 3 スマイリー 問 2 * 切 符 問 1 時 計 問 2 ブロックゲーム 問 2 時 計 問 3 水 そう 問 2 * 切 符 問 2 新 しい 家 具 問 1 * 道 路 地 図 問 2 ミキサー 問 3 * 道 路 地 図 問 3 照 明 問 1 広 告 問 2 ビタミン 問 2 *エアコン 問 2 新 しい 家 具 問 3 ミキサー 問 2 照 明 問 2 リモコン 問 無 答 率 の 差 ( 日 本 OECD 平 均 ) ( 注 )1. 無 答 率 の 差 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 問 題 を 並 べている ( 注 ) 2. *は 公 開 問 題 を 示 す 29

38 3.1.2 分 類 別 平 均 正 答 率 平 均 無 答 率 (1) 平 均 正 答 率 表 は 問 題 解 決 能 力 全 42 題 について 分 類 別 に 見 た 日 本 と OECD 平 均 の 平 均 正 答 率 及 び 平 均 無 答 率 である また 図 は 問 題 解 決 のプロセス 別 に 図 は 出 題 形 式 別 に 見 た 平 均 正 答 率 を 日 本 と OECD 平 均 で 比 べたものである これらを 見 ると どの 側 面 内 容 についても 日 本 は OECD 平 均 よりも 平 均 正 答 率 は 高 く その 差 は 出 題 形 式 の 自 由 記 述 形 式 を 除 くと 10 ポイント 以 上 日 本 が 大 きい 自 由 記 述 形 式 では 日 本 は 7 ポイント OECD 平 均 より 高 く 他 の 4 つの 出 題 形 式 に 比 べると OECD 平 均 との 差 が 小 さい 表 問 題 解 決 能 力 問 題 における 分 類 別 に 見 た 平 均 正 答 率 平 均 無 答 率 分 類 問 題 解 決 の プロセス 問 題 状 況 の 特 徴 問 題 の 文 脈 ( 状 況 ) 問 題 の 文 脈 ( 用 途 ) 出 題 形 式 内 容 日 本 平 均 正 答 率 差 OECD ( 日 本 -OECD) 日 本 平 均 無 答 率 差 OECD ( 日 本 -OECD) 探 究 理 解 表 現 定 式 化 計 画 実 行 観 察 熟 考 相 互 作 用 的 静 的 テクノロジー 非 テクノロジー 私 的 社 会 的 選 択 肢 形 式 複 合 的 多 肢 選 択 肢 形 式 選 択 肢 (その 他 ) 形 式 求 答 形 式 自 由 記 述 形 式 全 体

39 図 問 題 解 決 のプロセス 別 に 見 た 平 均 正 答 率 ( 日 本 OECD 平 均 ) 図 出 題 形 式 別 に 見 た 平 均 正 答 率 ( 日 本 OECD 平 均 ) 31

40 (2) 平 均 無 答 率 日 本 の 平 均 無 答 率 は 全 42 題 で 2% 側 面 別 に 見 ると 出 題 形 式 の 自 由 記 述 形 式 が 最 も 高 く 4%である OECD 平 均 の 自 由 記 述 形 式 の 無 答 率 は 6%であり OECD 平 均 の 方 が 1 ポイ ント 大 きい (3) 正 答 率 の 分 布 図 は 問 題 解 決 能 力 全 42 題 の 正 答 率 の 分 布 ( 日 本 OECD 平 均 )を 示 したものであ る これを 見 ると 日 本 は 正 答 率 60% 台 の 問 題 が 最 も 多 く 12 題 次 いで 50% 台 が 7 題 と 多 い OECD 平 均 では 正 答 率 40% 台 の 問 題 が 最 も 多 く 12 題 次 いで 50% 台 が 10 題 となっ ている 13 図 問 題 解 決 能 力 の 問 における 正 答 率 の 分 布 ( 日 本 OECD 平 均 ) 日 本 OECD 平 均 9 8 問 題 数 % 未 満 10% 台 20% 台 30% 台 40% 台 50% 台 60% 台 70% 台 80% 台 90% 台 正 答 率 32

41 3.2 問 題 解 決 能 力 の 問 題 例 2012 年 調 査 の 結 果 公 表 時 における 問 題 解 決 能 力 の 公 開 問 題 は 大 問 6 小 問 16 題 で あり そのうちの 大 問 2 小 問 5 題 は 予 備 調 査 でのみ 出 題 されたものである 本 調 査 で 使 用 した 問 題 の 正 答 率 無 答 率 は 表 に 示 したとおりである 以 下 本 調 査 で 使 用 した 四 つの 大 問 について 解 説 する おそうじロボットに 関 する 問 題 (2012 年 調 査 問 題 ) おそうじロボットに 関 する 問 1 問 1 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 探 究 理 解 用 途 : 社 会 的 問 題 状 況 の 特 徴 : 静 的 出 題 形 式 : 選 択 肢 状 況 :テクノロジー 難 易 度 :490 点 ( 習 熟 度 レベル 3) 33

42 問 1 は 試 作 中 のそうじ 機 の 動 きを 画 面 上 で 観 察 し その 動 きのルールを 理 解 す る 問 いである スタート ボタンを 押 すとアニメーションが 表 示 される 生 徒 はそう じ 機 が 障 害 物 にぶつかったときに どのような 動 きをするのかを 何 回 でも 見 ることがで きる そうじ 機 の 動 きを 観 察 し 赤 いブロックに 当 たったとき のそうじ 機 の 動 きを 四 つの 選 択 肢 から 一 つ 選 ぶ この 問 いでは アニメーションでそうじ 機 の 動 きを 確 認 することができ 問 いを 解 く ために 必 要 な 情 報 はすべて 最 初 から 生 徒 に 提 示 されている また 生 徒 の 操 作 によって そうじ 機 の 動 きや 環 境 を 変 えることができないため 問 題 状 況 の 特 徴 は 相 互 作 用 的 ではなく 静 的 に 分 類 される 正 答 率 は 日 本 72%で OECD 平 均 63%よりも 8 ポイント 大 きい 表 3.2.1a おそうじロボットに 関 する 問 1の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) A B C ( 正 答 ) D 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海 ( 注 ) 正 答 率 は 正 答 Cに 解 答 した 生 徒 の 割 合 である 34

43 おそうじロボットに 関 する 問 2 問 2 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 探 究 理 解 問 題 状 況 の 特 徴 : 静 的 状 況 :テクノロジー 用 途 : 社 会 的 出 題 形 式 : 選 択 肢 難 易 度 :559 点 ( 習 熟 度 レベル 4) そうじ 機 が 右 の 壁 の 方 に 向 けて 置 かれた 場 合 のそうじ 機 の 動 きを 正 しく 予 測 するた めには アニメーションを 注 意 深 く 観 察 し この 空 間 内 での 規 則 性 のある 動 きを 理 解 す る 必 要 がある そうじ 機 が 右 の 壁 に 向 けて 置 かれた 場 合 その 出 発 点 は 左 の 壁 に 向 け られて 出 発 したそうじ 機 が 通 過 するある 地 点 と 同 じであることに 気 づくと 解 答 は 容 易 になる 正 答 率 は 日 本 56% OECD 平 均 47%であり 日 本 の 方 が OECD 平 均 より 9 ポイン ト 大 きい またこの 問 いは 日 本 における 正 答 率 の 男 女 差 が 他 の 問 いに 比 べて 相 対 的 に 大 きく 男 子 60% 女 子 51%と 9 ポイント 男 子 の 方 が 大 きい 表 3.2.1b おそうじロボットに 関 する 問 2の 結 果 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) 国 名 B(1 個 ) A(0 個 ) ( 正 答 ) C(2 個 ) D(3 個 ) 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海 ( 注 ) 正 答 率 は 正 答 Bに 解 答 した 生 徒 の 割 合 である 35

44 おそうじロボットに 関 する 問 3 問 3 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 表 現 定 式 化 問 題 状 況 の 特 徴 : 静 的 状 況 :テクノロジー 用 途 : 社 会 的 出 題 形 式 : 自 由 記 述 難 易 度 : 完 全 正 答 701 点 ( 習 熟 度 レベル 6 以 上 )/ 部 分 正 答 414 点 ( 習 熟 度 レベ ル 1) この 問 いは 問 1 及 び 問 2 での 解 答 をもとに そうじ 機 が 黄 色 いブロックに 当 たった 時 の 動 きの 規 則 性 (ルール)を 説 明 することが 求 められている 自 由 記 述 形 式 の 問 いで あり 生 徒 はテキストボックスにルールの 説 明 を 入 力 し 解 答 は 次 ページの 採 点 基 準 に 基 づき 採 点 者 によって 採 点 (コード 化 )される 習 熟 度 レベル 6 以 上 の 難 易 度 の 高 い 問 いである 日 本 の 完 全 正 答 の 割 合 は 23% OECD 平 均 の 15%と 比 べて 8 ポイント 大 きい 一 方 部 分 正 答 は 日 本 51% OECD 平 均 65%と 日 本 は OECD 平 均 よりも 14 ポイント 小 さい また 無 答 率 も 日 本 は 6%で 日 本 の 他 の 問 いにおける 無 答 率 と 比 べると 相 対 的 に 大 きい 表 3.2.1c おそうじロボットに 関 する 問 3の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) 完 全 正 答 部 分 正 答 誤 答 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

45 おそうじロボットに 関 する 問 3 の 採 点 基 準 完 全 正 答 コード 2:そうじ 機 は 壁 か 赤 いブロックに 当 たるまで 黄 色 いブロックを 押 し 続 け かつ その 後 180 度 方 向 転 換 をするということを 理 解 している 答 え (そうじ 機 は)( 黄 色 いブロックを) 壁 か 赤 いブロックにあたるまで 押 し 続 け その 後 180 度 の 方 向 転 換 をする (そうじ 機 は) 何 かに 当 たるまでブロックを 押 し 続 け その 後 方 向 を 変 え る ( 当 たるものを 特 定 する 必 要 はない 方 向 を 変 える は 180 度 の 方 向 転 換 を 意 味 する) (そうじ 機 は) 行 ける 所 までブロックを 押 し その 後 方 向 転 換 する(180 度 ) ( 行 ける 所 まで は 何 かに 当 たるまで 進 むことを 意 味 する) (そうじ 機 は) 何 かに 当 たるまで( 黄 色 いブロックを) 動 かし その 後 完 全 に 向 きを 変 え 反 対 方 向 に 戻 る ( 完 全 に 向 きを 変 え は 180 度 の 方 向 転 換 を 意 味 する) (そうじ 機 は) 黄 色 いブロックが 動 けなくなると 半 円 分 向 きを 変 える (そうじ 機 は)( 黄 色 いブロックが) 動 けなくなるまで 押 し 続 け その 後 反 対 方 向 に 動 き 出 す ( 反 対 方 向 は 180 度 の 方 向 転 換 を 意 味 する) 部 分 正 答 コード 1:そうじ 機 が 黄 色 いブロックを 押 すこと または 方 向 を 変 えることのどちら かを 理 解 している 答 え 黄 色 いブロックに 当 たるとそれを 押 す 押 す ( 最 小 限 の 答 え) 動 かす ( 最 小 限 の 答 え) 向 きを 変 える ( 最 小 限 の 答 え) 180 度 向 きを 変 える 押 して 180 度 向 きを 変 える (コード 2 の 要 件 を 満 たすには そうじ 機 が 黄 色 いブロックを 壁 や 赤 いブロックにぶつかるまで 押 し 続 けることが 明 示 されている 必 要 がある) そうじ 機 は 黄 色 いブロックが 何 かにぶつかるまで 押 し 続 け その 後 向 き を 変 える (コード 2 の 要 件 を 満 たすには そうじ 機 が 180 度 向 きを 変 え ることが 明 示 されている 必 要 がある) (そうじ 機 は)( 黄 色 いブロックが) 壁 か 赤 いブロックにぶつかるまで 押 し 続 ける ( 方 向 転 換 について 言 及 されていない) 誤 答 / 無 答 コード 0:その 他 の 答 え 黄 色 いブロックを 動 かすことができない 90 度 向 きを 変 える ( 方 向 転 換 の 角 度 が 書 かれている 場 合 は 正 しい 角 度 でなければならない) 一 番 近 い 壁 まで 押 す (そうじ 機 がブロックを 押 す 先 が 書 かれている 場 合 は 正 しく 明 記 されていなければならない) コード 9: 無 答 37

46 3.2.2 道 路 地 図 に 関 する 問 題 (2012 年 調 査 問 題 ) 道 路 地 図 に 関 する 問 1 問 1 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 計 画 実 行 問 題 状 況 の 特 徴 : 静 的 状 況 : 非 テクノロジー 用 途 : 社 会 的 出 題 形 式 : 選 択 肢 難 易 度 :340 点 ( 習 熟 度 レベル 1 未 満 ) この 問 いでは 生 徒 は 道 路 地 図 を 示 され 青 山 町 から 白 崎 町 へ 行 くのに 最 短 何 分 で 到 着 するか 四 つの 選 択 肢 から 一 つ 選 ぶ 問 いである 生 徒 は どの 経 路 で 行 くか 計 画 し 道 路 をマウスでクリックすると 道 路 が 青 く 反 転 表 示 され 左 下 の 合 計 時 間 に 所 要 時 間 の 合 計 が 表 示 される 各 道 路 には 移 動 にかかる 時 間 ( 分 )が 記 載 されており 道 路 を クリックしなくても 解 答 することは 可 能 である 問 題 状 況 の 特 徴 は 静 的 であり 最 38

47 初 の 段 階 で 移 動 にかかる 時 間 の 情 報 はすべて 提 示 されている この 問 いの 難 易 度 は 習 熟 度 レベル 1 未 満 であり 正 答 率 は 日 本 90% OECD 平 均 86%である < 問 1 合 計 時 間 の 表 示 例 > 表 3.2.2a 道 路 地 図 に 関 する 問 1の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) A ( 正 答 ) B C D 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海 ( 注 ) 正 答 率 は 正 答 Aに 解 答 した 生 徒 の 割 合 である 39

48 道 路 地 図 に 関 する 問 2 問 2 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 計 画 実 行 問 題 状 況 の 特 徴 : 静 的 状 況 : 非 テクノロジー 用 途 : 社 会 的 出 題 形 式 : 求 答 難 易 度 :446 点 ( 習 熟 度 レベル 2) 問 1 と 同 じ 道 路 地 図 が 生 徒 に 示 され 川 西 町 から 水 上 町 までの 最 短 ルートをマウスで クリックして 答 える 問 1 同 様 道 路 をマウスでクリックすると 道 路 が 青 く 反 転 表 示 され 左 下 の 合 計 時 間 に 移 動 にかかる 時 間 の 合 計 が 表 示 される この 問 いの 難 易 度 は 習 熟 度 レベル 2 であり 正 答 率 は 日 本 83% OECD 平 均 70%であり 日 本 は OECD 平 均 に 比 べて 13 ポイント 大 きい 40

49 < 問 2 の 正 答 > 表 3.2.2b 道 路 地 図 に 関 する 問 2の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) 正 答 誤 答 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

50 道 路 地 図 に 関 する 問 3 問 3 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 観 察 熟 考 問 題 状 況 の 特 徴 : 静 的 状 況 : 非 テクノロジー 用 途 : 社 会 的 出 題 形 式 : 選 択 肢 (その 他 ) 難 易 度 :408 点 ( 習 熟 度 レベル 1) 問 1 と 同 じ 道 路 地 図 が 生 徒 に 示 され 与 えられた 条 件 別 々の 町 に 住 む 3 人 が 15 分 以 内 で 会 える を 満 たす 場 所 を プルダウンメニューから 選 ぶ 問 題 である 谷 町 も しくは 松 田 町 を 選 んだ 場 合 正 答 となる 42

51 < 正 答 例 : 谷 町 の 場 合 > 真 理 さん( 竹 下 町 在 住 )は 白 崎 町 木 村 町 谷 町 と 移 動 し 所 要 時 間 は 14 分 武 さん( 梅 宮 町 在 住 )は 坂 中 町 森 本 町 谷 町 と 移 動 し 所 要 時 間 は 12 分 淳 さん( 松 田 町 在 住 )は 森 本 町 谷 町 と 移 動 し 所 要 時 間 は 15 分 < 正 答 例 : 松 田 町 の 場 合 > 真 理 さん( 竹 下 町 在 住 )は 白 崎 町 松 田 町 と 移 動 し 所 要 時 間 は 12 分 武 さん( 梅 宮 町 在 住 )は 坂 中 町 森 本 町 松 田 町 と 移 動 し 所 要 時 間 は 15 分 淳 さん( 松 田 町 在 住 )は 移 動 せず(0 分 ) この 問 いの 難 易 度 は 習 熟 度 レベル 1 であり 正 答 率 は 日 本 88% OECD 平 均 78%で あり 日 本 は OECD 平 均 に 比 べて 10 ポイント 大 きい 表 3.2.2c 道 路 地 図 に 関 する 問 3の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) 正 答 誤 答 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

52 3.2.3 エアコンに 関 する 問 題 (2012 年 調 査 問 題 ) エアコンに 関 する 問 1 <ツマミを 動 かして 設 定 ボタンをクリックする 操 作 を 数 回 くりかえした 時 の 例 > 温 度 湿 度 の 値 とグラフが 変 化 する 44

