Center News 125.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Center News 125.indd"

Transcription

1 Vol.33 No.3, センターニュース 分 析 機 器 解 説 シリーズ(125) 進 化 する 超 解 像 レーザー 顕 微 鏡 P1 ライカマイクロシステムズ 株 式 会 社 ライフサイエンス 事 業 本 部 田 中 晋 太 朗 トピックス イオン 液 体 の 電 子 顕 微 鏡 への 応 用 P6 株 式 会 社 日 立 ハイテクノロジーズ 中 澤 英 子 坂 上 万 里 塩 野 正 道 分 析 機 器 解 説 シリーズ(125) 進 化 する 超 解 像 レーザー 顕 微 鏡 ライカマイクロシステムズ 株 式 会 社 ライフサイエンス 事 業 本 部 田 中 晋 太 朗 1 はじめに 近 年 従 来 の 光 学 顕 微 鏡 における 回 折 限 界 を 超 え る 超 解 像 顕 微 鏡 の 開 発 が 進 み ライフサイエンス 研 究 分 野 での 超 解 像 イメージングの 応 用 範 囲 が 飛 躍 的 に 広 がりを 見 せている 光 学 顕 微 鏡 による 観 察 では 平 面 方 向 での 理 論 分 解 能 は200nmであることが 知 られ ているが 種 々の 超 解 像 技 術 を 用 いることにより 現 在 20nm~120nmの 高 分 解 能 での 観 察 が 可 能 であ る STED 顕 微 鏡 は 誘 導 放 出 抑 制 を 原 理 とし ホワイ トライトレーザーやゲート 検 出 を 始 めとした 先 端 光 学 技 術 を 搭 載 することにより 超 解 像 を 実 現 した 機 器 で あり 神 経 科 学 や 細 胞 生 物 学 分 野 などで 広 く 活 用 され ている 微 鏡 を 基 本 構 成 としており 試 料 上 を 励 起 レーザーが 走 査 することでイメージングを 行 う このとき ドー ナツ 状 に 形 成 されたSTEDレーザーを 走 査 スポット に 重 なるよう 同 時 に 照 射 すると STEDレーザーが 照 射 された 範 囲 に 存 在 する 蛍 光 分 子 は 誘 導 放 出 により 蛍 光 を 発 することなく 強 制 的 に 基 底 状 態 に 戻 る この ように ドーナツの 中 心 部 の 小 さなスポットからのみ 蛍 光 シグナルを 得 ることで より 高 分 解 能 の 超 解 像 共 焦 点 画 像 を 得 ることが 可 能 となる ( 図 1) 2 STED 顕 微 鏡 の 原 理 超 解 像 を 実 現 するためのSTED 顕 微 鏡 の 原 理 は 非 常 にシンプルである STED 顕 微 鏡 は 共 焦 点 レーザー 顕 図 1.STED 顕 微 鏡 の 光 学 系 図 2にSTED 顕 微 鏡 のフォーカルスポットにおける 蛍 光 と 誘 導 放 出 の 発 生 状 況 を 示 す 左 図 は 蛍 光 の 発 生 メカニズムを 示 した 図 である 基 底 状 態 (S 0 )に (1)

2 分 析 機 器 解 説 シリーズ(125) ある 蛍 光 分 子 は 励 起 光 (hν exc. )によって 励 起 され よ りエネルギー 順 位 の 高 い 励 起 状 態 (S 1 )へと 移 動 す る 蛍 光 分 子 は 一 定 時 間 励 起 状 態 に 留 まった 後 励 起 光 により 得 られたエネルギーを 放 出 して 元 の 基 底 状 態 へと 戻 る この 時 に 放 出 されるエネルギーが 蛍 光 (hν em. )であり この 蛍 光 を 検 出 することで 蛍 光 顕 微 鏡 によるイメージングが 可 能 となる 一 方 右 図 は 誘 導 放 出 のメカニズムを 示 している 励 起 状 態 にあ る 蛍 光 分 子 に 対 してあるエネルギーを 持 つ 波 長 の 光 (hν STED )を 照 射 すると 蛍 光 分 子 は 照 射 された 光 と 同 じ 波 長 かつ 同 じ 位 相 の 光 を 放 出 し 蛍 光 を 発 する ことなく 基 底 状 態 へと 戻 る STEDレーザーが 照 射 さ れるフォーカルスポットの 周 辺 部 では 誘 導 放 出 が 起 こ ることで 蛍 光 の 発 生 が 抑 制 される 誘 導 放 出 はレー ザーの 発 振 原 理 として 一 般 に 知 られており 入 射 光 を 誘 導 放 出 により 増 幅 することで 波 長 位 相 進 行 方 向 が 同 一 で 高 出 力 の 光 を 放 出 することが 可 能 となる (LASER = light amplification by stimulated emission of radiation, 誘 導 放 出 による 光 の 増 幅 ) 図 2.STED 顕 微 鏡 のフォーカルスポットにおける 蛍 光 と 誘 導 放 出 の 発 生 STED 顕 微 鏡 における 分 解 能 は Stefan Hellが 1994 年 に 発 表 した 論 文 中 で 改 編 したアッベの 方 程 式 から 近 似 的 に 求 めることが 可 能 である 下 記 の 式 にお いて n は 屈 折 率 α は 最 大 入 射 角 の1/2 λ はSTEDレーザーの 波 長 を 示 す I はSTED STED 顕 微 鏡 の 分 解 能 計 算 式 レーザー 光 の 出 力 I S は 蛍 光 試 薬 STEDの 波 長 および 検 出 ゲートに 関 係 する 固 有 のパラメータを 示 す この 式 から STEDにおける 解 像 度 は STED レーザーの 強 度 に 依 存 することが 分 かる( 図 3) STED 顕 微 鏡 のフォーカルスポットで 得 られる 蛍 光 分 子 は 図 4 右 上 にある 蛍 光 寿 命 分 布 を 示 しており この 蛍 光 寿 命 分 布 はスポット 周 辺 部 ( 青 )の 蛍 光 寿 命 が 中 心 部 ( 赤 )と 比 較 して 短 いことを 示 している ス ポット 周 辺 部 ではSTEDレーザーによる 誘 導 放 出 が 起 こり 蛍 光 分 子 が 励 起 状 態 から 基 底 状 態 に 戻 る 確 率 が 高 くなるため 中 心 部 と 比 較 して 蛍 光 寿 命 が 短 くなる と 推 測 される この 蛍 光 寿 命 の 差 を 利 用 して 励 起 し た 瞬 間 から 時 間 間 隔 を 設 けて 蛍 光 を 検 出 することによ り 周 辺 部 の 蛍 光 シグナルを 排 除 し 中 心 部 のより 小 さ な 蛍 光 スポットのみを 検 出 する つまり 分 解 能 をよ り 向 上 することが 可 能 となる( 図 5) 図 3.STEDレーザーの 強 度 と 分 解 能 の 関 係 模 式 図 検 出 のタイミングをコントロールするためには パルス 発 振 レーザーと ゲート 検 出 機 能 を 持 った 検 出 器 を 組 み 合 わせることが 必 要 となる STED 顕 微 鏡 では ホワイトライトレーザーと 超 高 感 度 検 出 器 Hybrid Detector(HyD, 図 6)を 導 入 することによ (2)

