<4D F736F F D2082A082B582AC82F1837D815B C837C815B C8E8D86292E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A082B582AC82F1837D815B835083628367838C837C815B83678169348C8E8D86292E646F63>"

Transcription

1 No.277 当 面 の 見 通 し 日 本 経 済 米 国 経 済 短 期 金 利 債 券 市 場 ( 長 期 金 利 ) 株 式 市 場 為 替 市 場 国 内 経 済 は 企 業 の 生 産 活 動 や 設 備 投 資 には 一 部 で 弱 含 みの 動 きがみられており 個 人 消 費 全 般 についても 足 踏 みの 動 きがみられるなか 当 面 は 景 気 下 振 れリスクを 孕 んだ 一 進 一 退 の 動 きになるものと 予 想 する 米 国 経 済 は 雇 用 環 境 の 着 実 な 回 復 や 企 業 景 況 感 の 改 善 を 背 景 に 緩 やかな 回 復 が 継 続 すると 考 えるものの 生 産 需 要 両 面 において 弱 い 動 きがみられていることや 海 外 情 勢 の 先 行 き 懸 念 などによる 景 気 下 振 れリスクには 引 き 続 き 注 意 が 必 要 である 短 期 金 利 は 日 銀 当 座 預 金 への 0.1%の 適 用 利 率 を 下 限 としてインターバンク 市 場 で 資 金 運 用 を 行 う 動 きが 継 続 するものと 思 われ 0%を 下 回 るマイナス 圏 での 推 移 が 継 続 するものと 予 想 する 国 内 長 期 金 利 は 足 許 では 金 利 急 低 下 の 反 動 売 りの 動 きが 見 られるものの 国 内 投 資 家 の 収 益 確 保 の 動 きや 日 銀 による 国 債 買 入 れにより 需 給 面 での 不 安 は 乏 しいこ とから 金 利 上 昇 後 は 再 び 金 利 低 下 余 地 を 探 る 推 移 を 予 想 する 国 内 株 式 相 場 は 過 度 のリスク 回 避 姿 勢 が 和 らぐなか 政 府 日 銀 の 政 策 対 応 期 待 が 支 援 材 料 となるものの 国 内 主 要 企 業 の 保 守 的 な 業 績 見 通 しが 見 込 まれるため 高 値 圏 では 戻 り 売 りが 上 値 を 抑 制 し 一 方 向 的 な 上 昇 にはなりづらいものと 考 える ドル/ 円 相 場 は 足 許 では 日 銀 追 加 緩 和 に 対 する 思 惑 から111 円 台 を 回 復 する 動 きとなっているが 米 国 の 利 上 げ 期 待 が 後 退 するなか 積 極 的 なドル 買 いにはつなが りにくいと 考 える 主 な 想 定 レンジ 実 績 値 1 月 2 月 3 月 向 こう1ヵ 月 間 の 予 想 TIBOR3ヵ 月 0.171% 0.099% 0.099% 0.030~0.070% 新 発 10 年 国 債 0.095% 0.065% 0.050% 0.200~0.000% 日 経 平 均 17,518 16,026 16,758 15,000~18,000 ドル/ 円 相 場 ~ ( 実 績 値 : 各 月 末 の 市 場 実 勢 )

2 1. 日 本 経 済 の 展 望 日 本 銀 行 が4 月 1 日 に 発 表 した3 月 の 企 業 短 期 経 済 観 測 調 査 ( 日 銀 短 観 )によれば 企 業 の 景 況 感 を 示 す 業 況 判 断 DI 値 は 大 企 業 製 造 業 は 前 回 12 月 調 査 と 比 べて 6ポイントの+6 大 企 業 非 製 造 業 は 3ポイントの+22となった 製 造 業 では 新 興 国 の 景 気 減 速 や 円 高 進 行 が 重 しとなり 非 製 造 業 でも 円 高 による 訪 日 外 国 人 需 要 の 減 速 が 影 響 したものと 思 われる 中 小 企 業 も 製 造 業 非 製 造 業 とも 前 回 調 査 比 で 悪 化 し 年 明 け 以 降 の 株 安 円 高 の 進 行 や 世 界 景 気 の 先 行 き 不 透 明 感 による 景 況 感 の 悪 化 が 幅 広 い 企 業 に 及 んでいることが 確 認 された 先 行 きについても 大 企 業 中 小 企 業 とも 景 況 感 の 悪 化 が 見 込 まれている 大 企 業 製 造 業 の 2016 年 度 の 想 定 為 替 レートは 平 均 117 円 46 銭 と 足 許 の 為 替 水 準 と 比 較 して 円 安 水 準 に 設 定 されており 今 後 輸 出 企 業 の 採 算 悪 化 による 業 績 の 下 方 修 正 などが 懸 念 される 国 内 経 済 は 企 業 の 生 産 活 動 や 設 備 投 資 に 弱 含 みの 動 きがみられ 当 面 は 一 進 一 退 の 動 きにな るものと 予 想 する 生 産 面 では 2 月 の 鉱 工 業 生 産 指 数 ( 確 報 値 )は 前 月 比 5.2%と2ヵ 月 ぶりに 低 下 した 先 行 きは 3 月 は 同 +3.9% 4 月 に+5.3%と 改 善 が 見 込 まれるものの 海 外 景 気 の 先 行 き 不 透 明 感 や 一 段 の 円 高 進 行 への 懸 念 などから 生 産 活 動 は 伸 び 悩 みの 動 きが 続 くと 思 われる 需 要 面 では 個 人 消 費 については2 月 の 百 貨 店 スーパー 販 売 額 ( 既 存 店 )は 前 年 比 +2.2% と2ヵ 月 連 続 で 前 年 を 上 回 ったものの 3 月 の 新 車 販 売 台 数 は15ヵ 月 連 続 で 前 年 割 れとなるな ど 春 闘 での 賃 上 げの 動 きも 限 定 的 なものに 留 まるなか 今 後 も 足 踏 みの 動 きが 続 くものと 思 わ れる 設 備 投 資 については 2 月 の 機 械 受 注 は 前 月 比 9.2%と3ヵ 月 ぶりに 前 月 を 下 回 った 単 月 でみると1 月 の 上 昇 の 反 動 の 影 響 が 強 いと 考 えられるが 設 備 投 資 に 対 する 企 業 の 慎 重 姿 勢 も 強 まりつつある 状 況 にある 以 上 の 通 り 国 内 経 済 は 企 業 の 生 産 活 動 や 設 備 投 資 には 一 部 で 弱 含 みの 動 きがみられており 個 人 消 費 全 般 についても 足 踏 みの 動 きがみられるなど 当 面 は 景 気 下 振 れリスクを 孕 んだ 環 境 が 継 続 すると 考 える 国 内 金 融 政 策 日 銀 は3 月 日 の 金 融 政 策 決 定 会 合 において マイナス 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 継 続 を 賛 成 多 数 で 決 定 し MRFをマイナス 金 利 の 適 用 対 象 外 とした 景 気 の 判 断 につい ては 新 興 国 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さがみられるとし 下 方 修 正 したものの 先 行 きについては 基 調 として 緩 やかに 拡 大 していくとの 見 方 を 維 持 した 次 回 は4 月 日 (ポイント) 30 予 測 大 企 業 製 造 業 大 企 業 非 製 造 業 中 小 企 業 製 造 業 中 小 企 業 非 製 造 業 13/03 13/06 13/09 13/12 14/03 14/06 14/09 14/12 15/03 15/06 15/09 15/12 16/03 16/06 ( 資 料 ) 日 本 銀 行 良 い 悪 い

3 2. 米 国 経 済 の 展 望 企 業 の 景 況 感 を 示 す3 月 のISM 製 造 業 景 況 指 数 は 前 月 比 +2.3ポイントの51.8と3ヵ 月 連 続 の 上 昇 となり 非 製 造 業 景 況 指 数 は 同 +1.1ポイントの54.5と5ヵ 月 ぶりに 上 昇 した 製 造 業 の 景 況 感 は2015 年 9 月 以 来 6ヵ 月 ぶりに 好 不 況 の 境 目 である50を 上 回 っており ドル 高 一 服 を 受 けた 輸 出 環 境 の 改 善 が 寄 与 したものとみられる 雇 用 については 3 月 の 非 農 業 部 門 雇 用 者 数 は 前 月 比 +215 千 人 と 雇 用 改 善 の 目 安 とされる 200 千 人 を 上 回 り 失 業 率 は 前 月 比 +0.1ポイントの5.0%とリーマンショック 前 の 水 準 を 維 持 した 賃 金 の 伸 びはやや 鈍 化 しているものの 雇 用 環 境 の 改 善 は 継 続 しているとみられる 個 人 消 費 については 3 月 の 小 売 売 上 高 は 前 月 比 0.3%と 低 下 した 自 動 車 関 連 の 消 費 が 大 きく 減 少 したことが 重 しとなっており 消 費 者 マインドが 低 迷 するなか 力 強 さに 欠 ける 動 きがみ られている 米 国 経 済 は 雇 用 環 境 の 着 実 な 改 善 が 続 いていることに 加 え 企 業 の 景 況 感 が 徐 々に 改 善 するな ど 明 るい 材 料 もみられており 先 行 きについても 回 復 の 動 きが 継 続 すると 考 える 生 産 面 については 企 業 景 況 感 の 改 善 がみられていることや 耐 久 財 受 注 も 底 堅 い 動 きがみられて いることから 先 行 きについては 持 ち 直 す 可 能 性 が 期 待 されるものの 足 許 における 企 業 の 生 産 活 動 は 製 造 業 を 中 心 に 減 速 感 がみられているほか 海 外 情 勢 の 不 透 明 感 などを 背 景 とした 外 需 の 弱 含 み も 重 しになるとみられるため 本 格 的 な 回 復 には 時 間 を 要 するものと 考 えられる 需 要 面 については 雇 用 環 境 の 回 復 が 続 いていることに 加 え 足 許 での 株 式 相 場 の 上 昇 を 受 けた 資 産 効 果 の 強 まりが 消 費 喚 起 に 繋 がるとの 期 待 が 持 たれるなかで 持 ち 直 す 動 きになると 予 想 する 原 油 価 格 が 依 然 として 低 水 準 にとどまっていることも 消 費 の 下 支 えになるとみられるが 足 許 では 住 宅 市 場 に 頭 打 ち 感 が 強 まっていることやこれまで 堅 調 だった 自 動 車 販 売 にも 減 速 感 がみられる なか 持 続 的 な 回 復 に 繋 がるかについては 不 透 明 感 が 強 いと 考 える 以 上 の 通 り 米 国 景 気 の 回 復 は 続 くと 考 えられるが 生 産 面 需 要 面 の 一 部 では 弱 い 動 きがみら れており 回 復 ペースは 緩 やかなものにとどまると 思 われるほか 中 国 をはじめとした 新 興 国 景 気 の 先 行 きに 対 する 警 戒 感 も 強 いため 景 気 下 振 れリスクの 高 まりには 今 後 も 注 意 する 必 要 があると 考 えられる 米 国 金 融 政 策 FRBは 3 月 日 に 開 催 されたFOMCにおいて 政 策 金 利 の 据 え 置 きを 決 定 した 声 明 では 米 国 経 済 の 先 行 きについて 緩 やかに 拡 大 する とした 一 方 で 世 界 経 済 と 金 融 情 勢 が 引 き 続 きリスクであるとの 見 解 を 示 したほか FRB 当 局 者 が 予 想 する 年 内 の 利 上 げ 回 数 をこれまで の4 回 から2 回 へと 下 方 修 正 した 次 回 は4 月 日

