- 1 -

Size: px
Start display at page:

Download "- 1 -"

Transcription

1 平 成 25 年 度 名 古 屋 市 行 政 評 価 外 部 評 価 資 料 グループ 事 業 番 号 B 5 事 業 名 名 古 屋 まつり 負 担 金

2 - 1 -

3 - 2 -

4 名 古 屋 まつり 負 担 金 名 古 屋 まつりの 概 要 昭 和 30 年 に 市 民 が 楽 しめるような 総 合 的 なレクリエーション 行 事 として 第 1 回 名 古 屋 まつりが 開 催 されました まつりを 通 じて 市 内 外 の 多 くの 方 に 名 古 屋 の 伝 統 文 化 魅 力 に 触 れてい ただくことを 目 的 として 郷 土 英 傑 行 列 をはじめとした 行 列 行 事 と 栄 を 中 心 と する 会 場 での 会 場 行 事 を 行 っており 今 年 で 第 59 回 目 を 迎 えます 名 古 屋 まつりは 愛 知 県 名 古 屋 市 名 古 屋 商 工 会 議 所 が 主 催 者 となり 名 古 屋 まつり 協 進 会 を 組 織 して 多 方 面 の 関 係 団 体 ( 協 賛 企 業 愛 知 県 警 察 陸 上 自 衛 隊 ボランティアの 方 など)の 協 力 を 得 ながら 実 施 されています 事 業 費 の 内 訳 ( 名 古 屋 まつり 協 進 会 平 成 25 年 度 予 算 ) 収 入 事 項 名 千 円 主 催 者 負 担 金 112,000 愛 知 県 500 名 古 屋 市 111,000 名 古 屋 商 工 会 議 所 500 企 業 などからの 寄 附 金 7,500 前 年 度 からの 繰 越 金 2,550 雑 収 入 433 計 122,483 支 出 事 項 名 千 円 ポスター 作 成 などの 宣 伝 に 要 する 経 費 10,686 行 事 費 107,928 郷 土 英 傑 行 列 など 行 列 に 要 する 経 費 86,575 会 場 設 営 運 営 などに 要 する 経 費 21,353 その 他 一 般 事 務 費 3,869 計 122,

5 負 担 金 などの 推 移 億 円 昭 和 62 年 平 成 元 年 平 成 4 年 平 成 14 年 平 成 24 年 億 円 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 0 市 負 担 金 額 協 進 会 予 算 額 一 般 会 計 予 算 額 左 目 盛 り 右 目 盛 り 昭 和 62 年 平 成 元 年 平 成 4 年 平 成 14 年 平 成 24 年 市 負 担 金 額 1 億 4,860 3 億 4,000 2 億 4,500 1 億 8,000 1 億 2,100 協 進 会 1 億 6,429 4 億 1,556 2 億 9,700 1 億 9,824 1 億 3,716 予 算 額 一 般 会 計 6,800 7,678 9,520 1 兆 0,408 1 兆 0,288 予 算 額 億 円 億 円 億 円 億 円 億 円 - 4 -

6 平 成 24 年 度 第 58 回 名 古 屋 まつり 概 要 日 程 平 成 24 年 10 月 20 日 ( 土 ) 21 日 ( 日 )を 中 心 に 実 施 来 場 者 数 過 去 2 番 目 となる 約 229 万 人 行 列 行 事 郷 土 英 傑 行 列 山 車 揃 神 楽 揃 などの 豪 華 絢 爛 な 時 代 行 列 が 名 古 屋 の 中 心 街 を 練 り 歩 きました 土 曜 日 : 名 古 屋 駅 栄 矢 場 町 の 約 3km 約 1000 人 日 曜 日 : 市 役 所 栄 矢 場 町 の 約 2.5km 約 3500 人 会 場 行 事 なごやめしや 武 将 隊 姫 隊 ご 当 地 アイドルのステージなどを 実 施 しました 施 設 の 無 料 開 放 毎 回 名 古 屋 まつり 当 日 の 日 曜 日 に 市 内 施 設 の 無 料 開 放 を 実 施 しており 平 成 24 年 度 は 名 古 屋 城 をはじめとする11 施 設 を 無 料 開 放 しました < 会 場 行 事 > ビアパーク ビール&なごやめし 武 将 隊 のステージ アイドルステージ 東 北 支 援 企 画 わっしょい 太 鼓 まつり なごや 観 光 文 化 ごえん 市 郷 土 芸 能 祭 日 本 古 武 道 大 会 学 生 企 画 - 5 -

7 < 行 列 行 事 > 郷 土 英 傑 行 列 市 指 定 文 化 財 山 車 揃 市 文 化 財 神 楽 揃 子 ども 会 みこしパレード 姉 妹 友 好 都 市 親 善 パレード フラワーカーパレード ナナちゃん 隊 全 国 大 会 優 勝 チーム ロント ンオリンヒ ック ハ ラリンヒ ック 日 本 代 表 - 6 -

8 運 営 体 制 名 古 屋 まつりは 愛 知 県 名 古 屋 市 名 古 屋 商 工 会 議 所 が 主 催 者 となり 名 古 屋 まつり 協 進 会 ( 会 長 : 名 古 屋 市 長 )を 組 織 して 市 内 の 百 貨 店 や 商 店 街 をはじめとする 企 業 様 愛 知 県 警 察 や 陸 上 自 衛 隊 ボーイスカウト ガールス カウトなどのボランティアの 方 々の 協 力 を 得 ながら 事 業 を 実 施 しています 概 要 図 行 事 など 協 力 体 制 統 括 警 備 愛 知 県 警 察 総 務 局 総 務 課 広 報 ガイドブック 協 賛 企 業 鉄 道 各 社 郷 土 英 傑 行 列 百 貨 店 自 衛 隊 財 政 局 行 列 行 事 山 車 揃 神 楽 揃 総 務 局 職 員 部 企 画 部 フラワーカーパレード 市 民 経 済 局 山 車 神 楽 関 係 団 体 名 古 屋 市 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 協 賛 企 業 雑 踏 整 理 総 務 局 行 政 改 革 推 進 部 ボーイスカウト ガールスカウト 会 場 行 事 久 屋 会 場 オアシス 会 場 など 広 告 代 理 店 へ 委 託 ( 公 財 ) 名 古 屋 観 光 コンベンションビューロー 会 場 広 告 協 賛 企 業 会 場 出 展 協 賛 企 業 扇 子 兜 など 当 日 配 布 す るグッズの 提 供 郷 土 芸 能 祭 古 武 道 大 会 教 育 委 員 会 緑 政 土 木 局 関 係 団 体 - 7 -

9 20 年 前 ( 平 成 4 年 第 38 回 )に 実 施 していた 主 な 事 業 日 本 各 地 のまつりの 再 現 ( 光 の 伝 統 祭 ) 海 外 の 舞 踏 花 バス ナゴヤ バンド フェスティバル 全 国 ラーメンコーナー 光 のファンタジー 近 年 の 主 な 改 善 見 直 しの 内 容 公 式 ガイドブック 冊 子 版 の 発 行 ( 平 成 10 年 ~) 平 成 18 年 からポケットサイズに 平 成 24 年 度 公 式 ガイドブック 武 将 のふるさと 愛 知 との 連 携 ( 平 成 18 年 ~) メインポスターを 三 英 傑 の 構 図 に( 平 成 18 年 ~) 行 列 に 大 河 ドラマ 主 人 公 を 配 役 ( 平 成 18 年 ~) 功 名 が 辻 山 内 一 豊 天 地 人 直 江 兼 続 など 広 報 ポスター ナナちゃん 隊 の 行 列 参 加 ( 平 成 20 年 ~) 市 立 桜 台 高 校 生 徒 による 装 飾 行 列 全 国 大 会 優 勝 チーム 等 の 行 列 参 加 ( 平 成 21 年 ~) 学 生 企 画 ( 平 成 22 年 ~) 市 内 大 学 生 によるステージ 会 場 行 事 < 平 成 4 年 > < 平 成 24 年 > ソーシャルタワーマーケット( 平 成 24 年 ~) 生 涯 学 習 活 動 を 行 っているNPO( 大 ナゴヤ 大 学 )による 会 場 行 事 - 8 -

