<4D F736F F D208BF38D B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>"

Transcription

1 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市

2 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果 回 答 企 業 の 属 性 ) 業 種 別 ) 所 在 地 別 ) 資 本 金 規 模 別 ) 所 在 地 別 にみた 業 種 ) 地 域 別 にみた 資 本 金 規 模 ) 資 本 金 規 模 別 にみた 業 種 の 特 徴 単 純 集 計 結 果 について 設 問 1 ( 現 在 の 国 際 ビジネスの 内 容 拠 点 について) 設 問 2 ( 今 後 の 国 際 ビジネスについて) 設 問 3 ( 現 在 及 び 今 後 の 国 際 ビジネスの 対 象 国 地 域 について) 設 問 4 ( 羽 田 空 港 と 成 田 空 港 の 課 題 について) 設 問 5 ( 空 港 へのアクセスの 現 状 について) 設 問 6 (フライト 時 間 とアクセス 時 間 の 関 係 について) 設 問 7 ( 羽 田 空 港 国 際 化 に 関 する 国 土 交 通 省 の 考 え 方 の 認 知 度 について) 設 問 8 ( 羽 田 空 港 国 際 化 による 望 ましい 就 航 範 囲 について) 設 問 9 ( 羽 田 空 港 国 際 化 に 期 待 することについて) クロス 集 計 結 果 からみた 特 徴 ) 国 際 ビジネスの 内 容 ) 国 際 ビジネスの 拠 点 ) 国 際 ビジネスは 増 加 するか ) 国 際 ビジネスの 対 象 国 ) 羽 田 空 港 の 課 題 ) 成 田 空 港 の 課 題 ) 羽 田 空 港 までのアクセス 時 間 ) 成 田 空 港 までのアクセス 時 間 ) 許 容 できる 空 港 までの 所 要 時 間 ) 羽 田 空 港 国 際 化 の 認 知 度 ) 羽 田 空 港 国 際 化 に 伴 う 就 航 範 囲 ) 羽 田 空 港 国 際 化 に 期 待 すること 参 考 資 料 ) 自 由 意 見 一 覧 )アンケート 票 集 計 結 果 表

3 調 査 の 概 要 アンケート 調 査 の 目 的 本 調 査 は 首 都 圏 を 拠 点 として 活 躍 している 主 要 な 企 業 の 国 際 ビジネスの 状 況 や 首 都 圏 の 空 港 の 運 用 のあり 方 などについての 意 見 を 聞 き 最 終 的 には 本 アンケート 調 査 の 集 計 結 果 を 踏 まえて 日 本 の 航 空 行 政 全 般 を 担 う 国 土 交 通 省 に 対 して 働 きかけを 行 ってい くことを 目 的 とする アンケートの 対 象 関 東 地 方 に 本 社 を 置 く 資 本 金 5 億 円 以 上 の 企 業 ( 会 社 四 季 報 春 版 (2006,3,31 現 在 )( 東 洋 経 済 )から 抽 出 ) アンケートの 方 法 郵 送 による 発 送 郵 送 による 回 収 実 施 期 間 平 成 18 年 6 月 1 日 ~ 平 成 18 年 6 月 23 日 (6 月 24 日 以 降 に 到 着 した 回 答 も 集 計 結 果 に 含 めている) 発 送 および 回 収 状 況 発 送 数 2,075 社 回 収 数 430 社 回 収 率 20.7% 調 査 主 体 横 浜 市 都 市 経 営 局 政 策 課 調 査 実 施 機 関 株 式 会 社 地 域 環 境 計 画 2

4 1 回 答 企 業 の 属 性 (1) 業 種 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 件 数 割 合 N=430 製 造 業 ( 基 礎 素 材 型 ) 製 造 業 ( 加 工 組 立 型 ) 製 造 業 ( 生 活 関 連 型 ) 卸 小 売 業 情 報 通 信 業 運 送 業 金 融 保 険 不 動 産 業 等 農 林 水 産 建 設 業 不 明 合 計 農 林 水 産 建 設 業 10.0% 金 融 保 険 不 動 産 業 等 16.5% N=430 運 送 業 6.3% 不 明 7.9% 情 報 通 信 業 6.7% 製 造 業 ( 基 礎 素 材 型 ) 12.6% 製 造 業 ( 加 工 組 立 型 ) 17.7% 製 造 業 ( 生 活 関 連 型 ) 7.9% 卸 小 売 業 14.4% 基 礎 素 材 型 : 化 学 金 属 鉄 鋼 など 加 工 組 立 型 : 電 気 機 械 輸 送 用 機 器 など 生 活 関 連 型 : 食 料 品 繊 維 など (2) 所 在 地 件 数 割 合 N=430 都 心 3 区 羽 田 空 港 から 約 15km 圏 の 区 それ 以 外 の 東 京 都 神 奈 川 県 (うち 横 浜 市 ) 66 (50) 15.3 (11.6%) その 他 の 県 ( 埼 玉 千 葉 群 馬 栃 木 茨 城 ) 5.6% 神 奈 川 県 15.3% (うち 横 浜 市 11.6%) 不 明 7.9% 都 心 3 区 39.1% その 他 の 県 ( 埼 玉 千 葉 群 馬 栃 木 茨 城 ) 不 明 合 計 N=430 それ 以 外 の 東 京 都 12.1% 羽 田 空 港 か ら 約 15km 圏 の 区 20.0% 都 心 3 区 : 千 代 田 区 港 区 中 央 区 羽 田 空 港 から 約 15km 圏 の 区 : 江 東 区 渋 谷 区 新 宿 区 世 田 谷 区 大 田 区 品 川 区 目 黒 区 の 7 区 (3) 資 本 金 規 模 件 数 割 合 N= 億 円 以 上 不 明 10 億 円 未 満 10 億 円 未 満 億 円 以 6.3% 7.9% 11.4% 上 1000 億 円 10 億 円 以 上 50 億 円 未 満 未 満 50 億 円 以 上 100 億 円 未 満 % 100 億 円 以 100 億 円 以 上 500 億 円 未 満 億 円 以 上 上 500 億 円 50 億 円 未 満 未 満 500 億 円 以 上 1000 億 円 未 満 % 20.5% 1000 億 円 以 上 億 円 以 上 100 億 円 未 不 明 満 N=430 合 計 % 3

5 2 回 答 内 容 の 集 計 (1) 現 在 の 国 際 ビジネスの 対 象 国 地 域 について <ポイント!> 首 都 圏 の 企 業 の 国 際 ビジネス 対 象 国 は トップが 中 国 次 いで ASEAN その 他 アジア 地 域 と 続 く 国 際 ビジネスの 対 象 国 としては 中 国 が 全 体 の 82.7%と 最 も 高 く 次 いで ASEAN が 73.3% その 他 アジア 地 域 が 70.7%となっている 首 都 圏 の 企 業 のビジネス 対 象 国 としては アジア 地 域 が 非 常 に 重 要 な 地 位 を 占 めて いると 考 えられる 現 在 の 国 際 ビジネスの 対 象 国 地 域 中 国 ASEAN その 他 アジア 地 域 北 米 欧 州 その 他 21.4% 42.8% 82.7% 73.3% 70.7% 62.8% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 無 回 答 の 企 業 及 び 国 際 ビジネスを 行 っていないとしている 企 業 は 集 計 から 除 外 した < 参 考 > 現 在 の 国 際 ビジネス 対 象 国 地 域 の 内 訳 地 域 国 件 数 割 合 (%) 地 域 国 件 数 割 合 (%) N=341 N=341 中 国 その 他 のアジア 地 域 華 北 韓 国 華 東 台 湾 華 南 インド 内 陸 部 北 米 アメリカ ASEAN タイ カナダ マレーシア ベトナム 欧 州 シンガポール インドネシア その 他

