FEE475DAE38CD EC

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "FEE475DAE38CD32849256EC30029261"

Transcription

1 平 成 14 年 (ワ) 第 号 著 作 権 侵 害 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 16 年 1 月 28 日 判 決 原 告 株 式 会 社 読 売 新 聞 東 京 本 社 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 竹 田 稔 同 室 町 正 実 同 永 野 剛 志 同 川 田 篤 同 千 葉 克 彦 同 清 水 豊 被 告 有 限 会 社 デジタルアライアンス 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 柴 田 眞 里 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は, 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 1 被 告 は, 被 告 の 運 営 する 別 紙 1 被 告 ホームページ 目 録 記 載 のホームページ 上 において, 別 紙 2 原 告 ホームページ 目 録 記 載 のホームページ 上 に 掲 出 される 記 事 見 出 し 及 びこれと 類 似 する 記 事 見 出 しを 複 製 し, 使 用 してはならない 2 被 告 は, 前 項 記 載 の 記 事 見 出 しを 掲 出 した 別 紙 3タグ 目 録 記 載 のタグを 頒 布 してはならない 3 被 告 は, 原 告 に 対 し, 金 6825 万 円 及 びこれに 対 する 平 成 15 年 1 月 23 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 原 告 が,1( 主 位 的 主 張 ) 被 告 は 原 告 の 著 作 物 である 記 事 見 出 しを 無 断 で 複 製 するなどして, 原 告 の 著 作 権 を 侵 害 している,2( 予 備 的 主 張 ) 原 告 の 記 事 見 出 しに 著 作 物 性 が 認 められないとしても,その 無 断 複 製 などの 行 為 は 不 法 行 為 を 構 成 する,と 主 張 して, 被 告 に 対 し, 記 事 見 出 しの 複 製 等 の 差 止 等 及 び 損 害 賠 償 を 求 めた 事 案 である 1 争 いのない 事 実 等 (1) 当 事 者 原 告 は, 日 刊 新 聞 の 発 行 等 を 業 とする 株 式 会 社 であり,その 運 営 する 別 紙 2 原 告 ホームページ 目 録 記 載 のホームページ Yomiuri On-Line ( 以 下 ヨミウ リ オンライン という )において, 原 告 のニュース 記 事 本 文 ( 以 下 という ) 及 びその 記 事 見 出 し( 以 下 という )を 掲 出 している 被 告 は,デジタルコンテンツの 企 画 制 作 等 を 業 とする 有 限 会 社 であり, インターネット 上 で ライントピックス と 称 するサービス( 以 下 被 告 ライント ピックスサービス という )を 提 供 している (2) 被 告 の 運 営 するウェブサイトの 概 要 被 告 は,URLを とするウェブサイト( 以 下 被 告 サイト という )を 開 設 している 被 告 は, 被 告 サイトにおいて,ヤフー 株 式 会 社 ( 以 下 ヤフー とい う )の 開 設 するウェブサイト Yahoo!Japan ( 以 下 ヤフーサイト という ) 上 のニュース 記 事 のウェブページ( 以 下 Yahoo!ニュース という )へのリンク を 張 り,そのリンクボタンの 多 くを 上 記 ニュース 記 事 の 見 出 し 語 句 と 同 一 の 語 句 を 使 用 している( 上 記 リンクボタンとされた 見 出 しを 以 下 被 告 リンク 見 出 し という ) 被 告 は, 被 告 サイト 上 の 被 告 リンク 見 出 し 及 びリンク 先 のURLを,ヤフーサ イト 上 のニュース 記 事 を 参 考 にして, 定 期 的 に 更 新 している (3) 被 告 ライントピックスサービスの 手 順 被 告 ライントピックスサービスは, 色 やデザインのカスタマイズ 機 能 等 の 有 無 などにより, 複 数 のタイプがあるが, 最 新 ニュースのページにリンクした 被 告 リンク 見 出 しをホームページ 上 に 表 示 する 機 能 を 有 する 点 で 共 通 する( 乙 21,2 2,24) その 概 要 は, 以 下 のとおりである ア ユーザ 登 録 被 告 ライントピックスサービスの 利 用 を 希 望 する 者 は, 被 告 サイトにユ ーザー 登 録 をする( 上 記 登 録 をした 者 を 以 下 ライントピックスサービス 登 録 ユー

2 ザ という ) イ ライントピックス 設 置 用 HTMLタグに 係 るデータの 送 信 被 告 は, 他 のウェブサイト 上 に 被 告 リンク 見 出 し 部 分 を 表 示 させる 制 御 情 報 を 表 すHTMLのタグ( 被 告 の 管 理 するサーバー 内 の 被 告 リンク 見 出 しに 係 るSWFフ ァイルの 再 生 を 制 御 するタグ)を 作 成 し, 同 タグに 係 るデータを, 被 告 サーバーか ら,ライントピックスサービス 登 録 ユーザに 対 し,インターネットを 通 じて, 送 信 している 以 下 のとおり,ライントピックスサービス 登 録 ユーザは, 上 記 データを ダウンロードし, 被 告 サービスにおいて 指 定 された 手 順 を 踏 むことにより,そのウ ェブサイト 上 に, 被 告 リンク 見 出 しを 表 示 させることができる ウ リンク 見 出 しの 表 示 ライントピックス 設 置 用 のHTMLタグは,ライントピックスサービス 登 録 ユーザのホームページに 設 置 されたライントピックスに, 被 告 の 管 理 するサーバー 内 のSWFファイルをFLASHムービーにより 再 生 するよう 制 御 するものである そし て,このSWFファイルには, 被 告 リンク 見 出 しのデータ 及 びそのリンク 先 のウェブペ ージのURLデータが 含 まれており,ライントピックスサービス 登 録 ユーザのホームペ ージに 設 置 されたライントピックスには, 被 告 リンク 見 出 しが 表 示 される また, ライントピックスに 表 示 された 被 告 リンク 見 出 しはリンク 先 URLにリンクしており, 被 告 リンク 見 出 しをクリックすると, 指 定 されたURLのウェブページが 別 ウィンドウ で 開 くように 設 定 されている エ リンク 見 出 し 等 の 更 新 被 告 は,ヤフーが 運 営 するヤフーサイト 上 に 表 示 される Yahoo!ニュー ス の 最 新 の 記 事 見 出 し 及 びその 記 事 のウェブページのURLを 参 考 にして,ライント ピックスサービス 登 録 ユーザのライントピックスに 表 示 されるSWFファイルのデー タ,すなわち 被 告 リンク 見 出 し 及 びそのリンク 先 ウェブページのURLを 定 期 的 に 更 新 している これにより,ライントピックスサービス 登 録 ユーザのライントピックス に, 更 新 された 被 告 リンク 見 出 しが 表 示 されることになる また, 被 告 リンク 見 出 しのリンク 先 ウェブページ(URL)は, Yahoo!ニュース の 記 事 のウェブページと なり, 被 告 リンク 見 出 しをクリックすると,リンク 先 の Yahoo!ニュース の 記 事 のウェブページが 別 ウィンドウで 開 く (4) 被 告 のウェブサイトでの 表 示 被 告 は, 被 告 サイトにおいて, 被 告 リンク 見 出 しを 表 示 している この 被 告 リンク 見 出 しも,ライントピックスサービス 登 録 ユーザのホームページにおい て,ライントピックスに 表 示 されるものと 同 様, Yahoo!ニュース の 記 事 のウェ ブページにリンクしており, 被 告 リンク 見 出 しをクリックすると,リンク 先 の Yahoo!ニュース の 記 事 のウェブページが 別 ウィンドウで 開 く (5) Yahoo!ニュース の 記 事 見 出 しの 内 容 原 告 とヤフーは, 平 成 13 年 8 月 20 日, 原 告 がヤフーに 対 し,ヨミウ リ オンラインの 主 要 なニュースを 有 償 で 使 用 許 諾 することなどを 内 容 とする 契 約 を 締 結 した( 甲 13) この 契 約 に 基 づき, Yahoo!ニュース には,と 同 一 の 記 事 見 出 しが 表 示 されており, 同 記 事 見 出 しをリンクボタンとして,ヨミウ リ オンラインの のウェブページにリンクし, と 同 一 の 記 事 が 表 示 される なお, Yahoo!ニュース には, 原 告 の 以 外 に, 他 の 報 道 機 関 の 記 事 見 出 しも 表 示 されており,それらの 記 事 見 出 しも, 提 供 先 の 各 報 道 機 関 のニュ ースサイトにおける 記 事 本 文 のウェブページをリンク 先 としたリンクボタンとされ ている 2 争 点 (1) ( 主 位 的 主 張 ) 被 告 サイト 上 に 被 告 リンク 見 出 しを 掲 出 させる 等 の 被 告 の 行 為 は, 原 告 が について 有 する 著 作 権 ( 複 製 権 及 び 公 衆 送 信 権 )を 侵 害 するか (2) ( 予 備 的 主 張 ) 被 告 サイト 上 に 被 告 リンク 見 出 しを 掲 出 させる 等 の 被 告 の 行 為 は, 原 告 に 対 する 不 法 行 為 を 構 成 するか (3) 損 害 額 はいくらか 第 3 争 点 に 関 する 当 事 者 の 主 張 1 著 作 権 侵 害 の 成 否 について ( 原 告 の 主 張 ) (1) の 著 作 物 性 ア は, 以 下 のとおり, 著 作 物 性 が 認 められる すなわち,

