Amino Acid Analysys_v2.pptx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Amino Acid Analysys_v2.pptx"

Transcription

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12 - α- α-

13

14

15 ガスリー法とタンデムマス法の原理 ガスリー法 フェニルアラニンの場合 1 枯草菌のフェニルアラニン依存性菌株を培地で培養 2 乾燥濾紙血をパンチアウトしたディスクを培地上に静置 3 濃度既知のフェニルアラニンを含むディスクを対照として静置 4 濾紙血ディスク周囲の菌成長面積からの比例計算でフェニルアラニン含有濃度を判定 8 <2 軽症型症例 治療前 後 正常新生児 標準濾紙血 正常新生児 古典型 治療不良例 単位 mg/dl タンデムマス法 1台目の質量分析計 MS1 で特定の質量数の分子イオンを捕捉した後 断片化によって カルボキシル基 and/or アミノ基がはずれた 特定の質量数のプロダクトイオンを2台目 MS2 で 捉えることで 分子量と化学構造基づいた特異的な定性 定量ができる

16

17

18

19

20 Ile

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32 α-

33

34

35

36

37

38

39 Δ

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56 アロイソロイシンの基準値に関する文献 (Schadewaldt P et al.: Clinical Chemistry 45: , 1999) 古典型 MSUD 症例は明らかに高値 古典型以外の症例では様々なレベルに増加 Plasma L-alloisoleucine > 5 μm is the most specific and most sensitive diagnostic marker for all forms of MSUD. 一般病院からオーダー可能な検査機関 三菱化学メディエンス社 血漿アミノ酸分画 の項目にはアロイソロイシンが含まれている 測定限界 2.0 5,000 μm 開示すべき利益相反はありません

57

58

59

60

61

62

63

64

65

66

67

68 高フェニルアラニン血症と有機酸分析, プテリジン分析 代替異化経路で生じるフェニルケトン類 下図 は尿中有機酸分析で検出される BH4 代謝異常の診断には 血漿 尿 髄液 のプテリジン分析が必要 プテリジン分析結果の解釈 障害部位 Neopterin Biopterin N/B 比 GTPCH 低下 低下 正常 PTPS 上昇 低下 著増 DHPR やや 上昇 上昇 低下 PCD やや 上昇 7-Bが 上昇 やや 低下 出典 新宅治夫 BH4 欠乏症 (悪性高フェニルアラニン血症). 山口清次 (編) タンデムマス スクリーニング ガイドブック. 診断と治療社, 東京, p66-67, 2013.

69

70

71

72

73

74

75

76

77 B 6 E-05 N 5,N 10 -CH 2 -THF + E-04 CH 2 CH 2 S CH 3 HOOC-CH-NH 2 E-07 E-01 ATP HOOC-CH 2 -N(CH 3 ) 2 CH 2 CH 2 S CH 3 HOOC-CH-NH 2 adenosine E-02 HOOC-CH 2 -NH 2 E-06 HOOC-CH 2 -N + (CH 3 ) 3 HOOC-CH 2 -NH-CH 3 NADPH N 5 -CH 3 -THF NADP + CH 2 CH 2 SH HOOC-CH-NH 2 E-03 CH 2 CH 2 S HOOC-CH-NH 2 adenosine adenosine

78

79 CH 2 CH 2 SH CH 2 CH 2 S S CH 2 CH 2 HOOC-CH-NH 2 B 6 (PLP) + E-08 CH 2 OH HOOC-CH-NH 2 HOOC-CH-NH 2 H 2 N-CH-COOH CH 2 CH 2 S CH 2 HOOC-CH-NH 2 H 2 N-CH-COOH B 6 (PLP) + E-09 CH 2 CH 2 OH HOOC-CH-NH 2 E-09 HOOC-C=O CH 2 CH 3 NH 3 CH 2 SH HOOC-CH-NH 2 CH 2 S S CH 2 HOOC-CH-NH 2 H 2 N-HC-COOH

