Microsoft Word - no14.docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - no14.docx"

Transcription

1 ex26.c #define MAX 20 int max(int n, int x[]); int num[max]; int i, x; printf(" "); scanf("%d", &x); if(x > MAX) printf("%d %d \n", MAX, MAX); x = MAX; for(i = 0; i < x; i++) printf("%3d : ", i + 1); scanf("%d", &num[i]); printf("%d \n", max(x, num)); int max(int n, int x[]) int i, m = x[0]; for(i = 1; i < n; i++) if(m < x[i]) m = x[i]; return(m); str[][] num []

2 ex27.c int calc1(int x, int y); int calc2(int x[]); int num[2], n; num[0] = 10; num[1] = 10; n = calc1(num[0], num[1]); printf("num[0]=%2d, num[1]=%2d, n=%2d\n", num[0], num[1], n); n = calc2(num); printf("num[0]=%2d, num[1]=%2d, n=%2d\n", num[0], num[1], n); int calc1(int x, int y) x = x - 1; if(x > 0) y = y - 1; else y = y + 1; return(x + y); int calc2(int x[]) x[0] = x[0] - 1; if(x[0] > 0) x[1] = x[1] - 1; else x[1] = x[1] + 1; return(x[0] + x[1]); int int

3 ex28.c #define MAXLEN 80 int length(char str[]); int to_upper(char str[]); char string[maxlen + 1]; printf(": "); scanf("%80s", string); printf("%d \n", length(string)); to_upper(string); printf("%s \n", string); int length(char str[]) int i, len = 0; for(i = 0; str[i]!= '\0'; i++) len++; return(len); int to_upper(char str[]) int i, c = 0; for(i = 0; str[i]!= '\0'; i++) if((str[i] >= 'a') && (str[i] <= 'z')) str[i] -= 32; c++; return(c);

4 main array_sum_sqr array_average ex29.c #define MAX 20 array_sum_sqr( ); array_average( ); int num[max]; int i, x; printf(" "); scanf("%d", &x); if(x > MAX) printf("%d %d \n", MAX, MAX); x = MAX; for(i = 0; i < x; i++) printf("%3d : ", i + 1); scanf("%d", &num[i]); printf(" \n", array_sum_sqr( )); printf(" \n", array_average( ));

5 ex30.c /* */ /* */ double mulreal(double, double, double, double); double mulimage(double, double, double, double); void printcomplex(double, double); double areal, aimage; /* a */ double breal, bimage; /* b */ double creal, cimage; /* c */ printf("a : "); scanf("%lf", &areal); printf("a : "); scanf("%lf", &aimage); printf("b : "); scanf("%lf", &breal); printf("b : "); scanf("%lf", &bimage); creal = mulreal(areal, aimage, breal, bimage); /* */ cimage = mulimage(areal, aimage, breal, bimage); /* */ printcomplex(areal, aimage); printf(" * "); printcomplex(breal, bimage); printf(" = "); printcomplex(creal, cimage); printf("\n"); /* */ double mulreal(double xreal, double ximage, double yreal, double yimage) return xreal * yreal - ximage * yimage; /* */ double mulimage(double xreal, double ximage, double yreal, double yimage) return xreal * yimage + ximage * yreal; /* */ void printcomplex(double xreal, double ximage) printf("(%f%+fi)", xreal, ximage);

6 ex31.c /* */ /* */ struct complex double real; /* */ double image; /* */ ; /* */ struct complex mul(struct complex x, struct complex y); void printcomplex(struct complex x); struct complex a, b, c; /* a, b, c */ printf("a : "); scanf("%lf", &a.real); printf("a : "); scanf("%lf", &a.image); printf("b : "); scanf("%lf", &b.real); printf("b : "); scanf("%lf", &b.image); c = mul(a, b); /* */ printcomplex(a); printf(" * "); printcomplex(b); printf(" = "); printcomplex(c); printf("\n"); /* */ struct complex mul(struct complex x, struct complex y) struct complex z; z.real = x.real * y.real - x.image * y.image; z.image = x.real * y.image + x.image * y.real; return z; /* */ void printcomplex(struct complex x) printf("(%f%+fi)", x.real, x.image);

7 c = a 1 2 doible struct 1 1;... (); struct ;.. ex32.c /* */ /* */ struct ; /* */ ; /* */ ; /* */ mul( x, y); void print ( x); a, b, c; /* a, b, c */ printf("a : "); scanf("%d", &a. ); printf("a : "); scanf("%d", &a. ); printf("b : "); scanf("%d", &b. ); printf("b : "); scanf("%d", &b. );

8 c = mul(a, b); /* */ print (a); printf(" * "); print (b); printf(" = "); print (c); printf("\n");

Microsoft Word - no15.docx

Microsoft Word - no15.docx ex33.c /* */ #define IDLENGTH 7 /* */ #define MAX 100 /* */ /* */ struct student char idnumber[idlength + 1]; /* */ int math; /* () */ int english; /* () */ int japanese; /* () */ double average; /* */

More information

P06.ppt

P06.ppt p.130 p.198 p.208 2 1 double weight[num]; double min, max; min = max = weight[0]; for( i= 1; i < NUM; i++ ) if ( weight[i] > max ) max = weight[i]: if ( weight[i] < min ) min = weight[i]: weight 3 maxof(a,

More information

C V C 6 1 6.1.............................. 1 6.......................... 3 6.3..................... 5 6.4 NULL............................. 8 6.5......................... 9 6.6..............................

