<4D F736F F D2091E F B8C9F93A289EF8B638E968A DC58F4994C F A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F183828366838B8C9F93A289EF8B638E968A54977681798DC58F4994C58267826F9770817A2E646F63>"

Transcription

1 記 者 発 表 資 料 平 成 2 3 年 9 月 1 4 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 南 海 トラフの 巨 大 地 震 モデル 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 概 要 について 1. 第 1 回 検 討 会 の 概 要 日 時 : 平 成 23 年 8 月 28 日 ( 日 )14:00~16:30 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 5 号 館 防 災 A 会 議 室 出 席 者 : 阿 部 座 長 岡 村 金 田 佐 竹 島 崎 橋 本 平 原 福 和 古 村 翠 川 室 崎 山 岡 山 崎 の 各 委 員 原 田 政 策 統 括 官 長 谷 川 官 房 審 議 官 他 2. 議 事 概 要 南 海 トラフの 巨 大 地 震 モデルの 検 討 の 方 向 性 について の 議 論 に 当 たり 事 務 局 及 び 文 部 科 学 省 から 資 料 を 説 明 の 後 議 論 を 行 った 委 員 からの 主 な 意 見 等 は 次 のとおり 地 震 動 や 津 波 高 さの 推 計 は 被 害 想 定 に 使 われることを 考 えると その 推 計 の 精 度 をあげて いくことが 必 要 例 えば 大 阪 湾 において 想 定 される 津 波 高 さは 現 状 では2m 程 度 であるので それほどの 被 害 が 想 定 されていないが これが 倍 以 上 の 高 さとなれば コンビナート 施 設 にも 大 きな 被 害 が 想 定 される 地 震 動 が 強 くなれば 防 潮 堤 や 防 油 堤 といった 構 造 物 の 被 害 ま たスロッシングの 影 響 なども 考 えられ 地 震 の 揺 れと 津 波 の 複 合 災 害 ということも 考 えられる また これまで 大 阪 湾 は 紀 伊 水 道 でブロックされて 大 きな 津 波 が 入 ってこないと 言 われてい たが 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 を 踏 まえ 紀 伊 水 道 の 影 響 を 改 めて 検 討 してほしい 東 海 東 南 海 南 海 地 震 では 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 に 比 べて 津 波 の 到 達 時 間 が 短 い 津 波 の 到 達 時 間 の 科 学 的 な 緻 密 な 検 討 の 上 到 達 時 間 と 避 難 方 法 や 情 報 伝 達 の 関 係 を 議 論 する 必 要 がある これまでの 被 害 想 定 では 地 震 動 や 津 波 高 さの 推 計 精 度 が 高 くても 人 的 物 的 被 害 の 見 積 もりをしていくにしたがって 精 度 が 荒 くなっている 印 象 がある 難 しいとは 思 うが 被 害 想 定 の 精 度 を 高 める 手 法 を 検 討 するとともに 被 害 想 定 の 項 目 の 誤 差 の 積 み 重 ねを 考 慮 し 想 定 され る 被 害 の 幅 を 考 慮 した 被 害 想 定 手 法 を 考 慮 できるようしていく 必 要 がある これまでの 大 規 模 地 震 の 検 討 では 過 去 にあった 地 震 を 再 現 し 行 ってきた 南 海 トラフの 地 震 モデルの 検 討 は 科 学 的 な 根 拠 を 頼 りに 最 大 クラスの 巨 大 な 地 震 と 津 波 を 想 定 しなければ ならない 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 津 波 堆 積 物 調 査 をしてみると 津 波 堆 積 物 だけでは 正 確 に 津 波 規 模 は 予 測 できないことが 明 らかとなった この 知 見 も 踏 まえて 今 後 の 津 波 規 模 の 推 定 を 考 えていく 必 要 がある 1

