72_81

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "72_81"

Transcription

1 72 (2): (2013) 81 Clinical Management of Anterior Cruciate Ligament Injury Yuki KATO Department of Orthopedics Surgery, Nihon University School of Medicine Anterior cruciate ligament (ACL) injury is one of the most common ligament injuries of the knee joint, especially in athletes. ACL reconstruction has been widely performed for many years. There have been many innovations of surgical instruments and improvements in surgical techniques, such as the single-incision endoscopic transtibial approach. Recently, many surgeons have focused on anatomic double-bundle ACL reconstruction. Anatomical graft position is one of the most important issues in ACL reconstruction, and it does not matter whether single- or double-bundle ACL reconstruction is performed. As clinicians we recommend anatomical ACL reconstruction for both athletes and non-athletes as a way of reducing the risk of knee osteoarthritis for ACL injured patients. Key words: Anterior cruciate ligament, anatomic, single-bundle, double-bundle, reconstruction (J. Nihon Univ. Med. Ass., 2013; 72 (2): 81 85) 4 (anterior cruciate ligament; ACL) (posterior cruciate ligament; PCL) (medial collateral ligament; MCL) (lateral collateral ligament; LCL) ACL ACL ACL (giving way) ACL I. ACL ACL MCL 1950 O Donoghue unhappy triad MCL ACL 25% 1) O Donoghue 1991 Shelbourne ACL MCL 52 80% 29% 2) II. ( 3 ) ( 3 ) pop sound

2 82 (ballottement of patella, patella tapping) ml MCL (Fig. 1) 1 3 ACL ACL 28 3) ACL (Fig. 2) III. ACL 4) ( ) Hoteya ACL ACL (notch width index; NWI) 5) systematic review 6) 7) IV. ACL ACL ACL O ACL ACL 8) 9) Fig. 1 MRI sagittal view shows joint effusion and anterior cruciate ligament rupture. V. ACL ACL Fig. 2 Osteoarthritic change over 10 years after first ACL injury. (a) ACL remnant has disappeared. (b) Spur formation (arrows show) makes narrow intercondylar notch. (c) Exposed subchonral bone (arrows show) in the medial compartment of the knee joint.

3 72 (2) 2013 前十字靱帯損傷の臨床 83 Fig. 4 3D-CT scan. (a) Anatomic double-bundle ACL reconstruction. (b) Non-anatomic double-bundle ACL reconstruction. Fig. 3 Anatomical double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. (a) ACL remnant. (b) Removal of ACL remnant on the femoral footprint. (c) Two guide pins are inserted into each femoral footprint of antero-medial and posterolateral bundles. (d) Two guide pins are inserted into each tibial footprint of antero-medial and posterolateral bundles. (e) Antero-medial and postero-lateral bundles are inserted through each of tibial and femoral bone tunnels. (f) Checking graft tension using a probe. トでカバーできるよう 2 つの骨孔を ACL 付着部内に作成 する解剖学的二重束 ACL 再建が行われるようになってき た 解剖学的二重束再建術の利点としてはより正常 ACL に近い走行を再現できるため notch impingement が起こ りにくく 顆間窩形成術も必要としなくなった13) ま た 生体力学的研究によりかつての古典的な骨孔位置に 比べ解剖学的骨孔位置では制動性 (とくに回旋制動性) も グラフトとしてハムストリングや骨付き膝蓋腱を用いた 増していることが証明された14, 15) Morimoto らは脛骨 一重束再建である これまでは経脛骨的に大腿骨側の骨 大腿関節の荷重面積および圧を一重束と二重束の両者で 孔を作成する方法が一般的であった10) 再断裂を防止す 比較し 解剖学的二重束 ACL 再建術が正常膝に近く 関 るため 膝のどの角度においてもグラフトへの緊張が変 節症性変化の予防が期待できると報告している16) 当科 化しない isometric point が主流となっていたが 近年で でも洞口らを中心に解剖学的二重束 ACL 再建術をいち早 はより解剖学的な骨孔位置に注目が集まっている 正常 く導入し良好な治療成績を報告している17, 18) (Fig. 3) ACL は本来 isometric な線維はほとんどなく 膝伸展に 従い緊張する over the top pattern であり isometric point を目指すことが非解剖学的再建の一因となっていること が示されている11) 大腿骨側の isometric point は顆間窩 の天井 (intercondylar notch) の高い位置になっており 膝 関節伸展で再建靱帯が顆間窩天井部にぶつかり (notch impingement) 再断裂の原因となっていることが判明し た そのため 顆間窩形成術 (notchplasty) を行ったり 脛骨骨孔をより後方に作成し notch impingement を防ぐ ようにするなどますます非解剖学的な再建となってしま っていた ACL の付着は円形ではなく楕円形を呈しており 一重 束では正常 ACL を模倣できない また 機能的にヒトの 正常 ACL は前内側線維束 (anteromedial bundle; AMB) と 後外側線維束 (posterolateral bundle; PLB) に分けられる と言われている12) そのため ACL 付着の多くをグラフ しかし 解剖学的二重束 ACL 再建術は誰もが行ってよ い術式ではない Double bundle or Double trouble? と 警鐘を鳴らすコメントもあり19) 熟練した技術を要する 解剖学的二重束 ACL 再建術と言っても実際は解剖学的に 正しい位置に骨孔を作成するのは容易ではなく 不良な 骨孔位置は制動不良や再断裂の原因となり得る (Fig. 4) また ACL 再建自体が特殊な手術であり一重束であれば誰 が行ってもよいというものではないが 正しく手術が行 えれば一重束と二重束の再建方法の間に臨床成績に有意 差を認めないとの報告もあり20, 21) 術式の選択は慎重に 行うべきである 特殊な手術として成長期の ACL 損傷患者などに対して 大腿骨側に骨孔を作成せず 顆間窩から後方へグラフト を誘導し固定する術式 所謂 over the top route 法がある これは 1970 年代に MacIntosh 法として世界に広まったも のである その後 1981 年に守屋は over the top 部分に骨

4 84 Fig. 5 Second look 1 year after anatomic double-bundle ACL reconstruction. (a) Arthroscopic view just after ACL reconstruction. (b) Arthroscopic view over 1 year after ACL reconstruction shows increased graft volume and excellent synovial covering ) 25) 26) ACL 1 3 ACL 27) ACL 3 AMB, PLB (intermediate bundle; IMB) 28, 29) ACL ) 3 ACL VI off accelerated rehabilitation 31) 1 (2 nd look) (Fig. 5) 1 1) O Donoghue DH. Surgical treatment of fresh injuries to the major ligaments of the knee. The Journal of bone and joint surgery 1950; 32: ) Shelbourne KD, Nitz PA. The O Donoghue triad revisited. Combined knee injuries involving anterior cruciate and medial collateral ligament tears. The American journal of sports medicine 1991; 19: ) Finsterbush A, Frankl U, Matan Y, Mann G. Secondary damage to the knee after isolated injury of the anterior cruciate ligament. The American journal of sports medicine 1990; 18: ) Micheli LJ, Metzl JD, Di Canzio J, Zurakowski D. Anterior cruciate ligament reconstructive surgery in adolescent soccer and basketball players. Clin J Sport Med 1999; 9: ) Hoteya K, Kato Y, Motojima S, Ingham SJ, Horaguchi T, Saito A, et al. Association between intercondylar notch narrowing and bilateral anterior cruciate ligament injuries in athletes. Archives of orthopaedic and trauma surgery 2011; 131:

5 72 (2) ) Swärd P, Kostogiannis I, Roos H. Risk factors for a contralateral anterior cruciate ligament injury. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2010; 18: ) ACL Open Kinetic Chain Closed Kinetic Chain 2005; 48: ) Opening Wedge High Tibial Osteotomy 1 JOSKAS 2010; 35: ) ACL MRI 2002; 61: ) Williams RJ, 3rd, Hyman J, Petrigliano F, Rozental T, Wickiewicz TL. Anterior cruciate ligament reconstruction with a four-strand hamstring tendon autograft. Surgical technique. The Journal of bone and joint surgery 2005; 87 Suppl 1: ) Wang JH, Kato Y, Ingham SJ, Maeyama A, Linde-Rosen M, Smolinski P, et al. Measurement of the end-to-end distances between the femoral and tibial insertion sites of the anterior cruciate ligament during knee flexion and with rotational torque. Arthroscopy 2012; 28: ) Zantop T, Herbort M, Raschke MJ, Fu FH, Petersen W. The role of the anteromedial and posterolateral bundles of the anterior cruciate ligament in anterior tibial translation and internal rotation. The American journal of sports medicine 2007; 35: ) Iriuchishima T, Tajima G, Ingham SJ, Shen W, Smolinski P, Fu FH. Impingement pressure in the anatomical and nonanatomical anterior cruciate ligament reconstruction: a cadaver study. The American journal of sports medicine 2010; 38: ) Kato Y, Ingham SJ, Kramer S, Smolinski P, Saito A, Fu FH. Effect of tunnel position for anatomic single-bundle ACL reconstruction on knee biomechanics in a porcine model. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2010; 18: ) Kato Y, Maeyama A, Lertwanich P, Wang JH, Ingham SJ, Kramer S, et al. Biomechanical comparison of different graft positions for single-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc ) Morimoto Y, Ferretti M, Ekdahl M, Smolinski P, Fu FH. Tibiofemoral joint contact area and pressure after single- and double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. Arthroscopy 2009; 25: ) CT ; 32: ) 2 ACL 2006; 31: ) Harner CD, Poehling GG. Double bundle or double trouble? Arthroscopy 2004; 20: ) Hofbauer M, Valentin P, Kdolsky R, Ostermann RC, Graf A, Figl M, et al. Rotational and translational laxity after computernavigated single- and double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2008; 18: ) Siebold R, Dehler C, Ellert T. Prospective randomized comparison of double-bundle versus single-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. Arthroscopy 2008; 24: ) Anthony Schepsis A OS NOW ; ) composite graft ( + LAD) 1992; 9: ) + LAD 1990; 9: ) + Tutoplast Fascia lata + Leeds-Keio 1999; 11: ) Lertwanich P, Kato Y, Martins CA, Maeyama A, Ingham SJ, Kramer S, et al. A biomechanical comparison of 2 femoral fixation techniques for anterior cruciate ligament reconstruction in skeletally immature patients: over-the-top fixation versus transphyseal technique. Arthroscopy 2011; 27: ) Shino K, Nakata K, Nakamura N, Mae T, Ohtsubo H, Iwahashi T, et al. Anatomic Anterior Cruciate Ligament Reconstruction Using Two Double-Looped Hamstring Tendon Grafts via Twin Femoral and Triple Tibial Tunnels. Oper Tech Orthop 2005; 15: ) Kato Y, Ingham SJ, Linde-Rosen M, Smolinski P, Horaguchi T, Fu FH. Biomechanics of the porcine triple bundle anterior cruciate ligament. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2010; 18: ) Tischer T, Ronga M, Tsai A, Ingham SJ, Ekdahl M, Smolinski P, et al. Biomechanics of the goat three bundle anterior cruciate ligament. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 2009; 17: ) Kato Y, Ingham SJ, Maeyama A, Lertwanich P, Wang JH, Mifune Y, et al. Biomechanics of the human triple-bundle anterior cruciate ligament. Arthroscopy 2012; 28: ) Shelbourne KD, Nitz P. Accelerated rehabilitation after anterior cruciate ligament reconstruction. The American journal of sports medicine 1990; 18:

?????????????????????

????????????????????? 膝 屈 筋 腱 を 用 いた 関 節 鏡 視 下 膝 前 十 字 靭 帯 再 建 術 について (Key Words) ACL スポーツ 傷 害 解 剖 学 的 二 重 束 再 建 術 医 療 法 人 高 尚 会 川 田 整 形 外 科 川 田 高 士 781-1101 高 知 県 土 佐 市 高 岡 町 甲 920-1 はじめに 膝 前 十 字 靭 帯 (ACL)は 自 然 治 癒 能 が 低 く

More information

00 p01-24

00 p01-24 August Special 114 1 ACL 3 ACL ACL 3 1 ACL P.4 2 ACL P.21 ACL 1ACL Yagi Shigenori Imaya Takeshi Yoshida Shohei 1 ACL de Loës ACL 5,000 Arendt 40 ACL ACL ACL 3PT ACL 9 ACLP.21 3 1 ACL P Renstrom, et al

More information

JOSKAS enoteweb JOSKAS 2015WEBJOSKAS enote PCWEB JOSKAS WEB JOSKAS enote2015joskas enote 620162121 521,323 JOSKAS i ii iii iv v vi vii viii JOSKAS eno

JOSKAS enoteweb JOSKAS 2015WEBJOSKAS enote PCWEB JOSKAS WEB JOSKAS enote2015joskas enote 620162121 521,323 JOSKAS i ii iii iv v vi vii viii JOSKAS eno JOSKAS JOSKAS enoteweb JOSKAS 2015WEBJOSKAS enote PCWEB JOSKAS WEB JOSKAS enote2015joskas enote 620162121 521,323 JOSKAS i ii iii iv v vi vii viii JOSKAS enote NCD Nation wide WEB JOSKAS enote ACL 1-3

More information

1 1 st congress of Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society, 1st APKASS 26414152 2 1 6Special Lecture9 1 st APKASS 4 1APKASS1995 Asi

1 1 st congress of Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society, 1st APKASS 26414152 2 1 6Special Lecture9 1 st APKASS 4 1APKASS1995 Asi JOSKAS 1 1 st congress of Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society, 1st APKASS 26414152 2 1 6Special Lecture9 1 st APKASS 4 1APKASS1995 Asia Pacific Orthopaedic 224 Society for Sports

More information

Microsoft Word - 発表・口演1.doc

Microsoft Word - 発表・口演1.doc 発 表 講 演 (2000 年 以 降 ) 長 総 義 弘, Lanyon P, Doherty M: 区 画 別 にみた 変 形 性 膝 関 節 症 の 進 行.-3 年 後 のX 線 変 化. 日 本 整 形 外 科 学 会 誌 74 (2), S201, 2000. 長 総 義 弘, Lanyon P, Doherty M: 変 形 性 膝 関 節 症 の 進 行 に 関 する X 線 所 見.