3 (ア) は,1 の 内 容 が 理 解 できるように 創 意 工 夫 され, 見 出 しとして 盛 り 込 む 事 項 の 選 択, 展 開 の 仕 方, 表 現 の 方 法 等 に 創 作 性 があるこ と,2 読 者 が 一 目 して 原 告 の 作 成 意 図 を 理 解 できるような 表 現 がされ, 原 告 の 編 集 方 針 見 解 が 端 的 に 表 現 されていること,3 他 社 の 記 事 見 出 しとは 異 なった 表 現 方 法 が 用 いられ,ニュースとしても 完 結 していること 等 の 理 由 から, 著 作 物 性 が 認 め られる (イ) は, 通 常 の 新 聞 記 事 と 同 様, 原 告 の 従 業 員 である 新 聞 記 者 等 による 取 材 や 担 当 者 による 編 集 を 経 て 創 作 される 著 作 物 である そして, は, 経 験 豊 富 な 記 者 が, 配 属 された 原 告 の 編 集 局 において, 記 事 の 内 容 や 記 事 の 素 材 となった 事 案 を 十 分 に 検 討 し, 原 告 の 編 集 方 針 に 基 づき 読 者 に 最 も 伝 えたい 部 分 を 創 作 表 現 したものであるから, と 一 体 的 なものとして, 著 作 物 性 が 認 め られる イ は, 他 社 の 見 出 しとは 異 なる 個 性 的 な 表 現 がされ, 創 作 性 があ ることについて, 過 去 の 具 体 的 なを 例 に 挙 げて 説 明 する (ア) 中 学 生 が 飛 び 降 り 自 殺 した 事 件 に 関 する 記 事 見 出 し( 平 成 14 年 1 0 月 15 日 ) [いじめ 苦? 都 内 のマンションで 中 3 男 子 が 飛 び 降 り 自 殺 ] 毎 日 インタラクティブ [ 自 殺 : 東 京 学 芸 大 竹 早 中 学 の3 年 男 子 が いじめ 原 因 か] 毎 日 インタラクティブでは 学 芸 大 竹 早 中 を 主 意 としているが,ヨ ミウリ オンラインにある マンション 飛 び 降 り がなく,ニュース 自 体 の 悲 惨 さを 伝 える 点 において,の 創 意 性 が 認 められる (イ) 喫 煙 に 関 する 世 界 保 健 機 関 の 調 査 結 果 に 関 する 記 事 見 出 し( 同 年 1 0 月 16 日 ) [ 喫 煙 死 1 時 間 に560 人 ] 毎 日 インタラクティブ [たばこ 輸 入 : 日 本, 世 界 最 大 の 年 間 835 億 本 男 性 喫 煙 率 1 位 ] WHOによる 喫 煙 に 関 する 調 査 の 発 表 を 受 けた 記 事 であり,ヨミウ リ オンラインは 一 目 で 喫 煙 の 危 険 性 を 訴 えている 一 方, 毎 日 インタラクティブは 統 計 数 字 の 記 述 にとどまる (ウ) マナー 本 の 海 賊 版 を 書 いた 医 大 教 授 が 処 分 を 受 けたという 事 件 に 関 する 記 事 見 出 し( 同 年 10 月 16 日 ) [マナー 知 らず 大 学 教 授,マナー 本 海 賊 版 作 り 販 売 ] 時 事 ドットコム [ 複 製 本 販 売, 教 授 を 戒 告 処 分 = 高 知 医 大 ] 時 事 ドットコムでは, 医 学 関 係 の 書 物 の 複 製 という 誤 解 を 与 えるこ ともあり, 特 に 医 学 専 門 書 の 海 賊 版 はしばしば 問 題 になっているため,この 表 現 で はニュースの 特 異 性 を 伝 えるという 点 において 十 分 ではない これに 対 し,YOL 見 出 しはマナー 本 を 書 いた 教 授 の 自 己 矛 盾 という 特 異 性 を 顕 著 に 伝 える 点 で, 創 作 性 が ある (エ) ホームレスの 男 性 が 銃 撃 された 事 件 に 関 する 記 事 見 出 し( 同 年 10 月 21 日 ) [ホームレスがアベックと 口 論? 銃 撃 で 重 傷 ] 朝 日 コム [ 路 上 生 活 者 の 男 性,2 人 組 男 女 に 撃 たれ 重 傷 東 京 品 川 ] 毎 日 インタラクティブ [ 殺 人 未 遂 :ホームレスの 男 性 撃 たれ 重 傷 東 京 大 崎 ] 産 経 ウェブ [ 大 崎 ニューシティで 男 性 撃 たれ 重 傷 ] 他 の 報 道 媒 体 は 口 論 という 事 件 のきっかけについての 記 述 がな く,また, 誰 が 撃 ったのかもわからない 見 出 しや, 被 害 者 がホームレスであること もわからない 見 出 しもある は, 品 川 とか 大 崎 という 地 名 は, 口 論 男 女 より 重 要 度 は 低 いと 判 断 したもので,さらには 口 論 という 些 細 なきっかけ により, 銃 撃 という 極 めて 重 大 な 犯 罪 が 行 われたことを 的 確 に 表 現 しているので,

4 創 作 性 がある (オ) 公 務 員 の 男 性 を 拉 致 して 現 金 を 奪 った 男 女 3 人 が 逮 捕 された 事 件 に 関 する 記 事 見 出 し( 同 年 10 月 22 日 ) [ 男 女 3 人 でトンネルに 弱 そうな 男 性 拉 致 ] 朝 日 コム [ 男 性 を 監 禁,カードで 現 金 引 き 出 す 容 疑 の 男 女 3 人 逮 捕 ] 毎 日 インタラクティブ [ 監 禁 強 盗 : 公 務 員 を 拉 致 し, 現 金 奪 った 男 女 3 人 逮 捕 警 視 庁 ] 時 事 ドットコム [ 男 性 をトンネルに 監 禁, 金 奪 う= 路 上 で 拉 致, 男 女 3 人 逮 捕 - 警 視 庁 ] は, 弱 そうな 人 を 狙 ったという 供 述 をポイントとして おり,この 要 素 を 入 れることによって, 加 害 者 の 卑 劣 さを 浮 き 彫 りにさせる 表 現 が 用 いられており, 創 作 性 がある 他 の 報 道 媒 体 の 見 出 しは,このような 特 異 性 が 示 されておらず,いつでもどこでもあるような 事 件 という 印 象 を 与 える (カ) スポーツ 飲 料 を 盗 んだ7 人 組 が 逮 捕 された 事 件 に 関 する 記 事 見 出 し ( 同 年 10 月 23 日 ) [スポーツ 飲 料,トラックごと 盗 む 被 害 1 億 円 7 人 逮 捕 ] 時 事 ドットコム [ 積 荷 の 食 品 狙 いトラックごと 盗 む=7 人 組 を 逮 捕 - 埼 玉 県 警 ] は, 食 品 に 比 較 して, スポーツ 飲 料 という 語 を 用 い, 具 体 性 とアピール 度 が 高 く, 積 荷 と ごと というような 意 味 の 重 複 を 避 け, 簡 潔 な 表 現 を 用 いている 点 で, 創 作 性 がある (キ) 拉 致 事 件 に 関 連 する 記 事 見 出 し( 同 年 10 月 23 日 ) [E Fさん, 赤 倉 温 泉 でアツアツの 足 湯 体 験 ] 読 売 新 聞 夕 刊 [ 温 泉 気 持 ちいい EさんFさん] 毎 日 インタラクティブ [ 拉 致 被 害 者 : 家 族 並 んで 足 浴 を 楽 しむ Eさん,Fさん] 産 経 ウェブ [ 湯 の 町 の 旅 情 楽 しむ EさんFさん] NHKオンライン [E Fさん 家 族 と 温 泉 に] は, 湯 の 熱 い と2 人 の 仲 睦 まじい 熱 さ をかけて アツアツ としてあり, 読 者 に 対 する 印 象 度 を 上 げ, 情 景 を 彷 彿 させる 創 意 工 夫 による 的 確 な 表 現 が 用 いられているので, 創 作 性 がある ウ 小 括 以 上 のとおり,は,のニュース 記 事 全 体 ( 及 び )の 中 で, 記 事 の 対 象 となった 社 会 的 事 象 のエッセンス を 的 確 に 読 者 (インターネット ユーザー)に 知 らせるために, 創 意 工 夫 された 表 現 が 用 いられているのであって,のニュース 記 事 全 体 におけ る 中 核 的 なものであるから, 創 作 性 が 肯 定 される (2) 被 告 の 著 作 権 侵 害 行 為 ア 被 告 のホームページ 上 でのの 複 製 使 用 被 告 は, 原 告 の 著 作 物 であるを, 被 告 が 運 営 する 別 紙 目 録 記 載 のホームページ( 以 下 被 告 ホームページ という )において 複 製 して 使 用 して いる その 態 様 は, 被 告 ホームページ 上 に 設 けられた タグ と 称 される 表 示 部 分 ( 以 下 被 告 タグ という )にをあたかも 電 光 掲 示 板 のように 表 示 し, この 表 示 の 間 に 広 告 記 事 を 表 示 するという 方 法 である そして, 被 告 ホームページ の 読 者 が 被 告 タグに 表 示 されたをクリックすると, 原 告 の 配 信 先 であるヤ フーの Yahoo!ニュース における 記 事 (これは, と 同 一 内 容 であり, 原 告 の 許 諾 を 受 けた 配 信 先 が 掲 出 している 記 事 である )が 表 示 される すなわち,リ ンクが 張 られるという 態 様 で 使 用 されている なお, 平 成 14 年 10 月 8 日 から 同 年 12 月 7 日 までの 間 に 被 告 タグに 表 示 された 被 告 リンク 見 出 しは, 別 紙 4 記 事 見 出 し 対 照 表 被 告 タグ 表 示 欄 記 載 のとおりであり,これに 対 応 するは 同