4 3. 短 期 金 融 市 場 無 担 保 コール 翌 日 物 金 利 は マイナス 圏 での 推 移 が 継 続 した 4 月 中 旬 までは 引 き 続 き 信 託 銀 行 を 中 心 に 0.01% 程 度 の 小 幅 なマイナスでの 取 引 が 中 心 であった 4 月 18 日 以 降 投 資 信 託 の 運 用 資 金 を 受 託 する 信 託 銀 行 が 投 信 会 社 向 けに 日 銀 当 座 預 金 へのマイナス 金 利 適 用 を 踏 まえた 手 数 料 体 系 を 導 入 したことを 受 け 投 信 会 社 がマイナス 金 利 での 運 用 を 開 始 したため 翌 日 物 金 利 は 大 幅 に 低 下 し 足 元 0.08% 近 辺 での 取 引 が 中 心 となっている インターバンクのターム 物 金 利 は 4 月 中 旬 以 降 は 無 担 保 コール 翌 日 物 金 利 が 低 下 したことを 受 け 期 間 1ヵ 月 程 度 までマイナス 金 利 での 取 引 が 見 られたものの 長 めの 資 金 調 達 に 慎 重 な 動 き は 継 続 し 取 引 は 限 定 的 となっている TIBOR3ヵ 月 物 金 利 は インターバンク 市 場 でターム 物 金 利 が 低 下 していることを 受 け 徐 々に 低 下 し 足 許 は0.06% 台 での 推 移 となった 無 担 保 コール 翌 日 物 金 利 は 投 信 会 社 信 託 銀 行 を 出 し 手 の 中 心 としてマイナス 圏 での 取 引 が 続 くものと 予 想 する 4 月 中 旬 の 年 金 入 金 により 金 融 機 関 の 資 金 ポジションは 大 幅 に 改 善 してお り 日 銀 当 座 預 金 の 一 部 へ 適 用 される 0.1%を 多 少 でも 上 回 る 水 準 であれば 資 金 運 用 を 行 う スタンスは 継 続 することが 予 想 される インターバンクのターム 物 金 利 は 日 銀 当 座 預 金 へのマイナス 金 利 適 用 残 高 が 引 き 続 き 意 識 さ れ 金 融 機 関 がターム 物 の 資 金 調 達 に 対 して 慎 重 な 姿 勢 で 臨 むことが 予 想 されるなか マイナス 圏 での 推 移 が 継 続 するものと 予 想 する TIBOR3ヵ 月 物 金 利 についても インターバンク 市 場 で 資 金 調 達 の 動 きが 手 控 えられ 金 利 低 下 が 予 想 されるなか 低 下 圧 力 のかかりやすい 展 開 を 予 想 する (3) 予 想 レンジ 無 担 保 コール 翌 日 物 金 利 0.090~ 0.000% TIBOR 3ヵ 月 物 金 利 0.030~ 0.070% 0.25% 0.20% 0.15% 0.10% 0.05% 0.00% -0.05% 短 期 市 場 金 利 の 推 移 TIBOR3カ 月 物 無 担 保 コール 翌 日 物 -0.10% 15/4 15/5 15/6 15/7 15/8 15/9 15/10 15/11 15/12 16/1 16/2 16/3 16/4

5 4. 債 券 市 場 ( 長 期 金 利 ) 国 内 長 期 金 利 は 1 月 に 日 銀 がマイナス 金 利 政 策 を 導 入 して 以 降 に 急 速 に 進 んだ 金 利 低 下 の 反 動 から 新 年 度 入 り 後 は 投 資 家 の 利 益 確 定 の 売 りが 優 勢 となり 一 時 0.03%まで 金 利 上 昇 し たものの 金 利 上 昇 局 面 では 押 し 目 買 いが 入 りマイナス 圏 での 推 移 が 継 続 した 中 旬 にかけては 30 年 国 債 入 札 の 低 調 な 結 果 を 受 けて 小 幅 に 金 利 上 昇 したものの その 後 は 急 速 な 円 高 進 行 など リスク 回 避 姿 勢 が 強 まったことや 日 銀 による 国 債 買 入 れオペで 需 給 の 引 き 締 まりが 意 識 された ことなどから 再 び 金 利 低 下 の 動 きとなり 約 1ヵ 月 ぶりに 過 去 最 低 水 準 に 並 ぶ 0.135%を 付 けた 下 旬 にかけては 日 銀 が 金 融 機 関 向 け 貸 出 に 対 しマイナス 金 利 を 適 用 するとの 一 部 報 道 を 受 け 年 限 長 期 化 を 見 込 んで 構 築 していたフラットニングポジションを 解 消 する 動 きが 急 速 に 進 んだことから 超 長 期 ゾーン 主 導 で 金 利 上 昇 する 動 きとなり 足 許 の 長 期 金 利 は 0.08% 前 後 で 推 移 している 日 銀 は3 月 日 の 金 融 政 策 決 定 会 合 において 金 融 政 策 の 現 状 維 持 を 賛 成 多 数 で 決 定 し 景 気 判 断 については 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さがみられるとし 基 調 としては 緩 やかな 回 復 に 引 き 下 げた 足 許 では 為 替 市 場 の 円 高 進 行 を 受 けて 国 内 景 気 や 企 業 業 績 の 下 振 れが 懸 念 されることや 物 価 上 昇 率 2%の 達 成 も 困 難 な 状 況 であることから 月 末 の 金 融 政 策 決 定 会 合 では 追 加 金 融 緩 和 に 踏 み 切 るとの 思 惑 が 高 まっている 国 内 長 期 金 利 は 金 利 低 下 余 地 を 試 す 動 きを 予 想 する 足 許 では 超 長 期 債 をトレーディング 目 的 で 買 い 進 んだ 動 きの 反 動 などから 超 長 期 ゾーンを 中 心 に 金 利 上 昇 の 動 きとなっているが 金 利 上 昇 局 面 では 国 内 投 資 家 による 収 益 確 保 のための 買 い 需 要 が 相 応 に 控 えているものと 見 込 ま れる 加 えて 現 行 の 日 銀 による 国 債 買 入 れを 考 慮 すると 需 給 面 での 不 安 は 乏 しく 一 旦 金 利 上 昇 した 後 は 再 び 金 利 低 下 基 調 で 推 移 するものと 予 想 する (3) 予 想 レンジ 10 年 国 債 利 回 り 0.200%~0.000% (4) 新 発 債 発 行 状 況 (4 月 債 ) クーポン 平 均 落 札 価 格 平 均 落 札 利 回 り 応 札 倍 率 10 年 国 債 0.100% 円 0.069% 3.89 政 府 保 証 債 (10 年 ) 0.020% 円 0.020% - 共 同 発 行 公 募 地 方 債 0.080% 円 0.080% - (%) 長 期 金 利 (10 年 ) /04 14/07 14/10 15/01 15/04 15/07 15/10 16/01 16/04

6 5. 株 式 市 場 国 内 株 式 相 場 は 3 月 下 旬 は17,000 円 を 挟 んだ 揉 み 合 いが 続 いたが 4 月 入 り 後 は 日 銀 金 融 政 策 の 手 詰 まり 感 が 意 識 されたことや 米 国 の 早 期 利 上 げ 観 測 の 後 退 などを 背 景 に 海 外 投 資 家 による 円 買 い 日 本 株 売 りの 動 きが 一 段 と 強 まると ドルは107 円 台 まで 下 落 し 日 経 平 均 株 価 は 一 時 15,500 円 を 割 り 込 む 水 準 まで 下 落 した しかしその 後 は 麻 生 財 務 相 より 過 度 の 円 高 を 牽 制 する 発 言 がなされるなど 為 替 介 入 の 可 能 性 が 示 されたことなどを 受 けて 円 買 い 日 本 株 売 りを 強 めていた 海 外 投 資 家 の 動 きが 急 速 に 巻 き 戻 されたことから 17,000 円 台 を 回 復 する 動 きとなった 加 えて 足 許 では 月 末 の 日 銀 金 融 政 策 決 定 会 合 を 控 えるなか 日 銀 が 金 融 機 関 向 け 貸 出 にマイナス 金 利 を 適 用 するとの 一 部 観 測 報 道 が 材 料 視 されたことから 約 2ヵ 月 半 ぶりの 高 値 となる17,000 円 台 半 ばまで 上 げ 幅 を 拡 げる 動 きとなった 国 内 株 式 相 場 は 揉 み 合 いながらも 緩 やかに 上 昇 する 底 堅 い 値 動 きを 予 想 する 米 国 の 早 期 利 上 げ 観 測 の 後 退 により 投 資 家 の 過 度 のリスク 回 避 姿 勢 が 和 らぎつつあるなか 史 上 最 高 値 に 迫 る 水 準 まで 上 昇 した 米 国 株 を 中 心 に 世 界 の 株 価 は 上 昇 基 調 が 続 いている こうしたなか こ れまで 海 外 投 資 家 の 大 幅 な 売 り 越 しを 受 けて 出 遅 れていた 日 本 株 にも 持 ち 直 しの 動 きがみられ ており 足 許 では 過 度 の 円 高 株 安 進 行 への 警 戒 感 は 後 退 しつつあるものと 考 える また 国 内 では5 月 26 日 開 催 の 伊 勢 志 摩 サミットに 向 けた 財 政 政 策 期 待 や 消 費 増 税 先 送 り 議 論 や 日 銀 による 追 加 金 融 緩 和 観 測 なども 株 価 の 支 援 材 料 になると 考 えられることから も う 一 段 の 株 価 上 昇 の 可 能 性 も 考 えられる ただし これまでの 株 価 上 昇 を 受 けて 日 銀 による 追 加 緩 和 への 期 待 感 も 相 当 程 度 織 り 込 まれ つつあると 思 われることや 国 内 主 要 企 業 決 算 発 表 では 円 高 進 行 などが 重 しとなり 保 守 的 な 業 績 見 通 しが 予 想 されることから 売 買 高 の 多 い17,500 円 から18,000 円 にかけては 戻 り 売 りが 上 値 を 抑 制 すると 考 えられ 一 方 向 的 な 上 昇 にはなりづらいものと 予 想 する (3) 予 想 レンジ 日 経 平 均 株 価 15,000 円 ~18,000 円 21,000 日 米 株 価 の 推 移 20,000 19,000 18,000 17,000 16,000 15,000 14,000 日 経 平 均 ( 単 位 ) NYダウ ( 単 位 $) 13,000 14/04 14/06 14/08 14/10 14/12 15/02 15/04 15/06 15/08 15/10 15/12 16/02 16/04