53 問 1 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 表 現 定 式 化 問 題 状 況 の 特 徴 : 相 互 作 用 的 状 況 :テクノロジー 用 途 : 私 的 出 題 形 式 : 求 答 難 易 度 : 完 全 正 答 523 点 ( 習 熟 度 レベル 3)/ 部 分 正 答 492 点 ( 習 熟 度 レベル 3) この 問 1 では 説 明 書 がない 新 しいエアコンの 三 つの 調 節 目 盛 を 動 かして どの 調 節 目 盛 (ツマミ)で 温 度 あるいは 湿 度 をコントロールすることができるのかをつきとめ 観 察 した 結 果 をモデルとして 表 現 することが 生 徒 に 求 められている この 問 いの 問 題 状 況 は 相 互 作 用 的 である すなわち 生 徒 が 画 面 上 の 調 節 目 盛 を 操 作 することで 状 況 が 変 化 し 問 題 を 解 決 することができる 問 1は 問 題 状 況 に 関 する 知 識 情 報 を 得 る 問 いであり 続 く 問 2 は 問 1で 得 られた 知 識 情 報 を 応 用 する 問 いである 問 1 では 一 度 に 一 つだけ 変 化 させる 変 化 させる 値 以 外 は 最 初 の 値 にしておく とい う 方 法 をとり 自 分 で 行 う 操 作 の 結 果 を 注 意 深 く 観 察 することが 重 要 である 完 全 正 答 であった 日 本 の 生 徒 の 割 合 は 62% OECD 平 均 では 53%であり 日 本 の 方 が 9 ポイント 大 きい また この 問 いは 日 本 における 正 答 率 の 男 女 差 が 他 の 問 いに 比 べ 相 対 的 に 大 きく 男 子 が 女 子 よりも 8 ポイント 大 きい エアコンに 関 する 問 1の 採 点 基 準 完 全 正 答 コード 2: 三 つの 調 節 目 盛 と 温 度 湿 度 との 対 応 関 係 を 正 しく 線 でつないでいる 場 合 ( 下 記 ) 部 分 正 答 コード 1: 三 つの 調 節 目 盛 と 温 度 湿 度 との 対 応 関 係 が 正 しく 線 でつながれてい ないが この 問 いにおける 操 作 の 記 録 (log)に 生 徒 が 一 度 にひとつの 変 数 だけ 変 化 させ 変 化 させる 値 以 外 は 最 初 の 値 にしておく といった 方 法 を 三 つの 変 数 ( 調 節 目 盛 )のうち 少 なくも 二 つについて 行 っている 場 合 誤 答 / 無 答 コード 0:その 他 の 答 え 45

54 表 3.2.3a エアコンに 関 する 問 1の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) 完 全 正 答 部 分 正 答 誤 答 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

55 エアコンに 関 する 問 2 < 問 題 解 答 の 流 れ> 設 定 をクリックすると 温 度 湿 度 の 値 とグラフが 変 化 する 目 標 値 に 設 定 又 は 設 定 を 4 回 クリック 47

56 問 2 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 計 画 実 行 問 題 状 況 の 特 徴 : 相 互 作 用 的 状 況 :テクノロジー 用 途 : 私 的 出 題 形 式 : 求 答 難 易 度 : 完 全 正 答 672 点 ( 習 熟 度 レベル 5)/ 部 分 正 答 592 点 ( 習 熟 度 レベル 4) 問 1 で 得 た 知 識 情 報 ( 三 つの 調 節 目 盛 と 温 度 湿 度 との 対 応 関 係 )を 応 用 し て 温 度 と 湿 度 を 目 標 値 (18 から 20)に 設 定 することを 求 める 問 いである 調 査 問 題 は 一 度 次 の 問 いに 進 むと 前 問 には 戻 れないため 問 1で 解 答 した 調 節 目 盛 に 関 するモデ ルを 見 ることはできないが 3つの 調 節 目 盛 と 温 度 湿 度 との 関 係 は 最 初 から 図 で 示 さ れている ただし 問 1とは 異 なり 設 定 は 4 回 以 内 と 決 められており この 問 いでは リセット ボタンがない したがって 生 徒 はあらかじめ 設 定 の 方 法 を 計 画 し 手 順 通 りに 実 行 する 必 要 がある 4 回 以 内 に 目 標 値 に 設 定 するやり 方 は 複 数 あるが 2 回 の 設 定 で 目 標 値 に 達 すること ができるため 間 違 えても 3 回 目 の 設 定 で 修 正 することができれば 4 回 以 内 で 目 標 値 に 設 定 することができる 生 徒 が 4 回 以 内 の 設 定 で 目 標 値 に 近 づけることはできたが 目 標 値 には 設 定 できなかった 場 合 部 分 正 答 となる 日 本 の 正 答 率 は 30%で OECD 平 均 の 17%と 比 べ 13 ポイント 大 きい 正 答 率 の 男 女 差 は 9 ポイントで 男 子 の 方 が 女 子 よりも 大 きい エアコンに 関 する 問 2の 採 点 基 準 完 全 正 答 コード 2: 設 定 された 値 が 温 度 と 湿 度 ともに 目 標 値 (18 から 20)になっている 記 録 が ある 場 合 部 分 正 答 コード 1: 設 定 された 温 度 及 び 湿 度 と 目 標 値 (18 から 20)との 差 が それぞれ 最 初 の 値 と 目 標 値 の 差 より 小 さくなっている 記 録 がある 場 合 誤 答 / 無 答 コード 0:その 他 の 答 え 48

57 表 3.2.3b エアコンに 関 する 問 2の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) 完 全 正 答 部 分 正 答 誤 答 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

58 3.2.4 切 符 に 関 する 問 題 (2012 年 調 査 問 題 ) 切 符 に 関 する 問 1 問 1 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 計 画 実 行 問 題 状 況 の 特 徴 : 相 互 作 用 的 状 況 :テクノロジー 用 途 : 社 会 的 出 題 形 式 : 求 答 難 易 度 :526 点 ( 習 熟 度 レベル 3) 生 徒 が 駅 に 到 着 し 見 慣 れない 券 売 機 で 切 符 を 買 うという 状 況 設 定 で 問 1 では タッチパネル 式 の 券 売 機 をマウスでクリックし 列 車 の 普 通 乗 車 券 を 2 枚 購 入 すること が 求 められる 日 本 の 正 答 率 は 80% OECD 平 均 は 58%であり 日 本 の 方 が 22 ポイ ント 大 きい 50

59 < 問 1 の 正 答 例 > 1) 利 用 する 電 車 列 車 をクリックする 2) 運 賃 の 種 類 普 通 運 賃 をクリックする 3) 切 符 の 種 類 普 通 乗 車 券 をクリックする 51

60 4) 切 符 の 枚 数 2 をク リックする 5) 購 入 する をクリッ クする 52

61 表 3.2.4a 切 符 に 関 する 問 1の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) 正 答 誤 答 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

62 切 符 に 関 する 問 2 問 2 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 探 究 理 解 問 題 状 況 の 特 徴 : 相 互 作 用 的 状 況 :テクノロジー 用 途 : 社 会 的 出 題 形 式 : 求 答 難 易 度 : 完 全 正 答 638 点 ( 習 熟 度 レベル 5)/ 部 分 正 答 453 点 ( 習 熟 度 レベル 2) 問 2 では 問 1 と 同 じ 券 売 機 で 1 日 に 地 下 鉄 に 4 回 乗 車 するのに 最 も 安 い 切 符 を 購 入 するよう 求 められる 生 徒 は 学 生 であるので 割 引 運 賃 が 適 用 されることを 理 解 し た 上 で 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 を 選 び 一 日 乗 車 券 と 普 通 乗 車 券 4 枚 との 値 段 を 比 較 した 上 で 普 通 乗 車 券 4 枚 を 購 入 した 場 合 に 完 全 正 答 となる 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 の 一 日 乗 車 券 と 普 通 乗 車 券 4 枚 との 値 段 を 比 較 せずに 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 一 日 乗 車 券 もしく は 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 普 通 乗 車 券 4 枚 を 購 入 した 場 合 は 部 分 正 答 となる 完 全 正 答 の 割 合 は 日 本 45% OECD 平 均 27%であり 日 本 の 方 が 18 ポイント 大 き い 部 分 正 答 の 割 合 は 日 本 37% OECD 平 均 46%となっている 54

63 切 符 に 関 する 問 2の 採 点 基 準 完 全 正 答 コード 2: 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 を 選 び 一 日 乗 車 券 の 金 額 (9 ゼット)を 比 較 した 上 で 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 普 通 乗 車 券 4 枚 (8 ゼット)を 購 入 し た 場 合 部 分 正 答 コード 1: 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 の 一 日 乗 車 券 (9 ゼット) と 普 通 乗 車 券 4 枚 (8 ゼ ット) との 値 段 を 比 較 せずに 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 一 日 乗 車 券 もしく は 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 普 通 乗 車 券 4 枚 を 購 入 した 場 合 誤 答 / 無 答 コード 0:その 他 の 答 え 表 3.2.4b 切 符 に 関 する 問 2の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) 完 全 正 答 部 分 正 答 誤 答 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

64 切 符 に 関 する 問 3 問 3 の 出 題 の 意 図 は 次 の 通 りである 問 題 解 決 のプロセス: 観 察 熟 考 問 題 状 況 の 特 徴 : 相 互 作 用 的 状 況 :テクノロジー 用 途 : 社 会 的 出 題 形 式 : 求 答 難 易 度 :579 点 ( 習 熟 度 レベル 4) 問 3 では 問 1 2 と 同 じ 券 売 機 で 地 下 鉄 の 普 通 乗 車 券 を 2 枚 購 入 するよう 求 めら れる 券 売 機 で 地 下 鉄 で 割 引 運 賃 を 選 び 普 通 乗 車 券 2 枚 選 び 購 入 ボタンを ク リックすると この 種 類 の 切 符 はありません 取 り 消 す ボタンを 押 して 他 の 切 符 を 購 入 してください というメッセージが 出 てくる そこで 最 初 の 計 画 割 引 運 賃 で を 普 通 運 賃 へと 変 更 して 購 入 しなければならない 日 本 の 正 答 率 は 70% OECD 平 均 は 43%であり 日 本 の 方 が 27 ポイント 大 きい < 問 3 割 引 運 賃 で 購 入 しようとした 場 合 のメッセージ> 56

65 切 符 に 関 する 問 2の 採 点 基 準 正 答 コード 1: 地 下 鉄 の 割 引 運 賃 で 乗 車 券 を 購 入 しようと 試 み さらに 地 下 鉄 の 普 通 運 賃 普 通 乗 車 券 2 枚 もしくは 地 下 鉄 の 普 通 運 賃 普 通 乗 車 券 1 枚 を 購 入 した 場 合 誤 答 / 無 答 コード 0:その 他 の 答 え 表 3.2.4c 切 符 に 関 する 問 3の 結 果 国 名 反 応 率 (%) 正 答 率 (%) 正 答 誤 答 無 答 他 全 体 男 子 女 子 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 イングランド アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

66 第 4 章 問 題 解 決 能 力 に 影 響 する 要 因 PISA2012 年 調 査 では 問 題 解 決 能 力 の 他 に 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラ シーといった 調 査 問 題 や 学 校 質 問 紙 生 徒 質 問 紙 国 際 オプションであるコンピュータの 利 用 等 に 関 する ICT 質 問 紙 といった 質 問 紙 調 査 が 併 せて 行 われた 本 章 では これらの 得 点 や 質 問 項 目 の 回 答 が 問 題 解 決 能 力 の 得 点 とどのような 関 係 にあり 問 題 解 決 能 力 にどの ような 影 響 を 与 えているのかを 報 告 する 4.1 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーとの 関 係 問 題 解 決 能 力 の 得 点 と 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーの 得 点 との 関 係 を 見 るため 参 加 国 それぞれにおける 各 分 野 間 の 得 点 の 相 関 係 数 (ある 分 野 の 得 点 が 高 い 生 徒 ほど 別 の 分 野 の 得 点 が 高 い 場 合 は 正 の 値 低 い 場 合 は 負 の 値 をとり 最 大 値 の 1 に 近 づくに つれて 正 の 関 係 が 強 く 最 小 値 の-1 に 近 づくにつれて 負 の 関 係 が 強 いと 考 えられる)を 表 に 示 す また 参 加 国 それぞれにおける 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシ ーの 3 分 野 の 得 点 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 ( 問 題 解 決 能 力 の 得 点 を 従 属 変 数 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーの 得 点 を 独 立 変 数 として 重 回 帰 分 析 を 行 った 際 の 重 決 定 係 数 に 100 をかけた 値 )も 併 せて 示 す なお 国 は 3 分 野 の 得 点 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 が 大 きい 順 に 上 から 並 べている 問 題 解 決 能 力 の 得 点 と 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーの 得 点 との 相 関 係 数 を 見 ると いずれの 国 でも 相 関 係 数 は 正 の 値 であり それぞれ 正 の 関 係 があると 考 えられる 日 本 は 数 学 的 リテラシーとの 関 係 が 最 も 強 く( 相 関 係 数 0.75) 次 いで 科 学 的 リテラシー (0.72) 読 解 力 (0.68)と 続 いている OECD 平 均 でも 数 学 的 リテラシーとの 関 係 が 最 も 強 く(0.81) 次 いで 科 学 的 リテラシー(0.78) 読 解 力 (0.75)となっている 読 解 力 との 関 係 が 最 も 強 い 国 はポーランド(ただし 3 分 野 とも 0.75) 科 学 的 リテラシーとの 関 係 が 最 も 強 い 国 はオランダ( 科 学 的 リテラシーが 0.85 数 学 的 リテラシーが 0.84)だけであり 残 りの 42 か 国 では 日 本 と 同 様 数 学 的 リテラシーとの 関 係 が 最 も 強 い 以 上 から 問 題 解 決 能 力 は 数 学 的 リテラシーとの 関 係 が 強 いと 考 えられるが 日 本 の 場 合 問 題 解 決 能 力 と 数 学 的 リテラシーとの 関 係 は 数 学 的 リテラシーと 読 解 力 との 関 係 (0.86) や 数 学 的 リテラシーと 科 学 的 リテラシーとの 関 係 (0.89)よりも 弱 く 同 様 に OECD 平 均 でも 数 学 的 リテラシーは 問 題 解 決 能 力 (0.81)よりも 読 解 力 (0.85)や 科 学 的 リテラシー (0.90)との 関 係 が 強 い 参 加 44 か 国 中 問 題 解 決 能 力 と 数 学 的 リテラシーとの 関 係 が 数 学 的 リテラシーと 科 学 的 リテラシーとの 関 係 よりも 強 い 国 は 存 在 しない 問 題 解 決 能 力 調 査 に 参 加 した 44 か 国 の 中 で 問 題 解 決 能 力 と 数 学 的 リテラシーとの 相 関 係 数 の 値 を 比 較 すると チェコの 相 関 係 数 が 最 も 高 く(0.88) 次 いで 台 湾 (0.86) アメリ カ(0.86) イングランド(0.86) イスラエル(0.85)と 続 き 日 本 は 39 番 目 となってい る また 3 分 野 の 得 点 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 を 見 ると 分 散 説 明 率 の 割 合 が 最 も 大 きい すなわち 3 分 野 の 得 点 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 が 最 も 強 いのはチェ コ(79%)であり 次 いで 台 湾 (76%) イスラエル(75%) オランダ(75%) アメリカ (75%)と 続 き 日 本 は 58%で 41 番 目 となっている 他 の 参 加 国 と 比 べ 日 本 における 問 58