More information

膝靭帯損傷

膝靭帯損傷 膝 靭 帯 損 傷 の 治 療 担 当 井 上 篤 志 1 総 論 膝 靭 帯 損 傷 は 交 通 事 故 やスポーツ 外 傷 の 際 に 生 じやすく 日 常 診 療 において 頻 繁 に 遭 遇 する 傷 病 である しかし 単 純 X 線 像 により 描 出 されないため 見 逃 されることも 多 い 適 切 な 診 断 を 下 すためには 問 診 での 受 傷 機 転 の 聴 取 触 診 での

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

疾 患 治 療 における 進 歩 はガイドラインに 反 映 されない 側 面 がある.また,すべ ての 治 療 の 進 歩 はエビデンスを 基 に 進 められるわけではなく, 別 なアプローチに よる 斬 新 なアイデアや 試 みから 始 まることがある.また,EBMにはRCTの 偏 重 という 潜

疾 患 治 療 における 進 歩 はガイドラインに 反 映 されない 側 面 がある.また,すべ ての 治 療 の 進 歩 はエビデンスを 基 に 進 められるわけではなく, 別 なアプローチに よる 斬 新 なアイデアや 試 みから 始 まることがある.また,EBMにはRCTの 偏 重 という 潜 前 文 1 はじめに 前 十 字 靱 帯 (anterior cruciate ligament:acl) 損 傷 診 療 ガイドラインの 策 定 は, 日 本 整 形 外 科 学 会 疾 患 ガイドライン 策 定 委 員 会 で 最 初 に 選 択 された 11 疾 患 の 一 つ として 決 定 され 進 められた. 初 版 の 策 定 作 業 は 日 本 膝 関 節 学 会 を 作 成 母 体

More information

untitled

untitled 1) Uchio Y, Mori R, Iwasa J, Kakimaru H, Yamamoto S, Yamaguchi H, Miyamoto W: The effect of non-steroidal anti-inflammatory drugs on upper gastrointestinal disorders in orthpaedic patients. Nippon Rinsho

More information

Clinical Question 1 ACL 損傷のリスクファクターにはどのようなものがあるか 要 約 Grade B 大腿骨顆間窩幅が狭いこと, 全身関節弛緩性, 月経周期の卵胞期 ( 女性 ) が ACL 損傷のリスクファクターにあげられる. Grade C 大きな脛骨後方傾斜, 膝関節の過伸

Clinical Question 1 ACL 損傷のリスクファクターにはどのようなものがあるか 要 約 Grade B 大腿骨顆間窩幅が狭いこと, 全身関節弛緩性, 月経周期の卵胞期 ( 女性 ) が ACL 損傷のリスクファクターにあげられる. Grade C 大きな脛骨後方傾斜, 膝関節の過伸 第 1 章 疫学 Clinical Question 1 ACL 損傷のリスクファクターにはどのようなものがあるか 要 約 Grade B 大腿骨顆間窩幅が狭いこと, 全身関節弛緩性, 月経周期の卵胞期 ( 女性 ) が ACL 損傷のリスクファクターにあげられる. Grade C 大きな脛骨後方傾斜, 膝関節の過伸展,KT-2000 による前後移動量の左右差 ( 女性 ), 神経認知機能の不良,

More information

学 発 表 011 1 Elastofibroma dorsi: diagnostic and therapeutic algorithm 演 題 学 名 場 所 年 月 日 演 者 XXV Triennial World SICOT 011 13 手 掌 に 発 生 した 有 痛 性 腫 瘤 の1

学 発 表 011 1 Elastofibroma dorsi: diagnostic and therapeutic algorithm 演 題 学 名 場 所 年 月 日 演 者 XXV Triennial World SICOT 011 13 手 掌 に 発 生 した 有 痛 性 腫 瘤 の1 学 発 表 011 1 Evaluation of Rotational Instability of The Triple Bundle Anterior Cruciate Ligament With Use of Triaxial Accelerometer A Comparison of Initial Graft Tension on Rotational Knee Stability Between

More information

07_学術_荷重位X線撮影法の違いによる_山口様.indd

07_学術_荷重位X線撮影法の違いによる_山口様.indd Arts and Sciences X Radiological assessment of joint space width using different weight-bearing radiographic methods for knee osteoarthritis 1 2 1 3 1 3 1 2 3 Key words: knee, osteoarthritis, radiography,

More information

Vol. No. Honda, et al.,

Vol. No. Honda, et al., A Study of Effects of Foot Bath before Exercise on Fall Prevention Yoko Honda Yoko Aso Aki Ibe Megumi Katayama Tomoko Tamaru Key Words fall prevention, foot bath, elderly, fall prevention programs Honda,

More information

Powered by TCPDF (www.tcpdf.org) Title Author Publisher Jtitle Abstract Genre URL 半月板損傷および前十字靭帯損傷における術後のリハビリテーションプログラムの変遷安藤, 勝英 (Ando, Katsuhide) 慶應義塾大学体育研究所体育研究所紀要 (Bulletin of the institute of physical

More information

The Significance of Fibular Fractures on TibialShaft Fractures by Kiyoyuki Torigoe, Youshi Kamo, Shigeharu Nomura, Hirofumi Chosa, Masayuki Maekawa, Yoshiaki Ueda, Fumitoshi Ihara, Ginichirou Tokuhisa

More information

,.,.,,.,. X Y..,,., [1].,,,.,,.. HCI,,,,,,, i

,.,.,,.,. X Y..,,., [1].,,,.,,.. HCI,,,,,,, i 23 Experimental investigation of Natural Use Profiles of Pen Pressure, Tilt and Azimuth 1120230 2012 3 1 ,.,.,,.,. X Y..,,., [1].,,,.,,.. HCI,,,,,,, i Abstract Experimental investigation of Natural Use

More information

186 川 崎 医 学 会 誌 告 されたが, 術 後 合 併 症 としての 膝 前 部 痛 の 問 題 4) が 報 告 されるようになった.その 解 決 策 と して 後 から 半 腱 様 筋 薄 筋 腱 法 (semitendinosus and gracilis tendons, 以 下 S