10 他 の 大 都 市 の 都 市 まつり 都 市 名 行 事 名 等 メインイベント 主 催 平 成 25 年 事 業 費 札 幌 市 さっぽろ 雪 まつり H26 2/5~11 ( 約 236 万 人 ) 大 通 会 場 大 雪 像 5 基 を 含 む 約 250 基 の 雪 像 の 制 作 つどーむ 会 場 100m のチューフ スライタ ー を 含 む 3 つの 滑 り 台 すすきの 会 場 芸 術 的 な 氷 像 60 基 の 制 作 各 会 場 で 北 海 道 の 食 ステーシ イヘ ントを 楽 しむことが 出 来 る さっぽろ 雪 まつり 実 行 委 員 会 [ 名 誉 会 長 ] 市 長 [ 会 長 ] 札 幌 観 光 協 会 会 長 [ 構 成 ] 札 幌 市 札 幌 商 工 会 議 所 札 幌 観 光 協 会 札 幌 市 教 育 委 員 会 を 主 催 団 体 とした 行 政 民 間 団 体 で 構 成 事 業 費 : 約 2 億 1,656 [ 内 訳 ] 札 幌 市 :1 億 6,440 市 商 工 会 議 所 :160 市 観 光 協 会 :160 協 賛 金 :2,163 事 業 収 入 :2,843 他 雑 収 入 繰 越 金 :50 横 浜 市 横 浜 開 港 祭 H25 6/8~9 ( 約 75 万 人 ) コーラス 隊 の 合 唱 レーザーと 音 楽 と 調 和 した 花 火 大 会 などの 様 々なイベ ント 横 浜 開 港 祭 協 議 会 [ 名 誉 会 長 ] 市 長 商 工 会 議 所 会 頭 [ 会 長 ] 横 浜 青 年 会 議 所 理 事 長 ( 非 公 開 ) 京 都 市 京 の 七 夕 H25 8/3~12 ( 約 73 万 人 ) 平 和 や 地 球 環 境 を はじめ 様 々な 願 い を 全 国 から 募 り 寺 院 神 社 に 託 す 京 の 七 夕 実 行 委 員 会 [ 委 員 長 ] なし [ 構 成 ] 宗 教 団 体 代 表 観 光 協 会 青 年 会 議 所 商 店 連 盟 京 都 府 京 都 市 等 事 業 費 : 約 1 億 1,500 [ 内 訳 ] 京 都 市 :5,000 京 都 府 :5,000 市 観 光 協 会 :300 他 企 業 協 賛 事 業 収 入 大 阪 市 御 堂 筋 フェスタ H25 5/12 ( 約 39 万 人 ) 大 阪 のシンボルで ある 御 堂 筋 から 情 報 発 信 することに よる にぎわいの 創 出 御 堂 筋 にぎわい 空 間 づく り 実 行 委 員 会 [ 委 員 長 ] 大 阪 市 長 [ 構 成 ] 商 店 街 振 興 会 商 工 会 議 所 経 済 同 友 会 コンベ ンション 協 会 国 府 等 事 業 費 : 約 6,000 [ 内 訳 ] 大 阪 市 :3,100 大 阪 府 :1,550 協 賛 金 等 :1,329 神 戸 市 神 戸 まつり H25 5/19 ( 約 71 万 人 ) パレード ステージ イベント 等 実 施 神 戸 市 民 祭 協 会 [ 会 長 ] 神 戸 市 長 [ 構 成 ] 県 商 工 会 議 所 等 の 民 間 団 体 事 業 費 :8,860 [ 内 訳 ] 神 戸 市 :5,350 兵 庫 県 :80 協 賛 金 / 雑 収 入 :2,480 繰 越 金 :950 福 岡 市 博 多 どんた く 港 まつり H25 5/3~4 ( 約 220 万 人 ) 明 治 通 りにて 実 施 するどんたくパレ ード 福 岡 市 民 の 祭 り 振 興 会 [ 名 誉 会 長 ] 福 岡 市 長 [ 会 長 ] 商 工 会 議 所 会 頭 [ 構 成 ] 福 岡 市 観 光 コンベ ンションビューロー 商 工 会 議 所 を 主 催 団 体 とした 行 政 民 間 団 体 で 構 成 事 業 費 :5,433 [ 内 訳 ] 市 補 助 金 等 :2,880 協 賛 金 等 :1,982 桟 敷 関 連 収 入 :250 その 他 収 入 :230 行 事 名 等 欄 の( ) 内 数 字 は 平 成 25 年 度 来 場 者 数 ( 札 幌 市 京 都 市 は 平 成 24 年 度 ) - 9 -

11 さっぽろ 雪 まつり 横 浜 開 港 祭 京 の 七 夕 御 堂 筋 フェスタ 神 戸 まつり 博 多 どんたく 港 まつり

12 名 古 屋 まつり 来 場 者 アンケート 実 施 時 期 : 平 成 24 年 10 月 20 日 ( 土 ) 21 日 ( 日 ) 実 施 場 所 : 名 古 屋 まつり 会 場 周 辺 対 象 者 : 名 古 屋 まつりへの 来 場 者 1,004 名 名 古 屋 まつり 来 場 後 の 満 足 度 2.7% 0.3% 33.8% 63.2% 97% とても 満 足 まあ 満 足 やや 不 満 とても 不 満 来 年 のなごやまつりにまた 来 たいと 思 われますか? (%) 全 体 来 年 の 名 古 屋 まつりへの 来 場 意 向 は 行 列 行 事 会 場 行 事 行 列 行 事 ともに 極 めて 高 い 会 場 行 事 ぜひ 来 たい 来 たいとは 思 わない

13 これからの 名 古 屋 まつりに 期 待 することをお 聞 かせください (%) 郷 土 英 傑 行 列 ( 三 英 傑 )を 中 心 とした まつりとして 今 後 も 継 続 してほしい 51.9 山 車 揃 など 文 化 財 を 間 近 で 見 ることが できる 機 会 を 増 やしてほしい 26.2 毎 年 内 容 を 変 えて 新 しい 楽 しさを 提 供 してほしい 26.6 行 列 やステージに 参 加 できるようにしてほしい 13.1 国 内 や 海 外 から 多 くの 観 光 客 を 呼 べる ような 観 光 の 目 玉 になってほしい 29.4 名 古 屋 まつりは 行 わなくてよい 0.7 その 他 3.5 特 にない 12.8 英 傑 行 列 を 中 心 としたまつりとして 継 続 を 望 む 人 が 最 も 多 い 次 いで 多 くの 観 光 客 が 呼 べる 観 光 の 目 玉 に が 続 いた 名 古 屋 まつりは 行 わなくてよい とする 人 はほとんどいなかった