67 表 問 題 解 決 能 力 と 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーの 関 係 問 題 解 決 能 力 との 関 係 3 分 野 間 の 関 係 3 分 野 の 得 点 数 学 的 による 問 題 解 数 学 的 読 解 力 と 数 学 的 科 学 的 リテラシーと 決 能 力 の 得 読 解 力 リテラシーと 科 学 的 国 名 リテラシー リテラシー 科 学 的 点 分 散 の 説 読 解 力 リテラシー リテラシー 明 率 (%) 相 関 標 準 相 関 標 準 相 関 標 準 相 関 標 準 相 関 標 準 相 関 標 準 標 準 割 合 係 数 誤 差 係 数 誤 差 係 数 誤 差 係 数 誤 差 係 数 誤 差 係 数 誤 差 誤 差 チェコ 0.88 (0.01) 0.79 (0.01) 0.83 (0.01) 0.84 (0.01) 0.88 (0.01) 0.84 (0.01) 79.0 (1.2) 台 湾 0.86 (0.01) 0.81 (0.01) 0.83 (0.01) 0.89 (0.00) 0.93 (0.00) 0.91 (0.00) 75.5 (1.1) イスラエル 0.85 (0.01) 0.79 (0.01) 0.84 (0.01) 0.84 (0.01) 0.91 (0.00) 0.88 (0.01) 75.4 (1.3) オランダ 0.84 (0.01) 0.80 (0.02) 0.85 (0.01) 0.88 (0.01) 0.92 (0.00) 0.89 (0.01) 74.9 (2.0) アメリカ 0.86 (0.01) 0.80 (0.01) 0.83 (0.01) 0.89 (0.01) 0.93 (0.00) 0.91 (0.00) 74.8 (1.5) イングランド 0.86 (0.01) 0.79 (0.01) 0.83 (0.01) 0.90 (0.01) 0.93 (0.00) 0.91 (0.00) 74.4 (1.3) スロバキア 0.85 (0.01) 0.78 (0.01) 0.82 (0.01) 0.85 (0.01) 0.92 (0.01) 0.89 (0.01) 74.1 (1.6) クロアチア 0.85 (0.01) 0.74 (0.02) 0.79 (0.01) 0.83 (0.01) 0.89 (0.01) 0.84 (0.01) 72.7 (1.6) エストニア 0.83 (0.01) 0.77 (0.01) 0.80 (0.01) 0.83 (0.01) 0.88 (0.00) 0.85 (0.01) 72.0 (1.4) フィンランド 0.83 (0.01) 0.74 (0.01) 0.79 (0.01) 0.82 (0.01) 0.89 (0.00) 0.87 (0.00) 71.3 (1.0) ドイツ 0.83 (0.01) 0.77 (0.01) 0.81 (0.01) 0.87 (0.01) 0.92 (0.00) 0.90 (0.00) 71.2 (1.6) オーストラリア 0.83 (0.00) 0.77 (0.01) 0.81 (0.01) 0.87 (0.00) 0.91 (0.00) 0.90 (0.00) 71.1 (0.8) 上 海 0.84 (0.01) 0.79 (0.01) 0.79 (0.01) 0.89 (0.01) 0.92 (0.00) 0.90 (0.01) 71.1 (1.4) トルコ 0.84 (0.01) 0.73 (0.02) 0.77 (0.01) 0.81 (0.01) 0.87 (0.01) 0.84 (0.01) 71.0 (1.6) ハンガリー 0.83 (0.01) 0.79 (0.01) 0.81 (0.01) 0.87 (0.01) 0.93 (0.00) 0.88 (0.01) 71.0 (1.6) マレーシア 0.83 (0.01) 0.70 (0.01) 0.78 (0.01) 0.80 (0.01) 0.88 (0.01) 0.85 (0.01) 70.4 (1.4) フランス 0.83 (0.02) 0.76 (0.02) 0.80 (0.02) 0.86 (0.01) 0.90 (0.01) 0.88 (0.01) 70.3 (3.3) セルビア 0.83 (0.01) 0.72 (0.01) 0.77 (0.01) 0.82 (0.01) 0.88 (0.01) 0.83 (0.01) 70.0 (1.2) シンガポール 0.83 (0.00) 0.74 (0.01) 0.79 (0.01) 0.90 (0.00) 0.94 (0.00) 0.92 (0.00) 69.7 (0.6) ブラジル 0.83 (0.01) 0.70 (0.02) 0.75 (0.02) 0.80 (0.01) 0.86 (0.01) 0.82 (0.01) 69.0 (2.1) スロベニア 0.81 (0.01) 0.75 (0.01) 0.80 (0.01) 0.83 (0.01) 0.90 (0.00) 0.90 (0.00) 68.7 (1.1) OECD 平 均 0.81 (0.00) 0.75 (0.00) 0.78 (0.00) 0.85 (0.00) 0.90 (0.00) 0.88 (0.00) 68.0 (0.3) ブルガリア 0.81 (0.01) 0.75 (0.01) 0.78 (0.01) 0.83 (0.01) 0.89 (0.01) 0.88 (0.01) 67.6 (2.0) ベルギー 0.81 (0.01) 0.76 (0.01) 0.79 (0.01) 0.88 (0.01) 0.92 (0.00) 0.90 (0.00) 67.2 (1.4) アラブ 首 長 国 連 邦 0.80 (0.01) 0.75 (0.01) 0.78 (0.01) 0.85 (0.01) 0.89 (0.00) 0.89 (0.00) 66.6 (1.2) 韓 国 0.80 (0.01) 0.76 (0.01) 0.77 (0.01) 0.88 (0.01) 0.90 (0.00) 0.88 (0.01) 66.5 (1.6) スウェーデン 0.81 (0.01) 0.71 (0.01) 0.76 (0.01) 0.85 (0.00) 0.89 (0.00) 0.87 (0.01) 66.4 (1.4) チリ 0.80 (0.01) 0.72 (0.01) 0.75 (0.01) 0.80 (0.01) 0.86 (0.01) 0.84 (0.01) 66.1 (1.5) モンテネグロ 0.81 (0.01) 0.68 (0.01) 0.75 (0.01) 0.80 (0.01) 0.89 (0.00) 0.84 (0.01) 66.0 (1.3) オーストリア 0.80 (0.01) 0.76 (0.01) 0.77 (0.02) 0.85 (0.01) 0.91 (0.00) 0.88 (0.01) 65.9 (2.3) アイルランド 0.80 (0.01) 0.74 (0.01) 0.79 (0.01) 0.87 (0.01) 0.91 (0.00) 0.90 (0.00) 65.8 (1.3) ポルトガル 0.80 (0.01) 0.71 (0.02) 0.76 (0.01) 0.84 (0.01) 0.90 (0.00) 0.86 (0.01) 65.5 (2.1) キプロス 0.80 (0.01) 0.71 (0.01) 0.76 (0.01) 0.82 (0.00) 0.89 (0.00) 0.85 (0.00) 65.4 (1.1) ウルグアイ 0.79 (0.01) 0.71 (0.01) 0.73 (0.01) 0.81 (0.01) 0.84 (0.01) 0.83 (0.01) 65.1 (1.7) マカオ 0.80 (0.01) 0.69 (0.01) 0.74 (0.01) 0.82 (0.01) 0.87 (0.00) 0.86 (0.01) 64.5 (1.0) ノルウェー 0.79 (0.01) 0.71 (0.01) 0.75 (0.02) 0.84 (0.01) 0.90 (0.00) 0.86 (0.01) 63.8 (2.1) ポーランド 0.75 (0.02) 0.75 (0.02) 0.75 (0.02) 0.83 (0.01) 0.89 (0.00) 0.87 (0.01) 62.4 (2.5) カナダ 0.76 (0.01) 0.71 (0.01) 0.75 (0.01) 0.82 (0.00) 0.87 (0.00) 0.87 (0.00) 61.3 (1.2) デンマーク 0.77 (0.01) 0.69 (0.02) 0.74 (0.02) 0.84 (0.01) 0.90 (0.00) 0.88 (0.01) 60.0 (2.3) 香 港 0.76 (0.01) 0.72 (0.02) 0.71 (0.01) 0.86 (0.01) 0.89 (0.01) 0.90 (0.00) 58.7 (2.1) イタリア 0.75 (0.01) 0.67 (0.02) 0.73 (0.02) 0.84 (0.01) 0.88 (0.01) 0.85 (0.01) 58.4 (2.0) 日 本 0.75 (0.01) 0.68 (0.02) 0.72 (0.01) 0.86 (0.01) 0.89 (0.01) 0.89 (0.01) 58.0 (1.9) スペイン 0.75 (0.01) 0.67 (0.02) 0.71 (0.01) 0.83 (0.01) 0.89 (0.00) 0.83 (0.01) 57.1 (2.0) ロシア 0.74 (0.01) 0.65 (0.02) 0.65 (0.02) 0.78 (0.01) 0.85 (0.01) 0.84 (0.01) 55.9 (2.0) コロンビア 0.74 (0.02) 0.65 (0.02) 0.67 (0.02) 0.81 (0.01) 0.86 (0.01) 0.81 (0.01) 55.4 (2.5) ( 注 )1. 灰 色 の 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2.3 分 野 の 得 点 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 59

68 図 参 加 国 における 問 題 解 決 能 力 と 数 学 的 リテラシーの 関 係 数 学 的 リテラシーに 比 べて 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 高 い 国 地 域 数 学 的 リテラシーと 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 同 じぐらいの 国 地 域 数 学 的 リテラシーに 比 べて 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 低 い 国 地 域 数 学 的 リテラシーの 得 点 上 位 者 ( 習 熟 度 レベル4 以 上 )の 方 が 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 相 対 的 に 高 い 問 題 解 決 能 力 400 数 学 的 リテラシー オーストラリア, イングランド, アメリカ 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー フィンランド, カナダ, チェコ, ノルウェー 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー ブルガリア, アラブ 首 長 国 連 邦, ハンガリー, スロベニア, イスラエル, クロアチア, スペイン, アイルランド, オランダ, エストニア, ドイツ, デンマーク, コロンビア 数 学 的 リテラシーの 得 点 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 に 同 じような 傾 向 がみられる 数 学 的 リテラシーの 得 点 上 位 者 ( 習 熟 度 レベル4 以 上 )の 方 が 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 相 対 的 に 低 い 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 問 題 解 決 能 力 ブラジル, セルビア 数 学 的 リテラシー 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー スウェーデン, チリ, フランス 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 数 学 的 リテラシー 上 海, ポーランド, ウルグアイ, モンテネグロ, マレーシア, ベルギー, オーストリア, スロバキア, シンガポール イタリア, 日 本, 韓 国 ポルトガル, マカオ 香 港, トルコ, 台 湾, ロシア 問 題 解 決 能 力 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー ( 注 ) 点 線 は 参 加 国 全 体 を 示 す 赤 い 線 は 問 題 解 決 能 力 と 数 学 的 リテラシーとの 関 係 について 考 えられる9つのパターンを 示 したものであり ( 注 ) 実 際 の 値 ではない 60

69 題 解 決 能 力 の 得 点 と 他 の 分 野 との 関 係 性 は 比 較 的 弱 いといえる 図 は 数 学 的 リテラシーよりも 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 高 いか 同 じぐらいか 低 い かの 3 パターンと 数 学 的 リテラシーの 得 点 上 位 者 ( 習 熟 度 レベル 4 以 上 )の 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 比 較 的 高 いか 比 較 的 低 いか そのどちらでもないかの 3 パターンの 組 み 合 わせ つまり 9 つのパターンのどれに 参 加 国 が 当 てはまるのかを 示 したものである 国 名 の 上 の 図 は 9 つのパターンを 図 示 したものであり 実 際 の 値 ではない 日 本 は イタリア 韓 国 とともに 数 学 的 リテラシーに 比 べて 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 高 い とともに 数 学 的 リテラシーの 得 点 上 位 者 の 方 が 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 相 対 的 に 低 い 国 に 分 類 される つまり 日 本 は 数 学 的 リテラシーの 得 点 下 位 の 生 徒 が 問 題 解 決 能 力 で 比 較 的 高 い 点 を 取 っており それが 平 均 得 点 を 高 くしていると 考 えられる 4.2 問 題 解 決 への 取 組 PISA2012 年 調 査 では 生 徒 質 問 紙 の 中 で 生 徒 に 問 題 や 情 報 への 取 り 組 み 方 について 尋 ねている これらの 質 問 項 目 から 算 出 された 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 と 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 が 問 題 解 決 能 力 の 得 点 とどのような 関 係 にあるのかを 議 論 する( 指 標 については 国 立 教 育 政 策 研 究 所 編 生 きるための 知 識 と 技 能 5 ( 明 石 書 店 2013 年 ) の 付 録 4 を 参 照 ) (1) 問 題 解 決 における 忍 耐 力 生 徒 質 問 紙 の 問 57 では 問 題 に 取 り 組 む 際 の 忍 耐 力 (perseverance) に 関 する 以 下 の 5 項 目 について 生 徒 に 五 つの 選 択 肢 から 一 つを 選 んでもらった 表 は 問 題 解 決 能 力 調 査 に 参 加 した 44 か 国 での 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 の 平 均 値 と それを 構 成 する 項 目 のうち 取 り 組 み 始 めた 課 題 にはいつまでも 関 心 を 持 つ 61

70 表 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 国 名 問 題 解 決 に おける 忍 耐 力 指 標 困 難 な 問 題 に 直 面 する と すぐにあ きらめる ** 難 しい 問 題 は 後 回 しにする ** 生 徒 の 割 合 (%) 取 り 組 み 始 め た 課 題 には いつまでも 関 心 を 持 つ * すべてが 完 璧 になるまで 課 題 をやり 続 ける * 問 題 に 直 面 し たとき 期 待 されている 以 上 の 成 果 を 出 す * 問 題 解 決 に おける 忍 耐 力 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 平 均 値 標 準 標 準 標 準 標 準 標 準 標 準 相 関 標 準 割 合 割 合 割 合 割 合 割 合 誤 差 誤 差 誤 差 誤 差 誤 差 誤 差 係 数 誤 差 ブルガリア 0.57 (0.03) 66.8 (1.1) 60.3 (1.1) 63.7 (0.9) 59.4 (1.0) 61.2 (0.9) 0.19 (0.02) ロシア 0.50 (0.02) 75.0 (0.7) 59.9 (1.1) 53.7 (1.0) 66.6 (0.8) 52.6 (1.1) 0.08 (0.02) トルコ 0.45 (0.02) 52.0 (1.2) 32.3 (0.9) 70.6 (0.9) 66.5 (0.8) 66.1 (0.8) 0.13 (0.02) アラブ 首 長 国 連 邦 0.42 (0.01) 50.4 (0.9) 29.8 (0.6) 75.7 (0.6) 76.3 (0.6) 66.3 (0.6) 0.24 (0.01) コロンビア 0.41 (0.03) 64.8 (1.0) 50.9 (1.1) 64.2 (1.0) 55.7 (1.2) 54.9 (1.2) 0.10 (0.02) アメリカ 0.38 (0.02) 69.7 (0.8) 49.0 (0.8) 57.0 (1.0) 55.1 (0.8) 44.4 (1.1) 0.22 (0.02) ポルトガル 0.36 (0.03) 60.2 (1.4) 32.0 (1.0) 63.3 (0.8) 62.5 (0.9) 60.4 (1.0) 0.25 (0.02) イスラエル 0.36 (0.02) 61.9 (0.9) 41.3 (1.0) 53.8 (1.0) 62.8 (1.0) 51.9 (1.0) 0.01 (0.02) モンテネグロ 0.35 (0.02) 59.1 (1.0) 46.9 (0.9) 60.1 (1.0) 55.8 (1.0) 59.3 (0.8) 0.16 (0.02) エストニア 0.31 (0.02) 67.5 (0.9) 51.1 (1.0) 60.9 (0.8) 53.5 (1.0) 40.2 (0.9) 0.01 (0.02) シンガポール 0.29 (0.02) 61.8 (0.7) 43.8 (0.7) 57.9 (0.8) 61.1 (0.9) 45.3 (0.9) 0.11 (0.02) チリ 0.28 (0.02) 63.0 (0.9) 29.5 (0.9) 70.6 (0.7) 50.7 (0.9) 56.0 (0.9) 0.16 (0.02) ウルグアイ 0.27 (0.02) 62.3 (0.9) 40.7 (0.9) 59.5 (0.9) 51.9 (0.9) 48.7 (1.0) 0.14 (0.02) 上 海 0.25 (0.02) 53.1 (1.0) 37.3 (0.9) 72.7 (0.7) 54.6 (1.1) 38.2 (0.8) 0.08 (0.02) カナダ 0.22 (0.01) 67.4 (0.7) 44.4 (0.7) 52.2 (0.8) 51.2 (0.7) 38.5 (0.6) 0.20 (0.01) マレーシア 0.22 (0.02) 39.5 (0.9) 35.9 (0.9) 64.4 (0.8) 62.9 (0.9) 54.2 (1.0) 0.14 (0.02) セルビア 0.20 (0.02) 63.0 (1.0) 52.4 (1.0) 45.1 (1.0) 44.7 (1.1) 47.8 (1.2) 0.12 (0.02) マカオ 0.15 (0.01) 49.8 (0.8) 33.9 (0.7) 50.9 (0.9) 52.9 (1.0) 46.2 (0.8) 0.13 (0.02) キプロス 0.15 (0.02) 59.7 (0.9) 40.3 (0.9) 43.3 (0.9) 53.8 (0.9) 47.9 (0.9) m m ブラジル 0.15 (0.01) 55.0 (0.5) 30.1 (0.7) 58.1 (0.7) 55.1 (0.7) 54.5 (0.7) 0.19 (0.02) アイルランド 0.15 (0.02) 61.2 (0.9) 45.4 (0.9) 55.4 (0.8) 47.8 (1.0) 33.3 (0.9) 0.25 (0.02) 香 港 0.12 (0.02) 61.4 (0.9) 36.5 (0.9) 52.2 (0.9) 49.9 (0.8) 35.4 (0.9) 0.06 (0.02) イングランド 0.11 (0.02) 59.3 (0.9) 43.9 (0.7) 52.3 (0.9) 46.8 (1.0) 35.6 (0.7) 0.22 (0.02) オーストラリア 0.10 (0.01) 62.1 (0.6) 44.3 (0.7) 49.8 (0.7) 45.8 (0.6) 31.2 (0.4) 0.22 (0.01) スペイン 0.10 (0.01) 57.3 (0.7) 36.1 (0.6) 56.3 (0.7) 46.5 (0.6) 41.1 (0.7) 0.15 (0.02) クロアチア 0.09 (0.02) 57.6 (1.0) 44.9 (0.9) 44.8 (0.9) 35.2 (1.1) 37.5 (1.0) 0.07 (0.02) スロベニア 0.09 (0.02) 45.9 (0.9) 39.9 (1.1) 60.5 (1.0) 46.8 (1.0) 40.7 (1.0) 0.07 (0.02) イタリア 0.05 (0.01) 52.6 (0.6) 53.1 (0.5) 49.1 (0.5) 34.9 (0.4) 44.6 (0.5) 0.00 (0.02) ポーランド 0.03 (0.02) 72.6 (0.8) 44.8 (1.1) 40.8 (1.0) 34.3 (1.0) 32.7 (0.9) 0.21 (0.02) フィンランド 0.00 (0.02) 58.9 (0.8) 45.7 (0.9) 45.4 (0.9) 40.1 (0.8) 28.1 (0.6) 0.29 (0.01) OECD 平 均 0.00 (0.00) 56.0 (0.2) 36.9 (0.1) 48.9 (0.2) 43.8 (0.2) 34.5 (0.1) 0.15 (0.00) ドイツ 0.00 (0.02) 67.5 (1.0) 35.9 (0.9) 56.0 (1.0) 43.2 (0.9) 21.7 (0.8) 0.12 (0.02) ハンガリー (0.02) 58.1 (0.9) 38.4 (1.0) 43.7 (0.9) 44.1 (1.1) 34.7 (1.0) 0.11 (0.02) オーストリア (0.02) 65.7 (1.0) 36.5 (1.0) 53.7 (0.9) 48.3 (1.0) 22.8 (0.8) 0.10 (0.02) 台 湾 (0.02) 59.3 (0.8) 45.0 (0.8) 34.9 (1.0) 31.5 (0.8) 28.2 (0.8) 0.13 (0.02) デンマーク (0.02) 53.6 (0.9) 29.7 (0.7) 45.2 (0.9) 36.5 (0.9) 25.4 (0.8) 0.17 (0.02) 韓 国 (0.02) 39.9 (1.1) 19.8 (0.8) 60.4 (1.1) 43.9 (1.1) 26.9 (1.0) 0.17 (0.02) チェコ (0.02) 59.0 (1.0) 37.4 (1.0) 37.9 (1.0) 30.2 (0.9) 32.3 (1.1) 0.09 (0.02) オランダ (0.02) 61.5 (1.0) 40.3 (1.0) 27.8 (0.9) 35.8 (1.3) 28.8 (1.1) 0.05 (0.02) スウェーデン (0.02) 40.2 (0.9) 40.3 (1.0) 37.9 (0.9) 34.5 (1.0) 29.0 (0.9) 0.26 (0.02) ベルギー (0.02) 48.9 (0.8) 29.5 (0.7) 35.6 (0.8) 33.1 (0.8) 22.0 (0.6) 0.12 (0.02) ノルウェー (0.02) 38.2 (0.9) 26.9 (0.9) 41.8 (0.9) 34.8 (0.8) 25.1 (0.8) 0.24 (0.02) フランス (0.02) 47.6 (1.0) 29.4 (0.8) 38.8 (1.0) 30.3 (0.9) 19.4 (0.9) 0.21 (0.02) スロバキア (0.02) 38.0 (1.1) 22.7 (0.8) 43.8 (1.0) 34.0 (0.9) 20.9 (0.9) 0.12 (0.02) 日 本 (0.02) 32.5 (0.9) 16.0 (0.6) 29.3 (0.9) 25.3 (0.7) 12.2 (0.7) 0.15 (0.02) ( 注 )1. 灰 色 の 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 表 中 のmは 欠 損 値 3.*は とてもよくあてはまる ほとんどあてはまる と **は あまりあてはまらない まったくあてはまらない と 答 えた 生 徒 の 割 合 4. 相 関 係 数 は 本 報 告 書 のために 独 自 に 算 出 した 値 である 5. 相 関 係 数 のOECD 平 均 は 問 題 解 決 能 力 調 査 に 参 加 したOECD 加 盟 28か 国 の 値 それ 以 外 のOECD 平 均 は OECD 加 盟 34か 国 の 値 6. 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 62

