< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

Size: px
Start display at page:

Download "< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>"

Transcription

1 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区

2 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15 8 財 政 調 整 能 力 の 向 上 に 向 けて 18 9 未 来 をひらく 施 設 建 設 への 計 画 的 な 取 り 組 み 年 度 までの 予 算 の 大 枠 年 度 当 初 予 算 と25 年 度 当 初 予 算 の 比 較 22 計 数 表 等 23 1 平 成 26 年 度 当 初 予 算 財 政 規 模 2 平 成 26 年 度 一 般 会 計 当 初 予 算 歳 出 財 源 別 経 費 別 前 年 度 比 較 3 一 般 会 計 予 算 財 源 別 予 算 額 の 推 移 4 予 算 総 額 の 推 移 5 平 成 26 年 度 都 区 財 政 調 整 について 計 数 表 等 を 除 き 金 額 は 百 万 円 単 位 で 表 示 してあります 端 数 処 理 の 関 係 で 合 計 が 一 致 しない 場 合 があります 前 年 度 (25 年 度 ) 予 算 額 は 特 に 説 明 がない 限 り 当 初 予 算 の 数 値 となっ ています

3 1 編 成 方 針 わが 国 の 経 済 は 個 人 消 費 や 大 企 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の 改 善 等 を 背 景 に 緩 やかな 景 気 回 復 の 動 きがみられるものの 消 費 税 の 増 税 が 景 気 を 下 押 しするリスクも 潜 んでおり 今 後 の 動 向 を 注 意 深 く 見 守 る 必 要 があります さらに 地 方 法 人 課 税 の 見 直 しに 伴 い 法 人 住 民 税 が 一 部 国 税 化 されるなど 特 別 区 の 財 政 に 多 大 なる 影 響 を 及 ぼす 要 素 も 控 えており 今 後 はより 一 層 計 画 的 な 財 政 運 営 が 求 められます こうした 中 平 成 26 年 度 予 算 は 財 源 の 効 果 的 な 活 用 を 図 るため 全 庁 を 挙 げて 全 事 業 の 総 点 検 に 取 り 組 むなど 無 駄 のないスリムな 行 財 政 を 堅 持 しながら 子 育 て 施 策 や 学 校 改 築 など 喫 緊 の 課 題 に 的 確 に 応 え 新 たな 区 民 要 望 にも 可 能 な 限 り 積 極 的 に 対 応 する とともに 将 来 に 向 けて 持 続 可 能 な 財 政 基 盤 を 構 築 するため 特 別 な 財 源 対 策 は 講 じない という 基 本 方 針 のもと 編 成 しました 区 の 財 政 は 景 気 回 復 に 伴 う 歳 入 環 境 の 改 善 が 見 込 まれる 一 方 で 新 庁 舎 整 備 と 連 動 した 文 化 と 賑 わいのあるまちづくりや 不 燃 化 特 区 推 進 事 業 を 核 とした 防 災 まちづくり ま た 老 朽 化 した 公 共 施 設 の 改 築 改 修 経 費 への 対 応 など 将 来 の 安 全 安 心 創 造 都 市 の 実 現 に 向 けた 都 市 基 盤 づくりの 経 費 の 増 大 に 計 画 的 に 対 応 していく 必 要 があります そのため 今 後 も 景 気 の 回 復 に 決 して 気 を 緩 めることなく 将 来 の 備 えとして 可 能 な 限 り 財 政 調 整 基 金 をはじめとした 各 種 基 金 の 積 み 増 しを 着 実 に 行 うとともに 未 来 戦 略 プラ ン2014 を 実 効 あるものとするため 総 点 検 の 実 施 負 債 の 縮 減 人 件 費 の 抑 制 民 間 活 力 の 活 用 など 構 造 改 革 に 引 き 続 き 取 り 組 み 安 定 的 で 持 続 可 能 な 行 財 政 運 営 の 確 立 を 目 指 してまいります 本 区 では 枠 配 分 予 算 方 式 を 採 用 しており 経 常 的 経 費 等 の 予 算 については 上 記 方 針 に 沿 い 別 紙 に 掲 げる 各 部 局 の 予 算 編 成 方 針 に 基 づき 各 部 局 長 の 権 限 と 責 任 の もとに 編 成 を 行 っています 編 成 結 果 だけでなく 編 成 過 程 についても より 透 明 性 を 高 めるため 平 成 26 年 度 予 算 編 成 について( 依 命 通 達 ) を 既 にホームページに 掲 載 しています また この 概 要 や 26 年 度 部 局 予 算 編 成 方 針 についても ホームページに 掲 載 します 豊 島 区 ホームページ トップページ > 区 政 情 報 > 計 画 財 政 方 針 白 書 報 告 書 > 計 画 財 政 方 針 ( 政 策 経 営 部 総 務 部 施 設 管 理 部 ) > 財 政 課 ( 計 画 財 政 方 針 ) 未 来 戦 略 推 進 プラン は 豊 島 区 の 新 たな 魅 力 と 活 力 の 創 造 に 向 け 戦 略 的 かつ 横 断 的 な 施 策 展 開 を 促 進 することにより 豊 島 区 基 本 計 画 の 政 策 体 系 に 基 づく 各 分 野 別 の 施 策 をより 効 果 的 に 推 進 していくために 基 本 計 画 の 実 施 計 画 として 策 定 してい ます 1

4 2 財 政 規 模 26 年 度 の 一 般 会 計 当 初 予 算 規 模 は 1,080 億 86 百 万 円 前 年 度 に 比 べ 58 億 38 百 万 円 の 増 5.7%のプラス 特 別 会 計 を 含 めた 財 政 規 模 は 1,623 億 90 百 万 円 前 年 度 当 初 予 算 に 比 べ74 億 22 百 万 円 の 増 4.8%のプラスと 一 時 的 に 学 校 改 築 が 重 なること や 保 険 給 付 費 の 伸 びなどにより 全 会 計 合 計 が 過 去 最 大 の 規 模 となりました 当 初 予 算 規 模 の 推 移 ( 平 成 13 年 度 ~) 億 円 1,800 1,600 1,507 1,473 1,448 1,423 1,448 1,444 1,445 1, , , % 特 別 会 計 4.3% 1,396 1, , % 1,518 1, % 1, % 1, % 10% 5% % % 1.6% 1.8% 0.3% 1.7% % 一 般 会 計 対 前 年 度 伸 率 0.8% 960 1, ,022 1,081 0% -5% 0 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 -10% 3 特 別 会 計 の 合 計 は 543 億 4 百 万 円 で 前 年 度 より15 億 84 百 万 円 の 増 3.0%のプ ラスとなっています 高 齢 化 の 進 展 などによる 医 療 介 護 の 保 険 給 付 費 の 伸 びにより 3 特 別 会 計 とも これまでで 最 大 の 規 模 となりました 特 別 会 計 当 初 予 算 の 推 移 ( 平 成 13 年 度 ~) 億 円 従 前 居 住 者 会 計 はグラフ 上 表 示 されていませんが 各 年 度 6 百 万 円 (15 年 度 のみ41 百 万 円 )が 予 算 計 上 されています (22 年 度 末 廃 止 ) 老 人 会 計 老 人 会 計 は21 22 年 度 グラフ 上 表 示 されていませんが それぞれ39 百 万 円 6 百 万 円 が 予 算 計 上 されています (22 年 度 末 廃 止 ) 介 護 会 計 国 保 会 計 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 後 期 高 齢 者 会 計 2

5 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 1 積 極 型 の 予 算 27 年 5 月 にオープンを 控 えた 新 庁 舎 の 関 連 経 費 をはじめ 福 祉 子 育 て 防 災 健 康 対 策 など 安 全 安 心 創 造 都 市 の 実 現 に 向 けた154 事 業 事 業 費 にして46 億 円 にものぼる 新 規 拡 充 事 業 ( 一 般 財 源 ベースでは34 億 円 ) を 計 上 する 積 極 型 の 予 算 となりました 2 堅 実 な 予 算 景 気 の 回 復 による 一 般 財 源 歳 入 の 大 幅 な 増 収 に 支 えられた 面 はありますが 財 源 不 足 の 補 てんを 目 的 とした 土 地 の 売 却 や 財 政 調 整 基 金 の 取 り 崩 し など いわゆる 財 源 対 策 を 一 切 講 じない 堅 実 な 予 算 となりました 財 源 対 策 なき 予 算 は 20 年 度 予 算 以 来 6 年 ぶりのことです 3 将 来 を 見 据 えた 予 算 平 成 26 年 度 予 算 では 財 政 調 整 基 金 に9 億 25 百 万 円 の 積 み 立 て 予 算 を 計 上 しました これにより 財 政 調 整 基 金 の 残 高 は 過 去 にない110 億 円 を 超 え る 目 途 がつくなど 今 後 安 定 的 な 財 政 運 営 を 行 っていくための 将 来 を 見 据 えた 予 算 になっています 財 政 規 模 の 対 前 年 度 比 較 ( 単 位 : 百 万 円 ) 区 分 26 年 度 25 年 度 増 減 額 増 減 率 (%) 一 般 会 計 108, ,248 5, 人 件 費 20,820 20, 事 業 費 69,802 68,025 1, 投 資 的 経 費 17,464 13,655 3, 特 別 会 計 (3 会 計 ) 54,304 52,720 1, 合 計 (4 会 計 ) 162, ,968 7, 特 別 会 計 は 国 民 健 康 保 険 事 業 会 計 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 会 計 介 護 保 険 事 業 会 計 の3 会 計 です 3

