<4D F736F F D D4C95F195B6816A D F967B92A C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C E F1816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63>"

Transcription

1 問 い 合 わせ 先 総 務 部 政 務 課 政 策 評 価 広 報 室 海 上 保 安 報 道 官 一 條 正 浩 海 上 保 安 庁 ( 直 通 ) 平 成 23 年 9 月 1 日 東 日 本 大 震 災 への 対 応 等 について ( 第 153 報 ) 平 成 23 年 8 月 31 日 1800 現 在 ( 下 線 部 分 は 第 152 報 からの 変 更 点 ) 1. 対 応 勢 力 東 北 地 方 太 平 洋 側 投 入 勢 力 船 艇 30 隻 ( 派 遣 11 隻 ) ( 内 訳 ) 巡 視 船 巡 視 艇 測 量 船 11 隻 17 隻 2 隻 航 空 機 8 機 ( 派 遣 4 機 ) ( 内 訳 ) 固 定 翼 機 回 転 翼 機 特 殊 救 難 隊 1 機 7 機 4 名 当 初 は 日 本 海 側 も 含 めて 津 波 警 報 注 意 報 が 発 令 されたことから 全 管 区 にお いて 船 艇 航 空 機 を 発 動 したが 津 波 警 報 等 の 解 除 後 は 東 北 地 方 太 平 洋 側 に 船 艇 航 空 機 を 派 遣 投 入 して 当 該 地 域 での 対 応 に 当 たっている のべ 投 入 勢 力 (3 月 11 日 ~) 巡 視 船 艇 7644 隻 航 空 機 2564 機 特 殊 救 難 隊 1044 名 機 動 救 難 士 826 名 機 動 防 除 隊 410 名 2. 救 助 状 況 1/10

2 8 月 31 日 1800 現 在 これまでに 当 庁 が 救 助 した 人 数 360 名 東 北 地 方 岩 手 大 槌 3 月 13 日 吉 里 吉 里 中 学 校 ( 上 閉 伊 郡 大 槌 町 )に 避 難 した 負 傷 者 1 名 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 大 槌 3 月 14 日 大 槌 ふれあい 運 動 公 園 の 負 傷 者 1 名 を 当 庁 ヘリにより 搬 送 釜 石 3 月 13 日 大 平 中 学 校 負 傷 者 2 名 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 釜 石 3 月 13 日 港 内 孤 立 者 2 名 を 巡 視 艇 きじかぜにより 救 助 宮 城 塩 釜 3 月 12 日 航 行 不 能 となった 第 三 クニ 丸 (9 名 乗 船 4 名 行 方 不 明 ) の 乗 船 者 1 名 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 ( 残 り4 名 は 僚 船 に 曳 航 され 救 助 ) 塩 釜 3 月 12 日 塩 釜 市 桂 島 の 傷 病 者 6 名 を 当 庁 ヘリにより 救 助 石 巻 3 月 12 日 0832 ヤマニシ 造 船 所 にて 建 造 中 の 船 舶 トリパン (8 1 名 乗 船 )から 乗 船 者 全 員 の 救 助 ( 当 庁 71 名 海 上 自 衛 隊 10 名 ) 石 巻 3 月 12 日 0928 上 記 造 船 所 にて 建 造 中 の 船 舶 サイダージョイ (3 1 名 乗 船 )から 全 員 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 なお ヤマニシ 造 船 所 から 流 出 したのは 上 記 2 隻 のみと 確 認 がとれている 石 巻 3 月 12 日 雄 勝 湾 の 漂 流 船 から2 名 全 員 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 石 巻 3 月 12 日 港 内 の 孤 立 者 62 名 を 巡 視 船 いすず 搭 載 ゴムボート 石 巻 監 視 取 締 艇 により 救 助 ( 一 部 の 孤 立 者 の 救 助 は 海 上 自 衛 隊 と 連 携 ) 石 巻 3 月 12 日 石 巻 港 外 の ブルーライナー から 病 気 を 発 症 した 乗 客 1 名 監 視 取 締 艇 にて 救 助 石 巻 3 月 12 日 石 巻 工 業 港 内 絡 索 船 乗 員 2 名 巡 視 艇 しまかぜにより 救 助 完 了 石 巻 3 月 13 日 市 内 沿 岸 部 における 孤 立 者 13 名 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 石 巻 3 月 13 日 負 傷 者 1 名 を 当 庁 ヘリにて 吊 り 上 げ 救 助 石 巻 3 月 13 日 石 巻 健 康 センター 孤 立 者 1 名 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 石 巻 3 月 14 日 石 巻 南 中 里 リコー 営 業 所 孤 立 者 9 名 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 石 巻 3 月 16 日 石 巻 市 尾 崎 宮 下 孤 立 者 1 名 をヘリにて 吊 り 上 げ 救 助 仙 台 3 月 11 日 仙 台 市 消 防 ヘリポート 孤 立 者 13 名 を 当 庁 ヘリにより 救 助 仙 台 3 月 12 日 仙 台 市 荒 浜 小 学 校 孤 立 者 21 名 を 当 庁 ヘリにより 救 助 気 仙 沼 3 月 12 日 気 仙 沼 港 付 近 のビル 屋 上 に 孤 立 者 30 名 を 発 見 し 当 庁 ヘリ 2/10

3 により 全 員 救 助 気 仙 沼 3 月 12 日 気 仙 沼 海 上 保 安 署 に 避 難 した 負 傷 者 1 名 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 気 仙 沼 3 月 13 日 気 仙 沼 消 防 からの 要 請 で 巡 視 艇 ささかぜにより 大 島 の 重 病 人 1 名 を 搬 送 救 急 車 に 引 き 渡 し 気 仙 沼 3 月 14 日 大 島 から 観 光 桟 橋 までの 傷 病 者 6 名 当 庁 借 り 上 げ 船 により 救 助 気 仙 沼 3 月 14 日 気 仙 沼 消 防 からの 要 請 で 巡 視 艇 ささかぜにより 大 島 の 重 病 人 3 名 を 搬 送 救 急 者 に 引 き 渡 し 気 仙 沼 3 月 15 日 気 仙 沼 市 内 の 吐 血 した 急 患 1 名 巡 視 艇 ささかぜにより 救 助 気 仙 沼 3 月 17 日 気 仙 沼 消 防 からの 要 請 で 巡 視 艇 ささかぜにより 大 島 の 重 病 人 1 名 を 搬 送 救 急 者 に 引 き 渡 し 志 津 川 3 月 13 日 漂 流 漁 船 の 乗 船 者 1 名 を 当 庁 ヘリが 発 見 し 吊 り 上 げ 救 助 福 島 相 馬 沖 3 月 12 日 作 業 台 船 くまの 丸 が 揚 収 した1 名 を 巡 視 船 まつしまに より 搬 送 するも 心 肺 停 止 相 馬 3 月 15 日 港 内 で 座 礁 中 の シラミズ 乗 船 の23 名 を 当 庁 ヘリによ り 吊 り 上 げ 救 助 相 馬 3 月 16 日 港 内 で 座 礁 中 の パインウェーブ 乗 船 の23 名 を 当 庁 ヘ リにより 吊 り 上 げ 救 助 相 馬 3 月 20 日 南 相 馬 市 立 病 院 に 入 院 中 の 患 者 8 名 を 当 庁 ヘリにより 新 潟 市 民 病 院 まで 搬 送 救 助 相 馬 3 月 20 日 南 相 馬 市 大 町 病 院 に 入 院 中 の 患 者 9 名 (ほか 付 添 人 2 名 )を 当 庁 ヘリにより 福 島 県 立 医 大 付 属 病 院 まで 搬 送 救 助 その 他 の 地 方 北 海 道 釧 路 3 月 13 日 大 黒 島 灯 台 孤 立 者 5 名 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 千 葉 銚 子 3 月 11 日 乗 揚 船 第 三 十 三 開 運 丸 から1 名 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 銚 子 3 月 11 日 外 川 転 覆 プレジャーボート2 隻 から 計 3 名 を 当 庁 ヘリによ り 吊 り 上 げ 救 助 銚 子 3 月 11 日 外 川 転 覆 漁 船 1 隻 から1 名 を 当 庁 ヘリにより 吊 り 上 げ 救 助 銚 子 3 月 12 日 銚 子 漁 港 導 流 堤 座 礁 ヨット1 隻 から1 名 を 巡 視 船 かとりに より 救 助 3/10