71 すべてが 完 璧 になるまで 課 題 をやり 続 ける 問 題 に 直 面 したとき 期 待 されている 以 上 の 成 果 を 出 す については とてもよくあてはまる ほとんどあてはまる と 答 えた 生 徒 の 割 合 困 難 な 問 題 に 直 面 すると すぐにあきらめる 難 しい 問 題 は 後 回 しにする につ いては あまりあてはまらない まったくあてはまらない と 答 えた 生 徒 の 割 合 そして 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 の 値 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 相 関 係 数 を 示 している 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 は この 値 が 大 きいほど 生 徒 が 自 分 自 身 を 問 題 に 対 して 粘 り 強 く 取 り 組 み 忍 耐 力 があると 考 えていることを 意 味 している( 実 際 の 忍 耐 力 を 測 ったもの ではない 点 に 注 意 が 必 要 である) 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 の 平 均 値 を 見 ると 日 本 の 値 は-0.59 であり 参 加 44 か 国 の 中 で 最 も 小 さい この 値 が 最 も 大 きいのは ブルガリア(0.57)であり 次 いでロシ ア(0.50) トルコ(0.45) アラブ 首 長 国 連 邦 (0.42) コロンビア(0.41)と 続 いている 質 問 項 目 ごとの 生 徒 の 割 合 を 見 ると 日 本 は OECD 平 均 と 比 べて 5 つの 項 目 とも 20 ポイン ト 前 後 の 差 があり 取 り 組 み 始 めた 課 題 にはいつまでも 関 心 を 持 つ 以 外 の 4 項 目 で 忍 耐 力 があると 考 えている 生 徒 の 割 合 が 参 加 44 か 国 の 中 で 最 も 小 さい 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 では 相 関 係 数 が 最 も 大 きいのはフィンランド(0.29)であり 次 いでスウェーデン(0.26) ポルトガル(0.25) アイルランド(0.25) アラブ 首 長 国 連 邦 (0.24)と 続 いている 日 本 は OECD 平 均 と 同 じ 0.15 であり 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 間 に 関 係 がほと んど 見 られない(この 指 標 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 に 対 する 分 散 説 明 率 は 2%である) 以 上 から 他 の 国 と 比 べて 日 本 の 生 徒 は 自 らを 問 題 解 決 における 忍 耐 力 があるとは 考 えていないが そのことが 問 題 解 決 能 力 の 得 点 に 影 響 していないといえる (2) 問 題 解 決 における 柔 軟 性 生 徒 質 問 紙 の 問 58 では 問 題 や 情 報 に 取 り 組 む 際 の 柔 軟 性 (openness) に 関 する 以 下 の 5 項 目 について 生 徒 に 五 つの 選 択 肢 から 一 つを 選 んでもらった 63

72 表 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 国 名 問 題 解 決 に おける 柔 軟 性 指 標 多 くの 情 報 を 扱 うことがで きる 物 事 の 理 解 は 早 いほうだ 生 徒 の 割 合 (%) 物 事 の 意 義 を 求 める ある 事 実 を 他 の 事 実 と 結 び つけること は 簡 単 にで きる 複 雑 な 問 題 を 解 くのが 好 き だ 問 題 解 決 に おける 柔 軟 性 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 平 均 値 標 準 標 準 標 準 標 準 標 準 標 準 相 関 標 準 割 合 割 合 割 合 割 合 割 合 誤 差 誤 差 誤 差 誤 差 誤 差 誤 差 係 数 誤 差 モンテネグロ 0.62 (0.02) 83.7 (0.7) 85.7 (0.7) 64.8 (1.0) 81.2 (0.9) 57.2 (0.9) 0.01 (0.02) セルビア 0.46 (0.02) 73.0 (1.0) 78.3 (0.7) 64.4 (0.9) 75.0 (0.8) 46.9 (0.9) 0.14 (0.02) アラブ 首 長 国 連 邦 0.39 (0.02) 72.5 (0.6) 72.3 (0.7) 71.2 (0.6) 68.0 (0.7) 48.9 (0.9) 0.10 (0.02) ブルガリア 0.37 (0.02) 64.5 (0.9) 69.2 (0.9) 73.0 (0.8) 73.3 (0.9) 47.7 (0.9) 0.08 (0.02) ポーランド 0.36 (0.02) 66.5 (1.0) 64.3 (0.9) 78.5 (0.9) 72.2 (0.9) 48.2 (0.9) 0.21 (0.02) イスラエル 0.34 (0.02) 66.9 (0.9) 69.0 (0.8) 71.1 (0.8) 68.7 (0.9) 44.1 (0.9) 0.10 (0.02) キプロス 0.30 (0.02) 63.0 (0.8) 70.7 (0.9) 68.6 (0.9) 70.5 (0.9) 42.8 (0.9) m m ブラジル 0.21 (0.01) 61.7 (0.6) 58.1 (0.7) 73.4 (0.5) 62.6 (0.7) 39.4 (0.6) 0.15 (0.03) トルコ 0.21 (0.02) 53.2 (1.1) 66.3 (0.9) 70.8 (0.9) 71.4 (0.8) 36.9 (1.0) 0.18 (0.02) ノルウェー 0.18 (0.02) 59.6 (1.0) 60.7 (0.9) 59.8 (1.0) 58.7 (0.9) 42.7 (1.0) 0.29 (0.02) コロンビア 0.18 (0.02) 52.2 (1.1) 58.0 (1.1) 68.8 (0.8) 57.6 (1.1) 47.4 (1.0) 0.08 (0.02) アメリカ 0.18 (0.02) 58.2 (0.8) 58.1 (1.0) 65.9 (0.9) 59.6 (1.0) 39.4 (0.9) 0.31 (0.02) ハンガリー 0.18 (0.02) 61.3 (0.9) 67.1 (1.1) 66.1 (0.8) 64.5 (0.9) 44.3 (0.9) 0.21 (0.03) チリ 0.18 (0.02) 58.3 (0.9) 60.5 (0.9) 69.4 (0.8) 63.8 (0.9) 37.6 (0.9) 0.21 (0.02) ドイツ 0.17 (0.02) 65.4 (0.9) 66.7 (1.0) 66.5 (0.9) 62.9 (0.8) 32.2 (0.9) 0.18 (0.02) ポルトガル 0.16 (0.02) 61.3 (1.0) 59.0 (1.1) 69.1 (1.0) 60.5 (1.3) 40.3 (1.0) 0.27 (0.02) カナダ 0.14 (0.01) 57.2 (0.6) 61.5 (0.6) 64.6 (0.7) 60.4 (0.7) 37.2 (0.7) 0.34 (0.01) スウェーデン 0.12 (0.02) 61.2 (1.0) 64.6 (0.9) 61.7 (0.9) 59.8 (0.9) 35.5 (0.9) 0.29 (0.02) スロベニア 0.08 (0.02) 64.2 (0.8) 59.9 (1.0) 55.7 (0.9) 58.3 (0.9) 34.2 (1.0) 0.24 (0.02) 上 海 0.07 (0.02) 46.6 (1.0) 55.4 (0.9) 65.5 (0.9) 62.2 (1.1) 36.2 (0.8) 0.29 (0.02) ロシア 0.05 (0.02) 52.2 (0.8) 59.1 (0.8) 60.3 (1.1) 55.0 (0.9) 41.2 (1.0) 0.23 (0.02) エストニア 0.04 (0.02) 51.4 (0.9) 55.3 (1.1) 62.5 (1.0) 57.9 (0.9) 37.8 (0.8) 0.30 (0.02) ウルグアイ 0.04 (0.02) 48.9 (1.0) 53.3 (0.9) 63.4 (0.9) 50.5 (0.9) 39.8 (1.0) 0.14 (0.02) オーストリア 0.04 (0.02) 59.7 (1.0) 61.5 (0.9) 63.8 (0.9) 56.1 (0.8) 26.7 (0.8) 0.26 (0.02) スペイン 0.02 (0.01) 52.3 (0.7) 54.8 (0.5) 65.2 (0.7) 60.6 (0.8) 30.7 (0.7) 0.23 (0.02) デンマーク 0.01 (0.02) 48.7 (0.9) 56.9 (1.0) 65.9 (0.9) 56.4 (1.0) 33.7 (0.9) 0.27 (0.03) シンガポール 0.01 (0.02) 44.2 (0.9) 50.4 (0.9) 68.5 (0.7) 52.4 (1.0) 39.1 (0.9) 0.17 (0.02) OECD 平 均 0.00 (0.00) 53.0 (0.2) 56.6 (0.2) 60.7 (0.2) 56.7 (0.2) 33.1 (0.1) 0.26 (0.00) イングランド (0.02) 51.9 (1.1) 52.0 (0.8) 60.4 (0.8) 56.7 (0.9) 37.0 (0.8) 0.34 (0.02) アイルランド (0.02) 52.4 (1.0) 55.3 (0.9) 66.2 (0.8) 56.8 (0.9) 29.8 (0.7) 0.31 (0.02) クロアチア (0.01) 51.0 (0.9) 64.3 (0.9) 39.8 (1.0) 64.8 (0.9) 32.4 (0.8) 0.14 (0.02) オーストラリア (0.02) 49.4 (0.7) 52.5 (0.7) 62.8 (0.6) 53.4 (0.7) 30.7 (0.6) 0.32 (0.01) オランダ (0.02) 54.4 (1.1) 60.4 (1.1) 49.9 (1.0) 51.9 (1.0) 31.7 (0.9) 0.19 (0.02) イタリア (0.01) 52.1 (0.5) 54.8 (0.5) 61.5 (0.4) 60.3 (0.6) 26.6 (0.4) 0.14 (0.03) フィンランド (0.02) 40.9 (1.0) 52.5 (0.9) 52.9 (0.9) 56.5 (1.0) 33.5 (0.8) 0.39 (0.01) フランス (0.02) 45.2 (0.9) 54.1 (1.0) 53.8 (1.0) 51.0 (1.1) 25.5 (1.0) 0.24 (0.02) チェコ (0.02) 50.1 (1.1) 47.2 (0.9) 50.1 (1.0) 48.6 (1.0) 27.8 (0.9) 0.30 (0.02) マレーシア (0.01) 37.4 (0.9) 48.9 (0.9) 52.9 (0.8) 36.1 (0.9) 35.2 (0.8) 0.08 (0.02) 香 港 (0.02) 34.7 (0.8) 47.9 (0.9) 48.1 (0.8) 41.8 (0.8) 30.9 (1.0) 0.22 (0.02) ベルギー (0.02) 44.5 (0.8) 53.3 (0.9) 46.5 (0.8) 44.3 (0.8) 23.8 (0.7) 0.24 (0.02) スロバキア (0.02) 48.4 (1.0) 41.2 (1.0) 50.8 (0.9) 48.9 (0.8) 21.9 (0.9) 0.19 (0.02) 台 湾 (0.02) 30.3 (0.9) 42.0 (0.8) 54.1 (0.9) 39.2 (0.9) 25.7 (0.7) 0.24 (0.02) マカオ (0.01) 30.8 (0.8) 38.2 (0.8) 48.5 (0.8) 38.1 (0.8) 25.4 (0.8) 0.25 (0.02) 韓 国 (0.02) 30.2 (1.1) 37.0 (1.2) 52.2 (1.2) 47.5 (1.2) 23.2 (1.0) 0.35 (0.02) 日 本 (0.02) 26.2 (0.7) 34.6 (0.8) 31.8 (0.7) 25.9 (0.8) 19.0 (0.7) 0.28 (0.02) ( 注 )1. 灰 色 の 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 表 中 のmは 欠 損 値 3. とてもよくあてはまる ほとんどあてはまる と 答 えた 生 徒 の 割 合 4. 相 関 係 数 は 本 報 告 書 のために 独 自 に 算 出 された 値 である 5. 相 関 係 数 のOECD 平 均 は 問 題 解 決 能 力 調 査 に 参 加 したOECD 加 盟 28か 国 の 値 それ 以 外 のOECD 平 均 は OECD 加 盟 34か 国 の 値 6. 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 64

73 表 は 問 題 解 決 能 力 調 査 に 参 加 した 44 か 国 での 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 の 平 均 値 と それを 構 成 する 項 目 に とてもよくあてはまる ほとんどあてはまる と 答 えた 生 徒 の 割 合 そして 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 の 値 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 相 関 係 数 を 示 している このうち 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 は この 値 が 大 きいほど 生 徒 自 身 が 情 報 に 対 して 開 かれており 問 題 状 況 に 対 して 柔 軟 に 対 処 できると 考 えているこ とを 意 味 している( 実 際 の 柔 軟 性 を 測 ったものではない 点 に 注 意 が 必 要 である) 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 の 平 均 値 を 見 ると 日 本 の 値 は-0.73 であり 参 加 44 か 国 の 中 で 最 も 小 さい この 値 が 最 も 大 きいのは モンテネグロ(0.62)であり 次 いでセ ルビア(0.46) アラブ 首 長 国 連 邦 (0.39) ブルガリア(0.37) ポーランド(0.36)と 続 いている 質 問 項 目 ごとの 生 徒 の 割 合 を 見 ると 日 本 は OECD 平 均 と 比 べて ある 事 実 を 他 の 事 実 と 結 びつけることは 簡 単 にできる で 31 ポイント 物 事 の 意 義 を 求 める で 29 ポイント 多 くの 情 報 を 扱 うことができる で 27 ポイント 物 事 の 理 解 は 早 いほうだ で 22 ポイント 複 雑 な 問 題 を 解 くのが 好 きだ で 14 ポイント 小 さく 5 つの 項 目 すべて で 柔 軟 性 があると 考 えている 生 徒 の 割 合 が 参 加 44 か 国 の 中 で 最 も 小 さい 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 では 相 関 係 数 が 最 も 大 きいのはフィンランド(0.39)であり 次 いで 韓 国 (0.35) カナダ(0.34) イングランド (0.34) オーストラリア(0.32)と 続 いている 日 本 は 0.28 で OECD 平 均 の 0.26 とほ ぼ 同 じであり 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 間 に 弱 い 正 の 関 係 が 見 られる(この 指 標 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 に 対 する 分 散 説 明 率 は 8%である) なお 日 本 OECD 平 均 ともに 問 題 解 決 能 力 の 得 点 と 問 題 解 決 における 柔 軟 性 指 標 との 相 関 係 数 の 方 が 問 題 解 決 における 忍 耐 力 指 標 との 相 関 係 数 よりも 大 きい 以 上 から 他 の 国 と 比 べて 日 本 の 生 徒 は 自 らを 問 題 解 決 における 柔 軟 性 があるとは 考 えていないが そのことは 問 題 解 決 における 忍 耐 力 があると 考 えることよりも 問 題 解 決 能 力 の 得 点 に 影 響 しているといえる 4.3 保 護 者 の 職 業 生 徒 質 問 紙 の 問 8 問 9 問 11 では お 母 さん(もしくはそれに 相 当 する 人 ) の 職 業 に ついて 問 12 問 13 問 15 では お 父 さん(もしくはそれに 相 当 する 人 )の 職 業 につい て 尋 ねている PISA 調 査 では これらの 質 問 に 対 する 生 徒 の 回 答 を 基 に お 母 さん(もし くはそれに 相 当 する 人 ) と お 父 さん(もしくはそれに 相 当 する 人 ) の 職 業 に 対 して 国 際 労 働 機 関 (ILO)が 定 めた 国 際 標 準 職 業 分 類 (ISCO-08) による 分 類 を 行 っている( 質 問 の 内 容 職 業 分 類 の 詳 細 については 国 立 教 育 政 策 研 究 所 編 生 きるための 知 識 と 技 能 5 ( 明 石 書 店 2013 年 )の 第 6 章 保 護 者 の 教 育 歴 職 業 を 参 照 ) 表 は 参 加 44 か 国 について 保 護 者 の 職 業 のどちらかが 管 理 職 専 門 職 と 分 類 された 生 徒 とそれ 以 外 に 分 類 された 生 徒 ( その 他 )の 割 合 ( 両 親 ともに 職 業 がわからな い 生 徒 がいるため 割 合 の 合 計 は 100%にならない) それぞれに 分 類 された 生 徒 の 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 とその 差 を 示 している なお 国 は 管 理 職 専 門 職 と 分 類 された 生 徒 と その 他 に 分 類 された 生 徒 の 問 題 解 決 能 力 における 平 均 得 点 の 差 が 大 きい 順 に 上 から 並 べている 65