6 4 歳 入 の 概 要 特 別 区 税 は 対 前 年 度 比 13 億 6 百 万 円 の 増 4.6%のプラスとなる297 億 63 百 万 円 と なっています とくに 特 別 区 民 税 は 人 口 の 増 加 と 景 気 の 回 復 により 課 税 人 口 が 大 幅 に 増 えたことか ら 14 億 8 百 万 円 の 増 5.8%プラスを 見 込 んでいます 特 別 区 税 の 推 移 ( 平 成 13 年 度 ~) 億 円 その 他 の 税 (たばこ 税 軽 自 動 車 税 16~ 狭 小 住 戸 集 合 住 宅 税 ) 特 別 区 民 税 0 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ( 決 算 ) 25 年 度 ( 予 算 ) 26 年 度 ( 予 算 ) 特 別 区 交 付 金 ( 特 別 区 財 政 調 整 交 付 金 )は 原 資 となる 法 人 住 民 税 が 企 業 法 人 決 算 の 大 幅 な 改 善 により17.4% 増 固 定 資 産 税 も2.5%の 増 収 となる 見 込 みから 調 整 税 全 体 で 前 年 度 比 7.4%のプラス( 交 付 金 総 額 は7.7%のプラス)となりました さらに 基 準 財 政 需 要 額 に 加 算 される 土 木 費 等 の 本 区 固 有 の 算 定 額 が 昨 年 度 予 算 より2 億 円 増 加 すること から 前 年 度 より24 億 円 増 の300 億 円 を 見 込 んでいます 特 別 区 交 付 金 の 推 移 ( 平 成 13 年 度 ~) 億 円 特 別 交 付 金 普 通 交 付 金 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ( 決 算 ) 25 年 度 ( 予 算 ) 26 年 度 ( 予 算 ) 4

7 特 別 区 税 と 特 別 区 交 付 金 を 除 く 歳 入 では 地 方 消 費 税 交 付 金 が 26 年 4 月 からの 消 費 税 増 税 などにより 前 年 度 に 比 べ12 億 5 百 万 円 30.6%の 増 を 見 込 んでいます 特 別 区 債 は 同 時 期 に3 校 の 学 校 改 築 が 重 なることなどによる 投 資 事 業 の 拡 大 により 前 年 度 比 25 億 87 百 万 円 94.1% 増 となる53 億 37 百 万 円 と 大 きく 増 加 しました 投 資 事 業 の 増 加 に 対 しては 起 債 を 積 極 的 に 活 用 します 起 債 の 活 用 は 年 度 間 の 負 担 の 平 準 化 を 図 るとともに 将 来 の 利 用 者 にも 一 定 の 負 担 をお 願 いすることで 世 代 間 の 負 担 の 公 平 化 を 図 ることができます 一 方 基 金 繰 入 金 については 合 計 で15 億 99 百 万 円 の 減 となりま すが これは 将 来 の 備 えとして 基 金 残 高 を 温 存 することとしたものです 財 源 不 足 を 埋 めるための 財 政 調 整 基 金 の 取 崩 しは21 年 度 予 算 以 来 の0とすることが できました ( 単 位 : 百 万 円 ) 区 分 26 年 度 25 年 度 増 減 額 増 減 率 (%) 特 別 区 税 29,763 28,456 1, 地 方 消 費 税 交 付 金 5,146 3,941 1, 特 別 区 交 付 金 30,000 27,600 2, 国 庫 支 出 金 19,075 19, 都 支 出 金 7,065 7, 特 別 区 債 5,337 2,750 2, 財 政 調 整 基 金 繰 入 金 皆 減 その 他 の 基 金 繰 入 金 3,755 4, その 他 の 歳 入 7,946 7, 合 計 108, ,248 5,

8 5 歳 出 の 概 要 一 般 会 計 の 歳 出 総 額 は 昨 年 度 より5.7% 増 加 しています 経 費 別 では 3 区 分 すべて の 経 費 が 増 加 しています 人 件 費 は 前 年 度 当 初 予 算 に 比 べ1.2%のプラス 事 業 費 投 資 的 経 費 はそれぞれ2.6% 27.9%のプラスとなっています 学 校 改 築 の 集 中 などによ り 投 資 的 経 費 が 前 年 度 より 大 きく 伸 びました 一 般 会 計 歳 出 の 対 前 年 度 比 較 ( 単 位 : 百 万 円 構 成 比 %) 区 分 26 年 度 25 年 度 増 減 予 算 額 構 成 比 予 算 額 構 成 比 増 減 額 増 減 率 (%) 人 件 費 20, , 事 業 費 69, , , 投 資 的 経 費 17, , , 合 計 108, , , 経 費 別 歳 出 額 の 推 移 ( 平 成 13 年 度 ~) 1,200億 円 1,022 1, 投 資 的 経 費 ,020 1, , 事 業 費 人 件 費 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 ( 決 算 ) ( 予 算 ) ( 予 算 ) 6

9 目 的 別 の 内 訳 では 教 育 費 は 目 白 小 学 校 池 袋 本 町 地 区 小 中 連 携 校 池 袋 第 三 小 学 校 の 改 築 経 費 が 重 なったことにより 3 校 合 わせて 対 前 年 度 比 34 億 6 百 万 円 増 加 したほ か 図 書 館 電 算 システム 再 構 築 に 係 る 電 算 運 営 経 費 が1 億 45 百 万 円 増 となることなどによ り 対 前 年 度 比 38 億 70 百 万 円 52.1%の 大 幅 なプラスとなりました また 福 祉 費 は 喫 緊 の 課 題 である 保 育 園 の 待 機 児 童 対 策 経 費 に15 億 17 百 万 円 を 充 てるほか 障 害 者 自 立 支 援 給 付 費 の 拡 充 などにより 対 前 年 度 比 18 億 44 百 万 円 のプラス 総 務 費 は 新 庁 舎 にお けるICTネットワーク 化 無 線 環 境 の 整 備 などの 情 報 化 推 進 経 費 に2 億 86 百 万 円 他 に 類 を 見 ない 防 災 庁 舎 機 能 を 備 えるための 総 合 防 災 システム 構 築 に1 億 50 百 万 円 をそれぞれ 投 ずることなどにより 対 前 年 度 比 7 億 22 百 万 円 のプラスとなっています 一 方 都 市 整 備 費 は 居 住 環 境 総 合 整 備 事 業 の 上 池 袋 地 区 整 備 費 が10 億 50 百 万 円 減 となることなどにより 15 億 23 百 万 円 のマイナス 公 債 費 は これまでの 起 債 抑 制 効 果 により9 億 97 百 万 円 のマイナスとなっています 構 成 比 では これまで 同 様 福 祉 費 が 最 も 大 きく ほぼ4 割 を 占 めています 目 的 別 経 費 の 対 前 年 度 比 較 ( 単 位 : 百 万 円 構 成 比 %) 区 分 26 年 度 25 年 度 増 減 増 減 率 予 算 額 構 成 比 予 算 額 構 成 比 増 減 額 (%) 議 会 費 総 務 費 14, , 福 祉 費 41, , , 衛 生 費 3, , 清 掃 環 境 費 4, , 都 市 整 備 費 7, , , 土 木 費 5, , , 文 化 商 工 費 3, , 教 育 費 11, , , そ の 他 15, , , 公 債 費 3, , 諸 支 出 金 12, , 予 備 費 合 計 108, , ,

10 人 件 費 は 対 前 年 度 比 2 億 52 百 万 円 の 増 となる208 億 20 百 万 円 となっています これ は 職 員 給 与 費 等 が 予 算 人 員 の 削 減 等 により 前 年 度 より87 百 万 円 の 減 となるものの 定 年 退 職 者 見 込 み 数 の 増 による 退 職 手 当 の 増 を4 億 23 百 万 円 見 込 んだためです また 各 種 委 員 等 の 報 酬 は 特 別 再 雇 用 職 員 経 験 活 用 非 常 勤 職 員 の 減 などにより39 百 万 円 の 減 となります 会 計 別 予 算 人 員 の 対 前 年 度 比 較 ( ) 内 は 再 任 用 を 除 く 予 算 人 員 ( 単 位 : 人 ) 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 介 護 保 険 区 分 一 般 会 計 事 業 会 計 医 療 事 業 会 計 事 業 会 計 合 計 26 年 度 25 年 度 増 減 1, ,082 (1,844) (41) (15) (47) (1,947) 1, ,091 (1,846) (41) (15) (48) (1,950) ( 2) (0) (0) ( 1) ( 3) 予 算 人 員 の 人 数 と 職 員 数 とは 異 なります 一 般 会 計 人 件 費 の 対 前 年 度 比 較 ( 単 位 : 百 万 円 ) 区 分 26 年 度 25 年 度 増 減 増 減 率 % 人 件 費 20,820 20, 報 酬 1,774 1, 職 員 人 件 費 給 与 共 済 費 16,153 16, 退 職 手 当 2,342 1, 小 計 18,495 18, 非 常 勤 職 員 社 会 保 険 料 等