2 津 波 堆 積 物 調 査 を 分 析 すると 浸 水 域 が 大 きいものと 小 さいものがあることがわかるので そこから 津 波 の 規 模 の 違 いをある 程 度 推 定 できる 可 能 性 がある 潮 岬 の 津 波 石 の 動 きを 分 析 すると 宝 永 地 震 の 津 波 と 12~14 世 紀 に 強 い 津 波 が 来 たことが 推 定 される 海 岸 に 高 い 浜 堤 がある 地 域 では 津 波 堆 積 物 が 見 つかっていないところがあり こうした 地 域 では 浜 堤 を 超 えるような 非 常 に 大 きな 津 波 は 来 ていないという 見 方 ができるかもしれない 歴 史 的 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 の 記 録 は コサイスミックなものなのか 余 効 変 動 を 含 むものな のかの 区 別 は 難 しい 地 震 モデルの 検 討 には この 点 を 考 慮 する 必 要 がある 南 海 トラフの 地 震 モデルの 検 討 に 当 たっては 日 向 灘 までの 連 動 発 生 をどう 考 えるか 深 部 から 浅 部 までの 震 源 域 の 幅 をどう 考 えるかが 議 論 のターゲットである 南 海 トラフのトラフ 軸 のフィリピン 海 プレートが 沈 み 込 むところで 行 われた 掘 削 調 査 のサンプリ ングを 見 ると ある 程 度 の 高 速 を 持 ったすべりが 生 じた 可 能 性 がわかる このようにすべりが 大 きな 津 波 を 発 生 させた 可 能 性 を 視 野 に 入 れた 議 論 を 行 う 必 要 がある また 掘 削 調 査 で 得 られた 結 果 からは 分 岐 断 層 を 介 した 破 壊 があったことも 考 えられ その 点 も 評 価 した 上 で 検 討 する 必 要 がある 深 部 の 低 周 波 微 動 と 沖 合 の 超 低 周 波 地 震 の 調 査 結 果 は 深 部 と 浅 部 の 境 界 を 検 討 する 上 で 有 用 である 想 定 震 源 域 は 力 学 的 な 深 部 と 浅 部 を 想 定 震 源 域 の 上 限 下 限 とする 考 え 方 が 必 要 ではないか 南 海 トラフの 地 震 の 時 間 差 発 生 は 今 の 観 測 の 成 果 だけでは 評 価 できず 今 後 の 観 測 ある いは 研 究 成 果 に 基 づいたものがないと 難 しい 南 海 トラフの 検 討 は 自 治 体 からの 期 待 が 大 きい 特 に 早 くして 想 定 地 震 モデルを 出 して 欲 しいという 期 待 が 非 常 に 大 きい 歴 史 地 震 の 記 録 は 発 生 年 月 日 は 正 確 であるが 特 に 宝 永 地 震 より 前 の 慶 長 地 震 以 前 のも のは 規 模 や 範 囲 がよくわからないものが 多 く これらを 決 まったものとしてとらえることは 危 険 だ 東 海 東 南 海 南 海 地 震 が 連 動 発 生 する 場 合 について 単 に 別 個 に 起 こっていたものを 足 し あわせるだけであれば 長 さが 長 くなるだけであるからモーメントは2~3 倍 程 度 であるが 連 動 によってすべりが 大 きくなるとモーメントはその5~10 倍 になる そのような 連 動 のパターン を これまでの 地 震 サイクルの 中 のばらつきとして 考 えるのか 最 大 のものは これまでのサ イクルとは 別 の 一 つ 上 でのスーパーサイクルとして 考 えるのかということを 最 初 に 考 えること が 必 要 ではないか 大 阪 湾 にどの 程 度 の 津 波 が 押 し 寄 せるかは 瀬 戸 内 海 の 水 塊 の 振 動 がどうなるかという 問 題 瀬 戸 内 海 の 振 動 が どこで 腹 になってどこで 節 になるかによって 大 阪 湾 の 津 波 の 振 幅 などの 問 題 が 決 まってくる 瀬 戸 内 海 の 特 定 の 部 分 を 見 るには 瀬 戸 内 海 の 固 有 振 動 が 必 要 また 津 波 の 波 長 が 長 い 場 合 には 浸 水 域 が 大 きくなる 波 高 が 高 いということと 波 長 が 長 いと いうことなども 分 けて 考 える 必 要 がある 地 震 の 揺 れも 津 波 と 同 様 に 周 期 によって 被 害 は 変 わってくる このように 考 えると 地 震 津 波 について 単 に 最 大 の 規 模 のものだけを 考 えれば すべてが 解 決 するわけではない プレート 境 界 型 地 震 は 繰 り 返 しベルトコンベア 的 にプレートが 沈 み 込 んでいる 弱 いところを 破 壊 するのであり 一 度 発 生 した 地 震 は 記 録 がなくとも 繰 り 返 しの1 回 に 違 いないことは 科 2

3 学 的 な 知 見 と 考 えるべきだ 歴 史 地 震 を 考 えるときには 震 度 を 使 用 して 検 討 する しかし 津 波 地 震 の 場 合 には 震 度 は 必 ずしも 大 きくなく 震 度 と 津 波 は 分 けて 考 えないといけない 1946 年 の 南 海 地 震 の 際 には 余 効 変 動 によって 瀬 戸 内 海 側 で 大 きな 沈 降 が 生 じている 次 の 南 海 地 震 でもこうした 瀬 戸 内 海 側 の 沈 降 が 起 こりうる 南 海 トラフのトラフ 軸 付 近 に 近 づくほど 断 層 面 のすべり 量 は 陸 上 の GPS からはほとんど 再 現 できない 海 底 地 殻 変 動 等 のデータを 組 み 込 みながら 検 討 していくことが 必 要 地 震 のモ デル 化 のためには プレート 境 界 面 上 のカップリングを 精 度 よく 決 めていくことが 重 要 である が すべり 量 の 観 測 データの 現 況 を 考 えると 拙 速 な 検 討 は 避 けるべきであって 時 間 をか けて 議 論 する 必 要 があるのではないか 巨 大 地 震 モデルを 検 討 するにあたり 現 在 の 地 震 シミュレーションは 現 時 点 では 予 測 モデ ルという 意 味 合 いよりも 現 象 の 理 解 のためのシミュレーションの 側 面 が 強 いことに 留 意 が 必 要 南 海 トラフ 巨 大 地 震 の 発 生 前 後 で 西 南 日 本 内 陸 地 震 の 活 動 が 高 まる 1995 年 神 戸 地 震 は 都 市 直 下 型 地 震 で 大 きな 被 害 をもたらした この 地 震 以 降 西 南 日 本 内 陸 地 震 の 活 動 期 に 入 ったと 言 われている 南 海 トラフ 巨 大 地 震 とともに 都 市 直 下 に 発 生 すれば 大 災 害 をもたらす 内 陸 地 震 の 発 生 にも 注 意 が 必 要 防 災 対 策 を 行 う 方 々は 南 海 トラフの 地 震 モデルの 検 討 成 果 を 急 いでいる 現 象 や 調 査 結 果 がわかるまでアウトプットが 出 てこないということでは 対 策 を 行 うサイドは 困 惑 する わかっ ていない 範 囲 でモデルを 決 めていくということも 必 要 ではないか 津 波 の 湾 内 への 影 響 は 大 阪 湾 だけでなく 伊 勢 湾 についても 考 えることが 必 要 津 では 年 の 明 応 の 地 震 の 際 に 大 きな 津 波 で 壊 滅 している この 事 象 は それ 以 降 に 発 生 した 地 震 とは 様 相 が 異 なっている こうしたことを 考 慮 することが 必 要 建 築 物 の 対 策 を 考 える 上 では 揺 れの 予 測 が 必 要 揺 れの 予 測 の 精 度 は 強 く 揺 れる 成 分 を 出 すアスペリティがどこにあるかによるので 地 震 モデルの 検 討 に 当 たっては アスペリティ の 位 置 が 信 頼 性 をもって 出 されることが 必 要 である 信 頼 性 がないのであれば そのような 前 提 をおいて 発 表 される 必 要 がある 重 要 構 造 物 評 価 は 震 度 分 布 だけでなく 周 期 特 性 や 継 続 時 間 に 関 する 情 報 も 必 要 その ためには 強 震 観 測 記 録 をもっと 有 効 活 用 すべきだ また 精 度 の 高 い 被 害 想 定 を 行 うため には 特 に 大 都 市 部 については 精 度 の 高 い 地 下 構 造 モデルを 作 ることも 必 要 である 特 に 液 状 化 の 問 題 を 考 えると 人 が 多 く 住 み 重 要 な 構 造 物 がある 埋 め 立 て 地 については 別 途 の 検 討 も 必 要 かもしれない 強 震 動 や 津 波 の 予 測 結 果 が 幅 を 伴 うものであるならば その 幅 を 同 時 に 示 すことが 想 定 を 利 用 する 自 治 体 や 産 業 界 の 関 係 者 にとって 必 要 である また 個 々の 自 治 体 にとって 最 悪 で あるシナリオと 全 体 として 最 悪 であるというシナリオは 違 ってくることに 留 意 が 必 要 三 連 動 地 震 であった 宝 永 地 震 は 日 向 灘 の 一 部 にまで 割 れ 進 んでいたことが 研 究 から 明 らか となっている 津 波 地 震 であった 慶 長 地 震 は トラフ 軸 上 の 浅 いプレート 境 界 がすべったもの ということも 明 らかになっている しかし これまで 宝 永 地 震 と 慶 長 地 震 が 同 時 に 起 こるような タイプの 地 震 は 想 像 されていなかった 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 を 受 けて 三 連 動 地 震 プラス 3