74 表 保 護 者 の 職 業 から 見 た 生 徒 の 割 合 と 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 生 徒 の 割 合 (%) 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 得 点 差 ( 管 理 職 専 門 職 管 理 職 専 門 職 その 他 管 理 職 専 門 職 その 他 国 名 -その 他 ) 割 合 標 準 標 準 平 均 標 準 平 均 標 準 標 準 割 合 得 点 差 誤 差 誤 差 得 点 誤 差 得 点 誤 差 誤 差 イスラエル 63.3 (1.5) 26.5 (1.1) 485 (6.0) 407 (5.9) 78 (6.8) ウルグアイ 26.2 (0.9) 68.8 (0.9) 460 (4.4) 386 (3.6) 74 (5.0) ブルガリア 41.1 (1.4) 49.2 (1.2) 448 (5.3) 378 (5.3) 70 (6.5) ハンガリー 40.9 (1.2) 51.8 (1.2) 502 (4.8) 433 (4.6) 68 (6.0) スロバキア 32.8 (1.2) 59.3 (1.1) 532 (4.4) 468 (3.6) 63 (5.2) アラブ 首 長 国 連 邦 70.0 (0.8) 15.0 (0.5) 432 (2.6) 369 (4.3) 63 (3.7) ベルギー 53.1 (0.9) 41.3 (0.9) 537 (2.7) 479 (3.3) 58 (3.6) セルビア 40.5 (1.1) 55.9 (1.1) 507 (2.9) 451 (3.5) 56 (3.7) チェコ 43.6 (1.0) 52.2 (1.0) 542 (3.0) 486 (3.8) 56 (3.6) ドイツ 43.0 (0.9) 37.5 (1.0) 542 (3.7) 488 (4.2) 54 (4.3) ポーランド 42.5 (1.4) 53.7 (1.3) 512 (4.9) 458 (4.6) 54 (4.5) スロベニア 53.9 (0.8) 42.4 (0.8) 501 (2.1) 450 (2.3) 51 (3.1) ポルトガル 34.3 (1.7) 61.0 (1.6) 529 (4.1) 478 (3.6) 51 (4.3) クロアチア 39.2 (1.0) 56.0 (1.0) 498 (4.6) 448 (4.0) 50 (4.6) ロシア 53.7 (1.1) 42.2 (1.1) 512 (3.9) 462 (3.3) 50 (3.4) マレーシア 37.5 (1.3) 56.3 (1.3) 455 (4.6) 405 (3.1) 50 (4.3) オーストリア 48.7 (1.0) 47.2 (1.0) 532 (4.1) 482 (4.0) 50 (4.0) キプロス 40.0 (0.8) 53.6 (0.8) 477 (2.2) 427 (2.1) 49 (3.1) チリ 33.1 (1.2) 60.9 (1.1) 481 (4.2) 432 (3.9) 49 (4.5) オランダ 66.0 (1.1) 29.0 (1.0) 530 (4.3) 481 (6.2) 49 (5.6) モンテネグロ 37.9 (0.7) 45.9 (0.8) 441 (2.3) 394 (1.8) 48 (3.2) シンガポール 67.5 (0.6) 29.8 (0.6) 579 (1.6) 532 (2.5) 47 (3.2) フランス 55.0 (1.0) 38.9 (1.0) 535 (3.4) 488 (4.5) 47 (4.1) コロンビア 23.0 (1.0) 70.9 (0.9) 435 (5.6) 389 (3.5) 47 (5.0) ブラジル 32.9 (1.4) 58.9 (1.4) 462 (5.5) 416 (5.4) 46 (5.9) OECD 平 均 50.8 (0.2) 43.3 (0.2) 525 (0.7) 479 (0.8) 46 (0.8) スペイン 42.2 (1.3) 55.9 (1.3) 503 (4.6) 458 (4.5) 45 (4.6) アイルランド 55.7 (0.9) 40.8 (0.9) 520 (3.4) 476 (3.6) 44 (3.3) スウェーデン 60.7 (0.9) 34.3 (0.8) 510 (3.3) 468 (3.2) 42 (3.4) アメリカ 60.9 (1.4) 33.4 (1.2) 526 (3.8) 484 (4.2) 42 (3.9) 上 海 56.5 (1.3) 41.9 (1.3) 555 (3.3) 514 (4.0) 41 (4.1) デンマーク 58.6 (1.3) 37.4 (1.1) 516 (2.9) 475 (3.6) 40 (3.8) オーストラリア 64.5 (0.6) 30.7 (0.5) 539 (2.0) 499 (2.5) 40 (2.1) 台 湾 41.6 (1.2) 53.4 (1.1) 561 (2.9) 521 (3.1) 40 (3.4) トルコ 18.6 (0.9) 69.2 (1.0) 488 (6.4) 448 (3.6) 40 (5.0) イングランド 61.8 (1.4) 31.8 (1.1) 536 (3.8) 496 (4.8) 40 (4.6) ノルウェー 68.0 (0.8) 27.1 (0.8) 517 (3.4) 479 (4.1) 37 (4.0) イタリア 40.7 (1.3) 54.8 (1.3) 533 (4.7) 496 (4.4) 37 (4.3) エストニア 54.2 (0.9) 42.9 (0.8) 531 (2.8) 497 (3.2) 34 (3.3) フィンランド 64.1 (0.8) 33.5 (0.8) 536 (2.4) 503 (3.3) 33 (3.5) カナダ 60.6 (0.7) 32.5 (0.6) 541 (2.5) 508 (2.6) 32 (2.4) 香 港 39.5 (1.9) 52.5 (1.8) 559 (5.0) 532 (4.0) 27 (5.3) 韓 国 55.7 (1.2) 42.5 (1.2) 572 (4.4) 548 (4.4) 24 (3.2) 日 本 45.6 (0.7) 44.7 (0.8) 565 (3.5) 545 (3.5) 20 (3.5) マカオ 27.1 (0.6) 70.3 (0.6) 551 (2.2) 538 (1.2) 13 (2.6) ( 注 )1. 灰 色 の 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 国 際 標 準 職 業 分 類 (ISCO-08) に 基 づいて 保 護 者 の 職 業 のどちらかが 管 理 職 専 門 職 に 分 類 された 生 徒 と それ 以 外 に 分 類 された 生 徒 ( その 他 ) の 割 合 保 護 者 の 職 業 がわからない 生 徒 がいるため 割 合 の 合 計 は100%にならない 3. 太 字 は 統 計 的 な 有 意 差 があることを 示 す 4. 得 点 差 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 66

75 図 保 護 者 の 職 業 が 管 理 職 専 門 職 の 生 徒 と その 他 の 生 徒 の 得 点 差 ( 注 ) 問 題 解 決 能 力 における 得 点 差 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 67

76 保 護 者 の 職 業 が 管 理 職 専 門 職 に 分 類 された 生 徒 における 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 を 見 ると 日 本 は 565 点 で OECD 平 均 の 525 点 を 41 点 上 回 っており シンガポール(579 点 ) 韓 国 (572 点 )に 次 いで 3 番 目 に 高 い 得 点 となっている 保 護 者 の 職 業 が その 他 に 分 類 された 生 徒 の 平 均 得 点 を 見 ると 日 本 は 545 点 で OECD 平 均 の 479 点 を 66 点 上 回 り 韓 国 (548 点 )に 次 いで 2 番 目 に 高 い 得 点 となっている 管 理 職 専 門 職 に 分 類 さ れた 生 徒 と その 他 に 分 類 された 生 徒 の 問 題 解 決 能 力 における 得 点 差 では 最 も 得 点 差 が 大 きいのがイスラエルの 78 点 差 であり 次 いでウルグアイ(74 点 差 ) ブルガリア(70 点 差 ) ハンガリー(68 点 差 ) スロバキア(63 点 差 )と 続 いている 反 対 に 最 も 得 点 差 が 小 さいのがマカオの 13 点 差 であり 次 いで 日 本 が 20 点 差 で 韓 国 (24 点 差 ) 香 港 (27 点 差 ) カナダ(32 点 差 )と 続 いている なお 得 点 差 が 負 の 値 の( その 他 の 生 徒 の 方 で 得 点 が 高 い) 国 はない 図 は 問 題 解 決 能 力 だけでなく 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーに ついても 保 護 者 の 職 業 が 管 理 職 専 門 職 に 分 類 された 生 徒 と その 他 に 分 類 された 生 徒 の 平 均 得 点 の 差 を 参 加 44 か 国 で 示 したものである 表 と 同 様 国 は 問 題 解 決 能 力 における 得 点 差 が 大 きい 順 に 上 から 並 べている 日 本 は 管 理 職 専 門 職 に 分 類 された 生 徒 と その 他 に 分 類 された 生 徒 の 平 均 得 点 の 差 が 問 題 解 決 能 力 で 20 点 差 数 学 的 リテラシーで 32 点 差 読 解 力 で 30 点 差 科 学 的 リテラシーで 28 点 差 であり いずれも OECD 平 均 (それぞれ 46 点 差 52 点 差 51 点 差 51 点 差 )を 下 回 っているが 特 に 問 題 解 決 能 力 の 得 点 差 が 小 さい つまり 日 本 の 生 徒 の 得 点 は 他 の 国 と 比 べて 保 護 者 の 職 業 に 影 響 されず 特 に 問 題 解 決 能 力 ではその 影 響 が 小 さ いといえる 4.4 コンピュータの 利 用 国 際 オプションであるコンピュータの 利 用 等 に 関 する ICT 質 問 紙 では 問 1 で 自 宅 で あなたが 利 用 できる 機 器 はありますか 問 2 で 学 校 であなたが 利 用 できる 機 器 はありま すか と 生 徒 に 尋 ね デスクトップ コンピュータ ノートパソコン タブレット 型 コ ンピュータ 等 について それぞれ はい 使 っています はい でも 使 っていません いいえ の 選 択 肢 から 一 つを 選 んでもらった 68

77 (4) 以 下 は 省 略 表 は 自 宅 と 学 校 それぞれについて デスクトップ コンピュータ ノートパソ コン タブレット 型 コンピュータ のいずれか 一 つ 以 上 に はい 使 っています と 答 え た 生 徒 の 割 合 と この 利 用 あり の 生 徒 とそれ 以 外 ( 利 用 なし )の 生 徒 との 問 題 解 決 能 力 における 平 均 得 点 の 差 を 示 している なお ICT 質 問 紙 は 国 際 オプションのため 問 題 解 決 能 力 調 査 に 参 加 した 44 か 国 のうち 33 か 国 のみデータが 存 在 する 自 宅 でのコンピュータ 利 用 について 利 用 あり の 生 徒 の 割 合 を 見 ると 日 本 は 81% であり OECD 平 均 の 95%よりも 13 ポイント 少 なく 33 か 国 中 この 割 合 がトルコ(68%) に 次 いで 小 さい 利 用 あり の 生 徒 の 割 合 が 最 も 大 きいのは デンマークの 99%であり 次 いでドイツ(99%) フィンランド(99%) オランダ(99%) オーストリア(99%)と 続 いている 自 宅 でのコンピュータ 利 用 が あり の 生 徒 と なし の 生 徒 の 問 題 解 決 能 力 における 平 均 得 点 の 差 ( あり - なし )では 日 本 は 35 点 差 であり OECD 平 均 の 65 点 差 より も 33 点 小 さく 33 か 国 中 アイルランドの 31 点 差 に 次 いで 小 さい 値 である 得 点 差 の 値 が 最 も 大 きいのは チェコの 115 点 差 である なお 33 か 国 すべてで 利 用 あり の 生 徒 の 方 で 得 点 が 高 く すべて 統 計 的 に 有 意 である 学 校 でのコンピュータ 利 用 について 利 用 あり の 生 徒 の 割 合 を 見 ると 日 本 は 60% であり OECD 平 均 の 72%よりも 12 ポイント 小 さい 利 用 あり の 生 徒 の 割 合 が 最 も 大 きいのは オランダの 94%であり 次 いでオーストラリア(94%) ノルウェー(92%) フィンランド(89%) マカオ(88%)と 続 いている 日 本 は 大 きい 方 から 28 番 目 となっ ている この 割 合 が 最 も 小 さいのは 上 海 の 39%である 学 校 でのコンピュータ 利 用 が あり の 生 徒 と なし の 生 徒 の 問 題 解 決 能 力 における 平 均 得 点 の 差 ( あり - なし )では 日 本 は-4 点 差 であり なし の 生 徒 の 方 で 平 均 得 点 が 高 い ただしこの 得 点 差 は 統 計 的 に 有 意 ではない 日 本 と 同 様 に なし の 生 徒 の 方 で 平 均 得 点 が 高 い 国 は 33 か 国 中 16 か 国 であり そのうち 統 計 的 に 有 意 差 が 見 られるの は 9 か 国 である OECD 平 均 は 3 点 差 であり 日 本 とは 逆 に あり の 生 徒 の 方 で 平 均 得 点 が 高 く このような 国 は 33 か 国 中 17 か 国 であり そのうち 統 計 的 に 有 意 な 差 が 見 られ 69

78 表 自 宅 学 校 でのコンピュータ 利 用 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 差 自 宅 でのコンピュータ 利 用 学 校 でのコンピュータ 利 用 得 点 差 得 点 差 生 徒 の 割 合 (%) 生 徒 の 割 合 (%) 国 名 (あり-なし) (あり-なし) 割 合 標 準 標 準 標 準 標 準 得 点 差 割 合 割 合 誤 差 誤 差 誤 差 誤 差 オーストラリア 97.1 (0.1) 75 (5.9) 93.7 (0.1) 34 (4.3) オーストリア 98.7 (0.1) 72 (18.8) 81.6 (0.5) -3 (5.2) ベルギー 98.2 (0.1) 85 (11.3) 65.3 (0.4) 13 (4.2) カナダ m m m m m m m m チリ 87.0 (0.5) 55 (5.8) 61.3 (0.7) 1 (4.0) チェコ 97.4 (0.2) 115 (12.6) 84.0 (0.6) -11 (5.8) デンマーク 99.2 (0.1) 71 (18.2) 86.9 (0.4) -16 (5.4) エストニア 98.6 (0.1) 47 (11.3) 61.3 (0.5) -8 (3.2) フィンランド 99.1 (0.1) 43 (16.4) 89.4 (0.4) -5 (4.1) フランス m m m m m m m m ドイツ 99.1 (0.1) 59 (18.0) 68.2 (0.6) -9 (4.1) ハンガリー 94.7 (0.2) 99 (10.7) 75.4 (0.6) -4 (4.2) アイルランド 97.0 (0.1) 31 (10.3) 63.4 (0.6) 0 (3.8) イスラエル 96.1 (0.1) 94 (11.8) 55.2 (0.7) -25 (5.1) イタリア 97.4 (0.2) 52 (18.9) 66.5 (0.6) -10 (5.0) 日 本 81.4 (0.4) 35 (4.3) 59.7 (0.9) -4 (3.8) 韓 国 83.5 (0.5) 45 (4.6) 42.7 (0.9) 0 (5.3) オランダ 98.9 (0.1) 92 (14.7) 93.9 (0.3) 30 (9.9) ノルウェー 98.7 (0.1) 87 (15.6) 91.9 (0.3) 28 (7.8) ポーランド 96.1 (0.2) 74 (8.5) 61.0 (0.7) -1 (3.9) ポルトガル 96.0 (0.2) 63 (8.6) 69.4 (0.6) -21 (4.3) スロバキア 94.3 (0.2) 107 (9.1) 80.0 (0.4) 26 (5.3) スロベニア 96.2 (0.2) 37 (8.6) 57.1 (0.4) 6 (3.4) スペイン 96.6 (0.2) 63 (9.3) 75.3 (0.6) 12 (5.1) スウェーデン 98.5 (0.1) 65 (15.5) 87.8 (0.7) 21 (6.5) トルコ 68.3 (0.5) 48 (3.9) 49.2 (0.8) 8 (3.7) イングランド m m m m m m m m アメリカ m m m m m m m m OECD 平 均 94.5 (0.0) 67 (2.5) 71.7 (0.1) 3 (1.0) ブラジル m m m m m m m m ブルガリア m m m m m m m m コロンビア m m m m m m m m クロアチア 97.0 (0.1) 73 (11.3) 78.5 (0.5) -9 (5.2) キプロス m m m m m m m m 香 港 97.5 (0.1) 59 (9.9) 83.5 (0.4) 7 (6.4) マカオ 97.2 (0.1) 36 (7.7) 87.9 (0.3) 11 (4.3) マレーシア m m m m m m m m モンテネグロ m m m m m m m m ロシア 91.6 (0.4) 52 (4.7) 80.4 (0.4) 4 (5.1) セルビア 91.1 (0.3) 79 (5.2) 82.4 (0.5) 20 (5.2) 上 海 85.5 (0.5) 56 (6.7) 38.7 (0.6) 16 (4.0) シンガポール 95.4 (0.1) 50 (6.3) 69.7 (0.3) -18 (3.2) 台 湾 94.7 (0.1) 50 (8.1) 78.8 (0.4) 13 (4.1) アラブ 首 長 国 連 邦 m m m m m m m m ウルグアイ 84.4 (0.4) 59 (5.2) 49.7 (0.6) -16 (5.4) ( 注 )1. 灰 色 の 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 表 中 のmは 欠 損 値 3. デスクトップ コンピュータ ノートパソコン タブレット 型 コンピュータ の いずれか 一 つ 以 上 に はい 使 っています と 答 えた 生 徒 の 割 合 4. 得 点 差 は はい 使 っています と 答 えた 生 徒 (あり)の 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 から それ 以 外 の 生 徒 (なし)の 平 均 得 点 を 引 いた 値 5. 太 字 は 統 計 的 な 有 意 差 があることを 示 す 70

