<4D F736F F D2091E635318FCD5F835C D488A7782CC95578F802E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D2091E635318FCD5F835C D488A7782CC95578F802E646F63>"

Transcription

1 第 19 部ソフトウェア工学の標準 海外旅行をすると 電気のコンセントの形などから国ごとの標準規格の違いを痛感することがある 例えば 日本の国内で生活しているとそれは全く感じないけれど 海外に行くと電気のコンセントの形が日本のものと違うなどで戸惑うことがある 戸惑うだけでなく 私が持参した電気製品が使えないというようなことも起きる こういうことを通して 標準規格に従って製品を作ることの重要性 メーカがその対応している場合のユーザとしてのありがたさなどを 改めて感じることがある 最近の規格はこのような物理的な製品の寸法や形を決めるだけのものから一歩進んで ISO 9000 に代表されるように 仕事の考え方や進め方 組織の責任と権限など もっと概念的なものにまで広がってきている その一方で その規格に従わなければ製品を作ることはできない あるいはその製品を広く社会に受け入れてもらうことが難しい というようなものは少なくなってきている ソフトウェア工学に関わる規格も こういう性格を持っている 第 19 部は第 51 章だけから構成される ソフトウェア工学に関わる個別の規格はその内容について議論するそれぞれの章で個々に取り上げているので ここではソフトウェア工学の規格についての全般的な議論をし その規格を定めている組織について考えてみたい 128

2 第 51 章ソフトウェア工学の標準 標準のランクと内容ソフトウェア工学の分野に限らず 一般に標準には厳然としたランクがある そのランクを高い順に示すと 以下のようになる 1 国際規格 2 国内規格 3 国際業界規格 4 国内業界規格 5 国内 / 国際民間規格 6 実質標準 国際規格 とは ISO(International Organization for Standardization : 国際標準化機構 ) やIEC(International Electrotechnical Commission: 国際電気標準会議 ) あるいは電気通信についての規格を決めているITU-TS(International Telecommunication Union - Telecommunication Standardization sector: 国際電気通信連合 電気通信標準化セクタ ) など 国際的に活動している標準化団体が決めた規格である その出生から この国際規格は規格の中では一番格式が高い しかし格式が高いからと言って 国際規格が広く世間に普及し 使われているとは限らない 例えばOSI(Open Systems Interconnection: 開放型システム間相互接続 ) というISO が決めた電気通信のプロトコルについての規格がある たいへん格調の高いものだが 実質は今はほとんど使われてなくて この分野は今やインターネットのプロトコルである TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol) 1 の独壇場といっても良い 国内規格 とは 日本のJIS(Japanese Industrial Standard : 日本工業規格 ) アメリカのANSI(American National Standard Institute: アメリカ規格協会 ) が決める規格 イギリスのBSI(British Standard Institute: 英国規格協会 ) が決めるBS(British Standard) と呼ばれる規格などがある これらは ISO が決めた国際規格を国内に持ち帰って 例えば JIS の場合は日本化 ( 日本語化だけではない ) して国内規格にしたものと 独自に決めた国内規格の二種類がある 独自に決めた国内規格のあるものは その後 ISO の場などに持ち込まれて国際規格に格上げされるものがある 例えば今 ISO の規格としてたいへん著名な ISO 9000 は 当初は BS5750 というイギリスの国内規格だった 国際業界規格 とは ソフトウェア工学の関係では 例えば OMG(Object Management 1 TCP/IP は IETF(Internet Engineering Task Force) というインターネットに関する標準を決めている団体が決めた規格である IETF は国際業界団体に位置づけされる団体であるから TCP/IP は 3 つめのランクの 国際業界規格 に位置づけされるものである 129

3 Group) 2 という団体が決めた UML(Unified Modeling Language) 3 や CORBA(Common Object Request Broker Architecture) 4 などがこれに相当する 前述のインターネット関係の規格も ここに位置づけされるものである 国内業界規格 に位置するものとしては 例えばアメリカの IEEE(Institute of Electric and Electronic Engineers) が決める規格などがある IEEE は世界中に会員を持つとはいえアメリカ国内の学会であるから ここで決められた規格はアメリカ国内の業界標準と言うことになる しかし例えば IEEE の LAN(Local Area Network) の規格 (IEEE ほか ) などは 実質国際規格並みに取り扱われている 以前 VTR に VHS とベータと二種類の規格があって 国内の家電メーカを二分して激しく争ったことがある この VHS やベータが 民間規格 に位置づけされるものである その規格が国内規格か国際規格かと言うことについては この際あまり問題ではない 今の日本企業の力からすると国内だけで規格団体を作ることはむしろ稀で 海外の企業まで巻き込んで国際規格の形になることが多い この二社以上の民間企業の連携で 民間規格が生まれる この原稿を書いている時点 (2005 年 7 月 ) で 次世代 DVD についてやはり民間の国際的な規格団体が2つできて 相争うような状況ができそうな気配がある 我々の住んでいるところが資本主義の社会である以上 消費者に安くて良いものを提供する上で競争は必要であり 必至である しかし VTR の時のように 規格争いの結果最終的に一部の消費者に迷惑をかけるような事態は避けて欲しいものである 最後の 実質標準 というのは ある企業が独自に決めた規格である このこと自体は さほど大きな意味を持たない しかしその企業がある分野で非常に大きな影響力を持つ場合 その規格に従わなければ実質的にある種の商品を作ることができない といったことが起きる メイン フレームと呼ばれていた大型コンピュータについて 昔 IBM がこういうものをたくさん持っていた 今もマイクロソフトの規格に従わなければ Windows の下で動くソフトウェアを作ることができないというような事実がある この IBM やマイクロソフトの規格のようなものを 実質標準と呼ぶ ソフトウェア工学についての ISO の規格ソフトウェア工学と ISO 9000 などの 品質マネジメントシステム に関わる ISO の現時点での規格を取り出して一覧にしたものを 図表 51-1 に示す ここで品質マネジメントシステムを図表 51-1 に加えたのは ISO 9000 がソフトウェアプロセス改善に大きく関わっているためである 5 2 オブジェクト指向技術の標準化 普及をすすめるため 1989 年に設立された業界団体 3 UML については 第 21 章で述べた 4 CORBA については 第 17 章で述べた 5 ISO 9000 によるソフトウェアプロセス改善については 第 36 章で述べた 130

4 対応する JIS 規邦訳規格コード規格名格あり 情報技術 -コンピュータ利用応用システ 6592:2000 ムの文書の指針 ISO 9000:2000 品質マネジメントシステム- 基本及び用語 JIS Q 9000:2000 ISO 9001:2000 品質マネジメントシステム- 要求事項 JIS Q 9001:2000 品質マネジメントシステム-パフォーマン ISO 9004:2000 JIS Q 9004:2000 ス改善の指針 TR ソフトウェア工学 - 製品品質 - 第 4 部 : 計 :2004 量使用の質情報技術 -ソフトウェア文書管理の指針ソ TR フトウェアドキュメンテーションの管理の指 9294:2005 針品質マネジメントシステム- 品質計画書の ISO 10005:2005 指針 ISO 10006:2003 品質マネジメントシステム- 構成管理の指 ISO 10007:2003 針計測マネジメントシステム- 測定プロセス ISO 10012:2003 及び測定機器の要求事項 ISO/TR 品質の経済性の管理指針 10014:1998 ISO 10015:1999 品質マネジメント- 教育訓練の指針 TR TR 品質マネジメントシステム-プロジェクトに ISO/TR ISO/TR ソフトウェア工学 - 製品品質 - 第 1 部 : 品ソフトウェア工学 - 製品品質 - 第 2 部 : 外ソフトウェア工学 - 製品品質 - 第 3 部 : 内 JIS Q 品質マネジメントシステムの文書類に関す ISO 9001:2000 のための統計的手法に関 : : :2003 おける品質マネジメントの指針 10013: :2003 質モデル部測定法部測定法 10006:2004 る指針する指針 :

5 12119:1994 情報技術 -ソフトウェアパッケージ- 品質要求事項及び試験 0152:1995 TR 12182:1998 情報技術 - ソフトウェアの分類 12207:1995 情報技術 -ソフトウェアライフサイクルプロセス 0160: :1995/Amd 12207:1995 修正票 1:2002 1: :1995/Amd 12207:1995 修正票 2:2004 2: :1995 情報技術 -CASE ツールの評価及び選択の指針 0132:1996 情報技術 - ソフトウェア測定 - 機能規模 :1998 測定 - 第 1 部 : 概念の定義 : :2002 情報技術 -ソフトウェア測定- 機能規模測定 - 第 2 部 : :1998 のソフトウェア規模測定方法の適合性評価 :2004 TR 情報技術 - ソフトウェア測定 - 機能規模 :2003 測定 - 第 3 部 : 機能規模測定法の検証 TR 情報技術 - ソフトウェア測定 - 機能規模 TR X :2002 測定 - 第 4 部 : 基準モデル :2003 TR :2004 情報技術 -ソフトウェア測定- 機能規模測定 - 第 5 部 : 機能規模測定と共に使用する機能領域の決定 TR 情報技術 - ソフトウェア工学 -CASE ツー 14471:1999 ルの採用の指針 情報技術 - ソフトウェア製品評価 - 第 :1999 部 : 概要 :1999 ソフトウェア工学 - 製品評価 - 第 2 部 : 計 :2000 画及びマネジメント :2001 ソフトウェア工学 - 製品評価 - 第 3 部 : 開 :2000 発者のためのプロセス :2001 ソフトウェア工学 - 製品評価 - 第 4 部 : 調 :1999 達者のためのプロセス :