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12) 第 12 回 (7/9) 4. いくつかのトピック (5)main 関数の引数を利用したファイル処理 main 関数は, 起動する環境から引数を受け取ることができる 例えば 次に示すように,main 関数に引数を用いたプログラムを作成する 01 /* sample */ 02 /* main 関数の引数 */ 03 #include 04 05 main(int argc, char

More information

1.ppt

1.ppt /* * Program name: hello.c */ #include int main() { printf( hello, world\n ); return 0; /* * Program name: Hello.java */ import java.io.*; class Hello { public static void main(string[] arg)

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ファイルの入出力 芝浦工業大学情報工学科 青木義満 今回の講義内容 ファイル入出力 ファイルからのデータ読込み ファイルと配列 2 1 ファイルへのデータ書き込み ( 復習 ) ソースファイル名 :fileio1.c データをファイルに書き込み #include int main(void) { ファイルポインタ宣言 int student_id = 100; char name[

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7) 第 7 回 (6/4) 2. 構造体 構造体とは, 同じ型に限定されない複数の関連するデータメンバの集合である 構造体の宣言構造体指定子 struct を用いて struct 構造体タグ名 { メンバ 1 の宣言 ; メンバ 2 の宣言 ; メンバ n の宣言 ; }; 注 ) 構造体タグ名は構造体の型名で, 内容を定義するものでオブジェクトではなく, 論理的なテンプレートである 構造体の変数の宣言実際の記憶領域を占める物理的実体を確保する

More information

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki 26

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki  26 P.S.P.T. C 2011 4 10 2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki p.s.p.t.since1982@gmail.com http://www23.atwiki.jp/pspt 26 3 2 1 C 8 1.1 C................................................ 8 1.1.1...........................................

More information

1.1 1 C IIA $ cd comp3a %endminipage ~/comp3a mkdir $ mkdir comp3a $ cd comp3a C.c Emacs Cntrol x Control s 2 Emacs Control-x Control-f Control-

1.1 1 C IIA $ cd comp3a %endminipage ~/comp3a mkdir $ mkdir comp3a $ cd comp3a C.c Emacs Cntrol x Control s 2 Emacs Control-x Control-f Control- 1 C IIA 1 C IIA IIA 1.1 Mac OS X 1.1.1 Mac OS X Unicode(UTF-8) UTF-8 Jedit X( ) Emacs( ) Emacs Emacs Emacs [Finder] [] Emacs dock Jedit X C 1. Jedit X Dock drag & drop Jedit X [Finder] [] Jedit X Folder

More information

超初心者用

超初心者用 3 1999 10 13 1. 2. hello.c printf( Hello, world! n ); cc hello.c a.out./a.out Hello, world printf( Hello, world! n ); 2 Hello, world printf n printf 3. ( ) int num; num = 100; num 100 100 num int num num

More information

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63>

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63> C 言語講座第 3 回 キャスト ( 型変換 ) 強制的に式の型を変換する ( 変換したい型名 ) 変換元で記述する int num_a = 10, num_b = 3; float result1, result2; // 結果格納用 // 計算用 result1 = num_a / num_b; // 通常のint/int 割り算 result2 = (float)num_a / num_b;//

More information

1 ( )

1 ( ) I : :155727B : :2015 7 30 1 ( ) 2 2 18 2.1............................................ 18 2.1.1....................................... 18 2.1.2...................................... 19 2.1.3...................................

More information

実際の株価データを用いたオプション料の計算

実際の株価データを用いたオプション料の計算 2002 2 20 1 1 3 2 3 2.1 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 5 2.1.1 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 5 2.1.2 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 6 2.2 : : : : : : : : : :

More information

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 1. 1.1. 1.2. 1 PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 2. 2.1. 2 1 2 C a b N: PC BC c 3C ac b 3 4 a F7 b Y c 6 5 a ctrl+f5) 4 2.2. main 2.3. main 2.4. 3 4 5 6 7 printf printf

More information

tuat2.dvi

tuat2.dvi ( 2 ) http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/ tutimura/ 2012 7 7 ( 2 ) 1 / 54 (1) (2) (?) (1) (2) 2 ( 2 ) 2 / 54 1. 30 2. 2012 6 30 25 OS ( 2 ) 3 / 54 10 20 1993 1996 2000 2003 = 30 ( 2 ) 4 / 54 1 2 2 ( 2 ) 5 /

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11) 第 11 回 (7/2) 4. いくつかのトピック (1) ビットごとの演算子 C 言語には, 次のようなビット単位で演算を行う特別な演算子が用意されている & ビットごとの AND ビットごとの OR ^ ビットごとの XOR( 排他的論理和 ) ~ 1 の補数これらの演算子は文字型と整数型で機能し, 浮動小数点数型では使用できない AND, OR, XOR は, それぞれのオペランドの対応するビットを比較して結果を返す

More information

Microsoft Word - C.....u.K...doc

Microsoft Word - C.....u.K...doc C uwêííôöðöõ Ð C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ C ÔÖÐÖÕÊ C ÔÖÐÖÕÊ Ç Ê Æ ~ if eíè ~ for ÒÑÒ ÌÆÊÉÉÊ ~ switch ÉeÍÈ ~ while ÒÑÒ ÊÍÍÔÖÐÖÕÊ ~ 1 C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ uê~ ÏÒÏÑ Ð ÓÏÖ CUI Ô ÑÊ ÏÒÏÑ ÔÖÐÖÕÎ d ÈÍÉÇÊ ÆÒ Ö ÒÐÑÒ ÊÔÎÏÖÎ d ÉÇÍÊ

More information

$ ls -l $ ls -l -a $ ls -la $ ls -F $ ls <dirname> <dirname> $ cd <dirname> <dirname> $ cd $ pwd $ cat <filename> <filename> $ less <filename> <filena