11 一 般 会 計 人 件 費 の 増 減 内 訳 増 減 額 は25 年 度 当 初 予 算 との 比 較 です 区 分 内 容 ( 単 位 : 百 万 円 ) 増 加 減 少 退 職 手 当 423 人 員 削 減 等 235 昇 給 143 非 常 勤 職 員 報 酬 等 48 増 減 その 他 25 議 員 報 酬 等 35 給 与 改 定 21 合 計 人 件 費 ( 退 職 手 当 を 除 き 再 任 用 職 員 を 含 む)と 予 算 人 員 ( 再 任 用 職 員 を 含 む)の 推 移 ( 平 成 12 年 度 ~) 億 円 清 掃 移 管 介 護 保 険 導 入 派 遣 法 施 行 再 任 用 導 入 派 遣 条 例 施 行 人 ,734 2,668 2,675 2,598 2,523 臨 時 特 例 的 給 与 削 減 2,900 2, ,466 2,500 2,325 予 算 人 員 ( 再 任 用 含 む) ,230 2,169 2,080 2,040 2,058 2,018 1,983 1,974 2,300 2, , 人 件 費 ( 退 職 手 当 を 除 く) , 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ( 決 算 ) 25 年 度 ( 予 算 ) 26 年 度 ( 予 算 ) 1,500 退 職 手 当 の 推 移 ( 平 成 12 年 度 ~) 億 円 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ( 決 算 ) 25 年 度 ( 予 算 ) 年 度 ( 予 算 ) 9

12 事 業 費 は 対 前 年 度 比 17 億 76 百 万 円 の 増 2.6%のプラスとなる698 億 2 百 万 円 とな っています プラスとなった 主 な 要 因 は 27 年 5 月 と 目 前 に 控 える 新 庁 舎 への 移 転 に 伴 う 関 連 経 費 の 増 大 (8 億 76 百 万 円 )と 25 年 度 第 1 号 補 正 予 算 に 計 上 された 待 機 児 童 対 策 緊 急 プランの 更 なるペースアップに 要 する 経 費 (7 億 41 百 万 円 )などが 挙 げられます このほか 扶 助 費 は 保 育 園 の 民 営 化 に 伴 う 委 託 助 成 経 費 が 約 3 億 円 増 加 することな どにより 2 億 18 百 万 円 のプラス 特 別 会 計 繰 出 金 は 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 保 険 給 付 費 の 増 などにより1 億 36 百 万 円 の 増 加 となる 一 方 公 債 費 はこれまで 起 債 の 発 行 を 抑 制 してき た 効 果 が 表 れ 9 億 97 百 万 円 の 減 少 となりました 事 業 費 の 対 前 年 度 比 較 ( 単 位 : 百 万 円 ) 区 分 26 年 度 25 年 度 増 減 事 業 費 69,802 68,025 1,776 扶 助 費 27,860 27, 公 債 費 3,294 4, 一 般 行 政 経 費 38,647 36,092 2,555 うち 基 金 積 立 金 1,650 1, うち 特 別 会 計 繰 出 金 10,709 10, 事 業 費 の 推 移 ( 平 成 13 年 度 ~) 億 円 一 般 行 政 経 費 公 債 費 扶 助 費 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 ( 決 算 ) ( 予 算 ) ( 予 算 ) 10

13 投 資 的 経 費 は 対 前 年 度 比 38 億 9 百 万 円 の 増 27.9%プラスの174 億 64 百 万 円 とな り 当 初 予 算 で170 億 円 を 超 えるのは5 年 度 以 来 の 高 い 水 準 となります これは 同 時 期 に 目 白 小 学 校 池 袋 本 町 地 区 小 中 連 携 校 池 袋 第 三 小 学 校 の3 校 の 学 校 改 築 が 集 中 するため 3 校 合 わせて 前 年 度 より34 億 円 多 いおよそ45 億 円 を 投 じることな どによるものです また 南 池 袋 二 丁 目 A 地 区 市 街 地 再 開 発 事 業 経 費 については 5 億 8 百 万 円 の 減 となるものの 30 億 57 百 万 円 と 依 然 高 い 水 準 で 推 移 するほか 大 塚 駅 自 転 車 駐 車 場 の 建 設 もいよいよ 本 格 化 し 8 億 32 百 万 円 の 増 となりました 投 資 的 経 費 の 推 移 ( 平 成 13 年 度 ~) 億 円 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ( 決 算 ) 25 年 度 ( 予 算 ) 26 年 度 ( 予 算 ) 11

14 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 国 と 地 方 を 合 わせた 消 費 税 の 税 率 は 26 年 4 月 より5%から8%に 改 正 されます これに より 区 の 歳 入 である 地 方 消 費 税 交 付 金 は 増 収 となります ただし 消 費 税 引 き 上 げ 分 が 区 の 歳 入 増 になるのは 制 度 上 半 年 遅 れになり 税 率 アップ 後 の 買 い 控 えも 予 想 されることか ら 平 年 で 増 税 による 増 収 分 が 地 方 消 費 税 交 付 金 に 反 映 されるのは ある 程 度 の 期 間 遅 れることが 見 込 まれます また 引 き 上 げに 伴 う 増 収 分 は 全 額 を 社 会 保 障 の 財 源 に 充 当 することが 決 まっていま す 26 年 度 の 税 率 引 き 上 げによる 増 収 は7 億 46 百 万 円 を 見 込 んでおり 次 頁 の 社 会 保 障 施 策 の 財 源 として 活 用 していきます なお 消 費 税 増 税 は 区 の 事 業 執 行 にも 影 響 があり およそ8 億 円 を 区 の 増 税 負 担 分 とし て 歳 出 予 算 に 盛 り 込 みました 現 行 26 年 4 月 ~ 税 率 :% 27 年 10 月 ~ 消 費 税 国 消 費 税 地 方 消 費 税 従 前 分 増 税 分 地 方 消 費 税 は 都 (1/2) 区 市 町 村 (1/2)に 配 分 配 分 豊 島 区 按 分 率 ( 全 都 に 占 める 割 合 ) 従 前 分 人 口 + 従 業 者 数 2.550% 増 税 分 人 口 のみ 2.163% 補 正 計 数 % 時 の 地 方 消 費 税 交 付 金 ( 平 年 度 ) 平 年 度 44 億 円 8% 時 億 円 = 従 前 分 44 億 円 + 44 億 円 豊 島 区 の 増 税 分 億 円 26 年 度 の 地 方 消 費 税 交 付 金 実 際 に 区 の 収 入 になる タイムラグの 影 響 あり H26 年 度 H27 年 度 2/7 ( 国 の 試 算 ) フル 26 年 度 億 円 = 従 前 分 44 億 円 + 増 税 分 7.46 億 円 =44 億 円 /7 引 き 上 げ 分 の 地 方 消 費 税 交 付 金 の 使 途 の 明 確 化 社 会 保 障 の 充 実 ( 増 税 の20%) 社 会 保 障 の 安 定 化 ( 増 税 の80%) 12

15 平 成 26 年 度 においては 消 費 税 地 方 消 費 税 の 引 き 上 げによる 増 収 分 を 活 用 した 社 会 保 障 の 充 実 施 策 として 子 ども 子 育 て 分 野 における 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 等 の 保 育 緊 急 確 保 事 業 医 療 介 護 分 野 における 国 民 健 康 保 険 等 の 低 所 得 者 保 険 料 軽 減 制 度 の 拡 充 などの 措 置 を 講 じることとされています 本 区 においては 26 年 度 増 収 分 については 待 機 児 童 対 策 経 費 に7 億 16 百 万 円 国 民 健 康 保 険 等 の 低 所 得 者 保 険 料 軽 減 制 度 の 拡 充 に 伴 う 経 費 に30 百 万 円 を 充 てることとして います 消 費 税 引 き 上 げ 分 の 社 会 保 障 財 源 化 に 伴 う 歳 入 充 当 事 業 (26 年 度 ) 単 位 : 千 円 区 分 充 当 事 業 当 初 予 算 額 ( 一 般 財 源 ) 充 当 額 子 ども 子 育 て ( 保 育 緊 急 確 保 事 業 ) 小 規 模 保 育 運 営 費 等 補 助 事 業 小 規 模 保 育 所 保 護 者 負 担 軽 減 補 助 事 業 認 証 保 育 所 運 営 費 等 補 助 事 業 認 証 保 育 所 保 育 料 負 担 軽 減 補 助 事 業 グループ 型 家 庭 的 保 育 事 業 ( 保 育 ママ) 保 育 ママ 保 育 料 保 護 者 負 担 軽 減 補 助 事 業 臨 時 保 育 所 運 営 事 業 ( 千 早 臨 時 保 育 所 ) 一 時 保 育 一 体 型 定 期 利 用 保 育 事 業 私 立 保 育 所 に 対 する 保 育 委 託 及 び 助 成 私 立 幼 稚 園 特 別 預 かり 保 育 事 業 事 業 所 内 保 育 事 業 ファミリー サポート センター 利 用 料 補 助 事 業 私 立 保 育 所 施 設 整 備 東 池 袋 第 一 保 育 園 改 修 工 事 [ 区 立 保 育 所 改 築 改 修 事 業 経 費 ] 876, ,553 医 療 介 護 ( 低 所 得 者 対 策 ) 国 民 健 康 保 険 事 業 会 計 保 険 基 盤 安 定 繰 出 金 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 会 計 広 域 連 合 分 賦 金 ( 保 険 基 盤 安 定 負 担 金 ) 30,447 30,447 合 計 906, ,000 上 記 は 事 業 費 ではなく 一 般 財 源 額 ( 区 負 担 額 )である 13