186 川 崎 医 学 会 誌 告 されたが, 術 後 合 併 症 としての 膝 前 部 痛 の 問 題 4) が 報 告 されるようになった.その 解 決 策 と して 後 から 半 腱 様 筋 薄 筋 腱 法 (semitendinosus and gracilis tendons, 以 下 S 川 崎 医 学 会 誌 37(4):185-194,2011 185 膝 蓋 腱 を 用 いた 前 十 字 靭 帯 再 建 の 検 討 と 文 献 的 考 察 中 村 恭 啓 川 崎 医 科 大 学 附 属 川 崎 病 院 スポーツ 外 傷 整 形 外 科 学, 700-8505 岡 山 市 北 区 中 山 下 2-1-80 抄 録 2002 年 1 月 から2010 年 11 月 の 間 に 当

More information

Mix*: 2 bilateral Syme's amputation, 3 Syme's-B/K, 1 Syme's-A/K 1 bilateral through knee, 1 A/K through hip 2. Kegel, B., Carpenter, M. L. and Burgess, E. M.: Functional Capabilities of Lower Extremity

More information

3 報 告 年 度 における 著 書 論 文 学 会 発 表 講 演 研 究 助 成 等 の 実 績 論 文 Takatori R, Tokunaga D, Hase H, Mikami Y, Ikeda T, Harada T, Imai K, Ito H, Nishimura T, An HS,

3 報 告 年 度 における 著 書 論 文 学 会 発 表 講 演 研 究 助 成 等 の 実 績 論 文 Takatori R, Tokunaga D, Hase H, Mikami Y, Ikeda T, Harada T, Imai K, Ito H, Nishimura T, An HS, 平 成 22 年 度 寄 附 講 座 活 動 実 績 報 告 書 寄 附 講 座 名 : 生 体 材 料 生 体 力 学 講 座 所 属 長 : 久 保 俊 一 1 寄 附 講 座 の 目 的 生 体 に 応 用 する 各 種 材 料 ( 生 体 材 料 )と 人 体 における 動 きの 力 学 的 解 析 ( 生 体 力 学 ) の 研 究 と 教 育 を 通 じて 人 材 育 成 を 図 りながら

More information

ガイドラインQ&A2011完成版.doc

ガイドラインQ&A2011完成版.doc 膝 前 十 字 靱 帯 (ACL) 損 傷 理 学 療 法 診 療 ガイドライン Q&A 班 長 川 島 敏 生 ( 日 本 鋼 管 病 院 リハビリテーション 科 ) 副 班 長 大 見 頼 一 ( 日 本 鋼 管 病 院 リハビリテーション 科 ) 班 員 前 田 慎 太 郎 ( 佐 々 木 病 院 スポーツリハビリテーション 科 ) 宮 本 謙 司 ( 青 葉 さわい 病 院 リハビリテーション

More information

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA Title 成人知的障害者の加齢に伴う外観的変化に関する研究 : 知的障害者用外観的老化微候測定法を用いた検討 Author(s) 春日井, 宏彰 ; 菅野, 敦 ; 橋本, 創一 ; 桜井, 和典 ; 片瀬, Citation 東京学芸大学紀要. 第 1 部門, 教育科学, 56: 415-425 Issue Date 2005-03-00 URL http://hdl.handle.net/2309/2097

More information

16_.....E...._.I.v2006

16_.....E...._.I.v2006 55 1 18 Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 55, No.1 (Cult. & Soc.), 2006 165 2002 * 18 Collaboration Between a School Athletic Club and a Community Sports Club A Case Study of SOLESTRELLA NARA 2002 Rie TAKAMURA

More information

622 3) 4 6) ) 8) , ,921 40, ) ) 10 11) ) ) ,434 43, ,18

622 3) 4 6) ) 8) , ,921 40, ) ) 10 11) ) ) ,434 43, ,18 Vol. 15 No. 2 2006 621 626 Λ1 1959 1995 2004 1959 1995 2004 7 1 2) 1 6 3) 11 Λ1 701-0193 288 E-Mail: takao@mw.kawasaki-m.ac.jp 621 622 3) 4 6) 8 15 7) 8) 2 2 1 1959 34 4,697 401 38,921 40,838 500 9) 9

More information

\ (1963): Recent Trends of Urban Geography in Japan A, A, A, G, 53 93^ 102 Yamaga S, & Y, Masai (1966) : Japanese Urban Geography-General View Japanese Geography 1966; Spec, Publ, No,1 Ass, Jap, Geogrs,

More information

未婚者の恋愛行動分析 : なぜ適当な相手にめぐり会わないのか

未婚者の恋愛行動分析 : なぜ適当な相手にめぐり会わないのか Kwansei Gakuin University Rep Title 未 婚 者 の 恋 愛 行 動 分 析 : なぜ 適 当 な 相 手 にめぐり 会 わないのか Author(s) Nishimura, Tomo, 西 村, 智 Citation 経 済 学 論 究, 68(3): 493-515 Issue Date 2014-12-20 URL http://hdl.handle.net/10236/13428

More information

i

i 14 i ii iii iv v vi 14 13 86 13 12 28 14 16 14 15 31 (1) 13 12 28 20 (2) (3) 2 (4) (5) 14 14 50 48 3 11 11 22 14 15 10 14 20 21 20 (1) 14 (2) 14 4 (3) (4) (5) 12 12 (6) 14 15 5 6 7 8 9 10 7

More information

„h‹¤.05.07

„h‹¤.05.07 Japanese Civilian Control in the Cold War Era Takeo MIYAMOTO In European and American democratic countries, the predominance of politics over military, i.e. civilian control, has been assumed as an axiom.

More information

環境影響評価制度をめぐる法的諸問題(4) : 米国の環境影響評価制度について

環境影響評価制度をめぐる法的諸問題(4) : 米国の環境影響評価制度について Kwansei Gakuin University Rep Title Author(s) 環 境 影 響 評 価 制 度 をめぐる 法 的 諸 問 題 (4) : 米 国 の 環 境 影 響 評 価 制 度 について Sekine, Takamichi, 関 根, 孝 道 Citation 総 合 政 策 研 究, 33: 73-103 Issue Date 2010-02-20 URL http://hdl.handle.net/10236/3583

More information

ヒ 卜 は 子 を JIJ~ て 様 々な 動 作 を 行 う

ヒ 卜 は 子 を JIJ~ て 様 々な 動 作 を 行 う 105~126, 平 3 ~ ' I i{ 予 関 節 障 害 の 病 態 を 解 明 すベく, 正 常 予 関 節 の 運 動 1iJJ1L~ を 対 象 とした 日 [' 売 か 過.1~ 数 多 く なされ て レ 線 写 真 正 面 像 で 得 られる! 町 比 は 少 な く, 件 f: fh 竹 U~] の fj~{i : ま て 解 析 か 陥 め ~ti 'n 背 I: I~ 背 屈

More information

WASEDA RILAS JOURNAL

WASEDA RILAS JOURNAL 27 200 WASEDA RILAS JOURNAL NO. 1 (2013. 10) WASEDA RILAS JOURNAL 28 199 29 198 WASEDA RILAS JOURNAL 30 197 31 196 WASEDA RILAS JOURNAL 32 195 1 3 12 6 23 No 1 3 0 13 3 4 3 2 7 0 5 1 6 6 3 12 0 47 23 12

