1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l"

Transcription

1 C/C C STL(1) stdio sizeof new delete void

2 1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector libc STL C/C++ *1 OS/ *2 *1 *2 2

3 1.2 stdio stdio STanDard Input/Output *3 cstdio stdio.h stdio fopen fclose fread fwrite fseek ftell feof fgets fgetc fputs fputc printf fprintf sprintf scanf fscanf sscanf stdio stdio read.cpp 1 #i n c l u d e <c s t d i o > / s t d i o. h / 2 #i n c l u d e <iostream > 3 4 using namespace std ; *3 3

4 5 6 #d e f i n e READ FILE s t d i o r e a d. cpp 7 #d e f i n e SIZE BUFFER i n t main ( void ) 11 { 12 FILE fp ; // 13 char buf [ SIZE BUFFER ] ; // fp = fopen (READ FILE, rb ) ; // R e a d i f ( fp==null) { // fopen ( ) NULL 18 cout << can t open the f i l e READ FILE << endl ; 19 return 1 ; 20 } while (! f e o f ( fp ) ) { // EOF(End Of F i l e ) 23 i n t s i z e ; // // b u f 26 s i z e = f r e a d ( buf, 1, SIZE BUFFER 1, fp ) ; 27 buf [ s i z e ] = \0 ; // 28 cout << buf ; // 29 } f c l o s e ( fp ) ; // 32 return 0 ; 33 } fopen() FILE 2 b rb 4

5 r w a r+ w+ a+ 0 0 *4 feof() FILE EOF : End Of File 0 0 fopen / feof() clearerr() fread() EOF fclose() 1 stdio write.cpp 1 #i n c l u d e <c s t d i o > / s t d i o. h / 2 #i n c l u d e <iostream > 3 4 using namespace std ; 5 6 #d e f i n e WRITE FILE hoge. txt 7 #d e f i n e SIZE BUFFER i n t main ( void ) *4 b 5

6 11 { 12 FILE fp ; // 13 char buf [ SIZE BUFFER ] ; // 14 char c ; fp = fopen (WRITE FILE, w+b ) ; // Read/ W r i t e i f ( fp==null) { // fopen ( ) NULL 19 cout << can t open the f i l e WRITE FILE << endl ; 20 return 1 ; 21 } // 24 f w r i t e ( hogehoge \ r \n,1, 10, fp ) ; // \ r \ n (CRLF) f s e e k ( fp, 0,SEEK SET ) ; // 27 f g e t s ( buf, SIZE BUFFER, fp ) ; // // 30 f p u t s ( \n, fp ) ; // \ n (LF) // f o r ( i n t i =0; buf [ i ]!= \0 ; i++) 34 fputc ( buf [ i ], fp ) ; // f s e e k ( fp, 0,SEEK SET ) ; // 37 // 1 38 f o r ( i n t i =0; ( c = f g e t c ( fp ) )!= EOF; i++) 39 buf [ i ] = c ; // f t e l l ( ) 42 buf [ f t e l l ( fp ) ] = \0 ; // cout << buf ; 45 6

7 46 f c l o s e ( fp ) ; 47 } fwrite() fread() fseek() 3 SEEK SET SEEK CUR SEEK END 2 *5 fseek(fp,0,seek SET) fseek(fp,10,seek END) 10 fgets() EOF fgets() 1 NULL fputs() fputc() fgetc() 1 unsigned char int EOF ftell() C printf scanf cin/cout formatio.cpp 1 #i n c l u d e <c s t d i o > / s t d i o. h / 2 3 using namespace std ; 4 5 #d e f i n e RW FILE hoge. txt 6 #d e f i n e SIZE BUFFER 256 *5 offset 7

8 7 8 i n t main ( void ) 9 { 10 FILE fp ; 11 char buf [ SIZE BUFFER ] ; 12 i n t i ; 13 unsigned u ; p r i n t f ( h e l l o, world \n ) ; // p r i n t f ( \n ) ; 18 s c a n f ( %s, buf ) ; // %s // %s 21 p r i n t f ( %s \n, buf ) ; // %d 1 0 d i g i t 24 p r i n t f ( \n ) ; 25 s c a n f ( %d,& i ) ; 26 p r i n t f ( %d \n, i ) ; u = i ; 29 p r i n t f ( 8 %o\n, u ) ; // %o 8 30 p r i n t f ( 16 %04x\n, u ) ; // %x // fp = fopen (RW FILE, a+b ) ; 34 i f ( fp==null) { // fopen ( ) NULL 35 p r i n t f ( can t open the f i l e RW FILE \n ) ; 36 return 1 ; 37 } 38 f s c a n f ( fp, %s \n, buf ) ; 39 f p r i n t f ( fp, %s \n%i \n%x\n, buf, i, u ) ; 40 f c l o s e ( fp ) ; 41 } 8

9 %c 1 %g double %p OS stdio OS stdio fclose() fflush() C 3 stdin stdout stderr 3 fopen() stdio FILE* printf( ) fprintf(stdout, ) STL cin cout stdin stdout stderr cerr cin/cout stdin/stdout cin/cout stdin/stdout cout/stdout cin/stdin 9

10 std::sync with stdio() cin/cout stdin/stdout C stdio STL iostream cin/cout fopen() stdio.h cstdio C C++ stdio.h cstdio stdlib.h cstdlib c.h C++ include libc (cname) std (NAME.h) *6 C C++ include C++ include Google 3 *7 strcpy+c C + + C + + Google Unix OS Cygwin Manpage man fopen fopen() man stdio Linux Manpage OS C Linux Windows *6 cstdio std using *7 10

