Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 ios 4% Android 10% Python 1% Design 15% Web(PHP/JS) 10% Windows(C#) 20% 40%

4 最近のボク お嫁 Web/WordPress Windows Android Design Python Python Android 1% 5% Design Windows 5% 15% お嫁 50% Web/WordPress 25% 2013年6月1日 株式会社フォーエンキー調べ 愛 恐

5

6 Simple and Powerfull

7 var obj = {}

8 var obj = { } key: value

9 var f = function() {...}

10 var obj = { } key: function() {...}

11 var obj = { } key: function() {...}

12

13

14 ( _ )

15

16 ( _ )

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34 クラス Class (型) new new new クラスという 型 を元にして オブジェクトを生成するイメージ クラスから生成されたオブジェクトは クラスの特性 属性や機能 を受け継ぐ Object 実体 Object 実体 Object 実体

35

36

37 Object (実体) prototype dele gate dele gate dele gate プロトタイプ オブジェクトは 自分自身が備えて いない特性 機能や属性 を 別の オブジェクトにお願い 委譲 する イメージ この時 お願いする先を プロトタイプ と言ったりします Object 実体 Object 実体 Object 実体

38

39

40 var obja = { name : 'Yome', say : function () { alert('i Love ' + this.name); } }; var objb = { name : 'Nikole' }; objb. proto = obja; var objc = { }; objc. proto = objb; objc.say(); I Love Nicole

41 var obja = { name : 'Yome', say : function () { alert('i Love ' + this.name); } }; var objb = { name : 'Nikole' }; objb. proto = obja; var objc = { }; objc. proto = objb; objc.say();

42

43 objc.say objc. proto.say (objb) objc. proto. proto.say (objb) (obja)

44 objc.name objc. proto.name (objb) objc. proto. proto.say (objb) (obja)

45 obj. proto. proto.property このように 自分に無い機能や属性を proto に入っている別のオブジェクトから 連鎖的に検索して探す仕組みが

46 obj. proto. proto.property

47

48 var obja = { name : 'Yome', say : function () { alert('i Love ' + this.name); } }; var objb = { name : 'Nikole' }; objb. proto = obja; var objc = { name : 'Gyu-Ri' }; objc. proto = obja; objb.say(); // I Love Nikole objc.say(); // I Love Gyu-Ri

49

50 class A extends class B extends class C new obj A of B obj A (delegete) obj B (delegete) obj C (delegete) obj D new new obj B of C obj C of C (delegete) obj F (delegete) obj E

51

52

53

54

55

56

57

58

59 あまり見たコトない obj. proto = otherobj 実は proto は標準仕様ではありません つまり proto が利用できない環境もあり だから通常 このようなことはしません ここまでは プロトタイプチェインの概念を分かり易くするために proto を使って 説明していましたが そういうことなので 実際のプログラミングではこんなことしな いでくださいねー ( )/ では 逆に 良く見かけるのは

60 こっちのが よく見る感じ var o = new Person('Nicole') これは new 演算子とコンストラクタ関数によるオブジェクトの生成です JavaScript におけるオブジェクトの生成で よく見られるコードです このあたりの記法が クラスベースの言語を学んだ方を惑わしますね

61

62 var Person = function (name) { this.name = name; } Person.prototype.sayHello = function() { alert('hello ' + this.name); } var person = new Person('Nicole');

63 var Person = function (name) { } this.name = name; Person.prototype.sayHello = function() { } alert('hello ' + this.name); var person = new Person('Nicole');

64 var Person = function (name) { } this.name = name; Person.prototype.sayHello = function() { } alert('hello ' + this.name); var person = new Person('Nicole');

65

66

67

68

69 var o = new Person('Nicole')

70 var newobj = {}; newobj. proto = Person.prototype; Person.apply(newObj, arguments); return newobj;

71 だいたいこんな意味 var newobj = {}; newobj. proto = Person.prototype; ①新しい Object が 生成される Person.apply(newObj, arguments); return newobj; new する度に 新しい個別のオブジェクトが生成されます

72 だいたいこんな意味 var newobj = {}; newobj. proto = Person.prototype; Person.apply(newObj, arguments); return newobj; ②プロトタイプのオブ ジェクトの参照を代入 コンストラクタ関数の Person.prototype を 新しいオブジェクトの proto に 参照を代入し プロトタイプチェインの仕組みで その特性を継承します

73 だいたいこんな意味 var newobj = {}; ③ newobj を this に コンストラクタ 関数を実行 newobj. proto = Person.prototype; Person.apply(newObj, arguments); return newobj; これによって コンストラクタ関数の中で 生成される新しいオブジェクトを this と して参照し その属性をセットしたりできるようになります

74 だいたいこんな意味 var newobj = {}; newobj. proto = Person.prototype; ④完成した オブジェクトを返す Person.apply(newObj, arguments); return newobj; Person.prototype の特性を継承し コンストラクタ関数によって初期化済みの 新しいオブジェクトが返され プログラムで利用できるようになります

75 newobj. proto = Person.prototype;

76 整理すると proto プロトタイプチェインで 検索されるプロトタイプ オブジェクトが入ってる プロトタイプチェインで 使われるもの prototype プロトタイプオブジェク トの控え室 new とコンストラクタ 関数でオブジェクトを生 成する時に proto に代入される オブジェクト生成で 使われるもの

77

78 (function() { var Person = function (name){ this.name = name; }; Person.prototype.name = 'nanashi'; Person.prototype.say = function () { alert('i Love ' + this.name); }; var p = new Person('Nicole'); alert( p. proto === Person.prototype ); // true p.say(); // I Love Nicole p.name = 'Gyu-Ri'; p.say(); // I Love Gyu-Ri Person.prototype.name = 'Ha-Ra'; p.say(); // I Love Gyu-Ri delete p.name; p.say(); // I Love Ha-Ra })();

79 (function() { var Person = function (name){ this.name = name; }; Person.prototype.name = 'nanashi'; Person.prototype.say = function () { alert('i Love ' + this.name); }; Person: { prototype: { name:'nanashi' say: functon () { } } } var p = new Person('Nicole'); alert( p. proto === Person.prototype ); p.say(); })(); p.name = 'Gyu-Ri'; p.say(); Person.prototype.name = 'Ha-Ra'; p.say(); delete p.name; p.say();

80 (function() { var Person = function (name){ this.name = name; }; Person.prototype.name = 'nanashi'; Person.prototype.say = function () { alert('i Love ' + this.name); }; Person: { prototype: { name:'nanashi' say: functon () { } } } var p = new Person('Nicole'); alert( p. proto === Person.prototype ); p.say(); p.name = 'Gyu-Ri'; p.say(); var newobj = {}; newobj. proto = Person.prototype.name = 'Ha-Ra'; p.say(); delete p.name; p.say(); Person.apply(newObj, ['Nicole']) return newobj; })();