4 3. 対 応 状 況 (1) 捜 索 状 況 8 月 31 日 1800までに 東 北 太 平 洋 沿 岸 において 漂 流 遺 体 348 体 を 揚 収 漂 流 船 の 生 存 者 等 確 認 調 査 を 実 施 中 これまでに505 隻 を 確 認 全 て 無 人 4 月 14 日 福 島 第 一 原 発 を 中 心 とする 半 径 10kmから30kmの 海 域 におい て 巡 視 船 6 隻 巡 視 艇 3 隻 航 空 機 5 機 により 集 中 捜 索 を 実 施 ( 行 方 不 明 者 漂 流 船 の 発 見 に 至 らず) 5 月 16 日 25 日 福 島 第 一 原 発 を 中 心 とする 半 径 10km 圏 内 の 浪 江 町 請 戸 漁 港 及 び 周 辺 海 域 を 巡 視 船 艇 3 隻 により 行 方 不 明 者 の 捜 索 を 実 施 ( 行 方 不 明 者 漂 流 船 の 発 見 に 至 らず) 7 月 13 日 福 島 県 浪 江 町 請 戸 漁 港 内 において 巡 視 船 艇 等 4 隻 により 水 中 カメ ラを 使 用 した 行 方 不 明 者 の 捜 索 を 実 施 ( 行 方 不 明 者 の 発 見 に 至 らず) 8 月 9 日 福 島 県 浪 江 町 請 戸 漁 港 内 において 巡 視 船 艇 等 4 隻 により 箱 メガネ 水 中 カメラ 等 を 使 用 した 行 方 不 明 者 の 捜 索 を 実 施 ( 行 方 不 明 者 の 発 見 に 至 らず) 8 月 30 日 ~31 日 福 島 県 浪 江 町 請 戸 漁 港 内 において 巡 視 船 艇 等 5 隻 特 殊 救 難 隊 及 び 潜 水 士 17 名 により 潜 水 捜 索 等 を 実 施 ( 行 方 不 明 者 の 発 見 に 至 らず) (2) 航 行 安 全 無 人 漂 流 船 を 曳 航 処 理 するため 関 係 機 関 と 連 携 して 作 業 中 巡 視 船 により 漂 流 船 85 隻 を 曳 航 福 島 原 発 に 関 する 航 行 警 報 発 出 福 島 第 一 原 発 に 係 る 警 戒 区 域 等 の 設 定 を 受 け 巡 視 船 ( 特 殊 救 難 隊 機 動 防 除 隊 同 乗 )により 同 周 辺 海 域 において 監 視 警 戒 中 航 路 標 識 航 路 障 害 物 等 に 関 する 航 行 警 報 航 路 標 識 の 被 害 状 況 調 査 を 実 施 中 ( 夜 間 の 視 認 調 査 を 含 む) 3 月 21 日 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 区 )において 軽 油 等 を 搭 載 したタンカー 鶴 宏 丸 の 入 港 警 戒 を 巡 視 艇 航 空 機 により 実 施 4 月 3 日 塩 釜 漁 港 小 名 浜 漁 港 において 漁 網 等 航 路 障 害 物 の 調 査 及 び 関 係 機 関 に 情 報 提 供 実 施 4 月 4 日 八 戸 漁 港 蛸 の 浜 漁 港 気 仙 沼 漁 港 石 巻 漁 港 において 漁 網 等 航 路 障 害 物 の 調 査 及 び 関 係 機 関 に 情 報 提 供 実 施 4 月 5 日 釜 石 漁 港 松 川 浦 漁 港 松 ヶ 浜 漁 港 において 漁 網 等 航 路 障 害 物 の 調 査 及 び 関 係 機 関 に 情 報 提 供 実 施 6 月 7 日 までに 全 ての 港 で 港 則 法 に 基 づく 船 舶 の 航 行 制 限 を 解 除 5 月 3 日 ~7 月 14 日 岩 手 県 及 び 茨 城 県 沿 岸 において 海 上 に 漂 流 している 船 舶 交 通 の 障 害 となっている 漂 流 物 について 作 業 船 により 回 収 を 実 施 総 回 収 量 12,372.9 立 方 メートル (3) 緊 急 物 資 輸 送 現 場 支 援 4/10