5 対 照 表 原 告 の 記 事 見 出 し 欄 記 載 のとおりである 両 者 は, 同 一 又 は 類 似 する イ 被 告 タグの 配 布 によるの 複 製 使 用 被 告 は, 被 告 タグを 第 三 者 に 頒 布 しており,その 頒 布 を 受 けた 第 三 者 が 被 告 タグを 自 己 のホームページ 上 に 設 置 すると, 被 告 ホームページ 上 の 被 告 タグと 同 様 に,が 表 示 される ウ 著 作 権 侵 害 ( 複 製 権 侵 害 及 び 公 衆 送 信 権 侵 害 ) 上 記 ア 及 びイのとおり, 被 告 タグにおける 被 告 リンク 見 出 しの 掲 出 行 為 は,について 原 告 が 有 する 複 製 権 を 侵 害 する また, 被 告 タグを 第 三 者 に 頒 布 する 行 為 は,について 原 告 が 有 する 公 衆 送 信 権 を 侵 害 する (3) 将 来 の 著 作 権 侵 害 原 告 は,1874 年 ( 明 治 7 年 )に 創 刊 され, 以 来 継 続 して 発 行 されてい る 日 本 最 大 の 日 刊 新 聞 の 発 行 者 である 原 告 は, 一 定 の 編 集 方 針 の 下 に, 前 記 (1)の とおり 及 びを 制 作 している このことからすれば,は, 今 後 も 同 様 の 編 集 方 針 に 基 づいて 継 続 して 作 成 頒 布 される 蓋 然 性 が 極 めて 高 く, 原 告 が 将 来 制 作 するも,これまでと 同 様 の 著 作 物 性 を 有 し, 原 告 はこれら に 関 する 著 作 権 を 取 得 する 他 方, 被 告 は, 少 なくとも 別 紙 4 記 事 見 出 し 対 照 表 記 載 のとおり, 継 続 的 に, 被 告 タグに, 被 告 リンク 見 出 しを 掲 出 し,について 有 する 原 告 の 著 作 権 を 侵 害 している したがって, 被 告 は, 将 来 原 告 の 及 びが 掲 出 ( 配 信 先 で の 掲 出 を 含 む )されるごとに,これに 依 拠 してこれまでと 同 様 にと 同 一 又 は 類 似 する 被 告 リンク 見 出 しを 被 告 タグに 掲 出 し,かつ, 被 告 タグの 頒 布 を 行 っ て 原 告 の 著 作 権 侵 害 を 行 う 蓋 然 性 が 極 めて 高 い (4) 差 止 めの 必 要 性 前 記 (2)の 被 告 の 著 作 権 侵 害 の 態 様 に 照 らせば, 原 告 には 将 来 発 行 すること になるも 含 め, 本 訴 請 求 1 項 及 び2 項 記 載 の 差 止 めを 求 める 必 要 性 があ る ( 被 告 の 反 論 ) (1) の 著 作 物 性 ア 別 紙 4 記 事 見 出 し 対 照 表 原 告 の 記 事 見 出 し 欄 記 載 の 記 事 見 出 しにつ いては,いずれも 創 作 性 がなく, 著 作 物 とは 認 められない すなわち, 著 作 物 とい えるためには, 思 想 または 感 情 を 創 作 的 に 表 現 したもの であることが 必 要 であ るが, 上 記 記 事 見 出 しはいずれも 一 定 の 客 観 的 事 実 関 係 を 前 提 にして, 記 事 に 付 け られる 短 いタイトルないし 表 題 であり, 短 いものは 約 10 文 字 であり, 最 も 長 いも のでも25 文 字 程 度 にすぎず,その 多 くは20 文 字 前 後 であり, 内 容 的 にも, い つ, 誰 が,どうした といった 事 実 そのものの 記 述 にすぎない このような 事 実 の みを 記 述 した20 字 前 後 の 短 文 は, 正 に 事 実 の 伝 達 にすぎない 雑 報 及 び 時 事 の 報 道 ( 著 作 権 法 10 条 2 項 )に 該 当 するものであるから, 創 作 性 が 認 められないこ とは 明 白 である 仮 に, 例 えば 上 記 記 事 見 出 しの 中 にある A 議 員 が 全 面 無 罪 を 主 張 や 日 本 信 販 社 長 が 引 責 辞 任 発 表 などの 記 事 見 出 しが 著 作 物 であるとされた 場 合 に は,を 見 て A 議 員 が 全 面 無 罪 を 主 張 した 事 実 や 日 本 信 販 社 長 が 引 責 辞 任 を 発 表 した 事 実 を 知 った 者 は,もはや A 議 員 が 全 面 無 罪 を 主 張, 日 本 信 販 社 長 が 引 責 辞 任 を 発 表 との 表 現 あるいはこれに 類 似 の 表 現 を 原 告 の 許 諾 なく 利 用 できないことになるが,それでは 事 実 の 報 道 そのものの 独 占 を 許 すことにな り, 憲 法 上 の 人 権 たる 表 現 の 自 由 ( 憲 法 21 条 )が 著 しく 害 される イ 原 告 が,のうちで, 例 を 挙 げて 説 明 したものは, 以 下 のとお り,いずれも 著 作 物 性 がない 記 事 見 出 しは, 報 道 記 事 の 内 容 を 元 に 作 成 するのであるから, 異 なる 記 事 に 付 された 見 出 しが 異 なるからといって, 創 作 性 があることの 根 拠 にはならな い 具 体 的 に 検 討 してみても, 原 告 の 挙 げるは 創 作 的 表 現 とはいえない (ア) 中 学 生 が 飛 び 降 り 自 殺 した 事 件 に 関 する 記 事 見 出 しについて a は, いじめ 苦? 都 内 のマンションで 中 3 男 子 が 飛 び 降 り 自 殺 であり,この 見 出 しに 対 応 するの 記 事 本 文 ( Yahoo! ニュース の 記 事 )は 次 のとおりである 東 京 都 板 橋 区 内 のマンションで 今 月 11 日 夜, 東 京 学 芸 大 付 属 竹 早 中 学 校 ( 文 京 区 )に 通 う3 年 の 男 子 生 徒 (15)が 飛 び 降 り 自 殺 していたことが 分 か った 男 子 生 徒 は 両 親 に, 学 校 でいじめに 遭 っていることを 打 ち 明 けていたとい

6 い, 警 視 庁 板 橋 署 は, 男 子 生 徒 がいじめを 苦 に 自 殺 したとみている 調 べによると, 男 子 生 徒 は 同 日 午 後 9 時 ごろ, 板 橋 区 内 のマンション 下 の 通 路 に 倒 れているところを 発 見 された 14 階 の 非 常 階 段 踊 り 場 に 男 子 生 徒 の 手 提 げカバンが 残 されていたが, 遺 書 はなかった 男 子 生 徒 はこの 日, 学 校 へ 行 く と 言 い 残 して 自 宅 を 出 たまま, 登 校 していなかった ( 甲 1の26の2) b そもそも, 都 内 のマンションで 中 3 男 子 が 飛 び 降 り 自 殺 という のは, 東 京 都 内 のマンションで 中 学 3 年 生 の 男 子 が 飛 び 降 り 自 殺 をしたとの 事 実 そ のものにほかならず, 記 事 本 文 中 から 事 実 を 拾 い 上 げたものである そして, い じめ 苦? という 部 分 についても, いじめを 苦 に 自 殺 したと 見 ている という 自 殺 原 因 についての 記 載 があり, 報 道 記 事 において, か や? などの 表 現 は, いじめ 原 因 か ( 毎 日 インタラクティブ), いじめ 苦? (ヨミウ リ オンライン)とされているように, 事 実 が 確 定 できない 場 合 のありふれた 表 現, 常 套 文 句 であるから 創 作 性 は 認 められない (イ) 喫 煙 に 関 する 記 事 見 出 しについて a は, 喫 煙 死 1 時 間 に560 人 であり, 対 応 する 記 事 本 文 は 次 のとおりである 世 界 保 健 機 関 (WHO)は15 日, 世 界 で 年 間 490 万 人 が 喫 煙 が 原 因 で 死 亡 しているとの 推 計 を 発 表 した 世 界 で1 時 間 に560 人,1 日 で1 万 3400 人 がたばこを 原 因 とする 肺 ガンや 結 核 などのため 死 んでいる 計 算 になる ( 甲 1 の34の2, 本 文 以 下 略 ) b は, 喫 煙 が 原 因 で 死 亡 という 表 現 を 喫 煙 死 と 縮 め, 1 時 間 に560 人 との 本 文 中 と 同 じ 表 現 をしたものであるが, 日 本 語 にお いては, 語 句 を 縮 めて 表 現 するというのはよく 使 われる 手 法 であり, 創 作 性 のある 表 現 とはいえない また, 1 時 間 に560 人 というのは,WHO 発 表 の 記 事 本 文 の 冒 頭 部 分 (Tobacco kills 560 people every hour or 13,400 people per day or 4.9million people per annum 日 本 語 訳 : 喫 煙 が 原 因 で1 時 間 に560 人,1 日 に1 万 3400 人, 年 間 490 万 人 が 死 亡 している )をそのまま 日 本 語 にしただ けである( 乙 26) この 表 現 自 体 は 時 間 と 人 数 が 示 されているだけであり, 創 作 性 は 認 められない (ウ) マナー 本 の 海 賊 版 を 書 いた 医 大 教 授 に 関 する 記 事 見 出 しについて a は マナー 知 らず 大 学 教 授,マナー 本 海 賊 版 作 り 販 売 で あり, 対 応 する 記 事 本 文 は 次 のとおりである 高 知 医 科 大 ( 高 知 県 南 国 市 )の 基 礎 医 学 系 教 授 (63)が, 出 版 元 や 編 集 者 の 許 可 を 得 ずに 医 師 のマナー 本 を 複 製 し, 学 生 に 販 売 したとして, 同 医 科 大 は16 日,この 教 授 を 戒 告 処 分 にした ( 甲 1の35の2, 本 文 以 下 略 ) b のうち, 大 学 教 授,マナー 本 の 海 賊 版 作 り 販 売 の 部 分 は 事 実 関 係 そのものの 記 載 である また, マナー 知 らず という 部 分 は,マナー という 語 句 を 掛 け 合 わせた 語 呂 合 わせであるが, 記 事 見 出 しにおいて,このような 語 呂 合 わせは 一 般 に 使 われる 手 法 であり, 創 作 性 がある 表 現 とはいえない (エ) ホームレスの 男 性 が 銃 撃 された 事 件 に 関 する 記 事 見 出 しについて a は ホームレスがアベックと 口 論? 銃 撃 で 重 傷 であり, 対 応 する 記 事 本 文 は 次 のとおりである 22 日 午 前 3 時 ごろ, 東 京 都 品 川 区 大 崎 1の 店 舗 兼 ホテルの2 階 テラ スにあるベンチで,ホームレスの 男 性 (43)が 右 肩 を 短 銃 で 撃 たれ, 座 り 込 んで いるのを 巡 回 中 の 警 備 員 が 見 つけた 銃 弾 は 貫 通 しており, 男 性 は 重 傷 現 場 には 薬 きょうと 弾 丸 1 発 が 落 ちていた 目 撃 者 などの 話 によると, 同 日 午 前 3 時 前, 現 場 近 くの 路 上 で 男 女 が どなり 合 う 声 が 聞 こえた 男 性 は 男 女 2 人 組 と 言 い 争 いになった 末 に 撃 たれたと 見 られる ( 甲 1の63の2, 以 下 本 文 略 ) b ホームレスが 銃 撃 で 重 傷 を 負 った というのは 事 実 そのものの 記 載 であり, 事 件 や 事 故 があった 場 合 にその 原 因 を 記 載 するのは 特 別 なことではな い また, 前 記 のとおり, 報 道 記 事 において, か? などという 表 現 は, 事 実 が 確 定 できない 場 合 のありふれた 表 現, 常 套 文 句 であり, 創 作 性 は 認 め られない (オ) 公 務 員 の 男 性 を 拉 致 して 現 金 を 奪 った 男 女 3 人 が 逮 捕 された 事 件 に 関 する 記 事 見 出 しについて a は 男 女 3 人 でトンネルに 弱 そうな 男 性 拉 致 であ り, 対 応 する 記 事 本 文 は 次 のとおりである

