Microsoft Word - tutorial7-language.docx

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - tutorial7-language.docx"

Transcription

1 株 式 会 社 チェンジビジョン 使 用 バージョン:astah* 6.0, 6.1 astah* チュートリアル [ 第 7 章 語 サポート 機 能 を 使 ってみよう] 目 次 言 語 サポート 機 能 を 使 ってみよう 2 Java 2 Java 基 本 機 能 2 Java スケルトンコードを 作 成 してみよう 5 Java ソースコードの 読 み 込 みをしてみよう 7 C++ 10 C++ 基 本 機 能 10 C++スケルトンコードを 作 成 をしてみよう 13 C++リバースをしてみよう(サンプル サポート 対 象 外 ) 17 C# 23 C# 基 本 機 能 23 C#スケルトンコードを 作 成 してみよう 26 C#リバースをしてみよう(サンプル サポート 対 象 外 ) 29

2 言 語 サポート 機 能 を 使 ってみよう 使 用 できるエディション: astah* professional astah* UML astah*では よく 使 用 される 基 本 的 な 言 語 Java C++ C#に 対 応 しています JAVA 使 用 できるエディション: astah* professional astah* UML JAVA 基 本 機 能 プロジェクトの 言 語 設 定 をしてみよう プロジェクトの 言 語 設 定 は プロパティビュー または システムプロパティで 設 定 します プロジェクトのプロパティビュー[プロジェクトの 設 定 ]タブ [ツール]-[システムプロパティ]-[ファイル]-[プロジェクトの 新 規 作 成 時 の 言 語 ]-[Java] 2 / 33

3 JAVA 言 語 固 有 の 設 定 をしてみよう クラス 属 性 操 作 の[ 言 語 ]タブ(プロパティビュー)で Java 言 語 固 有 の 設 定 が 可 能 です JAVA のデフォルトモデルを 使 ってみよう astah* professional インストールフォルダ template project Java1.4.asta astah* professional インストールフォルダ template project Java5.asta システムプロパティでデフォルトモデルを 設 定 していない 場 合 は [ファイル]-[テンプレートからプロジェクトの 新 規 作 成 ]-[ Java1.4.asta]または[Java5.asta]を 選 択 します 3 / 33

4 以 下 のような 内 容 です [Java5.asta] [Java1.4.asta] またシステムプロパティで 新 規 プロジェクト 作 成 時 のデフォルトモデルの 設 定 もできます 4 / 33

5 JAVA スケルトンコードを 作 成 してみよう 作 成 したモデルから Java のスケルトンコードを 出 力 できます インストールフォルダ 配 下 の Sample.asta を 開 いて 出 力 してみましょう 5 / 33

6 メインメニューの[ツール] - [Java] - [Java スケルトンコードの 作 成 ]を 選 択 します Class パッケージの 直 下 のソースを 出 力 してみます 以 下 のように 出 力 されました 6 / 33

7 Monitor.java を 開 いてみます 正 しく 出 力 されていることがわかりますね JAVA ソースコードの 読 み 込 み をしてみよう 今 度 はプロジェクトを 新 規 作 成 し 前 章 で 出 力 したソースをリバースしてみます (1) プロジェクトを 開 き(または 新 規 作 成 し) メインメニューの[ツール]- [Java ソースコードの 読 み 込 み] を 選 択 します (2) Java ファイル 選 択 ダイアログで Java のファイルを 選 択 します (3) Java のソースコードからパッケージやクラスのモデルを 生 成 します リバース 時 には 関 連 にしたい 属 性 を 指 定 できます 以 下 のダイアログで Close ボタンをクリックすると 終 了 です 7 / 33

8 以 下 のようにリバースされました (4)リバースしただけではクラス 図 は 作 成 されませんので 生 成 したモデルからクラス 図 を 自 動 作 成 します 構 造 ツリーのプロジェクトのポップアップメニューより 以 下 のメニューを 選 択 します - [クラス 図 を 自 動 作 成 する] - [ 詳 細 クラス 図 を 自 動 作 成 する] 8 / 33

9 以 下 のようにクラス 図 が 自 動 生 成 されました 9 / 33

10 C++ 使 用 できるエディション: astah* professional astah* UML C++ 基 本 機 能 プロジェクトの 言 語 設 定 をしてみよう プロジェクトの 言 語 設 定 は プロパティビュー または システムプロパティで 設 定 します プロジェクトのプロパティビュー[プロジェクトの 設 定 ]タブ [ツール]-[システムプロパティ]-[ファイル]-[プロジェクトの 新 規 作 成 時 の 言 語 ]-[C++] C++ 言 語 固 有 の 設 定 をしてみよう クラス 属 性 操 作 の[ 言 語 ]タブ(プロパティビュー)で C++ 言 語 固 有 の 設 定 が 可 能 です [クラス] [ 属 性 ] 10 / 33

11 [ 操 作 ] C++ 用 のデフォルトモデルを 使 ってみよう astah* professional インストールフォルダ template project C++.asta システムプロパティでデフォルトモデルを 設 定 していない 場 合 は [ファイル]-[テンプレートからプロジェクトの 新 規 作 成 ]-[ C++.asta]を 選 択 します 以 下 のような 内 容 です 11 / 33

12 またシステムプロパティで 新 規 プロジェクト 作 成 時 のデフォルトモデルの 設 定 もできます 型 修 飾 子 (* & 等 ポインタ 情 報 )を 使 ってみよう プロパティビューより 型 修 飾 子 を 入 力 できます 型 修 飾 子 はダイアグラムエディタ 上 でクラスや 属 性 等 の 図 要 素 に 表 示 されます HTML 出 力 や RTF 出 力 にも 対 応 しています 12 / 33

13 C++ プリミティブ 型 の 対 応 各 プリミティブ 型 に 対 応 しています bool / char / signed char / unsigned char / short / unsigned short / short int / signed short int / unsigned short int / int / signed int / unsigned int / long / unsigned long / long int / signed long int / unsigned long int / float / double / long double / wchar_t C++スケルトンコードを 作 成 をしてみよう 使 用 できるエディション: astah* professional astah* UML インストールフォルダ 配 下 の Sample.asta を 開 いて プロジェクトのプロパティビューの"プロジェクトの 設 定 "で C++を ON にします 以 下 の MSG ではいを 選 択 します 13 / 33