6 : : :1999 TR 14759: : :1998 TR 15271: : : : :2004 TR :1999 TR 15846: : : :2002 情報技術 -ソフトウェア製品評価- 第 5 部 : 評価者のためのプロセス :1999 ソフトウェア工学 - 製品評価 - 第 6 部 : 評 価モジュール文書 :2002 情報技術 -コンピュータ利用ソフトウェア 0136:2001 システムの性能の測定及び評定ソフトウェア工学 -モックアップ及びプロトタイプ-ソフトウェアモックアップ及びプロトタイプモデルの分類及び用途情報技術 -ソフトウェアの保守 0161:2002 情報技術 -システム及びソフトウェア完全 0134:1999 性レベル情報技術 ( ソフトウェアライフサイクルプロセス ) の手引情報技術 -プロセスアセスメント- 第 1 部 : 概念及び用語ソフトウェア工学 -プロセスアセスメント- 第 2 部 : アセスメントの実施情報技術 -プロセスアセスメント- 第 3 部 : アセスメント実施の手引情報技術 -プロセスアセスメント- 第 4 部 : プロセス改善及びプロセス能力判定のための使用の指針情報技術 -ソフトウェアプロセスアセスメ TR X ント- 第 5 部 : アセスメントモデル及び指標 :1999 の手引き情報技術 -ソフトウェアライフサイクルプロ TR X 0018:1999 セス- 構成管理ソフトウェア及びシステム工学 - 高レベルペトリネット- 第 1 部 : 概念, 定義及びグラフ式表記情報技術 -ソフトウェアユーザ文書プロセスソフトウェア工学 -ソフトウェア計測システ 0141:2004 ム 133

7 情報技術 - ソフトウェアライフサイクルプロ 16085:2004 セス - リスクマネジメント TR 16326:1999 ソフトウェア工学 -プロジェクトマネジメントに対する の適用指針 TR X 0027: :2004 ソフトウェア及びシステム工学 -アプリケーションソフトウェアのためのユーザー文書の設計及び作成の指針 ISO 19011:2002 品質及び / 又は環境マネジメントシステム監査のための指針 JIS Q 19011:2003 ソフトウェア工学 -COSMIC-FFP- 機能的 19761:2003 サイズ計測法 ソフトウェア工学 -IFPUG 4.1 未修正機能 20926:2003 サイズ測定法 - 計数実施マニュアル ソフトウェ工学 -Mk ll 機能ポイント分析 :2002 計数実務マニュアル 24570:2005 ソフトウェア工学 -NESMA 機能サイズ測定法バージョン 2.1- 定義及び機能ポイント分析の適用のための計数指針 90003:2004 ソフトウェア工学 -コンピュータソフトウェアへの ISO9001:2000 の適用の指針 より (2005 年 7 月 15 日現在 ) 図表 51-1 ソフトウェア工学と品質マネジメントシステムに関わる ISO 規格 この中で規格コードの前に TR と表示されているものは 技術報告書(Technical Report) であって 厳密な意味では 規格 ではない 最近の ISO の規格では 規格の番号の後にその規格が発行された年が表記されている これを見ると 今有効な規格では 2000 年以降に発行されたものがかなりあることが分かる ISO は原則として 5 年に一度その規格を見直すことにしている しかし現実は必ずしもそのスケジュール通りには規格の見直しが進まず 未だに 1990 年代に発行された規格がそのまま残っているケースもある しかし一言で表せば ISO は少なくともソフトウェア工学と品質マネジメントシステムに関して かなり熱心に新規の規格の設定や既存の規格の改定を進めているということができる ISO 規格の 1 つの特徴は ソフトウェア工学に関わるものは IEC との共同の規格になっていることである さらに最近の ISO の規格の中には や のように これま 134

8 で民間団体の規格だったものを ISO の規格として取り込む動きが見られることである このような動きに伴って知的財産権に関わる障害の発生も予想されるが それらを乗り越えてこのような領域の規格の拡充を望みたい ISO 規格の原本は英語であるが それでよければ我々は日本規格協会のホームページ ( からこの規格を入手することができる なお図表 51-1 にある 対応する JIS 規格 と 邦訳あり の欄については 後の JIS 規格についての部分で取り上げて議論する ISO 規格の日本語訳と JIS 規格の入手についても 併せてそこで紹介する ソフトウェア工学に関わる IEEE の規格ソフトウェア工学に関わる IEEE の規格を 図表 51-2 に示す 規格コード 標題 (R2002) IEEE Standard Glossary of Software Engineering Terminology IEEE Standard for Software Quality Assurance Plans IEEE Standard for Software Configuration Management Plans IEEE Standard for Software Test Documentation IEEE Recommended Practice for Software Requirements Specifications IEEE Standard Dictionary of Measures to Produce Reliable Software (R1993, R2002) IEEE Standard for Software Unit Testing IEEE Standard for Software Verification and Validation IEEE Recommended Practice for Software Design Descriptions (R2002) IEEE Standard for Software Reviews (R2002) IEEE Standard Classification for Anomalies (R2002) IEEE Standard for Software Productivity Metrics IEEE Standard for Software Project Management Plans (R1993) IEEE Standard for Software Project Management Plans (R2004) IEEE Standard for Software Quality Metrics Methodology 1062, 1998 Edition (R2002) IEEE Recommended Practice for Software Acquisition (includes IEEE 1062a) IEEE Standard for Software User Documentation IEEE Standard for Developing Software Life Cycle Processes IEEE Guide for CASE Tool Interconnections-Classification and 135

9 Description IEEE Standard for Software Maintenance IEEE Standard for Application and Management of the Systems Engineering Process (2002) IEEE Standard for Software Safety Plans 1233, 1998 Edition (R2002) IEEE Guide for Developing System Requirements Specifications (including IEEE 1233a) (R2004) IEEE Standard for Functional Modeling Language - Syntax and Semantics for IDEF (R2004) IEEE Standard for Conceptual Modeling Language Syntax and Semantics for IDEF1X97 (IDEFobject) IEEE Guide for Information Technology-System Definition -Concept of Operation Document IEEE Standard for Information Technology--Software Reuse--Data (R2002) Model for Reuse Library Interoperability: Basic Interoperability Data Model (BIDM) IEEE Supplement to Standard for Information Technology--Software a-1996 Reuse--Data Model for Reuse Library Interoperability: Asset (R2002) Certification Framework IEEE Supplement to IEEE Standard for Information b-1999 Technology--Software Reuse--Data Model for Reuse Library (R2002) Interoperability: Intellectual Property Rights Framework [Adoption of International Standard 14102:1995(E)] (R2004) Information technology -- Guideline for the evaluation and selection of CASE tools IEEE Recommended Practice for Architectural Description of Software-Intensive Systems IEEE Guide ( IEEE) - Adoption of PMI Standard- A Guide to the Project Management Body of Knowledge( PMI) (R2004) IEEE Standard for Information Technology - Software Life Cycle Processes - Reuse Processes IEEE Recommended Practice for the Internet-Web Site Engineering, Web Site Management, and Web Site Life Cycle IEEE Standard for Software Life Cycle Processes-Risk Management 136

10 IEEE/EIA Standard: Industry Implementation of International Standard 12207:1995 Standard for Information Technology--Software Life Cycle Processes. IEEE/EIA Standard: Industry Implementation of International Standard 12207:1995 Standard for Information Technology-- Software Life Cycle Processes--Life cycle data IEEE/EIA Standard: Industry Implementation of International Standard 12207:1995 Standard for Information Technology-- Software Life Cycle Processes--Implementation considerations Implementation Note for IEEE Adoption of :1998, Information Technology-Software Measurement-Functional Size Measurement-Part 1: Definition of Concepts Adoption of 15288:2002, Systems 4 Engineering System Life Cycle Processes より (2005 年 7 月 10 日現在 ) 図表 51-2 ソフトウェア工学に関わる IEEE の規格 ISO の規格と同様 IEEE の規格も発行された年が規格コードの後ろに示されている これを見て感じることは ISO の場合と比較して IEEE の規格にはかなり早く決められたものが多いと言うことである 別の言い方をすると IEEE は ISO より早い時期からソフトウェア工学に高い関心を持っていたと言える そしてその規格の内容やレベルも ISO のものを上回っていることがある 例えば という IEEE/EIA(Electric Industries Alliance) の一連の規格群は 12207:1995 をベースにしたものである この IEEE の は ISO の 1995 年版の規格をそのまま IEEE の規格として取り込んでいる しかしそのすぐ後に作られた と はソフトウェアの再利用に関する対応をするなど ISO の規格の一歩先を歩んでいる ISO の規格がソフトウェアの再利用を取り込んだのは 2002 年と 2004 年に発行されたそれぞれの修正票によってである 6 さらに IEEE は その規格を通してアメリカのソフトウェア業界の仕事の仕方を変えようとする試みを始めている 具体的には前述の をベースに ソフトウェアの再利用の進め方についてのテキストを発行している [MCC01] まだ規格をベースにした啓蒙書はこ 6 ソフトウェアの再利用については 第 34 章で既に述べた 137