11 2 2.1 sizeof sizeof sizeof.cpp 1 #i n c l u d e <iostream > 2 3 using namespace std ; i n t main ( void ) 7 { 8 i n t i n t e g e r ; 9 i n t array [ ] = {9, 8, 7, 6, 5, 4, 3 }; 10 s t r u c t S { 11 char c ; 12 i n t i ; 13 double d ; 14 } ; / / 17 cout << char / i n t / s t r u c t S << endl ; 18 cout << s i z e o f ( char ) << / << s i z e o f ( i n t ) << / 19 << s i z e o f ( s t r u c t S) << endl ; cout << char / i n t / s t r u c t S << endl ; 22 cout << s i z e o f ( char ) << / << s i z e o f ( i n t ) << / 23 << s i z e o f ( s t r u c t S ) << endl ; cout << i n t e g e r : << s i z e o f i n t e g e r << endl ; 26 cout << array : << s i z e o f array << endl ; 27 11

12 28 // ( / 1 ) 29 f o r ( i n t i =0; i < s i z e o f array / s i z e o f array [ 0 ] ; i++) 30 cout << array [ i ] << endl ; return 0 ; 33 } 2.2 C/C++ (auto ) static *8 C/C new delete new delete new.cpp 1 #i n c l u d e <iostream > 2 3 using namespace std ; 4 *8 C99 C++ C 1 12

13 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r u c t S { 9 i n t i ; 10 char c [ 1 6 ] ; 11 } ; // n e w 14 ch a r pchar = new ch a r ; 15 i n t pint = new i n t ; 16 s t r u c t S ps = new s t r u c t S ; // 19 pint = 20000; 20 pchar = P ; 21 ps >i = 1 0 ; 22 ps >c [ 0 ] = a ; ps >c [ 1 ] = b ; ps >c [ 2 ] = c ; 23 ps >c [ 3 ] = d ; ps >c [ 4 ] = e ; ps >c [ 5 ] = \0 ; cout << pint << endl ; 26 cout << pchar << endl ; 27 cout << ps >i << endl ; 28 cout << ps >c << endl ; // d e l e t e 31 d e l e t e pchar ; 32 d e l e t e pint ; 33 d e l e t e ps ; return 0 ; 36 } 13

14 2.4 new delete delete[] new array.cpp 1 #i n c l u d e <iostream > 2 3 using namespace std ; i n t c r e a t e a r r a y ( i n t num) 7 { 8 i n t p = new i n t [num ] ; // new 9 10 f o r ( i n t i =0; i < num; i++) 11 p [ i ] = num i ; return p ; 14 } void d e s t r o y a r r a y ( i n t a [ ] ) 17 { 18 d e l e t e [ ] a ; // d e l e t e [ ] 19 } i n t main ( void ) 22 { 23 i n t p ; 24 i n t num; cout << << endl ; 27 c i n >> num; 14

15 28 29 p = c r e a t e a r r a y (num ) ; f o r ( i n t i =0; i < num; i++) 32 cout << p [ i ] << endl ; d e s t r o y a r r a y (p ) ; return 0 ; 37 } sizeof 2.5 new delete new delete delete new C/C++ GC Garbage Collection *9 C/C++ GC BoehmGC * void void void void * 11 *9 GC Java C# D C++ GC *10 Boehm/gc/ *11 C void C++ 15

16 void.cpp 1 #i n c l u d e <iostream > 2 3 using namespace std ; i n t main ( void ) 7 { 8 void p ; // v o i d 9 i n t pint ; 10 i n t i = 234; p = &i ; // i n t v o i d pint = ( i n t )p ; // i n t cout << pint << endl ; return 0 ; 19 } new void 16

ディジタル信号処理

ディジタル信号処理 http://www.cfme.chiba-u.jp/~yama// C 言 語 におけるファイル 入 出 力 テキスト バイナリの 取 り 扱 い ( )..[4]% gcc Wall o hoge hoge.c..[5]%./hoge 1 : 1 2 : 2 3 : 3 4 : 0 6..[6]% (! )..[4]% gcc Wall o hoge hoge.c..[5]%!g gcc Wall

More information

超初心者用

超初心者用 3 1999 10 13 1. 2. hello.c printf( Hello, world! n ); cc hello.c a.out./a.out Hello, world printf( Hello, world! n ); 2 Hello, world printf n printf 3. ( ) int num; num = 100; num 100 100 num int num num

More information

tuat2.dvi

tuat2.dvi ( 2 ) http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/ tutimura/ 2012 7 7 ( 2 ) 1 / 54 (1) (2) (?) (1) (2) 2 ( 2 ) 2 / 54 1. 30 2. 2012 6 30 25 OS ( 2 ) 3 / 54 10 20 1993 1996 2000 2003 = 30 ( 2 ) 4 / 54 1 2 2 ( 2 ) 5 /

More information

web07.dvi

web07.dvi 93 7 MATLAB Octave MATLAB Octave MAT MATLAB Octave copyright c 2004 Tatsuya Kitamura / All rights reserved. 94 7 7.1 UNIX Windows pwd Print Working Directory >> pwd ans = /home/kitamura/matlab pwd cd Change

More information

1.ppt

1.ppt /* * Program name: hello.c */ #include int main() { printf( hello, world\n ); return 0; /* * Program name: Hello.java */ import java.io.*; class Hello { public static void main(string[] arg)

More information

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c C/C++ 007 6 11 1 CUI 1.1....................................... 1................................ 3 1.3 argc argv................................. 5.1.............................................. 5...............................................