80 CH 3 HOOC-C=O E-16 HOOC-C=O CH 2 SH E-15 CH 2 SH HOOC-CH-NH 2 E-10 O 2 H 2 S E-17 E-17 CH 2 SO 2 H HOOC-CH-NH 2 E-13 CO 2 CH 2 SO 2 H CH 2 -NH 2 E-18 E-11 E-14 (O) HOOC-C=O CH 2 SO 2 H CH 2 SO 3 H CH 2 -NH 2 E-19 O 2 CH 3 HOOC-C=O SO 3 2- SO 3 2- E-12 SO 4 2- O 2 H 2 O 2

81

82

83

84 I/III I/III

85 高メチオニン血症の原因 その他 出典 Mudd SH: Am J Med Genet C 157: 3 32, 2011.

86 高ホモシステイン血症の原因疾患 病態 出典 Refsum H et al.: Clin Chem 50: 3-32, 2004.

87 II

88

89

90

91

92

93

94

95

96

97

98

99 Δ

100

101

102

103

104

105

106

107

108

109 β α γ

110

111 α α α α

112

113

114

115

116

117

118

119

120

121

122

123

124

研修コーナー

研修コーナー l l l l l l l l l l l α α β l µ l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l

More information

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(I)

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(I) κ κ κ κ κ κ μ μ β β β γ α α β β γ α β α α α γ α β β γ μ β β μ μ α ββ β β β β β β β β β β β β β β β β β β γ β μ μ μ μμ μ μ μ μ β β μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ β

More information

O1-1 O1-2 O1-3 O1-4 O1-5 O1-6

O1-1 O1-2 O1-3 O1-4 O1-5 O1-6 O1-1 O1-2 O1-3 O1-4 O1-5 O1-6 O1-7 O1-8 O1-9 O1-10 O1-11 O1-12 O1-13 O1-14 O1-15 O1-16 O1-17 O1-18 O1-19 O1-20 O1-21 O1-22 O1-23 O1-24 O1-25 O1-26 O1-27 O1-28 O1-29 O1-30 O1-31 O1-32 O1-33 O1-34 O1-35

More information

nsg02-13/ky045059301600033210

nsg02-13/ky045059301600033210 φ φ φ φ κ κ α α μ μ α α μ χ et al Neurosci. Res. Trpv J Physiol μ μ α α α β in vivo β β β β β β β β in vitro β γ μ δ μδ δ δ α θ α θ α In Biomechanics at Micro- and Nanoscale Levels, Volume I W W v W

More information

nsg04-28/ky208684356100043077

nsg04-28/ky208684356100043077 δ!!! μ μ μ γ UBE3A Ube3a Ube3a δ !!!! α α α α α α α α α α μ μ α β α β β !!!!!!!! μ! Suncus murinus μ Ω! π μ Ω in vivo! μ μ μ!!! ! in situ! in vivo δ δ !!!!!!!!!! ! in vivo Orexin-Arch Orexin-Arch !!

More information

ochem2_30

ochem2_30 第 30 回 有機化合物の構造決定 (2) NMR NMR NMR 質量分析法 赤外分光法 NMR 1. 質量分析法の原理 1913 Thomson (Proc. R. Soc. Lond. A 1913, 89, 1 26) Thomson Thomson 20 Ne 22 Ne Thomson mv/qb m q v B m/q Thomson 1 EI 法 ( electron ionization,

More information

3/4/8:9 { } { } β β β α β α β β

3/4/8:9 { } { } β β β α β α β β α β : α β β α β α, [ ] [ ] V, [ ] α α β [ ] β 3/4/8:9 3/4/8:9 { } { } β β β α β α β β [] β [] β β β β α ( ( ( ( ( ( [ ] [ ] [ β ] [ α β β ] [ α ( β β ] [ α] [ ( β β ] [] α [ β β ] ( / α α [ β β ] [ ] 3

More information

2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS mmHg X 2 重篤な血管性疾患 表

2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS mmHg X 2 重篤な血管性疾患 表 2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS 4 10 50 160 90mmHg691836.3 X 2 重篤な血管性疾患 表 2 72 73 表 1 腹痛をきたす疾患の緊急度と治療担当診療科による分類 1 2 3 4 5 表 2 3 血管性疾患と炎症性疾患の症状 腹膜刺激症状 表 1 表 3 74 75 表 3 腹膜刺激症状を修飾する因子