81 (function() { var Person = function (name){ this.name = name; }; Person.prototype.name = 'nanashi'; Person.prototype.say = function () { alert('i Love ' + this.name); }; Person: { prototype: { name:'nanashi' say: functon () { } } } var p = new Person('Nicole'); alert( p. proto === Person.prototype ); p.say(); p.name = 'Gyu-Ri'; p.say(); Person.prototype.name = 'Ha-Ra'; p.say(); delete p.name; p.say(); p: { name:'nicole' proto : } })();

82 (function() { var Person = function (name){ this.name = name; }; Person.prototype.name = 'nanashi'; Person.prototype.say = function () { alert('i Love ' + this.name); }; Person: { prototype: { name:'nanashi' say: functon () { } } } var p = new Person('Nicole'); alert( p. proto === Person.prototype ); p.say(); p.name = 'Gyu-Ri'; p.say(); Person.prototype.name = 'Ha-Ra'; p.say(); delete p.name; p.say(); p: { name:'nicole' proto : } })();

83 (function() { var Person = function (name){ this.name = name; }; Person.prototype.name = 'nanashi'; Person.prototype.say = function () { alert('i Love ' + this.name); }; Person: { prototype: { name:'nanashi' say: functon () { } } } var p = new Person('Nicole'); alert( p. proto === Person.prototype ); p.say(); p.name = 'Gyu-Ri'; p.say(); Person.prototype.name = 'Ha-Ra'; p.say(); delete p.name; p.say(); p: { name:'nicole' proto : } })();

84 (function() { var Person = function (name){ this.name = name; }; Person.prototype.name = 'nanashi'; Person.prototype.say = function () { alert('i Love ' + this.name); }; Person: { prototype: { name:'nanashi' say: functon () { } } } var p = new Person('Nicole'); alert( p. proto === Person.prototype ); p.say(); p.name = 'Gyu-Ri'; p.say(); Person.prototype.name = 'Ha-Ra'; p.say(); delete p.name; p.say(); p: { name:'gyu-ri' proto : } })();

85 (function() { var Person = function (name){ this.name = name; }; Person.prototype.name = 'nanashi'; Person.prototype.say = function () { alert('i Love ' + this.name); }; Person: { prototype: { name:'ha-ra' say: functon () { } } } var p = new Person('Nicole'); alert( p. proto === Person.prototype ); p.say(); p.name = 'Gyu-Ri'; p.say(); Person.prototype.name = 'Ha-Ra'; p.say(); delete p.name; p.say(); p: { name:'gyu-ri' proto : } })();

86 (function() { var Person = function (name){ this.name = name; }; Person.prototype.name = 'nanashi'; Person.prototype.say = function () { alert('i Love ' + this.name); }; Person: { prototype: { name:'ha-ra' say: functon () { } } } var p = new Person('Nicole'); alert( p. proto === Person.prototype ); p.say(); p.name = 'Gyu-Ri'; p.say(); Person.prototype.name = 'Ha-Ra'; p.say(); delete p.name; p.say(); p: { name:'gyu-ri' proto : } })();

87

88

89

90

91

92

93

94

95 function myfunc() { } var name = 'Gyu-Ri'; myfunc(); alert(name); //ReferenceError

96

97 var a = 123; function func1() { var b = 3; function func2() { var c = 2; alert(a * b * c); //738 } } func2(); func1();

98

99

100 var name = 'Nicole'; function myfunc() { var name = 'Gyu-Ri'; } myfunc(); alert(name); //Nicole

101 var name = 'Nicole'; function myfunc() { name = 'Gyu-Ri'; } myfunc(); alert(name); //???

102 var name = 'Nicole'; function myfunc() { } name = 'Gyu-Ri'; myfunc(); alert(name); //Gyu-Ri

103

104 var name = 'Nicole'; function myfunc() { Before var name = 'Gyu-Ri'; }

105 var name = 'Nicole'; function myfunc() { After name = 'Gyu-Ri'; }

106 var name = 'Nicole'; function myfunc() { var name = 'Gyu-Ri'; var }

107

108 var a = 123

109

110 var a = 123; function func1() { var b = 3; function func2() { var c = 2; alert(a * b * c); } } func2(); func1(); //738

111 var a = 123; function func1() { var b = 3; function func2() { var c = 2; alert(a * b * c); } } func2(); func1(); //738

112 var a = 123; function func1() { var b = 3; function func2() { var c = 2; alert(a * b * c); } } func2(); func1(); //738

113 var a = 123; function func1() { var b = 3; function func2() { var c = 2; alert(a * b * c); } } func2(); func1(); //738

114

115

116 scope.a (func2) scope. scope.a (func2) (func1) scope. scope. scope.a (func2) (func1) (global)

117

118 scope. scope. scope.identifier このように 今のスコープに無い識別子を より外側のスコープから連鎖的に 検索して探す仕組みが

119 scope. scope. scope.identifier

120

121 余談ですが 実はJavaScriptでは 変数のスコープでさえも 内部的にはオブジェクトで構成されています 変数オブ ジェクト つまり つまるところ スコープチェイン も プロトタイプチェイン も オブジェクトの特 殊なプロパティによる連結リストによるデータ構造と それを終端に向かって連鎖的に検索するという よく 似たシンプルな仕組みに過ぎません またこれは JavaScriptにおけるスコープの実体が グローバルスコー プ グローバル変数オブジェクト をrootとする 変数オブジェクトが連なった巨大なオブジェクトのツ リー構造だということでもあります 興味深いですね 残念ながら それらのスコープを構成するオブジェクトのツリーを プログラマが直接参照することは出来ま せん しかし プロトタイプチェインを構成する proto 属性については ECMA Script標準では無いも のの 幾つかのブラウザ実装では実際に目にしてその仕組みを確認することが出来ます これを良く観察す ることで スコープチェイン と プロトタイプチェイン 両方の理解を深めることが出来るはずです

122

123

124

125 var a = 123; function func1() { var b = 3; function func2() { var c = 2; alert(a * b * c); } ( ) } func2(); func1(); //738

126

127

128

129 var a = 123; function func1() { var b = 3; function func2() { var c = 2; alert(a * b * c); } } func2(); func1(); //738

130 var a = 123; function func1() { var b = 3; function func2() { var c = 2; alert(a * b * c); } } func2(); func1(); //738

131 var a = 123; function func1() { var b = 3; function func2() { var c = 2; alert(a * b * c); } } func2(); func1(); //738

132

133

134

135 var Person = (function($) { var privatevalue = 'Hogeta'; function Person(name) {... } Person.prototype.xxxx =... return Person; })(jquery);

136

137 function newcounter() { } var i = 0; return function() { } i = i + 1; return i; var c1 = newcounter(); alert(c1()); // 1 alert(c1()); // 2 alert(c1()); // 3