4 津 波 地 震 の 想 定 震 源 域 が 同 時 に 滑 ることも 考 えることが 必 要 である 慶 長 地 震 については その 震 源 域 の 広 がり 津 波 がどこどれだけで 観 測 されたか よく 解 って いない 史 料 や 津 波 堆 積 物 の 調 査 を 進 める 必 要 がある 南 海 トラフのトラフ 軸 付 近 の 想 定 震 源 域 は 一 気 に 破 壊 が 進 むだけでなく 毎 回 部 分 的 に 破 壊 することも 想 定 することが 必 要 加 えて 時 間 差 をおいて 連 動 発 生 して 津 波 高 が 増 幅 する シナリオも 考 えないといけない 超 巨 大 地 震 の 場 合 波 長 の 長 い 津 波 が 瀬 戸 内 海 あるいは 東 シナ 海 を 回 り 込 んで これまで 津 波 の 被 害 を 考 えてこなかったところまで 津 波 がくる 可 能 性 がある 大 阪 湾 伊 勢 湾 東 京 湾 などについても 津 波 の 浸 水 を 改 めて 検 討 してみる 必 要 がある 歴 史 地 震 について 古 文 書 にさかのぼってよく 整 理 して 欲 しい 特 に 昭 和 の 東 南 海 地 震 南 海 地 震 については 被 災 者 の 体 験 談 などから 継 続 時 間 の 情 報 をくみ 取 れれば 地 震 モデル の 妥 当 性 の 検 証 にも 活 かされる 国 の 会 議 で 断 層 モデルが 提 示 されると 絶 対 的 なものと 受 け 止 められがちである 地 震 モデル の 不 確 実 性 は 不 確 実 性 の 大 きさを 含 めて その 旨 を 報 告 書 にて 明 記 することが 誤 った 解 釈 をされないためにも 必 要 地 震 動 の 予 測 と 地 震 による 建 物 被 害 を 予 測 するためには 地 盤 データの 整 備 が 重 要 現 在 データベース 化 の 動 きが 進 んでいるが こうした 動 きを 加 速 させていくようにしないと 地 震 モ デルができたとしても 被 害 想 定 の 精 度 向 上 や さらには 防 災 対 策 につながっていかない 西 南 日 本 の 地 震 は 東 北 日 本 の 地 震 に 比 べると 海 溝 沿 いが 複 雑 であり ひずみエネルギ ーの 解 放 がどのように 行 われているか よくわからないことが 多 い この 海 溝 沿 いの 課 題 に 留 意 をして 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 で 得 られた 教 訓 と 複 数 の 調 査 結 果 の 整 合 をとれるような 地 震 モデルを 作 っていくことが 大 事 だ 本 検 討 会 で 議 論 する 地 震 モデルは 被 害 想 定 の 見 直 しだけでなく 各 自 治 体 や 企 業 など 各 方 面 での 対 策 の 見 直 しのベースとなるものであり 非 常 に 重 要 この 検 討 の 期 間 内 でわからな いことがあれば 複 数 のモデルを 提 示 せざるを 得 ないのではないか また わからないことが あれば 危 険 側 で 考 える 工 学 的 な 発 想 が 必 要 ではないか 本 検 討 会 では 想 定 東 海 地 震 が 今 のままであっていいのかという 点 も 含 めて 議 論 したい すべり 欠 損 を 把 握 することが スーパーサイクルの 検 討 につながる 南 海 トラフについては すべり 欠 損 をどの 程 度 把 握 できているのか 高 知 沖 のすべり 欠 損 は100%に 近 く 把 握 できていると 思 うが 東 南 海 側 熊 野 灘 側 は 自 信 をもって 把 握 できているとは 言 い 切 れない 東 南 海 地 震 のすべり 欠 損 の 把 握 が 難 しいのはそのとおりであって 分 岐 断 層 を 考 慮 してもす べりの 収 支 があわない したがって すべり 欠 損 が 合 わないという 前 提 で 考 えないといけな い 東 海 地 震 については わからないことが 多 い 東 海 地 震 の 想 定 波 源 域 において すべった 痕 跡 がまだわかっていないことが 課 題 東 海 地 震 と 東 南 海 地 震 の 検 討 に 当 たってテクニカルな 問 題 としては GPS の 観 測 に 当 たり 東 海 地 震 と 東 南 海 地 震 では 内 陸 の 活 断 層 の 影 響 を 考 えないと 変 動 量 を 過 大 に 推 定 してし 4