More information

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形 AKT活性を抑制するペプチ ド阻害剤の開発 野口 昌幸 北海道大学遺伝子病制御研究所 教授 広村 信 北海道大学遺伝子病制御研究所 ポスドク 岡田 太 北海道大学遺伝子病制御研究所 助手 柳舘 拓也 株式会社ラボ 研究員 ナーゼAKTに結合するタンパク分子を検索し これまで機能の 分からなかったプロトオンコジンTCL1がAKTと結合し AKT の活性化を促す AKT活性補助因子 であることを見い出し

More information

Slide 1

Slide 1 3. 溶解 沈殿反応 天然水の化学組成 大陸地殻表層 (mg kg ) 河川水 (mg kg ) Al 77.4.5 Fe 3.9.4 Ca 9.4 3.4 Na 5.7 5. 8.6.3 Mg 3.5 3.4 Andrews et al. (3) An introduction to Environmental Chemistry 天然水の特徴 天然水の金属イオンは主に岩石の風化により生じる ただし

More information

α α α α α α α α αα α 滴同士が融合し 大きな脂肪滴を形成していた HFC16w では HFC12w と同程度の脂肪が沈着した 細胞だけでなく 線維に置換されていて脂肪沈着の みられない部位が出現していた 図 2H 3 肝臓のアミノ酸分析 1g あたりの肝臓中の総アミノ酸量は いずれの 飼育期間においても HFC 群が有意に低い結果と なった 表

More information

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb )

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb ) Performance rma Tests s for Floor Covering gs 43 EF a C t n L EF a C t n L U E PD U P D E 44 σ b PL bt σ b L P b t 45 46 GBRC Vol.35 No.3 2010.7 なお 摩耗輪のタイプと試験荷重は 製品規格の規定 により選択する 験体表面に滴下して時計皿で覆い 規定時間 24時間な

More information

第6号-2/8)最前線(大矢)

第6号-2/8)最前線(大矢) 最前線 免疫疾患における創薬標的としてのカリウムチャネル 大矢 進 Susumu OHYA 京都薬科大学薬理学分野教授 異なる経路を辿る 1つは マイトジェンシグナル 1 はじめに を活性化し 細胞増殖が促進されるシグナル伝達経 路 図1A 右 であり もう1つはカスパーゼやエ 神 経 筋 の よ う な 興 奮 性 細 胞 で は カ リ ウ ム ンドヌクレアーゼ活性を上昇させ アポトーシスが K

More information

日本皮膚科学会雑誌第120巻第5号

日本皮膚科学会雑誌第120巻第5号 1 2 3 4 5 6 A B 1 2 α β 3 表 1 ClinicalQuestion CQ1 男性型脱毛症にミノキシジルの外用は有用か? (CQ1.1) 男性の男性型脱毛症 (CQ1.2) 女性の男性型脱毛症 CQ2 男性型脱毛症に塩化カルプロニウムの外用は有用か? CQ3 男性型脱毛症に医薬部外品 化粧品の育毛剤の外用は有用か? CQ3.1t- フラバノン CQ3.2 アデノシン CQ3.3

More information

202

202 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 DS =+α log (Spread )+ β DSRate +γlend +δ DEx DS t Spread t 1 DSRate t Lend t DEx DS DEx Spread DS

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb 20 29 29 18 21 29 10 30 31 10 11 12 30 13 10 30 14 11 30 15 12 16 13 17 14 18 15 19 16 20 17 21 18 10 20 29 82 83 84 85 86 87 88 20 10 89 20 12 11 90 20 13 12 91 20 14 13 92 20 14 14 93 15 15 94 15 16

More information

untitled

untitled i ii (1) (1) (2) (1) (3) (1) (1) (2) (1) (3) (1) (1) (2) (1) (3) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (1) (1) (1) (2) (1) (3) (1) (2) (1) (3) (1) (1) (1) (2) (1) (3) (1) (1) (2) (1) (3)

