新潟市市税口座振替事務取扱要領

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "   新潟市市税口座振替事務取扱要領"

Transcription

1 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成 26 年 2 月 1 日 一 部 改 正 新 潟 市 市 税 口 座 振 替 事 務 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は, 地 方 自 治 法 第 231 条 の2 第 3 項 及 び 新 潟 市 財 務 規 則 第 54 条 の 規 定 に 基 づき, 口 座 振 替 の 方 法 による 市 税 の 納 付 に 関 する 事 務 処 理 について 必 要 な 事 項 を 定 める ( 対 象 税 目 ) 第 2 条 口 座 振 替 の 対 象 となる 税 目 は, 市 県 民 税 ( 個 人 の 普 通 徴 収 分 に 限 る ), 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 とする ただし,いずれの 税 目 も 随 時 課 税 を 除 く 2 前 項 の 税 目 において, 税 額 の 分 割 及 び 納 期 を 経 過 した 場 合 の 振 替 は 行 わないものとする ( 対 象 者 ) 第 3 条 口 座 振 替 の 対 象 者 は, 前 条 に 規 定 された 税 目 の 納 税 義 務 者 とする ( 取 扱 金 融 機 関 ) 第 4 条 口 座 振 替 事 務 の 取 扱 金 融 機 関 は, 新 潟 市 指 定 金 融 機 関, 指 定 代 理 金 融 機 関, 収 納 代 理 金 融 機 関 ( 以 下 取 扱 金 融 機 関 という )とする

2 ( 指 定 口 座 ) 第 5 条 口 座 振 替 の 指 定 口 座 は, 納 税 義 務 者 が 指 定 する 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 を 含 む ), 当 座 預 金, 納 税 準 備 預 金 又 は 通 常 貯 金 等 で 当 該 金 融 機 関 の 承 諾 を 得 た 口 座 とする ( 口 座 振 替 の 申 し 込 み) 第 6 条 口 座 振 替 納 付 をしようとする 納 税 義 務 者 は, 新 潟 市 市 税 預 金 口 座 振 替 依 頼 書 ( 様 式 1 号 1, 様 式 1 号 2, 様 式 9 号 1, 様 式 9 号 2 以 下 振 替 依 頼 書 という ) 及 び 新 潟 市 市 税 預 金 口 座 振 替 依 頼 書 兼 納 付 届 ( 様 式 2 号, 様 式 10 号 以 下 依 頼 書 兼 納 付 届 という ) に 所 定 の 事 項 を 記 載 のうえ 押 印 して 取 扱 金 融 機 関 に 提 出 するものとする 2 郵 送 で 口 座 振 替 納 付 の 申 し 込 みをしようとする 納 税 義 務 者 は, 新 潟 市 市 税 預 金 口 座 振 替 依 頼 ( 申 込 ) 書 ( 様 式 3 号 以 下 郵 送 依 頼 書 という )に 所 定 の 事 項 を 記 載 のうえ 押 印 し て 市 長 に 送 付 するものとする ( 取 扱 金 融 機 関 の 事 務 処 理 ) 第 7 条 納 税 義 務 者 から 振 替 依 頼 書 及 び 依 頼 書 兼 納 付 届 の 提 出 を 受 けた 取 扱 金 融 機 関 は, 記 載 事 項 及 び 当 該 納 税 義 務 者 の 指 定 口 座 を 確 認 のうえ 受 理 し, 振 替 依 頼 書 ( 様 式 1 号 1, 様 式 9 号 1)を 保 管 するものとする この 場 合 において, 取 扱 金 融 機 関 は, 受 理 した 依 頼 書 兼 納 付 届 に 確 認 印 を 押 印 し, 市 長 に 送 付 するものとする 2 取 扱 金 融 機 関 は, 次 条 第 2 項 の 規 定 により 市 長 から 郵 送 依 頼 書 の 送 付 を 受 けたときは, 記 載 事 項 を 確 認 のうえ 受 理 し, 及 び 保 管 するものとする この 場 合 において, 取 扱 金 融 機 関 は, 郵 送 依 頼 書 を 受 理 した 旨 を 市 長 に 通 知 するものとする ただし, 記 載 事 項 等 に 不 備 があって 受 理 できないものは, 当 該 郵 送 依 頼 書 中 の 金 融 機 関 処 理 欄 に 不 備 返 却 事 由 を 記 載 して 市 長 に 返 却 するものとする ( 新 潟 市 の 事 務 処 理 ) 第 8 条 取 扱 金 融 機 関 から 依 頼 書 兼 納 付 届 の 送 付 があったときは, 記 載 事 項 等 を 確 認 のうえ 受 理 し, 口 座 振 替 に 係 る 所 定 の 事 務 処 理 を 行 う

3 2 郵 送 依 頼 書 の 送 付 があったときは, 記 載 事 項 等 を 確 認 し, 確 認 印 を 押 印 して 取 扱 金 融 機 関 に 送 付 する この 場 合 において, 郵 送 依 頼 書 の 写 しをとるものとし, 当 該 写 しは, 市 長 が 保 管 する 3 取 扱 金 融 機 関 から 郵 送 依 頼 書 の 受 理 した 旨 の 通 知 があったときは, 口 座 振 替 に 係 る 所 定 の 事 務 処 理 を 行 う 4 取 扱 金 融 機 関 から 送 付 された 依 頼 書 兼 納 付 届 の 記 載 事 項 等 に 不 備 があるとき, 又 は 記 載 事 項 等 が 不 備 なため 取 扱 金 融 機 関 から 郵 送 依 頼 書 が 返 却 されたときは, 当 該 納 税 義 務 者 に 受 理 できなかった 旨 を 通 知 する ( 納 付 書 等 の 送 付 ) 第 9 条 納 付 書 ( 口 座 振 替 用 様 式 4 号 1, 様 式 4 号 2)は, 各 納 期 毎 に 納 期 限 の6 営 業 日 前 までに 市 税 口 座 振 替 納 付 書 送 付 書 ( 様 式 5 号 )を 添 付 し 取 扱 金 融 機 関 に 送 付 する ただし, 電 子 媒 体 により 口 座 振 替 を 行 う 取 扱 金 融 機 関 については, 納 税 義 務 者 の 納 付 額 等 を 記 録 した 電 子 媒 体 を 納 付 書 に 代 えるものとする ( 振 替 日 ) 第 10 条 口 座 振 替 を 行 う 日 ( 以 下 振 替 日 という )は, 各 納 期 の 最 終 日 とする ただし, 全 期 一 括 振 替 の 場 合 は, 第 1 期 の 納 期 の 最 終 日 とする ( 振 替 納 付 の 事 務 処 理 ) 第 11 条 取 扱 金 融 機 関 は, 振 替 日 に 納 税 義 務 者 の 指 定 口 座 から 納 付 書 に 記 載 し, 又 は 電 子 媒 体 に 記 録 した 金 額 を 払 い 出 し, 納 付 するものとする 2 取 扱 金 融 機 関 は, 口 座 振 替 を 行 ったときは, 納 付 済 通 知 書 ( 様 式 4 号 1, 様 式 4 号 2)に 市 税 口 座 振 替 報 告 書 ( 様 式 5 号 )を 添 付 して, 指 定 金 融 機 関 を 経 由 し, 市 長 に 送 付 するもの とする この 場 合 において, 電 子 媒 体 交 換 により 口 座 振 替 を 行 う 取 扱 金 融 機 関 は, 市 税 口 座 振 替 報 告 書 を 指 定 金 融 機 関 を 経 由 して 市 長 に 送 付 するとともに 電 子 媒 体 を 振 替 日 の4 営 業 日 後 までに 市 長 に 返 却 するものとする