14 メインメニューの[ツール] - [C++] - [C++スケルトンコードの 作 成 ]を 選 択 します Class パッケージの 直 下 のソースを 出 力 してみます またオプションもあります 14 / 33

15 以 下 のようにヘッダーファイル ソースファイルともに 出 力 されましたね Monitor.h を 開 いてみます 15 / 33

16 Monitor.cpp を 開 いてみます 正 しく 出 力 されていることがわかりますね 16 / 33

17 C++リバースをしてみよう(サンプル サポート 対 象 外 ) 使 用 できる 製 品 : astah* professional [ 使 用 方 法 ] 詳 しい 使 用 法 は astah* C++リバース 利 用 ガイドをご 参 照 ください stah* professional インストールフォルダ api sample sample_doxygen_c_plus sample_doxygen_c_plus.html [イメージ] Doxygen リバースツール ソース XML *.asta [Doxygen を 利 用 してリバース] [C++のスケルトンコードを 作 成 ]の 章 で 出 力 したソースを Doxygen を 使 用 し XML に 変 換 します 読 み 込 みソースパス 配 下 のファイルがすべて 対 象 な 時 には RECUSIVE のチェックが 必 要 なので 注 意 してくださ い また ソースのエンコードもファイルのエンコードと 揃 えてください 17 / 33

18 また ヘッダーファイルのパスを 追 加 するのも 重 要 です [Doxygen の 設 定 ポイント] 特 に 以 下 に 注 意 してください [Expert]-[Input]-[RECURSIVE] [Expert]-[Input]-[INPUT_ENCORDING] [Expert]-[Preprocessor]-[INCLUDE PATH] 18 / 33

19 以 下 のように 出 力 されました 19 / 33

20 これを API サンプルを 経 由 してプロジェクトを 作 成 します 作 成 した 結 果 を 開 いてみます この 時 点 ではクラス 図 がないため クラス 図 を 自 動 生 成 してみます 20 / 33

21 次 のようにクラス 図 が 自 動 生 成 されました リバース 前 のクラス 図 と 比 較 するため 移 動 と 色 付 けをします 21 / 33

22 これがフォワード 前 のモデルです 比 較 するとグローバルな Global クラスがあります これは C++では クラスに 属 さないメソッド 等 が 生 成 される ため リバース 時 に 各 名 前 空 間 に Global クラスが 生 成 されます また Tracer クラスと Engine クラス Tracer クラスと Steering クラス Tracer クラスと Monitor クラス Tracer クラスと State クラスの 関 連 がありませんが その 代 わり Tracer クラスには 属 性 として Engine クラス Steering クラス Monitor クラス State クラスを 持 ち 逆 参 照 も 付 加 されます UML2.0 では 属 性 も 関 連 もプロパティとい う 概 念 になり 意 味 合 いは 同 じです また Monitor クラスと Engine クラス Monitor クラスと Steering クラスの 関 連 がないこと Monitor クラスと LightSensor クラスの 関 連 がないことも 同 じです 22 / 33

23 C# 使 用 できるエディション: astah* professional astah* UML C# 基 本 機 能 プロジェクトの 言 語 設 定 をしてみよう プロジェクトの 言 語 設 定 は プロパティビュー または システムプロパティで 設 定 します プロジェクトのプロパティビュー[プロジェクトの 設 定 ]タブ [ツール]-[システムプロパティ]-[ファイル]-[プロジェクトの 新 規 作 成 時 の 言 語 ]-[C#] 23 / 33

24 C# 言 語 固 有 の 設 定 をしてみよう クラス 属 性 操 作 の[ 言 語 ]タブ(プロパティビュー)で C# 言 語 固 有 の 設 定 が 可 能 です [クラス] [ 属 性 ] [ 操 作 ] 24 / 33

25 C# 用 のデフォルトモデルを 使 ってみよう astah* professional インストールフォルダ template project C_Sharp.asta システムプロパティでデフォルトモデルを 設 定 していない 場 合 は [ファイル]-[テンプレートからプロジェクトの 新 規 作 成 ]-[ C_Sharp.asta]を 選 択 します 以 下 のような 内 容 です またシステムプロパティで 新 規 プロジェクト 作 成 時 のデフォルトモデルを 設 定 できます 25 / 33

26 C# プリミティブ 型 の 対 応 各 プリミティブ 型 に 対 応 しています bool / byte / char / decimal / double / float / int / long / object / sbyte / short / string / uint / ulong / ushort C#スケルトンコードを 作 成 してみよう 使 用 できるエディション: astah* professional astah* UML インストールフォルダ 配 下 の Sample.asta を 開 いて プロジェクトのプロパティビューの"プロジェクトの 設 定 "で C#を ON にします 26 / 33

27 以 下 の MSG ではいを 選 択 します メインメニューの[ツール] - [C#] - [C#スケルトンコードの 作 成 ]を 選 択 します Class パッケージの 直 下 のソースを 出 力 してみます 27 / 33

28 またオプションに 次 があります 以 下 のように 出 力 されましたね Monitor.cs を 開 いてみます 正 しく 出 力 されていることがわかりますね 28 / 33

29 C#リバースをしてみよう(サンプル サポート 対 象 外 ) 使 用 できる 製 品 : astah* professional [ 使 用 方 法 ] 詳 しい 使 用 法 は astah* C#リバース 利 用 ガイドをご 参 照 ください astah* professional インストールフォルダ api sample sample_doxygen_c_sharp sample_doxygen_c_sharp.html [ 使 用 イメージ] Doxygen リバースツール ソース XML *.asta [Doxygen を 利 用 してリバース] [C#のスケルトンコードを 作 成 ]の 章 で 出 力 したソースを Doxygen を 使 用 し XML に 変 換 します 読 み 込 みソースパス 配 下 のファイルがすべて 対 象 な 時 には RECUSIVE のチェックが 必 要 なので 注 意 してくださ い また ソースのエンコードもファイルのエンコードと 揃 えてください 29 / 33

30 以 下 のように 出 力 されました 30 / 33

31 これを API サンプルを 経 由 してプロジェクトを 作 成 します 作 成 した 結 果 を 開 いてみます この 時 点 ではクラス 図 がないため クラス 図 を 自 動 生 成 してみます 31 / 33