7 6. 為 替 市 場 ドル/ 円 相 場 は 111 円 台 から114 円 台 を 中 心 にレンジ 相 場 を 形 成 していたものの 4 月 に 入 り 世 界 経 済 の 先 行 き 懸 念 が 高 まると ドル 売 り 円 買 いが 強 まる 展 開 となった 原 油 相 場 や 株 式 相 場 が 不 安 定 な 動 きとなるなか 3 月 のFOMC 議 事 要 旨 で 世 界 経 済 の 減 速 懸 念 が 示 唆 され たことを 受 けて 米 国 利 上 げ 観 測 が 後 退 し リスク 回 避 の 円 買 いとともに 節 目 となる110 円 を 割 り 込 む 展 開 となった その 後 は 投 機 的 な 円 買 いの 動 きも 加 わり 急 速 に 円 高 が 進 行 し 約 1 年 5ヵ 月 ぶりの 安 値 となる107 円 60 銭 台 まで 急 落 した しかし 107 円 台 では 日 本 政 府 要 人 による 円 高 牽 制 発 言 などもあり 日 本 政 府 による 為 替 介 入 も 意 識 されはじめ 徐 々に107 円 台 後 半 で 下 げ 止 まる 展 開 となった しばらくは 107 円 台 から109 円 台 で 振 れを 伴 いながら 推 移 したものの 4 月 22 日 の 日 銀 は 金 融 機 関 への 貸 出 についてマイナス 金 利 の 適 用 を 検 討 と の 報 道 を 受 けて 急 速 に 円 売 り ドル 買 いの 展 開 となり111 円 台 後 半 まで 上 昇 した ユーロ/ 円 相 場 は 世 界 経 済 の 先 行 き 懸 念 の 高 まりとともに ECBによる 追 加 緩 和 期 待 を 背 景 に 上 値 の 重 い 展 開 となった ドル/ 円 相 場 で 円 高 が 進 行 する 場 面 では ユーロ/ 円 相 場 もEC B 理 事 会 を 前 にしたポジション 調 整 と 相 俟 って 一 時 年 初 来 安 値 となる121 円 70 銭 台 まで 下 落 した ただし 注 目 のECB 理 事 会 では 金 融 政 策 が 現 状 維 持 となり 追 加 緩 和 期 待 の 後 退 とと もに ユーロが 買 い 戻 され125 円 台 まで 上 昇 した ドル/ 円 相 場 は 引 き 続 き 日 米 金 融 政 策 の 動 向 を 意 識 しながら 方 向 感 に 乏 しい 展 開 を 予 想 する 足 許 では 日 銀 追 加 緩 和 に 対 する 思 惑 から111 円 台 を 回 復 する 動 きとなっているものの 米 国 の 利 上 げ 期 待 が 後 退 するなか 積 極 的 なドル 買 いにはつながりにくいと 考 える また 5 月 は 日 米 で の 金 融 政 策 にかかる 会 合 は 予 定 されておらず 米 国 経 済 指 標 の 結 果 を 受 け 米 国 利 上 げ 時 期 への 思 惑 が 相 場 を 左 右 すると 思 われる ユーロ/ 円 相 場 は 欧 州 の 景 気 回 復 懸 念 とともに 6 月 に 英 国 で 実 施 されるEU 離 脱 の 是 非 を 問 う 国 民 投 票 が 徐 々に 意 識 されはじめ 引 き 続 き 上 値 の 重 い 展 開 を 予 想 する (3) 予 想 レンジ(1ヵ 月 ) ドル/ 円 相 場 円 ~ 円 ユーロ/ 円 相 場 円 ~ 円

8 公 共 債 外 貨 預 金 投 資 信 託 保 険 商 品 通 貨 スワップ 取 引 金 利 スワップ 取 引 に 関 するご 留 意 事 項 各 商 品 のお 申 込 みの 際 は 最 新 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ( 投 資 信 託 の 場 合 は 目 論 見 書 補 完 書 面 ) 保 険 商 品 の 場 合 は 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 ご 契 約 のしおり ( 定 款 ) 約 款 およ び 特 別 勘 定 のしおり( 変 額 保 険 商 品 のみ) をお 渡 ししますので 内 容 を 十 分 お 読 みのうえ ご 自 身 でご 判 断 ください 契 約 締 結 前 交 付 書 面 などは 足 利 銀 行 の 本 支 店 の 店 頭 にご 用 意 しております 当 行 では お 客 さまに 合 った 商 品 をご 提 案 しております ご 相 談 の 内 容 によりましては ご 購 入 いただけない 場 合 もございますので 予 めご 了 承 ください なお 一 部 お 取 扱 いできない 店 舗 があります 公 共 債 について 投 資 リスク 債 券 ( 個 人 向 け 国 債 を 除 く)の 価 格 は 金 利 変 動 等 により 変 動 しますので 償 還 前 に 売 却 する 場 合 には 投 資 元 本 を 下 回 るおそれがあります また 発 行 者 の 信 用 状 況 の 悪 化 や 発 行 者 に 対 する 外 部 評 価 の 変 化 等 により 損 失 を 被 ることがあります 費 用 等 債 券 を 購 入 する 場 合 は 購 入 対 価 のみお 支 払 いいただきます ただし 個 人 向 け 国 債 をご 購 入 の 際 に 初 回 の 利 子 の 調 整 額 国 債 ( 個 人 向 け 国 債 を 除 く)をご 購 入 の 際 に 経 過 利 子 が 必 要 となる 場 合 があります 公 共 債 は 預 金 ではなく 預 金 保 険 の 対 象 ではありません 償 還 日 ( 満 期 日 )に 額 面 金 額 にて 償 還 されます 債 券 の 利 払 時 期 には 買 取 中 途 換 金 のできない 期 間 があります いったん 約 定 が 成 立 したお 取 引 きは 取 消 しや 内 容 の 変 更 ができません 新 発 債 ( 国 債 )を 発 行 日 より 前 にご 購 入 される 場 合 は その 国 債 が 予 定 通 り 発 行 されることを 条 件 として ご 購 入 いただきます このため 国 の 都 合 により その 国 債 の 発 行 が 延 期 または 中 止 となった 場 合 には ご 購 入 の 約 定 は 取 消 されます また ご 購 入 代 金 をお 支 払 い 済 みの 場 合 は お 客 さまの 指 定 預 金 口 座 にご 購 入 代 金 を 返 金 いたします なお 返 金 するご 購 入 資 金 には 付 利 いたしません お 申 込 みの 際 は 最 新 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 をお 渡 ししますので 内 容 を 十 分 ご 確 認 いただいたうえで ご 自 身 でご 判 断 ください 契 約 締 結 前 交 付 書 面 は 足 利 銀 行 の 本 支 店 の 店 頭 にご 用 意 しております 当 行 では お 客 さまに 合 った 商 品 をご 提 案 しております ご 相 談 の 内 容 によりましては ご 購 入 いただけない 場 合 もございますので 予 めご 了 承 ください 一 部 お 取 扱 いできない 店 舗 があります マル 優 特 別 マル 優 の お 取 扱 いは 障 がい 者 の 方 や 寡 婦 年 金 を 受 給 されている 方 などが 対 象 になります 個 人 向 け 国 債 について 個 人 向 け 国 債 を 中 途 換 金 する 際 は 原 則 として 直 前 2 回 分 の 各 利 子 ( 税 引 前 ) 相 当 額 により 算 出 される 中 途 換 金 調 整 額 が 売 却 される 額 面 金 額 に 経 過 利 子 を 加 えた 金 額 より 差 し 引 かれることになります 発 行 から 一 定 期 間 の 間 に 中 途 換 金 する 場 合 には 上 記 の 中 途 換 金 調 整 額 が 異 なることがあります 詳 しくは お 取 引 きのある 本 店 又 は 支 店 にお 問 い 合 わせください 個 人 向 け 国 債 は 発 行 から 1 年 間 原 則 として 中 途 換 金 はできません なお 保 有 者 がお 亡 くなりになった 場 合 又 は 災 害 救 助 法 の 適 用 対 象 となった 大 規 模 な 自 然 災 害 により 被 害 を 受 けられた 場 合 は 発 行 から 1 年 以 内 であっても 中 途 換 金 が 可 能 です 外 貨 預 金 について 投 資 リスク 外 貨 預 金 は 為 替 相 場 の 変 動 によりお 引 出 時 の 円 貨 額 がお 預 入 れ 時 の 円 貨 額 ( 投 資 元 本 )を 下 回 るおそれがあります 費 用 等 お 預 入 れ 時 の 円 貨 から 外 貨 への 換 算 レートには 当 日 の TTS レート( 対 顧 客 電 信 売 相 場 )を お 引 出 時 の 外 貨 から 円 貨 への 換 算 レートには 当 日 の TTB レート( 対 顧 客 電 信 買 相 場 )をそれぞれ 適 用 します そのため 為 替 相 場 の 変 動 がない 場 合 でも 換 算 レートの 差 (TTS-TTB 米 ドルの 場 合 2 円 ユーロの 場 合 3 円 オーストラリアドルおよびニュージーラン ドドルの 場 合 4 円 中 国 人 民 元 の 場 合 60 銭 ) があるため 円 に 戻 した 際 投 資 元 本 を 下 回 るおそれがあります お 預 入 れ お 引 出 方 法 や 通 貨 により 手 数 料 等 が 異 なるため 手 数 料 等 の 金 額 や 上 限 額 または 計 算 方 法 を 表 示 することができませんのでご 了 承 ください 中 国 人 民 元 等 の 新 興 国 通 貨 については 政 府 の 通 貨 政 策 や 市 場 環 境 の 変 化 などにより 流 動 性 や 市 場 機 能 が 大 きく 低 下 した 場 合 等 には やむを 得 ずお 取 引 きを 停 止 させていただく 可 能 性 があります 外 貨 預 金 は 預 金 保 険 の 対 象 ではありません 当 行 の 信 用 状 況 により お 客 さまが 損 失 を 被 るリスク( 信 用 リスク)があります 外 貨 定 期 預 金 において 中 途 解 約 は 原 則 としてお 取 扱 いできません ただし やむを 得 ない 事 情 により 中 途 解 約 する 場 合 には 外 貨 普 通 預 金 の 利 率 が 適 用 となります また 中 途 解 約 に 伴 う 損 害 金 をご 負 担 していただく 場 合 がありま す 投 資 信 託 について 投 資 リスク 投 資 信 託 は 値 動 きのある 証 券 ( 株 式 債 券 など)に 投 資 しますので 市 場 環 境 等 により 基 準 価 額 が 変 動 します なお 新 興 国 の 金 融 市 場 や 政 情 は 一 般 的 に 先 進 国 よりも 不 安 定 で 脆 弱 な 面 があり 先 進 国 市 場 への 投 資 に 比 べ より 大 幅 に 価 額 が 変 動 することがあります また 外 貨 建 資 産 に 投 資 する 場 合 には 為 替 相 場 の 変 動 による 影 響 も 受 けます したがって 元 本 分 配 金 は 保 証 されているものではなく 基 準 価 額 の 下 落 により 損 失 を 被 り 投 資 元 本 を 下 回 るおそれがあります 費 用 等 お 申 込 みにあたっては 当 行 所 定 のお 申 込 手 数 料 (お 申 込 金 額 に 対 し 最 大 3.24%( 税 込 ))がかかります 保 有 期 間 中 は 信 託 報 酬 ( 信 託 財 産 純 資 産 総 額 に 対 し 実 質 最 大 年 %( 税 込 ) 程 度 )が 日 々 信 託 財 産 から 差 引 かれるほか 監 査 報 酬 有 価 証 券 等 売 買 時 の 売 買 委 託 手 数 料 外 貨 建 資 産 保 管 費 用 信 託 事 務 の 諸 費 用 等 がかかりますが これらはファ ンドにより 異 なるため 具 体 的 な 金 額 等 を 表 示 できません 詳 細 は 各 ファンドの 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ( 目 論 見 書 補 完 書 面 ) にてご 確 認 ください また 一 部 のファンドでは 換 金 時 に 信 託 財 産 留 保 額 が 基 準 価 額 から 差 引 かれます 手 数 料 等 の 合 計 額 については お 申 込 金 額 保 有 期 間 等 により 異 なるため 表 示 することができませんのでご 了 承 ください 投 資 信 託 は 預 金 ではなく 預 金 保 険 の 対 象 ではありません 投 資 信 託 は 設 定 運 用 を 投 信 会 社 が 行 う 商 品 です 投 資 信 託 の 運 用 による 損 益 は 投 資 信 託 を 購 入 されたお 客 さ まに 帰 属 します 当 行 でご 購 入 いただいた 投 資 信 託 は 投 資 者 保 護 基 金 の 対 象 ではありません 一 部 の 投 資 信 託 には 信 託 期 間 中 に 中 途 換 金 できないものや 特 定 日 にしか 換 金 できないものがあります 保 険 商 品 について 投 資 リスク 変 額 保 険 商 品 は 国 内 外 の 株 式 債 券 等 で 運 用 しており 運 用 実 績 が 保 険 金 額 や 積 立 金 額 将 来 の 年 金 額 などの 増 減 につながるため 株 価 や 債 券 価 格 の 下 落 為 替 相 場 の 変 動 により 積 立 金 額 解 約 返 戻 金 額 は 既 払 込 保 険 料 を 下 回 ることがあり 損 失 が 生 ずるおそれがあります 定 額 保 険 商 品 のなかには 市 場 金 利 に 応 じた 運 用 資 産 の 価 格 変 動 が 解 約 返 戻 金 に 反 映 される 商 品 があります この 商 品 の 場 合 市 場 金 利 の 変 動 により 解 約 返 戻 金 が 既 払 込 保 険 料 を 下 回 ることがあり 損 失 が 生 ずるおそれがあります 具 体 的 には 中 途 解 約 時 の 市 場 金 利 がご 契 約 時 と 比 較 して 上 昇 した 場 合 には 解 約 返 戻 金 は 減 少 し 逆 に 下 落 した 場 合 には 増 加 することがあります 外 貨 建 保 険 商 品 は 為 替 相 場 の 変 動 により お 受 取 りになる 円 換 算 後 の 保 険 金 額 がご 契 約 時 における 円 換 算 後 の 保 険 金 額 を 下 回 ることや お 受 取 りにな る 円 換 算 後 の 保 険 金 額 が 既 払 込 保 険 料 を 下 回 ることがあり 損 失 を 生 ずるおそれがあります 保 険 会 社 の 業 務 または 財 産 の 状 況 の 変 化 により 保 険 金 額 年 金 額 給 付 金 額 などが 削 減 されることがあります なお 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 の 会 員 である 生 命 保 険 会 社 が 経 営 破 綻 に 陥 った 場 合 保 険 契 約 者 保 護 の 措 置 が 図 られることがありますが この 場 合 にも 削 減 が 行 われることがあります 費 用 等 商 品 によっては 契 約 初 期 費 用 保 険 関 係 費 用 資 産 運 用 関 係 費 用 また 中 途 で 解 約 された 場 合 は 解 約 控 除 等 の 費 用 をご 契 約 者 さまにご 負 担 いただく 場 合 があります その 際 商 品 によってご 負 担 いただく 手 数 料 の 項 目 呼 称 手 数 料 率 計 算 方 法 ( 合 計 額 を 算 出 する 方 法 も 含 む) 等 は 異 なるため 一 律 の 算 出 する 方 法 を 表 示 することができませんのでご 了 承 ください 保 険 商 品 は 預 金 ではなく 預 金 保 険 の 対 象 ではありません 保 険 商 品 は 各 保 険 会 社 を 引 受 会 社 とする 商 品 で 当 行 は 各 商 品 における 契 約 締 結 の 媒 介 をおこないま す 保 険 商 品 のお 申 込 みの 有 無 が 当 行 とお 客 さまとの 他 の 取 引 に 影 響 を 与 えることはありません 各 商 品 に 関 する 内 容 をご 説 明 させていただく 前 にお 客 さまにご 確 認 ご 同 意 い ただく 事 項 があります 当 行 では お 客 さまに 合 った 商 品 をご 提 案 しております ご 相 談 の 内 容 によりましては ご 契 約 いただけない 場 合 もございますので 予 めご 了 承 ください 法 令 上 の 規 則 を 踏 まえ 商 品 によっては お 客 さまの 当 行 への 融 資 お 申 込 状 況 やお 勤 め 先 等 により 当 行 でお 申 込 みいただけない 場 合 があります 保 険 会 社 による 保 険 金 や 給 付 金 などのお 支 払 いについて 受 取 人 の 故 意 による 場 合 や 健 康 状 態 などについてお 客 さまが 事 実 を 告 知 されなかったり 事 実 と 異 なることを 告 知 された 場 合 などは 保 険 金 や 給 付 金 などが 支 払 われない 場 合 があります 現 在 ご 加 入 中 の 保 険 契 約 を 解 約 減 額 など 見 直 した 場 合 は お 客 さまに 不 利 益 が 生 じる 可 能 性 があります また 新 たにお 申 込 みになるご 契 約 を 健 康 上 などの 理 由 で 保 険 会 社 が 引 受 できない 場 合 がありますので ご 注 意 ください ご 検 討 にあたっては 各 商 品 のパンフレット 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 ご 契 約 のしおり ( 定 款 ) 約 款 および 特 別 勘 定 のしおり( 変 額 保 険 のみ) 等 をお 渡 ししますので 内 容 を 十 分 お 読 みのうえ ご 自 身 でご 判 断 ください これらは 足 利 銀 行 の 本 支 店 の 店 頭 にご 用 意 して おります 一 部 お 取 扱 いできない 店 舗 があります 通 貨 スワップ 取 引 金 利 スワップ 取 引 について 投 資 リスク 通 貨 スワップ 取 引 は 通 貨 の 価 格 金 融 市 場 の 指 標 の 変 動 等 による 影 響 を 受 けますので 為 替 相 場 や 金 利 水 準 の 動 向 によっては 通 貨 スワップの 市 場 価 格 が 下 落 し 損 失 が 生 ずるおそれがありますのでご 注 意 ください 金 利 スワップ 取 引 は 市 場 金 利 の 変 動 による 影 響 を 受 けますので 市 場 金 利 水 準 の 動 向 によっては 金 利 スワップの 市 場 価 格 が 下 落 し 損 失 が 生 ずるおそれがありますのでご 注 意 ください 当 行 の 経 営 財 務 状 況 の 変 化 などにより 取 引 が 清 算 される 場 合 があり それにより 損 失 が 発 生 する 場 合 があります 費 用 等 通 貨 スワップ 取 引 や 金 利 スワップ 取 引 に 係 る 手 数 料 など 諸 費 用 はかかりません 通 貨 スワップ 取 引 や 金 利 スワップ 取 引 は 預 金 保 険 の 対 象 ではありません 通 貨 スワップ 取 引 や 金 利 スワップ 取 引 は 原 則 中 途 解 約 ができませんが やむを 得 ない 理 由 で 当 行 が 同 意 し 中 途 解 約 に 応 じた 場 合 当 行 が 提 示 する 清 算 金 をお 支 払 いいただく 場 合 があります 清 算 金 の 額 は 為 替 相 場 市 場 金 利 等 の 動 向 によって 変 動 します 商 号 株 式 会 社 足 利 銀 行 登 録 金 融 機 関 関 東 財 務 局 長 ( 登 金 ) 第 43 号 加 入 協 会 日 本 証 券 業 協 会 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 現 在 )