More information

<31322D899C8CA982D982A95F985F95B65F2E696E6464>

<31322D899C8CA982D982A95F985F95B65F2E696E6464> SUMMARY Japan is one of the most earthquakeprone country in the world, and has repeatedly experienced serious major damages. No matter how serious the impact of earthquake disasters, each and every time,

More information

理学療法学42-7号

理学療法学42-7号 理 学 604 療 法 学 第 42 巻 第 7 号 604 ~ 613 頁 (2015 年 ) 理 学 療 法 学 第 42 巻 第 7 号 講 座 シリーズ エビデンスに 基 づく 理 学 療 法 理 学 療 法 診 療 ガイドラインを 読 み 解 く 連 載 第 10 回 膝 前 十 字 靭 帯 (ACL) 損 傷 理 学 療 法 診 療 ガイドライン * 長 妻 香 織 1) 宮 本 謙 司

More information

SOM SOM(Self-Organizing Maps) SOM SOM SOM SOM SOM SOM i

SOM SOM(Self-Organizing Maps) SOM SOM SOM SOM SOM SOM i 20 SOM Development of Syllabus Vsualization System using Spherical Self-Organizing Maps 1090366 2009 3 5 SOM SOM(Self-Organizing Maps) SOM SOM SOM SOM SOM SOM i Abstract Development of Syllabus Vsualization

More information

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~

膝の痛みの治療法 ~スポーツ障害から中高年の膝関節痛まで~ 膝 の 痛 みの 治 療 法 ~スポーツ 障 害 から 中 高 年 の 膝 関 節 痛 まで~ 沼 津 市 立 病 院 整 形 外 科 向 山 俊 輔 ひざの 構 造 特 徴 本 日 は ひざの 痛 み 各 論 ひざ の 話 1. 前 十 字 靭 帯 損 傷 2. 半 月 板 損 傷 3. 変 形 性 膝 関 節 症 ひざ 関 節 乳 幼 児 一 般 成 人 高 齢 者 人 間 の 関 節 で 最

More information

untitled

untitled 11-19 2012 1 2 3 30 2 Key words acupuncture insulated needle cervical sympathetick trunk thermography blood flow of the nasal skin Received September 12, 2011; Accepted November 1, 2011 I 1 2 1954 3 564-0034

More information

Title 社 会 化 教 育 における 公 民 的 資 質 : 法 教 育 における 憲 法 的 価 値 原 理 ( fulltext ) Author(s) 中 平, 一 義 Citation 学 校 教 育 学 研 究 論 集 (21): 113-126 Issue Date 2010-03 URL http://hdl.handle.net/2309/107543 Publisher 東 京

More information

NotePC 8 10cd=m 2 965cd=m 2 1.2 Note-PC Weber L,M,S { i {

NotePC 8 10cd=m 2 965cd=m 2 1.2 Note-PC Weber L,M,S { i { 12 The eect of a surrounding light to color discrimination 1010425 2001 2 5 NotePC 8 10cd=m 2 965cd=m 2 1.2 Note-PC Weber L,M,S { i { Abstract The eect of a surrounding light to color discrimination Ynka

More information

Cochlear Implantations for Children with Congenital Inner Ear Malformation Ryuta Kamekura, Tomoko Shintani, Akiko Okazaki, Aya Kawabatao, Kae Kitagawa and Tetsuo Himi Department of Otolaryngology, Sapporo

More information

L3 Japanese (90570) 2008

L3 Japanese (90570) 2008 90570-CDT-08-L3Japanese page 1 of 15 NCEA LEVEL 3: Japanese CD TRANSCRIPT 2008 90570: Listen to and understand complex spoken Japanese in less familiar contexts New Zealand Qualifications Authority: NCEA

More information

Hirosaki University Repository 妊 娠 可 能 てんかん 女 性 の 治 療 管 理 基 準 設 定 に 関 する 研 Title 究 Author(s) 兼 子, 直 Citation てんかん 治 療 研 究 振 興 財 団 研 究 年 報. 4, 1992, p.24-35 Issue Date 1992 URL http://hdl.handle.net/10129/1905

More information

NODERA, K.*, TANAKA, Y.**, RAFAEL, F.*** and MIYAZAKI, Y.**** : Relationship between rate of success and distance of shooting on fade-away shoot in fe

NODERA, K.*, TANAKA, Y.**, RAFAEL, F.*** and MIYAZAKI, Y.**** : Relationship between rate of success and distance of shooting on fade-away shoot in fe 大学生女子バスケットボール選手におけるフェイダウェ Titleイシュートのシュート距離と成功率との関係について ( fulltext ) Author(s) 野寺, 和彦 ; 田中, 勇人 ; Figueroa, Rafael; 宮崎, Citation 東京学芸大学紀要. 芸術 スポーツ科学系, 63: 71-77 Issue Date 2011-10-31 URL http://hdl.handle.net/2309/111959

More information

胸腺摘出後胸郭出口症候群牽引型を呈した一症例

胸腺摘出後胸郭出口症候群牽引型を呈した一症例 1) 11 12 14 56 13 4 3 67nM 5 30 nm winging morley inferior stress TOS TOS 58 VAS 40 ROM 100 160 MMT 3 Cuff 3 Cuff 4 TOS 82 VAS 0 ROM 175 MMT 4 3+ Cuff 3+ b 1 2part PT 2part 2 stooping ex's 2.5 1 67 2 75

More information

明海大学歯学雑誌 43‐1☆/目次(43‐1)

明海大学歯学雑誌 43‐1☆/目次(43‐1) 94 J Meikai Dent Med 43 1, 94 100, 2014 1 1 1 1 2 1 1 2 75 2 A Case of Occlusal Discomfort Treated by Fixed Partial Denture Fabricated by Double-cast Technique Takafumi FUJITA 1, Tomoaki IIZUKA 1, Takuya

More information

<31302D8EC091488CA48B862D8E52936389698E7190E690B691BC2D3296BC976C2E706466>

<31302D8EC091488CA48B862D8E52936389698E7190E690B691BC2D3296BC976C2E706466> 77 1 1 1 Comparative analysis of training regimens between top European and Japanese women s youth handball teams with a focus on shooting Eiko Yamada 1 Hiroshi Aida 1 and Akira Nakagawa 1 Abstract In

More information

1)Malmivaara A, Hakkinen U, et al: The treatment of acute low back pain - bed rest, exercise, or ordinary activity? N Engl J Med 1995;332:251-5 2)Latash ML: Spectral analysis of the electromyogram (EMG)

More information

01_渡部先生_21-2.indd

01_渡部先生_21-2.indd Wang & Moffit, SSF ; Wang and Moffit ; Purcell, ; ; ; Grice, Purcell, Wang & Moffit, Wang & Moffit, Purcell, :.. cm :.. kg :.. cm :.. kg t., p >. t.., p >. SONY HDR-CXV, HDR-CXV f/sec . m m PC DKH Frame-DIAS

More information

ÿþ

ÿþ Abstract The aim of this paper is to describe 1. how media, especially mobile phones, have been utilized in childrearing practices, and 2. how the process of adoption influences the placement of techno-social

More information

1) Tatelman M: The angiographic evaluation of cerebral arteriosclerosis. Radiology 70: 801-810, 1958. 2) Elkeles A: A comparative study of calcified 8) Limpert JD, Vogelzang RL, Yao JST: Computed tomography

More information

A comparison of abdominal versus vaginal hysterectomy for leiomyoma and adenomyosis Kenji ARAHORI, Hisasi KATAYAMA, Suminori NIOKA Department of Obstetrics and Gnecology, National Maizuru Hospital,Kyoto,

More information

Perspective-Taking Perspective-Taking.... Vol. No.