4 ( 振 替 納 付 の 停 止 ) 第 12 条 市 長 は, 納 税 義 務 者 から 口 座 振 替 の 停 止 の 申 出 があったとき 又 は 口 座 振 替 の 停 止 を することが 適 当 と 認 められるときは, 納 期 限 の2 営 業 日 前 までに, 市 税 口 座 振 替 停 止 連 絡 表 ( 様 式 6 号 )を 取 扱 金 融 機 関 に 送 付 する 2 取 扱 金 融 機 関 は, 前 項 の 規 定 により 市 税 口 座 振 替 停 止 連 絡 表 の 送 付 を 受 けたときは, 当 該 納 期 の 口 座 振 替 を 停 止 するものとする ( 口 座 振 替 に 伴 う 領 収 証 書 ) 第 13 条 口 座 振 替 に 伴 う 領 収 証 書 については, 通 帳 の 記 帳 をもって,これに 代 えるものとす る ( 軽 自 動 車 税 納 税 証 明 書 ( 継 続 検 査 用 )の 送 付 ) 第 13 条 の2 軽 自 動 車 税 で 過 去 に 未 納 のない 継 続 検 査 対 象 車 両 については, 全 期 の 口 座 振 替 終 了 後, 車 両 毎 に 軽 自 動 車 税 納 税 証 明 書 ( 継 続 検 査 用 )( 様 式 7 号 )を 送 付 する ( 振 替 不 能 分 の 取 扱 ) 第 14 条 取 扱 金 融 機 関 は, 預 金 不 足 等 の 事 由 により 振 替 不 能 が 生 じたときは, 当 該 振 替 不 能 に 係 る 納 付 書 にその 理 由 を 記 載 して, 市 税 口 座 振 替 報 告 書 とともに 指 定 金 融 機 関 を 経 由 し, 市 長 に 返 送 するものとする ただし, 電 子 媒 体 交 換 により 口 座 振 替 を 行 う 取 扱 金 融 機 関 につ いては, 電 子 媒 体 にその 理 由 を 記 録 して, 市 長 に 送 付 するものとする 2 前 項 の 場 合 において, 市 長 は, 振 替 不 能 の 理 由 を 付 して 振 替 不 能 となった 納 期 の 分 の 納 付 書 を 作 成 し, 納 税 義 務 者 に 送 付 する ( 口 座 振 替 の 廃 止 ) 第 15 条 納 税 義 務 者 が 口 座 振 替 を 廃 止 しようとするときは, 新 潟 市 市 税 預 金 口 座 振 替 廃 止 届 ( 様 式 8 号 1, 様 式 8 号 2, 様 式 8 号 3 以 下 廃 止 届 という )を 取 扱 金 融 機 関 に 提 出 するものとする 2 廃 止 届 の 提 出 を 受 けた 取 扱 金 融 機 関 は, 記 載 事 項 等 を 確 認 のうえ 受 理 し, 確 認 印 を 押 印 し

5 て 廃 止 届 ( 様 式 8 号 3)を 市 長 に 送 付 するものとする 3 市 長 は, 取 扱 金 融 機 関 から 廃 止 届 の 送 付 があったときは, 記 載 事 項 等 を 確 認 のうえ 受 理 し, 廃 止 の 事 務 処 理 をする 4 市 長 は, 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 取 扱 金 融 機 関 への 納 付 書 等 の 送 付 が, 過 去 5 年 間 に 一 度 も 行 われなかった 納 税 義 務 者 の 口 座 振 替 及 び 口 座 振 替 が 困 難 であると 判 断 した 場 合 は, 前 項 の 規 定 に 関 わらず 廃 止 の 事 務 処 理 を 行 うものとする (その 他 ) 第 16 条 この 要 領 に 定 めるもののほか, 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める 附 則 この 要 領 は, 昭 和 63 年 4 月 1 日 から 実 施 する 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 領 は, 制 定 の 日 から 施 行 し, 平 成 13 年 5 月 1 日 から 適 用 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 領 の 施 行 の 際, 改 正 前 の 新 潟 市 市 税 口 座 振 替 事 務 取 扱 要 領 の 規 定 によってなされた 申 請, 手 続 その 他 の 行 為 は,この 要 領 によってなされたものとみなす 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 領 は, 制 定 の 日 から 施 行 し, 平 成 16 年 4 月 1 日 から 適 用 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 領 の 施 行 の 際, 改 正 前 の 新 潟 市 市 税 口 座 振 替 事 務 取 扱 要 領 の 規 定 によってなされた 申 請, 手 続 その 他 の 行 為 は,この 要 領 によってなされたものとみなす 附 則

6 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 領 は, 平 成 19 年 4 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 領 の 施 行 の 際, 改 正 前 の 新 潟 市 市 税 口 座 振 替 事 務 取 扱 要 領 の 規 定 によってなされた 申 請, 手 続 その 他 の 行 為 は,この 要 領 によってなされたものとみなす 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 領 は, 平 成 19 年 12 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 領 の 施 行 の 際, 改 正 前 の 新 潟 市 市 税 口 座 振 替 事 務 取 扱 要 領 の 規 定 によってなされた 申 請, 手 続 その 他 の 行 為 は,この 要 領 によってなされたものとみなす 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 領 は, 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 領 の 施 行 の 際, 改 正 前 の 新 潟 市 市 税 口 座 振 替 事 務 取 扱 要 領 の 規 定 によってなされた 申 請, 手 続 その 他 の 行 為 は,この 要 領 によってなされたものとみなす 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 領 は, 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 領 の 施 行 の 際, 改 正 前 の 新 潟 市 市 税 口 座 振 替 事 務 取 扱 要 領 の 規 定 によってなされた 申 請, 手 続 その 他 の 行 為 は,この 要 領 によってなされたものとみなす 附 則

7 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 領 は, 平 成 24 年 7 月 17 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 領 の 施 行 の 際, 改 正 前 の 新 潟 市 市 税 口 座 振 替 事 務 取 扱 要 領 の 規 定 によってなされた 申 請, 手 続 その 他 の 行 為 は,この 要 領 によってなされたものとみなす 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 領 は, 平 成 26 年 2 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 領 の 施 行 の 際, 改 正 前 の 新 潟 市 市 税 口 座 振 替 事 務 取 扱 要 領 の 規 定 によってなされた 申 請, 手 続 その 他 の 行 為 は,この 要 領 によってなされたものとみなす

8 様 式 1 号 1( 表 )

9 様 式 1 号 1( 裏 ) 約 定 1 新 潟 市 から 市 税 の 納 付 書 等 が 貴 店 へ 送 付 されたときは, 私 に 通 知 することなく 所 定 の 振 替 日 に, 私 の 指 定 預 金 口 座 から, 納 付 書 等 記 載 の 金 額 を 払 い 出 し, 新 潟 市 へ 納 付 してください 2 前 項 の 手 続 きについては, 当 座 勘 定 規 定 又 は 普 通 預 金 規 定 等 にかかわらず, 小 切 手 の 振 り 出 し 又 は 預 金 通 帳 及 び 払 い 戻 し 請 求 書 を 提 出 しませんので, 貴 店 所 定 の 方 法 で 処 理 してください 3 随 時 課 税, 納 期 変 更, 税 額 の 分 割 又 は 納 期 を 経 過 した 場 合 の 振 り 替 えは 請 求 いたしません 4 振 替 日 は 納 期 限 の 日 としてください 5 指 定 預 金 口 座 の 残 高 が 振 替 日 に 納 付 書 等 記 載 の 金 額 に 満 たないときは, 私 に 通 知 することなく, 当 該 納 付 書 等 を 新 潟 市 に 返 却 されても 差 し 支 えありません 6 通 帳 の 記 帳 をもって 納 付 済 の 確 認 としますので, 領 収 証 書 の 請 求 はいたしません 7 期 別 全 納 の 区 分 については, 申 し 込 み 時 の 方 法 で 差 し 支 えありません 8 この 口 座 振 替 契 約 を 変 更 するとき 又 は 廃 止 するときは, 依 頼 書 又 は 廃 止 届 を 提 出 します 9 全 期 一 括 振 替 ができなかった 場 合 は, 第 2 期 から 期 別 に 振 り 替 えられても 差 し 支 えありません 10 この 口 座 振 替 契 約 は, 新 潟 市 が 必 要 と 認 めた 場 合 には 第 8 項 の 規 定 にかかわらず, 私 に 通 知 することなく 解 約 されても 異 議 ありません 11 還 付 金 等 が 生 じた 場 合 は,この 口 座 振 替 依 頼 書 の 口 座 に 振 り 込 んで 差 し 支 えありません 12 この 取 り 扱 いについて, 万 一 紛 議 が 生 じても 貴 店 の 責 によるものを 除 き, 貴 店 に 迷 惑 をかけません < 口 座 振 替 毎 月 (12 期 ) 納 付 特 例 の 運 用 取 扱 い> 各 納 期 の 端 数 は100 円 単 位 です (4 期 納 付 の 場 合 は1,000 円 単 位 ) 振 替 開 始 期 は, 各 年 度 とも4 月 からと7 月 からの2 回 です (4 月 の 場 合 は1 月 末 日 まで,7 月 の 場 合 は5 月 末 日 までのお 申 し 込 みになります ) 4 月 からの 開 始 は 翌 年 3 月 までの12 回 に,7 月 からの 開 始 は7 月 から 翌 年 3 月 までの9 回 に 分 割 して 計 算 した 税 額 を 口 座 振 替 させていただきます 毎 月 納 付 を4 期 に 戻 す 場 合 は, 翌 年 度 からとなります ( 改 めてお 申 し 出 が 必 要 です ) 口 座 解 約 等 で 振 替 不 能 となった 場 合 は 納 付 書 を 送 付 しますが, 市 の 収 納 窓 口 または 金 融 機 関 窓 口 (ゆうちょ 銀 行 は 除 く)で の 取 り 扱 いとなります コンビニエンスストアインターネットバンキングモバイルバンキングATMでの 納 付 はできませ ん 口 座 振 替 不 能 を 繰 り 返 した 場 合, 毎 月 納 付 を 中 止 することがあります 法 律 改 正 等 で4 月 に 納 税 通 知 書 を 発 送 できない 場 合 は,5 月 から11 回 に 分 けての 毎 月 納 付 になる 等, 納 期 が 変 更 されるこ とがあります (その 場 合 は, 市 報 ホームページでお 知 らせします ) 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 に 係 る 注 意 事 項 1 不 動 産 の 共 有 者 や 持 分 等 に 変 更 があった 場 合 は, 口 座 振 替 が 継 続 されない 場 合 があります 2 複 数 の 区 に 課 税 がある 場 合 ( 照 会 コードの 上 8 桁 が 同 一 の 場 合 ), 全 てを 一 括 で 振 り 替 えます 区 ごとの 口 座 指 定 はできません 軽 自 動 車 税 に 係 る 注 意 事 項 1 継 続 検 査 対 象 車 両 については, 振 替 後 2 週 間 程 度 で 軽 自 動 車 税 納 税 証 明 書 ( 継 続 検 査 用 )をお 送 りします