5 まうことがある 地 震 シミュレーションを 検 討 していると 1000 年 単 位 の 地 震 サイクルの 後 半 で 見 れば 固 着 していないように 見 える 部 分 が 地 震 サイクルの 最 初 の 期 間 ずっと 固 着 していたのが 残 って いるという 忍 者 のようなアスペリティという 存 在 も 考 えることができる ただこういった 場 合 でも ずっと 固 着 が 蓄 積 している 部 分 は 必 ずある こうした 固 着 の 状 態 を 明 らかにしていくためには 海 底 観 測 網 の 充 実 が 急 がれる 津 波 堆 積 物 調 査 を 見 ると 次 に 起 こる 南 海 トラフ 沿 いの 地 震 はスーパーサイクルに 当 たって しまうのではないかと 懸 念 している 東 海 東 南 海 地 震 という 呼 び 名 に 違 和 感 がある 何 か 適 当 な 名 前 を 考 えた 方 がいいのではな いか 東 海 東 南 海 南 海 地 震 では 従 前 の 考 えにこだわりすぎているように 思 えるため 南 海 トラフ の 巨 大 地 震 という 検 討 会 名 にした 経 緯 がある < 本 件 問 い 合 わせ 先 > 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 防 災 担 当 ) 付 地 震 火 山 大 規 模 水 害 対 策 担 当 参 事 官 越 智 繁 雄 同 企 画 官 若 林 伸 幸 同 参 事 官 補 佐 駒 田 義 誌 同 参 事 官 補 佐 下 山 利 浩 TEL: ( 直 通 ) FAX:

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i 5.4.1.2 津 波 によるコンビナートの 被 害 津 波 浸 水 予 測 ( 房 総 半 島 東 方 沖 日 本 海 溝 沿 い 地 震 )の 結 果 から コンビナートでは 浸 水 しない ことが 想 定 されており 5.2 項 で 示 したような 津 波 浸 水 被 害 は 発 生 しない また 1677 年 延 宝 房 総 沖 地 震 は 顕 著 な 揺 れを 伴 わなかった 津 波 地

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

H19年度

H19年度 首 都 直 下 地 震 等 による 東 京 の 被 害 想 定 概 要 版 東 京 都 0 目 次 Ⅰ.はじめに 1 1. 背 景 と 目 的 1 Ⅱ. 想 定 される 被 害 4 Ⅱ-1. 被 害 想 定 の 前 提 条 件 4 1. 想 定 するシーン 4 2. 想 定 対 象 項 目 5 Ⅱ-2. 被 害 の 全 体 像 6 1. 首 都 直 下 地 震 6 2. 海 溝 型 地 震 8 3.

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 北 海 道 に 津 波 被 害 をもたらす 想 定 地 震 の 再 検 討 ワーキンググループ 平 成 24 年 度 日 本 海 沿 岸 の 津 波 浸 水 想 定 の 点 検 見 直 し 報 告 書 平 成 25 年 3 月 平 成 24 年 度 報 告 にあたって 北 海 道 防 災 会 議 地 震 専 門 委 員 会 では 北 海 道 より 諮 問 を 受 け 東 北 地 方 太 平 洋 沖

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー 巨 津 波 の 基 本 特 性 の 把 握 と 対 津 波 設 計 への 活 用 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 危 機 管 理 技 術 研 究 センター 地 震 防 災 研 究 室 防 災 減 災 に 向 けた 研 究 成 果 報 告 会 ~ 東 日 本 震 災 から3 年 ~ 平 成 26 年 3 月 19 日 背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所 平 成 23 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 独 立 行 政 法 人 建 築 研 究 所 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 建 築 物 被 害 第 一 次 調 査 栗 原 市 仙 台 市 における 木 造 を 中 心 とした 建 築 物 被 害 ( 速 報 ) 1. 調 査 目 的 震 度 7を 記 録 した 栗

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害

震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害 震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害 に 対 する 基 本 的 な 考 え 方 9 第 3 章 地 震 津 波 の 特 性 第 1 節 本

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

地震保険研究 16

地震保険研究 16 第 Ⅱ 章 国 自 治 体 による 津 波 被 害 想 定 の 調 査 1. 調 査 の 概 要 国 自 治 体 により 実 施 されている 地 震 被 害 想 定 調 査 等 を 対 象 に, 津 波 の 浸 水 予 測 シミ ュレーション 手 法 や 建 物 被 害 予 測 手 法 について 調 査 を 行 った. 1-1. 調 査 対 象 資 料 調 査 対 象 とした 中 央 防 災 会 議

More information

頂 いたご 意 見 及 び 気 象 庁 の 見 解 提 言 ( 案 )の 項 目 主 なご 意 見 気 象 庁 の 見 解 4.1 津 波 警 報 や 津 波 情 報 の 見 直 しに 関 する 基 本 方 針 今 回 の 震 災 における 教 訓 を 反 映 したものと 考 える 簡 潔 で 行

頂 いたご 意 見 及 び 気 象 庁 の 見 解 提 言 ( 案 )の 項 目 主 なご 意 見 気 象 庁 の 見 解 4.1 津 波 警 報 や 津 波 情 報 の 見 直 しに 関 する 基 本 方 針 今 回 の 震 災 における 教 訓 を 反 映 したものと 考 える 簡 潔 で 行 資 料 6-3 意 見 募 集 結 果 12 月 16 日 にとりまとめた 津 波 警 報 の 発 表 基 準 等 と に 関 する 提 言 ( 案 ) に 対 する 意 見 聴 取 を 以 下 のとおり 行 った 1.インターネットによる 意 見 募 集 36 名 ( 募 集 期 間 :12 月 16 日 ~1 月 18 日 ) 2. 都 道 府 県 への 意 見 聴 取 43 都 道 府 県 12

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E7396AF8D758DC0814592A3205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E7396AF8D758DC0814592A3205B8CDD8AB78382815B83685D> 2 3 平 成 二 十 四 年 市 民 講 座 第 五 講 座 略 歴 日 本 人 が 一 番 怖 いもの 耐 震 構 造 への 理 解 を 深 めよう チョウ ケイヨウ 張 景 耀 Email: zhang@sda.nagoya-cu.ac.jp 名 古 屋 市 立 大 学 大 学 院 芸 術 工 学 研 究 科 所 属 : 名 古 屋 市 立 大 学 芸 術 工 学 部 建 築 都 市 デザイン