6 (2) 羽 田 空 港 成 田 空 港 の 課 題 について <ポイント!> 羽 田 空 港 の 課 題 は 国 際 線 の 便 数 と 路 線 の 種 類 が 少 ないこと 成 田 空 港 の 課 題 は 鉄 道 をはじ めとする 空 港 へのアクセス 羽 田 空 港 に 関 しては 国 際 線 の 便 数 が 少 ない(70.0%) 国 際 線 の 路 線 の 種 類 が 少 ない(75.4%)と 70% 以 上 の 企 業 が 国 際 線 の 現 状 に 不 満 を 持 っている 一 方 国 内 線 の 便 数 が 少 ない(1.5%) 国 内 線 の 路 線 の 種 類 が 少 ない(2.0%)と 首 都 圏 の 企 業 にとって は 国 内 線 の 更 なる 強 化 を 求 める 声 はごく 少 数 に 止 まっていることが 明 らかとなった 成 田 空 港 に 関 しては 鉄 道 によるアクセスが 悪 い(62.7%) バスによるアクセスが 悪 い(37.8%) 自 家 用 車 によるアクセスが 悪 い (40.7%)と 空 港 までのアクセスの 現 状 に 不 満 を 持 っている 国 内 線 の 便 数 が 少 ない(33.3%) 国 内 線 の 路 線 の 種 類 が 少 ない(29.9%)と 3 割 前 後 の 企 業 が 国 内 線 の 現 状 に 不 満 がある 一 方 国 際 線 の 便 数 が 少 ない(3.1%) 国 際 線 の 路 線 の 種 類 が 少 ない(3.9%)と 首 都 圏 の 企 業 にとって 国 際 線 の 現 状 にほとんど 不 満 を 持 っていないことがわかった 羽 田 空 港 の 課 題 について 成 田 空 港 の 課 題 について 鉄 道 によるアクセスが 悪 い 18.5 鉄 道 によるアクセスが 悪 い 62.7 バスによるアクセスが 悪 い 4.6 バスによるアクセスが 悪 い 37.8 自 家 用 車 によるアクセスが 悪 い 7.8 自 家 用 車 によるアクセスが 悪 い 40.7 国 内 線 の 便 数 が 少 ない 1.5 国 内 線 の 便 数 が 少 ない 33.3 国 内 線 の 路 線 の 種 類 が 少 ない 2.0 国 内 線 の 路 線 の 種 類 が 少 ない 29.9 国 際 線 の 便 数 が 少 ない 70.0 国 際 線 の 便 数 が 少 ない 3.1 国 際 線 の 路 線 の 種 類 が 少 ない 75.4 国 際 線 の 路 線 の 種 類 が 少 ない 3.9 国 内 線 と 国 際 線 の 乗 り 継 ぎが 不 便 33.4 国 内 線 と 国 際 線 の 乗 り 継 ぎが 不 便 36.6 搭 乗 手 続 きに 時 間 がかかる 6.6 搭 乗 手 続 きに 時 間 がかかる 35.9 駐 車 場 が 使 いづらい 12.4 駐 車 場 が 使 いづらい 14.7 その 他 1.7 その 他 (%) (%) 5

7 (3) 羽 田 空 港 成 田 空 港 までの 現 状 のアクセス 時 間 について <ポイント!> 羽 田 空 港 までの 平 均 アクセス 時 間 は 約 50 分 成 田 空 港 までの 平 均 アクセス 時 間 は 約 109 分 で 概 ね 1 時 間 の 較 差 羽 田 空 港 までのアクセス 時 間 に 関 しては 都 心 3 区 羽 田 空 港 から 15km 圏 の 区 神 奈 川 県 からが 平 均 し て 50 分 以 内 となっており その 他 の 東 京 都 が 概 ね 60 分 その 他 の 県 ( 東 京 都 及 び 神 奈 川 県 以 外 )からは 概 ね 100 分 要 することがわかった 全 体 を 平 均 すると 約 50 分 であることがわかった 成 田 空 港 までのアクセス 時 間 に 関 しては 都 心 3 区 が 約 96 分 羽 田 空 港 から 15km 圏 の 区 が 約 104 分 と なっており 神 奈 川 県 も 含 む 東 京 都 以 外 の 県 からは 130 分 以 上 要 することがわかった( 千 葉 県 は 他 県 と 同 項 目 として 集 計 している) 全 体 を 平 均 すると 約 109 分 であることがわかった 以 上 のことから 羽 田 空 港 へのアクセス 時 間 と 成 田 空 港 へのアクセス 時 間 の 平 均 値 を 比 較 すると =58.1 分 となり 概 ね 1 時 間 の 較 差 があることがわかった 都 心 3 区 羽 田 空 港 から 15km 圏 の 区 それ 以 外 の 東 京 都 羽 田 空 港 成 田 空 港 羽 田 空 港 成 田 空 港 までのアクセス 時 間 ( 所 在 地 別 ) 神 奈 川 県 (うち 横 浜 市 ) 48.6 (44.4) (125.1) その 他 の 県 ( 埼 玉 千 葉 群 馬 栃 木 茨 城 ) 不 明 ( 分 ) 平 均 値 較 差 約 1 時 間 (4)フライト 時 間 と 空 港 までのアクセス 時 間 との 関 係 について 国 際 線 に 搭 乗 する 場 合 フライト 時 間 (X)が 短 いほど( 近 距 離 の 目 的 地 であるほど) 空 港 までのアクセス 時 間 (Y)が 短 いことが 期 待 されると 考 えられる そこで 空 港 利 用 者 が 自 宅 または 会 社 を 出 発 してから 空 港 に 到 着 するまでに 要 する 時 間 ( 空 港 までのアクセス 時 間 )の 許 容 可 能 な 範 囲 と 航 空 機 が 出 発 してから 目 的 地 に 到 着 するまでの 時 間 (フライト 時 間 )の 関 係 を 調 査 した < 概 念 図 > 自 宅 または 会 社 空 港 までのアクセス 時 間 Y 分 交 通 機 関 空 港 空 港 滞 在 時 間 (90 分 ) 空 港 内 出 発 フライト 時 間 X 分 機 内 目 的 地 空 港 ここでは 便 宜 上 搭 乗 手 続 き 等 に 要 する 空 港 滞 在 時 間 を 90 分 と 仮 定 した ( 調 査 結 果 は 次 頁 ) 6

8 <ポイント!> 短 いほど 空 港 までのアクセス 時 間 が 短 いことが 望 ましいという 傾 向 が 確 認 され た 10 時 間 以 上 の 場 合 ( 遠 距 離 国 際 線 を 利 用 する 場 合 )でも 概 ね 1 時 間 半 以 内 で アクセスできることを 希 望 していることが 確 認 された 3~4 時 間 の 場 合 ( 上 海 北 京 台 北 などに 行 く 場 合 ) 空 港 までのアクセス 時 間 の 許 容 範 囲 は 約 60 分 6~7 時 間 の 場 合 (バンコク シンガポールなどに 行 く 場 合 ) 空 港 までのアク セス 時 間 の 許 容 範 囲 は 75.5 分 10 時 間 以 上 の 場 合 ( 欧 米 などに 行 く 場 合 ) 空 港 までのア クセス 時 間 の 許 容 範 囲 は 85.2 分 となった 近 距 離 国 際 線 は 羽 田 空 港 が 遠 距 離 国 際 線 は 成 田 空 港 がそ れぞれ 担 うという 考 え 方 は 一 定 の 合 理 性 を 持 っていると 考 えられる フライト 時 間 空 港 までの アクセス 時 間 許 容 範 囲 3~4 時 間 の 場 合 (N=423) 上 海 北 京 台 北 など 6~7 時 間 の 場 合 (N=424) バンコク シンガ ポールなど 10 時 間 以 上 の 場 合 (N=422) 欧 米 など 約 30 分 まで 21.5% 6.6% 5.2% 約 1 時 間 まで 58.4% 47.4% 33.2% 約 1 時 間 30 分 まで 18.4% 34.4% 36.7% 約 2 時 間 まで 1.7% 10.8% 22.0% 約 2 時 間 30 分 まで 0.0% 0.7% 2.8% 全 体 100.0% 100.0% 100.0% 平 均 値 ( 分 ) 分 ~15 分 ずつ 増 加 70% 60% 50% 40% 3~4 時 間 の 場 合 6~7 時 間 の 場 合 30% 20% 10 時 間 以 上 の 場 合 10% 0% 約 30 分 まで 約 1 時 間 まで 約 1 時 間 30 分 まで 約 2 時 間 まで 約 2 時 間 30 分 まで 空 港 までの アクセス 時 間 許 容 範 囲 3~4 時 間 の 場 合 6~7 時 間 の 場 合 10 時 間 以 上 の 場 合 7