10 様 式 1 号 2( 表 )

11 様 式 1 号 2( 裏 ) 約 定 1 新 潟 市 から 市 税 の 納 付 書 等 が 貴 店 へ 送 付 されたときは, 私 に 通 知 することなく 所 定 の 振 替 日 に, 私 の 指 定 預 金 口 座 から, 納 付 書 等 記 載 の 金 額 を 払 い 出 し, 新 潟 市 へ 納 付 してください 2 前 項 の 手 続 きについては, 当 座 勘 定 規 定 又 は 普 通 預 金 規 定 等 にかかわらず, 小 切 手 の 振 り 出 し 又 は 預 金 通 帳 及 び 払 い 戻 し 請 求 書 を 提 出 しませんので, 貴 店 所 定 の 方 法 で 処 理 してください 3 随 時 課 税, 納 期 変 更, 税 額 の 分 割 又 は 納 期 を 経 過 した 場 合 の 振 り 替 えは 請 求 いたしません 4 振 替 日 は 納 期 限 の 日 としてください 5 指 定 預 金 口 座 の 残 高 が 振 替 日 に 納 付 書 等 記 載 の 金 額 に 満 たないときは, 私 に 通 知 することなく, 当 該 納 付 書 等 を 新 潟 市 に 返 却 されても 差 し 支 えありません 6 通 帳 の 記 帳 をもって 納 付 済 の 確 認 としますので, 領 収 証 書 の 請 求 はいたしません 7 期 別 全 納 の 区 分 については, 申 し 込 み 時 の 方 法 で 差 し 支 えありません 8 この 口 座 振 替 契 約 を 変 更 するとき 又 は 廃 止 するときは, 依 頼 書 又 は 廃 止 届 を 提 出 します 9 全 期 一 括 振 替 ができなかった 場 合 は, 第 2 期 から 期 別 に 振 り 替 えられても 差 し 支 えありません 10 この 口 座 振 替 契 約 は, 新 潟 市 が 必 要 と 認 めた 場 合 には 第 8 項 の 規 定 にかかわらず, 私 に 通 知 することなく 解 約 されても 異 議 ありません 11 還 付 金 等 が 生 じた 場 合 は,この 口 座 振 替 依 頼 書 の 口 座 に 振 り 込 んで 差 し 支 えありません 12 この 取 り 扱 いについて, 万 一 紛 議 が 生 じても 貴 店 の 責 によるものを 除 き, 貴 店 に 迷 惑 をかけません < 口 座 振 替 毎 月 (12 期 ) 納 付 特 例 の 運 用 取 扱 い> 各 納 期 の 端 数 は100 円 単 位 です (4 期 納 付 の 場 合 は1,000 円 単 位 ) 振 替 開 始 期 は, 各 年 度 とも4 月 からと7 月 からの2 回 です (4 月 の 場 合 は1 月 末 日 まで,7 月 の 場 合 は5 月 末 日 までのお 申 し 込 みになります ) 4 月 からの 開 始 は 翌 年 3 月 までの12 回 に,7 月 からの 開 始 は7 月 から 翌 年 3 月 までの9 回 に 分 割 して 計 算 した 税 額 を 口 座 振 替 させていただきます 毎 月 納 付 を4 期 に 戻 す 場 合 は, 翌 年 度 からとなります ( 改 めてお 申 し 出 が 必 要 です ) 口 座 解 約 等 で 振 替 不 能 となった 場 合 は 納 付 書 を 送 付 しますが, 市 の 収 納 窓 口 または 金 融 機 関 窓 口 (ゆうちょ 銀 行 は 除 く)で の 取 り 扱 いとなります コンビニエンスストアインターネットバンキングモバイルバンキングATMでの 納 付 はできませ ん 口 座 振 替 不 能 を 繰 り 返 した 場 合, 毎 月 納 付 を 中 止 することがあります 法 律 改 正 等 で4 月 に 納 税 通 知 書 を 発 送 できない 場 合 は,5 月 から11 回 に 分 けての 毎 月 納 付 になる 等, 納 期 が 変 更 されるこ とがあります (その 場 合 は, 市 報 ホームページでお 知 らせします ) 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 に 係 る 注 意 事 項 1 不 動 産 の 共 有 者 や 持 分 等 に 変 更 があった 場 合 は, 口 座 振 替 が 継 続 されない 場 合 があります 2 複 数 の 区 に 課 税 がある 場 合 ( 照 会 コードの 上 8 桁 が 同 一 の 場 合 ), 全 てを 一 括 で 振 り 替 えます 区 ごとの 口 座 指 定 はできません 軽 自 動 車 税 に 係 る 注 意 事 項 1 継 続 検 査 対 象 車 両 については, 振 替 後 2 週 間 程 度 で 軽 自 動 車 税 納 税 証 明 書 ( 継 続 検 査 用 )をお 送 りします

12 様 式 2 号 ( 表 )

13 様 式 2 号 ( 裏 ) 約 定 1 新 潟 市 から 市 税 の 納 付 書 等 が 貴 店 へ 送 付 されたときは, 私 に 通 知 することなく 所 定 の 振 替 日 に, 私 の 指 定 預 金 口 座 から, 納 付 書 等 記 載 の 金 額 を 払 い 出 し, 新 潟 市 へ 納 付 してください 2 前 項 の 手 続 きについては, 当 座 勘 定 規 定 又 は 普 通 預 金 規 定 等 にかかわらず, 小 切 手 の 振 り 出 し 又 は 預 金 通 帳 及 び 払 い 戻 し 請 求 書 を 提 出 しませんので, 貴 店 所 定 の 方 法 で 処 理 してください 3 随 時 課 税, 納 期 変 更, 税 額 の 分 割 又 は 納 期 を 経 過 した 場 合 の 振 り 替 えは 請 求 いたしません 4 振 替 日 は 納 期 限 の 日 としてください 5 指 定 預 金 口 座 の 残 高 が 振 替 日 に 納 付 書 等 記 載 の 金 額 に 満 たないときは, 私 に 通 知 することなく, 当 該 納 付 書 等 を 新 潟 市 に 返 却 されても 差 し 支 えありません 6 通 帳 の 記 帳 をもって 納 付 済 の 確 認 としますので, 領 収 証 書 の 請 求 はいたしません 7 期 別 全 納 の 区 分 については, 申 し 込 み 時 の 方 法 で 差 し 支 えありません 8 この 口 座 振 替 契 約 を 変 更 するとき 又 は 廃 止 するときは, 依 頼 書 又 は 廃 止 届 を 提 出 します 9 全 期 一 括 振 替 ができなかった 場 合 は, 第 2 期 から 期 別 に 振 り 替 えられても 差 し 支 えありません 10 この 口 座 振 替 契 約 は, 新 潟 市 が 必 要 と 認 めた 場 合 には 第 8 項 の 規 定 にかかわらず, 私 に 通 知 することなく 解 約 されても 異 議 ありません 11 還 付 金 等 が 生 じた 場 合 は,この 口 座 振 替 依 頼 書 の 口 座 に 振 り 込 んで 差 し 支 えありません 12 この 取 り 扱 いについて, 万 一 紛 議 が 生 じても 貴 店 の 責 によるものを 除 き, 貴 店 に 迷 惑 をかけません < 口 座 振 替 毎 月 (12 期 ) 納 付 特 例 の 運 用 取 扱 い> 各 納 期 の 端 数 は100 円 単 位 です (4 期 納 付 の 場 合 は1,000 円 単 位 ) 振 替 開 始 期 は, 各 年 度 とも4 月 からと7 月 からの2 回 です (4 月 の 場 合 は1 月 末 日 まで,7 月 の 場 合 は5 月 末 日 までのお 申 し 込 みになります ) 4 月 からの 開 始 は 翌 年 3 月 までの12 回 に,7 月 からの 開 始 は7 月 から 翌 年 3 月 までの9 回 に 分 割 して 計 算 した 税 額 を 口 座 振 替 させていただきます 毎 月 納 付 を4 期 に 戻 す 場 合 は, 翌 年 度 からとなります ( 改 めてお 申 し 出 が 必 要 です ) 口 座 解 約 等 で 振 替 不 能 となった 場 合 は 納 付 書 を 送 付 しますが, 市 の 収 納 窓 口 または 金 融 機 関 窓 口 (ゆうちょ 銀 行 は 除 く)で の 取 り 扱 いとなります コンビニエンスストアインターネットバンキングモバイルバンキングATMでの 納 付 はできませ ん 口 座 振 替 不 能 を 繰 り 返 した 場 合, 毎 月 納 付 を 中 止 することがあります 法 律 改 正 等 で4 月 に 納 税 通 知 書 を 発 送 できない 場 合 は,5 月 から11 回 に 分 けての 毎 月 納 付 になる 等, 納 期 が 変 更 されるこ とがあります (その 場 合 は, 市 報 ホームページでお 知 らせします ) 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 に 係 る 注 意 事 項 1 不 動 産 の 共 有 者 や 持 分 等 に 変 更 があった 場 合 は, 口 座 振 替 が 継 続 されない 場 合 があります 2 複 数 の 区 に 課 税 がある 場 合 ( 照 会 コードの 上 8 桁 が 同 一 の 場 合 ), 全 てを 一 括 で 振 り 替 えます 区 ごとの 口 座 指 定 はできません 軽 自 動 車 税 に 係 る 注 意 事 項 1 継 続 検 査 対 象 車 両 については, 振 替 後 2 週 間 程 度 で 軽 自 動 車 税 納 税 証 明 書 ( 継 続 検 査 用 )をお 送 りします