14 事 項 番 号 1179 評 価 票 ソフト 施 設 事 業 名 名 古 屋 まつり 負 担 金 ホームページ 作 成 部 署 総 務 局 総 務 課 電 話 番 号 施 策 28 歴 史 文 化 に 根 ざした 魅 力 を 大 切 にし 情 報 発 信 します 中 期 戦 略 ビジョ ンに 最 も 関 連 のある 施 策 展 開 1 名 古 屋 アイデンティティの 確 立 主 な 事 業 名 古 屋 まつりの 開 催 対 象 ( 誰 何 を) 市 民 及 び 本 市 来 訪 者 目 意 図 (どういう 状 的 多 くの 市 民 及 び 本 市 来 訪 者 等 に 名 古 屋 まつりを 通 じて 市 の 伝 統 文 化 魅 力 に 触 れ 知 ってもらい 態 にしたいか) ます 事 業 の 内 容 名 古 屋 まつりは 昭 和 30 年 に 始 まった 名 古 屋 の 秋 を 彩 るまつりであり 内 容 は 以 下 のとおりです 開 催 日 :10 月 の 第 3 土 日 を 中 心 構 成 員 : 名 古 屋 市 愛 知 県 名 古 屋 商 工 会 議 所 運 営 主 体 : 名 古 屋 まつり 協 進 会 運 営 経 費 :3 者 の 負 担 金 及 びその 他 寄 付 金 等 行 事 内 容 : 指 定 文 化 財 山 車 揃 郷 土 英 傑 行 列 などの 行 列 郷 土 芸 能 祭 学 生 の 企 画 などによる 会 場 行 事 市 内 文 化 観 光 施 設 の 無 料 開 放 等 24 年 度 の 実 施 内 容 施 策 への 貢 献 郷 土 英 傑 行 列 をはじめとした 各 行 列 及 び 会 場 行 事 を 実 施 するとともに 日 曜 は 市 内 11か 所 の 文 化 観 光 施 設 の 無 料 開 放 を 行 いました 平 成 24 年 度 は ロンドンオリンピック パラリンピック 日 本 代 表 全 国 大 会 制 覇 を 成 し 遂 げたチームに 行 列 に 参 加 いただくとともに 会 場 行 事 では なごやめし 博 覧 会 と 連 携 したビアパークや 復 興 支 援 企 画 の 東 北 観 光 PR 等 を 実 施 しました 名 古 屋 まつりを 実 施 することにより 多 くの 方 に 市 の 伝 統 文 化 魅 力 に 触 れてもら うことができています 施 策 貢 献 度 A: 極 めて 大 きい B: 貢 献 あり C: 貢 献 小 さい 指 標 項 目 23 年 度 実 績 24 年 度 実 績 計 画 予 定 等 説 明 実 績 26 年 度 成 果 23 年 度 は 雨 天 により 観 客 数 165 万 人 229 万 人 その 他 235 万 人 一 部 事 業 を 中 止 事 業 の 進 捗 状 況 計 画 管 理 型 A: 順 調 B: やや 遅 れ C: 遅 れ 実 績 26 年 度 成 果 協 賛 協 力 成 果 経 年 比 較 型 86 団 体 95 団 体 その 他 企 業 団 体 数 100 団 体 A: 向 上 B: ほぼ 横 ばい 実 績 年 度 C: 低 下 成 果 その 他 25 年 度 へ 改 善 見 直 し A: 廃 止 抜 本 的 見 直 し 実 績 年 度 B: 改 善 見 直 しあり 成 果 C: 改 善 見 直 しなし その 他 事 業 費 ( 千 円 ) 事 業 費 うち 一 般 財 源 額 23 年 度 決 算 額 121, , 年 度 決 算 見 込 額 121, , 年 度 予 算 額 111, ,000 備 考 説 明 事 業 にかかる 経 費 の 増 減 A: 減 少 B: ほぼ 横 ばい C: 増 加 将 来 の 財 政 負 担 職 員 数 ( 概 数 人 ) 職 員 人 件 費 ( 概 算 ) 人 件 費 を 含 めた 費 用 1.0 8, , , , , ,320 A: 減 少 B: ほぼ 横 ばい C: 増 加 行 政 の 活 動 領 域 公 的 関 与 の 市 の 個 性 特 色 魅 力 を 継 承 発 展 創 造 し あるいは 国 内 外 へ 情 報 発 信 するこ 8 性 質 別 区 分 とを 目 的 とした 事 業 D: 行 政 領 域 小 実 施 方 法 委 託 指 定 管 理 ( 公 募 競 争 ) 負 担 金 補 助 金 交 付 金 委 託 等 拡 大 ( 該 当 する ものすべて) 委 託 指 定 管 理 ( 非 公 募 随 契 ) 直 接 実 施 ( 契 約 事 務 交 付 事 務 等 を 除 く) A: 拡 大 できない 根 拠 法 令 要 綱 等 名 古 屋 まつり 協 進 会 規 約 B: 予 定 あり 開 始 年 度 昭 和 30 年 度 終 了 予 定 年 度 C: 予 定 なし 総 務 局 の 意 見 [ 改 善 見 直 し] 本 市 の 魅 力 を 今 以 上 に 発 信 していくために これまで 以 上 に 名 古 屋 の 特 色 や 魅 力 を 生 かした 企 画 の 検 討 などを 行 うとともに 市 内 の 企 業 等 に 協 力 を 働 きかけることで まつりの 盛 り 上 げを 図 り あわせて 本 市 の 負 担 軽 減 を 図 っていく 必 要 があるのではないか

15 論 点 シート 事 項 番 号 11 事 業 名 名 古 屋 まつり 負 担 金 総 務 局 の 意 見 名 古 屋 まつりは 市 内 外 の 方 に 本 市 の 伝 統 文 化 魅 力 に 触 れてもらう 上 で 重 要 な 役 割 を 担 っており 毎 年 秋 に 開 催 される 名 古 屋 を 代 表 するま つりとして 市 民 にも 定 着 している 平 成 24 年 度 に 実 施 した 来 場 者 アンケートによると 郷 土 英 傑 行 列 を 中 心 としたまつりとして 継 続 する 声 が 多 い 中 新 しい 企 画 に 対 する 期 待 も 一 定 程 度 ある そこで 他 都 市 が 主 催 するまつり 等 の 手 法 も 参 考 に 名 古 屋 の 特 色 や 魅 力 を 生 かした 企 画 を 検 討 するなど 本 市 の 魅 力 を 今 以 上 に 発 信 していく 必 要 があるのではないか また 名 古 屋 まつりに 要 する 費 用 については 平 成 24 年 度 においては 約 90%を 名 古 屋 市 が 支 出 し 企 業 等 からの 協 賛 金 は 約 5%にとどまってお り 今 後 名 古 屋 全 体 として さらなるまつりの 盛 り 上 げを 図 っていくた め 本 市 としてもこれまで 以 上 に 市 内 の 企 業 等 に 協 力 を 働 きかけるととも に あわせて 本 市 の 負 担 軽 減 を 図 っていく 必 要 があるのではないか 事 業 所 管 局 の 考 え 方 名 古 屋 まつりは 昭 和 30 年 当 初 から 本 市 が 経 費 の9 割 近 くを 負 担 し てきた 本 市 負 担 金 は 平 成 元 年 度 の3 億 4 千 をピークに 3 分 の1 程 度 となっており 平 成 25 年 度 予 算 においても 前 年 度 に 比 べ1 千 減 額 している 経 費 節 減 に 努 め 本 市 の 負 担 金 を 減 らしてきたが 事 業 の 絞 込 みによって 企 業 からの 協 賛 等 も 得 られにくくなっている そうしたなか 平 成 10 年 度 からは 企 業 の 広 告 協 賛 を 得 て ガイドブックを 作 成 している 厳 しい 状 況 ではあるが 今 後 も 企 業 等 の 協 力 を 得 て 名 古 屋 市 全 体 とし てまつりの 盛 り 上 げを 図 っていきたい また 名 古 屋 の 魅 力 や 文 化 を 発 信 するため 他 都 市 の 大 規 模 なまつり 等 を 調 査 し 参 考 にしながら さらなるPR 策 等 を 検 討 していきたい

●議案用2016かんなべ事業計画(2016に使用すること).xls

●議案用2016かんなべ事業計画(2016に使用すること).xls 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 について < 運 営 方 針 > 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 は, 地 域 の 芸 術 文 化 の 振 興 と 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とし, 指 定 管 理 者 として, 次 の 重

More information

平 成 27 年 度 教 育 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 の 管 理 及 び 執 行 の 状 況 の 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 事 業 ) 平 成 27 年 8 月 桑 名 市 教 育 委 員 会 1 2 3 4 5 平 成 26 年 度 施 策 評 価 シート 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 35000

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

○かんなべ議案1号事業計画.xls

○かんなべ議案1号事業計画.xls 2015 年 度 ( 平 成 27 年 度 ) 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 事 業 計 画 について < 運 営 方 針 > 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 は, 地 域 の 芸 術 文 化 の 振 興 と 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とし, 指 定 管 理 者 として, 次 の 重

More information

2 月 分 3 岡 崎 市 ( 会 派 ) 動 物 愛 護 センター 3 長 野 市 ( 会 派 ) 新 幹 線 開 業 に 伴 う 観 光 戦 略 4 川 崎 市 ( 会 派 ) 赤 ちゃんポスト 動 物 愛 護 センター 4 半 田 市 ( 議 会 運 営 委 員 会 ) 一 般 質 問 の 総

2 月 分 3 岡 崎 市 ( 会 派 ) 動 物 愛 護 センター 3 長 野 市 ( 会 派 ) 新 幹 線 開 業 に 伴 う 観 光 戦 略 4 川 崎 市 ( 会 派 ) 赤 ちゃんポスト 動 物 愛 護 センター 4 半 田 市 ( 議 会 運 営 委 員 会 ) 一 般 質 問 の 総 1 月 分 9 安 芸 太 田 町 ( 特 別 委 員 会 ) 河 内 小 学 校 白 浜 分 校 の 教 育 環 境 14 高 松 市 ( 常 任 委 員 会 ) 企 業 誘 致 商 店 街 活 性 化 15 龍 ヶ 崎 市 ( 常 任 委 員 会 ) 自 立 支 援 プログラム( 就 労 )の 実 施 15 栃 木 県 ( 会 派 ) 地 域 包 括 ケア 16 愛 媛 県 ( 特 別 委 員

More information

( 社 会 貢 献 ) (4) 税 とともに 公 益 性 の 重 要 な 柱 かつ 企 業 団 体 の 使 命 でもあり 地 域 に 根 ざし 地 域 とともに 歩 む 法 人 会 として 税 の 啓 発 活 動 青 少 年 健 全 育 成 ボランティア 募 金 活 動 等 地 域 社 会 貢 献