9 (5) 空 港 までの 現 状 のアクセス 時 間 と 許 容 できるアクセス 時 間 との 対 比 ( 満 足 度 の 分 析 ) 羽 田 成 田 両 空 港 に 国 際 線 が 就 航 していると 仮 定 して 空 港 までのアクセス 時 間 の 満 足 度 を 分 析 評 価 した 分 析 方 法 は 利 用 者 ごとに 羽 田 空 港 成 田 空 港 それぞれについて 現 状 のアクセス 時 間 < 許 容 できるアクセス 時 間 の 場 合 は 満 足 現 状 のアクセス 時 間 > 許 容 できるアクセス 時 間 の 場 合 は 不 満 と 分 類 し 集 計 した <ポイント!> フライト 時 間 にかかわらず 羽 田 と 成 田 の 較 差 は 60 ポイント 以 上 となり 羽 田 空 港 に 国 際 線 が 就 航 すれば 利 用 者 にとってのアクセス 面 での 満 足 度 は 向 上 長 くなるほど 両 空 港 までのアクセス 時 間 に 対 する 満 足 度 は 向 上 フライト 時 間 の 長 さにかかわらず 羽 田 空 港 までのアクセス 時 間 に 満 足 できるとした 回 答 は 成 田 空 港 までのアクセス 時 間 に 満 足 できる 回 答 より 60 ポイント 以 上 多 くなっており 羽 田 空 港 に 国 際 線 が 就 航 す れば 利 用 者 にとってのアクセス 面 での 満 足 度 が 向 上 することがわかった また 両 空 港 とも フライト 時 間 が 長 いほど 空 港 までのアクセス 時 間 に 満 足 できるという 傾 向 となった 空 港 までのアクセス 時 間 に 満 足 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 86.0% 88.5% 69.6% 羽 田 空 港 25.7% 14.5% 4.9% 成 田 空 港 フライト 時 間 3~4 時 間 フライト 時 間 6~7 時 間 フライト 時 間 10 時 間 以 上 8

10 < 参 考 > 空 港 までの 現 状 のアクセス 時 間 と 期 待 するアクセス 時 間 との 対 比 ( 内 訳 ) 羽 田 空 港 までの アクセス 時 間 現 状 回 答 シェア フライト 時 間 3~4 時 間 上 海 北 京 台 北 など フライト 時 間 6~7 時 間 バンコク シンガポールなど フライト 時 間 10 時 間 以 上 欧 米 など 満 足 不 満 満 足 不 満 満 足 不 満 0~30 分 13.82% 100.0% 0.0% 100.0% 0.0% 100.0% 0.0% 30 分 ~60 分 62.53% 77.6% 21.0% 93.3% 5.6% 93.6% 4.5% 60 分 ~90 分 17.80% 39.4% 59.2% 72.4% 26.3% 84.2% 14.5% 90 分 ~120 分 4.22% 5.6% 94.4% 22.2% 77.8% 27.8% 72.2% 120 分 ~180 分 1.64% 0.0% 100.0% 0.0% 100.0% 0.0% 100.0% 180 分 以 上 0.00% 平 均 値 69.6% 29.3% 86.0% 13.1% 88.5% 10.1% フライト 時 間 3~4 時 間 フライト 時 間 6~7 時 間 フライト 時 間 10 時 間 以 上 成 田 空 港 までの アクセス 時 間 現 状 回 答 シェア 上 海 北 京 台 北 など バンコク シンガポールなど 欧 米 など 満 足 不 満 満 足 不 満 満 足 不 満 0~30 分 0.00% 分 ~60 分 2.34% 80.0% 20.0% 90.0% 10.0% 90.0% 10.0% 60 分 ~90 分 26.00% 9.9% 90.1% 29.7% 70.3% 45.9% 54.0% 90 分 ~120 分 46.84% 1.0% 97.0% 9.5% 89.0% 23.0% 74.5% 120 分 ~180 分 22.25% 0.0% 98.9% 1.1% 97.9% 4.2% 94.6% 180 分 以 上 0.03% 0% 100% 0% 100% 0% 100% 平 均 値 4.9% 91.4% 14.5% 82.0% 25.7% 70.2% (6) 羽 田 空 港 再 国 際 化 の 認 知 度 羽 田 空 港 再 国 際 化 に 関 する 現 時 点 での 国 土 交 通 省 の 考 え 方 は 国 際 線 の 発 着 回 数 は 年 間 概 ね 3 万 回 程 度 国 際 線 の 就 航 範 囲 は 概 ね 2000 キロ 圏 ( 石 垣 島 を 目 安 )としている この 内 容 を 紹 介 し 知 っていたかどう かについて 調 査 した <ポイント!> 国 際 化 することは 認 知 されているが 8 割 以 上 の 企 業 が 羽 田 空 港 再 国 際 化 に 関 す る 現 時 点 での 国 土 交 通 省 の 考 え 方 を 認 知 していない 知 っていたとした 企 業 は 約 19%となっており 就 航 範 囲 等 に 制 限 があることを 知 らない または 国 際 化 さ れること 自 体 知 らないとした 企 業 が 全 体 の 80% 以 上 を 占 めた 羽 田 空 港 再 国 際 化 の 国 の 考 え 方 について 認 知 度 が 低 いという 結 果 となった 羽 田 空 港 再 国 際 化 に 関 する 国 土 交 通 省 の 考 え 方 の 認 知 度 国 際 化 される ことを 知 らな かった, 11.2% 知 っていた, 18.7% 国 際 化 される ことは 知 ってい たが 就 航 範 囲 や 発 着 回 数 ( 便 数 )に 制 限 があることは 知 らなかった, 70.1% N=419 9

11 (7) 羽 田 空 港 からの 国 際 線 の 望 ましい 就 航 範 囲 <ポイント!> ASEAN 諸 国 をカバーできる 概 ね 6000 キロ 圏 とする 回 答 が 約 44%とトップ 国 際 線 就 航 範 囲 を 概 ね 2000 キロ 圏 とする 国 土 交 通 省 の 現 時 点 での 考 え 方 に 賛 同 する 回 答 は 5%と 少 数 国 際 ビジネスの 対 象 国 地 域 の 設 問 で 中 国 や ASEAN を 挙 げている 企 業 が 多 数 であったこと などを 総 合 的 に 判 断 すると 羽 田 空 港 からの 国 際 線 の 就 航 範 囲 は ASEAN 諸 国 を 含 む 東 ア ジア 主 要 都 市 をカバーすることが 求 められていると 考 えられる 羽 田 空 港 再 国 際 化 に 関 する 現 時 点 での 国 土 交 通 省 の 考 え 方 である 概 ね 2000 キロ 圏 で 十 分 であると した 企 業 は 5.0%となっている 一 方 で 北 京 台 北 香 港 など 概 ね 3000 キロ 圏 までカバーするべきとした 企 業 は 18.9% 概 ね 6000 キロ 圏 である ASEAN 諸 国 を 含 む 東 アジア 主 要 都 市 をカバーするべきと 回 答 した 企 業 は 44.4% 欧 米 などに 直 接 乗 り 入 れる 国 際 線 を 導 入 するべきとした 企 業 は 29.6%となった 国 際 ビジネスの 対 象 国 地 域 の 設 問 で 中 国 や ASEAN を 挙 げている 企 業 が 多 数 であったことなどを 総 合 的 に 判 断 すると 羽 田 空 港 からの 国 際 線 の 就 航 範 囲 は ASEAN 諸 国 を 含 む 東 アジア 主 要 都 市 を カバーすることが 求 められていると 考 えられる 欧 米 などに 直 接 乗 り 入 れる 遠 距 離 の 国 際 線 も 導 入 すべき 29.6% 羽 田 空 港 再 国 際 化 に 伴 う 国 際 線 の 望 ましい 就 航 範 囲 その 他 2.1% ソウル 上 海 など ( 概 ね2000キロ 圏 内 )に 直 接 乗 り 入 れる 国 際 線 が 利 用 できれば 十 分 5.0% 北 京 台 北 香 港 など( 概 ね3000キ ロ 圏 内 )までカ バーできる 国 際 線 を 導 入 すべき 18.9% ASEAN 諸 国 を 含 む 東 アジアの 主 要 都 市 ( 概 ね6000 キロ 圏 内 )までカ バーできる 国 際 線 を 導 入 すべき 44.4% 10