11 れだけであるが amazon.com で検索すると IEEE は引き続きこのような本の発行を何冊か計画しているように見える 一般に規格の制定は 最新の研究成果の発表から 10 年遅れていると言われる しかしその規格すら 世間一般からはかなり進んでいるのが現状である 積極的に新しい研究成果を取り入れて規格の制定を進め これを基に国内のソフトウェア開発組織を啓蒙しようとする IEEE のこのような活動は 高く評価することができる さらにその基になる研究成果を着実に生み出しているアメリカという国の産と学の連携も 我々には見習うべきものがある IEEE の規格は勿論全部英語だが 個々の規格は IEEE の Standards Association のホームページ ( から入手することができる また一括してある時点での有効な全ての規格を CD-ROM に格納して販売することがある 最近では 2003 年時点のもの [IEE03] を我々は手に入れることができる 今となっては少し古くなってしまったが IEEE の規格についての優れた書物も IEEE から発行されている [MOO98] ソフトウェア工学に関わる JIS 規格図表 51-1 の 対応する JIS 規格 欄に規格コードがついているものは ISO 規格を基に日本化された JIS 規格である ソフトウェア工学の関係で ISO 規格をベースにしない JIS だけの規格はないように思う 図表 51-1 を見ても分かるとおり ソフトウェア工学の関係の ISO 規格の全てのものが JIS 規格として国内を対象に発行されているわけではない あるレベルの判断で 国内に需要があると思われるものを選んで JIS 化されているように見える ただこのような形で JIS 化された規格は 元の ISO 規格との間で 同等性 が確保される形で作られている 全ての ISO 規格が JIS 化されるわけではないことと伴い 日本規格協会は英文の ISO 規格を日本語に翻訳し 英語 日本語対訳の形での印刷物を発行している これはたいへんに有益と 私は評価している JIS の規格コードは ISO の規格コードと関連を持たない つまり JIS には JIS としてのコード体系があって ISO の規格コードとは関係なく JIS の規格コードがふられるという形になっている 例えば 12207:1995 という規格は JIS 化されて 0160:1996 というコードがついている これは かなり不便である 少なくとも私が 0160:1996 を読んでいるときは JIS 規格を読んでいるというより 日本語で 12207:1995 を読んでいるという意識が強い この時この規格の中で他の ISO の規格を参照しているとすると JIS 規格ではその ISO 規格のコードがそのまま記述されているのではなく 対応する JIS 規格のコードに変換されて記述されている 私の頭の中には相互の関連入っていないので これはたいへんに苦痛である IEEE は をベースにした米国内の規格を作ったとき IEEE の規格コードも にした 日本にも これと同じ動きがある 以前 ISO 9000:1994 が JIS 化され 138

12 たとき JIS Z 9900 というコードがふられていた この ISO 規格が ISO 9000:2000 に変わったとき JIS の規格コードが JIS Q 9000:2000 に変わった つまり ISO の規格コードと JIS の規格コードのある部分が共通になったわけである 私はこれを 高く評価したい そして可能な限りこの方針を踏襲していただきたいと 私は念願している IEEE と比較すると 規格の制定や改訂に関わる日本規格協会の動きは重くて遅い しかしそれは日本規格協会の責任ではなく このバックにある日本のソフトウェア産業全体の責任である 日本国内でソフトウェア工学への関心が高まり それが広く普及することが 日本規格協会などのこの領域での活動を活性化させるものと私は考えている JIS 規格と日本語に翻訳された ISO 規格は 前述の日本規格協会のホームページ ( から入手することができる キーワード国際規格 国内規格 国際業界規格 国内業界規格 国内 / 国際民間規格 実質標準 ISO 国際標準化機構 IEC 国際電気標準会議 標準化団体 JIS 日本工業規格 ANSI アメリカ規格協会 BSI 英国規格協会 OMG IEEE ISO 9000 品質マネジメントシステム TR 技術報告書 日本規格協会 参考文献とリンク先 [IEE03] IEEE, Software Engineering Standards Collection, IEEE, [MCC01] Carma McClure, Software Reuse: A Standards-Based Guide, IEEE, [MOO98] James W. Moore, Software Engineering Standards A User s Road Map, IEEE Computer Society, (2005 年 ( 平成 17 年 )7 月 23 日初稿完了 ) 139

第19部 ソフトウェア工学の標準

第19部 ソフトウェア工学の標準 第 55 章ソフトウェア工学の標準 標準 のランクと内容ソフトウェア工学の分野に限らず 一般に 標準 には厳然としたランクがある そのランクを公式の権威の順 つまり高い方から示すと 以下のようになる 1 国際規格 2 国内規格 3 国際業界規格 4 国内業界規格 5 国内 / 国際民間規格 6 実質標準 国際規格 とは ISO(International Organization for Standardization:

More information

再利用アセスメント 計画 実行及び制御 レビュー及び評価ソフトウェアの再利用を行う組織では 再利用施策管理者 という人が位置づけされることになっており このプロセスはその人が組織の中で再利用を実施するために行うべき作業を定義したものである 再利用資産管理プロセス の目的は 構想から廃止までの再利用資

再利用アセスメント 計画 実行及び制御 レビュー及び評価ソフトウェアの再利用を行う組織では 再利用施策管理者 という人が位置づけされることになっており このプロセスはその人が組織の中で再利用を実施するために行うべき作業を定義したものである 再利用資産管理プロセス の目的は 構想から廃止までの再利用資 第 35 章ソフトウェアの再利用 ソフトウェアの再利用 の定義 ISO と IEC それに IEEE が共同で作成した 用語集 (Vocabulary) についての規格 1(ISO /IEC/IEEE 24765:2010) では 再利用 (Reuse) は次のように定義されている [ISO10a] ( 翻訳は筆者 ) 1. 別の問題の解決の中でのある資産の使用 (IEEE Std 1517-1999

More information

第16部 ソフトウェア・プロセスの改善

第16部 ソフトウェア・プロセスの改善 第 39 章 ISO 9000 シリーズ ISO 9000 シリーズの目的当初製品の品質に関わる要求は ある製品の製造者とその顧客の間の二者間のものだった つまり顧客が必要としている製品の製造者に 高い品質の製品の提供を顧客が直接要求する形のものだった しかしこの製造者が多くの顧客を持ち 顧客も多くの製造者から製品を購入し 場合によればある企業が ある時は製造者の立場に立つが別の時には顧客になるというように製造者と顧客の間の関係が複雑になると

More information

Copyright Compita Japan ISO33k シリーズとは? これまで使用されてきたプロセスアセスメント標準 (ISO/IEC 本稿では以降 ISO15504 と略称する ) は 2006 年に基本セットが完成し 既に 8 年以上が経過しています ISO

Copyright Compita Japan ISO33k シリーズとは? これまで使用されてきたプロセスアセスメント標準 (ISO/IEC 本稿では以降 ISO15504 と略称する ) は 2006 年に基本セットが完成し 既に 8 年以上が経過しています ISO 新アセスメント規格 ISO 33K シリーズの概要 2015 年 4 月 9 日 コンピータジャパン Copyright Compita Japan 2015 2 ISO33k シリーズとは? これまで使用されてきたプロセスアセスメント標準 (ISO/IEC 15504 - 本稿では以降 ISO15504 と略称する ) は 2006 年に基本セットが完成し 既に 8 年以上が経過しています ISO15504

More information

スライド 1

スライド 1 ライフサイクルプロセスに関する国際標準とソフトウェアファクトリ ISO/IEC 15288, ISO/IEC 12207, INCOSE Handbook and IEEE Std 1517 松本吉弘 工学博士 ; IEEE Life Fellow 京都高度技術研究所 All Rights Reserved Yoshihiro Matsumoto; 2007 1 対象とした国際標準 IEEE Std

More information

5005-toku3.indd

5005-toku3.indd 3 1 CMMICMM Capability Maturity Model ISO : International Organization for Standardization IEC : International Electrotechnical CommissionJTC1 : Joint Technical Committee 1SC7 : Sub Committee 7 SC7 WG

More information

第39章 ISO 15504

第39章 ISO 15504 第 41 章 ISO/IEC 15504 ISO/IEC 15504 の経緯 ISO と IEC に 開発のための CMMI(CMMI-DEV) によく似たプロセス改善のための規格群がある ISO/IEC 15504( 日本での JIS 規格は JIS X 0145) の規格群である 1 CMMI-DEV はアメリカ生まれだ 2 が ISO/IEC 15504 はヨーロッパ生まれで 今でもヨーロッパで広く使われている

More information

【資料1-2】脳神経外科手術用ナビゲーションユニット基準案あ

【資料1-2】脳神経外科手術用ナビゲーションユニット基準案あ 脳神経外科手術用ナビゲーションユニット認証基準 ( 案 ) 医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律 ( 以下 法 という ) 第二十三条の二の二十三第一項の規定により厚生労働大臣が基準を定めて指定する高度管理医療機器は 別表第一の下欄に掲げる基準に適合する同表の中欄に掲げるもの ( 専ら動物のために使用されることが目的とされているものを除く ) であって 次に掲げる要件の全てに適合するものとする

More information

JISQ 原案(本体)

JISQ 原案(本体) 目次 ページ序文 1 1 適用範囲 1 2 引用規格 1 3 用語及び定義 2 4 力量要求事項 2 5 労働安全衛生マネジメントシステム審査員に対する力量要求事項 2 5.1 一般 2 5.2 OH&Sの用語, 原則, プロセス及び概念 2 5.3 組織の状況 2 5.4 リーダーシップ, 働く人の協議及び参加 2 5.5 法的要求事項及びその他の要求事項 2 5.6 OH&Sリスク,OH&S 機会並びにその他のリスク及びその他の機会

More information

(Microsoft PowerPoint - JaSST 10 LT\(\203e\203X\203g\201E\203q\203X\203g\203\212\201[\) ppt)

(Microsoft PowerPoint - JaSST 10 LT\(\203e\203X\203g\201E\203q\203X\203g\203\212\201[\) ppt) JaSST 10 Tokyo ライトニングトークス カバーフローで見る 5 分間ソフトウェアソフトウェアテスト ヒストリー 辰巳敬三 2010 年 1 月 28 日 1 ソフトウェアテスト ヒストリー ソフトウェア テスト PRESS 2 ソフトウェアテスト ヒストリー コラム番外編 : テスト書籍カバ書籍カバーギャラリー 洋書のアートワークが COOL! 音楽雑誌のようにしたい! 残念ながらモノクロ