32 次 のようにクラス 図 が 自 動 生 成 されました リバース 前 のクラス 図 と 比 較 するため 移 動 と 色 付 けをします 32 / 33

33 これがフォワード 前 のモデルです Tracer クラスと Engine クラス Tracer クラスと Steering クラス Tracer クラスと Monitor クラス Tracer クラ スと State クラスの 関 連 がありませんが その 代 わり Tracer クラスには 属 性 として Engine クラス Steering クラス Monitor クラス State クラスを 持 ち 逆 参 照 も 付 加 されます UML2.0 では 属 性 も 関 連 もプロパティとい う 概 念 になり 意 味 合 いは 同 じです また Monitor クラスと Engine クラス Monitor クラスと Steering クラスの 関 連 がないこと Monitor クラスと LightSensor クラスの 関 連 がないことも 同 じです 33 / 33

Microsoft Word - astah_tutorial.docx

Microsoft Word - astah_tutorial.docx [ 最 も 近 なソフトウェア 開 発 設 計 援 ツール] 使 用 バージョン:astah* 6.0, 6.1 2010/03/05 株 式 会 社 チェンジビジョン 1 / 153 目 次 このチュートリアルの 概 要 5 関 連 ドキュメント 5 基 本 操 作 ガイド 5 Tips( 便 利 な 使 い 方 ) 5 フィードバックについて 5 マインドマップを 活 用 してみよう 6 マインドマップの

More information

astah基本操作ガイド

astah基本操作ガイド astah* 基 本 操 作 ガイド astah* professional astah* UML astah* community 2009.10.19 株 式 会 社 チェンジビジョン はじめに astah*は ソフトウェア 開 発 で 活 用 されているUML, ER 図 DFD CRUDなどのダイアグラムを 軽 快 な 操 作 でモデリングする 設 計 支 援 ツールです さらに 発 想 を

More information

Microsoft Word - tutorial5-teammodeling.docx

Microsoft Word - tutorial5-teammodeling.docx 株 式 会 社 チェンジビジョン 使 用 バージョン:astah* 6.0, 6.1 astah* チュートリアル [ ] 目 次 チーム 開 発 してみよう 2 マージ 機 能 ってどんな 機 能? 2 まず 簡 単 マージを 使 ってみよう 3 参 照 プロジェクト 管 理 ってどんな 機 能? 12 参 照 プロジェクト 管 理 を 使 ってみよう 13 チーム 開 発 してみよう モデリングにも

More information

Enterprise Architect日本語版 ソースコードの読み込みと生成 機能ガイド

Enterprise Architect日本語版 ソースコードの読み込みと生成 機能ガイド Generate and import source codes by SparxSystems Japan Enterprise Architect 日 本 語 版 ソースコードの 読 み 込 みと 生 成 機 能 ガイド (2015/12/01 最 終 更 新 ) 1. はじめに このドキュメントでは ソースコードの 読 み 込 みと 生 成 の 操 作 方 法 について 説 明 します なお

More information

1

1 Excelファイルアクセス 1. 概 要 Excel ファイルアクセスコンポーネントは Microsoft Excel のファイルを 開 いてセルの 値 や 書 式 を 取 得 変 更 したり テーブル 全 体 を 新 しいファイルと して 保 存 したりするために 用 います Excel ファイルアクセスコンポーネントは アプリケーションビルダーのメニューから 以 下 のように 選 びます [コンポーネント

More information

Microsoft Word - tutorial6-requirement.docx

Microsoft Word - tutorial6-requirement.docx 株 式 会 社 チェンジビジョン 使 用 バージョン:astah* 6.0, 6.1 astah* チュートリアル [ ] 目 次 要 求 を 整 理 してみよう 2 SysML の 概 要 2 SysML とは 2 誕 生 の 背 景 2 SysML の 概 要 2 SysML での 各 図 2 astah*での 要 求 周 りの 機 能 の 利 用 3 要 求 3 テストケース 3 要 求 テーブル

More information

Enterprise Architect日本語版 評価のためのガイド

Enterprise Architect日本語版 評価のためのガイド Evaluate Guide by SparxSystems Japan Enterprise Architect 評 価 のためのガイド (2016/04/22 最 終 更 新 ) 1 1. はじめに この Enterprise Architect 評 価 のためのガイド は Enterprise Architect を 購 入 前 に 評 価 する 方 を 対 象 に 簡 単 なモデリングの 操

More information

Enterprise Architect8.0機能ガイド

Enterprise Architect8.0機能ガイド Enterprise Architect 8.0 feature guide by SparxSystems Japan Enterprise Architect8.0 機 能 ガイド (2010/4/16 最 終 更 新 ) Copyright (c) 2010 SparxSystems Japan 1 このドキュメントでは Enterprise Architect8.0 で 追 加 改 善 される

More information

astah* think! 2.0 リリースノート

astah* think! 2.0 リリースノート [Windows] [MacOS] astah* think! 2.0 [Windows](2009/10/19) モデルバージョン 31 astah*は 原則として保存形式は上位互換です 新しいモデルバージョンで編集したファイル を以前のモデルバージョンでは編集できません 新規機能 製品名をastah* think!に変更 製品名をJUDE/Think!からastah* think!に変更しました

More information

Enterprise Architect日本語版 モデリング操作ガイド (データベースモデリング編)

Enterprise Architect日本語版 モデリング操作ガイド (データベースモデリング編) Tutorial by SparxSystems Japan Enterprise Architect 日 本 語 版 モデリング 操 作 ガイド(データベースモデリング 編 ) (2016/01/13 最 終 更 新 ) 1. はじめに このモデリング 操 作 ガイドでは 個 別 の 図 や 機 能 について Enterprise Architect の 機 能 の 紹 介 や 操 作 方 法 について

More information

Microsoft Word - 20100610_アイプランツ_DicomConverterマニュアル.docx

Microsoft Word - 20100610_アイプランツ_DicomConverterマニュアル.docx DICOM 画 像 変 換 ツール (DICOM Image Converter) ( 株 )アイプランツ システムズ 1 Dicom Image Converter 本 ツールの 目 的 複 数 の DICOM スライス 画 像 ファイルから DICOM ヘッダを 取 り 除 き 画 像 データのみの Raw ファイルを 抽 出 します 複 数 の DICOM スライス 画 像 ファイルを 読 み

More information

目 次 1. 本 マニュアルについて... 3 2. D-Case ステンシルの 導 入... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. インストール... 3 3. D-Case 編 集... 4 3.1. D-Case メニュー... 4 3.2.1. ノード... 5 3.2.2. リンク..