7 東 京 都 新 宿 区 の 路 上 で 今 年 7 月, 横 浜 市 の 公 務 員 男 性 (28)が 連 れ 去 られ, 現 金 などが 奪 われ, 山 梨 県 内 のトンネルで 解 放 される 事 件 があり, 警 視 庁 捜 査 一 課 と 四 谷 署 は22 日 までに, 山 梨 県 石 和 町, 職 業 不 詳 B 容 疑 者 (30)とア ルバイト 店 員 の 女 (19)ら 男 女 3 人 を 強 盗 傷 害 と 逮 捕 監 禁 などの 疑 いで 逮 捕 し た 調 べに 対 し3 人 は, 弱 そうに 見 えたので 襲 った などと 供 述 余 罪 をほのめ かしており, 同 課 で 追 及 している ( 甲 1の62の2, 以 下 本 文 略 ) b 男 女 3 人 でトンネルに 男 性 を 拉 致 した 事 件 があったということは, 事 実 そのものである また, 弱 そうな というのは 逮 捕 された 被 疑 者 の 弱 そう に 見 えた との 供 述 を 受 けたものであり, 思 想 や 感 情 は 示 されておらず, 創 作 性 は 認 められない (カ) スポーツ 飲 料 を 盗 んだ7 人 組 が 逮 捕 された 事 件 に 関 する 記 事 見 出 し について a は スポーツ 飲 料,トラックごと 盗 む 被 害 1 億 円 7 人 逮 捕 であり, 対 応 する 記 事 本 文 は 次 のとおりである スポーツドリンクなどを 積 んだ 大 型 トラックを 車 両 ごと 盗 んだとし て, 埼 玉 県 警 捜 査 3 課 と 春 日 部 署 などの 合 同 捜 査 班 は23 日 までに, 同 県 岩 槻 市 徳 力, 不 動 産 手 伝 いC 被 告 (27)( 窃 盗 罪 で 公 判 中 )ら6 人 を 窃 盗 容 疑 で 逮 捕,1 人 を 同 容 疑 で 指 名 手 配 した また, 同 県 川 口 市 西 青 木, 会 社 役 員 D 容 疑 者 (65) を 盗 品 等 有 償 譲 り 受 け 容 疑 で 逮 捕 した ( 甲 1の73の2, 以 下 本 文 略 ) b スポーツ 飲 料 トラックごと 盗 む も 被 害 1 億 円 7 人 逮 捕 もす べて 事 実 関 係 そのものであり, 創 作 性 は 認 められない (キ) 拉 致 事 件 に 関 連 する 記 事 見 出 しについて a は E Fさん, 赤 倉 温 泉 でアツアツの 足 湯 体 験 であ り, 対 応 する 記 事 本 文 は 次 のとおりである 一 時 帰 国 して 新 潟 県 妙 高 高 原 に 滞 在 中 の 北 朝 鮮 拉 致 被 害 者,Eさん (45)とFさん(46)の 夫 婦 は23 日 午 前, 足 だけを 湯 に 浸 す 赤 倉 温 泉 の 足 湯 公 園 を 訪 れ, 高 原 の 秋 を 満 喫 しながら 旅 の 疲 れをいやした スーツ 姿 の2 人 は, 靴 下 を 脱 ぎ,ズボンをたくし 上 げて, 足 首 のあたりまで 湯 につかり, 敷 き 詰 められた 小 石 を 踏 みしめて, 気 持 ちいい と 声 を 上 げていた 午 後 には,Eさんが, 幼 いこ ろから 家 族 でたびたび 遊 んだ 池 の 平 温 泉 スキー 場 などを 巡 る ( 甲 1の71の 2) b E Fさんが 赤 倉 温 泉 で 足 湯 体 験 というのは 事 実 関 係 そのもの の 記 載 にすぎない また, アツアツの の 部 分 は お 湯 が 熱 い 二 人 の 仲 が 熱 い ということを 掛 けた 形 容 詞 であり, 多 少 工 夫 をしている 表 現 ではあるが,これ も 通 常 ありがちな 掛 け 合 わせにすぎず,その 形 容 詞 の 一 言 をもって 見 出 し 自 体 に 著 作 物 性 を 認 めるほどの 創 作 的 表 現 と 評 価 することはできない イ との 関 係 に 著 作 物 性 が 認 められる 場 合 があるとしても, 著 作 物 と 認 められ るのは 記 事 本 文 であり, 記 事 のタイトルであるではない は 著 作 物 のタイトルであり, 題 号 にすぎない 記 事 本 文 と 見 出 しは, 明 確 に 区 別 がつ き, 一 体 ではなく,また, 記 事 本 文 は 見 出 しがなくとも 著 作 物 として 存 立 し 得 る 関 係 にある したがって, 両 者 が 一 体 として 著 作 物 となるという 見 解 は 失 当 である (2) 将 来 の 著 作 権 侵 害 について の 著 作 権 侵 害 に 関 する 原 告 の 主 張 のうち, 将 来 の 行 為 に 係 る 部 分 は, 侵 害 の 対 象 となる 著 作 物 が 具 体 的 に 特 定 されていないから, 著 作 権 侵 害 の 主 張 としては, 主 張 自 体 失 当 である 2 不 法 行 為 の 成 否 について ( 原 告 の 主 張 ) (1) 法 的 利 益 としての 原 告 の 営 業 原 告 は,1874 年 ( 明 治 7 年 )に 創 刊 され, 以 来 継 続 して 発 行 されてい る 日 本 最 大 の 日 刊 新 聞 の 発 行 者 であり, 讀 賣 新 聞 をはじめとして 新 聞, 雑 誌 等 を 日 本 全 国 に 販 売 し, 営 業 活 動 を 展 開 しており, 我 が 国 において, 最 も 著 名 な 新 聞 社 である は, 多 大 の 労 力 を 要 する 取 材 に 基 づいて 作 成 される 記 事 ととも に, 記 事 の 内 容 と 記 事 の 対 象 事 象 を, 最 速 かつ 正 確 に 読 者 に 訴 えるという 重 要 な 情 報 であり, 財 産 的 価 値 を 有 し,かつ, 経 済 社 会 的 価 値 を 有 するものであるが, 原 告 は, 上 記 営 業 活 動 の 一 環 として, 原 告 が 運 営 するにおい て, 及 びを 掲 出 し,かつ, 第 三 者 の 広 告 を 掲 出 して 広 告 料 収 入 を