138

139

140

141

142

143

144

145 var Person = function (name) { this.name = name; } Person.prototype.sayHello = function() { alert('hello ' + this.name); } var person = new Person('Nicole'); var btn = $('button#say-hello'); btn.on('click', function() { person.sayhello(); });

146 var Person = function (name) { this.name = name; } Person.prototype.sayHello = function() { alert('hello ' + this.name); } var person = new Person('Nicole'); var btn = $('button'); btn.on('click', person.sayhello);

147

148

149 var obj = { } key: function() {...}

150

151 person sayhello btn.on('click', person.sayhello);

152 sayhello btn.on('click', person.sayhello);

153

154

155 person.sayhello();

156

157 ...nothing... sayhello();

158 function sayhello() { alert('hello ' + this.name); } sayhello(); global object = window 関数のコール時にレシーバーが無い時 this はグローバルオブジェクトになります ブラウザ実装の場合 これは通常 window オブジェクトです

159

160

161

162

163

164

165 call apply bind

166 call(object, arg1, arg2,...) apply(object, Array) bind(object, arg1, arg2,...)

167

168 call apply

169 call の例 function say(arg1, arg2) { alert(arg1 + this.name + arg2); } var person = new Person('Nicole'); say.call(person, 'Hello ', ' chan'); person を this として実行 call の第1引数が this に 第2引数以降の引数が say関数の引数に

170 apply の例 function say(arg1, arg2) { alert(arg1 + this.name + arg2); } var person = new Person('Nicole'); say.apply(person, ['Hello ', ' chan']); person を this として実行 call の第1引数が this に 第2引数の 配列の内容が say関数の引数になる 引数の渡し方以外は call と同じ

171 var p1 = { name: 'Gyu-Ri', say: function (arg1, arg2) { alert(arg1 + this.name + arg2); } }; var person = new Person('Nicole'); p1.say.call(person, 'Hello ', ' chan');

172 var p1 = { name: 'Gyu-Ri', say: function (arg1, arg2) { alert(arg1 + this.name + arg2); } }; var person = new Person('Nicole'); p1.say.call(person, 'Hello ', ' chan');

173 bind

174 function say(arg1, arg2) { alert(arg1 + this.name + arg2); } var person = new Person('Nicole'); var say2 = say.bind(person); say2('hello ', ' chan');

175 bind

176 var Person = function (name) { this.name = name; } Person.prototype.sayHello = function() { alert('hello ' + this.name); } var person = new Person('Nicole'); var btn = $('button'); btn.on('click', person.sayhello);

177 var Person = function (name) { this.name = name; } Person.prototype.sayHello = function() { alert('hello ' + this.name); } var person = new Person('Nicole'); var btn = $('button'); btn.on('click', person.sayhello.bind(person));

178 apply

179 // this function bind (self, func) { return function () { return func.apply(self, arguments); }; } // function Person (name) { this.name = name; this.say = bind(this, this.say); } Person.prototype.say = function (prefix) { alert(prefix + this.name); } // var person = new Person('Nicole'); // nicole.say('i Love '); // I Love Nicole // OK settimeout(person.say.bind(null, 'I Just Realy Love to '), 2000);

180

181

182

183

184

185

186

187

188

189

190

191 var obj = {}

192

193 @yuka2py

194

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 12 回目クラス 今日の講義で学ぶ内容 クラスとは クラスの宣言と利用 クラスの応用 クラス クラスとは 異なる複数の型の変数を内部にもつ型です 直観的に表現すると int 型や double 型は 1 1 つの値を管理できます int 型の変数 配列型は 2 5 8 6 3 7 同じ型の複数の変数を管理できます 配列型の変数 ( 配列変数 ) クラスは double

More information

プログラミング基礎I(再)

プログラミング基礎I(再) 山元進 クラスとは クラスの宣言 オブジェクトの作成 クラスのメンバー フィールド 変数 配列 メソッド メソッドとは メソッドの引数 戻り値 変数の型を拡張したもの 例えば車のデータベース 車のメーカー 車種 登録番号などのデータ データベースの操作 ( 新規データのボタンなど ) プログラムで使う部品の仕様書 そのクラスのオブジェクトを作ると初めて部品になる 継承 などの仕組みにより カスタマイズが安全

More information

Microsoft PowerPoint - chap10_OOP.ppt

Microsoft PowerPoint - chap10_OOP.ppt プログラミング講義 Chapter 10: オブジェクト指向プログラミング (Object-Oriented Programming=OOP) の入り口の入り口の入り口 秋山英三 F1027 1 例 : 部屋のデータを扱う // Test.java の内容 public class Test { public static void main(string[] args) { double length1,

More information

Microsoft PowerPoint ppt

Microsoft PowerPoint ppt 基礎演習 3 C 言語の基礎 (5) 第 05 回 (20 年 07 月 07 日 ) メモリとポインタの概念 ビットとバイト 計算機内部では データは2 進数で保存している 計算機は メモリにデータを蓄えている bit 1bit 0 もしくは 1 のどちらかを保存 byte 1byte 1bitが8つ集まっている byte が メモリの基本単位として使用される メモリとアドレス メモリは 1byte

More information

javascript key

javascript key Associate Professor Department of International Social Studies KYOAI GAKUEN UNIVERSITY Email: ogashiwa@c.kyoai.ac.jp, ogashiwa@wide.ad.jp sample

More information

Java言語 第1回

Java言語 第1回 Java 言語 第 2 回簡単な Java プログラムの作成と実行 知的情報システム工学科 久保川淳司 kubokawa@me.it-hiroshima.ac.jp 簡単な Java プログラム Java プログラムのファイル名 Java プログラムのファイル名命名ルール ファイル名とクラス名は同じでなければならない HelloJava.java public class HelloJava { public

More information

ARC Automatic Reference Counting clang 新しいコンパイラ LLVMプロジェクト (http://llvm.org/) のコンパイラ C Objective-C C++ の効率的なコードを生成 オプションなどは gcc とほぼ共通 Apple社独自の拡張機能を実現 ARC ブロックオブジェクトなど ARCを利用するには clang が必須 コンパイルオプションに

More information

CodeGear Developer Camp

CodeGear Developer Camp T4 PHP チュートリアルセッション はじめての Delphi for PHP CodeGear エヴァンジェリスト高橋智宏 1 アジェンダ ハンズオントレーニングに必要なもの Delphi for PHP V2.0 の環境設定 VCL for PHP の基本的な動作を確認 フォトギャラリの製作 マスターページ 画像アップロード カスタムコンポーネントの導入 など 2 ハンズオントレーニングに必要なもの