目 次 1. 本 マニュアルについて... 3 2. D-Case ステンシルの 導 入... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. インストール... 3 3. D-Case 編 集... 4 3.1. D-Case メニュー... 4 3.2.1. ノード... 5 3.2.2. リンク.. PowerPoint Add-in for D-Case (D-Case ステンシル) 操 作 マニュアル 1 目 次 1. 本 マニュアルについて... 3 2. D-Case ステンシルの 導 入... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. インストール... 3 3. D-Case 編 集... 4 3.1. D-Case メニュー... 4 3.2.1. ノード... 5 3.2.2.

More information

プログラミング基礎I(再)

プログラミング基礎I(再) 山 元 進 1 度 は 講 義 を 受 けたことを 念 頭 に 置 いて 講 義 遠 慮 なく 質 問 せよ 質 問 で 授 業 を 止 めたくないならば TA の 人 を 呼 んで 質 問 すると 良 い 前 期 講 義 の 欠 席 者 は 特 に 注 意 せよ 4 限 座 学 +5 限 演 習 出 席 をとる( 前 期 同 様 のシステム) 中 間 試 験 を 行 う 期 末 試 験 の 範 囲

More information

Enterprise Architect 日本語版 RTFドキュメント出力機能 機能ガイド

Enterprise Architect 日本語版 RTFドキュメント出力機能 機能ガイド Document Generation Startup Manual by Dermot O Bryan and SparxSystems Japan ドキュメント 出 力 機 能 機 能 ガイド (2015/03/19 最 終 更 新 ) 目 次 1. はじめに... 3 2. ドキュメント 出 力 機 能 の 概 要... 3 2.1. ドキュメントの 生 成... 4 3. テンプレートエディタの

More information

リリース 内 容 追 加 付 属 資 料 Ver.1.0 2004/06/30 初 回 配 布 Component 開 発 ガイド Application 開 発 ガイド 工 程 管 理 システムマニュアル サンプルアプリケーションマニュアル インストールガイド チュートリアル 集 Ver.1.1

リリース 内 容 追 加 付 属 資 料 Ver.1.0 2004/06/30 初 回 配 布 Component 開 発 ガイド Application 開 発 ガイド 工 程 管 理 システムマニュアル サンプルアプリケーションマニュアル インストールガイド チュートリアル 集 Ver.1.1 2013 年 12 月 13 日 設 計 製 造 支 援 アプリケーションのためのソフトウェア 開 発 実 行 環 境 MZ Platform Release Note = Version: 3.1 = 連 絡 先 独 立 行 政 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 MZプラットフォーム 研 究 会 Eメールアドレス:mzsupport-ml@aist.go.jp -1- リリース 内 容

More information

1

1 DevPartner Studio 大 規 模 プロジェクトに 対 するの 活 用 DevPartner Studio Professional Edition ( 以 降 DPS と 記 す)の 静 的 ソースコード 解 析 ( 以 降 と 記 す) 機 能 は ソースコードの 問 題 点 を 文 法 的 に 分 析 する 機 能 です テストフェーズに 進 む 前 にコーディングレベルでの 問

More information

2 3 4 The Professional 5 6 7 8 9 10 11 12 13 S A L A 14 15 16 17 18 452 19 20 840 270 66 229 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 21 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 22 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

More information

WebOTXマニュアル

WebOTXマニュアル WebOTX アプリケーション 開 発 ガイド WebOTX アプリケーション 開 発 ガイド バージョン: 7.1 版 数 : 第 2 版 リリース: 2008 年 11 月 Copyright (C) 1998-2008 NEC Corporation. All rights reserved. 1-1 目 次 1. 初 期 設 定...3 1.1. Developer s Studio...

More information

プロセスフロー図(PFD)作成アドイン マニュアル

プロセスフロー図(PFD)作成アドイン マニュアル プロセスフロー 図 (PFD) 作 成 アドインマニュアル バージョン 5.2 (2016 年 1 月 版 ) このアドインは UML モデリングツール Enterprise Architect の 機 能 を 拡 張 し Enterprise Architect でプロセ スフロー 図 (PFD)を 作 成 するためのアドインです PFD についての 概 要 や 書 き 方 については 以 下 のページ(および

More information

(Microsoft PowerPoint -

(Microsoft PowerPoint - 図 面 作 成 は 各 ユーザ 様 の 各 規 定 によって 異 なってきますが その 中 でも 共 通 して 使 用 されると 思 われる 幾 つかの 機 能 作 成 方 法 についてご 紹 介 します オリジナル 図 面 シートの 作 成 について 図 面 シートの 作 成 新 規 のドラフトファイルを 開 き メインメニューの ファイル-シートの 設 定 ダイアログボックスの サイズ タブから

More information

CasePlayer2 チュートリアル

CasePlayer2 チュートリアル CasePlayer2 チュートリアル Ver. 1.0.4 2015/06/10-1 - CasePlayer2 チュートリアル... 3 はじめに... 3 CasePlayer2 概 要... 3 稼 働 環 境... 3 1. CasePlayer2 起 動... 4 2. 新 規 プロジェクト 作 成... 4 その 他 の 設 定 について(プロジェクトの 新 規 作 成 ダイアログ)...