12 ( 参 考 ) 自 由 意 見 自 由 意 見 欄 に 記 述 があったものは 全 体 で 54 件 であった 主 なものは 下 記 のとおり < 主 な 自 由 意 見 ( 抜 粋 )> 国 際 化 に 伴 い サービス 面 の 質 を 世 界 最 高 レベルにできないものか? 例 えばイミグレーション 等 の 対 応 で 大 幅 なスピードアップ 当 然 安 全 面 での 手 続 き 等 の 時 間 が 更 にかかることが 予 想 されるだ けに いかに 長 い 列 に 並 ばなくて 済 むか? これがサービス 面 での 最 大 のポイントと 思 われる 国 際 線 近 距 離 ( 東 南 アジア 含 む)はぜひ 羽 田 の 便 数 を 増 やしてもらいたい なんといっても 羽 田 は 都 心 ( 含 む 横 浜 市 )に 近 く 国 際 競 争 上 も 必 須 遠 くて 不 便 な 成 田 は 観 光 客 中 心 に 羽 田 はビジネスの 効 率 化 ( 日 本 の 競 争 力 の 向 上 )を 中 心 に 考 えるべき 海 外 の 国 際 空 港 に 比 べ 日 本 のそれは 劣 る 顧 客 利 便 性 とサービスを 徹 底 的 に 追 及 し イノベーシ ョンとグローバリズムで 取 り 組 んでいただきたい 羽 田 空 港 は 日 帰 り 海 外 出 張 が 可 能 な 空 港 にしてほしい 1 就 航 範 囲 は 片 道 4 時 間 圏 内 2 空 港 まで の アクセスはもっと 改 善 すべき3 便 数 を 増 やし 待 ち 時 間 を 減 らす 金 融 をはじめとした 経 済 活 動 の 拠 点 に 不 可 欠 なハブ 空 港 として 羽 田 空 港 を 再 国 際 化 し 首 都 圏 の 第 二 国 際 空 港 と 位 置 付 けることにより 地 元 はもとより 我 が 国 のアジアにおける 優 位 性 を 保 持 できる ものと 考 えます 各 々の 提 携 先 ( 中 国 沿 岸 部 をはじめ 台 湾 シンガポール 等 )からも 羽 田 の 発 着 に 強 い 希 望 がある ことを 申 し 添 えます このことは 羽 田 がアジアの 基 幹 空 港 となることで 来 日 の 頻 度 アップ ビジネス 拡 大 を 示 唆 していることを 物 語 っています 羽 田 空 港 の 真 の 国 際 化 のために 国 際 線 の 発 着 枠 を 拡 大 した 場 合 羽 田 空 港 に 割 り 当 てられる 国 内 線 の 発 着 枠 を 部 分 的 であるにしろ 成 田 空 港 に 移 すとなると 羽 田 空 港 における 国 内 線 の 需 要 を 満 たすことができなくなってしまうのでなはいかと 懸 念 いたします 羽 田 空 港 への 横 浜 市 北 部 川 崎 市 北 部 の 鉄 道 によるアクセスは 悪 く 真 の 国 際 化 を 進 めていくため にも 新 たな 鉄 道 路 線 による 空 港 アクセス 時 間 の 改 善 が 必 要 である( 例 えば 現 在 川 崎 市 が 推 進 して いる 川 崎 縦 貫 高 速 鉄 道 の 計 画 が 羽 田 空 港 まで 延 伸 する 等 ) 21 世 紀 の 日 本 の 発 展 を 考 えれば 羽 田 の 限 界 は 明 らかであり 首 都 圏 第 3 空 港 の 計 画 に 着 手 する べき 時 と 思 量 する 成 田 と 羽 田 では 航 路 が 輻 輳 し 限 界 に 近 づいているように 思 います 政 府 と 一 体 となって 首 都 の 空 を 米 軍 から 返 してもらうことが 必 要 ではないかと 思 います 日 本 の 就 労 人 口 が 減 っていくことを 踏 まえて 需 要 予 測 を 楽 観 的 に 建 てないこと 費 用 をかけない 仕 組 みにすることを 念 頭 に 置 いて 国 際 化 を 進 めてください 11

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

国 宝 重 要 文 化 財 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 東 京 , ,329 神 奈 川 千 葉 埼 玉 京 都 20

国 宝 重 要 文 化 財 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 東 京 , ,329 神 奈 川 千 葉 埼 玉 京 都 20 1 国 宝 重 要 文 化 財 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 東 京 235 1 236 2,262 67 2,329 神 奈 川 17 1 18 289 54 343 千 葉 8 0 8 116 28 144 埼 玉 3 0 3 54 24 78 京 都 205 48 235 1,951 287 2,238 大 阪 56 5 61 592 97 689 兵

More information

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策 平 成 27 年 度 国 総 研 講 演 会 資 料 航 空 市 場 の 環 境 変 化 と 需 要 予 測 手 法 の 研 究 動 向 平 成 27 年 12 月 3 日 空 港 研 究 部 長 谷 川 勇 二 首 都 圏 空 港 利 用 者 数 の 推 移 日 本 の 実 質 GDPの 推 移 [ 単 位 :1 兆 円 ] 600 500 400 300 200 100 実 質 GDPの 推 移

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378> 福 岡 空 港 の 民 間 委 託 について( 案 ) 福 岡 空 港 運 営 検 討 協 議 会 平 成 26 年 10 月 1 福 岡 空 港 の 現 状 について (1) 空 港 の 概 要 1 (2) 就 航 路 線 利 用 状 況 3 (3) 福 岡 空 港 の 需 要 予 測 及 び 滑 走 路 処 理 容 量 について 5 (4) 福 岡 空 港 の 整 備 ( 滑 走 路 増 設

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

2012年4月 日本政府観光局(JNTO)

2012年4月 日本政府観光局(JNTO) PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 26 年 5 月 23 日 理 事 長 松 山 良 一 中 国 旅 行 会 社

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査 5. 入 港 者 (アクセス)アンケート 調 査 調 査 票 の 配 布 場 所 は 出 発 旅 客 が 入 港 する 際 に 通 過 する 第 1 ゲート 第 2 ゲート 第 6 ゲー ト 成 田 空 港 駅 ゲート 空 港 第 2 ビル 駅 ゲート 第 1 ターミナルビルバス 降 車 場 第 2 ターミ ナルビルバス 降 車 場 の 7 地 点 において 空 港 従 業 員 を 除 く 全 ての