More information

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << "a = " << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >>

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << a =  << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >> 1 C++ 1.1 C C++ C++ C C C++ 1.1.1 C printf() scanf() C++ C hello world printf() 1-1 #include printf( "hello world\n" ); C++ 1-2 std::cout

More information

program.dvi

program.dvi 2001.06.19 1 programming semi ver.1.0 2001.06.19 1 GA SA 2 A 2.1 valuename = value value name = valuename # ; Fig. 1 #-----GA parameter popsize = 200 mutation rate = 0.01 crossover rate = 1.0 generation

More information

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( "data.t

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( data.t C++ 1 C C++ C++ C C C++ 1.1 C printf() scanf() C++ C 1-1 #include int a; scanf( "%d", &a ); printf( "a = %d\n", a ); C++ 1-2 int a; std::cin >> a; std::cout

More information

1.3 ( ) ( ) C

1.3 ( ) ( ) C 1 1.1 (Data Base) (Container) C++ Java 1.2 1 1.3 ( ) ( ) 1. 2. 3. C++ 2 2.1 2.2 2.3 2 C Fortran C++ Java 3 3.1 (Vector) 1. 2. ( ) 3.2 3 3.3 C++ C++ STL C++ (Template) vector vector< > ; int arrayint vector

More information

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 1. 1.1. 1.2. 1 PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 2. 2.1. 2 1 2 C a b N: PC BC c 3C ac b 3 4 a F7 b Y c 6 5 a ctrl+f5) 4 2.2. main 2.3. main 2.4. 3 4 5 6 7 printf printf

More information

プログラミング演習 土曜日(Q組)

プログラミング演習 土曜日(Q組) プログラミング演習 土曜日 (Q 組 ) 主なテーマ 標準入出力とファイル処理 (8 章 ) 1 ストリームの概念 8.1 標準入出力 (C++) C++ では データの入出力を ストリーム という概念で操作する ストリームはデータを入出力処理し また 入出力に伴う 状態 を設定 / 保持する 例 : 現在 ファイルの何文字目を読み書きしているか などの情報 論理デバイス 物理デバイス 入力ストリーム

More information

Microsoft PowerPoint - 14th.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 14th.ppt [互換モード] 工学部 6 7 8 9 10 組 ( 奇数学籍番号 ) 担当 : 長谷川英之 情報処理演習 第 14 回 2011 年 1 月 20 日 1 今日のテーマ ファイル入出力 ですが, キーボード入力などもおさらいします 2 標準入力 キーボードで入力 : 標準入力という例 )scanf( %d,&i) 前回までの講義でファイルからデータを読み込む場合に使用した関数 : fscanf 例 )fscanf(fin,

More information

comment.dvi

comment.dvi ( ) (sample1.c) (sample1.c) 2 2 Nearest Neighbor 1 (2D-class1.dat) 2 (2D-class2.dat) (2D-test.dat) 3 Nearest Neighbor Nearest Neighbor ( 1) 2 1: NN 1 (sample1.c) /* -----------------------------------------------------------------

More information

C V C 6 1 6.1.............................. 1 6.......................... 3 6.3..................... 5 6.4 NULL............................. 8 6.5......................... 9 6.6..............................

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ファイルの入出力 芝浦工業大学情報工学科 青木義満 今回の講義内容 ファイル入出力 ファイルからのデータ読込み ファイルと配列 2 1 ファイルへのデータ書き込み ( 復習 ) ソースファイル名 :fileio1.c データをファイルに書き込み #include int main(void) { ファイルポインタ宣言 int student_id = 100; char name[

More information

lexex.dvi

lexex.dvi (2018, c ) http://istksckwanseiacjp/ ishiura/cpl/ 4 41 1 mini-c lexc,, 2 testlexc, lexc mini-c 1 ( ) mini-c ( ) (int, char, if, else, while, return 6 ) ( ) (+, -, *, /, %, &, =, ==,!=, >, >=,

More information

Microsoft Word - 06

Microsoft Word - 06 平成 24 年度講義 アルゴリズムとデータ構造 第 6 回ファイル入出力 担当 : 富井尚志 (tommy@ynu.ac.jp) 第 6 回 ファイル入出力 前回 ( 第 5 回 ) 配列を扱うアルゴリズム (2) とポインタ の復習 集合を扱う 集合の表現, 配列を使った表現, 要素の列 を 集合 にする, 要素, 積, 和, 差 文字列 C 言語における文字列, 文字列を扱うプログラム 計算機の記憶とポインタ

More information

design_pattern.key

design_pattern.key #include void init(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] = i; void mul10(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] *= 10; void dispary(int* ary, int size)

More information

Microsoft PowerPoint - lecture201509c_1.pptx

Microsoft PowerPoint - lecture201509c_1.pptx 2015/9/7-8 1 大 島 聡 史 情 報 基 盤 センター 助 教 2015/9/7-8 2 目 標 (C 言 語 を 全 く 知 らない 状 態 から) C 言 語 をある 程 度 使 えるようになる C 言 語 の 基 本 的 な 知 識 を 得 る ベクトルや 行 列 を 使 った 計 算 を 行 うプログラムを 作 れるよ うになる 2015/9/7-8 3 C 言 語 とは? 手

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12) 第 12 回 (7/9) 4. いくつかのトピック (5)main 関数の引数を利用したファイル処理 main 関数は, 起動する環境から引数を受け取ることができる 例えば 次に示すように,main 関数に引数を用いたプログラムを作成する 01 /* sample */ 02 /* main 関数の引数 */ 03 #include 04 05 main(int argc, char

More information

main main Makefile Makefile C.5 Makefile Makefile Makefile A Mech (TA ) 1. Web (http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ iku

main main Makefile Makefile C.5 Makefile Makefile Makefile A Mech (TA ) 1. Web (http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ iku 2008 (mizuuchi@i.u-tokyo.ac.jp) http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/ ikuo/enshu/keisanki/ 2008 5 19 6 24 1 2 2.1 my_sound.c, my_sounc.h, play.c, record.c 2 2. 2.2 2.2.1 main

More information

ARM gcc Kunihiko IMAI 2009 1 11 ARM gcc 1 2 2 2 3 3 4 3 4.1................................. 3 4.2............................................ 4 4.3........................................