More information

Enterprise Architect7.0機能ガイド

Enterprise Architect7.0機能ガイド Enterprise Architect 7.0 feature guide by SparxSystems Japan Enterprise Architect7.0 機 能 ガイド (2007/7/9 最 終 更 新 ) このドキュメントでは Enterprise Architect7.0 で 追 加 改 善 される 機 能 についてご 紹 介 します 青 色 の 説 明 は Enterprise

More information

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ Multi LABELIST V5 練 習 マニュアル - - 2014.3 第 2 版 2014 年 3 月 18 日 株 式 会 社 サトー ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台

More information

オーサリングソフトウェア 簡 易 操 作 説 明 書 目 次 USBメモリを 使 用 する 方 法 はじめに オーサリングソフト 操 作 の 流 れ オーサリングソフトのインストール プログラムの 起 動 (メインメニュー) 環 境 設 定 練 習 テロップ 編 集 番 組 編 集 番 組 編 集

オーサリングソフトウェア 簡 易 操 作 説 明 書 目 次 USBメモリを 使 用 する 方 法 はじめに オーサリングソフト 操 作 の 流 れ オーサリングソフトのインストール プログラムの 起 動 (メインメニュー) 環 境 設 定 練 習 テロップ 編 集 番 組 編 集 番 組 編 集 メディアプレーヤー MP-0 簡 易 操 作 説 明 書 Ver.. NECディスプレイソリューションズ 株 式 会 社 ご 注 意 : 本 書 の 中 の 表 示 画 面 は, 実 際 の 表 示 画 面 と 異 なる 場 合 があります. このマニュアルを 許 可 なく 複 写 複 製 することは 禁 止 されています Microsoft MS Windows PowerPoint Windows

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C486F70658F6F93588ED297708AC7979D89E696CA837D836A83858341838B8169342E33566572816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C486F70658F6F93588ED297708AC7979D89E696CA837D836A83858341838B8169342E33566572816A2E646F63> 商 品 管 理 商 品 管 理 を 行 うためのメニューです 4.1 商 品 管 理 のサイドメニュー 商 品 管 理 には 以 下 のサイドメニューがあります 商 品 一 覧 登 録 済 みの 商 品 の 一 覧 を 表 示 します 既 に 登 録 済 みの 商 品 の 検 索 検 索 した 商 品 を 編 集 する 際 に 使 用 します 新 規 作 成 商 品 を 新 規 登 録 する 画 面

More information

更 新 履 歴 2010 年 6 月 1 日 初 版 2011 年 1 月 7 日 2 版 2011 年 6 月 23 日 3 版 2011 年 10 月 28 日 4 版 2012 年 6 月 28 日 5 版 2013 年 7 月 16 日 6 版 2013 年 8 月 8 日 7 版 2013

更 新 履 歴 2010 年 6 月 1 日 初 版 2011 年 1 月 7 日 2 版 2011 年 6 月 23 日 3 版 2011 年 10 月 28 日 4 版 2012 年 6 月 28 日 5 版 2013 年 7 月 16 日 6 版 2013 年 8 月 8 日 7 版 2013 レセ 電 ビューア インストールマニュアル for Windows 日 医 標 準 レセプトソフト ORCA 平 成 26 年 3 月 ( 第 9 版 ) 公 益 社 団 法 人 日 本 医 師 会 ORCA Project - 1 - Copyright(C)2009 Japan Medical Association.All rights reserved. 更 新 履 歴 2010 年 6 月

More information

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx 平 成 25 年 6 月 24 日 株 式 会 社 ネクストワン 1 今 回 の 操 作 説 明 会 では 次 のようなサンプル 記 事 を 作 成 してみたいと 思 います 2 管 理 画 面 にログインする 1. 九 重 町 役 場 ホームページにアクセスします 2.アドレスバーのホームページ URL の 後 ろに admin と 入 力 します http://www.town.kokonoe.oita.jp/admin/index.php

More information

目 次 電 子 申 請 を 使 用 した 申 請 の 流 れ 1ページ 申 請 書 ( 概 算 保 険 料 申 告 書 )の 作 成 2ページ 作 成 した 申 請 書 の 送 信 31ページ 状 況 照 会 電 子 納 付 を 行 う 62ページ 返 送 書 類 の 取 得 75ページ お 問 い

目 次 電 子 申 請 を 使 用 した 申 請 の 流 れ 1ページ 申 請 書 ( 概 算 保 険 料 申 告 書 )の 作 成 2ページ 作 成 した 申 請 書 の 送 信 31ページ 状 況 照 会 電 子 納 付 を 行 う 62ページ 返 送 書 類 の 取 得 75ページ お 問 い 概 算 保 険 料 の 申 告 ( 継 続 ) 手 続 電 子 申 請 操 作 マニュアル 平 成 28 年 4 月 1 日 Ver.1.3 目 次 電 子 申 請 を 使 用 した 申 請 の 流 れ 1ページ 申 請 書 ( 概 算 保 険 料 申 告 書 )の 作 成 2ページ 作 成 した 申 請 書 の 送 信 31ページ 状 況 照 会 電 子 納 付 を 行 う 62ページ 返 送 書

More information

Fckeditor の 基 本 的 な 使 い 方 Point!! fckeditor を 上 手 く 使 うコツ 始 めにページ 内 に 一 通 り 文 章 ( 画 像 や 表 を 含 む)を 書 いてから 文 字 装 飾 をして 下 さい 編 集 したいテキストや 画 像 を 選 択 し アイコ

Fckeditor の 基 本 的 な 使 い 方 Point!! fckeditor を 上 手 く 使 うコツ 始 めにページ 内 に 一 通 り 文 章 ( 画 像 や 表 を 含 む)を 書 いてから 文 字 装 飾 をして 下 さい 編 集 したいテキストや 画 像 を 選 択 し アイコ Fckeditor マニュアル 目 次 Fckeditor の 基 本 的 な 使 い 方... 2 記 事 の 登 録 プレビューの 前 に... 2 リンクを 挿 入... 5 画 像 を 挿 入 する... 6 PC に 保 存 している 画 像 の 挿 入... 6 WEB 上 の 画 像 を 挿 入... 8 文 字 装 飾... 10 文 章 を 見 出 しにする... 10 太 文 字

More information

2 3

2 3 Sample 2 3 4 5 6 7 8 9 3 18 24 32 34 40 45 55 63 70 77 82 96 118 121 123 131 143 149 158 167 173 187 192 204 217 224 231 17 285 290 292 1 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38

More information

はじめに ロガーソフト for Windows Ver5 はインストールプログラムによってハードディスクにインスト ールし Windows に 登 録 します 本 説 明 書 に 従 ってインストールを 進 めていただけますようお 願 い 致 します 特 に CD-ROMからのインストールのあと B

はじめに ロガーソフト for Windows Ver5 はインストールプログラムによってハードディスクにインスト ールし Windows に 登 録 します 本 説 明 書 に 従 ってインストールを 進 めていただけますようお 願 い 致 します 特 に CD-ROMからのインストールのあと B ロガーソフト for Windows Ver5 インストール 説 明 書 第 10 版 平 成 24 年 5 月 URL http://www.mcs-fs.com E-mail info@mcs-fs.com はじめに ロガーソフト for Windows Ver5 はインストールプログラムによってハードディスクにインスト ールし Windows に 登 録 します 本 説 明 書 に 従 ってインストールを

More information

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの 電 子 入 札 サービス 操 作 概 要 マニュアル 受 注 者 用 ( 工 事 /コンサル) 導 入 編 平 成 26 年 7 月 仙 台 市 目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2.

