<4D F736F F D208CA48B8695F18D908F912090C296D88D4F8E7D2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D208CA48B8695F18D908F912090C296D88D4F8E7D2E646F63>"

Transcription

1 人 権 教 育 エイズ 患 者 /HIV 感 染 者 に 関 する 研 究 香 美 市 立 繁 藤 中 学 校 教 諭 青 木 弘 枝 高 知 県 教 育 センター 指 導 主 事 松 岡 聖 士 昭 和 年 にHIVが 発 見 され その 後 エイズの 医 学 的 解 明 は 進 み 現 在 では 感 染 力 が 弱 く 感 染 経 路 の 限 られた 予 防 が 可 能 な 感 染 症 であることが 明 らかとなった また 治 療 技 術 の 進 歩 により エイズの 発 症 を 抑 えることが 可 能 となり 長 期 慢 性 疾 患 とのとらえが 可 能 となった しかしながら HIV 感 染 者 に 対 する 偏 見 や 差 別 が 厳 存 し 共 に 生 きていく 社 会 が 実 現 されて いるとは 言 えない 本 研 究 では 偏 見 や 差 別 の 解 消 のために しようとする 生 徒 の 育 成 をめざし HIVと 共 に 生 きるという 視 点 から 学 習 プログラムを 作 成 し HIV 感 染 者 にかかわる 人 権 課 題 を 自 分 のこととして 考 え 自 己 の 課 題 に 気 付 くことで 化 への 意 識 が 高 まることを 確 認 した キーワード: 人 権 教 育 エイズ HIV 感 染 者 共 生 はじめに 昭 和 年 にアメリカでエイズの 症 例 が 確 認 されて 以 来 世 界 各 国 でエイズ 患 者 /HIV 感 染 者 に 対 する 偏 見 や 差 別 が 社 会 問 題 となっている 我 が 国 では 得 体 の 知 れない 病 気 への 恐 怖 から 逃 れようとする 体 質 と 性 へのタブー 視 同 性 愛 者 や 外 国 人 への 偏 見 といった 既 存 概 念 などが 相 乗 効 果 を 生 み 二 重 の 差 別 構 造 を 作 り 出 して エイズ 患 者 やHIV 感 染 者 を 社 会 から 疎 外 した 医 学 的 知 識 の 普 及 民 間 ボランティアによる 啓 発 活 動 HIV 薬 害 訴 訟 などによりHIV 感 染 者 の 人 権 保 障 が 注 目 されるようになったが 警 察 官 の 不 採 用 問 題 や 保 育 園 の 入 園 拒 否 といった 人 権 侵 害 事 例 が 見 られ 偏 見 や 差 別 は 厳 存 している 平 成 年 に 策 定 された 人 権 教 育 のための 国 連 年 高 知 県 計 画 には わが 国 においては 昭 和 年 から 昭 和 年 にかけて 全 国 的 にエイズ 問 題 がクローズアップされ 当 時 は 治 療 方 法 や 感 染 経 路 などが 特 定 し 難 い 病 気 であるという 情 報 などによって 国 民 のエイズに 対 する 認 識 が 誤 ったイ メージとして 定 着 しました その 後 エイズに 関 する 様 々な 情 報 の 提 供 により 社 会 のエイズに 対 す る 理 解 は 一 定 進 んできましたが いまなお 誤 った 認 識 や 偏 見 が 存 在 しており なお 一 層 の 啓 発 が 必 要 となっています と 記 載 され ⑴ 偏 見 や 差 別 を 解 消 するための 取 組 の 必 要 性 が 示 されている しかし 平 成 年 に 高 知 県 教 育 委 員 会 が 実 施 した 人 権 に 関 する 児 童 生 徒 意 識 調 査 を 見 ると H IV 感 染 者 やハンセン 病 回 復 者 の 人 権 について 中 学 校 で 学 習 した という 生 徒 は.%であり 県 内 全 般 での 取 組 の 弱 さが 感 じられる 私 自 身 HIV 感 染 者 の 人 権 にかかわる 授 業 実 践 がなく 効 果 的 な 学 習 方 法 の 具 体 案 を 考 えたいと 思 った 三 重 県 総 合 教 育 センターの エイズ 学 習 における 共 感 能 力 科 学 的 思 考 を 育 てる 教 材 の 開 発 に 関 する 基 礎 的 研 究 ()は 三 重 県 内 の 高 校 生 中 学 生 に 対 する 調 査 から 知 識 があっても 差 別 的 な をとる 場 合 のあることが 検 証 された ことを 報 告 している ⑵ そこで これまでの 教 育 活 動 は HIVの 科 学 的 解 明 を 中 心 とした 知 識 偏 重 の 学 習 ではなかったか 感 染 者 を 取 り 巻 く 現 状 や 課 題 の 認 識 が 十 分 であったのか HIV 感 染 者 への 偏 見 は 過 ちであり 差 別 することは 問 題 である と いう 言 葉 だけが 先 行 し 偏 見 や 差 別 を 潜 在 化 させることとなっていたのではないかという 疑 問 が 出 て きた また 木 村 氏 ()は 大 学 における 性 エイズ 講 義 の 内 容 及 び 方 法 の 改 善 に 関 する 研 究 - 性 エイズ 講 義 受 講 者 の 有 無 とエイズ 知 識 態 度 予 測 との 関 連 - において 大 学 生 に 対 する 調 査

2 から エイズ 講 義 を 受 講 したことが 科 学 的 認 識 の 形 成 共 感 的 共 生 的 態 度 や 望 ましい 予 測 に 必 ずしも 結 びつく 結 果 となっていない ことを 明 らかにし その 中 で HIV/AIDSの 人 たちが どのような 気 持 ちでいるのか その 人 達 の 生 きている 姿 や 生 き 方 から 学 ぶ 教 材 態 度 形 成 につ ながる 授 業 方 法 の 改 善 さらにHIV/AIDSの 人 々に 対 するボランティア 支 援 活 動 への 参 加 を 通 して 理 解 を 深 めることも 大 切 ではないかと 考 える と 述 べている ⑶ 一 方 山 梨 氏 ()は エイズの 授 業 づくり()- 偏 見 や 差 別 を 克 服 するための 教 材 授 業 展 開 のあり 方 - で エイズと 共 存 していく 社 会 自 分 が 感 染 者 になっても 安 心 して 暮 らせる 社 会 を 創 り 出 すための 当 事 者 としての 力 をどうつけるか という 課 題 を 提 起 している ⑷ これらを 受 け 本 研 究 においては 中 学 校 の 人 権 教 育 において 正 しい 見 識 を 持 ち エイズ 患 者 / HIV 感 染 者 と 共 に 生 きる 社 会 の 実 現 をめざし 主 体 的 に できる 生 徒 を 育 成 することのできる 学 習 の 在 り 方 を 考 察 した 研 究 目 的 エイズ 患 者 /HIV 感 染 者 に 関 する 人 権 課 題 を 自 分 のこととして 考 え 偏 見 や 差 別 の 解 消 のために しようとする 生 徒 を 育 成 するためには 以 下 の 点 が 有 効 であろうと 考 える 遠 い 世 界 や 他 人 事 ではなく 今 の 自 分 にかかわることであるという 視 点 ( 自 分 も 感 染 する 可 能 性 がある 今 ここに 感 染 者 がいる 可 能 性 がある という 視 点 から 自 分 を そして 相 手 を 大 切 にしていくとはどういうことなのかを 考 える) エイズ 患 者 /HIV 感 染 者 と 共 に 生 きている 社 会 の 現 実 を 知 り 患 者 / 感 染 者 の 願 いや 思 いを 想 像 し 命 の 尊 さ 生 きることの 素 晴 らしさに 共 感 できる 教 材 や 学 習 内 容 自 分 の 中 の 偏 見 や 差 別 性 を 問 い 正 し 自 己 の 課 題 に 気 付 かせる 授 業 展 開 そこで 以 下 のような 研 究 仮 説 を 設 定 し 学 習 プログラムの 有 効 性 を 検 証 した 研 究 仮 説 共 に 生 きるというスタンスから 作 成 した 学 習 プログラムにおいて 自 分 のこととして 考 えること のできる 授 業 展 開 や 自 分 らしく 生 きていくということの 素 晴 らしさを 感 じることができる 教 材 及 び 学 習 内 容 を 工 夫 することによって 偏 見 や 差 別 をなくすために しようとする 生 徒 を 育 成 する ことができるであろう そして めざす 生 徒 像 及 び 化 した 姿 を 以 下 のように 設 定 した めざす 生 徒 像 自 分 に 自 信 を 持 ち 積 極 的 に 社 会 とつながろうとする 生 徒 広 い 視 野 と 正 しい 見 識 を 持 ち 互 いの 人 権 が 尊 重 された 社 会 をつくろうとする 生 徒 化 した 姿 自 分 の 価 値 を 認 め 自 己 表 現 できる 自 他 の 人 権 を 尊 重 した 正 しい 判 断 ができる 人 権 侵 害 事 例 に 関 心 を 持 ち 偏 見 や 差 別 をなくそうとする 働 きかけができる 相 手 の 気 持 ちを 考 え 大 切 にすることができる 研 究 内 容 () 学 習 プログラム 案 の 作 成 森 氏 ()が 紹 介 している 参 加 体 験 型 学 習 において 効 果 的 な 学 習 展 開 であるADIDAS [activity discussion input deepening analysis synthesis]を 参 考 に 出 会 う(PWA/ H の 手 記 やメッセージに 出 合 う) 知 る( 偏 見 や 差 別 の 現 状 を 知 る) 深 める( 自 分 や 社 会 の 在 り 方 について 分 析 を 深 める) 気 付 く( 自 己 の 課 題 に 気 付 く) 発 信 する( 社 会 に 働 きかける) という 流 れで 学 習 プログラムを 構 成 した また 学 習 したことを 家 庭 に 広 げるために 学 習 の 区 切 ごとに 話 題 を 提 示 し 家 庭 で 語 らう 時 間 を 設 定 することにした (PWA/H=People living With AIDS/HIV)

3 () 在 籍 校 において 検 証 授 業 を 実 施 対 象 生 徒 香 美 市 立 繁 藤 中 学 校 全 校 生 徒 名 ( 年 生 名 年 生 名 年 生 名 ) 形 態 合 同 授 業 実 施 内 容 ア 単 元 名 エイズって 何 だろう ( 時 間 ) (ア) 学 習 の 目 標 HIVと 共 に 生 きている 人 の 思 いに 出 合 い 生 きる 喜 びに 気 付 く エイズ/HIVについての 知 識 を 習 得 する (イ) 観 点 別 評 価 規 準 病 気 と 共 生 する 人 間 という 視 点 を 持 とうとしている 関 心 意 欲 態 度 エイズ/HIVについて 正 しく 理 解 することができる 知 識 理 解 (ウ) 授 業 展 開 の 概 略 対 話 と 想 像 の 大 切 さに 気 付 くことをねらいとしたワークショップを 行 う 続 いて PWH 北 山 翔 子 さんのメッセージを 受 けて 自 分 らしい 生 き 方 を 考 える そして エイズ/HIV 感 染 症 の 基 礎 知 識 について 学 習 する (エ) 振 り 返 りシートや 発 表 内 容 観 察 をもとにした 考 察 忘 れものを 当 てるというワークショップを 行 い 忘 れものに 着 目 させることによって 健 康 な 時 には 気 付 かないことを 北 山 さんに 気 付 かせてもらった という 思 考 の 流 れをつくるこ とができた 今 まで いろんな 人 に 助 けられたのに 自 己 中 心 的 な 考 え 方 をしている 自 分 が いやだなと 思 いました 人 を 傷 付 けたくない そんな 生 き 方 をしたい という 意 見 が 出 て 北 山 さんのメッセージから 家 族 や 友 人 周 りの 人 たちと 共 に 生 きている 自 分 という 視 点 を 持 たせ 人 とのかかわりについて 振 り 返 らせることができた また 自 分 が 彼 女 の 立 場 だったらと 想 像 し HIVと 共 に 生 きる 彼 女 の 強 さに 尊 敬 の 意 を 表 す 生 徒 が 多 く 彼 女 の 姿 から 病 気 と 共 生 する 人 間 という 視 点 を 持 つことができ エイズ /HIVに 対 する 恐 怖 や 不 安 が 和 らいだという 生 徒 も 多 かった エイズ/HIV 感 染 症 については プレゼンテーションを 行 ったところ うなずいたり つぶやいたりといった 反 応 があり 理 解 の 深 まりが 見 取 れた 振 り 返 りシートには エイズ の 恐 ろしさ が 印 象 として 残 っているという 記 述 が 見 られた イ 単 元 名 差 別 はこうしてつくられた ( 時 間 ) (ア) 学 習 の 目 標 命 の 尊 さ 人 の 思 いを 感 じ 偏 見 や 差 別 の 愚 かさを 知 ることができる (イ) 観 点 別 評 価 規 準 エイズへの 偏 見 や 差 別 がどのようにしてつくられ 助 長 されていったのか 理 解 すること ができる 知 識 理 解 将 来 に 夢 を 持 ち 自 分 らしい 生 き 方 を 考 えることができる 思 考 判 断 (ウ) 授 業 内 容 概 略 エイズ/HIVに 対 する 偏 見 が どのようにして 生 じてきたのかを 考 えさせることをねら い 作 成 したモデルストーリーをもとに 物 事 の 一 部 が 強 調 されることで 偏 見 が 生 じる 場 合 があるという 問 題 点 を 話 し 合 う 続 いて エイズパニックについて 知 り その 問 題 点 を 話 し 合 った 後 エイズパニックの 渦 中 孤 独 な 闘 いを 強 いられ 血 友 病 と 共 に 生 き 血 液 製 剤 に より 感 染 して 歳 で 亡 くなった 岩 崎 孝 祥 さんの 母 和 美 さんの 手 記 を 読 み 感 想 を 伝 え 合 う