3 分 析 機 器 解 説 シリーズ(125) 図 4.フォーカルスポット 上 での 蛍 光 寿 命 分 布 とゲート 検 出 図 5.ゲート 検 出 のタイミングと 分 解 能 の 関 係 (DNA origami 70nm distance) り 励 起 パルスから 任 意 の 時 間 間 隔 を 設 けて 蛍 光 シグ ナルを 検 出 することを 可 能 としている 従 来 のSTED 顕 微 鏡 では80nm 程 度 の 平 面 分 解 能 を 得 ることができるが ゲート 検 出 を 用 いたGated STED 顕 微 鏡 では 50nm 以 下 の 平 面 分 解 能 を 実 現 し ている また ゲート 検 出 を 用 いることにより 従 来 のSTEDレーザー 光 の1/10の 出 力 で100nm 以 下 の 分 解 能 を 得 ることができるため 生 細 胞 への 光 障 害 を 抑 えた 超 解 像 ライブセルイメージング 実 験 が 可 能 とな る 図 6.Leica Microsystems 社 製 ホワイトライトレーザー( 左 ) と 超 高 感 度 検 出 器 HyD( 右 ) 3 次 世 代 STED 顕 微 鏡 STED 顕 微 鏡 の 最 新 機 種 であるSTED 3X 顕 微 鏡 ( 図 7)では 従 来 のXY 平 面 での 超 解 像 に 加 えて Z 図 7.Leica Microsystems 社 製 TCS SP8 STED 3X 装 置 外 観 軸 方 向 での 超 解 像 を 実 現 し 三 次 元 での 超 解 像 観 察 を 可 能 としている 図 8はSTED 3Xモジュール 内 部 光 学 系 の 模 式 図 である STEDレーザーは 光 路 上 で 分 岐 されて XY Vortex 位 相 フィルターおよびZ Donut 位 相 フィルターを 通 過 し XY 平 面 Z 軸 方 向 の 超 解 像 に 適 した 形 状 となる Smart STEDウィザード ( 図 9)に 搭 載 された 3つのスライダーを 操 作 する ことで 試 料 および 研 究 目 的 に 適 したフォーカルボ リューム(PSF)を 任 意 に 得 ることが 可 能 となり 従 来 のXY 方 向 での50nm 以 下 の 分 解 能 に 加 えて Z 方 向 で の130nm 以 下 の 分 解 能 を 実 現 している ( 図 10) (3)

4 分 析 機 器 解 説 シリーズ(125) 図 8.STED 3Xモジュール 内 部 光 学 系 図 9.Smart STEDウィザード 調 整 画 面 1 取 得 するPSFのサイズ 調 整 ( 左 ) 2PSFの 縦 軸 / 横 軸 比 の 調 整 ( 右 ) 3 画 像 s/n 比 (コントラスト)の 調 整 ( 下 部 ) スライダー 調 整 の 結 果 取 得 される 画 像 の 予 測 分 解 能 が 中 央 の PSF 模 式 図 に 反 映 される 図 10. 共 焦 点 STED 3Xでの 点 増 分 布 関 数 (PSF)の 模 式 図 ( 左 ) 共 焦 点 ( 中 央 左 )XY STED 100% ( 中 央 右 )3D STED 100% ( 右 )3D STED 60% 画 像 例 1.HeLa 細 胞 Histone H3 ( 左 ) 共 焦 点 ( 中 央 )XY STED ( 右 )3D STEDでのXY 平 面 およびZ 断 層 画 像 また STEDレーザーの 波 長 ラインを 追 加 すること により マルチカラー 超 解 像 イメージングを 容 易 にし ている 660nm 波 長 のSTEDレーザーを 搭 載 するこ とにより 従 来 の 緑 蛍 光 波 長 域 に 加 えて 赤 蛍 光 波 長 領 域 の 蛍 光 試 薬 を 用 いてのSTEDイメージングに 対 応 をしている( 図 11) 従 来 の592nm 波 長 のSTED (4)

5 分 析 機 器 解 説 シリーズ(125) レーザーとの 同 時 搭 載 も 可 能 で ナノスケールでの 共 局 在 試 験 や 様 々な 分 子 間 相 互 作 用 をより 詳 細 に 観 察 することが 可 能 である 今 後 新 たに775nm 波 長 の STEDレーザーの 追 加 も 予 定 されており 多 様 な 蛍 光 試 薬 を 組 み 合 わせることが 可 能 となるため STED 顕 微 鏡 による 超 解 像 イメージングの 応 用 範 囲 がさらに 拡 大 すると 推 測 される 図 11.STED 3Xで 対 応 が 可 能 となる 蛍 光 色 素 の 例 画 像 例 2. 共 焦 点 画 像 ( 左 )とSTED 3X( 右 )との 比 較 HeLa 細 胞 の3 重 染 色 :NUP153 (Alexa532, 緑 ) Clathrin (TMR, 赤 ) Actin (Alexa488, 白 ) 4 おわりに 本 稿 では 進 化 を 続 ける 超 解 像 レーザー 顕 微 鏡 につ いて 紹 介 をした 従 来 は 電 子 顕 微 鏡 を 用 いて 観 察 を していた 極 めて 微 細 な 細 胞 内 小 器 官 や 構 造 を 超 解 像 レーザー 顕 微 鏡 により 生 きた 細 胞 下 において 観 察 する ことが 可 能 となる また 蛍 光 相 関 分 光 法 (FCS) と 組 み 合 わせることで 回 折 限 界 を 超 えた 極 小 領 域 で の 一 分 子 の 動 態 解 析 が 可 能 となるなど 超 解 像 技 術 に よる 応 用 範 囲 はイメージングのみならず 多 様 なライ フサイエンス 研 究 分 野 にて 今 後 も 発 展 を 続 けていくこ とが 期 待 される 参 考 文 献 1. S. W. Hell & J. Wichmann, "Breaking the diffraction resolution limit by stimulated emission: stimulated-emission-depletion fluorescence microscopy "Optics letters 19, (1994) 2. K. I.Willig, B. Harke, R. Medda & S. W. Hell "STED microscopy with continuous wave beams "Nature methods 4, , doi: /nm eth1108 (2007) 3. Vicidomini, G. et al. "Sharper low-power STED nanoscopy by time gating." Naturemethods 8, (2011) (5)