More information

Excel basics

Excel basics Excel 入 門 Excel は 表 計 算 およびデータ 分 析 のための 効 果 的 なアプリケーションです 最 も 効 果 的 に 使 用 するためには 最 初 にその 基 礎 を 理 解 する 必 要 があります このチュートリ アルでは すべてのブックで 使 用 する 作 業 と 機 能 をいくつか 紹 介 します 開 始 する 前 に... 1 1. 新 しい 空 白 のブックを 作

More information

MadCap Flare V9 クイック スタート ガイド

MadCap Flare V9 クイック スタート ガイド クイック スタート ガイド Version 9 エクセルソフト 株 式 会 社 はじめに はじめに このたびは MadCap Software 社 製 品 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます このクイック スタート ガイドでは 初 めてこの 製 品 を 使 用 される 方 を 対 象 に サンプル プロジェクト の 使 用 方 法 について 説 明 しています 2013 年 4 月

More information

1-1 一覧画面からの印刷

1-1 一覧画面からの印刷 第 7 章 公 報 の 印 刷 7-1 一 覧 画 面 からの 印 刷 検 索 された 公 報 は 印 刷 することができます 目 次 印 刷 や 公 報 全 文 複 数 件 の 公 報 印 刷 も 可 能 です はじめに 検 索 画 面 から 結 果 一 覧 ボタンを 押 して 検 索 結 果 一 覧 画 面 を 表 示 させます 印 刷 方 法 をご 確 認 ください 一 括 選 択 ( 反 転

More information

利用のためのPC環境設定

利用のためのPC環境設定 利 用 のためのPC 環 境 設 定 電 子 入 札 に 参 加 するためには 下 記 のハードウェア ソフトウェアが 必 要 です ご 準 備 をお 願 いします ()ハードウェア Windows XP の 場 合 CPU PentiumⅢ800MHz 同 等 以 上 (.GHz 以 上 推 奨 ) メモリ 56MB 以 上 (5MB 以 上 推 奨 ) HDD ドライブの 空 きが 500MB

More information

Enterprise Architect日本語版 モデリング操作ガイド 共通操作編

Enterprise Architect日本語版 モデリング操作ガイド 共通操作編 Modeling Guide by SparxSystems Japan Enterprise Architect 日 本 語 版 モデリング 操 作 ガイド( 共 通 操 作 編 ) (2015/12/01 最 終 更 新 ) 目 次 1. はじめに... 3 2. ダイアグラムに 関 するモデリング 操 作... 5 2.1 要 素 と 接 続 に 関 する 情 報 と 表 示... 5 2.2

More information

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの

目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2 ICカードの 電 子 入 札 サービス 操 作 概 要 マニュアル ( 工 事 /コンサル) 導 入 編 平 成 27 年 6 月 目 次. 電 子 入 札 サービスの 環 境 設 定. クライアント 環 境 の 確 認.2 ICカード 及 びICカードリーダの 準 備 4.3 ソフトウェアのインストール 5.4 環 境 設 定 (Javaポリシー) 5 2. 利 用 者 登 録 2. 前 提 条 件 6 2.2

More information

Acrobat早分かりガイド

Acrobat早分かりガイド Adobe PDF を 加 工 編 集 する PDF を 再 利 用 する PDF ファイルの Word 文 書 書 き 出 し [ 名 前 を 付 けて 保 存 ] ダイアログが 開 くので ファイルの 書 き 出 し 先 を 指 定 し [ 保 存 ] ボタンをクリックします Acrobat を 使 用 すると Adobe PDF から Word の フォーマットに 書 き 出 してファイルを

More information

また 含 める.msi パッケージを 追 加 します スイートインストーラーの 基 本 的 な 作 成 方 法 Tips and Tricks(http://www.networld.co.jp/is/tips.htm)から 以 下 の 記 事 をご 参 照 ください スイートインストーラーの 基

また 含 める.msi パッケージを 追 加 します スイートインストーラーの 基 本 的 な 作 成 方 法 Tips and Tricks(http://www.networld.co.jp/is/tips.htm)から 以 下 の 記 事 をご 参 照 ください スイートインストーラーの 基 注 )このドキュメントは InstallShield 2014 Premier Edition を 基 に 作 成 しています InstallShield 2014 以 外 のバージョンでは 設 定 名 などが 異 なる 場 合 もあります 概 要 インストーラーの 実 行 中 に IIS(インターネット

More information

USDM作成アドイン マニュアル

USDM作成アドイン マニュアル USDM 作 成 アドインマニュアル バージョン 1.5 (2015 年 10 月 版 ) このアドインは UML モデリングツール Enterprise Architect の 機 能 を 拡 張 し Enterprise Architect で USDM(Universal Specification Describing Manner)を 作 成 するためのアドインです USDM についての

More information

主 要 な 対 応 項 目 ソフト 名 タイトル 対 応 区 分 案 内 現 場 VIEWERの 同 時 出 力 提 出 データ 作 成 ウィザードからの 現 場 VIEWERの 出 力 を 行 えるように しまし 以 下 の 写 真 マスタでの 作 成 を 除 きます 国 土 交 通 省 官 庁