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる 損 保 ジャパン 本 興 亜 アセットマネジメントハウスビュー 016 年 9 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 ( 商 ) 第 351 号 加 協 会 / 般 社 団 法 投 資 信 託 協 会 般 社 団 法 本 投 資 顧 問 業 協 会 ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は

More information

Microsoft Word - 300346_十二航路_表紙.doc

Microsoft Word - 300346_十二航路_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 1 月 29 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 2 月 5 日 通 貨 分 散 外 国 債 券 ファンド < 愛 称 > 十 二 航 路 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資 信 託 説 明 書 ( 交

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FA495698A54977690E096BE8F91817987562D303150817A83748340837E838A815B837C8343839383678354815B83728358816982BB82CC91BC816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FA495698A54977690E096BE8F91817987562D303150817A83748340837E838A815B837C8343839383678354815B83728358816982BB82CC91BC816A> ひろしん ファミリーポイントサービス ( 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 ) 1.サービス 名 ひろしん ファミリーポイントサービス 2. 対 象 個 人 および 個 人 事 業 主 の 方 ( 非 居 住 者 任 意 団 体 は 対 象 外 とします) 3. 内 容 お 客 さまのお 取 引 項 目 を 当 金 庫 の 所 定 の 基 準 によりポイント 化 し そのポイント 合 計 に

More information

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡 国 債 商 品 概 要 説 明 書 ( 兼 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) (この 書 面 は 法 令 の 規 定 に 基 づく 契 約 締 結 前 交 付 書 面 です ) この 書 面 には 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 はお 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください

More information

自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい ボランティアをして 地

自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい ボランティアをして 地 金 利 情 等 によって 指 定 通 貨 据 置 期 間 には 販 売 停 止 期 間 がある 場 合 があります 100 自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい

More information

Microsoft Word - 300346_十二航路_表紙.doc

Microsoft Word - 300346_十二航路_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 5 月 31 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 6 月 7 日 通 貨 分 散 外 国 債 券 ファンド < 愛 称 > 十 二 航 路 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資 信 託 説 明 書 ( 交

More information

<82A082F182B582F B88EA8E9E95A58F499067>

<82A082F182B582F B88EA8E9E95A58F499067> あんしんドル シミュレーションシート 作 成 日 平 成 23 年 3 月 17 日 積 立 利 率 変 動 型 積 立 米 国 通 貨 建 ) 契 約 者 氏 名 あんしん 幸 子 様 被 者 氏 名 あんしん 幸 子 様 被 者 生 年 月 日 昭 和 36 年 1 月 1 日 被 者 性 別 女 性 被 者 年 齢 50 歳 期 間 1,000 万 円 第 1 回 目 の 積 立 利 率 適

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

公共債のご案内

公共債のご案内 1 頁 / 全 5 頁 ( 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) 公 共 債 のご 案 内 この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 ( 契 約 締 結 前 の 書 面 交 付 )によりお 渡 しするものです 公 共 債 とは 国 地 方 公 共 団 体 政 府 関 係 機 関 等 が 発 行 する 債 券 です この 書 面 には 公 共 債 の 売 買 等 のお

More information

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 程 によりお 渡 しするものです ) 1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (1) 信 用 取 引 とは (2) 信 用 取 引 の 手 数 料 など 諸 費 用 リスク 等 について (3) 信 用 取 引 の 仕 組 みについて (4) 信 用

More information

【(修正)権14-013】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)ボーナス分配のお知らせ.pdf

【(修正)権14-013】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)ボーナス分配のお知らせ.pdf 当 レポートは7ページ 組 です 臨 時 レポート 2014 年 6 月 10 日 ボーナス 分 配 のお 知 らせ 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます 当 ファンドは2014 年 6 月 9 日 に 迎 えた 第 69 期 の 決 算 において (1 万 口 当 たり 税 引 前 )の 分 配 金 をお 支 払 いすることといたしましたので

More information

Microsoft Word - 日銀会合.docx

Microsoft Word - 日銀会合.docx グローバル マクロ トピックス 2016/ 7/29 投 資 情 報 部 チーフ FX ストラテジスト 鈴 木 健 吾 シニアエコノミスト 宮 川 憲 央 追 加 緩 和 は 小 粒 な 内 容 次 回 会 合 で 総 括 的 な 検 証 ~ 日 銀 決 定 会 合 の 結 果 と 為 替 市 場 の 反 応 追 加 緩 和 の 行 方 が 注 目 を 集 めた7/28~29の 金 融 政 策 決

More information

2000 年 12 月 輸 出 の 減 速 によりテンポはやや 鈍 化 しているものの 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2001 年 1 月 緩 やかな 回 復 を 続 けているが そのテンポは 輸 出 の 減 速 により 鈍 化 している 2001 年 2 月 緩 やかな 回 復 を 続 け

2000 年 12 月 輸 出 の 減 速 によりテンポはやや 鈍 化 しているものの 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2001 年 1 月 緩 やかな 回 復 を 続 けているが そのテンポは 輸 出 の 減 速 により 鈍 化 している 2001 年 2 月 緩 やかな 回 復 を 続 け 景 気 総 括 判 断 の 推 移 東 京 短 資 株 式 会 社 市 場 調 査 室 前 月 に 比 べ 上 方 修 正 下 方 修 正 不 変 をそれぞれ に 対 応 させてある 2016/7/29 修 正 景 気 の 総 括 判 断 金 融 市 場 の 調 節 方 針 等 1998 年 1 月 停 滞 色 の 強 い 状 況 にある 1998 年 2 月 景 気 は 停 滞 を 続 けている