More information

16年度第一回JACB品質技術委員会

16年度第一回JACB品質技術委員会 ISO9001 次期改正の状況 DIS 版と 2008 年版の新旧箇条対照表 公開される ISO DIS14001 には 2004 年版との新旧箇条対応表が附属書 B としてついていますが ISO DIS9001 にはついていないので不便です - TC176/SC2 は最近 そのウエブサイト (http://isotc.iso.org/livelink/livelink/f etch/2000/2122/-8835176/-8835848/8835872/8835883/iso

More information

2-工業会活動.indd

2-工業会活動.indd 工業会活動 ~SAE(Society of Automotive Engineers) 委員会参加報告 ~ 1. はじめに SAE RTCA Radio Technical Commission for Aeronautics ARINC Aeronautical Radio, Incorporated SAE RTCA ARINC FAA Federal Aviation Administration

More information

JIS Z 9001:1998JIS Z 9002:1998 ISO/IEC 17025ISO/IEC Guide 25

JIS Z 9001:1998JIS Z 9002:1998 ISO/IEC 17025ISO/IEC Guide 25 JIS Q 17025 IDT, ISO/IEC 17025 IT JIS Z 9001:1998JIS Z 9002:1998 ISO/IEC 17025ISO/IEC Guide 25 JIS Q 17025 IDT, ISO/IEC 17025 IT IT JIS Q 17025ISO/IEC 17025 (2) JIS Z 9358 ISO/IEC Guide 58 (3) testing

More information

規格の概要前図の 作成中 及び 発行済 ( 改訂中 含む ) 規格の概要は 以下の通りです O/IEC 27000:2012 Information technology Security techniques Information security management systems Over

規格の概要前図の 作成中 及び 発行済 ( 改訂中 含む ) 規格の概要は 以下の通りです O/IEC 27000:2012 Information technology Security techniques Information security management systems Over O/IEC 27000 ファミリーについて 2012 年 12 月 10 日 1. O/IEC 27000 ファミリーとは O/IEC 27000 ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (MS) に関する国際規格であり O( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気標準会議 ) の設置する合同専門委員会 O/IEC JTC1( 情報技術 ) の分化委員会 SC 27( セキュリティ技術

More information

ISO 9001:2015 改定セミナー (JIS Q 9001:2015 準拠 ) 第 4.2 版 株式会社 TBC ソリューションズ プログラム 年版改定の概要 年版の6 大重点ポイントと対策 年版と2008 年版の相違 年版への移行の実務

ISO 9001:2015 改定セミナー (JIS Q 9001:2015 準拠 ) 第 4.2 版 株式会社 TBC ソリューションズ プログラム 年版改定の概要 年版の6 大重点ポイントと対策 年版と2008 年版の相違 年版への移行の実務 ISO 9001:2015 改定セミナー (JIS Q 9001:2015 準拠 ) 第 4.2 版 株式会社 TBC ソリューションズ プログラム 1.2015 年版改定の概要 2.2015 年版の6 大重点ポイントと対策 3.2015 年版と2008 年版の相違 4.2015 年版への移行の実務 TBC Solutions Co.Ltd. 2 1.1 改定の背景 ISO 9001(QMS) ISO

More information

2

2 Copyright 2008 Nara Institute of Science and Technology / Osaka University 2 Copyright 2008 Nara Institute of Science and Technology / Osaka University CHAOS Report in US 1994 http://www.standishgroup.com/sample_research/

More information

PowerPoint

PowerPoint 2011 12 6PTC Live TechForum TOKYO manji@rd.denso.co.jp 1/ 52 1949 12 16 1,874 ( ) 1 9,457 3 1,315 ( ) 38,318 123,165 ( ) 2011 3 31 Gr. Gr. Gr. Gr. Gr. PF 2/ 52 1 2 3 4PMT 5 Integrity 6 7 8 1/2 3/ 52 OEM

More information

第7章 ソフトウェアの品質保証

第7章 ソフトウェアの品質保証 第 7 章ソフトウェアの品質保証 ソフトウェアの品質保証の内容 ソフトウェアの品質とは何か という問題については 既に第 5 章で述べた それでは 保証 とは何か 広辞苑第六版によれば 保証とは 大丈夫だ 確かだとうけあうこと とある これに従えばソフトウェアの品質保証とは 今対象としているソフトウェアについて その品質を誰かが使用する人などに大丈夫だ 確かだとうけあうこと であることを意味している

More information

ISO/TC176/SC2/N1291 品質マネジメントシステム規格国内委員会参考訳 ISO 9001:2015 実施の手引 目次 1.0 序文 2.0 ISO 9001:2015 改訂プロセスの背景 3.0 ユーザグループ 4.0 実施の手引 4.1 一般的な手引 4.2 ユーザグループのための具

ISO/TC176/SC2/N1291 品質マネジメントシステム規格国内委員会参考訳 ISO 9001:2015 実施の手引 目次 1.0 序文 2.0 ISO 9001:2015 改訂プロセスの背景 3.0 ユーザグループ 4.0 実施の手引 4.1 一般的な手引 4.2 ユーザグループのための具 目次 1.0 序文 2.0 ISO 9001:2015 改訂プロセスの背景 3.0 ユーザグループ 4.0 実施の手引 4.1 一般的な手引 4.2 ユーザグループのための具体的指針 5.0 よくある質問 6.0 ISO 9001:2015 に関する信頼できる情報源 1 1. 序文 この実施の手引は ユーザが ISO 9001:2008 及び ISO 9001:2015 の併存期間中に考慮する必要のある事項を理解するのを支援するために作成された

More information

untitle

untitle ISO/IEC 15504 と SPEAK IPA 版の解説 2008 年 11 月 25 日 TIS 株式会社室谷隆経済産業省プロセス改善研究部会 WG1 委員 ( 独 )IPA ソフトウェア エンジニアリング センター ISO/IEC 15504 (JIS X0145) ) とは プロセス改善と能力判定のためのアセスメント体系を規定する国際標準 アウトソーシング オフショア サプライチェーン プロセス能力を議論するための会社間

More information

研究レポート表紙.PDF

研究レポート表紙.PDF No.118 November 2001 ISO ISO takeishi@fri.fujitsu.co.jp ISO14001 CEAR A4823 1. ISO14000 ISO14000 ISO14001 2. ISO ISO. ISO14001 ISO9000 OHSAS18001 18002 ISO14001 ISO IEC13335 ISO10006. ISO ISO14001 ISO9000

More information

3-2 環境マネジメント規格の制定・改訂の動き

3-2 環境マネジメント規格の制定・改訂の動き 3-2 環境マネジメント規格の制定 改訂の動き 環境マネジメントシステム規格 (ISO14000 シリーズ ) が 1996(H8) 年に発行してから 5 年が経過し 現在世界で 27,000 件 日本でも 6,450 件 (2001 年 5 月現在 ) の審査登録 ( 認証 ) の実績がある 環境マネジメントシステム規格は ISO( 国際標準化機構 ) の環境マネジメント専門委員会 (TC207)

More information

ISO/IEC 27000ファミリーについて

ISO/IEC 27000ファミリーについて ISO/IEC 27000 ファミリーについて 2014 年 12 月 8 日 1. ISO/IEC 27000 ファミリーとは ISO/IEC 27000 ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) に関する国際規格であり ISO( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気標準会議 ) の設置する合同専門委員会 ISO/IEC JTC1( 情報技術 ) の分化委員会 SC

More information

FSMS ISO FSMS FSMS 18

FSMS ISO FSMS FSMS 18 FSMS FSMS HACCP 7 12 15 7 CCP HACCP 6 ISO/TC34 ISO 22000 7. ISO 22000 HACCP PRP OPRP ISO 22000 HACCP OPRP ISO 22000 FSMS PRP HACCP PRP PRP HACCP OPRP OPRP OPRP OPRP CCP HACCP HACCP HACCP OPRP HACCP OPRP

More information

(案とれ) 通知案1

(案とれ) 通知案1 薬生発 1219 第 11 号 平成 30 年 12 月 19 日 各都道府県知事殿 厚生労働省医薬 生活衛生局長 ( 公印省略 ) 管理医療機器の認証基準に関する取扱いについて ( その 2) 医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律第 23 条の2の 23 第 1 項の規定により厚生労働大臣が基準を定めて指定する医療機器 ( 平成 17 年厚生労働省告示第 112 号 以下

More information

【○資料1-2】①アナログ式口外汎用歯科X線診断装置等基準

【○資料1-2】①アナログ式口外汎用歯科X線診断装置等基準 アナログ式口外汎用歯科 X 線診断装置等認証基準 ( 案 ) 医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律 ( 以下 法 という ) 第二十三条の二の二十三第一項の規定により厚生労働大臣が基準を定めて指定する管理医療機器は 別表第二の下欄に掲げる基準に適合する同表の中欄に掲げるもの ( 専ら動物のために使用されることが目的とされているものを除く ) であって 法第四十一条第三項の規定により厚生労働大臣が定める医療機器の基準

More information

Microsoft PowerPoint - A3② JaSST_MISRA2004ソースコード品質診断.ppt

Microsoft PowerPoint - A3② JaSST_MISRA2004ソースコード品質診断.ppt ISO/IEC9126 & MISRA-C:2004 ベースソースコード品質診断 ~ MISRA-C:2004 ベース品質診断のご紹介 ~ 株式会社東陽テクニカソフトウェア ソリューション MISRA とは Motor Industry Software Reliability Association の略 ヨーロッパ自動車技術会 (MIRA) の下部組織 MIRA: Motor Industry