79 るのは 12 か 国 である 得 点 差 の 値 が 最 も 大 きいのはオーストラリアの 34 点 差 であり 最 も 小 さいのはイスラエルの 25 点 差 である なお 33 か 国 すべてで あり の 生 徒 から なし の 生 徒 を 引 いた 得 点 差 の 値 が 学 校 でのコンピュータ 利 用 の 場 合 よりも 自 宅 でのコ ンピュータ 利 用 の 場 合 で 大 きくなっている 以 上 から 日 本 では 自 宅 でのコンピュータ 利 用 がある 生 徒 の 方 が 問 題 解 決 能 力 の 得 点 が 高 いが この 違 いは 他 の 国 と 比 べて 小 さい また 学 校 でのコンピュータ 利 用 の 違 いによる 問 題 解 決 能 力 の 得 点 差 はほとんどないと 考 えられる 4.5 学 校 の 違 いによる 影 響 本 節 では 問 題 解 決 能 力 の 得 点 における 学 校 間 での 違 い 普 通 科 と 専 門 学 科 での 違 いを 分 析 する( 数 学 的 リテラシー 得 点 における 学 校 間 での 違 いについては 国 立 教 育 政 策 研 究 所 編 生 きるための 知 識 と 技 能 5 ( 明 石 書 店 2013 年 )の 第 6 章 学 校 間 の 違 いによる 説 明 を 普 通 科 と 専 門 学 科 の 分 類 については 同 書 第 1 章 標 本 抽 出 を 参 照 本 節 での 普 通 科 は 普 通 科 等 専 門 学 科 は 専 門 学 科 等 を 指 している) (1) 学 校 間 での 違 い 表 は 問 題 解 決 能 力 調 査 に 参 加 した 国 について 問 題 解 決 能 力 の 得 点 のばらつきと それが 学 校 間 の 得 点 のばらつきからどの 程 度 説 明 されるのかを 示 している 分 散 とは 得 点 のばらつきを 示 す 指 標 であり 分 散 が 小 さい 場 合 生 徒 の 得 点 は 平 均 値 の 近 くに 分 布 し その 国 における 得 点 のばらつきの 程 度 は 小 さく 個 々の 生 徒 の 得 点 差 も 相 対 的 に 小 さいと 言 える 逆 に 分 散 が 大 きい 場 合 生 徒 の 得 点 は 平 均 値 から 広 がっ て 分 布 し その 国 における 得 点 のばらつきの 程 度 は 大 きく 個 々の 生 徒 の 得 点 差 も 相 対 的 に 大 きいと 言 える 学 校 間 分 散 割 合 とは 生 徒 の 得 点 のばらつきを 示 す 分 散 が 学 校 間 の 違 い( 学 校 ごとの 平 均 得 点 のばらつき)である 学 校 間 分 散 で 何 パーセント 説 明 される のかを 示 したものであり 100%からこの 値 を 引 くことで 学 校 の 均 一 性 (academic inclusion) 指 標 が 算 出 されている 学 校 の 均 一 性 指 標 が 小 さい( 学 校 間 分 散 割 合 が 大 きい)と 生 徒 の 得 点 のばらつきが 学 校 の 違 いによるものと 見 なせることから 学 校 間 格 差 が 大 きいと 考 えられる 逆 に 学 校 の 均 一 性 指 標 が 大 きい( 学 校 間 分 散 割 合 が 小 さ い)と 学 校 間 での 得 点 のばらつきが 小 さいことから 学 校 間 の 均 一 性 が 高 いと 考 えられる なお ここでの 学 校 間 分 散 と 学 校 内 分 散 は 推 定 値 であり 合 計 しても 分 散 と 等 しくならないため 学 校 間 分 散 と 学 校 内 分 散 の 合 計 値 で 学 校 間 分 散 を 割 った 値 を 学 校 間 分 散 割 合 としている 問 題 解 決 能 力 における 学 校 の 均 一 性 指 標 の 値 が 最 も 大 きい つまり 問 題 解 決 能 力 の 得 点 において 学 校 間 格 差 が 最 も 小 さいのは フィンランド(90%)であり 次 いでスウェーデ ン(81%) ノルウェー(79%) カナダ(77%) エストニア(76%)と 続 いている 日 本 は 66%で 指 標 値 が 大 きい 方 から 17 番 目 である 日 本 の 生 徒 は 入 学 試 験 の 結 果 によって 選 別 された 後 の 高 等 学 校 (またはそれに 相 当 する 学 校 )の 第 1 学 年 1 学 期 に 調 査 を 受 けてい るが OECD 平 均 (62%)よりも 学 校 の 均 一 性 指 標 の 値 が 大 きい 反 対 に この 値 が 最 も 小 さい( 学 校 間 格 差 が 大 きい)のは ハンガリー(40%)であり 次 いでオランダ(42%) ブルガリア(44%) ドイツ(45%) スロベニア(46%)と 続 いている 71

80 国 名 表 問 題 解 決 能 力 の 得 点 における 学 校 間 と 学 校 内 でのばらつき 分 散 問 題 解 決 能 力 の 得 点 におけるばらつき 学 校 間 分 散 学 校 内 分 散 学 校 間 分 散 割 合 (%) 問 題 解 決 能 力 における 学 校 の 均 一 性 指 標 (%) 標 準 割 合 誤 差 値 標 準 標 準 標 準 値 値 誤 差 誤 差 誤 差 割 合 フィンランド 8658 (218) 884 (120) 7753 (183) (1.3) スウェーデン 9260 (348) 1720 (321) 7474 (182) (2.9) ノルウェー (401) 2264 (340) 8270 (237) (2.6) カナダ (343) 2271 (236) 7692 (168) (1.8) エストニア 7658 (252) 1826 (245) 5868 (171) (2.5) アイルランド 8676 (338) 2117 (272) 6486 (162) (2.4) オーストラリア 9482 (209) 2569 (178) 6951 (106) (1.4) マカオ 6269 (129) 1871 (1217) 5035 (166) (12.8) スペイン (613) 3121 (470) 7776 (213) (3.1) デンマーク 8522 (363) 2441 (326) 6048 (164) (2.7) アメリカ 8610 (398) 2485 (410) 6106 (165) (3.5) イングランド 9342 (455) 2735 (386) 6606 (179) (3.0) ポルトガル 7712 (280) 2314 (240) 5420 (157) (2.3) 韓 国 8311 (331) 2604 (288) 5575 (197) (2.5) キプロス 9781 (194) 3448 (1455) 6641 (167) (8.3) シンガポール 9021 (181) 3061 (362) 5962 (159) (2.8) 日 本 7251 (320) 2459 (280) 4768 (124) (2.6) ポーランド 9303 (639) 3357 (675) 5930 (204) (4.8) 香 港 8401 (397) 3034 (365) 5347 (160) (2.8) ロシア 7725 (360) 2857 (393) 4872 (145) (3.4) コロンビア 8397 (343) 3092 (332) 5262 (156) (2.7) セルビア 7942 (358) 2935 (333) 4949 (164) (2.7) マレーシア 6982 (320) 2614 (306) 4361 (162) (2.9) OECD 平 均 9259 (85) 3548 (87) 5646 (30) (0.5) モンテネグロ 8390 (201) 3212 (670) 5178 (163) (5.1) 台 湾 8266 (363) 3214 (374) 5010 (150) (3.0) クロアチア 8472 (346) 3426 (403) 5042 (137) (3.0) 上 海 8082 (413) 3333 (362) 4723 (151) (2.7) ウルグアイ 9457 (383) 4000 (419) 5446 (133) (2.6) チリ 7382 (283) 3153 (299) 4123 (90) (2.4) イタリア 8219 (363) 3461 (360) 4496 (131) (2.6) ブラジル 8421 (448) 3988 (491) 4435 (153) (3.2) オーストリア 8801 (547) 4183 (532) 4505 (121) (3.1) ベルギー (392) 5412 (513) 5804 (144) (2.5) チェコ 9056 (371) 4366 (473) 4474 (174) (3.0) アラブ 首 長 国 連 邦 (390) 5607 (477) 5504 (150) (2.2) スロバキア 9597 (526) 4761 (569) 4625 (161) (3.1) イスラエル (809) 7751 (860) 7429 (199) (2.9) トルコ 6246 (367) 3239 (385) 2997 (89) (3.2) スロベニア 9428 (230) 5114 (434) 4272 (153) (2.3) ドイツ 9703 (475) 5328 (471) 4334 (111) (2.3) ブルガリア (776) 6294 (750) 4994 (125) (3.1) オランダ 9783 (597) 5649 (634) 4147 (146) (2.9) ハンガリー (573) 6445 (683) 4245 (113) (2.7) フランス 9250 (812) w w w w w w w ( 注 )1. 灰 色 の 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 表 中 のwは 欠 損 値 ( 当 該 国 の 要 請 でデータが 非 表 示 となっている) 3. 学 校 間 分 散 と 学 校 内 分 散 は 推 定 値 であるため 必 ずしもその 和 が 全 体 の 推 定 値 にならない 4. 学 校 間 分 散 割 合 は 上 の 理 由 で 学 校 間 分 散 を 学 校 間 分 散 と 学 校 内 分 散 の 合 計 で 割 って100かけた 値 5. 学 校 の 均 一 性 指 標 は 100- 学 校 間 分 散 割 合 の 値 で 高 いほど 学 校 間 での 得 点 のばらつきが 小 さい 6. 学 校 の 均 一 性 指 標 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 72

81 図 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーにおける 学 校 の 均 一 性 指 標 ( 注 ) 問 題 解 決 能 力 における 学 校 の 均 一 性 指 標 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 73

82 図 は 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーのそれぞれに おける 学 校 の 均 一 性 指 標 の 値 を フランスを 除 く 参 加 国 について 図 示 したものである 国 は 問 題 解 決 能 力 における 学 校 の 均 一 性 指 標 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 並 べている 日 本 の 学 校 の 均 一 性 指 標 の 値 は 問 題 解 決 能 力 で 66% 数 学 的 リテラシーで 47% 読 解 力 で 55% 科 学 的 リテラシーで 57%であり OECD 平 均 (それぞれ 62% 63% 62% 64%)を 上 回 っているのは 問 題 可 決 能 力 だけである 特 に 問 題 解 決 能 力 と 数 学 的 リテラシー における 学 校 の 均 一 性 指 標 の 差 ( 問 題 解 決 能 力 における 学 校 の 均 一 性 指 標 数 学 的 リテラシーにおける 学 校 の 均 一 性 指 標 )を 見 ると 日 本 は 19 ポイントで 差 の 値 が 参 加 国 の 中 で 最 も 大 きくなっている(OECD 平 均 は-1 ポイント 差 が 正 の 値 なのは 43 か 国 中 20 か 国 ) 日 本 の 場 合 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーよりも 問 題 解 決 能 力 の 方 で 学 校 間 格 差 が 小 さく この 傾 向 が 他 の 国 に 比 べて 特 に 強 いといえる (2) 普 通 科 と 専 門 学 科 の 違 い 表 は 問 題 解 決 能 力 調 査 に 参 加 した 国 について 教 育 プログラムが 普 通 プログラ ム(General programmes) の 生 徒 と 職 業 プログラム(Vocational programmes) の 生 徒 の 割 合 ( 日 本 の 場 合 普 通 プログラム は 普 通 科 が 職 業 プログラム は 専 門 学 科 がそ れに 該 当 するため 以 下 普 通 科 専 門 学 科 と 呼 ぶ)と それぞれにおける 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 普 通 科 の 生 徒 と 専 門 学 科 の 生 徒 の 平 均 得 点 の 差 ( 専 門 学 科 の 生 徒 普 通 科 の 生 徒 ) を 示 している なお 国 は 得 点 差 の 値 が 小 さい 順 に 上 から 並 べている また 日 本 の 場 合 高 等 学 校 1 年 生 に 相 当 する 生 徒 が 入 学 から 3 か 月 程 度 経 った 時 点 (6 月 から 7 月 )で 調 査 を 受 けているため 得 点 の 差 は 普 通 科 専 門 学 科 という 教 育 プログラムの 影 響 というより も そこに 進 んだ 生 徒 の 特 徴 として 解 釈 する 必 要 がある 日 本 の 普 通 科 の 生 徒 における 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 は 560 点 で OECD 平 均 の 508 点 を 52 点 上 回 っており 韓 国 (572 点 ) シンガポール(562 点 )に 次 いで 3 番 目 に 高 い 得 点 となっている 専 門 学 科 に 分 類 された 生 徒 の 平 均 得 点 を 見 ると 日 本 は 529 点 で OECD 平 均 の 443 点 を 86 点 上 回 り マカオ(531 点 )に 次 いで 2 番 目 に 高 い 得 点 となっている 普 通 科 の 生 徒 と 専 門 学 科 の 生 徒 の 問 題 解 決 能 力 における 得 点 差 ( 専 門 学 科 の 生 徒 - 普 通 科 の 生 徒 )では 最 も 値 が 小 さいのがオランダの-121 点 差 であり 次 いでスペイン(-116 点 差 ) ハンガリー(-114 点 差 ) キプロス(-108 点 差 ) アイルランド(-99 点 差 )と 続 いてい る 得 点 差 が 負 の 値 の 場 合 は 普 通 科 の 生 徒 の 得 点 が 高 いことを 意 味 するが 日 本 は-31 点 差 で 小 さい 方 から 26 番 目 であり OECD 平 均 の-67 点 差 よりも 36 点 大 きいため 比 較 的 差 が 小 さいといえる 反 対 にこの 差 が 正 の 値 なのは( 専 門 学 科 の 生 徒 の 得 点 が 高 い) コ ロンビア(34 点 差 )とアラブ 首 長 国 連 邦 (25 点 差 )だけである 図 は 問 題 解 決 能 力 とともに 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーにつ いても 普 通 科 の 生 徒 と 専 門 学 科 の 生 徒 の 平 均 得 点 の 差 ( 専 門 学 科 の 生 徒 - 普 通 科 の 生 徒 ) を 示 したものである 日 本 の 得 点 差 の 値 は 問 題 解 決 能 力 で-31 点 差 数 学 的 リテラシーで-52 点 差 読 解 力 で-51 点 差 科 学 的 リテラシーで-43 点 差 であり いずれも OECD 平 均 (それぞれ-67 点 差 -74 点 差 -83 点 差 -76 点 差 )に 比 べて 平 均 得 点 に 違 いが 少 なく 特 に 問 題 解 決 能 力 でその 傾 向 が 強 い 74