More information

Microsoft Word - ML_’¢−E‡Ì”s‘ê_0609_.doc

Microsoft Word - ML_’¢−E‡Ì”s‘ê_0609_.doc 投 資 家 の 皆 さまへ 2006 年 9 月 世 界 の 株 式 金 利 為 替 市 場 9 月 の 注 目 点 大 和 証 券 投 資 信 託 委 託 株 式 会 社 株 式 市 場 < 日 本 株 > 相 場 変 動 要 因 多 いが 決 め 手 に 欠 ける 8 月 の 株 式 市 場 は 好 調 な 4~6 月 期 決 算 や 海 外 株 式 の 上 昇 を 受 け 堅 調 に 推 移

More information

【ご参考資料】

【ご参考資料】 141-0022 東 京 都 品 川 区 東 五 反 田 2-10-2 東 五 反 田 スクエア 5 階 お 客 様 サポートダイヤル:0120-580446 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 387 号 商 品 投 資 顧 問 業 者 農 経 (1) 第 21 号 加 入 協 会 : 一 般 社 団 法 人 投 資 信 託 協 会 / 一 般 社 団 法

More information

【ドラフト②】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)_臨時_ .pdf

【ドラフト②】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)_臨時_ .pdf 当 レポートは7ページ 組 です 臨 時 レポート 2014 年 7 月 11 日 第 70 期 分 配 金 のお 知 らせ 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます 当 ファンドは2014 年 7 月 9 日 に 迎 えた 第 70 期 の 決 算 において 60 円 (1 万 口 当 たり 税 引 前 )の 分 配 金 をお 支

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC48F4390B394C5817A817595C48D918FAC8C5E836F838A8385815B8A948374834083938368817691E6318AFA8C888E5A82CC82A8926D82E782B92E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC48F4390B394C5817A817595C48D918FAC8C5E836F838A8385815B8A948374834083938368817691E6318AFA8C888E5A82CC82A8926D82E782B92E70707478> 米 国 小 型 バリュー 株 ファンド Aコース( 為 替 ヘッジあり)/Bコース( 為 替 ヘッジなし) 愛 称 : アメリカン エンジェル 追 加 型 投 信 / 海 外 / 株 式 販 売 用 資 料 2015 年 12 月 第 1 期 決 算 のお 知 らせ 平 素 は 米 国 小 型 バリュー 株 ファンド Aコース( 為 替 ヘッジあり)/Bコース( 為 替 ヘッジなし) 愛 称 :アメリカン

More information

<3131343335375F8A948EAE83418369838983438355815B8349815B837683935F32303136303533315F4D2E786C7378>

<3131343335375F8A948EAE83418369838983438355815B8349815B837683935F32303136303533315F4D2E786C7378> 7 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 前 月 比 ファンド 設 定 日 H9.1.29 基 準 価 額 ( 円 ) 7,613 165 基 準 価 額 税 引 前 分 配 金 再 投 資 基 準 価 額 参 考 指 数 35, 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 2,957 55 3, 基 準 価 額 は1 口 当

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20976190CF8BE093998FA495698A54977690E096BE8F9181694832362E342E3189FC92E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20976190CF8BE093998FA495698A54977690E096BE8F9181694832362E342E3189FC92E8816A2E646F63> その 他 商 品 の 概 要 退 職 金 優 遇 定 期 預 金 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 1. 商 品 名 ( 愛 称 ) 退 職 金 優 遇 定 期 預 金 2. 販 売 対 象 退 職 金 をお 受 け 取 りの 日 から1 年 以 内 にお 申 込 みいただいた 個 人 の 方 3.お 申 込 金 額 円 定 期 預 金 300 万 円 以 上 4. 期 間 円 定 期 預

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203230313630373230938A8E918ED282CC8A46976C82D65F91E58DE3814595BA8CC9899E89878A4F8D918DC28C948349815B8376839395AA947A8BE082C982C282A282C42E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203230313630373230938A8E918ED282CC8A46976C82D65F91E58DE3814595BA8CC9899E89878A4F8D918DC28C948349815B8376839395AA947A8BE082C982C282A282C42E70707478> 情 報 提 供 用 資 料 2016 年 7 20 ご 投 資 者 の 皆 様 へ 岡 三 アセットマネジメント 株 式 会 社 阪 兵 庫 応 援 外 国 債 券 オープン 愛 称 まごころ 応 援 団 の 分 配 について 平 素 は 当 ファンドに 格 別 のご 配 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 皆 様 にご 愛 顧 頂 いております 阪 兵 庫 応 援 外 国 債 券

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

月次運用状況 無配当個人変額年金保険(平成27年8月末).xls

月次運用状況 無配当個人変額年金保険(平成27年8月末).xls 無 配 当 個 人 変 額 年 金 保 険 ( 年 金 原 資 保 証 型 ) 特 別 勘 定 の 現 況 ( 平 成 27 年 8 月 末 ) バランス20 型 01 注 記 事 項 当 資 料 閲 覧 に 関 する 事 項 当 資 料 は 無 配 当 個 人 変 額 年 金 保 険 ( 年 金 原 資 保 証 型 )の 特 別 勘 定 における 運 用 状 況 などについて ご 契 約 者 の

More information

719000.xls

719000.xls マンスリーレポート 2016 年 8 月 31 日 現 在 みずほインデックス 投 資 戦 略 ファンド( 愛 称 : iパズル) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 累 積 投 資 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 12,000 11,000 ファンドデータ 基 準 価 額 : 10,419 円 純 資 産 総 額 : 41.80 億 円 ファンド 設 定 日 : 2014

More information

月次運用状況 無配当個人変額年金保険(平成28年4月末).xls

月次運用状況 無配当個人変額年金保険(平成28年4月末).xls 無 配 当 個 人 変 額 年 金 保 険 ( 年 金 原 資 保 証 型 ) 特 別 勘 定 の 現 況 ( 平 成 28 年 4 月 末 ) バランス20 型 01 注 記 事 項 当 資 料 閲 覧 に 関 する 事 項 当 資 料 は 無 配 当 個 人 変 額 年 金 保 険 ( 年 金 原 資 保 証 型 )の 特 別 勘 定 における 運 用 状 況 などについて ご 契 約 者 の

More information

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 基 準 価 額 の 推 移 基 準 価 額 純 資 産 総 額 30,000 6,000 当 月 末 前 月 末 比 25,000 5,000 基 準 価 額 8,821 円 - 288 円 純 資 産 総 額 3,791.66 億 円 - 216.65 億 円 20,000 15,000

More information

よくあるご 質 問 (Q&A 集 ) Q1 A1 なぜ ブラジル レアル トルコ リラ および 通 貨 セレクト の 分 配 金 が 引 き 下 げられたのですか? 取 引 対 象 通 貨 の 対 円 為 替 レートの 下 落 などにより 基 準 価 額 が 軟 調 に 推 移 している ことなどを

よくあるご 質 問 (Q&A 集 ) Q1 A1 なぜ ブラジル レアル トルコ リラ および 通 貨 セレクト の 分 配 金 が 引 き 下 げられたのですか? 取 引 対 象 通 貨 の 対 円 為 替 レートの 下 落 などにより 基 準 価 額 が 軟 調 に 推 移 している ことなどを ダイワ 米 国 高 金 利 社 債 ファンド( 通 貨 選 択 型 )~ハイイールドファンド~ 米 ドル ( 毎 月 分 配 型 )/ 豪 ドル ( 毎 月 分 配 型 )/ブラジル レアル ( 毎 月 分 配 型 )/ 日 本 円 ( 毎 月 分 配 型 )/ 南 アフリカ ランド ( 毎 月 分 配 型 )/トルコ リラ ( 毎 月 分 配 型 )/ 通 貨 セレクト ( 毎 月 分 配 型 )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション オーストラリアの 投 資 環 境 情 報 提 供 資 料 6 年 月 日 州 では 早 期 に 解 散 総 選 挙 実 施 か 与 党 連 合 勝 利 の 場 合 企 業 の 生 産 性 向 上 が 予 想 され 経 済 の 下 支 え 要 因 に 州 では 7 月 に 上 下 両 院 の 解 散 総 選 挙 が 実 施 される 可 能 性 が 高 まっています 経 済 成 長 のけん 引 役 が

More information

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 基 準 価 額 の 推 移 基 準 価 額 純 資 産 総 額 30,000 6,000 当 月 末 前 月 末 比 25,000 5,000 基 準 価 額 8,821 円 - 288 円 純 資 産 総 額 3,791.66 億 円 - 216.65 億 円 20,000 15,000

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179918D8AE9817A836A8385815B8358838A838A815B8358814090568FA4956982CC8EE688B582A28A4A8E6E82C982C282A282C432372E352E32392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179918D8AE9817A836A8385815B8358838A838A815B8358814090568FA4956982CC8EE688B582A28A4A8E6E82C982C282A282C432372E352E32392E646F63> 新 商 品 の 取 扱 い 開 始 について ( 保 険 商 品 ) 平 成 27 年 5 月 29 日 武 蔵 野 銀 行 ( 頭 取 加 藤 喜 久 雄 )は 平 成 27 年 6 月 日 ( 月 )より 平 準 払 終 身 保 険 ふるはーと F ( 引 受 保 険 会 社 : 住 友 生 命 ) 一 時 払 変 額 終 身 保 険 えがお ひろがる ( 三 井 住 友 海 上 プライマリ ー

More information

Microsoft Word - 夢外貨(ダイレクト).doc

Microsoft Word - 夢外貨(ダイレクト).doc だいし 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 ( 夢 外 貨 ) 契 約 締 結 前 交 付 書 面 本 取 引 のご 契 約 に 際 しては 必 ず 本 書 面 の 内 容 を 十 分 に 読 んでご 理 解 ください 1.お 客 さまの 判 断 に 影 響 を 及 ぼす 特 に 重 要 な 事 項 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 ( 夢 外 貨 )は 満 期 日 2 営 業 日

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

Microsoft PowerPoint - 要 20160831

Microsoft PowerPoint - 要 20160831 1 2 3 4 5 6 ファンドの 特 色 米 国 のライフライン 関 連 企 業 が 発 行 する 米 ドル 建 の 好 利 回 り 債 券 を 主 要 投 資 対 象 とします 信 託 期 間 が 約 5 年 の 単 位 型 投 資 信 託 です 投 資 する 債 券 は 当 ファンドの 信 託 期 間 終 了 前 に 満 期 を 迎 える 債 券 に 限 ります 基 準 価 額 ( 支 払 済

More information

悪 化 等 により 元 本 や 利 子 の 支 払 いが 滞 ったり 支 払 不 能 が 生 じるリスク があります 3. 金 融 商 品 市 場 における 相 場 その 他 の 指 標 にかかる 金 利 変 動 による 損 失 可 能 性 について 1 金 融 政 策 の 変 更 経 済 情 勢

悪 化 等 により 元 本 や 利 子 の 支 払 いが 滞 ったり 支 払 不 能 が 生 じるリスク があります 3. 金 融 商 品 市 場 における 相 場 その 他 の 指 標 にかかる 金 利 変 動 による 損 失 可 能 性 について 1 金 融 政 策 の 変 更 経 済 情 勢 2016 年 1 月 4 日 現 在 契 約 締 結 前 交 付 書 面 兼 商 品 概 要 説 明 書 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) 国 債 等 公 共 債 窓 口 販 売 ( 除 く 個 人 向 け 国 債 ) この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 を 除 く 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 (