( 社 会 貢 献 ) (4) 税 とともに 公 益 性 の 重 要 な 柱 かつ 企 業 団 体 の 使 命 でもあり 地 域 に 根 ざし 地 域 とともに 歩 む 法 人 会 として 税 の 啓 発 活 動 青 少 年 健 全 育 成 ボランティア 募 金 活 動 等 地 域 社 会 貢 献 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) Ⅰ. 活 動 方 針 練 馬 東 法 人 会 は 法 人 会 の 基 本 的 指 針 納 税 道 義 の 高 揚 企 業 経 営 支 援 及 び 地 域 への 貢 献 に 則 り 企 業 並 びに 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 するた めの 活 動 を 積

More information

<8E9197BF82505F8ACF8CF583438378839383678E968BC620288CF6955C816A2E786477>

<8E9197BF82505F8ACF8CF583438378839383678E968BC620288CF6955C816A2E786477> 平 成 26 年 度 < 事 務 事 業 評 価 表 > 観 光 イベント 事 業 評 価 表 No.26 資 料 1 [ 単 位 : 千 円 人 ] 1 事 務 事 業 の 位 置 付 け(Plan) 所 管 部 課 名 商 工 観 光 部 観 光 シティセールス 課 担 当 者 﨑 山 智 弘 根 拠 法 令 薩 摩 川 内 市 商 工 観 光 部 関 係 補 助 金 交 付 要 綱 マニフェスト

More information

大 正 15 年 8 月 1926 北 海 道 鉄 道 株 式 会 社 の 苗 穂 東 札 幌, 沼 の 端 間 ( 札 幌 線 )の 鉄 道 開 業 に 伴 い 北 広 島 駅 が 開 設 された 昭 和 2 年 4 月 1927 広 島 処 女 会 改 め 広 島 女 子 青 年 団 結 成 3

大 正 15 年 8 月 1926 北 海 道 鉄 道 株 式 会 社 の 苗 穂 東 札 幌, 沼 の 端 間 ( 札 幌 線 )の 鉄 道 開 業 に 伴 い 北 広 島 駅 が 開 設 された 昭 和 2 年 4 月 1927 広 島 処 女 会 改 め 広 島 女 子 青 年 団 結 成 3 明 治 6 年 1873 中 山 久 蔵 が 札 幌 郡 月 寒 村 島 松 ( 現 島 松 18 番 地 -1)に 水 田 10アールを 開 墾 こ こで 水 稲 ( 赤 毛 種 )の 栽 培 に 成 功 この 年 千 歳 郡 島 松 村 から 同 地 に 移 る 6 月 札 幌 ~ 室 蘭 間 の 道 路 ( 札 幌 本 道 )が 開 通 した 10 年 4 月 1877 札 幌 農 学 校 教

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

10 プロポーザル実施要領(H28-1)

10 プロポーザル実施要領(H28-1) 平 成 28 年 度 第 1 号 中 山 間 地 域 現 状 調 査 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1. 目 的 この 要 領 は 平 成 28 年 度 第 1 号 中 山 間 地 域 現 状 調 査 業 務 の 委 託 事 業 者 を 公 募 型 プロポー ザル 方 式 により 選 定 するために 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 2. 業 務 の 概 要

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助 金 を 交 付 します( 概 算 交

目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助 金 を 交 付 します( 概 算 交 補 助 金 事 務 の 手 引 き ( 補 助 金 を 申 請 する 団 体 等 の 皆 さんへ) 平 成 27 年 4 月 藤 岡 市 目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助

More information

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2 この 事 務 手 引 きは がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 に 申 請 される 方 申 請 を 検 討 される 方 のためのものです 申 請 される 前 に 必 ずお 読 みください 唐 津 市 目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象

More information

資 料 No.8 百 年 の 縁 を 100 年 続 く 絆 に 永 遠 の 日 本 のふるさと 遠 野 遠 野 市 記 者 発 表 資 料 平 成 26 年 5 月 27 日 市 民 センター 生 涯 学 習 スポーツ 課 国 際 化 推 進 ビジョン の 策 定 について 発 表 の 要 旨 生

資 料 No.8 百 年 の 縁 を 100 年 続 く 絆 に 永 遠 の 日 本 のふるさと 遠 野 遠 野 市 記 者 発 表 資 料 平 成 26 年 5 月 27 日 市 民 センター 生 涯 学 習 スポーツ 課 国 際 化 推 進 ビジョン の 策 定 について 発 表 の 要 旨 生 資 料 No.7 百 年 の 縁 を 100 年 続 く 絆 に 永 遠 の 日 本 のふるさと 遠 野 遠 野 市 記 者 発 表 資 料 平 成 26 年 5 月 27 日 市 民 センター 生 涯 学 習 スポーツ 課 遠 野 市 サレルノ 市 姉 妹 都 市 締 結 30 周 年 記 念 事 業 イタリア サレルノ 訪 問 ツアー について 発 表 の 要 旨 姉 妹 都 市 締 結 30

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63> ふるさと 納 税 便 り vol.2 H23.5 発 行 佐 賀 市 役 所 ふるさと 応 援 寄 附 金 (ふるさと 納 税 )をいただいた 皆 様 へ 新 緑 の 候 皆 様 におかれましてはますますご 清 祥 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 皆 様 には 寄 附 金 として 本 市 に 対 して 大 変 温 かいご 支 援 をいただき 誠 にありがとうございまし た このたび ふるさと

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

イベント 名 の 横 の 番 号 が イベント 一 覧 表 の 番 号 です 月 日 曜 日 イベント 9 月 1 日 火 2 日 水 3 日 木 4 日 金 5 日 土 港 南 三 丁 目 合 同 まつり 18 三 田 春 日 神 社 例 大 祭 19 6 日 日 三 田 春 日 神 社 例 大

イベント 名 の 横 の 番 号 が イベント 一 覧 表 の 番 号 です 月 日 曜 日 イベント 9 月 1 日 火 2 日 水 3 日 木 4 日 金 5 日 土 港 南 三 丁 目 合 同 まつり 18 三 田 春 日 神 社 例 大 祭 19 6 日 日 三 田 春 日 神 社 例 大 イベント 名 の 横 の 番 号 が イベント 一 覧 表 の 番 号 です 月 日 曜 日 イベント 7 月 28 日 火 ミナコレ2015 夏 1 港 区 役 所 ロビーコンサート 2 みなと 打 ち 水 大 作 戦 2015 3 29 日 水 ミナコレ2015 夏 1 港 区 役 所 ロビーコンサート 2 30 日 木 ミナコレ2015 夏 1 31 日 金 ミナコレ2015 夏 1 8 月

More information

はじめに 山 武 市 東 京 オリンピック パラリンピック 戦 略 推 進 アクションプランは 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 開 催 をグローバル 化 の チャンスととらえ 大 会 の 開 催 効 果 を 本 市 の 発 展 に 結 びつけていくため 山 武

はじめに 山 武 市 東 京 オリンピック パラリンピック 戦 略 推 進 アクションプランは 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 開 催 をグローバル 化 の チャンスととらえ 大 会 の 開 催 効 果 を 本 市 の 発 展 に 結 びつけていくため 山 武 山 武 市 東 京 オリンピック パラリンピック 戦 略 推 進 アクションプラン 平 成 27 年 6 月 山 武 市 東 京 オリンピック パラリンピック 戦 略 推 進 本 部 はじめに 山 武 市 東 京 オリンピック パラリンピック 戦 略 推 進 アクションプランは 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 開 催 をグローバル 化 の チャンスととらえ 大

More information

2005年9月5日

2005年9月5日 平 成 26 年 度 事 業 報 告 書 1 平 成 26 年 度 の 概 況 平 成 26 年 度 は 公 益 財 団 法 人 に 移 行 後 3 年 目 の 事 業 年 度 となり 理 事 顧 問 の 任 期 満 了 年 度 となったことから 改 選 を 行 うとともに 代 表 理 事 を 選 定 しました さらに 当 法 人 の 運 営 の 基 盤 となる 基 本 財 産 の 適 切 な 運

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E82E646F63> ふるさと 納 税 便 り vol. vol.1 H22 22.5 発 行 佐 賀 市 役 所 ふるさと 応 援 寄 附 金 (ふるさと 納 税 )をいただいた 皆 様 へ 新 緑 の 候 皆 様 におかれましてはますますご 清 祥 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 日 ごろから 本 市 に 対 して 大 変 温 かいご 支 援 をいただいておりますことを 心 から 感 謝 申 し 上 げます