14 様 式 3 号 ( 表 )

15 様 式 3 号 ( 裏 ) 約 定 1 新 潟 市 から 市 税 の 納 付 書 等 が 貴 店 へ 送 付 されたときは, 私 に 通 知 することなく 所 定 の 振 替 日 に, 私 の 指 定 預 金 口 座 から, 納 付 書 等 記 載 の 金 額 を 払 い 出 し, 新 潟 市 へ 納 付 してください 2 前 項 の 手 続 きについては, 当 座 勘 定 規 定 又 は 普 通 預 金 規 定 等 にかかわらず, 小 切 手 の 振 り 出 し 又 は 預 金 通 帳 及 び 払 い 戻 し 請 求 書 を 提 出 し ませんので, 貴 店 所 定 の 方 法 で 処 理 してください 3 随 時 課 税, 納 期 変 更, 税 額 の 分 割 又 は 納 期 を 経 過 した 場 合 の 振 り 替 えは 請 求 いたしません 4 振 替 日 は 納 期 限 の 日 としてください 5 指 定 預 金 口 座 の 残 高 が 振 替 日 に 納 付 書 等 記 載 の 金 額 に 満 たないときは, 私 に 通 知 することなく, 当 該 納 付 書 等 を 新 潟 市 に 返 却 されても 差 し 支 えありません 6 通 帳 の 記 帳 をもって 納 付 済 の 確 認 としますので, 領 収 証 書 の 請 求 はいたしません 7 期 別 全 納 の 区 分 については, 申 し 込 み 時 の 方 法 で 差 し 支 えありません 8 この 口 座 振 替 契 約 を 変 更 するとき 又 は 廃 止 するときは, 依 頼 書 又 は 廃 止 届 を 提 出 します 9 全 期 一 括 振 替 ができなかった 場 合 は, 第 2 期 から 期 別 に 振 り 替 えられても 差 し 支 えありません 10 この 口 座 振 替 契 約 は, 新 潟 市 が 必 要 と 認 めた 場 合 には 第 8 項 の 規 定 にかかわらず, 私 に 通 知 することなく 解 約 されても 異 議 ありません 11 還 付 金 等 が 生 じた 場 合 は,この 口 座 振 替 依 頼 書 の 口 座 に 振 り 込 んで 差 し 支 えありません 12 この 取 り 扱 いについて, 万 一 紛 議 が 生 じても 貴 店 の 責 によるものを 除 き, 貴 店 に 迷 惑 をかけません < 口 座 振 替 毎 月 (12 期 ) 納 付 特 例 の 運 用 取 扱 い> 各 納 期 の 端 数 は100 円 単 位 です (4 期 納 付 の 場 合 は1,000 円 単 位 ) 振 替 開 始 期 は, 各 年 度 とも4 月 からと7 月 からの2 回 です (4 月 の 場 合 は1 月 末 日 まで,7 月 の 場 合 は5 月 末 日 までのお 申 し 込 みにな ります ) 4 月 からの 開 始 は 翌 年 3 月 までの12 回 に,7 月 からの 開 始 は7 月 から 翌 年 3 月 までの9 回 に 分 割 して 計 算 した 税 額 を 口 座 振 替 させてい ただきます 毎 月 納 付 を4 期 に 戻 す 場 合 は, 翌 年 度 からとなります ( 改 めてお 申 し 出 が 必 要 です ) 口 座 解 約 等 で 振 替 不 能 となった 場 合 は 納 付 書 を 送 付 しますが, 市 の 収 納 窓 口 または 金 融 機 関 窓 口 (ゆうちょ 銀 行 は 除 く)での 取 り 扱 いと なります コンビニエンスストアインターネットバンキングモバイルバンキングATMでの 納 付 はできません 口 座 振 替 不 能 を 繰 り 返 した 場 合, 毎 月 納 付 を 中 止 することがあります 法 律 改 正 等 で4 月 に 納 税 通 知 書 を 発 送 できない 場 合 は,5 月 から11 回 に 分 けての 毎 月 納 付 になる 等, 納 期 が 変 更 されることがあります (その 場 合 は, 市 報 ホームページでお 知 らせします )

16 様 式 4 号 1 平 成 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 年 度 第 期 平 成 年 度 第 期 A 納 付 書 ( 口 座 振 替 用 ) 納 付 済 通 知 書 ( 口 座 振 替 用 ) 新 潟 市 氏 名 氏 名 延 滞 金 報 奨 金 照 会 コード 納 期 限 照 会 コード 納 期 限 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 座 番 号 口 座 名 人 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 口 座 名 義 人 振 替 不 納 理 由 金 融 機 関 支 店 種 別 口 義 領 収 日 付 印 1 預 金 不 足 取 引 なし 領 収 日 付 印 円 2 円 税 額 税 額 3 預 金 者 の 都 合 による 全 納 報 奨 金 振 替 停 止 全 納 報 奨 金 円 円 預 金 口 座 振 替 依 頼 書 円 4 円 納 付 税 額 納 付 税 額 なし 8 係 員 係 員 市 の 都 合 による 振 替 停 止 9 その 他 ( 金 融 機 関 ) 新 潟 市 ( 金 融 機 関 市 ) 新 潟 市 様 式 4 号 年 度 軽 自 動 車 税 全 期 年 度 軽 自 動 車 税 全 期 納 付 書 ( 口 座 振 替 用 ) 納 付 済 通 知 書 ( 口 座 振 替 用 ) 氏 名 氏 名 照 会 コード 納 期 限 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 平 成 年 月 日 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 口 座 名 義 人 口 座 名 義 人 調 定 年 度 税 目 コード 調 区 照 会 コード 年 度 分 納 付 税 額 円 期 別 税 額 車 両 番 号 振 替 不 納 理 由 預 金 不 足 取 引 なし 預 金 者 の 都 合 による 振 替 停 止 納 付 金 額 合 計 円 預 金 口 座 振 替 依 頼 書 納 付 期 限 年 月 日 なし 市 の 都 合 による 振 替 停 止 その 他 領 収 日 付 印 (あて 先 ) 新 潟 市 会 計 管 理 者 領 収 日 付 印 ( 金 融 機 関 ) 新 潟 市 ( 金 融 機 関 市 ) 新 潟 市