6 トピックス イオン 液 体 の 電 子 顕 微 鏡 への 応 用 株 式 会 社 日 立 ハイテクノロジーズ 中 澤 英 子 坂 上 万 里 塩 野 正 道 1.はじめに イオン 液 体 は 塩 化 ナトリウムと 同 様 カチオン ( 陽 イオン)とアニオン( 陰 イオン)から 構 成 された 塩 の 一 種 ですが 通 常 の 塩 とは 異 なり 常 温 下 で 液 体 で ほとんど 蒸 発 しないこと イオン 導 電 性 が 高 いの で 電 気 をよく 通 すこと さらに 構 成 イオン 種 を 変 え ると 色 々な 性 質 を 持 ったイオン 液 体 が 合 成 できること など 通 常 の 液 体 とは 異 なったユニークな 物 質 とし て 多 くの 分 野 から 注 目 されています 電 子 顕 微 鏡 で のイオン 液 体 の 利 用 は 大 阪 大 学 工 学 部 桑 畑 教 授 らの チームがイオン 液 体 を 最 初 にSEM 観 察 したことに 始 まります 1-3) 更 なる 電 子 顕 微 鏡 の 応 用 拡 大 を 目 的 として 我 々は2006 年 から 桑 畑 研 と 共 同 研 究 を 進 め 生 物 組 織 や 高 分 子 材 料 などの 観 察 に 応 用 してきま した 4,5) 本 稿 ではイミダゾリウム 系 イオン 液 体 の 適 用 例 をはじめ 最 近 開 発 した 電 子 顕 微 鏡 用 イオン 液 体 HILEM IL1000( 以 下 IL1000)とその 応 用 例 を 紹 介 します 2.イオン 液 体 IL1000の 特 長 電 子 顕 微 鏡 ではイオン 導 電 性 が 高 いというイオン 液 体 の 性 質 に 着 目 して 絶 縁 材 料 などのSEM 観 察 で 生 じるチャージアップを 防 止 するための 導 電 性 付 与 剤 として 用 いられています イミダゾリウム 系 イオ ン 液 体 はフッ 素 を 含 んでいるため 取 扱 いには 注 意 が 必 要 ですが IL1000 (Ethyl(2-hydroxyethyl) dimethylammonium methanesulfonate)は 必 須 栄 養 素 の 一 種 であるコリンの 分 子 形 状 を 模 倣 して 合 成 されたものなので 安 全 性 が 高 く 水 によく 溶 解 す る 性 質 を 有 しています 表 1 及 び2にIL1000の 物 理 的 および 化 学 的 性 質 と 有 害 性 情 報 を 示 します 表 1 電 子 顕 微 鏡 用 イオン 液 体 IL1000の 物 理 的 及 び 化 学 的 性 質 外 観 臭 い 無 色 ~ 淡 黄 色 透 明 液 状 ほとんど 臭 気 はない ph 7.4(90% 水 溶 液 : 代 表 値 ) 沸 点 分 解 点 流 動 点 引 火 点 約 l00 で 含 有 する 水 が 沸 騰 する 250 (TG-DTA 分 解 開 始 温 度 ) 290 (TG-DTA5% 重 量 減 温 度 ) -70 未 満 (JISK2269) 測 定 されない ただし 水 分 が 蒸 散 した のちの 引 火 点 は210~250 (セタ 密 閉 式 )で 観 察 される 比 重 1.21(25 代 表 値 ) 溶 解 性 オクタノール/ 水 分 配 係 数 粘 度 水 に 良 く 溶 ける log P ow < ~100 mpa s(25 ) 導 電 率 2.5 ms/cm( 代 表 値 ) 屈 折 率 1.46( 代 表 値 ) 急 性 毒 性 表 2 電 子 顕 微 鏡 用 イオン 液 体 IL1000の 有 害 性 情 報 皮 膚 刺 激 性 生 殖 細 胞 変 異 原 性 試 験 ラット 経 口 LD50:>2000 mg/kg ウサギ 皮 膚 刺 激 性 試 験 (4 時 間 の 半 閉 塞 適 用 72 時 間 後 判 定 )で 皮 膚 刺 激 性 は 見 られなかった ( 細 菌 を 用 いる 復 帰 突 然 変 異 試 験 ) 陰 性 3.イオン 液 体 を 用 いた 電 子 顕 微 鏡 用 試 料 前 処 理 と 応 用 例 最 初 に イオン 液 体 を 用 いたSEM 用 試 料 作 製 の 方 法 を 紹 介 します 生 物 組 織 は 感 染 などのトラブルを 排 除 するため 型 通 り グルタルアルデヒドなどで 前 固 定 した 後 シリコン 基 板 やアルミ 製 試 料 台 に 静 置 し ます 蒸 留 水 で5~10% 濃 度 に 希 釈 したIL1000を 試 料 に 滴 下 して しばらく 放 置 した 後 ろ 紙 などで 余 分 な 液 滴 を 除 去 します 図 1に 微 小 甲 殻 類 (ヨコエビ)のSEM 像 を 示 しま す 微 小 甲 殻 類 は 外 骨 格 で 覆 われているため 通 常 の 化 学 固 定 後 エタノール 系 列 脱 水 t-ブチルアル コール 凍 結 乾 燥 の 処 理 を 行 っても 変 形 を 防 ぐこと (6)

7 トピックス 図 1 微 小 甲 殻 類 (ヨコエビ)のSEM 像 (a) 凍 結 乾 燥 ( 観 察 倍 率 100 倍, 加 速 電 圧 1 kv), (b)イオン 液 体 処 理 ( 観 察 倍 率 47 倍, 加 速 電 圧 1.5 kv) 図 2 IL1000で 処 理 した 餅 カビのSEM 像 (a) 観 察 倍 率 650 倍,(b) 観 察 倍 率 2,000 倍 ( 加 速 電 圧 3 kv, 装 置 SU3500 図 3 イオン 液 体 BMIBF4のTEM 像 (a)マイクログリッド 保 持,(b)200k 倍,(c)Diff 像 は 難 しい 試 料 の 一 種 です( 図 1a) 一 方 固 定 後 5%IL1000で 処 理 した 試 料 では 変 形 やチャージ アップもほとんど 生 じることなく SEM 観 察 できて います( 図 1b) イオン 液 体 の 希 釈 溶 液 を 用 いるこ とにより 凹 凸 の 激 しい 試 料 でもイオン 液 体 が 浸 透 し て 試 料 表 面 を 覆 うことによって 真 空 中 での 水 分 蒸 発 による 変 形 が 抑 えられている と 考 えられます 図 2は10% IL1000で 処 理 した 餅 カビの SEM 像 です このように 凹 凸 の 激 しい 試 料 でも チャージ アップもなく 菌 糸 や 胞 子 な ど 微 細 構 造 が 鮮 明 に 観 察 され ています この 試 料 はカビの 生 えた 餅 の 部 分 を 切 出 して 一 晩 イオン 液 体 に 浸 したもの で 餅 が 希 釈 イオン 液 体 を 吸 い 込 み 水 分 が 蒸 発 し イオ ン 液 体 がカビ 内 に 残 ったこと によって 形 態 が 保 持 されて いると 考 えられます 次 に イオン 液 体 を 用 いた TEM 用 試 料 作 製 の 方 法 を 紹 介 します イオン 液 体 1-butyl- 3-methylimidazolium tetrafluoroborate (C 8 H 15 N 2 BF 4, FW:226.03) (BMIBF4)をTEMで 観 察 す ると 図 3に 示 すように アモルファスで また 粒 状 性 も 通 常 のカーボン 蒸 着 膜 と 大 差 ないことから イオ ン 液 体 を 支 持 材 として 用 いています 微 粒 子 をイオン 液 体 に 懸 濁 して その 液 滴 をマイクログリッドに 滴 下 して TEM 観 察 を 試 みています 図 4はイオン 液 体 中 に 分 散 した 酸 化 チタンのTEM 像 で 粒 径 の 異 なる 粒 子 が 比 較 的 均 一 に 分 散 している 様 子 が 観 察 できます IL1000は 水 によく 溶 解 するので リポソームの 分 散 媒 の 活 用 を 試 みています 図 5は 市 販 のリポソーム 粉 末 を5%IL1000で 溶 解 したものをマイクログリッ ドに 分 散 してTEM 観 察 した 結 果 です 直 径 100 nm から300 nmの 球 形 あるいは 楕 円 形 の 粒 子 が 観 察 さ れています( 図 5a) 粒 子 の 内 部 は 周 囲 より 高 コン トラストで 観 察 されていることから 粒 子 内 部 はイオ ン 液 体 で 満 たされていると 考 えられます また2%リ ンタングステン 酸 水 溶 液 でネガティブ 染 色 すると 膜 構 造 も 確 認 できました( 図 5b) このことは 低 分 子 の 材 料 の 分 散 にもIL1000は 適 用 可 能 であることを 示 唆 しています (7)