Perspective-Taking Perspective-Taking.... Vol. No. Nurses Thinking Process in Understanding Patients Unconscious Denial Tomoko Hayashi Key Words putting oneself in the patient s place, perspective-taking, misunderstand patient s perspective, modifying

More information

明海大学歯学雑誌 37‐2/1.秦泉寺

明海大学歯学雑誌 37‐2/1.秦泉寺 J Meikai Dent Med 37, 153 158, 8 153 1 7 5ml /1 min Wong-Baker Face Rating Scale FS 5 1 9. g 3 5ml /1 min, FS 1 66 6ml /1 min FS 5 1 9. g 3 6ml /1 min, FS 3 Two Cases of Xerostomia that Showed an Improvement

More information

ÿþ

ÿþ I O 01 II O III IV 02 II O 03 II O III IV III IV 04 II O III IV III IV 05 II O III IV 06 III O 07 III O 08 III 09 O III O 10 IV O 11 IV O 12 V O 13 V O 14 V O 15 O ( - ) ( - ) 16 本 校 志 望 の 理 由 入 学 後 の

More information

Title 近江湖北の神事をめぐる心理臨床学的研究 Author(s) 井上, 明美 Citation 京都大学大学院教育学研究科紀要 (2009), 55: 267-279 Issue Date 2009-03-31 URL http://hdl.handle.net/2433/72722 Right Type Departmental Bulletin Paper Textversion publisher

More information

ハイコミットメントモデルの有効性についての考察 

ハイコミットメントモデルの有効性についての考察  No. 21 2001 8 Abstract The purpose of this study is to analyze the current validity of the high commitment management model, which has been widely used in the USA and Europe. This model has shown efficiency

More information

第122号(A4、E)(4C)/3 宇野ほか

第122号(A4、E)(4C)/3 宇野ほか trans Development of high performance heat resistant transparent polyimides based on trans-,,, -cyclopentanetetracarboxylic dianhydride Takaaki Uno Takashi Okada Igor Rozhanskii Toshimitsu Kikuchi Kohei

More information

06_学術.indd

06_学術.indd Arts and Sciences Development and usefulness evaluation of a remote control pressured pillow for prone position 1 36057 2 45258 2 29275 3 3 4 1 2 3 4 Key words: pressured pillow prone position, stomach

More information

™…

™… Review The Secret to Healthy Long Life Decrease in Oxidative and Mental Stress My motto is Health is not all. But nothing can be done without health. Health is the most important requisite for all human

More information

Ł×

Ł× March OECD eds. OECD eds. ab March 100.0 80.0 60.0 40.0 20.0 95.7 94.9 91.9 93.8 88.0 94.4 78.1 77.0 35.2 38.7 0.0 6069 7079 8089 9099 0009 March W W B B W B W W B B W B March 2.5 2.0 1.5 2.03 1.79 1.95

More information

On Sapir's Principles of Historical Linguistics (I) An Interpretation on Sapir's View of Language Contact Nobuharu MIWA Abstract This paper is an atte

On Sapir's Principles of Historical Linguistics (I) An Interpretation on Sapir's View of Language Contact Nobuharu MIWA Abstract This paper is an atte Title E. サピア 言語 (1921) の言語史原理 ( 前篇 ) : 語はどのように相互影響しあうか 解読 第 9 章言 Author(s) 三輪, 伸春 Citation 地域政策科学研究, 10: 171-194 Issue Date 2013-03-23 URL http://hdl.handle.net/10232/16669 http://ir.kagoshima-u.ac.jp

More information

自分の天職をつかめ

自分の天職をつかめ Hiroshi Kawasaki / / 13 4 10 18 35 50 600 4 350 400 074 2011 autumn / No.389 5 5 I 1 4 1 11 90 20 22 22 352 325 27 81 9 3 7 370 2 400 377 23 83 12 3 2 410 3 415 391 24 82 9 3 6 470 4 389 362 27 78 9 5

More information

SUMMARY There might be no other business that has high uncertainty like Live Entertainment Business. This is because the success and failure of this business depend a great deal on the unscientific element

More information

理学療法検査技術習得に向けた客観的臨床能力試験(OSCE)の試行

理学療法検査技術習得に向けた客観的臨床能力試験(OSCE)の試行 An Application of an Objective Structured Clinical Examination for Learning Skills in Assessment of Physical Therapy A Task Involving Measurements on the Range of Motion Test Chikako Fujita1) Hiroyasu

More information

How is the suffixtekiused in modern Japanese SAWANO Katsumi When the foreign students study Japanese, there are many difficulties to overcome for them

How is the suffixtekiused in modern Japanese SAWANO Katsumi When the foreign students study Japanese, there are many difficulties to overcome for them How is the suffixtekiused in modern Japanese SAWANO Katsumi When the foreign students study Japanese, there are many difficulties to overcome for them. For example, particles, the honorific system, etc,

More information

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf Doshisha Journal of Health & Sports Science, 4, 41-50 2012 41 A Case Study of the Comprehensive community sports clubs that People with Disability Participate in. Motoaki Fujita In this study, the interview

More information

三税協力の実質化 : 住民税の所得税閲覧に関する国税連携の効果

三税協力の実質化 : 住民税の所得税閲覧に関する国税連携の効果 Kwansei Gakuin University Rep Title 三 税 協 力 の 実 質 化 : 住 民 税 の 所 得 税 閲 覧 に 関 する 国 税 連 携 の 効 果 Author(s) Suzuki, Ushio, 鈴 木, 潮 Citation 経 済 学 論 究, 65(4): 175-197 Issue Date 2012-03-20 URL http://hdl.handle.net/10236/9133

More information

日本職業・災害医学会会誌第51巻第5号

日本職業・災害医学会会誌第51巻第5号 Reprint request: TREATMENT FOR CALCANEAL FRACTURE Yumiko ISHIBASHI, Hiroshi HIEDA, Katsuya KANESAKI, Takashi TAMAKI, Yoshimasa HIRAI, Tojiro YANAGI and Yoshifumi KUNO Department of Orthopedic Surgery,

More information

#11 ‚“’à „´fic 4“Z*

#11 ‚“’à „´fic 4“Z* 21 2 15 25 2006 RED CT 6 15 15 RED 409-3898 1110 2006 7 21 2006 7 21 RED rigid, external, distraction Polley Figueroa 1,2 1 1999 3 RED RED 16 RED Martin halo traction hook 1 halo 9 6 A halo 1 RED a halo

More information

2

2 2011 8 6 2011 5 7 [1] 1 2 i ii iii i 3 [2] 4 5 ii 6 7 iii 8 [3] 9 10 11 cf. Abstracts in English In terms of democracy, the patience and the kindness Tohoku people have shown will be dealt with as an exception.