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092C394678CB88DD08EAD8E999387323031332E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092C394678CB88DD08EAD8E999387323031332E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 鹿 児 島 大 学 津 波 防 災 シンポジウム 2013.1.11 これからの 津 波 減 災 このたびの 大 震 災 で 被 害 にあわれた 方 々にお 悔 み を 申 し 上 げます 一 日 も 早 い 復 旧 復 興 をお 祈 り 申 し 上 げております 私 どもも 早 期 復 旧 復 興 に 向 けて 調 査 などを 行 って おります 鹿 児 島 大 学 客 員 教 授 独 立 行 政

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82926D8CA782CC926E906B5F95BD90AC3237944E31328C8E81698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82926D8CA782CC926E906B5F95BD90AC3237944E31328C8E81698F4390B3816A2E646F63> 高 知 県 の 地 震 目 次 高 知 県 の 地 震 活 動 震 央 分 布 図 及 び 断 面 図 1 地 震 概 況 1 高 知 県 で 1 以 上 を 観 測 した 地 震 の 表 2 高 知 県 で 1 以 上 を 観 測 した 地 震 の 分 布 図 2~3 地 震 一 口 メモ 沖 合 で 観 測 される 津 波 について 4 2015( 平 成 27) 年 の 地 震 活 動 5~16

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

Microsoft PowerPoint - 【軽量化】12.10.30スマートシティ2012 受講者用 (1).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 【軽量化】12.10.30スマートシティ2012 受講者用 (1).ppt [互換モード] 2012 年 10 月 30 日 Smart City week 2012 東 本 震 災 と 東 北 学 の 挑 戦 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 所 長 平 川 新 2011 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 マグニチュード9.0 大 地 震 大 津 波 津 波 で 押 し 流 された 石 巻 宮 城 県 名 取 市 10mの 津 波 共 同 通 信 過 去

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

Microsoft Word - H Houkoku.doc

Microsoft Word - H Houkoku.doc 3.1.2 海 溝 海 側 を 含 む 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 震 源 域 周 辺 域 の 海 底 地 震 観 測 (1) 業 務 の 内 容 (a) 業 務 題 目 (b) 担 当 者 (c) 業 務 の 目 的 (d) 2ヵ 年 の 年 次 実 施 業 務 の 要 約 1) 平 成 23 年 度 2) 平 成 24 年 度 (2) 平 成 24 年 度 の 成 果 (a) 業 務

More information

第3編 地震・津波対策編

第3編 地震・津波対策編 第 3 編 地 震 津 波 対 策 編 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 津 久 見 市 における 地 震 津 波 災 害 に 対 応 するための 活 動 体 制 の 整 備 確 立 を 図 るとともに 防 災 行 政 を 総 合 的

More information

目 次 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 とはどのような 地 震 だったのか? 地 震 が 企 業 活 動 や 社 会 経 済 に 与 えた 影 響 地 震 リスクを 事 前 にどのように 把 握 するか ~ 地 震 リスクの 定 量 化 ~ 近 い 将 来 発 生 が 懸 念 されている 地

目 次 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 とはどのような 地 震 だったのか? 地 震 が 企 業 活 動 や 社 会 経 済 に 与 えた 影 響 地 震 リスクを 事 前 にどのように 把 握 するか ~ 地 震 リスクの 定 量 化 ~ 近 い 将 来 発 生 が 懸 念 されている 地 3.11 東 日 本 大 震 災 で 何 が 起 きたのか 平 成 23 年 7 月 14 日 応 用 アール エム エス 株 式 会 社 山 田 敏 博 目 次 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 とはどのような 地 震 だったのか? 地 震 が 企 業 活 動 や 社 会 経 済 に 与 えた 影 響 地 震 リスクを 事 前 にどのように 把 握 するか ~ 地 震 リスクの 定 量 化

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮 2.1.7 現 地 調 査 結 果 2.1.7.1 現 地 調 査 世 界 観 測 史 上 4 番 目 の 規 模 となる M9.0 の 東 日 本 大 震 災 では 広 域 に 亘 る 津 波 による 被 災 が 発 生 した 高 さ 数 十 メートルの 地 盤 までの 浸 水 海 岸 付 近 の 低 地 部 の 沈 下 海 没 湛 水 津 波 の 河 川 遡 上 津 波 堤 防 の 破 壊 市

More information

1. 日 本 は 歪 んでいる 世 界 のプレートと 地 震 発 生 地 球 の 表 面 は 陸 地 部 分 も 海 洋 部 分 も プレート と 呼 ばれる 厚 さ 数 十 kmの 板 状 の 岩 石 層 で 覆 われ 地 球 の 活 動 によって 年 に 数 cmほど 動 き プレート 同 士

1. 日 本 は 歪 んでいる 世 界 のプレートと 地 震 発 生 地 球 の 表 面 は 陸 地 部 分 も 海 洋 部 分 も プレート と 呼 ばれる 厚 さ 数 十 kmの 板 状 の 岩 石 層 で 覆 われ 地 球 の 活 動 によって 年 に 数 cmほど 動 き プレート 同 士 地 震 と 地 震 保 険 のガイドブック 今 後 警 戒 すべき 地 震 を 知 り あなたの 大 切 な 家 と 家 財 の 被 害 に 備 える 2011 年 5 月 1. 日 本 は 歪 んでいる 世 界 のプレートと 地 震 発 生 地 球 の 表 面 は 陸 地 部 分 も 海 洋 部 分 も プレート と 呼 ばれる 厚 さ 数 十 kmの 板 状 の 岩 石 層 で 覆 われ 地 球

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 )

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) 今 後 さらに 取 り 組 むべき 適 応 策 ( 高 潮 海 面 水 位 の 上 昇 )について 資 料 4 ( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 高 潮 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