17 様 式 5 号 市 税 口 座 振 替 納 付 書 送 付 書 市 税 口 座 振 替 報 告 書 期 平 成 年 月 日 期 平 成 年 月 日 様 (あて 先 ) 新 潟 市 長 金 融 機 関 名 印 印 下 記 のとおり 口 座 振 替 納 付 書 を 送 付 しましたので 振 替 納 付 して 下 さい 振 替 日 金 融 機 関 コード 平 成 年 月 日 振 替 金 額 備 考 送 付 件 下 記 のとおり 振 替 納 付 しましたので 報 告 します 振 替 日 金 融 機 関 コード 平 成 年 月 日 振 替 金 額 備 考 送 付 件 納 付 書 円 納 付 書 円 振 替 分 件 振 替 分 件 円 円 振 替 不 納 分 件 円 振 替 不 納 分 件 円 合 計 件 円 件 合 計 円 ( 金 融 機 関 ) ( 金 融 機 関 市 )

18 様 式 6 号 第 号 年 月 日 様 新 潟 市 長 市 税 口 座 振 替 停 止 連 絡 表 下 記 納 税 義 務 者 の 年 月 日 の 市 税 口 座 振 替 を 停 止 してください 記 納 税 義 務 者 通 知 書 番 号 税 目 税 額 金 融 機 関 コード 店 舗 種 類 口 座 番 号 預 金 名 義 人 全 納 (1) 期 別

19 様 式 7 号

20 様 式 8 号 1

21 様 式 8 号 2

22 様 式 8 号 3

23 様 式 9 号 1( 表 )

24 様 式 9 号 1( 裏 ) 約 定 1 新 潟 市 から 市 税 の 納 付 書 等 が 貴 店 へ 送 付 されたときは, 私 に 通 知 することなく 所 定 の 振 替 日 に, 私 の 指 定 預 金 口 座 から, 納 付 書 等 記 載 の 金 額 を 払 い 出 し, 新 潟 市 へ 納 付 してください 2 前 項 の 手 続 きについては, 当 座 勘 定 規 定 又 は 普 通 預 金 規 定 等 にかかわらず, 小 切 手 の 振 り 出 し 又 は 預 金 通 帳 及 び 払 い 戻 し 請 求 書 を 提 出 しませんので, 貴 店 所 定 の 方 法 で 処 理 してください 3 随 時 課 税, 納 期 変 更, 税 額 の 分 割 又 は 納 期 を 経 過 した 場 合 の 振 り 替 えは 請 求 いたしません 4 振 替 日 は 納 期 限 の 日 としてください 5 指 定 預 金 口 座 の 残 高 が 振 替 日 に 納 付 書 等 記 載 の 金 額 に 満 たないときは, 私 に 通 知 することなく, 当 該 納 付 書 等 を 新 潟 市 に 返 却 されても 差 し 支 えありません 6 通 帳 の 記 帳 をもって 納 付 済 の 確 認 としますので, 領 収 証 書 の 請 求 はいたしません 7 期 別 全 納 の 区 分 については, 申 し 込 み 時 の 方 法 で 差 し 支 えありません 8 この 口 座 振 替 契 約 を 変 更 するとき 又 は 廃 止 するときは, 依 頼 書 又 は 廃 止 届 を 提 出 します 9 全 期 一 括 振 替 ができなかった 場 合 は, 第 2 期 から 期 別 に 振 り 替 えられても 差 し 支 えありません 10 この 口 座 振 替 契 約 は, 新 潟 市 が 必 要 と 認 めた 場 合 には 第 8 項 の 規 定 にかかわらず, 私 に 通 知 することなく 解 約 されても 異 議 あ りません 11 還 付 金 等 が 生 じた 場 合 は,この 口 座 振 替 依 頼 書 の 口 座 に 振 り 込 んで 差 し 支 えありません 12 この 取 り 扱 いについて, 万 一 紛 議 が 生 じても 貴 店 の 責 によるものを 除 き, 貴 店 に 迷 惑 をかけません < 口 座 振 替 毎 月 (12 期 ) 納 付 特 例 の 運 用 取 扱 い> 各 納 期 の 端 数 は100 円 単 位 です (4 期 納 付 の 場 合 は1,000 円 単 位 ) 振 替 開 始 期 は, 各 年 度 とも4 月 からと7 月 からの2 回 です (4 月 の 場 合 は1 月 末 日 まで,7 月 の 場 合 は5 月 末 日 までのお 申 し 込 みになります ) 4 月 からの 開 始 は 翌 年 3 月 までの12 回 に,7 月 からの 開 始 は7 月 から 翌 年 3 月 までの9 回 に 分 割 して 計 算 した 税 額 を 口 座 振 替 させていただきます 毎 月 納 付 を4 期 に 戻 す 場 合 は, 翌 年 度 からとなります ( 改 めてお 申 し 出 が 必 要 です ) 口 座 解 約 等 で 振 替 不 能 となった 場 合 は 納 付 書 を 送 付 しますが, 市 の 収 納 窓 口 または 金 融 機 関 窓 口 (ゆうちょ 銀 行 は 除 く)での 取 り 扱 いとなります コンビニエンスストアインターネットバンキングモバイルバンキングATMでの 納 付 はできません 口 座 振 替 不 能 を 繰 り 返 した 場 合, 毎 月 納 付 を 中 止 することがあります 法 律 改 正 等 で4 月 に 納 税 通 知 書 を 発 送 できない 場 合 は,5 月 から11 回 に 分 けての 毎 月 納 付 になる 等, 納 期 が 変 更 されること があります (その 場 合 は, 市 報 ホームページでお 知 らせします ) 申 込 期 限 と 振 替 開 始 期 4 期 全 納 年 度 期 別 平 成 年 度 平 成 年 度 第 2 期 から 第 3 期 から 第 4 期 から 全 納 / 第 1 期 から 申 込 期 限 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 振 替 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 毎 月 納 付 年 度 期 別 申 込 期 限 振 替 日 ただし,12 月 は28 日 平 成 年 度 4 月 期 から 7 月 期 から 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 4 月 末 日 から 毎 月 末 日 平 成 年 7 月 末 日 から 毎 月 末 日 口 座 振 替 の 廃 止 市 納 税 課 までご 連 絡 ください 廃 止 に 必 要 な 書 類 をお 送 りします

25 様 式 9 号 2( 表 )

26 様 式 9 号 2( 裏 ) 約 定 1 新 潟 市 から 市 税 の 納 付 書 等 が 貴 店 へ 送 付 されたときは, 私 に 通 知 することなく 所 定 の 振 替 日 に, 私 の 指 定 預 金 口 座 から, 納 付 書 等 記 載 の 金 額 を 払 い 出 し, 新 潟 市 へ 納 付 してください 2 前 項 の 手 続 きについては, 当 座 勘 定 規 定 又 は 普 通 預 金 規 定 等 にかかわらず, 小 切 手 の 振 り 出 し 又 は 預 金 通 帳 及 び 払 い 戻 し 請 求 書 を 提 出 しませんので, 貴 店 所 定 の 方 法 で 処 理 してください 3 随 時 課 税, 納 期 変 更, 税 額 の 分 割 又 は 納 期 を 経 過 した 場 合 の 振 り 替 えは 請 求 いたしません 4 振 替 日 は 納 期 限 の 日 としてください 5 指 定 預 金 口 座 の 残 高 が 振 替 日 に 納 付 書 等 記 載 の 金 額 に 満 たないときは, 私 に 通 知 することなく, 当 該 納 付 書 等 を 新 潟 市 に 返 却 されても 差 し 支 えありません 6 通 帳 の 記 帳 をもって 納 付 済 の 確 認 としますので, 領 収 証 書 の 請 求 はいたしません 7 期 別 全 納 の 区 分 については, 申 し 込 み 時 の 方 法 で 差 し 支 えありません 8 この 口 座 振 替 契 約 を 変 更 するとき 又 は 廃 止 するときは, 依 頼 書 又 は 廃 止 届 を 提 出 します 9 全 期 一 括 振 替 ができなかった 場 合 は, 第 2 期 から 期 別 に 振 り 替 えられても 差 し 支 えありません 10 この 口 座 振 替 契 約 は, 新 潟 市 が 必 要 と 認 めた 場 合 には 第 8 項 の 規 定 にかかわらず, 私 に 通 知 することなく 解 約 されても 異 議 あ りません 11 還 付 金 等 が 生 じた 場 合 は,この 口 座 振 替 依 頼 書 の 口 座 に 振 り 込 んで 差 し 支 えありません 12 この 取 り 扱 いについて, 万 一 紛 議 が 生 じても 貴 店 の 責 によるものを 除 き, 貴 店 に 迷 惑 をかけません < 口 座 振 替 毎 月 (12 期 ) 納 付 特 例 の 運 用 取 扱 い> 各 納 期 の 端 数 は100 円 単 位 です (4 期 納 付 の 場 合 は1,000 円 単 位 ) 振 替 開 始 期 は, 各 年 度 とも4 月 からと7 月 からの2 回 です (4 月 の 場 合 は1 月 末 日 まで,7 月 の 場 合 は5 月 末 日 までのお 申 し 込 みになります ) 4 月 からの 開 始 は 翌 年 3 月 までの12 回 に,7 月 からの 開 始 は7 月 から 翌 年 3 月 までの9 回 に 分 割 して 計 算 した 税 額 を 口 座 振 替 させていただきます 毎 月 納 付 を4 期 に 戻 す 場 合 は, 翌 年 度 からとなります ( 改 めてお 申 し 出 が 必 要 です ) 口 座 解 約 等 で 振 替 不 能 となった 場 合 は 納 付 書 を 送 付 しますが, 市 の 収 納 窓 口 または 金 融 機 関 窓 口 (ゆうちょ 銀 行 は 除 く)での 取 り 扱 いとなります コンビニエンスストアインターネットバンキングモバイルバンキングATMでの 納 付 はできません 口 座 振 替 不 能 を 繰 り 返 した 場 合, 毎 月 納 付 を 中 止 することがあります 法 律 改 正 等 で4 月 に 納 税 通 知 書 を 発 送 できない 場 合 は,5 月 から11 回 に 分 けての 毎 月 納 付 になる 等, 納 期 が 変 更 されること があります (その 場 合 は, 市 報 ホームページでお 知 らせします ) 申 込 期 限 と 振 替 開 始 期 4 期 全 納 年 度 期 別 平 成 年 度 平 成 年 度 第 2 期 から 第 3 期 から 第 4 期 から 全 納 / 第 1 期 から 申 込 期 限 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 振 替 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 毎 月 納 付 年 度 期 別 申 込 期 限 振 替 日 ただし,12 月 は28 日 平 成 年 度 4 月 期 から 7 月 期 から 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 4 月 末 日 から 毎 月 末 日 平 成 年 7 月 末 日 から 毎 月 末 日 口 座 振 替 の 廃 止 市 納 税 課 までご 連 絡 ください 廃 止 に 必 要 な 書 類 をお 送 りします