8 得 ている また, 原 告 は,ヤフーほかに 対 し,をそれのみで,あるいは 記 事 本 文 とともに 使 用 許 諾 し, 許 諾 料 を 得 ている このような 原 告 のを 使 用 した 営 業 活 動 は, 法 的 に 保 護 されるべき ものである (2) 被 告 の 営 業 侵 害 行 為 被 告 は, 原 告 に 何 らの 対 価 を 支 払 わずに, 第 三 者 が 無 償 で 閲 覧 可 能 な 被 告 ホームページの 被 告 タグにおいてを 複 製 して 使 用 し,さらに, 被 告 タグを 無 償 で 第 三 者 に 配 布 している 東 京 地 裁 平 成 13 年 5 月 25 日 判 決 ( 判 例 時 報 1774 号 132 頁 )は, 他 人 のデータベースを 複 製 し 販 売 した 行 為 について, 民 法 709 条 にいう 不 法 行 為 の 成 立 要 件 としての 権 利 侵 害 は, 必 ずしも 厳 密 な 法 律 上 の 具 体 的 権 利 であること を 要 せず, 法 的 保 護 に 値 する 利 益 の 侵 害 をもって 足 りるというべきである そし て, 人 が 費 用 や 労 力 をかけて 情 報 を 収 集 し 整 理 することで,データベースを 作 成 し,そのデータベースを 製 造 販 売 することで 営 業 活 動 を 行 っている 場 合 において, そのデータベースのデータを 複 製 して 作 成 したデータベースを,その 者 の 販 売 地 域 と 競 合 する 地 域 において 販 売 する 行 為 は, 公 正 かつ 自 由 な 競 争 原 理 によって 成 り 立 つ 取 引 社 会 において, 著 しく 不 公 正 な 手 段 を 用 いて 他 人 の 法 的 保 護 に 値 する 営 業 活 動 上 の 利 益 を 侵 害 するものとして 不 法 行 為 を 構 成 する と 判 示 し, 被 告 の 不 法 行 為 責 任 を 認 めている 本 件 は, 同 判 決 の 事 案 と 異 なり 著 作 物 性 の 認 められる 記 事 見 出 しに 関 するものであるが, 上 記 事 案 における データベースを 複 製 し 作 成 したデー タベースを 販 売 する 行 為 を インターネット 上 に 掲 出 されたを 複 製 して 配 信 する 行 為 に 置 き 換 えればそのまま 本 件 に 当 てはまる すなわち, 被 告 の 上 記 行 為 は, 著 しく 不 公 正 な 手 段 を 用 いて 原 告 の 正 当 な 営 業 活 動 を 妨 げ, 原 告 の 営 業 活 動 上 の 利 益 を 侵 害 するものとして 不 法 行 為 を 構 成 するというべきである (3) 差 止 請 求 の 必 要 性 被 告 は, 自 己 の 営 業 のために 継 続 的 にを 複 製 し, 公 衆 送 信 してい るが,このようなにただ 乗 り(フリーライド)する 行 為 は,インターネッ トにおける 原 告 の 営 業 に 極 めて 多 大 な 損 失 を 与 えるものであり, 今 後 も 被 告 による 継 続 的 な 複 製 行 為 等 が 行 われると, 原 告 の 損 害 額 は 巨 額 なものとなり, 被 告 の 支 払 能 力 を 遥 かに 超 えるものとなることは 明 らかである したがって, 被 告 の 前 記 不 法 行 為 に 対 しては, 単 に 損 害 賠 償 のみをもってしては, 原 告 の 営 業 の 侵 害 に 対 する 法 的 救 済 としては 不 十 分 であり,その 救 済 手 段 として 事 前 の 差 止 請 求 が 認 められるべ きである 不 法 行 為 法 上 の 法 的 利 益 の 侵 害 に 対 しても, 予 想 される 侵 害 行 為 によって 受 ける 被 害 者 側 の 不 利 益 と 侵 害 行 為 を 差 し 止 めることによって 受 ける 侵 害 者 側 の 不 利 益 とを 比 較 衡 量 した 結 果, 侵 害 行 為 が 明 らかに 予 想 され,その 侵 害 行 為 によって 被 害 者 が 重 大 な 損 失 を 受 けるおそれがあり,かつ,その 回 復 を 事 後 に 図 るのが 著 し く 困 難 になると 認 められるときは 侵 害 行 為 の 差 し 止 めを 許 容 すべきことは, 最 高 裁 判 所 平 成 14 年 9 月 24 日 判 決 ( 平 成 13 年 (オ) 第 852 号 石 に 泳 ぐ 魚 事 件 )に 照 らしても 明 らかである ( 被 告 の 反 論 ) (1) がそれ 自 体 財 産 的 価 値 を 有 する 情 報 であることは 否 認 する 原 告 は,を 無 料 で 世 界 中 に 配 信 公 表 しており, 情 報 は 世 間 に 公 表 された 段 階 で,それを 伝 え 聞 いたすべての 人 が 共 有 する 情 報 に 変 わるのであるから,YOL 見 出 しに 著 作 物 性 が 認 められない 以 上, 公 表 した 情 報 であるをその 後 も 原 告 が 独 占 できる 根 拠 はない (2) 被 告 の 提 供 するライントピックスでは, 被 告 リンク 見 出 しをリンクボタン として Yahoo!ニュース の 記 事 のウェブページにリンクを 張 っているが,リンク ボタンはリンク 先 を 指 し 示 すものであり, 単 なる 参 照 にすぎないのであるから,リ ンクを 張 る 場 合 にリンク 先 のウェブページの 名 称 を 記 載 する 通 常 の 方 法 でリンクを 張 った 場 合 には,そもそも 違 法 性 の 問 題 は 生 じないと 解 すべきである そして,ニ ュース 記 事 の 場 合 でいえば, 記 事 見 出 しはリンク 先 のニュース 記 事 の 名 称 に 当 たる から,これを 表 示 してリンクボタンとすることは 違 法 行 為 に 当 たらないというべき である 3 損 害 の 額 ( 原 告 の 主 張 ) (1) 被 告 タグにをあたかも 電 光 掲 示 板 のように 表 示 し,この 表 示 の 間 に 広 告 記 事 を 表 示 するという 被 告 の 行 為 は, 対 価 を 支 払 うことなく,を

9 使 って 電 光 掲 示 板 に 利 用 している 行 為 と 評 価 される ところで,を 電 光 掲 示 板 に 使 用 させるに 当 たり, 原 告 が 通 常 受 けるべき 金 銭 ( 使 用 料 )は, 端 末 1 機 当 たり 月 額 1 万 5000 円 であり,また, 被 告 は, 被 告 タグを1 万 3000 件 配 布 し ていると 自 称 している 原 告 は, 電 光 掲 示 板 に 使 用 するため, 通 常 1 日 当 たり40 個 のを 提 供 しているところ, 被 告 が 被 告 タグに 表 示 しているの 数 は1 日 当 たり 少 なくとも7 個 を 下 らない 被 告 は 少 なくとも 平 成 14 年 10 月 8 日 から12 月 7 日 までの2か 月 間,を 表 示 した 被 告 タグを 配 布 しているから, 被 告 の 上 記 著 作 権 侵 害 行 為 に 基 づく 損 害 金 は, 次 のとおり, 少 なくとも 金 6825 万 円 を 下 らな い ( 計 算 式 ) 原 告 の 損 害 = 電 光 掲 示 板 の 端 末 1 機 当 たりの 月 額 使 用 料 被 告 による 原 告 の 記 事 見 出 しの 使 用 率 期 間 被 告 タグの 配 布 先 数 =15,000 円 7/40 2か 月 13,000 件 =6,825 万 円 ( 被 告 の 認 否 ) 争 う 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 1 はじめに 原 告 は, 主 位 的 主 張 において, 被 告 の 下 記 各 行 為 を 著 作 権 侵 害 であると 主 張 する すなわち,1 被 告 は, 他 のウェブサイト 上 に 被 告 リンク 見 出 し( 原 告 が 配 信 しているヤフーの 運 営 に 係 るヤフーサイトのニュース 記 事 見 出 しと,ほぼ 同 一 のも のである )を 表 示 させる 制 御 情 報 を 表 すHTMLのタグを 作 成 し, 同 タグに 係 るデー タを,ライントピックスサービス 登 録 ユーザに, 被 告 サーバーから,インターネッ トを 通 じて 送 信 し,ライントピックスサービス 登 録 ユーザは, 上 記 データをダウン ロードし, 被 告 サービスにおいて 指 定 された 手 順 を 踏 むことにより,そのウェブサ イト 上 に, 被 告 リンク 見 出 しを 掲 出 させることができるというサービスを 提 供 して いるが, 被 告 の 上 記 タグに 係 るデータの 送 信 行 為,2 被 告 は, 被 告 サイトにおいて も, 上 記 被 告 リンク 見 出 しを 掲 出 しているが, 被 告 の 記 事 見 出 しの 掲 出 行 為,のい ずれもが 著 作 権 侵 害 行 為 であると 主 張 する そこで, 原 告 が 著 作 権 侵 害 の 保 護 の 対 象 として 保 護 を 求 めている YOL 見 出 し が,そもそも 著 作 物 であるといえるか 否 かについて,まず 検 討 することとす る 2 の 著 作 物 性 の 有 無 について (1) 著 作 権 法 による 保 護 の 対 象 となる 著 作 物 は, 思 想 又 は 感 情 を 創 作 的 に 表 現 したもの であることが 必 要 である( 法 2 条 1 項 1 号 ) 思 想 又 は 感 情 を 表 現 した とは, 事 実 をそのまま 記 述 したようなものはこれに 当 たらないが, 事 実 を 基 礎 とした 場 合 であっても, 筆 者 の 事 実 に 対 する 評 価, 意 見 等 を, 創 作 的 に 表 現 して いるものであれば 足 りる そして, 創 作 的 に 表 現 したもの というためには, 筆 者 の 何 らかの 個 性 が 発 揮 されていれば 足 りるのであって, 厳 密 な 意 味 で, 独 創 性 が 発 揮 されたものであることまでは 必 要 ない 他 方, 言 語 から 構 成 される 作 品 におい て,ごく 短 いものであったり, 表 現 形 式 に 制 約 があるため, 他 の 表 現 が 想 定 できな い 場 合 や, 表 現 が 平 凡 かつありふれたものである 場 合 には, 筆 者 の 個 性 が 現 れてい ないものとして, 創 作 的 な 表 現 であると 解 することはできない (2) 上 記 の 観 点 から,の 著 作 物 性 の 有 無 について 判 断 する ア 原 告 は,は, の 内 容 が 理 解 できるように 創 意 工 夫 され たものであり, 事 項 の 選 択, 展 開 の 仕 方, 表 現 の 方 法 等 に 創 作 性 がある 旨 主 張 す る そこで,まず, 原 告 において 挙 げた 具 体 例 に 基 づいて,に 著 作 物 性 が あるか 否 かを 検 討 することとする (ア) 中 学 生 が 飛 び 降 り 自 殺 した 事 件 に 関 する 記 事 見 出 しについて a 及 び は, 次 のとおりである( 甲 1の26の1, 2) いじめ 苦? 都 内 のマンションで 中 3 男 子 が 飛 び 降 り 自 殺 東 京 都 板 橋 区 内 のマンションで 今 月 11 日 夜, 東 京 学 芸 大 付 属 竹 早 中 学 校 ( 文 京 区 )に 通 う3 年 の 男 子 生 徒 (15)が 飛 び 降 り 自 殺 していたことが 分 かった 男 子 生 徒 は 両 親 に, 学 校 でいじめに 遭 っていることを 打 ち 明 けていたと