More information

Microsoft Word - C.....u.K...doc

Microsoft Word - C.....u.K...doc C uwêííôöðöõ Ð C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ C ÔÖÐÖÕÊ C ÔÖÐÖÕÊ Ç Ê Æ ~ if eíè ~ for ÒÑÒ ÌÆÊÉÉÊ ~ switch ÉeÍÈ ~ while ÒÑÒ ÊÍÍÔÖÐÖÕÊ ~ 1 C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ uê~ ÏÒÏÑ Ð ÓÏÖ CUI Ô ÑÊ ÏÒÏÑ ÔÖÐÖÕÎ d ÈÍÉÇÊ ÆÒ Ö ÒÐÑÒ ÊÔÎÏÖÎ d ÉÇÍÊ

More information

Nios II ソフトウェア開発ハンドブック Version 1.2 第4章. HALを使用したプログラムの開発 ver.1.2

Nios II ソフトウェア開発ハンドブック Version 1.2 第4章. HALを使用したプログラムの開発 ver.1.2 4. HAL NII52004-1.2 HAL Hardware Abstraction Layer HAL API Nios II HAL ANSI C HAL API ANSI C HAL HAL API ANSI C ANSI C HAL HAL printf() scanf() ANSI C I/O HAL API RTOS ANSI C Nios II IDE HAL Nios II IDE

More information

1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1....................................

1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1.................................... 06H082 1 1 2 2 2.1 Java......... 2 2.2................................. 3 2.3.................................. 3 3 4 3.1..................................... 4 3.2 GP.....................................

More information

PowerSmash

PowerSmash PowerSmash4 (CEDEC2011) R&D2 1 3 1.1 PowerSmash4..................... 3 1.2...................... 4 1.3........................ 4 2 6 2.1............................ 6 2.2...................................

More information

Microsoft PowerPoint - prog04.ppt

Microsoft PowerPoint - prog04.ppt プログラミング言語 2 第 04 回 (2007 年 05 月 14 日 ) 今日の配布物 片面の用紙 1 枚 今日の課題が書かれています 本日の出欠を兼ねています 1 今日やること http://www.tnlab.ice.uec.ac.jp/~s-okubo/class/language/ にアクセスすると 教材があります 2007 年 05 月 14 日分と書いてある部分が 本日の教材です 本日の内容

More information

Networking Semester 802.3

Networking Semester 802.3 Networking Semester 802.3 2 ) ( Computer Hardware () () () () () () () () ()- () () () () () BIOS () Computer Software Operating Systems Windows, Linux Linux Windows OS I 1.C 2. 3. 3-1.main 3-2.printf

More information

C言語におけるファイル入出力の高速化

C言語におけるファイル入出力の高速化 C 言語におけるファイル入出力の高速化 東京大学情報基盤センター 黒田久泰 不連続なメモリ上のデータをファイルに保存する場合 内部バッファサイズを大きくすると実行時間が短縮できます また メモリ上に連続して配置されている大規模なデータをファイルに保存する場合には できるだけ大きなデータサイズでファイル入出力を行うことで実行時間が短縮できます ここでは これらの方法や性能について紹介します 1. 内部バッファサイズの変更方法高水準入出力関数

More information

C言語演習 基本構造

C言語演習 基本構造 1 手続き型言語 問題解決の手続きを 順次記述 していく 数字を入力してください 入力された数字を 3 倍にしてください 結果をディスプレイに表示してください 主な用途 システムソフトウェア (OS コンパイラなど ) 科学技術計算 ( 高速な計算を行わせたいもの ) 電化製品などの組み込みシステム (Nintendo DS) 2 1. テキストエディタでソースコードを書く emacs や vi などのテキストエディタ

More information

10

10 2: http://www7.bpe.es.osaka-u.ac.jp/~kota/classes/jse.html kota@fbs.osaka-u.ac.jp 10 : 0 1 2 n 2 n 0 1 1 0 1 0 0 1 (2) = 105 1 = 8 1 2 8 = 256 0 9 105 i 106 j 256 2 1 #include int main(void)

More information

1 1.1 *1 1. sep1.cpp main() sep.cpp separate() *1 GNOME KDE 3

1 1.1 *1 1. sep1.cpp main() sep.cpp separate() *1 GNOME KDE 3 C/C++ 007 5 8 1 1.1............................................... 1.......................................... 1.3.......................................... 5 1...........................................

More information

273? C

273? C TSG Theoretical Science Group 273? C 2-1.................................. 2 -1. Windows Mac Mac UNIX CUI bash >_ Finder TSG No.273? 2 3 pwd ls cd ( ) change directory 3 TSG No.273? cd hoge cd hoge cd....../

More information

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御 プログラミング及び演習第 8 回ポインタ2 / 標準入出力 / デバッガ ( 教科書第 10,9 章 ) (2015/06/12) 講義担当情報連携統轄本部情報戦略室大学院情報科学研究科メディア科学専攻教授森健策 本日の講義 演習の内容 ポインタ 第 10 章 おさらい 多重ポインタ 標準入出力 デバッガ 講義 演習ホームページ http://www.newves.org/~mori/15programming

More information

Blackfin(ADSP-BF533)活用ハンドブック

Blackfin(ADSP-BF533)活用ハンドブック () 103 Column 5-A C: Program Files Analog Devices VisualDSP 3.5 16-Bit C: Program Files Analog Devices VisualDSP 4.0 104 ( ) ( ) ( ) Column 5-B () () 105 ( ) ( ) 106 ( ).vdu () http://www.analog.com/processors/processors/blackfin/crosscore/toolsupgrades/

More information

2 ColorSpace DepthSpace CameraSpace Kinect V2 Kinect V2 BOdyIndex 3. NtKinect Kinect V2 C++ NtKinect [4] NtKinect = Kinect SDK + + STL(C++) + OpenCV +

2 ColorSpace DepthSpace CameraSpace Kinect V2 Kinect V2 BOdyIndex 3. NtKinect Kinect V2 C++ NtKinect [4] NtKinect = Kinect SDK + + STL(C++) + OpenCV + NtKinect: C++ Class Library for Kinect V2 1,a) Kinect for Windows V2 C++ NtKinect NtKinect DLL Kinect V2 Kinect V2, C++, DLL, Unity NtKinect: C++ Class Library for Kinect V2 Nitta Yoshihisa 1,a) Abstract:

More information

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 総機 1 ( 月 1) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2015-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容 説明 呼び出し元の変数を書き換える第 9 回 文字列を渡す 配列を渡す 第 10 回 ファイルポインタ

More information

P06.ppt

P06.ppt p.130 p.198 p.208 2 1 double weight[num]; double min, max; min = max = weight[0]; for( i= 1; i < NUM; i++ ) if ( weight[i] > max ) max = weight[i]: if ( weight[i] < min ) min = weight[i]: weight 3 maxof(a,

More information

1

1 2 章 1 整数を一つ読み込み, その階乗を計算する RAM プログラムを書け f (n) = n! ( n 0) 何でもよい ( n

More information

実際の株価データを用いたオプション料の計算

実際の株価データを用いたオプション料の計算 2002 2 20 1 1 3 2 3 2.1 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 5 2.1.1 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 5 2.1.2 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 6 2.2 : : : : : : : : : :

More information

C Nishio, Quick http://karetta.jp/book-cover/c-for-beginners http://www.usamimi.info/ guiprog/ C 1972 AT&T Dennis M. Ritchie Brian Wilson Kernighan 1,2 80 90 C 90 Java Visual Basic 90 2000 Java GUI C

More information

: gettoken(1) module P = Printf exception End_of_system (* *) let _ISTREAM = ref stdin let ch = ref ( ) let read () = (let c =!ch in ch := inp

: gettoken(1) module P = Printf exception End_of_system (* *) let _ISTREAM = ref stdin let ch = ref ( ) let read () = (let c =!ch in ch := inp 7 OCaml () 1. 2. () (compiler) (interpreter) 2 OCaml (syntax) (BNF,backus normal form ) 1 + 2; let x be 2-1 in x; ::= ; let be in ; ::= + - ::= * / ::= 7.1 ( (printable characters) (tokens) 1 (lexical

More information

±é½¬£²¡§£Í£Ð£É½éÊâ

±é½¬£²¡§£Í£Ð£É½éÊâ 2012 8 7 1 / 52 MPI Hello World I ( ) Hello World II ( ) I ( ) II ( ) ( sendrecv) π ( ) MPI fortran C wget http://www.na.scitec.kobe-u.ac.jp/ yaguchi/riken2012/enshu2.zip unzip enshu2.zip 2 / 52 FORTRAN

More information

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 基幹 7 ( 水 5) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2016-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容呼び出し元の変数を書き換える文字列を渡す 配列を渡すファイルポインタ複数の値を返す大きな領域を確保する

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11) 第 11 回 (7/2) 4. いくつかのトピック (1) ビットごとの演算子 C 言語には, 次のようなビット単位で演算を行う特別な演算子が用意されている & ビットごとの AND ビットごとの OR ^ ビットごとの XOR( 排他的論理和 ) ~ 1 の補数これらの演算子は文字型と整数型で機能し, 浮動小数点数型では使用できない AND, OR, XOR は, それぞれのオペランドの対応するビットを比較して結果を返す

More information

目 次 1. 序 論 1.1 はじめに 3 1.2 英 文 アブストラクト 3 2.システムの 概 要 2.1 システム 仕 様 4 2.2 Raspberry Pi について 6 2.3 接 続 機 器 について 8 2.4 サーバの 仕 様 12 2.5 開 発 言 語 12 3. 騒 音 レベ

目 次 1. 序 論 1.1 はじめに 3 1.2 英 文 アブストラクト 3 2.システムの 概 要 2.1 システム 仕 様 4 2.2 Raspberry Pi について 6 2.3 接 続 機 器 について 8 2.4 サーバの 仕 様 12 2.5 開 発 言 語 12 3. 騒 音 レベ 平 成 26 年 度 卒 業 論 文 Raspberry Pi を 用 いた 図 書 館 の 騒 音 調 査 Investigation of noise in a library using Raspberry Pi 函 館 工 業 高 等 専 門 学 校 情 報 工 学 科 5 年 東 海 林 研 究 室 西 谷 寧 々 目 次 1. 序 論 1.1 はじめに 3 1.2 英 文 アブストラクト

More information

t 2 2 t 2 t F ( ) p- 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 2

t 2 2 t 2 t F ( ) p- 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 2 1 2 2 0 1 2 2 2 2 2 2 2 2.1 2 2 F={f ij }, G {g ij } t f ij t g ij = 1 f ij < t g ij = 0 t p- p S 0 S p = S 0 /S t p 2 t 1 t 2 2 t 2 t 2 2 3 3 1 2 F ( ) p- 2 2 F 2 G 3 2 2 F ( ) 2 2 F 2 G 3 3 2 F ( ) 2

More information

Microsoft PowerPoint - ep_cpp04.ppt

Microsoft PowerPoint - ep_cpp04.ppt C++ による 画像処理プログラミング - 第 4 回 - 情報科学研究科視覚情報メディア講座 佐藤智和 tomoka-s@is.naist.jp version 1.0 今回説明すること 前回の課題の解答 バグを防ぐためのC++ の記述方法 const メモリリークのチェック (new, delete, malloc, free) 課題 1 の解答例 unsigned char getrgbintensity::crgbimage(

More information

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved (Version: 2013/5/16) Intel CPU (kashi@waseda.jp) 1 Intel CPU( AMD CPU) 64bit SIMD Inline Assemler Windows Visual C++ Linux gcc 2 FPU SSE2 Intel CPU double 8087 FPU (floating point number processing unit)

More information

1.1 1 C IIA $ cd comp3a %endminipage ~/comp3a mkdir $ mkdir comp3a $ cd comp3a C.c Emacs Cntrol x Control s 2 Emacs Control-x Control-f Control-