4 (エ) 振 り 返 りシートや 発 表 内 容 観 察 をもとにした 考 察 グループで 話 し 合 うことで 偏 見 や 差 別 が 生 じる 背 景 や エイズパニックの 問 題 点 を 深 く 考 えることができ 正 しい 情 報 を 取 り 入 れて 自 分 の 考 えを 持 つことの 大 切 さを 確 認 させる ことができた また 話 し 合 いの 中 では 知 識 だけではなく 北 山 さんの 話 を 伝 えることによって 偏 見 や 差 別 を 解 消 しようという 意 見 も 出 され 感 染 者 に 対 する 理 解 が 進 んだと 思 える 場 面 も 見 られ た 岩 崎 和 美 さんの 手 記 からは 絵 を 描 くことに 情 熱 を 傾 け 続 けた 孝 祥 さんの 力 強 い 人 生 に 触 れ 感 動 を 覚 えた 生 徒 が 多 かった 私 たちは 健 康 に 生 まれたことを 感 謝 して 生 きていく べきだと 思 った と 述 べた 生 徒 もおり その 気 持 ちを 共 有 させることができたと 思 う 人 生 の 中 で 最 も 死 と 遠 い 世 代 であり 重 い 疾 患 を 経 験 したことがない 生 徒 たちにも 死 に 直 面 している 彼 の 心 境 に 寄 り 添 い 生 きるということの 素 晴 らしさを 感 じさせることができ たのではないかと 思 う 美 大 進 学 をめざした 岩 崎 さんの 伝 記 は 自 分 の 進 路 を 模 索 し 日 々 学 業 に 励 んでいる 生 徒 たちに 大 きな 目 標 を 示 し 勇 気 を 持 たせたのでないだろうかと 考 えられる 記 述 や 発 表 内 容 も あったが 将 来 の 夢 を 具 体 的 に 描 き 自 分 らしい 生 き 方 を 考 えさせることは 十 分 にはできな かった 和 美 さんの 心 境 に 心 を 留 めた 生 徒 が 何 人 かいた 言 葉 には 表 れなかったが 振 り 返 りシートでは 全 員 が 家 族 のことを 考 えることができたと 答 えており 自 分 の 家 族 の 絆 と 重 ね ることができていたのではないかと 思 う しかし 自 分 の 母 が 自 分 へ 寄 せる 思 いにまで 考 えを 至 らせることができなかった もし あなたが 感 染 したら あなたの 母 は どうするだろう という 視 点 から 支 援 することで より 自 分 のこととして 考 えさせることができたのではないかと 思 う また 血 友 病 やどんな 病 気 をもっている 人 も 同 じ 人 間 なんだから 差 別 はしたらいけないと 思 った という 感 想 もあり 彼 の 生 き 方 を 知 ることで 偏 見 や 差 別 の 誤 りを 理 解 させることができた ウ 単 元 名 幸 せな 社 会 とは ( 時 間 ) (ア) 学 習 の 目 標 共 生 社 会 の 実 現 のために 必 要 なものを 考 える (イ) 観 点 別 評 価 規 準 人 権 侵 害 事 例 の 過 ちに 気 付 き 望 ましい 社 会 の 在 り 方 について 考 えることができる 思 考 判 断 自 己 の 意 識 を 分 析 し 自 分 の 課 題 を 見 付 けることができる 思 考 判 断 (ウ) 授 業 内 容 概 略 あなたはどちらを 選 ぶのか という 質 問 をし その 理 由 を 考 える 質 問 は HIV 感 染 者 を 雇 用 する 病 院 と 医 療 拒 否 をする 病 院 とではどっち? 確 かな 技 術 のある 感 染 者 の コックが 働 いているレストランと その 感 染 者 を 解 雇 するレストランとではどっち? 感 染 者 の 選 手 がいるバスケットボールチームと 感 染 者 の 入 部 を 拒 否 するバスケットボールチ ームとではどっち? のケースで 行 う 続 いて PWH 武 田 淳 さんの 手 記 を 読 み 感 染 者 の 人 権 を 侵 害 する 医 療 拒 否 や 解 雇 社 会 的 孤 立 という 事 例 に 対 し 武 田 さんがどのように 感 じ 思 っているのかを 考 える そして パ ネラーを 提 示 し 友 だちが もし 感 染 していたら 自 分 はどう 思 い どのような をとる かを また 自 分 が 感 染 した 場 合 どのような 思 いを 持 っている 人 に 打 ち 明 けるのかを 考 え ることから 自 己 の 課 題 を 見 付 ける (エ) 振 り 返 りシートや 発 表 内 容 観 察 をもとにした 考 察 あなたはどっちを 選 ぶのか では 偏 見 や 差 別 を 許 さない 互 いの 人 権 が 保 障 されてい る 社 会 でこそ みんなが 幸 せになれるという 意 見 が 出 され 人 権 侵 害 事 例 の 過 ちに 気 付 き

5 望 ましい 社 会 の 在 り 方 について 考 えさせることができた しかし 感 染 者 が 働 いている 病 院 やレストランは 感 染 しそうで 怖 くて 行 けないという 意 見 もあり エイズ/HIVについて の 医 学 的 知 識 をもう 一 度 説 明 し 直 した 武 田 さんの 手 記 からは 社 会 的 孤 立 という 差 別 の 現 状 を 感 染 者 の 気 持 ちに 寄 り 添 う 形 で 理 解 し 信 頼 し 悩 みを 打 ち 明 けることができる 友 人 を 持 つことの 素 晴 らしさに 気 付 かせるこ とができた 武 田 さんの 孤 独 な 思 いと 友 人 の 優 しさを 知 り 人 間 が 差 別 を 作 るので 同 じ 人 間 なくすことができると 思 った という 意 見 が 述 べられ 人 の 意 識 が 共 生 社 会 を 創 造 し ていくことを 確 認 できた また もし 私 がHIV 感 染 者 であれば それを 打 ち 明 けること のできる 友 だちを 持 ち 大 切 にしていきたい また 友 だちがHIV 感 染 者 であれば それ を 受 け 入 れる 人 間 になりたい そして 大 切 にしていきたい という 意 見 があり 自 分 が 感 染 者 だったら 自 分 が 打 ち 明 けられたら という 視 点 から 考 えさせることができたと 思 う しかし より 具 体 的 に 友 人 から 感 染 したと 打 ち 明 けられた 時 の 自 分 の 姿 と 自 分 が 感 染 し た 時 に 望 む 友 人 の 姿 を 比 べることから 自 己 の 課 題 を 見 付 けようという 活 動 は 十 分 な 時 間 が 確 保 できなかったため 意 見 交 換 を 行 い 深 めることができず 友 人 とのかかわりの 中 で 目 標 とする 自 分 の 生 き 方 を 追 求 させるまでに 至 らなかった エ 単 元 名 あなたならどうする? ( 時 間 ) (ア) 学 習 の 目 標 に 移 すことによって 偏 見 や 差 別 をなくしていくことができることに 気 付 く (イ) 観 点 別 評 価 規 準 積 極 的 にロールプレイに 取 り 組 んでいる 関 心 意 欲 態 度 人 々の 意 識 に 働 きかける 具 体 的 な 内 容 を 考 え 発 表 することができる 表 現 技 能 (ウ) 授 業 内 容 概 略 オリジナルシナリオ あなたならどうする? でロールプレイを 行 う あらすじは エイ ズについて 学 んだ 中 学 生 が 休 日 の 生 活 の 中 で 自 分 の 差 別 性 に 気 付 き 課 題 を 見 付 けていく という 場 面 から 始 まり 友 人 の 家 庭 で 婚 約 者 が 感 染 者 だったら 結 婚 を 親 に 反 対 されたら 自 分 たちはどうするだろうかとあれこれ 話 し 合 った 生 徒 たちが 感 染 者 に 直 接 会 ってみたく なりPTA 会 長 に 相 談 しようという 場 面 へと 続 く 最 後 は 感 染 者 を 招 いて 講 演 会 をしよう と 計 画 していたPTA 会 長 が 地 域 に 反 対 の 声 があって 講 演 会 を 実 行 できないという 報 告 を するという 展 開 である ロールプレイ 後 気 付 いたことや 感 じたことを 話 し 合 い そして 講 演 会 を 成 功 させるた めに 自 分 たちにできることを 話 し 合 う (エ) 振 り 返 りシートや 発 表 内 容 観 察 をもとにした 考 察 意 欲 的 にロールプレイに 取 り 組 め エイズ 患 者 /HIV 感 染 者 に 関 する 人 権 課 題 がより 明 確 になったという 生 徒 もいた ロールプレイ 後 の 話 し 合 いも 非 常 に 積 極 的 で これまでの 学 習 で 得 た 知 識 のうえにロールプレイを 重 ね 話 し 合 うことにより 論 点 が 分 かりやすくな ったものと 思 われる 一 方 自 分 自 身 の 偏 見 や 差 別 性 知 らないことから 起 こる 偏 見 や 差 別 学 んでも 残 る 偏 見 や 差 別 正 しいことを 訴 えることにより 自 分 が 偏 見 や 差 別 を 受 けてしまうかもしれないとい う 恐 れなど 生 徒 それぞれに 課 題 が 見 出 された エイズ 患 者 /HIV 感 染 者 に 対 する 偏 見 や 差 別 が 温 存 されている 原 因 を 明 確 にとらえる ことができ 多 くの 人 に 呼 びかけ 理 解 を 深 めていくことが 大 切 であるということを 確 認 さ せることができた また グループ 発 表 時 には 活 発 な 質 疑 応 答 が 展 開 され 互 いの 思 いを より 深 く 知 ることができ 人 々の 意 識 に 働 きかける 具 体 的 な 啓 発 活 動 の 内 容 を 考 え 発 表 さ せることができた