More information

日 本 整 形 外 科 学 会 教 育 研 修 講 演 のお 知 らせ(つづき) 日 付 会 セッション 名 演 者 / 所 属 講 演 タイトル 日 整 会 6 月 20 日 ( 木 ) 第 4 会 イブニング セミナー2 末 永 直 樹 / 北 新 病 院 上 肢 人 工 関 節 内 視 鏡 セ

日 本 整 形 外 科 学 会 教 育 研 修 講 演 のお 知 らせ(つづき) 日 付 会 セッション 名 演 者 / 所 属 講 演 タイトル 日 整 会 6 月 20 日 ( 木 ) 第 4 会 イブニング セミナー2 末 永 直 樹 / 北 新 病 院 上 肢 人 工 関 節 内 視 鏡 セ 日 本 整 形 外 科 学 会 教 育 研 修 講 演 のお 知 らせ 1. 日 本 整 形 外 科 学 会 の 教 育 研 修 単 位 は 1 日 4 単 位 学 会 期 間 中 は 最 高 6 単 位 まで 取 得 可 能 です ライラックセミナーは 学 術 集 会 とは 別 に 単 位 取 得 可 能 です 2. 受 講 証 明 書 の 必 要 な 方 は 本 誌 綴 込 みの 申 込 書 に

More information

Preliminary study of practice teaching by research interview Keiko OZAKI Keyword: practice teaching, university students, half-structural interview, intentions to become a teacher, support The purpose

More information

i ii iii iv v vi vii ( ー ー ) ( ) ( ) ( ) ( ) ー ( ) ( ) ー ー ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 13 202 24122783 3622316 (1) (2) (3) (4) 2483 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) 11 11 2483 13

More information

< 対 象 と 方 法 > Lateral intercondylar ridge の 肉 眼 的 観 察 348 の 大 腿 骨 標 本 から 大 腿 骨 遠 位 部 の 損 傷 により 30 標 本 を 除 外 した 318 標 本 を 対 象 とした LIR 有 無 を 確 認 し LIR が

< 対 象 と 方 法 > Lateral intercondylar ridge の 肉 眼 的 観 察 348 の 大 腿 骨 標 本 から 大 腿 骨 遠 位 部 の 損 傷 により 30 標 本 を 除 外 した 318 標 本 を 対 象 とした LIR 有 無 を 確 認 し LIR が 学 位 論 文 の 内 容 の 要 旨 論 文 提 出 者 氏 名 塚 田 幸 行 論 文 審 査 担 当 者 主 査 宗 田 大 副 査 星 治 森 田 定 雄 論 文 題 目 Anatomic variations of the lateral intercondylar ridge: Relationship to the anterior margin of the anterior cruciate

More information

特別講演

特別講演 教 育 講 演 Ⅰ 肩 のバイオメカニクス ~ 臨 床 的 観 点 からの 検 討 ~ 佐 藤 久 友 大 阪 医 科 大 学 附 属 病 院 リハビリテーション 科 バイオメカニクスの 使 い 方 理 学 療 法 士 は 医 師 の 診 断 をもとに 患 者 の 病 態 や 主 訴 Needs を 把 握 し 機 能 障 害 に 対 する 評 価 治 療 を 行 う 肩 関 節 の 機 能 障 害

More information

\615L\625\761\621\745\615\750\617\743\623\6075\614\616\615\606.PS

\615L\625\761\621\745\615\750\617\743\623\6075\614\616\615\606.PS osakikamijima HIGH SCHOOL REPORT Hello everyone! I hope you are enjoying spring and all of the fun activities that come with warmer weather! Similar to Judy, my time here on Osakikamijima is

More information

審査報告書(案)

審査報告書(案) 19 83 7 18 628 1 19 8 3 7 18 6 28 30 MI 31 360 21700BZY00247000 5mm CEA 59 mm 2 50% 80 1. 2. 3 19 8 3 [ ] 7 [ ] [ ] [ ] [ ] 18 6 28 [ ] CEA 49mm 50 80 2 4 carotid endarterectomy CEA 1,2 CEA ECST 3 NASCET

More information

日本職業・災害医学会会誌第51巻第5号

日本職業・災害医学会会誌第51巻第5号 太田ら 同時多発性高血圧性脳葉出血の 1 手術例 図 1 搬入時 CT 上段 単純 CT 下段 造影 CT 図 2 術後の脳血管撮影検査では明らかな出血源は認めない 379 Reprint request: MULTIPLE SIMULTANEOUS HYPERTENSIVE LOBAR HEMORRHAGE Hirotsugu OHTA M.D. 1) and Akira YOKOTA M.D.

More information

15 2002 42 3 5) 6) 2 (1855) 10 (1921) 7) 1 42 9 5 43 5 13 2 4 1 5 2 5 II 8) 75 9) 75 75 1 5 42 9 19 23 6 42 10 18 21 7 42 11 23 27 8 42 12 18 19 9 43

15 2002 42 3 5) 6) 2 (1855) 10 (1921) 7) 1 42 9 5 43 5 13 2 4 1 5 2 5 II 8) 75 9) 75 75 1 5 42 9 19 23 6 42 10 18 21 7 42 11 23 27 8 42 12 18 19 9 43 1) I IV I II III 19 (1944) 2) IV I II III 3) I II II II 42 I II 42 (1909) 44 (1911) 4) 42 (1909)5 41 15 2002 42 3 5) 6) 2 (1855) 10 (1921) 7) 1 42 9 5 43 5 13 2 4 1 5 2 5 II 8) 75 9) 75 75 1 5 42 9 19

More information

四校_目次~巻頭言.indd

四校_目次~巻頭言.indd 107 25 1 2016 3 Key Words : A 114 67 58.84 Mann-Whitney 6 1. 2. 3. 4. 5. 6. I. 21 4 B 23 11 1 9 8 7 23456 108 25 1 2016 3 78 9 II. III. IV. 1. 24 4 A 114 2. 24 5 6 3. 4. 5. 3 42 5 16 6 22 5 4 4 4 3 6.