1.1 1 C IIA $ cd comp3a %endminipage ~/comp3a mkdir $ mkdir comp3a $ cd comp3a C.c Emacs Cntrol x Control s 2 Emacs Control-x Control-f Control- 1 C IIA 1 C IIA IIA 1.1 Mac OS X 1.1.1 Mac OS X Unicode(UTF-8) UTF-8 Jedit X( ) Emacs( ) Emacs Emacs Emacs [Finder] [] Emacs dock Jedit X C 1. Jedit X Dock drag & drop Jedit X [Finder] [] Jedit X Folder

More information

fp.gby

fp.gby 1 1 2 2 3 2 4 5 6 7 8 9 10 11 Haskell 12 13 Haskell 14 15 ( ) 16 ) 30 17 static 18 (IORef) 19 20 OK NG 21 Haskell (+) :: Num a => a -> a -> a sort :: Ord a => [a] -> [a] delete :: Eq a => a -> [a] -> [a]

More information

AquesTalk2 Win マニュアル

AquesTalk2 Win マニュアル 株式会社 AQUEST http://www.a-quest.com/ AquesTalk2 Win Manual 1. 概要 本文書は 規則音声合成ライブラリ AquesTalk2 Win をアプリケーションに組み込んで使用するためのプログラミングに関しての方法および注意点を示したものです AquesTalk2 は 簡単に小型機器への組み込みが出来る音声合成ミドルウェアです このライブラリを用いることで

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation UML 2004 7 9 10 ... OOP UML 10 Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 2 1. 2. 3. 4. UML 5. Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 3 1..... Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights

More information

Microsoft Word - no15.docx

Microsoft Word - no15.docx ex33.c /* */ #define IDLENGTH 7 /* */ #define MAX 100 /* */ /* */ struct student char idnumber[idlength + 1]; /* */ int math; /* () */ int english; /* () */ int japanese; /* () */ double average; /* */

More information

,…I…y…„†[…e…B…fi…O…V…X…e…•‡Ì…J†[…l…‰fi®“ì‡Ì›Â”‰›»pdfauthor

,…I…y…„†[…e…B…fi…O…V…X…e…•‡Ì…J†[…l…‰fi®“ì‡Ì›Â”‰›»pdfauthor OS 1 1 4 1.1........................................... 4 1.2........................................... 4 2 5 2.1..................................... 5 2.2 OS................................... 5 3 7

More information

untitled

untitled H8/300,H8S,H8SX [H8S,H8/300 Tool Chain Ver6.2.0.0] #define Inline static inline //************************************************** Inline char sil_and_mem(char *mem,char and) return (*((volatile

More information

第3章 OpenGL の基礎

第3章 OpenGL の基礎 3 OpenGL April 11, 2017 1 / 28 3.1 ( ) OpenGL OpenGL 2 / 28 3.2 OpenGL OpenGL OpenGL (Open Graphics Library) Silicon Graphics, Inc. 2 3 API (Application Program Interface) [4] UNIX OS Windows Macintosh

More information

2.1 programming09 programming /******************************** 2 3 ********************************/ 4 5 #include <stdio.h> 6 7 int sum(int x

2.1 programming09 programming /******************************** 2 3 ********************************/ 4 5 #include <stdio.h> 6 7 int sum(int x 1 C [1] 2 (,,...) : int f(float a, double b); 1 1 ( int ) 2.2 7 ( ) 24 30 x,y 29 return ( ); 18 x,y sum return z ( ) 1 24 1 2.1 programming09 programming09 2.2 1 /******************************** 2 3 ********************************/

More information

1: JX-model XML File Package Import Class Intf Ctor Method SInit Field Param Local ExtdOpt ImplOpt ThrwOpt Members QName Type Stmt Label Expr ident li

1: JX-model XML File Package Import Class Intf Ctor Method SInit Field Param Local ExtdOpt ImplOpt ThrwOpt Members QName Type Stmt Label Expr ident li Sapid JX-model ver. 1.3.13 2003 2 27 1 JX-model Java XML JX-model JX-model Java (Java 2 ver. 1.4) 20 7 JX-model 1 ^ $ Child nodes JX-model / ( ) JX-model @ @id @sort 1.1 File File JX-model XML /Package,

More information

Fortran90/95 7.2 (standard i/o ( input/output)) Fortran * 1 1. 1 * 2 read write read(*, )[, ] write(*, )[, ] read print read ( )[, ]) print ( )[, ]) 2

Fortran90/95 7.2 (standard i/o ( input/output)) Fortran * 1 1. 1 * 2 read write read(*, )[, ] write(*, )[, ] read print read ( )[, ]) print ( )[, ]) 2 Fortran90/95 7.1 (Man-Machine) Interface Fortran (file) 1. Fortran 3 (1) + 2 (2) ( ) ( ) Fortran (3) * 2. (data transfer i/o statement) 3 read write print ( ) 3. read write {read write}( [, ]) (unit identifier)

More information

プログラミング演習3 - Cプログラミング -

プログラミング演習3 - Cプログラミング - プログラミング 演 習 3 - 集 中 講 義 版 - 2 日 目 資 料 & 課 題 花 泉 弘 この 回 の 目 標 1. 画 像 ファイルの 構 造 を 知 る 2. 画 像 ファイル(バイナリファイル)を 読 み 込 む 読 み 込 みには1 日 目 に 作 成 したreadcharline( ) を 使 用 します 3. 画 像 を 作 成 して 出 力 する 4. 読 み 込 んだ 画

More information

Microsoft Word - CodingStyle.doc

Microsoft Word - CodingStyle.doc コーディングスタイルについて コーディングスタイルとはソースコードのレイアウトのことです 空 白 やカッコをどこにいくつ 入 れるか どこで 改 行 するか コメントはどこにつけるか といったこともろもろを 全 部 まとめてコーディングスタイルと 言 います Cはフリーフォーマットな 言 語 です Web で The International Obfuscated C Code Contest(

More information

Nios II IDE によるソフトウェア開発 - セクション 1

Nios II IDE によるソフトウェア開発 - セクション 1 ALTIMA Corp. Nios II IDE によるソフトウェア 開 発 セクション 1 ver.1.0 2010 年 8 月 ELSENA,Inc. 目 次 1. はじめに... 3 2. HAL を 用 いたプログラミング... 3 2-1. HAL (Hardware Abstraction Layer)... 3 2-2. Nios II IDE プロジェクトの 構 造... 4 2-3.