<4D F736F F D D E F12091CF906B90DD8C7695AA89C889EF8B638E96985E2888C429>

<4D F736F F D D E F12091CF906B90DD8C7695AA89C889EF8B638E96985E2888C429> 第 57 回 耐 震 設 計 分 科 会 議 事 録 1. 開 催 日 時 : 平 成 26 年 10 月 23 日 ( 木 ) 1 3 :30~17:00 2. 開 催 場 所 : 日 本 電 気 協 会 4 階 B,C,D 会 議 室 3. 出 席 者 ( 順 不 同, 敬 称 略 ) 出 席 委 員 : 原 分 科 会 長 ( 東 京 理 科 大 学 名 誉 教 授 ), 久 保 副 分 科

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031313037323020966889718E7B90DD8C9A90DD8D488E9682C6918D8D87955D89BF978E8E4495FB8EAE82C982C282A282C42E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031313037323020966889718E7B90DD8C9A90DD8D488E9682C6918D8D87955D89BF978E8E4495FB8EAE82C982C282A282C42E707074> 防 衛 施 設 建 設 工 事 と 総 合 評 価 落 札 方 式 について 平 成 23 年 7 月 防 衛 省 装 備 施 設 本 部 施 設 計 画 課 1 Ⅰ 平 成 22 年 度 建 設 工 事 等 の 契 約 統 計 上 の 傾 向 Ⅱ 平 成 23 年 度 における 総 合 評 価 落 札 方 式 の 改 正 点 Ⅲ 平 成 23 年 度 における 調 達 部 長 支 局 長 顕 彰

More information

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価 平 成 28 年 3 月 24 日 日 本 学 術 会 議 会 長 大 西 隆 殿 日 本 学 術 会 議 第 23 期 1 年 目 ( 平 成 26 年 10 月 ~ 平 成 27 年 9 月 ) の 活 動 状 況 に 関 する 評 価 外 部 評 価 有 識 者 尾 池 和 夫 ( 座 長 ) 喜 田 宏 ( 座 長 代 理 ) 荒 川 研 清 原 慶 子 田 中 里 沙 林 隆 之 今 般

More information

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477>

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477> 竹 田 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 9 月 目 次 第 1 章 総 則...1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 2. 目 的... 1 3. 位 置 付 け... 1 4. 計 画 期 間... 1 5. 対 象 区 域 対 象 建 築 物... 1 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標...3 1. 大 分 県

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1 被 害 想 定 ( 危 機 管 理 部 ) 本 市 に 被 害 を 及 ぼす 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とし 広 域 的 な 被 害 を 特 徴 とするプレート 境 界 型 地 震 及 び 地 殻 上 部 の 活 断 層 を 震 源 とし 局 所 的 な 被 害 を 特 徴 とする 内 陸 直 下 型 地 震 である 現 在 国 の 中 央 防 災 会 議 及 び 三 重 県 等 が

More information

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 第 2 回 水 中 遺 跡 調 査 検 討 委 員 会 概 要 日 程 : 平 成 25 年 7 月 17 日 ( 水 ) 会 場 : 長 崎 県 松 浦 市 高 島 支 所 9:30~12:00 西 谷 委 員 長 開 会 に 先 立 ち 長 崎 県 オブザーバー 高 野 氏 急 逝 のお 知 らせ 文 化 庁 記 念 物 課 榎 本 課 長 挨 拶 松 浦 市 長 崎 県 のこれまでの 鷹 島

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

01地震(2).xbd

01地震(2).xbd 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 地 震 災 害 対 策 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 目 次 第 1 編 地 震 災 害 対 策 編 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 1 第 2 節 各 機 関 の 役 割 と 業 務 大 綱 7 第 3 節 南 三 陸 町 を 取 り 巻 く 地 震 環 境 14 第 4 節 対 象 とする

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4

目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4 ( ) 平 成 27 年 3 月 豊 後 高 田 市 防 災 会 議 目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4 第 2 章 豊 後 高 田 市

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の 6 年 熊 本 地 震 における 各 観 測 データについて 6.4.6 エス エー アイ 構 造 設 計 株 式 会 社. はじめに 6 年 4 月 に 熊 本 地 方 で 発 生 した 一 連 の 地 震 活 動 により 数 多 くの 方 々が 被 災 され 多 くの 尊 い 命 が 奪 われている また 建 物 の 倒 壊 崩 壊 により 避 難 生 活 を 強 いられる 方 々は 何 十 万

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

計 に 用 いられる 地 震 外 力 は 上 部 構 造 物 の 慣 性 力 であり それを 杭 頭 に 作 用 させて 得 られる 杭 の 曲 げモーメントの 分 布 形 状 は 杭 頭 で 大 きく 杭 の 先 端 に 向 かっては 小 さくなるという のが 杭 の 耐 震 設 計 を 行 って

計 に 用 いられる 地 震 外 力 は 上 部 構 造 物 の 慣 性 力 であり それを 杭 頭 に 作 用 させて 得 られる 杭 の 曲 げモーメントの 分 布 形 状 は 杭 頭 で 大 きく 杭 の 先 端 に 向 かっては 小 さくなるという のが 杭 の 耐 震 設 計 を 行 って 地 震 時 の 杭 の 挙 動 - 地 盤 が 揺 れると 杭 も 揺 れる - 田 蔵 隆 Takashi Tazoh 富 山 県 立 大 学 工 学 部 環 境 工 学 科 東 京 スカイツリーの 基 礎 は 話 題 の 東 京 スカイツリー その 高 さは 武 蔵 の 国 の 名 にちなんで 634m(むさし)とされ 自 立 式 の 電 波 塔 としては 世 界 一 の 高 さを 誇 ることになる