More information

橡セキュリティポリシー雛形策定に関する調査報告書

橡セキュリティポリシー雛形策定に関する調査報告書 13 2 KM 12 7 10 ISO/IEC TR 13335 Techniques for the Management of IT Security ISO/IEC 15408 Evaluation Criteria for IT Security BS7799 A Code of Practice for Information Security Management RFC2196 Site

More information

【資料3-1】認証基準_認証基準改正の概要

【資料3-1】認証基準_認証基準改正の概要 資料 3-1 認証基準の改正の概要 1. 概要次に掲げる医療機器の認証基準について 資料 3-2 のとおり 医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律第二十三条の二の二十三第一項の規定により厚生労働大臣が基準を定めて指定する医療機器 ( 平成 17 年厚生労働省告示第 112 号 以下 認証基準告示 という ) の一部を改正する 頭蓋計測用 X 線診断装置 ( 改正内容 ) 頭蓋計測用

More information

VDM-SL ISO.VDM++ VDM-SL VDM- RT VDM++ VDM,.VDM, [5]. VDM VDM++.,,, [7]., VDM++.,., [7] VDM++.,,,,,,,.,,, VDM VDMTools OvertureTo

VDM-SL ISO.VDM++ VDM-SL VDM- RT VDM++ VDM,.VDM, [5]. VDM VDM++.,,, [7]., VDM++.,., [7] VDM++.,,,,,,,.,,, VDM VDMTools OvertureTo KAOS 1 1 1 1 1,.,. ( ). KAOS VDM++.,.,,, 1. 1.1,, [1].,,, [2].,, [3]. 1.2 ( ),, [3] KAOS, VDM++, KAOS VDM++ 1 Kyushu University, KAOS,, KAOS, KAOS, VDM++., 1.3 2,., 3, KAOS VDM++. 4, 3,. 5 2. 2.1,,,,,

More information

<4D F736F F F696E74202D208E8E8CB18F8A944692E88D918DDB93AE8CFC E616C E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D208E8E8CB18F8A944692E88D918DDB93AE8CFC E616C E B8CDD8AB B83685D> JNLA 技能試験要求事項説明会平成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) 29 日 ( 水 ): 東京会場平成 24 年 8 月 24 日 ( 金 ) 30 日 ( 木 ): 大阪会場 ) 1 試験所認定に係る国際動向目次 の動向 ILAC( 国際試験所認定協力機構 ) の動向 - 計量計測トレーサビリティ - 技能試験 - 測定不確かさ 技能試験提供者の認定について 全体のまとめ 2 の動向

More information

untitled

untitled ② ICM & Safety Division Newsletter No.24 解 説 ISO12100とはどのような内容か 長岡技術科学大学システム安全系 福田 隆文 ISO12100は機械安全の基本規格で 本ニュースレタ それぞれの技術原則を提示している 具体的な内容はぜ ーでも何回か取り上げられているように機械安全の実現 ひ規格を見て頂きたい 自分の担当している機械 設備 の仕方の原則を決めている

More information

Microsoft PowerPoint - DO-178C満たすべきObjectivesとツール資格A.pptx

Microsoft PowerPoint - DO-178C満たすべきObjectivesとツール資格A.pptx RTCA/DO-178C の詳細 ~ 満たすべき Objectives とツール資格について ~ 平成 5 年 1 月 6 日 MHIエアロスペースシステムズ株式会社 -1- 1.1 概要 DO-178C とは そのタイトルが Software Considerations in Airborne Systems and Equipment Certification であり RTCA( 航空無線技術委員会

More information

第48章 ソフトウェアのコストモデル

第48章 ソフトウェアのコストモデル なぜ リスク管理 が必要か我々の日常の生活には 多くの リスク がある 例えば 思いがけずに病気になるかもしれない 急に失業して 収入がなくなるかもしれない 車を運転していて 事故を起こすかもしれない これらのリスクについては 日本では国が保険制度を用意し 法律で該当する国民の加入が義務づけられている しかし国が保険制度を用意しているリスクは ごく限られたものである 家の火災については損害保険会社が火災保険を用意し

More information

第18部 ソフトウェア技術者の資格

第18部 ソフトウェア技術者の資格 第 49 章ソフトウェア技術者の資格 ソフトウェアの資格に関わる国際規格 ISO と IEC に ソフトウェア技術者の資格に関わる国際規格がある ISO/IEC 24773: 2008 ( Software engineering -- Certification of software engineering professionals -- Comparison framework / ソフトウェア工学-ソフトウェア工学専門家の認証-

More information

ISO9001:2015内部監査チェックリスト

ISO9001:2015内部監査チェックリスト ISO9001:2015 規格要求事項 チェックリスト ( 質問リスト ) ISO9001:2015 規格要求事項に準拠したチェックリスト ( 質問リスト ) です このチェックリストを参考に 貴社品質マニュアルをベースに貴社なりのチェックリストを作成してください ISO9001:2015 規格要求事項を詳細に分解し 212 個の質問リストをご用意いたしました ISO9001:2015 は Shall

More information

ISO/IEC ファミリー規格の最新動向 ISO/IEC JTC1/SC27 WG1 小委員会主査 ( 株式会社日立製作所 ) 相羽律子 Copyright (c) Japan ISMS User Group

ISO/IEC ファミリー規格の最新動向 ISO/IEC JTC1/SC27 WG1 小委員会主査 ( 株式会社日立製作所 ) 相羽律子 Copyright (c) Japan ISMS User Group ISO/IEC 27000 ファミリー規格の最新動向 2018-12-07 ISO/IEC JTC1/SC27 WG1 小委員会主査 ( 株式会社日立製作所 ) 相羽律子 1 目次 ISO/IEC 27000 ファミリー規格とは ISO/IEC JTC1/SC27/WG1 における規格化 の概況 ISO/IEC 27001 及び ISO/IEC 27002 の 改訂状況 サイバーセキュリティに関する規格開発

More information

ISO/IEC 27000ファミリーについて

ISO/IEC 27000ファミリーについて ISO/IEC 27000 ファミリーについて 2017 年 5 月 31 日 1. ISO/IEC 27000 ファミリーとは ISO/IEC 27000 ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) に関する国際規格であり ISO( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気標準会議 ) の設置する合同専門委員会 ISO/IEC JTC 1( 情報技術 ) の分科委員会 SC

More information

27000family_ docx

27000family_ docx ISO/IEC 27000 ファミリーについて 2018 年 12 月 12 日 1. ISO/IEC 27000 ファミリーとは ISO/IEC 27000 ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) に関する国際規格であり ISO( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気標準会議 ) の設置する合同専門委員会 ISO/IEC JTC 1( 情報技術 ) の分科委員会

More information

, ()

, () 52 1952 2000 4 3,474 87.6 1. 2. () 3. 4. 79 CD-ROM 80 : 1953 2000 10 1 2003 2215 91 373 453 167 1131 2 2 146 310 3 5 21 57 35 20 30 70 87 88 89 90 91 30 010-84272233 www.cabr.com.cn 2215 91 373 453

More information

ASNITE 試験事業者認定の一般要求事項 (TERP21) ASNITE 校正事業者認定の一般要求事項 (CARP21) ASNITE 試験事業者 IT 認定の一般要求事項 (TIRP21) ASNITE 標準物質生産者認定の一般要求事項 (RMRP21) ASNITE 試験事業者認定の一般要求事

ASNITE 試験事業者認定の一般要求事項 (TERP21) ASNITE 校正事業者認定の一般要求事項 (CARP21) ASNITE 試験事業者 IT 認定の一般要求事項 (TIRP21) ASNITE 標準物質生産者認定の一般要求事項 (RMRP21) ASNITE 試験事業者認定の一般要求事 IAJapan 測定のトレーサビリティに関する方針 (URP23) 改正案新旧対照表 1. 目的 ~2. 適用範囲略 改正案 1. 目的 ~2. 適用範囲略 現行 ( 下太線部分は改正部分 ) 3. 引用法令 規格 規程等 ISO 11843-1 Capability of detection -- Part 1: Terms and definitions (JIS Z 8462-1 測定方法の検出能力

More information

ISO/IEC27000ファミリーについて

ISO/IEC27000ファミリーについて ISO/IEC 27000 ファミリーについて 2017 年 12 月 25 日 1. ISO/IEC 27000 ファミリーとは ISO/IEC 27000 ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) に関する国際規格であり ISO( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気標準会議 ) の設置する合同専門委員会 ISO/IEC JTC 1( 情報技術 ) の分科委員会

More information

<4D F736F F D20939D8D87837D836A B B816996E BB8DEC8F8A816A F90BB8DEC E646F63>

<4D F736F F D20939D8D87837D836A B B816996E BB8DEC8F8A816A F90BB8DEC E646F63> 統合マネジメントマニュアル サンプル サンプルですので 一部のみの掲載です 全体像を把握される場 合は 目次 を参考にして下さい 第 1 版 制定 改訂 年月日 年月日 株式会社門田製作所 承認 作成 < 目次 > 目次 1 1. 序 3 2. 当社及び統合マネジメントシステムの概要 4 2.1 適用範囲 4 2.2 事業の概要 4 2.3 統合マネジメントシステムの全体像 5 3. 統合マネジメントシステムⅠ(

More information

Microsoft PowerPoint - 第6章_要員の認証(事務局;110523;公開版) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 第6章_要員の認証(事務局;110523;公開版) [互換モード] 1 2 3 解説 まず最初に, 要員 の一般的な定義と認証の対象となる 要員 の定義 (ISO/IEC 17024 による ) を学び, 両者の相違点を理解する 参考資料 1) 新村出編, 広辞苑 ( 第 6 版 ), 岩波書店,2009. 2) The New Oxford Dictionary of English 3) ISO/IEC 17024:2003 Conformity assessment

More information

Macintosh HD:Users:ks91:Documents:lect:nm2002s:nm2002s03.dvi

Macintosh HD:Users:ks91:Documents:lect:nm2002s:nm2002s03.dvi 3 ks91@sfc.wide.ad.jp April 22, 2002 1 2 1. over IP ( : Voice over IP; IP Internet Protocol ) over IP??? : 2002/4/20 23:59 JST : http://www.soi.wide.ad.jp/report/ 3 32 11 (4/22 ) 4 () 3 2 1? 4 ...... A.C.