More information

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1 平 成 26 年 度 国 民 年 金 基 金 連 合 会 資 産 運 用 結 果 1. 平 成 26 年 度 運 用 実 績 (1) 連 合 会 全 体 の 運 用 利 回 り( 修 正 総 合 利 回 り) 給 付 確 保 事 業 共 同 運 用 事 業 中 途 脱 退 事 業 16.52% 16.22% 16.21% ( 注 1) 連 合 会 全 体 16.37% 37,205 億 円 複 合

More information

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受 個 人 向 け 国 債 商 品 説 明 書 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 商 品 説 明 書 (2016 年 8 月 ): 次 ページより(5)ページ 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 (2016 年 8 月 ):(6)ページ 個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向

More information

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融 目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 および 目 論 見 書 の 内 容 をよくお 読 みください この 書 面 および 目 論 見 書 は ご 投 資 にあたってのリスクやご 留 意 点 が 記 載 されております お 客 様 がお

More information

運 用 実 績 ( 期 間 :2010 年 9 月 2 日 ~2016 年 4 月 25 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 12,000 25,000 11,000 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 基 準 価 額 [ 分 配 金 再 投 資 ]( 左 軸 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 )

運 用 実 績 ( 期 間 :2010 年 9 月 2 日 ~2016 年 4 月 25 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 12,000 25,000 11,000 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 基 準 価 額 [ 分 配 金 再 投 資 ]( 左 軸 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) DIAM 毎 月 分 配 債 券 ファンド ( 愛 称 : 円 パワーズ) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2016 年 4 月 26 日 マイナス 金 利 環 境 下 における 当 ファンドの 運 用 状 況 について 今 年 1 月 29 日 の 日 銀 によるマイナス 金 利 導 入 発 表 後 10 年 国 債 利 回 りはマイナス 金 利 をつ けるなど 長

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

水戸ファンドラップ契約締結前交付書面

水戸ファンドラップ契約締結前交付書面 (2016.7.1) 水 戸 ファンドラップ 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) 投 資 一 任 契 約 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 水 戸 証 券 株 式 会 社 投 資 一 任 契 約 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引

More information

しくみ 図 イメージ 図 増 加 保 険 金 額 に 記 載 の 支 払 事 由 や 給 付 に 際 しての 制 限 事 項 は や 代 表 事 例 を 示 しています 支 払 事 由 の 詳 細 や 制 限 事 項 などについての 詳 細 ならびに 主 な 保 険 用 語 の 説 明 などについて

しくみ 図 イメージ 図 増 加 保 険 金 額 に 記 載 の 支 払 事 由 や 給 付 に 際 しての 制 限 事 項 は や 代 表 事 例 を 示 しています 支 払 事 由 の 詳 細 や 制 限 事 項 などについての 詳 細 ならびに 主 な 保 険 用 語 の 説 明 などについて 2015 年 7 月 版 生 命 保 険 募 集 人 18 生 命 保 険 募 集 人 について 当 保 険 の 生 命 保 険 募 集 人 はお 客 さまとメットライフ 生 命 の 保 険 締 結 の 媒 介 を 行 うもので 保 険 締 結 の 代 理 権 はありません したがいまして 保 険 は お 客 さまからの 保 険 の お 申 込 みに 対 してメットライフ 生 命 が 承 諾 したときに

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

20160831_F.xlsx

20160831_F.xlsx 投 資 信 託 運 用 レポート SMAM バランスファンドVA 株 60 型 ( 適 格 機 関 投 資 家 専 用 ) 投 信 協 会 商 品 分 類 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 1/5 * 当 資 料 に 記 載 されている 数 値 は 小 数 点 第 2 位 以 下 を 四 捨 五 入 したものです 3 実 質 外 貨 建 資 産 については 原 則 として 為 替

More information

日 本 MRF(マネー リザーブ ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MRF 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2011 年 2 月 23 日 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ご 購 入 に 際 しては 本 書 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478> 投 資 者 の 皆 さまへ ( 販 売 用 資 料 ) (2016 年 5 月 作 成 ) 課 税 上 は 株 式 投 資 信 託 として 取 扱 われます 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )のご 請 求 お 申 込 み 設 定 運 用 < 販 売 会 社 > 商 号 等 大 和 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 )

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

158946_きらきら星_20160831_M.xlsx

158946_きらきら星_20160831_M.xlsx 10 枚 組 の1 枚 目 です 新 聞 掲 載 略 称 :きらきら # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 前 月 比 ファンド 設 定 日 H20.5.27 基 準 価 額 ( 円 ) 8,019 108 18,000 基 準 価 額 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 1,871 27 16,000 基 準 価 額 は10000 口 当 たりの

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

ご 参 考 情 報 ( 指 数 ) 11,500 11,000 10,500 10,000 9,500 The S&P 500 Dynamic VEQTOR Index の 推 移 (%) 指 数 資 産 配 分 9,

ご 参 考 情 報 ( 指 数 ) 11,500 11,000 10,500 10,000 9,500 The S&P 500 Dynamic VEQTOR Index の 推 移 (%) 指 数 資 産 配 分 9, Monthly Report 作 成 基 準 日 : 2016 年 6 月 30 日 米 国 株 式 モニターファンド( 愛 称 : ベクター 博 士 ) 追 加 型 投 信 海 外 株 式 特 殊 型 本 資 料 は 原 則 として 表 示 桁 数 未 満 を 四 捨 五 入 していますので 合 計 の 数 値 とは 必 ずしも 一 致 しません 運 用 実 績 および 分 配 実 績 は 過 去

More information

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あ らかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 は お 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください なお 本

More information

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か 販 売 用 資 料 投 資 家 の 皆 様 へ 2015 年 10 月 5 日 三 井 住 友 アセットマネジメント 株 式 会 社 コーポレート ボンド インカム( 為 替 ヘッジ 型 ) 愛 称 : 泰 平 航 路 第 77 期 決 算 および のお 支 払 いについて 平 素 は コーポレート ボンド インカム( 為 替 ヘッジ 型 ) ( 以 下 当 ファンド)をご 愛 顧 賜 り 厚 く

More information

<3235313037395F915381798376838D826689C18D48817A2E786C73>

<3235313037395F915381798376838D826689C18D48817A2E786C73> Fund Report ファンド レポート PIMCO ニューワールド 円 インカムファンド ( 毎 月 分 配 型 ) < 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 > 足 下 の 新 興 国 債 券 の 動 きと 投 資 のポイントについて 臨 時 レポート 2013 年 8 月 14 日 平 素 は PIMCO ニューワールド 円 インカムファンド( 毎 月 分 配 型 ) をご 愛 顧 賜

More information

140815_J-REITリサーチオープン_1404.xls

140815_J-REITリサーチオープン_1404.xls 基 準 価 額 の 推 移 基 準 価 額 純 資 産 総 額 22,000 18,000 3,000 2,400 当 月 末 前 月 末 比 基 準 価 額 8,189 円 + 87 円 純 資 産 総 額 2,863.06 億 円 + 142.83 億 円 14,000 1,800 期 間 別 騰 落 率 10,000 6,000 2,000 0 2005/1 2007/5 2009/9 2012/1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE98BCA82E882BB82C88BE28D7382B382DC5F434190B696BD924290AC8AB4465881693230313131313031816A8376838C8358838A838A815B83585F66696E616C332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE98BCA82E882BB82C88BE28D7382B382DC5F434190B696BD924290AC8AB4465881693230313131313031816A8376838C8358838A838A815B83585F66696E616C332E646F63> Press Rellease 報 道 関 係 各 位 2011 年 11 月 1 日 クレディ アグリコル 生 命 保 険 株 式 会 社 クレディ アグリコル 生 命 埼 玉 りそな 銀 行 にて 達 成 感 FX (2 年 プラン 10 年 プラン)の 販 売 を 開 始 クレディ アグリコル 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 代 表 取 締 役 : 浜 口 政 司 )は 2011 年 11

More information

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関 高 格 付 ニュージーランドドル 債 ファンド 2014-07 ( 早 期 償 還 条 項 付 ) 愛 称 ニュージー トライ 2014-07 単 位 型 投 信 / 海 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2014 年 6 月 作 成 設 定 運 用 は 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 368 号 加 入 協

More information

 

  三 井 住 友 外 国 債 券 アクティブ 繰 上 償 還 運 用 報 告 書 第 15 期 当 ファンドの 仕 組 みは 次 の 通 りです 商 品 分 類 信 託 期 間 運 用 方 針 主 要 運 用 対 象 ベビーファンド 外 国 債 券 マザー ファンド(A 号 ) 組 入 制 限 ベビーファンド 外 国 債 券 マザー ファンド(A 号 ) 分 配 方 針 追 加 型 投 信 / 海 外

More information

金融市場レポート(2005年前半の動き)

金融市場レポート(2005年前半の動き) . 株 式 市 場 株 価 は 上 旬 にかけて 一 時 強 含 む 局 面 も あったが 国 債 市 場 と 同 様 先 行 きの 景 気 回 復 ペー スについての 見 方 が 慎 重 化 するもとで 上 昇 力 に 乏 しい 展 開 となった 日 経 平 均 株 価 は 昨 年 後 半 と 同 様 1 万 円 から1 万 千 円 の 比 較 的 狭 いレン ジで 推 移 し 6 末 時 点 で

More information

商 品 概 要 説 明 書

商 品 概 要 説 明 書 商 品 概 要 説 明 書 平 成 27 年 12 月 7 日 現 在 商 品 名 スペシャルプラン 運 用 の 達 人 販 売 対 象 個 人 の 方 ( 含 む 個 人 事 業 主 ) 商 品 内 容 投 資 信 託 外 貨 定 期 預 金 もしくは 金 融 商 品 仲 介 取 扱 商 品 ( 以 下 仲 介 商 品 )を 申 込 みと 同 時 に 円 貨 定 期 預 金 の 意 思 表 示 を

More information

Microsoft Word - cn14792_米国REIT市場について_130704.doc

Microsoft Word - cn14792_米国REIT市場について_130704.doc 米 国 REIT 市 場 の 現 状 について ~ 金 利 上 昇 時 における 米 国 REIT 市 場 の 推 移 ~ 米 国 REIT 市 場 はバーナンキ FRB( 米 連 邦 準 備 制 度 理 事 会 ) 議 長 が 量 的 緩 和 縮 小 の 可 能 性 に 言 及 し 米 国 の 1 年 国 債 利 回 りが 短 期 間 で 急 上 昇 したことから 5 月 21 日 から 6 月

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798374834083938368838C837C815B8367817A4A2D52454954838A8354815B83608DC48A4A32303133303532392E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798374834083938368838C837C815B8367817A4A2D52454954838A8354815B83608DC48A4A32303133303532392E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> ファンド レポート J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 ) J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 )のお 買 付 け 申 込 受 付 を 再 開 ~ファンドの 魅 力 とJ-REIT 市 場 の 見 通 し~ 販 売 用 資 料 13 年 5 月 9 日 13 年 4 月 15 日 ( 月 )より J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 )( 以

More information

運 用 経 過 の 説 明 1 期 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (215 年 1 月 7 日 ~216 年 6 月 15 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 18, 2,4 16, 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 2,1 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 14, 1,8 分 配 金

運 用 経 過 の 説 明 1 期 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (215 年 1 月 7 日 ~216 年 6 月 15 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 18, 2,4 16, 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 2,1 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 14, 1,8 分 配 金 楽 天 日 本 株 トリプル ベアⅢ 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 / 特 殊 型 (ブル ベア 型 ) 交 付 運 用 報 告 書 第 1 期 ( 決 算 日 216 年 6 月 15 日 ) ( 作 成 対 象 期 間 215 年 1 月 7 日 ~216 年 6 月 15 日 ) 第 1 期 末 (216 年 6 月 15 日 ) 基 準 価 額 1,328 円 純 資 産 総