6 オ 単 元 名 共 に 生 きる ( 時 間 ) (ア) 学 習 の 目 標 発 信 の 重 要 性 に 気 付 き 地 域 の 方 々とHIV 感 染 者 とに 対 して 自 分 の 思 いを 伝 える (イ) 観 点 別 評 価 規 準 相 手 の 気 持 ちを 考 えて スローガンやメッセージを 表 現 することができる [ 表 現 技 能 ] 旗 キルトを 意 欲 的 に 作 成 することができる 関 心 意 欲 態 度 (ウ) 授 業 内 容 概 略 繁 藤 地 域 をよりよくしよう という 趣 旨 で 地 域 に 向 けてのスローガンを 考 え 小 旗 を 作 成 する 続 いて エイズキルトと 呼 ばれるメモリアルキルト ホワイトキルト ベビーキ ルト メッセージキルトを 通 して エイズ 患 者 やHIV 感 染 者 をサポートする 人 たちの 活 動 について 知 り 感 想 を 述 べ 合 う 最 後 にメッセージキルトの 作 成 を 提 案 する (エ) 振 り 返 りシートや 発 表 内 容 観 察 をもとにした 考 察 知 らないことによって 偏 見 や 差 別 がおこる 場 合 があるから 知 らせることはとても 大 切 で あると 理 解 し エイズ 患 者 やHIV 感 染 者 の 気 持 ちにも 十 分 配 慮 して スローガンを 考 え 熱 心 に 旗 を 作 成 させることができた また エイズキルトから 人 と 人 とのつながりの 温 かさを 感 じ 取 る 発 言 が 見 られ 生 徒 か らメッセージキルトを 作 りたいという 意 見 が 出 て 全 員 で 作 成 することを 提 案 し につ なげることができた 学 習 プログラムの 有 効 性 を 検 証 ア 授 業 の 振 り 返 りから (ア) 自 己 評 価 の 変 化 図 を 見 ると 関 心 を 持 って 学 習 することができ ましたか の 問 いかけに 対 して よくできた で きた と 回 答 しており あまりできなかった 全 くできなかった と 回 答 した 生 徒 はいなかった 図 を 見 ると 先 生 や 友 だちの 意 見 考 えを 聞 け ましたか の 問 いかけに 対 しても あまりできなか った 全 くできなかった と 回 答 した 生 徒 はおら ず 第 単 元 で よくできた と 回 答 した 生 徒 が 最 も 多 い 図 を 見 ると 自 分 の 思 いや 考 えを 伝 えることが できましたか の 問 いかけに 対 して 第 単 元 では 全 くできなかった あまりできなかった と 回 答 した 生 徒 が 第 単 元 第 単 元 では 減 少 し 第 単 元 第 単 元 では 全 員 が よくできた で きた と 回 答 している (イ) 考 察 提 示 した 学 習 内 容 が 関 心 を 引 くものであったこ とが 分 かる 検 証 授 業 においても 活 発 に 発 言 する 生 徒 の 様 子 が 見 られ 生 徒 の 意 見 を 中 心 に 学 習 を 進 めることができた また 話 し 合 い 活 動 を 重 ねてい くことで 自 己 表 現 力 が 高 まっていることも 読 み 取 れた 一 方 友 だちの 発 表 を 聞 き 自 分 の 意 見 をま とめようとする 様 子 や 意 見 交 換 し グループの 発 表 としてまとめていく 姿 が 見 られた 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 よくできた できた あまりできなかった 全 くできなかった 図 関 心 を 持 って 学 習 する 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 ことができましたか よくできた できた あまりできなかった 全 くできなかった 図 先 生 や 友 だちの 意 見 考 えを 聞 けましたか よくできた できた あまりできなかった 全 くできなかった 図 自 分 の 思 いや 考 えを 伝 えることができましたか

7 イ 記 述 や 発 表 内 容 から 関 心 を 持 って 学 習 できましたか 先 生 や 友 だちの 意 見 考 えを 聞 けましたか 自 分 の 思 いや 考 えを 伝 えることができましたか の 項 目 における 自 己 評 価 が 特 徴 的 な 変 化 を 見 せ たA B C 名 の 生 徒 に 注 目 し その 学 習 の 流 れを 振 り 返 りシートの 記 述 内 容 と 授 業 での 発 表 内 容 やワークシートへの 記 述 内 容 をもとに 考 察 した なお 振 り 返 りシートの 記 述 内 容 は メタ 情 緒 感 想 その 他 のつの カテゴリーに 分 類 した 分 類 にあたっては 現 代 学 校 教 育 大 事 典 の 記 述 に 基 づき メタ を 自 分 の 頭 の 中 で 現 在 進 行 中 の 活 動 ( 知 覚 する 記 憶 する 理 解 する 問 題 を 解 くなど) を 再 び の 対 象 として( 対 象 化 あるいは 客 体 化 ) それらの 活 動 を 評 価 し 制 御 すること を 知 覚 記 憶 学 習 言 語 理 解 推 論 問 題 解 決 など 人 間 の 知 的 な 作 用 情 緒 を 短 期 間 の 比 較 的 強 い 感 情 の 動 き を 外 部 に 現 れた 観 察 することのできる 活 動 とした ⑸ また 所 感 や 所 見 を 感 想 とし これまでのつに 分 類 できないものをその 他 とした (ア) 生 徒 A 関 心 を 持 って 学 習 することができましたか 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 図 生 徒 Aの 自 己 評 価 の 変 化 資 料 生 徒 Aの 学 習 の 流 れ 振 り 返 りシート 第 単 元 第 単 元 第 単 元 情 緒 第 単 元 第 単 元 自 分 の 思 いや 考 えを 伝 えることができましたか 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 忘 れもの 当 てゲーム をして 人 の 思 っている 事 を 想 像 したりして 忘 れも のでは 人 それぞれちがって みんなの 考 えがよく 分 かりました ポジティブなわたしからあなたへ の 文 により とても 考 えさせられました 独 りじゃ 生 きていけない 助 け 合 い 感 謝 して 生 きていかなければいけないとい う 事 が 分 かりました エイズは とても 身 近 な 事 だと 分 かり ました エイズに 感 染 しても 残 りの 人 生 を 精 一 杯 生 きていかなければいけないという 事 が 分 かった こんな 立 派 な 生 き 方 をぼくもしていく ように 努 力 したいです HIVになった 人 も 人 にばれるかもし れないという いろいろな 心 配 をのりこ えてがんばっているのを 見 て こういう 生 き 方 をみならいたいなと 思 いました HIV 感 染 者 と 何 かでいっしょに 仕 事 をするとかそういう 場 合 になれば 特 別 あつかいせずに 接 していきたいです 自 分 がもしHIVになると いろいろ な 人 たちにHIVについて 分 かってもら いたいです 少 しでも 特 別 あつかいや 差 別 してい る 人 が 減 るようにしたいです 偏 見 や 差 別 をなくしていかなければい けないと 思 った 勇 気 をもって 呼 びかけたい HIV 感 染 者 を メッセージキルトと いう 形 で はげましている 人 たちを 見 て ぼくも 冬 休 み 中 にメッセージキルトを つくってわたしたいです 先 生 や 友 だちの 意 見 考 えを 聞 けましたか 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 よくできた で き た あまりできなかった 全 くできなかった 独 りじゃ 生 きていけないということを とても 考 えさせられた みんなで 助 け 合 って 感 謝 しながら 生 きていく 第 単 元 エイズにかかって もう 治 らないとか もう 死 ん でしまうしか 思 うんじゃなくて 残 された 人 生 を 精 一 杯 生 きていかなければならないとあらためて 思 いました エイズにかかったこの 人 は 最 後 まで がんばって 生 きてとても 感 動 しました もし 僕 がエイズにか かっていたら この 人 のように 最 後 まで 立 派 に 生 き れないと 思 いました 第 単 元 HIVにかかったとしても それをのりきって 生 きていかなければいけないなと 思 った 第 単 元 発 表 やワークシート HIV 感 染 者 や 私 たちは 偏 見 や 差 別 をなくすよ うに 呼 びかけなくてはならない 立 場 だけど HIV について 正 しい 知 識 を 知 っていない 人 たちの 反 対 の 声 によって 呼 びかけにくくなってしまってい る 呼 びかけたとしても その 後 偏 見 や 差 別 をう けるかもしれません HIV 感 染 者 を 偏 見 や 差 別 をする 人 たちは HI Vについて 悪 いイメージしか 頭 にない 人 が 多 いか ら 講 演 会 に 行 なければならないと 思 った 自 分 が 思 っていた 以 上 に 今 回 勉 強 して 自 分 が 偏 見 や 差 別 の 心 があることが 分 かって 直 していか なければいけないと 思 った HIV 感 染 者 (への 偏 見 や 差 別 : 補 足 )がこの 世 の 中 からなくなるように 講 演 会 や 国 の 問 題 にして 早 くなくなってほしい

8 図 を 見 ると 生 徒 Aは 項 目 において 第 単 元 では できた 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 では よくできた と 回 答 しており 自 己 評 価 が 向 上 している 資 料 を 見 ると 生 徒 Aは 第 単 元 で 北 山 さんの 手 記 ポジィティブなわたしからあな たへ を 読 み 助 け 合 い 感 謝 しながら 生 きていくことの 大 切 さを 知 り エイズを 身 近 なこ とだと している 第 単 元 では 岩 崎 さんの 生 き 方 を 知 り 自 分 がエイズにかかったとしたら 彼 のように 立 派 に 生 きられないと 思 うが 彼 のような 立 派 な 生 き 方 をしていくことができるように 努 力 し たいという 化 への 意 思 を 表 明 している 第 単 元 では いろいろな 心 配 を 乗 り 越 えて 生 きている 武 田 さんの 生 き 方 を 見 習 い 自 分 の 在 りたい 姿 を 明 確 にしている そして 武 田 さんの 気 持 ちを 理 解 し 偏 見 や 差 別 をなくす ために しようとしている 第 単 元 では 偏 見 や 差 別 をなくしていくように 呼 びかけると 自 分 が 偏 見 や 差 別 を 受 け てしまうかもしれないという 恐 れや 自 分 自 身 の 中 にも 偏 見 や 差 別 の 意 識 があるということ に 気 付 いている しかし その 過 ちを 認 め 勇 気 をもって 呼 びかけたいという 強 い 化 の 意 思 が 見 られる 第 単 元 では 感 染 者 をはげましている 人 たちを 知 り 積 極 的 にキルト 作 りの 意 志 を 示 し ている (イ) 生 徒 B 関 心 を 持 って 学 習 することができましたか 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 図 生 徒 Bの 自 己 評 価 の 変 化 資 料 生 徒 Bの 学 習 の 流 れ 第 単 元 情 緒 第 単 元 第 単 元 振 り 返 りシート 先 生 や 友 だちの 意 見 考 えを 聞 けましたか 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 エイズは 感 染 経 路 はつと 少 ないし ウイル スも 弱 いし 感 染 者 の 話 とかを 聞 けば そんな に 悲 観 するような 病 気 ではないということが 分 かった それなのに 差 別 があるのは とても 嘆 かわし い 僕 の 一 番 関 心 のあるエイズの 差 別 は 度 重 な るデマと 誤 報 によって 肥 大 した 人 間 の 汚 点 の かたまりだと 思 う エイズパニックが 起 こる 前 に 原 因 が 分 かっ ていたはずなのに 何 故 パニックが 起 こったの か そんな 情 報 の 遅 れも 原 因 と 思 える もっとも 自 分 はかかっていないのに エ イズにかかっている と 疑 がわれるだけで 迫 害 を 受 けるというのはとても 悲 しいことである 自 分 の 落 とした 食 べ 物 を 自 分 で 拾 えないと いうのはとても 幼 稚 なことである エイズのデマを 作 ったマスコミは ちゃんと 責 任 という 責 任 をとってほしいと 僕 は 思 うが 今 さら 正 しいことを 報 じたって 差 別 が 収 まる ような エイズ 患 者 が 告 白 できるような 社 会 に ならないと 思 う だから 今 正 すのであると 思 う この 社 会 を 僕 らの 手 で 自 分 の 思 いや 考 えを 伝 えることができましたか 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 よくできた で き た あまりできなかった 全 くできなかった 僕 が HIVにかかったら 多 分 自 分 が HIVにかかったとすら 言 わないだろう 僕 は そんなに 勇 気 がないので 北 山 さんのよ うな 人 になりたいと 思 った 今 は 無 責 任 に 今 を 生 きているから いつか 恩 返 しできるようにがんばっていきたい 第 単 元 発 表 やワークシート 僕 が この 亡 くなった 孝 祥 さんであったら 孝 祥 さんよりも 長 くは 生 きられないだろう 薬 害 エイズという 不 条 理 な 病 気 を 押 し 付 け られ この 間 まで 描 いていた 夢 をうばわれた ことに ただただ 怒 りに 満 ちたまま 死 んでい くと 思 う 孝 祥 さんは そんな 中 にも 夢 をあ きらめず 追 い 続 けながら 亡 くなっていった ので そんな 精 神 を 持 ち 続 けたい 第 単 元 エイズというのは 病 気 の 恐 怖 よりも 自 分 が 告 白 できずに 深 い 孤 独 に 追 いやられる さびしさだということが 分 かった 僕 もこの 女 性 のような 深 い 孤 独 から 手 をさしのべら れるような 人 になりたい