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

平成24年第1回トヨタ自動車新研究開発施設に係る環境監視委員会<会議録>

平成24年第1回トヨタ自動車新研究開発施設に係る環境監視委員会<会議録> 平 成 24 年 第 1 回 トヨタ 自 動 車 新 研 究 開 発 施 設 に 係 る 環 境 監 視 委 員 会 < 会 議 録 > 1 日 時 平 成 24 年 3 月 26 日 ( 月 ) 午 前 10 時 ~ 午 前 12 時 35 分 2 場 所 愛 知 県 産 業 労 働 センター ウィンクあいち 11 階 1103 会 議 室 3 議 事 (1) 環 境 調 査 計 画 (2) 環

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博 平 成 28 年 度 地 球 環 境 自 然 学 講 座 第 5 回 テ マ 干 潟 の 機 能 とその 保 全 講 師 名 城 大 学 大 学 院 総 合 学 術 研 究 科 特 任 教 授 鈴 木 輝 明 先 生 平 成 28 年 6 月 11 日 ( 土 ) NPO 法 人 シニア 自 然 大 学 校 講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 南 海 トラフ 巨 大 地 震 大 津 波 に 備 える 海 洋 研 究 開 発 機 構 地 震 津 波 防 災 研 究 プロジェクト 金 田 義 行 鋼 構 造 シンポジウム 2013.11.14 1 2011.03.11 東 日 本 大 震 災 東 日 本 大 震 災 から2 年 6ヶ 月 が 過 ぎました 2 目 次 東 日 本 大 震 災 の 実 態 南 海 トラフ 地 震 発 生 帯 研

More information

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層 下 野 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 概 要 版 耐 震 改 修 促 進 計 画 ってなに?? 計 画 の 背 景 と 目 的 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 6,400 人 余 の 命 が 失 われました このうち 約 5,000 人 が 倒 壊 した 建 物 に 巻 き 込 まれて 亡 くなっています 倒 壊 した 建 築 物 の 多

More information

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から 基 調 講 演 北 海 道 の 防 災 を 考 える ~ 東 日 本 大 震 災 近 年 豪 雨 災 害 等 の 教 訓 に 学 ぶ~ 京 都 大 学 経 営 管 理 大 学 院 客 員 教 授 関 克 己 主 な 講 演 内 容 (1) 東 日 本 大 震 災 の 発 生 東 日 本 大 震 災 と 激 甚 な 自 然 災 害 の 頻 発 日 本 の 大 災 害 頻 発 の 時 代 ( 平 成 16

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩 1707 年 宝 永 地 震 と 大 坂 の 被 害 数 矢 田 俊 文 ( 新 潟 大 学 災 害 復 興 科 学 研 究 所 ) はじめに 本 稿 の 目 的 は 宝 永 地 震 による 大 坂 の 被 害 数 を 明 らかにすることである 宝 永 4 年 (1707)10 月 4 日 に 南 海 トラフ 周 辺 で 起 こった 地 震 は 宝 永 地 震 とよばれ 東 海 地 方 か ら 九

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770> 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 地 盤 土 砂 災 害 の 知 見 と 今 後 の 防 災 展 望 公 益 社 団 法 人 地 盤 工 学 会 会 長 東 畑 郁 生 ( 関 東 学 院 大 学 客 員 教 授 ) 地 盤 工 学 会 調 査 団 副 団 長 安 福 規 之 ( 九 州 大 学 教 授 ) 山 口 弘 志 ( 中 央 開 発 株 式 会 社 ) 清 田 隆 ( 東 京 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031343033323881798267826F8CF68A4A94C5817A91E6825489F18DD08A5191CE8DF495578F8089BB8C9F93A289EF8B63208B638E968A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031343033323881798267826F8CF68A4A94C5817A91E6825489F18DD08A5191CE8DF495578F8089BB8C9F93A289EF8B63208B638E968A5497762E646F63> 平 成 26 年 4 月 10 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 災 害 対 策 標 準 化 検 討 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 概 要 について 1. 第 5 回 検 討 会 議 の 概 要 日 時 : 平 成 26 年 3 月 18 日 ( 火 )13:00~15:00 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 第 5 号 館 3 階 A 会 議 室 出 席 者 : 小 林 委 員 中

More information

防 災 備 蓄 倉 庫 については 次 の 災 害 にいわき 市 が 備 えているということを 示 すため 概 念 図 のなかに 盛 り 込 んだ しかし 市 全 体 の 防 災 計 画 との 整 合 もあるため 事 業 ミッションとはある 程 度 切 り 離 して 考 えたい 目 的 にある 現

防 災 備 蓄 倉 庫 については 次 の 災 害 にいわき 市 が 備 えているということを 示 すため 概 念 図 のなかに 盛 り 込 んだ しかし 市 全 体 の 防 災 計 画 との 整 合 もあるため 事 業 ミッションとはある 程 度 切 り 離 して 考 えたい 目 的 にある 現 第 4 回 いわき 市 震 災 メモリアル 検 討 会 議 議 事 録 会 議 名 第 4 回 いわき 市 震 災 メモリアル 検 討 会 議 開 催 日 時 2015.9.16( 水 )14:00~16:00 開 催 場 所 いわき 市 役 所 第 8 会 議 室 石 丸 委 員 長 福 迫 委 員 高 橋 委 員 正 木 委 員 渡 邊 委 員 藁 谷 委 員 木 村 委 員 林 委 員 検 討

More information

599 年 5 月 26 日 (5 月 28 日 )( 推 古 7 年 4 月 27 日 ) 大 和 国 ( 奈 良 県 )で 地 震 M7 家 屋 倒 壊 日 本 書 紀 に 記 述 記 録 に 残 る 日 本 初 の 震 災 記 録 [17] 679 年 初 頭 ( 天 武 7 年 12 月 )

599 年 5 月 26 日 (5 月 28 日 )( 推 古 7 年 4 月 27 日 ) 大 和 国 ( 奈 良 県 )で 地 震 M7 家 屋 倒 壊 日 本 書 紀 に 記 述 記 録 に 残 る 日 本 初 の 震 災 記 録 [17] 679 年 初 頭 ( 天 武 7 年 12 月 ) 被 害 地 震 年 代 表 日 本 地 震 学 会 及 びWikiペディアより 抜 粋 西 暦 500 年 以 前 地 震 の 文 字 による 記 録 は416 年 から 始 まる 文 字 以 外 では 堆 積 物 によって 地 震 の 発 生 が 推 定 されることがある 縄 文 時 代 弥 生 時 代 古 墳 時 代 2012 年 までの 時 点 から 約 2 000 年 ~4000 年 前 の2000