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 ( ) 24 25 26 27 28 29 30 ( ) ( ) ( ) 31 32 ( ) ( ) 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 ) i ii i ii 45 46 47 2 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58

More information

23 15961615 1659 1657 14 1701 1711 1715 11 15 22 15 35 18 22 35 23 17 17 106 1.25 21 27 12 17 420,845 23 32 58.7 32 17 11.4 71.3 17.3 32 13.3 66.4 20.3 17 10,657 k 23 20 12 17 23 17 490,708 420,845 23

More information

1

1 I II II 1 dw = pd = 0 1 U = Q (4.10) 1K (heat capacity) (mole heat capacity) ( dq / d ) = ( du d C = / ) (4.11) du = C d U = C d (4.1) 1 1 du = dq + dw dw = pd dq = du + pd (4.13) p dq = d( U + p ) p (4.14)

More information

感染症学雑誌第77巻第8号

感染症学雑誌第77巻第8号 1 2 µ Streptococcus pneumoniae µ S. pneumoniae µ S. pneumoniae pbp β β pbp1a pbp2x pbp2b pbp mefe ermb pbp pbp1a pbp2x pbp2b pbp pbp pbp pbp 2x pbp1a pbp2x pbp 2b mefe ermb pbp β pbp2x β β β µ µ pbp3 µ

More information

プラズマ核融合学会誌1月【83-2】/講座2-3

プラズマ核融合学会誌1月【83-2】/講座2-3 2.3 Plasma Flow Measurements Spectroscopic Methods KADO Shinichiro author s e-mail: kado@q.t.u-tokyo.ac.jp Czerny-Turner GN: grating normalmn: mount normalfn: facet normal. f L L Fig. 3 μ μ in-situ μ

More information

2

2 2008 No.236 2 4 5 6 7 9 8 11 10 12 [ ESSAY ] MY HOBBY IS RADIO PROGRAMS PRODUCTION 13 85 81 82 83 84 90 85 86 87 88 90 89 91 92 メタボ対策にもってこい 特定健診 特定健診 異常値を早期発見し 早期治療 へ導くための健診でした 異常値になる前にそのリスク対象者を発見して 生活習慣を改善し健康へ導くための健診です

More information

スライド 1

スライド 1 解糖系 (2) 平成 24 年 5 月 7 日生化学 2 ( 病態生化学分野 ) 教授 山縣和也 本日の学習の目標 解糖系の制御機構を理解する 2,3-BPG について理解する 癌と解糖系について理解する エネルギー代謝経路 グリコーゲン グリコーゲン代謝 タンパク質 アミノ酸代謝 トリアシルグリセロール グルコース グルコース 6 リン酸 アミノ酸 脂肪酸 脂質代謝 解糖系 糖新生 β 酸化 乳酸

More information

近畿中国四国農業研究センター研究報告 第7号

近畿中国四国農業研究センター研究報告 第7号 230 C B A D E 50m 558 0 1km (mg L 1 ) T N NO 2 3 N NH 4 N 2.0 0 (a) 2001 1.5 6 20 21 5 1.0 0.5 0.0 2.0 1.5 1.0 0.5 0.0 14:00 17:00 (b) 2001 7 3 4 20:00 23:00 2:00 (h) 5:00 8:00 11:00 10 0 5 10 15

More information

現代物理化学 1-1(4)16.ppt

現代物理化学 1-1(4)16.ppt (pdf) pdf pdf http://www1.doshisha.ac.jp/~bukka/lecture/index.html http://www.doshisha.ac.jp/ Duet -1-1-1 2-a. 1-1-2 EU E = K E + P E + U ΔE K E = 0P E ΔE = ΔU U U = εn ΔU ΔU = Q + W, du = d 'Q + d 'W

More information

untitled

untitled . 96. 99. ( 000 SIC SIC N88 SIC for Windows95 6 6 3 0 . amano No.008 6. 6.. z σ v σ v γ z (6. σ 0 (a (b 6. (b 0 0 0 6. σ σ v σ σ 0 / v σ v γ z σ σ 0 σ v 0γ z σ / σ ν /( ν, ν ( 0 0.5 0.0 0 v sinφ, φ 0 (6.