More information

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki 26

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki  26 P.S.P.T. C 2011 4 10 2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki p.s.p.t.since1982@gmail.com http://www23.atwiki.jp/pspt 26 3 2 1 C 8 1.1 C................................................ 8 1.1.1...........................................

More information

AquesTalk Win Manual

AquesTalk Win Manual AquesTalk Win マニュアル 株式会社アクエスト http://www.a-quest.com/ 1. 概要 本文書は 規則音声合成ライブラリ AquesTalk をアプリケーションに組み込んで使用するためのプログラミングに関して 方法および注意点を示したものです AquesTalk には 2 種類のライブラリがあります 音声データをメモリ上に生成するものと サウンドデバイスに出力する 2

More information

橡matufw

橡matufw 3 10 25 3 18 42 1 2 6 2001 8 22 3 03 36 3 4 A 2002 2001 1 1 2014 28 26 5 9 1990 2000 2000 12 2000 12 12 12 1999 88 5 2014 60 57 1996 30 25 205 0 4 120 1,5 A 1995 3 1990 30 6 2000 2004 2000 6 7 2001 5 2002

More information

O

O 11 2 1 2 1 1 2 1 80 2 160 3 4 17 257 1 2 1 2 3 3 1 2 138 1 1 170 O 3 5 1 5 6 139 1 A 5 2.5 A 1 A 1 1 3 20 5 A 81 87 67 A 140 11 12 2 1 1 1 12 22 1 10 1 13 A 2 3 2 6 1 B 2 B B B 1 2 B 100 B 10 B 3 3 B 1

More information

2) TA Hercules CAA 5 [6], [7] CAA BOSS [8] 2. C II C. ( 1 ) C. ( 2 ). ( 3 ) 100. ( 4 ) () HTML NFS Hercules ( )

2) TA Hercules CAA 5 [6], [7] CAA BOSS [8] 2. C II C. ( 1 ) C. ( 2 ). ( 3 ) 100. ( 4 ) () HTML NFS Hercules ( ) 1,a) 2 4 WC C WC C Grading Student programs for visualizing progress in classroom Naito Hiroshi 1,a) Saito Takashi 2 Abstract: To grade student programs in Computer-Aided Assessment system, we propose

More information

グラフ数値読み取りシステム (GSYS2.4) 利用の手引

グラフ数値読み取りシステム (GSYS2.4) 利用の手引 (GSYS2.4) GSYS2.4 Manual SUZUKI Ryusuke Hokkaido University Hospital 2011 6 7 Abstract GSYS2.4 is an update version of GSYS version 2. Main features added in this version are Magnifying glass function,

More information

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved

64bit SSE2 SSE2 FPU Visual C++ 64bit Inline Assembler 4 FPU SSE2 4.1 FPU Control Word FPU 16bit R R R IC RC(2) PC(2) R R PM UM OM ZM DM IM R: reserved (Version: 2013/7/10) Intel CPU (kashi@waseda.jp) 1 Intel CPU( AMD CPU) 64bit SIMD Inline Assemler Windows Visual C++ Linux gcc 2 FPU SSE2 Intel CPU double 8087 FPU (floating point number processing unit)

More information

11.file-save-and-function

11.file-save-and-function 関 数 と ファイルの 保 存 読 出 し 構 造 体 前 々 回 の RPG(ドラゴンクエストもどき)は 結 構 みんな 頑 張 って いたようでしたので 今 回 はその 発 展 形 を 題 材 にすることにしまし た (と 昨 年 書 きました ) 皆 さん ずいぶん 逞 しく 成 長 して 来 ていると 思 います エラー 対 応 は 慣 れ が 大 切 ですが 面 白 さを 覚 えて 慣 れる

More information

Higher Order Grammar の話

Higher Order Grammar の話 Higher-Order Grammar のススメ at ngcom (Sep. 11 2011) 稲 葉 一 浩 自 己 紹 介 稲 葉 一 浩 http://www.kmonos.net/ Twitter: @kinaba 1998~ : Windows 用 ツール 作 り 2002~ : プログラミング 言 語 いじり 趣 味 など 自 己 紹 介 2004 ~ : 東 大

More information

jssst07.dvi

jssst07.dvi 24 2007 1 Java A Method to Reduce the Memory Footprint of Java VM Kiyokuni KAWACHIYA Kazunori OGATA Tamiya ONODERA IBM Research, Tokyo Research Laboratory kawatiya@jp.ibm.com Java Java 30% String char

More information

本 日 の 授 業 内 容 最 低 限 覚 えるべきUNIXコマンド pwd, ls, mkdir, cd, cp, rm, mv テキストエディタの 簡 単 な 使 い 方 テキストエディット, Jedit X,Emacs C 言 語 プログラミングの 初 歩 hello, world を 画 面

本 日 の 授 業 内 容 最 低 限 覚 えるべきUNIXコマンド pwd, ls, mkdir, cd, cp, rm, mv テキストエディタの 簡 単 な 使 い 方 テキストエディット, Jedit X,Emacs C 言 語 プログラミングの 初 歩 hello, world を 画 面 情 報 処 理 技 法 (Cプログラミング)I 第 2 回 ー UNIXの 基 本 (2) C 言 語 の 初 歩 ー 担 当 : 荻 田 武 史 本 日 の 授 業 内 容 最 低 限 覚 えるべきUNIXコマンド pwd, ls, mkdir, cd, cp, rm, mv テキストエディタの 簡 単 な 使 い 方 テキストエディット, Jedit X,Emacs C 言 語 プログラミングの

More information

1 moodle 3 2 3 2.1................................ 3 2.1.1......................... 4 2.1.2 zip........................... 4 2.2......................