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項

独立行政法人国立文化財機構旅費取扱要項 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 旅 費 取 扱 要 項 平 成 19 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 旅 行 日 数 及 び 発 着 地 ) 第 1 条 旅 費 計 算 上 の 旅 行 日 数 は, 旅 行 のために 現 に 要 した 日 数 による ただし, 公 務 上 の 必 要 又 は 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 要 した 日 数 を 除

More information

Microsoft Word - リニア報告書1400416.docx

Microsoft Word - リニア報告書1400416.docx 5 今 後 の 主 要 幹 線 道 路 整 備 計 画 等 今 後 開 通 が 予 定 されている 主 要 幹 線 道 路 計 画 は 以 下 の 通 りである 三 遠 南 信 自 動 車 道 名 豊 道 路 については 順 次 整 備 が 進 められており 一 部 供 用 もされて いるが 全 線 の 開 通 は 未 定 である 西 知 多 道 路 は 都 市 計 画 決 定 手 続 中 である

More information

目 次 Ⅰ 福 岡 県 の 将 来 像 1 1 福 岡 県 総 合 計 画 1 2 福 岡 県 の 産 業 戦 略 1 Ⅱ 空 港 を 取 り 巻 く 状 況 3 1 東 アジアにおける 空 港 間 競 争 3 2 航 空 の 自 由 化 の 進 展 3 (1) 国 内 航 空 における 規 制 緩

目 次 Ⅰ 福 岡 県 の 将 来 像 1 1 福 岡 県 総 合 計 画 1 2 福 岡 県 の 産 業 戦 略 1 Ⅱ 空 港 を 取 り 巻 く 状 況 3 1 東 アジアにおける 空 港 間 競 争 3 2 航 空 の 自 由 化 の 進 展 3 (1) 国 内 航 空 における 規 制 緩 福 岡 県 の 空 港 の 将 来 構 想 ~ 福 岡 空 港 と 北 九 州 空 港 の 役 割 分 担 と 相 互 補 完 ~ 平 成 26 年 11 月 福 岡 県 目 次 Ⅰ 福 岡 県 の 将 来 像 1 1 福 岡 県 総 合 計 画 1 2 福 岡 県 の 産 業 戦 略 1 Ⅱ 空 港 を 取 り 巻 く 状 況 3 1 東 アジアにおける 空 港 間 競 争 3 2 航 空 の 自

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成 平 成 28 年 3 月 30 日 経 済 観 光 文 化 局 観 光 産 業 課 平 成 26 年 観 光 統 計 の 概 要 1. 入 込 観 光 客 数 は, 過 去 最 高 を 更 新!(3 年 連 続 ) 本 編 p1,2 参 照 平 成 26 年 の 福 岡 市 の 入 込 観 光 客 数 ( 推 計 )は,NHK 大 河 ドラマ 軍 師 官 兵 衛 の 放 映 機 会 を 捉 えた 黒

More information

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796-5833 FAX.03-5796-5848 http://jtb.jp/ 2016 年 ゴールデンウィークの 旅 行 動 向 2016 年 第 56 号 (2016.4.5) 節 約 志 向 はあるものの 旅 行 の 意 欲 は 堅 調 海 外 旅 行 人 数 は 昨 年 より 2.8%

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

羽 田 空 港 ( 東 京 国 際 空 港 )の 概 要 羽 田 空 港 ( 東 京 国 際 空 港 ) 総 面 積 : 1,522ha 旅 客 数 : 6,960 万 人 ( 国 内 6,156 万 人 国 際 804 万 人 ) 貨 物 量 : 91.3 万 トン( 国 内 75.9 万 トン

羽 田 空 港 ( 東 京 国 際 空 港 )の 概 要 羽 田 空 港 ( 東 京 国 際 空 港 ) 総 面 積 : 1,522ha 旅 客 数 : 6,960 万 人 ( 国 内 6,156 万 人 国 際 804 万 人 ) 貨 物 量 : 91.3 万 トン( 国 内 75.9 万 トン 首 都 圏 空 港 の 機 能 強 化 について 平 成 26 年 9 月 国 土 交 通 省 航 空 局 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 羽 田 空 港 ( 東 京 国 際 空 港 )の 概 要 羽 田 空 港 ( 東 京 国 際 空 港 ) 総 面 積 : 1,522ha 旅 客 数 : 6,960 万 人 ( 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 具 体 案 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 要 1 4 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 具 体 案 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 要 1 4 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 添 付 資 料 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 具 体 案 について 1 ( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 具 体 案 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 要 1 4 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 要 2

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090AC93638D918DDB8BF38D6082C6894893638BF38D6082CC979897708FF38BB582C98AD682B782E992B28DB88C8B89CA8B7982D192F18CBE2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090AC93638D918DDB8BF38D6082C6894893638BF38D6082CC979897708FF38BB582C98AD682B782E992B28DB88C8B89CA8B7982D192F18CBE2E646F6378> 成 田 と 羽 田 空 港 の 利 用 状 況 に 関 するアンケート 調 査 結 果 及 び 提 言 2012 年 3 月 株 式 会 社 ちばぎん 総 合 研 究 所 1 目 次 1. 調 査 概 要 1 (1) 調 査 目 的 1 (2) 調 査 方 法 1 2. 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 (1) ア ン ケ ー ト 調 査 結 果 3 (2) 成 田 の 利 用 促 進 に 向 け

More information

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について 高 速 道 路 の 有 効 活 用 に 関 する 個 人 向 け アンケート 調 査 について 高 速 道 路 は, 平 常 時 は 人 流 物 流 を 支 える 大 動 脈 として, 緊 急 時 は 被 災 地 への 救 援 物 資 の 輸 送 などを 支 える 命 の 道 として, 経 済 の 活 性 化 のみならず, 国 民 の 安 全 安 心 を 守 るインフラであり,その 機 能 を 最

More information

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 中 小 企 小 規 模 事 者 が 直 面 する 経 済 社 会 構 造 の 変 化 第 2 部 第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 少

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

位置図

位置図 平 成 28 年 地 価 公 示 価 格 形 成 要 因 等 の 概 要 千 葉 県 代 表 幹 事 佐 藤 元 彦 Ⅰ. 地 価 動 向 の 特 徴 と 要 因 < 住 宅 地 > 1 千 葉 県 全 体 の 地 価 動 向 住 宅 地 の 平 均 地 価 変 動 率 は +0.2%(+0.1)と 若 干 上 昇 しており 上 昇 下 落 地 点 数 に 関 しては 公 示 地 の 上 昇 地 点

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応 ( 様 式 1) 本 社 の 所 在 地 を 記 載 してください ただし 本 社 の 所 在 地 と 補 助 事 業 の 主 たる 実 施 場 所 が 異 なる 場 合 は2 段 書 で 両 方 の 所 在 地 を 記 載 してください 連 携 体 で 申 請 する 場 合 は 各 申 請 者 名 を 併 記 してくださ い また 主 連 絡 先 ( 幹 事 企 業 を 一 番 上 に 記 載 してください

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste アジア 消 費 市 場 の 拡 大 良 質 な 市 場 へ 向 けて 第 3 節 第 2-3-3-4 図 中 国 におけるB to C 電 子 商 取 引 市 場 の 推 移 第 2-3-3-6 表 最 近 のネットビジネス 分 野 の 日 系 企 業 海 外 進 出 事 例 ( 株 )ファーストリティリング 2009 年 4 月 中 国 でネット 通 販 大 手 アリババと 提 携 SBIベリトランス(

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード]

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード] 資 料 2 平 成 24 年 度 第 2 回 大 阪 府 建 設 事 業 再 評 価 監 視 委 員 会 H24.6.21 追 加 説 明 資 料 1 泉 佐 野 東 羽 倉 崎 住 宅 2 道 路 事 業 の 費 用 便 益 比 3 大 阪 外 環 状 線 連 続 立 体 交 差 事 業 4 大 阪 和 泉 泉 南 線 5 道 路 事 業 の 都 市 基 盤 整 備 中 期 計 画 の 位 置 付