5 東 北 地 方 3 月 12 日 第 二 管 区 海 上 保 安 本 部 ( 塩 釜 市 )に 避 難 した 住 民 に 対 する 毛 布 20 0 枚 非 常 食 (クラッカー240 缶 )を 陸 路 輸 送 3 月 12 日 巡 視 船 えともにより 室 蘭 港 から 青 森 港 まで 救 援 物 資 ( 飲 料 水 2l 3000 本 おにぎり5000 個 パン5000 個 ; 北 海 道 提 供 ) を 搬 送 3 月 13 日 本 庁 対 策 本 部 に 緊 急 輸 送 対 応 班 を 設 置 し 対 外 調 整 等 を 実 施 3 月 13 日 八 戸 港 沖 の 入 港 待 機 漁 船 に 対 し 食 料 等 支 援 物 資 を 供 与 3 月 13 日 岩 手 県 尾 崎 白 浜 の 孤 立 した 被 災 者 に 対 し 発 電 機 用 燃 料 を 供 与 3 月 14 日 巡 視 船 の 現 場 派 遣 にあわせ 神 奈 川 県 から 岩 手 県 への 食 料 等 の 救 援 物 資 ( 合 計 780kg)の 搬 送 を 実 施 3 月 14 日 巡 視 船 の 現 場 派 遣 にあわせ 釜 石 宮 古 市 への 救 援 物 資 ( 毛 布 10 0 枚 等 )の 搬 送 3 月 15 日 江 島 ( 宮 城 県 牡 鹿 半 島 沖 )の 孤 立 者 5 名 に 対 し 当 庁 ヘリにより 飲 料 水 (500ml 384 本 )を 供 与 3 月 18 日 釜 石 港 にて 給 水 車 9 台 等 に 対 し 巡 視 船 すずか 搭 載 の 清 水 約 8ト ン ガソリン6 缶 (120l)を 供 与 3 月 18 日 釜 石 港 にて 岩 手 県 振 興 局 手 配 のトラックに 対 し 巡 視 船 みうら 搭 載 の 救 援 物 資 ( 空 ポリタンク50 個 バナナ80 本 入 り4 箱 りん ご38 個 入 り16 箱 カップ 麺 600 個 等 )を 供 与 3 月 19 日 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 )にて 宮 城 県 に 対 し 巡 視 船 みうら 搭 載 の 救 援 物 資 ( 補 給 水 タンク2 個 リヤカー20 台 簡 易 ベッド50 台 移 動 式 発 電 機 5 台 軽 油 20l 5 缶 ガソリン20l 5 缶 毛 布 300 枚 )を 供 与 3 月 20 日 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 )にて 積 載 した 救 援 物 資 を 当 庁 ヘリにより 宮 城 県 雄 勝 町 及 び 南 三 陸 町 に 搬 送 3 月 21 日 釜 石 港 にて 岩 手 県 大 槌 町 ( 陸 上 自 衛 隊 経 由 )に 対 し 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 )で 積 載 した 救 援 物 資 ( 菓 子 カップ 麺 10 箱 等 )を 供 与 3 月 21 日 釜 石 港 にて 釜 石 市 民 34 名 に 対 し 巡 視 船 2 隻 による 入 浴 支 援 を 実 施 3 月 22 日 釜 石 港 にて 釜 石 市 民 16 名 に 対 し 巡 視 船 やひこによる 入 浴 支 援 を 実 施 3 月 22 日 小 名 浜 港 において 福 島 県 に 対 し 巡 視 船 あまぎ 搭 載 の 軽 油 40k lを 供 与 3 月 23 日 岩 手 県 職 員 による 釜 石 付 近 被 害 状 況 調 査 に 対 する 業 務 協 力 ( 航 空 機 同 乗 ) 3 月 13 日 ~28 日 大 島 ~ 気 仙 沼 港 間 において 巡 視 艇 により 自 衛 官 消 防 士 島 民 等 延 べ319 名 及 び 被 災 者 向 け 物 資 の 輸 送 を 実 施 3 月 28 日 岩 手 県 大 船 渡 市 合 足 地 区 被 災 者 に 対 して 災 害 支 援 車 両 に 燃 料 を 供 5/10

6 与 3 月 30 日 巡 視 船 ちくぜんにより 博 多 港 から 釜 石 港 へ 救 援 物 資 ( 食 料 日 用 品 等 約 4.5トン; 一 般 企 業 提 供 )を 搬 送 4 月 2 日 ~6 日 釜 石 港 にて DMAT 職 員 延 べ56 名 に 対 し 巡 視 船 による 宿 泊 支 援 を 実 施 4 月 4 日 釜 石 港 にて 釜 石 市 民 28 名 に 対 し 巡 視 船 ちくぜんによる 入 浴 支 援 を 実 施 4 月 5 日 釜 石 港 にて 釜 石 市 民 39 名 に 対 し 巡 視 船 ちくぜんによる 入 浴 支 援 を 実 施 4 月 6 日 宮 城 県 霞 の 目 飛 行 場 にて 宮 城 県 に 対 し 巡 視 船 及 び 航 空 機 による 支 援 物 資 (サーマルバッグ900 枚 等 )の 搬 送 を 実 施 4 月 7 日 青 森 空 港 にて 青 森 県 に 対 し 巡 視 船 及 び 航 空 機 による 支 援 物 資 (サ ーマルバッグ300 枚 等 )の 搬 送 を 実 施 4 月 7 日 釜 石 港 にて 岩 手 県 に 対 し 巡 視 船 及 び 航 空 機 による 支 援 物 資 (サ ーマルバッグ300 枚 等 )の 搬 送 を 実 施 4 月 8 日 羽 田 空 港 から 仙 台 空 港 まで 航 空 機 により 宮 城 県 知 事 等 の 輸 送 を 実 施 4 月 14 日 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 区 )において 宮 城 県 に 対 し 巡 視 船 による 支 援 物 資 ( 身 体 保 護 緊 急 搬 送 用 マット600 枚 )の 搬 送 を 実 施 4 月 15 日 八 戸 港 において 青 森 県 に 対 し 巡 視 船 による 支 援 物 資 ( 身 体 保 護 緊 急 搬 送 用 マット50 枚 )の 搬 送 を 実 施 4 月 18 日 岩 手 県 職 員 等 による 大 槌 陸 前 高 田 地 区 等 の 被 害 状 況 調 査 に 対 する 業 務 協 力 ( 航 空 機 同 乗 ) その 他 の 地 方 3 月 15 日 茨 城 県 大 洗 港 着 岸 中 の 巡 視 船 しれとこによる 給 水 作 業 ( 約 18トン) 3 月 18 日 茨 城 県 大 洗 港 にて 給 水 車 15 台 に 対 し 巡 視 船 しれとこ 搭 載 の 清 水 約 35トンを 供 与 3 月 19 日 大 洗 港 にて 大 洗 町 等 に 対 し 巡 視 船 しれとこ 搭 載 の 清 水 約 10. 5トンを 供 与 (4) 輸 送 路 の 確 保 1 水 路 測 量 の 実 施 状 況 東 北 地 方 3 月 14 日 釜 石 港 において 測 量 船 海 洋 により 港 内 の 一 部 について 水 路 測 量 実 施 3 月 15 日 宮 古 釜 石 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 )において 測 量 船 3 隻 による 港 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 16 日 八 戸 宮 古 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 )において 測 量 船 4 隻 による 港 6/10

7 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 17 日 八 戸 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 塩 釜 区 )において 測 量 船 4 隻 による 港 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 18 日 八 戸 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 区 )において 測 量 船 2 隻 による 港 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 19 日 久 慈 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 区 )において 測 量 船 2 隻 による 港 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 20 日 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 ) 大 船 渡 港 において 測 量 船 2 隻 による 港 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 21 日 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 区 ) 大 船 渡 港 において 測 量 船 2 隻 による 港 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 22 日 大 船 渡 港 気 仙 沼 港 において 測 量 船 2 隻 による 港 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 23 日 気 仙 沼 港 石 巻 港 において 測 量 船 3 隻 による 港 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 24 日 気 仙 沼 港 石 巻 港 において 測 量 船 2 隻 による 港 内 の 水 路 測 量 等 実 施 3 月 25 日 相 馬 港 において 測 量 船 天 洋 による 港 内 一 部 の 水 路 測 量 実 施 3 月 26 日 小 名 浜 港 において 測 量 船 明 洋 による 港 内 一 部 の 水 路 測 量 実 施 3 月 27 日 小 名 浜 港 において 測 量 船 明 洋 による 港 内 一 部 の 水 路 測 量 実 施 4 月 3 日 ~5 日 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 )において 測 量 船 海 洋 による 港 内 一 部 の 水 路 測 量 実 施 4 月 9 日 ~11 日 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 塩 釜 区 )において 測 量 船 明 洋 に よる 港 内 一 部 の 水 路 測 量 実 施 4 月 9 日 ~14 日 釜 石 港 において 測 量 船 昭 洋 による 港 内 一 部 の 水 路 測 量 実 施 4 月 15 日 ~16 日 宮 古 港 において 測 量 船 昭 洋 により 障 害 物 調 査 を 実 施 4 月 15 日 ~16 日 仙 台 塩 釜 港 外 において 測 量 船 天 洋 により 障 害 物 調 査 を 実 施 4 月 15 日 ~17 日 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 区 )において 測 量 船 天 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 4 月 18 日 石 巻 港 において 測 量 船 天 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 5 月 10 日 ~15 日 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 )において 測 量 船 海 洋 により 水 路 測 量 を 実 施 5 月 16~25 日 小 名 浜 港 において 測 量 船 天 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 5 月 22~25 日 釜 石 港 において 測 量 船 明 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 5 月 28 日 ~6 月 7 日 小 名 浜 港 において 測 量 船 海 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 6 月 11 日 ~22 日 石 巻 港 において 測 量 船 天 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 7/10