1 moodle 3 2 3 2.1................................ 3 2.1.1......................... 4 2.1.2 zip........................... 4 2.2...................... OJT e 055717A 2007/09/20 e e e 20 160 1. moodle 2. moodle 3. moodle 4. moodle question webct 5. moodle 6. moodle 1 1 moodle 3 2 3 2.1................................ 3 2.1.1......................... 4

More information

class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value =

class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value = Part2-1-3 Java (*) (*).class Java public static final 1 class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value

More information

Baud Rate 9600 Parity NONE Number of Data Bits 8 Number of Stop Bits 1 Flow Control NONE 1 RS232C 200mm 2,000mm DIMM ( ) Telescope East/West LX200 * 1

Baud Rate 9600 Parity NONE Number of Data Bits 8 Number of Stop Bits 1 Flow Control NONE 1 RS232C 200mm 2,000mm DIMM ( ) Telescope East/West LX200 * 1 JARE54 LX200ACF 2012/2/18 2012/6/14 1 Abstract 8 LX200-ACF Linux PC meade Auto Align PC Zero Star Alignment Auto Align Zero Star Alignment 1 1 0.3 Zero Star Alignment 1 0.3 Auto Align 2 54 (2012 11 2013

More information

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ C プログラミング演習 1( 再 ) 7 講義では C プログラミングの基本を学び演習では 実践的なプログラミングを通して学ぶ 今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に

More information

$ ls -l $ ls -l -a $ ls -la $ ls -F $ ls <dirname> <dirname> $ cd <dirname> <dirname> $ cd $ pwd $ cat <filename> <filename> $ less <filename> <filena

$ ls -l $ ls -l -a $ ls -la $ ls -F $ ls <dirname> <dirname> $ cd <dirname> <dirname> $ cd $ pwd $ cat <filename> <filename> $ less <filename> <filena $ pwd /home1/t0/t0903 / / /home1/t0/t0903 / / /home1/t0/t0903 / /... ~ $ ls $ ls -a $ ls -l $ ls -l -a $ ls -la $ ls -F $ ls $ cd $ cd $ pwd $ cat

More information

untitled

untitled RPC (( Remote Procedure Call (RPC: Message-Oriented Middleware (MOM) data-streaming =(protocol) A B A B Connection protocol = connection oriented protocol TCP (Transmission Control Protocol) connectionless

More information

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) 3 5 14 18 21 23 23 24 28 29 29 31 32 34 35 35 36 38 40 44 44 45 46 49 49 50 pref : 2004/6/5 (11:8) 50 51 52 54 55 56 57 58 59 60 61

More information

MPI usage

MPI usage MPI (Version 0.99 2006 11 8 ) 1 1 MPI ( Message Passing Interface ) 1 1.1 MPI................................. 1 1.2............................... 2 1.2.1 MPI GATHER.......................... 2 1.2.2

More information

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63>

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63> C 言語講座第 3 回 キャスト ( 型変換 ) 強制的に式の型を変換する ( 変換したい型名 ) 変換元で記述する int num_a = 10, num_b = 3; float result1, result2; // 結果格納用 // 計算用 result1 = num_a / num_b; // 通常のint/int 割り算 result2 = (float)num_a / num_b;//

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7) 第 7 回 (6/4) 2. 構造体 構造体とは, 同じ型に限定されない複数の関連するデータメンバの集合である 構造体の宣言構造体指定子 struct を用いて struct 構造体タグ名 { メンバ 1 の宣言 ; メンバ 2 の宣言 ; メンバ n の宣言 ; }; 注 ) 構造体タグ名は構造体の型名で, 内容を定義するものでオブジェクトではなく, 論理的なテンプレートである 構造体の変数の宣言実際の記憶領域を占める物理的実体を確保する

More information

1/8 ページ Java 基礎文法最速マスター Java Javaの文法一覧です 他の言語をある程度知っている人はこれを読めばJavaの基礎をマスターしてJavaを書くことができるようになっています 簡易リファレンスとしても利用できると思いますので これは足りないと思うものがあれば教えてください 1. 基礎 class の作成プログラムはclassに記述します たとえばSampleという名前のclassを作る場合

More information

BlueJ 2.0.1 BlueJ 2.0.x Michael Kölling Mærsk Institute University of Southern Denmark Toin University of Yokohama Alberto Palacios Pawlovsky 17 4 4 3 1 5 1.1 BlueJ.....................................

More information

NORTi File System Version 4

NORTi File System Version 4 NORTi File System Version 4 ユーザーズガイド 2011 年 11 月 5 日第 11 版 株式会社ミスポ 第 11 版 ( 本版 ) で改訂された項目 ページ内容 13,14 2.3 デバイスドライバ を全面修正 16 2.5 サンプルプログラム 付属ファイルの説明や例を修正 17 2.6 コンフィグレーション FTP サーバが使用するリソース追記 18 サンプルでは nonecfg.c

More information

Windows Web Windows Windows WinSock

Windows Web Windows Windows WinSock Windows kaneko@ipl.t.u-tokyo.ac.jp tutimura@mist.t.u-tokyo.ac.jp 2002 12 4 8 Windows Web Windows Windows WinSock UNIX Microsoft Windows Windows Windows Windows Windows.NET Windows 95 DOS Win3.1(Win16API)

More information

Microsoft Word - no14.docx

Microsoft Word - no14.docx ex26.c #define MAX 20 int max(int n, int x[]); int num[max]; int i, x; printf(" "); scanf("%d", &x); if(x > MAX) printf("%d %d \n", MAX, MAX); x = MAX; for(i = 0; i < x; i++) printf("%3d : ", i + 1); scanf("%d",

More information