More information

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ 特 別 表 彰 1 名 ( 敬 称 略 ) 金 子 宏 東 京 都 文 京 区 上 田 市 殿 城 出 身 < 学 術 研 究 に 関 する 主 な 功 績 > 長 野 県 上 田 高 等 学 校 を 卒 業 後 東 京 大 学 に 進 学 し 租 税 法 の 研 究 を 重 ねられ 租 税 法 を 独 立 した 法 分 野 に 発 展 させるとともに 地 方 税 法 に おいても 公 正 適 正

More information

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx 江 別 市 まちづくり 市 民 アンケート 調 査 ~ 市 民 意 識 調 査 へのご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 にありがとうございます 江 別 市 では 平 成 16 年 に 策 定 した 第 5 次 江 別 市 総 合 計 画 の 計 画 期 間 が 平 成 25 年 度 に 終 了 することから 平 成 26 年 度 よりスタートする

More information

かんなべ議案2号事業計画.xls

かんなべ議案2号事業計画.xls 2012 年 度 ( 平 成 24 年 度 ) 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 事 業 計 画 について < 重 点 項 目 > 1 優 れた 舞 台 文 化 活 動 や 地 域 の 歴 史 と 文 化 にふれる 機 会 の 充 実 これまで 培 ってきた 管 理 運 営 の 実 績 と 技 術 知 識 を 最 大 限 活 用 し, 住 民 ニーズをふまえ, 優 れた

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

2 会 見 内 容 について (1) 大 和 市 歯 及 び 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 条 例 を 制 定 へ( 案 ) 市 民 の 皆 さんの 歯 と 口 腔 の 健 康 づくりをさらに 進 めるため 大 和 市 歯 及 び 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 条 例 ( 案 )を 市

2 会 見 内 容 について (1) 大 和 市 歯 及 び 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 条 例 を 制 定 へ( 案 ) 市 民 の 皆 さんの 歯 と 口 腔 の 健 康 づくりをさらに 進 めるため 大 和 市 歯 及 び 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 条 例 ( 案 )を 市 平 成 25 年 11 月 市 長 定 例 記 者 会 見 資 料 平 成 25 年 11 月 市 長 定 例 記 者 会 見 資 料 大 和 市 と き 平 成 25 年 11 月 22 日 ( 金 ) 午 前 10 時 30 分 から ところ 大 和 市 役 所 3 階 公 室 1 市 長 あいさつ 2 会 見 内 容 (1) 大 和 市 歯 及 び 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 条 例

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 通 告 書 者 1 日 坂 和 久 1 大 賀 広 史 1 松 浪 健 一 郎 1 地 域 防 災 対 策 について 河 川 氾 濫 時 の 避 難 勧 告 等 の 判 断 について 伺 います 水 防 団 活 動 に 対 し 水 防 管 理 団 体 はいかな る 支 援 指 導 等 を 行 っているのか 伺 います 災 害 時 避 難 者 と 共 に 避 難 した 動 物 の 取 扱 い

More information

川西市市民意識調査(中学生)

川西市市民意識調査(中学生) 川 西 市 市 民 意 識 調 査 ( 中 学 生 ) 調 査 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 兵 庫 県 川 西 市 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要...1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 設 計... 2 3. 回 収 結 果... 2 4. 報 告 書 の 見 方... 3 Ⅱ 調 査 結 果... 5 回 答 者 について... 6 問 3 あなたは 川 西

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

る 場 合 は 対 象 外 となる 場 合 がありますのでご 了 承 ください 上 記 要 件 を 満 たす 活 動 であれば イベント 運 営 のボランティアスタッフ 等 について も ポイント 付 与 対 象 とすることが 可 能 です 具 体 的 な 活 動 の 例 については 別 紙 1 ポ

る 場 合 は 対 象 外 となる 場 合 がありますのでご 了 承 ください 上 記 要 件 を 満 たす 活 動 であれば イベント 運 営 のボランティアスタッフ 等 について も ポイント 付 与 対 象 とすることが 可 能 です 具 体 的 な 活 動 の 例 については 別 紙 1 ポ さっぽろ 地 域 ポイント まちのわ 付 与 対 象 活 動 募 集 要 領 札 幌 市 では ICカード SAPICA ( 以 下 SAPICAという )を 活 用 した 地 域 ポイント 事 業 さっぽろ 地 域 ポイント まちのわ ( 以 下 まちのわ と 言 う )を 実 施 しており ます 当 該 事 業 は 札 幌 市 主 催 の 活 動 のみならず 市 民 団 体 等 によるボランティア

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

まちづくりビジョン 進 捗 状 況 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 達 成 状 況 : 完 了 : 取 組 中 : 一 部 または 準 備 中 : 中 : 中 止 施 策 事 業 名 等 の 太 字 斜 体 は 規 事 業 斜 体 は 一 部 規 ( 充 ) 事 業 政 策 の 柱 1

まちづくりビジョン 進 捗 状 況 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 達 成 状 況 : 完 了 : 取 組 中 : 一 部 または 準 備 中 : 中 : 中 止 施 策 事 業 名 等 の 太 字 斜 体 は 規 事 業 斜 体 は 一 部 規 ( 充 ) 事 業 政 策 の 柱 1 まちづくりビジョン 進 捗 状 況 の 見 方 1 2 3 4 5 6 組 織 機 構 の 見 直 し 部 局 制 度 から 簡 素 な 課 制 度 へ(H24~) 1 規 事 業 林 市 長 就 任 後 に 始 めた 規 事 業 の 場 合 は 達 成 状 況 左 に と 記 載 施 策 事 業 名 等 が 太 字 斜 体 になっています また 施 策 事 業 の 一 部 が 規 事 業 ( 充

More information

Microsoft Word - 002 28年度事業計画書案.doc

Microsoft Word - 002 28年度事業計画書案.doc 平 成 28 年 度 公 益 財 団 法 人 富 山 県 文 化 振 興 財 団 事 業 計 画 公 益 目 的 事 業 1 文 化 及 び 芸 術 を 振 興 するための 文 化 施 設 の 貸 与 芸 術 文 化 事 業 の 展 開 及 び 美 術 館 博 物 館 施 設 の 運 営 (1) 施 設 の 管 理 運 営 ( 文 化 施 設 の 貸 与 及 び 美 術 館 博 物 館 施 設 の

More information

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され 平 成 26 年 度 第 1 回 荒 尾 市 行 政 改 革 推 進 審 議 会 議 事 録 要 旨 日 時 : 平 成 26 年 11 月 7 日 ( 金 曜 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 4 時 場 所 : 荒 尾 市 役 所 市 長 公 室 議 題 :1. 荒 尾 市 の 行 政 改 革 の 経 緯 と 第 四 次 荒 尾 市 行 政 改 革 大 綱 の 総 括 について 2. 行 政 改

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

第2号議案 平成16年度補正事業計画(案)

第2号議案 平成16年度補正事業計画(案) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 公 益 社 団 法 人 に 移 行 して 三 年 目 となった 昨 年 は 民 間 部 門 からの 受 注 内 容 の 整 理 を 中 心 とした 適 正 な 就 業 の 実 施 や 地 域 貢 献 事 業 の 伸 張 に 向 け 理 事 会 や 委 員 会 などでの 議 論 を 通 じて 公 益 社 団 法 人 としての 歩 みを 更 に 着 実 に 進

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場 第 5 回 富 里 市 まち ひと しごと 創 生 有 識 者 懇 談 会 議 事 録 日 時 2016 年 3 月 10 日 ( 木 )13:30~15:00 場 所 すこやかセンター2 階 会 議 室 1 出 席 者 ( 順 不 同 敬 称 略 ) ( 座 長 ) 富 里 市 商 工 会 寒 郡 茂 樹 ( 委 員 ) 富 里 市 区 長 会 沖 田 健 二 富 里 市 農 業 協 同 組 合

More information

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果 発 言 通 告 表 ( 一 般 ) 6 月 17 日 ( 水 ) 18 日 ( 木 ) 19 日 ( 金 ) 個 人 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 発 言 発 言 発 言 議 員 順 位 種 別 1 柴 田 光 男 一 般 2 西 尾 孝 之 一 般 発 言 要 旨 1.びわ 湖 岸 の 景 観 を 活 かした 観 光 施 策 について (1)びわ 湖 岸 の 現 状 について 問 う