9 第 単 元 第 単 元 メタ 今 日 のテーマである あなたならどうする という 言 葉 だが 事 なかれ 型 である 僕 には と ても 重 いテーマだった けれど 重 いからこそ 重 要 であり もっと 学 ばなければと 思 う 今 日 はエイズについてのキルトのことを 学 んだ 最 後 に エイズについてのことが だん だん 分 かってきているんだなあ というよう な 感 想 を 書 けて 良 かった 第 単 元 病 気 というものは 最 初 に 見 つかったとき には 奇 病 として 扱 われ 分 かっていくに つれ 奇 病 と 呼 ばれることはなくなるのだ が エイズパニックのときは わかっている にもかかわらずに 起 こってしまったことで ある 将 来 また 新 しい 奇 病 が 出 てくると 思 うが その 時 自 分 は 偏 見 や 差 別 を 抑 えら れるのだろうか エイズを 学 んで 分 かったこ とは そういう 局 面 に 陥 ったときにどうする か ということである 図 を 見 ると 生 徒 Bは 関 心 を 持 って 学 習 することができましたか の 問 いに 第 単 元 第 単 元 第 単 元 においては よくできた と 回 答 しているが 第 単 元 第 単 元 では できた と 回 答 しており 自 己 評 価 が 低 下 している 学 習 が 進 むにつれて 関 心 が 低 下 したのは 対 象 生 徒 のうち 生 徒 Bだけであった 資 料 を 見 ると 生 徒 Bは 第 単 元 で 北 山 さんのような 勇 気 が 自 分 にはないことを 認 め 北 山 さんのような 人 になりたいと 自 分 の 生 き 方 を 振 り 返 ることができている また 今 の 無 責 任 な 生 き 方 を 反 省 し 今 後 の 生 きる 課 題 を 明 確 にしている 第 単 元 では 偏 見 や 差 別 のメカニズムを 考 察 し その 愚 かさを 嘆 くとともに 不 条 理 な 病 気 を 押 し 付 けられながらも 夢 を 追 い 続 けた 岩 崎 さんの 精 神 を 自 分 の 精 神 と 重 ね 考 えるこ とができている 第 単 元 では 孤 独 と 闘 う 武 田 さんの 気 持 ちを 理 解 し 手 をさしのべられる 人 になりたい と 自 己 の 在 りたい 姿 をとらえることができている そして 感 染 者 の 置 かれた 社 会 的 孤 独 な どのエイズパニックによって 肥 大 した 偏 見 や 差 別 の 現 状 を 知 り 自 分 たちの 力 で 社 会 を 正 そ うという 意 思 表 明 をしている 第 単 元 では 将 来 出 てくるであろう 奇 病 に 対 峙 した 時 に 偏 見 や 差 別 を 抑 えることがで きるであろうかという 自 分 自 身 への 疑 問 を 開 示 している そして 偏 見 や 差 別 に 対 して あ なたならどうするかと 問 われて 自 分 には 重 いテーマだと 認 め だからこそ 重 要 で 学 ばな ければならないと 化 への 意 思 を 表 明 している (ウ) 生 徒 C 関 心 を 持 って 学 習 することができましたか 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 図 生 徒 Cの 自 己 評 価 の 変 化 資 料 生 徒 Cの 学 習 の 流 れ 振 り 返 りシート 第 単 元 感 想 第 単 元 感 想 先 生 や 友 だちの 意 見 考 えを 聞 けましたか 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 自 分 の 生 き 方 についてや 友 だちの 意 見 考 えとか 聞 けたり 学 べたりしてよかったです エイズについて 知 っていたことも 知 らなか ったこととかもあったけど どんな 病 気 か 理 解 できました エイズでの 差 別 についてよく 分 かりました 班 とかでも 話 し 合 いがよくできてよかった と 思 います 自 分 の 思 いや 考 えを 伝 えることができましたか 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 発 表 やワークシート よくできた で き た あまりできなかった 全 くできなかった 第 単 元 北 山 さんのような 生 き 方 をしてみたいし 周 りの 人 たちに 助 けられていて 生 きているこ とを 忘 れずに 感 謝 しながら 生 きていきたい 第 単 元 家 族 が 病 気 で 苦 しんでいるのを 毎 日 見 てい るお 母 さんは とてもつらかったんだなと 思 いました 孝 祥 さんは 生 まれながらの 病 気 と 闘 いなが ら 自 分 の 夢 も 追 い 最 後 まであきらめなかっ たことは すごいことだと 思 いました

10 第 単 元 その 他 感 想 第 単 元 第 単 元 情 緒 情 緒 幸 せな 社 会 とは についてみんなと 考 えて いけたと 思 います エイズ 感 染 者 の 気 持 ちなども 分 かってよか ったと 思 います 今 日 は エイズの 演 劇 とか 講 演 会 を 開 くため にどんなことをしたらいいとか みんなで 話 し 合 えたりできたのでみんなの 考 えていることとか 思 っていることが 分 かってよかった 実 際 にエイズ(HIV 感 染 者 に 関 する 人 権 課 題 に 対 する 関 心 : 補 足 )を 呼 びかける 旗 とかが 作 れ てとても 楽 しかったし よかったと 思 います メッセージキルトも 自 分 たちで 作 るので どん なのができるかたのしみです 第 単 元 私 は よく 言 ってくれたわね ありがと う という 女 性 の 言 葉 がとても 印 象 に 残 りま した この 女 性 のようなエイズの 理 解 者 が 増 えていけばエイズで 苦 しんでいる 人 たちも 武 田 さんのように 周 りに 打 ち 明 けていけるんじ ゃないかと 思 いました 第 単 元 誰 にでもエイズに 少 しぐらいは 偏 見 を 持 っ ていると 思 う だから 私 も 周 りの 人 がエイズ になってもそれまでのようにはできないんじ ゃないかと 思 う 図 を 見 ると 生 徒 Cは 関 心 を 持 って 学 習 することができましたか の 問 いに 全 単 元 において よくできた と 回 答 している また 先 生 や 友 だちの 意 見 考 えを 聞 けまし たか の 問 いにも 全 単 元 において よくできた と 回 答 している 自 分 の 思 いや 考 えを 伝 えることができましたか という 問 いでは 第 単 元 で あまりできなかった と 回 答 し 第 単 元 第 単 元 第 単 元 第 単 元 で できた と 回 答 している 関 心 を 持 っ て 学 習 することができましたか の 問 いと 先 生 や 友 だちの 意 見 考 えを 聞 けましたか と いう 問 いへの 自 己 評 価 は 高 いが それに 比 して 自 分 の 思 いや 考 えを 伝 えることができまし たか の 問 いに 対 する 自 己 評 価 が 低 い 資 料 を 見 ると 生 徒 Cは 第 単 元 で 北 山 さんの 生 き 方 を 知 り 周 りの 人 に 助 けられ て 生 きていることを 忘 れずに 感 謝 しながら 生 きていきたいと 自 分 の 生 き 方 を 考 えることが できている また 友 だちの 意 見 や 考 えを 聞 けたことを 評 価 している 第 単 元 では 岩 崎 さんの 母 の 気 持 ちを 思 いやることができ 岩 崎 さんの 生 き 方 に 感 動 し ている 第 単 元 では 武 田 さんの 気 持 ちを 知 り エイズの 理 解 者 が 増 えれば エイズに 苦 しんでい る 人 たちも 打 ち 明 けていけるのではないかと 考 察 している 第 単 元 では 話 し 合 いにより みんなの 考 えていることや 思 っていることが 分 かったこ とを 評 価 している しかし HIV 感 染 者 の 人 権 課 題 に 対 して 化 への 意 思 を 示 すことは 全 くなかった また 第 単 元 で 使 用 したワークシートには だれにでもエイズに 少 しぐら いは 偏 見 を 持 っていると 思 う だから 私 も 周 りの 人 がエイズになってもそれまでのようには できないんじゃないかと 思 う という 記 述 が 見 られたが その 思 いを 伝 えることはなかった (ウ) 考 察 生 徒 Aは 感 染 者 の 生 き 方 に 出 合 い その 強 さを 知 り 自 分 の 生 き 方 を 考 えることができ ている そして 社 会 の 諸 相 を 知 り 自 分 の 過 ち( 偏 見 や 差 別 性 )に 気 付 き 解 決 していく ことを 課 題 としてとらえ していくことの 大 切 さを 考 えることができている 第 単 元 における 生 徒 Aの 学 習 の 様 子 は あまり 意 欲 的 ではなかった しかし 第 単 元 において 積 極 的 に 発 表 する 様 子 が 見 られた グループの 代 表 となり 意 見 を 発 表 し 評 価 を 得 たこと で 自 信 を 持 って 学 習 できるようになり より 身 近 なこと 自 分 のこととして 考 えることが できていったように 思 われる 生 徒 Bは 感 染 者 の 勇 気 と 精 神 に 出 合 い 自 分 の 生 き 方 を 考 えることができている エイ ズパニックや 感 染 者 の 人 権 侵 害 事 例 について 知 り 新 たな 奇 病 に 対 する 偏 見 や 差 別 パニッ クが 生 じた 時 の 自 分 の 姿 について 考 えを 深 めることができている そして 事 なかれ 型 の 自 分 を 乗 り 越 えるために 学 んでいかなければならないということに 気 付 いている 第 単 元 第 単 元 で 関 心 は 低 下 しているが 自 分 のこととして 深 く 考 えることができている また 自 分 の 思 いや 考 えを 伝 えることができましたか の 問 いに 全 て できた という