More information

16 コピー

16 コピー STAC STAR STAC STAR AS1.0 AS2.0 Sample URL http://stacstar.jp/hand_transfer/ Archive handtransfer.zip File ActionScript 1.0 Flash Player 8 Flash 8 4 5 発案 デザイン αビデオを使った画面遷移 HTML と違い Flash は画面の遷移がシームレスに

More information

Java知識テスト問題

Java知識テスト問題 Java 知識テスト SDAS プログラマ(Java 編 ) 運営事務局 このテストは J2EE プログラマとしての Java の知識を評価するものです 問題は 30 問, テスト時間は J2EE 知識テストとあわせて 90 分です 問題は全て択一式です 選択肢から 1 つだけ選択してください 資料の閲覧は禁止です テストが終わり次第 答案用紙を提出していただいてかまいません テスト終了後, 本テストの内容を他の方に話さないでください

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅱ 3 回目クラスの機能 (1) アクセス制限 オーバーロード課題 確認 問題次の各文は正しいか誤っているか答えなさい (1) クラスの private メンバは そのクラスからのみアクセス可能なメンバである (2) 一般に クラスのフィールドはどこからでもアクセスできるように public メンバで宣言すべきである (3) クラスは private メンバと public

More information

C#の基本

C#の基本 C# の基本 ~ 開発環境の使い方 ~ C# とは プログラミング言語のひとつであり C C++ Java 等に並ぶ代表的な言語の一つである 容易に GUI( グラフィックやボタンとの連携ができる ) プログラミングが可能である メモリ管理等の煩雑な操作が必要なく 比較的初心者向きの言語である C# の利点 C C++ に比べて メモリ管理が必要ない GUIが作りやすい Javaに比べて コードの制限が少ない

More information

前ページからの続き // テキストボックス02 id 属性で取得 // id 属性で取得する場合は一意に決まるので 何番目かの指定は不要 var textbox02elem = document.getelementbyid("text_box02_id"); if ("001" == statee

前ページからの続き // テキストボックス02 id 属性で取得 // id 属性で取得する場合は一意に決まるので 何番目かの指定は不要 var textbox02elem = document.getelementbyid(text_box02_id); if (001 == statee 全体のヒント 1. テキストボックスの制御 1.1. 日付入力日付の入力ボックスは フォーカスが入った時にスラッショを消し フォーカスが他の項目等に移るとスラッシュが加わるようにする オンフォーカス 20100101 オフフォーカス 2010/01/01 1.1.1 オンフォーカス時にスラッシュを消す入力項目のスラッシュを消すには include/function.js ファイル内の var delslash

More information

プログラミング入門1

プログラミング入門1 プログラミング入門 2 第 4 回クラスとインスタンス (2) クラスとインスタンスの詳細 テーマ : クラスとインスタンス (2) インスタンス生成とその利用 ( 詳細 ) インスタンス ( 実体 ) と参照 メソッドの参照呼び インスタンスを生成するメソッド インスタンスを要素に持つ配列 本日の主な題材 2 つの MyCircle 変数にインスタンスを代入して インスタンスフィールドを変更してみよ

More information

- i - org.t_engine.tenet.core.coreerrormessageexception org.t_engine.tenet.core Class CoreErrorMessageException java.lang.object +-java.lang.throwable +-java.lang.exception +-org.t_engine.tenet.core.coreexception

More information

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String 目次 1.SqlCtl クラスリファレンス 2 (1)Connect() メソッド 2 (2)DisConnect() メソッド 3 (3)Commit() メソッド 3 (4)Rollback() メソッド 4 2.SqlStm クラスリファレンス 5 (1)Prepare() メソッド 5 (2)Execute() メソッド 6 (3)Release() メソッド 6 (4)Immediate()

More information

第2回講義

第2回講義 オブジェクト指向概論 第 2 講 クラスとカプセル化 立命館大学 情報理工学部 黄宏軒 1 オブジェクト指向の重要な概念 n クラス q 同じようなオブジェクトを まとめて 考える n 継承 ( インヘリタンス ) q 複数のクラスの 共通部分をまとめる n ポリモーフィズム ( 多態性 ) q 呼び出す側を 共通化 する n 複雑なものを簡単に 2 2.1 クラスとは何か n 類似のオブジェクトを

More information

Microsoft PowerPoint - algo ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - algo ppt [互換モード] ( 復習 ) アルゴリズムとは アルゴリズム概論 - 探索 () - アルゴリズム 問題を解くための曖昧さのない手順 与えられた問題を解くための機械的操作からなる有限の手続き 機械的操作 : 単純な演算, 代入, 比較など 安本慶一 yasumoto[at]is.naist.jp プログラムとの違い プログラムはアルゴリズムをプログラミング言語で表現したもの アルゴリズムは自然言語でも, プログラミング言語でも表現できる

More information

プログラムの基本構成

プログラムの基本構成 Java 入門 この 2 回 ( 今回と次回 ) が勝負だ! プログラムは自転車の練習と同じだ! 今日の予定先ず プログラムの構造を学び (p.2~6) jcpad でプログラム ( 計算機実習室 ) 戻ってきてプログラムの解読手書きプログラムを TA にみてもらい OK の出た人は計算機実習室でプログラム作成し実行実行結果を TA がチェックして帰り プログラムの基本構成 Step1: 入力 Step2:

More information

untitled

untitled 146,650 168,577 116,665 122,915 22,420 23,100 7,564 22,562 140,317 166,252 133,581 158,677 186 376 204 257 5,594 6,167 750 775 6,333 2,325 298 88 5,358 756 1,273 1,657 - - 23,905 23,923 1,749 489 1,309

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ソフトウェア演習 B GUI を持つ Java プログラムの 設計と実装 4.1 例題 :GUI を持った電卓を作ろう プロジェクトCalculator パッケージ名 :example ソースファイル : Calculator.java GUI.java EventProcessor.java 2 4.2 GUI とイベント処理 GUI の構成 :Swing GUI の場合 フレーム JFrame:

More information

JavaScript演習

JavaScript演習 JavaScript 入 門 1 JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 ( 実 際 は,HTMLファイル 内 or 外 部 ファイル として

More information

Functional Programming

Functional Programming PROGRAMMING IN HASKELL プログラミング Haskell Chapter 7 - Higher-Order Functions 高階関数 愛知県立大学情報科学部計算機言語論 ( 山本晋一郎 大久保弘崇 2013 年 ) 講義資料オリジナルは http://www.cs.nott.ac.uk/~gmh/book.html を参照のこと 0 Introduction カリー化により

More information

JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能

JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 JavaScript 入 門 1 JavaScript( 言 語 )とは 情 報 システムのプログラミング ソースコード 記 述, 外 部 ファイル 保 存, コンパイル,テスト,デバッグ... 大 変 な 作 業 もっと 手 軽 なプログラミング 特 別 な 言 語 処 理 系 は 不 要! Webブラウザだけで 実 行 可 能 ( 実 際 は,HTMLファイル 内 or 外 部 ファイル として