8 トピックス 図 4 イオン 液 体 BMIBF4に 分 散 した 酸 化 チタン 粒 子 のTEM 像 (a)20,000 倍, 加 速 電 圧 100 kv,(b)500,000 倍, 加 速 電 圧 300 kv 図 5 IL1000 溶 解 リポソームのTEM 像 (a)30,000 倍,(b)100,000 倍 (ネガティブ 染 色 ), 加 速 電 圧 :120 kv 4.おわりに イオン 液 体 は 構 成 イオン 種 を 変 えることによって 様 々な 性 質 を 生 み 出 すことができる 物 質 で 触 媒 や 電 気 化 学 など 工 業 分 野 での 適 用 が 進 んでいます 蒸 気 圧 が ほとんどゼロであるという 特 質 は 電 顕 内 でも 扱 い 易 く 反 応 過 程 のその 場 観 察 や 単 粒 子 解 析 などさらに 応 用 分 野 の 拡 大 を 図 っていきたいと 考 えています 5. 参 考 文 献 1) Kawai K. et al."langmuir" 27, 9671 (2011) 2) Arimoto S. et al."chem.phys.chem." 9, 763 (2008) 3) Kuwabata S. et al."chem. Lett." 35, 600 (2006) 4) 中 澤 英 子 他 ; 第 64 回 日 本 顕 微 鏡 学 会 予 稿 集, (2008),136 5) 塩 野 正 道 他 ; 第 68 回 日 本 顕 微 鏡 学 会 予 稿 集, (2012),208 九 州 大 学 中 央 分 析 センターニュース 九 州 大 学 中 央 分 析 センター( 筑 紫 地 区 ) 福 岡 県 春 日 市 春 日 公 園 6 丁 目 1 番 地 TEL /FAX 第 125 号 平 成 26 年 9 月 25 日 発 行 九 州 大 学 中 央 分 析 センター 伊 都 分 室 ( 伊 都 地 区 ) 福 岡 市 西 区 元 岡 744 番 地 TEL /FAX ホームページアドレス (8)

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文 ( 様 式 甲 5) 氏 名 出 垣 昌 子 ( ふ り が な ) (いでがき まさこ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 24 年 1 月 31 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Effects of All-Trans Retinoic Acid

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

Microsoft Word - CW30_1.doc

Microsoft Word - CW30_1.doc 防 汚 シリーズ 超 親 水 性 により 雨 が 汚 れと 基 材 の 間 に 入 り 込 み 汚 れを 自 然 に 洗 い 流 します (セルフクリー ニング 効 果 )イオン 伝 導 性 による 帯 電 防 止 効 果 により 汚 れを 寄 せ 付 けません 又 負 荷 が 多 い 場 合 若 干 汚 れても 水 拭 きか 水 洗 いで 汚 れを 落 とします 特 徴 燐 酸 チタン 酸 珪 酸

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc HFO-1234yf 2011 年 7 月 13 日 Page 1 of 8 化 学 物 質 等 安 全 データシート(MSDS) 作 成 2010 年 12 月 24 日 改 定 2011 年 6 月 6 日 最 新 改 定 2011 年 7 月 13 日 1. 化 学 物 質 等 及 び 情 報 提 供 者 化 学 物 質 等 の 名 称 :HFO-1234yf (2,3,3,3-テトラフルオロ-1-プロペン)

More information

平成18年3月10日

平成18年3月10日 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 総 合 解 剖 センター 電 子 顕 微 鏡 室 研 究 支 援 のお 知 らせ 京 都 大 学 の 教 職 員 および 大 学 院 生 の 皆 様 へ 平 成 25 年 4 月 1 日 総 合 解 剖 センター3 階 西 ウィングにあります 電 子 顕 微 鏡 室 ( 以 下 電 顕 室 )では 電 子 顕 微 鏡 標 本 作 製 および 電 子 顕

More information

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 混 合 物 (20% 塩 化 チタン(Ⅲ)の 希 塩 酸 溶 液 ) 化 学 名 : 塩 化 チタン(Ⅲ) 溶 液 ( 別 名 ) 三 塩 化 チタン 溶 液 ( 英 名 )Titanium(Ⅲ) choride soutio

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 混 合 物 (20% 塩 化 チタン(Ⅲ)の 希 塩 酸 溶 液 ) 化 学 名 : 塩 化 チタン(Ⅲ) 溶 液 ( 別 名 ) 三 塩 化 チタン 溶 液 ( 英 名 )Titanium(Ⅲ) choride soutio 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 2020-5250 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂 平 成 26 年 10 月 21 日 SDS 整 理 番 号 20205250 製 品 等

More information

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 )

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 ) 安 全 データシート(SDS) 1. 化 学 物 質 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 のコード : 1953-8350 1953-8280 化 学 物 質 等 の 名 称 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

プラズマクラスター除加湿空気清浄機<KC-GD70>を発売(2016/3/28)

プラズマクラスター除加湿空気清浄機<KC-GD70>を発売(2016/3/28) 2016 年 3 月 28 日 1 2 除 湿 加 湿 空 気 清 浄 機 能 が 一 台 に 5つのセンサーで 部 屋 の 状 況 を 見 張 り おまかせワンボタン により 一 年 中 快 適 な 空 気 環 境 を 提 供 プラズマクラスター 除 加 湿 空 気 清 浄 機 を 発 売 シャープは 除 湿 加 湿 空 気 清 浄 機 能 を1 台 に 賢 く 集 約 し 5つのセンサーで

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

Microsoft Word jis.rtf

Microsoft Word jis.rtf 1/8 作 成 日 : 2015 年 02 月 16 日 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 製 品 名 称 : アリルアルコール 製 品 番 号 (SDS NO) : 65020jis_J-1 供 給 者 情 報 詳 細 供 給 者 : 純 正 化 学 株 式 会 社 住 所 : 埼 玉 県 越 谷 市 大 間 野 町 1-6 担 当 部 署

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

1 2 2 3 4 5 6 6 78 9 9 10 10 11 11 12 12 13 14 14 14 14 14 14 14

1 2 2 3 4 5 6 6 78 9 9 10 10 11 11 12 12 13 14 14 14 14 14 14 14 1 2 2 3 4 5 6 6 78 9 9 10 10 11 11 12 12 13 14 14 14 14 14 14 14 2 3 4 社 団 法 人 繊 維 評 価 技 術 協 議 会 認 証 番 号 091A11 制 菌 加 工 ( 繊 維 上 の 細 菌 の 増 殖 を 抑 制 します) 試 験 方 法 菌 液 吸 収 法 剤 名 無 機 系 抗 菌 剤 日 本 無 機 株 式 会 社

More information

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行 1 / 5 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 安 全 データシート 製 品 名 RDF-F1/FX KIT (F) PART B 用 途 医 療 用 X-レイ 処 理 剤 テ ンタルF1/FX 用 処 理 液 キット 定 着 液 B 液 ; 内 容 量 約 125ml X 2 会 社 名 住 所 106-8620 東 京 都 港 区 西 麻 布 2-26-30 担 当 部 門 富 士 フイルムメディカル