主 要 な 対 応 項 目 ソフト 名 タイトル 対 応 区 分 案 内 現 場 VIEWERの 同 時 出 力 提 出 データ 作 成 ウィザードからの 現 場 VIEWERの 出 力 を 行 えるように しまし 以 下 の 写 真 マスタでの 作 成 を 除 きます 国 土 交 通 省 官 庁 主 要 な 対 応 項 目 ソフト 名 タイトル 対 応 区 分 案 内 農 林 水 産 省 機 械 設 備 工 事 編 への 対 応 以 下 の 農 林 水 産 省 機 械 設 備 工 事 編 へ 対 応 しまし 工 事 完 成 図 書 の 電 子 納 品 要 領 ( 案 ) 機 械 設 備 工 事 編 [ 平 成 19 年 4 月 策 定 ( 平 成 25 年 3 月 正 誤 表 対 応 )/

More information

請 求 データを 作 成 しましょう 操 作 手 順 1 トップページ 画 面 で [ 口 座 振 替 請 求 ]をクリックして 口 座 振 替 請 求 サービスのメインメニュー 画 面 を 表 示 し [ 請 求 データ 作 成 ]をクリックします 請 求 データは 最 大 10 個 作 成 する

請 求 データを 作 成 しましょう 操 作 手 順 1 トップページ 画 面 で [ 口 座 振 替 請 求 ]をクリックして 口 座 振 替 請 求 サービスのメインメニュー 画 面 を 表 示 し [ 請 求 データ 作 成 ]をクリックします 請 求 データは 最 大 10 個 作 成 する 請 求 データの 作 成 グループマスタ 登 録 で 登 録 したグループ 情 報 を 参 照 して 請 求 データのひな 形 を 作 成 し 請 求 資 金 入 金 口 座 請 求 金 額 請 求 日 を 入 力 して 今 回 の 請 求 用 の 請 求 データを 作 成 します 請 求 資 金 入 金 口 座 請 求 日 請 求 金 額 新 規 コード( 通 常 新 規 口 座 変 更 ) 貴

More information

†ı25”Y„o-PDF.ren

†ı25”Y„o-PDF.ren 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 0 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 1,200 1,000 800 600 400 200 0 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 $ "! ''" '' ''$ ''% ''& '''! " ' & % $ "! ''" ' '$ '% '& ''!

More information

●70974_100_AC009160_KAPヘ<3099>ーシス自動車約款(11.10).indb

●70974_100_AC009160_KAPヘ<3099>ーシス自動車約款(11.10).indb " # $ % & ' ( ) * +, -. / 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = >? @ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y " # $ % & ' ( ) * + , -. / 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = > ? @ A B

More information

S1460...........\1.E4

S1460...........\1.E4 3 4 3 4 5 3 4 5 3 4 3 4 3 3 3 3 4 3 4 3 3 4 4 3 3 3 3 4 3 4 3 3 3 3 3 3 4 3 4 3 4 5 4 3 5 4 3 3 4 5 3 4 5 4 3 4 3 3 4 3 4 3 3 3 3 3 4 3 3 4! "! " " 0 6 ! " 3 4 3 3 4 3 ! " 3 3 4 5 4 5 6 3 3

More information

-----------------------------------------------------------------------------------------1 --------------------------------------------------------------------------------------1 -------------------------------------------------------------------------------------1

More information

›¼’à”v“lŠÍ1−ª

›¼’à”v“lŠÍ1−ª 3 1 1 2 3 4 5 6 7 8 8 10 12 14 16 18 20 22 24 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 26 28 30 32 34 36 38 40 42 44 46 48 50 4 3 1 2 3 4 5 52 54 56 58 60 6 62 7 8 9 10 64 66 68 70 72 5 1 1 4 2 5 6 6 7 1 8 1 9 2 10

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 46 7 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 16 7 8 92 3 46 7 :

More information

- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 2-12 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 1 - 2 - 3 6 1 1-4 - 5 - 6 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 130 3 130 5 2 50 1.5 48 59 62 63-9 - 1 - 2 - 3 () - 4 - 5 -

More information

76

76 ! # % & % & %& %& " $ 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 % & &! & $ & " & $ & # & ' 91 92 $ % $'%! %(% " %(% # &)% & 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 !$!$ "% "%

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5 電 子 入 札 サービス IC カードを 利 用 しない 事 業 者 向 け Java ポリシー 設 定 マニュアル (Windows Vista/Windows 7/ Windows 8.1 用 ) 平 成 28 年 6 月 目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前

More information

web07.dvi

web07.dvi 93 7 MATLAB Octave MATLAB Octave MAT MATLAB Octave copyright c 2004 Tatsuya Kitamura / All rights reserved. 94 7 7.1 UNIX Windows pwd Print Working Directory >> pwd ans = /home/kitamura/matlab pwd cd Change

More information

Windows8. スタート 画 面 とデスクトップ 画 面 の 切 替 方 法 Windows 8. では 種 類 のInternet Explorer( 以 下 IE)が 存 在 します ()スタート 画 面 に 表 示 されているタイルより 起 動 するIE(ストアアプリ 版 IE) ()デス

Windows8. スタート 画 面 とデスクトップ 画 面 の 切 替 方 法 Windows 8. では 種 類 のInternet Explorer( 以 下 IE)が 存 在 します ()スタート 画 面 に 表 示 されているタイルより 起 動 するIE(ストアアプリ 版 IE) ()デス Windows8. Internet Explorer 0 の 設 定 Windows8.および Internet Explorer 0 をご 利 用 いただくために 奈 良 市 電 子 入 札 システムではこの 度 Windows 8. 及 び Internet Explorer 0 を 推 奨 環 境 に 追 加 しました これらをスムーズにご 利 用 頂 くためには 各 設 定 が 必 要 となります

More information

<5461726F2D89C692EB834E8389837582CC837A815B83808379815B83578DEC>

<5461726F2D89C692EB834E8389837582CC837A815B83808379815B83578DEC> 初 めて 作 る 家 庭 クラブのホームページ ホームページビルダーの 起 動 WindowsXP, IBM ホームページ ビルダー 10 対 応 1 [スタート]ボタンをクリックして,[すべてのプログラム]-[ IBM ホームページ ビルダー 10 ]-[ホームペ ージ ビルダー]を 選 択 します 2 [スタンダード]を 選 択 して,[ OK ]ボタンをクリックします 1ページ 目 ( index