27 様 式 10 号 ( 表 )

28 様 式 10 号 ( 裏 ) 約 定 1 新 潟 市 から 市 税 の 納 付 書 等 が 貴 店 へ 送 付 されたときは, 私 に 通 知 することなく 所 定 の 振 替 日 に, 私 の 指 定 預 金 口 座 から, 納 付 書 等 記 載 の 金 額 を 払 い 出 し, 新 潟 市 へ 納 付 してください 2 前 項 の 手 続 きについては, 当 座 勘 定 規 定 又 は 普 通 預 金 規 定 等 にかかわらず, 小 切 手 の 振 り 出 し 又 は 預 金 通 帳 及 び 払 い 戻 し 請 求 書 を 提 出 しませんので, 貴 店 所 定 の 方 法 で 処 理 してください 3 随 時 課 税, 納 期 変 更, 税 額 の 分 割 又 は 納 期 を 経 過 した 場 合 の 振 り 替 えは 請 求 いたしません 4 振 替 日 は 納 期 限 の 日 としてください 5 指 定 預 金 口 座 の 残 高 が 振 替 日 に 納 付 書 等 記 載 の 金 額 に 満 たないときは, 私 に 通 知 することなく, 当 該 納 付 書 等 を 新 潟 市 に 返 却 されても 差 し 支 えありません 6 通 帳 の 記 帳 をもって 納 付 済 の 確 認 としますので, 領 収 証 書 の 請 求 はいたしません 7 期 別 全 納 の 区 分 については, 申 し 込 み 時 の 方 法 で 差 し 支 えありません 8 この 口 座 振 替 契 約 を 変 更 するとき 又 は 廃 止 するときは, 依 頼 書 又 は 廃 止 届 を 提 出 します 9 全 期 一 括 振 替 ができなかった 場 合 は, 第 2 期 から 期 別 に 振 り 替 えられても 差 し 支 えありません 10 この 口 座 振 替 契 約 は, 新 潟 市 が 必 要 と 認 めた 場 合 には 第 8 項 の 規 定 にかかわらず, 私 に 通 知 することなく 解 約 されても 異 議 あ りません 11 還 付 金 等 が 生 じた 場 合 は,この 口 座 振 替 依 頼 書 の 口 座 に 振 り 込 んで 差 し 支 えありません 12 この 取 り 扱 いについて, 万 一 紛 議 が 生 じても 貴 店 の 責 によるものを 除 き, 貴 店 に 迷 惑 をかけません < 口 座 振 替 毎 月 (12 期 ) 納 付 特 例 の 運 用 取 扱 い> 各 納 期 の 端 数 は100 円 単 位 です (4 期 納 付 の 場 合 は1,000 円 単 位 ) 振 替 開 始 期 は, 各 年 度 とも4 月 からと7 月 からの2 回 です (4 月 の 場 合 は1 月 末 日 まで,7 月 の 場 合 は5 月 末 日 までのお 申 し 込 みになります ) 4 月 からの 開 始 は 翌 年 3 月 までの12 回 に,7 月 からの 開 始 は7 月 から 翌 年 3 月 までの9 回 に 分 割 して 計 算 した 税 額 を 口 座 振 替 させていただきます 毎 月 納 付 を4 期 に 戻 す 場 合 は, 翌 年 度 からとなります ( 改 めてお 申 し 出 が 必 要 です ) 口 座 解 約 等 で 振 替 不 能 となった 場 合 は 納 付 書 を 送 付 しますが, 市 の 収 納 窓 口 または 金 融 機 関 窓 口 (ゆうちょ 銀 行 は 除 く)での 取 り 扱 いとなります コンビニエンスストアインターネットバンキングモバイルバンキングATMでの 納 付 はできません 口 座 振 替 不 能 を 繰 り 返 した 場 合, 毎 月 納 付 を 中 止 することがあります 法 律 改 正 等 で4 月 に 納 税 通 知 書 を 発 送 できない 場 合 は,5 月 から11 回 に 分 けての 毎 月 納 付 になる 等, 納 期 が 変 更 されること があります (その 場 合 は, 市 報 ホームページでお 知 らせします ) 申 込 期 限 と 振 替 開 始 期 4 期 全 納 年 度 期 別 平 成 年 度 平 成 年 度 第 2 期 から 第 3 期 から 第 4 期 から 全 納 / 第 1 期 から 申 込 期 限 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 振 替 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 毎 月 納 付 年 度 期 別 申 込 期 限 振 替 日 ただし,12 月 は28 日 平 成 年 度 4 月 期 から 7 月 期 から 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 4 月 末 日 から 毎 月 末 日 平 成 年 7 月 末 日 から 毎 月 末 日 口 座 振 替 の 廃 止 市 納 税 課 までご 連 絡 ください 廃 止 に 必 要 な 書 類 をお 送 りします

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Taro-1-14A記載例.jtd

Taro-1-14A記載例.jtd 募 集 株 式 の 発 行 ( 非 公 開 会 社 のうち 非 取 締 役 会 設 置 会 社 ) 受 付 番 号 票 貼 付 欄 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 会 社 法 人 等 番 号 0000-00 - 000000 分 かる 場 合 に 記 載 してください 1. 商 号 1. 本 店 1. 登 記 の 事 由 商 事 株 式 会 社 県 市 町 丁 目 番 号 募 集

More information

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 27.05 特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 与 支 払 報 告 書 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (

More information

(3) 財 形 貯 蓄 等 に 係 る 給 与 からの 控 除 預 入 等 を 行 うための 明 細 書 ( 以 下 控 除 額 明 細 書 という )について 人 事 課 と 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 相 互 間 における 送 付 の 取 次 ぎを 行 うこと (4) 財 務 課 から

(3) 財 形 貯 蓄 等 に 係 る 給 与 からの 控 除 預 入 等 を 行 うための 明 細 書 ( 以 下 控 除 額 明 細 書 という )について 人 事 課 と 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 相 互 間 における 送 付 の 取 次 ぎを 行 うこと (4) 財 務 課 から 高 知 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 6 0 号 最 終 改 正 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 531 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 高 知 大 学 職 員 ( 以 下 職 員 という )の 財 産 形 成 貯 蓄 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 事 務 部 長 裁 定 平 成 4 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 6 年 1 月 1 日 一 部 改 正 平 成 16 年 9 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6>

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 ( 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 ) ( 趣 旨 ) 第 1 本 学 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下 財 形 貯 蓄 等 という )の 事 務 の 取 扱 いについては 勤 労 者 財 産

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303232388F4390B3208A948C9493648E7189BB8CE38270819582605F8267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303232388F4390B3208A948C9493648E7189BB8CE38270819582605F8267826F8C668DDA97702E646F63> 株 券 電 子 化 制 度 よくあるQ&A( 改 訂 版 ) 平 成 21 年 5 月 11 日 日 本 証 券 業 協 会 (タンス 株 ) 問 1 上 場 会 社 の 株 券 が 手 元 にあります 株 券 はどうなりますか( 株 券 電 子 化 で 何 か 手 続 は 必 要 ですか) 株 券 電 子 化 までに 証 券 会 社 を 通 じて 証 券 保 管 振 替 機 構 (ほふり)に 預