16 一 方 で 地 方 公 共 団 体 間 の 財 源 の 偏 在 を 是 正 し 財 政 力 の 格 差 を 縮 小 させることを 目 的 に 26 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 に 法 人 住 民 税 の 一 部 国 税 化 が 盛 り 込 まれました これ は 26 年 4 月 からの 消 費 税 引 き 上 げにより 大 都 市 と 地 方 都 市 の 財 政 力 格 差 がさらに 拡 大 するとして 財 政 調 整 交 付 金 の 原 資 である 法 人 住 民 税 の 一 部 を 国 税 化 し 地 方 交 付 税 とし て 地 方 都 市 へ 配 分 する 仕 組 みをつくろうとするものです しかし この 考 え 方 は 財 源 の 偏 在 だけがことさら 強 調 され 人 口 や 企 業 が 極 端 に 集 中 するために 生 まれる 膨 大 な 行 政 需 要 が 全 く 考 慮 されていないばかりでなく そもそも 地 方 の 自 主 財 源 である 地 方 税 を 充 実 させる という 地 方 分 権 の 流 れに 完 全 に 逆 行 するもので す 23 区 は 東 京 都 とともに この 税 制 改 正 に 反 対 の 意 思 を 表 明 しておりますが この 法 人 住 民 税 の 一 部 国 税 化 が 実 施 された 場 合 23 区 の 財 政 に 与 える 影 響 は 極 めて 甚 大 です 26 年 度 に 想 定 される 法 人 住 民 税 の 規 模 で 試 算 すると 23 区 全 体 の 影 響 額 は 約 573 億 円 のマイナスとなり そのうち 豊 島 区 は 約 18 億 円 の 減 収 が 見 込 まれ 区 財 政 に 与 える 影 響 は 深 刻 です ただし 実 際 の 歳 入 減 は27 年 度 から 発 生 するため 26 年 度 予 算 に 影 響 はあ りません 法 人 住 民 税 の 法 人 税 割 税 率 の 一 部 国 税 化 8% 増 税 時 (10% 増 税 時 の 枠 組 みは 未 発 表 ) (a) (b) (a-b) 税 率 :% 現 行 の 税 率 改 正 後 の 税 率 国 税 化 され る 税 率 都 区 市 町 村 区 市 町 村 は 減 収 になる 豊 島 区 の 財 政 調 整 交 付 金 減 収 額 ( 試 算 値 ) 財 政 調 整 交 付 金 26 年 度 当 初 フレームの 市 町 村 民 税 法 人 分 643,115 百 万 円 の 内 減 収 の 対 象 となる 法 人 税 割 標 準 税 率 分 は 493,000 百 万 円 程 度 ( 試 算 値 ) 2.6 4,930 億 円 12.3 = 1,042 億 円 標 準 税 率 分 の 内 減 収 になる 金 額 1,042 億 円 55% = 573 億 円 財 政 調 整 交 付 金 減 収 額 (23 区 計 ) 573 億 円 3.1% = 豊 島 区 のシェア 17.8 億 円 豊 島 区 の 財 政 調 整 交 付 金 減 収 額 14

17 7 基 金 と 起 債 の 残 高 26 年 度 の 特 別 区 債 発 行 額 は 53 億 37 百 万 円 で 対 前 年 度 比 25 億 87 百 万 円 の 大 幅 増 94.1%のプラスとなっています 起 債 依 存 度 は2.2ポイント 上 昇 し4.9%と 11 年 度 以 降 では11 年 度 の5.8%に 次 ぐ 高 さとなりました 26 年 度 末 の 特 別 区 債 残 高 は 25 年 度 末 残 高 見 込 みの229 億 97 百 万 円 よりも24 億 8 百 万 円 の 増 となる 254 億 5 百 万 円 と 見 込 んでいます 起 債 等 残 高 は 11 年 度 をピークに14 年 連 続 で 縮 減 したあと 26 年 度 に 上 昇 に 転 じる 見 込 みです 起 債 依 存 度 とは 歳 入 総 額 に 占 める 特 別 区 債 の 割 合 です 当 初 予 算 における 特 別 区 債 と 起 債 依 存 度 の 推 移 ( 平 成 11 年 度 ~) 億 円 特 別 区 債 額 起 債 依 存 度 % % % 4.1% 4.2% % 3.3% 2.8% 2.6% 5 3.2% 3.3% 2.4% 2.7% 1.9% 1.5% 0.6% 11 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 12.0% 10.0% 8.0% 6.0% 4.0% 2.0% 0.0% 年 度 末 起 債 等 残 高 の 推 移 ( 平 成 11 年 度 ~) 億 円 旧 街 づくり 公 社 借 入 金 残 高 土 地 開 発 公 社 長 期 債 務 残 高 年 度 12 年 度 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 ( 決 算 ) ( 見 込 ) ( 予 算 ) 15

18 現 在 豊 島 区 ( 一 般 会 計 )には13の 基 金 があります それら 基 金 の 実 質 的 な25 年 度 末 残 高 見 込 は 財 政 調 整 基 金 が102 億 円 その 他 の 特 定 目 的 基 金 が103 億 円 基 金 合 計 で は205 億 円 となっています これら 基 金 は 財 政 需 要 が 多 い 時 には 取 り 崩 して 活 用 し 歳 入 の 多 い 時 には 積 立 をして 基 金 の 補 充 を 行 う 必 要 があります 26 年 度 は 学 校 改 築 の 集 中 にあわせ これまで 積 み 立 ててきた 義 務 教 育 施 設 整 備 基 金 を21 億 円 取 り 崩 して 投 資 的 経 費 に 充 てました また 歳 入 環 境 の 好 転 時 こそ 将 来 の 備 えとして 年 度 間 の 調 整 財 源 となる 財 政 調 整 基 金 への 積 極 的 な 積 立 が 求 められます 今 後 の 年 度 間 の 景 気 変 動 に 備 えるためにも 区 が 積 立 目 標 としている120 億 円 に 向 けて 盤 石 な 財 政 基 盤 の 確 立 を 目 指 し 財 政 調 整 基 金 に 9 億 円 の 積 立 を 実 施 しました 基 金 残 高 の 見 込 み 財 政 調 整 基 金 義 務 教 育 施 設 整 備 基 金 公 共 施 設 再 構 築 基 金 基 金 計 剰 余 金 含 む ( 単 位 : 百 万 円 ) 23 決 算 24 決 算 25 当 初 25 補 正 1~6 号 25 補 正 7 号 ( 案 ) 26 当 初 積 立 4 2, , 剰 余 ,015 取 崩 1,538 2, 残 高 5,323 6,353 5,374 7,529 10,186 11,112 積 立 取 崩 , ,117 残 高 5,988 5,596 5,206 4,599 4,907 2,807 積 立 2, 取 崩 503 1, 残 高 3,340 3,155 1,818 1,893 1,893 1,896 積 立 3,823 4,746 1,984 2,949 2,657 1,727 取 崩 5,369 4,529 5,354 1, ,755 残 高 19,035 19,252 15,882 17,491 20,456 18,428 積 立 には 剰 余 金 積 立 と 新 庁 舎 運 用 金 返 還 金 を 含 む 取 崩 は 負 数 で 表 す 取 崩 が 正 数 の 時 は 取 崩 の 減 額 16

19 これまでの 財 政 健 全 化 の 努 力 により 区 民 一 人 あたりの 実 質 的 な 借 金 の 超 過 額 ( 起 債 等 残 高 - 基 金 残 高 )は 11 年 度 末 の33 万 6 千 円 から 30 分 の1 以 下 の 約 9 千 円 (25 年 度 末 見 込 み)へと 大 きく 改 善 しました しかしながら26 年 度 予 算 においては 投 資 事 業 の 拡 大 に 伴 い 起 債 残 高 の 増 加 及 び 基 金 残 高 の 減 少 が 生 ずるため 26 年 度 末 での 全 ての 実 質 的 な 基 金 は 合 計 で184 億 円 債 務 は254 億 円 と 借 金 が 貯 金 を70 億 円 上 回 る 状 況 とな る 見 込 みです これまでの 絶 え 間 ない 行 財 政 改 革 によって 実 質 的 な 借 金 を 大 きく 減 少 させることができ たことを 糧 として 今 後 は 新 庁 舎 整 備 と 連 動 したまちづくりや 老 朽 化 した 公 共 施 設 の 改 築 改 修 経 費 への 対 応 など 豊 島 区 の 未 来 を 担 う 基 盤 づくり 経 費 の 拡 大 にあわせ 積 極 的 に 起 債 を 活 用 していく 必 要 があります 一 方 で 積 極 的 に 基 金 を 積 み 増 して 基 金 残 高 を 増 や すことにより 貯 金 と 借 金 のバランスを 確 保 していくことを 今 後 も 継 続 的 な 目 標 として 堅 持 していきます さらに 補 正 予 算 等 での 基 金 の 積 み 増 しや 執 行 段 階 での 起 債 発 行 の 抑 制 も 図 っていきます 基 金 残 高 と 起 債 等 残 高 の 推 移 ( 起 債 ピークの 11 年 度 から) 起 債 等 残 高 には 22 年 度 に 完 済 した 土 地 開 発 公 社 返 還 金 等 を 含 む 区 の 貯 金 と 借 金 ( 平 成 24 年 度 普 通 会 計 決 算 ) の 付 いている 7 区 が 債 務 超 過 1,400 1,200 1, 億 円 千 代 中 央 港 新 宿 文 京 台 東 墨 田 江 東 品 川 目 黒 大 田 世 田 17 渋 谷 中 野 杉 並 豊 島 北 貯 金 荒 川 板 橋 借 金 練 馬 足 立 葛 飾 江 戸