More information

starc_verilog_hdl pptx

starc_verilog_hdl pptx !!!!!!! ! 2.10.6.! RTL : 1! 1 2! 3.2.5.! : ! 1.7. FPGA 1 FPGA FPGA 1.5.2! 3.1.2.! 3! 3.3.1. DFT! LSI :! 2 : ! ON FPGA!!! FPGA! FPGA! !!!!! ! Verilog HDL 6 9 4! Xilinx ISE!!! RTL! CPU !! 20!! C! VHDL! Xilinx

More information

国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述

国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述 国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述 -------------------------------------------------------------------------------- Title: 国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述 Creator: 国立国会図書館 Latest Version: http://ndl.go.jp/jp/library/data/meta/2011/12/dcndl.pdf

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

Rational Roseモデルの移行 マニュアル

Rational Roseモデルの移行 マニュアル Model conversion from Rational Rose by SparxSystems Japan Rational Rose モデルの移行マニュアル (2012/1/12 最終更新 ) 1. はじめに このガイドでは 既に Rational( 現 IBM) Rose ( 以下 Rose と表記します ) で作成された UML モデルを Enterprise Architect で利用するための作業ガイドです

More information

システム開発プロセスへのデザイン技術適用の取組み~HCDからUXデザインへ~

システム開発プロセスへのデザイン技術適用の取組み~HCDからUXデザインへ~ HCDUX Approach of Applying Design Technology to System Development Process: From HCD to UX Design 善方日出夫 小川俊雄 あらまし HCDHuman Centered Design SE SDEMHCDUIUser Interface RIARich Internet ApplicationUXUser

More information

ISO9001:2015規格要求事項解説テキスト(サンプル) 株式会社ハピネックス提供資料

ISO9001:2015規格要求事項解説テキスト(サンプル) 株式会社ハピネックス提供資料 テキストの構造 1. 適用範囲 2. 引用規格 3. 用語及び定義 4. 規格要求事項 要求事項 網掛け部分です 罫線を引いている部分は Shall 事項 (~ すること ) 部分です 解 ISO9001:2015FDIS 規格要求事項 Shall 事項は S001~S126 まで計 126 個あります 説 網掛け部分の規格要求事項を講師がわかりやすく解説したものです

More information

EURAMET EURAMET/cg-15/v.01 "Guidelines on the Calibration of Digital Multimeters" EURAMET e.v. "General Conditions for the translation of EURAMET publ

EURAMET EURAMET/cg-15/v.01 Guidelines on the Calibration of Digital Multimeters EURAMET e.v. General Conditions for the translation of EURAMET publ JAB RL508-2010 20100405 2010-04-05-1/22-0 2010-04-05 EURAMET EURAMET/cg-15/v.01 "Guidelines on the Calibration of Digital Multimeters" EURAMET e.v. "General Conditions for the translation of EURAMET publications"

More information

untitled

untitled RFID 15 9 RFID Radio Frequency IDentificationIC ID RFID IC IC RFID 240 Byte PDA Personal Digital Assistants PDA PocketPC 2002 CFTYPE II CF 125 khz 9600 bps 1 ID ID ID GIS 3 CAD ID PDA a PDA PDA b c PDA

More information

スキル領域 職種 : ソフトウェアデベロップメント スキル領域と SWD 経済産業省, 独立行政法人情報処理推進機構

スキル領域 職種 : ソフトウェアデベロップメント スキル領域と SWD 経済産業省, 独立行政法人情報処理推進機構 スキル領域と (8) ソフトウェアデベロップメント スキル領域と SWD-1 2012 経済産業省, 独立行政法人情報処理推進機構 スキル領域 職種 : ソフトウェアデベロップメント スキル領域と SWD-2 2012 経済産業省, 独立行政法人情報処理推進機構 専門分野 ソフトウェアデベロップメントのスキル領域 スキル項目 職種共通スキル 項目 全専門分野 ソフトウェアエンジニアリング Web アプリケーション技術

More information

Microsoft Word family_ rv.docx

Microsoft Word family_ rv.docx ISO/IEC 27000 ファミリーについて 2018 年 6 月 20 日 1. ISO/IEC 27000 ファミリーとは ISO/IEC 27000 ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) に関する国際規格であり ISO( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気標準会議 ) の設置する合同専門委員会 ISO/IEC JTC 1( 情報技術 ) の分科委員会 SC

More information

No. 1 2. 3 4 5 6 I ( ) 7 II ( ) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 Material Database 20 21 22 23 24 25 26 ( ) 27 28 29 30 31 32 33 1 I 34 2 II 35 3 III

No. 1 2. 3 4 5 6 I ( ) 7 II ( ) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 Material Database 20 21 22 23 24 25 26 ( ) 27 28 29 30 31 32 33 1 I 34 2 II 35 3 III 20 ( ) 29 No. 1 2. 3 4 5 6 I ( ) 7 II ( ) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 Material Database 20 21 22 23 24 25 26 ( ) 27 28 29 30 31 32 33 1 I 34 2 II 35 3 III 36 4 37 5 38 6 I 39 7 II 40 8 III 41 9 29

More information

システム必要条件 - SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office

システム必要条件 -  SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office 94H196 SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office 標準インストール プラットフォーム 必要なインストール容量 推奨する最小限のRAM Microsoft Windows 400 MB 2 GB Microsoft Windows x64 400 MB 2 GB サポートしているオペレーティングシステム SAS Add-In for Microsoft Office

More information

統合化の概要次回の改訂時迄には ISO D Guide83 に沿って整合性を図った 要求事項の定義 要求事項タイトル 要求事項の順番 そして定期的な適切性や妥当性有効性等の強化を含む見直しによって追加補充や変更点への対応を含めた対応が必要とされるが 統合化の構成の概要は 以下の通りススムパートナーズ

統合化の概要次回の改訂時迄には ISO D Guide83 に沿って整合性を図った 要求事項の定義 要求事項タイトル 要求事項の順番 そして定期的な適切性や妥当性有効性等の強化を含む見直しによって追加補充や変更点への対応を含めた対応が必要とされるが 統合化の構成の概要は 以下の通りススムパートナーズ ISO 統合マネジメントシステムの動向と概念 2013.3.25 ススムパートナーズ 長澤進現在 ISO/TMB( 技術管理評議会 ) の TAG13-JTCG( 合同技術調整グループ ) で マネジメントシステムの統合化が進められている こらは 今迄に発行されている ISO9001 や ISO14001 などの各種マネジメントシステムの要求事項には共通した部分が明確になり これからも発行される規格要求にも同様の事象が見られ

More information

システム必要条件 - SAS Fraud Management 3.1

システム必要条件 - SAS Fraud Management 3.1 92A336 システム必要条件 SAS Fraud Management 3.1 オペレーティングシステムとシステムソフトウェア SAS Fraud management 3.1 で必要なオペレーティングシステムとシステムソフトウェアは 下記のとおりです z/os v1.8 以降 CICS Transaction Server v3.1 以降 DB2 for z/os v8.1 以降 AIX 5.3.7

More information

品質マニュアル(サンプル)|株式会社ハピネックス

品質マニュアル(サンプル)|株式会社ハピネックス 文書番号 QM-01 制定日 2015.12.01 改訂日 改訂版数 1 株式会社ハピネックス (TEL:03-5614-4311 平日 9:00~18:00) 移行支援 改訂コンサルティングはお任せください 品質マニュアル 承認 作成 品質マニュアル 文書番号 QM-01 改訂版数 1 目次 1. 適用範囲... 1 2. 引用規格... 2 3. 用語の定義... 2 4. 組織の状況... 3

More information

Microsoft PowerPoint - 1.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 1.ppt [互換モード] 1. ユーザインタフェースとは 1. ヒューマンーコンピュータ インタラクションの定義 1. ユーザインタフェースとは 2. 利用者中心デザイン 3. 認知科学との関連 4. ソフトウェア工学との関連 1. ヒューマンコンピュータインタラクションの定義 マンーマシンインタフェース 人間 ヒューマンーマシンインタフェース (Human-Machine Interface: HMI) ヒューマンインタフェース

More information

システム必要条件 - SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office

システム必要条件 -  SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office 94E196 システム必要条件 SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office 標準インストール プラットフォーム 必要なインストール容量 推奨する最小限のRAM Microsoft Windows 400 MB 2 GB Microsoft Windows x64 400 MB 2 GB サポートしているオペレーティングシステム SAS Add-In for Microsoft

More information

HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack - Windows Editionサポート マトリックス

HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack - Windows Editionサポート マトリックス HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack - Windows Edition サポートマトリックス 製品番号 :315379-593 第 12 版 :2006 年 11 月 製品バージョン :3.10 ご注意 Copyright 2002 2006 Hewlett-Packard Development Company, L.P. 本書で取り扱っているコンピュータソフトウェアは秘密情報であり

More information

本書は 一般社団法人情報通信技術委員会が著作権を保有しています 内容の一部又は全部を一般社団法人情報通信技術委員会の許諾を得ることなく複製 転載 改変 転用及びネットワーク上での送信 配布を行うことを禁止します JF-IEEE802.3