More information

日本水処理工業株式会社

日本水処理工業株式会社 価 値 のあるサービスエンジニア 日 本 水 処 理 工 業 株 式 会 社 1 エアコン 洗 浄 を 取 り 巻 く 環 境 エアコン 洗 浄 の 需 要 は 高 まっている 室 内 環 境 向 上 省 エネ 対 策 ( 事 業 としての 確 立 ) エンドユーザーでのエアコン 洗 浄 認 知 (ハウスクリーニング 業 界 でのコマーシャリング) 修 理 として 洗 浄 ( 顧 客 ニーズは 喚

More information

において 施 設 が 適 切 に 機 能 していることが 確 認 されているろ 過 施 設 からの 処 理 水 の 濁 度 が 2 度 を 超 える ことがほとんどなかったことを 踏 まえ 2 度 以 下 と 設 定 された 3 検 出 方 法 の 開 発 下 水 処 理 水 や 汚 泥 の 再 利

において 施 設 が 適 切 に 機 能 していることが 確 認 されているろ 過 施 設 からの 処 理 水 の 濁 度 が 2 度 を 超 える ことがほとんどなかったことを 踏 まえ 2 度 以 下 と 設 定 された 3 検 出 方 法 の 開 発 下 水 処 理 水 や 汚 泥 の 再 利 演 題 排 水 処 理 と 病 原 微 生 物 講 師 ( 独 ) 土 木 研 究 所 材 料 地 盤 研 究 グループ リサイクルチーム 尾 崎 正 明 上 席 研 究 員 排 水 処 理 と 病 原 微 生 物 ( 独 ) 土 木 研 究 所 材 料 地 盤 研 究 グループ リサイクルチーム 尾 崎 正 明 諏 訪 守 陶 山 明 子 1 はじめに 下 水 処 理 水 が 関 与 した 病 原

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

Microsoft Word - TokyoTechPR140930_hirata_web.docx

Microsoft Word - TokyoTechPR140930_hirata_web.docx 平 成 26 年 9 月 30 日 報 道 関 係 各 位 東 京 工 業 大 学 広 報 センター 長 大 谷 清 光 強 度 の 増 加 とともに 吸 収 効 率 が 向 上 する 材 料 を 開 発 概 要 東 京 工 業 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 の 平 田 修 造 助 教 とバッハ マーティン 教 授 ら は 太 陽 光 などの 弱 い 非 コヒーレント( 用 語 1)

More information

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報

2. 研 究 手 法 と 成 果 研 究 チームは 高 分 子 材 料 にイオンビームを 照 射 することによって, 高 分 子 表 面 を 改 質 し, 抗 血 栓 性, 細 胞 接 着 性 などの 性 質 を 制 御 することができ, 生 体 材 料 への 応 用 が 可 能 であることを 報 報 道 発 表 資 料 2004 年 1 月 30 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 東 京 女 子 医 科 大 学 イオンビーム 照 射 で 人 工 硬 膜 の 生 体 適 合 性 が 大 幅 に 向 上 - 脳 外 科 手 術 後 の 髄 液 漏 を 防 ぎ 動 脈 瘤 治 療 にも 有 効 な 新 手 法 - 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 ( 野 依 良 治

More information

スライド 1

スライド 1 部 外 秘 太 陽 熱 を 利 用 した 淡 水 化 調 理 温 水 装 置 と 沙 漠 地 帯 でのバイオ 燃 料 生 産 大 阪 大 学 レーザーエネルギー 学 研 究 センター 實 野 孝 久 2012.4.10. 1 世 界 の 人 口 石 油 生 産 石 油 価 格 食 料 価 格 の 関 係 人 類 は 安 価 な 石 油 で 農 作 物 を 作 り 70 億 人 を 突 破 してしまった

More information

<4D F736F F D C8E F DA8E9F816989FC31816A81402E646F63>

<4D F736F F D C8E F DA8E9F816989FC31816A81402E646F63> ORGANO LCD 工 場 超 純 水 使 用 量 (m3/h; 100k/month) 4500 4000 3500 3000 2500 2000 1500 1000 500 0 0 1 2 3 4 5 6 7 基 板 面 積 (m2) 弊 社 では 1 水 回 収 率 向 上 技 術 のための 排 水 回 収 開 発 とともに 2 省 水 型 基 板 洗 浄 技 術 の 開 発 を 鋭 意 行

More information

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc ミニファイル:1976 年 ~2010 年 1976 年 1977 年 1977 年 1978 年 1979 年 1980 年 標 準 の 話 化 合 物 命 名 法 試 薬 標 準 試 料 公 定 分 析 法 海 外 の 標 準 公 定 分 析 法 単 位 と 標 準 の 歩 み 正 式 名 とは 何 か 日 本 における 公 定 試 薬 規 格 有 機 分 析 用 標 準 試 料 大 気 汚 染

More information

Microsoft Word - キシロール SDS-16.doc

Microsoft Word - キシロール SDS-16.doc 三 協 化 学 株 式 会 社 SDS キシロール 1 安 全 データシート(SDS) キシロール 作 成 日 2015 年 11 月 1 日 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 :キシロール 会 社 名 住 所 : 三 協 化 学 株 式 会 社 : 461-0011 愛 知 県 名 古 屋 市 東 区 白 壁 4 丁 目 68 番 地 電 話 番 号

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評 2015 年 4 月 改 訂 ( 第 5 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873311 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 処 方 箋 医 薬 品 日 本 薬 局 方 生 理 食 塩 液 生 理 食 塩 液 ヒカリ Isotonic Sodium Chloride Solution

More information

環 境 有 害 性 水 生 環 境 有 害 性 ( 急 性 ) 区 分 2 水 生 環 境 有 害 性 ( 慢 性 ) 区 分 外 オゾン 層 への 有 害 性 分 類 できない GHSラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災

環 境 有 害 性 水 生 環 境 有 害 性 ( 急 性 ) 区 分 2 水 生 環 境 有 害 性 ( 慢 性 ) 区 分 外 オゾン 層 への 有 害 性 分 類 できない GHSラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災 作 成 日 :1995 年 08 月 28 日 最 終 改 訂 日 ;2015 年 01 月 13 日 安 全 デ ー タ シ ー ト 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 過 酸 化 水 素 会 社 名 :キシダ 化 学 株 式 会 社 住 所 : 兵 庫 県 三 田 市 テクノパーク14 番 10 担 当 部 門 : 環 境 保 全 グループ 電 話 番 号 :(079)568-1531

More information

産 総 研 先 端 ナノ 計 測 施 設 (ANCF)の 概 要 産 総 研 では 国 内 の 産 業 力 強 化 と 新 産 業 創 出 の 先 導 や 社 会 イノベーションへの 貢 献 を 目 指 して 先 端 計 測 分 析 技 術 の 開 発 を 実 施 しています 開 発 した 先 端

産 総 研 先 端 ナノ 計 測 施 設 (ANCF)の 概 要 産 総 研 では 国 内 の 産 業 力 強 化 と 新 産 業 創 出 の 先 導 や 社 会 イノベーションへの 貢 献 を 目 指 して 先 端 計 測 分 析 技 術 の 開 発 を 実 施 しています 開 発 した 先 端 文 部 科 学 省 ナノテクノロジープラットフォーム 微 細 構 造 解 析 プラットフォーム 産 総 研 先 端 ナノ 計 測 施 設 産 総 研 先 端 ナノ 計 測 施 設 (ANCF)の 概 要 産 総 研 では 国 内 の 産 業 力 強 化 と 新 産 業 創 出 の 先 導 や 社 会 イノベーションへの 貢 献 を 目 指 して 先 端 計 測 分 析 技 術 の 開 発 を 実 施