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

新潟県中越地震に対する本市の救援策について

新潟県中越地震に対する本市の救援策について 平 成 28 年 熊 本 地 震 への 義 援 金 募 金 の 実 施 について 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 被 災 者 に 対 する 義 援 金 を 市 民 等 から 募 るため 山 形 市 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 支 援 募 金 本 部 ( 本 部 長 山 形 市 副 市 長 齋 藤 順 治 )を4 月 19 日 に 設 置 し 義 援 金 募 金 を 受

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

A. 公 益 事 業 A-1. 野 外 活 動 や 青 少 年 育 成 自 然 環 境 保 全 を 行 う 事 業 A-1-1. 季 節 のウィークエンド 事 業 の 開 催 四 季 の 自 然 を 生 かした 子 どもキャンプを 幼 児 から 中 学 生 までを 対 象 に 開 催 する 自 然

A. 公 益 事 業 A-1. 野 外 活 動 や 青 少 年 育 成 自 然 環 境 保 全 を 行 う 事 業 A-1-1. 季 節 のウィークエンド 事 業 の 開 催 四 季 の 自 然 を 生 かした 子 どもキャンプを 幼 児 から 中 学 生 までを 対 象 に 開 催 する 自 然 平 成 26 年 度 公 益 財 団 法 人 青 少 年 野 外 活 動 総 合 センター 事 業 計 画 平 成 26 年 度 事 業 計 画 概 要 ⑴ 野 外 活 動 や 青 少 年 育 成 自 然 環 境 保 全 を 行 う 事 業 平 成 25 年 度 に 実 施 した 事 業 を 引 き 続 き 開 催 する 秋 以 降 の 参 加 者 数 が 減 少 するので 広 報 を 外 部 委

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

は じ め に 国 は 三 位 一 体 改 革 以 降 の 地 方 財 政 の 衰 退 を 都 市 と 地 方 の 財 政 力 格 差 問 題 にすり 替 え 国 の 審 議 会 等 でことさら 問 題 視 してきました 平 成 26 年 度 税 制 改 正 においては 自 治 体 間 の 財 源

は じ め に 国 は 三 位 一 体 改 革 以 降 の 地 方 財 政 の 衰 退 を 都 市 と 地 方 の 財 政 力 格 差 問 題 にすり 替 え 国 の 審 議 会 等 でことさら 問 題 視 してきました 平 成 26 年 度 税 制 改 正 においては 自 治 体 間 の 財 源 税 源 偏 在 是 正 議 論 についての 特 別 区 の 主 張 ( 平 成 27 年 度 版 ) 平 成 27 年 9 月 特 別 区 長 会 は じ め に 国 は 三 位 一 体 改 革 以 降 の 地 方 財 政 の 衰 退 を 都 市 と 地 方 の 財 政 力 格 差 問 題 にすり 替 え 国 の 審 議 会 等 でことさら 問 題 視 してきました 平 成 26 年 度 税 制 改

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

本 日 の 会 見 内 容 1 9 月 度 の 主 な 活 動 報 告 2 9 月 定 例 議 会 の 報 告 3 市 制 60 周 年 表 彰 者 紹 介 について 4 軽 自 動 車 税 の 改 正 について 5 岡 山 県 真 庭 市 との 協 定 締 結 について 6 地 震 防 災 課 か

本 日 の 会 見 内 容 1 9 月 度 の 主 な 活 動 報 告 2 9 月 定 例 議 会 の 報 告 3 市 制 60 周 年 表 彰 者 紹 介 について 4 軽 自 動 車 税 の 改 正 について 5 岡 山 県 真 庭 市 との 協 定 締 結 について 6 地 震 防 災 課 か 平 成 26 年 度 10 月 度 定 例 会 見 月 度 平 成 26 年 10 月 7 日 須 崎 市 長 楠 瀬 耕 作 須 崎 市 高 知 県 本 日 の 会 見 内 容 1 9 月 度 の 主 な 活 動 報 告 2 9 月 定 例 議 会 の 報 告 3 市 制 60 周 年 表 彰 者 紹 介 について 4 軽 自 動 車 税 の 改 正 について 5 岡 山 県 真 庭 市 との 協

More information

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢 平 成 27 年 9 月 0 日 関 係 者 各 位 学 校 法 人 工 藤 学 園 理 事 長 工 藤 典 子 平 成 26 年 度 愛 犬 美 容 看 護 専 門 学 校 自 己 点 検 評 価 報 告 書 の 公 表 について 平 成 26 年 度 の 自 己 点 検 評 価 結 果 をまとめましたので 公 表 いたします 今 後 は 結 果 にある 改 善 事 項 等 を 真 摯 に 受 け

More information

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後)

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後) 平 成 27 年 12 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 それでは 12 月 定 例 会 の 開 催 に 当 たり 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べるとともに 今 議 会 に 提 案 いたしました 議 案 の 大 要 につきまして 御 説 明 申 し 上 げます 今 年 も 早 いもので 残 すところ1か 月 となりましたが この1 年 を 通 して 岡 崎 を 内 外 に 積 極 的

More information

2. 事 業 の 概 要 (1) 主 な 事 業 1 平 成 お 天 守 塾 勝 山 城 清 明 茶 会 日 程 平 成 25 年 4 月 21 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,000 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画

2. 事 業 の 概 要 (1) 主 な 事 業 1 平 成 お 天 守 塾 勝 山 城 清 明 茶 会 日 程 平 成 25 年 4 月 21 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,000 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1.25 年 度 事 業 実 施 の 方 針 昨 年 は 勝 山 城 博 物 館 開 館 20 周 年 の 節 目 の 年 でございました おかげさまで 多 くの 皆 様 方 に 支 えられて 今 日 を 迎 えることができました こと 心 から 御 礼 申 し 上 げます 今 年 は21 年 目 の 船 出 の 年 第 一 歩 を 踏 み 出 すにあたり

More information

地 域 目 標 屯 田 の 歴 史 を 引 き 継 ぐ 住 民 が 結 束 し た ま ち づ く り 参 考 都 市 マスタープラン 地 域 づくりテーマ 開 拓 の 歴 史 をまち 並 にいかし, 住 工 農 が 調 和 した 地 域 づくり 住 宅 地 と 工 業 流 通 地 が 調 和 した

地 域 目 標 屯 田 の 歴 史 を 引 き 継 ぐ 住 民 が 結 束 し た ま ち づ く り 参 考 都 市 マスタープラン 地 域 づくりテーマ 開 拓 の 歴 史 をまち 並 にいかし, 住 工 農 が 調 和 した 地 域 づくり 住 宅 地 と 工 業 流 通 地 が 調 和 した 09 永 山 まちづくり 推 進 プログラム 1 地 域 の 特 性 石 狩 川 と 牛 朱 別 川 に 挟 まれた 工 業 流 通 地, 住 宅 地, 農 地 により 構 成 されている 旭 川 大 学, 永 山 市 民 交 流 センター, 上 川 総 合 振 興 局 など 教 育 や 行 政 機 能 が 立 地 している 国 道 39 号 線 や 環 状 線 の 沿 道 にはロードサイド 型 の

More information

協働推進計画(案)

協働推進計画(案) 第 2 章 施 策 の 展 開 基 本 方 針 Ⅰ 協 働 のまちづくりの 担 い 手 を 育 成 します ねらい 協 働 のまちづくりでは まちを 構 成 する 様 々な 主 体 が 各 々の 役 割 を 認 識 して 行 動 するこ とが 必 要 です まちづくりの 担 い 手 としては 条 例 で 定 めた4 者 ( 市 民 市 民 活 動 団 体 事 業 者 市 )のほかにも 大 学 などの

More information

記 1.2020 年 オリンピック パラリンピックに 対 する 基 本 認 識 1 史 上 最 高 のオリンピック パラリンピックの 実 現 に 向 けて ラグビーワールドカッ プ2019に 向 けた 取 組 と 一 体 となって 大 会 組 織 委 員 会 政 府 東 京 都 等 関 係 機 関

記 1.2020 年 オリンピック パラリンピックに 対 する 基 本 認 識 1 史 上 最 高 のオリンピック パラリンピックの 実 現 に 向 けて ラグビーワールドカッ プ2019に 向 けた 取 組 と 一 体 となって 大 会 組 織 委 員 会 政 府 東 京 都 等 関 係 機 関 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 等 の 気 運 盛 り 上 げに 関 する 要 望 2 0 1 6 年 3 月 3 日 日 本 商 工 会 議 所 東 京 商 工 会 議 所 東 京 商 工 会 議 所 は 地 元 東 京 の 地 域 総 合 経 済 団 体 として オリンピック パラリンピ ックの2016 年 招 致 2020 年 招 致 に 対 して 特 別 委 員 会 を