20 8 財 政 調 整 能 力 の 向 上 に 向 けて その 年 度 の 経 常 的 な 歳 入 で 経 常 的 な 歳 出 を 賄 うこと いわゆる 身 の 丈 に 合 った 財 政 運 営 こそが 健 全 財 政 の 基 本 です 昨 今 の 景 気 回 復 により 企 業 収 益 が 大 幅 に 改 善 したことなどから 本 区 の 二 大 財 源 であ る 特 別 区 民 税 と 特 別 区 財 政 調 整 交 付 金 の 歳 入 合 計 額 は558 億 円 となり リーマン ショック により 景 気 が 悪 化 する 直 前 の20 年 度 の565 億 円 に 近 付 くレベルにまで 回 復 しました これ により26 年 度 予 算 は 6 年 ぶりに 財 源 対 策 なき 予 算 を 編 成 することができました さら に 当 初 予 算 段 階 での 財 政 調 整 基 金 への 積 立 を 実 施 することで 今 後 の 安 定 的 な 財 政 運 営 を 目 指 し 景 気 の 変 動 に 耐 えうる 財 政 調 整 能 力 の 強 化 を 図 りました また 26 年 度 予 算 編 成 にあたっては 事 業 の 総 点 検 を 継 続 して 実 施 すると 同 時 に 複 数 年 度 にわたる 計 画 性 を 持 った 財 政 運 営 となるように 28 年 度 までの 大 枠 の 予 算 の 検 討 も 並 行 して 行 ってきました 今 後 も 民 営 化 や 組 織 のスリム 化 事 業 経 費 の 無 駄 を 削 ること などで 歳 出 総 額 を 抑 制 する 一 方 高 水 準 で 推 移 する 投 資 的 経 費 への 備 えとして 各 種 基 金 への 積 極 的 な 積 み 増 しを 可 能 な 限 り 行 うことで より 強 固 な 財 政 基 盤 の 確 立 を 目 指 して いきます 当 初 予 算 における 財 源 対 策 の 推 移 ( 平 成 13 年 度 ~) 億 円 % 60 一 般 財 源 に 占 める 割 合 7.2% 財 調 基 金 取 崩 土 地 売 却 等 繰 越 金 H14 基 金 運 用 H17 給 与 削 減 10.0% 8.0% % 6.0% % 3.5% % 39 給 与 費 削 減 2.2% 2.4% 1.7% 1.7% % % % 0.0% 0.0% 13 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 4.0% 2.0% 0.0% 18

21 9 未 来 をひらく 施 設 建 設 への 計 画 的 な 取 り 組 み 豊 島 区 では 計 画 的 な 学 校 改 築 不 燃 化 特 区 推 進 事 業 や 居 住 環 境 総 合 整 備 事 業 を 核 と した 防 災 まちづくり 新 庁 舎 整 備 と 連 動 した 現 庁 舎 地 周 辺 整 備 など 今 後 投 資 的 経 費 の 増 大 が 見 込 まれます 26 年 度 予 算 は 公 共 施 設 の 大 規 模 改 修 や 学 校 改 築 など 喫 緊 な 需 要 に 的 確 に 応 えると ともに 防 災 減 災 の 拠 点 となる 新 庁 舎 整 備 を 契 機 として 将 来 の 安 全 安 心 都 市 文 化 と 賑 わいのあるまちを 目 指 した 積 極 的 な 街 づくりを 展 開 していく その 第 一 歩 となる 予 算 とし て 編 成 しました この 好 機 を 逃 すことなく 住 みたい 訪 れたい まちづくりを 積 極 的 に 推 進 していくため には 今 後 とも 国 や 都 の 補 助 金 を 着 実 に 確 保 するとともに 起 債 や 基 金 の 積 極 的 かつ 有 効 な 活 用 により 財 源 を 調 達 することで 区 の 一 般 行 政 経 費 を 圧 迫 しない 財 政 運 営 に 努 めつ つ 高 水 準 で 推 移 する 投 資 的 経 費 への 備 えとして 各 種 基 金 への 積 極 的 な 積 み 増 しを 可 能 な 限 り 行 っていきます 増 大 した 投 資 的 経 費 への 対 処 ( 単 位 : 億 円 ) 26 予 算 25 予 算 増 減 増 大 した 投 資 的 経 費 への 対 処 投 資 的 経 費 投 資 的 経 費 の 増 加 +38 歳 出 事 業 費 将 来 の 投 資 的 経 費 のための 基 金 積 立 11 人 件 費 歳 入 特 定 財 源 投 資 的 経 費 への 国 都 補 助 金 等 4 投 資 的 経 費 への 基 金 繰 入 金 7 投 資 的 経 費 への 起 債 発 行 +26 一 般 財 源 投 資 的 経 費 への 一 般 財 源

22 当 面 する3か 年 の 投 資 的 経 費 の 概 算 想 定 事 項 26 年 度 予 算 27~28 年 度 概 算 見 通 し 515 単 位 : 億 円 3 年 度 計 備 考 (3 年 間 の 事 業 費 ) 投 資 的 経 費 合 計 新 庁 舎 床 購 入 費 除 く( 四 定 補 正 131.5) 新 ホール 年 度 に 購 入 予 定 区 民 センター 生 活 産 業 プラ ザ 現 庁 舎 新 庁 舎 周 辺 区 道 中 池 袋 公 園 西 部 地 域 複 合 施 設 一 時 凍 結 区 民 ひろば 豊 成 2 目 白 2 等 勤 労 福 祉 会 館 保 育 園 改 築 改 修 私 立 保 育 所 駒 込 一 保 3 東 池 一 保 4 私 立 補 助 4 特 別 養 護 老 人 ホーム 等 旧 千 川 小 4 旧 中 央 図 書 館 2 南 池 老 健 2 造 幣 局 跡 地 南 池 袋 二 丁 目 再 開 発 東 池 袋 五 丁 目 再 開 発 居 住 環 境 総 合 整 備 事 業 6 19 東 池 袋 四 五 18 上 池 袋 6 池 袋 本 町 25 不 燃 化 特 区 推 進 事 業 等 東 池 袋 四 五 3 上 池 袋 池 袋 本 町 号 線 5 81 号 線 3 等 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 道 路 ( 現 庁 舎 新 庁 舎 周 辺 号 線 5 区 道 4 特 定 区 道 2 バリ を 除 く) フリ2 西 口 エスカレータ4 等 橋 梁 の 修 繕 架 替 大 塚 駅 自 転 車 駐 車 場 公 園 ( 中 池 袋 公 園 造 幣 局 南 池 袋 公 園 4 旧 高 田 小 3 旧 千 川 小 跡 地 除 く) 池 本 拡 張 1 学 校 改 築 目 白 小 26 池 袋 三 小 37 池 本 連 携 74 巣 鴨 北 中 8 等 その 他 施 設 建 設 事 業 旧 鈴 木 邸 1 鉄 道 バリフリ2 等 大 規 模 改 修 財 源 内 訳 の 想 定 事 項 投 資 的 経 費 合 計 特 定 財 源 26 年 度 予 算 27~28 年 度 概 算 見 通 し 駒 込 複 合 10 巣 鴨 図 書 館 4 巣 鴨 体 育 館 6 池 袋 図 書 館 4 長 崎 健 康 相 談 所 5 ひろば 長 崎 等 5 ひろば 千 早 3 高 松 二 保 2 三 芳 グランド3 巣 鴨 小 4 高 松 小 3 さくら 小 4 等 四 捨 五 入 による 端 数 調 整 により 合 計 が 一 致 しない 場 合 がある 国 庫 都 支 出 金 等 起 債 基 金 繰 入 金 一 般 財 源 年 度 計 備 考 20