More information

CVMに基づくNi-Al合金の

CVMに基づくNi-Al合金の CV N-A (-' by T.Koyama ennard-jones fcc α, β, γ, δ β α γ δ = or α, β. γ, δ α β γ ( αβγ w = = k k k ( αβγ w = ( αβγ ( αβγ w = w = ( αβγ w = ( αβγ w = ( αβγ w = ( αβγ w = ( αβγ w = ( βγδ w = = k k k ( αγδ

More information

【資料4】「健康な食事」資料集

【資料4】「健康な食事」資料集 資料 4 日本人の長寿を支える 健康な食事 のあり方に関する検討会 H25.6.24 24 21 60 65 70 75 80 85 90 70.42 73.62 79.55 86.30 34 22 22 (22 ) 1 65 38.8 24.2 (2012) 12.1 2 10 2522 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 15.1 6.1 3.5

More information

本組よこ/根間:文11-029_P377‐408

本組よこ/根間:文11-029_P377‐408 377 378 a b c d 379 p M NH p 380 p 381 a pp b T 382 c S pp p 383 p M M 384 a M b M 385 c M d M e M 386 a M b M a M 387 b M 388 p 389 a b c 390 391 a S H p p b S p 392 a T 393 b S p c S 394 A a b c d 395

More information

T1 T2 T3 T4 350 mm φ21 100 3.5 15wt% 0wt% 3.0 80 2.5 10wt% 60 2.0 5wt% 5wt% 40 1.5 1.0 10wt% 20 15wt% 0.5 0wt% 0 0.0 100 200 300 400 100 200 300 400 [μm] [μm] [%] [] = 0.9 = 0.5 = 0.1 ( =1.0) FDTD p/λ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 薬品分析化学第 8 回 HendersonHasselbalch の式 ( 復習 ) ph 緩衝液 (p 55 ~) 溶液中に共役酸 塩基対が存在しているとき ph p 共役酸 塩基の濃度関係を表す 8 弱酸 HA の平衡式 O H O A において HA H A = mol/l, [A= mol/l とすると O [A より O A A [A となり ph p が導かれる 〇弱酸 HA ( mol/l)

More information

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導対象者の選定と階層化 (1) 保健指導対象者の選定と階層化の基準 1) 基本的考え方生活習慣病の予防を期待できる内臓脂肪症候群 ( メタボリックシンドローム ) の選定及び階層化や 生活習慣病の有病者 予備群を適切に減少させることができたかを的確に評価するために 保健指導対象者の選定及び階層化の標準的な数値基準が必要となる 2) 具体的な選定 階層化の基準 1 内臓脂肪型肥満を伴う場合の選定内臓脂肪蓄積の程度を判定するため

More information

P.3 P.4 P.9 P.11

P.3 P.4 P.9 P.11 MOST is the best! P.3 P.4 P.9 P.11 P. P.6 P.7 P.8 P.19 P.14 1 2 P.14 1 2 12,036 P.14 4 13,40 P.14 3 P.12P.14 P.12P.14 6 P.12 P.1 7 P.1 7 P.1 8 P.1 9 P.16 11 P.12 P.1 P.1 P.16 12 P.16 13 P.16-13 P.12 P.16

More information

研修コーナー

研修コーナー l l l l l l l Department of Obstetrics and Gynecology, Fukui Medical University, Fukui l l l l l l µ l β β l α l µ µ l l l l Department of Obstetrics and Gynecology, Gifu University School of Medicine,

More information

2 FIG. 1: : n FIG. 2: : n (Ch h ) N T B Ch h n(z) = (sin ϵ cos ω(z), sin ϵ sin ω(z), cos ϵ), (1) 1968 Meyer [5] 50 N T B Ch h [4] N T B 10 nm Ch h 1 µ