83 表 普 通 科 専 門 学 科 の 違 いから 見 た 生 徒 の 割 合 と 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 国 名 生 徒 の 割 合 (%) 普 通 科 ( 普 通 プログラム) 専 門 学 科 ( 職 業 プログラム) 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 普 通 科 ( 普 通 プログラム) 専 門 学 科 ( 職 業 プログラム) 得 点 差 ( 専 門 普 通 ) 割 合 標 準 標 準 平 均 標 準 平 均 標 準 標 準 割 合 差 誤 差 誤 差 得 点 誤 差 得 点 誤 差 誤 差 オランダ 77.8 (1.7) 22.2 (1.7) 538 (5.3) 417 (7.9) -121 (9.3) スペイン 99.2 (0.2) 0.8 (0.2) 478 (4.1) 361 (21.8) -116 (22.3) ハンガリー 85.7 (1.1) 14.3 (1.1) 475 (4.1) 361 (10.2) -114 (10.7) キプロス 89.2 (0.1) 10.8 (0.1) 456 (1.5) 349 (3.1) -108 (3.2) アイルランド 99.2 (0.2) 0.8 (0.2) 499 (3.2) 400 (13.7) -99 (13.7) クロアチア 29.9 (1.2) 70.1 (1.2) 531 (5.8) 439 (4.1) -93 (6.9) スロベニア 46.8 (0.5) 53.2 (0.5) 521 (2.7) 436 (1.7) -84 (3.2) スロバキア 65.7 (1.5) 8.2 (1.4) 488 (4.2) 407 (11.1) -81 (11.8) ベルギー 56.0 (1.1) 44.0 (1.1) 541 (3.3) 465 (3.5) -76 (5.0) セルビア 25.6 (1.0) 74.4 (1.0) 528 (6.2) 455 (3.8) -74 (7.4) イングランド 98.8 (0.2) 1.2 (0.2) 518 (4.2) 445 (14.8) -72 (15.0) モンテネグロ 34.0 (0.2) 66.0 (0.2) 452 (2.5) 383 (1.4) -69 (2.9) OECD 平 均 80.1 (0.2) 15.4 (0.2) 508 (0.8) 443 (2.3) -67 (2.4) ドイツ 98.0 (0.9) 2.0 (0.9) 510 (3.6) 446 (13.4) -64 (14.1) ポルトガル 83.3 (2.0) 16.7 (2.0) 504 (3.4) 446 (7.4) -58 (7.4) 上 海 78.8 (0.6) 21.2 (0.6) 548 (4.0) 493 (4.8) -56 (6.3) ロシア 95.9 (1.1) 4.1 (1.1) 491 (3.3) 436 (14.1) -55 (13.9) 韓 国 80.1 (1.4) 19.9 (1.4) 572 (4.7) 518 (9.9) -54 (11.0) 台 湾 65.5 (1.4) 34.5 (1.4) 551 (3.1) 503 (4.5) -47 (5.3) ブルガリア 59.2 (1.6) 40.8 (1.6) 420 (6.2) 375 (8.5) -45 (10.6) フランス 84.7 (1.2) 15.3 (1.2) 518 (3.8) 474 (7.1) -44 (8.1) ウルグアイ 97.3 (0.4) 1.4 (0.4) 405 (3.4) 365 (25.3) -41 (25.0) オーストリア 30.7 (0.9) 69.3 (0.9) 534 (7.9) 494 (3.6) -40 (8.6) イタリア 48.5 (1.6) 51.5 (1.6) 530 (5.4) 490 (5.8) -40 (8.2) トルコ 61.9 (0.5) 38.1 (0.5) 467 (5.8) 434 (4.1) -33 (6.9) 日 本 75.8 (0.8) 24.2 (0.8) 560 (3.6) 529 (6.3) -31 (7.2) オーストラリア 89.1 (0.5) 10.9 (0.5) 526 (2.0) 497 (3.3) -29 (3.5) チェコ 69.0 (1.2) 31.0 (1.2) 515 (3.9) 496 (4.9) -19 (6.1) マカオ 98.4 (0.1) 1.6 (0.1) 541 (1.0) 531 (7.6) -10 (7.6) チリ 97.2 (0.2) 2.8 (0.2) 448 (3.7) 446 (9.4) -2 (8.7) マレーシア 86.7 (1.2) 13.3 (1.2) 423 (3.9) 422 (6.6) -1 (7.6) アラブ 首 長 国 連 邦 97.3 (0.0) 2.7 (0.0) 410 (2.8) 435 (5.2) 25 (5.8) コロンビア 74.8 (2.3) 25.2 (2.3) 391 (3.8) 425 (5.5) 34 (6.1) アメリカ c 0.0 c 508 (3.9) c c c c ポーランド 99.9 (0.0) 0.1 (0.0) 481 (4.4) c c c c エストニア 99.6 (0.2) 0.4 (0.2) 515 (2.5) c c c c フィンランド c 0.0 c 523 (2.3) c c c c スウェーデン 99.6 (0.1) 0.4 (0.1) 491 (2.9) c c c c カナダ 0.0 c 0.0 c c c c c c c デンマーク c 0.0 c 497 (2.9) c c c c ノルウェー c 0.0 c 503 (3.3) c c c c 香 港 c 0.0 c 540 (3.9) c c c c ブラジル c 0.0 c 428 (4.7) c c c c シンガポール c 0.0 c 562 (1.2) c c c c イスラエル 96.9 (0.2) 3.1 (0.2) w w w w w w ( 注 )1. 灰 色 の 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 表 中 のc( 生 徒 が 少 ない 等 の 理 由 で 推 定 できない)とw( 当 該 国 の 要 請 でデータが 非 表 示 と なっている)は 欠 損 値 3. 職 業 プログラム には 職 業 準 備 プログラム も 含 まれる 4. 普 通 科 専 門 学 科 に 分 類 できない 場 合 があるため 生 徒 の 割 合 の 合 計 は100にならない 5. 太 字 は 統 計 的 な 有 意 差 があることを 示 す 6. 得 点 差 の 値 が 小 さい 順 に 上 から 国 を 並 べている 75

84 図 普 通 科 の 生 徒 と 専 門 学 科 の 生 徒 の 得 点 差 ( 注 ) 問 題 解 決 能 力 の 得 点 差 の 値 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 76

85 以 上 から 日 本 の 場 合 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーといった 他 の 分 野 よりも 問 題 解 決 能 力 において 専 門 学 科 の 生 徒 の 平 均 得 点 が 相 対 的 に 高 いと 言 える また 他 の 国 と 比 べた 場 合 も 問 題 解 決 能 力 における 専 門 学 科 の 生 徒 の 得 点 が 高 いと 言 える 4.6 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 PISA 調 査 では 生 徒 質 問 紙 の 保 護 者 の 職 業 保 護 者 の 教 育 歴 家 庭 の 所 有 物 に 関 する 質 問 項 目 から 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 を 構 成 し これによって 生 徒 の 得 点 の 違 いを 分 析 している この 指 標 の 値 が 高 いほど 生 徒 の 家 庭 の 社 会 経 済 文 化 的 水 準 が 高 く 家 庭 の 経 済 状 況 や 教 育 環 境 が 良 いと 考 えられる( 詳 細 は 国 立 教 育 政 策 研 究 所 編 生 きるた めの 知 識 と 技 能 5 ( 明 石 書 店 2013 年 )の 第 6 章 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 の 違 いによる 説 明 を 参 照 ) 表 は 参 加 44 か 国 での 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 の 平 均 値 と 各 国 の 生 徒 を 指 標 値 によって 4 群 ( 指 標 値 の 小 さい 方 から 最 下 位 25% 中 下 位 25% 中 上 位 25% 最 上 位 25%)に 分 けた 際 の 各 生 徒 群 における 数 学 的 リテラシーの 平 均 得 点 を 示 したもので ある また 回 帰 分 析 を 用 いて 算 出 した 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 が 1 単 位 増 加 した 場 合 の 問 題 解 決 能 力 の 得 点 変 化 この 指 標 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 も 併 せて 示 している 指 標 1 単 位 の 増 加 に 対 応 する 問 題 解 決 能 力 の 得 点 の 変 化 は 生 徒 の 家 庭 の 社 会 経 済 文 化 的 水 準 が 高 いほど 生 徒 の 得 点 が 高 くなるのか( 得 点 の 変 化 の 値 が 正 の 場 合 ) 低 くなるのか( 得 点 の 変 化 の 値 が 負 の 場 合 )を 表 している 指 標 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 は その 値 が 大 きければ 生 徒 の 家 庭 の 社 会 経 済 文 化 的 水 準 が 生 徒 の 得 点 に 大 きな 影 響 を 与 えていると 考 えられる 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 の 値 によって 4 群 に 分 けた 生 徒 の 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 を 見 ると 参 加 国 すべてで 指 標 値 が 大 きい 生 徒 群 の 得 点 が 小 さい 生 徒 群 の 得 点 を 上 回 っている 最 下 位 25% 群 の 生 徒 と 最 上 位 25% 群 の 生 徒 の 問 題 解 決 能 力 の 得 点 を 比 べ ると 日 本 は 50 点 差 で マカオ(18 点 差 )に 次 いで 小 さい 値 である OECD 平 均 は 79 点 差 で 一 番 得 点 差 が 大 きいのはハンガリー(123 点 )である 指 標 1 単 位 の 増 加 に 対 応 す る 問 題 解 決 能 力 の 得 点 の 変 化 を 見 ると 参 加 国 すべてで 正 の 値 になっている つまり 生 徒 の 家 庭 の 社 会 経 済 文 化 的 水 準 が 高 いほど 生 徒 の 得 点 が 高 くなっていると 考 えられる 指 標 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 が 最 も 大 きい すなわち 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 が 最 も 強 いのはスロバキア(21%)であり 次 いで ハンガリー(21%) ブルガリア(20%) ウルグアイ(18%) ポルトガル(16%)と 続 い ている この 値 が 最 も 小 さいのはマカオ(1%)であり 次 いでカナダ(4%) 香 港 (5%) と 続 き 日 本 は 5%で 4 番 目 にこの 値 が 小 さい つまり 日 本 は 他 の 参 加 国 と 比 べ 問 題 解 決 能 力 の 得 点 と 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 の 関 係 性 が 弱 いと 言 える 図 は 問 題 解 決 能 力 とともに 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーにつ いても 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 による 得 点 分 散 の 説 明 率 を 参 加 44 か 国 で 示 した ものである 日 本 は 得 点 分 散 の 説 明 率 が 問 題 解 決 能 力 で 5% 数 学 的 リテラシーで 10% 読 解 力 で 8% 科 学 的 リテラシーで 7%であり いずれも OECD 平 均 (それぞれ 11% 15% 13% 14%)を 下 回 っており 特 に 問 題 解 決 能 力 でこの 値 が 小 さい つまり 日 本 の 生 徒 の 得 点 は 77

86 表 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 国 名 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 指 標 水 準 別 生 徒 群 の 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 最 下 位 25% 中 下 位 25% 中 上 位 25% 最 上 位 25% 指 標 1 単 位 の 増 加 に 対 応 する 問 題 解 決 能 力 の 得 点 の 変 化 指 標 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 (%) 平 均 値 標 準 平 均 標 準 平 均 標 準 平 均 標 準 平 均 標 準 得 点 の 標 準 標 準 割 合 誤 差 得 点 誤 差 得 点 誤 差 得 点 誤 差 得 点 誤 差 変 化 誤 差 誤 差 スロバキア (0.03) 424 (7.5) 477 (4.2) 495 (4.2) 541 (5.5) 49 (3.3) 21.3 (2.0) ハンガリー (0.03) 397 (7.2) 445 (4.8) 474 (5.2) 520 (6.4) 49 (3.3) 20.5 (2.3) ブルガリア (0.04) 343 (8.3) 387 (5.9) 416 (6.6) 465 (6.8) 45 (3.6) 20.0 (2.5) ウルグアイ (0.03) 358 (4.6) 384 (4.8) 410 (5.2) 463 (5.2) 36 (1.9) 17.8 (1.6) ポルトガル (0.05) 449 (4.7) 485 (4.5) 504 (4.7) 543 (5.8) 30 (1.9) 16.1 (2.0) チリ (0.04) 405 (5.9) 439 (4.6) 454 (4.0) 493 (4.8) 30 (1.9) 15.8 (1.8) トルコ (0.04) 419 (4.3) 443 (4.0) 459 (5.1) 497 (6.2) 28 (1.9) 15.1 (1.8) マレーシア (0.03) 385 (4.2) 409 (3.8) 427 (4.8) 469 (5.4) 33 (2.1) 14.9 (1.7) チェコ (0.02) 460 (4.9) 500 (5.0) 519 (4.1) 557 (4.2) 49 (2.8) 14.9 (1.5) ブラジル (0.04) 385 (6.2) 420 (6.8) 436 (6.8) 477 (7.0) 30 (2.5) 14.6 (2.4) 上 海 (0.04) 492 (6.5) 528 (3.8) 548 (3.6) 578 (5.1) 35 (2.6) 14.1 (1.9) ベルギー 0.15 (0.02) 458 (4.3) 495 (4.0) 529 (3.3) 557 (3.5) 43 (2.3) 14.0 (1.5) イスラエル 0.17 (0.03) 393 (5.7) 437 (6.9) 477 (7.1) 513 (7.1) 53 (3.0) 13.2 (1.4) セルビア (0.02) 437 (5.0) 461 (4.1) 476 (4.5) 519 (3.5) 35 (1.9) 12.8 (1.3) ドイツ 0.19 (0.02) 469 (5.6) 500 (4.5) 539 (4.4) 555 (4.2) 37 (2.4) 12.7 (1.4) フランス (0.02) 472 (6.0) 497 (4.1) 521 (4.4) 559 (4.1) 43 (2.8) 12.7 (1.2) コロンビア (0.04) 359 (4.5) 388 (4.5) 406 (4.3) 442 (5.9) 27 (1.9) 12.6 (1.6) スロベニア 0.07 (0.01) 434 (2.6) 463 (3.4) 488 (3.4) 522 (2.8) 40 (1.6) 12.6 (1.0) ロシア (0.02) 450 (3.9) 472 (4.3) 502 (4.2) 531 (6.0) 41 (3.1) 12.3 (1.5) ポーランド (0.03) 441 (5.5) 467 (5.2) 491 (5.8) 526 (6.3) 36 (2.7) 11.6 (1.7) シンガポール (0.01) 522 (2.6) 552 (2.9) 575 (2.8) 602 (2.5) 35 (1.3) 11.1 (0.9) オーストリア 0.08 (0.02) 467 (4.7) 495 (5.4) 518 (4.8) 547 (4.9) 36 (2.6) 10.7 (1.4) OECD 平 均 0.01 (0.00) 462 (1.0) 490 (0.8) 512 (0.9) 541 (0.9) 35 (0.5) 10.6 (0.3) アイルランド 0.13 (0.02) 460 (4.7) 489 (4.2) 510 (3.5) 538 (4.8) 35 (2.2) 10.2 (1.1) アメリカ 0.17 (0.04) 473 (5.7) 493 (4.7) 518 (5.1) 549 (4.7) 30 (2.0) 10.1 (1.2) モンテネグロ (0.01) 371 (2.5) 400 (3.0) 410 (3.2) 447 (3.1) 32 (1.6) 9.8 (1.0) キプロス 0.09 (0.01) 406 (3.1) 438 (3.3) 450 (3.0) 488 (3.0) 34 (1.6) 9.5 (0.9) 台 湾 (0.02) 498 (4.9) 528 (4.0) 542 (3.2) 570 (3.8) 33 (2.3) 9.4 (1.2) オランダ 0.23 (0.02) 473 (6.7) 502 (5.3) 523 (5.3) 549 (6.3) 38 (3.8) 9.1 (1.6) クロアチア (0.02) 434 (5.1) 458 (4.4) 469 (4.9) 504 (5.5) 32 (2.6) 8.6 (1.2) オーストラリア 0.25 (0.01) 487 (2.6) 512 (2.4) 538 (3.1) 560 (2.5) 36 (1.3) 8.5 (0.6) デンマーク 0.43 (0.02) 465 (5.2) 488 (4.0) 511 (3.7) 529 (3.5) 31 (2.3) 7.9 (1.2) スペイン (0.03) 437 (7.2) 469 (4.3) 485 (4.9) 517 (6.6) 29 (3.0) 7.9 (1.5) イングランド 0.29 (0.02) 486 (5.4) 505 (5.5) 531 (5.0) 555 (4.6) 33 (2.8) 7.8 (1.1) アラブ 首 長 国 連 邦 0.32 (0.02) 367 (4.2) 403 (2.9) 432 (3.6) 445 (4.2) 35 (1.9) 7.7 (0.8) フィンランド 0.36 (0.02) 495 (3.7) 513 (3.0) 531 (3.7) 556 (3.0) 30 (2.2) 6.5 (0.9) スウェーデン 0.28 (0.02) 460 (3.7) 482 (4.1) 507 (4.7) 521 (4.5) 29 (2.3) 6.2 (1.0) イタリア (0.03) 481 (5.6) 500 (4.4) 524 (5.3) 535 (5.6) 23 (2.5) 5.9 (1.2) エストニア 0.11 (0.01) 495 (3.8) 503 (3.8) 516 (4.1) 547 (3.4) 25 (2.0) 5.4 (0.8) 韓 国 0.01 (0.03) 534 (5.3) 552 (5.1) 571 (5.2) 588 (5.5) 28 (3.0) 5.4 (1.1) ノルウェー 0.46 (0.02) 473 (4.5) 495 (4.1) 518 (4.7) 533 (5.0) 31 (2.7) 5.2 (0.9) 日 本 (0.02) 526 (5.3) 547 (3.6) 562 (4.0) 576 (4.2) 27 (3.1) 5.2 (1.1) 香 港 (0.05) 517 (5.5) 533 (5.0) 546 (4.1) 567 (6.9) 21 (2.9) 4.9 (1.3) カナダ 0.41 (0.02) 503 (3.4) 518 (2.8) 534 (3.3) 555 (3.2) 23 (1.7) 4.0 (0.6) マカオ (0.01) 530 (2.4) 540 (2.3) 545 (2.0) 548 (2.3) 9 (1.3) 1.0 (0.3) ( 注 )1. 灰 色 の 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 2. 太 字 は 最 下 位 25%の 生 徒 と 最 上 位 25%の 生 徒 の 得 点 差 に 統 計 的 な 有 意 差 があることを 示 す 3. 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 による 得 点 分 散 の 説 明 率 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 78