23 10 28 年 度 までの 予 算 の 大 枠 今 後 も28 年 度 にかけて 学 校 改 築 や 橋 梁 の 架 け 替 えなどの 社 会 基 盤 施 設 の 更 新 をはじ め 防 災 まちづくりや 現 庁 舎 地 周 辺 まちづくり 造 幣 局 跡 地 整 備 など 多 くの 施 設 建 設 が 進 むことから 投 資 的 経 費 が 高 い 水 準 で 推 移 することが 想 定 されます 投 資 的 経 費 の 増 大 については 基 金 や 起 債 の 積 極 的 かつ 有 効 な 活 用 などにより 一 般 行 政 経 費 へのしわ 寄 せとならないように 計 画 的 な 対 応 を 図 りますが 歳 入 の 拡 大 に 合 わ せ 機 会 あるごとに 積 極 的 な 基 金 の 積 み 増 しを 行 っていくとともに 民 営 化 や 人 件 費 の 抑 制 事 業 の 総 点 検 などの 取 り 組 みは 今 後 も 引 き 続 き 堅 持 していきます 26~28 年 度 の 予 算 の 大 枠 26 年 度 予 算 27~28 年 度 概 算 見 通 し 3 年 度 計 備 考 歳 入 1,081 2,170 3,251 一 般 財 源 666 1,380 2,046 特 別 区 民 税 消 費 税 交 付 金 年 10 月 から10%に 増 税 を 反 映 特 別 区 交 付 金 法 人 住 民 税 の 一 部 国 税 化 を 反 映 財 調 基 金 繰 入 年 度 に20 億 円 の 剰 余 金 を 想 定 その 他 特 定 財 源 ,205 一 般 事 業 投 資 事 業 分 庁 舎 基 金 繰 入 金 の 計 上 は 省 略 歳 出 1,081 2,170 3,251 義 務 的 経 費 520 1,030 1,550 人 件 費 扶 助 費 公 債 費 一 般 行 政 経 費 ,186 繰 出 金 基 金 積 立 金 計 で 義 務 教 12 億 財 調 28 億 一 般 事 業 投 資 的 経 費 新 庁 舎 5 5 床 購 入 費 用 億 は26 補 正 単 位 : 億 円 21

24 26 年 度 当 初 予 算 と25 年 度 当 初 予 算 の 比 較 ( 単 位 : 百 万 円 ) 区 分 26 年 度 当 初 予 算 A 25 年 度 当 初 予 算 B 前 年 度 との 比 較 A-B 主 な 増 減 要 因 増 減 額 等 一 般 財 源 66,602 62,578 4, % 特 別 区 税 地 方 譲 与 税 利 子 割 交 付 金 配 当 割 交 付 金 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金 地 方 消 費 税 交 付 金 29,763 28,456 1, % 特 別 区 民 税 1,408 特 別 区 たばこ 税 % 自 動 車 重 量 譲 与 税 交 付 金 26 地 方 揮 発 油 譲 与 税 交 付 金 13 利 子 割 交 付 金 112, 配 当 割 交 付 金 % 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金 13 5,146 3,941 1, % 増 税 分 746 歳 入 11 12か 月 分 となるため 歳 特 別 区 財 政 調 整 交 付 金 30,000 27,600 2, % うち 普 通 交 付 金 28,500 26,100 2, % 26 年 度 当 初 予 算 見 込 基 準 財 政 需 要 額 58,300 同 収 入 額 29,800 その 他 の 一 般 財 源 650 1,671 1, % 財 政 調 整 基 金 繰 入 金 987 自 動 車 取 得 税 交 付 金 107 財 産 収 入 71 うち 財 政 調 整 基 金 繰 入 金 % 特 定 財 源 41,484 39,671 1, % 義 務 的 経 費 充 当 21,833 21, % 特 別 区 債 2,587 繰 入 金 611( 公 共 基 金 1,838 義 務 教 基 金 1,110) 国 庫 支 出 金 522( 住 市 総 事 業 地 区 整 備 580) 諸 収 入 278( 公 園 復 旧 費 139) 入 人 件 費 充 当 公 債 費 充 当 扶 助 費 充 当 投 資 的 経 費 充 当 1,348 1, % 1,136 1, % 減 債 基 金 繰 入 金 107 借 換 債 2 生 活 保 護 費 242 私 立 保 育 所 保 育 委 託 助 成 139 障 害 者 自 立 19,350 19, % 支 援 居 宅 介 護 給 付 費 72 目 白 小 学 校 改 築 1,701 居 住 環 境 地 区 整 備 ( 上 池 袋 ) 1,097 11,972 10,508 1, % 池 袋 本 町 地 区 小 中 連 携 校 933 池 袋 第 三 小 学 校 改 築 802 西 部 地 域 複 合 施 設 751 大 塚 駅 自 転 車 駐 車 場 512 一 般 行 政 経 費 充 当 国 民 健 康 保 険 会 計 繰 出 金 220 ( 待 機 児 童 対 策 緊 急 プラン) 小 規 7,678 7, % 模 保 育 運 営 費 等 補 助 146 都 議 会 議 員 選 挙 106 特 定 緊 急 輸 送 道 路 耐 震 診 断 助 成 88 合 計 108, ,248 5, % 義 務 的 経 費 51,975 52, % 歳 人 件 費 公 債 費 扶 助 費 投 資 的 経 費 退 職 手 当 423 職 員 関 係 経 費 ( 給 与 費 共 済 費 ) 87 委 員 等 報 20,820 20, % 酬 39 議 員 報 酬 31 3,294 4, % 元 金 933 利 子 74 私 立 保 育 所 保 育 委 託 助 成 294 生 活 保 護 費 265 障 害 者 自 立 27,860 27, % 支 援 居 宅 介 護 給 付 費 97 17,464 13,655 3, % 目 白 小 学 校 改 築 1,697 居 住 環 境 地 区 整 備 ( 上 池 袋 ) 1,050 池 袋 本 町 地 区 小 中 連 携 校 912 西 部 地 域 複 合 施 設 885 大 塚 駅 自 転 車 駐 車 場 832 池 袋 第 三 小 学 校 改 築 797 出 一 般 行 政 経 費 38,647 36,092 2, % うち 基 金 積 立 金 1,650 1, % 業 務 委 託 料 ( 電 算 管 理 )303 ( 待 機 児 童 対 策 緊 急 プラン) 小 規 模 保 育 運 営 費 等 補 助 258 新 庁 舎 議 会 施 設 整 備 184 図 書 館 業 務 の 電 算 運 営 経 費 145 総 合 防 災 システム 関 係 経 費 141 財 政 調 整 基 金 916 義 務 教 育 施 設 整 備 基 金 600 公 共 施 設 再 構 築 基 金 498 減 債 基 金 104 うち 特 別 会 計 繰 出 金 10,709 10, % 国 保 会 計 9 後 期 高 齢 者 会 計 0 介 護 会 計 127 合 計 108, ,248 5, % 22

25 計 数 表 等 23

26 1 平 成 26 年 度 当 初 予 算 財 政 規 模 区 分 平 成 26 年 度 構 成 比 特 別 区 税 29,762, 自 動 車 重 量 譲 与 税 交 付 金 290, 地 方 揮 発 油 譲 与 税 交 付 金 128, 利 子 割 交 付 金 400, 配 当 割 交 付 金 180, 歳 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金 45, 一 般 会 計 地 方 消 費 税 交 付 金 5,146, 自 動 車 取 得 税 交 付 金 130, 地 方 特 例 交 付 金 110, 特 別 区 交 付 金 30,000, 交 通 安 全 対 策 特 別 交 付 金 31, 入 財 産 収 入 ( 貸 付 料 売 払 収 入 ) 138, 繰 入 金 3,762, 繰 越 金 国 都 支 出 金 26,139, 特 別 区 債 5,336, そ の 他 一 般 財 源 特 定 財 源 6,486, 計 108,086, 歳 人 件 費 20,820, 事 業 費 69,801, 出 投 資 的 経 費 17,464, 計 108,086, 国 民 健 康 保 険 事 業 会 計 30,185, 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 会 計 5,610, 介 護 保 険 事 業 会 計 18,507,607 合 計 162,390,002 24

27 単 位 : 千 円 平 成 25 年 度 構 成 比 増 ( ) 減 伸 率 28,456, ,306, , , , , , , , , , , ,941, ,205, , , , , ,600, ,400, , , , ,360, ,598, ,620, , ,750, ,586, ,191, , ,248, ,837, ,568, , ,025, ,776, ,655, ,809, ,248, ,837, ,764, , ,444, , ,510, , ,968,204 7,421,

28 2 平 成 26 年 度 一 般 会 計 当 初 予 算 歳 出 財 源 別 経 費 別 前 年 度 比 較 予 算 額 財 款 平 成 26 年 度 構 成 比 % 平 成 25 年 度 構 成 比 % 増 ( ) 減 伸 率 % 特 平 成 26 年 度 構 成 % 議 会 費 849, , , 総 務 費 14,000, ,278, , ,804, 福 祉 費 41,667, ,823, ,843, ,507, 衛 生 費 3,416, ,189, , , 清 掃 環 境 費 4,042, ,188, , , 都 市 整 備 費 7,416, ,939, ,522, ,978, 土 木 費 5,886, ,734, ,151, ,137, 文 化 商 工 費 3,628, ,952, , , 教 育 費 11,299, ,429, ,870, ,633, 公 債 費 3,293, ,290, , ,135, 諸 支 出 金 12,435, ,557, , ,304, 予 備 費 150, , 歳 出 合 計 108,086, ,248, ,837, ,484, 経 款 人 件 費 事 平 成 26 年 度 構 成 % 平 成 25 年 度 構 成 % 増 ( ) 減 伸 率 % 平 成 26 年 度 構 成 % 議 会 費 612, , , , 総 務 費 6,995, ,538, , ,937, 福 祉 費 7,236, ,147, , ,886, 衛 生 費 934, , , ,481, 清 掃 環 境 費 1,248, ,277, , ,794, 都 市 整 備 費 731, , , ,078, 土 木 費 896, , , ,488, 文 化 商 工 費 587, , , ,111, 教 育 費 1,578, ,725, , ,907, 公 債 費 3,293, 諸 支 出 金 12,435, 予 備 費 150, 歳 出 合 計 20,820, ,568, , ,801,