More information

L-Ascorbic acid(tsca 名 称 ) 成 分 及 び 含 有 量 : L(+)-アスコルビン 酸 99.0% 以 上 ( 乾 燥 後 ) 化 学 式 及 び 構 造 式 : C6H8O6 構 造 式 は 上 図 参 照 (1ページ 目 ) 分 子 量 : 176.13 官 報 公 示

L-Ascorbic acid(tsca 名 称 ) 成 分 及 び 含 有 量 : L(+)-アスコルビン 酸 99.0% 以 上 ( 乾 燥 後 ) 化 学 式 及 び 構 造 式 : C6H8O6 構 造 式 は 上 図 参 照 (1ページ 目 ) 分 子 量 : 176.13 官 報 公 示 安 全 データシート(S) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 0157-6450 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂 平 成 28 年 04 月 27 日 S 整 理 番 号 01576450 製 品 等 の 名 称 : L(+)-アスコルビン

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.27

コンクリート工学年次論文集 Vol.27 論 文 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 したポーラスコンクリートの 品 質 改 善 吉 田 知 弘 *1 国 枝 稔 *2 小 澤 淳 *3 *4 六 郷 恵 哲 要 旨 : 乾 湿 の 激 しい 環 境 下 での 劣 化 が 懸 念 されているポーラスコンクリートに 対 して, 2 種 類 の 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 することにより 乾 湿 繰 返 しに 対 する

More information

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

Microsoft PowerPoint - 図材料科学基礎Ⅰ14_応用編1.pptx

Microsoft PowerPoint - 図材料科学基礎Ⅰ14_応用編1.pptx 材 料 科 学 基 礎 Ⅰ 材 料 科 学 の 枠 組 み 基 礎 編 元 素 の 結 晶 構 造 いろいろな 金 属 間 化 合 物, 合 金 の 結 晶 いろいろなセラミックスの 結 晶 とイオン 結 晶 格 子, 晶 系, 点 群 X 線 と 結 晶 応 用 編 電 子 顕 微 鏡 放 射 光 中 性 子 線 結 晶 の 格 子 定 数 結 晶 の 欠 陥 と 組 織 1 電 子 顕 微 鏡

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 療 現

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 療 現 2015 年 7 月 改 訂 ( 第 8 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873311 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2013 に 準 拠 して 作 成 血 液 代 用 剤 日 本 薬 局 方 生 理 食 塩 液 生 理 食 塩 液 ヒカリ Isotonic Sodium Chloride Solution Hikari

More information

Ⅰ 2015 年 3 月 ( 改 訂 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 871319 医 薬 品 イ ン タ ビ ュ ー フ ォ ー ム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2008 に 準 拠 して 作 成 角 結 膜 上 皮 障 害 治 療 剤 < 精 製 ヒアルロン 酸 ナトリウム> 製 剤 剤 形 点 眼 剤 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :109351 製 品 和 名 : 水 酸 化 カリウムメタノール 溶 液 c(koh) = 0.5 mol/l (0.5 N) チトリピュア 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 目 黒 区 下 目 黒 1-8-1 アルコタワー 製 品 取 扱 部 門 :メルクミリポア 事 業 本 部 MSDS

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を 1/8 安 全 データシート(SDS) 作 成 改 訂 2003 年 04 月 10 日 2013 年 04 月 27 日 製 品 名 セラミック( 酸 化 アルミニウム 炭 化 チタン 系 ) 1. 化 学 物 質 等 および 会 社 情 報 製 品 化 学 物 質 等 の 名 称 : セラミック 被 覆 セラミック セラミック 工 具 被 覆 セラミック 工 具 ( 酸 化 アルミニウム 炭 化

More information

Microsoft Word - 01.docx

Microsoft Word - 01.docx 糖 分 を 細 胞 内 に 輸 送 する 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 と 動 きを 解 明 ~ 肥 満 やがんの 抑 制 策 に 役 立 つ 新 たな 知 見 ~ ポイント 抗 体 を 用 いる 独 自 の 結 晶 化 技 術 により ヒト 哺 乳 類 において 糖 分 子 を 細 胞 内 に 輸 送 す る 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 を 解 明 した 膜 たんぱく 質 が 柔

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養 第 53 回 日 本 学 生 科 学 賞 入 選 3 等 第 53 回 静 岡 県 学 生 科 学 賞 県 教 育 長 賞 3 ホテイアオイのつくるバイオループ 学 校 法 人 静 岡 理 工 科 大 学 静 岡 北 高 等 学 校 科 学 部 水 質 班 2 年 五 島 菜 々 鈴 木 圭 祐 高 橋 周 平 瀧 田 祐 介 村 田 稔 恭 1.はじめに ホテイアオイ( 以 後 は 英 語 名 がWater

More information

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓 作 成 日 平 成 26 年 5 月 14 日 安 全 データシート SDS 1 製 品 及 び 会 社 情 報 2 危 険 有 害 性 の 要 約 GHS 分 類 製 品 名 : 製 品 コード: 会 社 名 : 住 所 : 担 当 部 門 : 担 当 者 名 : 電 話 番 号 : 06-6301-4631 緊 急 時 の 電 話 番 号 06-6301-4631 ファックス 番 号 : 06-6306-0831

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft Word - H24_技研論文130110

Microsoft Word - H24_技研論文130110 平 成 24 年 度 凍 害 および 塩 分 環 境 下 における 埋 設 型 枠 工 法 の 耐 久 性 について ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 耐 寒 材 料 チーム 嶋 田 久 俊 田 口 史 雄 吉 田 行 塩 分 環 境 下 において 凍 害 を 受 けるコンクリート 構 造 物 への 有 効 な 対 策 として, 種 々の 表 面 被 覆 工 法 が 適 用

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

Microsoft Word - 重点研究_20101213_[提出版][1].docx

Microsoft Word - 重点研究_20101213_[提出版][1].docx I N I I Pwel PMD DARC 25nm P N well 研 究 テーマ 量 子 ビームを 用 いた 材 料 生 体 の 構 造 と 機 能 の 研 究 材 料 生 体 の 構 造 と 機 能 を 原 子 分 子 電 子 スケールで 解 明 して 環 境 と 生 命 を 守 る 社 会 基 盤 技 術 の 創 成 に 生 かす(❶ ❼) グリーンイノベーションとライフ イノベーションの

More information

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D> 桑 名 市 民 病 院 の 白 内 障 手 術 における 点 眼 指 導 正 しい 点 眼 方 法 は 治 療 効 果 を 十 分 に 発 揮 するだけでなく 副 作 用 の 防 止 につながる 白 内 障 手 術 に 関 る 使 用 薬 剤 ( 点 眼 液 内 服 薬 )は 一 定 という 特 徴 を 活 かし 点 眼 表 点 眼 箱 を 一 新 し また 点 眼 指 導 時 の 説 明 ポイント

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

Microsoft Word doc

Microsoft Word doc 作 成 日 :1995 年 07 月 18 日 最 終 改 訂 日 ;2016 年 06 月 01 日 安 全 デ ー タ シ ー ト 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 :りん 酸 会 社 名 :キシダ 化 学 株 式 会 社 住 所 : 兵 庫 県 三 田 市 テクノパーク14 番 10 担 当 部 門 : 環 境 保 全 グループ 電 話 番 号 :(079)568-1531