$ ls -l $ ls -l -a $ ls -la $ ls -F $ ls <dirname> <dirname> $ cd <dirname> <dirname> $ cd $ pwd $ cat <filename> <filename> $ less <filename> <filena $ pwd /home1/t0/t0903 / / /home1/t0/t0903 / / /home1/t0/t0903 / /... ~ $ ls $ ls -a $ ls -l $ ls -l -a $ ls -la $ ls -F $ ls $ cd $ cd $ pwd $ cat

More information

Microsoft PowerPoint - 201409_秀英体の取組み素材(予稿集).ppt

Microsoft PowerPoint - 201409_秀英体の取組み素材(予稿集).ppt 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 No Image No Image 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 No Image No Image No Image No Image 24 No Image No Image No Image No Image 25 No Image No Image No Image No Image 26 27 28

More information

58 7 MPI 7 : main(int argc, char *argv[]) 8 : { 9 : int num_procs, myrank; 10 : double a, b; 11 : int tag = 0; 12 : MPI_Status status; 13 : 1 MPI_Init

58 7 MPI 7 : main(int argc, char *argv[]) 8 : { 9 : int num_procs, myrank; 10 : double a, b; 11 : int tag = 0; 12 : MPI_Status status; 13 : 1 MPI_Init 57 7 MPI MPI 1 1 7.1 Bcast( ) allocate Bcast a=1 PE0 a=1 PE1 a=1 PE2 a=1 PE3 7.1: Bcast 58 7 MPI 7 : main(int argc, char *argv[]) 8 : { 9 : int num_procs, myrank; 10 : double a, b; 11 : int tag = 0; 12

More information

Prog1_14th

Prog1_14th 2012 年 7 月 19 日 ( 木 ) 実 施 構 造 体 レコードと 構 造 体 前 々 回 の 教 材 で 触 れたように, 複 数 の 項 目 に 渡 るデータを 一 まとめにしたものをレコードとい う 例 えば, 次 のように 学 籍 番 号, 氏 名, 履 修 科 目 コード, 点 数, 評 価 といった 項 目 による 1 人 分 のデータを 一 まとめにしたものは 1 件 分 のレコードである

More information

: gettoken(1) module P = Printf exception End_of_system (* *) let _ISTREAM = ref stdin let ch = ref ( ) let read () = (let c =!ch in ch := inp

: gettoken(1) module P = Printf exception End_of_system (* *) let _ISTREAM = ref stdin let ch = ref ( ) let read () = (let c =!ch in ch := inp 7 OCaml () 1. 2. () (compiler) (interpreter) 2 OCaml (syntax) (BNF,backus normal form ) 1 + 2; let x be 2-1 in x; ::= ; let be in ; ::= + - ::= * / ::= 7.1 ( (printable characters) (tokens) 1 (lexical

More information

1.3 ( ) ( ) C

1.3 ( ) ( ) C 1 1.1 (Data Base) (Container) C++ Java 1.2 1 1.3 ( ) ( ) 1. 2. 3. C++ 2 2.1 2.2 2.3 2 C Fortran C++ Java 3 3.1 (Vector) 1. 2. ( ) 3.2 3 3.3 C++ C++ STL C++ (Template) vector vector< > ; int arrayint vector

More information

ープのロープ長以下であれば実現可能である ケース 3: 3 本のロープの杭の位置を点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2, y 2, 0), 点 P 3 = (x 3, y 3, 0) とする 点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2,

ープのロープ長以下であれば実現可能である ケース 3: 3 本のロープの杭の位置を点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2, y 2, 0), 点 P 3 = (x 3, y 3, 0) とする 点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2, ACM ICPC2013 国内予選問題 E つながれた風船 風船が最も高くあがるケースとして 1. 一本のロープが垂直に延びて他の2 本は緩んでいる 2. 二本のロープがピンと張っており残りの1 本は緩んでいる 3. 三本のロープともピンとはっているの三つのケースが考えられる ロープの本数は高々 10 本なので ケース1 は高々 10 9C2=360 通り ケース2も高々 10C2 8=360 通り

More information

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ C プログラミング演習 1( 再 ) 7 講義では C プログラミングの基本を学び演習では 実践的なプログラミングを通して学ぶ 今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に

More information

C言語入門

C言語入門 1 C 言語入門 第 11 週 プログラミング言語 Ⅰ( 実習を含む ), 計算機言語 Ⅰ 計算機言語演習 Ⅰ, 情報処理言語 Ⅰ( 実習を含む ) 2 コンパイル時のエラーのパターン 復習 3 gcc のエラーメッセージ 環境変数 LANG を設定すると言語が変わる mintty + bash + GNU C $ LANG=C gcc error1.c error1.c: In function

More information

fp.gby

fp.gby 1 1 2 2 3 2 4 5 6 7 8 9 10 11 Haskell 12 13 Haskell 14 15 ( ) 16 ) 30 17 static 18 (IORef) 19 20 OK NG 21 Haskell (+) :: Num a => a -> a -> a sort :: Ord a => [a] -> [a] delete :: Eq a => a -> [a] -> [a]

More information

ARM gcc Kunihiko IMAI 2009 1 11 ARM gcc 1 2 2 2 3 3 4 3 4.1................................. 3 4.2............................................ 4 4.3........................................