10 いい, 警 視 庁 板 橋 署 は, 男 子 生 徒 がいじめを 苦 に 自 殺 したとみている 調 べによると, 男 子 生 徒 は 同 日 午 後 9 時 ごろ, 板 橋 区 内 のマンシ ョン 下 の 通 路 に 倒 れているところを 発 見 された 14 階 の 非 常 階 段 踊 り 場 に 男 子 生 徒 の 手 提 げカバンが 残 されていたが, 遺 書 はなかった 男 子 生 徒 はこの 日, 学 校 へ 行 くと 言 い 残 して 自 宅 を 出 たまま, 登 校 していなかった b の 都 内 のマンションで 中 3 男 子 が 飛 び 降 り 自 殺 の 部 分 は, 東 京 都 内 のマンションで 中 学 3 年 生 の 男 子 が 飛 び 降 り 自 殺 をしたとの 事 実 を, ごく 普 通 の 表 現 方 法 で 記 述 したものである また, いじめ 苦? の 部 分 は,YOL 記 事 中 の 警 視 庁 板 橋 署 は, 男 子 生 徒 がいじめを 苦 に 自 殺 したとみている と 記 述 された 部 分 を 前 提 として, 自 殺 原 因 が いじめ 苦 であるか 否 か 断 定 できないこと を 示 すため? を 付 記 したものであって, 慣 用 的 な 用 法 であるといえる 上 記 は,ありふれた 表 現 であるから, 創 作 性 を 認 めることはできない (イ) 喫 煙 に 関 する 記 事 見 出 しについて a 及 び は, 次 のとおりである( 甲 1の34の1, 2) 喫 煙 死 1 時 間 に560 人 世 界 保 健 機 関 (WHO)は15 日, 世 界 で 年 間 490 万 人 が, 喫 煙 が 原 因 で 死 亡 しているとの 推 計 を 発 表 した 世 界 で1 時 間 に560 人,1 日 で1 万 人 がたばこを 原 因 とする 肺 ガンや 結 核 などのため 死 んでいる 計 算 になる 以 下 略 b の 喫 煙 死 の 部 分 は, 喫 煙 が 原 因 で 死 亡 した 事 実 や 人 数 を 指 す 表 現 であり,このような 表 現 は 過 労 死 事 故 死 などと 同 様 にありふれ たものである の 1 時 間 に560 人 の 部 分 は, 中 の 1 時 間 に560 人 の 人 が 喫 煙 が 原 因 で 死 亡 している と 推 計 されるとの 事 実 を 記 述 したも のにすぎない 以 上 のとおり, 上 記 は,ありふれた 表 現 であるから, 創 作 性 を 認 めることはできない (ウ) マナー 本 の 海 賊 版 を 書 いた 医 大 教 授 に 関 する 記 事 見 出 しについて a 及 び は, 次 のとおりである( 甲 1の35の1, 2) マナー 知 らず 大 学 教 授,マナー 本 海 賊 版 作 り 販 売 高 知 医 科 大 ( 高 知 県 南 国 市 )の 基 礎 医 学 系 教 授 (63)が, 出 版 元 や 編 集 者 の 許 可 を 得 ずに 医 師 のマナー 本 を 複 製 し, 学 生 に 販 売 したとして, 同 医 科 大 は16 日,この 教 授 を 戒 告 処 分 にした 以 下 略 b の 大 学 教 授,マナー 本 の 海 賊 版 作 り 販 売 の 部 分 は, 中 の 大 学 教 授 がマナー 本 の 海 賊 版 を 作 って 販 売 した という 事 実 を, ごく 普 通 の 表 現 方 法 で 記 述 したものである また,の マナー 知 らず の 部 分 は,マナーという 語 句 を, 語 句 の 先 頭 に 配 し, マナー 本 と 対 句 のよ うに 用 いた 表 現 方 法 であるが,このような 対 句 的 表 現 は, 一 般 にしばしば 使 われる 方 法 であって, 格 別 な 工 夫 であると 評 価 することはできない 上 記 は, 全 体 として,ありふれた 表 現 であるから, 創 作 性 を 認 めることはできない (エ) ホームレスの 男 性 が 銃 撃 された 事 件 に 関 する 記 事 見 出 しについて a 及 び は, 次 のとおりである( 甲 1の63の1, 2) ホームレスがアベックと 口 論? 銃 撃 で 重 傷 22 日 午 前 3 時 ごろ, 東 京 都 品 川 区 大 崎 1の 店 舗 兼 ホテルの2 階 テラスにあるベンチで,ホームレスの 男 性 (43)が 右 肩 を 短 銃 で 撃 たれ, 座 り 込 んでいるのを 巡 回 中 の 警 備 員 が 見 つけた 銃 弾 は 貫 通 しており, 男 性 は 重 傷 現 場 には 薬 きょうと 弾 丸 1 発 が 落 ちていた 目 撃 者 などの 話 によると, 同 日 午 前 3 時 前, 現 場 近 くの 路 上 で 男 女 がどなり 合 う 声 が 聞 こえた 男 性 は 男 女 2 人 組 と 言 い 争 いになった 末 に 撃 たれた と 見 られる 以 下 略 b の ホームレスが 銃 撃 で 重 傷 の 部 分 は, ホーム

11 レスが 銃 撃 で 重 傷 を 負 った との 事 実 を,ごく 普 通 の 表 現 方 法 で 記 述 したものであ る また, アベックと 口 論? の 部 分 は, 中 の 男 性 は 男 女 2 人 組 と 言 い 争 いになった 末 に 撃 たれたと 見 られる との 部 分 を 前 提 として, 銃 撃 の 原 因 が 口 論 であるか 否 か 断 定 することを 避 けるため? を 付 記 したものであり, 慣 用 的 な 用 法 であるといえる 上 記 は,ありふれた 表 現 であるから, 創 作 性 を 認 めることはできない (オ) 公 務 員 の 男 性 を 拉 致 して 現 金 を 奪 った 男 女 3 人 が 逮 捕 された 事 件 に 関 する 見 出 しについて a 及 び は, 次 のとおりである( 甲 1の62の1, 2) 男 女 3 人 でトンネルに 弱 そうな 男 性 拉 致 東 京 都 新 宿 区 の 路 上 で 今 年 7 月, 横 浜 市 の 公 務 員 男 性 (28)が 連 れ 去 られ, 現 金 などが 奪 われ, 山 梨 県 内 のトンネルで 解 放 される 事 件 があり, 警 視 庁 捜 査 一 課 と 四 谷 署 は22 日 までに, 山 梨 県 石 和 町, 職 業 不 詳 B 容 疑 者 (30) とアルバイト 店 員 の 女 (19)ら 男 女 3 人 を 強 盗 傷 害 と 逮 捕 監 禁 などの 疑 いで 逮 捕 した 調 べに 対 し3 人 は, 弱 そうに 見 えたので 襲 った などと 供 述 余 罪 をほの めかしており, 同 課 で 追 及 している b の 男 女 3 人 でトンネルに 男 性 拉 致 の 部 分 は, 男 女 3 人 がトンネルに 男 性 を 拉 致 したという 事 実 を,ごく 普 通 の 表 現 方 法 で 記 述 したものである また,の 弱 そうな の 部 分 は, 中 の 調 べ に 対 し3 人 は 弱 そうに 見 えたので 襲 った などと 供 述 との 記 述 から, 被 疑 者 が 警 察 で 供 述 した 言 葉 をそのまま 使 用 したものであって, 格 別 な 工 夫 であると 評 価 す ることはできない 上 記 は, 全 体 として,ありふれた 表 現 であるから, 創 作 性 を 認 めることはできない (カ) スポーツ 飲 料 を 盗 んだ7 人 組 が 逮 捕 された 事 件 に 関 する 記 事 見 出 し について a 及 び は, 次 のとおりである( 甲 1の73の1, 2) スポーツ 飲 料,トラックごと 盗 む 被 害 1 億 円 7 人 逮 捕 スポーツドリンクなどを 積 んだ 大 型 トラックを 車 両 ごと 盗 んだと して, 埼 玉 県 警 捜 査 3 課 と 春 日 部 署 などの 合 同 捜 査 班 は23 日 までに, 同 県 岩 槻 市 徳 力, 不 動 産 業 手 伝 いC 被 告 (27)( 窃 盗 罪 で 公 判 中 )ら6 人 を 窃 盗 容 疑 で 逮 捕,1 人 を 同 容 疑 で 指 名 手 配 した また, 同 県 川 口 市 西 青 木, 会 社 役 員 D 容 疑 者 (65)を 盗 品 等 有 償 譲 り 受 け 容 疑 で 逮 捕 した 以 下 略 b の スポーツ 飲 料,トラックごと 盗 む の 部 分 も 被 害 1 億 円 7 人 逮 捕 の 部 分 も,いずれも 事 実 を,ごく 普 通 の 表 現 方 法 で 記 述 したもので ある 上 記 は, 全 体 として,ありふれた 表 現 であるといえるから, 創 作 性 を 認 めることはできない (キ) 拉 致 事 件 関 連 の 記 事 見 出 しについて a 及 び は, 次 のとおりである( 甲 1の71の1, 2) E Fさん, 赤 倉 温 泉 でアツアツの 足 湯 体 験 一 時 帰 国 して 新 潟 県 妙 高 高 原 に 滞 在 中 の 北 朝 鮮 拉 致 被 害 者,E さん(45)とFさん(46)の 夫 婦 は23 日 午 前, 足 だけを 湯 に 浸 す 赤 倉 温 泉 の 足 湯 公 園 を 訪 れ, 高 原 の 秋 を 満 喫 しながら 旅 の 疲 れをいやした スーツ 姿 の2 人 は, 靴 下 を 脱 ぎ,ズボンをたくし 上 げて, 足 首 のあたりまで 湯 につかり, 敷 き 詰 め られた 小 石 を 踏 みしめて, 気 持 ちいい と 声 を 上 げていた 午 後 には,Eさんが, 幼 いころから 家 族 でたびたび 遊 んだ 池 の 平 温 泉 スキー 場 などを 巡 る b の E Fさんが 赤 倉 温 泉 で 足 湯 体 験 の 部 分 は, 事 実 をごく 普 通 の 表 現 方 法 で 記 述 したものである また, アツアツの の 部 分 は, お 湯 が 熱 い と 二 人 の 仲 が 熱 い ということを 掛 けた 修 飾 語 であるが, 格 別 な 工 夫 であると 評 価 することはできない 上 記 は, 全 体 として,ありふ