More information

10 27 1 9 22 25 11 Gilovich et al., 1985, p.313 Gilovich et al. 1985 Adams, 1992; Albright, 1993; Koehler and Conley, 2003; Clark, 2005a, 2005b Gilovi

10 27 1 9 22 25 11 Gilovich et al., 1985, p.313 Gilovich et al. 1985 Adams, 1992; Albright, 1993; Koehler and Conley, 2003; Clark, 2005a, 2005b Gilovi 9 1 2 Process of Streaks in the volleyball game and game situation Yusuke Asai 1 and Masato Sagawa 2 Abstract The purpose of this study was investigation of process of Streaks in the volleyball game and

More information

PC PDA SMTP/POP3 1 POP3 SMTP MUA MUA MUA i

PC PDA SMTP/POP3 1 POP3 SMTP MUA MUA MUA i 21 The private mailers synchronization operation for plural terminals 1125083 2010 3 1 PC PDA SMTP/POP3 1 POP3 SMTP MUA MUA MUA i Abstract The private mailers synchronization operation for plural terminals

More information

Adult Attachment Projective AAP PARS PARS PARS PARS Table

Adult Attachment Projective AAP PARS PARS PARS PARS Table PARS PARS PARS PARS IWM IWM SATSAT Adult Attachment Projective AAP PARS PARS PARS PARS Table PARS PARS PARS PARS PARS AAP George, West, & Pettem Bowlby Bowlby George et al.,, Pp. - Geroge & West, PARS

More information

~S*i1~8BE~ (.:c(1)-)~ j]dgj1~f:g:~j, fff~~~ lli~ ~IPJ (.:c(1)=)j] j]dlli~~:thj, fff~~~tfj~ ~IPJ (.:c(1) =) ~ j]dgj~~:g:~j, fff~~~lliaa ij]ue~-a~*jbe, i"ij13'~~~f'ffjt lli~*~~~, 1987 j]dlli~j!!~ : ~Bft~1DJ:~~,

More information

1..FEM FEM 3. 4.

1..FEM FEM 3. 4. 008 stress behavior at the joint of stringer to cross beam of the steel railway bridge 1115117 1..FEM FEM 3. 4. ABSTRACT 1. BackgroundPurpose The occurrence of fatigue crack is reported in the joint of

More information

Single slice helical CT CT 1 2005 1 4 1. CT Anti-Lung Cancer Association: ALCA 1-5) 1993 9 10 ALCA (Nawa 6) ) single slice helical CT 10mm CT 2. 1 (http://www.thoracic-ctscreening.org/jpn/index.html )

More information

untitled

untitled I...1 II...2...2 III...3...3...7 IV...15...15...20 V...23...23...24...25 VI...31...31...32...33...40...47 VII...62...62...67 VIII...70 1 2 3 4 m 3 m 3 m 3 m 3 m 3 m 3 5 6 () 17 18 7 () 17 () 17 8 9 ()

More information

54 Ⅱ 2012 CI CI ADL 3 2 Ⅲ 5cm 1 : : : : 2014 5 1 CI Open technique 12 1 2 CT 2 2 5

54 Ⅱ 2012 CI CI ADL 3 2 Ⅲ 5cm 1 : : : : 2014 5 1 CI Open technique 12 1 2 CT 2 2 5 91 53 57 2015 1) 1) 1) 1) 1) 1) 1) 1) 2) 2) 1) 3) 2014 10 212014 10 24 covering ileostomy 2012 2014covering ileostomy 5 2 Key words: Ⅰ covering stoma fecal diversion covering ileostomyci 1 3 1) 2) 3) Tetsutaro

More information

抜刷表紙/芦塚 〃 嶋崎 芦塚

抜刷表紙/芦塚 〃 嶋崎 芦塚 Res. Bull. Fukuoka Inst. Tech., Vol No A study on the establishment and operation of synthesized type community sport clubs by nonprofit organizations Koji KANAGAWA (Department of Social and Environmental

More information

October October October October Geoffrey M. White, White October Edward Relph,, Place and Placelessness, Pion limited October Geoffrey M. White,, National subjects September and Pearl Harbor, American

More information

駒田朋子.indd

駒田朋子.indd 2 2 44 6 6 6 6 2006 p. 5 2009 p. 6 49 12 2006 p. 6 2009 p. 9 2009 p. 6 2006 pp. 12 20 2005 2005 2 3 2005 An Integrated Approach to Intermediate Japanese 13 12 10 2005 8 p. 23 2005 2 50 p. 157 2 3 1 2010

More information

0 Speedy & Simple Kenji, Yoshio, and Goro are good at English. They have their ways of learning. Kenji often listens to English songs and tries to remember all the words. Yoshio reads one English book every

More information

2014 6 7 12 原 著 S 1, 2 1 1 1 1 2 1 2 2012 6 1 2013 8 26 S S S 148 4 72 49 6 / 60 7 / 12 20 7 / S S OTC 7

2014 6 7 12 原 著 S 1, 2 1 1 1 1 2 1 2 2012 6 1 2013 8 26 S S S 148 4 72 49 6 / 60 7 / 12 20 7 / S S OTC 7 2014 6 1 6 Review Article Proposal for Outcome Verification of Iyakubungyo and Future Directions Miwako Kamei 1, Mitsuko Onda 2, Kazuko Akagi 3, Tomohide Akase 4, Noriko Fukushima 5, Noriko Miyamoto 6

More information

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2)

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) (1) I 44 II 45 III 47 IV 52 44 4 I (1) ( ) 1945 8 9 (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) 45 II 1 (3) 511 ( 451 1 ) ( ) 365 1 2 512 1 2 365 1 2 363 2 ( ) 3 ( ) ( 451 2 ( 314 1 ) ( 339 1 4 ) 337 2 3 ) 363 (4) 46

More information

1) A Consideration of the Use of the Phrase Tsumaranaimonodesuga by Comparison of the Contents of Japanese Textbooks and the Results of Actual Surveys

1) A Consideration of the Use of the Phrase Tsumaranaimonodesuga by Comparison of the Contents of Japanese Textbooks and the Results of Actual Surveys 1) A Consideration of the Use of the Phrase Tsumaranaimonodesuga by Comparison of the Contents of Japanese Textbooks and the Results of Actual Surveys SEI Rumi This study aims to verify whether actual

More information

情意要因が英語の読解力と会話力に及ぼす影響-JGSS-2008 のデータから-

情意要因が英語の読解力と会話力に及ぼす影響-JGSS-2008 のデータから- JGSS-2008 The Influence of Affective Factors on English Reading and Conversation Proficiency among Japanese from the Data of JGSS-2008 Kaoru KOISO Faculty of Business Administration Osaka University of

More information

i ii i iii iv 1 3 3 10 14 17 17 18 22 23 28 29 31 36 37 39 40 43 48 59 70 75 75 77 90 95 102 107 109 110 118 125 128 130 132 134 48 43 43 51 52 61 61 64 62 124 70 58 3 10 17 29 78 82 85 102 95 109 iii

More information