8 6 月 12~15 日 仙 台 湾 において 当 庁 航 空 機 により 海 底 地 形 測 量 を 実 施 ( 国 土 交 通 省 河 川 局 との 連 携 ) 6 月 17~21 日 宮 古 湾 において 当 庁 航 空 機 により 海 底 地 形 測 量 を 実 施 ( 国 土 交 通 省 河 川 局 との 連 携 ) 6 月 24 日 ~26 日 釜 石 港 において 測 量 船 天 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 6 月 28 日 ~7 月 5 日 大 船 渡 港 において 測 量 船 海 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 7 月 18 日 ~8 月 5 日 八 戸 港 において 測 量 船 天 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 8 月 19 日 ~27 日 小 名 浜 港 において 測 量 船 海 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 8 月 27 日 ~ 久 慈 港 において 測 量 船 天 洋 による 港 内 の 水 路 測 量 実 施 2 港 湾 の 供 用 状 況 東 北 地 方 3 月 15 日 釜 石 港 一 部 供 用 開 始 (3 月 29 日 一 部 追 加 供 用 ) 3 月 16 日 小 名 浜 港 一 部 供 用 開 始 (3 月 28 日 4 月 1 日 5 月 2 日 13 日 6 月 3 日 7 月 1 日 8 月 2 日 一 部 追 加 供 用 )(4 月 27 日 入 出 港 自 粛 勧 告 解 除 ) 3 月 17 日 宮 古 港 一 部 供 用 開 始 3 月 18 日 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 ) 一 部 供 用 開 始 (4 月 8 日 一 部 追 加 供 用 )(5 月 16 日 航 泊 禁 止 解 除 ) 3 月 19 日 八 戸 港 一 部 供 用 開 始 (4 月 10 日 14 日 5 月 10 日 6 月 10 日 一 部 追 加 供 用 ) 3 月 19 日 相 馬 港 一 部 供 用 開 始 (4 月 27 日 入 出 港 自 粛 勧 告 解 除 ) 3 月 20 日 久 慈 港 一 部 供 用 開 始 (4 月 4 日 一 部 追 加 供 用 ) 3 月 21 日 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 区 ) 一 部 供 用 開 始 (3 月 25 日 喫 水 制 限 解 除 4 月 1 日 12 日 一 部 追 加 供 用 )(5 月 16 日 航 泊 禁 止 解 除 ) 3 月 22 日 大 船 渡 港 一 部 供 用 開 始 (3 月 29 日 4 月 4 日 28 日 一 部 追 加 供 用 )(4 月 19 日 航 行 制 限 解 除 ) 3 月 23 日 石 巻 港 一 部 供 用 開 始 (3 月 27 日 4 月 1 日 一 部 追 加 供 用 )(4 月 28 日 主 要 水 路 の 夜 間 航 行 制 限 解 除 )(6 月 7 日 航 泊 禁 止 解 除 ) 3 月 26 日 気 仙 沼 港 一 部 供 用 開 始 (3 月 30 日 一 部 追 加 供 用 ) その 他 の 地 方 3 月 15 日 常 陸 那 珂 港 一 部 供 用 開 始 (4 月 29 日 5 月 18 日 一 部 追 加 供 用 ) 3 月 18 日 鹿 島 港 一 部 供 用 開 始 (7 月 1 日 8 月 25 日 一 部 追 加 供 用 ) 3 月 20 日 日 立 港 一 部 供 用 開 始 (5 月 9 日 6 月 1 日 一 部 追 加 共 用 ) 3 月 24 日 大 洗 港 一 部 供 用 開 始 (6 月 6 日 8 月 12 日 一 部 追 加 供 用 ) 3 航 路 標 識 の 応 急 復 旧 状 況 東 北 地 方 8/10

9 青 森 県 ( 八 戸 保 安 部 ) 7 基 復 旧 済 み 岩 手 県 ( 釜 石 保 安 部 ) 43 基 復 旧 済 み 宮 城 県 ( 宮 城 保 安 部 ) 61 基 復 旧 済 み 福 島 県 ( 福 島 保 安 部 ) 8 基 復 旧 済 み その 他 の 地 方 29 基 復 旧 済 み 4その 他 3 月 15 日 国 土 地 理 院 と 窓 口 を 設 定 し 同 院 所 属 航 空 機 からの 情 報 提 供 体 制 を 確 立 (5) 防 災 関 係 3 月 11 日 ~12 日 千 葉 コスモ 石 油 LPGタンク 火 災 に 対 し 当 庁 消 防 船 等 及 び 海 上 災 害 防 止 センター 所 属 船 により 消 火 活 動 実 施 3 月 17 日 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 区 ) 全 農 タンクからのガソリン 漏 油 事 故 に 対 し 巡 視 艇 により 海 上 のガス 検 知 作 業 を 実 施 異 状 を 認 めず 4. 当 庁 の 被 害 状 況 (1) 巡 視 船 艇 二 管 区 宮 城 PLくりこま(4 月 10 日 離 礁 4 月 13 日 函 館 どつく( 室 蘭 ) 着 4 月 14 日 ~6 月 30 日 調 査 工 事 7 月 1 日 から 復 旧 工 事 実 施 中 ) (2) 航 空 機 仙 台 基 地 固 定 翼 1 機 流 出 固 定 翼 1 機 及 び 回 転 翼 2 機 が 浸 水 宮 城 保 安 部 回 転 翼 1 機 浸 水 整 備 工 場 (ジャムコ 仙 台 市 ) 回 転 翼 1 機 が 転 倒 及 び 浸 水 固 定 翼 1 機 及 び 回 転 翼 1 機 が 浸 水 (3) 施 設 関 係 1 庁 舎 二 管 本 部 宮 城 :5 階 6 階 及 び7 階 の 内 部 壁 に 亀 裂 あり 釜 石 : 4 月 12 日 仮 庁 舎 移 転 気 仙 沼 :4 月 14 日 仮 庁 舎 移 転 7 月 28 日 再 移 転 宮 古 : 4 月 18 日 仮 庁 舎 移 転 石 巻 : 4 月 25 日 仮 庁 舎 移 転 仙 台 基 地 : 復 旧 工 事 実 施 中 一 管 区 三 管 区 内 においても 損 傷 等 を 受 けた 施 設 あり 2 航 路 標 識 等 倒 壊 傾 斜 7 基 9/10