More information

2.1 programming09 programming /******************************** 2 3 ********************************/ 4 5 #include <stdio.h> 6 7 int sum(int x

2.1 programming09 programming /******************************** 2 3 ********************************/ 4 5 #include <stdio.h> 6 7 int sum(int x 1 C [1] 2 (,,...) : int f(float a, double b); 1 1 ( int ) 2.2 7 ( ) 24 30 x,y 29 return ( ); 18 x,y sum return z ( ) 1 24 1 2.1 programming09 programming09 2.2 1 /******************************** 2 3 ********************************/

More information

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御 プログラミング及び演習第 8 回ポインタ2 / 標準入出力 / デバッガ ( 教科書第 10,9 章 ) (2015/06/12) 講義担当情報連携統轄本部情報戦略室大学院情報科学研究科メディア科学専攻教授森健策 本日の講義 演習の内容 ポインタ 第 10 章 おさらい 多重ポインタ 標準入出力 デバッガ 講義 演習ホームページ http://www.newves.org/~mori/15programming

More information

第9回 配列(array)型の変数

第9回 配列(array)型の変数 第 12 回 配列型の変数 情報処理演習 ( テキスト : 第 4 章, 第 8 章 ) 今日の内容 1. 配列の必要性 2. 配列の宣言 3. 配列変数のイメージ 4. 配列変数を使用した例 5. 範囲を超えた添字を使うと? 6. 多次元配列変数 7. 多次元配列変数を使用した例 8. データのソーティング 9. 今日の練習問題 多数のデータ処理 1. 配列の必要性 ( テキスト 31 ページ )

More information

10

10 2: http://www7.bpe.es.osaka-u.ac.jp/~kota/classes/jse.html kota@fbs.osaka-u.ac.jp 10 : 0 1 2 n 2 n 0 1 1 0 1 0 0 1 (2) = 105 1 = 8 1 2 8 = 256 0 9 105 i 106 j 256 2 1 #include int main(void)

More information

1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1....................................

1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1.................................... 06H082 1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1..................................... 4 3.2 GP.....................................

More information

comment.dvi

comment.dvi ( ) (sample1.c) (sample1.c) 2 2 Nearest Neighbor 1 (2D-class1.dat) 2 (2D-class2.dat) (2D-test.dat) 3 Nearest Neighbor Nearest Neighbor ( 1) 2 1: NN 1 (sample1.c) /* -----------------------------------------------------------------

More information

Microsoft PowerPoint - H22プログラミング第一(E)#12

Microsoft PowerPoint - H22プログラミング第一(E)#12 平成 22 年 7 月 20 日 ( 火 ) 担当 : 秋山 泰 7 月 20 日 修正 プログラミング第一 (E) 第 12 回 メモリの動的割り当て - malloc( ), calloc( ), realloc( ) - free ( ), メモリリーク データ構造の動的割当て - 要素 1 つごとの動的割当て - 大きな単位でまとめた動的割当て 補足補足 main( ) の引数 : argc,

More information

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l C/C++ 2007 6 18 1 C STL(1) 2 1.1............................................... 2 1.2 stdio................................................ 3 1.3.......................................... 10 2 11 2.1 sizeof......................................

More information

1 ( ) 1.1 (convert.sh) (18GHz 26GHz) C (convert.c, convert1.c) mesure-ryudai convert.sh #!/bin/sh # file1 file1= ls -1 $1 # file1 data for data in $fi

1 ( ) 1.1 (convert.sh) (18GHz 26GHz) C (convert.c, convert1.c) mesure-ryudai convert.sh #!/bin/sh # file1 file1= ls -1 $1 # file1 data for data in $fi I 065712D : 4 1 ( ) 1.1 (convert.sh) (18GHz 26GHz) C (convert.c, convert1.c) mesure-ryudai convert.sh #!/bin/sh # file1 file1= ls -1 $1 # file1 data for data in $file1 do mkdir $data echo " $data " # file2

More information

02

02 54 163116831 02 1 168 54 158 53 162 53 148 52 152 52 10,000 0 40,000 30,000 20,000 50,000 70,000 60,000 1,000 500 1,500 2,000 0 2,500 3,000 4,000 3,500 4,500 168 54 158 53 162 53 148 52 152 52 03 52148

More information

C 言語の式と文 C 言語の文 ( 関数の呼び出し ) printf("hello, n"); 式 a a+4 a++ a = 7 関数名関数の引数セミコロン 3 < a "hello" printf("hello") 関数の引数は () で囲み, 中に式を書く. 文 ( 式文 ) は

C 言語の式と文 C 言語の文 ( 関数の呼び出し ) printf(hello, n); 式 a a+4 a++ a = 7 関数名関数の引数セミコロン 3 < a hello printf(hello) 関数の引数は () で囲み, 中に式を書く. 文 ( 式文 ) は C 言語復習 C 言語の基礎 来週もこの資料を持参してください C 言語, ソースファイルの作成, コンパイル, 実行 1 C 言語 C 言語プログラミングの手順 とは, 計算機を動かす手順を記述したもの. 計算機に命令を与えて動かすには を作成する ことになる. C 言語はプログラミング言語の 1 個 手続き型言語に分類される. C/C++ は非常に多くの場面で使われる言語 C++ は C 言語をオブジェクト指向に拡張したもの

More information

Microsoft PowerPoint ppt

Microsoft PowerPoint ppt 基礎演習 3 C 言語の基礎 (5) 第 05 回 (20 年 07 月 07 日 ) メモリとポインタの概念 ビットとバイト 計算機内部では データは2 進数で保存している 計算機は メモリにデータを蓄えている bit 1bit 0 もしくは 1 のどちらかを保存 byte 1byte 1bitが8つ集まっている byte が メモリの基本単位として使用される メモリとアドレス メモリは 1byte