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 京 都 市 防 犯 カメラ 設 置 促 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 地 域 団 体 又 は 事 業 者 等 が 犯 罪 の 抑 止 を 目 的 として 防 犯 カメ ラを 設 置 する 事 業 に 対 する 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 し, 京 都 市 補 助 金 等 の 交 付 等 に 関 する 条

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

従業員の個人住民税の特別徴収を実施していない事業者の方へ

従業員の個人住民税の特別徴収を実施していない事業者の方へ 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 本 書 をご 一 読 いただき 特 別 徴 収 事 務 を 進 めていただきますようお 願 いいたします 市 県 民 税 特 別 徴 収 による 納 税 のしくみ 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 のしくみの 概 要 は 下 図 のとおりです 1 月 31 日 までにご 提 出 いただいた 給 与 支 払 報 告 書 をもとに 5 月 31 日 までに

More information

Taro-38 H270401 財形貯蓄事務取

Taro-38 H270401 財形貯蓄事務取 270050 新 潟 県 警 察 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 綱 の 制 定 について( 例 規 通 達 ) 厚 生 課 昭 和 63 年 3 月 9 日 本 部 ( 厚 ) 第 10 号 沿 革 平 成 5 年 12 月 本 部 ( 厚 ) 第 44 号 12 年 2 月 第 9 号 13 年 5 月 第 39 号 14 年 3 月 第 30 号 15 年 2 月 第 4

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 臨 時 福 祉 給 付 金 の 申 請 に 係 る 留 意 事 項 1. 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 28 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 平 成 28 年 1 月 1 日 において 枝 幸 町 の 住 民

More information

Microsoft Word - 07-410

Microsoft Word - 07-410 宇 都 宮 大 学 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 学 長 裁 定 昭 和 47 年 5 月 1 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 昭 和 51 年 3 月 1 日 平 成 元 年 2 月 1 日 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 22 年 3 月 19 日 1 趣 旨 宇 都 宮 大 学 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 促

More information

下水道工事標準仕様書

下水道工事標準仕様書 () 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 63 64 65 66 67 68 69 70 71

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

郵 便 為 替 により 公 売 保 証 金 を 納 付 する 場 合 郵 便 為 替 証 書 は 発 効 日 から 起 算 して 175 日 を 経 過 していないものに 限 ります 4) 現 金 及 び 銀 行 振 出 の 小 切 手 で 平 川 市 に 直 接 納 付 銀 行 振 出 の 小 切

郵 便 為 替 により 公 売 保 証 金 を 納 付 する 場 合 郵 便 為 替 証 書 は 発 効 日 から 起 算 して 175 日 を 経 過 していないものに 限 ります 4) 現 金 及 び 銀 行 振 出 の 小 切 手 で 平 川 市 に 直 接 納 付 銀 行 振 出 の 小 切 1. 手 続 きに 入 る 前 に (1) 手 続 きに 入 る 前 にYahoo! オークションガイドライン 平 川 市 インターネット 公 売 ガイドラインなどを 必 ずお 読 みください (2)Yahoo!JAPAN の 取 得 などを ID行 い Yahoo! オークション 内 の 平 川 市 インターネット 公 売 の 公 売 物 件 詳 細 画 面 より 公 売 参 加 申 し 込 みを

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

Ⅱ.BEPPU わくわく 建 設 券 の 取 り 扱 いについて 1.BEPPUわくわく 建 設 券 を 購 入 できる 方 ( 施 主 ) 別 府 市 内 において 自 己 が 居 住 する 専 用 住 宅 または 自 己 が 専 用 する 敷 地 内 の 工 事 をBEP PUわくわく 建 設

Ⅱ.BEPPU わくわく 建 設 券 の 取 り 扱 いについて 1.BEPPUわくわく 建 設 券 を 購 入 できる 方 ( 施 主 ) 別 府 市 内 において 自 己 が 居 住 する 専 用 住 宅 または 自 己 が 専 用 する 敷 地 内 の 工 事 をBEP PUわくわく 建 設 BEPPU わくわく 建 設 券 実 施 要 項 平 成 25 年 4 月 8 日 改 訂 版 Ⅰ.BEPPU わくわく 建 設 券 の 概 要 1. 目 的 景 気 低 迷 の 影 響 などにより 市 内 の 建 設 業 界 は 大 変 厳 しい 経 営 環 境 にあることから 裾 野 の 広 い 住 宅 関 連 産 業 を BEPPUわくわく 建 設 券 発 行 事 業 を 実 施 することによって

More information

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63>

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63> 商 品 名 < 愛 称 > 全 国 保 証 保 証 付 住 宅 ローン 200% 借 換 住 宅 ローン 保 証 次 の 各 号 すべてに 該 当 する 方 1 団 体 信 用 生 命 保 険 に 加 入 が 認 められる 方 2 借 入 申 込 時 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 未 満 の 方 で かつ 最 終 返 済 時 の 年 齢 が 満 80 歳 を 超 えない 方 ただし

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

<95BD90AC3237944E93788D6289EA8E7381458CA796AF90C593C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB8741>

<95BD90AC3237944E93788D6289EA8E7381458CA796AF90C593C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB8741> 平 成 27 年 度 甲 賀 市 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 き 個 住 民 税 ( 市 県 民 税 )の 特 別 徴 収 は 給 与 所 得 者 の 納 税 の 便 宜 を 図 るため 給 与 支 払 者 であ る 事 業 者 が 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 同 様 に 住 民 税 の 納 税 義 務 者 である 給 与 所 得 者 ( 従 業 員 )に 代 わっ

More information

第1号様式

第1号様式 県 中 都 市 計 画 事 業 東 土 地 区 画 整 事 業 賦 課 金 徴 収 規 程 説 明 書 及 び 各 様 式 の 入 例 郡 山 市 東 土 地 区 画 整 組 合 東 地 区 賦 課 金 徴 収 規 程 の 説 明 書 1. 賦 課 金 納 付 までの 流 れ 平 成 2 6 年 平 成 2 7 年 平 成 28 年 7 月 1 日 賦 課 法 金 務 徴 局 収 の対 権 象 利

More information

日本年金機構編 年金相談マニュアル-08 勧奨編(平成24年5月改訂-第06版) 【308頁】サンプル

日本年金機構編 年金相談マニュアル-08 勧奨編(平成24年5月改訂-第06版) 【308頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル 勧 奨 編 平 成 24 年 度 版 年 金 相 談 マニュアル 平 成 24 年 度 版 国 年 適 用 種 類 通 知 書 名 出 力 ( 発 送 ) 契 機 頁 資 格 取 得 国 民 年 金 被 保 険 者 資 格 取 得 種 別 変 更 ( 第 1 号 被 保 険 者 該 当 ) 種 別 確 認 ( 第 3 号 被 保 険 者 該 当 ) 届 書 国 民 年 金

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン に 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 に 係 る 課 税 関 係 の 整 理 目 次 平 成 26 年 1 月 16 日 制 定 Q1 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 を 既 存 の 私 的 整 理 手 続 により 行 った 場 合... 2 Q2 主 たる 債 務 について 既 に 法 的 整 理 ( 再 生 型 )が 終

More information

市民課

市民課 収 納 課 手 続 き 税 金 相 談 市 民 活 動 Q. 全 期 前 納 で 口 座 振 替 している 期 別 ごとにしたいがどのようにすればよいのですか 現 在 口 座 振 替 を 利 用 されている 金 融 機 関 の 窓 口 にある 変 更 届 を 金 融 機 関 へ 提 出 してください 市 外 の 方 は にご 連 絡 ください Q. 住 所 が 変 わった 場 合 の 口 座 振 替

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20 利 子 補 給 つき 低 利 の 融 資 でトラック 業 界 の 近 代 化 を 第 40 回 ( 平 成 28 年 度 ) 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 のしおり この 融 資 の 目 的 この 融 資 は 全 日 本 トラック 協 会 からの 利 子 補 給 により 長 期 低 利 の 融 資 を 推 進 し トラック 運 送 事 業 者 の 近 代 化

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

様 式 2( 第 4 条 関 係 ) 課 長 合 議 主 査 新 規 再 交 付 車 両 乗 替 継 続 通 学 駐 車 許 可 願 公 立 大 学 法 人 公 立 鳥 取 環 境 大 学 理 事 長 様 年 学 科 ふりがな 学 籍 番 号 氏 名 携 帯 番 号 - - 生 年 月 日 昭 平