More information

編集する ファイルを開く マイクロデータの設定を行うファイルまたはファイルを開きます 開かれたファイルは編集画面に表示されて ブラウザ表示した時のプレビューも同時に表示されます HTML ファイルの選択 編集する ファイルを開くためにメインメニューから ファイル 開く を選びます ファイル選択ダイア

編集する ファイルを開く マイクロデータの設定を行うファイルまたはファイルを開きます 開かれたファイルは編集画面に表示されて ブラウザ表示した時のプレビューも同時に表示されます HTML ファイルの選択 編集する ファイルを開くためにメインメニューから ファイル 開く を選びます ファイル選択ダイア 基本操作編 編集するファイルを開く... ファイルの選択... 各パネルの表示非表示... マイクロデータ : の編集... 編集するテキストの選択... 適用するテキストの選択... アイテムタイプの選択... アイテムタイプの検索... よく使うアイテムタイプの登録... よく使うアイテムタイプの削除... 定型セットの登録... 定型セットの削除... 定型セット内のアイテムタイプの削除...

More information

Cisco CSS HTTP キープアライブと ColdFusion サーバの連携

Cisco CSS HTTP キープアライブと ColdFusion サーバの連携 Cisco CSS 11000 HTTP キープアライブと ColdFusion サーバの連携 目次 概要 HTTP ヘッダーについて HTTP HEAD メソッドと HTTP GET メソッドの違いについて ColdFusion サーバの HTTP キープアライブへの応答方法 CSS 11000 で認識される HTTP キープアライブ応答もう 1 つのキープアライブ URI と ColdFusion

More information

また 初期化について 以下のサンプルコードのように指定すれば 定義時に値を代入できます * オマケ配列は同名で複数個の箱を用意出来ます 同名ではありますが それぞれは別々の個体であるわけです また この複数個の変数は メモリ上に連続で確保されます 2. 文字と文字列 C 言語では文字と文字列は異なる

また 初期化について 以下のサンプルコードのように指定すれば 定義時に値を代入できます * オマケ配列は同名で複数個の箱を用意出来ます 同名ではありますが それぞれは別々の個体であるわけです また この複数個の変数は メモリ上に連続で確保されます 2. 文字と文字列 C 言語では文字と文字列は異なる 第 4 回 C 言語講座 1. 配列についていままで 変数は1 個ずつ指定してました が 同名で たくさん必要なときもあるかもしれませんね 例えば 複数人の点数だけを格納するときとか このときは 配列が便利なわけです それぞれを添字によって区別しながら扱えるという便利なものです というわけで サンプルコード %.2lf で小数点以下 2 桁表示を示しています定義時は個数を指定します が その後は []

More information

Mobile Access簡易設定ガイド

Mobile Access簡易設定ガイド Mobile Access Software Blade 設定ガイド チェック ポイント ソフトウェア テクノロジーズ ( 株 ) アジェンダ 1 SSL VPN ポータルの設定 2 3 4 Web アプリケーションの追加 Check Point Mobile for iphone/android の設定 Check Point Mobile for iphone/android の利用 2 変更履歴

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 2 回目 ようこそ Java へ 今日の講義で学ぶ内容 画面へのメッセージの表示 文字や文字列 数値を表現するリテラル 制御コードを表すエスケープシーケンス 画面出力の基本形 ソースファイル名 : クラス名.java class クラス名 System.out.println(" ここに出力したい文字列 1 行目 "); System.out.println(" ここに出力したい文字列

More information

2017年COM実験_JavaScript演習資料

2017年COM実験_JavaScript演習資料 第 4 回 COM 実験 JavaScript 演習 2017 年 6 月 15 日 ( 木 ) 山口高平 はじめに 開発環境の準備 JavaScriptの復習 演習問題の概要 演習問題 1 演習問題 2 演習問題 3 演習問題 4 演習問題 5 レポート課題の説明 目次 はじめに 演習を通じて HTML と JavaScript の理解を深めてもらいます HTML, CSS, JavaScript

More information

毎日の勉学に励んでください カリキュラムの特徴 私たちの情報工学科の英語名は Department of Computer Science and Systems Engineering です この英語名からわかるように 私たちの情報工学科では コンピュータ自体だけを学ぶのでは なく コンピュータを核にした情報システムについても学びます したがって コンピュータのハー ドウエアとソフトウェアに関する理論と技術の他に

More information

design_pattern.key

design_pattern.key #include void init(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] = i; void mul10(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] *= 10; void dispary(int* ary, int size)

More information

- 111 -

- 111 - - 110 - - 111 - - 112 - - 113 - - 114 - - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - - 121 - - 122 - - 123 - - 124 - - 125 - - 126 - - 127 - - 128 - - 129 - - 130 - - 131 - - 132 - - 133 - - 134 - -

More information

300 10

300 10 300 10 16 1695 4 2 44 7 3 1 2 2 1869 11 192210 506.75ha 3 (1594) (1596) 16 17 7 1630 2 14 1637 16 17 4 1664 5 6 1678 6 1678 6 3 8 16954 8 (1758) 7 (1770) 17 2 (1745) 2 (1765) 4 11 11 10 12 1 12 12 12 2

More information

untitled

untitled 2 23 3 28 10 12 1 2 3 18 6 1 1 2 9 9 5 22 1 22 10 2 100 9 9 9 1 11 2,300 22 10 8 90 5 80 90 100 5,000 100 90 5 90 8 90 13 1 22 20 / 14 / 10 / 1 13 80 8 80 80 7 8 13 80 7 90 2 200 300 3 4 10 1 1 90 5 90

More information

100 26331 26331 7,082ha(6.9% 9,027ha(8.8) 903ha(0.9%) 1,2292.5% 5,45711.2% 2,916(6.0%) 80,622ha79.0 4,507ha4.4% 18,277(37.4) 2949 (42.9% ( ) !! 1008940 (03)3581-4111 http://www.mof.go.jp/ 0608579

More information

2 3 2

2 3 2 1 2 3 2 ha ha ha 3 4 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 5 5 ( ) ( ) 3 ( ) ( ),,, 5 6 7 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 6 36.3% ( ) 8 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 3 5 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( )

More information

14 12 ( 17 4 2 ) 2004

14 12 ( 17 4 2 ) 2004 14 12 ( 17 4 2 ) 2004 1 4,700 1980 1,757 1,150 25,000ha 6,000ha 10 10 10 2 1981 56 90 4,700 1980 1,757 1,150 2003 187,614 96,940 51.7 17 102,128 54.7 2004 545 76 14 2004 4 13 49.1 1981 84,638 38,272 17,570