More information

<4D F736F F D D834F E F8E9197BF2E646F6378>

<4D F736F F D D834F E F8E9197BF2E646F6378> 航空宇宙プログラミング 1 授業の内容 ( 予定 ) 内容 1 10/03 EasyIDEC の使い方 2 10/10 標準出力 printf 3 10/17 定数と変数の型 4 10/24 演算子 5 10/31 標準入力 scanf 6 11/07 まとめと課題プログラムの作成 1 7 11/14 条件によって処理を変える if 8 11/21 9 11/28 処理を繰り返す for 10 12/05

More information

Microsoft Word - CodingStyle.doc

Microsoft Word - CodingStyle.doc コーディングスタイルについて コーディングスタイルとはソースコードのレイアウトのことです 空 白 やカッコをどこにいくつ 入 れるか どこで 改 行 するか コメントはどこにつけるか といったこともろもろを 全 部 まとめてコーディングスタイルと 言 います Cはフリーフォーマットな 言 語 です Web で The International Obfuscated C Code Contest(

More information

design_pattern.key

design_pattern.key #include void init(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] = i; void mul10(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] *= 10; void dispary(int* ary, int size)

More information

Microsoft Word - SU1204教本(Driver)原稿.docx

Microsoft Word - SU1204教本(Driver)原稿.docx void setup(){ pinmode(13, OUTPUT); //13 void loop(){ digitalwrite(13, HIGH); //13 HIGH delay(500); digitalwrite(13, LOW); //13 LOW delay(500); setup pinmode loop delay C M B void setup(){ pinmode(12,output);

More information

演算増幅器

演算増幅器 スペースインベーダーもどき 1000 行プログラムの参考として スペースインベーダーもどきのプログラムを配布する いくつか習って いないものもあるので 補足の説明を加えていく 文字列の描画 文字の描画は glutbitmapcharacter() を用いる これは以下のようにして利用する int i; char *str = "Display String"; glcolor3f(0.0, 0.0,

More information

±é½¬£²¡§£Í£Ð£É½éÊâ

±é½¬£²¡§£Í£Ð£É½éÊâ 2012 8 7 1 / 52 MPI Hello World I ( ) Hello World II ( ) I ( ) II ( ) ( sendrecv) π ( ) MPI fortran C wget http://www.na.scitec.kobe-u.ac.jp/ yaguchi/riken2012/enshu2.zip unzip enshu2.zip 2 / 52 FORTRAN

More information

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c C/C++ 007 6 11 1 CUI 1.1....................................... 1................................ 3 1.3 argc argv................................. 5.1.............................................. 5...............................................

More information

1/8 ページ Java 基礎文法最速マスター Java Javaの文法一覧です 他の言語をある程度知っている人はこれを読めばJavaの基礎をマスターしてJavaを書くことができるようになっています 簡易リファレンスとしても利用できると思いますので これは足りないと思うものがあれば教えてください 1. 基礎 class の作成プログラムはclassに記述します たとえばSampleという名前のclassを作る場合

More information

1 1 2 2 2.1................................................ 2 2.2......................................... 2 3 Battle Ship 3 3.1......................

1 1 2 2 2.1................................................ 2 2.2......................................... 2 3 Battle Ship 3 3.1...................... 2013 10H071 1 1 2 2 2.1................................................ 2 2.2......................................... 2 3 Battle Ship 3 3.1............................................ 3 3.2............................................

More information

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved (Version: 2013/5/16) Intel CPU (kashi@waseda.jp) 1 Intel CPU( AMD CPU) 64bit SIMD Inline Assemler Windows Visual C++ Linux gcc 2 FPU SSE2 Intel CPU double 8087 FPU (floating point number processing unit)

More information

Microsoft PowerPoint - prog04.ppt

Microsoft PowerPoint - prog04.ppt プログラミング言語 2 第 04 回 (2007 年 05 月 14 日 ) 今日の配布物 片面の用紙 1 枚 今日の課題が書かれています 本日の出欠を兼ねています 1 今日やること http://www.tnlab.ice.uec.ac.jp/~s-okubo/class/language/ にアクセスすると 教材があります 2007 年 05 月 14 日分と書いてある部分が 本日の教材です 本日の内容

More information

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved (Version: 2013/7/10) Intel CPU (kashi@waseda.jp) 1 Intel CPU( AMD CPU) 64bit SIMD Inline Assemler Windows Visual C++ Linux gcc 2 FPU SSE2 Intel CPU double 8087 FPU (floating point number processing unit)

More information

Networking Semester 802.3

Networking Semester 802.3 Networking Semester 802.3 2 ) ( Computer Hardware () () () () () () () () ()- () () () () () BIOS () Computer Software Operating Systems Windows, Linux Linux Windows OS I 1.C 2. 3. 3-1.main 3-2.printf

More information

jikken.dvi

jikken.dvi 1 1 PI 2 1 2 ( 1) H8-Tiny H8/3672 HD64F3672FP 16 CPU ( 16MHz) ROM 16KB, RAM 2048 2KB AD LED 1(c) ( A ) 赤外 LED 前 CdS セル LED 表示 RS232C 端子 (PC との接続端子 ) センサ類 ラインセンサ x3 (LED+CdS セル ) モータドライバ ターゲット Start ボタン

More information

8 if switch for while do while 2

8 if switch for while do while 2 (Basic Theory of Information Processing) ( ) if for while break continue 1 8 if switch for while do while 2 8.1 if (p.52) 8.1.1 if 1 if ( ) 2; 3 1 true 2 3 false 2 3 3 8.1.2 if-else (p.54) if ( ) 1; else