11 自 己 評 価 であり よくできた までは 至 っていない しかし 第 単 元 から 積 極 的 に 発 言 する 様 子 が 見 られた 生 徒 Bは 自 ら 図 書 を 読 み 他 の 生 徒 よりもエイズ/HIVについて の 既 得 知 識 があり 思 考 も 深 いことから 生 徒 Bの 課 題 意 識 を 十 分 に 満 足 させる 学 習 となら なかったのでないか そのため 先 生 や 友 だちの 意 見 考 えを 聞 けましたか の 問 いへの 自 己 評 価 が 第 単 元 第 単 元 で 低 下 しているのではないかと 思 われる より 細 やかな 評 価 や 声 かけを 行 うことによって 生 徒 Bの 学 習 意 欲 も 高 まったのではないかと 考 えられる 生 徒 Cは 検 証 授 業 の 中 で 積 極 的 に 発 言 する 様 子 が 見 られず グループでの 話 し 合 いに おいても 自 分 の 思 いを 語 ることが 極 めて 少 なかった 授 業 者 の 声 かけやグループの 励 まし も 発 表 意 欲 を 高 めることができなかった 第 単 元 で 使 用 したワークシートには ふつうにする でもどっかで 抵 抗 がある とメモ があり 記 述 することによって 気 持 ちを 表 現 しているものの 本 音 を 言 葉 にして 人 に 伝 え 意 見 交 換 することができなかったため HIV 感 染 者 にかかわる 人 権 課 題 を 自 分 のこととして 考 え 人 権 侵 害 に 対 して 自 己 の 課 題 を 発 見 することができなかったのではないかと 考 えられ る 生 徒 A Bの 検 証 事 例 から 学 習 プログラムの 有 効 性 はある 程 度 確 認 できる 生 徒 A B は 感 染 者 の 手 記 やメッセージに 出 合 い その 生 き 方 から 偏 見 や 差 別 の 過 ちを 知 り 自 分 の 生 き 方 を 振 り 返 り 社 会 の 実 態 を 知 ることができた その 過 程 で 結 果 として 自 己 を 見 つ め 自 分 の 中 の 偏 見 や 差 別 性 に 気 付 き 解 決 していく 方 法 を 見 付 けることができている このことから 話 し 合 いや 意 見 交 換 といった 学 習 活 動 は HIV 感 染 者 に 関 する 人 権 課 題 を 自 分 のこととしてとらえ 考 えていく 授 業 展 開 として 有 効 であると 言 える しかし メタ に 分 類 される 記 述 内 容 は 少 なく メタ できる 場 面 設 定 が 弱 く 自 己 教 育 力 を 培 うこ とができなかったという 課 題 が 残 る また 生 徒 Cは 自 己 表 現 することが 少 なく HIV 感 染 者 に 関 する 人 権 課 題 を 自 分 と 重 ねて 考 えていると 思 われる 記 述 や 発 表 が 見 られなかった 話 し 合 い 活 動 の 中 で 自 分 の 意 見 を 述 べることが 困 難 な 生 徒 の 気 付 き と 発 見 を 支 援 していくことが 不 十 分 であった 自 由 に 発 言 できる 雰 囲 気 をいかにつくっていくか 本 音 を 語 ることのできる 環 境 づくりや 学 習 の 進 め 方 をいかに 工 夫 していくか そして 話 し 合 い の 場 を 適 切 に 設 定 し 内 容 を 深 めるために 十 分 な 時 間 を 確 保 していくことが 重 要 であるとと もに 自 己 表 現 に 戸 惑 いのある 生 徒 が 安 心 して 思 考 を 深 めることのできる 学 習 展 開 も 必 要 ではなかったかと 思 われる 話 し 合 いのグループを 人 組 を 基 本 にするなど より 少 人 数 での 活 動 が 有 効 なのではないだろうか ウ 事 前 事 後 のアンケート 調 査 から (ア) エイズ/HIVに 対 する 関 心 の 変 化 図 を 見 ると 検 証 授 業 前 に 関 心 がある と 回 答 した 生 徒 は 人 であ ったが 検 証 授 業 後 に 人 に 増 加 して いる 検 証 授 業 前 に あまり 関 心 が ない と 回 答 した 生 徒 は 人 であっ た が 検 証 授 業 後 に は 人 に 検 証 授 業 前 に 関 心 がない と 回 答 し た 生 徒 は 人 であったが 検 証 授 業 後 は 人 に 減 少 した しかし 検 証 授 業 前 も 検 証 授 業 後 も 非 常 に 関 心 がある という 生 徒 はいなかった 検 証 授 業 前, 非 常 に 関 心 がある 検 証 授 業 後, 検 証 授 業 前, 関 心 がある 検 証 授 業 後, 検 証 授 業 前, あまり 関 心 がない 検 証 授 業 後, 検 証 授 業 前, 関 心 がない 検 証 授 業 後, 検 証 授 業 前, わからない 検 証 授 業 後, 図 エイズ/HIVについて 関 心 があります

12 (イ) 学 習 による 意 識 の 変 化 表 を 見 ると の 学 習 を 通 して HIV 感 染 者 の 願 いや 生 き 方 を 理 解 することができ た 及 び の 学 習 を 通 して 偏 見 や 差 別 不 合 理 に 気 付 くことができるようになった の 問 いに 全 員 が はい と 回 答 している 次 に の 学 習 を 通 して 偏 見 や 差 別 をなくすため に 自 分 が 何 をしなければならないかを 理 解 することができはじめた 及 び の 学 習 を 通 して 自 分 の 日 常 生 活 の 中 で 差 別 を 許 さず 自 他 の 人 権 を 大 切 にしなければならないと 思 うよ うになった の 問 いに 人 が はい と 回 答 している 続 いて の 学 習 を 通 して 他 の 人 の 立 場 に 立 って 考 えることができるようになった 及 びの 学 習 を 通 して 他 人 を 認 め 協 力 し 合 いながら 良 い 人 間 関 係 を 築 いていこうと 思 うようになった の 問 いに 人 が はい と 答 えている しかし の 学 習 を 通 して 相 手 の 思 いを 大 切 にしながら 自 分 の 主 張 を 適 切 に 伝 えたり 表 現 することができるようになった の 問 いに はい と 回 答 した 生 徒 は 人 であった また の HIV 感 染 者 を 支 えるボランティア 活 動 があれば 参 加 したいと 思 う の 問 い に はい と 回 答 した 生 徒 は 人 で の 学 習 を 通 して 自 分 の 良 さや 可 能 性 を 見 出 すこと ができるようになった 及 びの 学 習 を 通 して より 良 い 社 会 を 実 現 するために 自 分 のす べきことが 見 つかった の 問 いに はい と 回 答 した 生 徒 は 人 であった 表 事 後 アンケートの 集 計 質 問 項 目 回 答 はい いいえ わからない 学 習 を 通 して 自 分 の 良 さや 可 能 性 を 見 出 すことができるようになった 学 習 を 通 して HIV 感 染 者 の 願 いや 生 き 方 を 理 解 することができた 学 習 を 通 して 他 の 人 の 立 場 に 立 って 考 えることができるようになった 学 習 を 通 して 相 手 の 思 いを 大 切 にしながら 自 分 の 主 張 を 適 切 に 伝 えたり 表 現 するこ とができるようになった 学 習 を 通 して 偏 見 や 差 別 不 合 理 に 気 付 くことができるようになった 学 習 を 通 して 偏 見 や 差 別 をなくすために 自 分 が 何 をしなければならないかを 理 解 す ることができはじめた 学 習 を 通 して 他 人 を 認 め 協 力 し 合 いながら 良 い 人 間 関 係 を 築 いていこうと 思 うように なった 学 習 を 通 して 自 分 の 日 常 生 活 の 中 で 差 別 を 許 さず 自 他 の 人 権 を 大 切 にしなければ ならないと 思 うようになった 学 習 を 通 して より 良 い 社 会 を 実 現 するために 自 分 のすべきことが 見 付 かった HIV 感 染 者 を 支 えるボランティア 活 動 があれば 参 加 したいと 思 う (ウ) エイズ/HIVに 対 するイメージの 変 化 検 証 授 業 前 怖 い 怖 くない 検 証 授 業 後 図 怖 い か 怖 くない か 検 証 授 業 前 遠 い 近 い 検 証 授 業 後 図 遠 い か 近 い か 検 証 授 業 前 死 生 検 証 授 業 後 図 死 か 生 か 絶 望 希 望 検 証 授 業 前 検 証 授 業 後 図 絶 望 か 希 望 か

13 検 証 授 業 前 検 証 授 業 前 検 証 授 業 後 図 偏 見 差 別 か 図 孤 独 仲 間 はずれ か 図 誰 でもかかるおそれがある か 図 話 し 合 い か 平 等 か 連 帯 助 け 合 い か 特 別 な 人 がかかる か タブー か 絶 望 か 希 望 か( 図 ) 誰 でもかかるおそれがある か 特 別 な 人 がかかる か ( 図 )を 問 う 項 目 では 回 答 数 に 変 化 が 見 られなかったが その 他 の 項 目 で イメージの 変 化 があった 偏 見 差 別 か 平 等 か( 図 ) 孤 独 仲 間 はずれ か 連 帯 助 け 合 い か( 図 )を 問 う 項 目 で 検 証 授 業 前 後 に 回 答 数 が 逆 転 している 遠 い か 近 い か( 図 )を 問 う 項 目 では 検 証 授 業 前 に 全 員 が 遠 い と 回 答 して いたが 検 証 授 業 後 には 人 が 近 い と 回 答 している 話 し 合 い か タブー か( 図 ) を 問 う 項 目 では 検 証 授 業 後 に 全 員 が 話 し 合 い と 回 答 している 怖 い か 怖 くない か( 図 ) 死 か 生 か( 図 )を 問 う 項 目 では わずかに 変 化 が 見 られた (エ) 考 察 偏 見 差 別 平 等 図 から 検 証 授 業 前 のエイズ/HIVに 対 する 関 心 の 低 さが 分 かる 関 心 がある 生 徒 は 人 で 関 心 がない( あまり 関 心 がない 及 び 関 心 がない ) 生 徒 が 人 いた 検 証 授 業 後 に 関 心 のある 生 徒 が 人 となり 向 上 は 見 られるものの 関 心 の 持 てなかった 生 徒 や わ からない という 生 徒 もいる また 非 常 に 関 心 がある というレベルまで 達 する 生 徒 がい なかった エイズ/HIVへの 関 心 を 高 めていく 取 組 が 必 要 である 表 から 検 証 授 業 によって エイズ 患 者 /HIV 感 染 者 の 理 解 や 人 権 侵 害 についての 理 解 を 深 めていることが 読 み 取 れる 最 後 の 単 元 で 実 施 した 振 り 返 りシートに 今 回 勉 強 し て 自 分 も 間 違 った 認 識 をしていたことに 気 付 いた 感 染 者 は 誰 にも 言 えないというつら い 環 境 にいるので 私 は 感 染 者 に 打 ち 明 けてもらえるような 人 になりたい また 身 近 に 間 違 った 認 識 をしている 人 がいたら ちゃんと 正 してあげたい という 記 述 や エイズに 対 するイメージは あまり いいイメージじゃなくて 最 初 はこわかったけど 授 業 をしてい くうちにエイズは 怖 くないんだ とか みんなで 助 け 合 って 生 きていかなくちゃ と 思 い ました もし 授 業 を 受 けていなかったら エイズに 対 するイメージはこわいままやったし 近 くにエイズの 人 がいたら 差 別 していたかもしれません という 生 徒 の 記 述 があった その 他 の 生 徒 の 記 述 や 発 表 の 内 容 からも 学 習 プログラムによって 感 染 者 を 理 解 し これまで の 自 分 を 振 り 返 り これからは 偏 見 を 持 たない 差 別 はしないという 意 識 を 高 めることがで きたと 思 う 検 証 授 業 後 検 証 授 業 前 孤 独 仲 間 はずれ 連 帯 助 け 合 い 検 証 授 業 後 誰 でもかかるおそれがある 特 別 な 人 がかかる しかし 表 からは 社 会 への 働 きかけや ボランティア 活 動 への 参 加 について 消 極 的 な 態 度 が 見 られる 今 回 の 授 業 では 地 域 に 訴 えるために 小 旗 を 作 り 公 官 庁 等 の 窓 口 に 掲 示 していただいた 興 味 を 示 してくれた 方 が 何 名 かいらっしゃったということを 聞 いたが その 言 葉 は 直 接 生 徒 には 届 かず 成 果 を 感 じることができなかったのではないかというこ とと プログラム 展 開 の 都 合 上 小 旗 は 時 間 で 作 成 したことなどもあり 十 分 な 取 組 がで きなかったことから 自 分 の が 社 会 を 変 えるという 達 成 感 を 得 るまでに 至 らなかった 検 証 授 業 前 話 し 合 い タブー 検 証 授 業 後