87 図 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 と 問 題 解 決 能 力 数 学 的 リテラシー 読 解 力 科 学 的 リテラシーの 得 点 との 関 係 ( 注 ) 指 標 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 が 大 きい 順 に 上 から 国 を 並 べている 79

88 図 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 と 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 他 の 国 と 比 べて 生 徒 の 家 庭 の 社 会 経 済 文 化 的 水 準 に 影 響 されないが 特 に 問 題 解 決 能 力 では その 影 響 が 小 さいと 言 える 図 は 表 で 示 した 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 による 問 題 解 決 能 力 の 得 点 分 散 の 説 明 率 を 横 軸 に 取 り 数 学 的 リテラシーの 平 均 得 点 を 縦 軸 に 取 って 参 加 国 の 値 を 図 に 示 したものである 日 本 は 生 徒 の 家 庭 の 社 会 経 済 文 化 的 水 準 と 問 題 解 決 能 力 の 得 点 との 関 係 が 弱 く かつ 問 題 解 決 能 力 の 平 均 得 点 が 高 いことがわかる つまり 日 本 は 家 庭 の 経 済 状 況 や 教 育 環 境 の 違 いが 問 題 解 決 能 力 に 影 響 する 程 度 が 小 さく 生 徒 が 問 題 解 決 能 力 を 獲 得 する 教 育 機 会 において 平 等 性 の 高 い 教 育 システムを 築 いていると 言 える 80

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

スライド 1

スライド 1 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA09) デジタル 読 解 力 調 査 のポイント 調 査 概 要 PISA 調 査 では 将 来 的 に 筆 記 型 調 査 からコンピュータ 使 用 型 調 査 に 移 行 する 予 定 このためPISA09の 国 際 オプションとして デジタル 読 解 力 調 査 (コンピュータ 使 用 型 調 査 )とコンピュータ 利 用 等 に 関

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65 日 本 主 な 問 題 点 日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 の 習 熟 度 は 参 加 国 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みであった 日 本 では 若 年 層 の 成 人 の 得 点 が この 分 野 で 平 均 以 下 であった 日 本 の 成 人 の 情 報 処 理 能 力 の 習 熟 度

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ 付 属 資 料 欧 州 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 欧 州 労 働 条 件 調 査 から 欧 州 は 拡 大 を 続 けており 域 内 における 労 働 生 活 条 件 の 水 準 の 格 差 もまた 明 らかに 拡 大 し 続 けている 欧 州 レベルで 生 産 性 を 向 上 させ 雇 用 を 拡 大 し 労 働 の 質 を 改 善 しようとす る 政 策 立

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設 水 族 館 に 関 する 世 界 の 動 向 及 び イルカ クジラ 類 の 保 護 イルカ 保 護 の 認 識 を 持 たない 日 本 の 現 状 国 際 連 合 は 2007 年 及 び 2008 年 を 国 際 イルカ 年 と 宣 言 し 地 球 的 規 模 で イルカを 保 護 するために 活 動 しました しかし 日 本 ではほとんどニュースに なりませんでした 日 本 では イルカ クジラ

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

ⅠOECD諸国の労働生産性の国際比較

ⅠOECD諸国の労働生産性の国際比較 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 1 OECD 加 盟 諸 国 の 国 民 1 人 当 たり GDP と 労 働 生 産 性 (1) 国 民 1 人 当 たり GDP の 国 際 比 較 経 済 的 豊 かさでみると が 国 際 的 にどのような 位 置 づけにあるのかについて 国 民 1 人 当 たり 国 内 総 生 産 (GDP)からみていきたい 国 民 1 人 当 たりGDPは 国 内

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(5) --- グローカルな 視 点 から 考 える -- 戸 沼 幸 市 ( 財 団 法 人 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 ) 1.グローカル 社 会 日 本 の 現 代 社 会 はさまざまな 場 面 でグローバル ( 世 界 地 球 大 )な 要 素 とローカル( 日 本 地 域 的 )な 要 素 がダイナミックに 混 合 して 現 れていま

More information

untitled

untitled HP ProLiant サーバで 使 用 する の 選 択 方 法 技 術 概 要 概 要... 2 はじめに... 2... 2... 2 ジャンパケーブル... 4 の 使 用... 5 HP ProLiant サーバの 電 源 接 続... 7 ケーブル 結 束 用 アクセサリ... 8 ケーブルマネジメントキット... 8 ジャンパケーブル 結 束 クリップ... 9 ユニバーサルケーブル

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

1

1 広 告 やブランド メッセージに 対 する 信 頼 グローバル 調 査 2013 年 9 月 1 信 憑 性 が 広 告 の 効 果 を 左 右 する 友 人 家 族 の 推 薦 は 今 もなお 最 も 信 頼 できる 情 報 源 ほとんどのメディアへの 信 頼 度 が 上 昇 する 中 新 聞 広 告 に 対 しては 低 下 オウンドメディア( 企 業 が 自 社 で 所 有 しているメディア)は

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について 薬 食 発 0701 第 2 号 平 成 26 年 7 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について の 一 部 改 正 について 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 又 は 医 療 機 器 ( 以 下 医 薬 品 医 療 機 器 等 と いう )の 回 収 については 薬

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~ 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H25.7.20 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア

More information

子どもの貧困第2稿.indd

子どもの貧困第2稿.indd 埼玉県議会議員 県政報告資料 Vol. NEWS 発行年月日 201 年 1 月 5 日 発行 埼玉県議会議員 小久保憲一 子どもの貧困 子どもの 貧困 現状と支援 と支援 15.7 これは 日本の子どもの貧困率です 貧困 というと 私たちは発展途上国を思い浮かべ てしまいますが これは 絶対的貧困 と呼ばれ 1日の生活費が 1.25 ドル 約 150 円 以下の 状況のことです 日本の場合 これとは別に

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

サポートされている国番号

サポートされている国番号 APPENDIX B この付録には Cisco Wireless LAN Solution がサポートされているの一覧を記載します この付録の内容は 次のとおりです (P. B-1) Cisco Wireless LAN Solution は 表 B-1 に示す々での運用を承認されている または承認される予定であり 現在のの要件を完全に満たしています ここに記載された最大規制送信電力レベル限度は 番号設定によって定義され

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg リサーチ Press Release 報 道 関 係 者 各 位 2015 年 1 月 14 日 ウンコンサルティング 株 式 会 社 世 界 40 カ 国 のフェイスブック(facebook) 人 口 推 移 2015 年 1 月 ~フェイスブック 人 口 世 界 で 減 少 傾 向 フェイスブック 離 れが 進 む~ 東 京 沖 縄 台 湾 香 港 タイ シンガポール 韓 国 のジ 7 拠 点

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

SR-0067

SR-0067 SR-0067 緊 急 通 報 用 電 気 通 信 番 号 の 取 り 扱 い に 関 する 調 査 報 告 書 第 1.0 版 2015 年 3 月 16 日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 番 号 計 画 専 門 委 員 会 本 書 は 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 が 著 作 権 を 保 有 しています 内 容 の 一 部 又 は 全

More information

読解力向上プログラム

読解力向上プログラム 読 解 力 向 上 プログラム 平 成 17 年 12 月 文 部 科 学 省 はじめに 平 成 15 年 (2003 年 )7 月 に0ECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )が 実 施 したPISA 調 査 ( 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 )の 結 果 が, 昨 年 12 月 に 公 表 された それによれば,わ が 国 の 子 どもたちの 学 力 は, 数 学 的 リテラシー,

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

世 界 の 中 の 東 京 - 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 - 既 に 東 京 は ニューヨーク パリと 並 ぶ 世 界 のトップランナーとし ての 評 価 を 確 立 しているが 今 後 世 界 一 の 都 市 を 目 指 す 上 で 東 京 が 世 界

世 界 の 中 の 東 京 - 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 - 既 に 東 京 は ニューヨーク パリと 並 ぶ 世 界 のトップランナーとし ての 評 価 を 確 立 しているが 今 後 世 界 一 の 都 市 を 目 指 す 上 で 東 京 が 世 界 世 界 の 中 の 東 京 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 世 界 の 中 の 東 京 - 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 - 既 に 東 京 は ニューヨーク パリと 並 ぶ 世 界 のトップランナーとし ての 評 価 を 確 立 しているが 今 後 世 界 一 の 都 市 を 目 指 す 上 で 東 京 が 世 界 でどのような

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

入 門 書 はじめに 従 来 ほとんどのアプリケーションにおける 無 線 デ バイスは 十 分 に 経 験 のあるRF 設 計 エンジニアによっ て 設 計 されてきました アプリケーションによっては 今 でもこれが 当 てはまります しかし 今 ではRF 設 計 の 十 分 な 経 験 がない 設

入 門 書 はじめに 従 来 ほとんどのアプリケーションにおける 無 線 デ バイスは 十 分 に 経 験 のあるRF 設 計 エンジニアによっ て 設 計 されてきました アプリケーションによっては 今 でもこれが 当 てはまります しかし 今 ではRF 設 計 の 十 分 な 経 験 がない 設 デジタル/アナログ/RF 混 在 デバイスの デバッグ 入 門 書 入 門 書 はじめに 従 来 ほとんどのアプリケーションにおける 無 線 デ バイスは 十 分 に 経 験 のあるRF 設 計 エンジニアによっ て 設 計 されてきました アプリケーションによっては 今 でもこれが 当 てはまります しかし 今 ではRF 設 計 の 十 分 な 経 験 がない 設 計 エンジニアでもハード ウェアの

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

H1

H1 The Magazine of Fukui International Association GNTB.Cowin,Andrew GNTB.Mainau GmbH GNTB.Cowin,Andrew Vol.81 2015.11 ドイツ 福井県とドイツには 昔からのつながりがあることをご存知ですか?福井県では 国際青年の翼 船 昭和51年 平成15年 や国際婦人の船 昭和60年 平成2年 により

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

Microsoft PowerPoint - 20130927【E5776s-32】.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 20130927【E5776s-32】.ppt [互換モード] 同 梱 機 器 取 扱 マニュアル(E5776s-32) E5776s-32 ( 端 末 ) 予 備 バッテリー ( 有 料 オプション 品 2タイプ 有 ) マルチ 変 換 プラグ ( 有 料 オプション 品 ) はじめに このたびは GLOBAL WiFiにお 申 し 込 み 頂 き 誠 にありがとうございます こちらの 説 明 書 は レンタルさせて 頂 く 端 末 エネループなどのオプション

More information

( 表 D3.1) しかし 日 本 の 初 等 中 等 教 育 の 教 員 の 初 任 給 は 25 454 米 ドルと OECD 平 均 ( 初 等 教 育 28 523 米 ドル 前 期 中 等 教 育 29 801 米 ドル 後 期 中 等 教 育 30 899 米 ドル)を 下 回 っており

( 表 D3.1) しかし 日 本 の 初 等 中 等 教 育 の 教 員 の 初 任 給 は 25 454 米 ドルと OECD 平 均 ( 初 等 教 育 28 523 米 ドル 前 期 中 等 教 育 29 801 米 ドル 後 期 中 等 教 育 30 899 米 ドル)を 下 回 っており カントリーノート 図 表 でみる 教 育 :OECDインディケータ 2012 報 道 解 禁 :9 月 11 日 午 前 11 時 (パリ 時 間 ) 日 本 お 問 い 合 わせ 先 : Andreas Schleicher, Advisor to the Secretary-General on Education Policy, Deputy Director for Education Email:

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた め 長 期 的 な 観 点 から 安 全 かつ 効 率 的

1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた め 長 期 的 な 観 点 から 安 全 かつ 効 率 的 資 料 2-1 厚 生 年 金 国 民 年 金 積 立 金 の 性 格 法 規 制 等 について 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 7 月 30 日 ( 火 ) 1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 同 梱 機 器 取 扱 マニュアル(MF60/MF61) MF60/MF61( 端 末 ) 予 備 バッテリー ( 有 料 オプション 品 2タイプ 有 ) はじめに マルチ 変 換 プラグ ( 有 料 オプション 品 ) このたびは GLOBAL WIFIにお 申 し 込 み 頂 き 誠 にありがとうございます こちらの 説 明 書 は レンタルさせて 頂 く 端 末 エネループなどのオプション

More information

義務教育費国庫負担制度について

義務教育費国庫負担制度について 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 について 1. 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 の 概 要 意 義 憲 法 の 要 請 に 基 づく 義 務 教 育 の 根 幹 ( 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 )を 支 えるため 国 は 必 要 な 制 度 を 整 備 するこ とが 必 要 教 育 は 人 なり と 言 われるように 義 務 教 育 の 成 否 は 教 職 員

More information

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を クロアチアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1410 日 本 海 事 センター 研 究 員 野 村 摂 雄 ポイント 外 航 船 員 の 資 質 には 定 評 あり ほとんどが 海 外 船 社 に 雇 用 されている 外 航 船 員 教 育 は 中 等 教 育 ( 海 事 高 校 ) 及 び 高 等 教 育 ( 海 事 大 学 ) 乗

More information

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期 2016 年 2 月 4 日 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 Japan Tobacco International (JTI) 海 外 たばこ 事 業 実 績 補 足 資 料 (2015 年 1-12 月 期 及 び 10-12 月 期 ) JTI GFB 好 調 とプライシングにより 二 桁 の 利 益 成 長 前 年 同 期 比 1-12 月 10-12 月 ( 億 本 百 万 ドル)

More information

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ)

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ) WORLD EMPLOYMENT SOCIAL OUTLOOK 2016 Transforming jobs to end poverty 世 界 の 雇 用 及 び 社 会 の 見 通 し 2016 仕 事 を 変 化 させて 貧 困 を 終 わらせる International Labour Office Geneva 要 旨 大 半 の 国 では 過 去 20 年 間 に 貧 困 が 減 少

More information

海 輸 送 が 競 合 : 同 40~ 60%) 第 4 階 層 ( 海 上 輸 送 にやや 依 存 : 同 60~ 90%) 第 5 階 層 ( 海 上 輸 送 に 大 きく 依 存 : 同 90~ 100%)とした 各 年 階 層 別 に 品 目 数 とそのシェアを 示 している また 食 料

海 輸 送 が 競 合 : 同 40~ 60%) 第 4 階 層 ( 海 上 輸 送 にやや 依 存 : 同 60~ 90%) 第 5 階 層 ( 海 上 輸 送 に 大 きく 依 存 : 同 90~ 100%)とした 各 年 階 層 別 に 品 目 数 とそのシェアを 示 している また 食 料 海 運 シフトの 検 証 と 海 運 選 択 要 因 の 分 析 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 刊 CARGO1208 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 研 究 員 川 崎 智 也 はじめに 前 回 (12 年 7 月 10 日 号 )のリポートでは アセアン 発 米 国 向 けの HS コ ード 第 2~ 10 類 の 食 料 関 連 品 第 84 85 類 の 機 械 関 連

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

スライド 0

スライド 0 財 政 制 度 等 審 議 会 ご 参 考 資 料 資 料 1 欧 州 危 機 と 財 政 規 律 強 化 の 取 り 組 み 野 村 インターナショナルplc (NIPlc) シニアエコノミスト 池 田 琢 磨 本 資 料 はノムラ インターナショナルplcのエコ ノミストによる 資 料 をもとに 作 成 した 野 村 證 券 の 著 作 物 です 巻 末 に 記 載 されている 重 要 なディスクロー

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金 教 留 海 平 成 28 年 9 月 12 日 各 学 部 研 究 科 長 殿 教 育 学 生 支 援 部 長 ( 公 印 省 略 ) 平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 の 募 集 について(

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 同 梱 機 器 取 扱 マニュアル(MF910) MF910( 端 末 ) 予 備 バッテリー ( 有 料 オプション 品 2タイプ 有 ) マルチ 変 換 プラグ ( 有 料 オプション 品 ) はじめに このたびは GLOBAL WIFIにお 申 し 込 み 頂 き 誠 にありがとうございます こちらの 説 明 書 は レンタルさせて 頂 く 端 末 エネループなどのオプション 品 等 の 機

More information

新薬GPMSP(新薬市販直後調査)の意図するところ

新薬GPMSP(新薬市販直後調査)の意図するところ BSE 問 題 におけるレギュラトリーサイエンス の 活 かし 方 と 危 機 管 理 - 医 薬 品 と 食 品 の 対 応 の 違 いを 例 にして - 土 井 脩 ( 一 般 財 団 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 レギュラトリーサイエンス 財 団 ) ( Pharmaceutical and Medical Device Regulatory Science Society of Japan)

More information

<4D F736F F F696E74202D ACF8CF592A1816A F DB92B781698B9E A2D32205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D ACF8CF592A1816A F DB92B781698B9E A2D32205B8CDD8AB B83685D> 第 2 回 京 都 市 コンテンツビジネス 研 究 会 資 料 3 観 光 庁 の 設 立 と 観 光 立 国 の 推 進 について 平 成 21 年 1 月 29 日 観 光 庁 観 光 資 源 課 長 水 嶋 智 Japan Tourism Agency 目 次 1. 観 光 立 国 推 進 への 動 き 2. 観 光 庁 の 設 置 3. 国 際 観 光 の 推 進 4. 観 光 資 源 の

More information

Microsoft Word - 141120 回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】

Microsoft Word - 141120 回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】 薬 食 発 1 1 2 1 第 1 0 号 平 成 26 年 11 月 21 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について これまで 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 及 び 医 療 機 器 の 回 収 については 回 収 に 着 手

More information