2 FIG. 1: : n FIG. 2: : n (Ch h ) N T B Ch h n(z) = (sin ϵ cos ω(z), sin ϵ sin ω(z), cos ϵ), (1) 1968 Meyer [5] 50 N T B Ch h [4] N T B 10 nm Ch h 1 µ : (Dated: February 5, 2016), (Ch), (Oblique Helicoidal) (Ch H ), Twist-bend (N T B ) I. (chiral: ) (achiral) (n) (Ch) (N ) 1996 [1] [2] 2013 (N T B ) [3] 2014 [4] (oblique helicoid) 2016 1 29 Electronic

More information

Q2 はどのような構造ですか? A2 LDL の主要構造蛋白はアポ B であり LDL1 粒子につき1 分子存在します 一方 (sd LDL) の構造上の特徴はコレステロール含有量の減少です 粒子径を規定する脂質のコレステロールが少ないため小さく また1 分子のアポ B に対してコレステロールが相対

Q2 はどのような構造ですか? A2 LDL の主要構造蛋白はアポ B であり LDL1 粒子につき1 分子存在します 一方 (sd LDL) の構造上の特徴はコレステロール含有量の減少です 粒子径を規定する脂質のコレステロールが少ないため小さく また1 分子のアポ B に対してコレステロールが相対 Q1 とは何ですか? A1 LDL は比重 1.019~1.063g/ml の幅広いリポ蛋白の集合であり 粒子サイズの異なる幾つかの亜分画より構成されています このうち粒子サイズが小さく 比重の重い LDL を小型高密度 LDL( 英語では (sd LDL)) と言います Austin Krauss らは電気泳動を用いて LDL の平均粒子直径を測定し 直径 25.5nm 以下の sd LDL を主に有する症例をパターン

More information

untitled

untitled 1907(40) 100 100 21 1 1 21 21 21 21 21 1891(M24) 1920(T9)1 2 1932(S7) 1947(S22) 1968(S43)12 2001(H13) 1955(S30) 1 24 9 7 22 43 13 2 100 6 200300t 1896M29 3876 1536 1 15 1907(M7) 11 6 1898(M31) 5 6 2 1912(M45)

More information

第14〜15回 T細胞を介する免疫系.pptx

第14〜15回 T細胞を介する免疫系.pptx MBL CD8 CD4 8.1 8.2 5.20 8.3 8.4 8.5 8.6 8.7 8.8 8.9 8.10 8.18 B7 CD28 CD28 B7 CD28 8.13 2.22 NK Toll(TLR) LBP! LPS dsrna ssrna TLR1/2/6! TLR4 TLR5 TLR3 TLR7/9 CD14! JNK/p38! MyD88! IRAK! TRAF! NFκB! TNF-α

More information

日歯雑誌(H28・8月号)別刷り/ポスターセッション とびら

日歯雑誌(H28・8月号)別刷り/ポスターセッション とびら α P. gingivalis P. gingivalis αsmatgf- VEGF-A α in vitro μ Porphyromonas gingivalis in vitro Porphyromonas gingivalis β β β JBiolChem. μ μ μ β Porphyromonas gingivalis in vitro μ α β α

More information

1 2

1 2 1 2 ECO 3 4 5 6 7 8 全てのゾーンには 新規納入からメンテナンスに至るまで お客様をサポートします 抗菌が要求されます 一般清潔区域 病院内全てのゾーンで生活環境を汚染する菌類からの汚染防止対策として 抗菌フィルター をお勧めします 高度清潔区域 清 潔 区 域 準清潔区域 ① 細菌類 ② 真菌類 酵母類 製 作 ご 提 案 銀 ゼ オライトの 抗 菌 抗 カ ビ の メ カ ニ

More information

千葉テストセンター発行 心理検査カタログ

千葉テストセンター発行 心理検査カタログ 03-3399-0194 03-3399-7082 1 CES-D うつ病 ( 抑うつ状態 ) 自己評価尺度 The Center for Epidemiologic Studies Depression Scale うつ症状 精神健康 原著者 Ben Z.Locke / Dr.Peter Putnam 日本版著者 医学博士 島 悟 に関する検査 1998 年発行 世界的に広く普及しているうつ病のスクリーニングテスト

More information