本書は 一般社団法人情報通信技術委員会が著作権を保有しています 内容の一部又は全部を一般社団法人情報通信技術委員会の許諾を得ることなく複製 転載 改変 転用及びネットワーク上での送信 配布を行うことを禁止します JF-IEEE802.3 JF-IEEE802.3 Ethernet に関するインタフェース Interface for Ethernet 第 2 版 2014 年 5 月 22 日制定 一般社団法人情報通信技術委員会 THE TELECOMMUNICATION TECHNOLOGY COMMITTEE 本書は 一般社団法人情報通信技術委員会が著作権を保有しています 内容の一部又は全部を一般社団法人情報通信技術委員会の許諾を得ることなく複製

More information

どのような便益があり得るか? より重要な ( ハイリスクの ) プロセス及びそれらのアウトプットに焦点が当たる 相互に依存するプロセスについての理解 定義及び統合が改善される プロセス及びマネジメントシステム全体の計画策定 実施 確認及び改善の体系的なマネジメント 資源の有効利用及び説明責任の強化

どのような便益があり得るか? より重要な ( ハイリスクの ) プロセス及びそれらのアウトプットに焦点が当たる 相互に依存するプロセスについての理解 定義及び統合が改善される プロセス及びマネジメントシステム全体の計画策定 実施 確認及び改善の体系的なマネジメント 資源の有効利用及び説明責任の強化 ISO 9001:2015 におけるプロセスアプローチ この文書の目的 : この文書の目的は ISO 9001:2015 におけるプロセスアプローチについて説明することである プロセスアプローチは 業種 形態 規模又は複雑さに関わらず あらゆる組織及びマネジメントシステムに適用することができる プロセスアプローチとは何か? 全ての組織が目標達成のためにプロセスを用いている プロセスとは : インプットを使用して意図した結果を生み出す

More information

Microsoft Word - 【履歴なし】27000HPコンテンツ案20140604.doc

Microsoft Word - 【履歴なし】27000HPコンテンツ案20140604.doc ISO/IEC 27000 ファミリーについて 2014 年 6 月 4 日 1. ISO/IEC 27000 ファミリーとは ISO/IEC 27000 ファミリーは 情 報 セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に 関 す る 国 際 規 格 であり ISO( 国 際 標 準 化 機 構 ) 及 び IEC( 国 際 電 気 標 準 会 議 )の 設 置 する 合 同 専 門 委 員 会

More information

9100 Key Changes Presentation

9100 Key Changes Presentation 管理者向け資料 注意事項 : この資料は,IAQG の Web サイトに掲載されている 9100 次期改正動向説明資料の 9100 revision 2016 Executive Level Presentation October 2016 を翻訳 / 一部補足したものです 和訳の内容が不明確な場合は原文 ( 英文 ) を参照願います 翻訳 編集 :JAQG 規格検討ワーキンググループ作成 :IAQG

More information

図表 11に都道府県別取得件数 ( 上位 10 位 ) を 図表 12に産業分野別取得件数 ( 上位主要産業分野 ) を 図表 13に産業分野別取得件数の推移を示します 産業分野別件数 ( 図表 12) では最も多いのが 建設 の15,084 件 次いで 基礎金属 加工金属製品 の6,434 件 電

図表 11に都道府県別取得件数 ( 上位 10 位 ) を 図表 12に産業分野別取得件数 ( 上位主要産業分野 ) を 図表 13に産業分野別取得件数の推移を示します 産業分野別件数 ( 図表 12) では最も多いのが 建設 の15,084 件 次いで 基礎金属 加工金属製品 の6,434 件 電 第 ISO 9000 規格の解説 第 1 節 ISO9000 規格とは 1 ISO9000 規格の成立ち (1) ISOについて国際標準化機構 (ISO:International Organization for Standardization) は 1947 年に設立された民間の非営利組織で本部はスイスのジュネーブにあります IS Oという略称の由来はギリシャ語の 相等しい 同一の を意味する

More information

Taro12-認定-部門-ASG101-06

Taro12-認定-部門-ASG101-06 JIS Q 17025(ISO/IEC 17025(IDT)) JIS Q17025(ISO/IEC 17025(IDT)) --- --- JNLA JCSS ISO/IEC 17025 JIS Q 17025 IAJapan ILAC APLAC JIS Q17011 ISO/IEC 17011 MRA ILACAPLAC MRA IAJapan (3) JNLAJCSS (4) testing

More information

今日のお話 実装とは? 達成基準と達成方法 実装チェックリストとは? 実装チェックリストの作り方 作成のコツと注意点 まとめ

今日のお話 実装とは? 達成基準と達成方法 実装チェックリストとは? 実装チェックリストの作り方 作成のコツと注意点 まとめ これから取り組むWebアクセシビリティ 2018 夏 こうすればできる ウェブアクセシビリティ実装のポイントと 実装チェックリストの作り方 2018年8月22日 水曜日 太田 良典 ウェブアクセシビリティ基盤委員会 作業部会4 翻訳 主査 今日のお話 実装とは? 達成基準と達成方法 実装チェックリストとは? 実装チェックリストの作り方 作成のコツと注意点 まとめ 実装とは? 実装 の一般的な定義とアクセシビリティJISにおける

More information

インドシナ産業基板基礎調査団報告書

インドシナ産業基板基礎調査団報告書 J R 01-08 ABBREVIATlON AOAC APEC APLAC APLMP APMP ASEAN ASTM BIPM BNM BOA BPS BS CBWM CGPM CMS CNLA CNS CSIR CSIRO DOE DOM DOST DSMQC DSN DSS DTI EMC ETL FAO GDP Association of Official Analytical Chemists

More information

IATF16949への移行審査

IATF16949への移行審査 International Automotive Task Force TRANSITION STARATEGY ISO/TS 16949 > IATF 16949 www. Iatfglobaloversight.org 前置き 2 移行タイミング要求事項 2 移行審査の要求事項 3 CB に対する移行審査チームの要求事項 5 移行審査の不適合マネジメント 6 IATF 16949 登録証発行 6

More information

Japanese.PDF

Japanese.PDF 2002 11 2 3 Part I 4 5 6 3.1WTO/TBT 2 3 6 3.2ISO/IEC 7 3.3 7 3.4 7 3.5 8 3.6 8 9 4.1 9 4.2 9 4.3 10 12 Part II 13 1.1 13 1.2 13 1.3 14 1.4 14 1.5 14 2 14 3 15 3.1 15 3.2 16 3.3 17 3.4 17 3.5 18 3.6 18

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション GSN を応用したナレッジマネジメントシステムの提案 2017 年 10 月 27 日 D-Case 研究会 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 研究開発部門第三研究ユニット 梅田浩貴 2017/3/27 C Copyright 2017 JAXA All rights reserved 1 目次 1 課題説明 SECI モデル 2 GSN を応用したナレッジマネジメントシステム概要 3 ツリー型チェックリスト分析

More information

Copyright(C) 2002 Information-technology Promotion Agency, Japan All rights reserved. 1

Copyright(C) 2002 Information-technology Promotion Agency, Japan All rights reserved. 1 Copyright(C) 2002 Information-technology Promotion Agency, Japan All rights reserved. 1 ISO/IEC 15408 ISO/IEC 15408 Copyright(C) 2002 Information-technology Promotion Agency, Japan All rights reserved.

More information

Testing XML Performance

Testing XML Performance - DataPower Technology, Inc. XML Web 2003 5 DATAPOWER XML WEB - Copyright 2003DataPower Technology, Inc. All Rights Reserved. DataPower Technology, Inc. DataPower DataPower ( ) DataPower 2003 5 2/17 DATAPOWER

More information

- Principles for a Telecommunications management network 2.0 2001 11 27 THE TELECOMMUNICATION TECHNOLOGY COMMITTEE 2 JT-M3010 ...19...20...20...20...20...21...22...23...24 3 JT-M3010 ...26...28...29...34...34...35...35...37...37...37...37...37

More information

ISO/IEC ファミリーについて 2009 年 8 月 4 日 1. ISO/IEC ファミリーとは ISO/IEC ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) に関する国際規格であり ISO( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気

ISO/IEC ファミリーについて 2009 年 8 月 4 日 1. ISO/IEC ファミリーとは ISO/IEC ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) に関する国際規格であり ISO( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気 ISO/IEC 27000 ファミリーについて 2009 年 8 月 4 日 1. ISO/IEC 27000 ファミリーとは ISO/IEC 27000 ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (ISMS) に関する国際規格であり ISO( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気標準会議 ) の設置する合同専門委員会 ISO/IEC JTC1( 情報技術 ) の分化委員会 SC

More information

表 3 厚生労働省新旧ガイドライン目次比較 は新ガイドラインで追加された項目 コンピュータ使用医薬品等製造所適正管理ガイドライン 第 1 目的 1. 総則 1.1 目的 第 2 適用の範囲 2. 適用の範囲 第 3 開発業務 1. 開発検討段階 (1) 開発段階の責任体制の確立 (2) 開発マニュア

表 3 厚生労働省新旧ガイドライン目次比較 は新ガイドラインで追加された項目 コンピュータ使用医薬品等製造所適正管理ガイドライン 第 1 目的 1. 総則 1.1 目的 第 2 適用の範囲 2. 適用の範囲 第 3 開発業務 1. 開発検討段階 (1) 開発段階の責任体制の確立 (2) 開発マニュア 表 3 厚生労働省新旧ガイドライン目次比較 は新ガイドラインで追加された項目 コンピュータ使用医薬品等製造所適正管理ガイドライン 第 1 目的 1. 総則 1.1 目的 第 2 適用の範囲 2. 適用の範囲 第 3 開発業務 1. 開発検討段階 (1) 開発段階の責任体制の確立 (2) 開発マニュアルの作成 (3) 開発計画書の作成 2. システム設計段階 (1) システム設計書の作成 (2) システム設計書の確認