More information

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D>

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D> マニュライフ グローバル 配 当 株 ファンド 商 品 概 要 商 品 分 類 決 算 日 追 加 型 投 信 / 内 外 / 株 式 毎 年 8 月 10 日 ( 休 業 日 の 場 合 は 翌 営 業 日 ) 設 定 日 信 託 期 間 2014 年 11 月 26 日 無 期 限 運 用 実 績 ファンドの 現 況 基 準 価 額 8,682 円 ( 前 月 末 比 -714 円 )

More information

「為替特約付外貨定期預金<ターゲットA>の商品概要説明書」

「為替特約付外貨定期預金<ターゲットA>の商品概要説明書」 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 の 商 品 概 要 説 明 書 (1) 重 要 事 項 () ( 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 ) 満 期 元 利 金 償 還 方 法 本 商 品 の 満 期 元 利 金 償 還 方 法 は 次 のいずれかによります 1 円 貨 償 還 となる 場 合 満 期 日 の2 営 業 日 前 東 京 時 間 午 後 3

More information

 

  受 益 者 の 皆 様 へ 平 素 は 格 別 のご 愛 顧 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて GS 日 本 小 型 株 ファンド は このたび 第 32 期 の 決 算 を 行 いました 本 ファンドは 個 別 企 業 の 分 析 を 重 視 したボトムアップ アプローチを 用 いて 日 本 の 小 型 株 式 へ 投 資 することにより 信 託 財 産 の 長 期 的 な 成

More information

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振 2016 年 5 月 24 日 新 生 銀 行 金 融 調 査 部 MRFRD-20160004 消 費 の 実 態 は 弱 く 景 気 は 停 滞 との 見 方 を 維 持 ~2016 2017 年 度 の 日 本 経 済 の 見 通 し~ 実 質 GDP の 予 想 2016 年 度 ( 増 税 あり) 0.5% ( 増 税 なし) 0.5% 2017 年 度 ( 増 税 あり) 0.3% (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378> グローバル マクロ トピックス 1/ 9/ 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 吉 川 健 治 貨 物 輸 送 電 力 使 用 量 が 月 に 底 打 ち 改 革 より 成 長 優 先 か~ 中 国 最 新 の 経 済 情 勢 と 今 後 の 見 通 し 中 国 政 府 は 構 造 改 革 よりも 安 定 成 長 の 維 持 を 優 先 する 方 向 にあるようだ 1 年 月 を 底 に 粗 鋼

More information

Microsoft Word _受益者向けレター.doc

Microsoft Word _受益者向けレター.doc 受 益 者 の 皆 様 へ 2010 年 5 月 10 日 キャピタル インターナショナル 株 式 会 社 基 準 価 額 の 動 向 と 今 後 の 投 資 環 境 について キャピタル 世 界 株 式 ファンド ギリシャの 財 政 悪 化 に 伴 う 信 用 不 安 を 発 端 に 世 界 の 株 式 市 場 が 大 きく 下 落 しています 4 月 27 日 には 大 手 格 付 会 社 がギリシャ

More information

契 約 概 要 この 契 約 概 要 に 記 載 のお 支 払 事 由 や 給 付 に 際 しての 制 限 事 項 は 概 要 や 代 表 事 例 を 示 しています お 支 払 事 由 の 詳 細 や 制 限 事 項 等 についての 詳 細 ならびに 主 な 保 険 用 語 の 説 明 等 につい

契 約 概 要 この 契 約 概 要 に 記 載 のお 支 払 事 由 や 給 付 に 際 しての 制 限 事 項 は 概 要 や 代 表 事 例 を 示 しています お 支 払 事 由 の 詳 細 や 制 限 事 項 等 についての 詳 細 ならびに 主 な 保 険 用 語 の 説 明 等 につい 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ( 契 約 概 要 / 注 意 喚 起 情 報 ) 新 黄 金 世 代 α 契 約 締 結 前 交 付 書 面 は ご 契 約 のお 申 込 みに 際 しての 重 要 な 事 項 を 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 に 分 類 のうえ 記 載 しています ご 契 約 前 に 十 分 にお 読 みいただき 内 容 をご 確 認 ご 了 解 のうえ お 申 込

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 四 半 期 レポート (2016 年 1 月 - 3 月 ) JPMベスト インカム( 年 1 回 決 算 型 )/( 毎 月 決 算 型 ) 基 準 日 :2016 年 3 月 31 日 期 中 のパフォーマンス 期 前 半 は 中 国 株 や 原 油 価 格 の 下 落 などを 背 景 に 世 界 経 済 の 先 行 き 不 透 明 感 が 高 まったことなどが 市 場 の 重 石 となり 投

More information

特 別 勘 定 運 用 レポートをご 覧 いただくにあたって 当 資 料 をご 覧 いただく 際 にご 留 意 いただきたい 事 項 当 資 料 はご 契 約 者 さま 等 に 対 し 三 井 住 友 海 上 プライマリー 生 命 のラップギフト 通 貨 選 択 一 般 勘 定 移 行 型 変 額

特 別 勘 定 運 用 レポートをご 覧 いただくにあたって 当 資 料 をご 覧 いただく 際 にご 留 意 いただきたい 事 項 当 資 料 はご 契 約 者 さま 等 に 対 し 三 井 住 友 海 上 プライマリー 生 命 のラップギフト 通 貨 選 択 一 般 勘 定 移 行 型 変 額 2015 年 11 月 末 特 別 勘 定 運 用 レポート ( 組 入 投 資 信 託 の 運 用 状 況 ) 特 別 勘 定 の 名 称 投 資 信 託 の 名 称 投 資 信 託 の 運 用 会 社 ページ グローバルバランス 型 SMTB( 豪 ドル) ラップ 戦 略 VA ファンド P 1 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 グローバルバランス 型 SMTB( 米 ドル) ラップ

More information

Microsoft PowerPoint - iBio_FW_20160222(販)_final.pptx

Microsoft PowerPoint - iBio_FW_20160222(販)_final.pptx ピクテ ファンド ウォッチ 21 年 2 月 22 日 足 元 の 下 落 の 背 景 バイオ 医 薬 品 関 連 株 式 は 過 去 5 年 間 先 進 国 株 式 を 大 きく 上 回 って 推 移 してきました( 図 表 1 参 照 ) しかし 21 年 は 年 初 から 世 界 的 なリスク 回 避 の 動 きによる 株 式 市 場 の 下 落 を 受 け バイオ 医 薬 品 関 連 株 式

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

M_(391014)_MHAM J-REITインデックス・ラップ_ xlsm

M_(391014)_MHAM J-REITインデックス・ラップ_ xlsm Monthly Report 設 定 日 当 初 設 定 元 本 2011 年 10 月 3 日 1 百 万 円 MHAM J-REITインデックス ラップ 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 /インデックス 型 運 用 状 況 信 託 期 間 信 託 報 酬 率 無 期 限 決 算 日 年 率 0.378%( 税 抜 0.36%) 投 信 協 会 コード :0831111A 2016

More information

マンスリーレポート 野 村 ワールド バランス ストラテジー マザーファンド の 資 産 内 容 資 産 別 構 成 比 ( 純 資 産 比 ) REIT その 他 ( 2) 5.3% 外 国 債 券 44.1% その 他 の 資 産 7.6% 国 内 株 式 0.0% 外 国 株 式 ( 1) 3

マンスリーレポート 野 村 ワールド バランス ストラテジー マザーファンド の 資 産 内 容 資 産 別 構 成 比 ( 純 資 産 比 ) REIT その 他 ( 2) 5.3% 外 国 債 券 44.1% その 他 の 資 産 7.6% 国 内 株 式 0.0% 外 国 株 式 ( 1) 3 運 用 実 績 マンスリーレポート 運 用 実 績 の 推 移 11,000 10,500 10,000 9,500 基 準 価 額 ( 分 配 金 再 投 資 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 純 資 産 ( 右 軸 ) ( 設 定 日 前 日 =10,000 として 指 数 化 : 日 次 ) 9,000 16/05 16/06 16/07 16/08 ( 億 円 ) 上 記 の 指 数 化

More information

< 来週の投資環境 > 12月5日 ~ 12月9日

< 来週の投資環境 > 12月5日 ~ 12月9日 14-31 東 京 都 中 央 区 京 橋 3 丁 目 8 番 1 号 URL:http:// www.skam.co.jp フリーダイヤル 12-781812 ( 土 日 休 日 を 除 く9:~17:) 携 帯 PHSからは 3-5524-8181 < 来 週 の 投 資 環 境 > 7 月 2 日 ~ 7 月 6 日 来 週 の 金 融 市 場 見 通 し 消 費 税 増 税 も 財 政 懸

More information

1. 商 品 ( 契 約 )の 概 要 一 般 外 貨 定 期 預 金 とは 外 貨 預 金 ( 本 邦 通 貨 以 外 の 外 貨 建 ての 預 金 )のうち あらかじめ 預 金 の 期 間 を 定 め 原 則 としてその 期 間 中 は 払 い 戻 しの 請 求 に 応 じないことを 条 件 と

1. 商 品 ( 契 約 )の 概 要 一 般 外 貨 定 期 預 金 とは 外 貨 預 金 ( 本 邦 通 貨 以 外 の 外 貨 建 ての 預 金 )のうち あらかじめ 預 金 の 期 間 を 定 め 原 則 としてその 期 間 中 は 払 い 戻 しの 請 求 に 応 じないことを 条 件 と 一 般 外 貨 定 期 預 金 本 書 をよくお 読 みいただき 商 品 の 内 容 リスク 等 を 十 分 ご 理 解 のうえ お 申 し 込 み くださいますようお 願 い 申 しあげます 外 貨 預 金 は 外 貨 建 ての 預 金 ( 預 金 保 険 の 対 象 外 の 預 金 )であり 外 国 為 替 相 場 の 動 向 等 によっては 払 戻 時 の 円 貨 額 がお 預 入 時 の 円

More information

【あたり】オーストラリア高配当株F_販T_毎月年2_汎用版_1606.indd

【あたり】オーストラリア高配当株F_販T_毎月年2_汎用版_1606.indd 販 売 用 資 料 2016.6 LM オーストラリア 高 配 当 株 ファンド ( 毎 月 分 配 型 )/( 年 2 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 資 産 複 合 ご 留 意 いただきたい 事 項 投 資 信 託 は 値 動 きのある 有 価 証 券 等 に 投 資 しますので 価 格 変 動 リスクがあり お 受 取 金 額 が 投 資 元 金 を 大 きく 下 回

More information

1. 運 用 パフォーマンスの 状 況 1 収 益 率 第 1 四 半 期 第 2 四 半 期 第 3 四 半 期 第 4 四 半 期 年 度 国 内 債 券 0.72% 0.53% 1.88% -0.38% 2.76% 国 内 株 式 5.11% 5.78% 6.20% 10.51% 30.48%

1. 運 用 パフォーマンスの 状 況 1 収 益 率 第 1 四 半 期 第 2 四 半 期 第 3 四 半 期 第 4 四 半 期 年 度 国 内 債 券 0.72% 0.53% 1.88% -0.38% 2.76% 国 内 株 式 5.11% 5.78% 6.20% 10.51% 30.48% 平 成 26 年 度 運 用 状 況 の 概 要 年 金 積 立 金 管 理 運 用 独 立 行 政 法 人 平 成 26 年 度 の 運 用 状 況 は 全 資 産 においてプラスとなり 収 益 率 はプラス12.27% 収 益 額 はプラス15 兆 2,922 億 円 となりました 平 成 26 年 度 末 の 運 用 資 産 額 は 137 兆 4,769 億 円 となりました 自 主 運 用