10 移 動 流 出 1 基 3 通 信 施 設 情 報 通 信 関 連 機 器 損 傷 26 件 ( 内 18 件 については 代 替 品 予 備 品 を 手 配 する などにより 機 能 を 一 部 回 復 ) 10/10

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378>

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378> 東 日 本 大 震 災 ( 第 93 報 ) 平 成 23 年 10 月 3 日 ( 月 )10:00 作 成 1. 本 省 等 の 体 制 について 2 鉄 道 61 2. 地 震 の 概 要 2 自 動 車 関 係 68 3. 国 土 交 通 省 の 対 応 3 海 事 120 4. 海 上 保 安 庁 の 対 応 18 港 湾 122 5. 国 土 地 理 院 の 対 応 24 海 上 保 安

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208AAA93AA8E9197BF87408140938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E82CC8B4C985E>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208AAA93AA8E9197BF87408140938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E82CC8B4C985E> 東 日 本 大 震 災 への 対 応 の 記 録 平 成 24 年 1 月 海 上 保 安 庁 海 上 保 安 庁 では 現 在 も 行 方 不 明 者 の 捜 索 等 の 対 応 を 継 続 しており 本 文 中 の 数 値 は 平 成 24 年 1 月 11 日 ( 発 災 から10ヶ 月 ) 時 点 のものです 海 上 保 安 庁 の 活 動 状 況 の 概 要 ~ 対 応 体 制 勢 力 ~

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消 鳥 羽 市 防 災 危 機 管 理 室 平 成 6 年 9 月 日 平 成 6 年 度 鳥 羽 市 一 斉 津 波 避 難 訓 練 実 施 要 綱 目 的 南 海 トラフを 震 源 とする 巨 大 地 震 に 伴 う 津 波 等 から 鳥 羽 市 民 特 に 児 童 生 徒 災 害 時 要 援 護 者 及 び 観 光 客 等 の 被 害 を 限 りなくゼロに 近 づけるための 一 斉 避 難 避 難

More information

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の 平 成 26 年 7 月 29 日 記 者 発 表 平 成 26 年 度 防 災 訓 練 について 災 害 対 応 力 の 強 化 に 資 するため 防 災 訓 練 の 更 なる 充 実 を 図 るとともに 実 践 的 な 訓 練 を します 訓 練 計 画 方 針 訓 練 計 画 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下

More information

主 な 24 時 間 降 水 量 (アメダス 観 測 値 ) 東 京 都 大 島 824.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 東 京 都 大 島 北 ノ 山 412.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 静 岡 県 天 城 山 395.5 ミリ 16 日 9 時 30 分 まで 千 葉

主 な 24 時 間 降 水 量 (アメダス 観 測 値 ) 東 京 都 大 島 824.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 東 京 都 大 島 北 ノ 山 412.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 静 岡 県 天 城 山 395.5 ミリ 16 日 9 時 30 分 まで 千 葉 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 6 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 25 年 10 月 18 日 12 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 状 況 ( 気 象 庁 情 報 :10 月 17 日 06:00 現 在 ) (1) 気 象 の 概 況 と 見 通 し 概 況 10 月 11

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 係 る 災 害 派 遣 について(19 日 17 時 00 分 現 在 ) 下 線 部 は 前 回 報 告 からの 変 更 箇 所 数 値 等 は 速 報 値 であり 今 後 変 わることがある 1. 災 害 派 遣 の 概 要 要 請 日 時 要 請 元 要 請 先 要 請 の 概 要 発 生 場 所 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 木 ) 22 時

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

主 な 24 時 間 降 水 量 (アメダス 観 測 値 ) 東 京 都 大 島 824.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 東 京 都 大 島 北 ノ 山 412.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 静 岡 県 天 城 山 395.5 ミリ 16 日 9 時 30 分 まで 千 葉

主 な 24 時 間 降 水 量 (アメダス 観 測 値 ) 東 京 都 大 島 824.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 東 京 都 大 島 北 ノ 山 412.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 静 岡 県 天 城 山 395.5 ミリ 16 日 9 時 30 分 まで 千 葉 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 9 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 平 成 25 年 10 月 19 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 状 況 ( 気 象 庁 情 報 :10 月 19 日 15:00 現 在 ) (1) 気 象

More information

茨 城 県 鹿 嶋 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 00 分 まで 茨 城 県 潮 来 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 30 分 まで 千 葉 県 千 葉 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 00 分 まで 千 葉 県 市 川 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 30 分 ま

茨 城 県 鹿 嶋 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 00 分 まで 茨 城 県 潮 来 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 30 分 まで 千 葉 県 千 葉 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 00 分 まで 千 葉 県 市 川 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 30 分 ま 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 13 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 平 成 25 年 10 月 21 日 2 1 時 0 0 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 状 況 ( 気 象 庁 情 報 :10 月 21 日 15:00 現 在 ) (1) 気

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303181798FC1966892A194ED8A5195F1817A204832332E332E31318E4F97A489AB926E906B816991E6363795F1292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303181798FC1966892A194ED8A5195F1817A204832332E332E31318E4F97A489AB926E906B816991E6363795F1292E646F63> 平 成 23 年 (2011 年 ) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 第 67 報 ) 平 成 23 年 3 月 21 日 ( 月 )14 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 1 地 震 の 概 要 (1) 地 震 の 概 要 ( 気 象 庁 調 べ) 1 発 生 日 時 平 成 23 年 3 月 11 日 14 時 46 分 頃 2 震 央 地 名 三 陸 沖 ( 北 緯

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台)

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台) 資 料 4 平 成 26 年 度 福 井 県 原 子 力 防 災 総 合 訓 練 実 施 結 果 1 目 的 福 井 県 原 子 力 防 災 計 画 および 福 井 県 広 域 避 難 計 画 要 綱 に 基 づき 国 県 関 係 市 町 防 災 関 係 機 関 および 地 域 住 民 が 一 体 となった 原 子 力 防 災 訓 練 を 実 施 し 緊 急 時 における 通 信 連 絡 体 制 と

More information

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた 特 集 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 東 日 本 大 震 災 では 発 災 日 から88 日 間 にわたり 延 べ 約 3 万,000 隊 約 万 人 の 緊 急 防 援 助 隊 が 防 救 助 活 動 に 尽 力 し 5,064 人 の 人 命 を 救 助 した 南 海 トラフでは 過 去 00 年 から50 年 程 度 の 周 期 でマグニチュード8クラスの 海 溝 型 地 震 が

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

コンテナクレーンの整備について

コンテナクレーンの整備について 釜 石 港 の 沿 革 について 出 典 釜 石 市 誌 ( 通 史 ): 昭 和 52 年 3 月 10 日 発 行 ) 昭 和 52 年 に 発 行 された 釜 石 市 誌 ( 通 史 ) の 中 には 釜 石 を 築 いてきた 先 人 達 の 未 来 予 想 図 とも 受 け 取 れる 以 下 のような 興 味 深 い 記 述 があります いま 釜 石 は 鉄 と 魚 の 二 大 柱 を 市