More information

<81699056816A838D815B8368834E815B8389815B8DEC8BC68EE88F878F91816932372E352E313689FC90B3816A342E786C73>

<81699056816A838D815B8368834E815B8389815B8DEC8BC68EE88F878F91816932372E352E313689FC90B3816A342E786C73> [ 作 業 手 順 書 ] 松 岡 コンクリート 工 業 株 式 会 社 岐 阜 県 大 垣 市 神 田 町 1 丁 目 6 番 地 TEL 0584-6-7837 FAX 0584-6-565 問 い 合 わせ 先 テクノ 事 業 部 戸 島 和 茂 携 帯 080-3669-800 1 7.5.16 改 [ 作 業 手 順 書 ] ロードクーラーの 施 工 には 下 記 の 商 品 を 使 用

More information

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用] 特 定 建 築 物 における 加 湿 について 東 京 都 特 別 区 第 4ブロック 平 成 19 年 度 ビル 衛 生 管 理 講 習 会 平 成 20 年 1 月 31 日 本 日 の 内 容 1 加 湿 の 必 要 性 2 湿 度 不 足 の 原 因 対 応 3 加 湿 器 の 維 持 管 理 4 加 湿 器 リニューアル 事 例 空 気 調 和 と 加 湿 器 空 気 調 和 とは 温 度

More information

地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している 現 在 Cs-137 Cs-134から 134から 放 出 さ れるこれらのガンマ 線 と 一 緒 に 放 出 されるベータ 線 が 主 な 放 射

地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している 現 在 Cs-137 Cs-134から 134から 放 出 さ れるこれらのガンマ 線 と 一 緒 に 放 出 されるベータ 線 が 主 な 放 射 1 水 洗 浄 による 放 射 性 セシウム 汚 染 土 壌 の 除 染 方 法 について 原 子 力 委 員 会 定 例 会 議 平 成 23 年 9 月 6 日 10:00~00 東 北 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 石 井 慶 造 1 地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030383033303388F38DFC9770816089C88A778B5A8F7093AE8CFC95F18D90816092868D9181695265762E31816A5243524397702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030383033303388F38DFC9770816089C88A778B5A8F7093AE8CFC95F18D90816092868D9181695265762E31816A5243524397702E646F63> 4.4.5 国 家 重 点 実 験 一 覧 (2008 年 1 月 調 査 現 在 ) 2.5.1 研 究 開 発 プログラム-(4) 国 家 重 点 実 験 計 画 で 紹 介 した 国 家 重 点 実 験 の 一 覧 を 以 下 に 示 す 科 学 技 術 部 管 の 国 家 重 点 実 験 は 2008 年 1 月 時 点 で 220 箇 指 定 されている なお 本 文 中 にも 記 載 した

More information

(Microsoft Word - \216O\203t\203b\211\273\203z\203E\221f doc)

(Microsoft Word - \216O\203t\203b\211\273\203z\203E\221f doc) TKSD-40308G 1/7 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 三 フッ 化 ホウ 素 化 学 名 : 三 フッ 化 ホウ 素 / BF 3 ガスコード : 308 会 社 名 : 高 千 穂 化 学 工 業 株 式 会 社 住 所 : 150-0012 東 京 都 渋 谷 区 広 尾 1 丁 目 4 番 地 6 号 担 当 部 門 : 品

More information

(2) 脱 水 一 般 的 な 組 織 標 本 と 同 様 エタノール 系 列 およびキシレンにより 脱 水 する ただし エタノールの 作 用 時 間 の 延 長 は 自 家 蛍 光 の 消 失 を 招 くので 注 意 を 要 する 表 1.ラット 胎 仔 の 脚 をサンプルとする 場 合 の 脱

(2) 脱 水 一 般 的 な 組 織 標 本 と 同 様 エタノール 系 列 およびキシレンにより 脱 水 する ただし エタノールの 作 用 時 間 の 延 長 は 自 家 蛍 光 の 消 失 を 招 くので 注 意 を 要 する 表 1.ラット 胎 仔 の 脚 をサンプルとする 場 合 の 脱 EFICによる 生 体 組 織 画 像 化 システム 2011/11/2 高 石 EFIC; Episcopic Fluorescence Image Capture Ⅰ.イメージングの 原 理 EFIC では 生 体 組 織 に 特 定 の 波 長 の 光 を 照 射 した 際 に 発 生 する 自 家 蛍 光 を 検 出 して 画 像 化 して いる 自 家 蛍 光 の 由 来 は ピリジンヌクレオチド

More information

Microsoft Word - SDS No.1-1

Microsoft Word - SDS No.1-1 1/10 安 全 データシート [SDS No. 1-1] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 エレファクス エッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 担 当 部 署 : 第 一 営 業 本 部 第

More information

会 員 各 位 2011 年 8 月 12 日 日 本 化 粧 品 技 術 者 会 事 務 局 第 38 回 SCCJセミナー 開 催 のご 案 内 本 セミナーは 化 粧 品 を 創 るための 必 要 な 技 術 情 報 からテーマを 選 定 し 化 粧 品 技 術 者 の 皆 様 へ 提 供 す

会 員 各 位 2011 年 8 月 12 日 日 本 化 粧 品 技 術 者 会 事 務 局 第 38 回 SCCJセミナー 開 催 のご 案 内 本 セミナーは 化 粧 品 を 創 るための 必 要 な 技 術 情 報 からテーマを 選 定 し 化 粧 品 技 術 者 の 皆 様 へ 提 供 す 会 員 各 位 2011 年 8 月 12 日 日 本 化 粧 品 技 術 者 会 事 務 局 第 38 回 SCCJセミナー 開 催 のご 案 内 本 セミナーは 化 粧 品 を 創 るための 必 要 な 技 術 情 報 からテーマを 選 定 し 化 粧 品 技 術 者 の 皆 様 へ 提 供 すべく 取 り 組 んで 参 りました 折 しも2011 年 7 月 厚 生 労 働 省 から 化 粧

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 推 奨 商 品 のご 案 内 株 式 会 社 日 華 株 式 会 社 ZEMインターナショナル 1 ご 提 案 商 品 商 品 名 ラインナップ( 容 量 ) 用 途 ( 室 内 用 ) 商 品 1 ZEM 酵 素 水 PM2.5 有 害 物 質 の 分 解 除 去 除 菌 消 臭 ホルムアルデヒドの 分 解 (300ml) 家 庭 業 務 用 (1,000ml) 詰 替 用 (4,000ml) 詰

More information

プラズマクラスター除湿機 2機種を発売(2015/3/16)

プラズマクラスター除湿機 2機種を発売(2015/3/16) 2015 年 3 月 16 日 1 2 除 湿 機 能 と 空 気 清 浄 機 能 を1 台 に 集 約 部 屋 の 空 気 もキレイにできる 除 湿 機 プラズマクラスター 除 湿 機 2 機 種 を 発 売 シャープは 除 湿 機 能 と 空 気 清 浄 機 能 を1 台 に 集 約 し 部 屋 の 空 気 をキレイにしながら 衣 類 乾 燥 や 除 湿 ができる 空 気

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

イオン交換樹脂の試験方法

イオン交換樹脂の試験方法 イオン 交 換 樹 脂 の 試 験 方 法 三 菱 化 学 株 式 会 社 機 能 化 学 本 部 イオン 交 換 樹 脂 事 業 部 100-8251 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-1-1ハ レスヒ ル TEL 03-6748-7146 FAX 03-3286-1209-1 - イオン 交 換 樹 脂 の 試 験 方 法 1. 原 液 の 調 整 イオン 交 換 樹 脂 に 接 触