様 式 2( 第 4 条 関 係 ) 課 長 合 議 主 査 新 規 再 交 付 車 両 乗 替 継 続 通 学 駐 車 許 可 願 公 立 大 学 法 人 公 立 鳥 取 環 境 大 学 理 事 長 様 年 学 科 ふりがな 学 籍 番 号 氏 名 携 帯 番 号 - - 生 年 月 日 昭 平 公 立 大 学 法 人 公 立 鳥 取 環 境 大 学 駐 車 場 利 用 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 鳥 取 環 境 大 学 規 程 第 64 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 公 立 鳥 取 環 境 大 学 ( 以 下 法 人 という )における 駐 車 場 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 め もって 大 学 構 内 の 秩

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

<5461726F2D95D48AD282CC8EE888F82848323495D48AD28A4A8E6E8ED28145>

<5461726F2D95D48AD282CC8EE888F82848323495D48AD28A4A8E6E8ED28145> 徳 島 県 奨 学 金 返 還 の 手 引 き 返 還 が 完 了 するまで 必 ず 保 管 し, 諸 届 を 提 出 する 際 には, 本 手 引 きの 様 式 をコピーして 御 使 用 ください 大 学 生 版 奨 学 生 番 号 氏 名 徳 島 県 教 育 委 員 会 学 校 政 策 課 770-8570 徳 島 市 万 代 町 1 丁 目 1 番 地 088-621-3132 ファクシミリ

More information

 

  (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word - 短大奨学金

Microsoft Word - 短大奨学金 東 筑 紫 短 期 大 学 奨 学 金 について 本 学 に 募 集 がある 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 山 口 県 ひとづくり 財 団 宮 崎 県 育 英 資 金 交 通 遺 児 育 英 会 あしなが 育 英 会 ( 病 気 災 害 遺 児 )です 多 数 の 学 生 が 採 用 されている 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 の 奨 学 制 度 ですが 大

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

a. 預 入 期 間 が3 年 1か 月 以 上 の 場 合 3 年 スーパー 定 期 ( 複 利 型 ) b. 預 入 期 間 が3 年 を 超 え3 年 1か 月 未 満 の 場 合 預 入 日 (または 継 続 日 )の1 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 とするスーパー 定 期 ( 以

a. 預 入 期 間 が3 年 1か 月 以 上 の 場 合 3 年 スーパー 定 期 ( 複 利 型 ) b. 預 入 期 間 が3 年 を 超 え3 年 1か 月 未 満 の 場 合 預 入 日 (または 継 続 日 )の1 年 後 の 応 当 日 を 満 期 日 とするスーパー 定 期 ( 以 積 立 定 期 預 金 ひまわり ひまわり 規 定 (インターネット 支 店 ) ( 平 成 27 年 3 月 16 日 現 在 ) 1.( 預 金 の 預 入 れ 等 ) (1) 当 行 インターネット 支 店 ( 以 下 当 店 といいます)の 積 立 定 期 預 金 ひまわり ( 以 下 この 預 金 といいます)の 預 入 れは1 回 100 円 以 上 とします (2)この 預 金 は ちばぎんマイアクセスの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB91538E968BC68F8A88EA90C48EC08E7B8270819582602E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB91538E968BC68F8A88EA90C48EC08E7B8270819582602E646F63> Q1 市 民 税 県 民 税 ( 個 人 住 民 税 )の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 事 業 者 ( 特 別 徴 収 義 務 者 )が 従 業 員 ( 納 税 義 務 者 )に 対 して 支 払 う 給 与 から 市 民 税 県 民 税 ( 個 人 住 民 税 )を 天 引 きし 従 業 員 に 代 わってその 従 業 員 に 課 税 した 市 町 村 に 納 入 する 制 度 です Q2

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職 国 立 印 刷 局 規 則 第 10 号 改 訂 平 15 規 則 第 69 号 改 訂 平 16 規 則 第 4 号 改 訂 平 21 規 則 第 11 号 改 訂 平 24 規 則 第 22 号 改 訂 平 27 規 則 第 11 号 独 立 行 政 法 人 国 立 印 刷 局 役 員 退 職 手 当 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 (

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

Microsoft Word - 夢外貨(ダイレクト).doc

Microsoft Word - 夢外貨(ダイレクト).doc だいし 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 ( 夢 外 貨 ) 契 約 締 結 前 交 付 書 面 本 取 引 のご 契 約 に 際 しては 必 ず 本 書 面 の 内 容 を 十 分 に 読 んでご 理 解 ください 1.お 客 さまの 判 断 に 影 響 を 及 ぼす 特 に 重 要 な 事 項 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 ( 夢 外 貨 )は 満 期 日 2 営 業 日

More information

Q6 輸 入 外 車 の 電 気 自 動 車 も 対 象 となりますか? A6 輸 入 外 車 の 電 気 自 動 車 は 市 補 助 金 の 対 象 とはなりません Q7 既 に 購 入 ( 登 録 )している 車 両 でも 市 補 助 金 の 対 象 となりますか? A7 購 入 ( 登 録 )

Q6 輸 入 外 車 の 電 気 自 動 車 も 対 象 となりますか? A6 輸 入 外 車 の 電 気 自 動 車 は 市 補 助 金 の 対 象 とはなりません Q7 既 に 購 入 ( 登 録 )している 車 両 でも 市 補 助 金 の 対 象 となりますか? A7 購 入 ( 登 録 ) 平 成 28 年 度 加 西 市 電 気 自 動 車 PHEV 等 導 入 補 助 金 Q&A 補 助 金 の 額 Q1 市 補 助 金 の 額 はいくらですか? A1 電 気 自 動 車 PHEVは 1 台 当 たり1 律 10 万 円 です 給 電 器 は 1 器 当 たり5 万 円 です Q2 予 算 額 はいくらですか? A2 予 算 額 は100 万 円 です 補 助 対 象 となる 電

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353038303682DC82C682DF90BF8B818169938C8B9E816A4850>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031353038303682DC82C682DF90BF8B818169938C8B9E816A4850> J:COM まとめ 請 求 利 用 規 約 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 株 式 会 社 ジェイコム 東 京 ( 以 下 当 社 といいます )は この J:COM まとめ 請 求 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 第 3 条 に 定 める J:COM 料 金 ならび に 当 社 が KDDI 株 式 会 社 および 沖 縄 セルラー 電 話 株 式 会

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

(3) 善 通 寺 市 の 状 況 善 通 寺 市 においては 固 定 資 産 税 の 納 期 前 前 納 に 対 する 報 奨 金 について 善 通 寺 市 税 条 例 の 規 定 ( 交 付 率 :0.1% 限 度 額 :2 万 円 )に 基 づき 交 付 を 行 っています 参 考 善 通 寺

(3) 善 通 寺 市 の 状 況 善 通 寺 市 においては 固 定 資 産 税 の 納 期 前 前 納 に 対 する 報 奨 金 について 善 通 寺 市 税 条 例 の 規 定 ( 交 付 率 :0.1% 限 度 額 :2 万 円 )に 基 づき 交 付 を 行 っています 参 考 善 通 寺 平 成 26 年 12 月 パブリックコメント 資 料 固 定 資 産 税 前 納 報 奨 金 の 廃 止 について 1. 前 納 報 奨 金 制 度 とは (1) 制 度 の 目 的 前 納 報 奨 金 制 度 は シャウプ 勧 告 ( GHQが 派 遣 した 米 国 の 税 制 使 節 団 から 出 された 日 本 の 新 税 制 に 対 する 勧 告 のこと)に 基 づき 昭 和 25 年 の

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

平成21年4月1日作成

平成21年4月1日作成 平 成 21 年 4 月 1 日 作 成 平 成 24 年 11 月 1 日 変 更 平 成 26 年 12 月 1 日 変 更 北 秋 田 市 財 務 部 税 務 課 市 税 係 1. 法 人 市 民 税 とは 法 人 市 民 税 とは 市 内 に 事 務 所 や 事 業 所 寮 等 がある 法 人 等 に 対 して 課 税 される 市 税 です 法 人 は 事 業 年 度 終 了 の 日 及 び

More information

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と 平 成 28 年 5 月 30 日 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 について お 知 らせ 瀬 戸 内 市 契 約 管 財 課 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 市 発 注 工 事 におけ る 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ) 未 加 入 対

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 1 節 現 金 1. 現 金 の 範 囲 (A) 簿 記 でいう 現 金 とは, 紙 幣 や 硬 貨 等 の 通 貨 に 加 え, 通 貨 代 用 証 券 を 含 んでいる 通 貨 代 用 証 券 は,すぐに 換 金 できるため, 簿 記 上 では 現 金 勘 定 ( 資 産 )として 扱 われる 現 金 = 通 貨 + 通 貨 代 用 証 券 通 貨 代 用 証 券 は, 金 融 機 関 などでいつでも

More information