12 れた 表 現 であるから, 創 作 性 を 認 めることはできない 前 記 ア(ア)ないし(キ)で 検 討 したとおり, 原 告 が 創 作 的 表 現 の 具 体 例 と して 挙 げたは,いずれも 客 観 的 な 事 実 を 記 述 したものであるか, 又 はこれ にごく 短 い 修 飾 語 等 を 付 加 したにすぎないものであって, 創 作 的 表 現 とは 認 められ ない イ 以 上 の 検 討 を 踏 まえた 上 で, 一 般 について 判 断 する 証 拠 ( 甲 1( 枝 番 号 の 表 記 は 省 略 する ), 乙 29) 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば,1は,その 性 質 上, 簡 潔 な 表 現 により, 報 道 の 対 象 となるニュ ース 記 事 の 内 容 を 読 者 に 伝 えるために 表 記 されるものであり, 表 現 の 選 択 の 幅 は 広 いとはいえないこと,2は25 字 という 字 数 の 制 限 の 中 で 作 成 され, 多 く は20 字 未 満 の 字 数 で 構 成 されており,この 点 からも 選 択 の 幅 は 広 いとはいえない こと,3は, 中 の 言 葉 をそのまま 用 いたり,これを 短 縮 した 表 現 やごく 短 い 修 飾 語 を 付 加 したものにすぎないことが 認 められ,これらの 事 実 に 照 ら すならば,は, で 記 載 された 事 実 を 抜 きだして 記 述 したものと 解 すべきであり, 著 作 権 法 10 条 2 項 所 定 の 事 実 の 伝 達 にすぎない 雑 報 及 び 時 事 の 報 道 ( 著 作 権 法 10 条 2 項 )に 該 当 するものと 認 められる 以 上 を 総 合 すると, 原 告 の 挙 げる 具 体 的 なはいずれも 創 作 的 表 現 とは 認 められないこと,また, 本 件 全 証 拠 によるもが, で 記 載 された 事 実 と 離 れて 格 別 の 工 夫 が 凝 らされた 表 現 が 用 いられていると 認 めることは できないから,は 著 作 物 であるとはいえない ウ 原 告 は,は, と 一 体 のものとして, 著 作 物 性 を 肯 定 す べきであると 主 張 する 仮 に, 原 告 が,を 含 む 全 体 について, 著 作 権 法 上 の 保 護 を 求 めるのであれば,を 含 む 全 体 につき, 著 作 物 であるか 否 か を 判 断 すべきであるといえる そして,この 点 を 肯 定 できる 場 合 は 多 いといえよ う しかし,そのような 主 張 を 下 にした 場 合, 全 体 と 被 告 リンク 見 出 しとの 間 には, 実 質 的 な 同 一 性 は 認 められないので, 結 局 保 護 は 図 られないことになる 本 件 においては, 原 告 は, 著 作 権 法 上 の 保 護 を 求 めている 対 象 につき であると 主 張 する 以 上,について, 著 作 物 性 の 有 無 を 判 断 すべ きであるから, 著 作 物 性 の 有 無 について, と 一 体 で 判 断 すべきであるとする 原 告 の 主 張 は 採 用 できない(なお,は,タイトル, 表 題,インデックス, 案 内 として 作 成 されたもので,その 利 用 目 的 が 異 なること, 見 出 し 部 分 と 記 事 部 分 とは 明 確 に 区 別 がつくこと 等 の 理 由 から,の 著 作 物 性 の 有 無 を 判 断 に 当 た り, 全 体 を 基 準 とする 原 告 の 主 張 は, 相 当 であるとはいえない ) (3) 以 上 に 認 定 判 断 したとおり,は 著 作 物 であるとは 認 められない から, 被 告 がライントピックスの 被 告 リンク 見 出 しとしてを 掲 出 させるこ とが 原 告 の 著 作 権 侵 害 となるとの 原 告 の 主 張 は 理 由 がない 2 不 法 行 為 の 成 否 について 原 告 は,が 著 作 物 と 認 められないとしても,を 複 製 する 等 の 被 告 の 行 為 は, 不 法 行 為 を 構 成 する 旨 主 張 する しかし,は, 原 告 自 身 がインターネット 上 で 無 償 で 公 開 した 情 報 で あり, 前 記 のとおり, 著 作 権 法 等 によって, 原 告 に 排 他 的 な 権 利 が 認 められない 以 上, 第 三 者 がこれらを 利 用 することは, 本 来 自 由 であるといえる 不 正 に 自 らの 利 益 を 図 る 目 的 により 利 用 した 場 合 あるいは 原 告 に 損 害 を 加 える 目 的 により 利 用 した 場 合 など 特 段 の 事 情 のない 限 り,インターネット 上 に 公 開 された 情 報 を 利 用 するこ とが 違 法 となることはない そして, 本 件 全 証 拠 によるも, 被 告 の 行 為 が,このよ うな 不 正 な 利 益 を 図 ったり, 損 害 を 加 えたりする 目 的 で 行 われた 行 為 と 評 価 される 特 段 の 事 情 が 存 在 すると 認 めることはできない したがって, 被 告 の 行 為 は, 不 法 行 為 を 構 成 しない 原 告 のこの 点 についての 主 張 は 理 由 がない 3 結 語 よって,その 余 の 点 について 判 断 するまでもなく, 原 告 の 請 求 はいずれも 理 由 がない 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 29 部 裁 判 長 裁 判 官 飯 村 敏 明

13 裁 判 官 榎 戸 道 也 裁 判 官 佐 野 信 ( 別 紙 1) 被 告 ホームページ 目 録 ドメイン 名 D-A.CO.JP 組 織 名 有 限 会 社 デジタル アライアンス ネームサーバ ns.marute.co.jp 同 ns2.dcmp.co.jp 登 録 年 月 日 2000 年 6 月 5 日 接 続 年 月 日 2000 年 6 月 14 日 のドメイン 名 およびそのサブドメイン 名 に 表 示 されるホームページ ( 別 紙 2) 原 告 ホームページ 目 録 ドメイン 名 yomiuri.co.jp 組 織 名 株 式 会 社 読 売 新 聞 東 京 本 社 ネームサーバ dns-b.iij.ad.jp 同 dns-c.iij.ad.jp 登 録 年 月 日 1995 年 3 月 29 日 接 続 年 月 日 1995 年 5 月 19 日 のドメイン 名 に 表 示 されるホームページ 但 し,このうち,サブドメイ ン 名 を osaka.yomiuri.co.jp, kyusyu.yomiuri.co.jp とするホームページ, 及 び yomiuri.co.jp/houchi のディレクトリ, yomiuri.co.jp/e-japan/ で 表 記 されるディレクトリに 九 州 の 県 名 ( 沖 縄 を 含 む), 中 国 の 県 名, 四 国 の 県 名, 三 重 を 除 く 近 畿 の 県 名, 福 井 がアルファベット 表 記 されるディレクトリとするホーム ページを 除 く ( 別 紙 3) タグ 目 録 別 紙 1 被 告 ホームページ 目 録 記 載 の 被 告 ホームページ 上 で, ニュースLINK LINE TOPICS の 表 示 によ り, 商 品 名 LINE TOPICS として 頒 布 されるタグ