More information

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc 分 譲 マンション 市 場 の 動 向 地 価 の 下 げ 止 まり 等 によるマンション 販 売 価 格 上 昇 や 量 的 緩 和 政 策 及 びゼロ 金 利 政 策 解 除 による 金 利 上 昇 など 分 譲 マンション 市 場 を 取 り 巻 く 外 部 環 境 は 変 化 が 生 じてき ている 分 譲 マンション 市 場 をめぐる 最 近 の 動 向 と 今 後 の 先 行 きについて

More information

80

80 千 214.9 8 企 業 分 析 レポート Vol.8 首 都 圏 鉄 道 顧 客 満 足 度 1 を 支 える 独 自 の 高 付 加 価 化 戦 略 ~ 東 京 急 行 電 鉄 ~ 公 益 財 団 法 人 日 本 生 産 性 本 部 生 産 性 総 合 研 究 センター 1 企 業 の 概 要 東 京 急 行 電 鉄 株 式 会 社 ( 以 下 東 急 電 鉄 )は 東 京 都 西 南 部 及

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

Microsoft Word - H23土木計画学秋大会論文v0.doc

Microsoft Word - H23土木計画学秋大会論文v0.doc 高 速 ツアーバスの 旅 客 流 動 実 態 について 新 倉 淳 史 1 浦 嶋 一 馬 2 大 石 礎 3 1 正 会 員 財 団 法 人 運 輸 政 策 研 究 機 構 企 画 室 ( 105-0001 東 京 都 港 区 虎 ノ 門 3 丁 目 18-19) E-mail:niikura@jterc.or.jp 2 非 会 員 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 参 事 官 付 ( 100-8918

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

Diapositiva 1

Diapositiva 1 オカダアイヨン 株 式 会 社 中 長 期 経 営 計 画 アーチ2020 作 戦 ~2020 年 に 橋 をかける~ 2015 Okada Aiyon Corporation. All Rights Reserved. 1 目 次 P3 P4 P5~6 P7~11 P12~15 P16~17 P18 P19~23 過 去 3ヵ 年 の 振 り 返 り 環 境 認 識 中 長 期 経 営 計 画 アーチ2020

More information

1 平 成 25 年 度 女 性 社 員 の 活 躍 促 進 に 関 する 調 査 結 果 ~ 積 極 的 に 取 組 みしている 企 業 は 17.3% ~ ~ 優 秀 な 人 材 確 保 や 勤 労 意 欲 向 上 にメリット ~ ~ 一 層 の 活 躍 促 進 には 社 内 ( 事 業 所 )の 意 識 改 革 がポイント ~ < 調 査 結 果 のポイント> 女 性 社 員 活 躍 促 進 への

More information

Microsoft PowerPoint - Ⅰ 130122時点_資料1.ppt

Microsoft PowerPoint - Ⅰ 130122時点_資料1.ppt 資 料 2 Ⅰ. 国 際 拠 点 空 港 等 に 関 連 した 利 活 用 案 (1) 我 が 国 の 国 際 拠 点 空 港 の 航 空 ネットワーク( 国 際 便 ) 1 (2) 沖 縄 における 航 空 機 整 備 の 状 況 8 (3) ( 独 ) 国 際 協 力 機 構 の 援 助 物 資 備 蓄 拠 点 10 (4) まとめ( 国 際 拠 点 空 港 等 にかかる 利 活 用 ) 11

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63> (2) 分 野 別 の 現 況 課 題 ア 鉄 道 ネットワーク (ア) 市 内 の 鉄 道 市 では 6 事 業 者 15 路 線 54 駅 で 運 行 を 行 っている 京 王 相 模 原 線 (イ) 駅 密 度 市 の 駅 密 度 は 政 令 指 定 都 市 19 都 市 中 3 番 目 の.37 駅 / 平 方 km であり おおよそ 半 径 9m の 円 内 に1 駅 ある 換 算 となる

More information

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

ル マレーシア インドネシア タイの 銀 行 で 占 められています ベトナムの 上 場 銀 行 は ベトコムバ ンク(VCB)が 27 位 ベトインバンク(CTG)が 28 位 以 下 44 位 から 47 位 に エクシムバンク(EIB) サコムバンク(STB) アジア 商 業 銀 行 (ACB

ル マレーシア インドネシア タイの 銀 行 で 占 められています ベトナムの 上 場 銀 行 は ベトコムバ ンク(VCB)が 27 位 ベトインバンク(CTG)が 28 位 以 下 44 位 から 47 位 に エクシムバンク(EIB) サコムバンク(STB) アジア 商 業 銀 行 (ACB アセアン 域 内 の 主 要 な 上 場 銀 行 の 時 価 総 額 ランキング 再 編 が 遅 れているベトナムの 銀 行 セクターのアセアン 域 内 での 位 置 付 け- 下 の 2 つのリストは アセアン 主 要 6 ヶ 国 の 証 券 取 引 所 に 上 場 している 上 場 銀 行 の 時 価 総 額 ランキン グとアセアン 諸 国 以 外 のアジア 主 要 国 の 上 場 銀 行 の

More information

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF)

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF) 特 集 1:アジア 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 現 在 の 中 国 と 高 度 成 長 期 の 日 本 は 類 似 点 も 多 く 現 在 の 中 国 で 大 きな 問 題 と なっている 地 域 間 の 所 得 格 差 や 大 規 模 な 人 口 移 動 は 当 時 の 日 本 で

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

1. 旅 行 命 令 (1) 旅 行 命 令 の 省 略 Q1. 全 行 程 を 公 用 車 による 旅 行 で 宿 泊 を 伴 わない 場 合 の 旅 行 命 令 はどうなるか A1 旅 費 を 伴 わない 旅 行 の 場 合 旅 行 命 令 を 口 頭 で 発 することにより 旅 行 命 令 簿

1. 旅 行 命 令 (1) 旅 行 命 令 の 省 略 Q1. 全 行 程 を 公 用 車 による 旅 行 で 宿 泊 を 伴 わない 場 合 の 旅 行 命 令 はどうなるか A1 旅 費 を 伴 わない 旅 行 の 場 合 旅 行 命 令 を 口 頭 で 発 することにより 旅 行 命 令 簿 旅 費 制 度 Q&A ( 小 中 学 校 編 ) 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 島 根 県 教 育 庁 総 務 課 1. 旅 行 命 令 (1) 旅 行 命 令 の 省 略 Q1. 全 行 程 を 公 用 車 による 旅 行 で 宿 泊 を 伴 わない 場 合 の 旅 行 命 令 はどうなるか A1 旅 費 を 伴 わない 旅 行 の 場 合 旅 行 命 令 を 口 頭 で 発 することにより

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港 平 成 16 年 9 月 公 明 党 代 表 神 崎 武 法 殿 要 望 書 宮 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 会 長 村 松 巖 要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設

More information

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国 DBJ 北 海 道 支 店 経 済 ミニレポートNo.17 2014/11 アジア8 地 域 北 海 道 観 光 に 関 する 訪 日 外 国 人 の 意 向 調 査 ( 平 成 26 年 版 ) ~ 引 き 続 き 北 海 道 ブランドの 価 値 は 高 く 国 内 トップクラス~ 1. 日 本 政 策 投 資 銀 行 は 2014 年 9 月 昨 年 に 引 き 続 きアジア8 地 域 ( 韓

More information

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 概 要 4 首 都 圏 内 の 料 金 水 準 の 整 理 統 一 5 首 都 圏 の 高 速 路 の 車 種 区 分 の 整 理 統 一 6 起 終 点 を 基

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 概 要 4 首 都 圏 内 の 料 金 水 準 の 整 理 統 一 5 首 都 圏 の 高 速 路 の 車 種 区 分 の 整 理 統 一 6 起 終 点 を 基 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 について 添 付 資 料 ( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 概 要 4 首 都 圏 内 の 料 金 水 準 の 整 理 統 一 5 首 都 圏 の 高 速 路 の 車 種 区 分 の 整 理 統 一 6 起 終 点 を 基 本 とした 継 ぎ 目 のない