14 と 考 えられる 検 証 授 業 では HIVを 受 け 入 れ 共 に 生 きている 人 々の 手 記 に 出 合 い 振 り 返 りシート の 感 想 に 見 られたように エイズになっている 人 は 強 く 生 きているんだなあと 思 いました という 印 象 が 強 く 残 ったようである しかし 受 け 入 れられないまま 孤 独 の 中 にいる 多 く の 感 染 者 がいる 自 分 が 感 染 したら こんなに 強 く 生 きられない 自 分 が 嫌 いになってしま うかもしれないという 思 いを 生 徒 は 伝 えていた この 思 いを 掘 り 下 げ 社 会 の 偏 見 や 差 別 を 感 じ 病 気 の 恐 怖 にさいなまれながら 生 きている 人 々の 気 持 ちを 想 像 し 共 感 させる 展 開 が 必 要 であったのではないかと 思 う また エイズ 患 者 やHIV 感 染 者 をサポートしている 人 たちの 具 体 的 な 活 動 内 容 や 思 いを 知 り ボランティア 活 動 の 目 的 や 意 義 を 理 解 できる 授 業 内 容 を 充 実 させていくことも 必 要 ではないかと 考 えられる 一 方 自 分 の 価 値 を 認 め 自 己 表 現 できる 姿 を 十 分 に 形 成 できなかった 話 し 合 い 活 動 の 中 で 互 いに 評 価 し 合 える 場 を 意 図 的 に 設 定 していくことが 重 要 ではなかったかと 考 えら れる 図 から 図 を 見 ると エイズ/HIVに 対 するイメージが 変 化 していく 兆 しが 認 められ る しかしながら 怖 い 遠 い 死 絶 望 といったマイナスイメージは 強 く プラス イメージへ 転 換 させていくことは 容 易 ではないということが 分 かった 特 に 怖 い という イメージをいかに 払 拭 していくかが 課 題 であると 思 う エイズ/HIV 感 染 症 は 重 度 の 免 疫 不 全 という 障 害 に 至 る 疾 患 であり 未 だに 完 治 させる 方 法 はなく 長 い 治 療 には スト レスや 多 額 の 費 用 が 伴 う 深 刻 な 病 気 で 一 概 に 怖 くないというものではない しかし 恐 怖 心 が 強 ければ その 対 象 から 遠 ざかろうとする 心 理 が 働 き 無 関 心 になるという 状 況 を 生 じ ることがあると 思 う 生 徒 の 記 述 内 容 から 感 染 者 の 話 やボランティアの 話 を 聞 いて 恐 怖 心 が 和 らぎ 安 心 感 を 抱 くことができていることが 分 かった また 検 証 授 業 後 に 全 員 が 話 し 合 い のイメー ジを 持 ち HIV 感 染 者 に 関 する 人 権 課 題 を 話 し 合 っていくことの 重 要 性 を 受 け 止 めること ができていることからも 更 に 学 習 を 重 ねて 繰 り 返 し 課 題 に 取 り 組 むことで プラスイメ ージへの 転 換 を 図 り 怖 いというイメージを 払 拭 していくことができるのではないかと 考 え られる まとめ 学 習 プログラムによって HIV 感 染 者 の 存 在 を 知 り その 思 いに 触 れ これからは 偏 見 を 持 たな い 差 別 はしないという 意 識 を 高 めることができた また 感 染 者 の 生 き 方 に 学 び 自 分 の 生 き 方 や 家 族 や 友 だち 人 とのより 良 いかかわりについて 振 り 返 ることもできた 自 分 の 中 の 偏 見 や 差 別 性 に 気 付 いた 生 徒 は その 過 ちを 正 そうとし これまでの 無 知 に 気 付 いた 生 徒 は 周 囲 の 理 解 を 深 めるた め しようという 意 思 を 見 せており 自 己 の 課 題 に 気 付 くことで 化 への 意 識 が 高 まることが 確 認 された 話 し 合 いや 意 見 交 換 が 自 分 のこととして 考 えること 自 己 の 課 題 に 気 付 くことに 効 果 があると 考 えられる 一 方 生 徒 の 持 つ 怖 いというイメージを 払 拭 し 関 心 を 高 め 社 会 に 働 きかけようとする 意 欲 を 高 めるためには HIV 感 染 者 との 共 生 社 会 をめざす 学 習 を 中 学 校 の 年 間 を 通 して 計 画 的 に 設 定 し 繰 り 返 し 課 題 に 取 り 組 むことが 有 効 であろうと 考 える 更 に PWA/Hをサポートする 人 々との 出 会 いを 工 夫 することによって イメージの 転 換 を 図 り 社 会 へ 働 きかける 意 欲 を 高 めていくことがで きるのではないかと 思 う しかし 現 実 の 生 活 の 中 で エイズ 患 者 /HIV 感 染 者 の 姿 が 見 えにくいだけでなく サポートし ている 人 々の 姿 も 見 えにくい 偏 見 や 差 別 により 顔 を 隠 さなくてはならないという 現 実 から 患 者 や 感 染 者 を 支 える 人 々の 姿 に 直 接 学 ぶということが 難 しいという 課 題 もある また 性 教 育 の 中 で

15 HIV 感 染 者 とコミュニケーションをとることをねらいに 予 防 教 育 を 学 ぶことや 保 健 体 育 科 において 性 感 染 症 の 一 つとしてエイズを 学 ぶことにより 科 学 的 見 識 が 深 まり 偏 見 や 差 別 を 乗 り 越 えていく 力 を 培 うための 土 壌 づくりができるのではないかと 思 う また 検 証 授 業 の 中 では 社 会 の 一 員 であるという 認 識 を 持 ち 社 会 に 働 きかける 方 法 を 具 体 的 に 提 案 した 年 生 の 姿 が 見 られた 公 民 科 の 学 習 の 成 果 が 表 れていると 思 われる このことから 社 会 科 教 育 との 連 動 も 大 切 であると 思 う 更 に 全 学 年 による 合 同 授 業 は 多 様 な 意 見 の 交 換 があり 思 考 を 深 める 効 果 があった 一 方 で 学 年 に 応 じた 細 やかな 支 援 の 工 夫 も 必 要 であろう 本 研 究 では 学 習 内 容 を 家 庭 に 広 げ 地 域 に 働 きかけることを 大 切 にした 今 後 も 地 域 と 共 に 学 ん でいくという 活 動 を 展 開 していくことが 重 要 であると 考 えている 引 用 文 献 ⑴ 高 知 県 人 権 教 育 のための 国 連 年 高 知 県 計 画 平 成 年 P ⑵ 三 重 県 総 合 教 育 センター エイズ 学 習 における 共 感 能 力 科 学 的 思 考 を 育 てる 教 材 の 開 発 に 関 する 基 礎 的 研 究 平 成 年 P ⑶ 木 村 龍 雄 大 学 における 性 エイズ 講 義 の 内 容 及 び 方 法 の 改 善 に 関 する 研 究 - 性 エイズ 講 義 受 講 者 の 有 無 とエイズ 知 識 態 度 予 測 との 関 連 - 高 知 大 学 教 育 学 部 研 究 報 告 第 部 第 号 平 成 年 P ⑷ 山 梨 八 重 子 エイズの 授 業 づくり()- 差 別 や 偏 見 を 克 服 するための 教 材 授 業 展 開 のあり 方 - お 茶 の 水 女 子 大 学 附 属 中 学 校 研 究 紀 要 第 集 P ⑸ 奥 田 真 丈 河 野 重 男 / 監 修 現 代 学 校 教 育 大 事 典 ぎょうせい 参 考 文 献 高 知 県 教 育 委 員 会 人 権 に 関 する 児 童 生 徒 意 識 調 査 [ 概 要 版 ] 平 成 年 森 実 人 権 総 合 学 習 の 方 法 論 人 権 総 合 学 習 の 実 践 的 展 開 - 視 座 と 方 法 手 法 を 中 心 に 解 放 教 育 五 島 真 理 為 尾 藤 りつ 子 編 著 AIDSをどう 教 えるか 第 版 解 放 出 版 社 池 田 恵 里 子 エイズと 生 きる 時 代 岩 波 新 書 宗 像 恒 次 / 監 修 ポジティブなわたしからあなたへ 東 京 法 規 出 版 平 成 年 田 野 町 エイズ 教 育 ( 性 教 育 ) 推 進 委 員 会 平 成 年 度 田 野 町 エイズ 教 育 ( 性 教 育 ) 推 進 地 域 事 業 研 究 収 録 平 成 年 中 川 喜 代 子 人 権 学 習 ブックレット 偏 見 と 差 別 のメカニズム 明 石 書 店 武 田 淳 打 ち 明 けてくれてありがとう 第 二 部 波 紋 エイズ 教 育 研 究 会 赤 瀬 範 保 あたりまえに 生 きたい-あるエイズ 感 染 者 の 半 生 - 本 馬 書 簡 ロバート サンチェス 父 親 になったジョナサン 大 月 書 店 北 國 新 聞 歳 の 旅 立 ち 薬 害 エイズ 孝 祥 君 の 軌 跡 尾 鋪 恭 一 鮎 川 葉 子 知 っていますか?AIDSと 人 権 一 問 一 答 第 版 解 放 出 版 社 UNAIDS/WHO HIV/AIDS 最 新 情 報 年 末 現 在 吉 原 なみ 子 霜 山 龍 志 専 門 医 が 語 るエイズの 知 識 オーム 社 北 山 翔 子 神 様 がくれたHIV 紀 伊 国 屋 書 店

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19 生 まれ 変 われるとしたら の 理 由 児 童 生 徒 / 保 護 者 小 学 生 男 子 小 学 生 女 子 記 述 より 1 ぜ っ た い 男 2 ど ち ら か と い え ば 男 3 ぜ っ た い 女 4 ど ち ら か と い え ば 女 5 ど ち ら で もいい 今 のままがいい 今 男 だから 運 動 スポーツができる 赤 ちゃんを 産 みたくない 力 が 強 い 今 女 なので

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想 第 3 学 年 5 組 国 語 科 学 習 指 導 案 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 第 5 校 時 戸 田 市 立 笹 目 中 学 校 3 年 5 組 在 籍 生 徒 数 男 子 16 名 女 子 17 名 指 導 者 教 諭 廣 川 隼 志 1 単 元 名 教 材 名 状 況 を 読 む 挨 拶 - 原 爆 の 写 真 によせて 2 単 元 について (1) 指 導 観 まもなく

More information

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ 平 成 25 年 第 1 回 西 海 市 議 会 定 例 会 市 政 一 般 に 対 する 質 問 一 覧 月 日 通 告 順 登 壇 順 氏 名 頁 1 1 平 井 満 洋 議 員 1 2 2 岩 本 利 雄 議 員 1 3 月 4 日 ( 月 ) 3 3 田 川 正 毅 議 員 1 4 4 朝 長 隆 洋 議 員 2 5 5 浅 田 幸 夫 議 員 3 西 海 市 議 会 1. 平 井 満 洋

More information

エ いじめは 大 人 が 気 付 きにくい 形 で 行 われるため, 早 期 発 見 には,ささいな 兆 候 であっても,いじめではないかとの 疑 いをもって, 積 極 的 に 認 知 する オ いじめの 報 告 を 受 けた 場 合, 特 定 の 教 職 員 で 抱 え 込 まず, 組 織 的 に

エ いじめは 大 人 が 気 付 きにくい 形 で 行 われるため, 早 期 発 見 には,ささいな 兆 候 であっても,いじめではないかとの 疑 いをもって, 積 極 的 に 認 知 する オ いじめの 報 告 を 受 けた 場 合, 特 定 の 教 職 員 で 抱 え 込 まず, 組 織 的 に 茨 城 県 立 太 田 第 一 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 では,いじめの 問 題 の 克 服 に 向 けて, いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 以 下 法 と いう ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づき,また いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 と 茨 城 県 いじめ 防 止 基 本 方 針 ( 以 下 県 の 基 本 方 針

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

様式1

様式1 岩 手 県 エイズ 対 策 推 進 プラン 平 成 26 年 2 月 岩 手 県 目 次 1 推 進 プランの 基 本 的 考 え 方 1 2 HIV 感 染 者 及 びエイズ 患 者 の 現 状 と 本 県 の 課 題 3 3 目 標 及 び 重 点 施 策 15 4 具 体 的 な 取 組 17 5 プランを 推 進 するための 各 実 施 主 体 の 役 割 25 1 推 進 プランの 基 本

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

2 学 習 評 価, 工 夫 改 善 のポイント (1) 評 価 を 行 う 際 の 留 意 点 道 徳 教 育 における 評 価 が, 教 師 が 生 徒 の 人 間 的 な 成 長 を 見 守 り, 生 徒 自 身 が 自 己 のよりよい 生 き 方 を 求 めていく 努 力 を 評 価 し,そ

2 学 習 評 価, 工 夫 改 善 のポイント (1) 評 価 を 行 う 際 の 留 意 点 道 徳 教 育 における 評 価 が, 教 師 が 生 徒 の 人 間 的 な 成 長 を 見 守 り, 生 徒 自 身 が 自 己 のよりよい 生 き 方 を 求 めていく 努 力 を 評 価 し,そ 道 徳 1 学 習 指 導 充 実 のポイント 道 徳 の 時 間 の 特 質 を 生 かした 指 導 の 工 夫 学 校 の 教 育 活 動 全 体 を 通 じて 行 う 道 徳 教 育 は, 道 徳 的 行 為 が 生 徒 自 身 の 内 面 から 自 発 的, 自 律 的 に 生 起 するように 道 徳 性 を 育 成 することが 目 標 となる その 要 としての 道 徳 の 時 間 では,