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 平 成 27 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 26 年 (ワ) 第 6372 号 不 正 競 争 行 為 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 8 月 20 日 判 当 事 者 の 表 示 主 決 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 文 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 訴 訟

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3 平 成 14 年 (ワ) 第 1157 号 出 版 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 14 年 5 月 15 日 判 決 原 告 A 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 武 田 博 孝 同 長 島 亘 被 告 株 式 会 社 ポプラ 社 被 告 B 被 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 蜂 須 優 二 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

創作性のない表現をデッドコピーした場合における不法行為成立の可否

創作性のない表現をデッドコピーした場合における不法行為成立の可否 創 作 性 のない 表 現 をデッドコピーした 場 合 における 不 法 行 為 成 立 の 可 否 山 本 隆 司 = 井 奈 波 朋 子 [ 事 件 名 等 ] 1ヨミウリ オンライン 事 件 2 平 成 17 年 10 月 6 日 知 財 高 裁 判 決 3 平 成 17 年 (ネ) 第 10049 号 著 作 権 侵 害 差 止 等 請 求 控 訴 事 件 4 裁 判 所 ホームページ 5

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

2007年4月10日

2007年4月10日 関 西 大 学 法 科 大 学 院 法 と 社 会 2 法 とメディア 第 2 回 2009 年 10 月 1 日 メディアと 名 誉 プライバシー(その1) 弁 護 士 弁 理 士 近 藤 剛 史 tsuyoshi@kondolaw.jp Ⅰ. 名 誉 に 関 する 法 的 保 護 1 社 会 的 名 誉 民 法 703 条 にいう 名 誉 とは 人 がその 品 性 徳 行 名 声 信 用 等 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

Taro11-20060613120847.jtd

Taro11-20060613120847.jtd 主 文 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 原 告 が 被 告 に 対 して 平 成 13 年 10 月 16 日 付 けでした 原 告 の 平 成 12 年 分 所 得 税 に 係 る 更 正 の 請 求 ( 以 下 本 件 更 正 請 求 という )に 対 し, 被 告 が 同 年 12 月 25

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 1 処 分 行 政 庁 が 原 告 に 対 して 平 成 25 年 3 月 29 日 付 けでした 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 に 基 づく 療 養 補 償 給 付 を 支 給 しない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 処 分 行 政

More information

本 件 契 約 の 貸 主 と 借 主 との 間 で, 本 件 解 約 申 入 れまでに, 賃 料 を 月 額 8 万 円 とする 合 意 がされ ている (9) 被 告 Y1は, 本 件 建 物 において, 中 華 料 理 店 a ( 以 下 本 件 店 舗 という )を 営 んでいる( 甲 21

本 件 契 約 の 貸 主 と 借 主 との 間 で, 本 件 解 約 申 入 れまでに, 賃 料 を 月 額 8 万 円 とする 合 意 がされ ている (9) 被 告 Y1は, 本 件 建 物 において, 中 華 料 理 店 a ( 以 下 本 件 店 舗 という )を 営 んでいる( 甲 21 主 文 1 被 告 らは, 原 告 らに 対 し, 原 告 らから120 万 円 の 支 払 を 受 けるのと 引 換 えに, 別 紙 物 件 目 録 記 載 1の 建 物 を 明 け 渡 せ 2 被 告 らは, 連 帯 して 平 成 23 年 9 月 28 日 から1 項 の 建 物 明 渡 済 みまで,1か 月 当 たり, 原 告 X1に 対 して6 万 6667 円, 原 告 X2に 対 して1

More information

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及 諮 問 庁 : 検 事 総 長 諮 問 日 : 平 成 25 年 9 月 30 日 ( 平 成 25 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 423 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 439 号 ) 事 件 名 : 級 別 定 数 ( 平 成 24 年 度 当 初 ) 等 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標 G-221 (1) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 大 勝 軒 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10065 平 成 28 年 8 月 10 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > (2) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10066 平 成 28 年 8 月 10 日 (4

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

764E540542D4D6BB E002B128

764E540542D4D6BB E002B128 平 成 17 年 8 月 2 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 領 収 裁 判 所 書 記 官 平 成 15 年 (ワ) 第 23577 号 商 標 権 侵 害 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 17 年 7 月 19 日 判 決 原 告 株 式 会 社 リバティーピープル 同 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 笹 原 桂 輔 同 笹 原 信 輔 同 富 田 寛 之 同

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 ) 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc) 平 成 25 年 9 月 27 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 229 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 四 日 市 税 務 署 長 が 平 成 25 年 3 月 15 日 付 けで 原 告 に 対 してした

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7 平 成 一 〇 年 (ワ) 第 八 七 六 一 号 著 作 物 発 行 差 止 等 請 求 事 件 ( 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 一 一 年 六 月 二 八 日 ) 判 決 原 告 A 原 告 B 右 両 名 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 今 野 勝 彦 前 田 惠 三 加 藤 裕 也 岩 田 廣 一 被 告 株 式 会 社 文 藝 春 秋 右 代 表 者 代 表 取 締 役 C 被 告

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平 成 26 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10134 号 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 26 年 9 月 3 日 判 決 原 告 X 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 佐 藤 富 徳 被 告 特 許 庁 長 官 指 定 代 理 人 高 野 和 行 野 口 美 代 子 堀 内 仁 子 主 文 原 告 の 請 求 を 棄

More information

(2) 商 標 法 4 条 1 項 8 号,10 号,15 号 及 び19 号 該 当 性 判 断 の 誤 り( 取 消 事 由 2) 判 断 1 認 定 事 実 後 掲 の 証 拠 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば, 以 下 の 事 実 が 認 められ,これを 覆 す に 足 りる 証 拠

(2) 商 標 法 4 条 1 項 8 号,10 号,15 号 及 び19 号 該 当 性 判 断 の 誤 り( 取 消 事 由 2) 判 断 1 認 定 事 実 後 掲 の 証 拠 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば, 以 下 の 事 実 が 認 められ,これを 覆 す に 足 りる 証 拠 G-218 登 録 商 標 吉 村 流 無 効 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10045 平 成 28 年 6 月 29 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > キーワード 日 本 舞 踊 の 家 元 流 名 ( 商 標 法 4 条 1 項 7 号 社 会 的 妥 当 性 /8 号 10 号 15 号 19 号 ) 事 案 の 概 要 1 特

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

(Microsoft PowerPoint -

(Microsoft PowerPoint - 著 作 権 法 其 第 の 壱 拾 壱 話 1 巷 にあふれる 著 作 権 問 題 著 作 権 法 違 反 : 中 学 生 週 刊 少 年 誌 の マンガを 動 画 としてYouTubeで 公 開 ふなっしー 想 起 の 無 許 可 グッズ 正 規 グッズと 混 ぜて 販 売 通 販 業 者 摘 発 サルの 自 撮 り 写 真 の 著 作 権 はサル 自 身 に 米 動 物 愛 護 団 体 が 訴

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

平成○○年○○月○○日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官

平成○○年○○月○○日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官 主 文 1 本 件 訴 えのうち, 処 分 行 政 庁 が 平 成 24 年 12 月 27 日 付 けで 原 告 に 対 してした 原 告 を 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 する 処 分 が 無 効 であ ることの 確 認 を 求 める 訴 えを 却 下 する 2 本 件 訴 えのうち, 処 分 行 政 庁 が 平 成 25 年 12 月 25 日 付 けで 原 告 に

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ 主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこれを5 分 し,その1を 原 告 の 負 担 とし,その 余 は 被 告 らの 負 担 とす る 事

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続 平 成 27 年 6 月 18 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10266 号 商 標 登 録 取 消 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 4 月 23 日 判 決 原 告 株 式 会 社 太 鼓 亭 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 清 原 直 己 弁 理 士 清 原 義 博 北 本 友 彦 西 村 直 也 今 岡 大 明 被 告 特

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -122( 順 号 12246) 横 浜 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 20 年 分 所 得 税 の 更 正 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 相 模 原 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 7 月 3 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 甲 被 告 国 同 代 表 者 法 務 大 臣 谷 垣 禎 一 処 分 行 政 庁

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

位 協 定 2 条 1 項 (a)に 基 づき, 同 項 (a)の 施 設 及 び 区 域 として, 米 国 に 対 して 提 供 し, それを 米 軍 が 上 瀬 谷 通 信 施 設 として 使 用 してきたものである 3 当 事 者 の 主 張 の 概 要 (1) 原 告 の 主 張 の 概 要

位 協 定 2 条 1 項 (a)に 基 づき, 同 項 (a)の 施 設 及 び 区 域 として, 米 国 に 対 して 提 供 し, それを 米 軍 が 上 瀬 谷 通 信 施 設 として 使 用 してきたものである 3 当 事 者 の 主 張 の 概 要 (1) 原 告 の 主 張 の 概 要 8- 平 成 10(ワ)799 土 地 明 渡 請 求 平 成 14 年 8 月 29 日 横 浜 地 方 裁 判 所 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 被 告 は, 原 告 に 対 し, 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 各 土 地 ( 以 下 本 件 各 土 地 と 総 称 し,

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円 税 務 訴 訟 資 料 第 258 号 -120( 順 号 10978) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 浅 草 税 務 署 長 ) 平 成 20 年 6 月 27 日 棄 却 控 訴 判 示 事 項 (1) 事 業 所 得 該 当 性 の 判 断 基 準 (2) 競 走 馬 の 保 有 に

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 刑 法 弁 護 士 内 藤 慎 太 郎 1 1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 罪 の 共 同 正 犯 の 成 立 範 囲 決 定 要 旨

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information