More information

第1 予算編成の基本的な考え方

第1 予算編成の基本的な考え方 - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - ) () (

More information

0

0 ... 1... 2... 3... 5... 10... 13... 15... 19... 22... 24... 26... 27 0 0 1 2 H13 12 3 4 H21 15.7 5 29.8 10 1 6 4 1 10 1 50,284 48,834 46,185 41,056 33,892 26,726 7 8 9 1012 10 11 12 136ha 80.7ha 13 14

More information

untitled

untitled 1,985ha 41.5 2,799ha 58.5 4,784ha 100.0 3 14,210 0 0.0 27 57,590 37,140 64.5 3 1,800 930 51.7 6 1,150 1,150 31.0 39 77,310 39,220 50.7 34 8-3 34 8-4 52 1-6 52 2-3 53 1-6 56 1-2 56 1 18 12 17 30 50

More information

9 5 1 9 30 17 10 1 21 30 18 10 1 22 30 18 10 1 20 30 16 10 1 20 30 31 16 60 9 63 9 65 9 3 14 1 2 3 4 19 10 1 5,600 20,000 21,500 10 10 1,540 1,540 950 950 178 15 5,329 19 1,900 200 19 12 1 200 3,429

More information

0.表紙

0.表紙 60 10 11 11 11,600 36,500 10,500 7,900 +1,500+1,500+9,000+18,0003,70041,600 12 3.84ha 3,100 3,100 4,400 2,785 5,000 50 70 3,500 3,500 2,600 30 2,600 45 3,375 40 4,500 20 2,000 12 1,500 12 2,300 7,500

More information

1 4 8 19 65 87 108 132 142 156 - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - 30-19 - - 20 - ( ) - 21 - - 22 - - 23 - - 24 -

More information

,

, 34 29 5 29 6 29 7 30 28 26 1 1-71 - , - 72 - 27 3 1, - 73 - 5811 5821 5822 5831 58 2 5841 5851 5861 5862 5863 5864 5892 5896 5897 5898 5891 5895 7711 622 6311 6312 6314 6324 6032 6033 7611 7621 7623 7624

More information

-2-

-2- -1- -2- -3-24 32ha 13-4- 30-5- -6- -7- 100-8- 20 20 100-9- 100-10- 100 100-11- -12-30 -13- 10-14- 52 71 59-15- 30-16- -17- -18- 31 31-19- -20- 47 52 71 29 41 59 306 88 348-21- -22- -23- -24- 12-25- 1,300

More information

総務委員会会議録

総務委員会会議録 29 28 29 29 () 121 1 111 11928 3 () () () () 11928 3 1,320 32,7897,000 () 1 23725,000 9 1,320 313 2,7897,000 2 2 2 5.5 16 15200 31 29 2931 3110 21 21 5 6 8,2195,000 2134,1097,000 1,320 32,7897,000 31 ()

More information

- 8 -. 1 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)

- 8 -. 1 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) - 7 - (1) (2).. ha 43 ( (1) ( ) (2).. 18 11 30 43 (1).. (2).. 0.5. () () A) B) C) - 8 -. 1 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (1) (2) 43-9 - - 10 - (1).. 43.. 43... 43 - 11 - (2) (1).. A B A A B A - 12 -.

More information

intra-mart Accel Platform

intra-mart Accel Platform 目次目次 Copyright 2014 NTT DATA INTRAMART CORPORATION クイック検索検索 1 Top 目次 改訂情報はじめに本書の目的対象読者本書の構成概要 OAuthとは で提供している認証フロー認可コードによる認可インプリシットグラントアクセストークンの更新 で提供しているエンドポイントアクセストークンの有効期限と更新方法アクセストークンの有効期限の設定方法 2 改訂情報

More information

生成された C コードの理解 コメント元になった MATLAB コードを C コード内にコメントとして追加しておくと その C コードの由来をより簡単に理解できることがよくありま [ 詳細設定 ] [ コード外観 ] を選択 C コードのカスタマイズ より効率的な C コードを生成するベストプラクテ

生成された C コードの理解 コメント元になった MATLAB コードを C コード内にコメントとして追加しておくと その C コードの由来をより簡単に理解できることがよくありま [ 詳細設定 ] [ コード外観 ] を選択 C コードのカスタマイズ より効率的な C コードを生成するベストプラクテ MATLAB コードを使用した C コードの生成クイックスタートガイド (R2012a) 最初のスタンドアロン C コードの生成 スタンドアロン C コードを生成するには MATLAB Coder のペインを [ ビルド ] に切り替えて [C/C++ スタティックライブラリ ] [C/C++ ダイナミックライブラリ ] または [C/C++ 実行ファイル ] のいずれかを選択しま MATLAB Coder

More information

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 総機 1 ( 月 1) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2015-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容 説明 呼び出し元の変数を書き換える第 9 回 文字列を渡す 配列を渡す 第 10 回 ファイルポインタ

More information

スライド 1

スライド 1 XPages.JP はこう作られた! - テクテク Lotus 技術者夜会 -(2016 年 6 月 17 日 ) 株式会社エフ御代政彦ケートリック株式会社田付和慶 AGENDA テーマの選定 サイトマップ機能 サンプルAPP ギャラリー機能 管理機能 おまけ テーマの選定 < 選定基準 > 1. XPAGES だなってバレないクールなデザイン 2. フリーのデザインテンプレートから探す 3. Bootstrapを標準で搭載

More information

Sort-of-List-Map(A)

Sort-of-List-Map(A) Java オブジェクト集合のソートとラムダ式の初歩 山本富士男 2016-4-23 この資料は Java での コレクション Coections と ジェネリクス Generics に関してさらに深く学ぶためのものです 以下の事項を学びます レポート課題が 5 ページの末尾にあります 名称のない内部クラスである 匿名クラス を使う 一般のオブジェクトの集合 (List や Map など ) を何らかの基準でソートする

More information

4-3- 基 C++ に関する知識 オープンソースシステムのソースを解読する上で C++ の知識は必須であるといえる 本カリキュラムでは まずオブジェクト指向に関する Ⅰ. 概要理解を深め クラスの扱い方について学習し STL を使用してアルゴリズムとデータ構造を実装する方法を学習する Ⅱ. 対象専

4-3- 基 C++ に関する知識 オープンソースシステムのソースを解読する上で C++ の知識は必須であるといえる 本カリキュラムでは まずオブジェクト指向に関する Ⅰ. 概要理解を深め クラスの扱い方について学習し STL を使用してアルゴリズムとデータ構造を実装する方法を学習する Ⅱ. 対象専 4-3- 基 C++ に関する知識 1 4-3- 基 C++ に関する知識 オープンソースシステムのソースを解読する上で C++ の知識は必須であるといえる 本カリキュラムでは まずオブジェクト指向に関する Ⅰ. 概要理解を深め クラスの扱い方について学習し STL を使用してアルゴリズムとデータ構造を実装する方法を学習する Ⅱ. 対象専門分野職種共通 Ⅲ. 受講対象者 本カリキュラムの 4-2-