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと 第 6 学 年 学 級 活 動 学 習 指 導 案 日 時 平 成 18 年 11 月 22 日 ( 水 )5 校 時 児 童 6 年 1 組 男 12 名 女 10 名 計 22 名 指 導 者 藤 原 学 1 単 元 名 男 女 の 役 割 について 考 える ~ 自 らしく 生 きる~ 2 単 元 について (1) 児 童 について 児 童 は 明 るく 元 気 で 男 女 仲 よく 協 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B394C5817A8BB3904588F58CFC82AF8A889770834B8343835F83938358>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B394C5817A8BB3904588F58CFC82AF8A889770834B8343835F83938358> ちびまる 子 ちゃんと 学 ぶ 大 切 な3つのお 話 授 業 での 活 用 にあたって はじめに 本 DVDは お 金 の 大 切 さ や 計 画 的 な 使 い 方 について 低 学 年 から 高 学 年 に 至 るまで 幅 広 く 学 んでいただく ことを 目 的 として 作 成 いたしました ちびまる 子 ちゃん を 起 用 した10 分 程 度 のアニメ 動 画 を3 本 収 録 しており

More information

Microsoft Word - h17houtoku.doc

Microsoft Word - h17houtoku.doc 個 人 情 報 の 大 切 さを 認 識 し 個 人 情 報 を 簡 単 に 漏 らさないことが 自 分 を 守 ることにつながると 考 えられる 子 どもの 育 成 を 目 指 して 鳳 徳 小 学 校 奥 山 さおり 1. 子 どもたちにつけたい 力 情 報 化 の 進 展 に 伴 い 学 校 にも 校 内 LAN が 導 入 され 家 庭 にも 情 報 機 器 が 普 及 し 情 報 化 の

More information

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤)

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤) 第 6 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 新 しい 日 本, 平 和 な 日 本 へ ( 東 京 書 籍 ) 2 単 元 について 本 単 元 は, 学 習 指 導 要 領 内 容 (1)ケ 日 華 事 変, 我 が 国 にかかわる 第 二 次 世 界 大 戦, 日 本 国 憲 法 制 定,オリンピック 開 催 などについて 調 べ, 戦 後 我 が 国 は 民 主 的 な 国

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

平成18年度 教職員12年経験者研修

平成18年度 教職員12年経験者研修 中 学 校 美 術 科 2( 平 成 23 年 度 ) 第 2 学 年 美 術 科 学 習 指 導 案 本 時 の 主 張 生 徒 一 人 一 人 が 表 現 力 を 高 めるためには, 自 分 の 作 品 に 自 信 をもち,そのよさを 相 手 に 伝 えたり, 他 者 の 発 想 や 表 現 から 学 んだりすることが 大 切 である 本 時 では, 共 同 で 行 う 創 造 活 動 において,

More information

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO 特 集 2~ 制 働 ~ 10 2009.7 じ イ デ テ ィ テ ィ 立 親 立 春 青 課 直 面 際 実 際 親 離 暮 始 卒 業 後 業 選 択 現 実 迫 中 春 青 統 失 調 疾 患 好 家 族 離 ひ ち 活 気 づ 深 刻 近 複 雑 様 解 鍵 抱 遭 遇 少 友 ち 特 殊 身 周 囲 身 追 二 拡 被 抑 制 ~ 点 ~ 岡 百 広 島 健 准 授 特 集 2~ 制 働

More information

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 アファメーション( 理 想 の 自 己 イメージの 創 造 ) 高 校 (3 年 ) 1 本 時 の 指 導 ( 本 時 は 第 3 時 ) 第 1 時 夢 と 目 標 第 2 時 夢 (ビジョン)をリスト 化 する 第 3 時 目 標 のビジュアル 化 とアファメーション 化 のコツ (1) ねらい 好 きなもの 欲 しいものリストを 作 成 し それをもとにして 理 想 とする 人 間 像 性

More information

10是枝075-080.eca

10是枝075-080.eca 鳴 門 教 育 大 学 授 業 実 践 研 究 - 学 部 大 学 院 の 授 業 改 善 をめざして- 第 15 号 2016 自 ら 学 び 続 ける 児 童 を 支 える 授 業 の 開 発 と 実 践 -- 数 取 りゲームを 題 材 として-- 是 枝 佑 徳 *, 亀 井 光 * *, 亀 谷 直 樹 川 村 俊 貴 *, 黒 田 浩 平 * *, 辻 永 大 地 坪 井 将 史 *,

More information

子どもを守り育てるための体制づくりのための有識者会議(第6回)【資料3】

子どもを守り育てるための体制づくりのための有識者会議(第6回)【資料3】 児 童 生 徒 の 自 殺 に いじめ の 関 わりが 指 摘 されている の 調 査 の 結 果 について. 児 童 生 徒 の 自 殺 に いじめ が 関 わっているのではないかと 指 摘 され ている 内 訳 4 件 ( 小 学 校 :2 件 中 学 校 :0 件 高 等 学 校 :9 件 ) 国 会 審 議 において 指 摘 を 受 けた 28 件 ( 小 学 校 : 件 中 学 校 :25

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 平 成 28 年 度 大 津 市 立 打 出 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 生 徒 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 心 身 ともに 健 やかに 成 長 して くれることを 願 い いじめ は いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格

More information

1 テーマ名 

1 テーマ名  第 4 学 年 キャリア 教 育 展 開 計 画 ( 学 年 複 ) 1 テマ 名 1/2 成 人 式 ~みんなで 夢 を 語 り おう~ 千 葉 市 立 打 瀬 小 学 校 指 導 者 平 林 かおる 2 テマについて 大 人 になることや 成 長 について 興 味 はあるが 積 極 的 に 考 えようという 態 度 はあまりみられない 協 力 的 に 活 動 できるが 自 分 で 決 めることが

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集 第 4 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 9 日 ( 火 曜 日 )10 時 00 分 ~11 時 30 分 〇 開 催 場 所 水 道 部 庁 舎 3 階 会 議 室 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 委 員 長 細 沼 早 希 子 委 員 長 職 務 代 理 者 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育

More information

資料3 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の明確化について(仮案・調整中)

資料3 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の明確化について(仮案・調整中) 幼 児 期 の 終 わりまでに 育 ってほしい 姿 の 明 確 化 について( 仮 案 調 整 中 ) 平 成 2 7 年 1 2 月 2 4 日 教 育 課 程 部 会 幼 児 教 育 部 会 資 料 3 項 目 ( 例 )については 幼 児 期 の 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 について ( 報 告 )( 平 成 22 年 11 月 11 日 )における

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 一 部 地 域 医 療 に 関 しての 意 識 調 査 報 告 発 表 / 暮 らし 満 足 度 向 上 委 員 会 1 いわきの 医 療 環 境 改 善 へ 向 け 市 民 医 療 従 事 者 双 方 へのアンケートを 実 施 本 年 7 月 から8 月 末 にかけて 下 記 のアンケートを 実 施 A: 市 民 への 医 療 環 境 意 識 調 査 回 答 数 :610 件 B: 医 療 機

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

Taro-学校いじめ防止基本方針大津

Taro-学校いじめ防止基本方針大津 鳴 門 市 大 津 西 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 (1) 教 育 活 動 全 体 を 通 じ, 全 ての 児 童 に いじめは 決 して 許 されない ことの 理 解 を 促 し, 児 童 の 豊 かな 情 操 や 道 徳 心, 自 分 の 存 在 と 他 人 の 存 在 を 等 しく 認 め,お 互 いの 人 格

More information

主 な 活 動 は4つで1サポート 事 業 2 普 及 啓 発 事 業 3 提 言 事 業 4 調 査 事 業 提 言 活 動 は 社 会 的 影 響 の 大 きい 議 員 等 の 不 適 切 発 言 に 対 する 要 望 避 難 所 での 配 慮 申 し 入 れ 等 調 査 研 究 では 2011

主 な 活 動 は4つで1サポート 事 業 2 普 及 啓 発 事 業 3 提 言 事 業 4 調 査 事 業 提 言 活 動 は 社 会 的 影 響 の 大 きい 議 員 等 の 不 適 切 発 言 に 対 する 要 望 避 難 所 での 配 慮 申 し 入 れ 等 調 査 研 究 では 2011 第 3 回 神 戸 市 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 有 識 者 検 討 会 会 議 録 要 旨 会 議 次 第 開 会 議 題 (1) 性 の 多 様 性 について 報 告 (2) 意 見 交 換 閉 会 日 時 : 平 成 27 年 8 月 3 日 ( 月 )13:00~15:00 場 所 : 市 役 所 2 号 館 2 階 2022 会 議 室 出 席 者 ( 委 員

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3 平 成 27 年 度 堺 市 障 害 者 自 立 支 援 協 議 会 第 4 回 障 害 当 事 者 部 会 日 時 場 所 出 席 者 欠 席 者 ゲスト 参 加 事 務 局 議 事 概 要 平 成 27 年 7 月 22 日 ( 水 ) 14:30~16:30 堺 市 総 合 福 祉 会 館 5 階 第 2 研 修 室 前 田 白 石 丸 野 茅 原 辻 本 乕 田 野 崎 川 渕 松 本 梅

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc)

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc) 別 紙 1 パワー ハラスメントの 防 止 のために 職 員 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 パワー ハラスメント( 以 下 パワハラ という )をしないようにするため に 職 員 が 認 識 すべき 事 項 1 意 識 の 重 要 性 パワハラをしないようにするためには 職 員 一 人 一 人 が 次 の 事 項 の 重 要 性 について 十 分 認 識 しなければならない

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

宮 沢 賢 治 は そのわずか4カ 月 前 に( 大 正 11 年 11 月 末 ) 彼 の 作 品 の 最 大 の 理 解 者 であった 妹 トシを 亡 くしている 賢 治 は 妹 の 死 という 深 い 悲 しみに 出 会 い それでも 何 とか 悲 しみを 乗 り 越 え 人 生 を 肯 定

宮 沢 賢 治 は そのわずか4カ 月 前 に( 大 正 11 年 11 月 末 ) 彼 の 作 品 の 最 大 の 理 解 者 であった 妹 トシを 亡 くしている 賢 治 は 妹 の 死 という 深 い 悲 しみに 出 会 い それでも 何 とか 悲 しみを 乗 り 越 え 人 生 を 肯 定 研 究 ノート 読 解 力 を 育 てる 学 習 指 導 の 在 り 方 Guiding Elementary School Students to Develop Reading Competence 吉 田 人 史 水 田 聖 一 YOSHIDA Hitoshi MIZUTA Seiichi はじめに 本 稿 では 文 学 的 文 章 の 読 解 力 を 育 てる 学 習 指 導 の 在 り 方

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計 本 市 で は 国 の 健 康 増 進 計 画 で あ る 健 康 日 本 21 愛 知 県 の 健 康 日 本 21あ い ち 計 画 を 受 け て 第 1 次 健 康 増 進 計 画 を 策 定 し 平 成 15 年 度 から 平 成 25 年 度 まで また 食 育 推 進 計 画 についても 食 育 基 本 法 に 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 まで それぞれ

More information

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上 説 明 的 な 章 批 判 的 に 読 む 児 童 育 てる 高 学 年 国 語 科 学 習 指 導 - 焦 点 化 した 課 題 追 究 する 評 価 読 み 通 して- 教 育 指 導 部 教 科 教 育 班 長 期 派 遣 研 修 員 ( 吉 富 町 立 吉 富 小 学 校 教 諭 坂 山 利 1 研 究 主 題 について 説 明 (1 主 題 意 味 ア 主 題 について 説 明 的 な 章

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63> 2 ヶ 月 目 のまとめ: 質 問 への 回 答 より 抜 粋 ================================================== その3:もっと 知 りたいことや 疑 問 点 質 問 など 前 半 部 分 で 変 化 への 恐 怖 という 感 情 が 挑 戦 しなくていい 方 法 を 色 々と 探 し 出 す ということを 言 われていましたが 1か 月 目 のテ

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

平 成 25 年 10 月 30 日 関 東 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 (6か 月 )について 関 東 経 済 産 業 局 は ネックレスや 指 輪 等 ジュエリーの 訪 問 販 売 を 行 ってい た 株

平 成 25 年 10 月 30 日 関 東 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 (6か 月 )について 関 東 経 済 産 業 局 は ネックレスや 指 輪 等 ジュエリーの 訪 問 販 売 を 行 ってい た 株 News Release 平 成 25 年 10 月 30 日 消 費 者 庁 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 について 本 日 関 東 経 済 産 業 局 が 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 を 実 施 しましたので 公 表 します 本 件 は 特 定 商 取 引 法 第 69 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 消 費 者 庁 長 官 の 権 限