More information

試験問題に記載されている会社名又は製品名は, それぞれ各社の商標又は登録商標です なお, 試験問題では, 及び TM を明記していません

試験問題に記載されている会社名又は製品名は, それぞれ各社の商標又は登録商標です なお, 試験問題では, 及び TM を明記していません サンプル問題 Java TM プログラミング能力認定試験 3 級 解答時における注意事項 1. 次の表に従って解答してください 問題番号問 1~ 問 6 選択方法 試験時間 6 問必須 60 分 2.HB の黒鉛筆を使用してください 訂正の場合は, あとが残らないように消しゴムできれいに消し, 消しくずを残さないでください 3. 解答用紙の所定の欄に, 級種, 会場コード, 受験番号を記入しマークしてください

More information

3 C 2 T C 2 T C 2 T < T (x + r) T (x) 2 > r 2/3 (1) t i V i T i Taylor s Hypothesis C 2 T = 1 n 1 n i=2 T i T i 1 2 {(t i t i 1 ) (V i + V i 1 )/2 2/3

3 C 2 T C 2 T C 2 T < T (x + r) T (x) 2 > r 2/3 (1) t i V i T i Taylor s Hypothesis C 2 T = 1 n 1 n i=2 T i T i 1 2 {(t i t i 1 ) (V i + V i 1 )/2 2/3 JARE54 2012/2/3 2012/2/20 1 Abstract C 2 T C2 T Applied Technologies, Inc. Sonic Anemometer/Thermometer Model #SATI-3SX RS232C Linux PC (Ubuntu 10.10, kernel 2.6) sonic C C 2 T sonic.awk sonic.sh #SATI-3SX

More information

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) 3 5 14 18 21 23 23 24 28 29 29 31 32 34 35 35 36 38 40 44 44 45 46 49 49 50 pref : 2004/6/5 (11:8) 50 51 52 54 55 56 57 58 59 60 61

More information

C-programming_kouza4(2007)

C-programming_kouza4(2007) ゲーム制作制作のための C 言語講座 言語講座 ~ 第 4 回 ~ 2007/08/29 29 みなさん お久しぶりです 10 日間以上の休みの間にプログラミングは組みましたか?10 日間の中であまり質問が無かったので 多分みんな大丈夫だと思っていてもいいのでしょうか? 今回のやる部分は初心者が一番挫折するところです ( 正直 この部分を無視しても一応ゲームは作れるため 使わずにプログラムを組む人も結構いたりしますが

More information

コンパイラ演習 第 7 回

コンパイラ演習 第 7 回 コンパイラ演習 第 7 回 (2010/11/18) 秋山茂樹池尻拓朗前田俊行鈴木友博渡邊裕貴潮田資秀小酒井隆広山下諒蔵佐藤春旗大山恵弘佐藤秀明住井英二郎 今日の内容 Type Polymorphism ( 型多相性 ) の実現について Polymorphism 大きく分けて 3 種類ある Parametric polymorphism Subtyping polymorphism Ad-hoc polymorphism

More information

線形代数演算ライブラリBLASとLAPACKの 基礎と実践1

線形代数演算ライブラリBLASとLAPACKの 基礎と実践1 .. BLAS LAPACK 1, 2013/05/23 CMSI A 1 / 43 BLAS LAPACK (I) BLAS, LAPACK BLAS : - LAPACK : 2 / 43 : 3 / 43 (wikipedia) V : f : V u, v u + v u + v V α K u V αu V V x, y f (x + y) = f (x) + f (y) V x K α

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅱ 3 回目クラスの機能 (1) アクセス制限 オーバーロード課題 確認 問題次の各文は正しいか誤っているか答えなさい (1) クラスの private メンバは そのクラスからのみアクセス可能なメンバである (2) 一般に クラスのフィールドはどこからでもアクセスできるように public メンバで宣言すべきである (3) クラスは private メンバと public

More information

Microsoft PowerPoint - lecture201509c_1.pptx

Microsoft PowerPoint - lecture201509c_1.pptx 2015/9/7-8 1 大 島 聡 史 情 報 基 盤 センター 助 教 2015/9/7-8 2 目 標 (C 言 語 を 全 く 知 らない 状 態 から) C 言 語 をある 程 度 使 えるようになる C 言 語 の 基 本 的 な 知 識 を 得 る ベクトルや 行 列 を 使 った 計 算 を 行 うプログラムを 作 れるよ うになる 2015/9/7-8 3 C 言 語 とは? 手

More information

2

2 Haskell ( ) kazu@iij.ad.jp 1 2 Blub Paul Graham http://practical-scheme.net/trans/beating-the-averages-j.html Blub Blub Blub Blub 3 Haskell Sebastian Sylvan http://www.haskell.org/haskellwiki/why_haskell_matters...

More information

11.file-save-and-function

11.file-save-and-function 関 数 と ファイルの 保 存 読 出 し 構 造 体 前 々 回 の RPG(ドラゴンクエストもどき)は 結 構 みんな 頑 張 って いたようでしたので 今 回 はその 発 展 形 を 題 材 にすることにしまし た (と 昨 年 書 きました ) 皆 さん ずいぶん 逞 しく 成 長 して 来 ていると 思 います エラー 対 応 は 慣 れ が 大 切 ですが 面 白 さを 覚 えて 慣 れる

More information

70 3 70 70 70 70 3 70 70 300 3 5

70 3 70 70 70 70 3 70 70 300 3 5 70 3 2611 25920 70 3 70 70 70 70 3 70 70 300 3 5 70 1 1 2 2 MAX 3 1 1 2 2 MAX 3 25 27 30 50 70 1 2 3 1 70 3 P oint 300 P oint 20 30 40 50 3 2 1 1 14 15 10 11 8 5 5 5 5 95.2 68.7 95.7 94.0 97.7 P oint