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858EBF95CF89BB91CE899E955C2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858EBF95CF89BB91CE899E955C2E646F63> 時 Q&A 1 赤 色 (1) 赤 い 水 水 道 工 事 や 火 災 で 消 火 栓 から 多 量 の 放 水 をした 時 配 給 水 管 の 腐 食 鉄 サビ( 水 酸 化 第 二 鉄 )の 流 出 対 応 方 法 1 2 白 色 (1) 白 い 水 ( 数 秒 水 道 設 備 や 給 水 装 置 後 に 透 明 になる が 負 圧 になり, 吸 引 空 気 対 応 方 法 2(1) が 微 細

More information

E-Holder製品説明書

E-Holder製品説明書 2013.09.05 更 新 TRANSEM Holder 取 扱 説 明 書 株 式 会 社 ライフセム TRANSEM Holder 取 扱 手 順 (1) TRANSEM Holder の 箱 の 製 造 年 月 日 をご 確 認 ください 製 造 後 2 年 以 内 の ご 使 用 を 推 奨 いたします 保 証 期 間 は 販 売 後 1 年 です (2) パウダーレスのグローブを 手 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 鉄 筋 腐 食 抑 制 タイプ RC 構 造 物 用 含 浸 系 表 面 保 護 材 取 扱 : 関 西 ペイント 株 式 会 社 国 内 総 代 理 店 :BASFジャパン 株 式 会 社 建 設 化 学 品 事 業 部 プロテクトシルCITの 効 果 鉄 筋 コンクリート 構 造 物 全 般 の 長 寿 命 化 対 策 として 有 効 コンクリート 表 面 に 塗 布 するだけで 鉄 筋 の 腐

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 日 時 : 平 成 25 年 2 月 4 日 ( 月 ) 場 所 : 埼 玉 会 館 小 ホール 彩 の 国 埼 玉 県 保 健 医 療 部 生 活 衛 生 課 埼 玉 県 のマスコット コバトン 1 開 会 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 次 第 日 時 : 平 成 25 年 2

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が Ⅶ 用 語 の 解 説 Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が 上 昇 する これを 温 室 効 果 と 呼 んでいる しかし 化 石 燃

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D> 花 粉 症 と 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5) 参 考 文 献 : 環 境 省 ホームページ http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5)とは1 大 気 中 に 漂 う 粒 径 2.5μm (1μm=0.001mm) 以 下 の 小 さな 粒 子 の ことで 従 来 から 環 境 基 準 を 定 めて 対

More information

T_T_IF_1203_06.indb

T_T_IF_1203_06.indb 2012 年 3 月 改 訂 ( 改 訂 第 6 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 871339 医 薬 品 インタビューフォーム IF 2008 鎮 暈 剤 剤 形 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量 一 般 名 製 造 販 売 承 認 年 月 日 薬 価 基 準 収 載 発 売 年 月 日 開 発 製 造 販 売 ( 輸 入 ) 提 携 販 売 会 社 名 医 薬 情 報

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護

講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護 地 域 ワークショップ 福 井 2012.12.1. 放 射 線 の 基 礎 と 防 護 の 考 え 方 東 京 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 鈴 木 崇 彦 講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護 放 射 線 の 特 徴 は? 物 質 を 透 過 する 線 量 が 大 きくなると 障 害 を 引 き 起 こす

More information

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以 お 取 引 先 様 各 位 平 成 25 年 12 月 R1 イハラサイエンス 株 式 会 社 特 定 化 学 物 質 へのコバルト 追 加 指 定 とその 対 応 について 拝 啓 時 下 益 々 御 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 又 平 素 は 格 別 の 御 高 配 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます さて 労 働 安 全 衛 生 法 施 行 令 の 一 部 改 正

More information

●有色馬鈴薯の加工技術確立試験(1)

●有色馬鈴薯の加工技術確立試験(1) 枝 豆 の 冷 凍 加 工 技 術 と 品 質 評 価 に 関 する 試 験 ( 平 成 26 年 度 ) 研 究 開 発 課 川 原 美 香 共 同 研 究 : 中 札 内 村 農 業 協 同 組 合 1. 研 究 の 目 的 と 概 要 十 勝 中 札 内 村 は 枝 豆 の 生 産 量 が 北 海 道 一 であり 中 札 内 村 農 業 協 同 組 合 の 農 産 物 加 工 処 理 施 設

More information

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 含 量 野 菜 の 栽 培 とその 応 用 小 川 敦 史 ( 秋 田 県 立 大 学 ) 本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 1. 低 カリウム 含 有 量

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

PEEMとmyPEEM

PEEMとmyPEEM 光 電 子 顕 微 鏡 PEEMについて 北 海 光 電 子 のmyPEEM 日 本 顕 微 鏡 学 会 ランチョンセミナー 2013 年 5 月 22 日 発 表 : EOS 津 野 tsuno6@hotmail.com 光 電 子 顕 微 鏡 PEEMについて 北 海 光 電 子 のmyPEEM 1. PEEMとその 他 の 電 子 顕 微 鏡 の 関 係 2. mypeemの 構 成 と 特

More information

1. 測 定 原 理 アルカリ 溶 液 中 で 亜 鉛 イオンは ピリジルアゾレゾルシノール(PAR)と 反 応 して 赤 色 の 錯 体 を 形 成 し これを 光 学 的 に 測 定 し 2. アプリケーション 本 法 は 亜 鉛 イオンを 測 定 し 不 溶 性 や 錯 体 と 結 合 した

1. 測 定 原 理 アルカリ 溶 液 中 で 亜 鉛 イオンは ピリジルアゾレゾルシノール(PAR)と 反 応 して 赤 色 の 錯 体 を 形 成 し これを 光 学 的 に 測 定 し 2. アプリケーション 本 法 は 亜 鉛 イオンを 測 定 し 不 溶 性 や 錯 体 と 結 合 した 00861 亜 鉛 (4-(ピリジルアゾ)レゾルシノール 法 ) 測 定 範 囲 : 0.025~1.000mg/l Zn 結 果 は mmol/l 単 位 でも 表 示 でき 1. 試 料 の ph が ph 1~7 であるかチェックし ウム 水 溶 液 または 塩 酸 を 1 滴 ずつ 加 えて ph を 調 整 し 2. ピペットで 10ml の 試 料 をガラス 容 器 に 取 り 3. 緑

More information

行 われている この 可 逆 的 性 質 はCの 特 性 であって ビタミンCの 測 定 法 にもかかわ りのある 点 である 酸 化 が 進 むとデヒドロアスコルビン 酸 はすみやかにビタミン 効 力 を 持 たないジケトグロン 酸 へと 変 化 し その 後 シュウ 酸 とステレオン 酸 に 分

行 われている この 可 逆 的 性 質 はCの 特 性 であって ビタミンCの 測 定 法 にもかかわ りのある 点 である 酸 化 が 進 むとデヒドロアスコルビン 酸 はすみやかにビタミン 効 力 を 持 たないジケトグロン 酸 へと 変 化 し その 後 シュウ 酸 とステレオン 酸 に 分 食 品 化 学 はじめに 平 成 18 年 度 I 部 化 学 研 究 部 火 曜 日 班 普 段 何 も 考 えずに 色 々 食 べていると 思 うが 食 品 には 色 々な 酵 素 が 含 まれている 肉 と 一 緒 にパイナップルを 食 べるとよいと 聞 いたことがあるだろう それはパイナッ プルにブロメラインと 呼 ばれるたんぱく 質 分 解 酵 素 が 含 まれているからである 食 品 の

More information