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DEC90AC9286817A8269817C827182648268827382CC938A8E918AC28BAB3230313630352E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DEC90AC9286817A8269817C827182648268827382CC938A8E918AC28BAB3230313630352E70707478> 情 報 提 供 資 料 年 5 月 日 作 成 J-REITの 市 場 動 向 年 初 来 のJ-REIT 市 場 は 月 下 旬 に 発 表 された 日 銀 のマ イナス 金 利 政 策 導 入 決 定 や 月 下 旬 に 公 表 された 公 示 地 価 ( 全 国 平 均 )が 年 ぶりにプラス 転 換 したこと 良 好 な オフィスビル 市 況 やホテル 市 況 などを 背 景 に 堅 調 に

More information

外 貨 定 期 預 金 の 仕 組 み 運 用 例 ( 運 用 例 の 為 替 相 場 適 用 金 利 などは 一 例 であり 実 際 のお 取 引 とは 異 なります ) お 預 入 金 額 お 預 入 時 TTS 期 間 100 万 円 1 米 ドル=100 円 1 年 金 利 年 1.0%(

外 貨 定 期 預 金 の 仕 組 み 運 用 例 ( 運 用 例 の 為 替 相 場 適 用 金 利 などは 一 例 であり 実 際 のお 取 引 とは 異 なります ) お 預 入 金 額 お 預 入 時 TTS 期 間 100 万 円 1 米 ドル=100 円 1 年 金 利 年 1.0%( 外 貨 預 金 商 品 内 容 説 明 書 (ネットダイレクト 支 店 専 用 ) 外 貨 定 期 預 金 とは 外 貨 預 金 ( 本 邦 通 貨 以 外 の 外 貨 建 の 預 金 )のうち あら かじめ 預 金 の 期 間 を 定 め 原 則 としてその 期 間 中 は 払 戻 の 要 求 に 応 じないこ とを 条 件 としている 預 金 です 外 貨 普 通 預 金 は 外 国 通 貨 建

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx エコノミスト 便 り 6 年 6 三 井 住 友 アセットマネジメント シニアエコノミスト 渡 邊 誠 本 経 済 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 る 浮 かび 上 がる 5 つの 要 因 雇 所 得 環 境 が 堅 調 な 割 に 個 消 費 が 冴 えないのは 何 故 か 個 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 った 様 々な 経 済 統 計 を 分 析 していくと 可 処 分 所 得 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097D58E9E838C837C815B83675F89A28F42838A815B83675F3230313630375F8DC58F4994C52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097D58E9E838C837C815B83675F89A28F42838A815B83675F3230313630375F8DC58F4994C52E646F6378> ( 愛 称 ラ グレイス) < 毎 月 決 算 型 / 年 2 回 決 算 型 > 平 成 28 年 7 月 7 日 一 部 の 英 国 不 動 産 投 資 信 託 の 解 約 受 付 停 止 と アムンディ 欧 州 セレクティブ リート ファンド に 及 ぼす 影 響 について アムンディ ジャパン 株 式 会 社 6 月 23 日 ( 現 地 時 間 )に 実 施 された 英 国 の EU( 欧

More information

43_1

43_1 新 興 国 景 気 減 速 の 影 響 はどこまで 拡 がるか ~グローバル 経 済 金 融 レビュー 2015 年 秋 ~ < 要 旨 > 9 月 の 米 国 雇 用 者 数 の 伸 びが 鈍 化 したことで 米 国 景 気 が 堅 調 な 回 復 を 続 けて 世 界 経 済 を 支 える というシナリオの 不 確 実 性 が 意 識 されるようになってきた 米 国 雇 用 増 減 の 業 種

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

DIAM J-REITオープン(毎月決算コース) 交付

DIAM J-REITオープン(毎月決算コース) 交付 DIAM J-REIT オープン( 毎 月 決 算 コース)< 愛 称 :オーナーズ インカム> 次 の 事 項 は この 投 資 信 託 ( 以 下 当 ファンド といいます )をお 申 込 み されるご 投 資 家 の 皆 様 にあらかじめ ご 確 認 いただきたい 重 要 な 事 項 と してお 知 らせするものです お 申 込 みの 際 には 次 の 事 項 および 投 資 信 託 説 明

More information

マザーファンドの 資 産 組 入 状 況 (2016 年 1 月 29 日 現 在 ) 事 業 債 政 保 債 12.67% 1.66% 国 債 85.68% 組 入 上 位 10 銘 柄 銘 柄 名 利 率 (%) 満 期 日 投 資 比 率 (%) 1 第 95 回 利 付 国 債 (20 年

マザーファンドの 資 産 組 入 状 況 (2016 年 1 月 29 日 現 在 ) 事 業 債 政 保 債 12.67% 1.66% 国 債 85.68% 組 入 上 位 10 銘 柄 銘 柄 名 利 率 (%) 満 期 日 投 資 比 率 (%) 1 第 95 回 利 付 国 債 (20 年 マイナス 金 利 政 策 導 入 による への 影 響 について 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 ( 以 下 日 銀 )はわが 国 史 上 初 めてとなるマイナス 金 利 政 策 の 導 入 を 決 定 しました その 結 果 わが 国 の 金 利 は 大 きく 低 下 ( 債 券 価 格 は 上 昇 )しています ファンドの 状 況 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 (2002

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

1 利 回 り 面 におけるJリートの 魅 力 足 下 でJリートの 利 回 り 格 差 は 拡 大 16 年 1 月 日 銀 によるマイナス 金 利 政 策 導 入 によって 金 利 全 般 が 低 下 する 中 足 下 でJリートの 配 当 利 回 りと 1 年 国 債 利 回 りとの 格 差

1 利 回 り 面 におけるJリートの 魅 力 足 下 でJリートの 利 回 り 格 差 は 拡 大 16 年 1 月 日 銀 によるマイナス 金 利 政 策 導 入 によって 金 利 全 般 が 低 下 する 中 足 下 でJリートの 配 当 利 回 りと 1 年 国 債 利 回 りとの 格 差 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 日 銀 によるマイナス 金 利 政 策 導 入 が 追 い 風 となるJリート 販 売 用 資 料 /データ 基 準 日 :16 年 3 月 31 日 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 日 銀 がマイナス 金 利 政 策 を 導 入 し 足 下 で 日 本 国 内 における 国 債 等 の 金 利 は 急 低

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20464C5F333237362D8352815B837C838C815B83678145836E83438375838A836283688FD88C948374834083938368323031362D3032816988D791D683778362835782A082E8815E8CC092E892C789C18C5E816A816988A48FCC814683818357838

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20464C5F333237362D8352815B837C838C815B83678145836E83438375838A836283688FD88C948374834083938368323031362D3032816988D791D683778362835782A082E8815E8CC092E892C789C18C5E816A816988A48FCC814683818357838 1 / 5 第 1 期 分 配 金 は100 円 (1 万 口 当 たり 税 引 前 ) 2016 年 7 月 25 日 平 素 は ( 愛 称 :メジャー カン パニーズ16-02) をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 当 ファンドは 2016 年 7 月 22 日 に 第 1 期 計 算 期 末 を 迎 え 当 期 の 収 益 分 配 金 につきまして 組 み 入 れてい

More information

Microsoft Word - 160810forex_j

Microsoft Word - 160810forex_j NEWS RELEASE 各 位 平 成 28 年 8 月 10 日 会 社 名 株 式 会 社 新 生 銀 行 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 工 藤 英 之 (コード 番 号 : 8303 東 証 第 一 部 ) 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 サービス 新 生 銀 行 FX のお 取 り 扱 い 開 始 について 当 行 は 外 貨 に 関 する 資 産 運 用 商 品 サービスの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817983528393837683898DCF82DD817A8269817C827182648268827382CC938A8E918AC28BAB323031363036>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817983528393837683898DCF82DD817A8269817C827182648268827382CC938A8E918AC28BAB323031363036> 情 報 提 供 資 料 年 月 日 作 成 J-REIT 市 場 の 見 通 し 年 初 来 のJ-REIT 市 場 ( 東 証 REIT 指 数 )は 月 の 日 銀 に よるマイナス 金 利 政 策 の 導 入 決 定 月 に 発 表 された 公 示 地 価 ( 全 国 平 均 )の 年 ぶりの 上 昇 オフィスビル 賃 料 の 上 昇 継 続 等 を 背 景 とした 資 金 流 入 により 月

More information

<4D F736F F F696E74202D A28F AE8E5990ED97AA D58E9E838C837C815B E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D A28F AE8E5990ED97AA D58E9E838C837C815B E B8CDD8AB B83685D> 欧 州 不 動 産 戦 略 ファンド(3ヵ 月 決 算 型 )/( 年 1 回 決 算 型 ) 販 売 用 資 料 2016 年 6 月 30 日 愛 称 :OH! シャンゼリゼ 追 加 型 投 信 / 海 外 / 資 産 複 合 足 元 の 欧 州 不 動 産 関 連 証 券 市 場 の 動 向 および 今 後 の 見 通 し 平 素 は 欧 州 不 動 産 戦 略 ファンド(3ヵ 月 決 算 型

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031363035313183418357834181458349835A8341836A83418D44947A939690AC92B78A948349815B8376839382CC895E97708FF38BB52E7070746D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031363035313183418357834181458349835A8341836A83418D44947A939690AC92B78A948349815B8376839382CC895E97708FF38BB52E7070746D> アジア オセアニア 好 配 当 成 長 株 オープン( 毎 月 分 配 型 ) 情 報 提 供 用 資 料 アジア オセアニア 好 配 当 成 長 株 オープンの 運 用 状 況 2016 年 5 月 11 日 株 式 市 場 の 反 落 や 円 の 急 速 な 進 を 受 けて 基 準 価 額 は 下 落 当 ファンドの 基 準 価 額 は 4 月 中 旬 から 下 旬 にかけては 為 替 市 場

More information

各 位 平 成 27 年 2 月 24 日 株 式 会 社 大 和 ネクスト 銀 行 大 和 証 券 株 式 会 社 ダイワファンドラップ+ 円 預 金 セットプラン ご 愛 顧 感 謝 特 別 金 利 キャンペーン 期 間 延 長 のお 知 らせ 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 大 和

各 位 平 成 27 年 2 月 24 日 株 式 会 社 大 和 ネクスト 銀 行 大 和 証 券 株 式 会 社 ダイワファンドラップ+ 円 預 金 セットプラン ご 愛 顧 感 謝 特 別 金 利 キャンペーン 期 間 延 長 のお 知 らせ 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 大 和 平 成 27 年 2 月 24 日 各 位 株 式 会 社 大 和 証 券 グループ 本 社 本 日 当 社 グループ 株 式 会 社 大 和 ネクスト 銀 行 および 大 和 証 券 株 式 会 社 よりプレスリリース ダイワファンドラップ+ 円 預 金 セットプラン ご 愛 顧 感 謝 特 別 金 利 キャンペーン 期 間 延 長 のお 知 らせ を 発 表 いたしましたので ご 報 告 申 し

More information

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選 財 形 年 金 貯 蓄 預 金 取 引 規 定 この 規 定 は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます ) 第 6 条 第 2 項 に 基 づく 財 形 年 金 貯 蓄 についての 当 行 の 取 扱 いを 定 めたものです この 規 定 では 財 形 定 期 預 金 ( 半 年 複 利 型 )を この 預 金 といいます この 預 金 は 財 形 専 用 の

More information

Microsoft Word - 300044_ハリアー_表紙.doc

Microsoft Word - 300044_ハリアー_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 6 月 30 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 7 月 15 日 明 治 安 田 外 国 債 券 ファンド< 愛 称 >ハリアー 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は 行 いませんので 為 替 変 動 リスク

はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は 行 いませんので 為 替 変 動 リスク 販 売 用 資 料 2016.08 ニッセイ 国 内 債 券 アルファ 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 ( 愛 称 )Jアルファ はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は

More information