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

portnews110.indd

portnews110.indd 2014 年 110 号 Contents 取 扱 貨 物 量 ( 重 要 港 湾 合 計 ) 1. 茨 城 港 (1) 日 立 港 区 いばらきポートニュース (2) 常 陸 那 珂 港 区 (3) 大 洗 港 区 2. 鹿 島 港 本 社 : 茨 城 県 日 立 市 久 慈 町 1 丁 目 3-10 TEL 0294(53)4111( 代 )FAX 0294(53)4117 http://www.hitachi-futo.co.jp

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

5 視 察 報 告 7 月 1 日 ( 火 ) 宮 城 県 仙 台 市 人 口 :106 万 6,609 人 面 積 :785.85 km2 [ 気 象 地 形 ] 仙 台 市 は 北 緯 38 度 付 近 と 比 較 的 高 緯 度 に 位 置 していますが 仙 台 湾 に 面 し た 海 洋 性

5 視 察 報 告 7 月 1 日 ( 火 ) 宮 城 県 仙 台 市 人 口 :106 万 6,609 人 面 積 :785.85 km2 [ 気 象 地 形 ] 仙 台 市 は 北 緯 38 度 付 近 と 比 較 的 高 緯 度 に 位 置 していますが 仙 台 湾 に 面 し た 海 洋 性 平 成 26 年 度 埼 玉 西 部 消 防 組 合 議 会 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 平 成 26 年 7 月 1 日 ( 火 )~ 7 月 2 日 ( 水 ) 2 視 察 地 ⑴ 宮 城 県 仙 台 市 仙 台 市 役 所 (7 月 1 日 ) ⑵ 宮 城 県 東 松 島 市 東 松 島 市 役 所 航 空 自 衛 隊 松 島 基 地 (7 月 2 日 ) 3 視 察 者 ⑴ 埼

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63> 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大

More information

b 広 域 防 災 拠 点 に 求 められる 機 能 (a) 広 域 活 動 拠 点 1 本 部 指 揮 機 能 作 戦 室 事 務 所 等 の 建 屋 (100 m2 程 度 ) 通 信 設 備 消 防 系 無 線 以 外 に 県 防 災 行 政 無 線 防 災 情 報 シス テム 端 末 があれ

b 広 域 防 災 拠 点 に 求 められる 機 能 (a) 広 域 活 動 拠 点 1 本 部 指 揮 機 能 作 戦 室 事 務 所 等 の 建 屋 (100 m2 程 度 ) 通 信 設 備 消 防 系 無 線 以 外 に 県 防 災 行 政 無 線 防 災 情 報 シス テム 端 末 があれ 3 広 域 防 災 拠 点 における 各 機 能 の 体 制 (1) 救 援 部 隊 の 集 結 活 動 機 能 について ア 救 援 部 隊 の 受 入 れの 考 え 方 基 本 構 想 に 基 づく 県 内 7つの 支 援 ゾーン 内 に 救 援 部 隊 の 集 結 及 び 指 揮 支 援 拠 点 等 として 使 用 可 能 な 施 設 を 広 域 防 災 拠 点 として 指 定 しておき 県

More information

地震発生

地震発生 大 規 模 災 害 時 の 船 舶 の 活 用 等 に 関 する 調 査 検 討 会 資 料 4 大 規 模 災 害 時 のフェリーの 役 割 と 課 題 プレゼンター: 正 美 佐 々 木 正 美 2013 年 5 月 28 日 新 日 本 海 フェリー 株 式 会 社 1 阪 神 淡 路 大 震 災 でのフェリー 活 動 新 日 本 海 フェリー グループ 船 舶 の 活 動 報 告 2 阪 神

More information

(4) 遺 体 の 収 容, 検 視, 身 元 確 認, 遺 族 対 策 ア 遺 体 の 収 容 特 別 派 遣 部 隊 の 支 援 を 受 け, 自 衛 隊, 海 上 保 安 庁, 消 防 等 との 連 携 を 図 りながら 行 方 不 明 者 の 捜 索 に 取 り 組 んだ 結 果, 地 震

(4) 遺 体 の 収 容, 検 視, 身 元 確 認, 遺 族 対 策 ア 遺 体 の 収 容 特 別 派 遣 部 隊 の 支 援 を 受 け, 自 衛 隊, 海 上 保 安 庁, 消 防 等 との 連 携 を 図 りながら 行 方 不 明 者 の 捜 索 に 取 り 組 んだ 結 果, 地 震 2 関 係 機 関 の 活 動 (1) 災 害 警 備 体 制 3 月 12 日 から 警 視 庁 をはじめとする 全 国 の 警 察 による 特 別 派 遣 部 隊 が 本 県 に 入 県 し, 捜 索 救 助 活 動, 検 視 活 動, 交 通 整 理, 警 戒 パトロールなど 各 種 活 動 に 従 事 した 地 震 発 生 から6か 月 間 で 延 べ 約 27 万 4,000 人 の 支

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F967B95D2955C8E8681459286955C8E86814596DA8E9F8169313030313133816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F967B95D2955C8E8681459286955C8E86814596DA8E9F8169313030313133816A2E646F63> 7.1 緊 急 消 防 援 助 隊 の 派 遣 50 (1) 緊 急 消 防 援 助 隊 とは 緊 急 消 防 援 助 隊 は 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 大 規 模 災 害 や 特 殊 災 害 が 発 生 した 際 に 全 国 規 模 の 消 防 応 援 を 迅 速 に 行 い 被 害 の 軽 減 を 図 るために 同 年 6 月

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2087448CF68A4A8D758DC0947A957A97708E9197BF81698FAC96EC816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2087448CF68A4A8D758DC0947A957A97708E9197BF81698FAC96EC816A2E70707478> 京 都 大 学 防 災 研 究 所 公 開 講 座 ( 第 27 回 ) 資 料 巨 大 災 害 に 備 える ための 海 を 使 った 緊 急 支 援 物 流 のあり 方 平 成 28 年 6 月 2 日 写 真 : 日 本 長 距 離 フェリー 協 会 写 真 : 国 土 交 通 省 東 北 地 方 整 備 局 京 都 大 学 防 災 研 究 所 産 官 学 共 同 研 究 部 門 ( 港 湾

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

上 記 2 名 については 鹿 児 島 県 防 災 ヘリ 熊 毛 地 区 消 防 組 合 消 防 本 部 との 連 携 によ り 屋 久 島 町 内 の 病 院 へ 搬 送 (2) 物 的 被 害 確 認 中 (3)その 他 被 害 確 認 中 3. 住 民 の 避 難 (1) 避 難 指 示 等

上 記 2 名 については 鹿 児 島 県 防 災 ヘリ 熊 毛 地 区 消 防 組 合 消 防 本 部 との 連 携 によ り 屋 久 島 町 内 の 病 院 へ 搬 送 (2) 物 的 被 害 確 認 中 (3)その 他 被 害 確 認 中 3. 住 民 の 避 難 (1) 避 難 指 示 等 口 永 良 部 島 の 噴 火 状 況 等 について これは 速 報 値 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1. 火 山 活 動 等 の 概 要 ( 気 象 庁 情 報 :6 月 8 日 15:00 現 在 ) 平 成 27 年 6 月 8 日 1 5 時 00 分 現 在 内 閣 府 (1) 火 山 活 動 の 状 況 ( 噴