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 3 回目変数 今日の講義で学ぶ内容 変数とは 変数の使い方 キーボード入力の仕方 変 数 変 数 一時的に値を記憶させておく機能です 変数は 型 ( データ型ともいいます ) と識別子をもちます 2 型 変数に記憶できる値の種類です型は 値の種類に応じて次の 8 種類があり これを基本型といいます 基本型値の種類値の範囲または例 boolean 真偽値 true または

More information

第3章 OpenGL の基礎

第3章 OpenGL の基礎 3 OpenGL April 11, 2017 1 / 28 3.1 ( ) OpenGL OpenGL 2 / 28 3.2 OpenGL OpenGL OpenGL (Open Graphics Library) Silicon Graphics, Inc. 2 3 API (Application Program Interface) [4] UNIX OS Windows Macintosh

More information

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 総機 1 ( 月 1) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2015-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容 説明 呼び出し元の変数を書き換える第 9 回 文字列を渡す 配列を渡す 第 10 回 ファイルポインタ

More information

ARC Automatic Reference Counting clang 新しいコンパイラ LLVMプロジェクト (http://llvm.org/) のコンパイラ C Objective-C C++ の効率的なコードを生成 オプションなどは gcc とほぼ共通 Apple社独自の拡張機能を実現 ARC ブロックオブジェクトなど ARCを利用するには clang が必須 コンパイルオプションに

More information

libaux.dvi

libaux.dvi AUX OpenGL 1 OpenGL (AUX libaux.a) OpenGL Programming Guide () OpenGL 1 OpenGL OS (API) OS OS OS OpenGL Windows Windows X X OpenGL Programming Guide AUX toolkit AUX OS OpenGL SGI OpenGL OS OpenGL AUX Windows

More information

main main Makefile Makefile C.5 Makefile Makefile Makefile A Mech (TA ) 1. Web (http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ iku

main main Makefile Makefile C.5 Makefile Makefile Makefile A Mech (TA ) 1. Web (http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ iku 2008 (mizuuchi@i.u-tokyo.ac.jp) http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ ikuo/enshu/keisanki/ 2008 5 19 6 24 1 2 2.1 my_sound.c, my_sounc.h, play.c, record.c 2 2. 2.2 2.2.1 main

More information

次に示す数値の並びを昇順にソートするものとする このソートでは配列の末尾側から操作を行っていく まず 末尾の数値 9 と 8 に着目する 昇順にソートするので この値を交換すると以下の数値の並びになる 次に末尾側から 2 番目と 3 番目の 1

次に示す数値の並びを昇順にソートするものとする このソートでは配列の末尾側から操作を行っていく まず 末尾の数値 9 と 8 に着目する 昇順にソートするので この値を交換すると以下の数値の並びになる 次に末尾側から 2 番目と 3 番目の 1 4. ソート ( 教科書 p.205-p.273) 整列すなわちソートは アプリケーションを作成する際には良く使われる基本的な操作であり 今までに数多くのソートのアルゴリズムが考えられてきた 今回はこれらソートのアルゴリズムについて学習していく ソートとはソートとは与えられたデータの集合をキーとなる項目の値の大小関係に基づき 一定の順序で並べ替える操作である ソートには図 1 に示すように キーの値の小さいデータを先頭に並べる

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 記 号 実 行 を 用 いた テストデータ 自 動 生 成 の 試 行 評 価 株 式 会 社 デンソー 電 子 技 術 3 部 榎 本 秀 美 e-mail:hidemi_enomoto@denso.co.jp 目 次 1 / 19 1. 背 景 2. 単 体 テストの 問 題 点 3. 対 策 案 の 検 討 4. 評 価 内 容 5. 評 価 結 果 6. まとめ [ 参 考 ]CREST デンソーの

More information

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 基幹 7 ( 水 5) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2016-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容呼び出し元の変数を書き換える文字列を渡す 配列を渡すファイルポインタ複数の値を返す大きな領域を確保する

More information

10/8 Finder,, 1 1. Finder MAC OS X 2. ( ) MAC OS X Java ( ) 3. MAC OS X Java ( ) / 10

10/8 Finder,, 1 1. Finder MAC OS X 2. ( ) MAC OS X Java ( ) 3. MAC OS X Java ( ) / 10 10/8 2015-10-08 URL : http://webct.kyushu-u.ac.jp, 10/8 1 / 10 10/8 Finder,, 1 1. Finder MAC OS X 2. ( ) MAC OS X Java ( ) 3. MAC OS X Java ( ) 1. 30 2 / 10 10/8 Finder 1 Figure : : Apple.com 2, 3 / 10

More information

10K pdf

10K pdf #1 #2 Java class Circle { double x; // x double y; // y double radius; // void set(double tx, double ty){ x = tx; y = ty; void set(double tx, double ty, double r) { x = tx; y = ty; radius = r; // Circle

More information

11.6 8.6 11.9 12.0 8.3 8.9 18.1 4.6 0.2 6.1 0.2 89.5 0.1 4.6 0.2 6.1 0.2 2.2 0.1 2.7 0.0 9.21.2 2.1 1.1 3.6 0.8 18 89.5 0.1 10 9.8 0.8 4 42.71.5 18.4 0.1 15.2 0.4 95.9 0.1 94.6 0.1 98.3 0.0 97.5 0.1

More information

橡計画0.PDF

橡計画0.PDF 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 120. ( ) 620 250 29 30 31 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 Return on Risk Assets 57 58

More information

1 4 2 6 2.1............................. 6 2.2............................... 6 2.3......................... 7 2.4......................... 7 3 8 3.1

1 4 2 6 2.1............................. 6 2.2............................... 6 2.3......................... 7 2.4......................... 7 3 8 3.1 1 UEC UEC http://www.tnlab.ice.uec.ac.jp/daihinmin/ 20061016 1 4 2 6 2.1............................. 6 2.2............................... 6 2.3......................... 7 2.4.........................