More information

日 本 人 について 日 本 人 が 好 きですか? という 質 問 に 対 し 2015 年 の 調 査 では 韓 国 の 68%の 人 々が 大 好 き また は 好 き と 回 答 しています 韓 国 では 前 述 の 日 本 という 国 が 好 きですか? という 質 問 では 58%の 人

日 本 人 について 日 本 人 が 好 きですか? という 質 問 に 対 し 2015 年 の 調 査 では 韓 国 の 68%の 人 々が 大 好 き また は 好 き と 回 答 しています 韓 国 では 前 述 の 日 本 という 国 が 好 きですか? という 質 問 では 58%の 人 リサーチ Press Release 報 道 関 係 者 各 位 2015 年 7 月 15 日 アウンコンサルティング 株 式 会 社 アジア 10 カ 国 の 親 日 度 調 査 ~ 中 国 の 親 日 度 が 急 上 昇 ~ アジア 8 拠 点 で SEM( 検 索 エンジンマーケティング)サービス インターネット 広 告 ソーシャルメディ アなどのグローバルマーケティングを 展 開 するアウンコンサルティング

More information

卓 球 用 具 って? (ラバーの 例 ) 卓 球 用 具 の 輸 出 入 Page シート シート 統 計 品 目 の 卓 球 用 具 には 卓 球 台 ラケット ボール など 卓 球 に 使 用 する 用 具 が 含 まれます 一 見 すると 同 じように 見 える 用 具 も 様 々な 種 類

卓 球 用 具 って? (ラバーの 例 ) 卓 球 用 具 の 輸 出 入 Page シート シート 統 計 品 目 の 卓 球 用 具 には 卓 球 台 ラケット ボール など 卓 球 に 使 用 する 用 具 が 含 まれます 一 見 すると 同 じように 見 える 用 具 も 様 々な 種 類 卓 球 用 具 の 輸 出 入 平 成 年 5 月 7 日 東 京 税 関 15 年 は 輸 出 輸 入 ともに 3 割 以 上 の 増 加 輸 出 額 は3 年 連 続 輸 入 額 は5 年 連 続 の 増 加 で 輸 出 輸 入 ともに 過 去 最 大 輸 出 輸 入 ともに 対 中 国 対 ドイツが 急 増 輸 出 額 の9 割 輸 入 額 の5 割 を 東 京 税 関 が 占 める はじめに

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通 都 市 建 設 委 員 会 資 料 平 成 26 年 9 月 30 日 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 エイトライナー 促 進 協 議 会 の 実 施 結 果 について 1 これまでの 協 議 会 の 活 動 平 成 6 年 度 エイトライナー 促 進 協 議 会 設 立 平 成 10~16 年 度 エイトライナー メトロセブン 合 同 促 進 大 会 を 実 施 平 成 11 年 度 運

More information

Microsoft Word - 3jittai

Microsoft Word - 3jittai 3. 利 用 実 態 の 把 握 臼 杵 市 における 公 共 交 通 の 課 題 の 把 握 および 本 計 画 の 基 本 方 針 の 検 討 に 向 け 利 用 者 ニーズ 調 査 とし て 地 域 公 共 交 通 の 主 な 利 用 者 である 65 歳 以 上 の 高 齢 者 に 向 けたアンケート 調 査 を 実 施 した また 利 用 者 ニーズ 調 査 の 一 環 として 次 年 度

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63> 和 歌 山 県 観 光 統 計 調 査 報 告 書 平 成 21 年 (2009 年 )3 月 和 歌 山 県 目 次 1.はじめに... 3 1-1. 調 査 目 的...3 1-2. 実 施 調 査 内 容...3 2. 調 査 結 果 と 分 析 ( 単 純 集 計 結 果 )... 6 2-1. 県 内 アンケート 調 査 結 果...6 2-1-1. 回 答 者 プロフィール...6 2-1-2.

More information

Microsoft PowerPoint - 所長挨拶用.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 所長挨拶用.ppt [互換モード] 訪 日 アジア 観 光 客 の 目 的 地 分 布 からみた 九 州 の 課 題 戴 二 彪 (dai@icsead.or.jp) ( 国 際 東 アジア 研 究 センター 主 席 研 究 員 ) 1 Ⅰ.はじめに 研 究 の 背 景 近 年 の 日 本 では, 産 業 構 造 の 転 換 への 模 索 が 続 く 中, 成 長 ポテンシャルの 高 いインバウンド 国 際 観 光 が 重 視 さ れつつある

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

目 次 1. 事 業 の 概 要... 1 2. 社 会 経 済 情 勢 の 変 化... 5 3. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化... 8 4. 事 業 の 効 果 の 発 現 状 況... 9 5. 今 後 の 事 業 評 価 の 必 要 性 等.

目 次 1. 事 業 の 概 要... 1 2. 社 会 経 済 情 勢 の 変 化... 5 3. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化... 8 4. 事 業 の 効 果 の 発 現 状 況... 9 5. 今 後 の 事 業 評 価 の 必 要 性 等. 資 料 3-3(1) どうおうけんれんらく 道 央 圏 連 絡 道 路 ( 一 般 国 道 337 号 ) しん 新 ちとせ 千 歳 空 港 関 連 事 後 評 価 結 果 準 備 書 説 明 資 料 平 成 27 年 度 北 海 道 開 発 局 目 次 1. 事 業 の 概 要... 1 2. 社 会 経 済 情 勢 の 変 化... 5 3. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった

More information

T12-1024_ブック.indb

T12-1024_ブック.indb ( 千 人 ) 20,000 18,000 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 日 本 人 海 外 旅 行 者 数 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 新 東 京 国 際 空 港 開 港 (1978) 台 湾 発 の 渡 航 自 由 化 (1979) 第 一 次 石 油 危 機 (1975) 韓 国 発 の 渡 航 自 由 化 (1989)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 議 題 資 料 1 Company Logo 若 者 の 流 出 防 止 策 平 成 26 年 度 第 1 回 三 重 県 経 営 戦 略 会 議 平 成 26 年 5 月 20 日 目 次 ( 頁 ) 1.はじめに 1 2. 人 口 の 社 会 移 動 について 2 3. 学 ぶ 5 4. 働 く 12 5. 暮 らす 16 6. 若 者 の 意 識 について 19 1.はじめに 平 成 25 年

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

富 山 きときと 空 港 活 性 化 方 策 についての 検 討 の 流 れ 外 部 環 境 国 内 線 は 全 国 的 に 漸 減 傾 向 国 際 線 はアジアを 中 心 に 増 加 傾 向 特 にインバ ウンド 旅 客 が 増 加 羽 田 国 際 線 大 幅 増 によるハブ 空 港 化 リージョ

富 山 きときと 空 港 活 性 化 方 策 についての 検 討 の 流 れ 外 部 環 境 国 内 線 は 全 国 的 に 漸 減 傾 向 国 際 線 はアジアを 中 心 に 増 加 傾 向 特 にインバ ウンド 旅 客 が 増 加 羽 田 国 際 線 大 幅 増 によるハブ 空 港 化 リージョ 富 山 きときと 空 港 活 性 化 検 討 会 議 とりまとめ 概 要 平 成 27 年 2 月 24 日 富 山 きときと 空 港 活 性 化 方 策 についての 検 討 の 流 れ 外 部 環 境 国 内 線 は 全 国 的 に 漸 減 傾 向 国 際 線 はアジアを 中 心 に 増 加 傾 向 特 にインバ ウンド 旅 客 が 増 加 羽 田 国 際 線 大 幅 増 によるハブ 空 港 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081698ED089EF8EC08CB18A549776826F82508160826F8252816A89FC82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081698ED089EF8EC08CB18A549776826F82508160826F8252816A89FC82512E646F63> H18.6.21 連 絡 会 資 料 資 料 1 国 道 43 号 沿 道 環 境 改 善 に 向 けた 社 会 実 験 の 実 験 概 要 1. 実 験 の 内 容 ( 別 紙 チラシ 参 照 ) 一 般 国 道 43 号 の 沿 道 環 境 改 善 を 図 るため 阪 神 高 速 5 号 湾 岸 線 を 活 用 した 環 境 ロードプライシ ング 社 会 実 験 を 実 施 し 交 通 実 態