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

予 防 防 火 救 急 救 命 弁 論 大 会 一 目 統 計 H26.4.1 管 内 防 火 対 象 物 総 数 1,465 棟 男 鹿 市 889 棟 潟 上 市 ( 旧 天 王 町 区 域 )427 棟 大 潟 村 149 棟 4 階 以 上 防 火 対 象 物 数 最 高 階 数 防 火 管 理 者 選 任 義 務 対 象 物 26 棟 8 階 417 施 設 平 成 2 5 年 度 消

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> 西 原 市 の 防 災 体 制 現 況 体 制 施 設 設 備 市 役 所 は 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は 東 棟 ( 昭 和 54 年 建 築 のRC5 階 建 ) と 西 棟 ( 平 成 10 年 建 築 のRC7 階 建 )に 分 かれてる 災 害 対 策 本 部 は 西 棟 2 階 の 共 用 会 議 室 に 設 置 される 職 員 数 :600 名 (うち 消 防

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び

資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び 資 料 編 資 料 編 目 次 資 料 1 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 資 - 1 資 料 2 増 毛 町 防 災 会 議 条 例 資 - 4 資 料 3 増 毛 町 災 害 対 策 本 部 条 例 資 - 5 資 料 4 増 毛 町 防 災 行 政 無 線 放 送 施 設 の 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 資 - 6 資 料 5 災 害 時 における 北 海 道 及

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

参加各市配布資料(東村山市)

参加各市配布資料(東村山市) 1 東 村 山 市 の 紹 介 東 村 山 市 は 東 京 都 の 北 西 部 荒 川 から 多 摩 川 にかけて 広 がる 武 蔵 野 台 地 の ほぼ 中 央 にあります 行 政 区 画 で 言 うと 北 は 狭 山 丘 陵 柳 瀬 川 によって 所 沢 市 に 東 から 南 東 は 清 瀬 市 東 久 留 米 市 南 は 小 平 市 西 は 東 大 和 市 に 接 して います 当 市 は 東

More information

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄 資 料 3 地 域 の 産 業 経 済 の 再 生 とそれを 支 える 都 市 交 通 基 盤 平 成 23 年 6 月 2 日 国 土 交 通 大 臣 大 畠 章 宏 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通

More information

13 鉄 道 事 故 の 安 全 対 策 鉄 道 事 故 時 の 安 全 対 策 に 関 する 覚 書 西 日 本 鉄 道 株 式 会 社 鉄 道 事 故 における 乗 客 の 安 全 確 保 に 関 すること 平 成 20 年 3 月 31 日 14 災 害 発 生 時 における 応 急 対 策

13 鉄 道 事 故 の 安 全 対 策 鉄 道 事 故 時 の 安 全 対 策 に 関 する 覚 書 西 日 本 鉄 道 株 式 会 社 鉄 道 事 故 における 乗 客 の 安 全 確 保 に 関 すること 平 成 20 年 3 月 31 日 14 災 害 発 生 時 における 応 急 対 策 1 海 南 市 が 関 西 電 力 株 式 会 社 海 南 発 電 所 に 対 して 行 なう 火 災 出 動 要 請 に 関 する 覚 書 関 西 電 力 株 式 会 社 海 南 発 電 所 1 大 火 災 等 で 特 に 応 援 を 必 要 とする 時 2 特 殊 な 火 災 で 特 に 化 学 消 防 車 を 必 要 とする 時 昭 和 48 年 1 月 10 日 2 和 歌 山 県 防 災

More information

問 い 合 わせ 先 交 通 部 ( 船 舶 海 難 ) 企 画 課 長 前 ( 内 線 2610) 警 備 救 難 部 ( 人 身 事 故 ) 救 難 課 長 髙 田 ( 内 線 3250) 外 線 099-250-9800( 夜 間 9801) 平 成 27 年 1 月 30 日 第 十 管 区

問 い 合 わせ 先 交 通 部 ( 船 舶 海 難 ) 企 画 課 長 前 ( 内 線 2610) 警 備 救 難 部 ( 人 身 事 故 ) 救 難 課 長 髙 田 ( 内 線 3250) 外 線 099-250-9800( 夜 間 9801) 平 成 27 年 1 月 30 日 第 十 管 区 平 成 27 年 1 月 30 日 第 十 管 区 海 上 保 安 本 部 定 例 記 者 会 見 について 1 発 表 事 項 (1) 平 成 26 年 の 船 舶 海 難 及 び 人 身 事 故 の 発 生 状 況 ( 交 通 部 警 備 救 難 部 ) (2) 漁 船 セーフティラリー 南 九 州 2014 実 施 結 果 について ( 交 通 部 ) (3) 南 九 州 の 海 のお 役 立

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> X 県 の 防 災 体 制 現 況 体 制 県 庁 は 東 川 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は1 号 庁 舎 ( 平 成 5 年 建 築 のRC11 階 建 ) 2 号 庁 舎 ( 平 成 10 年 建 築 のRC8 階 建 )に 分 かれている 1 号 庁 舎 1 階 に 災 害 対 策 本 部 室 を 常 設 災 害 対 策 本 部 は 災 害 対 策 本 部 室 に 設 置

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

地震編(新旧)素案①

地震編(新旧)素案① 7 第 1 章 総 則 第 2 節 各 機 関 の 役 割 と 業 務 大 綱 第 3 各 機 関 の 役 割 7 企 業 企 業 は, 災 害 時 の 企 業 の 果 たす 役 割 を 十 分 に 認 識 し, 防 災 体 制 の 整 備, 防 災 訓 練 の 実 施, 事 業 所 の 耐 震 化 などに 加 え, 災 害 時 の 緊 急 時 に 重 要 業 務 の 継 続 早 期 復 旧 を 達

More information

1-7 高 松 空 港 1 番 スポット イーストエプロン 駐 機 場 所 図 (1 日 目 ) 四 国 航 空 格 納 庫 ( 隊 員 待 機 場 所 ) 香 川 県 警 察 航 空 隊 L YS-11 駐 機 えひめ21 M オリーブⅡ うずしお F O SPOT 1-A ひょうご きんき G

1-7 高 松 空 港 1 番 スポット イーストエプロン 駐 機 場 所 図 (1 日 目 ) 四 国 航 空 格 納 庫 ( 隊 員 待 機 場 所 ) 香 川 県 警 察 航 空 隊 L YS-11 駐 機 えひめ21 M オリーブⅡ うずしお F O SPOT 1-A ひょうご きんき G 場 外 離 着 陸 場 位 置 図 土 庄 場 外 離 着 陸 場 凡 例 縮 尺 1/10,000 場 外 離 着 陸 場 進 入 区 域 39 1-7 高 松 空 港 1 番 スポット イーストエプロン 駐 機 場 所 図 (1 日 目 ) 四 国 航 空 格 納 庫 ( 隊 員 待 機 場 所 ) 香 川 県 警 察 航 空 隊 L YS-11 駐 機 えひめ21 M オリーブⅡ うずしお F