29 単 位 : 千 円 源 別 定 財 源 一 般 財 源 平 成 25 年 度 構 成 % 増 ( ) 減 伸 率 % 平 成 26 年 度 構 成 % 平 成 25 年 度 構 成 % 増 ( ) 減 伸 率 % , , , ,751, , ,195, ,527, ,668, ,301, , ,160, ,522, ,638, , , ,628, ,379, , , , ,533, ,599, , ,620, ,641, ,437, ,319, , ,810, , ,749, ,924, , , , ,942, ,463, , ,249, ,384, ,665, ,179, , ,026, , ,158, ,264, ,105, ,023, , ,131, ,533, , , , ,670, ,813, ,602, ,577, ,024, 費 別 業 費 投 資 的 経 費 平 成 25 年 度 構 成 % 増 ( ) 減 伸 率 % 平 成 26 年 度 構 成 % 平 成 25 年 度 構 成 % 増 ( ) 減 伸 率 % 52, , ,195, , ,067, ,543, , ,605, ,280, ,544, ,070, , ,274, , ,911, , ,164, , ,607, ,052, ,445, ,335, , ,502, ,454, ,047, ,012, , , , , ,474, , ,812, ,228, ,584, ,290, , ,557, , , ,025, ,776, ,464, ,655, ,809,

30 3 豊 島 区 一 般 会 計 予 算 財 源 別 予 算 額 の 推 移 当 初 予 算 額 財 源 内 訳 年 度 特 定 財 源 一 般 財 源 伸 び 率 伸 び 率 構 成 比 伸 び 率 構 成 比 千 円 千 円 千 円 元 73,554, % 19,786, % 26.9% 53,768, % 73.1% 2 79,507, % 20,248, % 25.5% 59,258, % 74.5% 3 92,038, % 24,326, % 26.4% 67,712, % 73.6% 4 103,193, % 28,496, % 27.6% 74,696, % 72.4% 5 104,465, % 29,036, % 27.8% 75,428, % 72.2% 6 91,952, % 28,322, % 30.8% 63,630, % 69.2% 7 96,377, % 31,075, % 32.2% 65,302, % 67.8% 8 93,856, % 30,012, % 32.0% 63,843, % 68.0% 9 93,253, % 30,629, % 32.8% 62,623, % 67.2% ,029, % 40,871, % 39.7% 62,158, % 60.3% 11 98,415, % 36,690, % 37.3% 61,724, % 62.7% 12 96,879, % 32,215, % 33.3% 64,664, % 66.7% 13 94,608, % 30,940, % 32.7% 63,668, % 67.3% 14 90,668, % 27,236, % 30.0% 63,432, % 70.0% 15 88,883, % 27,963, % 31.5% 60,919, % 68.5% 16 87,893, % 26,444, % 30.1% 61,449, % 69.9% 17 86,475, % 26,545, % 30.7% 59,930, % 69.3% 18 86,131, % 24,012, % 27.9% 62,119, % 72.1% 19 89,453, % 25,265, % 28.2% 64,188, % 71.8% 20 89,578, % 23,569, % 26.3% 66,008, % 73.7% 21 89,289, % 25,929, % 29.0% 63,360, % 71.0% 22 95,954, % 33,004, % 34.4% 62,950, % 65.6% ,989, % 40,073, % 38.9% 62,915, % 61.1% 24 99,190, % 36,098, % 36.4% 63,092, % 63.6% ,248, % 39,670, % 38.8% 62,577, % 61.2% ,086, % 41,484, % 38.4% 66,602, % 61.6% 28

31 4 豊 島 区 予 算 総 額 の 推 移 年 度 一 般 会 計 国 民 健 康 保 険 事 業 会 計 老 人 保 健 医 療 会 計 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 会 計 介 護 保 険 事 業 会 計 従 前 居 住 者 対 策 会 計 合 計 伸 び 率 伸 び 率 伸 び 率 伸 び 率 伸 び 率 伸 び 率 伸 び 率 千 円 千 円 千 円 千 円 千 円 千 円 千 円 元 73,554, % 14,426, % 13,784, % 101,765, % 2 79,507, % 14,316, % 14,320, % 5, ,149, % 3 92,038, % 14,248, % 15,256, % 5, % 121,548, % 4 103,193, % 14,673, % 15,857, % 5, % 133,729, % 5 104,465, % 15,282, % 16,255, % 5, % 136,009, % 6 91,952, % 16,157, % 17,546, % 5, % 125,662, % 7 96,377, % 16,664, % 18,852, % 5, % 131,900, % 8 93,856, % 17,364, % 19,360, % 5, % 130,587, % 9 93,253, % 17,979, % 20,835, % 5, % 132,073, % ,029, % 18,073, % 21,823, % 5, % 142,933, % 11 98,415, % 18,603, % 20,994, % 5, % 138,018, % 12 96,879, % 20,124, % 20,640, % 9,173,354 5, % 146,823, % 13 94,608, % 21,079, % 22,648, % 8,911, % 5, % 147,253, % 14 90,668, % 21,475, % 23,435, % 9,252, % 5, % 144,837, % 15 88,883, % 23,544, % 19,165, % 10,624, % 40, % 142,258, % 16 87,893, % 23,501, % 21,255, % 12,104, % 5, % 144,760, % 17 86,475, % 24,711, % 19,729, % 13,449, % 5, % 144,372, % 18 86,131, % 24,805, % 20,348, % 13,210, % 5, % 144,502, % 19 89,453, % 28,351, % 19,032, % 13,819, % 5, % 150,662, % 20 89,578, % 28,999, % 2,475, % 4,634,708 13,952, % 5, % 139,646, % 21 89,289, % 28,857, % 39, % 4,803, % 14,330, % 5, % 137,326, % 22 95,954, % 27,250, % 5, % 5,013, % 14,800, % 5, % 143,031, % ,989, % 28,337, % - 皆 減 5,057, % 15,395, % - 皆 減 151,779, % 24 99,190, % 29,172, % - - 5,432, % 16,803, % ,599, % ,248, % 29,764, % - - 5,444, % 17,510, % ,968, % ,086, % 30,185, % - - 5,610, % 18,507, % ,390, % 29

32 5 平 成 26 年 度 都 区 財 政 調 整 について 平 成 26 年 度 都 区 財 政 調 整 方 針 ( 案 ) 平 成 26 年 度 の 都 区 財 政 調 整 については 下 記 により 行 うものとする 記 第 一 基 準 財 政 収 入 額 1 基 準 財 政 収 入 額 は 各 特 別 区 の 財 政 力 を 合 理 的 に 測 定 する 趣 旨 を 踏 まえながら 過 去 の 実 績 に 基 づく 標 準 算 定 を 行 う 2 算 定 に 当 たっては 社 会 経 済 及 び 税 制 改 正 の 動 向 国 税 の 状 況 等 を 考 慮 しつつ 標 準 徴 収 率 により 算 定 する 第 二 基 準 財 政 需 要 額 1 基 準 財 政 需 要 額 は 特 別 区 がひとしくその 行 うべき 事 務 を 遂 行 することができ るよう 合 理 的 かつ 適 正 な 方 法 により 標 準 算 定 を 行 う 2 特 別 区 における 行 財 政 の 実 態 を 踏 まえ 算 定 方 法 を 見 直 すとともに 各 測 定 単 位 における 数 値 の 増 減 国 都 の 方 針 による 増 減 等 を 見 込 むものとする 第 三 今 後 の 措 置 1 本 方 針 に 基 づき 都 と 特 別 区 及 び 特 別 区 相 互 間 の 財 政 調 整 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 案 及 び 予 算 案 を 平 成 26 年 第 一 回 東 京 都 議 会 定 例 会 に 付 議 するも のとする 2 区 別 の 算 定 は 平 成 26 年 度 測 定 単 位 の 数 値 の 確 認 を 待 って 行 う 30

33

34

35

36 平 成 26 年 度 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 編 集 発 行 平 成 26( 2014) 年 3 月 発 行 豊 島 区 政 策 経 営 部 財 政 課 豊 島 区 東 池 袋 (03) ( 代 表 )

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 豊 島 区 健 全 化 判 断 比 率 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 平 成 25 年 度 豊 島 区 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 平 成 26 年 9 月 豊 島 区 監 査 委 員 目 次 各 会 計 決 算 審 査 意 見 第 1 審 査 の 対 象 1 頁 第

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 一 般 会 計 歳 入 予 算 説 明 書 - 1 - 1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 の 伸 びや 均 等 割 が3,000 円 から3,500

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

予 算 のはなし 予 算 とは 何 ですか? 予 算 の 種 類 と 一 般 会 計 の 予 算 額 について 予 算 とは 1 年 間 に 行 おうとしている 市 の 行 政 の 仕 事 ( 事 業 など)をお 金 で 表 したもので 市 の 活 動 資 金 計 画 のことです 予 算 は お 金