More information

はじめての方へ

はじめての方へ はじめての方へ Linkitは 企業が 安心 安全 に利用できるクラウド型メッセージングサービスを提供します お申込みいただきましたお客様は モバイルアプリ版 (AndroidTMまたはiPhone) PCブラウザ版でそれぞれ利用可能になります 動作環境 モバイルアプリ版 下記構成のOSバージョン 端末をサポートしております OS バージョン 対応端末 ios ios 8.0以上 iphone 4S

More information

Microsoft PowerPoint - 5Chap10.ppt

Microsoft PowerPoint - 5Chap10.ppt 第 11 章関数について 11.1 標準ライブラリ関数 11. 関数呼び出しのオーバーヘッド 11. 大域変数 11.4 プロトタイプ宣言数学関数の自作 11.1 標準ライブラリ関数 予め定義されており ユーザが定義 作成しなくても使える関数 ヘッダ部に以下のマクロが必要 #iclude pritf, scf 等の入出力関数 sqrt, si 等の数学関数 #iclude

More information

Microsoft PowerPoint - object.ppt

Microsoft PowerPoint - object.ppt 知能情報処理北海道大学情報工学科 AI プログラミング Java とオブジェクト指向プログラミングの基礎 知能情報処理 の授業では, 人工知能のさまざまなアルゴリズムを学ぶことになるが, 可能ならばそれを実際のプログラミング言語で実装してみることが大事である. しかし, この授業では, 時間の関係でそこまで扱うことができないので, 興味のある人が将来, 自立的に実装できるように, 最小限のプログラミングの知識を今回の授業で学ぶ.

More information

1

1 2 章 1 整数を一つ読み込み, その階乗を計算する RAM プログラムを書け f (n) = n! ( n 0) 何でもよい ( n

More information

スライド 1

スライド 1 1 システムコールフックを使用した攻撃検出 株式会社フォティーンフォティー技術研究所 http://www.fourteenforty.jp 取締役技術担当金居良治 2 お題目 System Call について System Call Protection System Call Hook 考察 3 System Call とは? ユーザアプリケーションからカーネルのサービスルーチンを呼び出す Disk

More information

担 当 分 のメニュー 6/21, 6/28: アルゴリズムについて 7/5: 出 張 につき 休 講 7/12, 7/19: プログラミングについて ( 補 講 の 予 定 内 容 は 未 定 です) 講 義 情 報 http://www.fos.kuis.kyotou.ac.jp/~igaras

担 当 分 のメニュー 6/21, 6/28: アルゴリズムについて 7/5: 出 張 につき 休 講 7/12, 7/19: プログラミングについて ( 補 講 の 予 定 内 容 は 未 定 です) 講 義 情 報 http://www.fos.kuis.kyotou.ac.jp/~igaras 全 学 共 通 科 目 工 学 部 専 門 科 目 計 算 機 科 学 概 論 アルゴリズムとプログラミング その3 五 十 嵐 淳 igarashi@kuis.kyoto-u.ac.jp 大 学 院 情 報 学 研 究 科 通 信 情 報 システム 専 攻 担 当 分 のメニュー 6/21, 6/28: アルゴリズムについて 7/5: 出 張 につき 休 講 7/12, 7/19: プログラミングについて

More information

目次 研究目的 背景システム開発について実験および評価結論

目次 研究目的 背景システム開発について実験および評価結論 Swift 言語を用いた関数型プログラミングの学習支援環境 宮城大学事業構想学研究科博士前期課程情報デザイン領域青木唯一 指導教員 須栗裕樹 目次 研究目的 背景システム開発について実験および評価結論 研究背景 関数型言語とは 関数 を組み合わせてプログラミングを行う言語 ( 関数型プログラミングを行うに適した仕様の言語 ) 関数 = 数学的な意味での関数 参照透過性があり 副作用がない 参照透過性

More information

アジェンダ 0. 導入 1. Web API(Web サービス ) 2. マッシュアップの構図 3. ブラウザオブジェクト < 休憩 > 4. クライアント側コードに起因するスクリプト注入 5. 同一源泉 と 他源泉 6. 他のマッシュアップ論点の学習方法 2

アジェンダ 0. 導入 1. Web API(Web サービス ) 2. マッシュアップの構図 3. ブラウザオブジェクト < 休憩 > 4. クライアント側コードに起因するスクリプト注入 5. 同一源泉 と 他源泉 6. 他のマッシュアップ論点の学習方法 2 セキュア プログラミング講座 (Web アプリケーション編 ) マッシュアップ 技術本部セキュリティセンター 企画グループ 1 アジェンダ 0. 導入 1. Web API(Web サービス ) 2. マッシュアップの構図 3. ブラウザオブジェクト < 休憩 > 4. クライアント側コードに起因するスクリプト注入 5. 同一源泉 と 他源泉 6. 他のマッシュアップ論点の学習方法 2 0. 導入

More information

テンプレートエンジンの必要性 昔 (2000 年ごろ?) の典型的な PHP のコード : <?php // 処理?> <html> <body> <?php print("hello World!");?> </body> </html> 以下のような問題で衝突していた 1 一旦プログラムコードを

テンプレートエンジンの必要性 昔 (2000 年ごろ?) の典型的な PHP のコード : <?php // 処理?> <html> <body> <?php print(hello World!);?> </body> </html> 以下のような問題で衝突していた 1 一旦プログラムコードを デザイナーとプログラマーの共通言語 Smarty の導入と活用 テンプレートエンジンの必要性 昔 (2000 年ごろ?) の典型的な PHP のコード : 以下のような問題で衝突していた 1 一旦プログラムコードを埋め込んでしまうと

More information

HK05

HK05 コンピュータプログラミング B 補 助 教 材 (5) 2015.04 諸 注 意 課 題 レポートの 書 き 方 一 般 にこの 授 業 のレポートでは, まず 課 題 を 自 分 の 言 葉 で 再 現 し, ソースプログラム, 実 行 結 果, 考 察 ( 場 合 により 感 想 もあってよいです. なお 考 察 は 感 想 とは 意 味 が 全 く 違 います)という 構 成 で 書 くのがよいです.