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

ケースメソッドによる 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 シリーズ vol.4 広 域 輸 送 ルートの 確 保 1 - 港 湾 の 航 路 啓 開 - 東 日 本 大 震 災 では 東 北 地 方 の 太 平 洋 沿 岸 部 がほぼ 全 域 にわたり 甚 大 な 被 害 を 受 けた 津 波

ケースメソッドによる 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 シリーズ vol.4 広 域 輸 送 ルートの 確 保 1 - 港 湾 の 航 路 啓 開 - 東 日 本 大 震 災 では 東 北 地 方 の 太 平 洋 沿 岸 部 がほぼ 全 域 にわたり 甚 大 な 被 害 を 受 けた 津 波 ケースメソッドによる 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 シリーズ vol.4 広 域 輸 送 ルートの 確 保 - 港 湾 の 航 路 啓 開 - 14 年 6 月 土 木 学 会 建 設 マネジメント 委 員 会 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 研 究 小 委 員 会 ケースメソッドによる 災 害 対 応 マネジメント 力 育 成 シリーズ vol.4 広 域 輸 送 ルートの

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

須賀川市地域防災計画(表紙・目次)

須賀川市地域防災計画(表紙・目次) 須 賀 川 市 地 域 防 災 計 画 平 成 25 年 3 月 修 正 須 賀 川 市 防 災 会 議 . 須 賀 川 市 地 域 防 災 計 画 目 次 第 1 部 総 則... 1 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 方 針... 3 第 1 計 画 の 目 的... 3 第 2 計 画 の 構 成... 3 第 3 計 画 の 修 正... 4 第 4 計 画 の 周 知 徹 底...

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 海 上 保 安 庁 の 交 通 政 策 について ~ 第 3 次 交 通 ビジョン~ 平 成 26 年 5 月 16 日 海 上 保 安 庁 交 通 部 整 備 課 長 五 十 嵐 耕 海 上 保 安 新 聞 2013 年 10 月 10 日 号 2 1. 第 3 次 交 通 ビジョンについて 交 通 ビジョンとは? 交 通 ビジョンは 船 舶 交 通 安 全 行 政 が 果 たすべき 役 割 と

More information

日 本 記 者 クラブ 記 者 会 見 東 日 本 大 震 災 対 処 概 況 説 明 平 成 2 3 年 7 月 4 日 陸 上 自 衛 隊 東 北 方 面 総 監 ( 元 災 統 合 任 務 部 隊 指 揮 官 ) 説 明 項 目 災 JTF- 東 北 の 編 成 活 動 実 績 活 動 経 過 と 今 後 の 見 通 し 本 震 災 の 特 性 指 揮 幕 僚 活 動 人 命 救 助 行 方

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

桜川市地域防災計画

桜川市地域防災計画 桜 川 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 25 年 3 月 茨 城 県 桜 川 市 目 次 1 総 則... 1 1-1 防 災 関 係 機 関 窓 口... 1 (1) 県... 1 (2) 市 町 村... 5 (4) 指 定 行 政 機 関 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関... 8 (5) 指 定 公 共 機 関 及 び 指 定 地 方 公 共 機 関... 10 (6)

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

1. 海 上 保 安 庁 の 概 要 ( 我 が 国 の 領 海 等 の 面 積 / 海 上 保 安 庁 の 勢 力 ) 我 が 国 の 領 海 等 の 面 積 領 海 ( 含 内 水 ) 及 び 排 他 的 経 済 水 域 約 447 万 km2 領 海 ( 含 内 水 ) 約 43 万 km2

1. 海 上 保 安 庁 の 概 要 ( 我 が 国 の 領 海 等 の 面 積 / 海 上 保 安 庁 の 勢 力 ) 我 が 国 の 領 海 等 の 面 積 領 海 ( 含 内 水 ) 及 び 排 他 的 経 済 水 域 約 447 万 km2 領 海 ( 含 内 水 ) 約 43 万 km2 海 上 保 安 業 務 の 現 状 平 成 25 年 12 月 資 料 1 1. 海 上 保 安 庁 の 概 要 ( 我 が 国 の 領 海 等 の 面 積 / 海 上 保 安 庁 の 勢 力 ) 我 が 国 の 領 海 等 の 面 積 領 海 ( 含 内 水 ) 及 び 排 他 的 経 済 水 域 約 447 万 km2 領 海 ( 含 内 水 ) 約 43 万 km2 排 他 的 経 済 水 域

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

3 基地の沿革

3 基地の沿革 基 地 の 沿 革 昭 1 20. 2 2 2 2 2 30. 3 3 3 3 3 3 3 40. 4 4 4 4 4 4 1 1 1 旧 陸 軍 飛 行 第 5 連 隊 ( 立 川 ) 附 属 多 摩 飛 行 場 として 設 置 当 時 の 滑 走 路 は 1,300m 米 軍 ( 第 一 騎 兵 師 団 一 個 中 隊 )が 進 駐 し 旧 陸 軍 の 施 設 を 接 収 第 3 爆 撃 飛 行

More information

平 成 26 年 度 緊 急 運 航 実 績 報 告 区 分 件 数 人 員 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 合 計 救 助 救 急 火 災 災 害 応 急 対 策 救 助 件 数 3 8 5 10 2 16 8 8 5 6 (71) 救 助 人

平 成 26 年 度 緊 急 運 航 実 績 報 告 区 分 件 数 人 員 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 合 計 救 助 救 急 火 災 災 害 応 急 対 策 救 助 件 数 3 8 5 10 2 16 8 8 5 6 (71) 救 助 人 あかふじ ニュース 第 11 号 発 行 平 成 27 年 3 月 山 梨 県 消 防 防 災 航 空 隊 山 梨 県 ホームページ http://www.pref.yamanashi.jp やまなし 防 災 ポータル http://bosai.pref.yamanashi.jp 山 梨 県 消 防 防 災 航 空 隊 400-0108 山 梨 県 甲 斐 市 宇 津 谷 445-1 TEL 0551-20-3601

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477>

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477> 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 推 進 計 画 の 目 的 1 第 2 防 災 関 係 機 関 が 地 震 発 生 時 の 災 害 応 急 対 策 として 行 う の 大 綱 1 第 2 章 関 係 者 との 連 携 協 力 の 確 保 11 第 1 資 機 材 人 員 等 の 配 備 手 配 11 第 2 他 機 関 に 対 する

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20939289CD8CB492AC926E88E696688DD08C7689E65F91E633959491E6328FCD81758DD08A518E9E82CC899E8B7D8A8893AE91CE8DF481763230313630333130>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20939289CD8CB492AC926E88E696688DD08C7689E65F91E633959491E6328FCD81758DD08A518E9E82CC899E8B7D8A8893AE91CE8DF481763230313630333130> 第 2 章 災 害 時 の 応 急 活 動 対 策 大 規 模 な 災 害 等 が 予 測 されるときや 発 生 した 際 発 災 直 後 の 応 急 対 策 活 動 を 適 切 に 実 施 するため 被 害 規 模 等 の 概 括 的 な 情 報 をいち 早 く 把 握 すること が その 後 の 応 急 対 策 を 効 果 的 に 実 施 するために 不 可 欠 です 町 では 国 県 防 災

More information