More information

5 企 画 提 案 書 等 の 提 出 期 限 及 び 場 所 提 出 期 限 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 )12:00まで 提 出 場 所 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 9-13 内 閣 衛 星 情 報 センター 管 理 部 会 計 課 担 当 : 鎌 田 電 話 :

5 企 画 提 案 書 等 の 提 出 期 限 及 び 場 所 提 出 期 限 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 )12:00まで 提 出 場 所 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 9-13 内 閣 衛 星 情 報 センター 管 理 部 会 計 課 担 当 : 鎌 田 電 話 : 上 級 英 語 研 修 の 請 負 に 係 る 企 画 競 争 について 下 記 のとおり 企 画 競 争 を 行 います 平 成 28 年 3 月 29 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 内 閣 衛 星 情 報 センター 管 理 部 長 青 木 信 義 記 1 契 約 担 当 官 等 の 官 職 及 び 氏 名 支 出 負 担 行 為 担 当 官 内 閣 衛 星 情 報 センター 管 理 部

More information

MOVTRAの 活 用 場 面 環 境 調 査 時 の 交 通 量 観 測 工 事 現 場 での 入 退 出 管 理 車 両 台 数 の 把 握 ( 観 光 シーズンや イベント 時 店 舗 出 入 口 ) スピード 抑 制 対 策 の 確 認 等 実 績 がございます カテゴリ 官 公 庁 ( 国

MOVTRAの 活 用 場 面 環 境 調 査 時 の 交 通 量 観 測 工 事 現 場 での 入 退 出 管 理 車 両 台 数 の 把 握 ( 観 光 シーズンや イベント 時 店 舗 出 入 口 ) スピード 抑 制 対 策 の 確 認 等 実 績 がございます カテゴリ 官 公 庁 ( 国 誰 でも 簡 単 に 交 通 量 計 測 車 両 台 数 速 度 車 長 自 動 計 測 システム 商 標 2006-43852 MOVTRA 設 置 例 昼 夜 連 続 して3~7 日 間 の 計 測 可 能 車 両 台 数 速 度 車 長 が 計 測 可 能 設 置 作 業 が30~60 分 交 通 規 制 は 不 要 その 場 でデータ 取 得 即 時 に 集 計 可 能 車 両 カウント 率

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20939D8D87837483408343838B81A897E291A08B8D93F72E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20939D8D87837483408343838B81A897E291A08B8D93F72E646F63> 品 目 別 事 例 編 39 40 畜 産 物 1 第 1 編 冷 蔵 牛 肉 目 次 航 空 輸 出 に 係 る 問 題 点 と 課 題 1-3 Ⅰ. 輸 出 の 動 向 1-4 1. 輸 出 品 目 の 概 要 1) 冷 蔵 牛 肉 の 国 内 生 産 量 2) 冷 蔵 牛 肉 の 輸 送 形 態 別 輸 出 量 3) 冷 蔵 牛 肉 の 輸 出 先 国 地 域 別 税 関 別 輸 出 実 績

More information

ia Mo9 アジアマンスリー 2009 年 6 月 号 Vol.42 今 月 の 内 容 アジア 諸 国 の5 月 のニュースから 中 国 :レジ 袋 有 料 化 地 方 で 浸 透 せず= 中 国 台 湾 : 世 界 IT 企 業 番 付 台 湾 勢 が 好 調 = 小 型 PC 多 機 能 携

ia Mo9 アジアマンスリー 2009 年 6 月 号 Vol.42 今 月 の 内 容 アジア 諸 国 の5 月 のニュースから 中 国 :レジ 袋 有 料 化 地 方 で 浸 透 せず= 中 国 台 湾 : 世 界 IT 企 業 番 付 台 湾 勢 が 好 調 = 小 型 PC 多 機 能 携 取 り 扱 い 金 融 商 品 に 関 する 留 意 事 項 ( ) 52 ( ) ( ) ( TOPIX ) FX ( ) ( ) ( ) 30 33 (SPAN 1.0) FX ( ) FX FX 1 1 (1 10 ) FX Web 1 1 ( ) 1,417 280 100 810 100 378 1 700 5 1,260 ( ) 0.21 ( 52.5 ) ( ) 1 420 225mini

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

Microsoft Word - A都市マス本編.doc

Microsoft Word - A都市マス本編.doc 5-3 交 通 体 系 の 方 針 1) 現 状 と 課 題 (1) 道 路 交 通 1 幹 線 道 路 幹 線 道 路 網 は 周 辺 市 町 との 広 域 連 携 を 担 う 一 般 国 道 11 号 32 号 438 号 さぬき 浜 街 道 を 中 心 に 市 内 各 地 の 連 絡 を 担 う 主 要 地 方 道 一 般 県 道 及 び 主 要 な 市 道 により 概 ね 格 子 状 に 道

More information

Z eimu information 生 命 保 険 料 控 除 の 改 正 今 年 は 生 命 保 険 料 控 除 が 改 正 された 年 です 年 末 調 整 に 先 駆 けて 生 命 保 険 料 控 除 証 明 書 や 記 載 書 類 の 見 方 や 注 意 すべきポイ ントについてお 届 け

Z eimu information 生 命 保 険 料 控 除 の 改 正 今 年 は 生 命 保 険 料 控 除 が 改 正 された 年 です 年 末 調 整 に 先 駆 けて 生 命 保 険 料 控 除 証 明 書 や 記 載 書 類 の 見 方 や 注 意 すべきポイ ントについてお 届 け 今 年 もあと2ヶ 月 足 らずとなりました 月 日 の 経 つのは 早 いですが 今 年 やるべきことのやり 残 しがないか 今 一 度 振 り 返 ってみてはいかがでしょうか 掲 載 内 容 に 関 してご 不 明 点 等 あれば お 気 軽 に 当 事 務 所 までお 問 い 合 わせください 11 2012 生 命 保 険 料 控 除 の 改 正 年 末 調 整 11 月 にすべきこと 育

More information

自動車産業の現状

自動車産業の現状 産 業 の 現 状 2013 年 8 月 一 般 社 団 法 人 日 本 工 業 会 我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 産 業 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 関 連 : 548 万 人 (8.8%) * 国 内 就 業 人 口 中 の 割 合 就 業 人 口 うち 製 造 部 門

More information

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月 小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 [ 平 成 28 年 1 月 期 調 査 ] ~ 全 業 種 で 売 上 額 が 落 ち 込 んだ 小 規 模 企 業 景 況 ~ 2016 年 2 月 23 日 全 国 商 工 会 連 合 会 < 調 査 概 要 > 調 査 対 象 : 全 国 約 300 商 工 会 の 経 営 指 導 員 調 査 時 点 :2016 年 1 月 末 調 査 方 法 :

More information

Microsoft Word - 調査報告書.doc

Microsoft Word - 調査報告書.doc . 企 業 の 現 状 把 握.. 企 業 の 海 外 高 度 人 材 活 用 実 績 本 調 査 の 企 業 アンケート 送 付 総 数,66 社 のうち 9 社 (9.8%)から 回 答 を 得 た そのうち 海 外 高 度 人 材 を 活 用 している( 経 験 がある 企 業 を 含 む)は 社 (5.%)であった 実 績 は 無 いが 活 用 したいと 考 えている 企 業 が 社 (6.9%)

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information