More information

1/8 ページ Java 基礎文法最速マスター Java Javaの文法一覧です 他の言語をある程度知っている人はこれを読めばJavaの基礎をマスターしてJavaを書くことができるようになっています 簡易リファレンスとしても利用できると思いますので これは足りないと思うものがあれば教えてください 1. 基礎 class の作成プログラムはclassに記述します たとえばSampleという名前のclassを作る場合

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation UML 2004 7 9 10 ... OOP UML 10 Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 2 1. 2. 3. 4. UML 5. Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 3 1..... Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights

More information

目 次 第 1 章 開 発 フロー... 4 第 2 章 要 件 定 義... 5 (1) 概 要... 5 (2) 変 換 による 制 約... 5 (3) デバイスによる 制 約... 6 (4) 端 末 の 保 証 についての 考 え 方... 6 (5) デザイン... 7 (6) デザイン

目 次 第 1 章 開 発 フロー... 4 第 2 章 要 件 定 義... 5 (1) 概 要... 5 (2) 変 換 による 制 約... 5 (3) デバイスによる 制 約... 6 (4) 端 末 の 保 証 についての 考 え 方... 6 (5) デザイン... 7 (6) デザイン ジーンコード 設 計 要 件 定 義 ガイド 第 1 版 最 終 更 新 日 2016/03/31 目 次 第 1 章 開 発 フロー... 4 第 2 章 要 件 定 義... 5 (1) 概 要... 5 (2) 変 換 による 制 約... 5 (3) デバイスによる 制 約... 6 (4) 端 末 の 保 証 についての 考 え 方... 6 (5) デザイン... 7 (6) デザインコンポーネントで

More information

PHP プログラムからの利用 (i5_connect) <html> <head><title> シンプルな PHP</title></head> <body> DBCS 漢字 / 半角かなをパラメータで i5 に渡す場合には i5 への接続時にこの記述が必要 <?php $conn = i5_co

PHP プログラムからの利用 (i5_connect) <html> <head><title> シンプルな PHP</title></head> <body> DBCS 漢字 / 半角かなをパラメータで i5 に渡す場合には i5 への接続時にこの記述が必要 <?php $conn = i5_co PHP プログラムからの利用 i5_connect 関数でユーザセッションを確立 i5_* 関数で任意の API を実行 i5_close 関数でユーザセッションを切断 PHP プログラムから i5/os のサービスにアクセスするためには i5/os に登録されているユーザ名とパスワードによる認証を行い ユーザセッションを確立する必要があります resource i5_connect (string

More information

お知らせ

お知らせ 続 デザインパターン入門 1. はじめに 前回 デザインパターンとは何か? を学びました なんか難しそう とか エラい人 のためのものでしょ? って思う人も多いかもしれませんが 実はそんなことないですよ ー という話もしましたね デザインパターンとは プログラムのお手本集 であり 実は知らず知らずのうちに使っ ているもの オブジェクト指向の話そのもののパターンもある といったお話もしました また コーディングの経験不足を補うもの

More information

コンピュータ中級B ~Javaプログラミング~ 第3回 コンピュータと情報をやりとりするには?

コンピュータ中級B ~Javaプログラミング~  第3回 コンピュータと情報をやりとりするには? Copyright (C) Junko Shirogane, Waseda University 2016, All rights reserved. 1 プログラミング初級 (Java) 第 10 回オブジェクト指向って? 白銀純子 Copyright (C) Junko Shirogane, Waseda University 2016, All rights reserved. 2 第 10

More information

2003 10 2003.10.21 70.400 YES NO NO YES YES NO YES NO YES NO YES NO NO 20 20 50m 12m 12m 0.1 ha 4.0m 6.0m 0.3 ha 4.0m 6.0m 6.0m 0.3 0.6ha 4.5m 6.0m 6.0m 0.6 1.0ha 5.5m 6.5m 6.0m 50m 18 OK a a a a b a

More information

Hasegawa_pacsec.pptx

Hasegawa_pacsec.pptx NetAgent Co., Ltd. 自己 長谷 自己 用 行 ff http://developer.android.com/about/dashboards/index.html 示 示 示 h"p://media.admob.com/sdk core v40.js 入 言 // MainActivity.java public class foo{... public void method(

More information

About me! 足立昌彦 / +Masahiko.Adachi )! バイドゥ株式会社技術顧問 (Simeji)! 株式会社カブク Co-Founder! Google Developer Expert (Android)

About me! 足立昌彦 / +Masahiko.Adachi )! バイドゥ株式会社技術顧問 (Simeji)! 株式会社カブク Co-Founder! Google Developer Expert (Android) Discover Support Library Masahiko Adachi @adamrokcer / +Masahiko.Adachi 28 th Sep, 2013 About me! 足立昌彦 ( @adamrocker / +Masahiko.Adachi )! バイドゥ株式会社技術顧問 (Simeji)! 株式会社カブク Co-Founder! Google Developer Expert

More information

SQL インジェクションの脆弱性

SQL インジェクションの脆弱性 別紙 脆弱性体験学習ツール AppGoat ハンズオンセミナー 演習解説 SQL インジェクションの脆弱性 [ 演習 ] AppGoat を用いた疑似攻撃体験 SQL インジェクションのテーマ 不正なログイン ( 文字列リテラル ) 画面上に Congratulations!! と表示されると演習クリアです 3 脆弱性のある箇所を特定する ログイン ID またはパスワードにシングルクォート ' を入力し

More information

SystemsDirector_63_DB_password - 2 ページ 該当 OS Systems Director サーバー 6.3.x がサポートする全てのOS 該当する Systems Director バージョン Systems Director サーバー 6.3.x 対応策 以下の対

SystemsDirector_63_DB_password - 2 ページ 該当 OS Systems Director サーバー 6.3.x がサポートする全てのOS 該当する Systems Director バージョン Systems Director サーバー 6.3.x 対応策 以下の対 SystemsDirector_63_DB_password - 1 ページ Systems Director サーバー 6.3 のデータベース ユーザーのパスワードの有効期限が切れると 管理対象オブジェクトを管理できなくなる 2015 年 4 月 13 日 13:33 Systems Director サーバー 6.3 のデータベース ユーザーのパスワードの有効期限が切れると 管理対象オブジェクトを管理できなくなるヒント集

More information

目 次 Java GUI 3 1 概要 クラス構成 ソースコード例 課題...7 i

目 次 Java GUI 3 1 概要 クラス構成 ソースコード例 課題...7 i Java GUI 3 Java GUI 3 - サンプルプログラム (1) - 2011-09-25 Version 1.00 K. Yanai 目 次 Java GUI 3 1 概要...1 2 クラス構成...2 3 ソースコード例...3 4 課題...7 i 1 概要まずは簡単なサンプルプログラムをみながら Java GUI の基本的なことを学びましょう 本サンプルは 図に示すようなひとつのメイン画面を使用します

More information

スライド 1

スライド 1 So-net レンタルサーバー Piwik 操作手順について 目次 1.Piwik とは? 2.Piwik のご利用開始方法 2-1. インストール 2-2. ログイン 3. アクセス解析方法 3-1. トラッキングコードの発行と埋め込み 3-2.EasySite をご利用の方 3-3.WordPress の活用 4.Piwik の操作手順 4-1. ダッシュボード 4-2. ビジター 4-3. アクション

More information