More information

第 2 事 業 計 画 1 青 少 年 育 成 住 民 運 動 の 促 進 運 動 を 効 果 的 に 推 進 するため 全 道 に 青 少 年 育 成 運 動 推 進 指 導 員 を 配 置 するとともに 地 域 関 係 者 と 合 同 会 議 を 開 催 するなどして 住 民 の 理 解 を 深

第 2 事 業 計 画 1 青 少 年 育 成 住 民 運 動 の 促 進 運 動 を 効 果 的 に 推 進 するため 全 道 に 青 少 年 育 成 運 動 推 進 指 導 員 を 配 置 するとともに 地 域 関 係 者 と 合 同 会 議 を 開 催 するなどして 住 民 の 理 解 を 深 平 成 28 年 度 活 動 方 針 及 び 事 業 計 画 第 1 活 動 方 針 平 成 28 年 は 当 協 会 が 設 立 されてから50 年 という 記 念 すべき 年 にあたります 昭 和 41 年 の 設 立 以 来 当 協 会 は 青 少 年 の 非 行 を 防 止 するとともに 青 少 年 健 全 育 成 の 環 境 づくりを 進 めるため 青 少 年 育 成 道 民 運 動 を

More information

部 ブロック 役 員 の 活 動 が 必 要 不 可 欠 である そこで それら 役 員 の 選 任 と 役 割 分 担 を 明 確 にし それぞれが 行 動 ( 新 規 会 員 役 員 の 発 掘 情 報 伝 達 行 事 への 参 加 呼 びかけ 物 品 等 の 配 付 )することによる 負 担

部 ブロック 役 員 の 活 動 が 必 要 不 可 欠 である そこで それら 役 員 の 選 任 と 役 割 分 担 を 明 確 にし それぞれが 行 動 ( 新 規 会 員 役 員 の 発 掘 情 報 伝 達 行 事 への 参 加 呼 びかけ 物 品 等 の 配 付 )することによる 負 担 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 及 び 重 点 事 項 (1) 基 本 方 針 税 知 識 の 普 及 納 税 意 識 の 高 揚 に 努 め 税 制 税 務 に 関 する 提 言 を 行 い もって 適 正 公 平 な 申 告 納 税 制 度 の 維 持 発 展 と 税 務 行 政 の 円 滑 な 執 行 に 寄 与 する ことによって 国 政 の 健 全 な 運 営

More information

近 年 の 取 組 の 状 況 4 実 績 5 取 組 実 績 見 込 4 に 実 施 した 取 組 5 に 実 施 した 取 組 1 市 イベントとコラボしたPRの 実 施 1 市 イベントとコラボしたPRの 実 施 ( 市 政 感 謝 会 職 員 採 用 説 明 会 よしもと 新 喜 劇 in

近 年 の 取 組 の 状 況 4 実 績 5 取 組 実 績 見 込 4 に 実 施 した 取 組 5 に 実 施 した 取 組 1 市 イベントとコラボしたPRの 実 施 1 市 イベントとコラボしたPRの 実 施 ( 市 政 感 謝 会 職 員 採 用 説 明 会 よしもと 新 喜 劇 in 第 五 次 総 合 計 画 前 期 基 本 計 画 実 行 シートⅡ 計 画 進 捗 管 理 ( 計 画 ) 平 成 年 4月 4日 作 成 取 組 項 目 名 351 ブランド プロジェクトの 推 平 成 年 4月 5 日 作 成 進 所 管 部 経 営 企 画 部 部 長 名 艮 豊 博 総 合 大 綱 市 民 が 主 役 のまちづくり 所 管 名 ブランド 戦 略 室 担 当 課 長 三 宅

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

日 程 平 成 26 年 4 月 20 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,500 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画 前 庭 園 東 屋 開 催 の 趣 旨 毎 年 好 評 を 得 ている 茶 会 清 明 茶 会 も 8

日 程 平 成 26 年 4 月 20 日 ( 日 ) 茶 席 券 6,500 円 200 人 ( 内 500 円 は 入 館 料 ) 会 場 蘭 月 の 間 4 階 ホール 2 階 障 壁 画 前 庭 園 東 屋 開 催 の 趣 旨 毎 年 好 評 を 得 ている 茶 会 清 明 茶 会 も 8 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 1.26 年 度 事 業 実 施 の 方 針 昨 年 は 当 館 の 社 会 に 対 する 真 摯 な 貢 献 度 が 評 価 され 公 益 財 団 法 人 の 認 可 をいただきました そしてまた 一 つ 夢 でもあった 勝 山 市 との 連 携 を 結 ぶ 大 きな 坂 も 乗 り 越 え 今 年 4 月 1 日 より 発 足 の 運 びとなります 今

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書 平 成 26 年 度 自 己 評 価 報 告 書 平 成 27 年 8 月 社 会 福 祉 法 人 尾 道 さつき 会 尾 道 福 祉 専 門 学 校 目 次 1. 学 校 の 現 況 P1 2. 評 価 の 基 本 方 針 P2 3. 本 年 度 に 定 めた 重 点 目 標 P2 4. の 達 成 及 び 取 組 状 況 (1) 教 育 理 念 目 標 P3 (2) 学 校 運 営 P5 (3)

More information

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に 平 成 25 年 6 月 平 成 24 年 度 情 報 公 開 制 度 及 び 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 適 正 な 運 営 計 画 の 推 進 に 当 たって 1 市 民 との 協 働 によるまちづくり 101 適 切 で 効 果 的 な 情 報 の 公 開 政 策 総 務 部 広 報 課 一 般 会 計 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 51010100 府 中

More information

2kaigaiyou

2kaigaiyou 第 2 回 希 望 が 丘 文 化 公 園 将 来 ビジョン 検 討 懇 話 会 会 議 録 ( 概 要 ) 日 時 : 平 成 27 年 7 月 28 日 ( 火 )10:00~12:00 場 所 : 滋 賀 県 庁 北 新 館 5-B 会 議 室 出 席 委 員 : 江 島 委 員 神 部 委 員 ( 座 長 ) 黒 澤 委 員 辻 田 委 員 深 町 委 員 前 山 委 員 涌 井 委 員 欠

More information

29調査票1.2

29調査票1.2 ( 奈 良 県 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 奈 良 県 調 査 票 男 女 共 同 参 画 女 性 問 題 に 関 する 事 務 を 総 括 的 に 所 管 する 組 織 局 部 課 ( 室 健 康 福 祉 部 こども 女 性 局 女 性 支 援 課 担 当 職 員 数 人 ( 専 任 人 兼 任 人 国 の 男 女 共 同 参 画 推 進 本 部 に 相 当 する 本 庁 の 連 絡

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 27 年 1 14 日 資 料 2 第 31 次 地 方 制 度 調 査 会 第 12 回 専 門 小 委 員 会 資 料 三 原 市 三 原 やっさ 祭 府 中 町 水 分 峡 森 林 公 園 安 芸 高 田 市 神 楽 熊 野 町 筆 まつり 東 酒 蔵 通 り 岩 国 市 錦 帯 橋 広 島 広 域 都 市 圏 の 取 組 まつい かずみ 長 松 井 一 實 竹 原 市 重 要 伝 統

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8>

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8> 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 実 施 要 領 24 農 会 第 1027 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 長 第 1 趣 旨 我 が 国 の 農 林 漁 業 は 担 い 手 不 足 の 深 刻 化 や 高 齢 化 といった 厳 しい 状 況 にあり 活 力 も 低 下 している このため 食 と 農 林

More information

ああ

ああ 平 成 27 年 度 公 益 財 団 法 人 沖 縄 県 平 和 祈 念 財 団 事 業 計 画 書 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 平 成 2 7 年 3 月 1 9 日 公 益 財 団 法 人 沖 縄 県 平 和 祈 念 財 団 沖 縄 県 では 70 年 前 の 住 民 を 巻 き 込 んだ 悲 惨 な 沖 縄 戦 の 教 訓 から 平 和 を 希

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

(案)

(案) 資 料 2-1 特 例 番 号 1010 の 関 連 資 料 審 議 事 項 1 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 のニーズについて 1 2 行 政 評 価 局 による 調 査 結 果 ( 平 成 18 年 度 下 半 期 実 施 分 ) 2 3 規 制 所 管 省 庁 の 意 見 等 12 参 考 資 料 4 評 価 対 象 となる 規 制 の 特 例 措 置 の 概 要 13