More information

品質定義

品質定義 e Builder Ver.7.2 Application Producer チュートリアル 導 入 編 アーキテクチャとその 使 い 方 初 版 2010/06/30 2009 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 2010/6/30 2010 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 更 新 履 歴 変 更 年 月 日 2010/06/30 初 版 変

More information

Microsoft Word - Active.doc

Microsoft Word - Active.doc 利 マニュアル 梅 校 メールサーバをご 利 されていた 教 員 の 皆 さまへ 2009 年 1 7 のメールサーバ 移 に 伴 い 学 外 からの 電 メールの 送 受 信 はウェブメール(Active!mail) からのみ 可 能 となりました Active!mail の 利 法 については 本 マニュアルをご 確 認 ください 次 Active!mail にログインする...2 Active!mail

More information

発環境を準備しよう2 章開Eclipseをインストールしようそれでは Eclipseをセットアップしましょう Eclipseは Eclipse Foundationのサイトからダウンロードできます ダウンロードのページを開くと いく

発環境を準備しよう2 章開Eclipseをインストールしようそれでは Eclipseをセットアップしましょう Eclipseは Eclipse Foundationのサイトからダウンロードできます  ダウンロードのページを開くと いく 2.1 Java の開発ツールを入手しよう Java の実行環境と 開発ツールの Eclipse Android 向けアプリケー ションの開発ツール Android SDK をダウンロードしましょう 本書では Windows パソコンへのインストール方法を説明します Javaをインストールしようまず 最新のJava 実行環境を入手しましょう Javaは Java 公式サイト (http://www.java.com/ja/)

More information

(Microsoft PowerPoint - Ver12\203o\201[\203W\203\207\203\223\203A\203b\203v\216\221\227\277.ppt)

(Microsoft PowerPoint - Ver12\203o\201[\203W\203\207\203\223\203A\203b\203v\216\221\227\277.ppt) ACAD-DENKI DENKI Ver.12 新 機 能 / 改 善 機 能 アルファテック 株 式 会 社 1 新 機 能 改 善 機 能 一 覧 ACAD-DENKI/EL Ver.12 新 機 能 と 改 善 機 能 新 メニュー/ 新 機 能 拡 張 プロジェクト 管 理 外 部 端 子 コネクタ 端 子 ネット 分 割 化 リアルタイム 線 番 挿 入 改 善 項 目 図 題 情 報 編

More information

桐 体験マニュアル

桐 体験マニュアル 桐 体 験 はじめて 桐 をお 使 いになる 方 へ 桐 9-202 体 験 版 をダウンロードしていただき ありがとうございます 桐 体 験 は 初 めて 桐 をお 使 いになる 方 に 桐 がどのようなデータベースか どのように 利 用 できるか いただくための 説 明 書 です ほんの 入 り 口 だけですが 実 際 に 操 作 しながら 桐 を 紹 介 していきます なお 機 能 の 詳 細

More information

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはWebFOCUSの 開 発 者 の 方 を 対 象 に 基 本 的 なアプリケーション 開 発 についてご 覧 いただくコースです App Studioという 開 発 ツールを 使 用 して レポートの 作 成 方 法 を 習 得 し WebFOCUSの 基 本 的 なアプリケーショ ン 開 発 手 順 を 身 に 付 けることを 目 的 としております

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993B998488CF68ED0817A8BC68ED290E096BE89EF5F955C8E862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993B998488CF68ED0817A8BC68ED290E096BE89EF5F955C8E862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 福 岡 北 九 州 高 速 道 路 公 社 電 子 入 札 システム 説 明 資 料 平 成 27 年 11 月 10 日 電 子 入 札 システムご 利 用 のためのPC 環 境 設 定 電 子 入 札 に 参 加 するためには 下 記 のハードウェア ソフトウェアが 必 要 です ご 準 備 をお 願 いします 他 団 体 の 電 子 入 札 システムをご 利 用 の 場 合 は IC カードやパソコン

More information

MadCap Flare V9 クイック スタート ガイド

MadCap Flare V9 クイック スタート ガイド クイック スタート ガイド Version 10 エクセルソフト 株 式 会 社 はじめに このたびは MadCap Software 社 製 品 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます このクイック スタート ガイドでは 初 めてこの 製 品 を 使 用 される 方 を 対 象 に サンプル プロジェクト の 使 用 方 法 について 説 明 しています 2014 年 4 月 ii 目

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 草 津 市 電 子 入 札 システム 説 明 会 平 成 26 年 9 月 目 次 1. 電 子 入 札 システムについて 2 2.ご 利 用 までの 流 れ 4 3. 利 用 者 登 録 手 順 18 4. 指 名 競 争 入 札 操 作 手 順 41 5.よくある 質 問 問 合 せ 先 118 1 1. 電 子 入 札 システムについて (1) 電 子 入 札 システム 運 用 時 間 システムの

More information

問 題 1 次 の 文 章 は Word の 作 業 環 境 および 環 境 の 設 定 変 更 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なものを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設 問 1. は [ウィンドウ]メニューの 表 示 したものである {ア.[ 並

問 題 1 次 の 文 章 は Word の 作 業 環 境 および 環 境 の 設 定 変 更 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なものを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設 問 1. は [ウィンドウ]メニューの 表 示 したものである {ア.[ 並 Microsoft Word 文 書 処 理 技 能 認 定 試 験 1 級 サンプル 問 題 知 識 試 験 制 限 時 間 30 分 受 験 会 場 受 験 番 号 氏 名 問 題 1 次 の 文 章 は Word の 作 業 環 境 および 環 境 の 設 定 変 更 について 述 べたものである にあてはまる 適 切 なものを 解 答 群 { }より 選 び その 記 号 で 答 えよ 設

More information

Microsoft Word - 204.1MSExcel2013

Microsoft Word - 204.1MSExcel2013 4.1 MS-Excel 2013 の 起 動 と 終 了 第 4 章 表 計 算 1.MS-Excel2013 の 起 動 (1)マウスの 左 ボタンでスタートボタンをクリックします (2)[すべてのプログラム] [Microsoft Office] [Microsoft Excel]の 順 にマウスをクリックすると MS-Excel 2013の 初 期 画 面 ( 図 4-1)が 開 かれます

More information