More information

第4回バイオインフォマティクスアルゴリズム実習

第4回バイオインフォマティクスアルゴリズム実習 第 5 回バイオインフォマティクスアルゴリズム アラインメントアルゴリズム (3) 慶應義塾大学先端生命科学研究所 アラインメント 置換 挿入 欠損を考慮して塩基配列あるいは アミノ酸配列の似た部分をそろえることギャップ - を挿入する CAAGACATTTTAC CATACACTTTAC CA-AGACATTTTAC CATACAC--TTTAC ** * ** ***** アラインメントはグラフで表現できる

More information

MPI usage

MPI usage MPI (Version 0.99 2006 11 8 ) 1 1 MPI ( Message Passing Interface ) 1 1.1 MPI................................. 1 1.2............................... 2 1.2.1 MPI GATHER.......................... 2 1.2.2

More information

2

2 2011.11.11 1 2 MapReduce 3 4 5 6 Functional Functional Programming 7 8 9 10 11 12 13 [10, 20, 30, 40, 50] 0 n n 10 * 0 + 20 * 1 + 30 * 2 + 40 * 3 + 50 *4 = 400 14 10 * 0 + 20 * 1 + 30 * 2 + 40 * 3 + 50

More information

Microsoft Word - SU1203教本(Sens)原稿.docx

Microsoft Word - SU1203教本(Sens)原稿.docx int valsw; // void setup(){ pinmode(13, OUTPUT); pinmode(a4, INPUT_PULLUP); //13 //A4 } void loop(){ valsw = digitalread(a4); if(valsw == 0){ //A4 valsw //valsw } digitalwrite(13, HIGH); //valsw 0LED ------(A)

More information

Microsoft PowerPoint - ep_cpp04.ppt

Microsoft PowerPoint - ep_cpp04.ppt C++ による 画像処理プログラミング - 第 4 回 - 情報科学研究科視覚情報メディア講座 佐藤智和 tomoka-s@is.naist.jp version 1.0 今回説明すること 前回の課題の解答 バグを防ぐためのC++ の記述方法 const メモリリークのチェック (new, delete, malloc, free) 課題 1 の解答例 unsigned char getrgbintensity::crgbimage(

More information

t1_company-profile_omote

t1_company-profile_omote greeting from the president TNT? TNT 1 1 1 TNT TNT clients IP Infusion, Inc. NTT FXC KDDI KDDI history 1990 11 ( ) ( ) 1997 8 ( ) 1998 12 1730 1999 5 9 4423 35 2000 4 2000 4 2000 5 10 7367 331 2001 5 11

More information

Microsoft PowerPoint - 06.pptx

Microsoft PowerPoint - 06.pptx アルゴリズムとデータ構造第 6 回 : 探索問題に対応するデータ構造 (2) 担当 : 上原隆平 (uehara) 2015/04/22 内容 スタック (stack): 最後に追加されたデータが最初に取り出される 待ち行列 / キュー (queue): 最初に追加されたデータが最初に取り出される ヒープ (heap): 蓄えられたデータのうち小さいものから順に取り出される 配列による実装 連結リストによる実装

More information

Microsoft PowerPoint - 12Chap16.ppt

Microsoft PowerPoint - 12Chap16.ppt 今日のポイント 第 16 章構造体 構造体の定義と宣言のしかた タグとは何か メンバーとは何か 構造体変数の宣言と理解 メンバーの理解と使い方 構造体配列とその使い方 Structures 16.1 構造体の定義 セミコロンを忘れないこと! タグ名 struct point ; メンバーの宣言 x 座標 y 座標 左の表記で構造体の構成を決めている. この例では 2 つの double 型をパックした詰め合わせセットを定義した.

More information

2 Seminario Print Exhibition

2 Seminario Print Exhibition Seminario Print Exhibition 2016 2 Seminario Print Exhibition Seminario Print Exhibition 3 4 Seminario Print Exhibition Seminario Print Exhibition 5 1 6 Seminario Print Exhibition Seminario Print Exhibition

More information

ip-leda-homepage.dvi

ip-leda-homepage.dvi LEDA:,,,, Kurt Mehlhorn LEDA LEDA 1 [2] LEDA Library for Efficient Data types and Algorithms LEDA LEDA C++ 1 LEDA LEDA Dijkstra( ) LEDA 2 : LEDA LEDA VORONOI() 1, LEDA voronoi demo.c LEDA 2 1: LEDA LEDA

More information

bhj_2008_FFR_EXCALOC.pdf

bhj_2008_FFR_EXCALOC.pdf FFR EXCALOC Exploitability Fourteenforty Research Institute, Inc. Fourteenforty Research Institute, Inc. http://www.fourteenforty.jp 1 2 3 4 5 Saved EBP! (int a, char c) char buf[] Saved EBP Canary! (int

More information

アルゴリズムとデータ構造1

アルゴリズムとデータ構造1 1 200972 (sakai.keiichi@kochi sakai.keiichi@kochi-tech.ac.jp) http://www.info.kochi ://www.info.kochi-tech.ac.jp/k1sakai/lecture/alg/2009/index.html 29 20 32 14 24 30 48 7 19 21 31 Object public class

More information