More information

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区 35 地 球 温 暖 化 対 策 分 野 (24 年 度 ) 地 球 温 暖 化 対 策 に 取 り 組 むまち 分 野 目 標 脱 温 暖 化 の 取 組 みが 根 付 いた エコシティなかの の 実 現 を 目 指 し 環 境 基 本 計 画 のアクションプログラムを 改 定 し 着 実 に 進 められるよう なかのエコポイントなどのしくみを 活 用 することにより 省 エネや 再 エネ 利 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130313132362D30332D318AE28EE88BA3946E82CC8CBB8FF38169977696F1816A81798DC58F4994C5817A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203130313132362D30332D318AE28EE88BA3946E82CC8CBB8FF38169977696F1816A81798DC58F4994C5817A> 資 料 3-1 岩 手 競 馬 の 現 状 について ( 要 約 ) 平 成 22 年 11 月 26 日 岩 手 競 馬 経 営 の 将 来 方 向 検 討 会 議 目 次 1 日 本 の 競 馬 2 2 岩 手 競 馬 の 概 況 5 3 新 しい 岩 手 県 競 馬 組 合 改 革 計 画 7 4 岩 手 競 馬 の 収 支 の 状 況 8 5 岩 手 競 馬 発 売 額 の 確 保 向 上

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 開 票 作 業 については 従 事 職 員 の 意 識 改 革 を 喚 起 しながら 機 械 化 を 進 め 作 業 の 効 率 化 と 経 済 性 を 高 めることが 課 題 となっている 高 齢 者 や 障 がい 者 などに 対 応 するため 投 票

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 開 票 作 業 については 従 事 職 員 の 意 識 改 革 を 喚 起 しながら 機 械 化 を 進 め 作 業 の 効 率 化 と 経 済 性 を 高 めることが 課 題 となっている 高 齢 者 や 障 がい 者 などに 対 応 するため 投 票 60 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 (23 年 度 ) 決 算 説 明 書 144ページ 政 治 参 加 の 保 障 分 野 目 標 選 挙 が 公 正 に 誤 りなく かつ 効 率 よく 行 われるとともに 区 民 が 投 票 しやすい 環 境 が 整 っている 区 民 が 高 い 政 治 意 識 を 持 ち 自 由 な 意 思 で 積 極 的 に 投 票 に 参 加 している 分 野

More information

目 次 1 秋 田 市 竿 燈 会 2 日 本 民 謡 梅 若 流 梅 若 会 3 劇 団 わらび 座 4 花 輪 ばやし 祭 典 委 員 会 5 混 声 合 唱 団 カンパネラ コール 6 国 民 文 化 祭 を 記 念 する 会 7 なまはげトラディション of oga spa 恩 荷 (おんが

目 次 1 秋 田 市 竿 燈 会 2 日 本 民 謡 梅 若 流 梅 若 会 3 劇 団 わらび 座 4 花 輪 ばやし 祭 典 委 員 会 5 混 声 合 唱 団 カンパネラ コール 6 国 民 文 化 祭 を 記 念 する 会 7 なまはげトラディション of oga spa 恩 荷 (おんが 大 会 す る な ら? 目 次 1 秋 田 市 竿 燈 会 2 日 本 民 謡 梅 若 流 梅 若 会 3 劇 団 わらび 座 4 花 輪 ばやし 祭 典 委 員 会 5 混 声 合 唱 団 カンパネラ コール 6 国 民 文 化 祭 を 記 念 する 会 7 なまはげトラディション of oga spa 恩 荷 (おんが) 8 あきた 芸 能 つどいの 会 9 秋 田 県 太 鼓 連 盟 10

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

Smile & Voice Vol.18

Smile & Voice Vol.18 古 川 裕 之 先 生 山 口 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 教 授 同 大 学 医 学 部 附 属 病 院 薬 剤 部 長 学 歴 職 歴 など 1975 年 3 月 金 沢 大 学 薬 学 部 卒 業 1977 年 3 月 同 大 学 院 修 士 課 程 修 了 1977 年 4 月 金 沢 大 学 附 属 病 院 薬 剤 部 勤 務 2002 年 4 月 医 療 安 全 管 理 部

More information

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73>

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73> 1/41 請 求 書 枝 番 実 施 機 関 所 管 の 名 称 受 付 年 月 日 請 求 内 容 決 定 年 月 日 決 定 内 容 非 公 開 理 由 等 備 考 1 1 市 長 2 2 市 長 3 3 市 長 環 境 部 環 境 対 策 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許 可 台 帳 (H23.3 月 分 ) H23.4.6 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

彼 と 彼 女 バランスご 飯 づくり 料 理 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 平 成 23 年 6 月 18 日 ~11 月 12 日 (3 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 双 方 同 等 後 援 日 本 料 理 を 中 心 に 旬 地 場 産 食 材 を

彼 と 彼 女 バランスご 飯 づくり 料 理 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 平 成 23 年 6 月 18 日 ~11 月 12 日 (3 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 双 方 同 等 後 援 日 本 料 理 を 中 心 に 旬 地 場 産 食 材 を 健 診 栄 養 運 動 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 健 康 づくり 推 進 員 会 行 政 主 体 平 成 23 年 7 月 8 日 ~11 月 26 日 (8 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 事 業 協 力 協 定 1 日 うちに 健 診 受 診 から 肥 満 や 生 活 習 慣 病 予 防 すべてが 学 べる 教 室 で 栄 養 バランスを 考 えた

More information

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展 成 度 主 な 事 業 行 事 市 立 図 書 館 同 事 業 業 称 期 日 容 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 書 間 行 特 別 展 示 優 秀 作 品 展 調 学 習 ン 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 作 品 募 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 表 彰 式 図 書 館 芥 川 龍 之 介 賞 賞 谷 希 子 特 別 展 傘 ~ 里 10~11 傘 /1 里 /1~

More information

自 治 体 の 出 展 メリット 1 年 間 約 400 万 人 の 来 館 を 見 込 む 新 商 業 施 設 でリーズナブルな 常 設 展 示 が 可 能 Event space おすすめふるさと では 施 設 運 営 側 が 20 市 町 村 ブースをまとめて 運 営 管 理 するので 従 来

自 治 体 の 出 展 メリット 1 年 間 約 400 万 人 の 来 館 を 見 込 む 新 商 業 施 設 でリーズナブルな 常 設 展 示 が 可 能 Event space おすすめふるさと では 施 設 運 営 側 が 20 市 町 村 ブースをまとめて 運 営 管 理 するので 従 来 2015 年 8 月 5 日 年 間 約 400 万 人 の 来 館 を 見 込 む 新 施 設 から 全 国 デビュー 12 月 開 業 浅 草 の 商 業 施 設 まるごとにっぽん 市 町 村 の 出 展 募 集 を 開 始 株 式 会 社 まるごとにっぽん( 東 京 都 墨 田 区 取 締 役 社 長 : 小 笠 原 功 )は 浅 草 六 区 に 2015 年 12 月 中 旬 開 業 予 定

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士 平 成 27 年 度 第 2 回 高 士 区 地 域 協 議 会 次 第 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 会 場 : 公 民 館 高 士 分 館 2 階 中 会 議 室 1 開 会 2 会 長 挨 拶 3 議 題 地 域 活 動 支 援 事 業 について 高 士 区 の 提 案 状 況 について 提 案 事 業 に 関 する 概 要 説 明 及

More information

Microsoft Word - アクションプラン本文

Microsoft Word - アクションプラン本文 島 根 県 行 政 手 続 オンライン 利 用 促 進 アクションプラン( 第 二 期 ) 平 成 2 6 年 4 月 1 日 島 根 県 地 域 振 興 部 情 報 政 策 課 島 根 県 行 政 情 報 化 推 進 指 針 に 掲 げる ICTを 活 用 した 更 にスピーディーで 質 の 高 い 県 民 サービスの 提 供 を 実 現 するため 島 根 県 行 政 手 続 オンライン 利 用

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの 作 手 地 域 まちづくり 計 画 ~ 手 をつなぎ 作 ろう 未 来 の ふるさと 作 手 ~ 手 前 鬼 久 保 ふれあい 広 場 から 北 に 広 がる 作 手 高 原 平 成 27 年 10 月 新 城 市 作 手 地 域 自 治 区 目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

(         部・局長)

(         部・局長) 庁 議 日 時 : 平 成 25 年 8 月 20 日 ( 火 )AM9:00< 庁 議 室 > 協 議 事 項 1. 太 田 市 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 について 企 画 部 2. 太 田 市 市 税 条 例 の 一 部 改 正 について 総 務 部 3. 太 田 市 税 外 収 入 金 の 延 滞 金 徴 収 条 例 等 の 一 部 改 正 について

More information