More information

Microsoft Word - 表紙(正)

Microsoft Word - 表紙(正) ( 社 内 技 術 資 料 ) 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 報 告 書 ( 速 報 版 1) 平 成 28 年 5 月 1. 地 震 の 概 要 1.1 地 震 の 概 要 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 気 象 庁 発 表 による 前 震 本 震 並 びに 余 震 の 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 の 概 要 を 以 下 に 示 す( 暫 定 値 を 含 む)

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

Microsoft Word - 06_仙台塩釜港.docx

Microsoft Word - 06_仙台塩釜港.docx 被 害 状 況 写 真 塩 釜 港 湾 空 港 事 務 所 周 辺 の 被 災 と 復 旧 塩 釜 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 は 3 月 11 日 の 被 災 時 は 1.5m 以 上 泥 水 で 冠 水 し 事 務 所 の 近 くにいた 一 般 市 民 もこの 建 物 に 避 難 し 一 夜 を 過 ごしました 海 水 が 引 いた 後 も 汚 泥 が 堆 積 しています 現 在 は 事

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

地区復興まちづくり計画のイメージ

地区復興まちづくり計画のイメージ 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 復 興 まちづくり 計 画 ( 素 案 ) 1. 地 区 の 現 況 (1) 地 区 の 特 性 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 は 中 心 市 街 地 と 鍬 ヶ 崎 地 区 の 間 に 位 置 し 国 道 45 号 が 東 西 に 通 っ ており 沿 道 には 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 し その 背 後 には 住 宅 地 が 形 成 されています

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

4 債 務 者 が 倍 半 分 を 計 算 に 入 れていないこと...14 第 1 津 波 審 査 ガイドの 求 めるMw9.6を 想 定 していない 1 債 務 者 による 想 定 債 務 者 は, 南 海 トラフ 大 地 震 に 伴 う 津 波 について, 津 波 審 査 ガイド( 実 用 発

4 債 務 者 が 倍 半 分 を 計 算 に 入 れていないこと...14 第 1 津 波 審 査 ガイドの 求 めるMw9.6を 想 定 していない 1 債 務 者 による 想 定 債 務 者 は, 南 海 トラフ 大 地 震 に 伴 う 津 波 について, 津 波 審 査 ガイド( 実 用 発 平 成 28 年 (ヨ) 第 38 号 本 件 原 発 稼 働 差 止 仮 処 分 命 令 申 立 事 件 債 権 者 債 務 者 XXXXX 外 2 名 四 国 電 力 株 式 会 社 準 備 書 面 ⒀ ( 基 準 津 波 の 過 小 評 価 ) 平 成 28 年 4 月 27 日 広 島 地 方 裁 判 所 民 事 第 四 部 御 中 債 権 者 ら 代 理 人 弁 護 士 胡 田 敢 同 弁

More information

御宿町地域防災計画

御宿町地域防災計画 御 宿 町 地 域 防 災 計 画 平 成 25 年 3 月 御 宿 町 防 災 会 議 目 次 第 1 編 総 則 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 目 的 構 成 及 び 範 囲... 3 第 2 節 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方... 5 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱... 7 第 2 章 町 の 防 災

More information

明和町建築物耐震改修促進計画

明和町建築物耐震改修促進計画 明 和 町 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 < 平 成 28 年 3 月 改 定 > 平 成 28 年 3 月 明 和 町 H28.3.31 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 位 置 づけ 2 第 2 章 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 の 目 的 等 3 (1) 計 画 の 目 的 3 (2) 対 象 区 域 計 画 期 間 対 象 建

More information

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 ( 木 造 住 宅 ) ホームズ 君 すまいの 安 心 フォーラム 株 式 会 社 インテグラル 2016 年 6 月 23 日 益 城 町 木 山 宮 園 地 区 惣 領 地 区 判 断 基 準 全 壊 半 壊 外 観 上 被 害 無 未 調 査 調 査 概 要 本 調 査 は 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 被 災 地 における 木 造 住

More information

1.2 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 東 日 本 大 震 災 では 広 域 にわたって 震 度 6 弱 以 上 の 揺 れが 観 測 され 津 波 被 害 の みならず 揺 れによる 被 害 も 多 くみられました 内 閣 府 の 調 べでは 建 築 物 の 被 害 だけでも 約 10 兆 4

1.2 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 東 日 本 大 震 災 では 広 域 にわたって 震 度 6 弱 以 上 の 揺 れが 観 測 され 津 波 被 害 の みならず 揺 れによる 被 害 も 多 くみられました 内 閣 府 の 調 べでは 建 築 物 の 被 害 だけでも 約 10 兆 4 1.はじめに 1.1 頻 発 する 被 害 地 震 日 本 は 世 界 有 数 の 地 震 大 国 であり 特 に 1995 年 阪 神 大 震 災 を 契 機 として 被 害 地 震 が 頻 発 しています 下 の 図 は 過 去 20 年 に 最 大 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 の 発 生 した 場 所 を 示 していますが 日 本 国 内 どこでも 地 震 の 大 きな 揺 れの 被

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031328F5A91EE8CA48B8681458CF097AC8F5789EF82968251>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031328F5A91EE8CA48B8681458CF097AC8F5789EF82968251> 住 宅 研 究 交 流 集 会 2012.10.27 復 興 予 算 の 流 用 問 題 復 興 予 算 問 題 と 被 災 地 の 現 状 塩 崎 賢 明 ( 立 命 館 大 学 ) shioken@fc.ritsumei.ac.jp 沖 縄 県 国 頭 村 の 国 道 工 事 に5 億 円 (8 年 前 から) 北 海 道 や 埼 玉 の 刑 務 所 で 職 業 訓 練 (2800 万 円 )

More information