More information

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました H27 年 9 月 23 日 開 催 ピアサポート ( 於 ) 金 沢 大 学 角 間 の 里 今 回 のテーマ 高 校 卒 業 と 自 己 受 容 はじめに: 今 回 のテーマに 自 己 受 容 を 取 り 上 げたことについて 知 的 な 遅 れのない 発 達 障 害 を 持 つ 人 の 多 くは 早 ければ 園 児 の 時 に また 遅 くとも 学 業 対 人 関 係 な どが 複 雑 になる

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

学校いじめ防止基本方針」(例)

学校いじめ防止基本方針」(例) 山 形 市 立 第 九 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 はじめに いじめはどの 子 供 にも 起 こりうる どの 子 供 も 被 害 者 にも 加 害 者 にもなりうるとい う 事 実 を 踏 まえ 児 童 の 尊 厳 を 保 持 することを 目 的 に 教 育 委 員 会 学 校 地 域 住 民 家 庭 その 他 の 機 関 及 び 関 係 者 との 連 携 のもと いじめ 問 題

More information

<5461726F2D90948A772894E497E182C694BD94E497E1298EF68BC688C42E6A>

<5461726F2D90948A772894E497E182C694BD94E497E1298EF68BC688C42E6A> 数 学 科 学 習 指 導 案 1. 倶 知 安 町 立 東 陵 中 学 校 校 内 研 究 日 時 : 平 成 17 年 11 月 30 日 第 5 校 時 生 徒 : 1 年 B 組 男 子 18 名 女 子 16 名 計 34 名 授 業 者 : 教 諭 伏 間 達 郎 教 諭 三 浦 真 嗣 研 究 主 題 生 徒 が 真 剣 に 取 り 組 む 授 業 の 創 造 ~ 基 礎 基 本 の

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

Microsoft Word - ○資料.doc

Microsoft Word - ○資料.doc 資 料 資 料 1 志 免 中 志 免 東 中 への 子 どもの 権 利 に 関 するアンケート 自 由 記 述 資 料 2 人 権 教 育 学 習 講 演 後 のアンケート 自 由 記 述 その 他 志 免 町 子 どもの 権 利 相 談 室 SK²S(スキッズ) チラシ 小 学 生 用 志 免 町 子 どもの 権 利 相 談 室 SK²S(スキッズ) チラシ 中 高 生 用 SK²S(スキッズ)

More information

Microsoft Word - 160329 健康づくり総合計画【確定】

Microsoft Word - 160329 健康づくり総合計画【確定】 基 本 目 標 2 すべての の 切 れ 目 ない 健 康 づくりを 支 援 します 基 本 目 標 2 すべての の 切 れ 目 ない 健 康 づくりを 支 援 します 基 本 的 な 考 え 方 母 保 健 は すべての どもが 健 やかに 成 長 していくうえでの 健 康 づくりの 出 発 点 であ り 次 世 代 を 担 う どもたちを 健 やかに 育 てるための 基 盤 なります 安 心

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

11 市 内 女 性 40 歳 代 班 回 覧 チラシ 議 会 報 告 会 を 定 期 的 に 開 催 してほしい 子 どもたちの 長 期 的 な 健 康 調 査 地 域 内 でのWBC 検 査 尿 検 査 甲 状 腺 エコー 検 査 を 実 施 してほしい 食 品 検 査 はわかりやすく 発 表

11 市 内 女 性 40 歳 代 班 回 覧 チラシ 議 会 報 告 会 を 定 期 的 に 開 催 してほしい 子 どもたちの 長 期 的 な 健 康 調 査 地 域 内 でのWBC 検 査 尿 検 査 甲 状 腺 エコー 検 査 を 実 施 してほしい 食 品 検 査 はわかりやすく 発 表 平 成 24 年 8 月 議 会 報 告 会 アンケート 集 計 票 回 収 率 65.6%(65 人 / 参 加 者 99 人 ) 住 まい 性 別 年 齢 1 市 内 女 性 60 歳 代 班 回 覧 チラシ 分 かりやすかった 2 市 内 女 性 60 歳 代 ホームページ 市 に 望 むことを 議 員 にぶつけていたように 思 う 市 と 議 会 の 報 告 会 の 違 いを 説 明 し 開

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

1 学 期 の 終 業 式 での 話 題 夏 休 みを 迎 えるにあたって ( 予 定 ) け 健 康 安 全 に 注 意 すること じ 自 分 のことだけではなく 家 族 の 一 員 として 生 活 すること め めあてをもって 学 習 すること 昨 年 からみんなが 続 けている 私 たちにでき

1 学 期 の 終 業 式 での 話 題 夏 休 みを 迎 えるにあたって ( 予 定 ) け 健 康 安 全 に 注 意 すること じ 自 分 のことだけではなく 家 族 の 一 員 として 生 活 すること め めあてをもって 学 習 すること 昨 年 からみんなが 続 けている 私 たちにでき 平 成 24 年 6 月 29 日 千 代 田 区 立 お 茶 の 水 小 学 校 校 長 山 田 茂 利 http://www.ochanomizu-e.ed.jp/ 4 梅 雨 の 晴 れ 間 プールから 子 どもたちの 歓 声 が 聞 こえてきます 過 日 は 学 校 公 開 にご 来 校 賜 りありがとうございました 子 どもたちの 一 日 一 日 の 積 み 重 ねの 様 子 をご 覧 いただけたかと

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部 兵 庫 県 マスコット はばタン 兵 庫 県 立 加 古 川 北 高 等 学 校 公 共 推 進 室 はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

More information

女を自分にベッタリ依存させる方法

女を自分にベッタリ依存させる方法 こんにちは 古 賀 です あなたは 好 きな 女 性 気 になる 女 性 に 依 存 されたいと 思 いますか? あなた 無 しじゃ 生 きられない と 言 われて ベッタリ 依 存 され 頼 りまくられたいと 思 いますか? まあ 人 によってはウザイと 言 う 人 もいるかもしれませんが ほとんどの 男 性 が 気 になる 女 性 か ら 依 存 されたいと 思 っているのではないかと 思 います

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権 J 04 1 2 3 4 4 1 世 の 中 には 男 と 女 しか いない? 性 的 指 向 には いろいろな 形 があります 異 性 を 愛 す る 人 だけではなく 同 性 愛 や 両 性 愛 の 人 もいます また 性 の 自 己 認 識 こころの 性 と 生 物 学 的 な 性 か らだの 性 が 違 うと 感 じて さまざまな 葛 藤 が 生 じる 性 同 一 性 障 害 の 人 々もいます

More information

Taro-★第2章(P80-P87).jtd

Taro-★第2章(P80-P87).jtd 人 権 課 題 を 解 決 するために 対 象 者 保 護 者 や 成 人 一 般 20 人 ~40 人 程 度 ね ら い 関 連 する 視 点 課 題 (80 分 ) 同 和 問 題 模 擬 面 接 を 通 して 本 人 の 責 任 とは 何 ら 関 わりのない 出 生 地 やその 人 のおかれ ている 家 庭 環 境 あるいは 思 想 や 信 仰 などを 調 査 したり これらを 採 用 の

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編)

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編) Kei 式 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 ) 第 1~2 話 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 - 全 14 話 ) 前 書 き: この 物 語 は 行 政 法 の 中 でも 行 政 手 続 法 行 政 不 服 審 査 法 行 政 事 件 訴 訟 法 を 中 心 に 行 政 争 訟 の 流 れを 楽 し んでお 読 みになれるようつくられた 物 です 問 題 集 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A> 平 成 25 年 度 第 2 回 教 育 関 係 者 懇 談 会 発 言 要 旨 ( 教 員 ) 開 催 日 時 : 平 成 25 年 10 月 16 日 ( 水 )10:00~14:50 場 所 : 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 参 加 者 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 教 職 員 ( 外 国 語 指 導 助 手 ) 藤 枝 市 教 育 会 指 導 主 事 県 教 育 会 教

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378> 東 日 本 大 震 災 前 後 のコミュニティに 対 する 考 え 方 の 変 化 1. 目 的 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 地 域 ではこれまであった 地 域 ごとのコミュニティが 崩 壊 し 被 災 者 は 新 しい 生 活 を 余 儀 なくされた 自 宅 を 再 建 する 者 や 避 難 していく 者 など そ れぞれが 意 志 決 定 を 行 い 新 しい 環 境 でのコミュニティの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 立 教 大 学 経 済 学 部 2014 年 度 スタディサポートプログラム 実 施 報 告 Ⅰ. 実 施 概 要 キャリア 教 育 運 営 委 員 会 実 施 目 的 : 1. 新 入 生 が 高 校 までの 学 び 方 と 大 学 での 学 び 方 の 違 いを 知 り 大 学 での 学 びに 期 待 と 意 欲 を 持 つ 2. 新 入 生 が 経 済 学 部 の 先 輩 の 姿 を 見 て

More information

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】 平 成 25 年 度 基 礎 基 本 習 得 のための 実 践 研 究 事 業 技 術 家 庭 科 ( 家 庭 分 野 ) 公 開 授 業 授 業 者 安 中 市 立 第 二 中 学 校 土 屋 真 美 教 諭 11 月 26 日 ( 火 ) 第 5 校 時 1 年 6 組 (30 名 ) 県 内 の 小 中 学 校 の 先 生 方 や 群 馬 大 学 の 学 生 さん 等 70 名 を 超 える

More information

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx 1. 木 育 とは 何 か 木 育 は 幼 児 期 から 原 体 験 としての 木 材 との 関 わりを 深 め 豊 かなく らしづくり 社 会 づくり そして 森 づくりに 貢 献 する 市 民 の 育 成 をめざす 活 動 です 例 えば 以 下 に 示 すような 活 動 は 代 表 的 な 木 育 の 活 動 です 木 育 の 活 動 は 非 常 に 多 様 であり そして 学 習 対 象 の

More information

秋田県 能代市 東雲中学校区

秋田県 能代市 東雲中学校区 秋 田 県 能 代 市 東 雲 中 学 校 区 学 校 名 在 籍 者 数 学 級 数 東 雲 中 学 校 251 名 10(1) 向 能 代 小 学 校 401 名 17(4) 朴 瀬 小 学 校 22 名 3( 0 ) 竹 生 小 学 校 28 名 5( 1 ) 学 級 数 の( )は 特 別 支 援 学 級 数 を 内 数 として 記 入 実 態 把 握 課 題 目 標 取 組 点 検 見 直

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 授 業 中 におけるコーディネートの 在 り 方 について 1 コーディネートはなぜ 必 要 なのか 調 査 研 究 チーム (1) 授 業 において 目 指 すべきもの 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 をはじめ 様 々な 調 査 から 本 県 の 子 どもたちに 必 要 なことは 次 の 3つであると 考 えられる そのうち 2 3については 主 に 道 徳 や 特 活 で 取 り 上 げられ

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

あなたは 今 彼 氏 彼 がいますか? 交 際 相 がいるのは 男 ともに 3 分 の 1 という 結 果 に! 上 司 または 先 輩 から 質 問 されたら 交 際 相 がいる 事 を 答 えますか? 新 社 会 人 の 3 分 の 2 は 交 際 相 がおらず 恋 愛 に 淡 だと 思 われる

あなたは 今 彼 氏 彼 がいますか? 交 際 相 がいるのは 男 ともに 3 分 の 1 という 結 果 に! 上 司 または 先 輩 から 質 問 されたら 交 際 相 がいる 事 を 答 えますか? 新 社 会 人 の 3 分 の 2 は 交 際 相 がおらず 恋 愛 に 淡 だと 思 われる 2015 年 3 月 30 編 集 発 2015 年 4 月 に 新 社 会 人 になる 独 男 の 職 場 恋 愛 に 関 する 意 識 調 査 新 社 会 人 を 受 け 入 れる 先 輩 にとってはショックな 結 果!? 若 者 の 3 分 の 2 が 同 じ 職 場 の 上 司 または 先 輩 と 恋 愛 をしたくない と 回 答 そもそも 男 ともに 新 社 会 人 の 約 半 数 が 職

More information