More information

03-3817-5670FAX 03-3815-8199 IEC IPA SEC (JIS X (JIS X IEC IEC IEC SIL(Safety Integrity Level)SIL SIL SILSIL IEC AD A B C D IEC ETC ETC V TV HDD GB GB HDD AECL LINAC e X x FTAFault Free Analysis SAFEWAREN

More information

ISO/IEC 改版での変更点

ISO/IEC 改版での変更点 ISO/IEC 20000-1 改版での変更点 2012 年 3 月 30 日富士通株式会社 ITIL と ISO20000 の歩み JIS 化 (2007.4) JIS Q 20000-1:2007 改版中 JIS Q 20000-2:2007 国際標準化 (2005.12) BS15000-1 BS15000-2 ISO20000-1 改版 (2011.4) ISO20000-2 ITIL V3

More information

Microsoft PowerPoint - PCG-AssessmentReportSummary (J) v2.0d3.pptx

Microsoft PowerPoint - PCG-AssessmentReportSummary (J) v2.0d3.pptx PCG Solutions / Viedoc 供給者アセスメント報告書のご紹介 2017 年 8 月アズビル株式会社 はじめに アズビルは ( スポンサからの委託に依らず ) 独自にPCG Solutions AB( 以下 PCG Solutions) に対してサプライヤアセスメントを実施しました このアセスメント結果をまとめた PCG Solutions / Viedoc 供給者アセスメント報告書

More information

0-表紙

0-表紙 openehr EHR openehr openehr CEN/ISO 13606 HL7 CDA Health Record An extract of an EHR Extract of EHR Multi document message Folder Composition (versions) Folder Composition (+/- versions) Document (Version

More information

PMI2005北米大会報告書

PMI2005北米大会報告書 2 3 Metro Toronto Convention Center Toronto, Canada PMI PMI SIG Meeting Paper Presentation PM PM PMI 4 5 8-15 Sep. 2005, Metro Toronto Convention Center, Toronto, Canada 6 7 CEO PM 180,000 PMI BMW PMI

More information

1 BCM BCM BCM BCM BCM BCMS

1 BCM BCM BCM BCM BCM BCMS 1 BCM BCM BCM BCM BCM BCMS わが国では BCP と BCM BCM と BCMS を混同している人を多く 見受けます 専門家のなかにもそうした傾向があるので BCMS を正 しく理解するためにも 用語の理解はきちんとしておきましょう 1-1 用語を組織内で明確にしておかないと BCMS や BCM を組織内に普及啓発していく際に齟齬をきたすことがあります そこで 2012

More information

建設業界におけるICT施工の進展とバリューチェーン展開への取組み

建設業界におけるICT施工の進展とバリューチェーン展開への取組み ICT Approach to Value Chain Expansion and Information & Communication Technology (ICT) Development in A/E/C Industry 齋藤昌司 中山健 あらまし FsolICTQCDSE ICT Fsol ICT FsolICT Abstract Fsol has been engaged in system

More information

ISO/IEC 27000ファミリーについて

ISO/IEC 27000ファミリーについて O/IEC 27000 ファミリーについて 2016 年 12 月 9 日 1. O/IEC 27000 ファミリーとは O/IEC 27000 ファミリーは 情報セキュリティマネジメントシステム (MS) に関する国際規格であり O( 国際標準化機構 ) 及び IEC( 国際電気標準会議 ) の設置する合同専門委員会 O/IEC JTC 1( 情報技術 ) の分科委員会 SC 27( セキュリティ技術

More information

PS

PS PS 3.7-2001 PS 3.7-2001 Digital Imaging and Communications in Medicine (DICOM) Part 7: Message Exchange Published by National Electrical Manufacturers Association 1300 N. 17th Street Rosslyn, Virginia

More information

日経ビジネス Center 2

日経ビジネス Center 2 Software Engineering Center Information-technology Promotion Agency, Japan ソフトウェアの品質向上のために 仕様を厳密に 独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア エンジニアリング センター 調査役新谷勝利 Center 1 日経ビジネス 2012.4.16 Center 2 SW 開発ライフサイクルの調査統計データ ソフトウェア産業の実態把握に関する調査

More information

Vol.55 No (Jan. 2014) saccess 6 saccess 7 saccess 2. [3] p.33 * B (A) (B) (C) (D) (E) (F) *1 [3], [4] Web PDF a m

Vol.55 No (Jan. 2014) saccess 6 saccess 7 saccess 2. [3] p.33 * B (A) (B) (C) (D) (E) (F) *1 [3], [4] Web PDF   a m Vol.55 No.1 2 15 (Jan. 2014) 1,a) 2,3,b) 4,3,c) 3,d) 2013 3 18, 2013 10 9 saccess 1 1 saccess saccess Design and Implementation of an Online Tool for Database Education Hiroyuki Nagataki 1,a) Yoshiaki

More information

目次 1 はじめに 本文書の概要 PVF ソフトウェアと VISUAL STUDIO PVF ソフトウェアの種類 MICROSOFT VISUAL STUDIO の日本語化について VISUAL STUDIO

目次 1 はじめに 本文書の概要 PVF ソフトウェアと VISUAL STUDIO PVF ソフトウェアの種類 MICROSOFT VISUAL STUDIO の日本語化について VISUAL STUDIO PGI Visual Fortran のための Microsoft Visual Studio 導入ガイド 2016 年版 日本語環境の Visual Studio の構築について PGI インストール関係の日本語ドキュメントは 以下の URL に全てアーカイブしてありま す オンラインでご覧になりたい場合は 以下の URL にアクセスしてください http://www.softek.co.jp/spg/pgi/inst_document.html

More information

スライド 1

スライド 1 IBM ホスト アクセスのためのツールを集めたソリューション パッケージ Solution Package for Host Access Solution Package for Host Access は 以下の IBM 製品を使用した IBM ホスト システムへのアクセスやホストと PC クライアントとの連携をサポートするソリューションを提供します Host Access Client Package

More information

報告書本文.PDF

報告書本文.PDF 18 2001 3 1999 11 2000 3 5 2000 4 17 1 UD UD UD UD 2000 10 2001 3 3 UD UD UD 1 Universal Design the design of products and environments to be usable by all people, to the greatest extent possible, without

More information

日立評論2007年3月号 : ソフトウェア開発への

日立評論2007年3月号 : ソフトウェア開発への Vol.89 No.3 298-299 Application of Statistical Process Control to Software Development Mutsumi Komuro 1 23 1985 ACM IEEE 1 195QC Quality Control 1 2 CMM Capability Maturity Model CMMI Capability Maturity

More information

Microsoft Word - JSQC-Std 目次.doc

Microsoft Word - JSQC-Std 目次.doc 日本品質管理学会規格 品質管理用語 JSQC-Std 00-001:2011 2011.10.29 制定 社団法人日本品質管理学会発行 目次 序文 3 1. 品質管理と品質保証 3 2. 製品と顧客と品質 5 3. 品質要素と品質特性と品質水準 6 4. 8 5. システム 9 6. 管理 9 7. 問題解決と課題達成 11 8. 開発管理 13 9. 調達 生産 サービス提供 14 10. 検査

More information

(Veritas\231 System Recovery 16 Monitor Readme)

(Veritas\231 System Recovery 16 Monitor Readme) Veritas System Recovery 16 Monitor Readme この README について Veritas System Recovery 16 Monitor でサポートされなくなった機能 Veritas System Recovery 16 Monitor について システムの必要条件 ホストコンピュータの前提条件 クライアントコンピュータの前提条件 Veritas System

More information

<4D F736F F F696E74202D A8E5289BA5F4A4E E D FEE95F1835A834C A AA96EC82CC8D918DDB95578F8082CC93AE8CFC2E >

<4D F736F F F696E74202D A8E5289BA5F4A4E E D FEE95F1835A834C A AA96EC82CC8D918DDB95578F8082CC93AE8CFC2E > 情報セキュリティの国際標準の動向 - ISO/IEC 27002 と外部委託関連の標準を中心に - 富士通株式会社 IT 戦略本部 山下真 ISO/IEC JTC 1/SC 27 WG 1 国内幹事 WG 4 国内委員 2013 年 1 月 25 日 Copyright SC 27/WG 1, WG 4 Japan, 2013 本日取り上げる標準 SC 27/WG 1 ISO/IEC 27002 Information

More information

ISO の概要

ISO の概要 プロジェクトマネジメント国際標準化フォーラム 2012 ISO 21500 WG2 総括報告 平成 24 年 11 月 28 日 PC236 国内対応委員会関口明彦 Copyright 2012 AKIHIKO SEKIGUCHI WG2 概要 WG2: プロセスの検討グループ CONVENER:Reinhard Wagner(Germany) SECRETARY:Walter Bowman(USA)

More information

背景 1 / Reprinted with permission from paper c 2013 SAE International.

背景 1 / Reprinted with permission from paper c 2013 SAE International. 車載グラフィックメータ開発プロセス革新への挑戦 ~ REMO ZIPC による 3D HMI 開発事例 ~ 西川良一株式会社デンソー情報通信システム開発部 背景 1 / 17 2008 2009 2010 2011 2012 2013 Reprinted with permission from paper 2013-01 01-04250425 c 2013 SAE International.

More information

The EMC Directives - Guide for 89/336/EEC and 2004/108/EC

The EMC Directives - Guide for 89/336/EEC and 2004/108/EC EMC 89/336/EEC 2004/108/EC ( 2 ) EMC 2007 3 1 1 1.1 EMC............ 1 1.1.1......... 1 1.1.2........ 2 1.2................... 2 1.2.1.......... 2 1.2.2.......... 2 1.2.3......... 2 1.2.4............. 2

More information