予 算 のはなし 予 算 とは 何 ですか? 予 算 の 種 類 と 一 般 会 計 の 予 算 額 について 予 算 とは 1 年 間 に 行 おうとしている 市 の 行 政 の 仕 事 ( 事 業 など)をお 金 で 表 したもので 市 の 活 動 資 金 計 画 のことです 予 算 は お 金 平 成 27 年 度 美 濃 市 一 般 会 計 当 初 予 算 説 明 資 料 予 算 のはなし 予 算 とは 何 ですか? 予 算 の 種 類 と 一 般 会 計 の 予 算 額 について 予 算 とは 1 年 間 に 行 おうとしている 市 の 行 政 の 仕 事 ( 事 業 など)をお 金 で 表 したもので 市 の 活 動 資 金 計 画 のことです 予 算 は お 金 の 使 い 道 などにより

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

財 政 白 書 平 成 25(2013) 年 9 月 中 央 区 目 次 頁 は じ め に 1 普 通 会 計 決 算 から 見 た 区 財 政 2 1 平 成 24(2012) 年 度 決 算 の 状 況 2 (1) 普 通 会 計 とは 2 (2) 本 区 の 概 況 2 (3) 決 算 の 状 況 3 2 歳 入 から 見 た 区 財 政 4 (1) 歳 入 の 概 況 4 (2) 一 般

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

(5) 公 社 等 外 郭 団 体 の 直 し 公 益 法 人 制 度 改 革 : 平 成 20 年 12 月 に 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 す る 法 律 等 が 施 行 され 既 存 の 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 は 平 成 2

(5) 公 社 等 外 郭 団 体 の 直 し 公 益 法 人 制 度 改 革 : 平 成 20 年 12 月 に 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 す る 法 律 等 が 施 行 され 既 存 の 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 は 平 成 2 新 将 来 に 希 望 の 持 てる 県 づくりに 向 けて 平 成 22 年 3 高 知 県 (5) 公 社 等 外 郭 団 体 の 直 し 公 益 法 人 制 度 改 革 : 平 成 20 年 12 月 に 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 す る 法 律 等 が 施 行 され 既 存 の 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 は 平 成 25 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成 第 1 章 作 成 の 経 緯 と 視 点 1. 作 成 の 経 緯 本 市 では 新 市 建 設 計 画 に 基 づき 公 共 施 設 等 の 整 備 を 進 めてきた 一 方 で 公 共 施 設 の 適 正 配 置 等 に 関 する 基 本 計 画 を 策 定 し 公 共 施 設 の 適 正 配 置 有 効 活 用 に 取 り 組 んできました また 国 から 各 地 方 公 共 団 体 に 対

More information

平成16(2004)年度

平成16(2004)年度 平 成 27(2015) 年 度 入 間 市 の 予 算 生 き 生 きいるま 人 まち 自 然 平 成 27 年 4 月 入 間 市 財 政 課 もくじ 入 間 市 の 予 算 作 成 にあたって 1 平 成 27 年 度 は こんな 事 業 を 進 めます 2 数 字 で 見 る 入 間 市 の 予 算 平 成 27 年 度 予 算 総 額 3 一 般 会 計 4 特 別 会 計 と 企 業 会

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 21 年 度 末 ) 海 南 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 56,936 歳 出 額 A 人 件 費 人 件 費 率 21 年 度 人 24,714,658 実 質 収 支 B B/A ( 参 考 ) 平 成 20 年 度 の 人 件 費 率 210,690

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状 志 木 市 公 共 施 設 等 マネジメント 戦 略 ( 志 木 市 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 ) 平 成 27 年 8 月 志 木 市 目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 の 減 免

More information

Q3. 固 定 資 産 税 の 税 率 は どのように 決 定 したのですか? A3. 今 後 の 収 入 見 込 み 及 び 財 政 需 要 を 可 能 な 限 り 把 握 したうえで 財 源 不 足 額 を 算 出 する 必 要 があると 考 え 中 期 財 政 見 通 しを 作 成 したところ

Q3. 固 定 資 産 税 の 税 率 は どのように 決 定 したのですか? A3. 今 後 の 収 入 見 込 み 及 び 財 政 需 要 を 可 能 な 限 り 把 握 したうえで 財 源 不 足 額 を 算 出 する 必 要 があると 考 え 中 期 財 政 見 通 しを 作 成 したところ 平 成 27 年 12 月 箱 根 町 固 定 資 産 税 の 税 率 改 正 に 関 するQ&A 今 回 の 税 率 改 正 について 質 問 と 回 答 の 形 にまとめましたので ご 覧 ください 質 問 の 区 分 頁 1 固 定 資 産 税 の 税 率 改 正 について (Q1 ~Q5 ) 1~2 2 箱 根 町 の 財 政 状 況 について (Q6 ~Q10) 2~6 3 箱 根 町 のこれまでの

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

新農中政第号

新農中政第号 平 成 25 年 分 の 農 業 所 得 計 算 上 の 留 意 事 項 平 成 2 6 年 1 月 JA 新 潟 中 央 会 この 資 料 の 仕 訳 例 の 科 目 のあとの( )は 消 費 税 の 取 扱 いを 示 す 課 : 課 税 不 : 不 課 税 非 : 非 課 税?: 個 別 内 容 により 判 断 1. 米 の 仮 渡 金 の 入 金 共 計 における 精 算 払 いの 処 理 (1)

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計...

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 島 本 町 公 共 施 設 適 正 化 基 本 方 針 ( 案 ) 平 成 2 月 島 本 町 目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 9

More information

神奈川県西部県有施設等調査報告書

神奈川県西部県有施設等調査報告書 2012/1 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 に 関 する 調 査 報 告 書 251659264 作 成 :みんなの 党 横 浜 市 会 市 会 議 員 大 岩 まさかず 写 真 : 豊 島 区 庁 舎 ( 新 庁 舎 ) 調 査 の 概 要 調 査 概 要 項 目 内 容 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 豊 島 区 では 新 区 庁 舎 の 整 備 にあたり 一 般 財 源 の 負 担

More information

地 方 自 治 法 第 233 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 決 算 に 係 る 主 要 施 策 成 果 説 明 書 を 次 のとおり 提 出 する 平 成 28 年 8 月 29 日 小 布 施 町 長 市 村 良 三

地 方 自 治 法 第 233 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 決 算 に 係 る 主 要 施 策 成 果 説 明 書 を 次 のとおり 提 出 する 平 成 28 年 8 月 29 日 小 布 施 町 長 市 村 良 三 平 成 27 年 度 事 業 実 績 及 び 主 要 施 策 成 果 説 明 書 小 布 施 町 地 方 自 治 法 第 233 条 第 5 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 決 算 に 係 る 主 要 施 策 成 果 説 明 書 を 次 のとおり 提 出 する 平 成 28 年 8 月 29 日 小 布 施 町 長 市 村 良 三 目 次 1.はじめに 1 2. 平 成 27 年 度

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について 江 戸 川 区 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 単 位 = 千 円 ( 参 考 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 24 年 度 の ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) (B/A) 人 件 費 率 26 年 度 680,262 人 234,193,267

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

平成26年度渋谷区の給与・定員管理等について

平成26年度渋谷区の給与・定員管理等について の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 214,665 歳 出 額 A 千 72,276,923 実 質 収 支 千 8,3,724 件 費 B 千 18,568,667 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 24 年 度 の 件 費 率 25.7 27.

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

平 成 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 監 査 委 員 目 次 第 1 審 査 の 対 象 1 第 2 審 査 の 期 間 1 第 3 審 査 の 方 法 1 第 4 審 査 の 結 果 1 第 5 審 査 の 概 要 2 1 決 算 の 総 括

More information

平成21年度予算の概要

平成21年度予算の概要 白 馬 村 キャラクター ヴィクトワール シュヴァルブラン 村 男 Ⅲ 世 表 紙 の 裏 表 紙 裏 白 馬 村 一 般 会 計 平 成 27 年 予 算 の 概 要 はじめに 平 成 26 年 11 月 22 日 に 発 生 しました 長 野 県 神 城 断 層 地 震 により 被 災 された 皆 様 におかれましては 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 村 といたしましては 関 係 機

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員 1 総 括 魚 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 40,272 27,751,216 1,487,094 3,834,368

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

は じ め に 国 は 三 位 一 体 改 革 以 降 の 地 方 財 政 の 衰 退 を 都 市 と 地 方 の 財 政 力 格 差 問 題 にすり 替 え 国 の 審 議 会 等 でことさら 問 題 視 してきました 平 成 26 年 度 税 制 改 正 においては 自 治 体 間 の 財 源

は じ め に 国 は 三 位 一 体 改 革 以 降 の 地 方 財 政 の 衰 退 を 都 市 と 地 方 の 財 政 力 格 差 問 題 にすり 替 え 国 の 審 議 会 等 でことさら 問 題 視 してきました 平 成 26 年 度 税 制 改 正 においては 自 治 体 間 の 財 源 税 源 偏 在 是 正 議 論 についての 特 別 区 の 主 張 ( 平 成 27 年 度 版 ) 平 成 27 年 9 月 特 別 区 長 会 は じ め に 国 は 三 位 一 体 改 革 以 降 の 地 方 財 政 の 衰 退 を 都 市 と 地 方 の 財 政 力 格 差 問 題 にすり 替 え 国 の 審 議 会 等 でことさら 問 題 視 してきました 平 成 26 年 度 税 制 改

More information